カテゴリ:
テスト走行にヒラポンサーキットさんに行ってきました。
PXL_20220422_NIGHT
▲夕日をバックに格好良く〜のハズがミラーが垂れてて(汗)。TT02に載せてたフェラーリ458のボディをTA02に使い回せているのはダンパーマウントまで変更したおかげなのか?
↓で、走りの模様はヒラポンサーキットさんの動画内を

 こんな自作マシンは初めて転がすときの「どうなの感」(今、命名)が面白いところです。
まずはタミチャレタイヤでそろーっと開始(↑動画での映り始めはその状態)
パワーソースは6x6での走行と同様に、モーターは17.5+リポ。ギア比はスパー66Tにピニオン25Tの6.44:1。車高は前後6mm程
とりあえずはメカニカルな不具合も出ず、ふつーに平穏に走った。
 6x6で前だけリバサス足にした時はアッパーアームの位置が適正で合わせられなかったので、そこを改善するようダンパーステーを作り直した効果はあったか
PXL_20220422_ue
▲上からの全容。主なTA02パーツはFRPシャシーとギアボックス。ロングサスアーム化とスタビも付いて近代化TA02。バッテリーホルダーもショートリポと1Sサイズ用を製作。ダンパーはM07から外したCVA、バネは金。デフはF/ギアデフ、R/ボールデフ

 タミチャレタイヤでの走行後、もっとグリップがあっても良さげに感じられたので、サーキット指定のタイヤ(スイープSW4-36R)に変更。するとさらに気持ちよく走りまする。思えばここ数年FFとか6X6ばかりで普通に(これが普通か?)4WDツーリング走らせるのが久々でした(笑)。ああ、走らせやすい
PXL_20220422_100150091
▲裏面。フロントのスキッド角は0度。そこにショートリバサスアームを付けるとアクスル位置が3mm前に。リアのサスアームはロングスパンを自作。フロントのアクスルがズレた分を加味して257mmに合わせたもので、リアのオーバーハングがなくなり、ドライブシャフトの傾きも少なくすんでいる。スタビだけでなく、リバウンドストッパーを収められたのは幸い

PXL_20220422_time
▲この日のベストタイム、8”832。機能テストが目的でタイム云々ではなかったのだけど一応記録。問題が出なかったのと、安定して走り続け易かったことが収穫でした。あと少しギア比を上げたいけれど、これ以上は要加工なのでまたいずれ。このあと青いところもナイロン出力に出しました