カテゴリ:
*ホビーショー会場での取材を元に訂正を入れました(2022/05/12 追記)

タミヤから「タイレル F1」関連の再生産が発表されています。
公式はこちらから↓
第60回 静岡ホビーショー 2022 タミヤ発表新製品リスト

そのためか、以前書いたティレル003やP34記事へのアクセスが増えていたりしたので、それぞれの製品についてちょっとガイドになれば、ということをまとめてみましょー。003やP34の製作には「ノモ研特別編 極上カーモデルの作り方」も参考になるのでそれも絡めたり(宣伝)

・プラモデル *各製品画像はタミヤ公式より引用
12036_1
▲元は1977年発売のキットで、そこにエッチングパーツや挽き物パーツを加えて2007年に販売された製品の再生産。グッドイヤーのデカールも付属しています。プラパーツ部分は古いのですが再現製は高く、特異な「六輪車」のメカニズムを知ることのできるキットです。タイヤもショルダー部分のモールドまで再現され、今回もそのままのハズ。このキット、ヘッドカバーの「FORD」ロゴのモールドが実際よりも細い文字なのが残念なところで、できれば修正したいです。「ノモ研特別編 極上カーモデルの作り方」では003のパーツからモールドを型取りし、修正する方法を紹介しています
*エアファンネルが金属挽き物になるのは今回が初でした

12054_1
▲元は1973年に「タイレル フォード」として、スポーツカーノーズを装着した姿で発売。それを初期のハマーヘッドタイプのノーズを装着した“モナコGP優勝車”にリニューアルして発売されたのが2015年。プラパーツのみでも当時のF1マシンの仕組みが分かる“教材”となるキットで、かの エイドリアン・ニューイ もこのキットを作ったと実車に乗りながらインタビューに答えてたりします。新規ランナーでハマーヘッド型ノーズやヘッドカバー(インダクションポッドの基部が無いタイプ)が追加される一方、旧キットのスポーツカーノーズやドライバーは付属しません。細部をディテールアップするエッチングパーツも付属。このリニューアル版で残念なのは、マーキングから「FORD」のロゴが抜けている点です。カウルに付くはずの3箇所のフォードの楕円マークが足りなく、またノーズに付くはずの「Tyrrell-ford」も「-ford」が抜けて「Tyrrell」のみとなっています。ですので、そこは別売のデカールなどで補う必要があります。個人的にはまだスポーツカーノーズのキットの頃にこのノーズを自作するなどして1971モナコ仕様を製作。そしてリニューアルキットの発売後にもディテールや考証にこだわった作例記事を月刊ホビージャパンの2016年2、3月号に掲載しています。ムック「ノモ研特別編 極上カーモデルの作り方」ではそのダイジェストと、テストのみに終わった“マトラ風ノーズ”を追加製作しています。こだわり派の方はそれらも是非参考にしていただければと。このレースでのジャッキー・スチュアートを追ったドキュメンタリー映画「ウィークエンド チャンピオン」もお勧めです

20058_1
▲1/20スケール グランプリコレクションのNo.1「タイレル P34 シックスホイラー」(1977年発売)を元にエッチングパーツ、シートベルト用シールなどを追加した内容(モーターライズは廃止)。1976年日本GPでの#3シェクター車の特徴(三角型のインテイクメッシュ、上下に長いリア翼端板とそれを支えるトラス構造のステーなど)を再現しているのが大きな違い。それらはエッチングパーツでの追加製作になるので、難易度が高めで上級者向きといえます。実車のトラス状ステーは板で無く“棒“なのでこだわる人はコレをガイドに作り替えるもヨシ。“1976 日本GP”のキットはこれまで数回生産され、前回の販売ではグッドイヤーのデカールも付属し、タイヤショルダーの転写マークも入っていたので今回も同様と思われます、ドライバーフィギュアも付属。#4のデパイエ車として通常仕様に組むこともでき、エッチングパーツはその際にも活かせます。1976年の日本GPといえばレインタイヤも欲しくなるところ。それはサードパーティ製も再生産されるかな?
*新考証によりエッチング製リアウィング翼端板の裏面の形状を修正。そのため、エッチングパーツは判を改めた新規。シートベルトは以前の布風シートから紙シール式に

・RCカー
47486_1a
▲1977年シーズンの“フルカウルボディ”なP34。当時のプラボディ+金属シャシーの製品から、ボディのプラ部品を流用したもので、2000年代にシャシーをF103系(FRP製ダブルデッキ)とし、フロントステアリングユニットを新規パーツを追加した製品が発売され、それの再生産(と思われる、シャシー画像は未発表なので)。“アルゼンチンGP”と言及され、製品見本でミラーが赤に塗られるのは初で、そこが以前との違いか。このプラボディは6Vバッテリー時代のもので、“通常の7.2Vストレートパック横置き”が収まりません。そのためF103系シャシーでは全長の短いニッカド「1700MP」も発売して対応していました。今回はその点をどうするかはまだ未発表なのが気になるところ。ちなみにポリカ製の1976年型P34ボディはもともとF103系車体に合わせた後発品で、車体幅を広めにディフォルメしているのでそうした問題はないのです
*バッテリーは小型のリフェ「LF1100-6.6V レーシングパック(M)」で対応。そのためのホルダーを新規で追加。ボディパーツはシャシーロール時に干渉する箇所(デフやギアケース周辺)を切除した形状に修正(金型修正)。アルゼンチンGPでのマーキングに指示変更
--
各製品の概要と気になる点について触れてみました。この機会にそれぞれの「タイレル F1」を味わっていただきたい!

MOOK「ノモ研特別編 極上カーモデルの作り方」は各電子書籍やアマゾンのKindle Unlimitedにも入っているので、ご興味のある方は是非そちらも!!
ノモ研特別編 極上カーモデルの作り方
野本憲一
ホビージャパン
2018-03-17


ところでエブロの1/20 ティレル005の発売はまだかなー
*8月発売予定だそうです