ランティス

2018年08月25日

ウィンドウのグラグラ感が増したので、以前修理したところがまた劣化したのかと開いてみたら、違うところが壊れてて、そんな樹脂パーツを3Dプリントして修理した夏の思い出2018。

ランティスのウィンドウはサッシレスなせいか、時間が経つとガラス面がグラグラするような症状が出ます。

今までにも何回か修理していて、その際はこんな感じ↓
http://blog.livedoor.jp/nomo_ken/archives/4177105.html

ウィンドウや上下機構にまつわる樹脂部品は、単独でパーツの扱いがなく、まともに修理を頼むとガラス面ごとや、パワーウィンドウの駆動部を丸ごとでの交換になってしまうので、そこをなんとか融通して修理する話。

■フロントウィンドウ
FW zu1_R
フロントウィンドウの前側の付く部品。ウィンドウを挟むように付いている

FW 02_R
これが割れてドアの内側に転がっているんだな。以前にも外れていて付け直したことがあったのだが、今度は完全に割れていた…

FW 03_R
採寸してABS(Z-ULTRAT)でプリントしてみた

FW 04_R
固定ピンもABSで、差し込んでからアセトンで接着

本来のパーツは少し弾力があるけれど自作品は堅めのABS。また油脂への耐久性も不安があるので、グリスは樹脂をいためないタミヤのセラミックグリスを使ってみる

−−
■リアウィンドウ
RW zu1_R
リアでは後端の突起に付く樹脂パーツ。役割はフロントで直したところと同じ

RW 03_R
右リアの無事な状態

RW 02_R
左リアでは外れていたのを発掘

RW 05_R
RW 04_R
同様にABSで自作。“返り“があるところに差し込むので、一部を分割して差し込んでからそこを接着

−−
■パワーウィンドウユニット
RWpw zu1_R
ウィンドウ側について移動するプレートに付いているガイドブッシュ状の部品が割れていた。
これが前後で1箇所ずつ

RWpw 03_R
バラしてみると中心のピンがハメ殺し。あかーん

RWpw 04_R
RWpw 05_R
そこで軸受け部を半割して、円盤部を被せるように作ってみた

こんな感じで破損部品を修復、取り付けて修理完了。
ガタは収まり、ウィンドウの動作も正常になった模様。

修理した部品だけ載せているとあっさりな感じですが、バラしている状態で雨が降ってきて、ガラス無しでしばらくブルーシートで覆ってたり、パワーウィンドウの外したワイヤーが付け直せなくなったりと、手際よくいかなかったところもありました。

RW 07_R
プリントした状態の部品。
どうせなので壊れていなかった周辺の樹脂パーツも作ってみたり


果たしていつまで維持できるかは分かりませんが、ウィンドウを直したら車全体のガタピシ感がかなり収まったので、気分がいいぞ



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 04:38│コメント(0)

2018年08月13日

マツダブースでランティスや「 魁 コンセプト」の展示があるので行ってきました。

OMC2018_1_R
8月4日(土)

OMC2018_3_R
でも入ったところでいきなりニッサン MID4に遭遇してやられました。

OMC2018_4_R
マツダブース。赤いファミリアとも並ぶ白いランティス。

ハッチバックらしからぬスタイルは今見ても古さを感じさせず、ファミリア、アクセラ、魁 コンセプトと並んで、その足跡が語られるのは発売から25周年にふさわしい晴れ舞台のようでした。

OMC2018_5_R
歴代ハッチバックのパネル展示では「CAR STYLING」誌主催の「日本カーデザイン大賞」 クレイモデル部門受賞のトロフィーと共に。

会場でランティスの説明を担当されていた方はランティス10周年イベントでお会いしたことがあって、開発当時にニュルブルクリンクでテストを担当され「車両に掛かるGを計測した結果『リアにもストラットタワーバーを付けると○秒早く走れる』といって装着を推した」という話をされていました。

当時はスポーツカーでもそこまでのテストは珍しい時代(日本車のニュル詣が盛んになるのはその後)。それだけ走りの方も力の入ったモデルだったわけですね。

OMC2018_6_R
魁 コンセプト
んー、これは新型ランティス(笑)?

アクセラの次期モデルになるであろうと目されるコンセプトカーですが、デザイナーのトークテーマでもあった「継承と挑戦」からして、これまでのアクセラとの違いも見て取れます。

これが市販車ではどう仕上げられるのでしょうか

−−
OMC2018_7_R
その向かいのブースに展示されていた履帯付きの船。脚が収納できるようでびっくりどっきりメカ感満点



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 11:53│コメント(2)

2018年06月21日

ランティスの車検を通してきました。
車の方は大きな問題なし。

そんなことよりも驚いたのは、
いつも車を預けている自動車工場のおじさん(もう、おじいさん)が、S54でバンクがある頃の富士スピードウェイを走ってた話を聞かせてくれた!

富士のバンクは閉鎖されてからしか知らないわけで、まさか実際に走ってた人から話が聞けるとは!?

さらにプリンスや、たま自動車にまつわる話とか、

自分が本の知識でしか知らない時代をリアルに体験してきた話で、

とても興味深かった。



20年近く通ってて初めて聞いたよー



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 02:24│コメント(0)

2018年05月11日

昨日は、静岡ホビーショーへ車で往復。

lan
アライメント調整後の感触を確かめながらの高速走行。

気になっていた嫌な動きは抑えられ、明らかに改善。

てことで、来月の車検は穏便にすむといいなぁ

−−
ホビーショーではエブロさんからティレル005と006が参考出品されていて、発売が楽しみ








ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:53│コメント(0)

2018年03月23日

今日は3月23日(金)で、「323F」の日。

なんのことかというと、ランティスの欧州での販売名は「MAZDA 323F」なんですな。

てなわけで、近頃のランティス話を書こうとすると、やはり修理関係になってしまいます。

今月はエアホースの交換とアライメント調整をしました。

■エアホースの交換

これはエアクリーナーのボックスとスロットルボディをつなぐゴム製パイプ。
 
発進する際にエンジン回転が息継ぎをスルような微妙に安定しない感触がでてきたので、「んー、これはホースが破れたかな?」と、見てみたらやはりそう。

10年近く前にも一度交換しているので該当パーツをポチって、サクサクと交換。

DSC03403_RDSC03404_R
・上がスロットル、右下がエアクリボックスでその間のパイプ。蛇腹の一番目が割れていた

DSC03412_RDSC03401_R
・周辺のパーツを外して、新品のホースと交換

DSC03418_R
・交換後。これで息継ぎも出なくなった


■アライメントチェック

4年ほど前に足回りを一新して以前の不調が収まっていたのだけれど、昨年の後半から高速走行で嫌な感触がでてきた。次の車検まで引っ張ろうかと思ってたけれど、安全策で先にすませることに。

今までの経験からするとまたリアのトーが狂っていると予想するのだけれど、もし数値に異常が無かったり、アライメント調整しても改善しなかったらやっかいなことになる。車体のヤレも否定できないわけで。

前にチェックしたお店は無くなったので、今回はタイヤーメーカー系のショップにチェックをお願い。

その結果、調整前はフロントがトーアウトで、リアがトーイン付き過ぎとゆーもの。前後とも問題ありだったのでやはりチェックしといて良かった。それぞれを適正値内に調整してもらって完了。

その後の街乗りでも感触が変わったのは分かったので、あとは高速走行でどうかなと。


■その他

駐車場から道路に出る際、段差が大きいところでエンジンの揺れが割とダイレクトに伝わる瞬間があったので、もしかするとエンジンマウントが逝っているかもしれない。

とするとホースが破れた原因としても符号するわけで、次の車検はそこも要チェックというメモメモ

以上、すっかり旧車ライフな話でした。



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 08:22│コメント(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください