ニイガタ

2016年11月01日

10月29、30日に開催された、がたふぇす(新潟アニメマンガフェスティバル)の「古町エリア」。
例年、模型製作実演や、製作教室をやってきましたが、今年はミニ四駆!!

タミヤによる「がたふぇすカップ」、ミニ四駆マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』」のこしたてつひろ先生のサイン会(すごい行列!!)。自分は会場で作って走行までを体験する「親子で作ろうミニ四駆」を担当しました

・スーパーガタガタサーキット
IMG_3186_R_R
スタート直後の「〜〜〜」やブリッジが特徴。ノーマルでも完走できて速く走ると難しくなる、絶妙なコース設定とか。3レーンのコースは「燕三条ミニ四駆大学」の協力

自分のガタフェスカラーのマシン(クマもんライキリ素組)で試走させてもらったところ、はねてもギリギリコースアウトしない程度に収まり、完走。見ててヒヤヒヤするのが面白い。
レース参加者はもっと速くて、コースアウトしないようセッティングが必要

動画を追加
 


・フリー走行用コース
IMG_3153_R_R
レース前のチェックや製作教室の方はこちらで走行

−−
30日のみ開催の「プロモデラー 野本憲一の親子で作ろうミニ四駆!!
IMG_3255_R_R
参加者の多くがミニ四駆やプラモデルが初めてで、ニッパーやドライバーなど道具の使い方から説明。
初めてだと「説明書の図と部品を見比べる」のになれるのもポイント。
キットの説明書をさらにフォローするための「製作ガイド」もカラーで配布してます

IMG_3268_R_R
ドライバーは新潟県三条市の兼古製作所(ANEX)から提供いただいた「スリットパワードライバー(No.7700) 1x75」。精度はもちろん、グリップもいいし、軽くて使いやすい!

IMG_3275_R_R
女の子やお母さんも参加されてます

IMG_3230_R_R
マーカーでの塗装もアドバイス

IMG_3261_R_R
2回目の教室後の走行コース。
参加者全員が走行できて良かった!

IMG_3198_R_R
スタッフが持ち込んだマシンたち。
忙しくてレースはできず、どれが速いかは不明。
勝負は来年だ!
続きを読む

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 16:29│コメント(0)トラックバック(0)

2015年11月14日

がたふぇす二日目の話。
この日は参加4年目にして、初めてフリーで各エリアを回遊。

まずは万代エリア。今回は1/1イングラム展示があるので、ここはやはり見ておかないと。

2501_R
BP2前の通りを封鎖して、大型トレーラーに載せられてました。

タイミングよく、すぐにデッキアップの時間だったので、動画撮影
・デッキアップ 前から


ビルの谷間で起き上がるのが、レイバーの世界観にあっている。実写版のデザインはプラモでみるとややディテール過剰かなという印象があったものの、こうして1/1でみると違和感なく丁度よく思えた。そこは1/1という説得力か。デッキアップされた周囲をうろついていろんな方向から眺めていると、友人やツールメーカーの方々ともバッタリ遭遇して、だいたい行動は同じなんだな

しばらく時間をおいて、今度は反対側の2Fからデッキアップを撮影
・デッキアップ 横から


トレーラー側からみると動作するための仕組みが見て取れます。起き上がるだけの単純作業のようですが、安全確実に動かすためのスタッフの動きや気配りも感じられました。

2502_R
新潟県警のRX-7も交通安全のアピールとして展示。こういうタイアップが上手くいってるのは見ててうれしいものです。

2503_R
トレーラーの後ろにはリボルバーの弾丸の展示も

−−
デッキアップは1時間半おきだったので、間に時間にはバスセンター方面へ移動。バスセンター2Fへ階段であがると、レインボータワーが見えるアングルってなつかしい

でそのバスセンター2Fのイベントステージでは「ガッチャマンクラウズインサイト」トークステージが始まる直前で、、若い子らで席がびっしり埋まってた。これががたふぇすのほんとうの姿なのか。おっさんは後ろで立ち見するよ イベント中は撮影禁止なので、その辺の写真はなし

トークは声優さんと監督さん、音響監督さんの3人と司会の方。劇中で新潟が舞台になっている理由やロケハンの模様など地元がらみの話から、製作の裏側的な話などなど。声優さんは新潟に来て「寒い!」って強調されてました。ちなみに劇中には「バスセンター2Fへの階段上るとレインボータワーが見える」カットがあるんですが、ちょうどこの日に階段上ったのと同じで感じで、後で作品を見直しとたときにちょっとシンクロしました

2510_R
BP2内の「ガッチャマンクラウズインサイト」展には劇中登場車「GALAX-Z」の展示も

そろそろ古町に移動しようかと考えるも、残念ながらニパ子ラッピングバスには遭遇できず。でも他の巡回バスにもフラッグが付けられアピールされていましたね。
2511_R

こうして巡回バスにを紹介しつつも、古町へは自分の車で移動。
−−

で、古町到着後は初日に5番町〜7番町の痛車展示などを眺める
2513_R

2514_R
トヨタ86の痛車は製作の過程がパネル展示されてて、これが秀逸。自分の車を痛車にするつもりはないけど、作業自体はちょっとやってみたくもあり。プラモのデカール貼りよりも、RCボディでステッカーを水貼りするのに近いのかなと

2515_R
2516_R
豆腐屋さんのハチロク。これは痛車というよりもレプリカ?コスプレ車?
お約束の紙コップもありで、1/1でもプラモでも再現するということでは同じだなと思ったり

2517_R
2518_R
2519_R
2521_R
そうこうしているうちにコスプレパレードに遭遇。
ニパ子ちゃんここでも先頭にいますね。パレード沿道にもコスプレした人も…

この後は新潟プラザビル2F(旧大和新潟店)の「『頭文字D』複製原画展」を眺めたり、同じフロアの同人誌即売会…はちょうど終わりの時間。

そろそろ肌寒くもなってきたので、こうしてみると自分の実演も15時に終わるくらいがよさそうかなぁなんて思いつつ、最後にがたふぇす案内所になってNTTプラザビルをちょっとのぞいてみる。ここは各エリアの様子を中継した映像を大型モニタで紹介していて、初日は自分の実演も流されていたらしい。

といったところで、古町からは撤収。
まだまだ見逃している催しが多数あるけれど、全体の様子や、その中での模型コーナーの立ち位置もわかってきたかなと。

−−
・おまけ
この帰り道、万代橋の上で、同じ緑のランティスとすれ違ったよー。
新潟にもまだ乗ってる人がいるねー


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 07:56│コメント(0)トラックバック(0)

2015年11月08日

遅くなりましたが、先月の「がたふぇす」のお話

過去2年は親子プラモを開催していたので、実演は2012年以来。さらに今回は模型関連メーカーさんの出展もありで、模型エリアが一段と充実です。

ではその模様を紹介。

2401_R
会場には大きな看板が準備されてました。
講座は12:30〜、15:00〜の2回開催。

2402_R
メーカーさんのブース側から。各ブースは周囲に配置されて、中央のテーブルはそこで買ったものを組んだりもできるスペース

イベント自体は10:00開始。ここはセレモニーなどがないので、ふわっと始まってました。講座のエリアは写真奥で、まだ準備中です

2403_R
手前はウェーブさんで、目盛り入りプラシートなどをアピール。
奥はグッドスマイルレーシングさん、ゴッドハンドさん共同でニッパー比較もできるブース

2404_R
手前はガイアノーツさんで主にボンベ式スプレーのイージーペインターをアピール。
奥はGSIクレオスさんでウェザリングカラーなどを実演販売。
ガイアさんがクレオスの塗装ブースを使ってたり、呉越同舟な様子が見られます

さらに奥にはホビーロードさんのプラモ販売ブースもあり、その場でキットと工具と塗料が揃って、テーブルのところで組み立てもできる、というエリアなのでした。

2405_R
jこちらは講座の様子。
1部はスミ入れ、つや消しの効果からの、スモーク塗装仕上げを紹介。
お客さんには講座のガイドチラシを配布。また、作業の効果が分かりやすいよう、パーツはメガサイズを例にしています

2408_R
右側には手元の様子を伝えるための液晶モニターも配置。
お客さんがモニターに注目しているのがわかります。
自分でもそれを確認しながらできたので、効果的でした。
この写真の映像はスモーク塗装後にウェザリングカラーでスミ入れしているところ

2409_R
講座のあとは向かいのホビージャパンブースで、サイン会。
ホビージャパンはマンガの描き方の本も販売していて、それも好評のようでした

2部はエアブラシ塗装の基本からマスキングとグラデーション塗装を行いました

2411_R
こちらは完成品展示スペース。
ガンプラを主に、イベントに合わせて痛車や、戦車、妖怪などいろいろ。
オープンな場所なので、普段、プラモデルに接しない方にも興味を持って見てもらえたようです。

2410_R
この日は日中は晴天でしたが、講座修了後から結構な雨。
実演後の水抜きにも、水滴がたまってました。
第2部は途中で寒くなってきたので、次はもっと早めた方がいいかなとか。

イベントにご協力いただいた方々、ご参加いただいた方々、
ありがとうございました!


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 17:21│コメント(0)トラックバック(0)

2015年10月30日

がたふぇすの模様を紹介する前に、
前日、ホビーロードのRCコースで楽しんだ話。

今回は実演道具や完成品を運ぶため車で行ったので、RCバッグも積んでの新潟入り。
前日打ち合わせまでに時間があるのと、東京から来るツールメーカーさんもその前にショップを見に来るようなので、ちょうど落ち合えるかなと。

地元といっても自分が住んでいる頃はお店がなかったので、RCコースを走るのは初!

マシンはTT-02。CVAダンパー、スプリングを変えたくらいでほぼノーマル。
タイヤはミディアムナローのラジアルと、M2ラジアルを用意
BlogPaint
ボディはポルシェ911GT3をイエガーマイスターのカラーリングに。934時代のヘッドライトに鹿マークを貼った姿を再現してみたかったのだ。カーNo.やFウィンドウ上などいつくかのステッカーは自作

コースインと同時に快調に走行。コースの広さやレイアウトが合っているようで、走っていて気持ちがいい。スプリングが少し柔らかめなこともあってか、ツーリングカーらしい挙動が楽しめた。そこから後ろのみスペーサーを入れるなど微調整したり、タイヤをM2に変えたりしながら変化を確認。

オプションのリアトーインアップライトも試してみるものの、これは後ろの安定感が高まり過ぎたので、元に戻す。
ボディにあわせてショートホイールベース、リアワイドトレッドになっているので、そのせいもあるのかなと。

30分x3本目をこなし、そろそろ走行を終えようか、ということころでクラッシュ!
ステアリングが効かなくなってしまった
2302
どこか割れたかと見ると、ドッグボーンがカップから外れて引っかかっていた。破損はないものの、ここはユニバーサル化が必至か、ということで後ほど購入。

こんなところでRCは切り上げて、打ち合わせに向かったのでした。
また新潟に行くときは、RC持って行きますよ


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:59│コメント(0)トラックバック(0)

2015年10月16日

週末の がたふぇす で展示する作品

1/48 メガサイズ ガンダム
 (NOMOKEN3 掲載)

1/100 ジェスタキャノン
 (NOMOKEN 新訂版 掲載)

1/100 グフ Ver.2.0
 (NOMOKEN3 掲載)

1/144 フリーダムガンダム フィレイムフェーダー
 (ホビージャパン誌 掲載)

SDBFスターウィニングガンダム
 (未掲載)

1/24 スプリンター トレノ 頭文字D
 (カーモデリングマニュアルVol.7 掲載)

1/24 痛車 涼宮ハルヒの憂鬱 RX-7 FD3S
 (ホビージャパン誌 掲載)

1/35 九五式軽戦車+ノモケン
 (MOOK 日本戦車の系譜 掲載)

他、を予定しています


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 16:41│コメント(0)トラックバック(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう9年目!
2016年4月15日からは

毎週金曜20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください