ニイガタ

2018年07月18日

7月中旬の三連休に新潟へ行ってきました。

ちょうど新潟開港150周年記念「海フェスタ新潟」開催中ということもあり、

連日出かけていました。

IMG_20180714_121440_R
新潟東港で「護衛艦ひゅうが」を見学。
*写真は対岸から
先にプラモを買って眺めてたので、効果的に見れた気がします。船員さんにも気軽に話を聞けたりして「○○が着艦したときは…」なんて話も

IMG_20180714_140947_R
新潟市のホビーショップ「ホビーロード」が先月移転していたので訪問。

IMG_20180716_170925_R
移転のお祝いも兼ねて、アクトオンTV「大人のプラモ道」で製作した「MGオリジンガンダム」を持参。
店内では番組映像も常時流していた様子で、丁度良くおさまってます。

併設のRCサーキットも体験してきました。
ドリ、グリップに分かれていて、グリップはカーペット路面で、コースはややタイト。
ダンパー調整用のパーツを忘れてて、セッティングが出来なかったのが不覚。

IMG_20180715_135145_1_R
日曜日は新潟の模型作品展示会「NIPCOM」を見学。
毎回規模が大きくなって盛況の様子。
多様な作品が見られて、レベル高いです。

IMG_20180715_195155_1_R
その後は久々のホームでの観戦。
こっちはつらい状況だなぁ……。

IMG_20180716_145904_R
月曜はブルーインパルスを見に信濃川沿いに。
早めに行ってしまったのでエライ日焼けすることに。
雲が出てたのが残念でしたが、写真としての雰囲気はいいかな

−−
IMG_20180713_162455_R
帰郷中は連日、弟のロードバイクを借りてあちこちを走ってました。
周辺は平坦だし、信号も少なくホントに走りやすい。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:00│コメント(0)

2017年10月25日

「がたふぇす」から帰ってきております。
無事に終えまして、ひと区切り。


ミニ四駆製作教室は日曜のみですが、土曜から開場入りして設営準備や告知などに動き回っていました。

今回も参加者全員がコースデビューできました。

プラモもミニ四駆も初めてで不安そうだった子が、走らせてはしゃぐ姿は見ているこちらも嬉しくなります。


メインレースの「がたふぇすカップ」は今回5レーンに規模拡大

・スーパーガタガタサーキット
2017gf2
開場前の試走タイムにウチの「がたふぇす号」(いま命名)を走らさせましたが、写真手前のカーブでコースアウト…。

ノーマルでは完走も無理なのか。

こうなると悔しくなって対策を講じたくなるのだけど、そこはおさえて自分の業務に集中

−−
教室の間にはコンクールデレガンスの審査にも加わって、がたふぇす賞として自作の「がたふぇす号」用のシールをプレゼントしました。

昨年と同じようで、実は色替えという細かい仕様違い

・2016
mini4ku

・2017
IMG_20170927_202236

それに加え、オリジナルのミニ四駆ボディ(3Dプリント品)も飾ってみました。
2017gf1

以前、3DCADソフトの練習に作ったのを思い出して、急遽プリント。

表面は出力状態のまま。デザインはフロントエンジンなイメージです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
そんな担当以外では、がたふぇすのいろんなライブも堪能!

「福山芳樹LIVEステージ」

「けものフレンズトークショー&LIVE」

「Pile&石田燿子 がたふぇすFinale LIVE」

どれも熱く盛り上がってて、まだいろんな歌が頭の中をぐるぐる回ってやばい。


2017gf3
今回の がたふぇす を象徴するカットはやはりこれかな

----------
移動中にみつけたアルビタクシー
2017gf4
うーん、こっちもなんとかなって欲しい…



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 04:39│コメント(0)

2017年10月05日

例年参加させていただいています、「がたふぇす」(にいがたアニメ・マンガフェスティバル)
「がたふぇすVol.8」 2017年10月21、22日 開催

自分が関わる古町エリアは、タミヤさんが5レーンコースを持ち込んでの

ミニ四駆「がたふぇすカップ2017」開催!!


そして

プロモデラー 野本憲一の親子で作ろうミニ四駆!!

10月22日(日) 【1】11:00〜12:30/【2】14:00〜15:30

この機会にミニ四駆を作ってみようというお子さんや、
子供に体験させてみたい親御さん向け

参加費用1000円(キット&電池代)、工具の貸し出しもアリで、
手ぶらで参加できて、組み立て後はコースの走行もできます!

製作ガイドやアドバイスもあるので、
初めてでもコース走行までたどり着けます。
→昨年の模様 がたふぇす&ミニ四駆!!


事前申し込み制、先着順ですが、席に空きがある場合は当日参加の受け付けも予定。
レースを眺めてて、始めたくなった人も是非お声掛けください

−−
ということを土曜日のうちに掲示しておこう。メモメモ

IMG_20170927_202236



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 09:56│コメント(0)

2016年11月01日

10月29、30日に開催された、がたふぇす(新潟アニメマンガフェスティバル)の「古町エリア」。
例年、模型製作実演や、製作教室をやってきましたが、今年はミニ四駆!!

タミヤによる「がたふぇすカップ」、ミニ四駆マンガ「爆走兄弟レッツ&ゴー!! Return Racers!!』」のこしたてつひろ先生のサイン会(すごい行列!!)。自分は会場で作って走行までを体験する「親子で作ろうミニ四駆」を担当しました

・スーパーガタガタサーキット
IMG_3186_R_R
スタート直後の「〜〜〜」やブリッジが特徴。ノーマルでも完走できて速く走ると難しくなる、絶妙なコース設定とか。3レーンのコースは「燕三条ミニ四駆大学」の協力

自分のガタフェスカラーのマシン(クマもんライキリ素組)で試走させてもらったところ、はねてもギリギリコースアウトしない程度に収まり、完走。見ててヒヤヒヤするのが面白い。
レース参加者はもっと速くて、コースアウトしないようセッティングが必要

動画を追加
 


・フリー走行用コース
IMG_3153_R_R
レース前のチェックや製作教室の方はこちらで走行

−−
30日のみ開催の「プロモデラー 野本憲一の親子で作ろうミニ四駆!!
IMG_3255_R_R
参加者の多くがミニ四駆やプラモデルが初めてで、ニッパーやドライバーなど道具の使い方から説明。
初めてだと「説明書の図と部品を見比べる」のになれるのもポイント。
キットの説明書をさらにフォローするための「製作ガイド」もカラーで配布してます

IMG_3268_R_R
ドライバーは新潟県三条市の兼古製作所(ANEX)から提供いただいた「スリットパワードライバー(No.7700) 1x75」。精度はもちろん、グリップもいいし、軽くて使いやすい!

IMG_3275_R_R
女の子やお母さんも参加されてます

IMG_3230_R_R
マーカーでの塗装もアドバイス

IMG_3261_R_R
2回目の教室後の走行コース。
参加者全員が走行できて良かった!

IMG_3198_R_R
スタッフが持ち込んだマシンたち。
忙しくてレースはできず、どれが速いかは不明。
勝負は来年だ!
続きを読む

ノモケン/野本憲一nomo_ken at 16:29│コメント(0)トラックバック(0)

2015年11月14日

がたふぇす二日目の話。
この日は参加4年目にして、初めてフリーで各エリアを回遊。

まずは万代エリア。今回は1/1イングラム展示があるので、ここはやはり見ておかないと。

2501_R
BP2前の通りを封鎖して、大型トレーラーに載せられてました。

タイミングよく、すぐにデッキアップの時間だったので、動画撮影
・デッキアップ 前から


ビルの谷間で起き上がるのが、レイバーの世界観にあっている。実写版のデザインはプラモでみるとややディテール過剰かなという印象があったものの、こうして1/1でみると違和感なく丁度よく思えた。そこは1/1という説得力か。デッキアップされた周囲をうろついていろんな方向から眺めていると、友人やツールメーカーの方々ともバッタリ遭遇して、だいたい行動は同じなんだな

しばらく時間をおいて、今度は反対側の2Fからデッキアップを撮影
・デッキアップ 横から


トレーラー側からみると動作するための仕組みが見て取れます。起き上がるだけの単純作業のようですが、安全確実に動かすためのスタッフの動きや気配りも感じられました。

2502_R
新潟県警のRX-7も交通安全のアピールとして展示。こういうタイアップが上手くいってるのは見ててうれしいものです。

2503_R
トレーラーの後ろにはリボルバーの弾丸の展示も

−−
デッキアップは1時間半おきだったので、間に時間にはバスセンター方面へ移動。バスセンター2Fへ階段であがると、レインボータワーが見えるアングルってなつかしい

でそのバスセンター2Fのイベントステージでは「ガッチャマンクラウズインサイト」トークステージが始まる直前で、、若い子らで席がびっしり埋まってた。これががたふぇすのほんとうの姿なのか。おっさんは後ろで立ち見するよ イベント中は撮影禁止なので、その辺の写真はなし

トークは声優さんと監督さん、音響監督さんの3人と司会の方。劇中で新潟が舞台になっている理由やロケハンの模様など地元がらみの話から、製作の裏側的な話などなど。声優さんは新潟に来て「寒い!」って強調されてました。ちなみに劇中には「バスセンター2Fへの階段上るとレインボータワーが見える」カットがあるんですが、ちょうどこの日に階段上ったのと同じで感じで、後で作品を見直しとたときにちょっとシンクロしました

2510_R
BP2内の「ガッチャマンクラウズインサイト」展には劇中登場車「GALAX-Z」の展示も

そろそろ古町に移動しようかと考えるも、残念ながらニパ子ラッピングバスには遭遇できず。でも他の巡回バスにもフラッグが付けられアピールされていましたね。
2511_R

こうして巡回バスにを紹介しつつも、古町へは自分の車で移動。
−−

で、古町到着後は初日に5番町〜7番町の痛車展示などを眺める
2513_R

2514_R
トヨタ86の痛車は製作の過程がパネル展示されてて、これが秀逸。自分の車を痛車にするつもりはないけど、作業自体はちょっとやってみたくもあり。プラモのデカール貼りよりも、RCボディでステッカーを水貼りするのに近いのかなと

2515_R
2516_R
豆腐屋さんのハチロク。これは痛車というよりもレプリカ?コスプレ車?
お約束の紙コップもありで、1/1でもプラモでも再現するということでは同じだなと思ったり

2517_R
2518_R
2519_R
2521_R
そうこうしているうちにコスプレパレードに遭遇。
ニパ子ちゃんここでも先頭にいますね。パレード沿道にもコスプレした人も…

この後は新潟プラザビル2F(旧大和新潟店)の「『頭文字D』複製原画展」を眺めたり、同じフロアの同人誌即売会…はちょうど終わりの時間。

そろそろ肌寒くもなってきたので、こうしてみると自分の実演も15時に終わるくらいがよさそうかなぁなんて思いつつ、最後にがたふぇす案内所になってNTTプラザビルをちょっとのぞいてみる。ここは各エリアの様子を中継した映像を大型モニタで紹介していて、初日は自分の実演も流されていたらしい。

といったところで、古町からは撤収。
まだまだ見逃している催しが多数あるけれど、全体の様子や、その中での模型コーナーの立ち位置もわかってきたかなと。

−−
・おまけ
この帰り道、万代橋の上で、同じ緑のランティスとすれ違ったよー。
新潟にもまだ乗ってる人がいるねー


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 07:56│コメント(0)トラックバック(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください