カテゴリ

カテゴリ:M07 / 257

[RC改造] M-07 → FFツーリング その5 長足化

カテゴリ:
M-07をFFツーリングカーとして改造しているのの続き

 サスアームのみ拡幅した「手軽なツーリングサイズ化」から、ちょっと走りに振った仕様になってきました。よりタイヤを活かせるように、足回りを一新。
PXL_20211116_041736877_R

PXL_20211116_041202748_R
▲アップライト周りにツーリングカーのパーツ(TT-02 TYPE-S等から流用)を使うことにし、フロントはリバサスが使えるように中央のサスマウントを自作。パーツ構成が通常のツーリングカーに近づいた

PXL_20211116_041228001_R
▲リアサスはホイールベースを伸ばすこともあり、斜め後ろに広がるロングアームを自作

PXL_20211116
▲バンパー上のプレートやリアダンパーステーはこれまでと同様。新たなパーツは、長いサスアーム、フロントサスマウント共に、十分な強度が持たせられるかも課題

 とりあえずのシェインダウンではサスアームとホイールの干渉をちょっと削ったりはあったものの、それ意外は不具合もなく無事走行。結構な勢いで当たったり転がったりしたものの破損もなく、パーツの強度面もクリアー。セッティングはまだまだですが、ベストラップはコンマ数秒上がったので、長足化の効果もみえました。

IMGP0041s
▲この仕様での新造パーツ。DMM.makeで“ナイロン”で出力

IMGP0893_sc
▲サスマウントの構成。対クラッシュ性を高めるためU字ピン(先端の余分はカット)とし、スチールのサスプレートも合わせての補強(念入り)。運良く合致するパーツが見つかったおかげで実現した

 サスプレート部分は「OP.1636 TT-02 TYPE-S スチールサスマウント (フロント)」に交換してリバウンドストッパーが増設できるように、という考えでもあったのだけど、その場合はもっと前方に配置する必要があり、バンパーとの兼ね合いで収めるのが難しかったので、そこは保留。ひとまず現状での機能確認を優先

 他の変更点はフロントスタビをTA-07用のロッドに交換したくらい。これはサスアーム側の取り付け部分の都合。

 サスアームとホイールの干渉は既に3Dデータを修正したので、次はそれを出力してセッティング面も詰めていければ〜ということできっと来年も続く

[RC改造] M-07をFFツーリングにするパーツ の [説明書]

カテゴリ:
257inst_ab
▲M-07を「FFツーリングカーにするパーツ」をクリエイターズマーケットで公開しました
[RC改造]M07_257mm化_ステーセット- DMM.make クリエイターズマーケット

 M-07シャシーのパーツを交換、変更することで「FFツーリングカー」として楽しむもので、
ボディマウント位置はツーリングカーと共通にしています。M07のパーツは加工せず、またMシャシーに戻せるのもポイントです。

257inst_a1

▲フロントとリアのサスアーム1台分。左右は共通で同形状。写真の素材はPA12GB

257inst_a3
▲サスピン穴はプリント誤差で緩くなるのを避けるため、僅かに細くしているので、各サイズにドリルで開け直します。フロントのスタビライザー用ボールは別途パーツを取り付けます(下穴は1.6mmでドリル)。車高調整ビスやサスピン固定ビスはノーマルパーツと同様に。ダンパーマウント部はそのまま、または2.5〜2.6mmでドリルしてからネジ込みます

257inst_b3a_R
[RC改造]M07_257mm化_ステーセット- DMM.make クリエイターズマーケット
▲バンパープレートとリアダンパーマウントのパーツ。リアのダンパーマウント位置を前側に移設し、前後のボディマウント位置を1/10ツーリングカーと同じ配置にするものです

257inst_f
▲各部の取り付け。ステアリングアーム、アッパーアームはM07よりも各11mm長くします。ドライブシャフトも33mmから44mmに変更

257inst_b4
▲各部の様子
--
*パーツの素材はプリント精度の高い「PA12GB」が推奨ですが、よりコストの安い「ナイロン」も選べるようにしています。その場合、ネジ穴等に歪みが起きやすいのでこちら→[「ナイロン」出力品について]を参考に穴開けしてください





[RC改造] M-07 → FFツーリング その4 MAZDA3ボディ

カテゴリ:
210916a
▲M07改造のFFツーリングカーの近況。ことの発端となった「MAZDA3」のボディをようやく搭載しました。やっぱこの色はいいな そして映えるボディ造形だ

走行の様子はヒラポンサーキットさんの動画を↓


●シャシーの現状
「その3」からほぼ1年ですが、大きな変更はなし
IMGP9223a

IMGP9217a
▲「その3」からの違いは、バンパーはキットのに戻して、ウレタン上のプレートを変更してボディマウントをツーリング用の位置に移設。Fサスアームの形状を若干修正
*上の動画内でシルバーのホイールが"タミチャレ"タイヤ、イエローがヒラポンサーキットで推奨の"スイープSW4-36R"

--

●ボディ塗装
今回はリニューアルされた水性ホビーカラーのポリカでのテストも兼ねて、直塗りしています
210916ba
▲窓枠やパネルラインをマスキングして筆塗り。透けずに黒くするには3回くらい重ねる感じ
210916d
▲ボディ色(スパークルグリーンメタリック)は青竹色にメタリックグリーンを加えて調整
210916f
▲ボディ色はエアブラシで塗装。これはまだ色が薄い状態、乾燥させつつ吹き重ねる
210916g
▲さらに黒で裏打ち塗装。これもエアブラシ。ライト類は付属シールを裏から貼り込んで、透明カバー内にあるように見せる。これはシールの印刷面に透明接着シートを貼ってからおこなう。そうした作業をしていると裏打ちに指紋がついてしまった(汗)。表面が乾いていてもギュッと触ってしまうとこのように
210916h
▲仕上がり。ギラつかない程よい粒子のメタリック。ボディサイドでは「S」になる特徴的な映り込みが再現されています。パネルラインの塗装も全体を引き締めている印象
210916i
▲走行後のフロントバンパー裏面。放射状の剥がれが何カ所か起きてました。フロントの"シグネチャーウィング"はアルクラッドのクロームで塗りましたが、そっちはより顕著な剥がれ。この結果からするとポリカ用クリアーなどを下地に塗っておく方が良さそうです

[RC改造] M-07 CONCEPT → FFツーリング その3 リポ対応など

カテゴリ:
半年ぶりくらいにRCサーキットに行って、諸々テストしました。

前回までで機能的には問題なく走れることが確認できた「M-07/257(えむぜろなな にーごーなな)」。自作パーツの効果を確認しつつ、さらに煮詰めていってます。

IMG_20200911_154825_R
▲大きくは変わっていないけど、バンパーやリアのダンパーステーも強化ナイロン製になっています。
今後の目安にハカルンジャー(計測器)もつけてみたり

・バッテリーホルダーを自作し、ショートリポ、1Sサイズに対応してみました。
IMGP7889
▲厚みが25mmのショートリポは中央よりに保持。さらに薄型の1Sサイズでは上側を押さえる必要があり、そこは片側を上下分割することで対応
IMGP7898
IMGP7888
▲1Sサイズを搭載したところ

IMG_20200911_165548_R
▲ショートリポ、25mm厚用を付けたところ
いずれもシャシー側は無加工での取り付け。実走でも問題なく使えたのでこれは上手くいった。
小型リポへの対応は「257mm化」とは関係なく、普通のM-07にも使えますね。

「M-07/257」自体もパーツを交換して組み替えているだけで、いつでもMサイズに戻せます。
ダンパーセットも未だ「M-07 CONCEPT」の説明書の通り組んだまま。
自作パーツがフィックスするまではオプションの装着はひかえているのです。
って、スタビは付けてるけど(汗)

[RC改造] M-07 CONCEPT → FFツーリング その2 進化中

カテゴリ:

前回から書きかけのまま時間が経ってしまった(汗)
その間、テストは続けていたのをまとめてup。

tes2_0
tes2_0a
ざっくりまとめると最初のABS製のサスアームは破損しやすかったので素材を変更。いくつか試して“強化ナイロン”を選択。その後、数回のサーキット走行をこなし多少のクラッシュを経験してますが、破損もなく済んでいます。
ボディが911なのはアリモノで済ませているから…。

tes2_4
強化ナイロン製のサスアーム。
プリントサービスでいくつか出力してみて選択。
実用的な精度、強度、コストを兼ね備えたものが見つかって良かったー。

tes2_1
サスアームに目処がたったので、他の箇所をよりツーリングカー仕様に変更。
パワーソースもとりあえずのニッカド+ブラシから、リポ+ブラシレス17.5Tに

tes2_5
バンパーを“M”から“ツーリングカー”用に変更(3Dプリント)。ウレタンはタミヤ OP.1145。ボディポストも前方に移設し、ポストはタミヤのSP.1253という組み合わせ。

tes2_3
リアのダンパーステーもSP.1253のリアポストに合わせた形状に。ステー中央から前方へブリッジ状の補強パーツを追加。

主なパーツ変更はこんなところ。
ドライブシャフト、サスアーム類はM07から左右11mmずつ延長したもの。

−−
走行させての感触

ざっくりというと“ふつーに走る”。ふつーってなによ?というと変な癖がない感じ。
前後のバランスがいいというか。
まぁM07はFFミッドシップなので、オーバーハングにモーターを積んだFFツーリングとは明らかに違うわけで。
ドライバーのレベルがアレ(汗)なので当てにならないところもありますが、同時に持って行ってた4WDツーリングよりも走らせやすかったりも。
タイムは測ってないので、早い遅いは別よ。

幸運なことに旧知のRCマガジンスタッフさんに試走してもらえたりもして、感想やセッティングのアドバイスをいただけました。やはり専門家はさすがで、ちょっとした変更で操縦しやすくなるという具合。ある程度仕上がったうえでのコトだったので、手応えも得られました。

そんなこんなでカタチになってきた「M07の257化」。
現在はテストを踏まえてパーツ形状をブラッシュアップ。その出力待ちをしているところ。
ボディもそろそろマツダ3にしないとー

−−
TA02 6x6もセッティングが進んで面白く走れるようになったよー

このページのトップヘ

見出し画像
×