模型

2017年08月23日

ここ最近、仕事場をプチリニューアルして周辺を整理する中で、GSIクレオス製品共通の"キャップ"を短く加工してみた話

IMGP0075a_R
パイプカッターで切れば簡単、と思ったらそのままだと案外ズレる

キャップに少しテーパーが付いているのと、樹脂なので強くクランプすると歪むせいらしい

IMGP0079a_R
そこでガイドをつけてみることに


刃の固定ネジを長めにして、"ガイド板"を共締め。キャップを平面にあてることで傾きを抑え、切る幅も定められる

ガイド板は3Dプリンタで出力したABS製。位置がずれないよう取り付け面に合わせて凹凸をつけた形状

IMGP0081a_R
キャップ先端をガイドに当てつつ使用中

IMGP0086a_R
キャップを10mm程カットして全高は約70mm。これで引き出しなどに収納しやすくなりましたと

ただしキャップが短いので開け閉めで力を掛けにくくなった感はアリ

切り口は仕上げの必要もない程で、これなら複数個の加工も苦ではない

セメントやマークソフターのキャップも同様に加工し使っています


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 20:48│コメント(0)

2017年04月12日

まだまだ製作中の ティレル008

このマシンの特徴のひとつに、

「史上初めて電子計測システムを搭載した」 (ケン・ティレル談)

というのがあります。

当時の写真を見るとダンパーの付近にストロークセンサーらしきものがついているので、そこを計測してサスペンションのセッティングに活かしたのかなと。


その計測システム本体は、まさに"ブラックボックス"という姿で四角く黒い箱がコクピット前側に内蔵されています。

今回はそこを作ったお話。

−−
カーモデリングマニュアル掲載時には、まだその部品はなく、カウル表面のアクセスパネルもスジ彫りで表現していました。

完成後にパネルを開いて、ブラックボックスをチラ見せできたりするといいかな。

と、そのパネルを開閉できるようにしてみました。

t8 b1
コクピットカウルのアクセスパネル部をスジ彫りにそって、エッチングノコ等で切断。
パネルは周囲と合うよう、切った部分を使ってすりあわせる。


t8 b2
パネルはこのように下辺を支点に開くので、内側にヒンジを追加。
中に見えるのは大きさ検討用の仮ボックス


t8 b3
ブラックボックスはコクピット前側の構造材の間に斜めに収まる。ほぼプラ材での自作。

ハコの左側面にはトグルスイッチが数個付くので、そこはピンを埋めるべく凹みをつけてある。

t8 b4
ブラックボックス単体

前側の支えはゴムブッシュの入った構造らしいので、円形部品を重ねて再現。


コクピット周囲ではこの他に、スタビ調整レバー、キルスイッチや無線機、ロールオーバーバー上に伸びる給油口、シートベルト取り付け部などを製作。なんて個人的メモメモ






ノモケン/野本憲一nomo_ken at 10:06│コメント(0)トラックバック(0)

2017年01月01日

あけましておめでとうございます。


昨年中に完成させるはずだったもの

ty 008


まだ先が長いけど、今年は完成させないと!

ty 008 1



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 07:44│コメント(0)トラックバック(0)

2016年12月19日

年末にふさわしくメンテ、修理ネタ

GSIクレオスの「Mr.スーパーブース」が吸わなくなったのでメンテした話。

症状としてはスイッチをオンしても吸い込む様子がない状態。買ってからは9年くらいか。

交換も考えるところだけど、ひとまずファン単体にして動きをチェックしてみる。

すると動かないのではなく、極々ゆっくり回ってはいた。スイッチOFFで手で羽根車を回してみると重く抵抗がある感じ。

羽根車を軸から外して、周囲の汚れを落としても症状は変わらず。

となると、モーター自体か電源周りか。

ダメもとでモーターまでバラしてみる
DSC_0887_R

DSC_0888_R
すると軸受け周囲のグリスが固まっていて、軸にも固着していた。

軸&軸受け周辺を洗浄し、あらためてグリスアップして組み立て直すと、軸は手で回してもクルクル回るようになった。これはだいぶ違う

通電しても滑らかに回って、無事に復活しました!







ノモケン/野本憲一nomo_ken at 13:04│コメント(0)トラックバック(0)

2016年10月05日

10月2日「吉祥寺アニメワンダーランド2016」 内で開催される
プラモデルワークショップ「親子でプラモデル教室」に講師として参加しました。

・入り口のパネル
1002a
武蔵野市商工会が主催で、地元のウェーブさんやGSIクレオスさんが協賛。
かれこれ十年以上も続いているもので、自分はここ5年ほど講師として参加しています。

・会場の模様
1002b
参加は事前応募で、いつも抽選漏れが出るという人気ぶり。
今回は午前、午後ともガンプラで、午前は初心者向け、午後は中級として、マーカーインクを使った筆塗りも紹介。

作例展示では、ガンプラだけでなくカーモデルやAFVなどスケールモデルも置いてみました。
その辺からもプラモに興味を持って貰えれば、

という目論見でしたが、主に興味を示したのは運営側の人々だとユー






ノモケン/野本憲一nomo_ken at 13:29│コメント(0)トラックバック(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください