ホビージャパン

2017年05月24日

こんなタイトルで、先月末発売の月刊ホビージャパン(2017年7月号)から新連載が始まっています。

内容は、長らく作っているフルスクラッチモデル「1:12スケール Tyrrell 008」を題材に、製作の模様を紹介しつつ、模型製作のあれやこれやに付いて語ってみようというもの。

初回は製作に至った動機や背景と、製作前に資料集め図面についてなど。

2回目は「プラ材」で作ったモノコック他を紹介しつつ、それにまつわるお話。


語りたいこといれると写真のスペースが減るし、とはいえ見せたいところも多いので、その辺のバランスがやや手探り。全8回と終わりは決まっているので、悠長にはしてられないのだが。

ty 008 06



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 23:51│コメント(0)トラックバック(0)

2016年08月29日

C3TOKYO 2016内、ホビーアカデミー ホビージャパンブース

「プロモデラーによるキット改造講座」

ご参加いただいた方々ありがとうございました。


・その模様
toujitu

自分の手前には作例&キットという二つのジェスタキャノン

左のモニターでは製作中の写真を使ったスライドで解説

右は道具や材料など手元を映すモニター

実演ではなく製作中の写真を使って“解説“をするという新たな試みで、各回とも時間をオーバーしてしまいました

が、作例とキットの細かい形状の違いやデザイン解釈にも触れることが出来たのは、良かったかなと思っております。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:34│コメント(0)トラックバック(0)

2016年08月07日

毎年恒例のキャラクター&ホビーイベント
「C3 TOKYO 2016」
が、8月27、28日、に幕張メッセで開催されます。

その1日目の27(土)のみ行われるのが「ホビーアカデミー」

模型にまつわるマテリアルや工具の扱い方、試遊体験などができるコーナーで、様々な関連メーカーが参加しているもので、ホビージャパンからは例年「ノモ研出張版」として参加してきました。

これまでは塗装にまつわる実演が多かったのですが、今年は
「キット改造」
をテーマにやってみようと思います。

MG JC00
題材は「ノモ研新訂版」にも掲載されている「1/100ジェスタキャノン」。

MGジェスタをジェスタキャノンに改造する過程を通して、パーツを自作する際の考え方や手順、気にするポイントを紹介。

その場で作るのではなく、製作途中の画像を見せつつ解説していくことになります。

MGジェスタキャノンはバンダイでもキット化済み(プレミアムバンダイで発売)ではありますが、キット改造、パーツの自作例として、汎用的に参考にして貰えればと。

また、バンダイMGジェスタキャノンと、自分が作ったモノを比べてもみようかと。

マニアックな話になると思いますが興味のある方は是非ご参加ください

開始時間など決まったら、またお知らせします。


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 06:07│コメント(0)トラックバック(0)

2016年07月25日

本日発売の月刊ホビージャパン2016年9月号
月刊ホビージャパン2016年9月号









第2特集は「ROAD TO MERKAVA」
IDFの創設からメルカバ(Mk.1)までの車両が特集されています。

自分はその中で「メルカバ」を担当。(カラー6P)
タミヤ1/35メルカバは古いキットですけど、あれこれと手を加えることで、さらに完成度を高めてみました。

まず難点である砲塔形状を修正。
HJ1609_ML
先端側のくさびの形状、右のレンジファインダー前の傾斜、左の砲耳の位置。左右張りだしの後ろ側の形状修正(成形色とエポパテの色が似ててわかりにくい…)などなど

キットでは水平で接着になる砲身は、砲架部分を自作し俯仰できるように改造。
ここで懸案となる防循の防水シート部は「分割可動」させるというキャラクターモデル的な手法で対処しました。


また磁石によるサイドスカートの着脱化。
それを外さないと見えにくい機動輪、誘導輪のディテールアップも。
mk1
mk1b

--
また、情報ページでは、先月の北京の訪問記も掲載(カラー2P)
北京戦車博物館のIS-2を初めとした実車写真。
そして「英雄会」の会場の模様を紹介しています。

ということで、是非ごらんアレ!


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 10:00│コメント(0)トラックバック(0)

2016年06月28日

北京で開催された軍事、模型イベント、
「英雄会 次元海军节」の様子です。

ホビーショー的でもあり、ワンフェス的でもありました。

0626a_R
会場は北京新世紀日航飯店

0626b_R
この奥の1000人くらい入るホールで開催

0626c_R
会場内のステージ。コスプレイヤーの歌、軍事解説、新製品プレゼン、護身術ショー、模型製作実演と多彩

0626_R
自分が参加した実演のようす。
テーブルの4人は、左から中国で模型製作の動画配信をしている斯文敗類さん。とても人気だそうです。
そのお隣は中国で有名なブロガーの紀峥さん。
一番右は通訳して作業を紹介する担当の李月旻さん。
立っている方は総合司会の李応知さん。
いずれも模型好きな方々なので、打ち合わせなども話が早かったです。

実演内容はモンモデルのエアブラシ、塗料を紹介しつつそれを使った塗装作業。
例として新製品のレオパルド2A7を使い、ブラック&ホワイトのグラデーションを下地とする塗装を行いました。
後ろのスクリーンは大型LEDパネルで見やすくてイイですね

実演は2時間弱。最後にエプロンの外して、下に着てた「積むなつくれTシャツ」を紹介したのが一番ウケました そこは共通か!

--
会場のブースは中国のプラモデルメーカーが多数参加し、また出版メディア、模型サークル、軍事サークル、ゲーム等々と幅広い。
お客さんの層や会場の空気感は初期のワンフェスを思い出しました。
入場料がそれなりするようで、熱心な方が集まっているのがわかります。
スケールモデルは戦車、艦船が人気とのこと。

0626d_R
D-Day 上陸の様子を再現した大型ディオラマが展示してあったので、動画を撮ってみた

D-Day diorama 20160626 北京 英雄会 次元海军节


0626e_R
今回ご招待いただいた新時模型のブース。「ノモ研」の中国版も販売していました。
前日には市内の店舗にも行きました。

0626f_R
モンモデルのブース。賑わってます

0626g_R
新製品のゲパルトのパーツ。奥はT-72B3

この他、1/700イギリス海軍ロドニー、アメリカ海軍レキシントンのキット化を会場発表。

0626h_R
会場のスタンプラリーをコンプリートすると貰えるHE-177のプラモ。

0626i_R
トランペッターの1/16ヤークトティーガー。全パーツ展示

0626j_R
トランペッター、1/48 U-ボート
透明船体から各所にいる船員がみえる…
まだ開発中とのことでした

0626k_R
艦船関連の書籍を置いたブース。厚いのから薄いのまで

0626l_R
オリジナルのガレージキット展示。3DCAD&光造形だそうです

0626m_R
ボードゲームのサークルもいくつかありました

0626n_R
こちらはパンダホビーとブロンコが隣り合わせ。

他にもWoT関連などありました。

イベントのゲストとして行ったのですが、近年盛り上がっていると聞いていた中国のモデラー熱を感じれましたし、注目の新製品なども見れるなど、貴重な機会となりました。
呼んでいただいてありがとうございました!

−−
他に北京観光や郊外の戦車博物館にもいったので、その辺はいずれまた。

7月25日発売のホビージャパンに北京道中の紹介記事が載る予定です。
−−

・自分へのお土産
DSC_0763_R
日本ではまだ発売されていモンモデルのT-72B3&エンジン、レオパルド2A7など含めキットいろいろ


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 14:42│コメント(0)トラックバック(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/



・ustreamの過去アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/nomo-p/
・2014/2/14〜2015/1/22 arista-TV内での配信アーカイブはこちらに↓
http://www.ustream.tv/channel/arista-tv


・詳しくは番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください