カテゴリ

カテゴリ:RC

カテゴリ:
 RC改造パーツなどで利用している「DMM.make 3Dプリントサービス」から価格改定の案内がありました。7月5日以降、一律「5%以上」改定となるようです。「以上」がどれくらいかはその時まで分からない模様。

 現状価格での受付は「2022年7月4日(月)  23時59分」まで、となります。

 クリエイター「のもけん」の商品一覧

 実は価格改定はこれまでも何回かあって、以前よりもx1.3〜1.5くらいには上がっています。最近登録したのが高めなのはそのため。一方、以前に登録していたものについては、これまでは“据え置き”というありがたい状態だったのです。

 今回は“一律”ということで、据え置きになっていたものも上がると。

 昨今なにかとコストがあがってますし、DMM.make 3Dプリントサービスは送料も込みなので、そうした要因もあるのかと想像します。値上がりはイタイですが、サービスが無くなっては困るので上手いこと続いて欲しいものです。

 [RC改造] 「TypeSっぽいTA02」仕様のまとめと[説明書]

カテゴリ:
TA02を最近のツーリングカーっぽく組み上げてみた「TypeSっぽいTA02」。
自作3Dプリントパーツの説明書も兼ねて、仕様のまとめを紹介します。
*一番下にDMM.makeクリエイターズマーケットへのリンクを入れました
TA02TypeS_spec_01_R
▲特徴は足回りを標準よりもスパンの長い“リバサス系パーツ”で組み上げ(られるようにし)たこと。ダンパーステーも変更し、車高を下げた際にもアッパーアームの位置を最適化しやすい。基本的にはパーツの交換で、難しい加工はいらないのもポイント。シャシーはバスタブのままでも組めます
TA02_typeS_parts_list_c_R
▲自作の3Dプリントパーツ(ナイロン製)の一覧。プリント状態ではランナーで繋がっているので、そこはニッパーで切断。サスピンの穴は細めにしてあるので改めてドリルで開け直す。3mmビスをねじ込む箇所はベースキットの樹脂パーツと同様で、締めすぎには注意。微妙に真円でないこともあるので、先に2.5mmドリルで整えておくとよりいい。
*こちらも参照→
--
■フロント詳細
F_kihon_1b_R
▲フロントギアケース周辺部品はこのように変更。サスマウウント部はスキッド(0°)でリバサス取り付け可。例はサスアームにショートリバサスの「SP.1353」を使用。アップライト周囲は「TT-02 TYPE-SR」に準じた組み方でアップライトは「OP.1568 TRF418 C部品」、Cハブは「OP.1580 リバーシブルサス用カーボン強化ハブキャリア (4度)」。
*アップライト周辺に必要なパーツはこちらも参考に→タミヤwebサイトの「TT02 typeSR」説明書
**FRP/カーボンシャシーの場合はステアリングワイパーに“不要部品”の方を選び、干渉部分を削る
  詳しくは→]F_kihon2b_R
▲アッパーアーム長はこの仕様で軸間43mm。ダンパーステー側はボールナットでスペーサーは2mm(参考)。ユニバーサルシャフトは44mm。
*リバサス化で車軸位置が標準よりも3mm前になる→リアサスアームの変更でホイールベース257mmは変わらず
--
■リア詳細
R_kihon_b_R
▲リアギアボックスは無加工で、サスアーム、ダンパーステー、デフカバーを新規に取り付け。スタビマウントはイモネジでガタつきを抑える方式。アジャスタブルスチールマウントのブッシュは基準の「N1」を使用(サスピンの先端と位置が合う)。サスアームのリバウンドストッパー用の穴はホロービス(3x10など)を取り付けて調整可能に
R_kihon3_R
▲アルミサポートブリッジは前端側に2mmスペーサーを入れる。アッパーアーム長は軸間44mm、ボール部のスペーサーは両側とも2mm(参考値)。ダンパーはCVAスーパーミニで各54.5mm。
リアダンパーを内側に寝かすとサスアームとバネ受け(リテーナー)が干渉してきます。そこはアーム側を削るとか、リテーナー位置を上げるとか。リア車軸をフロントに合わせて3mm前に出しているので、シャフトの後傾が少なく済んでいます
アッパー基部_R
▲アッパーアーム基部。上から3x10ネジを通し、ボールナットで固定。スペーサーによってボール部の位置(高さ)を変えることで、リバサス系orTA02標準サスに適した高さに変更可能。ロールセンターの調整にもなる。この点はフロントも同様
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「TypeSっぽいTA02」用パーツはTA02のオプションとして部分的に活かしてみるのもありかと思います
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■TA02標準サスアームで活かす例
R_kihon02_B_R
▲TA02ノーマル足にスタビを追加。ダンパーステーも変え、アッパーアームをアジャスタブル化することで、キャンバーやロールセンターの調整、ダンパー位置の選択も可能になります
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
■DMM.make  クリエイターズマーケットへのリンク
[RC改造]「TypeSっぽいTA02」用パーツ_セット v1.1
↑パーツのフルセット

↓スペアや部分利用向け、フロント側/リア側/リアサスアーム
[RC改造]TA02_リアデフカバー、ダンパーステー
[RC改造]TA02_リアワイドスパンアーム

↓スペア用、単品



[RC改造] TA02_角リポ用バッテリーホルダー[説明書]

カテゴリ:
 TA02のFRP/カーボンシャシーで角型リポバッテリー各種を使えるようにする「バッテリーホルダー」をDMM.make クリエイターズマーケットに登録、公開しました。出力品(3Dプリントパーツ)を購入できます。
TA02lipo_set_1a_R
▲角型バッテリー用、ショートリポ用、1Sサイズ用の単品、と3種セットを用意。それぞれ画像のような配置でシャシーパーツと組み合わせます。素材はナイロン。色はアイボリーホワイト。
ショートリポ、1Sサイズ用は同形状のホルダーが2コ1組。ランナーで繋がった状態での出力品となります
↓クリエイターズマーケットへのリンク↓
・[RC改造]TA02_角リポ_ホルダー(FRP/カーボンシャーシ用)
・[RC改造]TA02_ショートリポ_ホルダー(FRP/カーボンシャーシ用)
・[RC改造]TA02_1Sサイズリポ_ホルダー(FRP/カーボンシャーシ用)
・[RC改造]TA02_角リポ用ホルダー3種セット(FRP/カーボンシャーシ用)
*価格(送料込み)は各ページでご確認ください。パーツのみが発送され説明書などは付属しません。

TA02lipo_kaku_1a_R
▲一般的な角型バッテリー用。片側のみ交換し、スペースを広げます

TA02lipo_S_1a_R
▲ショートリポ用。左右のホルダーを交換。上面から差し込み、下側をキャッチピンで固定

TA02lipo_1S_1a_R
▲1Sサイズ用。左右のホルダーを交換。上面から差し込み、下側をキャッチピンで固定。
TA02lipo_1s_4_R
▲1Sサイズ用を裏面から。ステーに差し込み、下に出た箇所をキャッチピンで固定します。(ショートリポ用も同様)
--

[RC改造] TYPE-S っぽいTA02 その5 確認走行編

カテゴリ:
ナイロン出力品で組んだ仕様の確認走行に行ってきました。
20220604_1
▲いつものヒラポンサーキット。雨予報の合間を狙って〜はみんな考えることは同じでこの日は激混みでした! コース脇のピットも埋まっている〜。

コースも混んでいるので淡々と走るのみ
↓走行の様子はヒラポンサーキットさんのyoutube動画から

▲8:55〜他車との流れのなかで、そこそこに走っています

▲53:45〜クラッシュシーンがリピートで使われていて、丈夫さも確認もできます(笑)
20220604_4s

20220604_2s
▲ベストラップは9.183で、新品タイヤの前回には届かなかった。この日は足回りはいじらず、バッテリーホルダーを前後移動させて比較(結局前側が良かった)。バッテリー自体も角リポフルサイズ、ショート、1Sサイズと変えてみた(ベストを出したのは1Sサイズ)。体感ではどれがいいかわからん

肝心の自作パーツの機能は問題なく、破損もなかったのでフィックスしていいかなと
20220604_5
20220604_6s

[RC改造] TYPE-S っぽいTA02 その4 パーツが揃った編

カテゴリ:
「TYPE-S っぽいTA02」用のパーツをナイロンで出力し、実走仕様に組み直しました
202205_ta02_1_R
▲各々に分けるとコスト高なので、まとめたデータで出力。なんのオブジェだって感じですが、コンパクトにまとまる配置を見いだすのも一苦労なのです、、、。
202205_ta02_0_R
▲切り離した各パーツ。基本的には前回ABSで試したのと同形状。フロントステーのみ若干変更
202205_ta02_3_R
▲フロント周りの仮合わせ。スキッド角0度のデフカバー、バンパー、スタビマウント(上下)、ダンパーステー
202205_ta02_4_R
▲リア周りの仮合わせ。長足のサスアーム(トーイン2.5°)、デフカバー(スタビマウント兼用、リバウンドストッパー対応)、ダンパーステー。いずれもベースキットのパーツに無加工で取り付け可
202205_ta02_5_R
▲リア用パーツをTA02標準サスアームでも確認。これでスタビを追加することも可(スタビパーツはTA07用)。ダンパーの角度調整、アッパーアームのアジャスタブル化や高さ調整にも対応もできる
202205_ta02_6_R
▲TA02のリアサスアームはタミヤアフターで買えました。(ついでがあったので注文してみた)
 19114107-000 Kパーツ(リヤサスアーム) ¥528
 19804958-000 4x5mmフランジパイプ(x2) ¥286
 *フランジパイプはダンパー基部に使用。FRPシャシーのステアリングワイパーにも使われている

202205_ta02_7a_R
▲これはCC-01のボディマウントで低い方をフロントに流用。これもアフターで購入

202205_ta02_8_R
▲これらを使って組み直し完了。走行に行く日が雨だったのでちょっと延期

このページのトップヘ

見出し画像
×