タイレル

2018年02月02日

長らく破損状態にあった 1/12 ティレル P34(1977 モナコGP) を修復しました。

破損箇所は足回りとデカール、ウィングがバラけたりなどなど。

この作品、

ホビージャパン誌 1993年9月号掲載

25年前ですよ!


当時は1977 モナコGP仕様の資料は乏しくて、それでも手を尽くして調べながら作った思い出で深い作品。

それがこの度の「1/12 ティレル008」 製作につながっているわけです。

いまだにコレ見ると締め切り間際にあせりながらタイヤマーク塗ってたことを思い出すわ
当時の写真

*ちなみにタミヤから「1/20 タイレルP34 1977 モナコGP仕様」が発売されるのは2002年

−−
■修復開始
IMG_20180118_170057s

幸いなことにというかなんというか、ティレル008のために部品取りしたP34のキットからサスアームのパーツは持ってこれるし、ホイールやタイヤも丸ごと余っているので、そこも新たに製作。

今度はタイヤロゴは吹きつけ塗装で、パーティングラインも目立たないように処置。

リアスタビのジョイントアームも折れていたので、ここはピン留めできるように真鍮パイプとステンレス線で新造。

カムカバーは残念なFORDロゴを修正したくなったので、ここも新規製作。003の同パーツからFORDモールドを写し取ってディテールアップ。

組み上がった状態からカムカバーを剥がすのは結構なチャレンジだったよ!


ホワイトのカウルはツヤが無い状態になってしまっていたので、丸ごと再塗装。

そこは当然マーキングも貼り直し。ノーズ、リアウィングの大型elfマークも痛んでいたので貼り直し。

フロントのelfマークに重なるL型フィン(洋はく板で自作)を剥がしたらヨレヨレになったのでエッチング帯金で作り直し。

カウルの"窓"に填めていた塩ビ版も変色していたので新たに切り出して貼り付け。

シートベルトも一端剥がす必要があったのとリボンが色あせていたので、金具は流用しつつ作り直し。

リアウィングは翼端板やステーの接着が剥がれてバラバラになっていたので、ピン留めに変更しつつ再固定。

77年の角形メーターパネルもプラ板で自作して、盤面はシール紙に印刷して貼り付け。

今度は安定して保管できるようにアクリルケースを用意して、固定用のナットをシート下に入れました。

−−

■修復なった ティレルP34
IMG_20180131_104546s

修復と平行して、デパイエのヘルメットも製作。

これは008に添えるためで、マーキングや形状は78年モナコ仕様

GPAのヘルメットは側面にバイザーが入り込むなどカタチが凝っているのがやっかい。

1/12のヘルメットは手持ちのパーツがなかったこともあり、大まかな形状を3Dプリントで作ってそれを加工しています。

ヘルメットの寸法って割り出しにくくて困っていたところ、4輪用のアライGP-2を持っていたのを思い出し、採寸して参考にしました。

−−


ノモケン/野本憲一nomo_ken at 21:15│コメント(0)

2009年12月17日

久々にラジコンカーを購入、というか予約を入れた。

来月、タミヤから1/10RCカー 「タイレルP34 1976年 日本GP」が発売されるのだ!
http://www.tamiya.com/japan/cms/newstopics/418-rcnewitem.html

シャシーはF103ベースで、しばらく前に発売されていた、
これ↓
http://www.tamiya.com/japan/products/57738tyrrell/index.htm
を若干変更したモノ。ボディはポリカーボネート製

↑では旧キットのプラボディをそのまま使う都合で、
通常の7.2Vバッテリーよりも小型サイズを付属させていたのだが、
今度のは通常の7.2Vバッテリーが使える点がイイ。

−−
ウチにストックしてある1977年型の旧キット
(タミヤRCカー初のF1、金属製シャシー)と、
比較記事でもやりたいぞ



ノモケン/野本憲一nomo_ken at 01:26│コメント(0)トラックバック(0)
のもぴ〜プラスティックラジオ
模型に限らずマニアックな話のwebラジオ。気がつけばもう10年目!
2017年4月から

毎月第2、第4木曜 20:00から、YoutubeLiveで映像生配信です。
https://www.youtube.com/user/StyleCubeTV/


・番組ブログ
「のもぴ〜プラスティックラジオ」番組ブログ
をご覧ください