nomotoyaushide.com for you

マーケティング広告戦略・顧客獲得プロファイリング、経営戦略・集客など中小企業経営のワンポイント情報

オススメ、レコメンドなど、毎日見ない日はありません。

ショッピングサイトでは、定番の言葉です。

ところで、売り込む理由は?

1.安いですよ。

2.お得ですよ。

3.今だけですよ。

4.お試ししては?

5.タダであげますよ。

と、概ねこんなところです。

そして、次に売り込むものを用意しているのが、定石です。


消費者も、わかっています。

わかっていて、申し込みますし、買っています。

ここまでは、OKだと思うのです。

どの会社の集客も、似たりよったりです。
(お前が言うな、と思われるでしょうが)


ところが、
次の手が、一番の勝負なのですが、手を抜いているところが多いのです。

何をしなくてはならないかと言うと、
あなたの会社が自信を持って売り込んだ理由を伝えてください。

そこには、安いも、お得も、今だけもありません。

ビジネスへの思いや、商品づくりのこと、あなたにどうしても使ってほしい、
どうしてもチャレンジしてほしい、ということが薄いところが多いのです。

あまり熱く語り過ぎると、暑苦しいので、それはトーン&マナーとして、
伝えていないと心当たりがあるのなら、伝えてください。

そこには、あなたの会社のイメージを伝えることも必要です。
(印象がいい、ターゲットが喜ぶようなデザインやメッセージ)

あなたの会社が、取り組んでいることも伝えていいと思います。

つまり、共感や支持を得られるものは、出来るだけ伝える。

精一杯伝えて、ダメであれば仕方ないと諦めもつきますが、
伝え損ねているのであれば、もったいないのです。

そのために、ツールを作成したり、資料を作成したり、
大変かもしれませんが、必要です。

ターゲットに合わせたSNSの投稿も、今の時代では必須です。

何を伝えていいかわからないのであれば、アンケートをすることも
必要だと思います。

昔のトップセールスの人たちは、言っていました。

「自分が、売る商品を最も愛していないと売れない」

商品を愛するということは、知っていることは当然であり、
その良さ、その全てを伝えるということです。


あるクライアントさんでのこと。

新しいマネージャーが着任してわかったことが
ありました。

商品とサービスの説明について、
スタッフ毎にお客様に伝えている内容が違いました。

マニュアルもありました。
これまでのマネージャーもいました。
チェックもしていたと言います。

なぜ、こうなったか。

口述・口伝だったからです。

どうすればいいか・・・ツールも必要ですが
これまでの全てを変える必要があります。

なぜなら、出来ていなかったのですから。


実は、様々な会社が売り込む理由を明確にしているか
というと、曖昧なところも多いのです。

だから、明確にするだけで、クロージング率や購入率、
継続率は、改善します。

顧客への啓蒙・教育ということも言われますが、
その前に、きちんと説明することが重要です。

かく言う私も、同じです。

お問い合わせしていただいた皆様に、きちんと整理して、
暑苦しくないように、お伝えしたいと思います。

46

Webマーケティングで、コンテンツが重要なのは言うまでもありません。

SEO,コンテンツマーケティング、SNSマーケティング等で共通です。

ビジネスとは違う目的、プライベートでの情報発信であれば、好みでいいと思います。

しかし、私たち中小企業は、認知度もなく、知名度もないとなれば、
顧客から調べられる際には、個人的な部分も含まれていると言わざるを得ません。

全くの趣味・嗜好であれば、それはそれで個性ですから、好感や好意のポイントかも
しれませんが、それを意図・意識していない限り、顧客からの目を気にしていないとなります。

あまりに自分勝手で恣意的な内容だと誤解を招かないとも限りません。

公式HPや広告用のLP,SEOを意識したコンテンツマーケティングで、このようなことは
ほぼないのですが、注意が必要なのが、やはりSNSです。

公式サイトも、広告用LPも、連動していると考えれば、下手なコンテンツはNGです。

常に顧客の目を気にしていなければならないということです。

真面目ばかりがいいわけではないのは当然ですが、業種・業界イメージ、対象顧客、
自社のイメージ、つまりブランディングの一部として機能する必要があります。

あまりに当たり前のことを、大げさに伝えているようですが、SNSの媒体次第では
「楽しさ」を演出するあまりに羽目を外していることや、「親近感」を演出するあまり
過剰な内容になっているところもあります。

インフルエンサー、ユーチューバーが業務であれば、このような方法もあるでしょうが、
ビジネスでは、違いますよね。

例えば、フェイスブックのスキルトレーニングサイトでは、
以下のコンテンツを紹介しています。

Facebook Blueprint

ポイントを絞ると、下記のとおりです。

1.引きつける
   写真や動画を使ってビジネスのバーチャルツアーを提供する。

2.情報を伝える
   商品やサービスについて、他社と異なる点や特別な点を説明する。

3.期待を高める
   コミュニティにとって重要なトピックを取り上げる。

SNSマーケティングでは、広告だけではなく、投稿コンテンツも重要です。
人柄を理解してもらうためのプライベートページも、気にする必要があります。

もう一つ、付け加えるならば、プロフィール写真も重要です。

イラストで親近感を演出していてGOODな場合もあれば、NGもあります。

プロフィール写真が、業種・業態や自社イメージとかけ離れていれば、
信頼性に欠けることになりかねません。

今さらなのですが、私たち中小企業が勘違いしていると、取り返しがつかないことにも
なりかねないことです。

「神は、細部に宿る」という言葉は、マーケティングでも使われます。

各パーツのズレや歪みは、顧客離れを引き起こします。

マーケティングは、今やWebマーケティングと同義とも言えます。

だからこそ、各パーツを大事にしていただきたいと思います。

43

ブログ、SNSなど情報発信されていると思います。


朝昼晩とLINEでの売り込みが来たら、どうですか?

普通であれば、「嫌われる」と感じると思います。


しかし、今は【スマホの時代】。

しかも、LINEに友だち登録している=連絡許可です。

朝に見るか、昼に見るか、夜に見るかは
それぞれの人で違いますし、その日の予定で違います。

確かに、頻繁な連絡を嫌う人もいるでしょうが、
その内容が、自分に興味や関心のあることや
関連する売り込みであれば、どうでしょう?

年代や商材で異なるのは、当たり前ですが、
朝昼晩にLINEを送ることで、集客できる時代です。


では、皆さんのビジネスで考えてみてください。

情報発信が、足りるか、足りないかは、判断できると思います。


中小企業は、マスメディアには、ほぼ無縁です。

広告費をかけることにも、消極的です。

それなのに、顧客へのアプローチも少ない・・・。

売上が上がる可能性を、自ら潰していると言えます。


このことは、
LINEだけではなく、SNS全般に言えます。

それぞれの媒体でも違います。

ツイッターの投稿数、あるノウハウでは、1日5回以上と
言われたりしています。

YouTubeは、毎日投稿。

インスタは、1日3回。

おそらく聞いただけで、中小企業にはキャパオーバーです。

しかし、やり方や企画などを工夫すれば
このように労力と時間をかけなくても
顧客へのアプローチが可能です。



要は、チラシやDMと同じです。

土曜は、チラシが多いから被るよな。

DMは、給料日後がいいよね。

と、顧客へのアプローチは同じですので
やはり、なんとなくはNGであり、
そこには、戦略や企画が必要なのです。

情報発信、回数、タイミング、工夫の余地があります。

41

↑このページのトップヘ