野本屋日記~野本旅館のブログ~

松之山温泉の野本旅館の日々のつぶやきやら、たま~にお得(?)な情報をかいたりします。拙い文章ですが、できれば皆さんに伝わればいいと思います。

2013年10月

憧れの車買っちゃいました。

まいど~松之山温泉禁酒親父の野本淳一です。
車好きの私、憧れの車買っちゃいました。
しかも 2シーター、明日納車です。
私クローズドサーキットはあまり好きでないのでどう弄ってやろうか。
オンロードで峠を攻めようか、オフロードでグラベル仕様にしようか、
ターマック仕様にしようか、それとも先日行われたミッレミリアに出ようか。
この車にはレーシングスーツ、フルフェイスヘルメットは似合わない、テンガロン?ハンチング?
いやいや純日本風に特攻服に白手ぬぐいのハチマキも選択肢の一つだ。
今からワクワク、ドキドキです。いやぁ楽しみだな。
中古で買った走行距離約10万kmの軽トラw
ほんじゃまた。

うちのこだわり!

まいど~松之山温泉禁酒親父の野本淳一です。

 当館も間もなく新米の提供を始めます。当館のお米は農家さんと業者から半々で「玄米」で購入しています。もちろん魚沼産の「こしひかり」ですよ!

 お客様に提供するお米は当館地下で精米をしております。精米には少々こだわっておりまして、精米の際はお米用の冷蔵庫から出して数時間~半日位かけて常温に戻し精米をします。
 精米は2回やります。1回の精米(玄米の皮むき)の方が美味しいのですが、白米と呼ぶには少し黄色がかっています。これから色白美人にしつつもうまさを持たせる仕上げるのが難しいところ。

 2回目の精米は熱との戦い。何せ削らなくても良いお米を無理矢理削る訳ですからどうしても熱をもってしまいます。
 先ずコンクリートの上に大風呂敷を2~3枚なるべく面積を広くとるように敷き、精米機から出てきた米を風呂敷の上になるべく重ならない様に広げて素早く常温に戻します。
 何故こんな事をするのかと思われるでしょうが、2回目の精米後の白米は約40~50度の熱をもってしまい受け容器に入れたままにすると中心部の温度が下がらないんです。結果、中途半端な半煮え状態になり美味しくなくなってしまうからです。

 熱がとれたらこれを洗い、浸水させ、水切りをして炊いて「ごはん」として皆様に提供しております。新米は古米に比べて水分を持っていますのでいつもより水を控えめに。炊いた後にべちゃべちゃにならないようにしてます。
こうしてお米は一粒一粒立ってツヤツヤです!皆さんに早く食べてもらいたいとお米達が待ってますよ!

ほんじゃまた~

灯篭修復

まいど~松之山温泉禁酒親父の野本淳一です。

灯篭の修復が終了しました。敦子がアクリル板に書いた「野本旅館」は力強い文字(奥の力作)良い出来(`・ω・´)
しかしこの文字と塗装が乾かなくて1日で完成予定のはずが3日も掛かってしまいました。('д` ;)
ですが台風の横殴りの雨にも、冬の地吹雪にも耐えられるように文字の上から透明ラッカーを3度塗りしてあります!

・・・ただちょっと文字がずれてるのでセンターが出て無かったり、垂直が出ていないのが判明しますので大変、大変恐れ入りますが近づいてまじまじと観察するのはご遠慮お願い致します~(つд⊂)

とにかく時間はかかりましたが、皆さんのお越しの時に野本旅館の灯篭が最初に皆さんの案内出来るようになりました。
ほんじゃまた~

取材を受けました

まいど~松之山温泉禁酒親父の野本淳一です。

本日は温泉組合長として富山県の北日本放送(TV)さんからバイナリー発電についての取材を受けました。
11月1日の18:15からのオンエアだそうですが、新潟県では県境近くの視聴者のみご覧頂けるそうです。残念ながら松之山では見られません。。・゚・(ノД`)
富山県でもバイナリー発電の機運が高まり、先進地との事でプラス、マイナス両面や引き受けるに当たっての苦労話などを根ほり葉ほり約1時間30分に渡ってインタビューされました。当日富山県で、よほど大きなニュースが無い限り約2~3分の放映だそうです。
よっぽど編集されるのですね。酔っぱらい親父のたわごとをパソコンでも約1週間見られる様な事を言っておられましたので判明しましたらアップします。
ほんじゃまた~
プロフィール

野本旅館の禁酒親父

新潟県十日町市にある日本三大薬湯・松之山温泉で温泉宿を営んでおります。
ブログにて日々の呟きやたま~にお得な(?
)情報を書きます。

  • ライブドアブログ