2007年09月11日

神はテーブルクロス   須藤元気3

格闘技にはさっぱり興味が無いので、須藤元気については名前くらいは知ってるものの顔を見たのは映画「フライ・ダディ・フライ」で暴力的な高校生の役をやっていたところくらい。

この本は須藤元気による人生訓集のようなものなのですが、なかなか面白いこと言う人なんですね、彼。

男子トイレに「Gentleman」と表示が出ているのを見て、「自分は本当に紳士なのか??」と自問自答してみる須藤元気。
・・・長年女子トイレの表示を見てきましたが、私は一度たりとも「自分はレディなのか??」と思ったことはありませんでしたよ。
そして男子トイレの中に良く書かれている言葉「一歩前へ」という言葉にも彼は反応してます。
この章の結論は「生きるヒントはいろんな言葉の中に隠されている」なんだそうです。

等々、いろいろと私が思いもよらないような発想が次々と繰り出され、なかなか楽しめる本でした。
自分の誕生会で王様ゲームをやりたがり、もちろん王様はずっと自分で!と言う体重108kg君など、彼の友達のおバカな話にも笑えます。

☆3.5

神はテーブルクロス
神はテーブルクロス
posted with amazlet on 07.09.11
須藤 元気
幻冬舎 (2007/04)
売り上げランキング: 878

Dancers
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングバナー(大)

この記事がご参考になりましたら↑クリックお願いします。

→「活字中毒日記」TOPページへ

→おすすめエッセイを探す(ブログ村)
→人気ブログランキングでみんなの読書レビューを読む

キア at 21:51│Comments(0)TrackBack(0)clip!エッセイ │このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔