2008年01月19日

小説家になる方法   清水義範3

ダヴィンチ(今月の特集は「この小説の書き方がすごい」)で紹介されていた本。

小説家には太宰治とかドストエフスキーみたいな破滅型もいれば、真っ当な性格の人もいるわけで。
「小説家になる方法」は著者の清水義範は真っ当な性格であることが伝わってきます。
この本によると、「作者は読者のなれの果て」。
小説界になりたくなるプロセスとは、
小説が好き→読みすぎると自分でも書いてみたくなる→書いたからには読まれたい→読んだ人に面白いと言われたい→究極の望みとして小説を書くことを職業として、それによって生きていけたらいいと思う・・・・ということ。
清水義範自身におけるプロセスが第1部「いかにして私は小説家になったのか」では書かれています。かなり地道ーで長ーい道です。紆余曲折の末にいかにしてパスティーシュ小説というジャンルにたどり着いたかの話はなかなか面白い。

しかし最近では、「小説が好きでもないし読みたくない、だけど小説家にはなりたい」という人が増えているんだそうです。
そんな人への清水義範からのメッセージ↓

私が言いたいことはこうだ。
近ごろ、小説は好きじゃないのに、小説家は有名人だしお金持ちだしと考えて小説家になりたがる人もいるらしいが、その判断は間違っているし、努力してもおそらくなれないでしょうから、やめたほうがいいですよ、だ。
つまり、小説は好きじゃないし、ろくに読んだこともないという人は、本書を買っちゃったことが失敗であるから、この先読まなくていいのである。

今月のダヴィンチで一緒に紹介されていた内藤みかの「何かを書きたいあなたへ―ケータイ小説の女王が教える文章術!」にも似たような話が書いてあったので、最近はよっぽどそんな作家志望者が多くて、そして現役小説家のみなさんは彼らによっぽどムカついてるのでしょうねー。


第二部は「小説のノウハウについての私見」。
A書くための方策
B小説家になるための具体策
C小説家の日日の暮らし
Aにかかれた「資料収集の6つの鉄則」あたりはいかにも実践的で、この本を本当に実用書として読む人にも役に立つのではないでしょうか。

☆3.5

小説家になる方法
小説家になる方法
posted with amazlet on 08.01.19
清水義範
ビジネス社 (2007/11/07)
売り上げランキング: 33908
おすすめ度の平均: 3.0
3 買いですが・・・。



Dancers
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

人気ブログランキングバナー
この記事がご参考になりましたら↑クリックお願いします。


→「活字中毒日記」TOPページへ

→夢をかなえる本(ブログ村)
→人気ブログランキングでみんなの読書レビューを読む

キア at 12:54│Comments(0)TrackBack(0)clip!実用書 │このエントリーを含むはてなブックマーク

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔