2008年06月22日

☆木の根っこと、上はほぼ同じ

この頃、これからどうしていこうかなという
考えがまとまらなかったので、
フラワーエッセンスのお師匠さんのところに
セッションを受けに行った。

何かをやろうとしても、なんとなく考えが分散して
しまって、やることができない。

すごく疲れているわけでもない、
気持ちが落ちているわけでもない
でもなんとなく進まない感が自分の中であった。

そんなときに、ご飯を食べること、寝ること、
運動することなど、日常に関する質問をされて、
それに対して気を入れていない自分がいることに気が付いた。

「すごく地味なことで、誰も誉めてくれないのよね。
何かビジネスで成功したとか、そういう派手なこと、
木の土の表面から出ていることならやりがいもあるんだけど。

ご飯をちゃんと作って食べるとか、ちゃんと寝るとかって
面倒でしょ?(笑)地味だし、誉めてくれなくて面倒なことって
やっぱりやっても仕方ないって気になるわよね。

でも、木の上の方を伸ばしていきたかったら、
木の根っこのほうを伸ばしていくことが必要なのよ」

そっかぁ。

実際のビジネスで成功されている方も、すごーく地道な作業を
されいているのは、根っこをきちんと張っているから
上も大きく伸びているんだね。

そして、フラワーエッセンスの世界でも、グレガのような大きな
変化をもたらすようなエッセンスを飲むときは、
グラウンディング(肉体を使った作業、日常の睡眠食事などを
大切にすること)が必要といわれるのは、上に大きく伸びるから
下の根っこもきちんと枝を張っておかないと倒れてしまうから
なんだね。

実際の木も、地面から出ている部分と根っこの部分の
大きさはほぼ同じだそうだ。

壁にそって生えている植物の枝が壁に邪魔されて
生えないなら、下の根っこもやはりその方向には生えないらしい。

なるほどねー。

グラウンディングという言葉の意味を、
最近もっとよくつかみたいと思っていたので、
また認識が深まった。

今は、そのグラウンディングに必要なエッセンスと
自分でも夜遅くにご飯を食べない、間色をしすぎない
朝はきちんと起きるということをしている。

自分の根がしっかりするころ、
自分の伸び悩んでいた上の部分もしっかり枝を張ることだろう。



nomurakuraku at 15:29│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔