2018年02月12日

だめだこりゃ

2月11日18:30現時点CMEで反発しているが、オーバーシュート(5MAとの極端な乖離)のいったんの調整とみる。  5MAが25MAと75MAをブチ抜いてデッドクロスしてしまった。長期チャートの下向きの角度がかなりきつい。  200MAが支持しているように見えるがブチ抜かれるのは時間の問題だろう。  
完全に次のターゲットは20000割れだな。 前もって、1番底を想定しておく。
   衆院解散前でもみ合っていた19750近辺。 
  それでも止まらない場合、2017 9SQ近辺の安値  19080 
  更に下落する場合、2017 4月中旬に開けた窓    18190
24170(天井)から20%程度は下落すると覚悟しておきたい。  20000割れたあたりから反撃の準備をしたい。 まずは現物株を仕込みだし、底を打ったのを確認できてから先物も仕込みたい。が、先物はかなり警戒しながらのINとする。無理にINしない。 為替は底打ち確認しだい、ドル買い。現物株の仕込みだが、オーバーシュートした銘柄をすかさず拾いたい。 銘柄は前もって、ある程度絞っておこう。

何も悲観的になる必要がない。毎度おなじみのNK祭りである。慣れてる。動じない。

GS危険、やっぱり。 今回の暴落GS相当儲けたな。 オーバシュートの中、絶対GS仕込んでくる。

また個人を踏みあげてくるって。そして、高値を個人に掴ませて、ドーン。さすがGS。汚いからな。



日経225先物ランキング

nomuramorugan at 19:20|PermalinkComments(0)

2018年02月10日

祝 続投

日銀総裁続投。 って当たり前だろう。  金融庁の帽子の好きなじいちゃんは早くやめた方がいいだろう。

続投発表のタイミングが悪い。 ここではないだろう。 ここはマイナス金利廃止するチャンスだろう。

この高ボラ、
投げ、換金売りの状況は誰にも止められない。こういう時に冷静に慣れ。ピンチはチャンスだったのに。下落を止めたいのはわかるが、この荒れ相場で、しれーっとマイナス金利廃止しておいて、ボラが落ち着いてきたころにタイミングを見て黒ちゃん続投のカードを使って欲しかった。

カードゲームでいうならば、マイナス金利は下落カード、黒ちゃん続投は上昇カード。市場が狂っているときに、

不利なカードを投げ捨て、上昇局面用のカードをホールドしておきたかった。さあこの後どうする。

このタイミングで続投発表決めたのは、あの人だろう。 意外と気が短いから。 

切り返しが困難な局面はしばらく続くだろう。ここまで来ると機能する支持線がもうない。CME,SGXの動きを見ると
HFTが熱くなりすぎて、煙がでてそうだ。

残念NK,来週20000割れる。

日経225先物ランキング

nomuramorugan at 16:36|PermalinkComments(0)

2018年02月09日

コントロール不能

やはりダウまたまたクラッシュ。 お決まりのNKも一緒にGO。完全に株式市場コントロール不能。

まだまだこんなものでは終わらないだろう。来週200MA割れ確定のようだ。巨大なショート建玉の買い戻しが終わっていない。それどころか更に大量に売り乗せている。今日の反発はショートカバーではなく、また買い玉の投げ売りのための反発だろう。 どうやら短期筋ではなく、超大口長期組の解約(現金化)注文が殺到しているみたいだ。  NKナイト休みって、休むのはいい。しかし、CMEも休めよ。逆だろ普通。ここがNKの汚いところだ。
海外組にやさしく、日本人(個人)にはきびしい。本当にNKもルール見直したほうがいい。ジャパンマネー吸い取られまくってることに早く気づこう。 

この先のターゲットだが、2017 9月の衆議院解散前のあたり19750~20200も十分ありえそうだ。
そうなると、為替も107.32アタックとなる。 確率は非常に高い。21000でショートの買い戻しが甘く、売り乗せるということはそういうことだ。

今回は大手HF,大手証券会社もパニックになっているようだ。 ナイト休んでCMEで大人(大手HF,大手証券会社)のポジション調整か。個人はほったらかし。とにかく東証は個人を育てようとしない。野村も2049ETN早期償還って。ライブドアショックのときのOOッOO証券みたいなことをまさか大手の野村が。失った信用を回復するのはなかなかだろう。

東証もこのクラッシュをいい機会にして、ルールを見直そう。日本に株式市場をつくった渋沢栄一氏が怒っているぞ。
 




日経225先物ランキング

nomuramorugan at 18:53|PermalinkComments(0)
Amazonライブリンク
ブログトピックス
本ブログパーツは終了しました
メッセージ

名前
メール
本文
最新トラックバック
最新コメント
アクセスカウンター

Amazonライブリンク
Amazonライブリンク
ギャラリー