そういえば、数日前に、実験♪
とかいって、ついてるとか言おうとしてたのに、
気づいたら全然忘れてたもんちゃんです。
こんばんは。

日常の中にホッとする時間を探すことを意識しだしたら、
感謝がいっぱい湧いてきた。
感謝しましょう。ってスピ系の人たちが語ることを読んだり聞いたりしてた時は、
なんか、感謝というコインと引き換えに、幸運を買うみたいで
偽善者っぽいな、と違和感があったんだけど。

ふと。ホッとしたくてお風呂にアロマを入れてぼーっとしていたら。
あ、みんな全力で生きてるんだなぁって思えて。
私も全力、彼も全力、会社のあの人も、駅ですれ違ったあの人も…
みんなその時に出し切れる全力を出して、その行動をしてるんだなぁって。
彼から返信がこないのも、彼は『全力で』返信をしない、を選択してるんだなぁって。
(なんか文章にするとすごく伝わりにくい感覚だけど)
私に対して、もし適当な気持ちだったとしても、
その適当でいようっていう自分を選んだのも、彼は全力で選んでるわけで。

とにかく、生きてる人はみんな全力!なんだなぁってふと思って。
そしたら、この世界がすごくいとおしく思えて。
もし彼が全力で私を適当扱いしてるなら、それでもいいじゃんって。
彼の全力を私はそのまま受け止めようって、すごく自然に思えて。

そしたら、彼が今まで私にしてくれてたことに、感謝しか湧いてこなかった。
何もない、今でさえも、感謝しかないなぁって。
LINEをくれる時間も、くれない時間も。ないがしろになんてされてなかった。
そのことに気づいたら、ありがとう、ありがとう。ってどんどん感謝がわいてきて。
どんな【今】でも私はありがたく受け止めようって思えた。

こんな風に思えたのは初めてで。
私の住む世界が変わった気がした。
そうか、私の創造する世界に、いじわるなやつばかり存在させるのも、
愛あるものや人、思いを存在させるのも、私次第なんだなぁって。
私が今いるこの世界では、ディズニーランドでショーをやっている世界で。
キラキラした光や、おいしいコーヒーや、楽しいテレビがある世界で…
全て、全力で生きてる人たちによって全力で作られた世界に、全力で私が生きてる。

なーんにも悪いことなんて起きてなかったんだ、最初から。
嫌だなぁと思う出来事さえも、誰かの全力から生まれたもの。
無視も、失恋も、その時のその人の精一杯の全力。私に向けられた『全力』。
こんなにも、世界って温かかったんだー。気づいてなかっただけなんだ。
私、ちゃんと全力で対応されてたんだなぁって思えた。

世界 対 私、だけじゃなくて、私 対 私にも言えること。
不安も、悲しみも、私が私に全力で訴えてたんだよね。
ここにいるよーって。
存在を無視してごめんね、今まで。
出てくんなよ!お前(不安、悲しみ)がでてきたら願いが叶わねーだろ!
なんて感じで冷たく扱ってごめんね。。
私にも、ありがとう。教えてくれて、ありがとう。私の全力を教えてくれてありがとう。

私の世界の優しさとか、湧いてきた感謝とか、
そういうものを取りこぼさないように生きていきたいな。
もったいない笑 大事に受け取ろう。今の現実を。

ありがとう、私^^

LINEがほぼ来なくなりました。
どんどんフェードアウトしようとしてるのかな、と不安。

一応、来週会おうとは言ってくれてるけど。
いざ決めようとすると返信が。。

不安すぎて、先の思い込みのメカニズムの記事のように、色々現実を決めつけてしまいたくなる。

フラットでいよう。
まだ、何も結果は出ていないのだから。
最悪、彼がいなくなっても、ちゃんと自分が幸せになる道は閉ざされず残っているのだから。

凄く不安。
まずはその気持ちを許容しよう。
そして、どうしたい?を考える。


来週楽しく会えたら嬉しい♡
そして、また、毎朝毎晩のLINEのやり取りを楽しくできるようになったら嬉しい♡

私は今まで、彼氏から連絡がないなどの不安になったとき、
きっと女の人と一緒なんだ、とかもう嫌いになったんだ、など、思い込みをする癖があった。

友達になんで?って聞かれたときに説明した理由があるんだけど。
まさに私の言葉か?というようなことが、あるblogに書いてあったので、引用させてもらう。

まさに、この通り!
結果も、この通り。。。
こうして冷静に自分の習性に改めて気付けると、気持ちが落ち着くものです。
何かある度に読み返そうと思う。

☆☆
何で思い込みをする?

私に限らず、人は何でこんな思い込みをするかというと、 「説明不能、答えが無い」という状態が不安で嫌でたまらないから。

答えや説明がつくなら何でも良いので、頭の中で勝手な思い込みをして、 その嘘っぱちの妄想を答えにしてしまうということなのです。

なので、他人に対しても思い込みをし、自分自身に対してもとんだ思い込みをして (「俺がこうなんだから、あいつもこうだろう」 「俺は〇〇だから、きっとこうなるに違いない」etc.)、 それでひとまずは安心して納得してしまうのですが、 後に残るのは思い込みや妄想による苦しみだけという、皮肉な結果となるのです。

↑このページのトップヘ