気の向くままに思うまま

自分の興味ある事について誰の目も気にせず思ったように書いてみる。 一種の現実逃避型日記。

CL準決勝1st leg

昨日の夜、近くのスポーツバーに行きました。
レアル・マドリーvsFCバルセロナを観るために。
まぁ、録画なんですが。
さすがに夜中にスポーツバーに行ってサッカー見てられるような仕事じゃないもんで。
何とか、試合観るまで結果を聞かないように頑張りましたよ。

で、結果ですけど、みなさんご存知の通り。
メッシが違いを見せつけての0-2という十分すぎるアドバンテージ。
ボールポゼッションで相手を圧倒しての勝利でした。

最近のサッカーライターが持て囃す「ボールポゼッションが高いサッカーをしてこそいいサッカー」、というような論調にはあまり同意できないんですが、今回ばかりはバルサの組織だったボールゲームの凄まじさを思い知った感じです。
しかも、途中でペペが退場になってからは開き気味に位置したバルサの3トップの両翼をカバーする人間もいなくなり、失点を食らった印象です。
それまでのレアルのやり方は決して悪くなかったかと。

シャビ・ケイタのMFとメッシのプレーゾーンである中盤センターをシャビ・アロンソ、ペペ、ラスの守備能力の高いMFが潰す事でバルサのしたいサッカーをさせない。
そのため、バルサはペナルティーエリアのサイドには良いボールが入るんですが、そこからが活きない。
ターゲットマンを持たないバルサにとっては当然なんですが。
ビジャが内に切れ込んで惜しいシュートを放つシーンもあったのですが、バルサらしさは出ず。
その形も前半はうまく機能していたんですがね。
一つ惜しむらくは、フォアチェックとセンターのプレッシングがまったく連動してなかった事。
ディ・マリア、エジルの両名のサイドでのフォアチェックはそれなりに効いていたのですが、如何せん追っかけすぎるのでMFとの距離が間延びしており、違うチームが守備をしているような感じ。
その影響からかMFのカバーするエリアが想定したより広くなったのかと。
で、後半になって足が止まってきて、徐々にボールホルダーに対してのチェックの遅れが目立ち、それがファールの頻発につながった。
言ってみれば、ペペが食らったレッドカードはそこに至ったレアルの守備の破綻が招いた自滅、とも言うべきものだったと考えている。
「あのプレーはレッドカードに値しない」、という論調もみられるが、そもそも忘れちゃいけないのはレッドカードの定義として、「乱暴な行為」に対しては退場処分を与えられるのだ。
あのプレーというより、そこに至る一連の流れはサッカーにとって十分「乱暴な行為」だった、だからレッドカードが出た。
それだけ。
そうなると、レアルの生命線が崩壊→バルサのサッカーが息を吹き返す→新たに入ったアフェライの突破力が活きる→先制点、という必然。
正直、1点目が入った時点で2点目は時間の問題だと思いましたが、メッシを人数が少なくなったレアルは捕まえられずシャビとの絶妙なパス交換から5人を交わして、カシージャスを嘲笑うような技ありのシュート。

絶対とは言えませんが、勝負は決まった感じで。
アウェーゴール2本はデカいかな、と。
レアルのアプローチも悪くなかっただけに残念。
しかも、次の試合はセルヒオ・ラモスとペペが出場停止。
さすがに辛いかと。
カルバリョが帰ってきてアルビオルとCBを組むとはいえ、どうしても平面でのアジリティーに欠ける、と言わざるを得ない。
レアルは玉砕覚悟で90分間攻め続けるような試合を臨むよりない、かと。
去年の5-0のクラシコの二の舞になる予感もします。

ただ、稀代の戦術家モウリーニョがこのままで終わるとも思えない。
期待せずにはいれません。
5/3が楽しみかな。

語学力

今日の夕方、病棟に顔を出しました。
気になる患者の状態確認のために。

まぁ、日曜の夕方なんて他に医者はいないわけですが、すると看護師から声をかけられて。
「○○○さんがCPMを夜にやりたい、って言ってるので止めてください。」だって。
ちなみに、その患者はロシア人。
話せるのはロシア語と非常に拙い英語。

そして、オレが出来るのは、人の揚げ足を取り続ける日本語と全く伝わらない自信がある英語。
意思疏通なんて出来る訳ない。

英語くらい出来ないとダメだなぁ。

異動

今日の朝回診をもって釧路を離れます。

色んな事があったけど、自分の糧となってると信じて。

アジアカップ制覇5

オーストラリア相手にキッチリと勝ち切る。
アジアの面子を保つ意味でも重要な勝利だったかと。

何よりも、これまでの形を崩さずに流れから得点した。
これに尽きる。

今大会で長友は一層評価を上げたんではないでしょうか。
これまではクオリティの低さをフィジカルで補っていた感が強かったですが、この大会で更に戦術的な側面でも伸びしろを示した事で、監督的にはより計算しやすいプレーヤーになったと思います。

そして、日本の攻撃にクオリティを加えるだけでなく、中盤の厚みを生み出すハードワークを見せつけた本田。
まさにMVPに相応しい存在感。

この日本代表がこの後どこまで成長するかが非常に楽しみ。
見ていて楽しい代表戦、しかも親善試合ではない公式戦でこの感覚。
これが日本のサッカーだ、っていう形を見出だせるんじゃないでしょうか。

センター試験4

この土日はセンター試験だったみたいで。
もう、12年も経っちゃいました。

何でこのタイミングで?って感じですけど。
ニュースで問題文の事とかが今年は多く取り上げられてるから何となく思い出しました。

まぁ、理系なんで、理科は二つに社会は一つ必要だったんです。
自分が受けた時の初日の昼休み直後が地理・歴史だったんですが、
ブッチしたんですよね。
勉強した事ない現代社会でなんとかなる、って思い込んで。
まぁ、実際何とかなりましたが、今考えたら、アホな事をしたなぁ、と。
その後の大学生活の方が色々アホなんですが。

また、受験したいとは思わないけど、この年になると懐かしいなぁ。

アジア杯・ヨルダン戦3

昨日のヨルダン戦。
結果は1−1のドロー。

まぁ、それに値する試合内容だったと思います。
負け試合になってれば運が悪すぎたゲーム。
ただ、勝利の匂いは感じませんでした。

一番の問題点は相手ペナルティーエリア付近での中央の密度の高さ。
言い換えれば、サイドの手薄さ。
そして、決定的な仕事をしようとする二人が交錯してチャンスを得られない。

矛盾ばかりが目に付きました。

先発で前田を使った狙いは、おそらく、本田と香川の得点力を引き出すため。
そのために懐の深い前田を選択したんじゃないかと。
ただ、ゴールを背負ってプレーした時に、楔のプレーしかしないのでは相手には怖さはないし、その後ろの選手(本田・香川)に注意を向ければいいだけになるので、そこが課題となりそう。

それ以上に、そのポストプレーに対し、パスを引き出そうとする動きを二人とも同じようにしてしまうのはいただけない。
本来はミドルやラストパスに長けた本田が楔の位置に陣取って、香川は左サイドからダイアゴナルな形でラインの裏をとる動きをする方がスムーズな攻撃展開になったと思いますが、どうしても、香川と本田が被る事で、イイ形が見出せない。

窮屈な感じが随所に見えました。

トップ下を香川にした後は、本田がサイドプレイヤーに徹する事でバランスが生まれたと思いますが、その時には相手はペナルティーエリア内に7人選手を置くような状態。
これでは、スペイン代表でもこじ開けるのは難しいのではないか、と。

他には長谷部のポジションが高すぎてリスクマネージメントとして遠藤が下がり目になっていた事で、攻撃の2ndボールが収められない。
本来はその位置にセンターハーフのどちらかがいるべきでしょうが、二人ともバランスを崩していた印象。
W杯ではその後ろにアンカーの阿部がいたので、遠藤がこぼれ球に詰められていたのですが、今回はそのアンカーが遠藤。
これでは厚みのある攻撃はできません。

にしても、良かった点も数多くあると思います。
こういった不運な形での失点から同点にできずに負ける、そんなシーンがこれまでだと少なくなかったのに、今回は後半終了近くに吉田の同点ゴール。
セットプレーでしか点数取れなかった、と言えばそれまでですが、そのセットプレーに繋げた日本のワイドな攻めの形はこれまでになかった物。

ボールをグラウンダーで回すだけで攻め手を欠いてtime up。
そんな場面がこれまでの日本代表だったのに。
これは、大きな進歩かと。
しかも、その中でしっかり点を取って追いついたのだから十分かな。

今後の課題は、
取るべき所で先制点を奪う
これに尽きる。

そのためには、試合開始直後に、まずトップギアで相手に攻められてる意識を持たせる事。
そしてその中で先制できれば尚良し。
サッカー強国はこれができる。
ブラジル然り、アルゼンチン然り、ヨーロッパの強国もそう。

シリア戦でそういった日本代表を見たいです。

2011

あけましておめでとうございます。

昨年は色々ありまして、今年は4月から再び札幌に出戻りと相成りました。
今後を考える上で大事な1年だと思うので頑張りたいと思ってます。

来年、一緒に働く同期と上手くやってけるかが一番心配かな。

ドッペルゲンガー3

今日、友達から一通のメールが。

「お前、リオンって名前だったのか。」


オイッ。
海老蔵殴った覚えはないし、ハーフでもない。

そりゃ、ニュース見た時に、自分でも似てるとは思ったけど。

18番5

ハンカチ王子、やっと仮契約しましたね。
試合を作る能力はかなり高いと思いますが、それでもまだプロで通用するモノは持ってないんじゃないかな。

長い目で見守れるかが、重要そうですが、走り込みで下半身がしっかりしたら、来年半ばからでも活躍できそうです。
期待しております。

雑感2010 −晩秋−4

別に時間はあったんですが、放置してました。
1ヶ月ぶりです。
こんばんわ。

まぁ、大した事があったわけでもなく、日々の仕事をこなしてたのみ。
寝る時間もないほど忙しかったわけでもないし。

変わった事、というか、ネタになるような事といえば、先週の土曜に友人の結婚式に行った位。
結婚相手が、他大学のスキー部の後輩だったため、新郎・新婦のどちらも知ってる状態。
まぁ、幸せになってくれれば、と思います。
それ以上は語るものも持ってない。

つーか、みんな結婚していきます。
周りで結婚してないのはごく少数。
誰しも何となく結婚できない理由が見え隠れしている感じですけど。

って事は、他人から見るとボクもおそらく結婚できない理由が何かありそうです。
自分ではわかりませんが。
何だろなぁ。

まぁ、したい気になってない、のが大きいとは思うんですけど。
気長に待つしかないね、コレは。


ちなみに、毎年この時期恒例の積丹には今年も行きました。
昼に行ったら意外と陽気が良くてビックリでした。

Profile
るいこすた
定職には付いていますが基本的にはオチやすいダメ人間設定。
期待には応えられないのがモットー。
今後どうなっていくのかはわかりませんが同業の方は一つヨロシク。

ちなみに写真は実家の愛犬、自慢の一品。
Categories
Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ