愛媛旅1発目の食事はこちら「白雅」さんで。 


savvyでチェックしていたこのお店。
並ぶかもしれないと思い、開店と同時にイン。
この潔い白いのれんが目印。



メニューはこちら。 
お料理は焼ぎょうざと水ぎょうざと冷麺、酢クラゲ のみ。 しかも、全品440円。
こちらも潔い。




まだまだ昼前でしたが、ぎょうざ相手には思わずこれ。
生中。



うまい。
ぎょうざを焼く「ジュー!」って音だけでビールがすすみます。



お冷はなんと角ボトル。いい感じです。 


卓上のタレを小皿に入れて、ラー油を少したらして待つ事数分。
(このラー油かなりパンチがあるので少しずつ調整しましょう)




まずは水ぎょうざが到着。



もちもちの厚めの皮で包まれたぎょうざ。
一つの大きさも大きめです。




タレにつけて一口で。
うまい。プリップリ。
野菜中心の餡なのでさっぱりと食べられます。
なんといっても皮がうまい。


次は焼ぎょうざ。


このきつね色の焼き目が素晴らしい。美しい...。
見た目通りの香ばしい皮。うまい。



焼きと水で包み方も変えているんですね。こういうこだわりもグッとくるなぁ。



夫婦で並んでぎょうざを包んでいる姿も素敵でした。



今治に来た時にはまた来よう。
ごちそうさまでした。