2006年09月

2006年09月18日

そろそろインド臭が消えてしまいそう
うーインドに帰りたい!

16日朝9時過ぎ、無事日本に帰国しました。

9日に研修終えて、タージマハルにみんなと行って
ガンジス川に1人旅。楽しかった☆
14日の早朝にデリーに戻ってきてそのままラメシュ家へ。
最後の晩餐は、こじんまりと内輪で、スマンさん手料理でした。
ラメシュさんはパーティー好きだけど、14日はパーティー
じゃなかった。わいわい、だけど、しっとり。
ラム酒片手に夜の3時半まで語りました。
絶対インドにまた来て、今度こそラメシュさんの田舎に行くこと
バイクに乗せてもらうこと。
ラメシュさんは来年絶対日本に来て私の田舎に来ること。
約束しました。すっごく眠かったけど、今夜が最後なんだと思うと
どうしても寝たくなかった。けど3時半に力つきて寝てしまった涙

15日はインドらしくゆーっくり起きてゆーっくり準備して
ラメシュさんのオフィスでゆーっくりして、おみやげの紅茶を買い
最後にお昼ご飯をラメシュ家でごちそうになり
ムケーシュさん(ラメシュさんの弟)とラメシュパパが空港まで
送ってくれました。

ラメシュさん、スマンさん、パパママ、最後はみんなとハグして別れました
ママが泣いてくれて、思わず私ももらい泣きしそうになったけど、
泣かなかった。泣きたくなかった。
私はこういう場面では必ず泣いてしまう人だけど、今回は耐えました。
笑って別れようと決めてました。また会おうね、絶対来るね、って。

7月29日にみんなに背中押してもらって、不安いっぱいだったけど
成田を飛び立って、着いたその日の夜にラメシュ家にアポなし
チェックイン、笑。
そこからインドライフが始まって

最初は泣きながら食べてたスパイシー料理も今じゃ大好きだし
(私は世界で1番美味しいパンはヴィドフランスのエンジェルソフト
だと思ってたけど、チャパティ(ナンの簡易版みたいなやつ)になりました)
溶けるんじゃないかと思うくらい暑い空気の中で寝起きするのにも慣れたし
(日本は寒すぎます)
値段がついてない買い物も普通だし
車とか牛とかが横すれすれに通っていくあのカオスな道路も好きになったし
私が知らないインド文化はまだまだ山のようにあるんだろうけど

インド人は良い人だなって思えます
私はほんとにラッキーでした
私の会ったインド人はみーんな良い人でした
思いやりがあって世話好きででも引くときは引く。
宗教の信仰心はすごく厚いし、野望も持ってる熱いひとたち。


私は将来、必ずインドに戻ります。
もっと知りたいことがあるし、行ってみたい土地もある。
会いたい人がいるし、帰りたい場所がある。
この1ヵ月半で、ほんといろんな絆ができました。
絶対なくしたくない。なくす気もないしね!

インド臭がだんだん消えてくように、笑
思い出はいつか消えてしまうものだけど

この夏の経験は、確かに、将来につながる。
できた絆は、一生もの。ずっと、大事にする。
この気持ちも忘れたくないな、感謝の気持ち。
あとはこの決意かな!インドに帰る!


今まで見守ってくれたみなさん、ありがとうございました。
ほんと、飲みながら語りましょ!

ブログは今日でお終いです
これからまたmixi生活に戻ります
またインド生活が始まる時このブログも再開したいと思います


それでは、また会える日まで^^



nonfn at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2006年09月11日

思い出つくり

お久しぶり!のんです

昨日ついに見てきましたタージマハル!
超超超きれいでした。感動しました。
ずーっとテレビと写真でしかみたことのなかったあの
大理石のお墓!
あー私も、国力傾けてまで自分のためにあんだけのお墓
作ってくれる人と結婚したい笑

明日はガンジス河に行ってきます
沐浴しようかな
肝炎なっちゃうかな
こわいこわい

ほんとに最後なんだな
ほんと寂しい
帰りたくない涙

この1ヵ月半のインド生活、ラストスパートで
思い出作ってきます

時間がないのでこのへんで

みなさま、日本でお会いしましょう
飲みに誘ってくださいね☆


nonfn at 23:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月05日

ビジネス

今日でオフィスに来るのは最後です
相当ぷーぷー文句言ってたけど
最後ってわかるとなんか離れがたいね
愛着が湧いてしまったのでしょう

明日からチェンナイに出張です
5つ星ホテルだって!わちょーい
最初で最後の贅沢ですね。楽しみ楽しみ

日本政府も絡んでる、ICT(Information Communication Technology)
の会合なんだって。参加者リスト見たら、結構すごい人たちが
来るみたい。機密保持とかも厳しいらしくて、資料もらったんだけど
絶対誰にも見せちゃだめって言われた。
うーん喋りたい笑

めっちゃおもしろそうなイベントです
私はもろ文系で理系のことはさっぱりだけど
ICTのコンセプトはおもしろいね。
ユビキタスって知ってる?私も今日初めて知ったんだけど
チップとか、ミクロの電子機器を使ってバリアフリーの
整備整えたり、IT教育ももっとおもしろくなるんだって
東大の何とかって教授が発明?して
日本は民官協働でユビキタス導入に積極的で、そこにインドも
絡んでくるらしい。
インドはITってよく言うけど、資料読んでてまさにそうだなって
思いました。ITって言葉聞くとなんか近寄りがたいけど
全然そんなことないんだね。おもしろそうだね。

おそらく明日から3日間、日印の大企業同士がユビキタス導入に
向けて大商談が交わされるんだろうな。あぁ私通訳できるのかな
今更心配になってきたよ

インドは、まだまだ経済成長すると思う
そこに日本初め、外国の企業が出資とか共同経営とかしたら
ほんっとに利益爆発だろうな
インドの商文化は日本と違う(インド人は働かない)って
聞いたことあるけど、そんなことないよ
お金に対してはみんな結構貪欲だし、競争心もある
一緒に仕事できたら楽しいんだろうな

私は帰国したら就職活動はじめるから、この夏何か見つけたいな
って思ってた。うん、インドで働きたい。
日本で働くより絶対楽しいと思う
利益が目に見えるからね
でも何の職種って言われたらまだぼーんやりしてるんだよね
シャンプーとか化粧品とか、女性をターゲットにしたビジネスも
まだまだ参入の余地アリだし(みんな今の商品に満足してない)
ICTっていう新しいIT産業業界もおもしろそうだし
何よりごはんがおいしいし笑

今までずっと大学生でいたいって思ってたけど
インドでビジネスするのは楽しそう。楽観的すぎ?
きっと就活は想像以上にきついんだろうけど
インドで1ヶ月いろいろ経験した私は何でもいける気がするよ
気がするだけ?笑

ま、明日から日本のお偉いさんたちとがんばって話して
またいろいろ情報収集してこよっと
たぶん企業秘密だから教えられないと思うけど

今日はラメシュ家で次男坊ニッキーのバースデーパーティーです☆
日本からの梅酒を期待しつつ、はりきって乗り込みます

あぁでもこの膨大な資料、明日までに読み終わるんだろうか…
てか通訳…ま、最悪ジェスチャーか笑

nonfn at 18:19|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月04日

尊敬

門限なんて破ってなんぼ
だけど寮が良い、のんです

津田の寮なら2時でも入れてくれるのに
ここの寮は30分の遅刻でも入れてくれない
けちーーー!!くそー悔しい

また、出会いましたラメシュさんとマーケットで
しかもこの前とは違う場所で
やっぱ運命だって!
でも私は「今からさえき(近くのスーパー)行って来ます」
的な、かなり手抜きな格好しててさすがに恥ずかしかった
でももういいの
ラメシュさんとは膀胱について語り合った仲だから、笑
運命の相手っていうか、家族だね
父親とお兄ちゃんの間みたいな感じ

私は@のトレイニーハウスに住んでないから世界各国の
ネットワークは築けてないし、そんな実感できてない
けどその分、1ヶ月という短期間では普通はありえないくらい
インドの文化にどっぷりはまってます
ラメシュさんと、寮のおかげ。感謝感謝。
昨日ついにインドスーツ(サリーじゃないやつ)ゲットしたし
めっちゃ楽!ワンピースみたい
がんばって日本でも着れるやつ選んだつもりだけど、こりゃ無理だ笑


ラメシュさんはかなり交友範囲が広いから、週末はいつも友達の
家に行く。そこに私もお邪魔する。
めっちゃもてなしてくれる。インドの人はゲストを「神様」だと
思うんだって。うーん私全然偉くないのに。
やっぱり「外人」ってだけで特別扱いされちゃうんだよね
嬉しいような悲しいような
もちろん使用言語はヒンディーなので私にはちんぷんかんぷん
でも、そこで活躍するのです笑顔&変顔が
言葉は通じなくても顔で表現できるもんね
だから、言ってることわかんなくても楽しいのです
仲良くなれるのです。
私は自分のほっぺについてるこの憎憎しい肉が嫌いだけど
このアンパンマンほっぺが、かなりインド人ウケする
取り外しできたらいいのになー日本で取って、インドで付けて

インドはまだまだ男尊女卑の社会だけど
年配の人を、めっちゃ尊敬してる
尊敬のあいさつ?みたいなのもあって
両足に触ってその手で自分の頭に触るの。そしたらハグしてくれる
このあいさつがまたすてきなのよ
女性でも、おばあさんはめっちゃ尊敬対象
男の人もははーっってなる
この線引きがよくわかんないんだよね
母親、妻だったらかなり働かされるのに
おばあさんになったら尊敬される。…よくわからん
尊敬しろとは言わないけど、インド人男性はもっと女性を労わるべきだよ
あぁ津田津田しい発言、笑


日本は今介護問題とか老人虐待問題とかいろいろあって
若者様様な社会だけど、インドは違う
年輩者を尊敬する文化って素敵だよね
人生の先輩は慕ってなんぼだもんね

私は去年の夏、老人ホームで介護体験して「老い」に
直面して、自分は介護には携われないと思った
自分の親ならまだしも、他人の老人のお世話は無理だと思った
尊敬の感情なんて持たずに接してた

そんな自分を肯定して1年間過ぎたけど
「老いを敬う」インド文化に触れて、自分はまだまだだなと
痛感しました。
血のつながりとか関係なく、自分より年上の人を敬う
寛容な心を持っている人ならでは、ですよね

尊び敬う。
よく「尊敬する人は誰ですか」って質問あるよね
私いっつも答えに迷うんだよね
あなたの尊敬する人は誰ですか?


nonfn at 15:12|PermalinkComments(6)TrackBack(0)clip!

2006年09月02日

家族計画

今日もまた雨…雨は嫌いです

私は靴持ってきてないので常にサンダルで移動
日本でも雨降ったら外出たくなくなるよね、足場悪いから
インドはもうひどいです
下水道整備されてないから雨は地面にたまりっぱなし
暑かったらすぐ蒸発するだけど、今日みたいにずっと降り続けてたら
道が川というか湖というかそんな状態になる
あぁ歩きたくない…


研修先のことについて書くとどうもぐちぐちしてしまうので
今日は私のフィールドワークについて書きます

私がインドに来たのは実はこのためなんです
ずばりテーマは「インド人女子大生の仕事観と家庭観の意識調査」
去年の夏もインドに来て、その時は「カースト制度」をテーマに
しようと心に決めてたけど、紆余曲折を経てこのテーマになりました

今思うとテーマ変えてよかったな
低カーストの人は大抵英語話せない。女性だったら特に
ヒンディー語ちょっとかじっただけの私にとっては
調査にならなかったでしょう。通訳を雇うことも考えたけど
やっぱ調査は自分でしたい。人を介しちゃうとその人の真に
言いたいことが、曲げられちゃう気もするし
ありがとう先生。

で、研修先では調査はできないので、今はもっぱら寮の子に
インタビューしてます。ここには40人超の女の子がいる。
できれば全員にしたいけど、無理っぽい
時間的にきついってのもあるけど、こういう調査(質的調査)
ってまず仲良くならなきゃだめだと思う。心を開いてくれない。
だって初対面の外国人に「将来どんな仕事がしたいですか?」
「理想の家庭像は?」とか聞かれても、何か警戒しちゃうよね

寮に引越してきた当初は、すぐにでも調査始めたかったけど
まずはいろんな話して、踊って笑、仲良くなった
そして今ようやくインタビュー本番。

ここにいる子はほとんどMBAのために学校に行ってる
いわゆるエリート、秀才くん
でも地方出身の子ばっかりだから、お金持ちってわけじゃない
でもほんとに「良い教育」を受けてきたんだなって感じる
1つ1つの質問にしっかり自分の答え持ってるし
起業家になりたいって子が結構多い
まぁさすがにMBAとって「お嫁さんになりたいです」はないと思うけど
この子たちが将来のインド経済を支えていくんだと
思うと、安心。ほんっとしっかりしてるから。私含め日本の大学生は
もっと勤勉になるべきだね。いや、でも遊びたいよね。
うーんジレンマ笑

で、「理想の家庭像は?」って聞いたら「子供は2人」って答える
「それだけ?私は産めるだけ産みたいよ」って言ったら
「small family = good family」なんだって
インドの物価は年々上昇してるらしい。教育費ももちろん
しっかりした教育を子供に与えたい、しつけにも一緒に遊ぶことにも
時間を割きたい、何より、自分の時間も大切にしたい
とかまぁいろいろ理由はあるんだけど、子供は2人なんだって
しかも今の政府が1人っ子政策ならぬ2人っ子政策を打ち出してるらしい
3人目を生んだ家族には、選挙権とかの権利が剥奪されちゃうらしい

へぇー知らなかった

あと何年後かにはインドは中国を抜いて世界で人口が1番多い国になるって
よく聞くよね。今インドは人口抑制のために結構コスト割いてます
地方とか教育が行き届いてない人たちにはまだまだ浸透してないみたいだけど
「small family = good family」が主流になってきてる
寮の子達が働いて、母親になる頃には、多分状況は変わってくるのでしょう
それを私は考察しなきゃなんだけど!うむむむ

日本では結婚しない、子供産まない女性が増えてきて
「家庭を持たないことも女性の権利だ!」って感じだよね
でも今日本は人口減少に向かってて、政府は人口増加のために
いろいろ政策打ち出してるよね。育児休暇制度しかり。

日本は産め、インドは産むな。
同じ人間で同じ地球に住んでるのに家族計画が正反対。
おもしろい。言葉が変?興味深い。

私はインド大好きだけど子だくさん目標だからインドには住めないのかな
外人は別とかないのかな

でもさ、子供の数なんて政府が決めることじゃないよね
1つ1つの家族によって状況は違うんだから
家族政策は人口問題解決のために必要不可欠だけど
他から「子供の数はこうしなさい」って押し付けられるのも
どうかと思う

こんなこと言ったら人口問題解決しないけどね、笑
うーんおもしろい!日本帰ったらもっと勉強しよ
てかその前にフィールドワークをまとめなきゃ…考察考察。






nonfn at 14:37|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2006年09月01日

根拠

ついに9月ですね

寒いのよりは暑いのが良い
夏生まれ、のんです

夏の終わりはいつもいつも寂しいね
最近じゃ35度超えることもなくなって
過ごしやすいんだけど、ちょっと寂しい
あぁー暑いーってうだうだするのが好きなんだけどな


私は今まで「なんとなく」行動することが多かった
直感とか、自分の価値観とか、周りの雰囲気とかに従って。
そこに根拠とか理論付けとかなかったんだよね
論理立てて考えることがあまり得意じゃないので
いつもそれからなんとなーく逃げてた気がする

まぁ、ランチのメニューとか休みの日にぷらぷらする場所とかは
別になんとなーく決めて良いんだけどね

だけど、人の上に立つ、というか人をまとめる、というか
自分以外の人の時間を左右する側の立場にいる人は
それだけじゃだめだと思った
言ってる意味わかる?

昨日意味もなく2時間残業させられた時は
ほんとにほんとにぶち切れそうだった
ここの職場には、ほんとに無駄が多い
改善すれば絶対効率よくなるし、もっと利益追求できる
けど、ここではそれが無理
なぜならずべてが所長の価値観によって動かされてるから

他の職員さんは何で不満言わないんだろう
何で改善提案しないんだろう
何で自分の仕事の意義を再確認しないんだろう
謎ばかり。

前にも書いたけど、ここには今絶対的にマンパワーが足りてない
その認識をせずに利益追求してるから、どんどん職員に負担が
たまってく。解消されない。
利益は上がるかもしれないけど、人がついていかないよ
所長はもっと人の意見を聞くべきで
自分の価値観だけが全てじゃないって気づくべきで
世の中には筋道立った論理があるって勉強すべきだと思う。

他人の時間を奪うことって最大の罪だよね
しかもそこに理由とか根拠とかがなかったらなおさら
まさにwaste of time
今日もし同じことさせられそうになったら絶対拒否しよっと

頭でっかちになることは必ずしも良いことじゃないけど
納得できる根拠を出せないことはもっとだめ

うぅぅこういう難しい文章になるとどうもうまく表現できないんだけど
言いたいことは伝わったでしょうか

ま、昨日のストレスはチョコケーキによって解消されましたが笑
インドのスイーツはかなり甘い
超甘党の私が甘いって言うんだから間違いない
いらいらには牛乳ってよく言うけど
私にはスイーツなのです

私ももっと勉強しなきゃな
順序立てて考える練習。
まさにPDCAサイクルですね!
Plan, Do, Check, Action 
うんうん。


nonfn at 15:29|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!