呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

降ってきた〜〜〜!「nonkoの大町雪情報」


【動画】
今まで他が降っても、大町だけは降らなかったと安心していたのも束の間、午後から勢いよくこの調子です。やはりこのまんま降らないとは思ってませんでした。
久しぶりの「雪掻き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
明日はもっと凄いことになりそうです。
IMG_1866

IMG_1865

1月22日16時現在、今のところ近隣の交通には支障はないですが、今後はわかりません。
大北道路情報はこちらからどうぞ!

美味しいおそば(*^_^*)

IMG_1859

IMG_1860

美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!たまりません!!!
冷たいお水で〆るから、よけいにこの時期はおそばが美味しく感じます。
いえいえ、実際にメチャクチャ美味しいおそばは、店主のお友達がご自宅で打って持って来て下さいました。
今夜は待ちきれず早い夕食です。
香り味わい共に良し、nonkoの茹で具合いも良し!
京都時代は全く感じなかったのですが、そばって本当に美味しいと思います。
よく都会で高級感を出されるために「塩だけ」とか、色々な「薬味」とか言われますが、nonkoはおそばってガバッと啜りこむものだと感じるようになりました。
IMG_1864

IMG_1863

生そばを先にほぐし、沸騰したらいっきに入れて、絡まぬようにそっとお箸でさわるぐらいです。
ひと煮立ちしたタイミングで、直ぐに水で〆ます。
大町の今は真水で十分な冷たさがあるので大丈夫ですが、暖かくなると必ず氷水で〆るようにしています。
「そば贅沢」とでも言いましょうか、京都時代は考えられなかったことです。
う〜、これにはハマっちゃいけないとは思うのですが、将来自分でそばを打ってみたいとも思っています。実は横川商店でもそば畑があるんですよね〜、農協に卸していますけどね(笑)
IMG_1850

ウッシッシ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、実は今朝も駅そばでした。
大町の駅そばも日本一だと思います。
自称「nonkoスペシャル」は、普通のそばに「鴨・玉子・ワサビ菜or山菜」です。
何度食べても飽きないそばは、やっぱり信州の気候風土にピッタリなのかもしれませんね!

南の島の贈り物

IMG_1830

IMG_1837

今日は「黒糖サーターアンダギー」を作ってみました。キャッハ〜、美味しい!!!
また「島豚」にならぬよう気を付けなきゃ!
IMG_1839

奄美の黒糖最高は風味が良いですね〜
IMG_1838

夕方からは少し試飲台でもお楽しみいただいてま〜す
IMG_1604

IMG_1600

IMG_1602

IMG_1607

IMG_1606

IMG_1620

IMG_1621

IMG_1623

IMG_1630

IMG_1631

IMG_1610

片道980円の空の旅、一泊でしたが束の間の気分転換!
IMG_1618

ハイビスカスが咲き・・・
IMG_1624

ガジュマルの木はこんなに大きく・・・
IMG_1626

IMG_1628

アダンの実はまるでパイナップルのよう・・・
IMG_1632

IMG_1633

ホンコンカポックが花咲くのを始めて知りました。
IMG_1573

IMG_1574

IMG_1576

ゆっくり流れる「島時間」、地元の肴に地元の焼酎!
なるほどな〜っと納得です。
IMG_1585


さ〜て、明日は土曜日!!!
思い切って信州にお出かけ下さいませ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
道路には全く雪はないですよ〜、スキー場はタップリあります。
素晴らしい北アルプスの景色を見にいらして下さいね。


ヘルシーな唐揚げ!

IMG_1813

ジャ〜ン!
唐揚げ二種デス!
実は野沢温泉の民宿の女将さんがとってもお料理上手でした。
揚げ物の中身がわからず、東寺湯葉かな?って思ったぐらいです。
nonkoが真似て作ってみたのが手前の一皿です。
IMG_1817

名前も笑っちゃうでしょう〜!
大豆製品で乾物の状態で販売されています。
IMG_1816

水でもどしてから、調味料をまぶして唐揚げにします。
娘はバカにしていたけど「美味しい!」と・・・
今夜はこれに小鍋を添えた夕食でした。
IMG_1814

もちろんいつもの唐揚げもね!
残ったものは明日の娘のお弁当に取られちゃいました(笑)

今年になってから雪が降らないのです。
北陸はあんなに降ってたのに・・・
だけどスキー場はたっぷりの雪があり、多くのお客様に賑わっていると娘は言います。
でもお宿があいているのは何故?
きっと地元の日帰りのお客様が多いのかな?
テレビなどで「爆弾低気圧」とか言われて、雪の中に閉じ込められた画像が流れますよね〜、大町とはホント縁遠いお話です。
今年は現時点では里には雪はなく、山には沢山の積雪があると言う、とってもラッキーな年なのです。是非週末はチョッとお出かけされませんか〜〜〜!

道祖神祭りのお土産!

IMG_1811

昨夜は野沢温泉道祖神祭りの翌朝、お祭りの後の残り火で焼いたお餅をお雑煮に!この火でお餅を焼くと一年間風邪を引かないのだそうです。
IMG_1808

IMG_1806

IMG_1807

そして「新杵製菓」様の温泉まんじゅう!
これもお祭りの時にはご予約して下さいね〜
IMG_1803

当日は販売されてなく、昨日もこの看板がございました。

野沢温泉道祖神祭り

010

大町に戻り、昨日は「野沢温泉道祖神祭り」に行ってまいりました。
今年は娘が前厄、お餅焼いて厄払いしなきゃ!!!
大阪の友人ご夫妻もご案内させていただいたら来て下さると言うことで、急遽飛び出しちゃいました!
011

014

15日の午後には社殿も完成していました。
016
017

お祭が始まると、この枝木がドンドンと落とされていき、社殿の男衆は「火〜もってこい!火〜もってこい!」と叫ばれます。

【野沢温泉・道祖神祭り】
正月の松の内が終わると、注連飾りや門松を焼くどんど焼きや、道の辻に祀られている道祖神に感謝する道祖神祭りが各地で行われます。子供が仕切ることが多いのですが、野沢温泉村では、道祖神祭りと火祭りを同時に行い、男衆が仕切る祭りです。主役は数え歳で42歳と25歳の村の男衆、先輩の指導の下、伝統に則り、祭りの一部始終を仕切ります。火をめぐる攻防戦を伴う道祖神祭り、25歳の男衆方が社殿を守られるお姿に毎回感動させていただきます。この祭りを契機として、25歳の男衆は大人の仲間入りが認めらられるのだそうです。真の意味での成人式が行われると云うわけです。
村人の皆様は、このお祭りに、厄除消除、五穀豊穣、良縁安産、家内安全、無病息災を祈願し、託します。
●日程はこのようなものです。
1月13日 午後1時〜 御神木里曳き
1月14日 社殿組み立て
1月15日 社殿完成予定
19:00 火元もらい
19:30 燈篭到着
20:00 花火、道祖神太鼓
20:30 火元到着
野沢組惣代の火つけ
初燈篭の火つけ
子供の火つけ
20:50 大人の火つけ
22:00頃 終了

【動画】

【動画】
昨夜はとってもラッキーなことに、お世話になったお宿の場所が、道祖神祭り発祥の集落だったので、「火元もらい」から、火祭り会場へ到着するまでの光景も拝見させていただきました。
022

023

025

033

松明を持ってられる男衆の方々は泥酔状態!!!
何だか怖さすら感じる雰囲気でした。
お宿の女将さんに教えていただくと、一人一升はお酒を呑んでから出られるようです。
040

松明が会場に着くと始まる攻防戦!!!
037

こちらは「初灯籠」と言います。
今年は二基の灯籠が奉納されていました。
前年に長男が誕生された家では、子供さんの成長を祈って初灯籠を作り、火祭りに奉納されます。
こちらは社殿が燃え上がったあとに燃やされるのです。
041

26231320_1580791392011573_5913527132649314838_n

社殿の上からは42歳厄年の男衆の皆様が唄をうたわれています。
その歌詞のご案内を拝見すると面白いものですよね〜
いよいよ午後8時半頃激しい攻防戦が始まりです。
火付けは最初、祭りの主催者である野沢組総代様、次に灯籠の奉納者様、その次は子供さんたち、そして地元の大人方々の火付けとなります。
社殿正面前に燃え上がる火もとから、たいまつに火を付け社殿正面へ攻撃します。
火付けをするのは一般村民、それを防いで社殿を守るのが25歳の厄年、社殿の上に上がっているのは42歳厄年の男衆の方々!
いつも社殿の前で見学させていただくのですが、毎回迫力〜〜〜!
自分自身の邪念までが落とされていくような気がします。


【動画】

【動画】

【動画】

【動画】
046

055

074

043

凄いでしょう〜〜〜〜〜!
会場の盛り上がりは凄いものです。
髪は焦げる、ダウンは穴開く・・・、なので道祖神祭りには覚悟して着るものは良いものはダメです。
そして両手は空けて荷物はナシ!
22時頃まで攻防戦は続きました。
086

そして社殿に火が入り、いよいよお祭のクライマックスです。
この燃え方にも色々と言われがあるようですよ〜
101

102

107

110

112

午後10時過ぎには、約1時間半にわたる攻防戦の末、双方の手締めにより、社殿に火が入れられます。次第に社殿が燃え上がり、大きな炎が空高く燃え上がり、お祭りは終わります。
25歳厄年の男衆の皆様の勇壮なお姿、お顔は真っ黒の火傷、しかしながら「神の火」と言うことで痕は残らないとも言われているようです。
117

123

121

124

今日は残り火でお餅を焼いて持って帰り、店主と娘とnonkoでお雑煮にしていただきました。
この炭で焼いた餅を食べると1年間は風邪を引かないと伝えられています。

商売繁盛のえべっさん「西宮神社」さま

029

030

関西では「えべっさん」で親しまれている「西宮神社」様へもお詣りさせていただきました。
大町では11月に「えびす講」があり、その時に大町の西宮神社様へお参りをさせていただいてたのですが、せっかく関西へ行くのですから、こちらの本社様へもお詣りさせていただいてます。
本殿には大きなマグロが奉納されてましたよ〜〜〜!
033

034

036

本殿の前で清めていただき、いよいよマグロとご対面!!!
あくまでもこれが目的ではございません(笑)
039

038

037

26730927_1577352415688804_4105598896760614167_n

ご利益がありますように・・・
040

商売繁盛!しっかりとお願いさせていただきましたよ〜〜〜!
大町市も活性しますように・・・
042

縁起物の笹もいただきました!
福娘さん可愛いな
043

044

縁起物の露店も凄い〜〜〜!
041

これはなんだ?
鯛の干物?
こちらは「御掛鯛」と言って、えびすさまが豊漁 をもたらす神として信仰され、干物の鯛を2匹づつ縄に結んで奉納されているそうです。 この しきたりには約200年の歴史があるそうなのです。
なので「鯛」なんだ〜〜〜!
028

これ笑っちゃいました!
関西のノリのようにも感じちゃいました。

【西宮神社】様

伏見のお稲荷さん「伏見稲荷大社」様

014

015

「京都・伏見稲荷大社」
こちらは実家の両親もnonkoが小さな頃から初詣ではお世話になっていて、お商売がうまくいかない時には1日とか15日にお参りに行ってました。
昔は市電が走っていたのですよね〜、しかも混み混みの大変な状態で・・・
013

今でも市電の終点であった場所が残されています。
今では京阪電車やJRが走っているので、本当に便利になりました。
しかしながらここ2.3年は海外のお客様の方が多く、大変な参拝のお客様です。
018

はい、来月2月7日は「初午」です。
「初午」と言えば「白馬錦純米吟醸・初午寒しぼり無濾過生原酒」ですよね!
016

今年もこちらのnonkoオリジナル〆縄を付けさせていただきます。
017

しっかりとお参りさせていただきました
020

お札をいただき、おみくじもひき、今年のnonkoは「コツコツ努力で末大吉」で〜す。
方角もOK!旅立ちもOK!病気も治る!ですって〜、油断しないようにしなくちゃ〜
そして千本鳥居を経て「奥の院」へ!
024

025

奥の院では「おもかる石」を持ち上げます。
スッとは上がらないけど、重さも感じてもちゃんと上がりました。おみくじの通りです。
027

また千本鳥居を経て寒〜くなってきた参道を駅へ向かいました。
047

毎年買って帰る「狐さんのおせんべい」
おばちゃんが1枚オマケをくれました。
このおせんべい美味しいんです
049

デパ地下にて「柳桜園」様のお茶を買って大阪へ!

【伏見稲荷大社】様

お酒の神様「松尾大社」さま

007

008

nonkoが今の仕事をするようになって、毎年お参りさせていただいてるお酒の神様「松尾大社」様です。
今年も新年の初詣では京都の西山「松尾大社」様です。
松尾大社様は大宝元年(701)に建立された社で、酒づくりの神様として有名です。
境内に足を入れると目を引く山のように積まれた酒樽は、各地の酒造業者が奉納されたものです。
亀の井とよばれる湧き水を元水に加え酒を醸造すれば腐らないという言い伝えもあるほどです。
009

今年はいつもの年より来るのが遅いから、露天も全くなく、とってもゆっくりとお参りさせていただけました。
楼門から見える拝殿の絵馬が毎年の楽しみです。
011

可愛らしい戌の絵馬です。
010

撫で亀さんにも新年のご挨拶です。
この亀さん、神様のお遣いが亀とされており、撫でると健康長寿のご利益があるそうです。
012

046

今年も安全にお酒造りが行われ、美味しいお酒が出来ますように・・・

【松尾大社】様 住所:京都市西京区嵐山宮町3
電話番号:075-871-5016
庭園拝観:大人 500円 学生 400円 子供 300円
拝観時間:5:00〜18:00(受付 〜16:00)
交通:京都駅から京都市営バス28号系統「松尾大社前」

実家の氏神さん初詣

26196222_1574725019284877_530295346247754877_n

京都の実家に帰っています。
京都駅について「京都タワー」を見ると「帰って来たな〜〜」って思うのは京都人でしょう。
003

実家の氏神さんは桜で有名な「平野神社」さまです。
まだ「十月桜」が咲いていました。
001

002

平野さんで親しまれるこちら小学校時代はnonkoの遊び場でもありました。
学校の帰り道、椿の種を拾うのも楽しみの一つだったんです。
006

そのすぐ近くにある「北野天満宮」さまは、「天神さん」と呼ばれ、毎月25日には縁日があります。
小学校中学年までは、西陣のど真ん中に住んでいたので、よく路面電車に乗って連れてもらった思い出があります。
005

今年は知り合いの娘さんがお受験なので、合格祈願にお参りしてきました。
004

牛さん、頭を撫で撫でして「頭が良くなりますように・・・」
DSC_0272

DSC_0274

今年も多くの受験生の皆さん、頑張って下さいね!
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ