呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2018長野の酒メッセ in 長野


095

昨夜開催の「2018長野の酒メッセin長野」
昨日はホームグラウンドであります「長野」での開催、春は新酒中心でしたが、秋は夏を越え、旨味がノッた味わいが多く、存分に楽しませていただきました。
「山廃造り」から「生酛造り」に挑戦されているお蔵様も多く、nonko自身も最初は苦手だったのですが、最近は楽しめるようになり、日本酒の奥深さを感じました。
また其々にお蔵様のご努力をお聞きしていると、2時間半ではとても時間が足りなかったです。
会場ではお世話になってる方とも合流でき、より試飲ではなく、ゴックンしちゃう場面も多く、昨夜は早寝、今朝は早起き、とっても健康的(笑)な日を過ごせることが出来ました。
170

096

会場内はこんな感じです(クリックしていただくと画像が大きくなります)
104

102

先ずは地元大町「白馬錦・薄井商店」様です。
先日の「長野県清酒品評会・県知事賞受賞」された「金紋錦・大吟醸」は、とっても円熟した上品な旨味で、近日発売されるそうです。
105

「北安大國・北安醸造」様は、山廃シリーズの「居谷里・純米生酒」は、酸味がきいた旨味の幅が広い一本です。
097

099

「金蘭黒部・かぶちゃん信州酒造」様は、大吟醸、純米吟醸がイチオシ!
107

池田町より「大雪渓・大雪渓酒造」様は、今回新しくリリースされる「黒澤酒造」様との「生酛」のコラボが面白そうです。
長瀬杜氏様、いつもニコニコ爽やかな笑顔
108

しかしながらポスターのお顔の雰囲気が違い過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜
109

今はお燗が美味しい「吟燗」がとっても人気です。
お燗酒を試飲させていただくお蔵様も増えてきましたね〜
113

112

「北アルプス・福源酒造」様
かつては「純米無濾過生原酒」の「ひと肌燗」が大好きでした。
無濾過であってもお燗の美味しいものもあるってことを、教えて下さったお蔵様です。
163

127

125

先日「上諏訪街道呑みあるき」でお世話になった「本金・酒ぬのや本金酒造」様です。
お客様に囲まれてとっても嬉しそうな「宮坂恒太朗杜氏・蔵元」様です。
恒太朗さんは難病と闘ってられますが、その存在感は凄いものがございます。
今年は「長野県清酒品評会」にて「純米大吟醸・諏訪産美山錦」が「県知事賞」を受賞され、益々今季のお酒造りに頑張っていただけるものと信じています。
139

138

「十六代九郎右衛門・湯川酒造店ん」様、いつも仲良しで良いな〜〜〜って!
杜氏さんがお婿さん、以前今後のお酒造りのお話をして下さったような展開になっていることにビックリです。情報が早く、それに向けて前進されているお蔵様です。
160

165

「夜明け前・小野酒造店」様は、杜氏様が新しく「清都 幸大」様となりました。
穏やかなお人柄のようで、今季からのお酒造りがとても楽しみです。
166
167

「真澄・宮坂醸造」様
「ひやおろし」はホッとする味わいですね!
169

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜、中野市の「勢正宗・丸世酒造店」様の「関晋司」様、本金酒造様ご夫妻とご一緒に歓談!
関様とお燗用のお酒のお話をしていて、お酒の写真を撮り忘れる始末!ごめんなさ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!
と言うのも、お酒自体をブレンドされると言う、まるで「ウイスキー」のような感覚だそうで、お燗の温度も、お酒の酒質によって違うんだな〜ってつくづく感じました。
122

119

同じ中野市で、大町の呑み歩きの時に歓声の上がった「ROSIER(ロジェ)」です。
まさかの「山恵錦」のお米で醸された味わいが、ここまで旨味を引き出せるのかと驚いた一本です。
いつも奥様がブースを頑張ってられます。
120

リンゴ酸を多く生み出す酵母を使用された「GOWARINGO (ごわりんご)」も面白い一本です。
酵母って色々な味わいを引き出すのですね〜、「酒米と酵母」それに「精米歩合」が絡み、色々な味わいが出されていくのですね〜
132

131

飯米「風さやか」で醸されたコスパの良い一本は「豊賀・米川 高沢酒造」様です。
117

118

「笑亀・笑亀酒造」様は、「生酛純米」を!
後ろに小瓶であるものはきっと「貴魂」のシリーズでしょう。こちらは後半の一般のお客様用にご遠慮させていただきました。
143

142

「中乗さん・中善酒造店」様は、山恵錦の栽培を始められたそうで、今季が楽しみです。
155

157

「こんな夜に・仙醸」様、この日は安藤杜氏様が既にお酒造りに入られていて、逆にnonkoの方から「杜氏さんのお好きなのはどれですか?」という質問をさせていただき、酒米「ひとごこち」を使用された「純米禮葉(らいは)」をいただきました!
成程〜〜〜〜〜〜〜〜〜旨んまい!
116

115

昔は苦手だった「生酛」も、今ではとっても美味しく楽しませていただけます。
「黒澤酒造」様の「まると」のラベルがとっても意味あるものだと感じています。
大雪渓酒造様とのコラボ、是非当店でもお取扱いさせていただくつもりです。
153

154

136

133

134

他にも色々なお蔵様とついつい長話!
「地元ではどの銘柄が一番飲まれていますか?」「県外にはどちらのものが人気ですか?」nonko自身の勉強のための質問をさせていただき、随分良い情報をいただけたように思います。
これも自分のための肥やし、やはり当店にご来店のお客様とお話しさせていただくためには、自分で勉強しなくちゃどうにもなりません。
各お蔵様に色々な情報をいただけたことに感謝し、時間切れでお邪魔できなかったお蔵様ごめんなさい。
149

今回は会場でお世話になってます「白馬ハイランド」様の「たまちゃん」とご一緒させていただき、とっても楽しくまわらせていただきました。
たまちゃんは、大の日本酒好き!白馬のことなら何でも知ってるお姉様です。
148

たまちゃんが持ってられる利き猪口、二人して「良いな〜、欲しいな〜!」ってね!
147

144

146

こんなのも可愛いでしょう!
長野の酒メッセ、次回は来年の春です。
これから長野のお蔵様は今季のお酒造りに入れます。
皆様頑張って下さいね〜、美味しいお酒をありがとうございます。

錦秋の鎌池2018

008

005-2

小谷の「鎌池」が見頃となってまいりました。
今週末から来週いっぱいが見頃だと思います。
出来ましたら水面の動かない7時前がオススメだと思います。
土日は相当な混雑も予想されますのでご注意下さいませ。
先ずは「鎌池一周」です。
009

011

015

017

022

024

026

036

030

陽のあたる瞬間と言うものがシャッターチャンスなのでしょう。
037

039

040

042

043

046-1

047-1

048-1

ブナの原生林も素晴らしい色です。
以前こんなお話をお聞きしたことがあります。
都会の方からすれば、逆にこのような自然が「怖い」と言われる方もらっしゃいます。
と言うのは、「公園的」な整備がされていないからです。
051

一周まわる頃には陽の光が違って射しています。
051

057

052

058

アッ、あそこがキレイ!!!
そんな感じですね
本当に瞬間的な光景なのです。
063

067

鎌池を約40分でまわり、バス停のある「雨飾高原」まで必死で歩きます。
073

072

まだ紅葉していないモミジもあるぐらいですから、あと一週間ぐらいは大丈夫です。
069
070

074

078

079

083

雨飾山もキレイに見えていましたよ〜!
080

ヤマブドウも結構実っています。
これはここに住んでる動物さんの食べものです。
081

084
086
088

雨飾荘さんまで下りてきたらホッとしちゃいました。
ここからこんなにキレイに北アルプスが見えたのは初めてかもしれません。
鹿島槍ヶ岳かな?相似峰です。
090

ブナの実も大豊作です。
091

野天風呂はお掃除中!
ここ最近は入ってないな〜!自然味あふれる温泉ですが、是非協力金もお願い致します。
092

着いた〜、間に合った〜!
ここから路線バスで南小谷、電車と特急バスを乗り継いで「長野の酒メッセ」の会場へ!

木の実と遊ぶ

IMG_6931

秋は木の実と楽しむ季節
nonkoは自然の雰囲気のリースがとっても好きです。
これは「ブナの実」と「葉っぱ」
上手く乾燥出来たので今季初のリースを作ってみました。
IMG_6911

着色するもの、自然のまんまのもの・・・、其々に森からの恵です。
IMG_6919

IMG_6915

IMG_6913

針葉樹の葉っぱと松ボックリを組み合わせると、このようなスタンドにも利用できます。
元々は土に返るものですが、チョッとお洒落に手を加えると可愛らしいでしょう。
IMG_6908

今夜は柔らかそうな牛肉の赤身が手に入ったので「青椒肉絲」です。

お山とかくれんぼ「八方尾根」

IMG_6786

IMG_6791

今週の晴れマークをチェックし、飛び出した「八方尾根」
もう紅葉は「八方ゴンドラリフト」中間あたりまで降りてきているようです。
やはり朝はガスで凄い状態でした。
いつも写り込んでくれる「黒菱平」もこんな感じです。
IMG_6787

名残りのリンドウももう赤っぽくなってきていました。
IMG_6792

ゴンドラのあと、リフトを二度乗り継ぎ「八方池山荘」に着き、ここからトレッキングの始まりです。
ガス?霧?雲?
下界から湧いてくるような感じです。
IMG_6803

IMG_6795


それでも急に山が見えたり、また隠れたり・・・
IMG_6800

スタート地点でパッと見えた白馬三山!
IMG_6804

今回は往復膝に優しい「木道」をトレッキング!
IMG_6807

IMG_6798

相似峰の「鹿島槍ヶ岳」が見えた時には嬉しかったな〜
IMG_6806

八方ケルンまで来ると、もうすぐ八方池が見えるのです。
IMG_6810
IMG_6814

見えてきたよ〜〜〜!
IMG_6816

八方池が望めます。
IMG_6819

反対側から凄くガスが出てきています。
この景色も雄大ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
IMG_6826

標高2060メートルの八方池です。
IMG_6827
IMG_6834

カメラマンの方も多く、その写り込みの素晴らしさに皆様魅了されます。
IMG_6835

でもあっと言う間にこんな状態です。
山の天候は本当に変わりやすいってことが良くわかります。
IMG_6840

八方池を後に、nonkoが好きな「下のカンバ」へ向かいます。
ここからは登山装備が必要となります。
IMG_6872

最初の年はここが怖くって、下山されて来られた方に「やめたほうが良い!」と言われた場所です。
今では何とか行けるようになりました。ここを通過すると素晴らしい景色が広がるのです。
IMG_6837

IMG_6838

IMG_6841

IMG_6842

IMG_6844

紅葉はもう遅いですが、名残の色を楽しませてくれます。
IMG_6860

ここからダケカンバの原生林となります。
IMG_6859

IMG_6852

IMG_6851

IMG_6847

厳しい寒さ、雪に立ち向う木々たち・・・
ここが大好きな場所なのです。
ちょっと休憩し、折り返していきます。
IMG_6871

IMG_6868

IMG_6870

来た道を引き返すと言っても、山の見え方もまた違って見えるのです。
IMG_6875

IMG_6874

IMG_6886

IMG_6883

IMG_6884

IMG_6890

再び八方池へ・・・、午前中とはまた違って見えます。
そして「白馬鑓ヶ岳」が見え隠れしてました。
IMG_6893

IMG_6897

下山時は青空まで見えるお天気となりました。
来年はまた「丸山ケルン」まで行きたいな〜!
IMG_6900

ゴンドラリフトではまたまたガスってきました。
IMG_6905

IMG_6907

でもまたこんな素晴らしい色も楽しませてくれましたよ〜
山は晴れたり曇ったり、お天気が変わりやすいですね!
まるで「かくれんぼ」しているような一日でした。
IMG_6903

こんな情報もありますよ〜〜〜!
【八方アルペンライン・白馬八方尾根】

今日の八方池


【動画】
朝から八方池を見てきました。
紅葉は一気に駆け下りてきています。
詳しくはまた明日ね!

初野沢菜漬けで〜す!

IMG_6759

キャハ〜〜〜〜〜、こんな時期に立派な野沢菜をゲット!
早速朝から「しょうゆ漬け」にしちゃいました。
IMG_6761

IMG_6762

野沢菜を洗って、切って、水切りして・・・
そこからが迷うんです(笑)
IMG_6763

樽選び〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
結局毎回新しく漬けるものに合う樽を探すために、漬け置きのものを入れ替えたり、結構大変な作業となります。それでも昨秋は何だかんだと「本漬け」含め40キロ漬けちゃいました。
IMG_6764

IMG_6765

合わせ醤油をかけたら押しをして出来上がり!
あとはこの時期は冷蔵で保存したいので、またまた樽を小さめにします。
チョッと信州人に近付いたかな〜
移住された皆様も是非、地元の郷土食に挑戦してみて下さいね!

寒((+_+))

IMG_6755

寒!!!
今夜はもう鍋だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
寒いってもんじゃない、ブルブルだし〜〜〜〜〜〜〜
夏が暑かったので、よけいに寒く感じるのかな?
店主が好きな野沢菜の「おろ抜き」を見つけたので、「うどんすき」にしました。
IMG_6748

IMG_6754

割れ湯葉もいっぱい入れて、小澤製麺所様の「生うどん」でね!
IMG_6750

IMG_6752

鰹と昆布の混合出汁をとり、追い出汁は先日いただいた面白い出汁で!
これって自販機でしか売ってないって〜〜〜〜〜〜〜〜
やはりお腹に温かいものが入ると、身体がポカポカしますよ〜
大町はこれから寒くなるので、鍋料理は欠かせなくなってきます。
IMG_6732

今年も木の実の整理を始めています。
昨年採取したものもしっかりと乾燥出来、あとは甘皮を外すだけです。
IMG_6731

一部は少しお化粧したりしてね!
IMG_6734

トウヒもようやく開いて落ち着いてきました。
IMG_6741

先日採取した栃の実は、やはり雨に当っていたので、3分の1は破棄処分、上手く乾燥できなくてごめんね〜、栃の実さん!
このように採取したものは、本来は土に返ります。しかしながら恵んでくれた木の実たちは、ラッピングやオーナメントに使わせていただいてます。

香茸だよ〜ん!

IMG_6717

大町に来て14年目、香茸(こうたけ)と言う茸は、京都では全く販売されていなく、最初見た時には気持ち悪くってビックリしました。
それがそれが、東北の友人に言わすと「松茸よりも珍重される茸」と言うことです。
ただこの癖っぽい味わいは、好き嫌いがハッキリ分かれ、その調理法も様々です。
大町では干してお正月に甘辛く煮て、おせち料理に使用されるとのことです。
IMG_6720

nonkoはいつもピザに入れちゃいます。
チーズとの相性がとっても良いように思い、年に一度楽しみにしています。
IMG_6719

オムレツに入れても美味しいですよ〜、ベシャメルソースとの相性が良いので、ソースにしたのですが、塩っ気が欲しくて「味噌漬け」をみじん切りにして入れてみました。
IMG_6723

上諏訪の「松尾商店」様の味噌漬けは美味しいんですよ〜、本金酒造若女将ちとせちゃんのご実家です
IMG_6722

今夜は明日「下の廊下」に行くって、マッチーが来てくれました。
明日からの山行き、無理のないように楽しんできてね〜!

志賀高原の紅葉

IMG_6597

今年も「志賀高原」まで足を延ばし、娘と紅葉を見てきました。
一沼・丸池・蓮池あたりは見頃です
IMG_6613

中野から山ノ内町を経由して「志賀高原」に入ります。最初にある池が「一沼」です。
ここは毎年カメラマンの方も多く、池の映り込みがとってもきれいな池です。
IMG_6599

IMG_6608

IMG_6601

IMG_6607

IMG_6610

IMG_6613

IMG_6614

IMG_6615

一沼の紅葉を後にして、すぐ近くの「丸池」へ!
IMG_6617

IMG_6620

IMG_6623

丸池の神社の紅葉がこんなにキレイだったとは初めて気付きました。
IMG_6628

そしてまたまた少し車を走らせて「蓮池」へ!
IMG_6624

IMG_6629

IMG_6630.JPG-1

IMG_6633

IMG_6631

蓮池では時間帯により対岸からの方がキレイに見える時もあります。
また向かいに見える山肌がとっても雄大です。
IMG_6639

IMG_6636

熊の湯あたりはこんな感じです。
ここを過ぎたあたりから、針葉樹が多くなってきます。
IMG_6640

横手山からはリフトにて「横手山頂ヒュッテ」へ向かいます。
IMG_6643

IMG_6644

ここまで標高を上がると、目の前の「オオシラビソ」の松ボックリが手に取るように見えます。
IMG_6645

頂上へ着くと「山の上のパン屋」さんへ!
IMG_6646
IMG_6647
IMG_6648
IMG_6あ649

こちらはシチューが美味しいんですよ!
nonkoは「ボルシチ」、娘は「きのこシチュー」です。
娘、きのこが入ってないと大騒ぎ(笑)、結局パン生地がかぶせて焼かれているので、「きのこの形」と言うことなのでしょう(笑)
IMG_6653

リフトを下りるときには結構ガスがかかってきて寒かった〜、ここは群馬と長野の県境なのです。
IMG_6655

ここからまた来た道を戻り、熊の湯から高山村に下りていきます。
IMG_6660

IMG_6661

IMG_6663

IMG_6664

このあたりからの雄大な景色が志賀高原らしいでしょう。
IMG_6673

「熊の湯」から「高山村」へ下りる、直ぐの道沿いにはこのような場所がありました。
IMG_6675

ここで植樹されているんですね〜!
高山村へ下りる道沿いも、素晴らしい紅葉が楽しめました。
IMG_6690

IMG_6686

IMG_6691

IMG_6694

IMG_6695

熊の湯から高山村へ下りるコースは、道幅は狭いですがオススメです。
IMG_6698

高山村まで来たらやっぱり温泉ですね!
「七味温泉・恵の湯」です。
この辺りは温泉天国ですからね
IMG_6699

IMG_6707

IMG_6702

上諏訪街道呑みあるき2018・秋

180824nomiaruki_01

8253786bdbed9b72bcb46f21fa9e6e99

「上諏訪街道呑みあるき」が2日間にわたり開催され、今回は新しい試みがどうなるのか大変興味のあるものでした。
ここ近年、大町も含め、「呑み歩き(会費制大試飲会)」のあり方を考えなければならないのでは?と思うこと多々ありました。
本来の目的は「日本酒に興味を持っていただく」事だと思っています。それにはまずお客様にお酒造りの蔵元様に出向いていただき、日頃お話の出来ないお酒造りの現場に関わっていただいてる、杜氏様や蔵人様とお酒のお話が出来る絶好のチャンスなるイベントです。
それがいつの間にか「呑み放題」のイベントと間違えられちゃい、色々な問題もあったのは事実です。
是非よろしかったら上記の写真を「クリック」してみて下さいね。
nonkoは2日間「酒ぬのや本金酒造」様にてお世話になり、お客様とご一緒に楽しませていただきました。
013

今回の利き猪口はこちらの「グラス」に変わりました。
香りも感じられる素敵なものです。
43331267_1890553911035318_986112924814671872_n

コイン制となった「コイン」はこちらです。
これを1枚、2枚引き換えて試飲ができます。
呑み切れずあまったものは各蔵元様にて、お一人5枚まで商品券として使用できます。
005

004

今回の出品酒でございます。
●本金純米大吟醸・諏訪産美山錦(長野県清酒鑑評会県知事賞受賞酒)
●本金純米吟醸・諏訪産美山錦(お燗もご案内)
●本金純米・ひやおろし(お燗もご案内)
●本金純米(お燗もご案内)
●本金本醸造・太一(お燗もご案内)

006

010

009

019

スイーツ類も人気でしたし、今回は「本金Tシャツ」が大ブレイク!
011

007

012

2日間とも13時には、本金宮坂社長様のお声かけと共にお待ちいただいてたお客様が一気にご来場されました。
ここからnonkoは大忙しです!
016

今回はこちらのお燗酒が本当に良い試みであったのではないかと思います。
普段お客様のお燗酒の感覚では、「燗酒は普通酒!」のような、少し残念な感覚をお持ちになる方も多く、決してそうじゃないんだ〜、と思っていただけたかと思います。
銘柄の種類によっては温度帯も其々で、それをご案内させていただくのも今回のお楽しみの醍醐味かと思います。
021

015

023

029

毎回のご参加ありがとうございます。
とっても楽しそうでしょう
今回はコイン制と言うことでしたが、逆にお客様との会話が多くなり、写真が少なくなっちゃった〜、でも呑み歩きって本来こんな感じで楽しめることが、一番いいのではないかな〜って思います。
2日目終了前には自然とお客様が本金酒造様に集まって来られるのです。
やっぱり本金宮坂社長様のお声を聞かせていただかないとね〜〜〜!

【動画】
026

028


ご参加の皆様ありがとうございました。
次回は来年春にまた呑み歩きでお会い致しましょう。
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ