呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ


北の国へ!
392872353_7147235845367072_8498459086720660203_n

【余市のワインを楽しむ会】
先日開催されました、余市のワインを楽しむ会、最初のお二人が日本ワインを引っ張っていただく「北海道ワイン鶴沼ワイナリ−斎藤農場長」様、「ドメ−ヌタカヒコ曽我貴彦」様、とご案内しても過言ではありません。
会社ワイナリー、農夫ワイナリーのお二人がご一緒にカメラに納めさせていただいた一枚は貴重すぎます。
鶴沼ワイナリー様は、447haという広大な敷地面積で、醸造用のブドウ畑としては日本一の広さです。ドメ−ヌタカヒコ様は、毎年秋に余市へお邪魔させていただいてます、小さなワイナリー様。
428642270_7147236125367044_6758208332960206143_n

この日は余市のヴィンヤ−ドのワインを楽しむ会でしたが、本当に嬉しかったです。
428643971_7147236632033660_6760914739435612571_n

428648750_7147236875366969_8714777733658869522_n

428626397_7147237095366947_6972090996322726630_n

392878610_7147237422033581_7998102222898295771_n

428645127_7147237645366892_6103722445032653380_n

428648641_7147237945366862_6810813012800276544_n

428646480_7147238142033509_7142635172812246783_n

392872353_7147238372033486_9066135893066725335_n (2)

428643519_7147238575366799_4327295881490535303_n

4年ぶりで、参加人数を半分に減らされての開催でした。
皆様共に余市、北海道を盛り上げようとされる思いがヒシヒシと感じられ、会場は熱気で溢れていました。
豪華なワイン会も良いですが、農家の方々の素朴な思い、茶目っ気が最高です。
斎藤町長様にも、いつも役場にお世話になってるお礼もでき、今日はホッとした思いと、嬉しさで気持ちが上昇しています。この勢いをおかりし、次の仕事に南下致します。

P2230002

やっと出せました!
お雛様。
京都時代、元姑が娘に買ってくれた「京雛」で、既に37年が経ってますが、娘は一度も出してくれません。これはお母さんの仕事や!と言いますが、サッと出せるものではないのに・・・
手の指一本傷ついていません。
nonkoがいなくなったらどうするんだろう・・・
京雛と他の地域の雛人形には飾り方に相違が見られます。
他の地域では、男雛を向かって左、女雛を向かって右に飾るのが一般的ですが、京都ではその反対、男雛を向かって右、女雛を向かって左に飾ります。この事だけでもわからないと思うのですが(笑)
P2230003

P2230008

P2230006

P2230009

お顔の繊細さが大好きです。
ホント、娘出してくれるかな〜〜?
P2230011

桃のお花を飾りたかったのですが、好きなミモザを見つけたので、そちらにしました。

P2220010

雪が解けるたびに、春を届けてくれる裏庭、今日は福寿草が芽を出してくれていました。
P2220009

P2220006

気温が上がれば黄色いお花を見せてくれるかな?
P2220016

P2220012

蜂の巣もまた一個増えていました。
雪がとけると目につくものが多くなります。
蜂の巣の中には「露蜂房」というものがあり、漢方学上とっても良いものとされています。
【露蜂房】
漢方では胡蜂(スズメバチ)や黄蜂(アシナガバチ)の巣を幼虫と 一緒に生薬として利用します。雨露に当たった巣が良いということから露蜂房と呼ばれ,殺菌解毒作用や鎮痙・鎮静作用など様々な効果があるとされています。粉末にしたものや黒焼きにしたものを,そのまま服用したり煎じたりして利用します。

P2180001

今日もお天気、北アルプスが大町の人達を守ってくれているようです。
P2180004

蓮華岳
P2180006

爺ヶ岳
P2180007

鹿島槍ヶ岳
P2180009

五竜岳
P2180012

雪どけの田んぼの水溜りにも写り込みます。
P2180019

木崎湖方面から流れている農具川・・・
P2180017

P2180020

雪どけが始まり、釣りの解禁も終わればもう春は目の前です。
寒い冬をこらえて生活している雪国の人達にとって、春の訪れがどれだけ嬉しいことでしょう。
P2180030
P2180037

農具川の澄んだ水・・・
P2180022
P2180027

オオイヌノフグリが咲き出しました。
オオイヌノフグリの花言葉は「忠実」「信頼」「清らか」です。
まさに大町にはピッタリの花言葉です。
P2180026

アッ、芝桜があまりに暖かいので慌てて咲き出したのかな?

昨年は大きな水つきもなく、芝桜も元気に育っています。
皆様のお手入れの賜物だと思います。
きっと今年は、これに近い感じで咲いてくれるのではないでしょうか?
330

「白馬岩岳スノーフィールド」では、お客様が満員で、ランチが食べられなく、下に降りて「おおしも」様にて大盛りランチ(笑)
428042672_7118327141591276_2578061445485701741_n

これじゃ痩せないね〜、そしてスタバのあるスノーピークにてティータイム!
目の前に白い馬がいるじゃないですか、白馬に白い馬って最高!!!

怖がるかと思いきや、孫の樹はすました顔で乗っていました。
428072300_7118325874924736_7536942083753763877_n

428072522_7118325384924785_2614096244490703546_n

428598150_7118327031591287_8789067155226312447_n

428598674_7118326014924722_6578053798294635559_n

428612863_7118326194924704_7593168058665374035_n

428598263_7118325734924750_5264609642987376086_n

428071478_7118325164924807_6996365662946112181_n

カエデちゃんと言うそうで、3歳の女の子です。
大町の「若一王子神社例大祭」にて、三日町のボボ様が載られるお馬さんだそうです。
樹良かったね〜!

P2170002

P2170004

スキーの滑れない私たち親子にとって、ゲレンデに上がれることがどんなに有難いことでしょう。
今日はお天気が良いと言う事で「白馬岩岳スノーフィールド」に行ってきました。
P2170007


孫の樹がゴンドラ好きで、黄色いのに乗りたいと言うのですが、スキーのお客様が恐ろしいほど待ってられます。でもスキーをしない人は優先的にゴンドラに乗せていただけるので、本当に有難いことです。
P2170009

ゴンドラ下りたらゲレンデです。
P2170011

かけ走りながら喜ぶ樹!
ここを歩かせていただけるのですから、滑れない私共には嬉しいことなのです。



P2170014

P2170013


樹に張り付く霧氷がこんなにキレイだとは・・・、陽の光があたりチラチラと舞い降りていました。

P2170016

マウンテンハーバーの山頂テラスでは、もう樹は慣れたものです。
P2170035

温かなものを飲みながら、今日の陽射しは上着がいらないほどでした。


美しい風景に見とれながら飲むコーヒーは最高です。
P2170022

左から「白馬鑓ヶ岳」「杓子岳」「白馬岳」の「白馬三山」です。
P2170032

白馬鑓ヶ岳
P2170031

杓子岳
P2170029

白馬岳
P2170020

P2170026

八方尾根方面です。
P2170024

鹿島槍ヶ岳が鋭い山肌を見せてくれています。

手前には「ヤッホースイング」楽しむ人たち
P2170043


樹はソリで大はしゃぎです。
そろそろスキーもやって欲しいな〜、大町に生まれた限りは、滑れないとね・・・
nonkoの両親はスキーなど無縁でしたから・・・
P2170045

ランチはお客様があまりにも多く、下りて食べようと言う事になりました。
帰りは小谷方面がきれいに見えていました。
スキーが出来なくても、このように小さな子供連れで雪遊びをさせていただけるスキー場はありがたいものです。

【白馬岩岳スノーフィールド】
長野県北安曇郡白馬村北城
オープン:9時〜

P2150002

P2150004

大町のフレンチレストラン「Crete(クレット)」様、昨夜ワインを持ち込ませていただき、フレンチとワインのペアリングを勉強してきました。自分が口頭でお客様にお伝えする前に、まずはしっかりと勉強しないとどうにもなりませんよね!
ディナーの4,620円、これは大満足の価格です。
アミューズに「エスカルゴ」なのですが、クルトンをつぶしながら楽しめるのが最高!
いっきにワインがすすみます。
P2150006

大町の「フェルム36 ルメルシマンブラン2018」は、開栓後30分経った頃から味わいがどんどんと開いて、爽やかな大町の澄んだ空気を思い起こさせてくれる白です。
北海道余市の「ドメーヌタカヒコ ナカイブラン」は、爽やかさの中に繊細な旨味が見え隠れする味わい、中井観光農園様から見渡す風景を思い出しながらお料理がすすんでいきます。
P2150011

前菜は「信州サーモン」のミディアムレア状態で、クスクスがより旨味を引き立てます。
P2150013

P2150015

くぅ〜〜〜、娘の大好物な「オニオングラタンスープ」です。
これはロゼを開けなくちゃ!!!
P2150010

「ドメーヌタカヒコ ロゼ ド ノワール」
ピノノワール100%のロゼとは思えないキレイな色です。
口に含むとチョッと貴腐っぽい味わいもあり、前菜な複雑さが何とも言えない味わいです。
オニオングラタンスープとの相性も良かったです。
P2150021

お魚料理は「甘鯛」
鱗が立っている甘鯛を見るのは何十年ぶりでしょう?
ソースとの相性も良く、軽い赤ワインでも合いそうな味わいです。
しかし昨夜はこちらの赤を!
P2150019

「城戸ワイナリー プレイベートリザーブカベルネフラン2012」
先に開栓していたのが正解で、まだまだ熟成できそうです。
ま〜るくなったワインにnonkoは鴨を合わせました。
P2150025

今の時期の鴨は美味しい〜〜〜
P2150026

店主はヒレ肉、お肉を食べて栄養付けてもらわないと!
P2150027

P2150030

デザートの当たりから記憶が飛んでいる(笑)
カメラに撮っておいて良かった〜
「青りんごのムースとバニラのパルフェ」
フワフワしたのを食べたかな?ぐらいにしか記憶がないんだ〜
P2150031

最後の紅茶はもっと記憶がない・・・
でも焼き菓子がメチャクチャ美味しかったのは覚えている。
気を付けなきゃ信用無くしてしまう・・・
でもそれだけお料理とワインのペアリングが良かったと言う事でしょう。
またお邪魔させていただきたいな、御馳走様でした。

【Crete クレット】様
長野県大町市大町5407-1
営業時間 :ランチ11時30分〜13時30分(L.O.)、ディナー18時〜20時(L.O.)ディナーは予約制(前日まで)
定休日 :水曜日、その他不定休
TEL: 0261-85-4485

P2110009

P2110002

P2110005

今日は「大町あめ市」でした。
本通りには色々な露店、商店街のお店も賑わっていました。
当店前の大町商工会議所では、多くのキッチンカーや、富山からの海の幸などを販売され、「おおまぴょん」も来てくれてチビッ子さんは大喜びです。
P2110015

当店前ではこちら、お買い物のお客様のチビッ子さんには「福袋釣り」をお楽しみいただきました。



チビッ子さん達はお喜びでした!
P2110008

P2110007

「cake & cafe 立田屋」様も、ドーナツは今日まででした。
相変わらずの大行列でした。
P2110012

P2110010

「菓子司柴田」様では、「こもかぶり」の実演にお客様の目が留まっていました。
P2110011



こちらの御菓子は、修業されていた金沢の「板屋」様の銘菓です。今や板屋様では個数制限もあるくらい人気です。全てが手作りですからね✨
本通りには縁起物の露店も出て、賑やかな一日でした。