呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2007年03月

ふきのとう

懺悔!
 フキ味噌発売と同時に、毎日毎日順調に売れているので、本当にありがたい事なのですが、私自身の体力と、Myベンツ(ママチャリ)が悲鳴を上げてます。このフキ味噌、原料が贅沢すぎ〜〜〜(@_@;)作ってる私自身恐ろしくなります。。。フキノトウは一つ一目と手で確かめてナイフで採ります。上白糖は一切使わず、キザラ糖、ミリン、炒め油、お酒(これが怖い・・・純米であったり、吟醸であったり・・・)味噌は横川商店の二年熟成粒味噌、こんな原料で作れば安全ですし、体にも優しいんです。何度も何度も木崎湖周辺に行ってますが、数も少なくなり、ついつい手を抜こうとしてしまいました。
懺悔!!懺悔!!  一昨日白馬の道の駅でフキノトウを購入し、私の中では、やや開き気味のものでしたが、まあいいや〜!って事で夜にフキ味噌にして試食してみました。(@_@;)(@_@;)(@_@;)(@_@;)(@_@;)駄目〜〜〜!こんなの出せない〜〜〜(@_@;)やはり天罰!!!買ったものが悪い訳じゃありません、しかし、花が開きかけたものは、アクの香りがエグイんです。きっと甘さがきついフキ味噌はこういう嫌な香りを上手く甘さで消しているのかな?私自身の気の緩みではありましたが、いい勉強になりました。そして、このフキ味噌は自己消費です。そして新たに昨日Myベンツで木崎湖周辺、本日早朝店主に頼み、大町ダムまで採りに行きました。やはりラクする事を考える信用問題だと実感しました。そして、こんなに皆様に買っていただけると思ってませんでした。来年はもっと美味しくするために、店主と相談して、「フキ味噌用」の味噌として、自家製米こうじの量を増やしたものを仕込んでもらうと思います(*^_^*)

白馬紫雲

北安醸造様より、古代米を使ったピンクのお酒「白馬紫雲」が発売されました。甘くてほんのり酸っぱい春のお酒です。冷たく冷やしてカクテルグラスで・・・またお花見のお供に・・・!(^^)!
白馬紫雲の可愛いピンクの色は、使用されている酒米「紫米」によるものです。この紫米を造っている場所は、白馬の「青鬼」地区です。早速今の時期の青鬼に行ってみました。

棚田

 青鬼は あおに と読みます。
 青鬼集落は、姫川右岸の北アルプスを望む山間の台地にひっそりと佇んでいます。
現在の白馬から受けるイメージとは、かけはなれた郷愁を誘う風景が展開します。
そこには自動販売機も、みやげ物屋もありません。山間に住む人々の静かな暮らしが
息づいています。集落の背後の棚田からは、正面に北アルプスの大展望が広がります。
 平成11年7月には日本の棚田百選に選定され、13年12月には、重要伝統的建造物群
保存地区に選定されています。

民家イチリンソウ

民家

白馬駅から車で15分ぐらいですが、凄い山道です(@_@;)山間の高台って感じの集落です。まるでタイムスリップしたよう・・・

石仏

この石仏は棚田を見渡せる所にありました。守り神かも。。。


ガッタリガッタリ


ガッタリ

ガッタリを再現されました。

消火栓

消火栓の高さで、冬の厳しさを感じます。何メートルも積もるのでしょう。。。

看板

ヤッパリ・・・・・(@_@;)出ると思います。でも一日ゆっくり居たい場所です。紫の稲穂が出る頃に、又戻ってきたいです。
そして、「北安醸造、白馬紫雲!」また気分が盛り上がってきました!!!
300ミリのお花見セット発売しました。きっとこんな淡い桜が咲くんでしょうね〜〜

白馬紫雲

シードル

福源酒造様のシードルを以前からラッピングしたいと思ってました。醸造の小山様の瓶詰めを見学させていただき、思い入れもアップです!

試飲

瓶詰めされる前のシードルです。これを詰めて瓶内発酵させて出荷されます。

シードル

カジュアルな飲み物なので、遊び感覚で楽しさを出してみました。。。

酒林

横川商店の店頭の酒林。新酒が出来たら新しい杉で造られます。この酒林、昔は「お知らせ板」の役割をしていたそうです。杉が新しく緑のうちは「新酒ができました〜!」茶色くなると「お酒が熟成しました〜!」って言うことだそうです。この半年、酒林から写真を吊るしてました。ひとつは信濃大町3社の蔵元様の外観!もうひとつはそれぞれの蔵元様の現在の様子。。。今日は造りの終わった静かな作業場の写真に貼りかえました。お店にきていただいた時に見てもらえば幸いです(*^_^*)

 大町の3社の蔵元様も無事造りが終わり、静かな時を迎えようとしています。この半年色々な蔵元様にお邪魔して、私自身考えさせられた事、勉強になった事・・・いっぱいありました。その中でも、杜氏様始め蔵人様の仕事の大変さは凄いものでした。今までは、横川商店が量販店に対抗していくためや、お客様のために何とか安く・・、そんなことばかり考えてた事がとっても恥ずかしく思います。皆様が造っていただいたお酒を、決して粗末に扱えない・・・、値引きもできない・・・、大切に扱わせていただきたいと思います。その商品管理や、お酒のご案内、その他のサービスでお客様に還元させていただこうと思いました。先ずいつものコース!北安醸造様へ!!!


八十のビン

あら〜〜〜、このたび認定されました、「北アルプス山麓ブランド」の八十これから詰めるの???  横川商店の正面の売り場空けてますから、早くお願いしますね〜

道具道具

道具も洗われて干されています。


紫雲のタンク

伊藤社長様自らタンクに上って・・・私も・・・「わぉぉぉ〜」白馬紫雲!!!(*^_^*)なんて綺麗な色なんでしょう。

紫雲

「〜〜〜ん〜旨い!甘すぎずほんのり酸味。。冷やして食前酒にいいですねぇ」いつもすみませんねぇ〜〜〜。若い伊藤社長様、いつもバタバタ忙しそうです。お話好きの山田杜氏様は小谷に帰っちゃたんだ〜、何だか寂しいな(^_^メ)次は白馬錦の薄井商店様!!!

こうじ室

薄井商店様では、丸山杜氏様がお出迎え!一緒に2階へ・・・「わぁぁ〜こうじ室(@
_@;)」造りの時と全く違う〜〜〜、道具がいっぱい収納してあります。


こうじの道具

こうじに使われたであろう道具がいっぱい・・・洗われて、乾されて、きれいに整頓されてます。


丸山杜氏様

酒母の入ってたタンクです。丸山杜氏様は力持ち〜〜〜(@_@;)小柄な方なのに、このタンクを軽々移動させられました。昔、小谷では中学出て30キロもない体で、100キロの荷物を持たれたそうです。小谷杜氏様の歴史背景を感じ、小谷という場所に興味を感じました。

作業所

作業所も仕込みの時期と全く違い静か・・・、まるで「静と動」
人の走る音・・・、ボイラーの音・・・、掛声・・・、今は無い・・・

タンク(濾過前)タンク(濾過後)

蔵人様が何か作業されてました。レギュラー酒をタンクに入れてられます。濾過前をホースで引き、濾過されタンクに入れられます。

試飲(レギュラー)

いつもすみませんね〜〜〜(*^_^*)「〜〜〜ん〜旨い!!!」私は蔵元様にお世話になって、このお酒の味が一番好きになりました。搾りたての吟醸や、純米はありますが、レギュラーは普通じゃ飲めないですから・・・、またカップや、コップ、シャクってのがいいんです。信濃大町の厳しい寒さの中、冷たい搾りたては、体の細胞に浸みわたります。ん〜〜〜旨い!!!


人参葉

帰りがけ丸山杜氏様より、小谷の人参の葉っぱっをいただきました。夜にはしっかり酒の肴に。。。明日は教えていただいた「かつおぶしとお醤油」でいただきま〜す!次は、市野屋商店様!!!


作業場

あれれ???誰もいないの・・・、「ひやぁぁぁ〜〜〜!大丈夫ですかあ?」二階では拭き掃除で大変(@_@;)

板粕の箱

外では蔵人様が、板粕の箱を洗ってる・・・

作業場作業場

こちらも醸造の作業場は静かに眠ろうとしています。。。

村山杜氏様

大町で一番若い村山杜氏様、お疲れが後ろ姿にででますよ〜〜〜

秘密のお酒

今の時期の杜氏様は、帳面の仕事も山積み!!!まだまだお仕事は続きそうです。棚の中から、杜氏様が「秘密のお酒」を出していただきました。いつもいつもすみませ〜ん!「〜〜〜わぉ!この香り・・・、日本酒離れしている香り・・いつまでも香りで楽しんでいたい・・・!(^^)!」そんなお酒です。商品化されるのでしょうか??

若狭カレイ

知り合いの方から、地元丹後の「若狭カレイ」が干しあがったということで、送っていただきました。じつは私・・・大の魚好き!15年前から海釣りを始め、以来魚屋さんでお魚買うことがめっきり少なくなりました。釣りをしてからは、自分で魚を捌かなければなりません。そして鮮度がいいので臭みもなく、ほとんど食べちゃいますから、その魚のどの部分が美味しいかわかります。カレイは冬場の対象魚ですが、この「若狭カレイ」は別物!!!京都ではすごく高価な干物で、特に今回のような「生」はめったに手に入りません。冷凍で売られているものと違うのは、切り目を入れた部分の身の縮み方です。若狭カレイは焼く時にこのように切り目をいれます。地元では焼きあがったら、切り目からさいて食べちゃいます。この若狭カレイ、一番美味しいのはどこだと思いますか?好みもありますが、エンガワのパリパリしたところです。釣り人なら間違いなくその部分を言うでしょう。できたら、エンガワと身のきわにも切り目を入れたほうがいいですね!さてお味ですが、やはり絶品です!淡白の中にも上品な旨味があり、エンガワは脂がのり、焦げ目の香ばしさが何とも言えません!(^^)!まさに京都にピッタリの干物です。

桜満開

毎年この時期頭が痛いのがこの便せん!今年から和紙を型抜きで抜くのでらくになりましたが、今までは全てハサミで切ってました。色の具合い・・・、花の大小・・・
時期による花の位置・・・、また咲き具合い・・・、何かと神経は使ってるつもり・・・、ただ毎年仕事が増えるため雑になってこないか・・・、でも年々体がきついのは歳のせい(@_@;) でもお客様から「切り取って残してるよ!」なんて言われると頑張れます!(^^)!  そう、この便せん横川商店からの商品発送に添えられるお便りの便せんです。もう4年になります。1年を通して季節のデザインをしてます。そろそろ出し物が尽きてきているので、また新しいネタ探し(笑)
店主に一言・・・・・!便箋は無くなる前に言って下さい!!!無くなって2,3日たってから言わないで下さ〜い!急に言われると私は徹夜になるんです〜〜〜(@_@;)

利き猪口

今日上諏訪街道で「呑みあるきの会」がありました。上諏訪街道は5軒の造り酒屋様が並ぶ、酒どころです。造り酒屋様それぞれの地酒、参加商店のハチミツ・お茶など、いろいろなお店の味を楽しみながら歩くというイベントです。参加には「パスポート代わりの猪口を2,000円で購入します。

諏訪味噌組合
まだ時間が早かったので、町を散策。。。見つけた〜〜〜「諏訪味噌組合」のレトロな建物!最近古い建物に興味があって・・・

宮坂醸造

宮坂醸造

欄間(宮坂醸造)粕汁

宮坂醸造様  冷え冷えの樽酒は杉の香りが何とも旨い!!! 
お座敷の欄間が見事でした。中庭では粕汁も御馳走になりいっきに気分が盛り上がりました。

本金酒造

本金酒造の社長さん

本金酒造様  家族で造りをされてる蔵元様です。社長様?でしょうか・・・とっても感じのいいかたでした。大吟醸復刻ラベル100本限定は、私の好きな味でした。もちろん買っちゃいました。美山錦49%精白です。


麗人酒造

麗人酒造
麗人酒造

麗人酒造様  こちらの蔵元様は店内が狭く、人があふれていました。赤い提灯がいい風情をだしてました。

伊東酒造

仕込み水

伊東酒造様  古い建物が多い中、モダンな建物に建て替えられたようです。蔵人様、従業員様が若い方が多く、勢いを感じました。仕込み水が硬水だそうですが、お酒の味は、柔らかいものから、インパクトのあるものまで、バリエーション豊かでした。


舞姫酒造

バケット

たくわんウリの粕漬け

舞姫酒造様  こちらの蔵元様もショップのほうは現代的な蔵にされてます。母屋のほうは(写真)どっしり感のあります建物です。試飲用のおつまみが用意され、信州らしい「ウリの粕漬け」がありました。バケット(バター)が用意されていたのが印象的です。きっと銘酒「翠露」に合うのでしょう・・・

電球のはちみつ

山田養蜂場

山田養蜂場様  「高原はちみつ」を販売されています。こちらでパスポートを購入すると、はちみつジュースを飲ませていただき、呑む前の「胃」の保護ですね!それにこんな可愛い電球のはちみつもありました。

町の灯り

ほろ酔い・・・?気分で駅までの帰り道、こんな手作りの灯りがいくつもあり、ただただ感激です。。。町の人たちの温かさを感じました。大町も頑張って何かを始めたい心境!(^^)!

足湯

足湯

今日はよく歩きました(*^_^*)疲れた足には、上諏訪駅構内の「足湯」で疲労回復!

たかやしろファーム

きんかん酒

完熟きんかん

今日は横川商店の売り場を春にチェンジしました。春は卒業、入学といった御祝い事が多いため、スパークリング中心に展開しました。今春から中野市の(たかやしろファーム様)にお世話になり、フレッシュなリンゴジュースや、ジャムも仲間入りしました。リンゴジュースは太陽の味がします。元気なリンゴの木が、太陽をいっぱい浴びてそのままジュースにした感じ・・・、しかもリーズナブルなお値段ですから、箱ごと可愛く荷造りしちゃいました。また九州宮崎からは「きんかん酒」が入荷して売り場に春を告げています。この「きんかん酒」宮崎の寿海酒造様のですが、贅沢にも宮崎特産の「完熟きんかん」を焼酎で仕込んでいただきました。この「完熟きんかん」は糖度が高いので、中まで甘いんです。現在店内に陳列していますので、食べに来て下さい(もちろん無料です)寿海酒造様は現在「完熟マンゴー」も仕込んでいただいてます。楽しみにして下さいね!

北アルプス山麓ブランド

昨日「北アルプス山麓ブランド」に認定されました、大雪渓酒造「大雪渓特別純米酒」、薄井商店「白馬錦純米辛口原酒氷筍水仕込み」、北安醸造さ〜ん・・・早く「八十」持って来て下さ〜い!もちろんお店一番のメイン台です!(^^)!

泡盛

泡盛も黒っぽい瓶から夏向きのガラス瓶の変えました。まるで衣替えみたいです。大町の気候が泡盛を受け入れて頂けるか心配しましたが、結構楽しんで頂いているようです。皆様ありがとうございます。

シードルシャンパン


アルプス  ワインアイスワイン各種

ラッピングも春、夏にチェンジ!皆さんどんな感じがお好きでしょう・・・?

九谷焼

新酒の時期から陳列していた「九谷焼」も、座敷の前にお引越し!試飲されるお客様にユックリ見て頂ける場所です。

Myベンツ木崎湖

「フキ味噌売り切れだよ〜〜〜〜〜」っと店主!ひえぇ〜〜〜。ってことで、フキ味噌のフキノトウを採りに木崎へ。。。やっぱりお客様には、いいものを提供したいし、フキ味噌も季節のものですから、少しでもいいフキノトウを・・・作りフキじゃなく、野生のヤマブキの、しかもツボミばかり(*^_^*)
お天気もいいし、木崎湖の稲尾あたりからは鹿島槍が顔を見せてくれました。Myベンツも調子よく、猿よけのクマさん持参です。採ったフキノトウは、荷台に乗せた竹カゴに入れるのが一番!

フクジュソウフクジュソウももう終わりかけかな?今年は暖冬だったので、1ヶ月も早く咲いていました。

ふきのとう
このようなツボミばかり採ります。開いてしまうと苦味がきつくなるような・・・(私の独断です)
フキノトウは、春の山菜では一番早く、春の木の芽立ちで「気」が上がるのを防ぎます。夏の冷房が苦手な人には、佃煮にして冷凍しておくと夏でも大丈夫なので便利です。熱りとりのような作用があります。春の山菜はほとんどがこの作用がありますから、食べ過ぎると冷えちゃいます。お味噌は体を温めますから、一緒に食べると安心です。フキ味噌は最高の保存食です。昔の人の知恵は素晴らしいですね(*^_^*)

フキノトウ何とか商品に出来るだけは採れました。。。

商品出来上がり〜〜〜〜〜!(^^)!ミニつぼ入り500円、パック入り200円です。

塩の道千国街道の起点でもある糸魚川の町は、今まで通過点の町の感覚でした。いつの日か町中を散策して随分興味深い町になりました。写真は道路元標です。


かがのいけんしん古い蔵元さんも頑張ってられます。

ゆきよけこの雪よけは「雁木」と呼ばれ、町のいたる所にみられます。雁木の下に入ると、路地にいる錯覚をおこします。


よる夜に電灯がつくと、なんとも風情が・・・


地魚

地魚


今日はナルス(地元スーパー)に「かんかい」が出てました。春を告げるメバルのようですが、食味は違います。北のキンキを上品にして〆たような美味しさです。塩焼きにしたらプリプリ(*^_^*)


はたはたキスげん


そのほか、はたはた、沖キスは鮮度抜群!幻魚の干物まで。。。。。
この幻魚(写真右)北陸育ちの父から良く聞かされました。父は「ゲンゲ」とか「ベロベロ」とか言います。身がゼラチン質なので、赤ちゃんの離乳食にもなったそうです。なんやらグロテスクな軟体系の魚です。

今庄
今の私の休日は、京都から大町の移動日かな・・・?今回は友人から「青春18きっぷ」を譲ってもらい、北陸線経由で放浪しました。湖西線の快速が、敦賀まで乗り入れしているので、便利便利。しかし甘かった。。。車中はこの「青春18きっぷ」を持った人ばかり。福井までの3時間半は立っていました。

お弁当前のオジチャン(@_@;)お腹空いている私の前で。。。このにおいがたまらない〜〜〜〜〜

水ようかんあ〜あ。。。辛抱できず福井で下車。先ずは駅そば直行!この福井の駅そばはいつも超人気!人気と言えばこれこれ(*^_^*)冬場にしか売られない「水ようかん」これは安いし、あっさりした甘さと、ほのかに香る黒糖・・・

かなざわ黒部今回福井で時間をとったので、金沢は通過。黒部で乗換え。ラッキーなら今の時期、魚津あたりで蜃気楼が見えるんだけどなぁぁ

親知らず黒部を過ぎたあたりから山がせまってきます。このあたり「親不知海岸」といい、昔は難所でした。海と山の距離が無く、JR、国道、北陸自動車道が狭い場所に走っています

糸魚川着いた〜〜〜!糸魚川に着いたら大町も目の前のようなもの。何かあれば店主にSOS・・・先ずいつも行く駅近くのスーパー「ナルス」へ直行!(^^)!今日の水揚げ「菊頭カレイ530円!」その日あがった地魚を昼に競られ、15時前には店頭にならびます。詳しくは横川商店の「気ままにMAP糸魚川編」でどうぞ!


海岸ホッとするこの瞬間。。。どんな高級なお店で食べるより、今日は焼きたての脂ののったハタハタ。。。「加賀の井」の新酒。。。
      幸せの瞬間。。。
         明日から又頑張ろう!(^^)!

ニーノ

福源酒造さんのシードルを醸造されている小山様から「京都のトラットリア・ニーノって言うイタリアンに送っています。。。」ってお聞きし、早速調査隊が出向いたのですが、ランチタイムもディナータイムも満席!待っても駄目。。。何故か京都にはこのようなお店がけっこうあります。しかしせっかく来たのだから(自宅の近所)店内だけでも入りたい〜〜〜ってな事で、言い訳考えて潜入!(^^)!うあぁぁぁせまい!でも目の前に福源酒造さんのシードルがドカンと居座っていました。嬉しいものです。京都で信州のシードルがあるなんて・・・次回京都に帰ったら絶対に行くぞ〜〜〜

ニーナni-na京都ではこのような町屋造りの飲食店が人気です。町屋造りは維持費が大変なのと、寒いから、お年寄りの方達には厳しいようです。町の中心も随分町屋が壊されてマンションになったり、このように飲食店さんや雑貨屋さんに賃貸されています。

京野菜京都の錦市場は有名です。しかしここ何年かは地元の人が行かなくなり、っていうか、観光の人達が多く、老舗が無くなったり、テナントが入ったりと随分雰囲気が変わりました。その中でも頑張ってられるお店を紹介します。この京野菜は「川政さん」ここは料理屋さんにも卸してられ、いつも鮮度がいいです。お値段高いですが
、京野菜を始め全国の野菜を扱ってられます。

有次㐂久屋さん、ここは可愛い小細工ものがいっぱい。。。お正月のおせちや、パーティー料理の時にお世話になります。写真はお吸い物に入れるとお花が咲いたように開きます。

有次

有次[有次」ここは京都、いや全国の料理人さんが出入りされます。包丁、お鍋、高級な調理器具がずらりとならんでいます。お値段も半端じゃないです。目の保養にどうぞ(*^_^*)

たけのここの日は京都の竹の子の名産地「塚原産」のものが出てました。初物初物(@_@;)値段見てビックリ・・・

本町仕入れ問屋京都に帰ったら必ず、横川商店の仕入れに行きます。お店では県外のお客様は地元のものを求められますが、地元のお客様は県外のものを求められるように思います。少しでも安く、いいものを・・・って言えばやはり大阪にかぎります。今回は「お花見に・・・」って感じのものを仕入れました。ここの仕入先は、取引きするのにかなり厳しいチェックがありましたが、お客様の喜ばれるお顔を見ると、そんな苦労も吹き飛びます!



仕入れ本日の仕入れ〜〜〜〜。台車2台分。。。この2台を一度に上手く操作できるようになりました。この日、珍味売り場で全く知らない横のオバチャンに「ちょっとアンタ、これ美味しいえ〜買いやぁぁ・・・」こんな会話は序の口!人懐っこい大阪のオバチャンって、何かしらいいんですよね〜〜〜

梅園京都にはたくさんの甘味どころがありますが、私の通う「梅園」さんも地元のファンがいっぱい!お目当てモッチリしたみたらし団子、夏はかき氷、冬は粟ぜんざい。。。場所は河原町六角と清水寺近く。












いろいろ最近は若い人が多く、メニューも変わってきました。写真は色々な盛り合わせ。みたらし団子(写真中央)、(左から)白玉きな粉、草団子、栗の渋皮煮、抹茶ケーキ、わらび餅。みたらしの食感とタレの絶妙な組み合わせはたまりませんね!





粟ぜんざいこれです!フワッと蒸しあげた粟餅に、あっさりしたこしあんがタップリかかっています。食事後でもこれは入っちゃいます。地元の人達はこれが目当て。。。もちろん私もです。店内のお客様が地元の人か、観光客の人かは、食べてるものでわかっちゃいます。

おばんざい京都の「おばんざい」と言われるものがありますが、別にどこの土地へ行っても、普段食べられているものの事を言うんだと思います。京野菜が騒がれていますが、昔はオバサンが上賀茂からリヤカー引いて売りに来てられました。「賀茂のおばちゃん!」と呼ばれる人達です。もうほとんど見かけませんし、賀茂のおばちゃんの野菜が貴重になってしまいました。写真は、キンピラ、万願寺と雑魚のたいたん、湯葉のたいたん、茄子のたいたん。。。友人と一緒なので居酒屋さんのものです。やはり私のほうが京都っぽいかも?





するめ天これは京都にはなかったメニュー。。きっと大阪から来たものだと思います。スルメイカの天ぷら。。。地方ではサキイカとも言いますよね!そうそう普通に売ってるものです。これを天ぷらにするところはやはり大阪です。なんせ「くいだおれの町」ですから(笑)メチャクチャ美味しんです。





漬物お漬物はどこの土地も其々の土地の合ったものがあると思いますが、なぜか京都にはお漬物屋さんが多いです。京都と言えばまず千枚漬!今回も出て来ました。なぜか私は千枚漬にマヨネーズとお醤油付けてご飯に巻いて食べるのが大好きです。

がま口がま口今ひそかに流行ってるのが、この「まつひろ」さんのがま口。。。小さいものは携帯ストラップから、大きなものはショルダーまで。。。これから夏場にかけては、金魚さんの柄が出てきます。単価が安いので、いくつかまとめて買っていかれるみたいです。




こうこれは八坂石段下の「豊田愛山堂」の香袋。総本山知恩院さん御用達のお香屋さんです。私もやはり京都人なのか、変人のこだわりなのか、家で焚くお香は「松栄堂」の堀川。。。母に作ってもらう「にをい袋」は「豊田愛山堂」の菊がさね。。。そして「にをい袋」の生地は父が手がけた物。。。話が脱線。。。
写真の香袋の豊田さんは、店内にこのような可愛い小物がいっぱいです。

一友達に買い物を頼まれて、一澤帆布店へ行く途中、な・な・なんと一澤さんご夫妻にお会いしました。(実は同じマンションなんです)今日も入場制限かかってるかな?・・・お店までご一緒(^^)VIP待遇ね!












かばんヤッタ〜〜〜!今日はまだ午前だから入場制限はかかってなく、商品もずらり・・・ひどいときにはお昼頃に完売して店じまいだから、今日はラッキ〜〜〜〜〜











一澤帆布ワ〜〜〜〜〜イ!!!!!もらちゃった〜〜〜
信三郎オジサンのデザインされた手ぬぐいと携帯ストラップ!そうそう、信三郎オジサンはイラスト上手なんです。デザイナーもビックリ!テレビでは色々言われてるけど、20年ご一緒しているからよくわかります。本当に今まで苦労して一澤帆布をあそこまでにされた方です。戴いたものは大切にします。

京都のイベントの中で毎年楽しみにしている催しのひとつです。ちょうど家の近くなので、散歩には最適!このイベントが終わる頃には桜のつぼみが膨らみ始めます。まず東山三条から神宮道を青蓮院に入ると私の一番のあすすめです。青蓮院の白壁に清水焼の灯。。。青蓮院
円山しばらく歩くと円山公園です。ここは生け花の展示もしています。さすが京都で、色々な流派の共演です。公園の中に流れる川に青竹の灯。。






下河原円山公園を抜けると、祇園下河原。このあたりは料亭さんがいっぱい建ち並び京都の一等地です。ある料亭さんの白壁の灯。。。

da8899e7.jpg昨日から京都に帰ってます。この「焼き八ツ橋」京都人の私も観光客用だと馬鹿にしてました。。。昨日は友人も居たので食べてみると、ビックリ!これは近々家でやってみたいです。絶対美味しい〜〜〜 京都は色々な新しいお土産も出来ていますが、ここ何年かの京都ブームでお土産の数も勢いが止まりません。この中にも新しい発見があるかも?頭で否定しないで、受け入れる姿勢も必要なんでしょうね!

発酵前池田町の福源酒造ではシードル仕込みから出荷までの作業で大忙しです。このタンクに仕込まれています。これを今日は瓶詰していきます。その前にチョット・・・!(^^)!














シードル これからまだ瓶内発酵するそうなので、「酸もないし美味しくないよ〜」っていわれましたが、私、この味好きですよ(*^_^*)















瓶詰手前のステンレスタンクから、消毒された瓶に詰められ、運ばれて行きます。そして王冠キャップをされ瓶内発酵のため、保管されます。




d9e2302e.JPGこのワッフル、1個50円!知る人ぞ知る人気ワッフルなんです。。。場所は教えたくない〜〜〜(^_^メ)ですが・・・横川商店の「気ままにMAP 長野編」に掲載しています。都会なら何人ならぶかなぁぁぁ。生地に練り込んであるザラメが何とも言えない食感!ジャムにも合うし、アイスクリームにもバッチリ!焼いているのは地元のおばちゃん(*^_^*)数も焼かないみたいなので予約がいいみたいです。。。中条道の駅近くの「村の駅」です。

今夜はnakanakaさんおススメの一品!しかし食材がない・・・
仕方なくあるもので・・・
ブロックのチーズにフキ味噌!これを春巻きの皮せクルクル・・・
これフキ味噌のせいか冷めても美味しい〜〜〜
おつまみ

銀色のシーズンのエキストラに参加しました。
当日はいいお天気で、ピクニック気分!
ポスター















本番本番までには、何度もテストがあって、OK出るのにこのアップダウンを行ったり来たり。。。私は選手の「のぼり旗」を持たされて大変!












ロケ弁待ちに待った「ロケ弁!」撮影が長引き、午後2時でした。映画の撮影って大変なんだ〜〜〜(@_@;)

千社札京都ではこの千社札・・・とっても大きな意味があります。
以前祇園町の料理屋さんに生け込みに行ってた頃、「なるほど・・・」
って感じたことがあります。【舞妓さんや芸妓さん、役者さんが名刺代わりに使われてるため、そのお店にどなたが出入りされてるお店か。。。】それでそのお店の格や雰囲気が変わります。夏に出される名前入りの「うちわ」も同じですが、うちわを手に入れるには、何年ものお付き合いがないと無理なものです。お金で買えるものではないですね!この千社札、京都で作ってもらえます。やはり地元はデザインも素敵です。お店のものも作りましたから、ラッピングにも活躍してくれそうです!(^^)!

9871d6e5.JPGこのラッピングも最後・・・去年の今頃、何に使うでもなくヒマラヤスギの
マツカサを乾燥さして、加工しておきました。夏にバラっぽいブローチが
流行ってたので、留め金を付けたものの葉物をそえたい・・、椿の葉を乾燥
させたり、ドライフラワーをそえてみたけど気に入らない・・・
花関係では絶対妥協したくないのも困ったものです。もう花とは35年の付き合いですからね〜〜〜。
昨秋「城戸ワイナリー」さんのプレミアムメルローを見て「これだ〜〜〜〜〜!」って思いました。昨年はゴールドとブラウンが流行色のひとつでしたから、着色しちゃいました。
どんどんお嫁に出てしっまって、残るひとつです。
どんなところにお嫁に行って、どんな場面で楽しまれるのか・・・
これはワインの造り手さんも同じこと思われるのでしょうね(*^_^*)

18d86468.JPGお店の入口にネコヤナギを生け込みました。京都ではお花屋さんでも高価なものですが、この大町では簡単に手にはいります。ネコヤナギは、川のものと、山のものがあるそうです。このネコヤナギは川のものです。ここ何日かでみるみる膨らみました。
県外のお客様が珍しがって下さいますから、小枝を差し上げているようです。大町の自然は素晴らしいと思います。

231ade93.JPG津軽ビードロ

今日はお店のレイアウトを少し変えました。津軽ビードロのぐい飲みと、サマーグラスを陳列して、春の気配を店内に取り入れてみました。毎年少しづつグラスのデザインが変わります。去年人気だった「藍まぶし」に加えて、可愛らしさをプラスし、焼酎だけじゃなく、ジュースでも飲めるようなグラスです。同じ棚には最近入荷した「たかやしろファーム」のリンゴジュース!これはぴったりかもです。。。

白馬で行われている映画「銀色のシーズン」のエキストラを経験!
オリンピックが行われたジャンプ台の横のゲレンデ。。。瑛太、田中麗奈、玉山鉄二…、しかしながら私は誰一人として知らないのが恥ずかしい〜〜〜(本当に知らなかった)私は、運良くか悪くかモーグル大会の場面の「のぼり旗」を持たされる役に(笑)…?もしや私は選手の保護者?あ〜〜〜そんな歳に見られちゃったんだ〜〜〜(@_@;)でも今日これだけのエキストラ、1000人はいたのでは?それを上手く誘導し、楽しく参加できたのには驚きでした。そして映画撮影の大変さも身近に感じました。きっと上映されたら見に行くと思います。ただそれは,私が映ってないかの確認だったりして…

96fa390b.JPGジャンプ台

このページのトップヘ