呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2007年09月

栃の実さん!

栃の実

今年の栃の実が出来ました。この間から店頭で乾していたのが、ようやく一部乾き、今年の栃の実お初です!
不作と思っていたのですが、いつもの場所に沢山落としてくれました。
森の恵みに感謝です
ご入用の方は店主にお声掛け下さいませ。
発送のお客様は、お荷物と共に入れさせていただきますね
お部屋の片隅にでも置いてやって頂けましたら幸いでございます。

スタンド

これは何でしょう・・・?

POPスタンド

POPスタンドです。
栃は今年のものですが、ツガ、鬼クルミ、ハンの実は去年のものです。
POPの通り、本日より試飲コーナーにおきまして、試作品の横川商店超特選味噌の「もろみ」の試食をお客様にお願いしています。どうぞご意見など賜りますよう、よろしくお願い致します。

小谷きのこ祭り

今日明日と、小谷のサンテ・イン・おたりで「きのこ祭り」が開催されてます。
きのこの品評会、即売、きのこ料理を中心としましたバイキングなど、会場はそれほど大きくないですが、バイキングの美味しさには驚きました。

フライマン

南小谷の駅からバスで5分程です。(バスの時間を確認してください)
南小谷の駅前では、フライマンが岩魚を狙ってます。。。

サンテ・イン・おたり

下里瀬温泉(くだりせおんせん)の「サンテ・イン・おたり」の会場です。


品評会

会場では、きのこの品評会をされてました。即売もありますよ!

天然舞茸

やっぱり天然の舞茸は香りが凄くいいですね〜〜〜

バイキング

バイキングですが、沢山あり過ぎて驚きです
本当に1,500円でいいのでしょうか〜〜〜
チョットお料理を紹介です。

パテ

このパテにはビックリです
豚かな?鶏かな?きのこの香りがとっても良く、ここはどこ?
まさかこんなに美味しいパテを小谷でいただけるなんて〜

パテてんぷら

このパテも美味しかったです。黄色いのはカボチャのようです。地元のお野菜を、上手にアレンジされてますね〜。
天ぷらは目の前で揚げていただいてます。油切れもいいですね〜〜〜

ピザピザ

やっぱり外せない一品ですね!きのこピザです。
カリカリの生地もGoodです。

パスタコロッケ

ピザと言えばやはりパスタですね!舞茸のパスタを、よくぞここまで美味く味付けされました。薄味になりがちなシンプルなパスタでも、バジルをきかせてしっかり味付けされてます。美味しい〜〜〜
そしてこのコロッケホント手作りなんです。

コロッケ

サクサクで中身はほのかにきのこの香りです。
こちらもお味付けが最高


燻製

これは自家製の燻製です。お刺身まで燻製になってる〜〜〜!でも美味しいもんですね。あとは鶏かな?ワインが欲しくなってきます

シュークリーム

「わぁ〜〜〜〜〜何これ全く甘くないし、こんな食べ方あったんだぁ〜」
お洒落ないただき方です。中身はナイショ食べに行ってくださいね。

豚まん?

これ最高!皮はモチモチ、中身はジューシー横浜、神戸もビックリです。都会なら行列ができる事間違いなしです。白馬のSPポークかなぁ?この美味しさはそんな感じがしますが。。。

炒め物?

お腹いっぱいで食べられなかった一品です。
何だったんでしょう?皆さんよくとられてました。中華風ですね!食べられた方は感想を教えて下さいね!

和えもの

これは海老チリのアレンジですね
ツナを使われて美味くお料理されてます。

中華風?

お肉の煮込みかな?多分横のこの皮にはさんでいただくのではないかと。。。
「うんうん、美味しい!アッサリしてますね〜〜〜」

白馬紫雲お蕎麦

やはり出ました。「白馬の紫米」です。炊き込みでしょうか?こちらも食べきれませんでした。
お蕎麦はとっても美味しいです。こちらこのお蕎麦だけでもお商売できるんじゃ?
この他、舞茸の炊き込みごはんもありました。

お漬物シーフードサラダ

地元のお漬物は最高ですよ!ピンクのは「コショウ漬け」です。山国の方々は保存食がとってもお上手です。
シーフードサラダも豪華版です。
ラタトゥーユ

ローストビーフにラタトゥーユです。さすがお野菜は美味しいですね。

オレンジケーキ

オレンジの入った蒸しケーキです。素朴な中にも味のバランスがとってもいいんです。小谷を始め、信州の方々は粉ものの扱いがとってもお上手に思います。
麺類やパン、おやきなどがそうですよね。それぞれのご家庭のお味があって、楽しいですね!
きのこと言っても、これほど色々なお料理にアレンジできて、山国の小谷の方々の研究熱心さには驚きました。高価な食材はございませんが、お料理に温かさを感じました。そしてスタッフの方達の親切なこと
山合いの小さな町で、皆様が頑張ってられます事を感じました。
都会人の私は、こういう温かさってとっても感動しちゃうんです。
今日はまたまた食べ過ぎですぅ〜〜〜

小谷

帰りは南小谷の駅まで歩きました。
クマさんは今年はおとなしいようで、山や川を見ながら美味しい空気をいっぱいいただきました。

小谷

小谷っていい所ですよ。
きのこ祭りは明日までだそうです。

美味!豆カン

豆カン

やりましたね〜〜〜
いつもお世話になってます、穂高駅前の「ひつじ屋」様。
ようやくメニューに加えていただきました。
ビックリな美味しさです
赤えんどう豆の甘い中の塩加減が寒天との食感とピッタリです。


豆カン

そして黒蜜をかけますと、目がテン絶妙の組み合わせです。そこにアイスクリームがからみ合って、もうたまりませ〜〜〜ん厳選された素材は、最高のお味を楽しませてくれますね
売り切れの場合がありますので、ご注意を。。。

御船祭(穂高神社)

穂高神社

今日は穂高神社の御船祭です。

子供船

船型の山車に穂高人形を飾った大小5艘のお船が笛や太鼓の囃子(はやし)にのり、氏子衆によって神社へと曳き入れられます。勢揃いした御船のきらびやかな様子は、歴史絵巻を見るかの様です。
御船祭りのお船は、子供船と大人船とがあり、なるの新木を用いて毎年組み立てられます。これは子供船です。


御船

歴史絵巻を見ているようですね!


着物

男腹(おばら)、女腹(めばら)には着物が何十枚も掛けられ船上には毎年ことなった穂高人形が飾られます。着物の持ち主は、一年間健康で過ごせると言う信仰も息づいています。これは女腹です。奇麗な着物がいっぱいです。


巡行(子供船)

いよいよ巡行です。これは男腹ですね!男の子の着物も奇麗ですね!


巡行(子供船)

来ました来ました!楽しそうに子供達が曳いています。


大人船

これが大人船です。これがぶつかり合うんです。


大人船

近くで見ると迫力です。境内を練り、神前を曳き廻るうちには、お船が激しくぶつかりあい、その壮大な迫力に、時のたつのも忘れてしまいます。

衝突

あ〜〜〜ぶつかった凄い〜〜〜

衝突

何度も何度もぶつかり合います。まさにけんか祭りのようですね!

構造構造

お船の組み立ては縄と針金です。釘は使われていないですね!
台の部分は、大阪の岸和田のだんじりとよく似てます。

拝殿

こちらが拝殿です。
穂高見命を御祭神に仰ぐ穂高神社は、信州の中心ともいうべき 安曇野市穂高にあります。そしてその奥宮は、北アルプス穂高岳のふもとの上高地に祀られており、嶺宮は、北アルプスの主峰奥穂高岳の頂上に祀られています。
穂高見命は海神族 (かいしんぞく)の祖神(おやがみ)であり、その後裔(こうえい)であります安曇族は、もと北九州に栄え主として海運を司り、早くから大陸方面とも交渉をもち、文化の高い氏族であったようです

鶏

アッ何度か私のかかとを突きに来た鶏さんだ。
今日は人の多さに驚いているようです。

放浪記(白馬の楽しみ方)

檪様

紅葉の秋、皆様信州のご旅行の計画はおすみですか?
迷われてる方に是非おススメのペンションをご紹介します。
今日は朝から店主と、白馬の山荘「檪(kunugi)」様へ配達です。
昨年私がお世話になりました。
お風呂は全て貸し切り、お料理も最高!お部屋も掃除が行き届いてとってもいい山荘です。

雑貨屋さん玄関

敷地内にはお母様がされてます雑貨屋さんが。。。
楽しいものが見つかりますよ


TOMATO様

こちらは檪様のお兄様が経営されてます「Pension TOMATO」様です。
こちらもお風呂、お料理ともにとっても評判のいいペンションです。


デジタルトマト様トマティート様

ペンションTOMATO様の横には、パソコン関係の楽しい雑貨がいっぱいの「デジタルTOMATO」様。
そして、この夏オープンしました、居酒屋さんの「トマティート」様です。
この間行かせていただいて、とっても美味しかったです。そしてダーツにビリヤードがあって、とっても楽しいです。

ジャンプ台

白馬と言えばジャンプ台です。「舟木〜〜〜って聞こえそうです。。。」


ジャンプ台・上から

下から見ても凄い迫力ですが、上から見ると私は・・・やはり高所恐怖症です。

ラージヒル

この高いほうのラージヒルのスタートは、取り付け通路を渡るだけでも大変です。
肝だめしよりずっと怖いです。以前平気と言ってた友人も駄目でした。どうぞお試しあれ

白馬三山

ビビりながら下に降りると、白馬三山が奇麗です。

ハングライダー

あ〜〜〜ハングライダーカッコいいですね〜〜〜
私には絶対に無理!

インディモモオープンテラス

お昼のランチに、インディモモ様にお邪魔しました。
こちらのスタッフの方は、私と同じ京都なんです。とっても可愛い女の子です。何だか同郷ってホッとするんですよね〜

インディモモ

今日は帰りはMyベンツなので、しっかり食べなきゃ。
インディモモ様の、スペシャルランチです。こちらはカレーも色々、単品も色々ありますが、私の一押しは「ナン」なんです。今日は彼女のおススメの「チーズのナン」です。

チーズナン

生地がほのかに甘いのが特徴です。そしてこのモッチリ感絶品です
チーズと生地の相性がすごく良くって、チーズナンは美味しいですね〜〜〜

大出

食後に大出の方に行きました。昨年の夏は、キュウリやトマト、スモモなんかが冷やしてサービスされてました。今日はっと。。。


まいたけ

御親族が朝に採られた、天然の舞茸を格安で分けていただきました。

佐野坂Myベンツ

舞茸を積んでいざ大町へ。。。
佐野坂はインディモモ様のお陰で元気元気

青木湖

ひとっ走りで山を越え、キラキラ光る青木湖が見えてきました。


青木湖

ここからの景色は、日本じゃないようです。

香茸

横川商店のお味噌とお醤油でお世話になってます「ヤナバスキー場」様です。
商品の在庫を確認しに来ました。
採れたての香茸が格安です。この香茸、東北では松茸より珍重されてます。

香茸

沢山採れたようですね!

フジバカマ

こちらただいまフジバカマにアサギマダラが来ています。

アサギマダラ

南に移動する蝶蝶らしいです。可愛らしいですね〜〜〜


アサギマダラ



フジバカマ

あと週間ぐらいは見られるのでしょうか。沢山飛んできています。


舞茸

今夜は持ち帰った舞茸を、サッとバター醤油で焼きました。
天然の舞茸がこんなに香りよく、歯ごたえがあって美味しいとは思いませんでした。

十五夜

十五夜

今日は十五夜です。横川商店ではちょうど稲刈りでした。(詳しくはこちら

いなご

イナゴさん、明日から他の田んぼへお引越しかな?

店頭

店頭にはお供えと、ススキ、山の木の実を飾ってみました。ツルウメモドキがまだ開かなくて残念ですが。明日にはオレンジの実を見せてくれるでしょう。


お供え

京都にいる時には、お月見はただお団子を食べるだけでした。このように飾りつけするのは、大町に来てからです。いいものですね〜〜〜


おろぬき

今夜は貴重な野沢菜の「おろぬき」のお鍋です。きっと地元の方は首をかしげられるかも?私が京都で作っていた、セリのお鍋のアレンジです。
初挑戦です!


しゃぶしゃぶ

おろぬきが繊細な菜っ葉なので、あまり他のものは入れません。
最高の昆布だしをとり、さっとかつをのおだしを合わせます。お酒、みりん、薄口醤油で味を整えます。お揚げを入れてひと煮立ちさせ、玉子を落とします。玉子が半熟になったら、おろぬきをしゃぶしゃぶします。


半熟たまご

いやぁ〜、これは最高ですおろぬきは火を通しすぎないことです。
大町の食材で京風のお鍋です!旨い旨い〜〜〜


ひやおろし

やっぱりこんな時はひやおろしです。
今日は大雪渓様の純米です。ひやおろしは、かどがとれてまるくなったので、おろぬきには最高です!そして酒器は、伊万里大川内山、鍋島焼の市川光山様です。
私の一番のお気に入りの酒器です。


酒器

春は桜でした。秋は紅葉です。二年待った大切な酒器なんです。
伊万里の鍋島焼はとってもいいところです。機会がございましたら是非行ってみて下さいね!

稲刈り

三日町の田んぼ

「明日稲刈り〜〜〜 えらいこっちゃ私の稲を刈らないと。。。」
という事で、横川商店の三日町の田んぼで、私の装飾用の稲を刈りに行きました。
これを刈らないと、稲刈り機が入らないんです。あまりに突然のことでした。


稲穂

稲穂は立派になりました。黄金色です。しかし雑草はいっぱいです。雑草のような強い人間になりたい〜〜〜


カマ

カマなんてめったに持たないのに、面白いほど刈り取れます。


刈り取り

今日は4株を一束にしていきます。根元を縛って並べていきます。


電車と田んぼ

「やっぱりきついなぁ〜、手がパンパン昔の人は凄いこんな大変なことしてたんだぁ〜、手で刈ってる横に特急が奇麗な車両で走って行くと、時代がチンプンカン」



収穫

「収穫〜〜〜クマさん達は見張り番


収穫

田んぼの道路側の端一列ですが、毎年スズメさんの餌になるのに、今年はカカシさんがいい仕事をしたくれました。


回収

店主に回収してもらい、横川商店の店頭で乾かします。


店頭

今夜からは店頭でカカシさんと店頭でお客様をお出迎えします。

レトロな洋食(POPO)様

ドリア

いつもお世話になってます、大町駅前の「POPO」様です。
今日は初めて注文しますドリアです。
「グラタンより深いお皿なんですね!」
「ライスが入るからね〜」


ドリア

「ひやぁ〜〜〜美味しい〜〜〜 懐かしい味!昔高級レストランで食べたような記憶がある。。。 今風のバターたっぷりのドリアじゃなく、上品なベシャメルソースはいったい・・・ 東京で飲食をされてたそうですが、東京でも、京都でも、このお味はないですよ〜〜〜」
「40年前から同じ作り方よ〜〜〜!」
「40年だって?いったいいくつなんですか・・・?」
「笑。。。」


ドリア

手抜きのないお味、特にフライ類はオーダーしてからパン粉を付けられます。
お一人なので時間はかかりますが、手抜きのないお味、後を引くお味です。
このドリアは、ライスのお味加減が驚きです。ベシャメルソースを見事に引き立ててられます。


木の実のリース

秋です、ここにも手作りのリースがあります。
気持ちのこもった手作りの味、このリースも同じように思います。

大町は秋です!

栃の実

県外からのお客様、大町は秋です今年も秋の恵みを落とし始めてくれています


ナナカマド

大町の街路樹のナナカマドの実はずいぶん赤くなりました。


ヒマラヤスギ

ヒマラヤスギもこんなに大きくなりました。オシャレなワインが待ってますよ〜〜〜


ヒマラヤスギ

今年は豊作のようです。


野沢菜

夏野菜の畑は冬の準備です。野沢菜が植わっています。おろぬきはもう抜かれたようですね!


かぼちゃ畑

わぁ〜〜〜でっかいカボチャだ〜〜〜


かぼちゃ

デッカイのが横たわってるとビックリしますね〜
これって食用なのかなぁ?



収穫

今年も栃の木は実を落としてくれています。今日はすごい収穫でした。


栃の実

中は奇麗な可愛い実を持ってくれています。


栃の木

この木が毎年お世話になってます栃の木です。もうかなりの寿命だと思います。まわりに沢山の子孫を残してくれています。


店主

熊じゃありません
店主です!毎年この時期は早朝に拾いに来ます。
拾うのには熊さんと、お猿さんと競争しているようです。


大町山麓栃の葉

いつ熊さんが出てきても不思議じゃない場所です。
栃の葉っぱは、こんなに大きいんです。

栃の実

今年も横川商店の店頭で乾かし始めました。
どうぞ見に来てやって下さいね!
そしてご家庭に置いてやって下さいませ。

本日同じ時間に、採ってます近くで熊が目撃されたと、有線放送で流れたそうです
今日はクマさんより早く採れました

ワイナリー情報!

長野県内のワイナリー様情報を蔵日記にて掲載中です。
詳しくはこちらからどうぞ

私の営業車(Myベンツ)

Myベンツ

私の営業車「Myベンツ」です。今日は店主が夜、松本に配達があるので、私はたまった仕事をMyベンツで済ます事に・・・

白鳥湖

午後に大町を出て、豊科の白鳥湖に着いたのは夕方です。
新しいカメラで撮ったデータを間違えて消しちゃった〜〜〜(ここまでの田園風景が消えちゃった

ベーグル

穂高の山麓線で1軒仕事を済ませて、駅前の「こっふぇる梅太郎」様に着きました。何とか今日はパンがありました。今ハマってますベーグルです。モッチリ美味しいんです。ナッツのベーグルが秋らしくていいですね!黒糖ベーグルは私の一押しです。
クロワッサン

クロワッサンは焼けば香りが復活です。バターがしっかり入ってるのに、胸にもたれません。

売り切れ

やはりこの時間(15時過ぎ)にはこれだけの売り切れがあります。お電話で御取り置きがが確実ですね!

道路標識

Myベンツは国道19号線に出ました。ここは私には少し難所です。歩道がない場所があるのと、やはり幹線道路です。トラックが多くて。。。

くるみ

「お〜〜〜っと!こんなところに「くるみ」さん。横に犀川が流れているのでクルミの木が多いんです。タヌキさんの仕業かな?

トラクター

「あ〜〜〜オジサン!気をつけてよ〜〜〜!危ないよ〜〜〜

夕日

夕日を見ると何となく焦ってきます。国道沿いは暗くなると危ないです。

新橋屋飴店様

松本に入り、この間お世話になりました「新橋屋飴店」様に用事です。今日も御主人は飴を造られてたのか、洗いものをされてました。

バター飴

お母様にお会いして、試作品の貴重な飴をいただきました。
これはビックリです。
「美味しい〜〜〜早く商品化して下さい
ベンツのカゴに入れた飴が次々に無くなっていきます。
実はこれ「バタ―飴」なんです。今日の日射しで疲れた体には最高です。塩味がバターの旨味を引き立ててます。商品化されます事を楽しみにしてます。

松本市街

松本市街を横目に、新橋飴パワーでいっきに南下です。
松本を過ぎたあたりから、塩尻方面は上り坂ってご存知ですか?意外でしょう。。。
ゆっくりと上り坂なんです。苦痛な坂ではないので、車ではわからないでしょう。
この辺りは何軒かチェックのお店があります。

道路標識道路標識

この標識が見えるとホッとします。
ようやく目的の村井に着きました。ここでもスムーズに仕事が終わり、大型スーパーに視察へ。。。

セルフレジ

さすが今は地元のブドウが沢山出てます。ひとつ買ってみました。
「なんだ〜?このレジ。。。関西では見たことないよ
セルフレジらしいんです。自分でレジを通して袋に入れるんです。

チェック会計

チェックすると価格が表示され、支払方法が出ます。もちろん現金もOKです。
速いし、面白いですね〜〜〜!

おぶー

松本に帰る途中にお風呂に行きました。
「林檎の湯・おぶー」です。

浴場入口場内

こちらは沢山の内湯と、楽しい露天ぶろがあります。
私は寝湯が好きですね〜!お湯の温度も私好みです。(あまり熱く無いです)
こちらがあるからMyベンツで頑張れるのかな?
自分の体力維持もありますが、車ではわからないことって、自転車ではあります。
でも普通の営業車では半日で行けるのに、私はこれだけ時間がかかります。でも得ることも多いんです。私にはMyベンツが合ってるかもね!
帰りは松本で店主のトラックに収容されました

野菜パニック!

夏野菜

京都にいれば考えられないことです。いただきものの野菜で生活出来ています私
どの野菜ひとつとっても「旬」と言う言葉がドンピシャリです
今長野では、夏野菜から秋野菜に変わる時です。この他にもトマトは煮て保存、ミョウガは粕漬けに甘酢漬け、キュウリも粕漬けと、私自身信州人の生活路線まっしぐらです

おろぬき

これは貴重な野沢菜の「おろぬき」です。まびいたものなんですが、やわらかくて美味しいし、今の時期しか味わえません。
「よ〜〜〜し、おやきにしちゃおう」という事で、今日はおやきを作りました。ちょうど小布施でお茄子もいただいたので、小布施のおやきにも挑戦です!
フライパンでも出来ますが、私は南部鉄のすき焼き鍋で焼きます。
「小布施のなすのおやきは難しいなぁ〜〜〜 食べられたらいいか!」

おやき

何とか形にはなりました。おろぬきは、油揚げと天かすを入れて味噌で和えます。
小布施のお茄子は5ミリ程に切って、甘味噌をはさみます。
どちらも素朴な美味しさです。おやきは場所によって形や、焼き方、中のアンが変わるので楽しいですね!

なす

残った茄子は甘辛煮にしました。秋なので夏野菜は注意です、おろし生姜をそえていただきます。おやきは、お味噌が冷えをおさえますから完全食ですね!

モロッコインゲン

モロッコインゲンは厚揚げと煮ました。ご飯のお供に最高です!

ピーマン

ピーマンは残った竹輪ときんぴら風にしてみました。
夏野菜は、秋の気配を感じますと少し注意したいと思います。生姜や七味などの香辛料を上手く使っていただいてます。
やっぱり自家用のお野菜は美味しいですね!
一番の贅沢だと思います

美麻の秋

影お〜〜〜い!カカシ〜〜〜!仕事してるか〜〜〜?

カカシ

しっかり田んぼを守ってくれてるようです。これから美麻に配達なので、店主に同行します。

美麻

まるで絵葉書で見るような景色です。今日は雲ひとつなく、北アルプスが勇ましく見えます。

美麻

美麻も田んぼはもう収穫前のようです。

お蕎麦

ここまで来たらやっぱり新行のお蕎麦でしょう。いつもの「美郷」様です。
まだ新蕎麦には早いようですが、香りの高いお蕎麦です。


お漬物

いつも楽しみなのは、こちらのお漬物です。今日はキュウリの浅漬けです。あと蕎麦寒天です。ほのかな甘みがいいですね〜〜

蕎麦粉焼き

焼きたてホコホコの蕎麦粉うす焼きはサービスです。
新行の秋も素敵ですよ!コスモスが田んぼの畦で咲いています。稲穂の黄色とよくマッチしていました。

ワイナリーめぐり

高社山

今年の信州のワイン用のブドウは最高です!
横川商店蔵日記にて順次詳しくアップさせていただきます。

今日は収穫・仕込みの始まりましたワイナリー様を訪ねてみました。
信州中野市の高社山です。
お世話になってます「たかやしろワイナリー」様です。

仕込み

ラッキーな事に、ドイツ系品種の、ミュラートゥルガウが収穫されていて、ちょうど搾汁されてます最中でした。

ミュラートゥルガウリンゴ

搾汁されたカスです。あっという間に果汁になります。
横の畑のフジも、少し赤く色づき始めました。(詳しくは明日蔵日記で・・・)

小布施ワイナリー

次は「小布施ワイナリー」様です。
この立て看板を見るたびに、ニッコリしちゃいます。ショップのスタッフの方達にお会いできる楽しみもあるんです。(今年は栗最中の作り方を伝授させてもらわないと・・・)

ムラサキ農場

ムラサキ農場です。駅から自転車で30分ぐらいでしょうか。
こちらの畑を見せていただいて1年半です。ずいぶん勉強させていただきました。

メルロ

メルローもすっかり黒くなって、収穫を待つばかりです。
「甘〜〜〜い」こんなに美味しいブドウを口にしたら、一般で販売されてますブドウなんてチョット。。。
皆さん、ワイン用のブドウは美味しくないなんて思われてませんか?

シャルドネ

シャルドネもとっても甘く糖度が上がってるようです。

高速

次は須坂から高速です。めざすは塩尻の桔梗ヶ原です。

樽

「城戸ワイナリー」様です。樽を乾されてるようです。
御家族経営のワイナリー様ですから、もうすぐ戦場のようになるのでしょう。

シャルドネ

この間徐葉のお手伝い?しましたシャルドネです。見事な色づきと実なりです。
やや黄みおびた色は、糖度の高さと、品質の良さでしょう。

メルロ

メルローも真っ黒な状態です。そして甘い!適度な酸味!

ピノグリ

ピノグリです。来年はかなり期待できるのではないでしょうか。
こちらはスマート方式の栽培です。ブドウの房が大きいですね〜

コンコード

初めて見ましたコンコードです。1粒いただいてビックリです。
「優しい甘さで、とってもジューシ―なんです。粒も大きいですし、これってお店で販売されてたら飛びついちゃいますね

ナイヤガラ

ナイヤガラは塩尻特産です。香り高く私の一番好きな品種です。

シャルドネ

お近くの「五一ワイン」様です。
シャルドネです。こちら去年も貴腐が沢山ついていました。

カベルネフラン

カベルネフランです。今桔梗ヶ原では注目されています。これからの期待の星です

ソーヴィニヨンブラン

ソーヴィニヨンブランです。こちらもいい色になっています。糖度もかなり高くなってきています。

メルロ

五一様といいますとやはりメルローです。今年のメルローは凄いです!まだまだ糖度も上がっていくそうです。病気もなく最高のメルローになりました。ワインになるのが楽しみです。

メルロ

ブドウの棚の高さは、作業しやすいように調節されてます。全てスマート方式です。

東畑

こちらが今年国産ワインコンクールで金賞をとられました「メルロー2004・東畑」です。
今年の長野県内産のワイン用ブドウの出来は、大変いいように思います。
本日の詳しい内容は、「横川商店蔵日記」よりご報告させていただきますので、、よろしくお願い致します。

蔵日記はこちらからどうぞ!

カカシ〜〜〜!

カカシ

新しいカメラが来ました。私に使いこなせるのかなぁ
カメラを持って先ず行ったのが、横川商店の田んぼです。
去年から登場のカカシを、Myベンツ(自転車)に乗せて連れて行きました。
「しっかり守るんだよ〜〜〜
今年から初めて植えた「ひとめぼれ」です。
今年は除草剤を田植え前に1回しか散布しなかったので、雑草との闘いでした。
このお米は横川商店の長期熟成味噌の原料でありますコウジのお米になります。
雑草のためか、少し小粒かもしれませんが、安全なお米でコウジを作り、お客様に提供したく思います。

夏バテです!

いつも共にしていますカメラが夏バテの模様!
機嫌が悪く働いてくれません
今日は昨年の秋の八方池のご案内です。
あと1ヶ月もしますと、アルプスは紅葉です。
これらの写真は、昨年の10月中旬の初冠雪の時のものです。


紅葉

八方尾根のリフトを降りると、そこは紅葉で山肌は雪でした。下界とは別世界です。
大町から雪の便りを知り、大糸線に飛び乗った日でした。

黒菱平

黒菱平まで来るともう目の前は紅葉一色でした。誰がカメラを構えてもいい写真が撮れた日です。

八方池・白馬三山

最後のリフトを降りてから約50分で八方池に着きます。
エメラルドグリーンの神秘的な池です。
遊歩道は2本あります。登りは緩やかな距離の長いほうを選びました。思ったよりラクでしたよ

八方池・唐松方面

唐松方面に行ってみたいですが、高所恐怖症の私には無理

八方池・白馬三山

白馬三山がこんなに奇麗に、穏やかに見えるなんて・・・(前日に遭難がありました)
奇麗な山にも落とし穴があります。山は色々な顔を見せてくれます。マナーを破ると取り返しのつかないことが起こります。
無理な登山は絶対にやめましょう。そして「引き返す勇気」こそ大切だと思います。

遊歩道

帰りは急な従来の遊歩道です。
私はこの高さも駄目なんです。這いつくばいながら降りました。
高所恐怖症だから無理をしないのかもしれません。
どうぞこの秋には信州の紅葉を見にお越し下さい。
今年も例年の時期に紅葉が楽しめそうです

放浪記(大町へ)

滋賀県

滋賀県の近江米を電車の窓から見ながら、快速電車を乗り継ぎ
、一路焼き物の町「多治見」へ。。。

多治見

「暑〜〜〜」ここが今年日本の最高温度になった多治見市です。
40度を超えた日は、駅前は43度あったそうです。今日も暑い〜〜〜
私も焼かれて陶器になりそうだぁ〜〜〜

美濃焼卸団地

美濃焼団地です。昨年は「茶碗祭り」で仕入れてきましたが、今年は無理そうなので直接仕入れです。大阪で探してもなければ、多治見は通り道ですから便利なんです。
多治見では、横川商店の「むらさき醤油」の徳利も焼いてもらっています。

織部様

今日は色々見てみましたが、やはり織部様にしました。
大変な広さの中、掘り出し物を探します。

大皿倉庫

店内はとにかく広いんです。1階の和食器は、作家様の作品もずいぶん沢山あります。
センス良くディスプレイされてるので、勉強にもなります。

秋の大皿もいいですね〜〜〜

売り場

とにかく広いんです。冷房がきいてなくて暑い〜〜〜

輸入もの輸入もの

2階は輸入ものの売り場です。「可愛いお皿 あ〜芝生の上のテーブルでパンを食べたいなぁ〜」

ワイングラス

このワイングラス奇麗だなぁ〜
光によって色が変わる〜〜〜

焼酎サーバーセット

ではでは今回仕入れたものは
引出しの中に焼酎カップが2個収納できる、サーバーです。もちろんカップ付です。
もちろん美濃焼きです!

焼酎サーバーセット

こちらは三重の焼きものです。
全てのセットです。ミニパーティー出来ますよね!

酒器

落ち着いた深緑色がとっても奇麗でした。
これも酒器セットです。(化粧箱入りです)

酒器

こちらは木箱入りの酒器セットです。片口の雰囲気がとっても素朴です。
キノコのお鍋でグイッと飲みたいですね〜〜〜

焼酎カップ

こちらは今年のお買得焼酎カップになると思います。
今回仕入れました商品は約1週間で到着します。価格が決まりましたら「蔵日記」からご紹介いたしますね

サルトリイバラ

帰りのバス停。。。
1時間に1本のバスです。「お〜〜〜サルトリイバラ!」サンキライとも言いますね。
最近は輸入に頼ってますから、日本でこれだけの実を見られるのは珍しいです。
チョット失敬して、大町に連れて帰りますね!しかし暑いなぁ〜〜〜
でも、いい仕入れが出来たから気持ちがいいなぁ〜〜〜

中津川

中津川の町です。
多治見からは中津川で乗り換えです。時間待ちでまたまた放浪。。。

仁科商店様

駅前の仁科商店様です。こちらもお酒屋さんですが、「菊牛蒡漬け」を作られてます。菊牛蒡は山ゴボウと同じなのかな?一度買った事がありますが、とっても香り良くて美味しかったです。

牛蒡

この看板がレトロでいいですね!
お店の雰囲気や入口の雰囲気が、焼失前の横川商店とそっくりなんです。

すや様

栗きんとん

こちらは、栗きんとんで有名な「すや」様です。
中津川には沢山御菓子屋さんがあります。今の時期はどこのお店も、栗きんとんを置いてられます。「栗きんとん食べ比べ」もいいかもしれませんね!

荷物

ようやく松本行きの電車に乗りました。またまた荷物の山です。。。

多治見では今年も茶碗祭りが開催されます。
昨年行きましたが、駅前からのシャトルバスもあって便利です。
かなりのお買得もあり、楽しめますよ!
詳しくはこちらから

町家のCafe(Cafe Cannelle)様

町家の床の間

京都の神宮道、自宅のすぐ近くですが、ここ3年ほどですっかり変わりました。
こちら、Cafe Cannelle様は、とっておきメニューと、この癒しの空間のCafeです。
今京都は町家の維持が大変ですが、お洒落に改築されて飲食や画廊になっています。こちらは若い女性お二人が頑張ってられます。
多分この店内は、民家の二階の床の間だったのではないでしょうか?見事に変身です!

パン

毎朝焼きたてのパンがお店に運ばれてきます。2階のCafeなのに、わざわざパンだけを買いに来られる方もおいでです。

雑貨

店内には可愛い雑貨が沢山あります。この「My水筒」いいでしょう
私も赤いの買っちゃいました

ハートのお皿

このお皿も可愛い〜〜〜

豚さんの調味料入れピノキオさん

豚さんの調味料入れも可愛い〜〜〜
横にはピノキオさんがいっぱいです。

Tシャツ

最近Tシャツもデザインされたんですね〜〜〜
京都らしいスイレンのがいいですね〜〜〜

秘密のお部屋

こちら「癒しの空間です」
アロママッサ―ジをしていただけるんです。近々個室が出来るようです。
彼女お二人は、食と健康をテーマに頑張ってられます。
気軽にお話もでき、近くの情報もGoodです。京都にお越しの際は、
又同じ京都の方でも、お気軽にお話しに来られたらいいですよ〜〜〜
私を肴にしていただいても結構ですよ〜〜〜
観光のお客様の多い京都で、癒しの空間っていいものです。
是非にお立ち寄り下さいね
そしていよいよ明日は大町へ出陣です。

Cafe Cannelle(カフェカネル)
東山三条通神宮道北東角2階 TEL.080-5322-9885
OPEN.8:00AM〜8:00PM ぐらい 水曜定休

ドタバタ大阪

よしもと

大阪ではよく通る吉本の前、この看板を「面白そう〜」って思う時!
「もう〜こんな忙しい時に〜〜〜」って思う時!
今日は後者です(@_@;)
用事で大阪に来て、帰りに探し物を求めてウロウロ・・・・・

会津屋

会津屋

ここはナンバの地下街です。会津屋様のタコ焼きは、元祖だそうです。
ソースをかけないタコ焼きで、もとは牛スジとコンニャクだったそうです。冷めても美味しいですね!

リクローおじさんの店

ラッキー今日はさすが早いからまだ並んでいない。ここのチーズケーキは525円という安さで、しかも美味しいんです。大阪の庶民の味でしょう。
アツアツでフカフカのを入れてくれます。

チーズケーキ

こんなにフカフカ

道具屋筋

道具屋筋に来たのですが、ない・・・ない・・・
この道具屋筋は、京都の料理人さんも多く来られます。
お店をされる方は、何でも安くていいものが揃います。

たこやき

わなか

わなか様のタコ焼きはポピュラーなものです。どなたでも食べやすいです。
最近はネギやチーズのトッピングもあるみたいです。私は普通のソースでいいよ!

黒門市場

大阪の台所「黒門市場」です。冬とは違って勢いがイマイチかな?フグがないからなぁ〜〜〜。それでも京都の錦市場と違って、観光地化されて無いから好きですね〜

ふぐ

冬の黒門市場は凄いです。フグが舞う売り場になります。(冬まで待って下さい!)でもやっぱりない・・・、ない・・・

自由軒

自由軒でシーフードコンビカレーの流し込みです。。。
ここは昔の味がするフライが懐かしいんです。カレーは混ぜ混ぜです。卵黄が落としてありますので、ソースをかけてまたまた混ぜ混ぜ。。。

焼酎ショップ

仕方なくいつも勉強に来ますナンバの焼酎ショップです。
ここは横川商店の焼酎や泡盛の仕入れの勉強にはとってもいいんです。
都会と大町では違うと思ってましたが、ほとんど変わりませんね!大町の地元のお客様もお味にはとっても敏感です。

芋焼酎・

わぁ〜〜〜横川商店と同じ「東国原知事ラベルだぁ〜〜〜
そうなんです、横川商店で人気の「ひむか寿」の寿海酒造様にお願いして入れていただきました。
今日は安くていい焼酎のカップを探していたんです。もう皆さんお湯割りも飲みたい季節が近づいてきましたよね!

上賀茂神社

上賀茂神社

桓武天皇により王城鎮護の社として信仰されている上賀茂神社は、正式名を賀茂別雷神社(わけいかづちのかみ)といいます。 雷の御神威により、厄を祓いあらゆる災難を除給う、厄除明神・落雷除・電気産業の守護神として広く信仰されています。
毎年5月には、京都御所から出発、下鴨神社、上賀茂神社へ向かう、葵祭の終着地でもあります。

参道

本殿までの参道は、両側に広い芝生になってます。昔はよくボールを持って行って遊んだのですが、今では立ち入り禁止になってます。

立砂

細殿(重要文化財)前の対に並んでいます円錐の砂山は、御神体山である神山を象ったもので立砂、または盛り砂と呼ばれています。
これは祭神が降臨するための目印といわれています。
上には松葉が挿されていて、お正月の門松の起原と伝えられています。

御本殿

正面右奥側に「本殿」、左奥側に「権殿」が建てられており、現存の建物は文久3年(1863年)に建て替えられたものといわれています。
「本殿」、「権殿」共に国宝に指定されています。

本殿灯篭

「権殿」のほうです。

紅葉

あれれ・・・?もう紅葉しているのかな?

神馬

また馬に関わる神事も多く、その時には、この神馬舎に馬が来ます。
行事で有名なのは、流鏑馬の神事です。大町の若一王子神社もここから来たものだそうです。
馬で走りながら、馬上から俵の的を弓で射ぬく行事。 平安時代以前の葵祭(賀茂祭)の主要行事。太古の昔は実際に猪などを追いかけて馬上から騎射ぬき、腕を競い合っていました。京都に平安京ができる前の葵祭(賀茂祭)は、このように勇壮なものでした。現在では、葵祭にさきだち、5月3日に下鴨神社でおこなわれます。また、15日には2頭の馬でスピードを競い合う、古式にのっとった『賀茂競馬(走馬)』が上賀茂、下鴨、両神社で行われます。

小川

ならの小川(御物忌川と御手洗川が合流)は、子供の頃の遊び場所でした。

神馬堂

神馬堂神馬堂

あ〜〜〜お休み(^。^)y-.。o○
ここが「やきもち」で有名な、神馬堂様です。
水曜日はお休みだったんだぁ〜

ショーケースのない京菓子老舗

店舗

こちらは京都の中心地の京菓子「亀屋則克」様です。
ほとんどの方は通り過ぎてしまうぐらいの小さなお店です。
でも私はとっても好きなんです。細やかな細工、丁寧さ、そして行き届いたお店の方の接客。まさに京都を感じます。

のれん

「こんにちわ〜、お久しぶりです。。。」
「あ〜よう来てくれはったなぁ〜」
「またマンション建ちましたねぇ〜」
「今日はお干菓子?ほんまよう来てくれはったわ〜」
「紅葉きいろなってきましたね〜、信州の山はもう赤いかもしれへんわ〜」

こんな会話が京都人ですね〜〜〜

お干菓子

紅葉の黄色はこのお干菓子です。秋深まるとともに赤みが出てきます。
その細やかさが大好きなんです。
「今日はお月見のにしますわ〜」
「おおきに、ほな包むわな。」


型

店内には沢山のお干菓子の型があります。かなり古いものでしょう。。。

店内

こちら亀屋則克様はウィンドウもショーケースも一切ありません。
お干菓子は見本を畳に、和菓子は菓子箱に、夏限定の「浜土産」(はまづと)も、全て畳の上に並んでいます。

生菓子

今日の生菓子は私の大好きな「葛焼き」があります。ススキの焼印のあるお菓子です。
浜土産もありますね〜。琥珀色の生菓子に大徳寺納豆が一粒光っています。
餡ワラビは今日は無いみたいです。。。トロ〜ンとしてとっても美味しいんです。

浜づと

浜土産は進物用によく使わせていただいてました。こちらは本当に京都のお菓子って感じです。夏場のお菓子ですね!
亀屋則克様は、支店は一切持たれていません。もちろんデパートの出店もございません。
菓子箱に入りました生菓子は午前中で無くなることもあります。
京都の茶道関係や、老舗関係の御注文も多いようです。
小さな和菓子ですので、価格も驚くほどではありません。

亀屋則克
堺町三条上がる
(日曜定休)

あぶり餅

あぶりもち

今宮神社の「あぶり餅」です。
京都の観光雑誌にはよく掲載されるようになりましたが、昔は西陣織の町では地元に愛されてるお餅でした。
5月の御旅所にだけ出店され、「御旅行ってあぶり餅こうて(買って)」と言ったものでした。

かざりや

かざりや様です。あぶり餅のお店は、今宮神社の東の参道にあります。
このかざりや様と向かいの一文字屋様です。どちらも頑張ってられます。
なぜか我が家は昔からかざり屋様でした。
ここの二軒の前だけは、江戸時代にタイムスリップしたみたいです。

店頭

「オバアチャンいらっしゃるかなぁ〜〜〜?」
御歳をめした小さなオバアチャンが、いつも台にチョコンと座られて、お餅を焼いてられました。
お聞きしますと、まだお元気にされてるそうで嬉しい
もう100歳になられたそうです。

お餅

こちらは工場のようなものは一切ありません。店頭でこのようにお餅を串にさしてられます。

炭焼き

串にさされたお餅は炭で焼かれます。そして白味噌のタレがかけられます。
このタレが美味しくて、いつまでも串をなめていた記憶があります。
そして持ち帰りにしますとタレがあまります。そうしたら市販のお餅を買ってきては、からませて食べていました。ホント昔の思い出です

くし

串も竹を小さく割って、さす場所は二股にされてます。そうすることでお餅が固定できるのでしょう。これも昔の人の工夫ですね!

今宮神社

今宮神社の本殿です。
こちらでは私も若い頃、アルバイトしてました。(赤い袴つけて・・・

重軽石

こちら今宮神社には、不思議な石があるんです。叩き石とか怒り石とか言って昔遊んでました。今ではそんな罰当たりな事はできません。
今日はとっても石が軽かったです

看板

ひやおろし発売!

ひやおろし

春先にしぼられた新酒は、一度、火入れされたあと、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、熟成を深めます。
やがて秋風が吹き始めたら、いよいよ目覚めのとき。ほどよく熟成されたお酒は、2度目の火入れをせずに、生詰めして出荷されます。
その昔、「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「移(おろ)して」樽詰めしたことから、このお酒は「冷移(ひやおろし)」と呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。
豊穣の秋にふさわしい、旨みたっぷりの、まろやかでとろりとした円熟の味わいが魅力の〈ひやおろし〉。秋の深まりとともに熟成もゆるやかに深まっていきます。
ただいま横川商店におきまして、秋あがりのお酒「ひやおろし」を発売させていただいております。
ひやおろしは生詰めでございますので、お手数ですがクーラーBOXのご持参をお願い致します。
またクール宅急便の手配もさせていただいてますので、ご利用くださいませ。
詳細は「横川商店蔵日記」で順次掲載させていただきますので、よろしくお願い致します。

ナイショのお好み焼き!

ジャンボ

両親の住む北区の妙心寺近くのお好み焼き屋さん「ジャンボ」です。
ここはあまりお教えしたくないんですが・・・

持ち帰り持ち帰り

店内でもいただけますが、飲酒の関係でいつも持ち帰りです。
この玉子の数。。。  カップの中にはお好み焼きのタネがビッシリ
今日は買いませんでしたが、焼きそばなんて、ナイロン袋に山盛りのキャベツです。
お好み焼き、この持ち帰りで700円なんです。通常の2倍以上あって、お味もピカイチです

豚タネ

これは私の弟の焼き方です。お好み焼きにはそれぞれの焼き方があるので面白いです。先ず豚肉を焼いて、タネを混ぜます。

玉子まぜる

玉子は4個のうち、2個は残しておきます。

そして、焼いた豚肉を混ぜ込みます。


焼く裏返し

さぁ焼きましょう!自宅では1枚で焼くと裏返せないので、2枚にしちゃいます。
そして裏返し。。。

玉子

残った玉子を鉄板に落として、お好み焼きをのせます。

玉子のせ

美味しそう〜〜〜

ソース

マヨネーズとソースをかけて!

出来上がり!

出来上がり
財政難の神頼みにしては美味しすぎのお好み焼きです。
今日も買いに行きました17時には、もうお客様が順番待ちされてました。

京都の奥座敷・大原の里

満員バス

ぎゃ〜〜〜また満員バス自宅前にバス停があってもいつもこの状態なんです。観光地に住むもんじゃない〜〜〜
足と上半身が完全にナナメデス

大原の里

京都市内の北の外れに「大原」と言う場所があります。
「京都〜大原三千院〜♪〜」お聞きになった事がありますよね〜
三条京阪からバスで30分ぐらいで大原に着きます。ここは私の通っていたテニスクラブがあります。ほんと静かでいいところです。

三千院までの道紅葉

バス停から三千院までの参道です。民芸物屋さんや、お漬物屋さんが沢山あります。
横の小川の雰囲気も、暑い京都の夏に「涼」をもたらせます。。。

三千院

山門です。バス停から約15分ぐらいでしょうか。皆さんカメラ撮影に順番待ちです。

庭

客殿からの回遊式庭園です。お庭を見るのは好きなのですが、歴史が苦手の私です。
夏はやはり見にくいかもしれません。やっぱり秋ですかね〜

庭

清浄水

清浄水です。苔が涼しげです。チョットした雰囲気が京都にはあるように思います。
「わびさび」の演出とも言うのでしょうか


往生極楽院

客殿を出ますと、往生極楽院があります。よくポスターや絵葉書になる所です。

杉

杉

立派な杉と苔が見事です。

もみじ

まだまだもみじは紅葉には程遠いです。でも苔をバックに奇麗です。

わらべ地蔵

これが有名な「わらべ地蔵」です。何とも可愛い〜〜〜

わらべ地蔵

わらべ地蔵

北山杉

奥の院のほうは北山杉が迫力です。京都らしい杉です。

写経場の壁

写経場の横の壁を横目にバス停に戻りました。

大泥棒

「わぁ〜〜〜、伊藤軒様の「大どろぼうだぁ〜〜〜」
横川商店に仕入れてる京都の伊藤軒様のかりんとうです。
参道のお土産物屋さんです。何だか嬉しいですね〜〜〜

旧店舗

帰りに、大原と言えば「しば漬け」
しば漬けと言えば土井さん

紫蘇
見事な自社栽培されてます紫蘇です。
私も毎年梅干しを漬けてますが、紫蘇は絶対にこの大原の紫蘇を使ってます。
土井様は、全て自社畑の紫蘇でしば漬けを漬けられてます。
全国に「しば漬」ファンをもつ「土井志ば漬」は、その需要の多さに機械化が避けられない状況です。しかし「しば漬け」の良し悪しをわける、塩加減と重石置きは昔と変わらず「土井志ば」家伝の手作業で行われています。「熟成館」では創業当時から使われている乳酸菌の宿る大きな酒樽が400コ積まれていて、大原特産の「ちりめん赤紫蘇」に茄子、キュウリ、茗荷等、夏野菜をその大きな樽に漬け込んでいきます。大きな樽の上に漬け具合を見ながら重石(1個が20〜30kgの石を、全部で1t分)を均等にのせていく作業は、長年の職人のカンだけが頼りです。

紫蘇

他の紫蘇とは全く違い、香りが涼しげで、嫌味がありません。
自社畑

売店・レストランの裏は全て紫蘇畑です。

熟成館

しば漬けは売店前の熟成館で漬け込まれ、保存されてます。それにしても大きなお蔵ですね〜〜〜。

熟成館熟成館

大きなお漬物の樽が飾られてます。

石紫蘇の枝

お漬物の石の多さに驚き、紫蘇の葉っぱを取った後の枝が積み上げられてるのを見てニッコリ

樽

これだけ大きな土井様が、手作業で漬け込まれてるのには、本心驚きました。
そして、この樽に乗って作業されてました。凄いですね〜〜〜
いくら量産しても、手作業の部分はしっかりと引き継がれているんですね

売店・レストラン

熟成されますと、向かいの売店・レストランの建物の中で袋詰めされます。

作業

今日は紫蘇風味の大根の袋詰めされてました。全て手作業されてました。

全自動計量包装機大根

きざまれたしば漬けは、全自動計量包装機で包装までされています。これもビックリです。
下には美味しそうな大根が見えてます。。。

新しいものを取り入れながら、昔からの作りを守り抜かれてるのも素晴らしいと思います。

店舗

帰り道のバスの乗り継ぎで「銀閣寺アイスキャンデー」屋さんがあるんです。
こちらは地元の皆さんに人気の、アイスキャンデー、ジュース、ひやしあめ、大判焼きのお店です。

ひやしあめサーバー

私は迷わずひあしあめです。生の生姜が入ってるので、とっても美味しいですし、今の時期にはからだにもいいんです。

冷凍庫

やっぱり冷凍庫も気になるなぁ〜

チョコみかん

チョコとミカンを買って帰りました。何故か新聞紙で包んでいただきますが、とけないんですよね〜。
アイスクリームやジェラートが流行る中、昔から同じ味のアイスキャンデーは今は珍しくなってます。そして生の果物が昔のように入ってるのも、こちら様ぐらいでしょうか?

お漬物

買って帰りましたお漬物

お漬物盛り合わせ

今夜は御飯が美味しいなぁ

横川商店の京菓子

伊藤軒様

以前から横川商店とお取り引きのあります、京都の「伊藤軒」様です。
私が仕事をするようになり、同じ京都という事で、時々お邪魔して仕入れさせていただいてます。

正面看板

京都らしい雰囲気のあるお店です。

手焼き

店内に入りますとまず目につきますのが、この手焼きのおせんべいです。
暑い日にこの鉄板の暑さは大変なお仕事です。
鉄板におせんべいのタネを流されます。

お豆

そしてお豆さんをパラパラかけられます。今日はグリーンピースです。
ピーナッツや他のお豆さんもあります。

鉄板

タネにお豆さんをおかれて、鉄板ではさみ焼にされます。
「いい香り〜〜〜  おせんべいとお豆さんの香ばしい香りが店内いっぱいです。」

焼き上がりおせんべい

焼き上がったものは直ぐに冷やされます。
そして袋詰めされて製品化されます。
横の工場では、他の色々なお菓子も製造されています。冬場は伏見のお酒を使われました「酒飴」が有名です。

大泥棒おこげ

その他、横川商店の人気商品です。
大泥棒のかりんとうは、ある蔵元様の営業様の大好物トラックの助手席に乗せてられるかもです
そしておこげです。このおこげは油を使ってませんので、あっさりタイプです。これも大人気です。揚げタイプのと食べ比べされる方もおいでです。

味このみ

なつかしぽろぽろ

色々なおせんべいの入ったものも人気です。
今日は最近京都で人気の可愛らしい袋詰めも仕入れました。金平糖まで入ってるんです

京遊び菓

こちらは限定で、チョットした手土産用の箱入りです。これも色々可愛いお菓子が入ってます。喜ばれること間違いなしです

ひやしあめひやしあめ

仕入れ終わって「ひあしあめ」を御馳走になりました。
私はこの「ひやしあめ」は大好物なんです。生姜のきいた京都の夏の飲み物でした。
全国共通の飲み物だと思ってたのですが、最近の京都ブーム。。。以前仕事してましたお客様によく聞かれたもので、京都独特のものなのかなぁ?

お仕事場

このお仕事場を見ていますと、京都にいます両親の仕事場を思い出します。

ライト

ライトも雰囲気いですね〜〜〜

*本日の商品は来週初めに横川商店に入荷予定です。

丹波ワイン様(レストラン・ショップ)

ブドウ

収穫されたブドウがお出迎えです
レストラン

こちらは丹波ワイン様のレストランです。食事をしながらブドウ畑が見えるんです。
視線が低いので、とっても迫力なんです。。。
夜なんて素敵だろうなぁ〜〜〜

丹波地鶏

地元丹波の地鶏です。今日は照り焼きにしました。
他にはワインに合うようなメニューがいっぱいです。
昔よく母の親戚から手土産に新鮮な玉子をいただいてましたから、鶏肉は懐かしいです。
それに地鶏はもうすぐすると、このあたりでは松茸を入れてすき焼きにしたりします。

ワイン御飯ブドウ

御飯はワイン御飯です。めずらしいですね〜〜〜。干しブドウも美味しいんです

デザート

わぁ〜〜〜〜〜〜、ワイン用ブドウをデザートに出していただきました。感激です
ピノブラン、ピノブリージョ、竜宝です!

試飲カウンター試飲カウンター

そしてレストランの横には試飲カウンターがあります。オープンなスペースで、とってもお洒落です。

クーラー

丹波ワイナリー様は「和」のイメージがピッタリです。
京都の料亭様にも飲ませていただけるところが多いですね。
このワインクーラーも、和風です。いいなぁ〜〜〜

ブドウの木

自然のブドウの木を使ったオブジェが何とも素敵です

ショップ

そしてショップも素敵です!広い場所にセンス良くディスプレイされてます。
スタッフの方達がされるそうで、センスの高さを感じます。

丹波ワイン様(栽培・醸造)

メルロー

京都の中部、丹波松茸や丹波栗、丹波大納言、黒豆・・・、数々のブランド食材のある丹波高原にあります「丹波ワイン」様です。
母の故郷でもあります丹波で、こんなに数々のブドウを作られてるのを感激し、「今度収穫の頃に来ますね!」ってスタッフの大沢様と言葉を交わしての再会です


末田様大沢様

お元気でしたか・・・?大沢様の栽培・醸造の師匠の末田様です。
そして大沢様。。。
お二人でショイレーベを収穫されてました。
私は信州のブドウをいつも見てますから、お初にお目にかかります。
ピノブランと一緒に仕込まれるそうです。

「お手伝いさせて下さ〜い!」

ショイレーベ

ひと房ひと房味を確かめて、いいものを先に収穫します。糖度は20前後だそうです。
口に含んだら甘さが口いっぱいに広がります。

収穫

「収穫で〜す
午前で収穫は終わり、醸造場所に運びます。

運搬車

大沢様いいなぁ〜
この運搬車は免許いらないみたいです。来年は私も運転したい〜〜〜


チェック試食

運ばれましたショイレーベは、収穫量を確かめられます。
その間にも私は試食。。。
ドイツ系のブドウもありました。

冷蔵庫
醸造は夕方からされるみたいで、その間でも冷蔵庫に入れられるぐらいの、気の配られ方です。

そして醸造の見学をさせていただきました。

ピノノワール

試飲

ピノノワールのスパークリングタイプの醸造のようです。珍しいですね〜〜〜
とってもジューシーで甘いです。美味しいものになるんでしょうね
ピノ

大沢様が頑張られたピノノワールです。「低温かもし」と言って、昨日つぶされただけの状態だそうです。もちろん酵母も入っていませんから、アルコールはゼロです。

試飲・大沢様

大沢様嬉しそうですね〜〜〜
まだ本当にジュースですね!

濾過機

これは濾過機です。丹波ワイン様はこの高度な濾過機によって、風味を損なうことなく瓶詰め出来ます。

おり

日本酒の「ヤブタ」のようなものから、おりが取れてきます。食べてみましたが、やはりあまり美味しいものではありませんでした。

樽樽

樽貯蔵庫です。こんなに沢山の樽がありますが、樽によって樽香が違います。
フランスのもの、アメリカのもの、樽内で細工してあるもの、それぞれに醸造される方のセンスが出てくるのでしょう。

樽の中試飲

樽に入れられてまだ一週間も経ってないこの樽は「シュ〜〜」っと音がしてます。
何だか生きているみたいです。

試飲・ピノノワールセミヨン

色々な樽のワインを試飲させていただきました。樽香のきついもの、上品なもの、それぞれに何の料理が合うか・・・、楽しいひと時です。
このセミヨンは、糖度がかなり高く、アイスワインのようでした。デザートにいいかも


畑
 
畑です。こちらには約30種類以上のブドウの木があります。京都でこのような景色が見られるなんて・・・

ピノグリ

ピノグリです。

シラー

シラーです。

メルロー

メルローです。タヌキが悪さするようで、防御してあります。

マルベック

マルベックはアルゼンチンのワインでよく使われてます。

ピノムニエピノムニエ

ピノムニエはともにシャンパン用のブドウです。こんなに甘くて美味しいブドウが、辛口シャンパンになるんです。

オリと茎

横では先ほど出ましたオリと、ブドウの房のジクを土壌に撒かれ約1年後肥料にされます。

親しみやすいオバチャン達

平安神宮

今日もいいお天気!家の前の平安神宮の鳥居が鮮やかです。。。
京都に帰ってからは、お天気がきつくて・・・
それでも仕入れは行かなくちゃ!

大阪

京都がお天気なら、大阪もこの調子です。
何ともビルと太陽の組み合わせが暑苦しく見えるのは私だけかなぁ〜〜〜

炊き込みご飯

大阪のいつもの仕入れ先です。さすが秋は炊き込みご飯の素が多いです。
食欲の秋ですね!
「おね〜ちゃん、これ美味しいで、買いや〜」
「はぁ・・・?」

よく見ると○○園の松茸の味お吸い物なんです。
「あたしなぁ、これに安い茸入れてだまくらかしてんねん!美味しいで〜」
「はぁ!」

負けてはいけない
「オバチャン、このお蕎麦も美味しいで!うちよう売れてんで〜」
「ほんまに〜、買うわ!」

と問屋さんでこんな会話。
私のカートに同じものがいくつか入ってると、必ずのぞき込まれます。
「おね〜ちゃん、これ美味しいんか?もうないやん、一つおくないや!」
「え〜〜〜うちもそんな無いのに〜」

って言い終わる前にオバチャンのカートに入ってます。
「これ賞味期限いつまでや?」
店員さんに聞けばいいのに、横にいる人間に聞くオバチャン!
「○○までですよ〜」
って答えると
「なんや、ほなやめとくわ!」
私が悪いわけじゃないのに、私に訴えるオバチャン!
でも親しみやすい大阪のオバチャンです。。。
ここではkea‐na,sさんがそうです

珍味めざし

新しい珍味を発見!全て国産の魚介類です。大きさもまちまちですから、見栄えのいいものを引っ張り出さないと〜〜〜
「オネ〜チャン、何やっと〜?」神戸弁のオバチャンです。横に来て一緒に引っ張り出されています。
いつまでもゆっくりやってて〜

かれいひも

かれいは、山陰の浜焼きです。ホタテのヒモは北海道のものです。これも買っちゃいました。

ポン菓子ポン菓子

何やら向いで騒いでいます。
「昔よう食べたやんなぁ〜」2,3人のオバチャン達!離れよ〜っとおこげ

そして横川商店大人気の「おこげ」です。

完熟かりんとう

今回のおススメはこれ
完熟花林糖です。北海道の小豆が入って、何とも言えない食感です!
やめられない、とまらない!一応油菓子なので食べすぎにご注意です
でもついつい・・・
ダイエットは程遠いかもです

京都人の普段の和菓子

出町柳

京都・出町柳です。
観光ではほとんど行く事はないと思います。若狭の鯖街道の終わりの場所でもあります。ここに昔からの普段使いの和菓子屋さん、と言うよりお餅屋さん「ふたば」様があります。

ふたば

ラッキー!今日は人が並んでません。いつも行列なんです。

豆もち

豆もち

ここはこの豆餅が有名で、最近は観光バスのコースにもなってるようです。
塩味のきいたお豆さんとこし餡が絶妙なコンビです。
もう北海道の新豆になってます。もちろんお餅には一切糖分は入ってないんです。

栗餅

栗餅

あ〜〜〜もう出てる〜〜〜これが栗餅!大きな栗が丸ごと一つ入ってます。もちろん丹波栗です

田舎大福

田舎大福

隠れファンが多い田舎大福です。もちろん私も大好きです。よもぎがたっぷり練り込まれています。

黒糖みなづき

黒糖みなづきです。

黒豆大福

これは贅沢に丹波の黒豆が入った豆餅です。黒豆のやわらかいこと

水ようかん他

この他今の時期は水ようかん、わらびもちなどあります。

商店街

横には出町の商店街があり、地元の人のお台所です。普段の京都人の姿が見られる所です。

満寿形屋

「満寿形屋」様の鯖寿司は美味しいです。ラッキーなら関サバにあたることがあります。

京野菜はないのか〜〜〜本当に京野菜を見かけなくなりました。子供の頃なんて、リヤカーのオバチャンが売りに来られたのに、今はデパートや錦市場ぐらいでないとなかなか手に入りません。あったとしても高いんです。

賀茂ナスズッキーニ

あった〜〜〜賀茂ナス!でもやっぱり高いズッキーニは北信州産のものです。何だかこのズッキーニも長い旅をしてきたんだぁ〜〜〜
大町から野菜を持って帰って良かった

ラタトゥイユ

今夜はラタトゥイユにしました。作り置きが出来るから便利です。

ラタトゥイユ

今夜は何を飲もうかな・・・?

ルルベル

はい!今夜は京都のこの暑さ、今ワイナリーを目指されてます、小山英明様が福源酒造で醸造されましたルルベル(シードル)を飲んでます
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ