呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2009年02月

初滑りです(爺ヶ岳スキー場)様




「気をつけて下さい、目がまいますよ〜、乗りものの上から撮ってます!」
あ〜〜〜怖かった
お約束通り滑って?きました

111-1

爺ヶ岳スキー場は、大町街中近くから見たらこのあたりです。
今日は北アルプスがきれいでした。

059-1

私が乗ったのはこれです。
ちょっと恥ずかしかったのですが・・・

069-1

チビッ子トロイカに乗ろうとしたら、こんなに可愛い子供さんが私をジッと見てるんです。不思議そうにジッと見てるんですよ〜〜〜
小学1年生で、お姉さんと一緒に可愛いボードを持ってるんです。飯田市内から来られたそうです。

084-1

「ワ〜イ!トロイカだぁ〜」

070-1

トロイカ乗って、降りたら私はこの子達の横で正々堂々と滑りましたよ〜

066-1

「レッツゴ〜

073-1

こんな斜面なんですよ〜〜〜
雪の上は超苦手な私そして高い場所も苦手良く頑張ったでしょうアホカって?

081-1

ご褒美が付いてたので頑張りました。
今日も「パウダー・パフ」様のピザで〜す
今日はマルガリータでした。
そして缶コーラ!珍しいですよ、私が冷たいドリンク飲むの!それぐらい雪の上って喉が渇く感じです。

080-1

何だかクマさん達、あきれていたみたい・・・

088-2

帰りは源汲を通り、フキノトウを発見!
これは大変、そろそろ横川商店の「ふき味噌」を作らないと・・・
最近よく問い合わせがあるので、お客様がお待ちだぁ〜、遊んでる場合じゃないぞ


092-1

いつも写真を撮っていた農機具小屋もなくなってしまった場所ですが、雪どけの田んぼの雰囲気もいいでしょう。

095-1

ここから見る源汲の集落も素敵です。
四季折々の景色を見せてくれます。

094-1

南の方を見ると、遠く松本平が見えるんです。
ここからの景色は、北海道の富良野の「麓郷」を自転車で走ってる気分になるんです。

098-1

「宮の森自然園」に寄ってみました。
このあいだ木道の雪をかいたのに、また積もってる〜〜〜
もう今日はそんな暇ないよ〜

100-1

咲いてるようやく赤紫の花を見せてくれました。

103-1

106-1

今日ザゼンソウが咲いてる場所は木道から少し外れています。
詳しい場所は当店店主にお声かけ下さいませ。そしてもし行かれるようなら、長靴のほうが安心かと思います。

仁科農場さんのお野菜届いています!

008-1

010-1

週末恒例になりました「仁科農場」様のお野菜が届きました。
昨日からお訪ね下さいましたお客様、お待たせいたしました。
本日は長芋が超お買い得だと思います。短冊よりもすり下ろしてトロロでお楽しみ下さいね!
またホウレン草は大人気で、あっと言う間です。やわらかくて私も試食してビックリでした。

松本散歩

069-1

松本の街はいつも時間がなく、目的だけすませることが多いのですが、今回無料自転車でウロウロする時間がありました。
このあたり、松本城の東側です。
学生の時に信州が好きで、松本にはよく来ていたんです。今では街並みがきれいになってしまって、駅前の一角にありましたお惣菜やおやきのお店も姿を消してしましましたが、このあたりにはまだ残ってるんです。

-1

目にとまったのがこちら「塩川喫茶部」様です。
もう私のお腹が「食べてみたいよ〜!」って叫んでいました。
食べることの直感だけはずいぶん食べたので、何となく当たってしまう・・・

056-1

「どひゃ〜レ・ト・ロ
カウンターのタイルにはビックリです。年代を感じてしまいます。
こればかりは今の建築ではどうにもならない「味」が出てるんです
とっても上品で、気のいい女将さんが御主人とお二人で営業されています。

067-1

テーブルは松本民芸家具だそうですが、昔はそんな言い方をしたのでしょうか?
職人さんの遊び心である梅の彫り込み、これには大感激です、しかも紅白そしてテーブルの脚の手触りが、時代を物語っています。
このあたりとっても多くの芸者さんが行き来されていたようです。
きっとその方達の休憩処になっていたのかもしれません。

057-1

全て手作りの「クリームあんみつ」です。
全て手作りなんです。
白みつのみで、フルーツの香りがみつにしみ込んで、とっても爽やかな香りがします。そしてアイスクリーム、餡、かんてん、リンゴの甘煮は自家製です。

065-1

かんてんは今まで食べた事もないサイズの切り方で、これがまたみつと合ってとっても美味しいんです。

063-1

これこれ、自家製アイスクリーム
懐かしい味わいにホッペがゆるゆる

061-1

このリンゴ美味しい!地元のリンゴを甘煮にされています。
「京都には絶対ない味わいです」って宣言できます
実際京都の人が通ってって、私と同じことを言われてるそうです。
松本行けば通わせていただくことになりそうです
女将さんとお漬物の漬け方の話で盛り上がり、早速「抜き粕」で何か漬けてみようと!

053-1

近くをウロウロしていると「みなとや」様。

047-1

こちらも何で目を引いたか・・・
「メダイ」という文字!
フライ専門店のようなんですが、普通は「魚フライ」、よくて「アジ」とか「いわし」ぐらいですよね!「メダイ?」・・・いつもはお刺身で食べるのに・・・

052-1050-1

もちろん買いましたよ〜!「メダイ」
店内はとっても古そうで、お話を聞いてみると「この道50年」の御主人様です。
さすが注文したものは新聞紙で包んでいただきました。
「待てない!」

078-1

「いや〜〜〜〜〜美味そう
080-1083-1

メダイです!しっかりとした白身で、鯛なんかよりフライには合うのでしょう。
昔良く食べていた「タラのスチック」を高級にしたような味わいです。
そしてコロッケ!
これも手作りの味わい今この味わいは滅多にないでしょう
もう松本感激です

041-1

ちょっと離れて、このあいだ「zarloさんのブログで見ちゃった「ひゃくにんぱん」様に自転車を走らせました。ここは松本城の北西あたりです。

087-1

美味しそうな総菜パン、菓子パン、プリンなども販売されています。
若いお二人が御自宅を改装されてのパン屋さんです。

086-1

これイガイガの「焼きカレーパン」ですが、中からウズラ玉子が出てきます!
楽しいパンがいっぱいですよ〜


【塩川喫茶部】様
塩川さん

お店にいま〜す!

063-1


松本で見つけたお店です!
京都でも絶対に食べられない甘党のお店です。
毎年京都の方も通ってられるそうです。今夜掲載しますね〜

今日はnonkoは17時過ぎぐらいまでお店にいます、だから忙しいのだ〜
皆様遊びに来て下さいね!

セカンドワインの会(ジュレ・ブランシュ)様

010-1

006-1

昨日はお世話になってます松本の「ジュレ・ブランシュ」様の「セカンドワインの会」に参加させていただきました。
私なんかが参加させていただいていいものか?輸入ワインは本当に知らないですし、
今の仕事をしていると長野県産のワインを飲む機会が多いので、なんだか申し訳なくって・・・

001-1

少し早めにお邪魔すると、オーナーであり、チーズプロフェッショナルの霜田早苗さんがもう準備完了状態でした。お客様もお手伝い?
ジュレブランシュ様っていつもお客様が楽しく集まってこられるとってもカジュアルなお店なんですよ。

015-1

昨日のゲストであり講師の先生は、今話題の「安曇野ワイナリー」様の醸造家・戸川様でした。とっても優しいオジサマで、この日のために手作りの資料を持って来て下さいました。

002-1

今回の輸入ワインはこの4種類でした。
「私には難しくて難しくてさっぱりわかりません。長野県産のワインは日本語でちゃんと説明されてるのに、ラベルを読むことさえできないんですよ
でも戸川様のお話を聞いてみると、ファーストとセカンドの違い、またサードまである事を教えていただきました。
私自身がよく理解していないのに、お客様にご説明なんてまだまだできませんよ〜〜〜、やっぱり私は食べる方

013-1

ジュレ・ブランシュ特製チーズ盛り合わせ!
「ブリー・ド・モー」
フランス、モー村で1000年以上前から作られてるチーズです。
「ブルー・ド・ラカイユ」
青カビチーズですが、今回これが私の一押しです。ジュレ様にお世話になる前は、青カビチーズは絶対に嫌!と言い続けたのですが、お邪魔するたびに出していただき、今では一番好きなチーズになりました。

「ヴィランセ」
外が黒っぽく、このチーズはカビが生えないと出されないそうです。山羊のチーズだそうですが、とってもクリーミーで、クセもなく、とっても美味しかったです。
「オッソー・イラティー」
コンテのようなセミハードタイプのチーズです。
こちらも山羊だったんだ〜〜〜

019-1

戸川様のお話を熱心に聞かれてるお客様は、ワインの色を見たり、香りを確認したり・・・
「まだ飲まないで色々確認してみて下さいね!」と言われる戸川様も大爆笑です。皆様早く飲みたくて仕方ないはずですもの
021-1

先ずは「シャトーモンローズ2004」と「ラ・ダーム・モンローズ1997」の飲み比べです。シャトーモンローズ2004は格付け2級のファーストワインだそうです(写真手前)
奥の大きなグラスがセカンドワインです。
この時の私のメモ書きには「小さめのグラスのシャトーモンローズ2004のほうが香りが華やか」と書いてありました。

024-1

ウォッシュタイプのチーズ「モンドール」が出てきました。
このチーズは1kg作るのに7リットルの牛乳が必要らしいです。
「いいんですか〜!私一番で

026-1

「わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
トロントロンで〜〜〜〜〜〜〜す

027-1

お皿の上は美味しそうなチーズの山盛り、これはいくらでもワインが飲めちゃいますよ〜

022-1

出ました!桜のチーズです
この香りはもう春を感じさせられます。
いや〜ジュレブランシュ様のチーズは絶対にハマります
霜田早苗様が食べ頃のチーズを見極めていただけるからなのでしょう。

029-1

3番目に出されましたセカンドワインは「シャトー・バーン・オー・ブリオン2001」です。あまり印象にはなく、でもチーズとの相性がいいのかいつの間にかグラスは空っぽです。メモ書きには「酔っぱらってきた〜!」って書いてあります

036-1

最後のワインは「レルミタージュ・ド・シャススプリーン2002」です。
しっかりとした味わいの中でも、なぜか優しく飲ませていただきました。そしてカベルネ・ソーヴィニオン70%というのは私にもわかりました。
このあとわざと箱入りのリーズナブルなワインを飲んでみると、とっても薄っぺらく感じてしまいました。
今回のセカンドワインは、身体にとっても優しく、いつの間にかグラスからなくなってるなぁって言うワインでした。
私には輸入ワインは特に知識がないのですみません。


034-1

霜田早苗様お手製の豚肉の煮込みは、爽やかな酸味と甘みが調和し、またお野菜をわざと後入れされ食感を残して下さいました。

037-1

最後には「安曇野ワイナリー」様の初リリースワイン「ナイヤガラ」です。
私のメモ書きより・・・
「あ〜〜〜ホッとした!信州のナイヤガラの味、やっぱりこれが私にはホッとするワイン」
こんなメモ書きを見て納得してる私です。
ナイヤガラの香りがとっても爽やかで、甘口かな?って思うんですが、辛口に仕上げていただきました。

040-1

とっても楽しいワイン会でした。
ジュレブランシュ様のお酒の会は、いつも楽しい仲間のようなお客様とご一緒で、その仲間の集まる「ジュレ仲間」は、これからもどんどん「輪」が広まっていくことでしょう。

今日はホタテDay!

015-1

今日は某スーパーで青森産のホタテ貝の稚魚?ではもうないか・・・、5センチ程のチビいホタテを買いました。クリームシチューだなぁ
青森へ行くといつも駅前の団地市場(今では新鮮市場と言います)でホタテ貝を買ってました。このホタテ、噛まれたら本当に痛い痛い
市場内ではいつも「工藤帆立専門店」様にお願いしていました。
若い御夫婦で、可愛らしい奥様はメチャクチャ青森弁です。向かいの魚屋さんのオニイサンはカラスハネトだったような・・・
こちらののホタテ貝は最高ですよ 北海道の天然ホタテもいいのですが、陸奥湾のホタテは甘味も鮮度も最高です!パカッと開いてるので指を出すとパカッと噛まれるんですよ〜〜〜

018-1

ホタテ貝は下の白いほうの貝柱にナイフを入れると簡単に開きます。
青森では貝を開くスプーンのようなものがあるんです。

017-1

思った通り鮮度のいい、きれいなホタテ貝でした。
今日のはこのまま貝殻を外して調理しますが、通常のものは貝柱とヒモに分けます。
ヒモはヌルヌルしたのを包丁の側面でこそげとります。
ヒモだけのバター炒めは酒の肴に最高ですよ

031-1

トッピング用に残しておいたホタテ貝を入れて出来上がり
そしたら店主が・・・
「たのんでた缶詰来たよ!」だって・・・

013-1

何だかあまりのタイミングに驚いちゃいました!
このあいだ私がよくお土産に使っていたホタテの缶詰をお店用に取り寄せてたんです。
これは青森の方ご推薦のグルメ缶詰、みなみや様の「ほたてしらゆき」なんです。
陸奥湾のホタテ貝をマヨネーズで和えた、大人から子供さんまでお楽しみいただけますホタテの缶詰です。

019-1

缶を開けたら紙に包まれたホタテが出てきます。これだけでも高級感があって美味しそうでしょう。

023-1

今回はマヨネーズ味のプレーンタイプと、ウニ味をご用意しました。
このままでもとっても美味しいですし、サラダ、和えもの、酒の肴に最適です。

021-1

冷たいパスタにタマネギと水菜を入れて、ウニ味のホタテシラユキで和えて出来上がり
チョットしたおつまみに、また御贈答用にも大変喜ばれますよ

本金ちとせちゃん奮闘記!

022-1

上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様です。
朝お電話でお話ししてると「匂いました・・・?」っと宮坂恒太朗専務様!
今日は純米酒を搾ってられると言う事で、時間がとれたので行ってきました。

013-1

実際本金酒造様の蔵で搾り作業を見せていただくのは初めてでした。
とってもとってもいい香りです。

010-1

搾りたてはやや黄味おびてますが、こちらの他のお蔵様よりやや濃いような気がしました。

011-1

「わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜最高
まずフルーティーな香りです。純米酒でこれだけの香りはビックリです。
そして口当たりのやわらかさ、甘味もホワ〜ンと、そして旨味がのってるといわれるのはこの事なんだ!ってわかるような純米酒です。
恒太朗専務様、ぜひ無濾過でお願いしたいです
という事でお願いしてきました。しばらくお待ち下さいね。

015-1017-1

「私もやらせて〜〜〜!」

014-1

今日は恒太朗専務様の奥様「ちとせちゃん」も大忙しです。
レトロな袋がまたいいものですね。
先ずは酒粕を袋詰めされていました。そして問題の・・・・・・・

023-1

きれいになりましたね
トラック二台分の杉っ葉を使われたそうです。
頑張ってますね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

029-1

酒林の下敷きにならないでね!
最後の形成が意外と時間がかかるもので、密でない部分の補充もなかなか大変。
昨年お嫁さんに入られて、一生懸命のちとせちゃんには、感動しちゃいます!
大きな拍手を贈りたいです

031-1

「完成」あとは旦那様方におまかせ。
こうやって運べばうまく運べるんですね〜、昔のカゴみたい・・・

034-1

さぁ〜、ここからが大変です。とにかく杉が密になってるもので、重い重い

035-1

道行く地元の方々がお声かけされていかれます。
本当に地元に密着した蔵元様です。

037-1

皆様で記念撮影です!
ちとせちゃんと、本金宮坂社長様、デッカイのは私・・・
実は何を隠そうこの社長様こそ、私と本金酒造様を繋いでいただいた方なんです。
大町のお酒の会でちとせちゃんを知り、私が「上諏訪街道呑みあるき」に出向いたのがきっかけです。大町の「北アルプス三蔵呑みあるき」も、これがきっかけでした。
そして駅前のちとせちゃんのお母様のお店「松尾商店」様に勧めていただいたのが本金酒造様でした(今から思うとこの時期にはもうお二人はラブリーだったんだ
最初は営業の方か、蔵人のオジサンだと思っていました。
当時の事をブログで掲載しています。よろしかったらこちらからどうぞ!

039-1

一番遅くに仕込みを始められた「酒ぬのや本金酒造」様ですが、お酒も順調に搾れ、酒林も完成し、いよいよ発売に向けての準備完了です。
小さな小さな造りの蔵元様ですが、お酒に対する愛情のかけ方は凄いなぁ〜って思います。また私のようなものでも温かく迎え入れて下さり感謝いたします。
来月は「上諏訪街道呑みあるき」開催です。皆様どうぞ、ちとせちゃんが頑張って作られた酒林を見に来てあげて下さいね!

004-1

そして上諏訪駅前には彼女のご実家のお母様がお店にいらっしゃる「松尾商店」様がございます。味噌漬け類は私も大好きです!(特に昆布と山ゴボウが好き!)

003-2

こちらがお母様です。
とっても気さくなお母様には、いつも地元の方々がお話しにご来店です!
本金酒造様はもちろん、諏訪の地酒も沢山販売されています。

東京のお土産

029-1

「トランヴェール」皆さんご存知ですよね!新幹線に乗ると座席の前に置いてありますよね!今回も楽しませていただきました。
昔から車内誌や機内誌は大好きな私です。某会社の良くある旅行詩は立ち読みしますが、毎年誌内の写真もそのままのような状態なのであまりあてにはしません。
機内誌での思い出は九州のお寿司屋さん「つく田」様でした。
毎年8年間3月に博多近辺に滞在しなければならない事があり、ちょうど機内で見た「つく田」様の「しんこ巻き」が食べたくて食べたくて・・・
滞在中唐津まで行ってカウンター7席のみのお店にお邪魔しました。
お寿司屋さんでカウンターのみというのは本当にビビってしまうんですが、当時はそんな事もなくお邪魔しました。でもあの時、機内誌を見たお客様にはしんこ巻きを出されなかったんだと今では思います。今で言う隠れメニューのようなものが機内誌に出ちゃったようです。それよりも、つく田様の御主人様のご配慮に、いっぺんに私はファンになってしまいました。私のお酒の楽しみ方によって、肴を出していただけ、「にぎって下さい!」、「巻物!」、そしてどんどん会話ができるようになって、3年目でしょうか、最後に巻物をお願いした時に出てきたんです、「しんこ巻き」がもう大感激でした。
また今でも印象に残ってるのは、ビーフジャーキーでなく、自家製「鯛ジャーキー」です。いくらでもお酒が呑めました。
また器が凄かったんです。唐津焼きの中里先生のものばかりでした。
私のようなものが行くお店ではなかったのですが、何度か行くうちに御主人様も良くお話して下さり、機会があればまた行きたいお店です。
お店は佐賀県の唐津駅のすぐ近くにあるんです。唐津の街中は露店が立ち並び、歩くのも楽しい町でした。その中で、見過ごすほど小さなお店だったんです。
御主人様お元気かなぁ〜〜〜〜〜
ちょっとバスに乗ると萬坊のイカしゅうまいで有名な「呼子」、そして橋を渡って加部島があります。このあたりは釣り竿持ってアラカブを釣り、袋に入れて食堂のおばちゃんに頼めばお味噌汁にしてくれました。
最後の滞在の年には大当たりです。つく田様に行く途中に大きな地震に遭い、って言うか、震源地だったんですそれで行けなくなっちゃいました。線路を歩いて途方にくれた思い出があります。
「お〜っと!話が外れましたね〜」

031-1

それでですね〜、今回の東京行の車内のトランヴェールに、行き先の「王子」の事が掲載されていました。
王子は狐伝説があるそうなんです。伝説ですよ〜〜〜

032-1

【王子の狐】
ある男が王子稲荷へ参詣する途中、狐が若い女性に化けるのを目撃。化かされたふりをして、女を料亭「扇屋」へ誘い込む。さんざん飲み食いした男は狐の寝ているすきに、勘定も払わず土産に卵焼きまでせしめて店を抜け出す。後に残された狐は正体がばれ、店の若い衆から袋だたきにされる。
一方、男はいい気分で家に帰ってくるが、「神の使いである狐をだませば神罰が下る」と知人に論され、ぼた餅を持って狐の巣穴までわびに行く。男は巣穴の前にいた子狐に「母親に謝ってくれ」と伝え、手土産を渡す。子狐は母親に、土産のぼた餅を食べたいとせがむが、母親いわく「人間は信じられない。食べるんじゃないよ。うまの糞かもしれない。」
このような伝説があるそうで、今でも王子稲荷神社には狐の巣穴があるそうです。
今回は雨でそのまま都内に出ちゃいましたが、次回は是非と思っています。

025-1

そしてその料亭「扇屋」様は現在持ち帰りのみで玉子焼きを販売されてるそうです。
私は新宿のデパ地下でゲットしました。

024-1

京都ではお寿司屋さんで、箸やすめや、最後にいただく玉子に似ていますが、甘い味わいは京都人にはビックリです。
でもお醤油をチョットつけていただくと美味しいですね
東京の方はこの玉子はどういった場面でいただかれるのでしょう?
本当に東京を知らない私です

ちとせちゃんからお電話!(酒ぬのや本金酒造)様

031-1

今日も一日家での事務処理です。
今上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様の若奥様であり友人の「ちとせちゃ〜ん!」からお電話をいただきました。いつも明るいお元気な声です

10144172270-1

「今日新酒を送りましたからね〜〜〜!蔵にももう今回瓶詰めした分はもうほとんど売れちゃて・・・」
何〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、まだ当店は販売する前からないって・・・
上諏訪は普段でもお客様が関東からツアーでおいでだそうで、直接蔵元様で皆様お買物をされるそうなんです。
当店には明日到着しますが、「新酒・辛口太一無濾過生原酒」をよろしくお願いいたします。ちとせちゃんのお話によると、このあとは無濾過で出していただけるのか、火を入れられるのかはまだ未定だそうです。そして来月開催されます「上諏訪街道呑みあるき」にも、かなりのお客様がおいでになると思います。どうぞお早い目に宜しくお願いいたします。
また3月21日(土)15:00〜19:00まで開催されます「上諏訪街道呑みあるき」には、私も恒例で酒ぬのや本金酒造様の助っ人に入らせていただきますので、どうぞ皆様遊びにいらして下さいね!

朝から雪下野菜で大満足!(仁科農場)様

013-1

朝から興奮してブログを更新しています。
今日の朝食〜〜〜〜〜〜〜〜!
ほうれん草と椎茸のバター醤油風味です。
昨夜届けて下さった仁科農場様のお野菜を今日も店頭販売しています。ほとんどは試食済みですが、今年のほうれん草はまだだったので、というより早く売れちゃって私の口には入らなかったのが現状です。お客様はよくご存知なんですね〜、こんな美味しいほうれん草は今まで食べた事がありません。雪下なので甘味もですが、やわらかいんです。そして一番旨い場所はトッピングしてあるジクのピンク色の部分です。火が通りやすい大きさにカットしました。このほうれん草一日経つと見栄えはチョットしんなりしていますが、調理には全く問題ないですし、火の通りが速かったです。とにかくこんな旨いお野菜はホント贅沢この上なしです。シイタケも味が濃いんですよ
作り方はそれぞれでしょうが、今日は私のオリジナルです。
ほうれん草3分の2、シイタケは気まぐれの数を半分にカットします。
バターはほうれん草この量に対して「切れてるバター」1カットです。あまりバターを強くするのは好みじゃないので・・・。
シイタケをバターで炒め、半分ぐらい火が通ったらほうれん草の茎の部分から入れます。この時点で軽く塩コショウしておきます。最後に葉っぱの部分を入れ、仕上げにミリンと濃口醤油で味を調えます。これでバッチリです。
朝から御飯2杯食べちゃった〜〜〜〜〜〜〜〜〜

006-1

店内入って左の場所で販売しています。
外では凍みてダメになるようなんです。
こんな贅沢なお野菜を毎日食べてる私は幸せです

002-1

昨晩届けて下さった仁科農場・仁科様です。
「お風呂あがりですか〜〜〜?」
そらそうですよね!一日中雪を掘り起こしてお野菜を収穫されてるのですから!
葉っぱ類は半日ほどハウスの中で生き返らせて下さってるそうです。そうしないとシャキッとしないんですって・・・
「仁科さ〜ん!美味しいお野菜ありがとう

仁科農場さんからお野菜到着!

070-1

お世話になってます仁科農場・仁科様からホウレンソウが届いています。
今夜は人参も雪中より掘ってきていただけるそうです。あと小松菜もできればご用意していただけるようです。
大町八坂高原は今は雪に覆われています。厳しい条件の中でも仁科様はいつも頑張っていただいてます。どうぞ雪中に覆われて甘味・旨味をたっぷり含みました雪下野菜をどうぞ!
また今日明日発送のお客様には、お品物とご一緒に発送も可能です。
お店の方にお問い合わせ下さいね!

TEL 0261-22-0133 FAX 0126-22-0503

東京で得てきたもの!

001-1

昨日は早朝の4時過ぎに大町を出て、店主の車で長野に向かいました。
行き先は東京・王寺です。
「何も今日雪が降らなくてもいいのに〜〜〜
いつもより時間がかかると思い早めに出ましたが、除雪車がフル回転していました。
とにかく私は眠い〜〜〜〜〜〜〜ねたの3時前なのに〜〜〜〜〜〜

005-1006-1

早朝一番の新幹線で大宮乗り換えの王子駅です。
朝の長野駅は静かですね〜

008-1

約2時間で王子に着いちゃうんですから、長野はもう東京の通勤圏内になってるんでしょうね〜。
王寺駅で店主を送り、駅前にこんなレトロな電車を発見しました。
私が小学生までは京都も電車が走っていたのですけどね〜
しかしながら車内は満員そう、それよりJR王寺駅から山手線方面に行きたいのに、電車を4本見逃しました。って言うか、乗れないんです。皆さんドアに挟まれてるのに、それを押し込む駅員さんがいらっしゃるんです(もしかして押し込み係り?)
この電車に乗り込む勇気が私にはなくて、ただ茫然とホームに立ちつくしていました。

009-1

010-1012-1

行った先が浅草橋の販促物の問屋さんです。いつも大阪で仕入れてるお店です。
ここにたどり着くのに、王寺から1時間以上もかかりました。
浅草橋と浅草観音を間違えたのでした
こちらのお店で思ったのは、大阪とは品揃えの感覚が全く違うってことです。
とにかく見栄えのするものは少々高額でも置かれています。それが使い勝手がいいのか悪いのかは関係なしに、ただ新しいものでって感じでした。
リボン類も新しいものがありましたが、大阪本店で対応ができるだろうと・・・
見慣れてないお店なので、何となくしっくりこず仕入れは断念です。
この浅草橋界隈は大阪で言う「本町」のような場所です。

014-1

大きなビルが立ち並ぶ街にも、こんなホッとする空間を見つけました。
私はこの景色の方がずっと好き!

016-1

渋谷ってとこに行ってみたくって、どこがよくテレビで出るところなのかわからないままにウロウロ・・・、「お腹が空いた!」
大きなビルの中を歩いているのですが、ものすごい人・人・人・・・
お正月に関西で流行っていた例のアイスクリーム店ですが、もう東京では終わったかな?誰も人がいません
まぁ、そんな感じのお味でしたが・・・

017-1

こちらのお店は超満員です。
食材の出処をしっかりご案内されています。やはり「食」に対するこだわりをお持ちの方が多いのがわかります。

018-1

「わぁ〜〜〜村田さんじゃないですか!!!」
京都・菊乃井さんの村田吉弘様の顔写真が・・・
いや〜、京都にいたころ同じマンションだったんです。娘も同じ幼稚園だったので、よく模擬店ではお蕎麦を作ってられたリしたんです。今では雲の上の方です。
きっとこちらのお店も、菊乃井さんで修業された方か、菊乃井さんがプロデュースされてるかでしょう。京都では何年か前より、東京でお店を出店されることが多くなりました。逆に花街にはお茶屋さんが売られ東京資本の飲食店がとっても多くなってるんです。日本の中で考えたらわかるのですが、なにがどこでどうなってるのか複雑な心境です。

019-1

お店の入口は京都らしいでしょう。この空間の取り方を勉強されに多くの方々が京都にいらしてました。ある時お会いしたお客様ですが、お茶屋さんをやめられて昼間は喫茶、夜は会員制クラブってとこの照明のお話をしました。チョットした照明のお話で、明るさだけではなく、角度に重点を持つって言う事、また配置も変えたり、置物を変えたり、椅子の高さ・・・、これらを毎日されるわけですから、京都の装飾は半端じゃないと思っています。


021-1

結局ビル内ではあまりの人の多さで、ランチをする気にはなれず、外に飛び出しました。歩いていたら目の前にとっても斬新な建物が目に入り「1日10食限定のハヤシライス」の看板に引き込まれました。
東京に着いてからは気持が舞い上がって状態なので、いつもは大の苦手なライムとハーブのソーダ割りで気を鎮めました。
店内はとってもお洒落なカウンターがあって、夜は絵になるお店です。サービスの方も上品でいい感じでした。しかし・・・

022-1

「これはイカン!」
ハズレでした逆にお店のイメージが変わっちゃいました
夜のメニューはかなりのもので、価格も内容も素晴らしいなぁ〜、さすが東京!って思ってたのですが、いっきに下降線・・・
でもこれは私の好みの問題ですから、失礼な事は申せません。ただもしこちらのハヤシソースが私の好みの味わいであれば、機会がある時には絶対に夜に出向くでしょう。
今特に私自身仕事がらでしょうが、試飲の多い時期です。素人ながらも食に関してはどうしても敏感になってしまって、自分なりの味の分析をする事が当たり前になってしまっています。悲しい事ですが、この仕事をするようになってそうなってきました。どれだけ既製品をからませているか、どういう食材を使っているか、お野菜でも単品の味わいを色々比べてみたり、調理法を勘ぐってみたり・・・
でもそれは横川商店でお客様に説明のできるものを置きたいからなんです。
裏表のない、嘘のない正直なお商売がしたい気持ちからです。

033-1

気を取り直して念願の「表参道ヒルズ」に来ました。実はまた迷子になって、渋谷近辺からここまでタクシーで来たのでまた1時間かかりました。(通常は山手線でよかったんですってね!)

025-1

ヒルズ内は素晴らしいものがありました。各お店のディスプレイもレベルが高かったです。
「何???チョコレート10粒が4,000円〜〜〜
そんなの食べたら口が腫れそうですが美味しいんですって〜

028-1

こちらにもこのような飲食店がありました。
青森から直送のお野菜だそうです。
そう、最近は東京は信州方面より東北方面からお野菜が入ってるのをよく目にします。お野菜自体がディスプレイに使われて素敵でした。回転のあるお店には対応できるでしょうが、大町では厳しいでしょう。でも大町は品質についてはピカイチですから!横川商店に置かせていただいてます「仁科農場・仁科様」のお野菜は絶対に当店保証付きですよ〜

027-1

やはりこちらのお店でも、栽培者様のお顔写真、また収穫風景をご案内され、お客様の信用を高めてられました。これだけ「食材」の事が世間で取りざたされると、消費者の皆様も何を信じていいのやら・・・、というのは都会の方があるのでしょうね!
実際私なんかはほとんどが仁科様のお野菜ですから、そのような心配すら頭にはなく、大町の方々も皆様自家栽培のお野菜を食べてられますからね〜

029-1030-1

こちらが一番行きたかった「はせがわ酒店」様です。
とってもお洒落なお店でした。若いスタッフの方々で、お酒に関しての説明も楽しくさせていただき、楽しいひと時でした。
昼間からの酔っ払いも東京では許して下さいませ〜、お土産にお酒送ってますので、また呑みに来て下さいね!(明日には到着しています)

036-1

帰りには新宿に立ち寄り、また「クリスピードーナツ」の試食を食べ、頼まれものを購入!(買った当日が美味しいかな?)

037-1

ここからの景色も好きなんです。この高層ビルはなんなんでしょう?
私って本当に東京はわからなくて駄目なんですよ〜

039-1

店主の講習会が終わる19時過ぎに王寺に戻り、大宮まで恐ろしいラッシュ電車に乗り込みました!
「クマさんがつぶれるよ〜〜〜!」
この時刻表凄いでしょう。ラッシュには2.3分ごとに電車がきます。
一時間の本数が大糸線の一日の本数と同じですよ〜〜〜
【内緒話・・・】
店主が講習会でかなり詰め込み講義を聞かされたようです。相当気があがってるようでした。長野から大町へ帰る道すら間違えるほどです。
お店でミスがあるかもしれませんが、許して下さいね〜
また気軽にお話しに来てあげて下さい、チョットは気持ちが和むかもしてません。
でもやっぱり「勉強して下さ〜い!」
私も東京で色々なお店を見て、横川商店に是非と入りれてみたいって言う目的ではなく、東京のカラーを自分で習得し、関東の方々が当店で何を求められるのか、そしてどんなものを品揃えさせていただけばいいのか、そういった観点で勉強できました。そして再認識もできました。そして何よりも嘘のない商売の仕方についての考え方は店主も私も同じです。これからも勉強し続け、できる限りの努力をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

原宿です!

e10052c1.JPG表参道ヒルズに行って来ました。もう迷子の連続です〜〜〜、人が多くて、車が多くて、何だか落ち着きません。店主はビッチリ講習会のようです。

nonkoの大町雪情報!

凄い雪です!現在大町市内で20センチ以上の積雪です。只今長野方面に向かっていますが、新行辺りの積雪はかなりのものです。日中は温度が上がるようですが、これだけの降りだと大変かと思います。どうかくれぐれもご注意下さいませ。また雪かきご苦労様です!

面白〜い!金蘭黒部の北澤様

-1

明日は店主が東京に酒類研修のため、お店を留守にします。
ご迷惑をおかけいたしますのが、土曜日にはまた面白い土産話を肴にお店に遊びにいらして下さいね!なお私も付添いで〜す(また仕事がたまりそう・・・)



127-1

今日もお昼頃はお店でディスプレイの変更をしていました。
城戸ワイナリー様から分けていただきましたワイン樽が店内正面に鎮座しています。
これは本当にありがたかったです。ディスプレイにはとってもインパクトがあるワイン樽ですものね!

128-1

昨日生け直したネコヤナギや桜が早春を運んでくれています。

123-1

店内正面はもう春の売り場になりました。ラッピングのリボンも春色!
そしてこの春はリキュールをそろえてみました。今の時期は柚子、梅、カシス・・・
ロックはもちろん、炭酸割り、そしてイチゴのリキュールにはミルク割りでいかがでしょう。
お店にいる楽しみの一つに、蔵元様の営業様とお話しすることがあります。悪いかなぁ〜、なんて思いながらいつもカメラを片手にパシャ!っとやってます。
今日のnonkoの被害者は、金蘭黒部営業・北澤様でした。

118-1119-1

最近企画発売しました「金蘭黒部氷筍水仕込み・切子グラスセット」の発売をとっても喜んで下さり、記念写真をという事になりました。
そうしたら急に、上着を着替えるだとか、まいかけは取ろうかだとか、車から半被を出してこられるやらで大騒ぎでした。そして撮った写真がまた笑っちゃいます

121-1

「北澤さ〜ん、ブリッ子になってますよ〜〜〜、普通でいいですよ!」

120-1

「北澤さ〜ん、眼鏡がずり落ちかけてるかも?」
でもとってもいいお顔ですね
大町のとっても気のいいオジチャマです。お店でお会いされたら是非お声かけしてあげて下さいね!
私もオリジナルの企画を喜んで下さると、また「頑張ろう!」って気になるもんです。そして北澤様が昨日試飲された「金蘭黒部・蔵生地」の本醸造が香り高く美味しかったよ〜!というお言葉で、早速Myベンツ出動でした
132-1

店主に電話を入れてもらい、「金蘭黒部・市野屋商店」様にお邪魔させていただくと、ニコニコされて村山杜氏様がお待ちでした。
「う〜〜〜ん、香りがいい
これが本醸造???って言うぐらい香り高いお酒でした。

134-1

蔵内はもう今期の仕込みは終わり、洗いものや後片付けの毎日のようです。しかしながら今日のような寒さでは、洗いものも厳しいお仕事ですよ〜

088-1

蔵日記に掲載する前に、先に入荷しましたリキュールをご紹介しておきますね!
こちらは「紅茶梅酒」です。
梅酒の甘酸っぱさと紅茶の甘い香りが絶妙にコラボしちゃいました。関西では超人気でした

092-1097-1

和歌山の平和酒造様の梅酒は大人気です。そして「にごり梅酒」

095-1098---1

ブルーベリーと柚子のリキュール

093-1

やっぱり春はこのリキュールです。
優しい桜の香りが心地よいリキュールで、水を加えると色が赤橙色から桜色に変化する可愛らしいお酒です。

とても素敵な女性お二人!

031-1

皆様もうご存知ですよね!上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様の、宮坂ちとせさん。
今日はようやく造られましたお酒を見させていただきに行ってきました。
ちとせさんの笑顔がどんなお酒かおわかりでしょう
後程蔵日記よりご紹介いたしますね。

032-1

上諏訪から高速で諏訪SAに休憩に立ち寄り、とってもきれいな諏訪湖を見ていました。

035-1

「わぁ〜〜〜!」ちとせさんのご実家の「松尾商店」様のお漬物を販売されてるんです。野沢菜漬けやセロリ漬けなどオススメ品がいっぱいです。(下り線です)

076-1

こちらの女性も皆様もうご存知ですね!
「湯川酒造店」様の湯川尚子さん。今はまだ造りの真っ最中です。
とにかくお酒造りに「熱い人!」という印象でお取引が始まりました。
銘柄は、尚子入魂の一本「十五代九郎衛門」です。
今日はもろみタンクを見せていただきました。後程蔵日記よりご紹介させていただきますね!

081-1

今日は定休日でした。2軒の蔵元様にお邪魔し、夜はお店のレイアウト入れ替えです。
そしてこのあいだ採ってきたネコヤナギを追加で生け込もうとしたらこのありさまです。「さすが大町!バケツの水が氷になって、これも面白いオブジェです。

082-1

彼岸桜の一種だと思うんですが、こちらも横に生け込みました。
桜でお出迎えで〜〜〜す

086-1

店内は春の売り場に変身です。
もちろん井筒ワイン・小田様にご提案していただきましたワインと味噌クッキーは前面にご紹介いたしました。

100-1

そしてこの春はリキュールでいかがでしょう。梅酒系、柚子系を中心に品揃えしてみました。「紅茶梅酒」も美味しそうですよ〜〜〜

小田っち登場!(井筒ワイン)様

020-1

「およよ・・・、何だ?」
数人のオジサマ方がカメラを持って何をしてるの?

022-1

北アルプスがあまりに綺麗で写真を撮られてた岐阜市の方々でした。
一応私も地元ということで、シャッターポイントを色々ご案内しましたが、オジサン方話が長い!私は今からお客様なんですよ〜〜〜(失礼!)

002-1

井筒ワイン様の「小田っち」こと小田様です。
「小田っちのワイン生活」では井筒ワインとお料理の相性をご提案していただき、お客様始め私達も楽しくワイン生活をしています。

010-1

今日は最近新発売の、横川商店「味噌クッキー」との相性をご提案して下さいました。「井筒ワイン・ナイヤガラライト」がバッチリだそうです。
【小田っちより】
「味噌クッキー」は、始めは甘い味が、最後には味噌の塩気が残る感じで、甘口ワインには良い相性です。
低アルコールで、味噌の相性を引き立て、加熟果汁のクッキーに似た香りが良く合います。単なるクッキーではなく、「味噌」を生かす相性としては「井筒ワイン・ナイヤガラライト」がピッタリです。


029-1

そしてスティック野菜、またはパンなどにつけるディップも教えて下さいました。
私バカだから何を勘違いしたのか、小田様は「マスカルポーネ」って言われたのに、私は「クリームチーズ」と勘違いしちゃました。
こっふぇる梅太郎さんのバタールを薄く切って、きつめに焼いてトッピングこれはハマりそう!またその話をお世話になってます「穂高パソコンスクール」様の中塚先生にお話したら「私は鮭のフレークでするよ!」って教えていただき、そちらも実践
これもGoodでした
今日は試食はこれぐらいにしないと、そろそろ転げそうです
私がお世話になってる東洋医学の皆様は、体調を崩すことを「転ぶ!」って言う表現をされます。今夜はお腹の大掃除

036-1

今日は「ひば」を見つけたので、残ったお野菜をいっぱい入れて粕汁にしました。
「ひば」は野沢菜を干したフリーズドライのようなものです。店主は粕汁にはよく合うって言ってます。きっと信州の昔ながらの郷土食なんでしょう。

035-1

独特の香りが粕の香りとよく合いますね!
横川商店の板粕も残りわずかになってきたようです。

Myベンツ in 長野

003-1

今日は近くの川「農具川」の解禁日だったのに〜〜〜〜〜
「し・ご・と」でした
農具川を横目に店主の車にはMyベンツが積まれています。
今日は店主が長野でお酒屋さんの会議、私はその間に販促物のお買いものでした。

004-1

長野までの国道ですが、いつもなら雪の壁なのに、ほとんど雪がありません。
ホント今年はいったいどうなったんだろう???

010-1

長野市内をMyベンツで走るのは初めてなんです。(そらそうだ!)
いつも店主の車や市バスなので、道がサッパリわからないのは車高の関係でしょうか?景色が違うように見えるんです。
とりあえずパッケージを買いに行くのに迷い道の連続です。
ラッキーなことに美味しそうなパン屋さん発見

008-1

時間が3時間しかないので、お昼は走り食べかな?
安曇野あたりを走る時はよくやるんです「走りランチ!」
昔ながらのパン屋さんのようで、調理パンが美味しそうです。
いくつか購入して走る走るMyベンツ

011-1

パッケージも購入でき、あと1軒あいだに北長野のお店を視察に行きたくって、走る走る恥も知らずこの状態で走る〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

020-1

「何でラーメン屋さん?」って・・・・・・・・
「パンを取られたんです〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こんなこと初めてです。Myベンツを置いてお花を買ってるほんの10分のあいだの出来事です。京都でだって駐車禁止で没収されることはあっても、荷物を取られることはなかったのに〜〜〜
しかも長野でなんてショック
それで北長野駅近くのラーメン屋さん「信濃神麺 烈士洵名」様でした。

015-1

信州では特に支持の多い「つけ麺」をお願いしました。
ラーメンを食べる習慣はあまりないのですが、ここ信州では「つけ麺」多いですね!
ふと「お蕎麦」の感覚で需要が多いのでしょうか?
そうだ!このあいだのお客様「トチローさん」ご存知かな???

016-1

ツユと言うよりタレ?という感じです。トッピングは鰹の粉末です。かなり濃厚です。

017-1

麺は太麺です。これも信州は多いですね!京都では細麺が多いような気がしますが・・・

018-1

これってカロリー凄そう
思ったほど脂っこさは感じませんが、冷えるまでに食べないと私には最後まで厳しいかも?でも中華風カルボナーラのような感じです。

近郊のチビッ子集まれ〜〜〜!(爺ヶ岳スキー場)

025-1

「あなた達スキーしたいん?」
クマさん達はずっとゲレンデに釘付けです。
「爺ヶ岳スキー場」ですが、今日は雪が少ないためイベントも中止になってしまいました。でも子供さん達がとっても楽しそうなんです。

046-1

こちらの子供さんまだ幼稚園には行ってないかも?
「おばちゃんにも教えてよ〜〜〜!」

048-1

ここがチビッ子ゲレンデって言われてますが、広い広い!

044-1

ここはリフトで上がるゲレンデなんでしょう。「第4リフト」って案内があります。
もう雪がとけて一部山肌が見えています。でもまた雪が降れば大丈夫です

028-1

「お〜〜〜大町名物お猿さん!」
遊ぶのは民家や畑のない所にしてね!雪が降れば出てきちゃダメだよ
クマさん達は彼等が気になったのかな?

051-1

「何これ〜〜〜〜」
チビッ子ゲレンデは歩いて上がるのと、これに乗って上がるのとあります。まるでリフト代わりですね!メチャクチャ楽しそうです

050-1

「これいいじゃん
私でも貸していただけるようです。絶対これは体験しないと・・・
でも今日は人が多いから恥ずかしい〜〜〜
今度雪が降れば行ってみようと思います。
子供さんには絶対にオススメなスキー場です。そしてもう一つ嬉しいのは・・・

042-1

以前立ち寄らせていただきました、手作りピザとスパゲティのお店「パウダーパフ」様です。(実はクマさん達はこちらのカウンターからゲレンデを見ていました)

039-1

店内はとってもカジュアルですから、スキーウエアのままどうぞ!
そして私のような食事のみのお客様も大歓迎です
040-1041-1

そして子供さんを持たれる方には一番嬉しい事はここのフリースペースです。
パウダーパフ様の二階なんですが、目の前がゲレンデですので子供さんが滑ってられる様子がよくわかります。ご兄弟のいらっしゃる方には最高ですよね!
「お兄ちゃん滑ってるけど、弟は疲れて寝ちゃった・・・」こんな事って多々ありますよね

029-1

今日は気になっていた「たまごのピザ」です。
このメニューは子供さん用にも考えて下さってるようです。
この他色々とピザソースが甘めのメニューがありますので、小さな子供さんも安心ですね!

032-1

大人はタバスコをかければ大丈夫です!
たまごのピザって食べやすいですねまだ食べられる・・・

033-1

037-1

スパゲティ・ミートソースも食べちゃった
トマトの味わいをふんだんに出された自家製ソースです

011-1-1

ゲレンデにいると何となく昨夜のテレビの余韻を感じていました。
見られましたか?銀ちゃん!「銀色のシーズン」
実は2年前に私もエキストラやってました。
ある選手の保護者役で、旗を持って何度も走らされました。
その時の様子はこちらからどうぞ

058-1

さぁ〜、お腹いっぱいでMyベンツを走らせました。
またカゴには入ってますよ〜、「白馬錦・雪とけ吟醸」
笑っちゃいますが、私のブログを見て下さってるお客様が「また雪どけ吟醸?」なんてお声かけ下さり、なんだか恐縮です。
次は「金蘭黒部・氷筍水仕込み?」「北安大國・白馬紫雲?」
鹿島川上流も雪解け水と雨のため雪シロが出てるようです。

060-1

鹿島槍ヶ岳の相似峰がきれいに見えています。

061-1

この川の上流に行ってみようと・・・

080-1

道なき道を行き、足場も悪くはまること多々・・・
もう靴はお払い箱状態です。
グリーンシーズンにはとても入りたくない沢です。

064-1

新しい発見も嬉しい事で、こういった素敵な場所を見つけると気持ちがルンルン!
大町は人が来ないって言われますが、私は今の状態の大町が好きです。大勢の人がこういった場所に足を踏み入れられたら大変
自然がいっぱい残ってる大町が大好きです

090-1

クレソンが水の中で青々しています。新芽が出れば採り頃ですね。

079-1

やっと見つけたいくつかの場所、今度はようやく何となくいい感じ

067-1

069-1

078-1

どんなものでしょう。この画像を横川商店オリジナルのパンフレットに使うことにしましょう

081-1

「アッチャー、ごめんごめん
今日は風がきつかったんだ〜

082-1

ホッとしてMyベンツを走らせると・・・
「こんにちわ〜〜〜!」
横川商店のお客様であり、私のお友達「トチローさん」です!
「カッコいいですね〜」、今日は、いえ今日もラーメン屋さんのハシゴですって
彼のラーメンに対するこだわりには敬服します。ブログのほうで色々ご紹介されていますのでこちらからどうぞ


088-1

帰りがけ、「宮の森自然園」のザゼンソウの様子を見てきました。
まだこのあいだから変化はないようですが、雪がほとんどなくなりました。

086-1

木道の雪もはらっておきました。これで安心安心

「やしょうま」作ったよ〜〜〜

018-1

今日は大町街中の「塩の道博物館」で、かねてから念願の「やしょうま」作りをしてきました。とっても楽しかったですよ〜〜〜
【やしょうまとは・・・】
お釈迦様が亡くなられた日の2月15日の前日に、米粉を練って、いろんな色をつけた棒を組み合わせ、模様を作ったもの(やしょうま)を、当日お釈迦様や仏壇に供える習わしがあります。この風習は、お釈迦様が亡くなられる直前にヤショという弟子が、米の粉で作っただんごを進ぜたところ、お釈迦様がおいしそうに召し上がり「ヤショ、ウマかったぞよ」と言ったところからこのだんごを「やしょうま」と呼び、命日の涅槃会にやしょうまを作って仏様に供えるようになったと言われています。
また、昔のやしょうまの形が「やせた馬」に似てたところから「やしょうま」となったという説もあります。

007-1

今日は一般募集の方々が集まり、塩の道博物館の宮下様に教えていただきました。
使用するのは米粉です。

008-1010-1

016-1017-1

先ずお湯で練り込んでコロッケ型にして蒸します。

024-1

蒸した米粉は一度水をくぐらすそうです。

040-1

皆様地元の方々は手早いですね〜

036-1035-1

食紅で赤・黄・緑に色付けして、絵柄になるようにパーツを作ります。

044-1

これらのパーツが・・・

046-1047-1

このように巻き寿司のようにクルクル巻いていきます。そしてどんどんのばしていくのですが、力のいること!汗かきながら作られています。
「いや〜、信州の人達は本当に良く身体を動かされてたんですね〜!」

050-1

出来たてを糸で切っていくと綺麗でしょう


062-1

皆様の作られたやしょうまです。それぞれのグループの方々によって色や雰囲気も違います。

058-1

こちらが私達の作ったやしょうまです。
一生懸命にのばした成果が出てるでしょう!

054-1

黄色いふちどりも可愛いですね〜

068-1

家に帰ってまた復習で作ってみました。
ちょっと色が濃かったかな?明日にはお店に並べておきますので、どうぞお持ち帰り下さいね!
これは焼いてお醤油をつけて食べるそうですが、私はおぜんざいに入れたいんですが・・・
それより私、もう手が痛くて・・・、こんなに力がいるものだとは思いませんでした。信州の方々って凄いなぁ〜って思いました。でもせっかくの伝統の作りものは、もっと若い世代の方々にも興味を持って欲しいと思います。

黒豚豚まんパワー全開

093-1

大町特産黒豚で作られた「黒豚豚まん」です!
これはこのあいだの「大町あめ市」で「創舎わちがい」様の前でイベント限定で蒸したてを販売されていました。
実は250個が30分程で売り切れた幻の豚まんです。
普通の豚まんとは全く違った大町らしい味わいだと思いました。
私もいくつかキープできましたので、早速昨日蒸しました!

096-1

この餡凄いですよ〜〜〜!
横川商店近くの「小林鶏肉店」様で作られた黒豚の餡です。
私もこちらでは鶏肉と白馬のSPポークをお世話になってますが、本当に食材の良さには驚きます。絶対に京都ではない食材ですので、いつも持って帰るんです。
今回あめ市で初めて作られて販売された訳ですが、機会があればまたキープしたいです。
「どんなお味か・・・?」
ひとことで言えば「大町の味わい」です。
すき焼き風?チャーシュー風と言われるお客様がおいででした。
また皮は「藤長菓子店」様の自家製だそうです。
まさしく地元の味わいですね

059-1

こちらが小林鶏肉店様です。
本通りにあるのでおわかりかと思います。県外のお客様も美味しい豚肉や鶏肉のお土産っていいものですよ〜〜〜
そしてこの豚まんを今日もほおばって元気モリモリでMyベンツを走らせたのでした。

022-1

一昨日からの積雪、今日の暖かさ、今夜は雨?これは今日しかない
カゴには「白馬錦・雪どけ吟醸」が入っています。しつこい?まだ撮ってないの?なんて言わないで下さいね〜〜〜

054-1

狙ってた場所です
いい具合に雪どけ水が結構出ていました。
でも溝をはさんで足場も悪く・・・

035-1

「アッチャ〜〜〜〜〜〜
またやっちゃった!
でも今日は冷たさを感じないワクワク感です。
約30枚程撮りましたが、自宅に帰って見てみると、雪どけ水の雰囲気がもうひとつかな?

051-1

052-1

雪がとけていて、石があって苔があって・・・
「頑固者〜〜〜〜〜〜〜〜!」
父譲りです
今日はこれで良しとするか!

073-1

いつも見るわらぶき屋根のお家も雪があるとよけいに雰囲気がいいですね〜

072-1

こちらの個性的な建物が「木崎湖漁業協同組合」です。実はこのあたりは福寿草が咲き乱れる場所なんです。このあいだから何度か見てましたが、ようやく今日見つけました

063-1

061-1

067-1

065-1

059-1

058-1

070-1

074-1

冷え冷えの身体も「縁川商店」様の「小石のうどん」でホッカホカ

087-1

福寿草の咲いてる場所は店頭でご案内していますのでお声かけ下さいませ。

小林鶏肉店様の豚まんは「あめ市限定」でした!

美味しい美味しいお話

017-1

今日は雪景色の一日でした。
でもいいお天気で、お昼には道路の雪もとました。
午前中に北安大國様が大吟醸をしぼってられるということで、Myベンツを走らせました。
「大吟醸だぁ〜!大吟醸だぁ〜!」

031-1

朝は鑑評会出品用の「フナ搾り」をされたようです。
一本のタンクの何分の一かでしょう。
あとの残りはヤブタで搾られます。
山崎義幸杜氏様が「そこのお酒残ってるから飲んでいいよ〜!」って


tobinn-1

北安大國さんは鑑評会用にフナ搾りと吊るし搾りをされ、斗ビンの採られました。

029-1

こちらがきっと先に搾られて出てきた大吟醸でしょうね!
美山錦40%精白「大吟醸あずみの育ち」です。
「チョット失礼
最近はMy猪口持参です。
ウ〜ン、華やかさが直線的に感じます、ゴックンと呑みたいお酒です。

023-1

こちらは先程より透明です。

028-1

こちらは面白そうです。何だか旨味がギュッと凝縮されてるような感じです。
そして今にも華ひらきそうな気配です。

035-1

こちらがフナ搾りで斗ビン採りされた大吟醸です。実はこのお酒分けていただけるそうです。ちょっと高いんですが、山崎杜氏様とお話したら、一週間以内ならこの状態で斗ビンと木枠付きでお分けしますって!御希望の方がおありでしたら、お問い合わせよりメールいただければ嬉しいです。

022-1

斗ビンの下にはオリが沈んでいます。
「もうたまりませんよ〜〜〜〜〜!」
斗ビン自体でも今はなかなか無いそうです。
ただし全くのフナ搾りなので、冷蔵庫で保存をお願いしたいんです。
「お客様〜!いかがですか〜〜〜〜〜〜」

033-1

とってもシャイな山崎杜氏様直々に交渉済みです!

040-1

大吟醸のタンクです。いい色してますね
午後からはヤブタで搾られます。

043-1

始めはチョロチョロって感じです。

048-1

店主はまだそんなに味がのってないと言いますが、斗ビン採りより濃い感じがしました。

054-1

3分程するとこの勢いで出てきました。

056-1

「なるほど
北安大國さんの大吟醸です。トロ〜ンとした甘味は心地よく、旨味たっぷりです。
でもやっぱり斗ビン採りが気になります。
きっと花開くお酒になるように思います。お給料あがったら買えるのになぁ〜
斗ビンはインテリアにも使えそうです。

nonkoの大町雪情報!

013-1

大町は積もりましたよ〜〜〜
重〜〜〜い、ベチャ〜っとした雪です!

015-1

朝からのお天気で道路の雪はもうこんなにとけちゃいました。
多分もう大丈夫だと思います。
ただ夕方温度が下がれば気をつけて下さいね!

420bb8a3-1

これになっちゃいますからね〜〜〜

012-1

011-1

横川商店の裏の雪かきも、店主が除雪機で頑張ってるみたいです!
「大丈夫かなぁ・・・」

nonkoの大町雪情報!

097-1

095-1

なんだよ今頃〜!
夕方から降りだした雪はまだ降り続けています。
でも「ボタッ ボタッ」と屋根から音を立てて落ちてきますので、明日はとけちゃうのでは?
でも朝方の冷え込みで凍結するかもしれませんので御注意下さいね!
スキーのお客様、無理はされずに雪が落ち着くまでゆっくりされて下さいね。

食べた食べた〜〜〜

005-1

横川商店のあります九日町の市神様です。
今日の「大町あめ市」は、お天気の中大変多くのお客様で賑わいました。

058-1

縁起物の露店も色とりどりできれいですね!
今年は報道されてるような不景気も吹き飛ばして、大町は「商売繁盛で頑張りまっせ

013-1

柴田製菓舗様は、今日はお嬢様も心強いお手伝いですね

036-1

「豆板の試食ちょうだいしま〜す!」
ポリポリバリバリ楽しみながらお隣では・・・

011-1

「創舎わちがい」様は人だかりです。

010-1

男清水と女清水の呑み比べです。そして野沢菜漬けです。
皆様お漬物に対しては興味津々です。

038-1

そして恒例の甘酒は、「金蘭黒部・市野屋商店」様の村山大蔵杜氏様手造りです。
自然の甘味が心地よく美味しいです。

017-1

斜め向かいの「カウベル立田屋」様は、店頭のドーナツにものすごい行列ができています。とてもお話しできる状態じゃなかったです。

019-1

近くの空き店舗で「野沢菜漬け巡り」というお漬物の試食販売をされていました。

021-1

020-1

中では各ご家庭が漬けられました野沢菜の試食をレシピつきで食べ比べさせていただいてました。お塩だけのもの、鷹の爪やニンニクなど使われた色々な味わいを、沢山のお客様が楽しんでられました。

023-1024-1

また試食販売のお漬物では、小さなおにぎりをいただき、欲張りな私はお漬物をいっぱいトッピングです。エリンギの粕漬って美味しいですね〜

027-11030-

またこちらと「いーずら大町特産館」様では、粕汁のサービスもされていました。
「2杯の食べ比べです!」

049-1

「あ〜〜〜原田様
御主人様はこのあいだ大町温泉郷雪まつりで和太鼓を演奏して下さった方です。
マイクを持って司会されてた方ですよ
今日はお嬢様と一緒にご家族で微笑ましいですね

057-1

「あ〜〜〜青木様、萌花ちゃんも、萌彩ちゃんも一緒ですね
大町は狭い町ですから、イベントがあると必ずどなたかにお会いします。
これも嬉しい事なんです。
「そうだ!うちの店はどうなってるんだ〜〜〜?」

044-1

やはり店主は「大町の美味しいお水で沸かしたお湯」を横に露店商状態です。
今大人気の「なめ味噌」や、新発売の「味噌クッキー」も販売していました。

046-1

また八坂高原・仁科農場様の雪中野菜を即売していました。
特に「長芋」は破格値で仁科様が持って来ていただいたそうです。
「長芋は絶対にオススメですよ〜!」

063-1061-1

062-1

横川商店向かいの商工会議所では、九日町が恒例の「灯油が当たる抽選会」にものすごい行列ができていました。

026-1

「キャハ青木様灯油が当たったんですね〜おめでとうございます

047-1050-1

横では大町三蔵の新酒を振舞っていただいています。
「金蘭黒部・村山杜氏様も試飲ですか〜〜〜〜〜〜〜」
村山杜氏様の造られたお酒を、市役所の方がついでられるのが、とっても面白くって・・・

051-1

「村山杜氏様〜、お味の程はどうですか


052-1

「金蘭黒部・営業の北澤」様〜、フタをして3分待って下さいね!
「村山杜氏様〜、ねぎ蕎麦できますよ〜〜〜」

043-1

「ご苦労様です!」
牛越市長様とツーショットで〜す
いや〜このお腹、やっぱり食べすぎだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

明日はあめ市ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜

008-1

明日は大町の「あめ市」です。
古来生活必需品であった塩を売った「塩の市」が転じて「あめ市」になったと言われています。塩俵を形どった飴や福飴、縁起物を売る露店が並びます。また、商店街の大売出しやイベントが各所で行なわれます。
私は本当に馬鹿ですよ〜、今の今まで「塩市」じゃ商売にならないから、甘い「飴」を売ってお祭りを盛り上げるんだ!なんて勝手な解釈をして「飴市」だと思っていました。「あめ市」が正式らしいですね

010-1

こちらは大町市八日町様の「市神様」です。
このように各御町内が商売繁盛でお祭りをされるようです。

018-1

014-1

「藤長菓子店」様でも店頭に可愛い「おかめ飴」や「福飴」を販売されています。
今の時期は「生クリーム大福」が、地元の皆様に人気なんです。

009-1

045-1

「柴田菓子舗」様は今日からは店頭で販売されています。
このあいだは素晴らしい飴作りを見学させていただきました。その時の豆板・あわ飴も販売されています。詳しくはこちらからどうぞ!

029-1

柴田製菓舗様で、ご一緒に作られていた「村田屋菓子店」様でも、同じく豆板やあわ飴を販売されています。

028-1

やっぱりこちらにお邪魔すると、バタどらに目がいきますね〜

014-1

蒸気に誘われてMyベンツは自然に「立田屋マル喜菓子店」様へ・・・

021-1

今日は店頭に沢山の飴を販売されていました。
こちらの御主人様も柴田製菓舗様でご一緒に飴を作られていました。
大町のお菓子屋さんは仲良しなんですね!

017-1

手のひらで「ポヨ〜ン」って感じでホッカホカです

019-1

「うんま〜い
黒砂糖の香りがしてとっても美味しいです

001-1

そしてあめ市といえば「カウベル立田屋」様のドーナツを並ばないとね!

034-1

外はカリっと中はケーキのようにふんわりと揚がったドーナツは、いよいよ全国宅配も展開されるようです。

024-1

今回新発売されました、あっさりしたこし餡をパイ生地に包まれて焼かれたお菓子も店頭で販売されています。

031-1

サクッとしたパイとこし餡が絶妙なバランスです。とっても軽く仕上げてられますので、どなたにでもお楽しみいただけるでしょう。

nonnkappumenn

1036-

当店は〜〜〜っと!
ワンコインセールで「ノンカップめん・ねぎ蕎麦」を販売させていただくのですが、今回はホントびびっちゃいました。仕入れ先が間に合わないかもしれない状態だったので、ヒヤヒヤものでした。それだけ人気のあるノンカップめんを、店主がお湯付きで用意するって言うんです。
笑っちゃいますよ〜〜〜
お箸とカップで 10円
大町の美味しいお水で沸かしたお湯 0円「ギャハハハハ〜、なんだそりゃ・・・」
ということで、ノンカップめん100円ですが、110円でその場で直ぐにお召し上がりいただけます
「本当は店主が食べたかったんじゃないかなぁ???」

思い出いっぱいの贈り物

133-1

昨日東京のお客様から贈り物をいただきました。
お名前を見て、グッと胸が熱くなる思いでした
そうです、忘れもしない昨年末の私共の不手際でご迷惑をおかけしたお客様からでした。そして中には色々な種類のピザ、チャパティ、自家製パン・・・
もう「ワァ〜〜〜」って熱いものが込み上げてきました。
昨年末いつもお引き立てくださいますY様からの御注文で、吉祥寺の「ト二ーズ・ピザ」様へ日時指定でお届けしなくてはならないのに、あまりの忙しさで店主が日を間違えてしまったんです。それでワインを持って電車に飛び乗った日でした。

136-1

丁寧に梱包していただきましたピザやパンの中には、こんな温かなメッセージが入ってました。
「本当に愛がいっぱい詰まってますよ〜〜〜〜〜〜〜
食いしん坊の私は、年末でなければ宿泊してでも「食べたい!」って思ったピザでした。
今だから白状しますが、お届けに行った時、御主人様がとっても怖く見えちゃったんです。「この人なんだ?」って思われたと思います。そらそうですよね〜、息を切らして何だかんだ言ってるんですから・・・、こういう時には名刺って便利なんです。
その名刺を見ていただいた後の御主人様の笑顔が今でも忘れられません。

toni-zupiza

とっても素敵な笑顔でしょう
この瞬間にここまで来た疲れなんて吹っ飛びました。
そしてあの時御主人様が作ってられたピザが頭から離れなくって・・・
「絶対に美味しいぞ!」って確信できましたものね

139-1

「やっぱり美味すぎです
コーンのピザです。
チーズは送っていただく前にけずっていただいたようです。香りとコクがあって弾力がピザ台とマッチングです
昔ハワイのタートルベイのcafeで食べたピザを想い出しました。
店主も目がテン状態です。

150-1

パイナップルとハム、そしてシーフードです。
パイナップルがこんなにピザに合うなんて・・・、ハムの塩味がコラボしています。
シーフードは「これはシーフードなんだ!」って感じです。普通今まではシーフードはあまり期待できないものが多かったんですが、なんとも具材の良さを感じます。

146-1

スペシャルなピザは文句なしに最高です

148-1

クリスピータイプのピザ台は「チャパティ」って言うんですね!
ソースの甘味がとっても心地よく、チーズを使ってるピザの合間に楽しめます。
いや〜関東のお客様が羨ましいです。
ト二ーズ・ピザ様〜〜〜、美味しく楽しませていただいてます。
ありがとうございました

トニーズピザ (TONY's PIZZA)
TEL 0422-49-1021
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-6-9
営業時間 11:30〜21:30(L.O.21:00)
定休日 月曜日

スキー場は大賑わい!(サンナルピナ鹿島槍スキー場)

097-1

昨日は大町でとっても元気のある「居酒屋・花山」の皆さんで「サンアルピナ鹿島槍スキー場」で楽しんできました。
私は見てるだけです
来年からはボードを始める宣言します痩せたら・・・
近くにこんなスキー場があるのに、滑れないのも何だか残念です

098-1

昨日は風も凄く、鹿島槍ヶ岳のピークは雪煙りだったようです。
こんな日にもスノーシューで登られた方もいるようですよ〜

100-1

花山のナオ君とお客様のkさんはこんな急な斜面をボードで降りてるんです。
ほとんど転がり下りてる状態の人が多いのに、しっかり滑ってるお二人は凄い「来年コーチング頼みますよ

102-1

「ナオ君カッコイイ〜〜〜
と思ったら・・・

104-1

「撃沈
「ギャハハハハハ〜〜〜〜〜〜〜」

105-1

「kさんいい感じ〜〜〜

121-1

「なんでここでこうなるの???」
「ギャハハハハハ〜〜〜〜〜〜〜」

112-1

花山のケンちゃんの滑るところ見たかったのになぁ〜〜〜
Kさん、お休みはさすがご機嫌ですね

109-1

私はこれでいい!
年末に来た時もこの「カツカレー」は美味しかったです
人気NO1だそうです。
雪がないって言われてますが、こちら「サンアルピナ鹿島槍スキー場」はしっかり積雪がありますよ

093-1

ここは子供さん専用ですが、私はここでいいのに〜〜〜
子供さんと同伴でないと入場できないようです。
ソリやタイヤなどで滑れるのでとっても楽しそうです。

129-1

130-1

帰りの雪景色がまた素敵です。
このあたりまではMyベンツで来るんですけどね
この日、行きは大町駅からのシャトルバスで、帰りはナオ君の車で送ってもらいました。
大町駅前からシャトルバスが出ていますので、アクセスは簡単です。

大町温泉郷雪まつり・夢花火と音の祭典



今年の「大町温泉郷雪祭り」での花火です。
小雪の舞う夜空にきれいに夢の花を咲かせていただきました。

004-1

001-1

今年はオープニングの昨日のみ、大町駅からシャトルバスを出していただき、市民の皆様、別荘のお客様、また関東から御越しのお客様が「夢花火と音の祭典」をお楽しみいただきました。

015-1

今年はメイン会場のかまくらが、雪不足のため出来なかったという情報がありましたが、いつもの年より暖かく感じる私には「そんな年だったんだ!」という感じです。それに、かえって寒さが苦にならないため、ゆっくりと楽しめたこともありました。

009-1

間伐材を使われてこのような灯に利用されたり・・・

011-1

作りかけられたかまくらを、このように利用されて雰囲気はバッチリです。
良くお考えになられたものですね〜

012-1

こういう灯りってとっても雰囲気がいいんですよね〜〜〜

031-1

会場では市長様はじめ、関係者様の御挨拶があり、鏡開きでオープニングです。

039-1

いっきに三九郎に火が放たれました。
パチパチと爆竹の音が勢いを出してくれました。

034-1

「誰ですか〜〜〜〜〜〜〜!4合瓶片に呑んでる人
店主です

085^1

086-1

どうも店主は会場横のこちらのお店が気になって仕方ないようです。
お酒の博物館の横にできたようです。なかなかお洒落なお店ですよ

042-1

三九郎の火をバックに音楽が始まりました。



そして今年は「源流美麻太鼓」のチビッ子さん方が頑張って太鼓を打っていただきました。とっても可愛いのに、迫力は大人と変わらなかったです。

048-1

054-1

そして毎年頑張っていただいてます大町の「和太鼓 結」の皆様も頑張っていただいてました。
こちらも迫力ですよ!私なんてもう皆様のお顔もおぼえちゃったんですから!
担ぎながら打たれる太鼓は珍しいです。

059-1

今回は横川商店のお客様も来て下さり、店主もご一緒させていただきました。
こちらのお客様は、いつもお酒の会には来て下さいます東京の福田様です。
「お泊まりでありがとうございました
二次会をご一緒にいかがですか
ということで、あとはお楽しみ・・・

058-1

三九郎の火が落ち着いた頃、残り火でお餅を焼いて皆様お楽しみでした。
いつもは実行委員の方が焼いていただくのですが、今年は自由に焼かせていただきました。これって嬉しい事ですね
やっぱり自分で何かに参加できることって楽しいですよね!
実行委員会の皆様も色々と考えて下さってるんですね〜〜〜

071-1

063-1

068-1



そして太鼓とともに花火が打ち上げられました。
まさに「夢花火と音の祭典」ですね!

084-1083-1

雪の少なかった今回は、大町温泉郷観光協会様もヒヤヒヤものだったと思います。
でも雪が少なくても、今回の盛り上がりは例年になく凄かったと思います。
雪のキャンドルはいいですよね〜
今回は初めて市内からシャトルバスを出していただき、本当にありがたかったと思います。バスに乗ってられた皆様の笑顔は、また来年に繋げていただけたら嬉しいなって思いました。毎年毎年どんどんと街中からお客様が参加されればいいですね!
そのためには私共も出来る限り御協力できればと思っています。

味噌クッキーのポスター作り

003-1

カウベル立田屋様が店頭で恒例の揚げたてドーナツを販売され始めました。
原代表様自らひとつひとつ丁寧にあげてられます。
いよいよ大町はもうすぐ「飴市」になります。何となく町が活気づく感じがしますね!

006-1

あげてもあげても次々に売れていきます。

012-1

私の今日は、お世話になってます「穂高パソコンプラザ」様へ、最近発売させていただきました「味噌クッキー」のポスター作りに行ってきました。
この味噌クッキーこそが「カウベル立田屋」様と御一緒に作り上げたものです。
随分なれてきたので、一回の授業で、デザインから印刷までできるようになりました。
ようやくこちらにお世話になって2年になります。
最初はパソコンの電源すらわからなかった私です。今までよくこんな私を辛抱して下さりありがたい事です。今でも時々「データを整理しておかないとまた大変よ!」って口癖のように言われています
「社長〜〜〜!わかってますか〜〜〜!バックアップですよ!」
「バックアップって何だいね?」
「ダメだこりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜

010-1

穂高も今日は飴市の関係でしょうか?「市神様」の御神輿さんが賑わっていました。
013-1

この印刷機が凄いんですよ〜、「北アルプス三蔵呑みあるき」の時もこちらで印刷していただいたんです。

020-1

あっと言う間に刷り上がりました。レトロな雰囲気を出したかったので、素朴な感じのポスターですが、私にしてはまずまずかと・・・

011-1

「先生〜〜〜!印刷したら味噌クッキーはジャガイモに見えないでしょう

014-1

ただいま「穂高パソコンプラザ」様では「手作りのぬくもり 染と織」を開催されています。
作品は、白井栄子様・勅使河原正子様だそうです。
羊毛を天然の素材などで染め、織り上げたショールやタピストリーと、裂織の作品を展示しています。寒い冬にぴったりのぬくもりを感じる作品を是非ご覧ください。

018-1

とっても素敵な毛織物です。ショールにはもちろんですが、タペストリーとしてお部屋に飾ってみたいです。

016-1

こちらすごく素敵で、私好みでした

開催日時
2009.2.3〜2.26 入場無料
時間:9:00−18:00 
場所:穂高パソコンプラザ
(TEL81-1110)
定休日:日曜日・月曜日・祭日
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ