呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2009年05月

027-1

今日は一日自宅でパソコンと格闘しています。
横川商店のモロモロをパソコンで管理することになり、朝からエクセルを使って数字と睨めっこです。
しかしえらいもので、色々見ているとお店に入らなくても状況がわかるんです。
これでもう一度店主とお店の見直しができるのではって思っています。
しかし・・・、もう駄目!徘徊して頭冷やしてきま〜す

017-1

昨日「北アルプス三蔵呑みあるき」の実行委員会がありました。
今年ももう開催まで3ヶ月あまりで、これから決めなければならない事がいっぱいあります。ご協力店様も色々なご意見を頂戴し、実行委員一同頑張ってやっていくつもりです。昨年は普段新聞や雑誌に載らない、素朴な大町の皆様のおもてなしが、県内外の参加者の皆様の心を動かしていただいたと思います。この主旨は今年も変わりません。また蔵人様と参加者の皆様のふれ合いこそが、地元酒蔵のファンになっていただけるものと考えています。今年も蔵人様の中には「ミョウガの漬物を作るだ!」なんて言ってられます。参加者の皆様や街中の方々、そして主催者側全ての皆様がお楽しみ頂けるようなイベントになることを願います。今年は昨年より少し多い参加者が見込まれています。くれぐれも事故のない事を願います。そして一般のご協力の方々もいただき始め、実行委員会もビックリしています。昨日の委員会の内容はこちらからどうぞ!
そして会議の後は「居酒屋お福」様に行きました。
こちら様も呑みあるきのご協力店様になっていただいてからのお付き合いです。
とにかく美味しい
021-1

刺身盛りにはリクエスト通りのバイ貝も盛り込まれていました。
甘いバイ貝です。鯛も甘味が出ていました。
お魚や貝類の食べ頃を知りつくされてるような気がします。
ご主人様と食材のお話をするのも楽しいもので、魚、肉、野菜・・・全ての扱いをよくご存知なのは、料理旅館の板前さんをされてたからでしょう。

023-1

これは土佐の高知では「どろめ」と言います。
ようは生のチリメンジャコですね!大町でいただけるんですよ〜、しかも薬味に生姜とは涙出そうに嬉しいです一番美味しいいただき方ですものね

024-1

タコのから揚げですが、きっと北海道の水タコでしょう。
食感でわかりますよね!京都の頃は真タコで調理していたので、コリコリして味わい深かったのですが、大町では入荷がないのでは?でもお味付けがいいので、とてもやわらかくて美味しかったです。

026-1

山菜の盛り合わせです。竹の子は採って来られたようで、薄味ですがダシがよくしみていました。ワカメが添えられて「若竹」ですね!
ヤマブキの佃煮にワラビ、そしてイラクサの煮つけはどれも絶品です

027-1

ワラビの下処理は「わら灰?」ってお聞きすると「〜ううん、重層!」ですって・・・、メチャクチャ美味しく処理されてるんです。

029-1

ミョウガの味噌漬けですが、全部食べられちゃいます。
お味噌もクセがなく、甘くも辛くもなく、ちょうどいい感じです。
調合は企業秘密だそうです。

030-1

今日の焼魚は若いI社長様のリクエストで「マグロのカマ焼き」です。
どんどん脂が落ちて香ばしい香りが店内に広がります。
でも・・・
「僕は脂っこいの苦手!」なんてご主人様が言われ、マグロの話で大盛り上がり
032-1

このマグロは国産ではなく、それもしっかり説明して下さいます。
では国産のクロマグロは?って話になり、「大間?」いえいえ最近は北海道側の「戸井周辺」のマグロのほうが美味しいでしょうと言う話で一致です。
そしたら鮭は?ってことになり、「時シラズ」と「時鮭」の違い、そして知床でよくお世話になった「鮭児」の話をすると「オオスケマス」のほうが美味しいよって!とにかくきりがなく面白いです。
最後にはタラバ蟹の話になり、足を食べるより「内子」が好き!って言うと出てきました

035-1

タラバ蟹の内子の塩漬けだそうです。
確かに濃厚な旨味があり、カラスミに似た感じがあります。
「でも私が好きなのは生内子のしょうゆ漬けだ〜い
お話ししていると私自身も勉強になる「居酒屋お福」さんは、パッと見れば若いご主人様に見えますが・・・、子供さんもおいでですよ〜〜〜
ごちそうさまでした

居酒屋 お福様
大町名店街一番東

029-1

コマクサが咲いてきます。とっても可愛いでしょう
信濃大町駅前の「旅館 七倉荘」様の屋上です。
先週のお天気のいい日に「北アルプス三蔵呑みあるき」の取材に飛び込ませていただきました。
今まで横川商店でもご宿泊は「七倉荘」様をご案内させていただいてるんです。
門限がないのと、山岳のお客様が多いという事、そして何よりもご主人様と女将様のお人柄の良さでオススメさせていただいています。
このたび呑みあるきのご協力店様になっていただいてますので、9月12(土)のご宿泊にはぜひお早い目にご予約をお願い致します。

013-1

白いコマクサも珍しいんですよ

005-1

屋上からの北アルプスは最高でしょう。
お聞きしていた通りで素晴らしい景色です。

009-1

左から「爺ケ岳」「鹿島槍ヶ岳」「五竜岳」が見えます。

002-1

「え〜〜〜なんですか???まさか・・・」

003-1

ご主人様がこれで上の屋根に上がればもっときれいだと・・・
「私高所恐怖所なんです

010-1

ご主人様に撮っていただきました。
蓮華岳です。
この山は「コマクサの蓮華岳」と言われるぐらいコマクサが沢山咲く山だそうですよ〜

011-1

こちらは鹿島槍ヶ岳です。
こちらは南峰(標高2,889m)と北峰(標高2,842m)からなる双耳峰で有名ですね!

012-1

こちらは私がようやく登れた遠見尾根と、奥に見える五竜岳です。

022-1

屋上は素晴らしい展望でしょう。
ゆっくりできるように椅子も置いて頂いています。

026-1

女将様が山野草がお好きらしく、丹精込めて育てられています。

017-1

オキナグサはお花が終わったようですが、可愛いですね〜、チングルマの咲いた後にも似ていますね!

016-1

シラネアオイのお花はまだのようです。

020-1

これはトキソウだそうです。始めてみました。サギソウはよく見るんですが・・・

023-1

「これはいったい何ですか〜〜〜〜〜〜〜〜?」
もう笑っちゃうぐらい可愛いでしょう
黄色いお花をつけてくれるそうです。

七倉荘
長野県大町市大町仁科町3061
TEL 0261-22-1564
FAX 0261-23-2434
 

039-1

可愛いでしょう〜〜〜〜〜〜〜
横川商店の近くにオープンされました自家焙煎コーヒーのお店「ユナイトコーヒー」様のワンちゃんの子犬です。
パグの赤ちゃんなんだそうです。
このと時はまだ生後1週間少しで、目も開いていないんです。

040^1

まだ手のひらにのるぐらいの大きさで、ミルクのにおいがするんです。
可愛くって可愛くって

045-1

アイスコーヒーも始められて、より大町の水の美味しさを強調できる季節になりました。
面白いことに、ユナイトコーヒー様のお水は、私の自宅のお水より少しかために感じます。
このお水ではどのようなコーヒー豆が合うのか、焙煎の深さとお水の関係は・・・、なんてマスターの松浦様ご夫妻とお話ししてると、アッと言う間に二時間です。

048-1

疲れた時には優しい甘さのバニラケーキも素朴でオススメです。

053-1

最近は店主もコーヒーを飲むことが多く、お店に入るなり「マンデリン!」なんて驚く発言です。
実は私、店主はコーヒーは飲まない人だと思っていたんです。フルコースなんかの後には必ず紅茶だったので・・・、実は私が最近感じた事をすでに感じ、紅茶にしていたそうです。
「皆さ〜ん、フルコースの後に、美味しいコーヒー出てきたことありますか?」
ユナイトコーヒー様でコーヒーを飲むようになって、感じることがいっぱいです。
ソムリエさんがお料理とワインの説明をご熱心にされますが、デザートになるとケーキや氷菓子の説明はされますが、コーヒーはおまけのような扱いです。しかもコーヒーカップの底にはコーヒーの粒子がたまります。何だか変ですよね?
フルコースの場合、コーヒーまできちんと仲間に入れてあげて欲しいと感じます。
店主も同じ事を感じて紅茶をリクエストしていたようです。
このスプーンはテイスティングをするのと同じ感覚だそうです。
ワインの世界と同様、コーヒーの世界も奥深いものだと思いました。
そしてここまで東京の「カフェ バッハ」様に入門され、一生懸命に勉強を積まれ、大町街中に飛び込んでいただきました。凄い勇気ですよね

051-1

街中のお客様がとっても多く、お仕事帰り、休憩など、大町の方々がこれほどコーヒー好きな方が多いとは正直ビックリです。また元立山のお仕事仲間の方々も大変多く、マスターご夫妻のお人柄でしょうね

049-1

とっても愉快なお客様は、買ったばかりの靴をマスターに見せられ大盛り上がりです。立山のお仲間の方だそうです。
街中は、居酒屋花山様を始め、ザワディー様、おさんぽ食堂クリープ様、そして大自然の中のcafe シャンティロッジ様がお店を開店され、大町もとっても元気になってきました。これからが楽しみですよね!皆様頑張って下さいね

ユナイトコーヒー様
長野県大町市大町4098−4
TEL・FAX 0261−85−0180

*北アルプス三蔵呑みあるき情報NO2でお詫びがございます。ご協力店ユナイトコーヒー様の電話番号が間違って掲載してしまいました。皆様に御迷惑おかけして大変申し訳ございません。
お手数ではございますが、再登録をお願い致します。

004-1

今日のばしのばしになってた田植えをしました。
これは年末の店内装飾やラッピングに使う稲穂を採る分です。
あと田植え機で抜けてしまったところを植えます。

010-1

いや〜、今日も暑かったですが、田んぼに入ると気持ちいいんです。でも足元は冷えますね〜。
横川商店の自社田んぼは畦に雑草が凄いんですよ〜
また蛇が出るじゃないですか

005-1

こんなところを植えていくんです。
田んぼは4枚あるんですが、私も今年で5年目です。色々な田んぼを見ていると、藻みたいなものができてる田んぼがあるでしょう。あれは水が循環しないのでできるそうです。その点横川商店の田んぼは、水はけがよく、すぐに水がはけるんで手間がかかって仕方ないんですよ〜、でもいつも美味しいお水が循環してるので、できたお米はとっても美味しいんです

006-1

ノビルはもう花が咲こうとしています。この頃になると茎は固くなっています。

009-1

いつの間にかケシの花も大きな花を咲かせてくれています。

012-1

「お〜〜〜、ブドウの木に変化が・・・」
田んぼの端っこに挿しておいたんです。
黄色く見えるのは何だと思われますか?私の自宅に横にもこのような状態です。駅の自転車置き場もこのような状態です。
実は「黄砂」なんですよ〜

014-1

ブドウの新芽だと思われませんか?
これは塩尻か小布施のワイナリー様から選定された木をいただいてきたものです。
まさか育つとは思ってませんが・・・

018-1

このようにしてしっかりとした芽らしきものを有効にして挿してみました。
どうなるでしょうかね〜?

030-1

お昼は田んぼの近くに今度開店されました「おさんぽ食堂・くりーぷ」様です。
地元の仲良しさんの女の子がお二人で頑張って始められました。

021-1

今日のスペシャルランチは、豚肉とキャベツのワイン煮込みです。
日替わりでご提供されるそうで、お味付けがとっても美味しいです
小鉢と大きなサラダ、お味噌汁とご飯が付きます。
すべてのお料理が美味しいです。これはお料理上手!という言葉がピッタリでしょう。

025-1

そしてドリンクとデザートがついて980円なんです。
米粉のシフォンケーキが嬉しいですね〜

029-1

店内はとっても広く、子供連れのお母さんにも安心なスペースのテーブルがあります。

026-1

センスのいいアクセサリーや、オーナーさんのお一人の可愛い絵も飾られています。

031-1

大町文化会館のサンアルプスの1Fなので、子供さんは安心です。今日のお友達同士、またご近所の方々がお越しでした。
最近大町は若い方々がとっても頑張ってられます。街中がどんどん変わってきました。これからの大町が楽しみです

おさんぽ食堂 くりーぷ様
大町市大町1601-2 サンアルプス大町1F
TEL 0261-22-8895

024-1

今年初めての「cafe&zakka 七ケ月」様です。
ゆっくりとした時間が過ぎている場所です。
今日のような日はデッキ席がいいですよね〜

025-1

横川商店のお客様も七ケ月様をご利用される方がとっても多いんですよ〜

023-1

デッキに爽やかな穂高の風が通り抜けます。
緑がとってもきれいな季節になってきましたね!

010-1

ちょっとしたフレンチ気分を思わせていただくランチは限定10食です。
今日はチキンのマスタード風味でした。添えられてるゴボウの練りごま和えは最高
確か以前こんにゃくのきんぴら風が絶品でした。
こちらにご飯が付くのがランチなんですが、わがまま言っちゃいました。

013-1

やっぱり七ケ月様に来れば「焼カレー」が食べたいです。
焼き立てアツアツで持ってきていただけます。

016-1

「あ〜約1年ぶりの味わい美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜

014-1

キュウリのちりめん和えとお味噌汁が付いたランチでした。
大満足のお昼のひと時・・・

019-2

珍しいケーキでしょう。
メレンゲを使われたパウンドケーキは独特の風味があります。
京都に似たケーキがあって、大好物の一つでした。
懐かしい味わいを楽しみながら雑誌を見るひと時はめったにない時間です。

032-1

今年も雑貨を沢山置いてられます。
cafeの横ですから、食事をしながら楽しめるんです。
お邪魔した時はお昼時で超満員でした。

027-1

一番上にあるポットをゲットしました。コーヒー豆を入れよとたくらんでいます。

026-1

左のエプロンがとってもかわいいです。(私は年齢制限アリ)

028-1

029-1

「高山のハナちゃ〜ん、大阪の西尾様〜〜〜、早く来て下さらないと売り切れますよ〜〜〜!」
今年も4月より営業を始めてられます「cafe&zakka 七ケ月」様は、営業日をお確かめ下さいね!

034-1

今日は穂高駅前の「ひつじ屋」様のレンタサイクルで、有明山を見ながら寄り道を多々・・・

004-1

「鉄工房 アイゼン」様のお宅兼工房です。素敵ですよね〜〜〜
ご自宅横の工房では、作家宮嶋様がかたいイメージの鉄を、見事に温かみのあるものに作製されます。お人柄が表れるような作品ばかりなんです。
ちょうど憧れの彼が来日中なんです。ドキドキ・・・

006-101

ヨーガン先生です。メッチャ可愛いんですよ〜〜〜
「おばちゃん怖くないから・・・」
「この人誰?」って感じですかね(笑)
zarlo様のお孫さまなんです。
ようやくお会いできました。やっぱりドキドキしますね〜

033-1

安曇野は今とっても心地いい風が吹いています。
レンタサイクルがいい時期になってきましたね〜

cafe&zakka 七ヶ月
長野県安曇野市穂高有明 山麓線沿い

007-1

朝から木曽路を抜け、お世話になってます土岐市の「日本セラフィ」様に、夏のグラスを見に行きました。
「木曽路はすべて山の中・・・」ですね!今新緑がとってもきれいです。

010-1011-

土岐市に着くと、一日5、6便のバスに乗って「道の駅 志野・織部」を目指します。
大町と違って暑いですぅ、信州人になった証拠かな
レンタサイクルがあったらなぁ〜

056-1

道の駅 志野・織部です。
ちょうどバスが近くに止まるんです。

018-1

このあたり「土岐美濃焼卸売センター」があり、色々な窯元様があります。時間があると本当に面白い場所です。以前は多治見に行ってたんですが、ガラス物は「日本セラフィ」様でお世話になってます。

道の駅には、卸売りセンターの窯元様お品物が沢山即売されています。
見ているだけでも面白いですよ〜

023-1

こんな大きなお皿も格安です。

021-1

こちらは織部焼

022-1

こちらは志野焼

013-1

「私はまずランチ
こちらは道の駅の中の飲食様ですが、鰻のひつまぶしが美味しいんです。
そしてお蕎麦も人気のようです。
今日はミニひつまぶしの付いた定食をいただきました。

015-1

鰻のひつまぶしはダシでいただくのも美味しいんです。
わさびをきかせてサラサラ流し込むのは何とも言えず美味しいもので

051-1

道の駅から裏へ抜けると、卸売りセンターがあります。
沢山の窯元様があるんですよ〜
今日は暑くてもうヘロヘロでした。

024-1

鰻も食べたことですし、頑張って歩くか!

026-1

「日本セラフィ」様です。
手づくりガラスとこだわりインテリアのお店「ラフィオーレ」様を展開されています。この日は榎木様にご案内していただきました。

030-1

ショールームはは一般の小売りもされていますので、ぜひどうぞ
欲しくなるものがいっぱいありますよ〜

038-1

この中からどれにしようか迷ってしまいそうです。

036^1

こちらは当店でも超人気のシリーズです。
価格の関係で終売したものもありました。
石油の高騰の余波はこちらにもあるようで、特に琉球ガラスのオレンジ系は貴重ですよ〜、このお値段でご提供していただけるのには感謝です

031-1

こちらも可愛いキャンディ柄
ギフト用でも人気です

046-1

こちらはとってもおしゃれなピッチャーです。

047-1

040-1

041-1

洗面台も素敵でしょう。良く白馬あたりのペンションさんで使われてそうですね!
ゴールドを埋め込まれてるのはとってもきれいでした。

043-1

045-1

またこのような輸入物もお取り扱いされています。
意外とお値段が良心的で、お客様もずっと入れ替わり入ってられました。

048-1

こちらはスペインからの輸入だそうです。
スペインにしてはシンプルですが、お料理ははえるでしょうね!

049-1

表札まであるんですよ〜
私がこんなの掲げられるのはいつのことでしょう・・・
こちら日本セラフィー様は、良心的でセンスがいいなぁ〜って思ってお世話になっています。お酒だけでなく、ソフトドリンクや、大町の美味しいお水もこのような素敵なグラスでいかがでしょう。

028-1

隣では焼きたてのパンがいただけるcafeになっています。
テーブルもガラスなんです。

027-1

「わぁ〜キャンディのピッチャー
横川商店では販売していますが、まだ私はこれを使った事がなかったんです

054-1

帰りのバス停で、サンキライの実を見つけました。クリスマスの頃にはお花屋さんで見かける赤い実です。輸入物が多いのですが、土岐や多治見には結構見かけるんです。きっとこのあたり昔は丘陵地の雑木林だったのではないでしょうか

株式会社日本セラテイ 「ラ フィオーレ」事業部様
岐阜県土岐市泉北山町5−1 (道の駅 志野・織部よりすぐ)
TEL:0572-54-3400

007-1

爺ケ岳スキー場の前に、cafe&bar「シャンティロッジ」様が本日開店されました。
大自然に囲まれた場所から地場産、県内産の食材を中心とした「食」を提供していただきます。

018-1

目の前は冬には爺ケ岳スキー場です。
広い草原には色々な動物に遭遇できること多々
お猿さん、カモシカさんに逢えるかも?
子供さんがこの大草原で走りまわってるなんてとっても素敵でしょう

016-1

これなんだっけ?
時々見るテントなんですが、とってもうまくできてるんです。
天井が開閉式で、柱の役目をしてる竹で操作されるんです。中で焚き木をされると、雨も入らないそうなんです。凄い知恵ですよね〜

041-1

店内はご友人や一般のお客様で超満員です。
マスターは・・・

028-1

ハルさんとお呼びしてる知り合いの方です。
とっても「熱い人」で、シャンティロッジ様もご自分で改装されたそうです。
4月にお邪魔した時は大変そうでしが、ずいぶん長い間頑張られたんですね!
入れてられるコーヒーは、ナ・ナ・ナント・・・

011-1

街中で若いご夫婦が頑張ってられる「ユナイトコーヒー」様の自家焙煎コーヒーなんです。ビックリでした

026-1

それではと、今日は一番深煎りのマンデリンをお願いしました。
意外なお味で、もっと濃くてエスプレッソのような感じかと思いましたが、まったく違い、コクと香りのバランスが良く、それなのにもったりしなくてあと味に余韻が続く味わいでした。これ私のイチオシ

025-1

もちろん食事もさせていただきました。
グリーンベジカレーです。大町・美麻の青空屋台さんの手作りガラムマサラスパイスを使用されています。
タイカレーのような感じで、お肉類は入っていませんのでベジタリアンの方には最高でしょう。

032-1

このパフェ最高
美味しいものだけをチョイスしたかのようなスィーツです。
坂野農園様のりんごをてんさい糖でコンポートされ、北アルプスの新鮮な牛乳で作ったミルクアイスのパフェです。

033-1

最後のフレークが口の中をリセットしてくれました。
凄いこだわりは奥様のこだわりでもあるのでしょう。

042-1

今日は奥様バタバタされていました。
まだ小さな子供さんがいらっしゃるのに良く頑張ってられると思います。
子供さんもまた元気いっぱい

030-1

可愛いんですよ〜、店内を三輪車でグルグルまわってるんです。
そんなことができるcafeなんてないですよね〜

015-1

またカッコイイ現代的な三輪車です。大きくなられたらどうします?まさか私のようなMyベンツってわけにはいかないでしょう。
でもこのような事を普通にされるハルさんのお考えは素晴らしいと思います。
ハルさんいわく「最近ではジャガイモが木になると思っている子供や、カブトムシはデパートにいるもんだ、なんていう子供までいるようです。」とお話しされました。そのような子供さん方に体験させてあげたい、また大人も一緒に生産者を見てみたい、そのようなお考えで開店されたそうです。
私もこのようなコンセプトには大賛成で、きっとご一緒に参加させていただく事と思います。

022-1

お店の横にはコゴミの大きくなったものが生えてます。
来年は山菜で何かイベントをしていただけるかもしれませんね!

019-1

しかし夜には大人の時間になります。
シャンティbarになって、お酒を楽しめます。
そしてパーティーやライブも考えてられます。
いや〜楽しそうですよ
また団体のツーリングの方には、ご相談で宿泊もOK
北海道で俗に言う「ライダーハウス」ですよ〜〜〜〜〜

038-1037-1

このカウンターや、テーブル、そして店内のいたるところに手作りの温かさが光っています。しかし器用ですよね〜

014-1

本棚までセンス良く作られたようで、ゆっくりとした時間を楽しむことができます。

027-1

今日はずいぶん読ませていただきました。
こだわりはこの雑誌からもあるのかな?

043-1

「あ〜〜〜
この方ご存知ですよね!ユナイトコーヒー様のマスターです。
今日の開店に合わせられ、昨日焙煎されたコーヒーが4種類並んでいました。

021-1

可愛いでしょう「My箸」なんです。
私も一つ買っちゃいました

391-1

こちら中はこんなに素敵なんです

045-1

帰りはMyベンツです。いつも通る鹿島川がきれいです。
シャンティロッジ様のまわりにはきれいな川がたくさん流れています。

046-1

そして今は藤の花が満開です。


シャンティロッジ
長野県大町市平源汲4819-1
TEL/FAX0261-85-0301
営業日:金・土・日
営業時間:10:00〜

001-1002-1

今日はよく寝ました〜〜〜!パソコンがストップしたおかげです
たまには早く寝ろ!って事でしょう。今日は朝からパソコンは絶好調です。
こういった事も慌てず対処できるようになったのも、穂高パソコンスクール様のお陰です。
昨日郵便受けに一枚のはがきが届きました。
このあいだ横浜でお世話になった「メルパルク横浜」様です。
いや〜ビックリしました。私はいつも宿泊は携帯の「じゃらん」からなのですが。申し訳ない破格値で宿泊させていただき、都会の中のオアシス気分を満喫したのです。
特にフロントの方と夜遅くまでお話しさせていただいたことで、都内のワンワンとした仕事のスイッチを掛け替えさせていただきました。
メルパルク横浜さんを選んだ理由は、以前山下公園に行った時に、機会があれば夜景を見てみたかった事、もう一軒と悩んだのですが、女一人と言う事の安心感でチェーン店にしました。そして何よりもブライダル関係のお客様が多いはずだと思い、最近のブライダルの傾向とディスプレイにも興味があったためです。
女一人の宿泊というのは、ホテル側も意外とチェックをされると思うので、私はあえてチェックインの時には話しかけるようにして安心していただけるよう思っています。今回の割安価格での宿泊はホント言えば期待感は全くなく、お部屋もせまい町側だと思っていました。
しかし当日空きがあったようで、リクエスト通りの海の見えるお部屋でした。しかもツインを独り占めです。クマさん達もベットで寝られた訳です(笑)
特別お部屋がリッチでもないですし、過剰な装飾も調度品もないです。
しかしお掃除もちゃんと行き届いていますし、何の不便もありませんでした。
そしてお礼のはがきまでいただけるなんてビックリ仰天です
多分東京で何かあれば利用させていただくと思います。

そして昨日から「北アルプス三蔵呑みあるき情報NO2」をお届けしています。
もちろんMyベンツで走っていますので、前後すれば申し訳ございません。

019-1

すみません、予算の関係で一番上のみがカラーです。
このイベントは助成金をいただいてる訳でなく、蔵元様と協賛店様、事務局である横川商店が運営しているので、公共の関係はございません。
一般の方で「市のほうからからいくらもらってるだ〜〜〜!」なんて言われてビックリしちゃいました。
全く個人の集団ですプロジェクトなんて言葉も使いません。
「皆さんで頑張りたい!皆さんが良くなれば!」という気持ちで頑張っていますので、すべてボランティア状態で駆け巡っています。
しいて言えば実行委員会の後にご飯食べさせてもらってます食べるもので釣られる私
この情報をお届けしていると、皆さんからの笑顔をいっぱい頂戴します。
昨日もそうでした!

011-1

仁科町の「松栄屋商店」様です。
情報をお渡しすると「生蕎麦見る?」って、大きな箱に入った打ち立ての生蕎麦を見せていただきました。

008-1

このお蕎麦私は「絹」を想像しました。
地方発送もしていただけますよ〜〜〜

005-1

こちら大町駅前の「酒の大町」様です。同業者ですが、やはり同じ大町です、頑張っていきたいお気持は同じです。
気のいいおじさんはお話ししていてもマトを得てられるなぁ〜って思っています。
よく店頭に立ってられますが、Myベンツに乗りながら「こんにちわ〜」って言うとニッコリ笑っていただけるのが嬉しくって

004-1

冷蔵庫の山の写真は半端じゃないですよ
山好きの方にはたまらないお店だと思います。また「大町にここだけ!」って銘柄もお取り扱いされています。

048-1

そしてこの彼は・・・
皆さんに美味しくない〜〜〜!って言われ続け、今よく考えると相当レベルの高いものまで出していただけるようななった「居酒屋花山」様です。
彼はナオ君です。私が「殺し酒入ったよ〜!」って言うと早速置いてくれました。
ちなみに横川商店は、飲食様とは業務提携はしていません。だから一般のお客様と同じです。
この殺し酒「夜明け前・大からくち」がビックリするほど人気なんです
おととい5杯飲まれたお客様、お家でダウンされたそうです。これは「やわらぎ水」飲まないとだめだよ〜!って言ってるのに・・・

043-1

今10食限定で出ているピータン豆腐ですが、これはビックリでした。
都会の人気居酒屋でもここまで出さないでしょう。しかも安い
でもピータン豆腐のピータン入れるの忘れないでよ〜〜〜〜〜〜〜
信じられない事が起こる居酒屋花山です(ウケ狙いだったの?)

045-1

ナオ君はカクテルの勉強をしながらテキーラ好きです。もう一人は酔っぱらうと天然ボケになるケンちゃんです。ピータン忘れた人!
お二人はスノーボードが好きで、大町が好きでこの地でお店を始めました。
ホント最初はひどかったです、でもお客様の意見を素直に聞いて実行する事って凄いことだと思います。我々も見習わなければならないと思います。
今では大町三つの蔵元様がある環境でお店をやってると言う事に気づいてくれたらしく、季節感のあるお酒を置いてくれています。
私は「北アルプス三蔵呑みあるき」で、地元の蔵元様を通じて、地元の方々が少しでもお元気になってほしい、特に大切にしたいのは一生懸命頑張ってられるオジイチャンとオバアチャンです。今までこの地を守って来て下さったわけで「ダム頃はよかった〜」なんていうのは思い出にして、今はご一緒に頑張っていきたいと思っています
そのために私が動くことは全く苦ではないのですから、皆さんが良くなるようにって願っています。
ご協力店様〜〜〜!何かあればカメラ持って駆けつけますからね

5451fab3.JPGパソコンの速度が遅いと思ったら、更新が2個もたまってました。こんな時はさわらないほうがいいと教わりました。だから今日はおやすみなさ〜い!あ〜ラッピングもたまってるのになぁ〜

120-1

綺麗でしょう、横浜の山下公園からの夜景です。
神戸の雰囲気とそっくりです。

115-1

116-1

「ハイハイ邪魔はしないから!」
クマさん達もデート中のようです。

127-1

長野の酒メッセin東京の帰りに、横浜に寄り道しました。
マリンタワーのライトアップが素敵です。(なんで一人なの〜〜〜
下から見ると迫力です

126-1125

こちら3月に来た「北京飯店」様です。
あの時の海老チリが忘れられない〜〜〜〜〜〜

121-1

プリプリの海老が6匹も
海老大好物の私です。
こちらは夜中まで営業されてるので、とっても便利ですし、もちろんお味も本格派です。

123-1

またチャーハンはとっても薄味で驚きました。
海老チリのソースをかけても美味しいぐらいでした。

129-1

この日は山下公園前の「メルパルク横浜」に宿泊しました。
じゃらんからだととってもお得ですよ!お部屋からはキラキラと夜景が素晴らしく、
一人なのにツインのお部屋をご提供して下さるサービスぶりです。
フロントの方の対応も、都会にはない温かさで、ついつい1時間ほどお話しをしてしまいました。都会と大町の感覚が、色々な面でこれほどまでに違うとは思いませんでした。女性一人での宿泊はとっても安心です。お世話になりました、ありがとうございました。

130-1

133-1135

次の日にはまた食材を探しに中華街へ行き、松花ピータンをゲット
実はこのピータン、アンモニア臭のない台湾のピータンで、私が以前手伝ってた祇園町の和風中華のお店で扱ってたものです。ピータン豆腐にすれば絶品です
そして降圧茶は効くかな???

137-1

そしてまたまた北京飯店の五目豚まんをお土産に

140-1

あまりの暑さに、「酢」の味を欲してしまい飛び込んだ中華のお店で冷麺をいただきました。やはり味付けは優しい感じで再び驚きました。
横浜って薄味なんでしょうかね〜?

145-1

そして一番ビックリしたのはお水の美味しいこと
珍しくコップのお水を3杯もおかわりしちゃいました。
とってもやわらかくて、我が家のお水と似ていました。

150-1

横浜を後に、上大岡という場所へ「北アルプス三蔵呑みあるき」の利き猪口袋の生地を仕入れに行きました。今回は追加の分です。昨年と同じ生地がなく少し遊び心を取り入れてみようと、若い方にいかがかな?

170-1

そして初めて鎌倉に行き、江ノ電に乗り換えて江の島へ行ったんです。
修学旅行生が多いのでビックリです。

160-1

歌詞に良く出る江ノ島ですよ〜〜〜

163-1

クマさん達も大はしゃぎです
いい表情でしょう



一つ一つの波が全て違う・・・
大きな波や小さな波、大きな波が途中で崩れたり、小さな波が急にザザザァ〜って大きくなったり・・・「まるで私の人生みたい・・・」
とっても爽やかな海風が心地よかったです。

171-1

海を堪能し、鎌倉に戻る途中に長谷寺を見学です。

177-1

本堂も見事でした

172-1

これ何のお花でしたっけ???
きれいに咲いていました。長谷寺ってお花が沢山あるお寺様のようです。

174-1

休憩場からは鎌倉の町や、遠く葉山まで見渡せました。
私は馬鹿だから、長谷寺に大仏様があるのかと思ってました。
まわりの方にお聞きすると、大笑いされちゃいました!(だってわからないから聞いた訳で・・・)
「いつも写真やテレビで見る大仏様はどこ?」

180-1

「ここで〜す
近くの高徳院というお寺様にありました。

184-1

こちらが鎌倉の大仏様です。
沢山の修学旅行生に囲まれて、とってもいい雰囲気でした。
このあと私は帰りのバス「新宿」まで、電車一本で行くという、今までにないスムーズさで高速バスに乗り込め、「これで大町まで連れてもらえる」と思った矢先の例の事故でした。
あ〜とうとうキレちゃったトホホ・・・


鎌倉観光はこちらから

004-1

5月19日に赤坂の「グランドプリンスホテル赤坂」様で開催されました「長野の酒メッセin東京2009 」は、昨年以上に凄い人でした。長野のお酒の人気度を再認識したように思います。
大町からわざわざ出向くことは大変ですが、当店は県外のお客様が多いため、東京の方々がどのように感じ、思ってられるかを勉強する事が今回の最大の目的でした。会場は先に酒販店や飲食店を入場させていただき、商談がスムーズにいけるようになっています。今回特に感じたのは、酒販店様より飲食店様が非常に多かったことです。皆様真剣に試飲されていて、私共のように地元の酒販店は「今まで以上に県外の方に情報をご提供できるよう頑張らなくては!」って思いました。
会場のグランドプリンス赤坂様も私にとっては思いで深いホテルなんですよ〜〜〜
京都にいる頃何度かある歌謡音楽祭に出向いていた時に何度か宿泊しています。その頃は「赤坂プリンスホテル」様だったんです。懐かしい〜〜〜

072-1

会場はパニックパニック
入場を分けて下さることがとってもありがたかったです。
ご参加されました蔵元様は、昨年より少し少なく感じました。確かに日本全国大変な不況ですが、頑張って参加していただけることがとっても嬉しいです。
皆様の笑顔をいっぱいいただいてきました

062-1

酒ぬのや本金酒造・宮坂恒太朗専務」様、「これが僕のお酒です!」って感じですね今日は奥様はお留守番ですが、「ちとせちゃん頑張ってられましたよ〜〜〜」

059-1

可愛いフエルトで造りの写真をご案内されていました。
安全ピンの意味がわかりました!これは吊るすためだったんですね(笑)
きっと恒太朗専務様、吊るすものがないので置かれたのでは?・・・らしいです
火入れのお酒、冷蔵管理の夏越しがとっても楽しみですね

043-1

「素敵な笑顔!」ってこの事でしょう。大町の金蘭黒部・市野屋商店常務様です。営業の北澤様と名コンビです

073-1

北安大國・北安醸造伊藤社長様は、早くに「一番どぶが」なくなって、嬉しい悲鳴ですね

032-1

108-1

「ギャハハハハ〜〜〜!たけさんメッチャお似合いですよ〜〜〜!関社長様は」御休憩?
最近お取引き始めさせていただきました中野市の「丸世酒造店」様です。
たけさんこと、児玉様は「四季酒の会」と言う会を運営されています。
今年のお正月には大町三つの蔵元様を訪ねて下さり、楽しい時をご一緒させていただきました。
丸世酒造店様にも造りのお手伝いに入られています
だから息子様ではございませ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!
ある蔵元様は、完全に息子様と間違われていたようです(笑)
お客様から「もち酒」はプリンのソースにいいですよ!ってコメントいただきました。やはり東京でも凄く話題になっていて、バニラアイスクリームにかけると美味しいよ!って言う意見もありました。
いや〜〜〜ますます注目の丸世酒造店様です。

022-1

何ともエロチックな笑顔なのは、お噂の「笑亀酒造・丸山社長」様です。
ウフフ・・・って感じですか
でも酒造中やお仕事になると全くの別人です。真剣そのものです。
七変化してほしいぐらいですね〜

020-1

今回は夏に向けて私が飲みたいって思ったお酒「長野県原産地呼称管理委員会認定純米酒『La Feerie ラ・フェリ』」を是非お願いしたいと思いました。
軽快でほのかに甘く爽やかな日本酒です。酒米美山錦でこのような爽やかに仕上げられるんですね!ラベルもお洒落でしょう
来週には入荷の予定です

093-1

夕刻近くには横川商店のお客様、福田様がいらして下さいました。
湯川酒造店・湯川尚子様とのツーショット
「福田様、いつもありがとうございます
福田様が来て下さった時には、十五代九郎右衛門がもうこの状態でした。094-1

どうしましょう、こんなに大人気になってしまって・・・
「まだ来られていないお客様がいらっしゃるのに・・・」
困惑気味の湯川尚子様ですが、今期はこうじ造りをまかされられ、本当に苦労されたと思います。これほど造りのシーズンになると女性を感じさせない人はいないでしょう。でもオフシーズンになるととっても素敵な女性に変身さるんです。
長野県のお酒、これからますます注目ですよ

詳しくは蔵日記よりどうぞ!

0b931917.JPGまだ大糸線です。早く眠りたい〜〜〜!
今回のご報告は明日に掲載いたしますね、今日は身体のために帰ったら寝ます。
今回白馬=新宿の往復バスがあって、大町駅前からの往復チケットで行きました。行きしなの双葉SAで、バスの何かライトがつかないと言う事で、駒ヶ根から新宿に行くバスに移動させられました。快適なバスが一瞬にどん底で、バス内は超満員です。世間が新型インフルエンザで騒いでる最中に、こんな密室とは…、しかしこれは仕方のない事と我慢しました。そして今日の復路の事です。きっと乗客の皆さん疲れられての最終バス。出発して最初の左折で若い自転車の女性が飛び込んできました。直ぐに立ち上がられたんですが、人身事故です。そのあとのバスの対応なんですが、車庫から新しいバスを出すと言われて30分も待たされ、来たのは松本行きの定期便です。そしてこれに乗ってもまた松本で乗換えバスらしいんです!それに皆さん乗れなく超満員です。私は「何とか新しいバスを出してもらえないものか!」っと要求しました。だって皆さん無人でバスが来ると思ってられたはずです。そのように話のニュアンスがありましたから・・・、でも半分以上は乗車されてる松本行きの定期便が後ろに待ってるんです。私はブチ切れて文句を言いましたが、全く無理!払い戻ししてもらい電車で帰途についています。「疲れましたよ〜」、なんか対応が変だと思われませんか?救急車も来たのは30分後だったんです。驚きました〜〜〜
スピード出してピンヒール履きながら自転車は危ないですよ〜〜〜〜〜

70deb32d.JPG初めて大仏様を見ました。これで新宿に戻り、高速バスで大町に帰ります。

0b5bac67.JPG東京で開催されました「長野の酒メッセin東京」は大変多くの日本酒ファンの方々が来てられました。どこの蔵元様も入魂のお酒をディスプレイされ、会場は何度も乾杯でわき上がっていました。

001-1

本日毎年好評の「長野の酒メッセin東京」が開催されます。恒例の大試飲会も今年で6回目だそうです。
今回も、長野県内約80蔵の御自慢の酒を試飲できます。
私もこれから高速バスでかけつけま〜す

開催日時:2009年5月19日(火) 13:00〜20:00 (受付時間12:30〜19:30)
◆13:00〜20:00 / 業界関係者(酒販店、飲料店)
◆15:00〜20:00 / 一般のお客様
※入場できる時間が異なりますのでご注意下さい。

会場:グランドプリンスホテル赤坂 別館5F ロイヤルホール
入場料:お一人様2,000円(税込)





043-1

夕方4時頃田んぼの水をはりに行きました。
田植えからしばらくはヒヤヒヤものです。一昨日からの風雨が早苗にも感じられるほどです。

044-1

水はり田にどんどんお水がはられますが、ここから四つの田んぼに流れていきます。

080-1

今日の夕焼けは素晴らしいものでした
「こんな時間まで何してたんだ〜〜〜〜〜〜〜〜!」
実は・・・

147-1

「北アルプス呑みあるき」御協力店さんでもあります、自家焙煎珈琲専門店「ユナイトコーヒー」様です。
実は横川商店から歩いてすぐの場所なんです。
コーヒー好きのお客様は是非是非どうぞ

155-1

今日は暑かったので、奥様にアイスコーヒーをわがまま言っちゃいました。
そのあとこのホットコーヒーはメキシカンだったっけ???
しばらくするとアイスコーヒーもメニューにできるそうです。


069-1

今日も生のコーヒー豆の選別をされています。
手間だと思いますよ

068-1

選別された優秀なコーヒー豆はマスター「松浦周平」様によって丁寧に焙煎されます。
「コーヒーは生鮮品なんです」ってマスター
焙煎後一週間で使わなかったコーヒー豆は自家消費または廃棄されるそうです。
これだけのこだわりを持たれ、若い御夫妻が大町の街中に入って来て下さいました。
「ありがとう
家に帰る前のワンクッションで、とっても嬉しいユナイトコーヒー様です。

067-1

こちらが不健康なコーヒー豆だそうです。
豆がかけたものは焙煎すると焦げて苦味の元になったり、雑味になったり、まるでお酒の世界と全く同じです。
だからカウンターでお話ししているととっても楽しいんです。

158-1

155-1

バッハという焙煎機で丁寧に煎られたコーヒーを立てていただくと、とっても繊細な味わいの違いを楽しみながらアッという間に時間が過ぎます。

148-1

カウンター前の煎られたコーヒー豆は約20種類、このお豆を見ると、今まで見た事もないようなふっくら感があります。このディスプレイの間隔は目で見えるギリギリの距離で設計されたようです。
「ここまでこだわられたんだ〜〜〜!」
店内はとっても可愛らしく清楚な感じです。ご友人の方々の絵画やアートが御夫妻のお人柄をうかがえますよね。その中でも奥様はとっても可愛いフエルトの小物を作られるんです。

059-1

「一日中でも作ってられますよ〜!」っと奥様

065-1

064-1

060-1062-1

057-1

とてもフエルトだなんて思えないですよね〜
販売されればいいのに

164-1

ユナイトコーヒー・松浦御夫妻様、頑張って下さいね

ユナイトコーヒー様
大町市大町4098-1
営業時間 9:30〜19:30
定休日 毎週金曜日・第三木曜
TEL 0261-85-0180

038-1

「バンザ〜イ!」アッ一人足りない

039-1

バンザ〜イ!バンザ〜イ!バンザ〜イ!
N様御一家安曇野移住決まりました
短いようで長かったです、御主人様とも色々お話しでき、奥様とも連絡を取り合って、最後は御一家総出でお住い探しでした。
これから色々と大変でしょうが、頑張って下さいね!
また安曇野の「地球宿」様、「ひつじ屋」様にも大変お世話になられたそうで、増田望三郎様御夫妻のバックアップがとっても大きかったです。
「望さ〜〜〜ん!ありがとうございます
わざわざ穂高パソコンプラザ様の私の今日の職場?まで来ていただきましたN様御一家です。
来月より大阪から荷物を運ばれて来られますので、安曇野をウロウロされると思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

036-1

それで私は〜〜〜っと、今日は、「穂高パソコンプラザ」様で販売しています松川のお米「鈴ひかり」を炊いて、ご来店のお客様に試食していただこうと、N先生が炊飯器を持参されました。

037-1

私も負けずとキュウリを持参して、横川商店の「なめ味噌」の試食販売をしました。
いや〜、キュウリを用意しただけで売上3倍でした

042-1

今日は一日雨にも関わらず、観光バスがたくさん来て、大勢のお客様がおいででした。池田町の「ハーブセンター」様が「くわ茶」を温かくされてサービスされていました。くわ茶って美味しいですね〜
ハーブセンターのH様、2週間ご一緒にお仕事で来て楽しかったです。ありがとうございます。

041-1

この観光バスは静岡からの団体様で、これから大町温泉郷に向けてのご出発です。明日は善光寺御開帳だそうです。
「大町はいいとこね〜〜〜!」って言って下さり、メチャクチャ嬉しかったです。
お客様との会話ってとっても楽しくて嬉しくて、今の仕事の醍醐味でしょうね〜

044-1

「オ〜〜〜!」
大町の「居酒屋花山」でお会いするお客様です。実はこの男性の方は・・・
「たこ焼き大食い名人」でした
夏にはご結婚されるそうで、おめでとうございます

046-1

無事に2週間の出店が終わり、またパソコン教室になります。
今日は店主がひきあげに来てくれ、ご褒美にこれ!

050-1

穂高の家族亭龍門の「肉塩ラーメン」です
お水の美味しさをいかされたスープが大好きです

048-1

店主はいつも「塩五目ラーメン」です。
やれやれ、今月は連休から色々あってバタバタの二週間でした。

027-1

横川商店の店頭では、一昨日行いました自社田んぼの田植えの残りの早苗を置かせていただいてます。あまりに沢山のお客様が育てていただけるようで、店主共々大変喜んでいます。まだもう少しあるようですので、どうぞお持ち帰り下さいませ。

022-1

春に大阪から来て下さったN様御一家です。
安曇野に御一家で計画中で、今日は私のいる「穂高パソコンプラザ」様まで来て下さいました。
今日はいよいよ物件の事で御一家総出です
朝2時から高速を走って来られました。

014-1

今日も早くに完売の「こっふぇる梅太郎」様に、明日持ち帰りのパンを予約しにご一緒すると、な・な・何とすでに面識がおありでビックリです
ずいぶん前から今回の移住は考えられていたらしく、夏には御一家でお引越しを希望されています。いい物件があればいいですね〜

015-1

子供さんお二人はサッカーをされてるようで、元気元気で楽しそうです。
「こっち来たら魚釣り行こうね〜、日本海が近いんだよ!」と言うと・・・
「川に行こうよ〜!」って・・・
「おばちゃんは川魚には相手にされないんだよ〜
夏にはこのご家族が安曇野にお引越しされますので、皆様宜しくお願いいたします。
ご家族皆様釣り好きです

017

「君たち、お父さん、お母さんを助けてあげてね!」

024-1

今日も一日穂高パソコンプラザ様でスタッフしていました。
店内のお土産も好調で、明日は松川のお米「鈴ひかり」の試食販売を行います。
横川商店のなめ味噌をつけていただいてOKです
023-1

ガレ調のランプももうこれだけになりました。

006-1

穂高神社の大遷宮祭は明日までです。今日も沢山のお参りの方々が来てられました。
20年に一回の大遷宮祭ですからね

008-1

010-1

人形祭りも連日人気です。
私は気分転換に結構露店巡りをしているのですが、今ハマってるものがあるんです。


031-1

その名は「ポッポ焼き」です。新潟の商店街で焼いてられるのを見たことがあって、興味津々でした。

011-1

鉄板で焼かれたカステラのようなもので、黒砂糖の香りがするんです。

030-1

これこれ!5本で300円を食べながら境内を歩くのが楽しみ楽しみ!
これ露店と思えないほど美味しいです


005-1

またこんな面白い形のフランクフルトやソーセージ。

003-1

「安曇野ワイナリー」様もご出展!

001-1

「あずみアップル」様もご出店!


012-1

歩きまわられてお疲れになれば足湯もありますよ


006-1

今日は横川商店の自社田んぼの田植えが無事終わりました!
私は横で少しだけ早苗を運んだりしながら、ノビルを採っていました。
そしたら・・・

030

「ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
出たんです!一番嫌いな長いものが、私の目の前にあらわれました。
身体は縞があって、スカンポのような赤っぽい色が目に入りました。
畦の端まで叫びながら全速力ですよ〜〜〜〜〜
なのにお手伝いのオジチャマ方は私の姿に大笑いなんですよ
すみませんが、今日でノビルは終わらせて下さいね

033-1

今日のノビルは用水路からのお水にカゴごと入って気持よさそうでした。

009-1

可愛い早苗でしょう。あまった早苗をお店の前に置いていますので、子供さんの観察にいかがでしょう。ぜひお持ち帰り下さいね!プランターで十分育ちます。

042-1

今年も始まりました。
田植えが始まる頃は大町も新緑がとってもきれいです。

025-1

田植えをして下さった森様です。ありがとうございました!
はいはい、今年は道路にまでお水をあげないように気をつけますね〜
あとお手伝いの方々、ありがとうございました。

田植の様子はこちらからどうぞ!

明日明後日は穂高神社大遷宮祭最終で「穂高パソコンプラザ」様にいますので、皆様遊びにいらして下さいね!

001-1

東京でのワイン・試飲展示会があり、昨日行ってきました。
「関東最大のワイン・洋酒展示試飲会」と言う'WINE TOKYO 2009'
入場対象者が業界関係者だったみたいです。(知らなかった〜)
モノレールの流通センター駅という場所まで行くのに、新宿から2時間かかった私です。
大町から高速バスが出てるので、JRで行くのと時間が変わらないんですよ〜
この新宿のJRのホームまでたどり着くのに約1時間迷子です。いったいいつまで東京で迷子になるんでしょうね〜〜〜〜

002-1

ようやく浜松町に着いてモノレールに乗る前に、東京タワーが見えて感激近くの方に「アレって東京タワーですか?」って聞いたら変な顔されちゃいました(だってわかんないんだもん!)

008-1

会場はこのセンタービルの2階だったのですが、そこへ行く前にまたまたどこか違う下着の展示会と間違えて、恥ずかしい思いをしました(ホンマに馬鹿もん!)

050-1

「ギャ〜〜〜!」凄い人

009-1

会場ではこのような首かけに名刺をつけてまわります。
きっと一般対象ではない貴重なワイン展示会だという事がこの時にわかりました。
インポーター様、国産ワイナリー様、グラスやセラーまで展示されていて、セミナーも同時開催されていました。
私は毎回東京での会で勉強になるのは、長野県内でしかわからない色々なワイン対する評価が、関東ではどのように見られてるかってことが一番のポイントなんです。日本酒も同じです。飲食や食材も全く同じです。東京で学ぶ事は多いです。

022-1021-1

スペインのチーズや、北海道の新得の「共働学舎新得農場」様もご出展!

020-1

今の時期は「笹ゆき」という熊笹を使われたチーズです。
松本のジュレブランシュ様で「桜のチーズ」を出していただいてますよね〜
もしかしてジュレブランシュの霜田早苗さんも来られてるのかな?

019-1

ヤマソーヴィニヨンでお世話になってます「本坊酒造」様です。
近々ヤマソーヴィニヨンの瓶内二次発酵のワインが発売されるようです。
新しい情報をいただくのも大切な仕事です。

017-1

営業担当の折田様です。
私がほとんどお店にはいないので、こういった時にご挨拶させていただくのも大切な仕事です。

052-1

山形県の高畑ワイン様もとっても注目のワイナリー様です。
私は白のシャルドネが興味津々です。

053-1

バランスよくまとめられたシャルドネには驚きました。

012-1

今注目されてます北海道の白ワインです。
北海道余市で作られたケルナーの白ワインですが、メチャクチャ私の好みでした。
ほのかに甘味を感じて、とっても優しいワインです。
和食のほうが合いそうな雰囲気です。
ご提供は「サッポロワイン」様です。

033-1

我が京都を代表する「丹波ワイン」様です。
京都らしいラベルでしょう。とっても素敵です
醸造責任者の末田様や大沢様はお元気かなぁ〜
一昨年は大変お世話になりました。

034-1

この日は東京営業の西村様です。笑顔がとってもチャーミングです。
こちらの横には・・・

043-1

今回の展示会を紹介していただきました、小田っちコト井筒ワインの営業「小田一成」様です。実はお話しされてるのは、辰巳琢郎様です。
テレビや雑誌で拝見するよりずっといい感じの方でした
ずっと小田様との会話を横で聞いていたんです。
辰巳様が「また無いんでしょう・・・(笑)」
なんて会話も飛び出していました。
きっとNACシリーズの人気が絶大だからなんです。

044-1045-1

046-1

次々にお話しされながらの試飲です。けっこう長い間でしたよ〜〜〜
「小田っち凄い

047-1

お〜〜〜ご注文のようです
辰巳様大人買いされました
私も〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

061-1

「2004年メルロー樽熟 リミテッド」もちろん長野県原産地呼称認定ワインです!
すかさず小田様に同じワインの在庫をお聞きし交渉です
ウッシッシ!横川商店に入荷しますよ〜〜〜
062-1

小田様は即会場から商品をおさえていただきました。
「小田っちありがとう
いや〜いいタイミングに遭遇しました
それにしても辰巳琢郎様って紳士でしたよ

054-1

その横には「信濃ワイン」様です。お目にかからない方だなぁ〜、なんて思ってたら営業部長様でした。三宅幸信様です。お商売人な方だなぁ〜って思ったら関西御出身でした。なぜかたまにお顔出して下さる橋詰様のお話で大盛り上がりでした。

056-1

氷熟仕込みの「赤の輝石」は当店でもお取り扱いしていますが、美味しいですよ〜
酸味が適度にあるので、私は大好きです。そして何より嬉しいのは、このタイプのワインにしてはコンパクトで手頃な価格なんです。

024-1

この他会場では輸入ワインの展示も大変多く、何から見ていいやら・・・
開き直ってラベルで判断しちゃおう

025-1

可愛いくてインパクトのあるラベルは、ボジョレーヌーボーの時に使われるブドウ品種「ガメイ」で作られました赤ワインです。
思った通りとっても飲みやすかったです。温度もやや冷やしていただいたので、とっても良かったと思います。

026-1

こちらも面白いでしょう。四人の方が作られた、グルナッシュとピノノワールのブレンドされた赤ワインです。最後にタンニンを感じますので、飲みごたえのあるワインでしょう。

023-1

こちらの「ヴァン・ド・ターブル」様のブースでは名刺を出すとオープナーをいただけるサービスがあり、私もゲットしました。

027-1

こちらはボトルに目がいっちゃいました。これから夏にかけていい感じですよね〜
リボンで色揃えしてラッピングしてみたいです。
少々価格が高いのが難点です。白ワインのリースリングをいただきましたが、香り良く青りんごのような爽やかさで、私が好きな味わいです。

028-1

こちらは「日本グランド・シャンパーニュ」様でした。
ワインはオーストリアの「フレッド・ロイマー」様で、Tシャツもカッコいいでしょう
造り手さんはテロワールを最大限に引き出せるようなワインを造られてるようです。

067-1

いや〜、あまりの凄さでビックリしちゃいました。
このままいれば小田様に片付けを手伝わされるようなので脱出してきました。
会場のあるあたりは、流通の倉庫が沢山あって、住宅地ではないようです。
でも海が入りこんでるので、こういった潮干狩りをされてる方が見えて驚きました。
東京って海がありますものね〜〜〜

072-1

東京は何度来てもやっぱり迷子迷子で疲れます。
でも新宿のここの風景が好きになりました。
東京から見る長野県のワインはとっても熱いですよ!
皆様からのご評価を間近で見ることができ、今まで以上に自信を持ってご紹介させていただこうと思います。まずは小田様にお願いしましたワインが届くのが楽しみです。皆様今しばらくお待ち下さいね!夏のギフトにも最適かと思います。

458a0f9d.JPG東京のワイン展示会に来ています。小田っちこと井筒ワインの小田様に御紹介いただきました。たまたま辰巳琢郎さんが大人買いされたワインのおこぼれを仕入れさせていただきました。NACメルロー樽熟です。やはり長野県のワインの中でも井筒さんは私が思うところ別格です。お誘いいただいた小田様ありがとうございます。でも最後までいたら片付けさされそうなので、私は病み上がりと言う事で、お先に失礼させていただきます。近日中に蔵日記より掲載させていただきますね!来て良かった〜

051-1

皆様ご心配おかけしました。
すっかり元気になって退院しています。が・・・仕事の山盛りです
大町病院には本当にお世話になりました。皆様とっても良くしていただき、リラックスできた入院でした。
何だか寝だめをしたように、よく寝ていました。
手術中もイビキをかいてましたよ〜、なんて言われたのですが、イビキをかいてる事もずっとわかってたんです、きっと局部麻酔だったのでしょう。でも痛かった〜〜〜
特に食事は今まで入院した中では一番です
こちらは昨日の朝食で〜す

052-1

玉子とお豆腐が蒸してあるんですよ〜、朝からですよ〜〜〜
贅沢な献立で、味付けもとっても美味しかったです。
お世話になりました、ありがとうございます。
あとは全部の結石が下りるまで3ヶ月程の辛抱だそうです
もうあの痛みは嫌だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

050-1

手には最後まで点滴の誘導がつけられていました。きっと私が脱走するのを察しられてのことかな?脱走は一回だけですよ〜〜〜だ

060-1

Myベンツに乗っての退院です。帰ったらすぐに仕事でした・・・
即現実に戻っちゃいました。

067-1

お世話になってます「小布施ワイナリー」様のムラサキ農場の新芽を見学に行ってきました。

088-1

帰りに角籐農園の佐藤様にお会いして、楽しいお話しをしていました。
こちらもシャルドネ、ピノノワール、メルローなど、素晴らしく大きな畑があるんです。


089-1

畑を通りがかると佐藤様がいらっしゃったので、お話しをしにお邪魔しました。
チャメッケたっぷりの佐藤様はとっても気さくでお話し上手なオジサマです。

092-1

091-1

畑のブドウの木は生き生きとした新芽を出してくれています。
嬉しそうにお話しをされる佐藤様は、ブドウの木を子供のように大切に育ててられます。

094-1

さし芽で苗木を植えられてるようです。見事に新芽が出ています。

104-1

「いいんですか〜?」
とっても貴重な苗木を頂戴しました。
カベルネソーヴィニオン、シャルドネ、ソーヴィニヨンブラン、3種類の苗木を頂き、ルンルンの私です。
「佐藤様、ありがとうございます。大切に育てますからね


109-1

そして中野の「丸世酒造店」様へ、売り切れ中のもち酒を頂きに行ってきました。
連休中に完売しちゃいました。
その時の様子は後程蔵日記より掲載いたしますね

120-1

今日ぐらいまっすぐ帰ればいいのに、戸隠のお蕎麦を食べてくてそちらにまわりましたが、全て閉店
でもきれいなミズバショウを見てきました。今が見頃のようですよ〜

121-1

大町近辺のミズバショウより少し大きいように感じます。

122-1

清楚なイメージのミズバショウは湿原がピッタリですね〜

125-1

帰りは白馬方面に抜ける時の北アルプスが素晴らしかったです。
退院した日にちょっと強行ですよね〜、でももうすぐ味噌の仕込みや田植えが始まるので忙しくなってきます。
帰ってからはベリーポイントカードの残りの原稿を提出しなくちゃ・・・

134-1

来月用のベリーニュースの読みもの用の画像です。
今回は「粕モミ」です。信州の方々の知恵は凄いですね!っといった事を投稿しています。ぜひ皆様読んでみて下さいね。

139-1

今月のクーポンは頑張りました。切子のぐい呑みです。
これは厳しかった〜〜〜、買い物に行く時間がなかったんですもの
もう少し病院にいれば良かったかなぁ〜

63efab44.JPG破砕手術が昼前にすんで、昼食をモゴモゴ食べてたら看護師さんが「食べられるの〜」って…、だって3000発も衝撃波うけたらお腹空きますよ!
写真は夕方です。今夜は「おでん」に和物、酢の物、つみれ汁です。大町病院の食事はメチャクチャ美味しいんです。明日はいよいよ退院しま〜す。お二人のおばあちゃんと別れるの寂しいなぁ〜
皆様ご心配おかけしましたが、術後今まで辛かった腰痛がとっても良くなりました。今まで以上に元気になりそうです。コメントやメールいただきましてありがとうございます。

術後2時間で石が出てくれました。元気ハツラツと言いたいのですが、点滴を外してもらえませんあ〜繋がれてるみたい!店主は「まな板の豚」だな〜ナンテ…

82a3de64.JPG3000発撃ってもらいました。ハンマーで叩かれたような感覚です!きれいな手術室で、主治医の先生や看護士さんもとっても気さくでリラックスして手術をうけられました。皆さんに大感謝です。Myベンツの後ろカゴの洗濯物か無事で良かった(^_^)v まだ点滴がはずれませ〜ん。窓からは北アルプスが一望できます。大町病院はいい病院です!

239bbc2c.JPG尿路結石は全く動いてくれないようで、とうとう痛みに負けてしまい緊急入院しちゃってます。なかなか快適な気分で、ベットを横にパソコンの中のデーターを整理してます。こんな時でないとなかなかできませんからね〜。明日は3000発もの衝撃波で石を破砕していただけるそうですが、私の皮下をぶち抜けるでしょうかね〜!お〜〜〜っと、やはり泌尿器科に入院されてるのは、お二人のおばあちゃんです。ご挨拶したにもかかわらず、おかしいなぁ?って思ったら…「ネェサン、冷蔵庫にお菓子があるで、持って来てくれや〜」あ〜、そうなんだ!もう一人のおばあちゃんは主治医の先生に食べさしのパンを贈呈!先生始め看護師さんの対応には頭が下がります。また御家族の方々の会話を耳にすると、お気持ち充分わかります。私も過去に看てきましたから。おばあちゃんがしきりにお家に帰りたがられる気持ちもよくよくわかります。入院中は違った意味での勉強ですね!しかし病院食の美味しいこと、京都の病院では考えられないことです。元気過ぎる患者ですみませ〜ん!しまった、Myベンツで来て洗濯物積んだままだ〜

013-1

今日は夏のような一日でした。
娘に少しはお手伝いをして頂戴というものの、田んぼのノビル採りは暑かったです

014-1

横川商店の自社田んぼです。いよいよ水がはられようとしています。
畦も少し草刈りをされていました。

016-1017-1

去年ノビル採りを教えたので、今年は上手に採ってくれるようになりました。
地下茎が深いのでなかなか大変なんです。今日は紫外線が凄かったですよ〜

022-1

お店に持って行き上機嫌な娘です。


045-1

046-1

娘が大町に滞在中はこの「みどりの自転車」にお世話になりました。
横川商店、創舎わちがい様、いーずら特産館様で、無料で貸し出してる自転車で、返却は、都合のよいステーションに鍵と自転車を戻すシステムなんです。とっても便利ですよ。なんと言っても私のMyベンツよりよっぽど立派な自転車です。皆様どんどんご利用下さいね
こちらは、環境や地域活性化などの観点から自転車の普及に取り組む長野市の市民団体NASL地球環境フォーラム(倉嶋康代表)様、大北支部(遠藤順一支部長)様が取り組んでいただいてるそうです。無料とは嬉しいでしょう

娘は大町に別れを告げ、約束の「安曇野餃子館」様に連れて行きました。


023-1

大糸線穂高駅から徒歩20分ぐらいです。
古民家風の建物に娘は唖然としていました。
大阪の一風堂でアルバイトしてるので、このような場所で餃子がいただけること自体ビックリしたようです。でもここは信州安曇野です
食材とお水にこだわって作られる餃子は、県外からは当たり前ですが、地元の皆様に大人気です。私も半年に一回はどうしても食べたくなっちゃいます

025-1

店内は画廊も併設されていて、お父様と御主人様が画家さんなんです。
お食事待ちや、お食事後にもゆっくりしていただけます。
お父様の絵は安曇野の風景が多く、個性的なタッチは大好きです。

028-1

こちらに来れば絶対にいただく角煮です。明科の藤原様の放牧豚を使ってられます。
やはり豚の出どこがわかるのは安心ですし、地元というのが嬉しいですねコッテリじゃなく、サラッとした煮汁が、やわらかくなった豚と絶妙なバランスです。娘は衝撃だったようですよ〜、大阪では色々なラーメン屋さんのチャーシューは食べなれてるようですが、別もののように美味しいのはやはり豚の種類でしょう。

032-1

そして贅沢にもその放牧豚と、地元有機野菜が餡になった餃子です。モチモチの皮は特別に作ってもらわれてるそうです。

035-1

中からジューシーな煮汁がいっぱい出てきます。
ギッシリ詰まった餡には感激です

039-1

そして私は食わず嫌いなのでしょうが、モツ煮です。娘は大好物のようで、やわらかさと味付けに大満足です。

034-1

しかしあなたは食べ過ぎ!ご飯もおかわりする程です。確かに安曇野餃子館様のご飯は美味しいんです。お米もですがお水もでしょう
名水百選のお水ですもの

040-1

駅に戻って「穂高パソコンプラザ」様のご様子を・・・
今日の助っ人さんも生徒さんです。こちらは皆様本当にファミリーで、授業が終わられたあと先生に「このあと何かある」という感じなのでしょう。でも嬉しいですよね!堅苦しいパソコン教室のイメージが全くなく、とってもアットホームなんです。これはなぜでしょう?

041-1

ウフフ・・・、穂高パソコンスクール様の校長先生です。
「村中校長先生〜〜〜今日は何されてるのですか?風船係りですか?」
とっても気さくな地元の先生です。ズボン吊りがなんともお似合いの先生です。

010-1

行ってきました!新緑の黒部ダムです
まだ娘に黒部ダムを見せてなかったんです。
4月のオープンカーニバルから約1ヶ月たち、黒部湖も氷がすっかりとけていました。
そして木々は新緑に包まれています。きっと連休はものすごい観光のお客様だったと思うんですが、今日も凄かったです。やっぱり今年はテレビの効果か、例年よりずっとお客様が多いようです。大町の街中にも遊びに来ていただきたいです

019-1

今日は黒部湖から北アルプスのどのあたりでしょうか、山がとっても綺麗でした。

018-1

黒部ダムの駅には当時の電卓や、作業服が展示されています。今年はとっても面白いですよ

100-1

ただいま展望台から堰堤に続く階段は閉鎖されています。崩落の危険があるようで、これから工事に入られるので、お盆過ぎまで通行止めです。でも展望台には駅から行けます。最初の黒部ダムの写真は展望台からのものです。

099-1

堰堤を歩き、黒部平に行く前に、遊歩道を歩いてみました。昨年素晴らしい紅葉を見せてくれたブナの木がある場所です。

093-1

この吊橋、今年は全く怖くなくなっています。もしかしたら高所恐怖症が少し解消されてるかも???娘は全く大丈夫なようです。白馬のジャンプ台のほうが怖いそうです

087-11

この景色素敵でしょう、今日はけっこう観光のお客様も歩いてられました。

088-1

068-1

まだ雪も残る遊歩道ですが、ブナの木の周りはすっかり雪がとけています。木の周りって早くとけちゃうんです。

084-1

黒部湖の水の色がとっても綺麗です。
ここから見る黒部ダムはあまり旅行書などでは見れないと思います。
「けっこう穴場ですよ〜〜〜

081-1

ブナ林は木肌の特徴がとっても目立ち、「さぁこれから新芽を出すぞ〜!」って言ってるみたいです。

076-1

エイレンソウがようやく咲き出してるようです。
ここ何日かでいっせいに森が動き出した感じです。

075-1

これはマイヅルソウです。白い花を咲かせてくれ、秋には赤い実を見せてくれます。

086-1

よく見ると昨秋のブナの実です。厳しい冬を乗り越えて雪の下からまた姿を見せてくれました。最近はブナの実も本当に少なくなってしまいました。温暖化とは関係ないとは思うのですが、以前はけっこうめぐり会う事が多かったんです。
私のオリジナルリースには必ずこのブナの実を用いていましたから・・・

027-1

黒部湖からいっきにケーブルで黒部平に行きました。

038-1

立山方面が見事に見えます。雪も4月より随分少なくなりました。


047-1

白馬方面を見ると、一番白く雪があるのが鹿島槍ヶ岳です。

028-1

こちらが穂高方面だと思うんですが・・・
沢がけっこうなだらかに見えています。
違う場所から見ると、山の形って本当に違って見えるものです。

036-1

矢印が針ノ木岳です。その左横がスバリ岳です。

043-1

望遠鏡でいかがでしょう私の十八番です

035-1

黒部平の展望台からは、少しですが黒部ダムが見えます。
今日はここまでです。

102-1

摂氏8度の黒部ダム湖の駅からトロリーバスで扇沢へ

105-1

扇沢駅ではただいまこのような展示物があります。
テレビの撮影で使われましたセットだそうなんですが、行かれたお客様、ボタンを押されて腰を抜かさないで下さいね

107-1

娘は初めて自転車で下ります。朝早く店主が送ってくれました。ありがたい、ありがたい!

113-1

110-211

124-1

新緑の中を爽やかな風に包まれて・・・、なんて思ってたら今日は暑い暑い!ここは信州か・・・って感じでした

115-1

「これはデッカイよ〜〜〜!」

117-1

「このサイズでしょう!」
今夜の肴を採らないと

120-1

今一番新緑が綺麗でしょう。

127-1

白沢も雪どけ水が勢いよく流れています。
大町の美味しいお水の元ですね

125-1

それでも山桜はまだ綺麗に咲いています。

132-1

日向山まで来るとチョット休憩!
大町に来た当初いつもお世話になってました「くろよんロイヤル」様です。
リゾートホテルですから、とってもゆっくりできますよ

129-1

131-1

ラウンジで娘はスィーツをチョイス!
驚いたのは、フロントのサービスしていただいた方が、居酒屋花山でお会いした方でした。大町狭いですね〜〜〜
ゆっくりと休憩させていただきました。

136-1

137-1

もうひと頑張りで、大町温泉郷「薬師ノ湯」様であたたまり、少しお昼寝?たったの30分私にすればこんなこと娘が来ないとできない事です
あ〜今日はノビル採りまで出来ませんでした。
今日はチョット観光客になった気分でした。

このページのトップヘ