呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2009年06月

大阪です!

IMG_7757-1IMG_7759-1

昨夜の夜行バスで大阪に着きました。乗客2人のバスでルンルンだったのですが、いざ乗ってみると、揺れるわ跳ねるわで大変でした。今まで乗客2人で乗ったことがなかったので・・・、やはりある程度人が乗らないとバスも安定して運転できないのでしょう。でも運転手さん御苦労さまでした
朝風呂に飛び込んで、蒸し暑い大阪はもう南国に来たみたいです。

IMG_7789-1

娘に会ったらまたまた髪の毛が繋がっていました。
「ひと束500円の髪の毛をひっつけるな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
花の?女子大生も今年で終わりなんだから!
もうため息が出ます・・・、やっぱり大町に収容しないとダメかなぁ・・・

IMG_7798-1

販促物や食品の仕入れに来てるのですが、今の時期お中元の真っただ中で、欠品の連続です。いつになれば横川商店にお中元の雰囲気が出るのやら・・・
あまりの蒸し暑さにネットカフェに避難です。
大阪はソフトクリーム食べ放題のネットカフェで一息ついています。

西尾様兄弟初スケート挑戦!



一昨日の日曜日のことです
大町市内のスケートショップ「ALUT movement」様では日々のできごと、イベント情報、SHOP info などなど、安曇野大町エリアあたりの情報を出していただき、若い方々がいっぱい集まって来られています。今までの大町とは全く違う最近の大町です。オーナーの「ハルさん」頑張っていただいてます。エリさんも「シャンティロッジ」大盛況のようです。最近の大町は「熱い」です。
来月大阪より移住が決まった「西尾様御一家」の御兄弟も今日はオニイサン方に交って初参戦です。黄色い手前の子は西尾家の次男さん、お兄ちゃんは後ろのブルーのシャツです。そしてピンクのシャツのコーチがナント・・・「ユナイトコーヒー」様のマスター松浦様です。と言ってもこの場所は縦の繋がりのある場所で、頑張ってる子は上のオニイチャン方が引っ張ってくれるので、とってもいい環境だと思います。そんな場所を作って下さった今回のイベント「スケボー天国」は、「10ALUT movement」のハルさんのプロデュースなんです。

008-1

お兄ちゃんがマスターに手ほどきをうけると、弟さんは必死で自分も見てもらおうと後ろで滑っています。見ていても面白いですよ〜

007-1

弟君視線に入ろうと必死の巻・・・「僕に気付いてよ〜!」って感じです。

010-1

今度広いほうへ行ってみる?
「大丈夫かぁ〜〜〜」
西尾様御夫妻も気になって仕方がないご様子。

016-1

ハルさんも膝の具合悪いのに・・・
こうやってここにいる皆様はみんな仲間という感じで、上の人が下の子にって、自然に縦の繋がりができています。今の時期はスケートボード、冬はスノーボードと、とってもいい繋がりができている大町です。ここに集まってくる皆様はみんな仲間です。保護者もいらない世界なのかも知れません。
「ハルさん頑張って〜〜〜〜〜〜〜」

018-1

「君たちも来月から長野県人になるんだよ〜〜〜〜〜

−1019

そしてスケボー天国会場すぐ横の、大町市文化会館敷地内「おさんぽ食堂クリープ」様で、本格的なカレーでランチをしました。
このカレー美味しかった

メンドシーノ国際交流アート&クラフトショー

022-1

「鉄工房アイゼン」の宮嶋昭夫様です。昨日はご案内のお当番と言うことでお会いしてきました。穏やかなお人柄はお顔の表情でおわかりでしょう。
硬い鉄も温もりのあるデザインでお部屋やお庭を飾っていただけます。
なんだか昨日は作品のお話じゃなくて、イカの沖漬けの話になって大笑いでした
ただいま大町街中では「メンドシーノ国際交流アート&クラフトショー」開催中で、宮嶋様の作品は「創舎わちがい」様店内と、「いーずら大町特産館」様の店頭でお目にかかれます。

IMG_7756-1

「いーずら大町特産館」様の店頭のランプです。
日が暮れてくるとやわらかい灯りがなんとも素敵な作品です。
「こんなのおけるお家が欲しい〜〜〜〜〜〜!」

IMG_7755-1

夜は必見ですよ〜〜〜〜〜〜〜

作家様の作品はほとんど画像での掲載ができませんので、ぜひ大町の本通り会場にお越し下さいませ。

016-1

いーずら特産館様の近くの会場では、大町の「廣川伊知朗」様の木彫の実演・展示をされています。

023-1

このキーホルダーかわいいでしょう。廣川様の作品だそうです。

024-1

また木の時計がとっても素敵です。シナの木が白っぽいほうで、あとなんだっけ???木によって色々な顔があって面白いですよね!木目も計算されてデザインされてるのが凄いです。

017-1

018-1

020-1


015-1

木彫や陶芸、そして石を使われた作品など、とっても面白い作品がいっぱいです。
7月20日まで開催ですので、どうぞお出かけ下さいませ。

素敵な繋がり!「虹のHOSHIプロジェクト」



今日はとても素敵な日でした。
安曇野の方々が今年結成され約1年のみの活動で頑張ってられる「AZUMINOジャグバンド」様の皆様と御一緒に「ふるさと」を歌ってきました
なぜ「ふるさと」なのか・・・
事の始まりはこのブログのコメントでした
昨年飯山の「丸山祐一郎」様の演奏会に行った時の事です。
とっても面白くて、皆様で楽しめるあたたかな演奏会でした。
コメントを下さったのは北海道の方で、「虹のHoshiプロジェクト」の実行委員の方「tetu」様でした。
本日6月28日日午後18時28分に北海道の支笏湖から、『森』と『水』をテーマに、飢餓や戦争のない平和な世界を目指そうというメッセージを、世界に向けて発信されました。全国から歌声が聞こえた事と思います。
北海道支笏湖は千歳からバスで行きました。丸駒旅館様にお世話になり、目の前の湖でルアーをやり、その頃も良く湖にハマってたのを記憶しています。
とっても透明度が素晴らしい湖で、春先は山菜がいっぱいなんです。コゴミ、三つ葉、アズキナ(ユキザサ)採りにをしていました。もちろんレンタサイクルですよ
このコメントをいただき、私は安曇野の「地球宿」様と「ひつじ屋」様に相談しました。そして今日のライブで皆様御一緒に歌っていただけることになり、素っ飛んで行きました。時間は少し早かったのですが、安曇野の皆様本当にありがとうございました。そして私自身もとっても勉強になった事がいっぱいあります。(それはヒミツ)

025-1

午後から穂高駅前のひつじ屋様でレンタサイクルを借りて、AZUMINOジャグバンドの皆様のライブが行われます「シャロムヒュッテ」様の屋外保育「森の子」に行ってきました。

026-1

大町方面まで綺麗に見える午後でした。
しかし今日も暑かったです
ひつじ屋様に麦わら帽子をかぶった方が・・・って言われましたが、頭がデッカイので無理無理

027^1

ヤギさんも暑いのは苦手のようですね〜

032-1

シャロムヒュッテ様です。約2年ぶりでしょうか・・・
かつて「新橋屋飴店」様の飴作り以来でしょうか・・・
ここまで電動自転車で約20分です(早かった〜!)

031-1

広大な草原はチョット北海道にいるようです。

089-1

この場所がわからず、知り合いのジュンちゃんに誘導してもらい、やっと現地にたどり着きました。

036-1041-1

なんやら楽しそうな場所です。木の遊具やお家などがあって、皆様車にお絵描き???

050-1

「こりゃすごいわ〜〜〜
次の車検までは「AZUMINOジャグバンド」の宣伝カーになるそうです。
ぜひぜひ乗ってみたいですカッコいい〜〜〜〜〜〜

046-1

045-1

こういった事がスイスイできちゃう安曇野の方達は凄いですね〜

042-1

ライブが行われるステージには、空き缶で作った楽器や、木の実で作ったものが置かれていました。オニグルミの鈴がなんとも素敵です手作りっていいですよね〜

054-1

15時からのステージでは、最初ソロのライブが行われ、その後AZUMINOジャグバンドの皆様でした。

075^1

057-1

069-1

ステージもお客様も皆様御一緒に盛り上がり、とっても楽しい貴重な時間でした。
そして今は忙しくて安曇野まで行く機会が少ないのですが、懐かしい方達にもお会いでき、お元気そうに頑張ってられました。

064-1

この楽器手作りで面白いでしょう演奏してる方もとっても楽しそうでした

058-1

御夫婦で頑張ってられるお蕎麦屋さんの「そば処 ふじもり」様、今日は早くにお蕎麦が売り切れですか?また行きますね〜〜〜

083-1

ジュンちゃんありがとう!来月はいよいよ結婚式ですね〜、おめでとうございます。
末永くお幸せにね

088-1

地球宿の増田望三郎様(真ん中)、このたびはありがとうございました。
そしてAZUMINOジャグバンドの皆様、とっても素敵でした。
手作りのライブは本当に楽しかったです。私も味噌樽でドラム作ろうかな?
北海道の支笏湖と安曇野が繋がり、そして日本の中で同時に「ふるさと」が歌われたと思います。

090-1

私は大糸線の電車の中で18時28分を迎えました。
車中でまた「ふるさと」を歌いましたよ
昨年「丸山祐一郎」様の演奏会のあと、ロシアについてお話しさせていただきました。私の中でロシアに対してとっても複雑な気持ちでいたからです。
道東に行くことが多かった私が、納沙布岬の沖の「貝殻島」を見た時、そして地元の方々の思い、そして夏なのにとっても寂しそうに感じる海、灯された炎・・・
だけど丸山祐一郎様にお会いしてから考え方が変わりました。
世界の皆様が平和に暮らせますように・・・

栂池自然園花めぐり

001-1

一週間以上待った昨日の晴れでした。
最近は晴れてても山が綺麗に見えることが少なかったので、昨日のお天気は心弾む気分でした。

004-1

ゴンドラとロープーウェイに乗って「栂池自然園」へ向かいます。
クマさん達もここからは出してもらって大はしゃぎです(久しぶりのお出かけ)

005-1

どんどん山が近付いてきます。
向こうは鹿島槍ヶ岳の相似峰まで見えています。

013-1

栂池自然園に入る手前には、現在最後のお手洗いがあります。
しかし今年は遅かったかなぁ〜、やはり15日前後のほうがよかったかも?もう雪も消えて緑の草がいっぱい出ていました。コバイケイソウが多いのですが、もう初夏の雰囲気ですね〜
今回はまた展望湿原まで行きました。
行きは「銀命水」経由で、帰りは「やせ尾根」経由です。このコースが一番いいのでは?って思っています。
詳しくはこちらの地図でどうぞ!
では歩いた道順にお花を掲載してみます。
ぜひご一緒に行った気分になって下さいね

010-1

栂池自然園のビジターセンターを通過し、直進すると綺麗な小川が流れています。

009-1

「ようこそ!」
って泳いでるイワナさんは涼しげですね!
この場所に居ついてるのでしょう、厳しい冬はどうしてるのでしょう・・・

012-1

ミズバショウはもうピークを過ぎたようですが、サンカヨウの花が咲きだしています。

015-1

ハイハイ、クマさん達毎年の場所でハイポーズ

021-1

この晴れ方で、雪解けがより進んでお水の勢いが凄いです。

027-1

一部ではこのようにまだまだ綺麗に咲いてるミズバショウも、今季最後のお写真でしょう。

026-1

「キヌガサソウ!」
なぜかミズバショウ湿原に咲いてるキヌガサソウは大きいんです。いつも同じ場所に咲いてくれています。

143-1

ナナカマドの花も秋には真っ赤な実をつけてくれるでしょう。

141-1

エイレンソウも葉っぱをいっぱいに広げて咲いています。

032-1

「山桜?」
少し行くと「タカネザクラ」が咲いていました。深いピンク色が緑の中に映えて綺麗です。

036-1

ベニバナイチゴが木道の脇に咲いています。

028-1

このあたりにもシラネアオイが咲いていましたが、これももうピークは過ぎたかな?
シラネアオイも見れる時期が一週間ですからね〜
ここで咲いてるということは、今日の帰りのコースの「やせ尾根」の群落はもう遅いかも?

037-1

木道はワタスゲ湿原に入ってきました。ここのミズバショウはまだ綺麗に咲いています。やはり標高が違うのかな?

039-2

チングルマのお花です。可愛いでしょう

042-1

楠川にももう雪はありません。でもお水は冷たい〜〜〜

044-1

ここにはシーズンになるとお手洗いができます。そして水飲み場もあるんです。
大町のお水より硬水に感じました。

054-1

マイズルソウやユキザサが沢山生えていますが、お花はまだのようです。

049-1

ここにもキヌガサソウです。こちらは可愛いサイズで、手のひらサイズです。

050-1

キヌガサソウはこうやって葉っぱがクルクルまわって出てくるようです。

056-1

浮島湿原に来ました。
ビジターセンターから約60分です。
紅葉の時期には素晴らしい場所なんですよ〜、ここから展望湿原までは、「やせ尾根」方面、「銀命水」方面に分かれます。皆さん浮島を見てしまうので、やせ尾根経由にされる方が多いようですが、少し引き返しても銀命水まわりのほうがラクに感じます。

061-1

小高い山に登るわけですからまだ雪があります。アイゼンは必要ないですが、その年によってわかりません。一度雪道を迷いかけた年もありますから、慎重に行かないと事故につながります。

でも雄大な自然はここから沢山見られます。

062-1

ショウジョウバカマが目に入ってきました。写真は撮れるときに撮らないと忘れてしまいますかがね〜

071-1

小さな白い花は、ホソバヒメイチゲです。

065-1

「銀命水」です。ここでペットボトルにお水をつぎ足します。

067-1

手をつけてられないほど冷たいお水です。
透明感も素晴らしいお水で、暑い昨日は「生き返る〜〜〜!」って思いました。

076-1

行きかう人とは「こんにちわ〜!」ってご挨拶するのですが、この御婦人いったい・・・、手に持たれてるのは竹の棒です。雪道で危ない個所に立ててあるものですが、どうしたことでしょう・・・

077-1

モウセン池を通り過ぎればもうひと頑張り
ここでは池の周りのミズバショウが綺麗に水鏡になる時があります。ここでもカメラマンさんが撮ってられました。

081-1

このあたりから「ムラサキヤシオツツジ」が咲いていました。とっても綺麗なピンク色です。

107-1

「来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
展望湿原です。白馬三山が目の前に見えます。
左から、白馬鑓ヶ岳、杓子岳、大雪渓、白馬岳です。
目の前の湿原に「ハクサンコザクラ」が咲いてるって写真を撮ってられますが、私には紫っぽいものしかわかりませんでした。

100-1

ここで念願の「白馬錦・雪どけ吟醸」をって思いましたが、白馬錦・薄井浩介様にはとてもじゃないですがかないません。

105-1

クマさん達も一緒に撮るの?

111-1

帰りは「やせ尾根」経由です。
展望湿原から少し登りますがほんのわずかです。
クマザサ生い茂る中ですから、足元には色々な植物がみられます。
こちらは「オオカメノキ」です。白いお花がアジサイのようですね!

118-1

展望湿原近辺には「コイワカガミ」が沢山咲いてるんです。
コマクサとは違いますが、雰囲気が似てるでしょう。
なんとも言えない可愛い色で、可憐な感じがとっても好きなんです。

117-1

陽の光がスポットライトのようにあたったお花がスターのように見えました。
横に山梨から来られたオジサンと楽しいお話をして、写真の撮り方も教えていただきました。
「秋にも紅葉情報出しますからまた信州に来て下さいね〜

124-1

いよいよ来ました!私の中ではいちばんの難所です。
この急な階段を登るのは大変です。そして私が一番いやなのは、大町側の絶壁が見えることなんです。緑の茂る中からも見ちゃいけないとは思うんですが・・・

122-1

「怖い
見ないようにって思っても見てしまう・・・
高所恐怖症が再発してるかも・・・

119-1

遥か向こうに栂池自然園ビジターセンターが見えます。
何とか無事やせ尾根を通過しましたが、シラネアオイの群落は終わってました。次の難関は雪道です。

126-1

これ先程展望湿原に登る「銀命水」近くでお会いした御婦人が持ってられた竹の棒です。あの後もう一人、そして展望湿原で若いカップルさん、合計4人見ました。
この棒はこのように雪道で登山道を誘導していただいてるものです。

127-1

こんな場所の竹の棒を抜かれたら、あとの方がどうなると思いますか?
2年前私はこの場所で誘導がなかったので、集団ででしたが道に迷い怖い思いをしました。それに・・・

134-1

誘導だけでなく、危険個所にも立てていただいてます。
ここもきっと立ってた場所だと思うんですが、どなたかハマってられますね〜
トレッキングでも登山には変わりありません、ほんのチョットしたミスが遭難になります。そして最低のマナーは守っていただきたいと思うんです。「自分の事だけ」という気持ちは山には通用しません。

131-1130-1

何だかとっても嫌な気分で栂の森を通り抜けて浮島湿原経由で戻りました。
栂も厳しい冬で凍裂があちこちで見られ、「バキッ!」っていう音をさせてるのでしょう。また傷ついたのでしょうか?樹皮から樹液が出ていました。けっこうきつい匂いがしていました。

150-1

下りてきて「栂池ヒュッテ記念館」を見た時に何だかホッとしました。
でもやっぱり今回は「山でのマナー」って事でずっと引きずったままです。
帰りにビジターセンターでお話をさせていただいたのですが、やはり困ってられました。そのせいで竹の棒を短くされたそうなのですが、それでも抜いて行かれると!そして用無しになったらそのあたりに放り投げられてるって!きっとそんな事だと思いました。何かいい方法はないものでしょうかね〜
昨日日焼けと精神的なものでダウン状態でした。
でも今日はまた元気です

初夏の栂池です!

014-1

ミズバショウ祭り開催中の栂池に行ってきたのですが、今日は初夏の陽気で焼け焼けで大変!先に処置しま〜す

イメージ写真撮影大作戦

001-1

今日は「北アルプス三蔵呑みあるき」のチラシ&ポスターのイメージ写真を撮りました。一般の地元出身の3名の女性にお願いをし、真昼間に信濃大町駅前で撮影させていただきました。ご協力本当に感謝いたします。またお手伝いの飛び入り参加の方もありがとうございました。

005-1

今日の暑さは凄かったです、撮影&デザイン担当の「白馬錦薄井浩介」さんも、暑さには弱い?終わればランチのラーメンが待ってるさ

004-1

モデルさんのチエさん登場です
「チョット立ってみて下さ〜い
いい感じいい感じ

008-1

「これなんですか〜?」
お顔に影が少しでも出ないように、このような白い板をあてることでカバーできるそうです。(まるでプロの世界みたい!)

017-1

やっぱり恥ずかしいですよね〜、目の前はタクシーのオジチャン方が見てるし、駅からは乗客の人が出てくるし、気になるわ、恥ずかしいわで笑っちゃうよね〜
特に一番前のアヤさんは一番若いからまわりも気になるよね〜

019-1

あらら・・・、シズカさん、お酒が気になりますか?
終わったらどうぞお飲み下さいね

022-1

どんどんなれてきましたね〜!いい感じいい感じ

020-1

「お〜〜〜っと、乱入者あり
市役所観光課の丸山さ〜ん、どこで見てたんですか〜〜〜
そのお腹はお昼に食べすぎた?

026-1

やはり今日の暑さはただ事ではありません。モデルさん達はお酒の瓶を上下に動かし続けてくれてましたからチョット休憩です。お顔の表情もそう語ってますよね!

029-1

「俺も疲れたよ〜〜〜!」
「居酒屋花山」のナオ君も突然使われちゃって御苦労さん

030-1

ハイハイハ〜イ!こういった時に気がきく浩介さんです。
ただいま彼女募集中だそうですよ〜

036-1

さぁ〜もう少し頑張って

031-1

結局200枚程撮られたそうです。
撮れた状態を見るモデルさん方はやっぱり若い女性ですね
可愛い表情でとってもいいイメージ写真になりました。
近々チラシとポスターに加工して皆様にお届けいたしますね!

037-1

「俺も通行人で撮ってもらいたかったのに〜〜〜」

凄かったです〜〜〜

002-1

昨日の「ゲリラ宴会」は、名前の通り凄かったです〜〜〜〜〜〜〜〜〜
安い参加料でするには私の料理ですみませんでした。あとは炭焼きでごまかしてしまいました(笑)
早朝からお料理のあしらいに使うホウの葉っぱとクマザサを採りに行きました。(私のお料理はこれでごまかすため!)

011-1

ちょうどお昼に信濃大町駅長様がお買い物に来て下さってので、「ゲリラ宴会」にお誘いしちゃいました。

006-1008-1

大町独自のお菓子をお探しと言うことで、せっかくですので味噌クッキーの原料になってる味噌蔵にもご案内です。

021-1

私はお昼からずっとお台所に立ちっぱなし・・・
店頭では炭が入って皆様ワンワンとしてきました。
大町自動車教習所の所長様、火おこしお上手ですね〜〜〜
消防の方もおいでなので、火の用心は万全です

031-1

どんどんご参加の方が増えて、最高25人までなってしまいました。
マイミクさんのミミちゃん、お酒飲めないのにお手伝いありがとう

018-1

「さぁ焼くぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!」
昨日のアジやイカも登場

023-1

九日町の「小林鶏肉店」様の手羽先や白馬SPFの串焼きも絶品です。
ここでいかされる「塩」は、自然海塩「海の精」です。
驚くほど食材が生きてきます。「食材の良さは塩でわかる」と言っていいぐらいです。またイカは昨夜まで吸盤がくっついていましたから、美味しかったはず・・・
後ろの方で見られてるのは、なんと北安大國・山崎杜氏様です。

022-1

「お〜〜〜三上さ〜ん!今日は醸し人九平次ですかお手伝いして〜〜〜」
お気に入りのお酒300ml持参と言うのは、店主がお客様のお好みのお酒を知りたがってたからなんです。自前のお酒って事ではありません。でも参加者が多くて、それどころではなくなっちゃって〜〜〜〜〜〜〜〜

024-1

「戸谷様もお仕事の帰りで大丈夫ですか・・・?」
お洋服がくさくなりますよ〜〜〜〜

038-1

アジが相当美味しかったらしく、焼けるのが待てないご様子です。

041-1

アララ・・・、アジが細くなっちゃった〜〜〜〜〜〜〜!
海の精が食材と反応して、旨味を増大するのがよくわかります。自然のお塩の素晴らしさです。横川商店でも販売してる自然海塩です。

042-1

「キャハハハハ〜〜〜!」
山崎杜氏様とうとう横で座り込みです
片手にあるのは生ビールこの日は常念岳に登山されたそうです。(凄い!)

049-1

ゲリラ宴会第二会場は場所を変えて横川商店2階です。
25人はとてもじゃないですが、皆様座れない状態で本当にすみません。店内でウロウロされてたお客様ごめんなさい
信濃大町駅長様は、新しくご就任された副駅長様とご一緒におみえでした。
また白馬や穂高から駆け付けていただいたお客様、いつも本当にありがとうございます。

047-1

金蘭黒部・村山杜氏様も来て下さり、山崎杜氏様と「杜氏会談」です

048-1

お客様なのに、三上様はお運びさんです(笑)
「うめ合わせするからね〜!」
「居酒屋花山」のケンちゃんの視線が面白い〜〜〜

052-1

この靴の状態が、倍になりました・・・

045-1

お料理は昼から準備していたのにもかかわらず、次から次からお皿が空いていったので嬉しい悲鳴です
「ひすい娘」と言われる糸魚川の甘エビは、糸魚川に浅瀬があるため安定した漁獲ができるんです。安くて美味しい甘エビは日本一だと思っています。
これは柚子風味のカルパッチョでどうぞ!
食べ応えあったと思いますよ〜

026-1

大きなバイ貝はお刺身用でしたが、季節がら煮付けで!
食べ応えあったと思います。

029-1

ハタハタはもう少し時間があれば干物になったんですが、焼き物を沢山する関係で、煮付けに落ち着きました。
これが旨かったと思います。骨が飛び出してるのが鮮度がよくて旨い証拠です少々薄味で仕上げたのは、旨味を感じていただきたかったからです!

027-1

ハタハタの煮汁を少し濃くして白カレイを煮付けました。
山椒の葉っぱは横川商店の自生もの

028-1

ハタハタの煮汁で、お豆腐と油揚げを甘辛煮にしてみました。

046-1

清水のオバアチャンにいただいたアジはお刺身用ですが、これも季節がらお酢で〆て針生姜和えは私の大好きな一品です。いつもは釣り立てのサバでするんです。
本当はサンマが一番ですよ京都のお寿司屋さんの大将に教えていただいたんです。少し醤油をおとしてどうぞ!

030-1

「三上さ〜ん、キュウリのからし漬けありがとう!
アッと言う間でしたね〜」

このほかアジフライの山盛り、カキの燻製等、作っても作っても空いたお皿が次々にきて、私も半分パニック状態でした。

057-1

「マユミさ〜ん、ありがとう
味噌クッキーでお世話になってます「カウベル立田屋」様の奥様からケーキの差し入れをいただきました。女性陣はもうメロメロです
デザートは別バラです!
お客様からいただいたおみかん、そして私は杏仁豆腐を作っちゃいました。
もう後半からはカメラを持つパワーも無くなり、若い方達はまた店頭で炭を再開です(実は私が手羽先を一袋出すのを忘れていました)

059-1

062-1

いや〜、山崎杜氏様もルンルン
ここにいる人達はお仕事関係なく皆様お仲間で楽しんでいただけました。

065-1

左の綾ちゃんは明日「北アルプス三蔵呑みあるき」のポスターのモデルになってくれます。午後一時からの撮影です。右のマリちゃんは「居酒屋花山」のナオ君の奥様です。
晴れてこの日に入籍されたそうです
「ご結婚おめでとうございます
これからも皆様ご一緒に頑張っていけたらと願っています。
今回は予想をはるかにうわまるご参加で、二階に入りきれずごめんなさい。次回はもっと計画的に考えて開催させていただきたいと思います。
皆様本当にありがとうございました。

南紅梅受付〆切りのご案内

私の友人がやってる和歌山の南紅梅の梅が急に色づきが早まったと連絡がありました。つきましては、24日(水)で受付を〆切らせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。沢山の皆様からご連絡をいただき、友人も喜んでいます。
「吉野の梅は最高じゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」なんて言ってる友人です。

1kg 400円 (送料ご負担お願いいたします)

清水のオバチャンありがとう「能生漁港」



能生漁港の卸売市場です。昨年日本酒会でお世話になったお魚屋さん「清水様」に今日もお世話になってきました。清水のオバアチャンとってもお元気でした。
セリが始まると男の人にも負けないぐらいの勢いです。

012-1

セリは午後3時からなので、まずは近くで噂の「魚萬食堂」様でお腹いっぱいお刺身といただきました。

020-1

お店の裏はきれいな石ころの海です今日は雨でしたが、晴れなら素晴らしいロケーションです。

013-1015-1

綺麗なお店が好きな方は絶対に無理です。そしてわさびを持参で行って下さいね〜
30分待って出てきたのがこ「刺身定食1200円ナリ」
噂には聞いていましたが、ここまで凄いとは・・・

016-1

018-1

どこから見ても凄いでしょう!「オジサンもう少し盛り付けを何とか・・・」なんて野暮な事は言えないようなお店です。ここでお腹いっぱいいただき、セリの会場へ行ったのでした。清水のオバアチャンとは漁協で待ち合わせ

038-1

能生漁港にはもう船が入ってるようで皆さん種分けされていました。

032-1

030-1

034-1

今日はハタハタ、メギス、ボタンエビ等を別けてられました。
今の時期はいいですが、冬はきついですよ〜、若い女性も沢山おいでで、冷やされませんように・・・

039-1

漁協内は大きいでしょう。ここには能生はもちろん、筒石や浦本で獲れた魚も入ってきます。

043-1

メギスはキラキラ光って鮮度の良さを感じます。

040-1

「でっかいヒラメ〜〜〜〜〜〜!」

045-1

水タコもデッカイ〜〜〜〜〜!タコしゃぶが美味しそう

046-1

このサイズのアイナメは値打ちもの

047-1

これ「セイカイ」って言われてる魚ですが、メバルじゃないのかなぁ?

048-1

毛ガニもある〜〜〜〜〜〜

054-1

これ何?エイのひれだそうです。ヒレ以外は食べないそうです。
そういえば北海道の羅臼で味噌煮でいただいた事があります。けっこうコラーゲンたっぷりで美味しかったです。

094-1

でっかいタラです。真鱈?スケソウ?大きなお口をあけて〜〜〜〜〜
092-1

イカはスルメイカです。これは私もうるさいですよ〜
色でも判断しますが、足をさわってみれば、こうやって吸いつけば鮮度がいいんです。スルメイカに噛まれたら痛いんですよ〜、あとよく船上でスミをふかれた事があります

061-1

059-1

清水のオバアチャンと一緒に場内を歩きながら、何が欲しい?って聞いていただくんですが、沢山ありすぎるのと、セリの凄さで無理は言えません。
ふと立ち止まられてじ〜っと鯛とにらめっこ
鯛は一匹2キロぐらいのものが最高なんだそうです大きくなるほど筋があるらしく、価格も低くなるそうです。
色々なことをお話ししながら、豆知識をいただくのもありがたいです。

066-1

セリが始まると、清水のオバアチャンは本当に小柄です。
でも凄いんですよ〜

070-1

ホラ男性をかき分けそそくさと「NO1」の札を置かれていきます。
この札が「買った」と言う印のようなものだそうです。

068-1

ぬかりなく札をすっと出されます。

076-1

何だかとっても心配で、私は買われたお魚を運搬車に乗せてウロウロしていました。
セリをされてる男性の手がスッと清水のオバアチャンの肩にふれられた時に、何だかとっても安心した気分になりました。きっと皆さんオバアチャンの事を理解されてるのでしょうね

065-1

とってもきれいな鯛を競られました、積み込み積み込み

087-1

タコは地元の真タコでしょう。札も「1」でカッコいい〜〜〜

078-1

「今度はなんですか?」

079-1

「ウォ〜〜〜、男性より迫力

090-1

私も大忙しです、一度リヤカーに積みこんで、また場内へ・・・
いや〜、今回はしっかりと身内状態です。
「ネェサンこれ積んで!」
「ハイハイ!オバアチャン頑張って!」
同じ仲間の方達に「孫かい?」なんて言われる始末です。

027-1

先に戻れって言われ、もう一人のオバチャン御夫妻と歩いてすぐのお店に戻りました。リヤカー押しながら楽しかったです。

098-1

096-1

一緒にお店に運び込んで、いよいよ販売です。不思議と町の方々がどんどん来られます。「汁の魚はないかい?」なんてね!

095-1

清水のオバアチャンがお手伝いしたからって、こんなに沢山のアジを私にって・・・
ウロウロして逆に邪魔になったはずなのに・・・

099-1

他に色々お魚を購入しましたが、いただいたアジのほうが高かったかも?
「今度はもっと大きなクーラーもっといで!」だって

025-1

清水のオバアチャン、ずっとこの能生漁港の前でお商売をされてきましたが、今年いっぱいで引退されるそうです。そしていつもご一緒だった新しいオバチャン御夫妻があとをされるそうです。まだ半年ありますが、長い間ご苦労様でした。
当分はご一緒にされるようですので、またお会いできそうです。
そして今日はもうお一人、お店に嬉しいお届けがありました。

007-1

「信濃ワイン」営業の橋詰様です。
明日の「ゲリラ宴会」には来られませんが、皆様にワインの試飲をお願いされました。辛口発言大いに結構だそうです
次回はぜひご参加下さいね〜〜〜

清水様
能生漁港前
TEL 025-566-3023
セリが終わってお店に魚が並ぶのは16時頃です。(土・火お休み)

クーラー満タン!

清水のおばあちゃんにお手伝いしたからってアジを一箱ももらっちゃった!何だか邪魔しに行ったようなものなのに申し訳ないです。今からクーラー満タンで帰ります。皆さん明日来て下さいね〜

セリのお手伝い!

c88ae5fb.jpgセリのお手伝いをしています。やっぱりパワーがいりますよ〜〜〜、清水のおばあちゃん元気過ぎ!もう私はヘロヘロ〜、おばあちゃん待って〜〜〜

能生漁港です!

11ec76a6.jpg明日のゲリラ宴会は何の魚がいいかなぁ?清水のおばあちゃんはどこ〜〜〜

釣れたよ〜〜〜

024-1

釣れたよ〜〜〜〜〜〜〜
今年初のレインボーにご対面場所はヒ・ミ・ツ

026-1

ニジマス4匹ゲットです。
でも今日はお料理してる時間がないんですよ〜
そうだ

027-1

「ケンちゃんが釣ったんじゃないよ〜〜〜
僕が釣ったニジマス400円なんてメニューに入れてないでしょうね〜
関西の若い二人が頑張ってる「居酒屋花山」様に持って行きました。(ちゃんと料理できるんかなぁ〜?)

014-1

今日も一日バタバタしていました。田んぼの様子を見に行ったら、雑草がこんなにひどい状態です。そろそろ畦を刈ってもらわないと・・・

013-1

水を出してもわからないぐらいです。今年は西側の水はけがとってもいいので水管理も大変そうです。

018-1

随分稲が大きくなりました。今日は雨だと思ってたのに午後から青空でビックリです。大町は標高が700メートル以上もある高原の町のなんですよ〜

017-1

「うぉ〜〜〜オタマジャクシが涼しげに泳いでる〜〜〜!」

011-1

田んぼの近くにある「おさんぽ食堂・クリープ」様です。
近くにあるのがいいのか悪いのか・・・、地元の若い女の子が二人で頑張ってられるCafeなんです。最近オープンされて、このあいだお邪魔したらメチャクチャ美味しくって

今日のランチは豚肉とアナゴと姫竹のてんぷらの盛り合わせです。

012-1

甘酢がかけられてるのがとっても美味しかったです。お味付けが最高

020-1

お店では夏のギフトが動き出してるようです。やっぱりこのポスターはインパクトがいいのかなぁ〜、今日も竹かごセットが好調だったようです
この竹かごはけっこう深いので、何でも入るみたいです。お急ぎでないお客様はお時間いただければ私がラッピングさせていただきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

おさんぽ食堂 くりーぷ様
大町市大町1601-2 サンアルプス大町1F
TEL 0261-22-8895


大町MIASA・メンドシーノ国際交流アート&クラフトショー開催

014-1

大町市美麻地区と交流する米国カリフォルニア州メンドシーノの芸術家の作品展「大町MIASA/メンドシーノ国際交流アート&クラフトショー」が6月18日から7月20日まで開催されます。
会場は同市八日町の塩の道博物館様と、仁科町のギャラリーいーずら様。メンドシーノの写真家、画家、石工芸家ら28人の作品約100点を展示されています。

015-1

仁科町のギャラリーいーずら様です。
029-1

創舎わちがい様には私の好きな「鉄工房・アイゼン」様の作品がとっても素敵です。
アイゼン・宮嶋様は白馬の「森と人と」でも個展をされています。
今日は時間がないので、後程またゆっくりと拝見させていただきますね!

077-1

「キャハ〜〜〜〜〜〜〜〜!、大きくなったね〜〜〜〜〜〜〜」
そんな持ち方・・・
「ユナイトコーヒー」様の産まれたてのパグ君達はこんなに大きくなりました。
生後約40日です

078-1

084-1080-1

「メッチャ可愛い〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

049-1

今日も奥様はハンドピックをされて、悪い豆を除外されています。
この除外された豆は焙煎される時の下焼みたいなものに使われるそうです。
最近私はカルチャーショックをうけました。県内の某有名デパ地下の100g1,000円以上もする豆を見たら、「ゲェ〜〜〜!」って感じでした。ハンドピックの凄さを、コーヒー豆は本当に農産物なんだって確信しました。ワイン用ぶどうとも似た感じがします。日々見てるとわかるようになってくるもんなんですね〜

047-1

一人づつたてていただくコーヒーは格別の味わいと香りです。

038-1

ほんのり甘い黒豆のケーキには、深入りのインディアがピッタリです。
やっぱりワインと似た感覚です。
ユナイトコーヒー様は横川商店から歩いてすぐです

CAOHWZVZ

夜にはお世話になってます「穂高パソコンスクール」様の、穂高神社大遷宮祭の模擬店打ち上げでした。
穂高パソコンプラザ様の前で、皆さん御一緒に焼き肉をたらふくご馳走になりましたよ〜〜〜、肉は久しぶり〜〜〜〜〜〜、元気出ました

CAB0PJBF

ウフフ・・・、意外にシャイな村中校長先生デシタ
アットホームな穂高パソコンスクール様で、私はHPを持つことができ、色々なお客様とお知り合いになれて本当に感謝です。パソコンあ「心がない」と言った風に言われがちですが、私の場合は全く違います。生活していくためには必需品です。3年前にはまさか私がパソコンするなんて思ってもみなかったんですから

果物の宝庫・小布施

029-1

お世話になってます「小布施ワイナリー」様のムラサキ農場です。
ちょうどワイン用ブドウの花が満開でした。詳しくは蔵日記よりどうぞ!

017-1

サクランボの最高峰「佐藤錦」です!京都にいた頃は毎年山形の寒河江や東根まで出向いては農園さんで送ってもらってました。山形でもレンタサイクルで移動していたのでわかるのですが、ここ小布施や須坂、そして中野辺りは山形の風土ととっても良く似てるように感じます。
こちら「みやがわ」様です。
とっても甘くて爽やかで私が購入してた山形のサクランボと変わりありません、逆に美味しいです!山形でサクランボを購入する事ほど大変なわけで・・・


014-1

【私のサクランボ論】
●きちんと箱に整列してるのは高いので、あまり売れず裏を見るとかびてる事があるので避けたい。バラバラに入ってる方が鮮度もいいし傷みが少ないように感じます。
●絶対に冷蔵庫の入ってるサクランボは購入しない。(何日経ってるかわからないので・・・)
もし冷蔵で送ったら、到着時すぐに冷蔵で管理しないと鮮度がいっきに落ちます。
●小売店で販売されてるものは、じくを見て下さい。鮮度がわかります。
●山形で購入するときには、農園さんの出来が毎年違うので、5.6軒試食してから贈り物にしてました。
●サクランボは色でなくて品種で味わいが違います。最高峰・佐藤錦でも輸入品があるんです。
●山形では自家用ブドウを栽培されてる方を見つけると、毎年美味しいサクランボが手に入ります。

いや〜、サクランボにはハマりましたよ〜〜〜〜〜〜〜〜

018-1

山形でもこうやって即売されながら箱詰めされてました。関東や関西方面には1箱きっちり整列したものが高くで販売されてるんですよね〜、確か「箱詰め名人さん」っていう方もいらっしゃいましたし、この時期サクランボの種飛ばし大会って言うイベントもありました。農家さんにとっては宝石ですよね!

020-1019-1

「みやがわ」様は、小布施から須坂方面へ、角藤様のすぐ近くです。
ちょうど今が旬のようなので、お近くにお越しの際にはぜひどうぞ!

021-1

こちらはリンゴです。多分早く赤くなる早生種かな?フジでないのは確かです。
今は撤果作業で大忙しのようです。
今度大町の爺ヶ岳スキー場の「シャンティロッジ」様で、安曇野の坂野農園様で撤果体験をされるようです。ぜひぜひ子供さん方には経験してほしいと思います。そしてできる事なら、ちょっと撤果されたリンゴをもらってきて下さいね!

085-1

ちょっといただいてきました。カシグルミも少々。

083-1

何でもないものがシャンパングラスに生け込むことで素敵なテーブル花になるんです。
子供さんなら爪楊枝をさせば何か動物になるかな?

006-1

フジは今こんな感じです!

064-1

こちらはモモです。

067-1

こちらはカシグルミで、この状態で味噌漬けにもできるんです。小布施のある栗おこわには味噌漬けが入ってますよ〜

066^1

栗の花も満開です。この栗ですが、小布施は有名ですよね!
でも栗園が多いのはわりとこのあたりじゃなくてもっと下の方が多いです。長野電鉄よりも千曲川沿いですね〜
土壌や気温の問題もあるのでしょう。

022-1

ムラサキ農場の帰りに、時々お話しさせていただく「角藤農園」の栽培家・佐藤様にお会いしました。今はまだ契約栽培で県内のワイナリー様へ卸されています。

023-1025-1

今日は雨上がりの蒸し暑さの中、芽かき作業をされていました。
この移動する作業台いいですよね〜
この広い畑を歩くだけでも大変なのに、一つ一つ丁寧に除葉され、どの新梢を有効にするのかを的確な判断で、手早く作業されることは「経験」という言葉がピッタリでしょう。ブドウだけでなく、色々な果実栽培を長年続けられ、沢山の引き出しを持たれています。お話を聞いていても面白いです。「経験」は年齢とともに重ねていくもので、佐藤様の魅力は凄いものです。実際昨年のぶどうを見せていただき驚きましたから

051-1

052-1

芽かきをする前に、これだけ葉っぱが密になってるので、まずは除葉からだそうです。そして新梢を見極められる・・・

054-1

こうして芽かきができるんです。すっきりしてるでしょう。

058-1

とにかく大変な速さでこのように作業を続けられていました。

027-1

ちょうど今シャルドネのお花が満開でした。

061-1

こんな小さな苗にもお花が咲いてるんです。
小布施・須坂を一回りし、大町に帰って来てからまた大変!

b0140235_10525678

昨夜ここで酔っぱらったのでした
いつも気を張ってるのですが、店主の幼なじみという事で気がゆるんじゃいましたでも意識はありましたから大丈夫
いったい何を飲んだのか?湯川酒造様の「十五代九郎右衛門・長野酵母」はよかったのですが、あとはサワーです!巨峰・ライチ・カシス・また巨峰・・・

b0140235_11131246

御主人さんいいですよ〜、気さくだし、口は悪いですが面白い
店主の事を「おいマサシ〜〜〜〜〜〜〜〜!」なんて呼んでましたから相当な仲なんでしょう。

074-1

わざわざ京風にしていただきありがとうございます。
077-1

お刺身も綺麗な盛り付けでさすが!キュウリが最高

079-1

〆はやっぱり店主の大好物「鳥の唐揚げ」です。ドレッシングのジュレが夏らしいですね!今日は少々二日酔い状態なので、絶食して温かいものでお腹をいたわってあげなきゃ

みやがわ農園様(宮川由明様)
382-0011 長野県須坂市本郷町3640
TEL・FAX 026-245-6230
携帯 090-6311-7775

呑んでます!

a68657ae.jpg今日は小布施ワイナリー様のぶどう畑を見に行ってきました。ぶどうの花が咲いていました。今は大町に戻り、店主の同級生のお店「のんき」さんで酔っ払いです!たまにはいいですよね〜

温かなパンの味わい「白馬・アルル」様

037-1

今日は横川商店は定休日でしたが、お味噌の仕込みは続いています。
今はこうじの仕込みですので、時間の合間をみて、店主に白馬の「青鬼」まで連れてもらいました。
ここは以前にもご紹介していますが、北安大國の「白馬紫雲」の仕込み米「白馬の紫米」を栽培されています。今年も田植えが終わっていよいよお米作りです。

036-1

川での撮影と違って、お酒の箱の上にイグサのクロスを置くので簡単です!(落ちる心配がないので・・・)

035-1

白馬三山が見えないのが残念ですが、午後は逆行になる場所なもので・・・

0441

普段の日でも観光のお客様がけっこう入ってられる青鬼集落は、カメラの方々の絶好の場所なんでしょう。

043-1

最近は養蜂も始められたのでしょか・・・
ブンブン飛び回ってました

048-1

こちらが紫米の田んぼです。何となく普通の田んぼよりやや黒っぽく見えます。

049-1

ひと株づつ見てもあまりよくわからないですよね〜
青鬼集落は白馬駅よりお車で約15分ほどの高台の集落です。

067-1

大町に戻るとビックリする方にお会いしました。
このたび「北アルプス三蔵呑みあるき」ご協力いただく、白馬のペンション「アルル」様の奥様です。お郷が大町の方なんです。
箱にいっぱいの焼き立てパンを頂戴しました。
いや〜、ほんとお会いできて嬉しかったですし、パンまでいただくなんて恐縮です。

071-1

失礼なんですが、ご家庭でここまで美味しいパンが焼けるんですね〜
ふんわかして、優しい香りとクセのない味わいです。
ほんのり甘く、ひとつはプレーン、もうひとつはヨモギの香りがします。
9月12日の呑みあるきの翌朝に、このようなパンがアツアツで出されたらたまりませんね〜〜〜

075-1

きめ細かなパンで、まるでオーナー鷲澤様ご夫妻のお人柄が出てるかのようなパンです。ご主人様は「日本テレマークスキー協会」の公認指導員、また数々のアウトドア関係の御指導もされています。
日帰りで八方尾根の黒菱平まで車で行かれ、唐松岳、五竜岳、小遠見尾根経由でテレキャビンなしで神城まで降りられ、ご自宅まで走って帰られたらしいです。しかも一日でですよ〜!(私なんて小遠見山で精一杯なのに・・・)

お中元チラシできあがり!

049-1

今日も店主はお店の裏の蔵の自社室で、お味噌用の「こうじ」を仕込んでいます。

032-1

私は〜っと、コマ工芸様にお願いしたワイン用の陳列台を組み合わせ、レイアウトの調整中です。
商品が思ったより整理でき、よりお客様が見やすい売り場になればって思っていますので、今しばらくお待ち下さいませ。

028-1

昨日撮ったお中元用のイメージ写真と、内容の写真を持って、ある程度私が作ったものを、「穂高パソコンプラザ」様の先生に調整していただき印刷します。
やはり今年は「竹かご」を使ったさりげない「夏の贈り物」をと考えています。
お中元って意外と毎年同じものが出ていますが、」好き嫌いが多いのと、地方によって好まれるものが違います。義理で贈られる方はどんどん減り、「チョットした贈り物」という感じになってきているように感じます。そして、自分がいただいて嬉しいものが、先様にもお喜びいただけるのではないかと思っています。
今年は遊び心のある、選ぶのも楽しめるように考えてみました。
まずはこの竹かごです。カゴのみでも、また古典柄の風呂敷包みでもお喜びいただけるでしょう。

010-1

013-1

018-1

023-1

025-1

これらは代替2,000円弱のセットです。
店内のお品物はなんなりと竹かごにセットさせていただくと言う試みをさせていただこうと思います。お客様のセンスが光るオリジナルギフトですね


057-1

穂高パソコンプラザ様でチェックをしたいただくのは、主にレイアウトや書体です。

059-1

こちらはイメージポスターです。
なかなかでしょう
もうどんなセットがいくらとか、ゴチャゴチャ書いてあるのがワンパターンなので、思い切った方向で進めてみようと思います。

061-1

こちらはチラシです。明日から店頭でご案内させていただきますね!
川にはまりながら撮った写真ですので、どうぞもらってやって下さいね

063-1

そしてまたまた私のパソコンが悲鳴をあげ出しています。
写真がたまってるのかなぁ〜

イメージ写真大作戦「横川商店のお中元」

042-1

「ヤッチャッタ〜!」
登山靴ごと川にドボ〜ンでもお中元のイメージ写真が撮れました
Myベンツのカゴはとっても便利です。登山靴をこうやってかけて下りて来ました。
竿も乗ってるぞ

041-1

場所は大町ダムの下流で、高瀬川と篭川の合流点です。
どの場所で撮影するかは太陽の向きとも相談して・・・

007-1

何か葉っぱをって思ってると、ちょうどホウの葉っぱが落ちていました。(タイミングのいい事)

008-1

Myベンツにホウバを積んで、河原まで下りました。

010-1

足場のしっかりした場所で、流れの綺麗な場所を探します。

009-1

このあたりかなぁ〜〜〜
イメージを頭に描きながらの撮影は、生け花の感覚と同じなんです。

029^1

撮影現場はこんな感じです。
けっこう流れの感じを表現するには、急な流れのほうが綺麗に写るようです。

031-1

「アッチャ〜〜〜また落ちた

017-1

033-1

二種類の写真を撮りました。
今年のお中元は「竹かごでごあいさつ!」と言うイメージです。
お客様にお選びいただく、心からのギフトを展開したいと思います。
写真の竹かご入りで、2,000円弱程になります。
お好きなものをご一緒に竹かごに詰め合わせさせていただきますね
この写真を撮り終えたら膝下までビッショリでした

035-1

いつも橋から見る堰堤も、河原から見ると迫力です。

037-1

ちょっと竿出しましたが、釣れる訳ありません。
川の流れの凄さにビビって戻りました

私の怖い人、それは・・・

014-1

お薬が届いてホッとしました。
私はあまりにできの悪い患者なわけで、見捨てられたと思ったからです
そう思うことが身体が冷えてるのでしょう。
これは東洋医学的な見解です。
私の1ヶ月分のお薬デ〜ス
「瘀血(おけつ)」剤と、身体の水滞をさばくお薬です。
「瘀血(おけつ)」というのは、血液は体中を循環していますが、その循環に異常がある状態の事です。ある意味「シミ」もそうですね!
私は舌先にもできています。
もう10年以上飲んでいますし、先生にもお世話になっています。

012-1

左下の女性が私の師匠であります「須藤朝代」先生です。
世界で一番怖いですが、大好きな先生です。
日中医薬研究会の「渡辺武先生」のお弟子様です。今は「慢性・難病フォーラム」の委員長をされています。
先生のお薬の処方は変わっていて、漢方薬は症状を助けるもので、治すものではないと言われます。そして最終的には「食事」で治しなさいと言われます。
病院で病名がつくまでに治すことが理想であって、そのためには自分の身体の変調を察知できる力をつけなさいと言われます。

013-1

例えばよく言われてる自然食ですが、自分の身体が冷えてるのか、熱ってるのか、その日その日で違います。私が寒くても他の人が暑かったり、人それぞれ違いますよね。だから夏に寒く感じるときにキュウリやトマトなんか食べたら冷えちゃいます。また春先にノビルや行者ニンニクを珍しがって食べるのはいいのですが、気の上がりやすい時期にそのようなものを摂りすぎると夜気がたって大変です。「身体にいいから!」という言葉は怖いものです。「サジ加減」という言葉も大切ですし、食べるときの味の加え方、例えばお肉を食べるときには香辛料をかけて食べることにより、お腹の中での腐敗を防ぎます。お肉類は決して悪いものではないのに、何となく自然食主義と言われてる方は悪者のように思われがちです。
バランス良く食べることが一番のように感じます。
まぁ〜、私も色々失敗してきました。
「あなたは失敗しないとわからない人だから!」って須藤先生にはいつも言われていました。それが大町に住むようになって、今まで京都で教えていただいたことが実践できているのです。これほど不思議な偶然はないなぁ〜って思っています。
きっと神様が「おまえは実践しないとやっぱりわからない奴だ!」って言われてるようです。それが10年以上も失敗を繰り返すと、バカな私でも自然に身に付いてくるようで、人様の手をさわったり、容姿を見ると何だか健康状態までが見えてくることもあって怖いです。
「病気」というものにならないとなかなかわからないものですね!
このあいだ「尿管結石」の手術をしたことをお話しし、まだ結石が出てない事をお話しすると「身体が良い方にも、悪い方にも変化する時は、健康になるチャンス到来の時です、石の動くのは不快ですが、居座られる事の方が病になります、痛みを感じてはじめて自体が対処する行動がおこされます」というお便りをいただきました。
考え方ですよね〜、まだ石が滞ってますが、明らかに動いています。
京都時代須藤先生のところへお薬をいただきに行くと、メチャクチャ元気になるんです。私なんかがよく診てもらえるようになったものです。
ほんと難病の方が多く、西洋医学ではどうしようもない症状の方が多かったです。
昼間帽子を深くかぶり、血膿が噴出したアトピーの男性は1ヶ月で先生の食養生で見られる顔になって来られた時には驚きました。練りゴマはちみつで皮膚の再生、紅玉梅干しで全ての身体をリセットできる!こんな何でもない簡単なことなんですよ〜
今の私の生活はハチャメチャですが、これ以上駄目!ってとこでストップがかけられます。そして体調を整えるには絶食ですね
この食生活で先生にお会いしてからは風邪知らずです。
「京都のみなさ〜ん、頑張ってますよ〜〜〜!」

まちへ行こう!街中LIVE「私たちのグランドゼロ」



この歌声懐かしいでしょう
大町ご出身の方で、店主が良く存じあげてると思ったら、昔アルバイトをしていただいてたそうです。
このCMは私の年代以上の方はよくご存知ですよね〜
この歌声にはビックリしました。他には「チョッコレート、チョッコレート、チョコレートは明治〜、とかよく聞いたCMソングのオンパレードでした。
今日は午後2時から夜の9時過ぎまでとっても楽しい時間を過ごさせていただきました。
「私たちのグランドゼロ・・・」町へ行こうプロジェクトの皆様は、平成17年2月の大火災をきっかけに、市内のアマチュアバンドの皆様を中心に、町の中に人が戻って来られるよう頑張ってライブをしていただき、活動されています。
今日は一般の方々も大勢参加され、あっと言う間の一日でした。

033-1

横川商店では、居酒屋花山様とご一緒に飲み物のサービスをさせていただきました。

052-1

一合の地酒も完売でした。若い方々が日本酒もお楽しみいただけるなんて嬉しかったです。

068-1

そして被災後すぐに立ち上げた時の看板も持ってきました
この看板はただの木の板です。「これで営業したんだなぁ〜」なんて思い出していました。

034-1

居酒屋花山のお二人「ケンちゃんとナオ君です」
ケンちゃんはこの後また酔っぱらってお店の準備をすると言いながら、お店に帰ったら爆睡だったらしく、お客様が大ハッスルしていただくというハプニングです
いつも何かをやらかしてくれるお二人です

026-1

ギターを持たれてオジチャンが頑張られたり・・・

051-1

地元の吹奏楽部の皆様の演奏があったり・・・

080-1

可愛い足?なんて思ってたら・・・

085-1

S様ではないですか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(男性です)

102-1

また「町へ行こう」と言う歌の大合唱があったり・・・

106-1

会場は日が暮れる程に盛り上がってきました。

037-1

てるてる君も頑張ってくれました。

031-1

とっても美味しいタコ焼きもありました。

050-1

ポレポレ様のタイ風カレーも最高

053-1

お野菜のカレーですが、コクがあって美味しかったです

039-1

とっても美味しいキッシュもありました。

049-1

私にビールサーバーをまかすと言ってた店主が場所を離れません。
きっと楽しかったのでしょう。

046-1

では自分達に焼とりを始めました。
楽しい時間をご一緒できて嬉しかったです。
イベントを企画していただきありがとうございました。
とても元気が出ました。また明日から頑張りますね

被災地のライブに来て下さい!

239c1ea4

今日横川商店横の空き地で14時過ぎより21時頃までロックコンサートがあります。
「町へ行こうバンド」の皆様が、大火のの後、人々が街中に戻って来て欲しいという願いを込めて発信されてるバンドです。
私も被災者の一人で、あの夜の火災は今でも深く残っています。

6f5617f4

今こうやって画像を載せられるのも、ようやく吹っ切れるものが出来ています。
これは街中の皆様のお陰だと感謝感謝です。
2月上旬の深夜、12時頃店主より「火事!火事〜〜〜!」って電話をもらい、まだその頃は宿泊が近くのビジネスホテルだったため、窓から見ると真っ赤な火柱がたっていました。つい1時間ほど前には歩いていた場所だったんです。
店主も市野屋商店杜氏「村山大蔵」様の電話をうけ、火事に気付いたようです。
私も駆けつけましたが、もう塩原書店様、お隣の羽田様にも火が入り、なんとかと思ったのですが、屋根に積もった1メートルほどの雪が逆に火を横走りさせたのでしょう。もう消えるかなって思った午前3時半頃、横川商店の中から真っ黒な煙が出てきて、ピカッと光り、一瞬のうちに爆発炎上しました。皆さん口々に「やまじゅうが燃えた・・・」って口走ってられたのを思い出します。店主は火の中に飛び込もうとするのを村山杜氏様と私とで必死に止めました。その時に報道陣の方のマイクが出て「今お家が燃えてますけど・・・」ってインタビューに来たんです。私は思いっきり怒鳴りつけたのを憶えてます。私はその後消失したお店の整理、そして店主と仮店舗を立ち上げる話をしました。
でも火災の怖さは経験したものでないとわからないなぁ〜って思っています。
1年以上赤い色、部屋の隙間、真っ暗な場所、サイレンの音、色々なトラウマが発生し、安定剤と睡眠薬のお世話になりました。
この火災の後に私は店主から新しいお店の立ち上げの話があり、本格的にお店を手伝うことになったんです。火災により新しい試みを考え、とにかく町の皆様に気軽に遊びに来ていただけるお店を目指して日々努力しているつもりです。
今日は被災地でのライブです。私は一日ボンボンをご用意し、生ビールを販売しています。どうぞ皆様遊びに来て下さいね

森と鉄と・・・ 「鉄工房 アイゼン」様個展ご案内

057-1

いつもお世話になってます「鉄工房 アイゼン」様、ブログコメントでは「zarlo」様で皆様ご存知だと思います。
ご主人様の「宮嶋昭夫」様の鉄のアートは何度かご紹介させていただいてます。
このたび白馬のアートカフェ「森と人と」様で、とっても素敵な個展を開催されています。明日おうかがいするつもりでしたが、横川商店横の空き地でのロックコンサートが開催される関係で、私はビール係りに任命され惜しくも断念です。
「zarlo様〜〜〜、またまたごめんなさ〜い
でもとっても素敵な作品を見せていただきました。
8月4日まで開催されています。

056-1

白馬のみそら野にあります「森と人と」様は、本当に森の中のとっても素敵なCafeです。紅茶や中国茶がいただけるそうで、私もぜひ次回は中国茶を楽しませていただきたいですね
いっきに緑の森になったような気がします。

040-1

一番に目に飛び込んできたのはこちらのデスクとチェアです。
何とも宮嶋様の手にかかってしまうと、冷たくて硬いイメージの鉄が、こんなにあたたかみが出るんですね

041-1

いつのまにこんなに大きな鏡まで・・・
どんなものでも鉄で表現出来るもんなんですね

043-1

古布をビーズであしらってデザインされたビーズアーティスト「小井智香子」様の作品とのコラボも面白いです。
そしてガラス作家「高橋克典」様の作品もディスプレイの面白さを楽しませていただきました。
小さな小物も新作が続々です

047-1

こちらの照明器具も素敵

045-1

こんなトイレットペーパーホルダーの似合う家が欲しい〜〜〜〜〜〜〜
「きっとその時は宮嶋様にお願いしようしっかり働かなきゃ!」

046-1

こちらはフエルト?でしょうか・・・
なんともアールヌーヴォー的な雰囲気がありますね。

051-1

ガラス作家様の作品には、KURAに連載されています「唐木さち」先生の生け込みがより作品をひきたてられまてました。
偶々お伺いした時に「唐木さち」先生がいらっしゃってビックリしました。
「信州を生ける!」って言っても過言でないような、自然をとっても素敵に表現される作品なので、私の一番好きな先生です。

052-1

初夏のイメージが素晴らしいですよね
アジサイの色の濃淡、そしてナナカマドで奥行きを強調される作品です。なんとも素晴らしいです。トップのアジサイのブルーが、ガラスの作品と繋がりを持たせられ、素晴らしいマッチングです

054-1

唐木さち先生が目の前で生けていらっしゃるのを見てる自分が信じられない光景でした。本当にラッキーな日でした。
京都にはない生け花の世界を痛感します。

03901

帰りには「北アルプス三蔵呑みあるき」のご協力店様に寄らせていただくことにしました。その前にはいつもジェラートショップ「花彩」様へ

034-1

今日は〜っと、しぼりたてミルクとラム系のものをチョイス

036-1

「美味しい〜〜〜〜〜〜〜
ここは3年前に横川商店が新店舗オープンしてすぐに修業に来たペンションがあるので、とっても懐かしい場所なんです。その時も毎日通いました

037-1

木彫のトトロが可愛いです。
どちらもみそら野にあるんです。

058-1

そしてレンタサイクルでエコーランドに入り、行く先は・・・

062-1

ご協力店様の「アルル」様です。
このあいだお伺いした時は桜が咲いていました。

059-1

今日は奥様笑顔でいらっしゃいました。
このあいだは体調がお悪くてすみませんでした。
とにかく面白い奥様で、何だか漫才をされてるかのノリがあるんですよ〜、大町の方ってイメージなんですが・・・
きっと呑みあるきの時にご宿泊されたお客様は、奥様お手製のパンを出していただきますよ〜、ご予約はお早い目にどうぞ
オーナーのご主人様は、山歩き超ベテランなので、山の話が尽きないでしょう。

065-1

そしてオリンピックジャンプ台を横目に、白馬八方温泉に移動

069-1

白馬八方温泉の「まるに旅館」様です。

067-1

このあいだはお会いできなかった女将様はとっても気さくな方でした。
息子様がご結婚されて、このたび「まるに旅館」様に戻って来られたそうです。
メチャクチャ期待出来ますよね〜

068-1

この茶目っ気たっぷりの女将様と息子様です。
呑みあるき当日お泊りのお客様は、大町まで送迎していただけるそうです。
こちら様も超お得な宿泊ご協力店様です。

木崎湖へ営業 Myベンツ「Yショップニシ(縁川商店)」様

002-1

朝からお客様の便箋のデザインや、「なめ味噌」の追加、グルメ店のご紹介など事務処理を済ませて行く先は木崎湖!Myベンツ出動です

005-1

Myベンツだと屋根がないので、お天気合わせの仕事になります。
今日は午後からいいお天気になりました。木崎湖畔では木漏れ日を浴びながらいい気持ちです

003-1

「あ〜〜〜山椒だぁ
京都ではお料理につきものです。特に春先の竹の子には欠かせません。大町のお店ではほとんど手に入らないのですが、生えてる場所を憶えておくといいですね

006-1

湖畔沿いのハスもこんなに葉っぱが出ています。

037-1

ブルーベリーもしっかりと果実が付いています。
お客様〜、もうすぐブルーベリーの季節ですよ

009-1

木崎湖は一部湖畔ギリギリのところまで自転車で走れます。
この爽やかな風は信州ならでは、って言うより大町ならではです

042-1

稲尾の田んぼには白馬錦の蔵人様がいらっしゃいました。
今の時期は農業をされているそうです。ご自分でできる精一杯の努力をされて安全なお米を作られています。もうすぐアイガモちゃんが来るそうです!

014-1

ようやく見えてきました。
木崎湖畔のこの看板、来られた事のあるお客様ならご存知ですよね!
ヤマザキショップの「縁川商店」様です。
アニメの『おねがい☆ティーチャー』『おねがい☆ツインズ』で縁川商店として登場した「Yショップニシ(縁川商店)」様です。
このたび「北アルプス三蔵呑みあるき」のご協力店様になっていただきました。

032-1

店内はお土産からスナック類までそろっています。

020-1

そしてアニメファン大人気の「ゆーぷる木崎湖」の特別入浴券セット

018-1

そして大町の蔵元さんが造ったお酒のセットまで販売されています。

033-1

こちらの厨房はアニメに出てくるのと同じキッチンだそうで、写真を撮られる方も多いようです。
実は私は春には良く世話になっていたんです。

015-1

これこれ!京都を思わせるようなカレーうどんです。
縁川商店様では「小石のうどん」という名前です。
メチャクチャ美味しいですよ
京都は昔は揚げの入ったカレーうどんが主流だったんですけどね

016-1

半熟卵がたまりませんよ〜〜〜

034-1

呑みあるき当日は臨時列車が増発される事をお話しすると、鉄道ファンの方がとっても多いそうです。それでこのようなステッカーも置かれているんですね!アニメファンや鉄道ファンだけでなく、県外からのお客様が「お久しぶり〜!」って入って来られたり、地元のお客様の寄り合い場所になっていたり、とっても楽しい縁川商店様です。

029-1

経営は若いご姉妹さんとお母さん、そして「おらが店長!」と言ってしまいそうな可愛い子供さんがいらっしゃいます。

027-1

ヘルメットカットだぞ〜〜〜!
縁川商店様は木崎湖の国道沿いなのですぐにわかります。

048-1

帰りがけ、ちょっと農具川で竿を出してみました!
解禁時とは川の様子もずいぶん違います。

045-1

「わぁ〜水草

047-1

「また〜〜〜、木の根っこ

049-1

場所を変えて過去に大きなニジマスを釣ったところに来ました。
ここはいいポイントがあるんです。
でもね〜、釣れたのは・・・
「蛇」だったんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
もう腰抜かしそうになりました。
「サボってないで仕事しろ〜〜〜!」って言うことでしょう

森の中のカフェ 「cafe forest」様

005-1

今日は篭川で竿を出したんですが、お魚は相手にしてくれません。

007-1

ポイントがわからず、クマが出そうな雰囲気にとうとう断念の私(根性無し)

009-1

篭川にこんな堰堤があったとは・・・

027-1

いつも気になっていた「cafe forest」様です。
ちょうど日向山の扇沢まで行く道路沿いです。この看板が目印です。

026-1

森の中にあるお店で、とっても雰囲気がいいんです。
手作りの家具などもされてるそうで、店内にも沢山の作品が飾られていました。

024-1

011-1

店内は手作り家具で揃えられていて、なんてゆっくりできる空間なのでしょう。
キッチンの窓がスケッチブックのようなんです。

022-1

私は座り心地のいい木の椅子でカウンター!

023-1

「あ〜〜〜、木崎湖の縁川商店様〜〜〜〜〜
フキノトウを採りに行く頃、いつもお世話になってた木崎湖畔の縁川商店様です。
「また小石のうどん食べに行きますので〜!」

015-1

ナス・トマトのパスタはタップリの新鮮サラダ付きです。

016-1

夏野菜もピリ辛味をきかせていただいてるので、冷えなくて安心です
ボリュームたっぷりで、落ち着いた雰囲気
最高のランチです
ご飯食のランチも家庭的なメニューで嬉しいですね
手作りスィーツもありますのでお茶するのも楽しいものです。
持ち帰りでパンやスコーンも販売されています。

019-1

今日は京都の東洋医学の師匠のお土産に、地元産の蜂蜜を購入しました。
「キハダ」「山桜」「栃」の蜂蜜は、それぞれに味わい深いものです。
キハダには驚きました、まさに胃薬ですよね〜

020-1

試食もさせていただけるんです。

033-1

帰りにいつも通る大町のワイン用ぶどう畑です。
もうずいぶん大きくなりました。

029-1

今日は栽培されてる方と色々お話しさせていただきました。
シャルドネの誘引をされてるのですが、手間のいる作業なんです。
ご自分の作られたぶどうのワインがどんなになるのか楽しみです。とお話しされていました。
「大町にもワイナリーが出来ればいいのになぁ〜」

032-1

031-1

あと一週間ほどで花が咲くのではないでしょうか?
ほんのり甘い香りのするぶどう畑が楽しみです。


カフェ フォレスト
長野県大町市平2114-2  
TEL 0261-22-9331

私は風来坊

029-1

歳と共に筋肉痛がドッとあとからやってきます。
今日は早くに仕事を終わって昼から神城の日帰り温泉「おぶや」様に行こうと思ったら臨時休業
そんな・・・・・・・・
待ち切れず乗った電車が大町行きじゃなく、南小谷行きでした
単に待ち切れず取敢えず乗ったって感じです。
「行っちゃえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜

031-1

着いた先は糸魚川
ラッキーなことに曇ってたお天気が糸魚川に着くと快晴です
「ちょうど糸魚川のお買い物案内のお店を見に行けばいいや!」って言う思いもありました。でもやっぱり今はご案内出来るお店が駅近くにはありません。今までご案内していたお店は、今はとても無理です
また探してきますからね

030-1

糸魚川構内に生けてあるお花がいつもとっても素敵です
今日は夏ハゼにカラー、ナルコユリが中心で、夏らしく涼しい感じでした。
潮風で流れるような生け方がとっても個性が出ていいですね〜

033-1

「糸魚川町道路元標」と書かれた石は相当古いものでしょう。


035-1

国道8号線、このあたりは日本海が真横に見えるので(わき見運転はできません)、歩いていても気持ちがいいです。そろそろキス釣りにも来ないと・・・

038-1

いつものスーパーのお魚は空振り
仕方なく高田名物イカ天を買って、海の一望できる展望台で夕食です
「いや〜〜〜私にとっては最高の贅沢です

037-1

北東のほうは能生方面です。

040-1

西のほうは富山方面で、夕陽がどんどん沈んでいきます。
今日は「19:08」が日の入りです。こういう景色を見ていると、昔よく北海道の知床ウトロのオロンコ岩の上で見ていました。夕陽って最後までしっかりと綺麗に見える事って少ないんです。最後の最後に隠れちゃうんです。

044-1

045-1

望遠で見てみましょう!

046-1

047-1

049-1

そうでしょう、最後には雲に隠れちゃいました。

第52回針ノ木慎太郎祭開催(1)

016-1

今年も行われました「第52回針ノ木慎太郎祭」です。
県外内から約300人以上の参加者の方々がお集まりになり、とってもいい笑顔で記念登山に参加されました。今年も事故なく無事終了されたことは、関係者の方々のサポートのお陰だと感謝いたします。ありがとうございました。

002-1001-1

朝6時には店主が事務局を務めます「大町山岳会」の方々がお集まりになり、先に出発です。

005-1

前日までぐずついたお天気でしたが、昨日は快晴でした。
正面の北アルプスの左奥が針ノ木雪渓になるはずです。

009-1010-1

扇沢の受付にももうすでに参加者の方々が大勢つめかけられ「今日は多いなぁ〜」っと思いました。

013-1

一般の参加者様には扇沢から少し上がったスタート地点までシャトルバスが上がってたはずです。
ここがスタート地点で、下山時のお汁粉サービスの場所でもあります。
大きな横断幕は前日に山岳会の方々が下見に来られ設置されます。
前日の下見も大変なんです。雪道の確保や、危険場所の確認、そして運び込みetc・・・

012-1

そしてこの樽酒は毎年「白馬錦・薄井商店」様からの御奉納です。
「今年はどなたが持たれるの?」

014-1

私はいつものように一足先にストックをお借りしての出発です(もちろん独り)
先に行ってもどうせ抜かされちゃいますから・・・

020-1

初めての橋では毎年篭川の激流と残雪が楽しめます。
自然の凄さを一番に感じる場所です。

022-1

023-1

ここ見ていただいたらお分かりですが、雪渓の下に川が流れているでしょう。
知らないで雪渓から踏み抜けばそのまま死んじゃいますよ
水温もとんでもなく冷たいですからね〜
自然と危険は隣合わせだということが山に登る上での鉄則です。
無理をしないであきらめる勇気も持って下さいね

027-1

参りました!いつも雪があるので近道状態で行けるのですが、今年は雪が少ないためまともに登山道を歩きました。

033-1

山桜が今頃咲いています。
毎年こんなの見たことなかったんですが・・・

029-1

バイケイソウもこんなに葉っぱが大きくなっています。いつもは葉っぱが数枚程度なんですが・・・
032-1

「わぁ〜、力持ち
缶ビールを2ケースも持ってられます。
凄い凄い、山岳会のN様だそうです。

036-1

イタドリの新芽です。綺麗でしょう

037-1

こちらは今頃ネコヤナギです。

034-1

「ワッ、来た!」
私にとっては最大の難関「梯子場」です。
しかし今回は心配するでもなく大丈夫でした、経験が何よりもの薬なのでしょう。

041-1

梯子場を過ぎるといつもは川に橋がかかってるのですが、ここには雪がいっぱいです。雪の状態ってわからないものですね〜

038-1

しかし近付くと危険なのおわかりでしょう。
あの川の流れに近づくと大変ですよ〜

042-1

川を渡るとヤマツツジがお出迎えです。
そして植物生態も少し変るのでしょうか、生えてるものが違います。

044-1

ユキザサです。北海道ではアズキナと言われていて、とても美味しい山菜です。
湯掻いてマヨネーズや胡麻和えでいただきます。

045-1

こちらは何のお花かご存じなんですか?

046-1

オオカメノキは皆様もご存知ですよね

047-1

少し登ると百瀬様が管理されています大沢小屋が見えてきます。

048-1

ここでお茶を飲ませていただくのもホッとするひと時です。

049-1

レリーフの前の祠では、「若一王子神社竹内宮司」様に安全祈願をしていただきます。

050-1

そしていよいよ大雪渓に向かって登山道を登ります。

051-1

エイレンソウです。

054-1053-1

イワカガミやマイヅルソウです。マイヅルソウは鶴が舞い立ったように白いお花が咲くんです、秋には赤い実をもってくれます。

058-1

「わぁ〜、目の前に樽酒を担いで下さってる大町山岳会のO様です」
気を付けて下さ〜い!

059-1060-1

061-1062-1

063-1

064-1

ご苦労様です!
大沢小屋までは同じ大町山岳会のY様が運んで下さったそうです。
皆様凄いですよ〜

066-1

雪渓に出たらお祭り広場まではもうすぐそこです!

068-1

「頑張れ〜〜〜、頑張れ〜〜〜

針ノ木慎太郎祭(2) ドラマありましたよ〜

069-1

シラネアオイの咲く針ノ木大雪渓お祭り広場にて神事が行われました。

073-1

祭壇は山からの榊、海のもの、山のもの・・・

077-1

なぜか横川商店の味噌クッキーも登場です

076-1

お酒は何と言っても「白馬錦・薄井商店」様よりの御奉納です。
これは前社長様が大町山岳会の第二代会長様で、大変に山を愛された方です。

079-1078-1

そして忘れてならない「山姥揚げ」と「平武漬け」です
山姥揚げは「ライチョウ」のから揚げ!と言う事で・・・
平武漬けは、平林武夫様にちなむ「塩らっきょうの浅漬け」だそうです。

088-1

9時半より安全祈願祭が始まり、「若一王子神社・竹内宮司」様がおいで下さいました。

094-1

百瀬様を始め、関係者様の玉串の奉天が終わり、参加者の皆様は記念登山や観察班に分かれてお楽しみいただきました。

105-1

横川商店のお客様「W様御一行」様です。わざわざ横浜から駆け付けて下さり、今日の日のために立山でトレッキングもされたそうです。
「行ってらっしゃいませ〜〜〜

106-1

107-1

こうやって3班に分かれてパーティーを組んで記念登山に出発です。
私はいつもお祭り広場でお留守番です。
まだまだ高い場所が駄目なので、無理は禁物です(というか無理!)

111-1

こちらの御二方カッコイイですね〜〜〜
スキーのまま雪渓を登られるなんて私には想像すらつきません。

071-1

私は隠し持ってきた?じゃなく重いものは店主任せにし、とっておきのワインを雪の中に冷やしていました。

117-1

そしてこのあいだ松本の「ジュレブランシュ・霜田早苗」様に選んでいただいたチーズを切って昼食の準備です。

118-1

また知り合いにいただいたチマキもしっかり運んできました。

121-1

山でいただく食事は最高
今年は雪も少ないせいか、トイレの心配も難なくクリア
おまけに昼寝付きとくればもうリゾートの世界ですよね!

125-1

岩の上でお昼寝してる私
心地いい風が雪渓の上から下りてくるのが良くわかります。大自然の中での御昼寝は、お金で買えるものではないでしょう。

115-1

もう皆様雪渓のノド(正面の細くなってる場所)も通り過ぎられたようです。

084-1

下のほうを見ると、遥か向こうに「爺ヶ岳」が見えます。
こんなところまで登ってきたんですよ〜

113-1

もちろんこの人達もルンルンです。
とってもいい顔してるでしょう
これでも今年で4回も来てるクマさん達です。

132-1

お昼寝後少しはお散歩と思いましたが、下を見るとやはり私はこのあたりで無理ですね〜

131-1

雪渓の下にはこのように沢から集まった水が川になろうとして急な流れを作っています。こういう光景を見ると、雪渓の怖さを感じることが出来るんです。ここに人がはまれば絶対に死んでしまうのはおわかりでしょう。「踏み抜きの怖さ」という意味が本当によくわかります。

120-1

お祭り広場に戻ると、近くでトレッキングに来られていたご家族の子供さんが、雪で作ったウサギさんを奉納してくれました。
「どうもありがとうね

136-1

そろそろお榊や、祈願祭で出たゴミを燃やします。
毎年これが楽しくって・・・、年々どうすれば火がうまくつくのか勉強になります。
ここを足で押えて!って言われるとグングン火の勢いが強くなりました。
「火をおこす知恵」とでも言いましょうか、なかなか学校では勉強できない事でしょう。って言うか下界では火遊びにしかならないので、子供さんは絶対に真似しないで下さいね

151-1

2時過ぎからそろそろ速い方は下山されてきました。
今回驚いたのは皆さんとってもいいお顔で下山されてこられました。日焼けも凄かったですが、自信に充ち溢れた満足感と言いますか!
山にとってはお天気が一番のご馳走ですものね

154-1

そして今回は市役所観光課長様がご一緒して下さり、ずっとお祭り広場にいて下さいました。(写真一番左)
「大町の横山ノックさん」と言わせていただきましょうか〜、下山されてる方皆様に「ご苦労様、休んでいって〜、運転じゃなければお神酒飲んでいって〜」っとお声掛けしていただき、皆様お酒やドリンク、おつまみを楽しんでいただき、スタート地点に戻られて行かれました。
「お酒はここまで〜、次はお汁粉だからね〜」
こんな温かなお声掛けこそが、参加者の皆様には嬉しい事だと思います。
そして観光課長様はまたまた大ハッスルしていただき・・・

145-1

滅多に出現しない湧水を採って下さいました。
この場所も雪渓を踏みぬくと川にザブーンですから、私にはとてもじゃないですが近寄れませんでした。

142-1

あ〜あ、着てられるのもが半分水浸しです。
手も真っ赤になって下りて来られた参加者の方々のペットボトルに水を汲んでられます。いや〜、参りました、恐れ入りました
大町市役所の観光課長様バンザ〜イ

144-1

心配そうに見てられる牛腰大町市長様です。
今日はご苦労様でした。お仕事とはいえ、針ノ木峠まで登られたそうです。

143-1

平茸漬けを食べて元気になって下さいね!一粒300メートルだそうですから

157-1

横川商店のお客様W様も最後のほうに下山されてきました。
大町山岳会のN会長様、会員のS様、最後までサポートありがとうございました。
チョッピリ心配しましたが、途中で断念された旦那様のカメラも持って無事に下りてこられました。感激極まるシーンでした。私も胸が熱くなる瞬間です
じゃあご一緒に降りましょう!

160-1

ビール2ケース持って上がって下さった山岳会のNさんは、思いボードを二台重ねで、ザックを乗っけての下山です。なんて力持ちなんでしょう。

161-1

店主も今朝4時までこうじ造りをやっての参加ですから、とてもじゃないはずなのに・・・

171-1

スタート地点までも、山岳会のS様がしっかりとサポートして下さってました。
凄いなぁ〜って思います。私もやはりどなたかが近くにおいでで、必ずサポートしてもらってるんです。不安ですからね〜、声をかけて下さるだけで心丈夫になれるもんなんです。

167-1

大沢小屋でちょっと休憩です。
ここでいただいたコーヒーの味わいは忘れられませんね〜

175-1

W様梯子場も楽々にクリアです。
私も最近大丈夫になってきました。

176-1

帰りには行きと違った色に見える篭川源流です。
緑が綺麗でしょう。
W様、よく頑張られました、しっかりとご自分の足で下山されました。

178-1

店主も大喜びです
おめでとうございます。蔓延の笑顔でしょう
こうやって事故なく皆様が帰って来られた「第52回針ノ木慎太郎祭」でした。
皆様真っ黒で、いい笑顔でしたよ〜〜〜

015-1

いよいよ大町も夏山シーズン開幕です!
しかし最近遭難がとっても多いです。絶対に無理はなさらないで下さいね。
私は登られることよりも、断念される勇気にこそ拍手を贈りたいと思います。
皆様が気持ちよく山のルールを守って下さることで、山の神は素晴らしい景色と風土を提供してくれるものと信じています。

山が綺麗です!

c9d750fb.jpg針ノ木雪渓にて無事に神事も終わり、皆様お元気に記念日登山されました。
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ