呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2010年02月

e7830783.jpg波田町のアクトホールは超満員!多分400人ぐらいはいるんじゃ?お世話になってる「ドスイカ・土肥農園」様が活動されてる「グルービン パパ」のライブなんですが、いつも行ってた松本のライブハウスが閉店されたため、今回波田町のアクトホールでの開催です。ベンチャーズなので私もわかりやすいし、とにかく「地元のオジサンやオバサン」がいっぱいなんです。土肥様ご自身も今回はビックリされてますが、私は嬉しくて嬉しくて!若い人達もいいですが、nonkoでも楽しめる音楽が聴きたいです。いや〜スタッフの方々もきっと地元でしょう、土肥さんに会いたいって言えば楽屋まで連れていただきました。波田町バンザ〜〜〜イ!土肥さん頑張って〜〜〜

004-1

いただいた貴重な「大長檸檬酒」です。
と〜〜〜ってもいい香りなんです。
飲んで楽しむのもいいのですが、ちょっと試食してみたいと思い立って、早速キッチンへGO

009-1

1パック350円のヒラメのお刺身がカルパッチョに変身〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
思った通り、檸檬酒をふりかけてからドレッシングがバッチリです
檸檬だけでなく、アルコール成分がヒラメの食感や旨味を引き出してくれました。
しか〜し、あとはしっかり飲ませていただきます

006-1

今日はカレイも安かったので、残り物の野菜でアクアパッツァを作りました。
エッ?私毎日ちゃんと食事作っていますよ〜〜〜

018-1

今日は雨ですが、暖かい雨でした。
このあいだならきっとまた大雪だったことでしょう。
昨日木崎湖畔をMyベンツで走ったのですが、暖かかったんですよ〜

003-1

用水路を見るともうすっかり雪解けの様子です。
雪もやわらかくなってきています。

017-1

そろそろかな〜〜〜〜〜

006-1

「出てる出てる
いつも春を見つけに行く場所で福寿草が出ていました。
今年はやはり少し遅いかな?いえ昨年がはやすぎたのかも?

007-1

可愛らしい福寿草は、西海ノ口あたりがとっても雰囲気もよくきれいです。
ただお住まいの方には御迷惑にならないようお願いたします。
お店に場所のご案内を置かせていただきますので、ぜひお声掛け下さいませ。

012-1

「お〜〜〜初物
フキノトウ発見カメラカメラ

013-1

アッチャ〜これは危なかった〜、下は溝だったよう・・・、画像見られればおわかりですが、足の付け根までハマっちゃいました毎年一度はやってるかも?でも気をつけて下さいね、大きな流れだったら死亡事故になりかねないですから・・・

014-1

けっこう深いでしょう。自慢してる場合じゃなく、雪の上を歩かれる場合はくれぐれもご注意くださいねこれは悪い例ですから


022-1

この時期にいつもお世話になるのが、木崎湖畔の「Yショップニシ」様です。
そうそう『おねがい☆ティーチャー』『おねがい☆ツインズ』で縁川商店として登場したYショップニシ様なんです。

021-1

「小石のうどん」はカレーうどんの上に目玉焼きがトッピング
春とはいえ、まだ雪が残る木崎湖畔は身体が冷えます。特にnonkoのようにハマると・・・
甘味のあるカレーのダシがとっても心地いいです。そしておうどんの食感がたまりません

023-1

ポカポカ気分でMyベンツで三日町(長野方面へ行くトンネルのあるあたり)まで下りてくると、雪はグ〜ンと少なくなります。
そして田んぼの雪も所々でとけ始めています。

024-1

ここから見る北アルプスも好きなんですよ〜

029-1

お店に帰り、店頭の生け込みをようやく「ネコヤナギ」にしました。
031-1

雪が多くても植物はしっかりと春を迎えています。

027-1

最近は「まちなか散策」をされるお客様が多いので、こんなボードを作ってみました。
味噌クッキーの試食と、店主こだわりのお酒を試飲していただけます。
最近人気なのは「北安大國」様の「純米吟醸いいずら」の原酒の酵母違いが人気です。って言っても難しいですよね〜
要するにいくつかの純米吟醸のタンクをブレンドされて、火入れをされ「純米吟醸いいずら」になるのですが、店主はこのタンクの中で、好みのタンクだけを生で瓶詰めしていただいてるんです。
何とも贅沢なお話しでしょう。そういったお客様も大変多く、お酒のウンチク大好き店主のオススメのお酒を試飲していただいてます。
今年は2月の雪が多かったせいか、仕事が遅れてるような気がします。
う〜ん、頑張らなくちゃと思いながらも空振りばかりで・・・
来週は用事があるので、一度京都に戻るつもりです。
なにか面白いものがあれば仕入れてきますね
また3月13日の新酒会に使えるような肴があればなぁ〜
どうぞ皆様ご参加下さいね、御一緒に楽しいお酒を飲み比べましょう。

003-1

昨日は定休日、上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様に造りの見学に行かせていただくために南下
松川付近で白鳥の居る田んぼを見つけてビックリ

002-1

機会があればもう一度行ってみようと思いますが、穂高じゃなくこの場所に白鳥が飛来し始めると、北アルプスを背景に素晴らしい雰囲気の写真が撮れるんじゃないかって思います。

014-1

諏訪湖に付き、いつもとは反対方向で上諏訪に向かいました。
実は横川商店の店頭のディスプレイで焦っています。
まだ新春のイメージのまんまなんですよ〜〜〜
写真は釜口水門です。

018-1

湖周道路を少し走ると、反対側に上諏訪の町が見えます。
「ちとせちゃ〜ん!凜太郎君元気〜〜〜
今年は御柱祭なので沢山の観光のお客様がおみえの事でしょう。
アッ!それよりも3月20日は「上諏訪街道呑みあるき」なので、皆様是非お越し下さいね。nonkoはいつものように「酒ぬのや本金酒造」様のレジにいますので、宜しくお願い致します。

040-1

夕陽があたる「酒ぬのや本金酒造」様の醸造蔵がとっても素敵でしょう。
ちとせちゃんの旦那様「宮坂恒太朗専務」様も頑張って造りをされていました。
ちとせちゃんも、昨秋お誕生の「凜太郎君」もとっても元気
可愛いんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
詳しくは蔵日記よりどうぞ

062-1

「クマさん達酔っぱらわないでね〜〜〜」
素晴らしいかまくらでしょう。もう感激ビックリでルンルンの夜でした。

066-1

大・中・小と三つのかまくらが一つのオブジェになってるんです。
そして照明の仕方がとってもセンスよくって素敵なんです。
作られた方は・・・

067-1

大町温泉郷「居酒屋・志野」様のご主人様です。
スコップ一つで作られたそうで、今開催中の「大町温泉郷夢花火・オープニング会場」にありました「かまくら」もご主人様の作品だそうです。
最近では飯山の「かまくら祭り」にも作りに行かれたそうです。
今日は店主も代行覚悟でお邪魔しました。

056-1

ワラビと揚げの煮びたしです。
これは皆様噂になってる絶品の一鉢
この味わいは箸が止まりません。

058-1

青唐辛子の中に詰めてあるのは「企業秘密!」です。食べてみていただければわかるかも?でもこれはよく考えられたことです。後にいただいたもので、詰めものの中味に感心しました。

057-1

さんまの煮付けは骨までOK
青物嫌いの店主もパクリです。

059-1

牛スジ?かな?糸こんにゃくやゴボウ?かな?すき焼き風の甘辛煮です。
実はこの時点で「白馬錦」様の2合徳利が2本転がっていました
それぐらい肴が美味しいんです。
店主はいつものピッチですが、nonkoがこのピッチは珍しかったです。店主もつられたかも?
このどれからお通し三品なんですが、どれがそうなのかよくわからないほど次々に出していただきました。

069-1

地元のイワナの一夜干しは頭もポリポリパリパリ美味しいです

071-1

トチローさんが言われるには、竹串から御主人様の手作りという焼き鳥はプリンプリン何も言わなくても塩焼で出していただけるところが食材に対する自信でしょう。まさしくその味わいでした。

072-1

お漬物盛り合わせをいただくと不思議にリセットされ、また食べたくなるんです。
盛り合わせの中の昆布には感激し、野沢菜はもちろん、ニンジンや大根も女将様の手作りは言われなくてもわかります。もう店主も私も信用しきってたので、徳利が並ぶ並ぶ・・・、恥ずかしいぐらい・・・

076-1

串カツをお願いして、揚げ油までこだわられてるのがよくわかります。
他に揚げものはとんかつぐらいだったのに凄いですよね〜〜〜
豚肉に合わされた揚げ油なのでしょう。
ご主人様や女将様と色々お話しをさせていただき、お料理のアレンジのされ方が素晴らしいんです。ダシに使われた食材を上手く調理され肴にされてしまう。実はそれが何よりもの肴なんだと思うんです

077-1

お話しするなかで、この3品をサービスして下さいました。
これはミョウガと青唐辛子だそうです。お豆腐の薬味に使われるそうですが、これだけでもお酒が美味しいんです。お豆腐にトッピングすればきっと甘味さえ感じるほどお豆腐が美味しいでしょうね

079-1

キャラブキも今の時期にいただくのがまた嬉しいもので、味わいの美味さは言うまでもありません。

078-1080-1

これが凄い「豚味噌」なんです。
レタスに付けていただくと絶品
この中の豚が関係するのがこちらです。

082-1

もう何も言う言葉がありません。
ご馳走様でした・・・と
ご主人様の手打ち麺がこれほどまでスープに絡むんだと・・・
噂でお聞きしていた以上の「居酒屋・志野」様は「大町まるごと食べられるお店」と言う言葉がピッタリのお店です。
ラーメンが美味しいよ!なんて噂をお聞きしていましたが、なんのなんの、何をいただいても美味しかったです。
店主は心配していた代行もスムーズにお願でき、大町温泉郷がとっても近い場所になったようです。私も久しぶりに呑みました

居酒屋 志野様
長野県大町市平大町温泉郷2884−78
TEL  0261-23-6158

a6dabbb6.jpg今日は定休日、大町温泉郷の噂の「居酒屋 志野」様に来ています。このラーメン最高!でもダメですよ、いきなりラーメンをご注文しないでね!ご主人様のこだわりの肴を是非ご賞味下さいね。「まるごと大町」のお店です。美味し過ぎ〜〜〜!大町はいったいなんなんだ〜、酒に肴に最高〜〜〜〜〜

008-1

「ワンワン!ワンワン!」
どこへ行ったの?

006-1

「ク〜ン!ク〜ン!」
居ない・・・、御主人さん・・・

013-1

「ワ〜〜〜ン!」
居た・・・、御主人さん

012-1

「ワンワン!ワ〜〜〜ン!」
もう知らない!私もお腹空いてるのに・・・

011-1

「クゥ〜〜〜!」
もう待てない

014-1

金蘭黒部・村山大蔵」杜氏様が愛犬「トモちゃん」と一緒に御来店。
しかしトモちゃんは寒い外で待ち切れない様子。
いつも一緒に仲良しです。
トモちゃんは暖かい千葉から大町へやってきたシェパードです。飼い主さんがご高齢のため、約一年色々なところで飼われていたそうです。
「人なれしてるのでおとなしいですよ」って村山杜氏様。
夕方にはトモちゃんと一緒にお散歩されてるそうです。

009-2

お店の方ですが、そろそろ春の行楽シーズンの準備です。そして最近は観光のお客様がお宿からバスを出していただき、街中を散策されてるお客様が多く御来店です。
横川商店でもせっかく来ていただいたお客様に、気軽にお宿や出先でお楽しみいただけるような、「地酒ミニ猪口セット」を色々とご用意させていただきました。
そして「味噌クッキー」の試食も充実させていただきたく考えています。
004-1

そしてnonko超オススメの芋焼酎「ひむか寿」御愛飲のお客様にお知らせです。
今までは宮崎県内でしか販売されていなかった「赤芋・黒麹仕込み」の試飲、そして麦焼酎ですが、樫樽で熟成された「百薬の長」の試飲を宮崎の「寿海酒造」様より頂戴しました。店主も私も出来の良さにビックリです。
「さすが寿海さん
皆様是非試飲に御来店下さいね

013-1

信州・安曇野の山麓線からの眺めです。
このあいだの日曜日は県外からの車が沢山走ってました。一部渋滞すら起こしてましたから、そろそろ冬眠からお目ざめってとこでしょうか・・・
私は穂高駅前の「ひつじ屋」様でレンタサイクルを借りてせっせとお買い物

017-1

「Vif(びふ)穂高」様です。道の駅のような感じのお店です。Vif(びふ)穂高 
015-1

早く行かないと売り切れちゃうものもあるので、お昼過ぎまでがいいでしょう。
私の目的はこれ

017-11014-

憧れの河崎義祐監督様御推薦の「クエル・ド・ノメル」様の「元気ドレッシング!」です。
菜種オイルで作られていて、上手く菜種の特徴を出されてるように思います。
安曇野に移住された映画監督・河崎義祐様の「朝めし自慢」のコーナーで監督様のお気に入りの一品として、紹介されています。
私はサラダ始めカルパッチョ、焼き魚にも使うことがあります。
そしてルッコラやミニ野菜の数々です。当日何があるかわかりませんが、お料理好きにはたまりませんね
都会では考えられない鮮度と安さです
このドレッシングで野菜嫌いがなおるって本当のようです。

044-1

近くには昨年秋にオープンされました「もみの木茶屋」様があるんです。
機会があれば是非と思ってて、山麓線沿いのお店で、森の中にある素敵なお店です。
2007年のクリスマスには、河崎監督様御夫妻、zarlo様そして皆様でクリスマスパーティーで楽しませていただいた場所なんです。
想い出のお店だったんですよ〜〜〜
オーナーシェフ・斉藤様は東京の世田谷でフレンチのお店をされてたそうです。
時々ひつじ屋様でお会いしていたので、ようやく念願かなってのお邪魔です。

042-1

「こんにちわ〜〜〜!」
キャハ〜、サービスされてたスタッフさんもお顔見知りでした。

037-1

018-1

素敵な暖炉がある中で、皆様ランチをお楽しみです。
何だかこの雰囲気はとってもゆっくりとできる空間なんです。

019-1

メニューの御案内板をよく見なくってすみません。
特にランチ的なメニューじゃなく、セットメニューだったような・・・
メインのお料理を、魚、豚肉、鶏肉、牛頬肉と選べたと思います。
あとはテーブルについてから持ってきて下さったメニューには単品も色々ありました。とってもリーズナブルな価格だったと記憶しています。
まずは野菜の甘味を十分にいかされたスープです

025-1

027-1

「わぁ〜〜〜リッチな一皿
ほお肉の煮込みですお昼からですよ〜〜〜
やわらかく煮込まれたほおほお肉は、意外とコッテリではなく、付け合わせの白菜がより口直しの役目をしてるようです。
味付け自体はとっても優しく、ヘルシーさを感じました。
シェフの斉藤様が色々とお話しをして下さり、安曇野に来られて2年間、色々なお店のイメージをされてたそうですが、こちらの環境と建物がピッタリだったようです。
今までじっくりと御自分の想いをあたためられてこられたのでしょう。
そして最も嬉しいのが、食事のスタイルなんです。
ランチとディナーの休憩が無いそうです。夜の20時までならいつでも食事をさせていただけ、調理法もリクエストさせていただけるんです。
我がままいっぱいお願できるそうなんですよ
嬉しいと思いませんか〜〜〜、何でも作って下さいますよ〜〜〜
お話しの中で、じゃあと言うことで・・・

029-1

その前にお口直しのサラダ下さ〜い
トッピングのチーズが何とも相性のいいこといいこと
さっぱりドレッシングがとっても心地いいんです。

032-1

nonko我がままの一皿は「イトヨリのポワレ」です。
最も感激したのは下にひかれた付け合わせのポテトは、やはり感激のコンビネーションでした。カリカリに焼かれたポテトって白身のお魚と相性がいいように思ってましたから・・・、このあいだ鯛をミルフィーユにして焼いた日があったでしょう、あの日あの日・・・
グリーンのソースがとてもサッパリして、お魚&ポテトの味わいをひき立てられてたように思いました。

035-1

デザートは盛り合わせnonko風
これだけいただいてダイエット中って誰が信じます?
いえいえ雪がとけたら連日Myベンツでフキノトウを採りに行きますから、まだ冬眠中のnonkoデス

040-1

シェフの斉藤様が色々なお話しをしていただきながらのお昼の時間、こちらのツルのリースを持たれて「作ったんです!」って・・・
もう笑っちゃいました。お仕事の合間にまわりの森でこのようなお遊びを・・・
しかし秋になったらこのツルに木の実がくっついたり、落ち葉がくっつくと素晴らしいリースになりますよね
わんぱく小僧のような一面、お料理の調理法に対する頑固さ、御自分のお店のあり方には共感する事多々ありました。このお店を始められるのに安曇野に来られ、2年という年月を持たれたのも納得できます。
なんだかとっても自然なんです。

041-1

突然テラスにお客様が・・・
「コーヒー2つ!」っておみえでした。
ワンちゃん連れだったんです。

038-1

見て下さい、これって雪のテーブルです。自然の中のこういった光景に慌ててシャッターを切らせていただきました。
そして小さなケーキを食べられた奥様が、「自然にお皿の上で冷えたケーキが心地よくって美味しいですね〜」って・・・
何だかとっても微笑ましくって・・・
それが横川商店のお客様だったんです。いや〜、安曇野もせまいですね〜〜〜
沢山わがまま言って、ご馳走様でした

3803-1

美味しそうでしょう美味しいよ〜〜〜〜〜〜〜
昨年行った佐渡ヶ島の魚屋さんから送っていただきました。
来月の「店主と一緒に新酒会」でお出ししようかな〜って思っています。
ヤリイカ、フグ、メバル、カワハギ・・・、しかし思ってたのと違って、一夜干しだったのでもう一度お願いしなきゃ
昨年いただいたのは干物状態だったんです。
でもこのお店のは美味しいですね〜
もちろん生のお魚もゲットできればって思っています。

3804-1

ミニコンロでお客様御自身で焼いていただこうかな〜って思っています。
今日は炭で焼きたかったのですが、自宅では炭がおこらないんですよ〜〜〜
仕方なく固形燃料を使いましたが、これでも十分でした。
新酒会では11銘柄の蔵元様のお酒をお楽しみいただけます。とっても楽しい会にしたいと思っていますので、是非ご参加下さいませ。

020-1

昨日同様春が待ち遠しくて仕方ないクマさん達・・・、じゃなくて私
今日はお天気が良かったので、「爺ヶ岳スキー場」まで店主に送ってもらいました(帰りはMyベンツ)

014-1

008-1

スキーができればいいなぁ〜〜〜
ボードをやろう宣言したのですが、やっぱり高い所から下りるのが怖い

012-1

朝から大勢の御家族連れが来られていて、やっぱりこのトロイカは子供さんに人気ですね
かと思えば、三重県からのボーダーさんとお話ししていたら、毎年白馬に行ってられたそうなのですが、ここを知られたのが初めてだと言うことで、とってもお気に入りでした。気分的にゆっくりするって言ってられました。
私だってスキーしないけど、とってもいい気分

009-1

「ハルさ〜ん
「北アルプス三蔵呑みあるき」でお世話になってます「シャンティロッジアルトムーブメント」様です。ちょうど爺ヶ岳スキー場内にあるんです。

028-1

「黒部ダムカレー
ポスターで御案内されてる方じゃなく、グリーンベジカレーバージョンです。
「カンパーニュ」様の今朝焼き立てのパンが可愛いですよね
黒部湖に浮かぶガルベだそうです。2個浮かべて〜〜〜

029-1

恥ずかしいけどせっかくなので外でいただきま〜す

030-1

これはあとをひく味わいですね〜、ビックリなのは具材の大根です。カレーに大根がこんなに合うのはココナッツミルクのせいでしょう。きっとカブのクリームシチューの感覚でしょうねお肉なしのカレーでもこれだけコクが出るのは、食材の良さでしょう。
前にゲレンデを見ながらこんな贅沢ランチはないでしょうね。

033-1035-1

店内の「アルトムーブメント」様では、新しいモデルのボードやウエア、小物などを販売されています。

015-1

もう一軒ならびにあるのが「パウダーパフ」様です。
昨年も随分お世話になりました。こちらも黒部ダムカレーをされていますが、今日はピザの持ち帰りをお願いしました。

050-1

きとんと箱に入れていただけるので、家で焼けばできたての味わいが楽しめます。
昨年は店主の車で持ち帰り、街中に入るまでに無くなってしまいました(笑)

055-1

「いい匂い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年は昨年よりガーリックが控え目で、オリーブオイルの香りがとってもいいです。


048-1

帰りはMyベンツでひたすら下りていきました。
源汲あたりの風景はほんと大町らしい風景です。

037-1

038-1

004-1

003-1

雪が積もると雰囲気が変わっていいものでしょう。
まるで絵葉書みたいでしょう。
京都の友人に見せるといつも羨ましがってくれます。

041-1

宮の森自然園に寄ってみたのですが、まだ銀世界でした。
長靴はいてて良かった〜〜〜

043-1

ミズバショウのような葉っぱですが、こんなに早く出るはずないし・・・
ザゼンソウは葉っぱはあとからだし・・・
昨年はザゼンソウが咲いていたのですが、とてもじゃないですが雪の中です。

045-1

そして大町郊外のワイン用ブドウ畑です。手前はシャルドネで、奥の方がメルローです。昨年は残念な畑でしたが、今年はきっと素晴らしいブドウが実ってくれるでしょう。

046^1

まだ足跡がついていないブドウ畑ですが、そろそろ剪定が始まることと思います。
大町って素敵でしょう。いっぱい季節感を感じられるところなんです。
ちょうど昨年同じコースをたどっていました。宜しかったらこちらからどうぞ

007-1

「お〜〜〜い春来てよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
009-1

アハハハハハ頭の割には身体がデカイバランス悪い
京都にいる時には全く感じなかった「春の到来」を、大町に住んでみて、これ程までに待ち遠しくなるとは・・・
今日はいたたまれずに横川商店の田んぼの真ん中に寝転がって叫んでいました。
でも京都ではこんなこと出来ないですからね

011-1

ハートマークを作ってお陽様を呼んでいました

002-1

ネコヤナギはもうこんなに芽を出してくれています。

010-1

オオイヌフグリだってお花が咲いてるのに・・・
春が恋しいよ〜〜〜〜〜〜

013-1

夜は今年最初の「北アルプス三蔵呑みあるき」の実行委員会がありました。
今年は9月11日(土)に決定です
例年同様「竃神社」様の花火の日です。日程につきましては色々な意見もありましたが、やはり造りの予定の関係もあってこの日に決まりました。
そして沢山の方々の御協力のお申し出もあり、皆様には感謝感謝の気持ちでいっぱいです。

016-1

今年も実行委員長は「北安大國・伊藤社長」様です。(左)
ポスターその他のデザインは「白馬錦・薄井浩介」様です。

017-1

会議のあと「居酒屋お福」様で春を食べさせていただきました。
もう1月からホタルイカが出てるそうです。
飛騨高山ではこのイカを「祭りイカ」って言って、4月の高山祭あたりが一番需要があるそうです。

021-1

もう一品春を告げる魚を塩焼にしていただきました。

022-1

まるで泳いでるように焼きあげていただいた「メバル」です。
脂がのって美味しかったです
チョットは春の気分になれたかな
ご主人様、ご馳走様でした

居酒屋 お福様
長野県大町市大町上仲町2532(大町名店街)
定休日 火曜日
TEL 0261-23-5470

047-1

このところ身体をいたぶってしまったような気がします。
こんな時は京都の師匠から「あなたの場合は食べない努力をしなさい!」って言われています。師匠はよくご存知で・・・
世界で一番怖い人デス
でも師匠のお陰で昔のようなメチャクチャな食生活になる前にストップがかかります。(こんな私でも)
師匠は難病の方ばかり見てられるので、私は本当に劣等性な患者なんですよ今日は身体の浄化をしたく、「白菜とお揚げさんの炊いたん」を作りました。
京都のおばんざいです
これってメチャクチャ贅沢な一品で、nonkoお気に入りの昆布とカツオでしっかりダシをとって炊きました。お揚げさんは京都の母が送ってくれたものです。
みりんと薄口醤油で炊く一品で今夜の夕食です。
お酒もなし、お肉や魚もなし
この一品がとっても身体に優しく心地いいのは、今自分の身体が要求してるものだからでしょう。
自分の体調を読み取る力をつけることこそが「薬食同源」だと思っています。
身体にいいと思われる食材がテレビで放送されますが、誰もがいい訳ないですよね〜、人それぞれの体質ってあるのですから・・・

050-1

そんな教えをいただいた師匠からお薬と一緒に新聞の切り抜きを頂戴しました。
何だか物騒な内容ですよね〜〜〜
「骨粗鬆症のお薬(BP剤)であごの骨壊死」
キャ〜〜〜怖い話
骨粗鬆症は私も将来的には関係する病気なので怖い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

053-1

こんな時に「こんな夜に・・・」もったいないよ〜〜〜
体調万全の時にして〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

052-2

松本の「おきな堂」様にて休憩
昨日は定休日で、昼間は池田の「大雪渓酒造」様と「福源酒造」様を見学させていただき、その後食べたものがまたまた反応を起こしてしまいました
不思議なんですよ〜、家系というか、何と言うか・・・、父の体質なのかなぁ?
全てのものが反応するわけではないのもまた不思議な○ーメンです
でも最近は食べる機会も出来ました。ただ昨日はきつかった〜〜〜
友人には面白い人がいて、牡蠣がダメだそうで、でも好きなんですって・・・
反応を起こすことを前提に会社の休みを考えて食べるそうです。私もそうしようかな
店主が珍しく松本で呑みたい!なんて言うもので・・・
わざわざ大町に帰ってまた出動の日でした。
おきな堂様の木内様とは先日のトロイメライ新年会でお会いし、この日も串揚げのお店をご紹介下さいました。お店でカメラの調子が悪く、画像を残せなく超残念
しかし奥様が京都の方で、メチャクチャお話しが盛り上がりついつい深酒を・・・
揚げ湯葉を出して下さり感激でした。ブラブラ歩いておきな堂様で休憩のスイーツ

046-1

昔食べた様なプリンが再現
カラメルソースのほろ苦さは「大人のプリン」デス
生クリームに笑っちゃいました。昔はこんな生クリームだったと・・・

048-1

色の割には雑味のない味わいにまたビックリ
なぜか店主はここでグラスワインを飲んでます(ホント酒飲み
050-1

この空間大好きです。私が生まれた頃よりもっと昔のお店なのでしょう。
グラタンも食べたかった〜〜〜
この後です、反応が起こってきたのは・・・
しかしnonkoは行く次へ・・・

053-1

お世話になってます松本駅前の「風林火山」様です。
一番に店主が選んだお酒がコレ
「ほんまシャレにならんわ
でもやっぱり美味しかった
昨秋にお会いしました「仙醸・丸山杜氏様」の入魂の新酒だとわかります「こんな夜に・・・」
そして「くろさわ・黒澤酒造」様

061-1

伊那のお酒「井の頭・漆戸醸造」様&佐久のお酒「澤乃花・伴野酒造」様です。
064-1

伊那のお酒「純駒・酒造株式会社長生社」様&山形のお酒「出羽桜・出羽桜酒造」様です。

056-1

つき出しに出していただいたハタハタの南蛮漬けが風林火山様の人気を伺えます。
漬け込む時間もないぐらいのフレッシュなまだ温かい様な南蛮漬けでした。
美味しかった〜〜〜今度私もやってみよう
この日も遅かったのですが、満員でした。
少し待たせていただいたぐらいです。

059-1

こだわりのマグロは食感、味わい共に私の中では初めての味わいでした。
お燗のお酒のほうが良かったかな〜

057-1

自家製クリームチーズ豆腐の酒盗がけは絶品と言うほかないでしょう。お酒に惚れ込まれたご主人様の肴だと思います。

058-1

ひと手間かけられた厚揚げ

062-1

鮮度抜群のアジの塩焼
最後には「もずくの雑炊」が最高でした
個々にそれぞれを楽しめ、お酒と肴で遊ばせていただける風林火山様は、御予約がオススメです。
あ〜、いつも私は体調万全でない時ばかりお邪魔しています。ご主人様に申し訳ないですね
でもここにいらっしゃるお客様の楽しそうなお顔も、とってもいい肴になってるんですよ〜、向かいが松本駅と言う立地も最高です。
今度は絶対にお腹を空かせてお邪魔したいと思います。
ご馳走様でした

おきな堂様
長野県松本市中央2−4−10(四柱神社すぐ)
営業時間 9:00〜21:00(L.O.20:30)/日祝10:00〜18:00(L.O.17:30)
定休日 無休
TEL 0263-32-0975

居酒屋・風林火山様
長野県松本市中央1丁目3−1(松本駅前)
営業時間 17:30〜23:30
定休日 月曜日
TEL 0263-35-7872‎

001-1

白馬みそら野別荘地にあります「オーベルジュ・トロイメライ」様です。
目の高さ以上に積もった雪に感激し、その雪のあいだから見える建物は、まるでおとぎ話の世界でした。
暖かな灯りのともる中でいつまでも笑い声が聞こえるのです。
いつもお世話になってるドスイカの「土肥農園・土肥様」にお誘いいただき、店主と一緒にお邪魔しました。
そしてトロイメライオーナー・西野亮様にはこのような場所に私共をお招きいただき、ただただ感謝でございます。

004-1

そうだね!あなた達も参加させてもらうんだね

003-1

トロイメライ様の客室廊下はとっても雰囲気があり静かです。ここを降りてダイニングに向かうのですが、窓の外は雪、建物の中はとっても暖かく、まるで夢の世界です。大町から車で30分とは思えないぐらいの白馬です。

006-1

あれれ?見たことある方です
ダイニングでは乾杯と共に自己紹介がありました。あえて御紹介は控えさせていただきますが、素晴らしい方々ばかりです。
忙しい時間をさいてでもこの場所に来られる意味がとってもわかりました。
農家をされてる方、ワインを造られてる方ヤギのチーズを作られてる方、飲食をされる方、クラフトをされる方、観光事業をされる方宿をされる方、皆様お仕事は色々ですが、夢に向かって頑張られてる凄さは素晴らしいものでした。
nonkoはいっぱいのパワーをいただいてきました。
そしてこの場所にいる方々は全てがご紹介のもとにお集まりなので、初めてお会いした方でもスッとお話しさせていただけました。素晴らしい新年会です。
美味しいお料理と共に晩餐が始まりました。

008-1

ホワイトアスパラのキッシュと鴨の自家製ハム

011-1

信州サーモンとポロ葱のブレッセ
ポロ葱ってこんなに甘いんだ〜〜〜

014-1

ゴマをまとった浜名湖産黒鯛のポワレ・アンチョビクリームソース ホタルイカ添え
まさに春の一皿ですよねホタルイカをこのように添えていただくと、まるで水槽を見てるかのように楽しいですね!

019-1

この中には何が・・・?
付け合わせがタンポポの茎だそうです。ほろ苦さがあるの味わいです。

020-1

信州プレミアム和牛煮込みのアンクルート

028-1

春をつげるイチゴのシャーベット
「食べたね〜、飲んだね〜、美味しい〜〜〜

034-1

ファーブルトンとラム酒を使ったアイスクリーム・シロップ添え

このアイスクリームは最高口どけの感じとラム酒の香りがたまりません。

030-1

土肥さ〜ん、お誘いいただいてありがとう
このお仲間ってなんと言えばいいのでしょう、とってもラクなお仲間の皆様です。
それぞれの「熱い思い」には全てポリシーを持たれています。
nonkoの思いも何となく理解して下さると言うか・・・

017-1

店主もとってもいい気分のようです。仕事を離れてこのような方々とお話しさせていただける機会ってないですからね〜

036-1

参加者の皆様のご紹介の後、シェフやスタッフの方々のご紹介もありました。
長年いらっしゃるスタッフの方々は、きっと西野様のお人柄のたまものでしょう。

039-1

オーナー・西野様から御紹介のこの若いサービスをしていただいた方がナント・・・

069-1

トリノオリンピック出場の「成田童夢」様なんですよ〜〜〜
あとの二次会で「あらためて成田童夢です」ってお名刺を頂戴しました。思わず「オバチャン応援してるからね、頑張ってね」って言っちゃいました。とっても素直そうな可愛い男の子でした。スノーボードのイメージがいっきに変わっちゃいました
きっと会場にいた皆様も温かい目で見てられたことでしょう。
今はトロイメライ様で居候されてるそうで、スノーボードも教えていただけるそうです。

041-1

場所を変えて二次会はバーで始まりました。
またカウンター、ボックス共に外の雪が何とも素敵です。

046-1

思わず雪に誘われて冷たい風にあたりに行きました。
ここから見るトロイメライさんの灯りがなんて素敵なんでしょう

047-1

いつまでも笑い声が続く白馬の夜でした。

049-1

今回一番感激したのは朝でした。
皆さんこのように鍵を置かれてまた御自分の夢の為に出発されました。
誰にもお顔を合わすことなく・・・
こんな静かな朝・・・
私の歩く音だけがしています。

050-1

昨夜はいったい何だったんだろう・・・
ここで灯りがつき、笑い声がいつまでも続いていたはず・・・

054-1

なんと素敵な新年会だったんだろう。
帰り際の煩わしい御挨拶もなく、それぞれが自由・・・
そして皆様ご自分の夢に向かってまた頑張られていく・・・
今年の年末の忘年会の約束をして・・・
ありがとうございます、トロイメライ西野様のお人柄で皆様がお集まりなのでしょう。きっと童夢君もそうなのでしょう。
土肥さ〜ん、ありがとう

032-1

久しぶりに思い切ってMyベンツを出動させ「アルプスあずみの公園」のイルミネーションを見てきました。
大町市常盤から、きっとあのあたりだろう?とMyベンツで向かったのですが、ピンク印から行けばいいものを、初めてなので道路状況がわからず、案内通りに黄色の印から向かいました。

036-1

「死にそう〜〜〜〜〜〜〜〜〜
クマさん達も寒いって騒いでいます。やはり強行だったか・・・

040-1

しかしものは考えようで、車で走るとわからないものまで発見できるのもMyベンツのいいところです
この木は最高!近くで見てみると・・・

035-1

自然の造形って何だかいいですよね

039-1

こんなに高い場所まで登ってきたんだ〜〜〜

042-1

大町を出てウロウロしながら約2時間で到着です。きっと雪がなければ1時間ちょっとで行けるでしょう。

044-1

ただいま16時からは280円で入場できるんです。
ドンドンと車が行ったわけだ〜〜〜
公園内は積雪があるので、足元は長靴がオススメです。
ちょうどバレンタインと言うことで色々なイベントをされていました。

047-1

とってもいい音色のオルゴールコンサートがあったり・・・

057-1

有料ですがチョコレートフォンデューがあったり・・・

063-1

焼きマシュマロ体験は無料でとっても楽しかったです。
マシュマロって焼くとこんなに美味しいんだ
京都の家の近くにあった、スフレのお店の味わいとそっくり

065-1

色々な体験プログラムに「やしょうま」があって感激でした。
では素敵なバレンタインの夜をお楽しみ下さいませ

107-1

104-1

098-1

102-1

089-1

087-1

085-1

082-1

080-1

079-1

078-1

071-1

068-1

067-1

096-1

088-1

004-1

St. Valentine's Day

*カウベル立田屋様のチョコレートケーキ

001-1

笑っちゃう話ですお客様にお酒をお送りして、ブログに掲載していただきそれを見た私が「呑みたい!」って思ったお酒です。
日頃試飲もしますが、連日私にとっては酷な話で、仕事となるとなかなか楽しんでと言うより「仕事の味覚」になることが多いのも実情です。
ブログ掲載はほとんど飲んでいますが、今回のこちら「大雪渓・どぶろっくん」は、店主のみ試飲し、私はまだでした。
いつもブログを応援して下さるお客様からの御依頼でお酒をお送りしたのですが、そのブログを拝見し、「nonkoも呑みたい!」って思っちゃいました。
まずお客様「ゆきどん」様のブログはこちらです。

004-1

008-1

昨日は鉄板で鯛ジャガミルフィーユを焼きました。
なんだそれ?って・・・
鯛の切り身をジャガイモの千切りではさんで焼くんですよ〜
他nonko大好物のレンコンとしいたけです。
タレは全ていただきものの「完全味付け旭ポン酢」デス

003-1

どこかで見つけた「グリコグングン」は、「トチロー」様の影響デス
私は小さな頃は肉類が大嫌いだったので、魚肉ソーセージで育ちました。

002-1

サッと焼いてお塩を付けて食べてたんです。

006-1

いや〜〜〜うんまい酒と肴
お酒を販売する人間がお客様のブログで感化されるなんて大笑いでしょう。
でも嬉しかったです、ありがとうゆきどんさん

001-1

部屋中粉だらけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ねんど細工じゃないですよ
今年もあめ市が終わるとバレンタインじゃなく「やしょうま」作りなんです。

「やしょうま」とは・・・
お釈迦様が亡くなられた日の2月15日の前日に、米粉を練って、いろんな色をつけた棒を組み合わせ、模様を作ったもの(やしょうま)を、当日お釈迦様や仏壇に供える習わしがあります。この風習は、お釈迦様が亡くなられる直前にヤショという弟子が、米の粉で作っただんごを進ぜたところ、お釈迦様がおいしそうに召し上がり「ヤショ、ウマかったぞよ」と言ったところからこのだんごを「やしょうま」と呼び、命日の涅槃会にやしょうまを作って仏様に供えるようになったと言われています。
また、昔のやしょうまの形が「やせた馬」に似てたところから「やしょうま」となったという説もあります。

003-

朝からコネコネとやってました。
どんなのができるのか・・・

004-1

005-1

036-1

2709-1

どうですか?ちょっと上手いもんでしょう
焼いて食べるそうなんですが、今回はディスプレイ用です。
お店に置いておきますので、どうぞお持ち帰りいただいたら幸いです。
子供さん方に由来を教えてあげて下さいね

037-1

これnonkoが考えた桜の木なんですが、店主が盆栽?とか、枝が松?とか言うんです

f56b77e5

直ぐ近くの観光道路の桜の木をイメージしたのに〜〜〜〜〜〜〜〜〜
黄緑の草もちゃんと表現したつもりなのに・・・

032-1

夕方は八坂方面へ明日販売させていただきます「雪下野菜」の状況を見させていただいてきました。
大町市街から来るまで15分ほどで、こんな素敵な銀世界です

02701

八坂高原で野菜を作ってられます「仁科農場」様です。
グリーンシーズンはいいのですが、今の時期は本当にきついお仕事です。

009-1

中ほどのビニールハウスの中で作業をされてるのは、この雪の下にある野菜を収穫されて出荷作業をされているんです。

016-1

「お元気でしたか〜〜〜
仁科農場・仁科様です。大変な時期ですが頑張って下さいね

018-1

キャベツは芯がとっても甘いんです。そのままガブリと食べちゃいます。
寒さが甘味を出してくれるのでしょうね

019-1

白菜ももちろん甘くなっていますし、茎がトロトロなんです

020-1

人参はホコホコでやわらかいんです。もちろん無農薬です

025-1

店主もお客様の御依頼があったようですが、私も京都の知り合いに発送です。
こんなお野菜絶対に他にはないですよ〜
今夜仁科様が配達して下さいますので、明日の朝より販売いたします。
もしかして長芋が来たらもっとラッキーですよ
タンザクよりもすりおろしていただければ違いがわかります。
厳しい寒さの中で育ったお野菜達は、仁科様の栽培力と八坂高原の自然が、より美味くなってお客様にお届けさせていただきます。

029-1

新芽らしきものもまだ氷の中です。
春が恋しいですね
雪の多い地方の方々が「やしょうま」のカラフルな色に春を感じられたことでしょう。伝えていきたいですよね、このような風習は・・・



「よいしょ〜〜〜、よいしょ〜〜〜
小雨から雪になった今日の大町ですが、「大町あめ市」は大大盛況でした。
「大町あめ市」と言うより「大町グルメ市」と言った方がドンピシャリのイベントでした。nonkoは食べ呑みまくりの一日でした。
牛腰市長様、「大町駅前通り商店街」の皆様のお餅つきにご参加です。
明日お仕事大丈夫ですか〜〜〜

084-1

「きゃ〜〜〜売り切れ
「立田屋マル喜菓子店」様は蒸かしたての「福まんじゅう」が昨日で完売だったそうで、御主人様もビックリだったそうです。全てが手作りの為、今日は「申し訳ございません」と嬉しい悲鳴です。美味しいものは皆様よくご存知ですから
「nonkoも食べたかった

009-1

今日の「大町あめ市」は、今まで大町に5年いますが、一番楽しいあめ市になりました。最近の大町は勢いがあるように思います。個々の皆様が本当の頑張ってお客様をおもてなしされているんです。nonkoも朝抜きで会場へまっしぐらです。

012-1010-1

まず飛び込んだのが「大町商工会議所青年部」の皆様の「オリジナルおやき」と「トマト鍋」です。おやきは持ち帰り(自宅に帰って食べてビックリ!)

013-1

トマト鍋と言うと和風に感じますが、完全にイタリアンの感覚で、10キロの「信州黄金シャモのガラ」でスープをとられたそうで、これが朝イチのお腹にしみ込んで美味しいのって・・・
ロールキャベツもトロトロで、濃厚なスープにはパンも欲しかったです

017-1

ちょっと歩くと「創舎わちがい」様です。
こちらでは、「金蘭黒部・村山大蔵杜氏様」の米こうじで作られた甘酒が美味しい美味しい自然の甘味もここまで出るとは村山杜氏様さすが
「金蘭黒部」様のお酒が、わちがい様自家製の野沢菜と一緒に振舞われ感激の「酒と肴
こちらでは「大町黒豚の豚まん」を販売されていてゲットしました。昨年は1時間ほどで完売だった人気の豚まんです。蒸されるのが追いつかなかったようです。串焼きも販売されていました。

079-1080-1

また創舎わちがい様オリジナルのスイーツ「おから春巻き」は、レーズンとクルミ入りの揚げ菓子です。中華点心と言う感じでしょう。

021-1

お隣の「柴田製菓舗」様では大勢のお客様です。
試食販売も追いつかないのでは?今日はお子達もお手伝いのようでした。御苦労さまでした。

023-1

ヤママン様のビル内では色々な催しが行われていました。
「大町水物語の会」の皆様の「野沢菜漬け美味巡り」が行われていて、皆様「我が家が一番!」と思ってられる各御家庭自慢の野沢菜漬けを、試食され楽しんでられました。野沢菜だけでこれだけの試食があるのですが、こんな贅沢な試食は他にはないでしょう。

025-1031-1

「大町水物語の会長・掘堅一」様です。なんとお似合いのコト
昔の事を良くご存知で、大町を良くされようとユーモアあふれる企画を次々に発案されてるオジサマです

032-1033-1

色々な野沢菜漬けの中で、nonkoのお気に入りはこれらです。「酢」や「オイル」をからませたものが食べやすく、いかに地元の人間じゃないかって事ですよね習慣の違いが大きいと思いますが、京都ではそのような素朴なお漬物って今ではもう無くなってるんです。残していただきたい大町の各御家庭の味わいですね!
来年はnonkoも漬けて出させていただこうかな(笑)
野沢菜って難しいんですよ〜、もう5年間失敗し続けてるんです。
地元の方々には頭が下がります。

029-1

今回スタンプラリーがあったそうで、新聞を取ってない私にはノーチェックでした。
店主も教えてくれたらいいのに〜〜〜
こんな美味しそうなお菓子がもらえるなんて・・・
横川商店の「味噌クッキー」も仲間に入れて〜〜〜〜〜〜〜〜

027-1

「今日はお休みですか?」
お世話になってます長野県合同庁舎の職員様
「白馬錦・初午寒搾り」メチャクチャ美味しくなってます
今日はお休みと言うことで、ボランティアだそうです。せっかくのお酒をnonkoにもいっぱい飲ませていただきました。また御一緒しましょうね

036-1

「懐かしい〜〜〜
ヤママン様から近くの「塩の道博物館」様では、「八日町共栄会・子供会」の皆様で、子供さん方が昔ながらの紙芝居で「あめ市」のいわれを御紹介されていました。
大切ですよね〜、こういった事は・・・
県外の物は意味すらわからず、「飴を売り出すイベント」って思ってましたから。

038-1

南京玉すだれがあったり・・・

044-1

鳥取県の「しゃんしゃん祭」の傘踊りがあったり・・・

051-1

大町水物語の会の掘様が「三神縁切りの太刀の儀式」をしていただいたりと、とってもタイムスリップしたような錯覚になるような楽しさがありました。
大町にはピッタリのお楽しみだと思うんです。

129-1

三神縁が切れたかな?福をいただきました

085-1

大町駅前本通り商店街の皆様の模擬店は、焼き鳥、とん汁、フランク、飲み物etcお楽しみがいっぱいです。
086-1096-1

牛腰市長様、一般市民のオジサマ、頑張ってお餅をつかれていました。
一般市民のオジサマのリクエストで、掲載させていただきましたよ〜〜〜

104-1

街中では空き店舗を利用されてのライブがあったり・・・

101-1

いつもイベントで活躍されてるボランティア様「てるてる君」も登場
子供さんの笑顔を大切に思われてる優しいてるてる君です。

097-1098-1

ちょっと歩くと「金原青果店」様の店頭に春を見つけました。
そして焼き芋のいい匂い

107-1

「カウベル立田屋」様では50人程の行列が夕方まで続いていました。

109-1110-1

「下仲町商店街」の皆様で作られたお汁粉の味わいったら感激
ちょっと塩っけを感じる母の味わいです。懐かしい〜〜〜〜〜〜〜〜

066-1

九日町のお休み中の「小ずく屋本舗」様では、本日のみの営業だったそうで、店内は昨秋以来の素敵な和装小物達。

067-1068-1

店頭にお菓子が置かれ「お一ついかがですか?」と言う御案内に思わずニッコリ
素直な子供さんは一つだけ手に握りしめニッコリ
そんな温かな子供さんへのお振舞いに感動しました。
そして幻想的な木で作られた灯りを連日ディスプレイされていますので、お通りになられたら是非どうぞ

055-1

わが九日町は、お向かいの商工会議所の前での企画です。
モツ煮がえらく評判で、大町らしいメニューです。

063-1

いい匂いなのは焼き鳥です。たまりませんね〜〜〜

062-1

店主はお餅つきの担当で、頑張ってついていました。
nonkoは〜〜〜〜っと

072-1

きゃ〜牛腰市長様大丈夫ですか?またまたお餅つきを頑張ってられました。

064-1

もっぱら食べる方で、三点盛りです
きな粉(大町では緑色なんです)、餡、おろしの三味で〜す

077-1

「ウォ〜〜〜
「しおいり」様が抽選の担当をされていました。
すごい行列ですよ〜〜〜ではnonkoも・・・

075-1076-1

「キャッ!キャッ!」
6回まわして全部ハズレ

078-1

大町本通り商店街はこんな感じで市外からの露店も出ていました。
楽しかった「大町あめ市」でした。帰りには鍋を持って行った先は・・・

114-1

大町商工会議所青年部様のトマト鍋を、持ち込み鍋に買い込んで今夜のご馳走です。

117-11

「わがまま言ってごめんなさ〜い」

125-1

ロールキャベツも大町の黒豚ミンチだそうです。
濃厚な鶏のスープでじっくり煮込まれたトマト鍋はもうシチューと言っても過言ではないでしょう。そして大町の美味しいお水が美味しさをより引き立てるのでしょう。
今夜はこれにパンとワインですね

126-1

ダメダメ、パンより創舎わちがい様の店頭で販売されていた「大町黒豚まん」を食べなきゃ
これやっぱり最高甘辛味で独特の風味です。買っておいて良かった〜

127-1128-1

あ〜、これも
商工会議所青年部様のオリジナルおやきです。
「信州黄金シャモシチュー」と「大町の黒豚角煮」メチャクチャ美味しい
カレー味はお腹の中に全て入りました。
「もう大町ってなんでこんな美味しいものばかりあるの〜〜〜〜〜〜
まるで都会のデパートの「美味いもの市」より美味しいです。
今日のあめ市は「大町グルメ市」のようでした。
あ〜またまた血液検査で引っ掛かりそう・・・

007-1

食べるだけじゃなく、横川商店のある町内「九日町」の「市神様」にもしっかりお参りしておきました。
「商売繁盛&ダイエット効果ありますように(笑)」

架線凍結のため運休中の大糸線ですが、「信濃大町=松本」は多少のダイヤの乱れはあるものの、運転再開しました。
尚、「信濃大町=南小谷」まではまだ運休中です。再開のめどは立っていませんが、代行バスを出して下さるそうです。
これで何とか大町においでいただけます。
今日は「大町あめ市」です。皆様どうぞお越し下さいませ。

大糸線は、架線凍結の影響で、南小谷〜穂高駅間の上下線で運転を見合わせています。穂高〜松本駅間は運転を再開しました。
今日は大町あめ市です、再開次第掲載いたしますね!

036-1035-1

昨日は「長野県原産地呼称管理制度」の「日本酒・焼酎官能審査 お披露目会」が松本の「まつもと市民芸術館」で行われました。

024-1

官能審査をされてるところも見学させていただき、銘柄は一切表示されていないので、公正な審査であるのだなぁって思いました。
初めて見るこういった場所はドキドキ気分でした。
でもまだまだお酒の勉強が足りない私には、こういった場所はとってもありがたいものです。

046-1

夕方からは審査の結果認定された日本酒&焼酎のお披露目会と試飲会ありました。
村井長野県知事様を初めて見させていただき「テレビの人と同じ!」なんてバカな事を思っていました。

04801

乾杯と共に試飲会が開催され、飲んだ飲んだ〜〜〜

063-1

日本酒&焼酎の出品酒全てが認定されたそうです。

認定酒の中でも黄色い紙で御案内されたものは、審査員の方々の印象深かったお酒だそうで、私も味わいを勉強しなくちゃって必死必死
けっこう飲みましたよ〜〜〜(実は最近あまり飲めないんです)

029-1

今回の認定酒ではないのですが、試飲会場にあったこのリキュールがメチャクチャ美味しかったんです可愛いいでしょう
会場には沢山のお顔見知りの方々がおいでで、皆様御熱心に試飲されていました。

040-1

山屋酒店様チョット失礼しま〜すビデオかな?今回の情報を頂戴しました松本の「山屋酒店」様です。このあいだ「居酒屋花山」様のお二人が随分お世話になりました。もう恥ずかしいぐらい・・・

068-1

「あ〜〜〜丸山様
お化けが出たのかと思いましたよ〜、「笑亀酒造・丸山大輔社長様」です。さすが今日は「笑亀マン」にはなれないですよね

060-1

「あ〜〜〜池田様カッコいいですね〜」
「北安大國」様で今季よりお酒を造ってられるんです。
他にも大勢のお酒関係の方々がいらっしゃいました。長野県のお酒頑張らなくっちゃ

071-1072-1

「オジサ〜ン、大吟醸をテーブルクロスに飲ましちゃだめですよ
ある南信の方々でとっても面白いお二人でした。でもこちらのお二人も、御自分達のお酒をとっても大切に思われて来られていました。
そうですよね〜、誰しも地元の蔵元様を応援したいですからね

005-1

審査会のあいだはけっこう時間があり、抜け出してはウロウロと徘徊するのも楽しみの一つです。
まずは「塩川喫茶部」様へ直行です、おかあさん元気かな?

007-1

ここにお邪魔したら絶対に「クリームあんみつ」です。
この味わいは京都ですら食べたことのないあんみつです。
フルーツの香りとシロップがとんでもなくコラボしています。
運ばれると直ぐにいい香り

009-1

地元のリンゴをシロップ煮にされとっても爽やかな香りです。

012-1

素朴にたまごの香りがするアイスクリームももちろん手作りです。
粒餡も丹念に練り上げられた絶品

014-1

この寒天は他には絶対にありません。
大きさも口の中で優しくホロホロと崩れていきます。

015-1

「おかあさん、ご馳走様でした
後継ぎさんがおいででないそうですが、いつまでも頑張って美味しい甘味を食べさせて下さいね
塩川様近辺はとってもいい町並みを残されていて、お琴を売ってられるお店や、コロッケを売ってられるお店、昔ながらがそのまんま残ってる町並みです。決して「新しい古い町並み」ではないところが大好きです。

022-1

「・・・?」
お人形屋さんのようです。
「ベラミ人形店」様です。

020-1

018-1

店内には信州でよく見る「七夕人形」が沢山飾られています。私は最初お雛様と間違えたんです。
和紙で作られたお人形がいっぱい、和紙や古布も沢山置いてられました。
5月頃に七夕人形作りがあるそうなので、是非にとお話しさせていただきました。楽しみ楽しみ。

075-1

077-1

「ヌヌ?同業者?面白過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
どうやらお酒屋さんらしいのですが、夕方から立ち飲み屋さんのようです。
やってみたいな〜〜〜〜〜nonkoも

006-1

「ギョエ〜〜〜、松本城が唐揚げ食べてるの?」ってバカなこと思ったら、「松本名物山賊焼き」が、某ビール会社とポスターになってるじゃないですか・・・
どこも頑張ってられるんですね
「食べた〜い
「やめとけ〜〜〜太るぞ」ともう一人の私が叫んでる

087-1

ちょうど松本駅近くで昨年お世話になりました「串いってつ」様がランチで「山賊焼き」をされていたんです。しかし・・・

084-1

売り切れになっちゃっていて・・・
「ミニ山賊焼き
やっぱり唐揚げです。お店によって漬け込まれるタレが違うのでしょう。
ニンニクがきいてお醤油の風味がとっても美味しかったです。

080-1

ごめんなさい、見たらやっぱり勉強しなくっちゃ

082-1

「幸せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
フルーティーで美味しい

085-1

お魚のアラ汁がたまりません。
お魚の仕入れもこだわられてるようで、また夜にお邪魔したいですね。

086-1

ご主人様とお話ししてるうちに、大町の方だってわかりとっても嬉しい気分でした。
そして食材のお話も色々とでき、松本十分に楽しんだ一日でした。

073-1

お土産にはこれだ!まだ山賊焼きから頭が離れず・・・
塩川喫茶部のおかあさんに教えていただいた、お店近くの「丸山鶏肉」様の、生の山賊焼一枚170円ナリ

002-1

本当に地元の方々の御用達だと思います。
でも飲食関係の方々がけっこう出入りされていました。
鶏肉を漬け込まれて、粉の付いた状態で販売していただけるので揚げたらいいだけです。nonkoでもこんなにカラリと揚がりました。

004-1

半分はポンカラにしちゃいました。メチャクチャ美味しかったですよ

いよいよ2月11日は「大町あめ市」です。
このあいだ少し御紹介しましたが、「あめ市」と言うのは、古来、生活必需品である塩を売った「塩の市」が転じて「あめ市」になったといわれています。塩俵を形どった飴や福飴、縁起物を売る露店が並び、併せて商店街では大売出しやイベントが行われるお祭りです。要するに寒い冬を乗り越え、お正月も終わり、そろそろお商売を始めますよ〜!みたいな感じのお祭りと言うか、売り出しなのでしょう。
私は「飴を売るお祭り」と勘違いしていました。
京都で言う「えべっさん」みたいなお祭りなのでしょう。

001-1

今日は大町のお菓子屋さんを少しのぞいてみました。
「北アルプス三蔵呑みあるき」の御協力店さんです。
「藤長菓子店」様では、店頭で試食販売されていました。

007-1

とってもいい配色でしょう。赤のポスターと、黄色のPOPがとってもあめ市らしいです。

002-1

色々なあめが並んでいます。
京都と違ってやわらかな色合いや、いかにも手作りと言ったものが多いんです。

006-1004-1

「福飴」や「引アメ」、そして豆板なんかも並んでいます。

003-1

「かる〜い」引アメのこの食感たまりません。
ポリポリじゃなくてもっと軽くてホロホロと言う感じです。美味しいですね〜〜〜

033-1

こちらはJR信濃大町駅からすぐの「立田屋マル喜菓子店」様です。

034-1

035-1

「あわ飴」と「豆板」は昨年同様「柴田製菓舗」様で御一緒に作られています。
飴作りは大変な手作業なんです。
今年は見学に行けませんでしたか、今年も同じように作られています。
詳しくはこちらからどうぞ!

037-1

またあめ市には昨年同様こちらの「福まんじゅう」を店頭で蒸かしていただけるんです。

5faab3c7

画像は昨年の蒸かし風景ですが、とってもフカフカで美味しいんです

91230add

黒糖の香りがして、中はこしあんです。もちろんnonkoも食べに行きますよ

039-1

立田屋マル喜菓子店様の直ぐ近くにございます「村田屋菓子舗」様です。
「バタどら」で有名ですよね

040-1

041-1

ありましたありました、手作りの飴です。
村田屋様の御主人様も柴田製菓舗様で御一緒に飴を作られていました。
いつもニコニコ顔のご主人様なんですが、お菓子作りの頑固さって言ったら凄いものです。絶対に何があっても量産されません。「できないから!」って言われます。
この言葉が私にはとっても嬉しいんです。なんでも量産しちゃうと微妙に味わいに変化があると思うのは私だけでしょうか。悪く言えば「商売っ気がない」と言われるのでしょうが、村田屋様のご主人様のお気持ちがとっても嬉しいんです。
今日もちょっといただいちゃいました。
でもお気持ちは無駄にはしたくないんです。面白い事を思い付いたもので、ぜひやってみました。

042-1

いただいた名物「バタどら」です。
だいたいいつもこれだけしか焼かれません。特注があれば別でしょうが・・・

044-1

温めたトースターでいっきに焼いてみました。
「絶品文句なしの絶品です
こだわりの皮の味わいがグングン出ました。たまらないですね〜〜〜〜〜〜〜
量産品では絶対に出ない味わいです。コク・食感・香り・・・
そしてジワ〜ッととけるバターに甘納豆がクセになります。きっとこんなスイーツはどこ探してもないと思います

046-1

もう一つ「あづみの月」です。
こちらは蒸された皮にバター&緑甘納豆です。実は夏場に冷やしていただいてたんですが、今の時期はお部屋が暖かいので冷やして食べるのも美味しいんです。
こちらのニ品を温めたり、冷やされたりしてお楽しみいただくのもいいものでしょう。勝手にこんな食べ方したら御主人様に叱られるかも(笑)
でもホント美味しいんです是非やってみて下さいね
2月10日には本通商店街には露店が立ち出すと思います。「大町あめ市」本番は2月11日です。
ぜひあめ市でお会いしましょう。

122-1

ここ何日かMyベンツが出せないので、ストレスがたまってマス
むりやり乗ったものの、大根おろしのようになった雪が怖かったです
この雪は夕方になると凍結するので大変です。

127-1

今日は穂高の白鳥の様子を見てきました。もちろんMyベンツは駅の駐車場に置いてですよ
足をけがして飛べない「ピーちゃん」は元気にしてるかな?

131-1

「ピーちゃ〜ん、元気ィ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
アララ、寝てるのか縮こまってるのか元気そうです。晴れててもあまりの寒さなので動きたくないのかな?まあ元気でよかった

136-1

田んぼには今年も沢山の白鳥が飛来しています。

135-1

白鳥のあいだに鴨も仲間入りです。

137-1

ガーガー、ピーピー大合唱です。はやく餌をちょうだ〜〜〜い

145-1

158-1

159-1

160-1

143-1

動物園ではないんですよね〜、毎年飛来してくれる大自然のある信州安曇野なんです。



鴨さんが行列で移動してるのが可愛くって



こうやって群れをなして飛んで行きます。
白鳥さん、毎年来てくれてありがとうピーちゃんも喜んでると思います。はやく飛べるようになればいいね



綺麗でしたよ
昨日開催されました「大町温泉郷夢花火と音の祭典・オープニング」の花火です雪の降る中、とっても綺麗な花火は、鹿島川の橋から見ると打ち上げられる場所もしっかりと見えるんです。(しかし寒かった

002-1

昨日の雪は大糸線信濃大町から北は、夕方より代行バスだったようです。とにかくよく降り続きましたからね〜

003-1004-1

それでも実行委員会様では昨年よりシャトルバスを出していただき、本当にありがたいです。往復タクシーでは大変ですからね〜
昨日は東京よりお客様もおいでで、店主も一緒に同行です。でもリュックの中にはきっと入ってるでしょう・・・、私もでしたが

014-1

温泉郷までシャトルバスで送っていただくと、まずは足が向くのは暖かい場所です。
昨年秋にオープンされました「ギャラリー・てん」様です。
ちょうどシャトルバスを着けて下さる温泉郷のバス亭の前です。

010-1011-1

実はここの「おでん」が最高に美味しかったんです
早速ここで熱燗でカンパーイ
あまりの美味しさに食べ終わってからの写真です。
実はこの後、私が雪まつり会場で写真を撮ってる間にまた行って、「モツ煮」を食べたそうなんですが、絶賛していました。隠れグルメですよ
ダシをちゃんと取られてるそうですよ
店舗の軒下には足湯もありますが、昨日はちょっと寒くって・・・

006-1

そして前にはかまくら風のキャンドルがとっても幻想的です。
その中でも・・・

007-1

大町のお酒がちゃんと飾ってられるんです。
実はお隣に「お酒の博物館」もありますので、試飲をされてお買い物もできるんです。嬉しいですよね〜、観光のお客様でとっても賑わっていました。

019-1

会場に行くとちょうど三九郎に火が付けられるところでした。

029-1

「トチローさ〜ん、カンパーイ
お世話になってます同じ関西人のトチロー様は直ぐお近くにお住まいなんです。
可愛いお家でいいな〜〜〜

024-1027-1

樽酒のサービスや、お餅を焼いていただいたりと、とっても楽しいひと時でした。

038-1

「キャッキャ楽しい〜〜〜

042-1

「アレレ?オ〜イ

048-1

「寒くない?」
クマさん達も子供さんと一緒に大ハシャギです

046-1

子供さん方も楽しそうですよ〜〜〜
雪がどんどん積もってたので、転がっても痛くないよね

050-1

会場では吹奏楽の演奏が始まりました。

062-1

そして恒例の流鏑馬太鼓です。
まずは子供さん方からです。



カッコイイでしょう。寒い中でも頑張って叩いてくれました。
大人になられたら楽しみですね!

061-1

大人の方達の流鏑馬太鼓はいつ見ても迫力です。女性の方がカッコイイです、私もやってみたい

065-1

今年は雪が豊富なので、私が知ってる中では一番大きな「かまくら」ができていました。中には何人も入れるので、楽しいですよ

067-1

そろそろ時間だ〜!っと思って鹿島川の橋の方へ行くと、お客様の福田様と店主がほろ酔い気分で足場を固めていました。(また呑んでた?)

083-1

お祭り会場では、先日発売の「白馬錦・初午寒搾り」をいただき、ここでは昨日発売の「夜明け前生一本・しずく採り」を飲んじゃいました。店主と福田様はそれ以外にも・・・(酒飲み

101-1

102-1

103-1

105-1

109-1


今年もシャトルバスを出していただいたおかげで、楽しく「大町温泉郷夢花火と音の祭典・オープニング」に参加させていただきました。昨年よりご乗車は少なかったのですが、大雪のためであると思います。また来年皆様で御一緒できればと願っています。ご関係者の皆様、ありがとうございました。
あと何度かの「夢花火と音の祭典」も頑張って下さいね

017-1

寒い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜いつまで降るの〜〜〜〜〜〜〜〜横川商店の店頭も、雪かきしてもしても積もって行きます。
そして大町は寒い、痛いと言っていいかな?危ない寒さ
それでも皆さん頑張ってま〜す

019-1

本通りも真っ白で大変な状態です。

016-1

こんな中でもお客様がおみえでした。本当にありがとうございます。
いつもお酒の会にも来ていただいてるお客様がご友人様とご一緒にご来店です。
今夜は温かなお鍋をどうぞ

079-1

来週はいよいよ「大町あめ市」です。商店街のお店でもご準備が始まっています。
「柴田製菓舗」様では、お雛様と共に店内はもう春です。

075-1

隠し味に胡麻油を使われた「豆板」です。

076-1

ポリポリとした食感の「あわ飴」も大人気です。
昨年は作ってられるところを見学させていただきました。手作りの味わいをお楽しみ下さいませ。

036-1

またあめ市と言えば「カウベル立田屋」様のドーナツでしょう。
今日から店頭で実演販売されています。

023-1

「カウベル立田屋・原代表」様自らドーナツを揚げてられるんです。

025-1

今回より餡ドーナツが少しかわりました。

028-1

ふんわりやわらかくなってしっとりしています。
冷えてもやわらかさが保てるようで、お客様がご自宅で持ち帰られた後、食べられる事を考えられたそうです。
連日人気の餡ドーナツは、夕方には売り切れるのでお早い目にどうぞ

029-1

030-1

プレーンドーナツは根強い人気です。
nonkoは確かダイエット中じゃなかったっけ?
「ご馳走様でした
さぁ〜、今夜は大町温泉郷夢花火です。
行ってきま〜す

010-1

008-1

どんどん降っています。いったいどれだけ降り続くのでしょう・・・
大町は降った雪がとけないほど低温なんです。
そして夕方からは凍結状態です。
昨日友人でもあります「トチローさん」も、新潟でとっても怖い思いをされたようです。
どうぞくれぐれも無理なさらずに運転して下さいね。
また歩行者の方も、農業用水にはご注意下さいね。悲しい事故も発生しています。
雪国の怖さを感じています。
今日は夜には「大町温泉郷の夢花火」です。今日だけオープニングでシャトルバスを出していただけますので、ぜひそちらの方をご利用下さいませ。
時刻表はこちらです


*ただいま入った情報ですと、大町市内循環バス「ふれ合い号」ですが、青木湖方面&平方面はかなりダイヤが乱れています。ご注意下さいませ。

140-1

146-1

お客様にお願ですいつもなら「大町きて下さ〜い」ってご案内するのですが、今日・明日の寒波ではとてもじゃないですが、糸魚川からの大町方面はくれぐれもご注意下さい。無理して来ないで下さい是非是非nonkoからのお願です。
画像は2月3日の14時過ぎの糸魚川から大町方面へ10分ぐらいの根知付近です。
進行方向は大町方面ですが、トラックが停車してチェーンを付けられるために停車中です。雪がきつくハッキリとわからないぐらいです。
今年の新潟の雪は異常です
ゲリラ的に降りますので、所々で路肩に停車されてチェーンを巻かれてる車があります。またこのように雪で動けなくなった車もあります。
私の乗った代行バスはこの車を避けるために、雪だまりに1時間程悪戦苦闘でした。
そしてこの直ぐ後に、チェーンを付けるために停車してるトラックを避け、正面衝突され亡くなられています。
今年の雪はいっきに降り、アッと言う間に積もります。風もきつく北陸自動車道も大変危険です。どうぞ無理なさらずに、少し様子を見られてお越し下さいませ。
尚、松本方面からの大町は、凍結をご注意下さいませ。
どうぞ宜しくお願い致します。

021-1

いい景色でしょう松本平です
もちろん松本市内ですよ
昨日の事です。
関西人の二人が頑張ってられる「居酒屋花山」様のナオ君とケンちゃんと一緒に「山屋酒店」様へ行ってきました。

022-1

店内ではご主人様が花山のお二人に丁寧な説明をして下さり、本当にありがたかったです。
「あんたら頑張って日本酒飲んでもらいや〜〜〜
スノーボードで信州に来た二人が、大町で居酒屋を始めたわけですから、日本酒の事はほとんどわからない状態でしたが、最近頑張って勉強しているそうです。
「nonkoさん、火入れって火を入れるの?」なんてバカな事聞かないで〜〜〜
奥様にはコーヒーまでごちそうになり、お二人は感謝感謝

026-1

お二人の目的は「佐久の花酒造」様のようです。
本当に色々あるんですね〜〜〜


027-1

「やったね」何本かGETしたようです。
花山だから「花」だそうです。

026-1

私は店主に頼まれて県外のお酒をGET
「第一酒造」様の「純米大吟醸・開花」です。

1025-

山屋様もバレンタイン頑張ってられるんですね

029-1

お世話になりましたまたお二人行きましたら宜しくお願い致します。
同じ酒屋同士ですが、お互い情報交換し合いながら頑張っていければ嬉しいです。
まわりが田んぼですが、とっても安曇野らしい風景が広がって「信州!」って感じの場所にお店をかまえられています。歩いて直ぐに「JR大糸線下高松」の駅があります。ゆっくりとお酒を選べるスペースがあり、とってもゆっくりさせていただきました。横川商店もこういったスペースを作らないとって感じましたね
お世話になりました
山屋酒店様は私共と同じよう、日本酒を頑張って皆様にお楽しみいただけるよう、色々とご企画されて頑張ってられるんです。
昨年の「城下町酒楽まつり」もそうでしたし、私共も頑張ってます「北アルプス三蔵呑みあるき」にもご参加していただきました。

001-1

購入させていただいたお酒は夜に楽しませていただきました。
直江津で購入した鯛を「鯛めし」にしました。

005-1

強火でいっきに表面に焦げ目をつけて旨味をとじ込めます。

006-1

炊飯器には昆布ダシに浸けたお米のスイッチを入れておいて、ちょうど沸騰する手前で焦げ目が付いた鯛を入れます。要するに熱い状態でお米と鯛が出合う事で臭みが出ないような気がするのですが、私の自己満足かも?

011-1

炊き上げれば鯛を引き上げ、さっと身をほぐしてご飯に混ぜ込みます。
身をほぐすあいだに蒸らせるのでしょう

014-1

「ウッシッシ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
久しぶりの鯛めしは最高柚子の香りもちょっといいかもね

007-1

同じように購入したヤリイカは、70度のお湯で3分〜5分。
これは井筒ワイン小田様から伝授です
「さすが小田っち」プリプリの食感と旨味でした。
これはカルパッチョにしました。
美味しいお酒に肴は最高です。
3月に企画しています「店主と一緒に新酒会」がいよいよご案内です

【山屋酒店様】
長野県松本市大字島内高松2359-7
TEL 0263-47-3314
最寄り駅 JR大糸線島高松
島高松駅から徒歩約8分

明日から始まります「大町温泉郷夢花火」ですが、明日のオープニングセレモニーで昨年同様シャトルバスを出していただけるんです。嬉しいですよね〜〜〜当店では早速お客様にオリジナルの時刻表をお渡ししています。
もちろんnonkoも乗っちゃいますよ
皆様御一緒にいかがでしょう
バスの時刻はこちらからどうぞ
昨年の様子はこちらからどうぞ

このページのトップヘ