呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2010年06月

025-1

出来ました〜〜〜七夕人形で〜す
右の二体は28日に「ベラミ人形店」様で講習を受けさせていただき仕上げたもの、左の二体は今日横川商店の試飲テーブルで奮闘して作ったものです。
失敗箇所がいっぱいいっぱい

024-1

一番左の「おりひめ様」の色目は新色だそうです。
大町に来て七夕様をこれだけ大切に思えるとは思ってもみませんでした。
あとは毎年飾る笹を店頭にご用意いたしますので、今しばらくお待ち下さいね。

010-1

今日は一日お店にいました。
色々なお客様とお話しできるので、とっても楽しいです。
観光バスが止まった時にはビックリしました
関東からのお客様だったようで、皆様どうもありがとうございました。

013-1

また大町市役所観光課の方が夏の「ゆかた祭り&やまびこ祭り」のポスターをお持ちいただきました。そこへ・・・

015-1

白馬錦薄井浩介」様が・・・
「臨時同級会」です(笑)
ホントホント、同級だそうです。懐かしみながらの昔話のよう・・・
でもお二人何となくニテル・・・(笑)

027-1

店内も夏らしくきれいなグラス類を置いてみました。
大町の美味しいお水を飲むのにピッタリのグラスです。

019-1

松本の「ベラミ人形店」様で、七夕人形作りの講習会へ行ってきました。
ちょうど今年の2月にお店の中にある七夕人形が見えたので、お話しさせていただき今回の講習会にお誘いいただきました。


020-1

店内にはこのような和紙で作られたお人形がいっぱい飾られています。

006-1

まずこれらの和紙の中から色合いを決めていきます。

005-1

nonkoはこの配色に決定

007-1

他には袖口やの色や、付属品であるリリアンの色目も決めていきます。
何だか複雑そうでドキドキで


016-1

講師の先生はベラミ人形店様の奥様(おばあちゃん)です。
浴衣を着てられてとっても上品な奥様でした。

013-1

ここまで作るのにはけっこう時間がかかりました。
京都では7月7日ですが、大町では8月7日です。
大町に来てこのような七夕様を知り、より深く昔の慣わしに興味が出てきています。
長野県ではそれぞれの家に、8月6日に厄をたくした「おりひめ様」と「ひこぼし様」の人形を、風通しの良い軒下につるして飾り、風で厄を吹きはらってもらう厄ばらいを行います。人形には、「着物かけ形式」「紙びな形式」「人がた形式」「流しびな形式」の4種類があります。着物かけ形式では、七夕びなに子供の浴衣を着せて子供が健康に育つことを祈ります。
明日はひこぼし様を作ってお店に飾ってみますね!

また今週末にも講習会がございます。
とっても楽しいですから是非どうぞ!

【ベラミ人形店】様
松本市中央3−7−23
TEL 0263−33−1314

7月3日、4日、5日開催
AM9:30〜PM16:00頃まで

166-1

福井から真っすぐ帰ればいいものを、金沢から白川郷経由で飛騨高山まで高速バスがあるのをご存知でしょうか?便利になりましたよ
金沢から白川郷まで約1時間、そこから飛騨高山までまた1時間、とっても速くて電車代より安いコースです。
ちょうど高山の友人に渡すものがあったので、立ち寄って来ましたが、元々横川商店に来る前にはこの地でボランティアを一緒にしていたので、知り合いが多いんです「お帰り〜〜〜」って迎えていただくとホッとします。

167-1

風俗関係のない飛騨高山の街中はいたって健康な夜の街です。
皆様何をしてるかって・・・

171-1

これこれ半弓道場に通ってます。もちろんnonkoも通ってます

170-1

でもnonkoの腕前はこんなもの
約1年ぶりで27点ですって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
でも店主も来たことあるんですが、弓がとどきましぇ〜ん

173-1

「わぁ〜〜〜、みんな名前載ってる、悔しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」ホント皆様健全なんですよ

181-1

翌日は苦手な古い町並みを避け、「陣屋の朝市」へ直行です。
7.8年前に来た頃はまだこんなに格子など塗りたくられてなかったのですが、最近はnonkoがいつも言う「新しい古い町並み」になっちゃった
でも観光のお客様はとっても多いのですが、手にはお土産袋はありません。皆様食べ歩きのような、串でさされたものや、コロッケ、アイスクリーム等を頬張りながらの散策と言ったところでしょうか・・・、友人も商店街の役員をしていますが、なかなか大変なようです。どこの町も一緒か・・・。お客様の財布の紐は「かたい

178-1

でもこちらのお餅はメチャクチャ美味しいです。特に半端の切れ端が入ってるのが最高です。あとはホウバの葉っぱに包まれたもの。

185-1

今回のもう一つの目的はこちらです。
高山市内の日本酒蔵「田邉酒造場」様です。銘柄は「豊年」だそうです。
最近まで造りをお休みされていたそうなんですが、息子様がお戻りになり、今季よりお酒造りを始められたそうです。実は社長様が友人と同級生だって(笑)
「またまたひつじ歳の会?」

187-1

こちらが今期息子様が造られた「純米酒「ONE」山廃仕込み」だそうです。
コハク色していてビックリです
味わいは凄い酸っぱくて濃厚です。

192-1

息子様で次期杜氏様になられるのでしょうね。
頑張って下さいね〜〜〜、nonkoの娘と一歳違いなんて信じられないです。
娘よ〜〜〜、しっかりしろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

188-1

190-1191-1

少しだけお蔵様の中を見学させていただきました。
一番ビックリしたのは「ヤブタ」が無いそうで、全て船搾りをされているそうです。
そしてまだ洗い物の袋が水にさらされていたのですが、造りの時期がとっても遅かったそうです。これから色々と勉強されていかれることでしょう。
試飲させていただきました「純米酒ONE」がどうにも気になって、どうしていただくとスムーズに楽しめるのか?
「そうだハナちゃんのところへ行ってみよう

200-1

198-1

その前にお買い物です。
いつも行くお惣菜屋さん「こびしや」様で、今の時期作られてる「ほうば寿司」をゲットです。
クマさん達もお腹空いたって・・・、ホウバの葉っぱは殺菌効果があるので今の時期でも安心です。

196-1

そしてお昼には売り切れる「ころ芋」です。
甘辛く煮られた高山の郷土食です。

197-1

カツジャガも美味しいですよ
両方300gお持ち帰りナリ

204-1

高山から平湯までユラ〜リゆられて60分です。
平湯トンネルを抜けるとハナちゃんがいる郷土料理「あんきや」様です。

212-1

新潟から移築された古民家の迫力が凄い「あんきや」様です。
「ハナちゃ〜ん、ごめん少し飛騨牛を焼かせて
ワガママ言っちゃった〜!でもどうしても先程のお酒に合わせてみたいイメージがあったんです。

214-1

牛肉は何日ぶりでしょう・・・
この歳になると、少しだけ美味しい部分が食べたくなるものです。
ちなみにnonkoが牛肉を食べられるようになったのは23歳の年からです。それ以前は肉類苦手でした。ミンチならOKでしたけどね(意外でしょう)

217-1

「ウ〜〜〜ン・・・」お肉と言うより、レモンが合っちゃった
飛騨牛は合わなくないですが、胡麻油のきいた醤油ダレだったので、つけダレを変えたらまた雰囲気が変わると思います。でもレモンは合っちゃった

220-1

ハナちゃん、送り迎えありがとう
また大町に遊びに来て下さいね。
今まで飛騨高山ってあまりお酒を楽しむイメージがなかったんです。
どちらかと言うと仲間内ではガンガン飲んじゃう感じです。でも田邉酒造場の社長様が、昔の高山なら10人の宴会では10升のお酒を準備されたそうですが、今では3分の1か、他は焼酎のようです。ってお話しされていました。今までの高山の酒質と違うものがあってもいいのでは?と言う興味深いお話しをされていました。
そう言えばnonkoのまわりの高山人は質より量タイプが多いです。
何度つぶされたことでしょう(笑)

072-1

今年3月にお世話になりました越前海岸の「国民宿舎・鷹巣荘」様です。
実はこの時は京都からの帰り、横川商店の新酒会で使いたい「鯖のへし子」を探しながらお世話になったんです。その時にフロントの方と仲良しになって以来、ブログのコメントでやりとりさせていただく様になった「ミドレンジャー」様です。
今回初めて「日本酒会」を開催されると言うことでお邪魔してきました。
国民宿舎で日本酒会ってビックリですよね
085-1

「凄い!」こんな御案内まで・・・

090-1

この日のお酒は「黒龍・黒龍酒造」様、「早瀬浦・三宅彦右衛門酒造」様、「越ノ鷹・伊藤酒造」様です。
伊藤酒造・伊藤抵治杜氏様も御出席下さり、「杜氏」と言うお仕事の説明を興味深くしていただきました。
日本酒会は初めてというお客様のために、「純米酒」「純米吟醸酒」「山廃仕込み」と言う説明と飲み比べをさせていただいたり、純米吟醸には少しレモンを加えて楽しませていただいたりと、皆様からは歓声があがっていました。

086-1

またどんどん色々な種類のお酒がテーブルごとに運ばれ、nonkoのテーブルのお客様は乾杯乾杯の連続で、大盛り上がりでした
ミドレンジャー様、楽しいテーブルに入れていただきありがとう
そうそう、ミドレンジャー様は司会者だったので、お忙しそうでした。
こういった会では進行役も大変ですよね〜

091-1

中三瀬誠料理長様からこの日のお料理の説明をしていただき、お料理が運ばれる前からヨダレがでそうなメニューです。
前浜のサザエの旨煮、イカのこのわた和え、甘エビの酒盗和え・・・
もうたまらん〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、瓶詰めの珍味とは全く違います。新鮮そのもので、素材の旨さがお酒のためにお化粧された味わいです

095-1

お造りは、鯛、メジ、ナル、イカ、甘エビです。確か3月もとっても新鮮なお魚をいただきました。だって鷹巣荘様の下が漁港なので、競りたてのお魚なのですよ

092-1

「クゥ〜〜〜〜〜へしこ寿司
今一番熱い「鯖のへしこ」です。ホワッと炙っても美味しそう

098-1

いくつもの猪口が並び、どれがどれかわからなくなったと言う事はnonkoも酔っぱらい
きっと初めての開催と言うことで、一つ一つに猪口をご用意されたのかも?
凄い並び方でしょう(笑)もうサービス満点ですよ

101-1



このあたりから「スコップ三味線」の方々のパフォーマンスがあり、笑い転げちゃいましただって仕草がとっても面白いんですよ〜、弦なんて無いのに、あるかのような・・・、スコップでここまで色々な音が出るんですね。

113-1

イカのワタ焼きはさすがです。鮮度の良さがコクの広がりを出してくれます。
「ご飯下さ〜い」ってわがままを言っちゃいました。

129-1

「恥ずかし・・・」

126-1

「オコゼと夏やさいの揚げ出し」です。
このあたりにもオコゼがいるんだ


119-1

凄いでしょ凄いでしょ
蒸しアワビです。中三瀬料理長様がイチオシの一品です。
3時間も蒸されたそうです。あとから鷹巣荘社長様にもお会いしましたが、アワビは蒸すのが一番だそうです。

123-1

煮汁がジェル仕立てになって、いただくのがもったいないような盛り付けです。
久しぶりのアワビですが、蒸したてのアワビは、こんなにやわらかくて濃厚な味わいなんですね〜、いつもは鉄板焼きでいただく事が多かったんですが、この一品は驚きです。
そして焼きものには「太刀魚の黒胡椒焼き」最後には「越前おろし蕎麦」です。

112-1

お料理の後半では「早瀬浦大吟醸」がこのような酒器で出していただいたり・・・

117-1

「黒龍・大吟醸しずく」がこのような徳利とグラスで出てきたり・・・
何だかとっても微笑ましいと言うか、手作りの日本酒会の雰囲気がとっても良かったです。

115-1

また鷹巣荘支配人様の表情がとっても素敵でした

133-1

nonkoと御一緒のテーブルの皆様です。
お世話になりましたそしてアイス最中をいただきありがとうございます

135-1

キャハ〜〜〜、またやっちゃった
マイクをもぎ取ってまたまた独演してすみましぇ〜んどなたか写真におさめて下さってました、ありがとうございます。
国民宿舎ってとっても堅苦しいイメージがありますが、3月にお邪魔した時に全くそのような印象はなく、スタッフの皆様が温かいんです。それに皆様仲がいいんですよ〜〜〜。ロケーション抜群、もちろんこれからの海水浴は最高です
そして魚釣りも、防波堤&船と全部OK釣れたら、中三瀬料理長様にお願いしちゃったら
ご予約はフロントにいらっしゃる、ミドレンジャー様コト「北井留美」様にTELをどうぞ

138-1

しかし深夜の「しずく」は美味しかった
ご馳走様でした

137-1

しずくはこのような肴で呑むのが美味しいなぁ〜〜〜

140-1

078-1

朝風呂は最高
晴れてたら日本海が一望ですものね
泉質もかけ流しでいいお湯です。海が横なのに、塩泉じゃないのが嬉しいです

1067-

ちょうど今アジサイのお花がきれいです

142-1

翌日は美味しいコーヒーが飲みたいって我がまま言ったら、ミドレンジャー様に連れていただきました。鷹巣荘様の直ぐ近くのCafé「MARE」様です。

144-1

145-1

海の中でコーヒーをいただいてるような錯覚になりそうな素敵なCafeです。

155-1

福井駅まで送っていただく途中に、中三瀬料理長様が御推薦と言う「やす竹」様に連れていただきました。

152-1

メチャ旨のかつ丼です。
今まで食べた中で一番です
豚肉がやわらかくて甘味もあります。そしてツユが美味しいんですよ〜〜〜
実はこのカツ丼はソースかつ丼なんですよ
こんな味わい初めてです。ミドレンジャー様ありがとうございます。

150-1

もちろんお蕎麦屋さんなので、越前蕎麦も付いています
いや〜、よく食べて飲みました。
はいはい、ちゃ〜んと買ってきましたよ〜〜〜

062-1

「黒龍」&「早瀬浦」です
また皆様御一緒しましょう

060-1061-1

実は鷹巣荘様へお邪魔する前に立ち寄らせていただいた「田中屋酒店」様ですが、偶然ですが鷹巣荘様のお仕入れ先だったそうです。
とっても親切なご主人様が、試飲もさせていただきながら、こだわりを持たれてるのが良くわかりました。
素敵な試飲カウンターがありますので、運転手様持参でどうぞ。

063-1

福井駅東口から徒歩5分ぐらいです。

dd31a17b.jpg飛騨高山で紹介してもらったお酒です。24才の若い後継ぎさんが造られた「田邉酒造場」様の「山廃一段仕込み」です。飛騨牛の串焼きにぴったりの味わいです。今30代の杜氏様が多い中、20代ですからね〜!もちろん持って帰りますね。しかし飛騨高山は観光がますますさかんに見えますが、お店の移り変わりも激しそう。

1092169b.jpgnonkoの和歌山の友人の旦那さん「哲ちゃんの南紅梅」がお届けしてると思います。今日ご購入のお客様から画像付きのメールが届きました。哲ちゃんは送料と南紅梅のお代金を書いた請求書を「給料袋」に入れたみたいです。ビックリされたお客様すみませ〜ん。哲ちゃんはそんな人なんです。でも「もの」はいいでしょう!

1355931d.jpg「夕陽」を見ながら皆様は何を思われるでしょう!「あ〜夕陽だ」「綺麗だな!」「眩しい!」「お腹空いた!」etc 色々ある中で、昨日の夕陽は私にとっては気持ちを整理出来た事でしょう。夕陽ってたった何分かなんですが「偉大」です。

d358907d.jpg大町は素晴らしいお天気でした。昨日から再開されました「立山黒部アルペンルート」のケーブルカーですが、今日のようなお天気は最高でしょうね。

5aa8f0ac

和歌山の友人が分けてくれます「南紅梅」ですが、吉野哲っちゃんから連絡があって、明日ぐらいから収穫されるそうです。きっと皆様方には明後日あたりから順次お届になるかと思います。
哲ちゃんは「吉野の梅は最高よ〜〜〜」って言ってましたから、是非お楽しみ下さいね。梅のお代金と送料の請求書を同封していただけるそうです。
今年も大変多くのご注文ありがとうございました
なぜかこの時期「梅屋さん」のnonkoデス

048-1

今夜は定休日でしたが、バタバタしてしまって夜は「福井缶詰」様の「鯖缶・味噌味」です

049-1

今ホウバの葉っぱがきれいなので下にひいてみました。
とってもジューシーな鯖は品質の良さを感じます。あるお客様が「探していて取り寄せようと思っていたらここにあった!」と言われお店で大笑いでした。
「ここにはnonkoと言う食いしん坊がいるんです
どうやら「サライ」と言う月刊誌の、夏増刊号に掲載されてると言うことで、早速購入した見ました。

003-1

これは食いしん坊のためにあるような雑誌です。
福井の特集があって、鯖のへし子が掲載されています。
これは大変大変、よだれが出そう

004-1

ここではクマザサにひかれた「唐辛子入り」が掲載されています。
実は横川商店でも唐辛子入りが一番人気です。しかしもうあまり無い状態で、様子を見て追加発注ですね〜〜〜〜〜〜〜〜

*「立山黒部アルペンルート」のケーブルが再開されました。
皆様どんどんお越し下さいね




【昨年の動画です】



どこから流れ込んだのか・・・?用水路から?
色々な栽培法があっても、用水路からの流れ込みは仕方がないですよね〜

006-1

010-1

009-1

008-1

「なんだこりゃ?」って思うでしょう。
今日は真面目に身体を立て治さないと・・・
日頃の食生活も、時々悲鳴を上げる中、続いてくると明確に症状が出てきます。
今朝のnonkoは「冷え」「過労」そして昨夜遅くの食事が「もうダメよ」と言う信号を出しています。
今夜もまたお客様、そして週末は越前海岸へ日本酒会、ちょっと身体を真っすぐにしておかないと・・・
「これ以上・・・」と言うバロメーターを感じる事ができるようになったのも、10年近く前にnonkoが大病をした時に助けて下さった師匠であります「西京極薬局・須藤朝代」先生です。
今でもお薬を処方していただき、大町からは食材やワインをお送りしています。
須藤先生はnonkoがこの世で一番怖い師匠であり、尊敬する方です。
先生との出会いはもう12.3年にもなりますかね〜、先生の診察日がくるのが嫌で嫌で、怖くて怖くて・・・、患者様も難病の方ばかりで、海外からもおみえでした。
顔を帽子で隠さないと歩けないほどのアトピー患者様は、和歌山から通ってられたかな〜、2ヶ月程でメチャクチャ良くなられてたんですが、漢方薬じゃなく「紅玉梅干し」と「練りゴマ+蜂蜜」で良くなられてました。
また脳梗塞や、何かわからない難病の方・・・、怖いぐらいの患者様ばかりでした。
nonkoは偶々お世話になってた歯医者様のご紹介でありがたかったです。
須藤先生は西方医学で言う「病名」が付く前に「食」で治すことが大切だと考えてられます。だから漢方薬は治癒までの手助けのひとつとお考えで、決してお薬でお金儲けをされてる先生ではありません。
nonkoは一番の劣等性だと思いますよ〜〜〜
「あなた様は転ばないとわからない人だから!」って平気で言われます。「転ぶ」と言ういい方は、「体調が歪むこと」をさされます。
このような先生の教えがいつの間にか、身体と会話できるようになり、「今自分に何の食材が必要か?」と言う事がわかるようになってきました。
自分の身体を読み取る力をつけて下さっていたのです。そしてもっと大切な事は、「日本人」であると言う事です。「正しい日本の食生活」と言えば堅苦しいのですが、確かに今まで生まれ育った土地こそが自分の身体を作ってきたのです。
そしてもっと突き詰めると、以前は京都に住んでいました。40年以上もですよ〜
今は大町に住んでいます。食生活の中で、少し変えなければならない「サジ加減」が必要だと感じています。それは「水分」なんです。
京都は盆地でした、だから湿度が高いんです。しかし今はけっこうカラッとしています。京都にいる頃より水分は少し多めに摂っています。
また京都の頃とは違い、昼間と夜の温度差が凄く夜は相当冷えます。
大町は「冷え」からくる病気がとっても多いです。
京都で教えていただいた事を、大町で実践しているように思います。
「冷え」は食材ととっても関係が深く、病気とも隣り合わせです。
よく自然食を愛好される方が「ウツ状態」になられるのも食材と関係があるのと思います。
あるマクロビ好きの方と雪の降る夜にお食事をしたのですが、nonkoはハンバーガー、相手はキュウリとスモークサーモンのカルパッチョ
コリャ冷えますよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
決してマクロビを否定するわけではないのですが、もっとご自分の身体を読み取っていただく事から始めていただきたいと思いました。そして我々は日本人で日本に住んでるんです。
海外に行けはその土地の食を愛せばいいと思いますが、ここは日本です
信州なんですよ〜〜〜〜〜〜、大町なんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
nonko自身が大病をし、這い上がってきた中で命の尊さを感じ、日々感謝の気持ちで生きています。健康な方にはきっと面白くない事だと思うのですが、「病気」と言うのはいつ自分にふりかかってくるかわかりません。
流行りだけでなく、まずご自分のお身体に語りかけてあげて下さいね。
今の時期、お腹の風邪、鼻風邪が流行っています。お腹が冷えてるんです。
温かなおうどんに、お酢を少したらせていただいてみて下さい。


*今日は夕方まで写真の食材で絶食のnonkoです
これで夜にはきっと元気はつらつで〜す

●nonko特製梅干し (もちろん塩分は「海の精18%」・紫蘇は京都の大原産・梅は和歌山の友人の南紅梅)
●蜂蜜  (百花蜜です。蜂蜜は胃薬タイミング良くいただいた事も神様の恵のよう・・・)
●ササヘルス  (どうにもこうにもいかない時や、旅先で野菜が摂れない時に持ち歩きます、また脾系が弱ってる時にも愛用)

001-1

「北アルプス三蔵呑みあるき」の情報をお届けします「呑みあるき情報NO3」を印刷し、郵便屋さんしています。
最近は2,000枚以上するので、nonko一人では配布するのに大変で、実行委員の方々にもお手伝いしていただいてます。

023-1

お届けが前後しますがご了承下さいね
それからバックナンバーもお申し出下さいましたらお届けいたしますね

007-1

002-1

Myベンツで配達していると、町なかのいつも目に留まらない事までも発見できて面白いです。
JR信濃大町駅がこんなに立派になりました。
「岳都信濃大町」って感じでしょう

004-1

お待たせいたしました、お蕎麦屋さん再開です
もうホント色々な方からお問い合わせで、「駅蕎麦まだ?」って言われていましたので、「ヤッタ〜」って感じです。

006-1

オバチャ〜ン、また宜しくお願い致しますね

009-1

また御協力店様をまわってると、とっても面白い事もあるんです。
町なかの「一番鮨」様です。飲食店様はランチ後の14時半過ぎないとご迷惑なので、そのぐらいの時間にお邪魔するのですが、ご主人様が「うち載ってる?」って・・・

021-1

「もちろんですともココです
ちょうど仕込みの最中で、いつもご熱心に包丁を握られています。

013-1

美味しそうなマグロは目の毒ですよ〜〜〜
お昼はランチのお寿司がいただけます。

016-1

また八百屋さんの「よしざわ青果店」様では、梅が出ていました。
紀州南紅梅もありましたが、やはり信州は「本ぶんご梅」ですよね
種を抜いて漬けられるそうです。「ぶんご梅」はあっても「本ぶんご梅」は珍しいと思います。本物を販売される青果店さんで大町では有名です。

015-1

食料品の「ヤマトヤ」様では、竹の子が店頭にありました。京都では「ハチク」って呼ばれるものと一緒かな?

017-1

「金原青果店」様では地元の小梅を販売されていました。
nonkoのお分けします和歌山の南紅梅も今週中で一応お申し込みは締め切らせていただこうと思っています。
さぁ〜、これから店主と荷受に松本まで行ってきま〜す(私は何時間労働だ?)

008-1

今日はいつもの大町じゃないような・・・
とにかく活気があって一日がとっても楽しかったです。
朝から「北アルプス三蔵呑みあるき」のご協力店様のイベントをまわってきました。
木崎湖畔の「Yショップ・ニシ」様です。
今日はアコーディオン奏者の「スパン子」様のインストアライブを行われました。
晴れて良かったですMyベンツ出動しましたから
木崎湖畔をリンリン走っていたら・・・

007-1

お〜〜〜っと、「傘木ひろお」様の選挙Carデス
「頑張って下さ〜〜〜い
傘木様は窓から乗り出されて手を振って下さいました。
何だか嬉しかったですね〜〜〜
お恥ずかしいですが、京都にいた頃選挙なんてほとんど行った事がありませんし、立候補者の方も全く存じ上げなかったんです。しかし大町に来てからは面白いほど町の中のことがわかります。それに今回27日の市長選挙の立候補者の方々、そして市議会議員補欠選挙の方は、皆様よくよく存じ上げてるのですから興味津々です。
真面目に考えてしっかりと投票に行かせていただこうと思っています。

016-1

「Yショップ・ニシ」様に着くと、もう準備は完了で、皆様お待ちかねでした。

009-1

最近は毎週日曜日に朝市をされているようです。
アカシヤと百花みつの蜂蜜が美味しそうです

025-1

アコーディオンを待たれたスパン子様が登場です。
「草原」「民族」「大地」「風」そんなイメージをいだいたスパン子様の世界です。
コントラバスも面白い音の出され方をされていました。

028-1

こんな小さなピアノだってひかれるんです。

032-1

素敵な衣装が木崎湖にピッタリでしたよ

034-1

036-1

アンコールではテントから出られ「外の方が気持ちいいね〜!」って
Yショップ・ニシ様も中央で御一緒に笛?を演奏され、とっても楽しいライブでした。

039-1

もちろんクマさん達も一緒に手拍子をしていました

042-1

木崎湖の田んぼも稲が大きくなって、グリーン色がより濃くなってきました。

047-1

木崎湖畔はスイレンのお花が咲いていたり・・・

045-1

蓮の葉っぱがこんなに大きくなっていたり・・・
でも9月の呑みあるきまでは枯れないでねまたまた「大谷書店」様が「象鼻杯」をして下さるそうです

050-1

もう一軒イベントされていたのがスケートショップの「アルトムーブメント」様です。今日は子供達対象の「スケート天国」でした。
「スケートボードなんです

048-1

「ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
誰だと思ったら・・・

077-1049-1

「居酒屋花山」様オーナーの、ナオ君&けんちゃんです。
今日は消防の大会だったそうです。何だか眠むそうね〜、大丈夫?

079-1

大町市内にはこれだけ大勢の消防団の方々がおいでなんですね
中央商店街火災の時には本当にお世話になりました。
皆様これからも頑張って下さいね

062-1

子供さんは身軽ですね〜、こんなに高くまで飛んじゃうんです
そうかと思えば・・・

074-1

こんな面白い子供さんもいらっしゃったり・・・
子供のうちは何でも自由でいいですよね〜
初心者の子供様でも指導をしていただけるようで安心です。



見たことある方だと思ったら、ピンクのシャツの方は「ユナイトコーヒー」様の松浦マスターです。
しかし速いですよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

084-2

夕方お店に帰って、店頭の生け込みを入れかえていたら、またまた来ました

088-1

「ほりさ〜ん
市議会議員補欠選挙の立候補者「ほり堅一」様です。

091-1

違う道路では市長選挙立候補者「牛腰徹」現市長様です。
わざわざお車から降りていただき握手していただきました

093-1

「頑張って下さ〜い

095-1

直ぐまた後に「傘木ひろお」様です。
皆様頑張って下さいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日の大町は凄いですよ、「動」という字がピッタリです。
動き出したような気がします。でもこれからずっと動き続けて欲しいです

*横川商店「夏の贈り物」のCMができました!
宜しければこちらからどうぞ

004-1

「ちょっとちょっと・・・!nonkoのようになるよ〜〜〜」

005-1

「もしもし・・・、もしもし・・・」

009-1

「なにか?・・・文句あっか〜〜〜〜〜〜〜〜
無いです・・・

014-1

お世話になってます「ユナイトコーヒー」様でお昼のいっぷくです。
パグのネネちゃんは癒し系
なぜか人間の言葉がわかるようで、「ごはん」って言うと反応するのはnonkoと一緒

015-1

今日もママさんはハンドピックをされていました。
欠点豆を取りさることで雑味が無くなるのも納得で、大町の美味しいお水は超軟水なので焙煎されたコーヒー豆とピッタリなのでしょう

017-1

ある日のこと、焙煎されたブルーマウンテンをご馳走になったのですが、都会では「凄い!」と思うのでしょうが、日頃から色々なコーヒーの品種をいただいてると、「バランスがいい味わいね!」と言う感じでした。
日本酒の世界と同じでしょうね店主には持ち帰りを作っていただき、ご馳走様でした
毎日体調が変わる中、同じ味わいを楽しむ事より、体調や肴に合わせて楽しむお酒の世界も、コーヒーの世界と似ているなぁ〜ってつくづく感じます。
それに松浦マスターからは、コーヒー豆の説明を沢山していただいてるので、どの品種もとっても思い入れが深いんです。

032-1

今日も午後からはお店でポスターのレイアウトを変えたり、お客様とお話ししたりと、とっても楽しい一日でした。店頭のポスターは全てnonkoお手製です素人ですが、一生懸命写真を撮ってワードで作り、穂高パソコンプラザ様で印刷していただいたものばかりです。

033-1

笹井酒造・笹井」様も順調ですよ〜〜〜

034-1

019-1

昨日から「父の日」の贈り物のお客様がとっても多く、しかもほとんど日本酒ですからビックリです。毎年店内平台で「父の日セール」のような事をするのですが、意外とイマイチで、今年は特に何をって考えていなかったんです。しかし今年はお店にいて正直驚いています。
メッセージを同封されたり、「忘れていたんですよ〜、明日着きますか?」って飛び込んで来られるお客様。そしてお写真のような微笑ましい風景に思わずシャッターを切らせていただきました。「オジイチャンへお手紙を書かれるお孫さんです」

022-1

夕方になる頃、横川商店の「五蔵名人」さんがおみえでした。
早速このあいだいただいてきました中野の「丸世酒造店」様のお酒を試飲していただきました。
五蔵名人さん、竹中缶詰の牡蠣をおつまみにスイッチオン
何で店主まで一緒にスイッチが入るの〜〜〜〜〜〜〜〜

024-1

いかがですか〜〜〜、来週木曜日には店頭にならばせていただけると思います。

025-1

そこへいつものお客様がお買い物に・・・
なぜか五蔵名人さんとお知り合い・・・、いつの間に・・・
よくある光景なのですが、横川商店ではお客様同士がお知り合いになられる事がとっても多くって嬉しい事です。

026-1

あらら〜〜〜、購入していただいた泡盛をその場で開封していただき、そのままnonkoまで試飲させていただきました。

027-1

泡盛の「与那国」はクセが無く美味しいですね〜
こうやってお客様に教えていただく事も多いので感謝感謝です。

035-1

日が暮れ出し、nonkoも帰ろうかと思った頃、またまたお客様です。
いや〜〜〜、鯖缶詰をこんなに沢山ありがとうございます。
お客様はなぜか松本で、当店の従業員さんと間違われたらしいです(笑)
「横川商店何が今ありますか?」なんて聞かれたって・・・
「鯖缶詰入ったってご案内下さいね〜」

038-1

いつの間にか試飲台に肴が泳いでいます・・・

044-1

またまたお客様がおいでになり、何だかとっても楽しい雰囲気です。
この試飲台を作ってから当店は変わったような気がします。
意図的な考えは全くなく、ただ皆様で日本酒を楽しみたい、気軽においでいただきたい、そんな気持ちです。

046-1

しかしいつものことながら、次から次から色々な銘柄が出てきます。
お客様に素朴なご感想を聞かせていただくのもとっても勉強になります。

041-1

最後の〆はこちらの大吟醸ですって〜〜〜〜〜〜〜
「大雪渓酒造」様の「大吟醸金賞受賞酒」ですって・・・
「受賞酒」なんです。
ここ間違わないで下さいね!nonkoもよくこの言葉に誤解していましたから・・・
よく酒売り場で「金賞受賞」まではいいのですが、量販店様では「受賞酒」と言うのは少ないはずです。「受賞」と間違っちゃうんです。
蔵元様が受賞するのではなく、蔵元様のどのお酒が受賞したかって事なんです。
ちょっと難しいお話ですが、少しだけ日本酒の知識も深めていただきたいnonkoからのご案内です

023-1

「立山黒部アルペンルート」のケーブルが運休中と言うことで「ケーブル運休ごめんなさい!」と言う思いから、大町三蔵のお酒の試飲をご用意してお待ちしています。
このご機会にどうぞ町の中をゆっくりと散策していただければ幸いです。
nonkoオススメのお店のご案内も試飲コーナーに置かせていただいてますのでどうぞ

017-1

オススメと言えば、最近お店にいる時には、ランチに「ハングリーボックス・ユキ」様へお邪魔します。今日はママさんが定食の一品に「肉じゃが」を出して下さいました。しかも念願の「豚肉」の入った肉じゃがです。
「nonko.jp」の掲示板で話題になってた肉じゃが騒動デス
思ってた味わいとかけ離れ、豚肉の旨味がこんなによくマッチするなんて・・・
今度は是非nonkoも作ってみよう
お代りまでちょうだし、ご馳走様でした。
でも定食のメインはこちら・・・

019-1

あまりにお腹が空いていて、食べてる途中でハッと気づき慌ててカメラを

ハンバーグで〜すメチャクチャ懐かしい味わいなんです。
相変わらずママさんは「この味わいしかできないの・・・」って!嬉しいですよね〜、時代が変わる中、新しいメニューや食材が出回っていますが、nonkoが子供の頃食べた味わいがそのまま残っています。「昔ながらの洋食」と言うキャッチフレーズでお商売されてるお店がありますが、ハングリーボックス・ユキ様は「これしかできないの・・・」って言われながら、ずっと同じ味わいでお商売されています。
ずっと頑張っていただきたいと思います
午後からはエンジンかかってパワフルに仕事していました。
お中元のチラシ作りに頑張っています

013-1

004-1

006-1

009-1

こんな感じで撮影して、ワードでチラシを作っていくんです。
出来ましたらまた皆様にお渡しできると思います。

028-1

夜は「北アルプス三蔵呑みあるき」実行委員会でした。
いよいよポスターやチラシのデザインも決まり、来月末には皆様にお配りさせていただけそうです。
今日も長い一日でした

001-1

あじぃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ジリジリと陽射しが身体を照りつけます。
京都と違う暑さの感じ方は、空気がきれいだから直接肌にささるかのような陽射しです。しかし夜が涼しいので頑張れるんですよ

003-1

店頭にもお水をいっぱいまいて、少しでも「涼」を感じましょう。って言うか「自己満足」デス

007-1

004-1

今ちょうど唐松も葉っぱがいっぱいになってきて、少し暑苦しい感じがします。
でも流木のところに涼しげなお花を生け込んでみました。
横川商店の裏庭に咲いてる黄色いアヤメです。ツガの新芽がきれいだったので合わせてみました。

038-1

今日は以前ご紹介させていただきました鯖の缶詰「福井缶詰」様ですが、お取引きができるようになりました。
「ヤッタ〜〜〜 バンザ〜〜〜イ
鯖缶詰ですが、ちょうどnonkoが船釣りに出ていた小浜の漁港の真横だったんです。
社長様からお取引きのご承諾をいただき大感謝です
こちらの鯖缶詰の鯖は「ノルーウェー産」ですが、鯖については下手に「国産」と表示されてるのには不思議に思う事があります。なぜならばnonko自身が全国の色々な漁港を見てきて感じた事です(詳しくはご勘弁)
そして実際「鯖」って釣れなくなってしまいました。
その点、堂々と「ノルウェー産」と表示され、現地で瞬間冷凍され小浜まで運ばれ加工されています。実際小浜は、京都へ続く「鯖街道」の起点で、「浜焼きの鯖」が名産品で売られていますが、ほとんどがノルウェー産です。だから鯖の流通がとってもいいのです。実際脂ののりもいいですし、福井缶詰様の鯖は、食べたらその食材の良さを実感していただけると思います。

010-1

工場直送初入荷で一番手は「居酒屋花山」様のナオ君です
「ケンチャンと仲良く食べて下さいね、取り合いにならないように・・・」

041-1

今日は鯖缶詰の「生姜味」を試食です。
見事な鯖でしょう。とってもジューシーなんです。
このあいだはお客様とご一緒に「唐辛子味」でしたね

今日はお客様から「ミズ」をいただいたそうです。店主が調理法を知ってる訳がありません(笑)
懐かしいミズは、東北では「水貝」等の箸休めでよく食べていました。
秋には実ができ、お漬物にされるんです。青ミズ&赤ミズがあるそうです。

044-1

煮汁もとっても美味しく、ちょうどこんな風にしてもいいかな?

046-1

信州のミズはヌメリが多くて美味しいですね〜
まるで炊き合わせのよう
鯖缶詰ですが、後程蔵日記より掲載させていただきますね。

017-1

一週間ははやいですね〜!またまた今日は定休日で、お世話になってます中野市の「丸世酒造店」様へお邪魔しました。
今年のお酒の状況をお聞きしたく、いえいえnonkoは試飲が目的(笑)

024-1

019-1

ヤッター大吟醸は「全国新酒鑑評会入賞」だそうです。
メチャクチャ美味しい大吟醸ですよ〜〜〜これは是非お願いしたいです。

034-1

お恥ずかしながら、店主と一緒にご自宅へお邪魔して試飲させていただきました。
丸世酒造店・関社長様と店主はよく酵母の話で色々と意見交換です。難しい内容ですが、いつの間にか聞いていると納得できる事もあって面白いです。
お酒って本当に生き物なんですね。

026-1

「キャハハハハ〜
関社長様の奥様が手作りピザを焼かれていて、お昼時にお邪魔して申し訳なかったです。
こちら本醸造はとってもいい感じです。

025-1

「お母さん、いただきま〜す
野沢菜のピザなんです。チーズとの相性抜群ですどちらも発酵食品ですから合う訳ですよね、さすがお母さん

029-1

キュウリの粕漬けはもちろん丸世酒造店様の抜き粕だそうです。
nonkoも漬けようかな〜

037-1

「浸し豆」久しぶりの浸し豆は、信州の郷土食です。なぜかnonkoは「トラ豆」って言ってますけどね。

038-1

瓜の粕漬けもきっとかなり漬け込んでられる味わいです。
いつもお母さんは、ご自宅のお漬物や、普段食べられてるものをご馳走していただくので、nonkoにとっては一番の贅沢食です。
個々のお家の味わいってそれぞれに違いますから楽しいんです。京都では考えられない事ですから・・・

035-1

関社長様にはこれだけのお酒をお願いし、一週間ほどで入荷させていただくことになりました。
残りのお酒は本日少し持ち帰らせていただきましたので、宜しければ試飲にお越し下さいね。
入荷しましたら蔵日記より掲載させていただきます。


045-1

丸世酒造店様を後にし、近くの渋温泉の「玉村本店」様にお邪魔しました。

042-1

代表銘柄は「縁喜」です。
以前「中野ひな市」の帰りに飲んだお酒で、とっても印象に残っていたので、是非お蔵様を見たくて連れてもらいました。思っていたのとまったく違って、とてもオシャレなお蔵様でした。
試飲は沢山させていただいたのですが、無濾過生原酒の温度が常温で置かれていて大丈夫だったのでしょうか?温度管理は大丈夫かな?

043-1

結局この一本をいただいてきました。
木島平の酒米「金紋錦」を使用された大吟醸です。

046-1

ここまで来たらお天気が少し良くなってきて、せっかくなので志賀高原へあがってみました。
「琵琶池」は今ちょうどツツジが見頃です。

047-1

雨上がりの新緑も素敵です。

049-1

直ぐ近くの「丸池」です。

051-1

052-1

053-1

ここも赤いツツジがとってもきれいです。

056-1

雪はもうすっかり消え、グリーンシーズン幕開けって感じの志賀高原です。

057-1

硯川の「ほたる温泉」です。
ゴ〜〜〜って音を立てて硫黄の匂いがしていました。
志賀高原って池も多いし、温泉もあるし、噴火するんじゃないでしょうね〜

059-1

木戸池過ぎた頃から霧が凄くってひき返すことにしました。
まるで水墨画の世界でしょう。

061-1

まわりはクマザサがいっぱい生えています。
植物も高山帯の雰囲気ですし、気温も低くnonkoには心地よい感じだったんですけどね〜
帰りは違う道から牧場経由で須坂まで下りて行きました。

064-1

「熊だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
いえいえ・・・

066-1

店主はいつの間に撮ったのでしょう・・・

068-1

「ウッシッシ〜〜〜
nonkoは根曲がり名人だったんです
「玉川温泉で鍛えられたべ〜!」

070-1

ほんの10分ほどです匂いがするんですよ〜

073-1

少し青空が見えてきました。こんなお天気の変動を目の前で見るのは初めてです。
自然の宝庫信州ならではの大自然です。

074-1

075-1

077-1

078-1

081-1

084-1

こんな舗装してる道ですから安心です。
青空がとっても眩しかったです。

086-1

087-1

牧場の牛さん達はノビノビとお散歩していました。

088-1

須坂まで下りたらこんなお天気でした。
あ〜また暑い夏がやってくる〜〜〜

089-1

もちろん今夜は根曲がり竹の天ぷらです
やはり地元のお酒「縁喜」はバッチリです

092-1

帰りお魚市場でゲットした「ホウボウ」ですが、こちらの天ぷらも絶品でした
ホウボウはこのあいだ「安曇野二蔵呑みあるきinひつじ屋」で使わせていただいた食材です。このお魚は調理法が幅広いと思います。
良く食べ、良く呑み、良く動くnonkoの毎日です
「しげさ〜ん、安心でしょ

003-1

6月に入ってから「立山黒部アルペンルート」の「黒部湖=黒部平」のケーブルが運休しています。大町から、富山方面に抜けられないと言う事です。
もちろん富山方面からのお客様も、糸魚川経由でおみえになっています。
開通し次第ご案内いたしますね!
今日は店主と相談し、この状態ではせっかく大町に来て下さったお客様に、今まで以上にしっかりと大町をご案内しないとって話をしました。
現在配布されていますこちらのパンフレット「信濃おおまちの楽しみ方」です。
中に市内各所のお店のクーポンが付いています。
是非横川商店でもお取り扱いさせていますので、ご利用下さいませ。

008-1

この部分ですよ〜〜〜!

006-1

当店大人気の「味噌クッキー」をプレゼントしています。(特に金額の指定はございません)

012-1

もうひとつ、せっかく大町においで下さって黒部平に行けないのも残念ですよね〜
是非当店へ遊びにいらして下さいね!
運休期間中は、地元大町三蔵のお酒を試飲していただこうと言う事になりました。
もちろん店主オススメの地酒も出てくると思います
運転手様だけはご遠慮願います。

009-1

さぁ〜午後からはお世話になってます「穂高パソコンプラザ」様へ印刷に行きました。
このあいだのお中元用の撮影分&クーポンのポスターです。
最近CM&ポスターにハマってるnonkoです。
ド迫力のポスターが出来上がりました。
時期になりましたら店頭に貼らせていただきますので、笑ってやって下さいね!

013-1

穂高パソコンプラザ様では、ただいま「安曇野餃子館」様のご主人「勝野訓明」様の絵画が展示されています。個性的な絵画はご主人様の雰囲気がいっぱい

011-1

nonkoはいったい・・・
どこから出てきたの?アイスを持って・・・

012-1

またまた穂高パソコンスクール様の校長先生が作られた扉?
開かずの扉・・・、ではない
開けたのはnonko

015-1

これこれ、ダイエットはどうしたの?
こんな生徒先生も大変だと思うんですが・・・

002-1

003-1

その後、松本へラッピングの和紙を買いに松本へ出ました。
このあいだ行きそこなったチーズのお店「ジュレブランシュ」様へ行ったんです。
オーナーのチーズソムリエ「霜田早苗」様は、どれをいただいても食べ頃のチーズを盛り合わせていただけます。

007-1

手作りのチーズケーキでお誕生会

009-1

二つ目の生クリームケーキでもう一度

「パソコンが壊れたから!」って呼び出された御本人様は、突然のお誕生会に大感激されていました。
「おめでとうございます

014-1

015-1

早苗様の手作りのお料理と一緒に楽しい夜でした。



6月6日に開催されました「第53回針ノ木岳慎太郎祭」で、横川商店のお客様が記念登山をされた時の写真を頂戴いたしました。
nonkoは超高所恐怖症なので、今まで祭典会場から上には行った事がありません。
未知の世界なんです。
貴重なお写真ありがとうございます。
山の名前は「槍ヶ岳」ぐらいしかわかりませんので、順番通りに掲載させていただきますね

005-1

006-1

007-1

008-1

010-1

011-1

014-1

016-1

018-1

019-1

022-1

023-1

024-1

025-1

026-1

028-1

030-1

033-1

031-1

032-1

035-1

036-1

037-1

038-1

041-1

042-1

044-1

045-1

051-1

053-1

066-1

065-1

067-1

昨日は久しぶりにMyベンツで松本方面へ行った来ました。
4月に「安曇野ワイナリー」様で植え付けさせていただいたブドウの木が見たくって
暑かったですね〜、お陰様で焼け焼けで「大町の黒豚」ってnonkoのこと?

076-1

Myベンツにはクマさん達も一緒です。
なぜかnonkoは帽子が苦手
クマさん達も日焼けは苦手のよう。

068-1

素敵な田園風景を見ながらルンルン
大町から山麓線はひたすら下りなので心地のいい風を感じます。
ただ空気がきれいなせいか陽射しは厳しいんです。

070-1

松川あたりに来ると山麓線は上りになるんです。
けっこうきついですよ〜

071-1

この川は今の時期にはいつも鯉のぼりが吊るされています。

072-1

忍冬の花がとってもきれいです。
京都でお世話になってる師匠の会が「忍冬の会」と言って、難病の方々が頑張って食養生されながら克服されてるお仲間です。nonkoも随分お世話になりました。
「忍冬」というのは別名「スイカズラ」と言うそうですが、冬には耐え忍び、今の時期に可愛らしい花を咲かせてくれます。きっと患者様の事を例えてられるのではないかと思います。

073-1

074-1

「穂高川」を渡るといよいよ安曇野市です。
お水の色がきれいでしょう

111-1

来た〜!毎年お世話になってます「Cafe&雑貨七ヶ月」様です。

079-1

クマさん達も記念写真です。なぜか良く似合うでしょう

087-1

086-1

090-1

093-1

焼きカレーつきの「休日ランチ」は超オススメです。
バランスのいいメニューは、和風の和えものが盛りつけられ、彩りもきれいです。
昨日のメインはチキングリル・マスタード風味でした。ワインが飲みたかったですね。
焼きカレーは信州に来て初めて知りました。七ヶ月様のは絶品ですね

092-1

このようなテラスでいただき、まるで日本じゃないような雰囲気です。

102-1

もちろん店内には他にもお席があります。

106-1

横には可愛らしい雑貨を販売されていて、いつも衝動買いをしてしまいます。

104-1105-1

こちらも以前より売り場が広くされたようで、欲しいものがいっぱいです。

108-1

買っちゃった〜!夏用のクマさんキャリー

099-1101-1

またこちらの場所では「鉄工房・アイゼン」様の作品が設置されていました。
ゆっくり出来ますよ〜、探して見て下さいね

081-1

お庭にも素敵でしょ
冷たいイメージの鉄ですが、アイゼン・宮嶋様の作品はとっても温かみを感じるものばかりです。工房もお近くなんですよ

114-1

「さぁ〜行くぞ
麦秋の山麓線の風を感じながら、Myベンツはアップダウンを繰り返しながらひたすら南下して行きました。
多くのサイクリングの方に出会いますが、皆さんカッコイイ自転車と格好です。
nonkoは相変わらず5年前量販店で購入したボロボロ車です。でも愛着があって、大町の大島サイクルのオジチャンにメンテナンスしていただいてます。
これって本当の「エコ」ですよねエコエコって言ってる方も、本当にエコなら車の運転をやめて自転車にしましょう(笑)

-1

117-1

山麓線も穂高温泉郷を過ぎると、初めての道です。
こんなに山麓を走れるなんてビックリです。
そしてもっとビックリなのは・・・

118-1

「ブブ〜〜〜」って振り向いたら、インド舞踊家「横田ゆうわ」様じゃないですか
感激感激お元気でしたか

119-1

またまた今度は「リエちゃん」です。このあいだの「安曇野二蔵呑みあるきinひつじ屋」で、前日富山までお魚をゲットするのにアッシーしてくれた方です。
リエちゃんもお元気そう
何だかとっても嬉しい気分でどんどん南下して行きました。

124-1

美郷あたりではリンゴ農園が多く、忙しそうに作業されていました。

123-2122-1

ふと近くには棚栽培のブドウの花が咲いていました。
ブドウの花ってこんなのなんです。不思議な花でしょう。

126-1

蕎麦畑もきれいな黄緑色でした。きっと夏蕎麦でしょうね。

125-1

「室山アグリパーク」まで来ました。
もうそろそろ「安曇野ワイナリー」様です。

CA0B012W-1

141-1

「来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」安曇野ワイナリー様です。

137-1

4月に植樹させていただいた「カベルネソーヴィニヨン」の畑です。

132-1

「ヤッタ〜〜〜〜こんなに大きくなってる

131-1

花芽も付いてるです。嬉しくって嬉しくって〜〜〜

136-1

テントウ虫さんも歓迎してくれました。
134-1

もう一本の方もしっかりと根付いてくれてました。

129-1

育てていただいてる方々に感謝し致します。
これからもnonkoのブドウの木を宜しくお願い致します。

144-1

安曇野ワイナリー様をあとにして、いっきに松本市内へ向かい「笹の誉・笹井酒造」様へちょっとお届ものをしました。

145-1

「笹の誉・純米吟醸&純米酒」は好調です
このようなお水が出ていたんですね〜、とっても軟水で美味しいお水でした。
暑い陽射しをいっぱい浴びた身体には、よけいにありがたいお水でした。
ご馳走様でした。

147-1

松本市内では気になってるお店を見学し、松本城の横で少し休憩です。

148-1

夜遅くには店主が仕事で松本に来るので、Myベンツごと収容してもらいました。
あ〜、また夜中の「ラーメン&餃子」でダイエットは無理か・・・



4113-1

穂高駅前近くにあるカフェです。
スプーンアートのお店なんですが「おもしろカフェ」って看板があがってます。
とにかく面白くって、全部は写真では見せたくないな〜ってお店です。
4103-1

「お店自慢のおしぼり」だそうです。
デカスギ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

4105-14106-1

掃除でもしようか?って感じ・・・

4107-1

何がきたのかと思えば、注文した・・・

4110-1

信州味噌のパスタのお味は「フツウ(笑)」
いえいえ、このようなお店にしては旨いぞ

4111-1

ギターを片手におねえさん
お水のお代りですって〜〜〜〜(おねえさんも笑ってた)

4104-1

底抜けに面白い店内です。

4112-1

絶対にオススメなのはお手洗いです。
これはブログでは見せたくないですよ〜〜〜
もう一回行ってみたいお店NO1
*心臓の弱い方は行かないで下さいね

001-1

「さぁ〜行くぞ」とは言ったものの、今年の「横川商店のお中元」のイメージがわきません。
昨年と同じようにする訳にもいかず、撮影場所すら思いつきません。
困った困った〜〜〜こういう時にはまずMyベンツを出動させて外に出てみる事です。空き瓶と竹かごを持ってね
しかし今日の暑さはきつかったです。大町ダム付近で篭川に下りて雰囲気を見てみましたが、どうにも昨年のイメージが頭から離れず、最近もう一つnonkoのイメージを邪魔する事もありました。今日はホントきつかったです。
仕方なく方向を変え「苔」をイメージしてみました。
「そうだあの場所・・・」
早春にウロウロしてた時に見つけた場所がありました。その場所まで店主に送ってもらおう

013^1

「ギャ〜〜〜!」鹿島槍ガーデンの奥の橋手前から通行止めになってます。
仕方なくそこからは店主に頼れない・・・
Myベンツを降ろして単独行デス
しかし新緑と沢の水のきれいな事

009-1

012-1

さすが大町は水の町です

017-1

「ここだ〜〜〜この場所だ
靴は仕方ない、溺れてもらいましょう

043-1

033-1

032-1

037-1

「あ〜〜〜寒」膝あたりまで水浸し・・・
でもこれもnonkoの仕事・・・
これからこの画像をポスターにしたり、チラシにしたりします。
もちろんキャッチコピーもね

047-1

046-1

帰りにはお世話になってます「シャンティロッジ&アルトムーブメント」様にお邪魔して、ランチ中のharuさん御夫妻のお食事を横取り(笑)
「ご馳走様でした〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

049-1

またまた通り道、「金蘭黒部・村山杜氏様」の田んぼに合鴨ちゃんが泳ぎだしました。

052-1

053-1

「しっかり仕事してるよね
田んぼのまわりにネットを張られ、上からも防御されないと狐や鷹が獲りに来るそうなんです。
合鴨農法の田んぼって大変でしょう。
きっと「北アルプス三蔵呑みあるき」当日には、村山杜氏様がこちらで作られた酒米のお酒「愛醸純醸」を試飲させていただけると思います。

060-1

町なかまで帰って来たのですが、またまたこの状態でした。
昨年は裸足でしたが、今年は靴下はいてました(笑)



大町バァバはコマーシャルライザーにハマってます

「酒ぬのや本金酒造」様の凜太郎君にモデルになってもらっちゃった
ちとせちゃ〜ん、勝手に掲載してゴメンチャイ
あ〜孫が欲しい・・・

003-1

今は長野市ですが、今までは「鬼無里村(きなさむら)」と言って山深い村だったんです。大町からなら小川村の山を越えて行くのですが、日が沈むととてもじゃないですが山道を走るなんて怖いような気がします。

004-1

その鬼無里のこちらの場所は、鬼無里の町からまたまた高い山の中腹にある畑です。
こちらの畑こそ横川商店のお客様で、静岡の「焼き菓子&マーマレード・杜屋」の守屋様ご夫妻の畑なんです。
とにかくパワフルなお二人にnonkoはビックリなんです。
ご主人様はエンジニア、奥様が静岡のご自宅の工房で焼き菓子&マーマレードを作ってられるんです。
店主と是非一度見に行かせていただきたいと、昨日は定休日を利用し行ってきました。
昨日は曇っていたので北アルプスは見えませんでしたが、スッキリと晴れたら素晴らしいでしょう

008-1

010-1

斜面にはブルーベリーでしょうか、過疎の地域とはいえノビノビと育っていました。

011-1

ルバーブがこんなに大きくなっています。
きっと守屋様の手にかかると美味しいジャムになることでしょう。

022-1

めちゃくちゃパワフルな守屋様御夫妻です。nonkoが驚くパワフルさ今月の「自給自足」って言う月刊誌に掲載されていますよ〜〜〜

4124-1

こちらの雑誌で〜す

4125-1

守屋様カッコイイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
nonkoは蛇と毛虫が苦手だから畑は無理です

009

nonkoがもう一つ驚いたのは美味しい焼き菓子の数々です。
実はこちらのセットは店主が抱え込んでいただいてました。
どれも食べきりサイズの小さな小袋に入ってるのが嬉しいですし、ハズレなしの美味しさです。
nonkoが好きなのは「ボルボローネ」と「ビスコッティ」です。
口コミでしか販売されていないのがもっと嬉しいですよね
宜しかったら「焼き菓子&マーマレード・杜屋」様のHPからどうぞ
そして横川商店にもちょくちょくお越しなので、お会いできましたら宜しくです

012-1

またまた山を越え谷を越え、戸隠の岩戸屋様でお蕎麦の昼食です。

017-1

018-1

今の時期は根曲がり竹が旬なんです。(これが目的でした)
根曲がり竹をみるといつも秋田の八幡平で湯治をしながら採ってたのを想い出します。

027-1

そしていよいよ昨日の第二の目的は、お世話になってます「小布施ワイナリー」様のブドウ畑です。

029-1

シャルドネの花芽がもうこんなに大きくなっていました。

031-1

この日はスタッフの方が伸びた新梢をさわられていました。

032-1

こんなふうに真っすぐ上に向くようにされてました。

04101

メルローの葉っぱの一生懸命に伸びようとしているのが可愛らしくって・・・

022-1

ショップの方では、お中元用にドメーヌワインも少し分けていただきました。
詳しくは入荷しましたら蔵日記より掲載させていただきますね!

073-1072-1

もう一軒とっても面白いブドウ栽培家様がいらっしゃいます。
「角藤農園・佐藤」様です。

052-1

長野県内でこれだけ整った広いブドウ畑は滅多にありません。
そしてもう3年程見させていただいてますが、収穫前のブドウの素晴らしいこと
053-1

049-1

きっとこの花芽はシャルドネでしょうか・・・

044-1

佐藤様です。
とっても熱い栽培家様です
昨日は接ぎ木のお話しをしていただき、そのお話しが面白いこと

055-1

わざわざ接ぎ木の機械まで見せていただき、「この機械30万なんですよ〜!」って(笑)。ドイツ製でした。

057-1

一瞬のうちにこのように接ぎ木ができ、この部分をロウで固められるそうです。

061-1

そのあと徹底された温度管理の上、発芽させられるんです。
温度計を入れらて管理されています。
こちらは佐藤様の息子さんの苗だそうです。

060-1

まわりが新芽が出て大きくなったブドウの木なんです。

063-1

店主もnonkoも佐藤様と栽培のお話しをしてるととっても面白いんです。
次から次から面白いお話しをしていただけ、とうとうお邪魔する羽目に・・・
店主は飲めなくて可哀そうでしたが、お話しに花が咲き遅くまで笑いが絶えませんでした。

069-1

066-1

079-1

096-1

093-1

いきいきされてる佐藤様はとっても素敵でした

097-1099-1

お母様が漬けられたと言う梅漬けまでご馳走になり、ありがとうございました。

083-1

酔っぱらいnonkoはお休みなさ〜い

e4a64708.jpgお世話になってます「小布施ワイナリー」様の帰りに、「角藤農園」様の葡萄栽培家佐藤様のところへお邪魔しています。ヒャ〜、飲んでる飲んでる!

023-1

ニセアカシアが咲き始めると大町は初夏を感じる季節になります。
nonkoが大町に来た頃、お野菜やお菓子が京都よりずっと美味しく感じたのは、大町の美味しいお水のせいだったようです。特にこれからの季節、大町は夏の生菓子がとっても美味しいんです

044-1

「北アルプス三蔵呑みあるき」の取材をかねて(nonkoが食べたいから!)、「村田屋菓子舗」様の「笹巻道明寺」です。
ご主人様自らクマザサの葉っぱを採りに行かれます。
「三日に一度採りに行きます。道路沿いの葉っぱじゃなく、奥まで採りに入ります」とご主人様。目に見えないところまでこだわってられます。消費者にすればこんなに嬉しい事はないですよね

025-1

クマザサで巻かれて爪楊枝でとめてあるのが何とも素朴です。

028-1

アッチャ〜、店主に4個も取られちゃい、再び村田屋菓子舗様へ(笑)
店主は酒好きですが、超甘党でもあるんです。

056-1

笹巻道明寺です。
クマザサの新葉が出てくる頃に作られる素朴な大町の味わいです。

057-1

優しい甘さのこし餡があとをひく味わいです。

029-1

030-1

同じ頃もう一軒「藤長菓子店」様では、「ほたる」と「水餅」を作っていただいてるんです。

058-1

ほたる(右)は、抹茶餡を葛で包まれた上品な味わいです。
水餅はいったい何でしょう?だんご粉?餅粉?食感が京都の麩饅頭そっくりなんです。nonkoイチオシの夏のお菓子です。

059-1

水餅は白餡ですが、ほんのり柚子風味です。もし京都で販売されていただ超人気間違いなしの生菓子でしょう。
大町って凄いな〜って思います
これらの夏のお菓子は、お水が美味しさを存分に楽しめるものだと思います。

006-1

今日も朝から山へ店頭にディスプレイする唐松を採りに行ってきました。
今日は店主が生けたようですが、近々手直しデス
やはり枝ものや花ものの裏と表がわからないのでしょう。でも仕方無いですよね〜

047-1

そしていよいよ松本より「笹の誉・笹井酒造」様が初上陸です
このあいだnonkoがお蔵様にお邪魔させていただきました。
実は笹井様とは1年以上前から色々とお話しをさせていただいてたので、今回のお取引はとっても嬉しいんです
1年前に初めてお会いしたのは「おらが酒、松本呑みあるき」でした。
この時にはもうすでに非売品の大吟醸に惚れ込んでるんです。
ブログって面白いですよね〜、ちゃ〜んと画像まで残ってますし、nonkoがどのような感想を掲載してるのかいい勉強です。(ここからどうぞ!)
蔵元様と一緒に頑張っていけるよう、皆様にもご案内させていただきますね!
今回初入荷の2本は、横川商店試飲コーナーにて沢山のお客様からご支持を頂戴いたしました。これも大変嬉しい事なんです

055-1

わぁ〜〜〜、どなたですか!大町に上陸するにはパスポートがいるんですって・・・
笹井様、気にしなくていいですよ〜、頑張っていきましょう
詳しくは蔵日記よりどうぞ



【村田屋菓子舗】様
大町市大町1355(高見町)大町郵便局から直ぐ
TEL 0261-22-0565

【藤長菓子店】様
大町市大町2227(大黒町)
TEL0261-22-0186



試飲コーナーを広げてから、沢山のお客様が遊びに来ていただけるようになりました。
蔵日記では「横川商店長期熟成信州味噌」のCMも作っちゃいました。



昨日針ノ木峠開発の先駆者、百瀬慎太郎の名を冠した「第53回針ノ木岳慎太郎祭」が開催されました。夏山シーズンの開幕を告げる開山祭として、その年の安全登山を祈願し、神事、記念登山、高山植物の観察会などが行われ、開催を御祝いするかのような晴天の中、参加者の皆様は大自然を満喫されていました。

018-019-1

今年の針の木岳慎太郎祭では、店主が「大町山岳会」のため、お客様や蔵元様にまで無理をお願したそうです。
横川商店のお客様「戸谷様(左)」「鷲澤様(右)」にまで重い荷物を担いでいただきありがとうございました。

030-1

また「福源酒造蔵人・長澤様」にも、「白馬錦一斗樽」と重い「賽銭箱」を祭典会場まで担ぎあげて下さいました。感謝感謝でありがとうございます。
そしてnonkoのザックの中には食料とクマさん(顰蹙ものです)
皆様頑張って行きましょう

025-1

いつも最初に渡る篭川上流の橋ですが、ここから見ると特にいつもと変わりありません。ちょうど最初の動画を撮った場所です。

032-1

夏道が所々で雪に埋もれ、土砂崩れもあって変則的な登山道になってました。
この場所はいつもの梯子場なんですが、こんな感じで堰堤を跨いで行けたんです。
実はこの場所、帰りにnonkoが滑り落ちた場所です。後続の戸谷様、鷲澤様まで巻き込んで(笑)

034-1

堰堤を越えると針ノ木大雪渓が見えてきます。何となくいつもよりはやい感じです。

035-1

この場所まで来ると右上方向が大沢小屋なんです。いつもは前日の下見の方々が橋を作って下さる場所ですが、雪上歩きです。

038-1

夏道を歩くのかと思ったら、川の横を歩きます。祭典会場がより近く感じますね〜

039-1

ふり返るとかなり登ってるんです、三角に見える爺ヶ岳がきれいです。

044-1

「わぁ〜怖い
雪の上はこれがあるから怖いんですよ〜
もし踏み抜いて落ちたら最期ですからね〜
危なく無い場所から見るには凄い自然を感じますよね
こういった事を含めて、前日には安全確認をしていただいてるんです。
これも大会を安全に開催するための大切な準備なのでしょう。
市役所の皆様、山岳関係の皆様、ご苦労様です。

047-1

素晴らしい大自然を感じるでしょう
多分この場所を歩けるのは滅多にない事だと思います。

050-1

近づくと「ゴォ〜〜〜〜〜」って音が凄いんです。
怖さすら感じます。

052-1

「あ〜〜〜店主
nonkoが先に出発して、抜かされたんですが、またなんで?
そう、大沢小屋を知らぬうちに通過してしまってたんです。川の上を歩いてるとわからなかったんです。
大沢小屋前の「百瀬慎太郎レリーフ」前でも神事があったはずなんですが、すみません。

053-1

「カッコイイ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
勇壮なお姿で登って来られました。樽に入ったお酒が、揺さぶられてより香りづいてそう

055-1

もう少しです、頑張って下さい

059-1

062-1

祭典会場では「若一王子神社」様によります安全祈願祭が執り行なわれ、皆様で「雪山賛歌」を歌いました。

064-1

「大沢小屋・百瀬堯様」です。故百瀬慎太郎の御孫様です。
ちょうど前日には横川商店のお客様が宿泊されたそうですが、それはそれは大感激されていました。大変なご馳走と、自然の素晴らしさをいっぱい聞かせていただきました。泊ってみたいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

068-1

海のもの、山のものがお供えされ、こういったものも大町山岳会で担ぎあげるんです。(nonkoは自分の食べ物ばかり

066-1

お神酒はもちろん「白馬錦・薄井商店」様の樽酒です。

073-1

「キャハハハハ〜」トチロー様御夫妻
「クマさん達にビールを飲ませちゃダメ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)」

069-1

「信濃大町副駅長様」です。
針ノ木峠まで記念登山に出発されました。凄い「ここまで来たら登らないと!」ですって。そうなんだ〜〜〜〜〜〜〜(nonkoは無理

071-1

「あ〜こんにちわ
横川商店の茅野のお客様です。「北アルプス三蔵呑みあるき」では、店頭の裏方でメチャクチャ頑張っていただいたんです。今年も宜しくです

075-1

「エ〜〜〜〜〜〜マジですか?」
福源酒造・蔵人様は樽酒担がれたのに行かれるの?
鷲澤様も大丈ですか?戸谷様も・・・
皆様雪渓をグングン登って行かれました。
蔵人様は針ノ木岳のピークまで行かれたそうです。凄すぎ〜〜〜〜〜〜

076-1

皆様行ってらっしゃ〜い

079-1

記念登山をされない方は「植物観察」をされながら夏道を下りていかれます。
高い場所には「シラネアオイ」が咲き始めていましたが、写真ではおさまりませんでした。

087-1

参加者の皆様が出発されると、nonkoは後片付けのお手伝いです。
お榊を片付けたり、祭壇を整理したり・・・

090-1

クマさん達は日向ぼっこ
あなた達も今年で6回登ったよね

091-1

「さぁ〜お昼にしましょう
今回nonkoはレバーパテ&パン、自家製チーズの味噌漬け、竹輪の天ぷら、そして自家製梅干しです

067-1

085-1088-1

今年も「平武漬け(左)」と「山姥揚げ」がありました。
前者はラッキョウの塩漬けです。後者は雷鳥の唐揚げです(嘘)ニンニクをきかせた鶏の唐揚げです。

092-1

なぜか店主はこのお酒を持ってきました。
「大雪渓大吟醸金賞受賞酒」です。贅沢過ぎ

105-1

「アッチャ〜〜〜〜〜
nonkoのお尻には無理だったせっかく準備万端と思ってたのに
仕方なくまわりを散策です。

099-1

自然の力は凄いです。雪崩のあとがいっぱいです。

096-1

針ノ木雪渓も角度を変えるとまた雰囲気が違うでしょう。
手前の斜面を見ると、立ってる場所の傾斜がいかに凄いかおわかりでしょう。
針ノ木峠手前の傾斜はこんなものではないそうですよ〜
前方の雪が鼻につきそうなぐらいの傾斜だそうです。

097-1

104-1

100-1

098-1

雪上に寝転ぶと地球を感じちゃいました。
でもやっぱり「冷たい

108-1

14時頃になると下山された方々が集まって来られ、またお神酒を飲みながら楽しいお話しを聞かせていただきます。

094-1

こちらのスキーヤーの方々、参加者の方ではないのですが、偶々雪渓でスキー中で転倒され、頭にケガをされたそうです。一時は大会本部も騒然とし、救助ヘリの要請まであるのかという事態になりましたが、大町病院の看護師様の応急手当もあり、自力で下山されて行かれました。めちゃくちゃスキーがお上手な方々でしたが、山では何があるかわかりませんね。ご無事で何よりでした、次回はヘルメットを付けられた方がいいかもしれませんね〜

119-1

帰りは大沢小屋で休憩をしました。
素敵な山小屋でしょう

112-1

大沢小屋・百瀬様には美味しいコーヒーをご馳走になり、皆様とってもいいお顔をされていました。

113-1

戸谷様、鷲澤様、ここでいただくコーヒーは美味しいでしょう、もう少しですから頑張って下さいね。

115-1

福源酒造・蔵人様、針ノ木岳まで行かれたそうですが凄すぎです。何だか余裕のお顔をされていました

126-1

篭川の雪どけを横目に、nonkoの頭の中はもう「おしるこ」のことでいっぱいです。
残っているのか・・・

129-1

「ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
残して下さってました、嬉し過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
皆様無事に下山され、事故なく大会は終了しました。
関係者の方々、朝早くからご苦労様でした。

130-1

大町山岳会は恒例の反省会です。
いつものお蕎麦屋さん「正月屋」様へ直行です。

132-1

日焼けした身体にはお蕎麦がピッタリです。
煮イカ、豆腐、きゅうり・・・、今風の居酒屋メニューではなく、昔ながらの大町の味わいで乾杯
「みんなで食べるお蕎麦美味しいね

fe24e62e.jpg針ノ木雪渓が見えました!店主よりずっと早く出たのに抜かされちゃった、待ってよ〜〜〜

このページのトップヘ