呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2010年12月

067-1

まだお店営業しています。
いよいよ福袋の準備までこぎつけました。
お店が元気よく営業できるのも、ご来店のお客様のおかげだとつくづく感じた1年でした。
今から明日初売りの「福袋」の準備をします。
大入袋には楽しみグルメがいっぱいです。
20袋限定で、明日12時開店させていただきますね
大当たりは2本ご用意しました。店頭では13時よりお餅つきをさせていただき、皆様のご来店をお待ち申し上げます。

019-1

朝から杉っ葉をとりに木崎湖方面へ、事務の窪田さんと一緒に出かけていました。地元でありながらも雪景色に感動

020-1

026-1

030-1

033-1

036-1

041-1

雪が積もると景色ってものすごく変わるんです。大町には四季を通じて写真を撮る楽しみがいっぱい。
でも早く帰らないと、今日も忙しい年末最終です。

042-1

お店ではお昼頃から大変なお客様で、お待たせして申し訳ございません。
心配していました「竹中缶詰」様も入荷しましたが、やはり極々少量のものもあり、まだまだ品薄状態でご迷惑をおかけいたします。

043-1

ここ何日か店主とnonkoのお昼はこんな状態が続いています。
ほとんど流し込みの食事で、笑っちゃいますよね~

048-1

昨日から取り掛かっていました店内のディスプレイですが、ようやく無事に終わりました。
あとは明日店頭のディスプレイのみです。
良かった~~~、ホッとしました。
今年も酒林の変形アレンジですが、初めて生のお花を平台で使いました。
水あげがとっても心配です。

050-1

今日はこんな感じですが、元旦は恒例の「福袋」を、2,011円で販売させていただきます。明日nonkoが袋詰めするつもりです。

055-^1

繭を使った五葉松もお正月らしいでしょう。


054-1

生の笹を使ってるので、「笹井酒造」様のお酒がバッチリ雰囲気が出ます。
お正月はどうぞ遊びにいらして下さいね
今日もタクシー帰宅です

016-1

ただいま~~~!
現在雪は降っていませんが、凍結しているのでタクシー帰宅です。
やっと店内の雰囲気がお正月に近づいてきました。

022-1

試飲コーナーの前には、「若松のお生花」を生け込み、水引も何とかOK!20年ぶりぐらいにお生花を生けましたが、おぼえてるものですね~~~
ただタメのきかせ方が下手になってる
流派によって水引のかけ方が違うのご存知でした?

021-1

もう一ヶ所は店内正面なんです。
この「五葉松」はお客様にいただいたもので、この日用に生かせておいたんです。
お客様に感謝感謝ありがとうございます。

023-1

今年はこちらの製糸用の繭を使いたかったんです。
探しましたよ~、本物の繭

024-1

荒れ荒れのnonkoの手とは対照的なきれいな繭でしょう。
今年のイメージは「まゆ玉」だったのですが、「まゆ」→「繭」になりました。

026-1

ほんとに糸取りができるんです。
信州は昔は養蚕が盛んだったでしょう、なんとなくそのイメージを出したくなってきたんです。

031-1

店主に固定をまかせて、nonkoは枝の誘導です。
さてさてどんなになったか、是非お店に遊びにいらして下さいね。
元旦は12時営業、13時よりお餅つきをします。

まだお店です、ようやく店内の補充が終わり、お正月の準備にとりかかっています。
毎年こんな感じですかね~
あ~~~眠い・・・、最近コンビニのご飯ばっかり食べています
ようやくお正月の準備を始められ、とにかく年始分の商品の発注があったり、新年はどんな売り場にするか?そんなことがばかり考えているので、気が焦るばかりの今の時期です。
001-2


実は今回「井筒ワイン」様にお願いし、「やまじゅうオリジナル・メルロー」を発売させていただくことになりました。
大人気の「ブラッククィーン」に続く第二弾です。

003-1

もちろん今回もラベルはnonkoデス
「和風」のイメージでしょう。
「やまじゅうオリジナルワイン」もシリーズになればいいですね

005-1

今日からいよいよお正月の準備をしています。
これ何かご存知ですか?
大町ではほとんどの方がご存知でないみたい・・・
青竹なんですが「寸胴(ずんどう)」と言って、生け花に使います。
これは前日から水につけておかないと割れちゃいますし、流派によっては向きも違うんです。今回は京都から取り寄せました

006-1

nonkoは17歳で生け花の免許をいただきました。
お家元は「嵯峨御流」で「大覚寺」様です。振袖着て先生に連れられて看板をいただきにあがった記憶があります。
今日はお正月には必ず生ける「若松のお生花」に挑戦です。金銀の水引をかけて頑張ってみますね

010-1

またnonkoオリジナル〆縄飾りも急ピッチで頑張るぞ~~~

011-1

アッ!店内平台のディスプレイのお飾りもしなくちゃ
またまたパニクッていますね~~~

011-1

ここ何日かの大町の寒さは異常です。nonkoが大町に来て初めてではないでしょうか・・・
でもこちらの「ねこ」のおかげで、とっても暖かいんです。
背中にをはおってるような感覚です。寒い地方の方々の知恵なのでしょう
それでも身体の疲れはピークになり、店主共々今日は近くの「蕎麦処・美寿々」様で夕食を食べてきました。

009-1

イチオシの「鶏チャーシュー」です。
お向かいの「小林鶏肉店」様の鶏肉を使用されてるのでとっても美味しいんです

010-1

そして「五目ラーメン」です。
お腹の中から温めないとね
コクのあるスープで元気が出そうです
店主にチャーシューを取られちゃいました、これは珍しい・・・

012-1

店主は「ダブルチャーシューメン」です。
やっぱりお肉を要求してるって事は疲れてるんだ~~~
あと4日間頑張らなくちゃ

【蕎麦処・美寿々】
大町市大町(九日町)4227(大町駅から車で5分)
TEL:0261-22-2233
営業時間 :11:00~22:00
定休日:不定休・座席/50席 (大小個室有り)
駐車場 5台

062-1

今日はクリスマスの片付けをしながら、今年もお正月用のnonkoオリジナル〆縄を作っていました。でも・・・、臭い

061-1

視線の先にあるものは昨夜の残骸焼きスルメ・・・(笑)
まだあるの・・・、足元が何かあたってって・・・

060-1

ギャ~~~、オジサマ方のクリスマスだったんです
しかし良く飲まれましたね~

064-1

店頭のオーナメントを片付けてても、バケツから捨てようと黄金ヒバを抜いてみると、大町ではもれなくついてくる氷です。


069-1

今夜は京都嵯峨野の「森嘉」様の「ひろうす」を炊いてみました。
やっぱり京都弁?煮るじゃなく「炊いたん」
ようするに「ひろうすの炊いたん」です。

070-1

中はユリ根がいっぱい入っていて、ギンナンがポロリとひとつ入ってるんです。
昆布とかつおのお出汁で甘辛く炊きます。
そして吉野の葛あんをかけるんです。美味しいですよ~、これも一応京料理です
明日も忙しいだろうなぁ~

016-1

029-1

ウォ~~~急激にお天気が変わり、吹雪と共に現れた小田っちコト「井筒ワイン営業小田」様です。
今日は横川商店で試飲販売をしていただきました。この時期にご無理をお願いして申し訳ございませんでした。
しかしもうすっかり当店では小田っちファンが今日の日を待ち望んでられて、ず~っとお客様にワインのご案内をしていただいてました。

038-1

034-1


偶然「笹井酒造・笹井杜氏」様が新酒の納品に来ていただき、試飲を小田っちにお願いしたら絶賛していただきました。もちろんnonkoもビックリの味わいです。
小田っちいわく、「メロンのような香りはワイン好きにはたまらないですよ~!」って
笹井杜氏様はきっと今回の新酒には思い入れがあるように感じます。
実はnonkoが大阪から松本に戻った21日の夜に、松本に荷受けのある店主と一緒にお蔵様に今回の醪を見せていただいてるんです。
詳しくはこちらからどうぞ!

055-1

夜遅くになるとお客様が差し入れです。今夜も始まりました

049-1

この間のワイン会ですっかりお客様方と仲良しになられ、もうお仲間状態の小田っちです。
ワインを通じて仲間の輪が広がっていくのって嬉しいですよね

054-1

エ~~~、メルロー樽熟じゃないですか

052-1

こちらでは湯葉鍋になってるし~~~

053-1

日本酒のお燗ですか?エッ?焼酎・・・
もう皆様お元気ですね美味しく日本酒が飲めることが一番
お取引先様とお客様の接着剤のようなお店になればいいなぁ~

044-1

ワア~~~、お客様からのプレゼントです。当店でご購入だったのに、皆様とご一緒に飲みたいって貴重なワインをありがとうございます。

047-1

23時頃「金蘭黒部・村山杜氏」様が蔵人様とご一緒においで下さいました。
ただいま干支新酒「うさぎ」がとっても評判がいいんです。nonkoオリジナル〆縄を付けさせていただいてます。
実は村山杜氏様は隠れワインファンなんですよ
今日は小田っちと楽しいお話しをされていました。ワイナリー様と日本酒蔵様がプレイベートでお楽しみいただけるなんて、当店としましてもありがたい事です。

048-1

寒い~~~店主が店頭のドアを開けるんですよ~
原因はこれ

049-1

お客様からのいただきものの「ホッケの燻製」を、ストーブで炙り始められました。
匂いって言っても、お店は色々な匂いも肥やしのうちですよ
お客様の楽しまれる匂いは、笑顔となり、お金で買える事ができないものだと思います。


052-1

キャハ~、美麻のお客様自家製の「秋刀魚の燻製」デス
お店の匂いが酒の肴~~~~~

059-1

nonkoはクリスマスのレイアウトの撤去作業が随分はかどりました。
いよいよお正月に向けてのチェンジです。
昨日から〆縄飾りを制作中です。
nonkoが全部食べたみたいに写真撮らないで~~~

026-1

今朝も積もりました
nonkoは3回の転倒
昨夜の冷え込みは異常でしたよ・・・

027-1

今朝は店主が雪かきをしてくれていたのでラッキー
大町に来た当初は「雪かき大好き~!」なんて馬鹿なことを言っていた記憶があります。

016-1

今朝は横川商店のこうじ室では昨日和釜で蒸されたお米を「こうじ蓋」に盛り込んでいました。
これは「盛り込み」という作業だそうです。

024-1

昨日積み替えしたこうじ蓋の中はしっかりと「米こうじ」になって出てきました。
しょうゆ豆の「豆こうじ」の仕込みは来年になりますが、甘酒には十分ですnonkoも早速販売用の甘酒を作り始めました

5e3c9129

本日12月25日(土)14時頃より、小田っちコト「井筒ワイン・ソムリエ&営業小田様」が横川商店で試飲販売にご来店です。
どうぞこの機会に、お客様のお気に入りの1本をお探し下さいませ。
とってもお話し好きの小田様です、ワインの色々なご質問も大丈夫です

012-1

ホワイトクリスマスですね
朝から事務の窪田さんの運転で、長野市の七二会農協様へ横川商店のしょうゆ豆用の黒豆を取りに行きました。
さすが窪田さん、八坂生まれの肝っ玉母さん雪道全くOK
当店では22日より「米こうじ造り」が始まってます。

015-1

大町から長野方面のオリンピック道路もけっこうな積雪です
除雪車もフル回転です。
これでスキー場も安心でしょうね~

016-1

017-1

運転は大変でしょうが、乗ってると山の雪景色がとってもきれいです

021-1

いつもお世話になってます七二会農協様です。
しょうゆ豆の黒豆もそうですが、横川商店のお味噌用の大豆もこちらでお世話になっています。大豆は有名な「西山大豆」なんですよ

023-1

今年は出来が悪いようで、ようやくわけていただきました。
なのでいつもの年より仕込みも少なくなるようです。
豆こうじは気候の関係でのびていましたが、年末と重なってしまって年明けになるようです。

024-1

帰りに中条道の駅でランチをし、お野菜のお買いものです。
お正月の飾りつけも色々と販売されていました。場所が変わればお飾りも色々で、見ていても楽しいですね。

025-1

窪田さんやっぱり主婦ですよね~、玉ねぎをゲット

005-1

今夜は鶏肉を照り焼きにしてみました。
いつもは「ザンギの素」を使うのですが、今日はケーキをいただくので油物はひかえました。

015-1

「カウベル立田屋」様のバターチョコです
これ店主が大好物です

008-1

クマさんも大~好き

011-1

アルクマくんも好きなんだね~

017-1

みんなで仲良く食べてね

034-1

今年はもう一つあるんです。

036-1

「竹林堂菓子店」様の生クリームケーキです。
横川商店と同じ九日町で、時期的にしかケーキは焼かれないそうです。何とも貴重なクリスマスケーキです。
お正月には横川商店店頭でお餅つきをご一緒にしていただけるんです。

035-1

今年は色々なケーキが楽しめてよかったね

032-1

メリークリスマス

005-1

今朝起きたらまわりは真っ白
いよいよ本格的な雪になりそうです。


004-1

いつもの時期ならいいのですが、年末のこの時期には雪かきがきついきつい
「無償の重労働」って言われてる意味がわかりました

007-1

それでも横川商店にご来店のお客様、また店頭をご通行のお客様が転ばれたら大変しっかりとかいておきましたが、朝からnonkoにとってはいい運動

006-1

いいなぁ~~~、お向かいさんは男性5人で雪かきされてる~~~
いいなぁ~、いいなぁ~

001^+^1

今日は和釜でもお米を蒸して、室では米こうじの手入れをしています。
忙しい時期に、忙しい蔵の仕事が始まる横川商店です。
本業は味噌の醸造元だってご存知でしたか?009-1

ギャ~~~!今朝もタクシーの中に鍵を忘れていったみたい。
またまた届けて下さいました。
「アルプス第一交通」様の運転手さんありがとう

087-1

大町に帰る火曜日は、鶴橋でお買い物です。
駅に着くとお買い物より先に美味しいにおいに誘われて、行った先はいつもの「大邱家」様です。こちらは初めての方でも大丈夫です
焼き肉屋さんが多い鶴橋ですが、やっぱりちょっと汚いイメージがあるでしょう。でもそんなところのほうが美味しいんだよって言われても、やっぱり一人では腰が引けちゃいます。こっそり行ける「大邱家」様は大丈夫
一人で本場の韓国料理が楽しめるんです。韓国は大邱と釜山に行ったことがあるのですが、やっぱり辛いだけではなく、甘味を伴ってるので、脾系を守りながらお肉を楽しめるところが凄いですね!

085-1

お昼から一人焼き肉をすると、お酒が飲みたくなっちゃうので、定食で我慢です。
でもこちらの一品小鉢もなかなかのもので、韓国にいるような錯覚をおこしちゃいます。特にこちらのおすすめは「チヂミ」なんです。焼き上がりの見た目もとってもきれいなんです。次回はぜひご紹介しましょう。(この日は急いでいたので)

088-1

高架下をはさんだ商店街は、韓国の町の様なお洋服や日用品、漢方薬や食材、そしてお肉類、飲食店が立ち並んでいます。

089-1

キムチ屋さんや、韓国のお惣菜屋さんがいっぱいです。

091-1

トックでしょうか?乾かされて切られるのでしょう。

095-1

一面「赤」です。
明太子って韓国から入ってきたもの?
昔、娘に「明太子は何の魚?」って聞いたら、「博多に泳いでいる!」て答えられて唖然
明太子が泳いでるわけないでしょう~~~

097-1

こちらは餅菓子?色鮮やかでしょう。ゲットしましたよ

096-1

ホント韓国と同じような屋台があります。いったいなんでしょう?韓国でもこのような屋台がいっぱいありましたが、食べる勇気がありません。釜山ではコップでそのままスープをすくって飲んでられたので・・・

098-1

ここここ~!いつも買うチヂミ屋さんです。
親しみやすいおねえさんがいらっしゃいます。

099-1

ニラ・海鮮・ミックス・牛スジ、ニラキムチ・・・
どれも本場の味わいでとっても美味しいです。もちろんゲットです。

101-1

ちょっと脇道を行くとこのような光景が見られます。
ここはやっぱり日本じゃないですね~
大阪って面白いところがいっぱいです。

138-1

「ただ今~~~!」
火曜日の遅くに大町に戻り、昨日は皆様で鶴橋三昧でした。

145-1

何が凄かったか、店主が初めてキュウリのキムチを食べて美味しいって言ったことです

136-1

もちろんチヂミもOK

135-1

この餅菓子のようなものは、お客様いわく「ばあちゃんのタンスの匂い!」ですって~~~
今日も一日お店で大忙しでした。忙しさのあまり、ご来店のお客様をお待たせして申し訳ございません。ただ今店主は「米こうじ」造りに入ってますので、しばらくのあいだご迷惑をおかけいたします。

017-1

大阪中之島です。大町にいるせいか明るいですよ~~~
娘の仕事に合わせて仕入れに帰り、夜は「osaka 光のルネサンス」に行ってきました。

020-1

光のアーチがお出迎えです

023-1

025-1

026-1

028-1

030-1

037-1

スノーマンやピーターラビットがとっても可愛らしく、クマさんたちも大喜びです
娘にすれば「なんでママとやねん!」って感じなのでしょう(笑)

036-1

バックに見える「大阪中央公会堂」がとっても素晴らしい光絵画を見せていただけます。

046-1

夏でしょう・・・

047-1

秋でしょう・・・

049-1

053-1

そして雪が降ってクリスマスです

044-1

こちらの雰囲気はまるでフランスのようでしょう
nonkoはフレンス人

045-1

ちゃ~んとフランスのブースもあり、美味しそうなワインも販売されていました。
ホットワインがあるのにはビックリしました。

055-1

水辺に映る光がユラユラとして綺麗~~~
でもやっぱり娘は「なんでママと一緒なん・・・」って思ってるのでしょう。

058-1

梅田へ行こうか・・・
高層ビルを見て梅田方面へ移動です。
ホテルバイキングでクリスマスしよう

079-1

久しぶりに「ヒルトン大阪」のバイキングです。
左奥にあるカフェですが、昔からバイキングをされているんです。娘が小さな頃によく連れて行ったのですが、本人は全く覚えていないようで・・・

064-1

「乾杯~~~
ワインもよく飲むようになりました。nonkoより飲むかも?

060-1

065-1

068-1

nonkoが食べたお料理です。
どうもバイキング負けしてるように思います。
しかし・・・・・、この人は・・・

063-1

069-1070-1

071-1

こんな人が前でバクバク食べて飲むので、見てるだけでお腹が膨れちゃって・・・
まだこれにお寿司にラーメンですから、いったいどうなってるのでしょうね・・・

078^1

082-1

080-1

ホテルのロビーのディスプレイは一番の勉強になります。
今年のカラーは「赤」でしたね

083-1

今日は冬至で柚子風呂の日。
先にnonkoは娘のところで入ってきましたが、二人して皮膚がイタイイタイ・・・
似てるんですよね、親子の体質って・・・

【osaka 光のルネサンス】
12月25日までですのでぜひどうぞ!

3d56bdb3.jpg仕入れも雑用も終わり高速バスで松本へ…、やっぱり関西人は551だよね!慌ただしいですが、皆様も頑張って下さいね。

d7acf63a.jpgきれいきれい!朝から大阪で仕入れをし、仕事が休みの娘とクリスマスです。明日は急いで大町に帰らなきゃ。中之島のイルミネーションは感動でした。近郊の方オススメですよ〜

参った参った!今夜の夜行で大阪です。お正月に帰れないので、娘に「白味噌雑煮」を伝授してきます。あと「掃除しろ〜〜〜!」って尻叩いてきます。年末年始の仕入れもしてきますね、リクエストあれば言って下さいね〜、明後日には大町に帰りま〜す。



音ですって音ですって~~~!店主が音を聞いていただきたいって


056-1

横川商店の試飲コーナーに、焼酎かめを設置しました。
新店舗オープンからお世話になってます「ひむか寿・寿海酒造」様の25度を入れさせていただき、いつでも試飲していただけるよう設置しました。
試飲ですからね~~~、居酒屋ではありませんよ~~~

052-1

ちょうど設置した時にお客様です。
なぜかこちらの焼酎を試飲させていただきました。
アレレ???タグがかかった~~~
と言うことは皆様にも試飲させていただけるようですよ~~~

061-1

今夜は冷蔵庫のお掃除で、あまりもので夕食です
再入荷してホッとひと安心です。最近は大当たりの食品関係が多く、問屋さんも入荷待ちだったり、製造待ちだったり、良いのか悪いのか・・・、年末の今の時期に品切れを出したくないですからね~~~
こちら「ザンギ名人」ですが、nonkoがいつも北海道に行ったときに必ずお土産に買って帰ってたものです。クリスマスの時の唐揚げにと思ったのですが、海鮮ものとの相性が抜群です。

059-1

鶏肉の手羽、ベビーホタテ、タコ、全て冷蔵であまってたものばかり・・・
これがサンギ名人にかかると抜群の味わいで唐揚げになります。

076-1

あまりもののカニ身はかに玉に
明日はあまったものを天津飯になるのかな?

065^1

これ笑っちゃう。このワイン会で小田っちが作っていただいた「信州牛の赤ワイン煮込み」の残ったソースです。ここに大きく切ったジャガイモを茹でて、二度揚げしてチーズ焼きにしました

064-1

いただきものの大根があまってたものは、お揚げさんと炊きました。「お揚げと大根の炊いたん(京都弁)」
ちょっと食べすぎじゃないかって?大丈夫です、チャ~ンと助けていただくお客様が今夜もおいでです

074-1

今夜も始まってますよ~~~
077^1

nonko自家製千枚漬けもどうぞ
焼酎かめ初デビューです

036-1

今夜は店主もちょっと余裕ができたのかな?皆様とご一緒させていただいてるようです。
お一人、お二人とお客様同士がこちらの試飲コーナーで御一緒していただき、楽しいひと時ができますよう・・・

037-1

いよいよ焼酎かめが活躍し始めています。

039-1

お客様がお客様をお呼びいただき、どんどん輪が広がっていく事って嬉しいですね

040-1

ここの輪にいらっしゃる方々は皆様お仲間になっていかれる事を願います。
大町の楽しい場所になりますように・・・

042^1

044-1

明け方から降り出した雪ですが、大町本通り周辺の道路は積雪はありません。しかしながらnonkoの住まいの山手の一部では積もっています。

045-1

また当店のお客様よりお正月の松のご提供がありました。ありがとうございます。
お正月のお使いのお客様、どうぞお持ち下さいませ。

005-1

002-1

今朝はとってもいいお天気!それでもnonkoは店内で仕事に追われる日でした。
お店にいると座って食事をするなんて皆無です。
「いただきま~す」「ピンポ~ン」って感じでお客様がおみえです。でもそれはとってもありがたいことですが、今日も昼食のお蕎麦が「蕎麦がき」のようになってました(笑)
012-1

015-1

今お店では地方発送のピークで、nonkoもラッピングのデザインをしながらの発送準備に追われています。今年は例年になくラッピングが多いので嬉しいです。

014-1

こうやってラッピングしたものも発送できますので、どんどんとご要望をお申し出下さいねお客様のご要望をお聞きしながらのラッピングも楽しいもので、少しでも可愛らしく、素敵に仕上げさせていただきたいと思っています。
nonko自身が持って行って喜んでいただけるようなラッピングを心がけるようにしています。

013-1

夕方には5蔵名人さんがご来店です。両手には肴の「ゲンゲの一夜干し」です。これはまた始まっちゃう兆しが・・・

017-1

その前に横川商店の忘年会をやっちゃいましょう。
今夜は酔っ払いなので、明日またね

001-1

今朝温かな電気毛布の中で、手にとった携帯で見た画面
なんだって~~~~~~~~~~~コリャ行かなくちゃ
実はnonkoもお客様に教えていただき、ツイッターと言うものをやっています。この中でお世話になってます「十五代九郎右衛門」の「湯川酒造店・湯川尚子」様のつぶやきが、けっこうお酒造りの情報をいただけちゃったり・・・

003-1

大糸線に飛び乗って、塩尻に来ると「このあたりが城戸ワイナリー様のブドウ畑だよなぁ~」なんて思いながら、中央線の藪原駅を目指していました。

006-1

木曽平沢まで来ると漆器の町で、木曽谷らしい屋根の低さ、赤いトタン屋根が木曽谷の景色にピッタリです。好きですね^、この景色

009-1

カタンコトンと普通電車に揺られながらようやく着いた「藪原」の駅です。
きっと湯川尚子様もお酒を飲まれる時には、この駅が発着なのでしょう。
まだこの仕事に入る前にも、何度か降りたった事がある藪原の駅なんです。昔から素朴過ぎる町並みが好きだったので・・・

011-1

駅前にはお水が出ているんです。大町と同じく、とってもやわらかい軟水です。これがお酒造りにはとっても大切な資源なんです。

012-1

藪原駅から旧街道に入って直ぐに、面白い看板がありました。
なんと「山十(やまじゅう)」はこちらもあったんですね~
実は横川商店の屋号は「やまじゅう」なんですよ湯川様とは御縁があったんですね~~~

014-1015-1

016-1020-1

町並みに目につく大きな看板は何でしょう?こちらも屋号なんでしょうか・・・

022-1

旧街道は15分ほどゆっくりと楽しめます。
ちょっとタイムスリップしたかのような町並みでしょう。

025-1

「木曽路&十五代九郎右衛門・湯川酒造店」様です。ちょうど尚子様のお母様とお会いでき、早速お蔵様へご案内していただきました。

026-1

「こんにちわ~~~!本当に来ちゃいました
尚子様忙しそう

035-1

こちらが醪(もろみ)のタンクです。

030-1

こちらがしぼられてる「十五代九郎右衛門・純米吟醸」の醪です。時々櫂を入れないと醪がかたよってしまうそうです。



040-1

033-1

今季初の醪の試飲です
心地よい甘味と、キレの良さ、そして口に残った醪の粕は旨味が全部お酒になってくれた様な味わいです。

037-1

しぼられてる方も見学させていただきました。
「花岡今朝雄杜氏」様が、じっと尚子様の作業を見守ってられます。
師弟関係と言いますか、とってもいい感じがしました。

045-1

醪タンクからこちらの「ヤブタ」に通されてしぼられるんです。

049-1

醪タンクから、ヤブタまではこのような管で繋がれています。


しぼりたてのお酒ってこのように少し黄色いんです。今年は気温のせいなのでしょうか、いつもの年より黄色みが濃いそうです。

039-1

尚子様真剣なお顔で試飲です。「まだ薄い!」っと一言

040-1

nonkoも試飲していいんですか
キャハ~~~美味しい爽やかな甘味とキレの良さ、シュワシュワしていてフレッシュこんな美味しいお酒が飲めるなんて、造り手様の特権でしょうか

043-1

尚子様、しぼられたお酒を採られてまた醪タンクの方へ運ばれます。

046-1

カッコいいですよ~!プライベートはとっても女性っぽいんですが、お蔵様の中では男性顔負けのようです。

050-1

醪タンクの底が見えてきました。

053-1

タンクの底と、少し上に穴があるのおわかりですか?ここから管に送られていくのでしょう。

054-1

最後に尚子様が運ばれたしぼりたてのお酒を入れられ、またヤブタの方へ送られます。

055-1

また尚子様が花岡杜氏様へ試飲を持ってこられました。
この時の光景が私の目にずっと焼きついています。
お二人の表情が最高です
来させていただいて良かったな~って思った瞬間です。

056-1

057-1

今しぼられた醪タンクの上で、杜氏様と尚子様がnonkoの前で試飲をされています。
こんな素晴らしい場所に居させていただけるなんて最高の感激でした

058-1

エ~~~いいんですか?
nonkoにも試飲させていただけました。
先ほどよりもより旨味が広がってるように感じました。お酒ってどんどん変化していく生き物のようなものですね
クリスマス前には横川商店に「しぼったまんまの純米吟醸」でお願いさせていただきました。楽しみ楽しみ
貴重なお時間をありがとうございました。

063-1

来る時に急いでお邪魔したので、帰り道には町並みを散策しながら駅に戻りました。
こちらは防火高塀の遺構が残っています。
元禄8年(1695)薮原宿大火の後、防火を目的に各戸の間口を一間に付き一寸の割合で出し合い、路地を生み出し広小路を設けられたそうです。現在の区画整理のようなものか。後年石垣を設け、その上に土塀を設けて防火に備えたもので、この石垣は当時のままのものといわれています。

065-1

066-1

近くにはこのような清水が湧いていました。
ゆっくり散策していると色々な発見のある藪原の町並みです。

074-1

藪原の駅前高台には「道の駅」もできていました。

070-1

今年の夏にオープンされたそうです。
今はもう生鮮野菜は少ないですが、地場産品が数多く並んでいました。もちろん地酒もございますが、「十五代九郎右衛門」はございません。

071-1

でもnonkoが今愛用してる「ねこ」を販売されていました。こちらメチャクチャ温かいんです。北アルプス三蔵のみあるきの利き猪口袋を縫って下さってた、荒井様に縫っていただいたんです

069-1

藪原の町はこんなに小さな町です。
この場所で「木曽路&十五代九郎右衛門」が醸されています。

075-1

077-1

076-1

とっても小さくて古い駅舎ですが、尚子様はこの場所を起点に県外にも発信されています。ほんと山に囲まれた木曽谷は、普通電車も2時間程で1本程、もちろん特急電車なんて止まりません。以前ツイッターで、松本からの帰り乗り過ごされて須原まで行かれたと・・・、お母様に迎えに来ていただかれたようです。しかしながらこの町でお酒を醸され、後を継がれると言う事、そう簡単な事ではありません。
逃げ出せない中で苦悩もあれば喜びもあることでしょう。私共酒販店はそういった事も少しだけ共有させていただければと思っています。そして今日のような出来事を少しでもお客様にご案内させていただき、ご一緒に応援していただけましたら幸いでございます。
地酒って造られる場所の背景を肴に楽しむのって最高だと思われませんか

001-1

「ママさ~んお久しぶり
秋からず~っと忙しかったので、久しぶりにお邪魔した「ハングリーボックス・ユキ」様です。いつもnonkoを力付けて下さってるんです
今日はハンバーグにクリームソースがかかってるのを注文しました。
スパゲティも食べたかったんですけどね

004-1

いつもお昼は横川商店で早食い競争のように食べてるので、こんなランチは久しぶりです。
このクリームソース、とってもあっさりして美味しいんですよ
う~~~、ミートスパも食べたかったナポリタンも、唐揚げも食べたかった~~~

005-1

ママさん今年もまた感謝祭でコーヒーをサービスして下さるそうです。
皆様ぜひこの機会に「ハングリーボックス・ユキ」様へどうぞ
12月23日~12月30日まで、お食事をされたお客様に限り、コーヒーをサービスして下さいます。

007-1

今夜はお昼にカロリーを摂ったので、軽くご飯をいただきました。
昨日のチリメン湯葉とnonkoの漬けた壬生菜が合体しました。
やっぱりこういう感覚は京都人?

【ハングリーボックス・ユキ】
長野県 大町市大町名店街2531-8
TEL 0261-22-4067(日曜定休日)

003-1

今日もこのオーナメントが、東京にお嫁に行きました。

005^1

段ボールの箱に入って、パラフィン紙に囲まれ「可愛がってもらうんだよ~~~」って思いです。
お化粧しなければ、ただのゴミなんですが、nonkoがちょっと手を加えると可愛くなっちゃいます
全て大町にあるものだけなんです。

006-1

こんな小さなものでも、お客様に喜んでいただけるなんて嬉しい限りです。
もうかれこれ20歳でお花屋さんをしていた時からですから、25年以上作ってる訳で・・・、お花関係はもう生活の一部なんですよね~

009-1

今はお客様方もパーティーが多いみたいで、ちょっとしたプレゼントのご注文を頂いてます。ご予算に合わせてラッピングもさせていただいてます。
こちらは5店で3,500円のご予算です。いつでもnonkoにご相談下さいね。

013-1

今夜はまたまた「尾澤酒造場」様の「美寿々錦」を楽しんでました。
やっぱりnonko好みの味わいです。

011-1

肴は、母がこのあいだ送ってくれた「聖護院かぶら」です。ようやく「千枚漬け」になりました。やっぱり自分の漬けた千枚漬けが一番です

012-1

またチリメンジャコが残っていたので、棒湯葉と一緒に生姜風味の佃煮です。
ゴマをちらしたので、より香ばしさがきわだって美味しいです
酒の肴、これからもどんどん勉強しなくちゃ

001-1

002-1

003-1

004-1
お二人さ~ん、何やってるのですか???
今日は月曜日、沢山のお取引先様がおいででした。やはり今の時代、どちら様も頑張ってられます。でも横川商店にご来店の時ぐらいはホッとしていただきたいと思います。
笹井酒造・笹井杜氏(左)」様が納品にご来店、そこへ「湯川酒造店・営業古畑」様がご来店です。
店内はお歳暮の真っ最中なので、二階でちょっとお話しさせていただきました。
帰りに「お写真撮らせて下さ~い!」と言うことで、お二人が店頭で「何やってるんですか~?」
アハハハハハハ~!背の高さね

006-1

結局このようにおさまっていただきました。
遠いところありがとうございます。

008-1

009-1

お二人さ~ん、大町は雪ですから気を付けてお帰り下さいね
古畑さ~ん、尚子さんによろしくね

014-1

今日は新酒がどんどん入荷してきました。
「白馬錦・薄井商店」様
011-1

「北安大國・北安醸造」様の新酒は、毎年恒例の「横川商店限定無濾過生原酒」で対応させていただいてます。
詳しくは「蔵日記」よりどうぞ

015-1

また大人気の「福井缶詰」様ですが、化粧箱でギフトセットを企画中です。
いよいよお歳暮真っ只中、横川商店で美味しいお酒とグルメセットはいかがでしょう。

056-1

皆様ありがとう小田っちありがとう
昨夜の「小さなクリスマスワイン会」は、始終感動と笑いの渦でした。
今年も小田っちコト「井筒ワイン・営業小田」様とご一緒にお料理を担当させていただきました。
小田様は今年お肉料理、nonkoは魚料理を中心に頑張っちゃいました

001-1

たまたま京都の母より千枚漬けのかぶら「聖護院かぶら」が届いていたので、こちらも使っちゃえ~

017-1

会場は初めて横川商店の二階を使いました。
まずはクリスマスのお花でお出迎えです。

009-1

大岡から「まめぱん」様も到着し、準備万端

021-1

コトコト煮るのはブイヤベースです。
実は前日に生地でゲットした、活けじめのヒラメをカルパッチョに使ったので、そのアラ、カワハギ、ヤリイカ、ワタリガニを使いました。
たまらなくいいスープが出ていましたよ

008-1

季節は外れのワタリガニですが、中はミソや身がバッチリでした。捌くのが大変でしたけどね!

006-1

とっても濃厚だったのは、活けじめだったので肝が溶け込んで最高です。
夕方6時半には皆様おそろいで始まりました。

014-1

まずは軽いオードブルと、「小布施ワイナリー・発酵ホイリゲ(赤)」です。
軽く作ったつもりが、けっこうしっかりした肴になってしまいました。
レンコンの辛子醤油風味を「ザンギ名人?」なんて言わないで下さいよ~~~
明太子とマスカルポーネのディップ美味しいでしょう

013-1

台湾ピータンのオリーブオイルがけ、生ハムチーズ、サーモンのたたきのガーリックチーズのせ・・・、小田様と色々打ち合わせての盛り合わせです。

023-1

ジャ~~~ン
活けじめのヒラメです。捌きごたえがありました。おひとり様づつ山になっています。
オリーブオイルと相性のいい、牡蠣の燻製も一緒に盛り込み、最初頭に描いていた雰囲気とは少し派手になっちゃった~、でも今回はお昼に店主と試食したのですが、やっぱりヒラメはある程度大きくないとモチモチ感が出ないように思います。(エンガワ忘れてた~~~)
ワインは「五一ワイン・エステート・ソーヴィニヨンブラン」です。

025-1

そしてブイヤベースをお出しし、「城戸ワイナリー・ピノグリ」を初披露です。
これが驚く程の相性の良さで、nonkoもまだ飲んだことがなかったのですが、きっと城戸様ならこんな風に造られるのでは?って想像しながらブイヤベースを作ってみました。
この時点でnonkoはホッとしたのです

027-1

そこそこにワインをお楽しみいただくと、皆様とっても楽しそう

036-1

CAVG1JG2

そして小田様の一皿はこちら「信州牛のワイン煮込み」です。
これ凄かったです
1.5キロの信州牛に、「井筒ワイン・シルバー」が2本も入ってるそうです。
お肉自体はホロホロで、お野菜や茸の旨味がソースになって、それはそれは素晴らしい大作です。付け合せは「生フェットチーネ」と「飛騨ねぎ」です。
ワインは「井筒ワイン・シルバー」と「成城石井・パーセル」を対決させました!
どちらもメルロー100%なんですが、パワーの出方でお好みが変わるようです。
どちらが良いとか、悪いとかではなくて、小田様がよく似た味わいのメルローなので、お客様にご意見をお聞きしたいと言った意向もおありだったのでは?そのあたりも凄い営業様ですね

041-1

メインのお料理が終わると、皆様もうほろ酔い気分
有り合わせのオードブルで大盛り上がりです。
右端のガラスの器に入ってるのが、京都の千枚漬けの下漬けです。塩と鷹の爪と昆布で浅漬けです。今日はこれにお砂糖と酢を足して千枚漬けにしました。ほんと一個300円ほどで、山ほど千枚漬けが漬けられます。京都で販売してるのって高くって・・・
このあたりから今回はワインをお客様のリクエストでお出ししました。
「井筒ワイン・メルロー樽熟2008」をやっつけちゃいまいした。

011-1

「まめぱん」様の、くるみのパンがこのあたりになると肴になっちゃいます。

8c06f34d

塩尻の「ブラッセリーのでVin」様のレバームースが美味しい美味しい

044-1

後半戦になると、店主がこのようなワインを裏の土蔵から持ってきました。
約30年ほど前のメルシャンの白ワインです。nonkoにはよくわかりません。

046-1

こちらは30年以上前のマグナムの赤ワインだそうです。

047-1

小田様が本領発揮です。
色々な歴史背景をふまえて、当時の山梨のワイン状況などをご説明いただきました。
さすがですよ~~~小田様何歳の時のワイン?

050-1

コルクの匂いを嗅いだ時から歓声があがっていました。
確かに口に含んでから、パワーがどんどん広がっていきました。皆様凄い凄いの連発です

116-1

一応このあたりで中締めです。

058-1

わざわざ市外からありがとうございました。大糸線がもっと遅くまであればいいですよね。
またどうぞいらして下さいね

060-1

いよいよ恐怖の二次会突入です。
小田様もホッとされたのでしょう。ようやく美味しいお酒で皆様と乾杯です

073-1

アレレ?小田様日本酒?
このあいだ店主とnonkoがサフォークで楽しんだ「尾澤酒造場」様の「美寿々錦」です。
062-1

どうやら差し入れのワインを物色されています。

063-1

多治見の「修道院の赤ワイン」だそうです。
最初の一口はビックリの感じだったのですが、このような味わいもアリかなって味わいでした。

072-1

nonkoは洗い物をしながら、ブイヤベースのワタリガニの腹子をつまみ食い
あ~美味しい

065-1

ギャ~~~何?あなた達・・・
どうやら遅刻組のようです。仕方ないな~

080-1

なんやら面白いゲームが始まりました。
目隠しをして、赤ワインか、白ワインを当てようと・・・
それが当たらないんですよ
酔っぱらってるから無理無理、不思議と当らないものです。
ただ東京のマッチーこと「松村様」は香りでブドウ品種まで
他のお客様もメルローをバッチリ当てられたり・・・

082-1

また意地悪されて、混乱させられたり、会場は始終笑いの渦です。

089-1

会場が盛り上がると、マッチーが昨年の「塩尻ワイナリーフェスタ2009」でゲットされたとんでもない貴重なワインをご提供下さいました。
マッチーありがとう

100-1

約20年前の「五一ワイン・シャルドネ」と、約25年前の「五一ワイン・メルロー」です。
林幹雄社長様の直筆のサインが入っています。nonkoもご一緒してご購入された時のワインを、横川商店の土蔵でお預かりさせていただいてたんです。

092-1

約25年前のメルローです。

093-1

約20年前のシャルドネです。

090-1

コルクはこんな状態では熟練した方でないと開けられないようです。
コルクがホロホロになってるので、崩れてしまったり、割れてしまう可能性があるようです。

097-1

小田様せっかくほろ酔い気分だったのに、一瞬で酔いがさめましたね~~~

098-1

大歓声が上がりました見事な黄金色でしょう
「これは凄い凄い!まだ10年はいけるぞ~~~」なんてお声が上がってました。ほんと今まで味わったこことのない香りと喉ごしです。余韻の凄さも感じました。
残念ながら赤のほうは少し力強さを失い、きっとその頃のブドウの出来栄えだったのでしょう。ワインって面白いですよね、今回は皆様でご一緒に勉強させていただいたようなワイン会でした。このような機会は滅多にあることはないでしょう。

103-1

翌朝小田様が愛車の軽トラで荷物を取りに来ていただきました。
噂ではお聞きしていましたが、本当に軽トラなんですね~、昨年まではBMだったはず(笑)

106-1

「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田」様ですが、今月25日(土)に、横川商店へ試飲販売に来ていただけます。どうぞ皆様お出かけ下さいませ。

004-1

今朝の木崎湖はきれいでした
大糸線に飛び乗って、明日の「小さなクリスマスワイン会」の食材調達に行ってきました。
やはり今日はいつもお世話になってます能生漁協は出船できず、富山の生地に行ってきました。生地は横川商店でもご案内させていただいてます「黒部漁協」様がされている「魚の駅」があるんです。ここだったら船も大きいので漁が安定してるんです。

006-1

小谷で乗り換えるころには、雪もほとんどなく、大町が一番積雪があったかな・・・

009-1

これからの時期の大糸線、雪景色がとっても素敵です

011-1

もっと積もると、小谷独特のこのような民家がとっても絵になる風景です。
赤や青のお屋根が雪の白に映えて何とも言えない雰囲気なんです。

013-1

暴れん坊の姫川が、日本海に向かって流れる雰囲気もいいでしょう。

015-1

山深いところから、どんどん流れ、やがて日本海に流れていく教科書のような景色です。

057-1

058-1


糸魚川で美味しいお魚を食べて日帰り旅行もいいですよ
横川商店では糸魚川や、富山の生地のご紹介もさせていただいてます。
今日は糸魚川で乗り換えて、先に生地に行きましたが、糸魚川の町にはこのような「雁木」があるんです。新しい雁木もあるのですが、nonkoはちょっと裏通りのこちらの雁木が好きなんです。でももしかしたら、昔はこちらのほうが賑やかだったかもしれません。
画像は帰りに撮ったものです。

016-1

JR北陸本線生地駅に着くと、まず迎えてくれるのがこちらの湧水「清水(しょうず)」です。生地はいたるところに湧水が出ていて、各ご町内で管理されています。
観光のための湧水ではなくて、地元の方々が生活のために普段から使われているものなんです。

017-1

いつもはタクシーを呼んで、黒部漁協様がされている「魚の駅・生地」まで行ってたのですが、この春より「無料レンタサイクル」を設置していただいてます。
nonkoにとったらこれほど嬉しいことはございません。

030-1

くろべ漁協様がされてる「魚の駅・生地」様です。
「とれたて館」では、漁協直営で朝獲れの鮮魚や、自家製干物の販売をされていて、「できたて館」では、肴をチョイスできるレストランがあるんです。生のお魚や干物を自分で焼いて食べられるんです。子供さんとかとっても喜ばれますよ~

023-1

こちらが「とれたて館」です。
知ってるおじさんがいらっしゃってラッキーでした
今は天然のブリがとってもいいみたいです。でもワイン会なので、ブリはやっぱり使えないな~~~

020-1

塩サケや塩ブリが吊るされていますが、お正月用でしょうか・・・、どれも立派なものばかりです。

018-1

やっぱりこれですよね
定置網のものですが、しっかりとバタバタさせてくれましたから美味しいと思いますよ

019-1

季節外れですが、とっても良型のワタリガニです。身もギッシリでした。
さぁ~明日は何にしよう
小田さ~ん、どうしましょう?

025-1

スムーズにお買い物ができたので、「できたて館」でランチです。
しま鯛でしょうか、一人で焼いて楽しめるチョットした幸せな時間

029-1

ウッシッシ・・・、思ったより弾力のある白身でした。
干物もありますし、小鉢ものや、煮物、揚げ物もあります。そして定食もあるのでお気軽にお楽しみいただけます。こちらシーズンの土・日は凄い人ですよ~

031-1

北陸本線の普通電車は本数が少ない少ない、時間までまちなかを散策です。
魚の駅の裏はもう漁港なんです。横に漁協も見えるでしょう。

039-1

こちらは「中橋」と言われ、旋回橋なんです。
朝の漁があるときに船が出入りする時にまわるそうです。
京都の天橋立にもあるんです。

038-1

こちらご立派な建物は、日本酒の蔵元「皇国晴酒酒造」様です。
銘柄は黒部に行かれたお客様はご存知でしょう、「幻の瀧」です。
035-1

お蔵様の裏ですが、多分醸造されてる場所なんでしょう。やはり中では湧水が出ているようで「岩瀬家の清水」って書かれています。

033-1

すぐ近くには「弘法の清水」があります。

034-1

湧き出たお水は、順々に用途別に使用され、管理はご町内の方々がされています。
普段の生活に使われてるところが素晴らしいと思います。どこの清水もとっても清潔に保たれてられます。お水のお味自体は大町よりは硬水のように感じます。北アルプスの伏流水だそうです。

040-1

何気に干されてる魚屋さん、いい雰囲気です

042-1

こちらもです。
まだかな~~~?

043^1

いつも夕方から、魚の立焼きをされてる魚屋さんです。写真の玉砂利の部分に魚を串刺しにして立てて焼かれます。カレイがメチャクチャ美味しいんです。
ラッキーなら「のどぐろ」も300円ぐらいである時があります。

044-1

富山湾がきれい
小さな商店街ですが、すぐ裏が海です
やっぱり今日は波が高かった
夕方になると、夕日が建物を照らし、それはそれは素晴らしい景色になります。

045-1

これだけきれいに富山湾が見渡せるのは生地ぐらいでしょう。

049-1

波のような生活・・・、同じ波は絶対にありません、でも必ず波はやってきます。
こんな人生もいいですよね

053-11

少し早めに生地の駅に戻り、駅前の小さな小さなスーパーで見つけた「干鱈」です。
これって凄いですよ、絶対に美味しいはずです
店主のお土産にしよう
明日のワイン会、ご参加の皆様楽しみましょう

【魚の駅・生地】
富山県黒部市生地中区265
●できたて館 TEL 0765-57-3567
●とれたて館 TEL 0765-57-0192

93b15eac.jpgJR信濃大町駅はこんな感じ!市内本通りの雪はとけていますが、脇道はまだまだ雪があります。ただ気温があまり低くないので、すぐにとけるのでは?nonkoはこれから明日の「小さなクリスマスワイン会」のためのお魚を調達に行ってきますね!

059-1

大町から三日町トンネルを越え、八坂方面から国道19号線へ出られます。

058-1

ヒェ~~~、凍ってる・・・

053-1

でも素敵な景色でしょう。信州って感じでしょう

007-1

アルクマくん、美味しそうにお蕎麦を食べています。
「道の駅・大岡」へ、土曜日の「小さなクリスマスワイン会」に使わせていただくパンをお願いにあがりました。そのついでにお蕎麦

001-1003-1

nonkoは温かなお蕎麦と、店主が食べるであろうと思ったお稲荷さん。結局どちらも全部nonkoのお腹へ・・・
天ぷらの真ん中は何だと思います???これって究極ですよ
出しをとった後の昆布不思議なものを天ぷらにしてあり、お腹がパンパンでした(笑)
これだけ食べて、この先サフォーク食べるの大丈夫?

061-1

これがそのパンです。
大岡の山の中で焼かれている「まめぱん」様の「田舎・くるみ」パンです。とにかくクルミがギッシリ入っていて、赤ワインがグイグイいけちゃいます。井筒ワイン・小田様ご推薦のパンです。そろそろワイン会当日は小田様にも張り切っていただくつもりなので、プレッシャーかな?

012-1

ちょっと足をのばし、信州新町にあります「尾澤酒造場」様へお邪魔しました。
長野県内のお酒の会では、「十九」と言われる銘柄を存じ上げていて、ちょっとワクワク気分です。

008-1

お蔵様のショップは、国道19号線沿いにあるのですが、それはそれはきれいな建物で、中はとってもオシャレな感じで素敵な空間です。

009-1

これこれ、ゲットしちゃいましたよ~~~
「十九」と言う銘柄の由来がとっても気になります。
これは「十九」と言うのは「二十歳」の大人になる前と言うことで、日々感謝の気持ちと、初心を忘れずといった意味があるのだそうです。
きっと何か理由があると思っていました。とってもいい銘柄ですよね
もう一つの銘柄は「美寿々錦」と言われるそうです。

018-1

十九を購入し、いよいよ「信州不動温泉・さぎり荘」様へ来ました。
ここは大町駅前から少ないですがバスが出ています。だからお酒をいただいて休憩し、その日のうちに大町へ戻れるんです。

019-1

どうやらゲートボールのコートがあるので、おじいちゃんやおばあちゃんが多いのでしょうね!将来nonkoもゲートボール合宿に来ようか・・・

021-1

ワォ~~~、ガマの穂がこんななってる
もう冬ですものね~

024-1

まずはアルクマくん、お風呂ですよね
露天風呂はないですが、かけ流しの温泉がとってもいいんです。

028-1

入浴してると身体の芯から温まってるのがよくわかります。
それに温泉がきれいなんですよ
浴槽の底が汚い温泉はダメダメ、こちらは本当にいいお湯でした

036-1

店主はお肉のコース、nonkoは和食です。
実は「サフォーク」って言われても、京都人のnonkoにはちょっと引けちゃうことがあって、もしかしたらあの匂いが無理かも・・・って、和食をお願いしました。
こちらにお邪魔してジンギスカンを食べないなんて・・・
中央がサフォークのロース、左が串焼き、右が漬けこんだ「ジンギスカン」でした。
少しづついただきましたが、気になるような匂いもなく、甘口のタレを付けるととても美味しかったです。特に漬け込んであるジンギスカンは「お代わり

039-1

地鶏の小鍋があったり・・・

043-1

イワナの焼き物があったり、お刺身や茶わん蒸し、天ぷらに八寸・・・
お味付けがとっても美味しかったですし、食材も良かったですよ

044-1

これサフォークのにぎりです、食べたのは店主ですが、匂いもなく美味しかったそうです。

035-1

こちらはサフォークの「にこごり」です。
キューブになっていて、とっても食べやすかったです。生姜がきめ手かな

041-1

アルコールはやっぱりワイン
無理をお願いし「ヤマソーヴィニオン・平沢畑」を楽しませていただきました。
やっぱりジンギスカンとの相性は抜群ですが、もっとすごいお酒を発見

049-1

来るときにお邪魔した「尾澤酒造場」様の「美寿々錦」です。
これが美味しいんですよ~~~
半端じゃなく飲んだ飲んだ
普通酒のはずなんですが、旨味があるんです。
少しお燗していただくと、やわらかな旨味が十分に味わえます。(こちらも買ってくれば良かった・・・)

070-1

今日になって昨日飲んで、購入できなかった「美寿々錦」が気になって気になって・・・
店主が送ってもらったら?って言うので、お電話差し上げたんです。
ちょうど「尾澤酒造場・尾澤俊昭社長」様が出られて、偶然大町に来られるということで、わざわざ持ってきていただきました。
ずらりとならんだ「尾澤酒造場」様のお酒、また皆様で楽しませていただきましょう。

063-1

尾澤社長様、ありがとうございました。
黒のとってもカッコいいお車でご来店していただきました。

BlogPaint

キャ~~~「十九」さすが~~~
そして社長様がお帰りになるころから降り出してる雪、今は店主が必死で雪かきしています。
「横川商店雪かき体験」はいつでもどうぞ
確か昨年はしげさんが挑戦でした

077-1

冬将軍やってきましたね。

078-1

今年のまちなか初冠雪です

【信州不動温泉・さぎり荘】長野県長野市信州新町大字日原西300-1
TEL 026-264-2103
FAX 026-264-2739

065-1

067-1

降ってきました~~~
寒い寒い
この雪積もるかな~~~
まだ本通りには積雪はありませんが、屋根は真っ白です
皆様気を付けて下さいね

このページのトップヘ