呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2011年02月

お酒の雫の音「笹井酒造」様



003-1

松本の「笹の誉・笹井酒造」様の「袋吊るし搾り」です。
醪が袋に入れられ、自然に滴るのをタンクに採ってられます。
このお酒が滴る音・・・
生まれたてのお酒の音です

025-1

笹井酒造・笹井社長様、笹井杜氏様、そして蔵人様、営業様、皆様が協力されながらの袋吊るし搾りの作業をされていました。
nonkoは今日見学をさせていただき、これほどまでに重労働な作業だとは・・・
でも手間をかけられたお酒はやっぱり味わい深いものになるような気がします。

001-1

松本市城山公園を背景にある「笹井酒造」様のお蔵様です。
詳しくはまた明日掲載させていただきますね

大町温泉郷「夢花火と音の祭典」



迫力の「源流美麻太鼓」のジュニアの皆様の太鼓が、大町温泉郷に響き渡り、「夢花火と音の祭典」も昨夜で無事終了しました。
横川商店ではお客様にお声掛けし、ご一緒に楽しませていただきました。

004-1

受け付けでは「森のキャンドル」と称し、願い事をキャンドルに貼り付けていただき、素敵なオブジェを見ることができました。
大町レディースの茶屋道様も応援ボランティアをされていました

005-1


三色のプラカップを利用されてるのですが、きれいでしょう


011-1

温泉郷にご宿泊のお客様がほとんどですが、市外や、当店のお客様はわざわざ松本からおいで下さいました。

013-1

きれいなオブジェでしょう。当店のお客様は何をお願いされたのでしょうね・・・

008-1

nonkoはもちろん皆様のご健康とご多幸です
そしてクマさん達もオブジェに参加

022-1

会場ではこんな木のキャンドルがあったり、かまくらがあったりと、会場のお客様は皆様大喜びでした。ただ「振る舞い酒はないの?」っといった声もあったのも現実です。
多分そうであろうと、店主もnonkoもお酒を持参一升瓶と四合瓶がアッと言う間に無くなっちゃいました

018-1

ステージの源流美麻太鼓を見ているとお酒も美味しいですよね〜

023-1

松本からわざわざ来て下さった山ガール様お二人が、金蘭黒部・村山杜氏様と山のお話で大盛り上がりです。もしかしたら大町山岳会にご入会?
しかし皆様お酒に強いですね〜

331-1

334-1

335-1

会場では一升瓶持って大騒ぎの「チームやまじゅう」デシタ!

026-1

そんなこんなで始まった今年最後の大町温泉郷夢花火です。
いつもは大橋の上から見るのですが、昨夜は打ち上げ場所の対岸なので土手には上がれませんが、迫力の凄さにビックリ仰天

038-1

031-1

036-1

040-1







051-1

花火が終るといよいよ二次会の「居酒屋志野」様へ
今年もご主人様はスコップで立派なかまくらを手作りされています。

056-1

始まりました大宴会
まだまだ皆様酔ってない・・・(凄すぎ)

058-1

松本の山ガールさん方もご一緒です
新しいお仲間で〜す

054-1

お〜〜〜、そこへ観光の丸山様が、旅行読売出版社の宮本様をお連れにお顔出しして下さいました。実は月刊誌「旅行読売」に当店の「お味噌&お醤油」をプレゼントご提供させていただいたんです。とっても爽やかな宮本様ですが、アッと言う間の再会でした。
次回は泊りがけでお越し下さいね

044-1

青唐味噌と紫蘇巻は女将様ご自慢の肴です。

045-1
046-1

前日からお電話しておいたので、山菜をご用意していただきました。
この「ミズの実」は珍しい珍味です。きっと地元の方でも知らないかも?nonkoは秋田に湯治に通っていた頃に目にしていたので・・・、地方によっては食用にしない場所もあるようです。ミズは、湯掻いてホヤやアワビなどの水貝の箸休めに絶品です。
ワラビも上手にもどされています。塩味がきいていてのでそのままでOK

047-1

タラの芽でしょうか、黒胡麻和えが絶品
焼き鳥や串カツをお願し、日本酒のお徳利が無くなる無くなる・・・
結局飲んでお話が弾んでしまって、お料理を頼み損なってしまいました。
松本からの山ガールさん、お腹を空かせたまんまのお開きでごめんなさい。次回大町に来られたら、皆様で大歓迎させていただきますね

049-1

外の「かまくら」が気になるご様子。

338-1

いいですよね〜、都会ではありえないですものね!

340-1

金蘭黒部の蔵人様も楽しそう!またぜひお話しいたしましょう

341-1

それで、花火会場でこの2本を空けて、志野様でまた山ほど空けて・・・
なんで皆様こんなにお酒に強いの〜〜〜〜〜

052-1

クマさん達まで〜〜〜〜〜
それで代行タクシー願して、皆様ご自宅に帰らないで横川商店に帰ってきたってホント?

【大町温泉郷観光協会】
【居酒屋・志野】
長野県大町市平2884-78
TEL 0261-23-6158

甘酒作り大忙し

003-1

朝から甘酒作りで大忙しです。
スーパーへ行ったらどこもひな祭りの売り場ができていて焦りました。昔から店主には「大町は4月3日だから!」とは言われても、実際には3月3日を境に、おひな様関係のものはそんなに動きません。だから今年こそはって頑張って甘酒を作り販売しています。
実際色々な甘酒を試飲してみましたら、ご飯が入ってるものが多く、また加糖されてるものまでありビックりです。
横川商店の甘酒は「米こうじ」のみです。グラスに浮いてるのは米こうじそのものです。
こちらの甘酒、冷やしてでもお楽しみいただけます。

006-1

いつもは瓶入りなんですが、今年からは少量にして価格を下げました。
これならご購入していただけやすいと思います。
nonkoお手製の甘酒をぜひどうぞ

007-1

今日は朝からバタバタで、お昼はフキノトウの天ぷらをしました。
初物です
実はこれから仕事を早めに切り上げて、夜は「大町温泉郷」様の花火大会に行きます。
今夜が最終日で、お客様もご一緒に楽しんじゃおうと思います。
会場でお目にかかれたら宜しくです。
きっと店主は一升瓶抱えてると思いますよ〜

絶句・・・!

悲しくって悲しくって・・・
昨年お邪魔した飛騨高山の「田邊酒造場」様が廃業されました。高山はnonkoが大町にくるきっかけになった人達がいっぱいいらっしゃるので、他人事とは思えません。まして昨年お蔵様にお邪魔をして、次期杜氏様になっていただけるのではないかと思う息子様とお会いしてるんです。何とかならないものなの・・・
そして他人事とは思えません。
直ぐに高山の友人に連絡をしたのですが、追い打ちをかけるかのような現実・・・
実際の高山の現状は大変なようなんです。あれほど観光のお客様が多くいらっしゃるのですが、実際には廃業されてるお店や宿泊施設が本当に多いようなんです。
見た目凄く活性してるかのように見えていたのですが、実際にはそうではなかったようなんです。いったいどうなってるのか・・・。知り合いの団体が、高山に視察に行かれたことを聞きますが、ホントnonkoも自分が行動を共にしていた頃とは変わってしまっていて、地元資本でない業者や会社が参入し、ここはどこ?って感じになっていたのも事実です。これも現実、これからの横川商店を考えるいい機会でもあるのでしょう。
それにしてもショックです

昨年お邪魔した「田邊酒造場」さまはこちらからどうぞ!

定休日は日本酒蔵&ワイナリー

025-1

沢山のケルナーの枝をありがとうございま〜す
芽が出たら皆様にもお分けいたしますね
昨日のお休みは、塩尻方面へ店主の車を走らせ、お世話になってますワイナリー様、日本酒蔵様にお邪魔してきました。
こちらは「五一わいん」様で、ちょうど今は剪定の時期です。
沢山のワイン用ブドウの木を剪定されている真っ最中です。

020-1

昨日は暖かい一日でしたが、信州がこれで春になるとは思えません。きっとまた寒い日が続くはずなので、大変な作業だと思います。
いつも畑の作業をされてるスタッフの方々で、もうnonkoのことはおぼえて下さってるようです。「誰かと思ったらな〜んだ!」ですって

019-2

この日は猪狩顧問様もおいでで、nonkoがワインの勉強をするきっかけになった方と言っても過言ではないです。色々なお話をさせていただきホッとする時間です。

010-1

帰りにはショップで試飲をさせていただきました。桜のワインもお洒落でしょう、とっても飲みやすく女性向です

013-1

ブドウジュースがとっても美味しく、ちょっと入荷をお願いしてみましょう。
詳しくはこちらからどうぞ!

070-1

もう一軒塩尻の洗馬でワイナリーをされる「VOTANO WINE(ヴォータノワイン)」様です。
代表の「坪田満博」様はゆっくりとご自分の思いを入れられたブドウを栽培され、ワインを造られています。まだ醸造設備はないので委託ですが、とっても自然がお好きな方だと感じました。

067-1

棚栽培でもない、カーテン栽培と言われる栽培法だそうです。まだnonko自身良くわからないので、これから勉強させていただきますね。
ブドウの果房の先は葉っぱ15.6枚が垂れ下がっていくそうです。実際に秋に見せていただければ良くわかると思います。
坪田様よろしくお願いいたしま〜す

079-1

垣根栽培もされているそうです。
品種は色々な赤・白のブドウ品種を作ってられるのは、この土壌が何の品種と相性がいいのかまだわからないからだそうです。でもご自分の作られたいブドウでワインを造られるのは素敵ですよね。店主と相談し、近々楽しませていただこうと思います。

057-1

次に車を山手に走らせ、いざ辰野方面へ・・・
小野にあります「夜明け前・小野酒造店」様です。
えらく沢山の旗が立ってるな〜って思ったら、今年はこちらのほうは「御柱祭」だそうです。信州では昨年から色々な場所で神事が行われていますね。

035-1

醸造のお蔵様は横の道から行くのですが、とっても雰囲気のいいところなんです。

036-1

この建物はなんでしょう?屋根を見た店主が「これは本当に昔の屋根のふき方だそうで、今ではこんな屋根をふける人はいないよ」って言ってました。

046-1

今季最後の醪を見せて下さり、小林杜氏様から今季の状況などをお聞きしていました。
醪が沸々と元気にしていて、美味しいお酒になろうなろうとしています。
詳しくはこちらからどうぞ!

056-1

御柱祭盛大に、また無事に終わられる事をお祈りいたします。

065-1

店主がちょっと脇道に入り、行ってみようと来た場所が「かやぶきの館」様です。

059-1

前には珍しい「しだれ栗」が植えてありビックリ
061-1

館内は凄い梁と柱です。とにかく大きな茅葺の建物なんです。

060-1

nonkoは囲炉裏でおやきを焼いて楽しみ・・・

062-1

店主は相変わらず「蕎麦男」君韃靼蕎麦だそうで、色が凄い割にはくせのないお蕎麦でした。

064-1

デザートに地元のアイスクリーム
これメチャ旨でした。昔ながらの甘さが残る「フジタヤのアイスクリーム」です。

102-1

最後は諏訪だ〜〜〜!
ちとせちゃ〜ん、元気か〜〜〜い!

080-1

「酒ぬのや本金酒造」様、パニックパニック大忙しでした。
いや〜「家族で醸す酒」なんて言われるけど、本当にその通りで、ちょうど火入れ作業の真っ最中で、恒太朗専務様のお母様までがご一緒に作業されていて超ビックリでした。社長様始め、恒太朗専務様もお蔵内でバタバタされていて、ちとせちゃんは凛太郎君をおんぶして売店で接客。こんなすごい光景は初めて見ました。
「邪魔しちゃいけない〜〜〜」

097-1

この状況ですからね〜
人が良く忙しいと言われますが、次元が違ってるような気がします。ご家族皆様が力を合わせて醸される「本金」の味わいって、なんだか奥深いような気がしませんか?きっとお蔵様へ足を運ばれた方であれば理解していただけるかと思います。
来月3月19日(土)はいよいよ「上諏訪街道呑み歩き」です。もちろんnonkoはいつものように「酒ぬのや本金酒造」様の売店にいますが、横川商店のお客様も助っ人でご一緒します。ぜひ皆様お越し下さった時にはお声かけ下さいね。

099-1

101-1

ちとせちゃ〜ん、凛ちゃ〜ん、頑張るんだよ〜〜〜
昨日の様子はこちらからご覧下さいね。

106-1

昨日はお世話になってます、ワイナリー&日本酒蔵でチョッピリお疲れムード!
夜は大町に戻り、近くの居酒屋「たきょう」様へお邪魔しました。
平アジとカレイのエンガワでカンパ〜イ
寒い夜は温かいお酒が一番ですね

107-1

店主はエンガワ好きだな〜、脂のノリがいいですね〜、nonkoと一緒

109-1

焼き鳥も美味しい自家製のつくねが最高

110-1

ポテト焼きはいつも願します。My塩持参で絶品になります。

111-1

大町で湯豆腐をオーダーして外れがないのは美味しいお水のせいでもあるのでしょう。
でも京都と違って良心的なのは野菜もたっぷり入ってるんです。京都は色だけの春菊程度、しかもメチャクチャ高い

116-1

可愛いおにぎりは軍艦巻きです。
ご馳走様でした今日からまた一週間頑張りま〜す。

またまた白鳥見つけたよ〜「安曇野市」

001-1

今日は定休日、南の方へ向かってワイナリー様と日本酒の蔵元様へお邪魔してきました。
またまた行く途中に安曇野市で白鳥さんの集団にめぐり会えました。
ちょうどスイス村から南下した高速道路沿いの田んぼです。


003-1

009-1

002-1

007-1

006-1

毎年行く安曇野市の場所は、北アルプスをバックに写真を撮るとお墓が入るのですが、ここは大丈夫ピーピー鳴いて可愛く遊んでいました。

Myベンツ in 仁科三湖

001-1

002-1

ここ何日かいいお天気が続いている大町です。
今日は事務の窪田さんにMyベンツと共に青木湖まで送ってもらいました。
そろそろ春の気配をご案内できるのでは・・・

004-1

青木湖の一番北のあたりでMyベンツを下ろしてもらって、ちょっと楽チンなnonkoです。そろそろ歳も感じますので無理はしないしないと言うか、時間がなかったのもホント

006-1

このあたりが一番積雪が多いかな〜?でも道路はほとんど着雪が無いのででも大丈夫です。
自然は色々な芸術を見せてくれますね

007-1

まるで牙をむいてるかのよう・・・

014-1

ちょうど〆縄作りに使ってる杉の葉っぱも雪で落とされていて、ちょっといただき
クマさん達もカゴに入ってご機嫌さん

017-1

012-1

011-1

素晴らしい青木湖でしょう。今の時期に晴れるとこんな素晴らしい景色が広がるのです。
ダウンを脱ぐほどポカポカ暖かな陽射しです。雪がテカテカ光って春を感じます。

009-1

お〜っと気を付けなきゃ昨年溝にハマったから、雪の場合は足元気を付けて下さいね。意外と下に雪どけ水が流れてる事もあるので・・・

018-1

Myベンツは南に南下し、中綱湖が見えてきました。
結氷?してるのかな〜、でも今年もワカサギの穴釣りができないそうなので、きっと氷がはっていても薄いのでしょう。

019-1

020-1

021-1

むやみに近づくと湖にハマっちゃいそう。でも真っ白できれいですね

022-1

所々に氷が割れ、春の光を輝かせてくれています。
お魚さん達はまだ冬眠中のようです。

024-1

「サンアルピナ鹿島槍スキー場」様の中綱ゲレンデが見えています。
夜はナイターもやってるはずです。

036-1

中綱湖から木崎湖までが一番緊張する場所です。国道沿いを走らなくてはならないので、もし皆様通られる時には気を付けて下さいね。けっこう車はスピード出されてますので・・・。いよいよ雪の平原の先には木崎湖が見えてきました。

032-1

水路から今来た方向を見ています。水の流れも春めいてきています。

030-1

お〜〜〜初物

029-1

今年も頑張ってフキノトウを採りに行かなくちゃ
今年はそんな体力あるのかしら・・・

034-1

午後は木崎湖の西側の方が写真を撮るにはいいのです。

039-1

いつもの好きな場所は逆光です、でも休憩したいので東側の国道沿いを南下します。

043-1

「Yショップニシ」様、別名「縁川商店」様です。

041-1

「オッス元気だったかい?」
メッチャ可愛い「ヘルメット坊や(nonko命名)」
可愛らしいカットをされてる時があって、まるでヘルメットをかぶったような髪型だったんです。nonkoの事をおぼえてくれていたようです。言葉もハッキリお話しされるようになって、子供さんの成長は本当に早いもので、その分こちらも歳をとるわけで

042-1

とっても美味しいコーヒーをいただけるんです。景色最高、コーヒー最高またこれからのシーズンお世話になりますね
そして木崎湖の情報は何でも詳しくご案内下さいます。今日も白鳥が飛来してるとのことで、早速立ち寄ってみました。
木崎湖に白鳥が飛来ですよ〜〜〜
047-1

結氷が切れてるあたりって教えていただきました。このあたりか・・・

048-1

木崎湖の一番南から北を見ると、けっこう木崎湖も大きいんですよね〜
きっとあのあたりにいるのかな?

056-1

「木崎湖キャンプ場」様よりやや南寄りのあたりにいましたいました

049-1

ごめんね〜、急に近づいたら驚いたみたいです。飛び立ってしまいました。
でもず〜っと待っていたら・・・

060-1

穂高の白鳥さんと同じように思っていたら全く違います。とっても敏感な木崎湖の白鳥さんです。優雅ですよね〜、鳴き声で直ぐにわかりました。

060-1

055-1

木崎湖にもっともっと白鳥さんが来てくれたら嬉しいな〜

春の気配!仁科三湖

7b52d1e7.jpg何日かいいお天気の大町です。今日はクマさん達もMyベンツの荷台に乗せられサイクリング!しかしblogは時間切れ。これから松本までトラックで荷受です!またラーメンか〜〜〜

nonkoのゲレ食ツアー「サンアルピナ鹿島槍スキー場」様

002-1

「高い、不味い、混んでいる!」って言われてるスキー場の食事「ゲレ食」ですが、nonkoは毎年スキーやボードはできないのですが、きれいな雪山を見たくって「サンアルピナ鹿島槍スキー場」様へお邪魔しています。
今年もようやくタイミングが合って、今日行ってきました。
JR信濃大町駅からシャトルバスが出ていて、あっという間に着いちゃいます。
シャトルバスからの雪景色がとってもきれいで、これだけでもいいドライブです鹿島川の橋を渡ると大町温泉郷です。温泉郷にご宿泊のお客様は、もっとシャトルバスの本数が多いようです。

005-1

源汲あたりの雰囲気もいい感じでしょう。赤や青の屋根が白い雪に良く映えています。

077-1

あ〜こんな大平原素晴らしいです。こんな場所ならnonkoでも滑れないかな

008^1

「爺ヶ岳スキー場ー」様には「シャンティロッジ」様や「パウダーパフ」様が頑張ってられます。

014-1

釣り堀の「鹿島槍ガーデン」様を過ぎると、鹿島槍ヶ岳が何となく見えてきます。
このあたりまで来るともう民家はないですね〜

063-1

到着〜〜〜
皆様滑ってる滑ってる

060-1

037-1

039-1

こんなに沢山のお客様がおいでだとは思ってもみませんでした。日曜日なんていっぱいでしょうね〜

070-1

ご家族連れでしょうか、今日はポカポカ陽気なのでレジャーシートでも十分です。
滑れなくても景色を楽しんだり、子供さん方は雪遊びを楽しんでられました。
キャッキャッと笑い声が雪山に響いていました。

054^1

056-1

062-1

このあたりミズバショウがとってもきれいに咲くんです。毎年写真を撮りに出かけています。雪解け水が静かに流れていて、何となく春の気配を感じます。

067-1

氷のはった湿原も何となく春です、眩しい

036-1

お腹すいた〜〜〜
2階のレストラン「プレッツェル」でカツカレー
ここは目の前に鹿島槍ヶ岳を見ながら食事ができるんですよ
「呑ん子さん・・・」
ウヒョ〜、nonkoのことを知って下さってたスタッフさん
大町は小さな町ですから、どこでお知り合いとお会いするかわかりません。でもお声かけしていただくと嬉しいな〜

033-1

多分冷凍のカツのはずですが、美味しいんですよ
そしてもう一つ、nonkoにとっては幻のものがあるんです。

031-1

横川商店と同じ町内の「竹林堂菓子店」様のショートケーキです。
これがまた美味しいんですよ〜、「竹林のおじちゃま」なかなかケーキを焼いていただけないので、こちらに来れば食べられますよね。それぐらい食べたいケーキなんです。
どんな味わい?う〜〜〜ん・・・、懐かしくって、素朴で材料がわかりすくって、幅広い年齢層に喜んでいただける味わいです。普通スキー場のケーキって冷凍が多いですよね、ちゃ〜んと焼かれたものを配達されています。
ゲレ食ランチをしたらお風呂へ・・・

040-1

大浴場からも鹿島槍ヶ岳が真正面に見えて最高です

052-1

露天風呂も開放感が凄い凄い
水鏡じゃなくって「お湯鏡」です
このネットが邪魔で写真を撮ろうと立ってカメラを構えたのです。

046-1

確かにこの一枚はネット横から撮ってるのですが、向こうからnonkoが見えてたかも?
ギャ〜〜〜、犯罪

072-1

約90分のスキー場滞在でしっかりと満喫できました。
シャトルバスの止まるロビーにはnonko目の毒

073-1

でも今日だけだから
チョコバナナ

078-1

シャトルバスで信濃大町駅に着き、お店に戻ったら「竹林堂菓子店のおじちゃま」
今日ケーキ食べてきたよ〜、とっても美味しかったから焼いて〜〜〜
とってもシャイなおじちゃまです。

やるぞ!「春の日本酒会」

004-1

昨日、今日はとってもいいお天気でした
でもお給料前はお客様が少ないです。
こんな日は今後の計画をしたり、ゆっくりと自分の仕事ができるのでいいものですね!

006-1

店頭では真昼間にお客様がお車で来られないかと心配しながら、いったい何をしてるのか・・・

011-1

お酒が全部新聞紙でグルグル巻きじゃない・・・

015-1

いいんです、今度の日本酒会のポスター用の撮影なんです。
次回4月23日(土)に開催させていただく、「春の日本酒会・お好みの味わいを探してみましょう」と言う事で、会の前半は全て新聞紙で目隠しさせていただき、先入観なくしてお客様のお好みのお酒をお探しいただきたいと考えています。
いつも思うのですが、銘柄やラベル、裏の原料米や精白歩合などで決めつけてしまうのはいかがなものか?全て「無」の状態でお客様にお楽しみいただきたい、そしてご自身の好まれる味わいを探していただきたいと思って企画してみました。もちろん店主もnonkoもお客様と同じように参加させていただきますね
お酒って嗜好品なので、どれが美味しいとか、不味いとかじゃないと思うんです。その人が美味しいと思ったらそれは美味しいんです。お酒の席でよくご自分の評価を人様に話される方がおいでですが、人それぞれ感じ方は違うと思います。
会場は当店二階で開催させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。
詳細はこれから決めさせていただきますね

019-1

今夜は鶏肉のほうば味噌焼きにしました。
機会があれば「信州黄金シャモ」を使用して食べてみたいな〜

022-1

当店大人気のミニ七輪も重宝しています

024-1

昨日しょうゆ豆ピザを作ったのですが、少々辛く感じたので当店自家製「甘口しょうゆ豆」で焼いてみたらバッチリです
このピザは凄いです、店主もペロリでした

今夜も賑やかな試飲コーナー

032-1

今夜も試飲コーナーは賑やかです。ならぶならぶ、どれがお取扱いのお酒だかわからないぐらい・・・

019-1

皆様この「蓋付きちろり」をゲットされて、お燗がとっても楽しいご様子です。確かにお燗の味わいが錫のちろりは違いますね〜、やわらかくお燗ができるようです。

015-1

017-1

今日は「酒ぬのや本金酒造」様の、新しい純米酒「純米・太一」の試飲と、「笹井酒造」様の「笹の誉・純米&にごり酒」の試飲・・・

018-1

そしてこのあいだ中野市でゲットした「井賀屋酒造場」様の「岩清水・純米袋吊るし本生&槽しぼり本生」です。
どれもお客様方はそのままお楽しみいただいたり、お燗の温度を変えてみたりして楽しまれています。まるで大人の社交場のよう

010-1

こちらの「笹の誉・純米にごり酒」は濃淳で凄いです
誰ですか〜〜〜!純米吟醸で割ってるのそれもありかも(笑)

008-1

今日は「爺ヶ岳スキー場」「パウダーパフ」様からピザをお願いし、ちょっとnonkoはお料理さぼり気味。
チーズと日本酒って相性がいいんです。特に酸度の高いお酒はバッチリかも
ナスのピザがオススメって本当だ、美味しいですね

012-1

ミックスピザも美味しいよ
ピザ生地が何ともいい感じ

004-1

nonkoもちょっとイタズラ一品
「しょうゆ豆のピザトースト」です。これもなかなかのもの。発酵食品同士が合わないはずはありませんよね〜

025-1

突然店主とお客様が当店裏へ・・・肝だめしでもするの?

02801

店主が鍋に何かを入れて帰ってきたらこれ
nonkoの漬けた野沢菜を持ってきたんです切れって・・・
野沢菜は絶対に洗ってはいけないようです。

029-1

切り方が長いと笑われ、漬けられただけでもいいでしょ京都人なんだから〜〜〜〜〜
あるお客様はこちらをリクエスト

022-1

この中のものを食べると、朝がスッキリするんですって・・・

023-1

そらそうでしょ、紀州南高梅は友人の有機栽培のもの、塩は「海の精」、紫蘇は京都大原産のものを使って漬けたnonko自家製梅干しなんですもの
今年は20堋劼韻襪〜、お客様が気持ちよく飲み続けられるなら頑張りましょう。
今夜も賑やかな横川商店試飲コーナーです

031-1

月明かりの北アルプス

025-1

今帰宅しました、帰り路、月明かりの北アルプスがあまりにきれいだったので感激!
今日は狐さんに追いかけられなくて良かった

日本酒会企画中

昨日から今日にかけて、多くのお客様、お取引先様がご来店され、色々なお話をしているうちにふと気づいたこと、そして今後どのようなお店のあり方にしていけばいいのか、けっこうnonkoは考えたのでした。
まず日本酒です。今はどちらの蔵元様も吟醸の造りも終えられ、甑あげをされてるところもあれば、ようやく初めて搾られた蔵元様がございます。横川商店でお取扱いさせていただいてるお取引先様はどちら様もとっても大切です。ご来店のお客様のお好みにできる限り合わせてお選びのお手伝いをさせていただいてるつもりです。
ある日、ある蔵元様の純米吟醸がとっても爽やかでスイスイ飲めちゃうと言われた感想を頂戴したかと思うと、同じ純米吟醸に対して、「アルコール度数が高く濃いので酔っ払ってしまいました」というお言葉を頂戴します。よくよく考えてみたら、いつもお客様がどのようなお酒を飲んでられるのかの違いが、個々に一本の日本酒の感想に違いが生じる訳です。つまりいつも普通酒を飲んでられたら、純米吟醸は濃く、アルコールも少々高いので早く酔われるでしょう。でも逆に、いつも無濾過生原酒を飲んでられるお客様だとまた違った印象になることでしょう。
お酒って嗜好品ですから、どれが美味しいのかはお客様ご自身が美味しいと思われたらそれが最高なんじゃないでしょうか
ただ面白いことに、今は色々なラベルや、銘柄で先に判断されるお客様も多いのではないでしょうか?そんなことを度返しした日本酒会を企画してみようと思っています。
出品酒は・・・

012-1

こんな感じで、純米酒以上のものを10銘柄以上は出品させていただくつもりです。
当店お取扱い以外の長野県内の地酒も出品予定です。
人気投票も企画させていただいてますので、もし皆様のご支持が多ければ置かせていただける御縁もできればと思っています。
日本酒知識があるとかないとか関係なく、ただお客様がお好きな味わいを見つけていただきたい。そんな気持ちで企画させていただきますね。
今日は上諏訪から「酒ぬのや本金酒造」様より、初上槽の純米酒の試飲をお届け下さいました。
実は「本金・太一」に純米酒ができるんです最近「本醸造・太一」の人気が凄く、この時期に純米酒を出されるなんて超嬉しいですよね
nonkoはお昼に飲んじゃってお昼寝しようと思っていたのですが、結局夜までお客様が続き、今はもう眠い眠い・・・
本金酒造様の特徴がしっかりと表現された新酒です。ひと肌間にしたら味わいが膨らんで美味しい美味しい
「恒太朗専務様やったね〜〜〜

008-1

朝は最近よくご来店の「炭焼き職人さん?」がお二人ご来店です。

009-1

010-1

大町の間伐材を使われて、八坂で炭焼きをされています。
貴重な炭を沢山いただきました。本当にありがとうございます。暖かくなったら皆様で店頭炭火焼大会をしましょうね。いつでも遊びにいらして下さいね。

011-1

また松本より日本酒好きの女性がお二人ご来店です。試飲コーナーで楽しいお話に花が咲き、再会をお約束

005-1

また昨日は「笹井酒造・笹井杜氏」様がお酒を持ってご来店でした。
造りで忙しい最中、とってもありがたいです。当店のお客様とも直にお話しされたり、店主と今後の蔵出しの話をさせていただいたり、当店としては本当にありがたい限りです。

006-1

実はこの試飲コーナーですが、当店お取扱いでない日本酒も置いてあるんです。
最初はどうなのかな〜?って言うより、片付けるのを忘れてしまって、ご来店のお客様が試飲されて「これはどのお酒?」って秋田のお酒をご支持され驚いたこともあります。でもそれも笑い話の一つですよね〜

001-1

このあいだ汲み採っていただいた「岩清水・井賀屋酒造場」様の純米新酒です。
笹井杜氏様が「本当に行かれたんですね〜!」って・・・
このあいだの蔵見学の時に色々なお話をさせていただき、お話に出されていた蔵元様だったんです。笹井杜氏様の驚きで、nonkoは味噌クッキーをひっくり返しちゃいましたよ〜、もう〜一緒に食べて下さいよ

002-1

004-1

クックックッ・・・

0071

その後現れた方はナ・ナ・ナント、東京からマッチー現る
お元気でしたか?昨夜は深夜に大町を出られ、今朝のフライトで札幌に出張だそうです。
いつもメチャクチャお忙しい中ご来店下さり、ありがとうございます。
つくづくとお客様に支えていただき横川商店があるのだと痛感しています。お客様やお取引先様とご一緒に前進していけたらな〜、なんて考えているnonkoです。

074-1

今夜は桜島大根の千切りを煮ました。とってもやわらかいんですよ

081-1

085-1

それから中野市の「オランチェ」様でゲットした蕎麦粉にエノキタケを練りこまれたおやき「信月ちゃん」はnonko一押しのおやきです

北信お酒の旅

027-1

昨日は定休日、小布施から中野の蔵元様へお邪魔してきました。
お天気がいいので、北信の山並みがとってもきれいでした。

011-1

須坂の北部、高山村にある「角藤農園」様で佐藤様が栽培をされているブドウ畑です。
まだ剪定が終わっていません。これから昨年の新梢を剪定されます。

012-1

こちらのぶどうの木はもう剪定が終わっています。

026-1

ウォ〜〜〜、農道はこんな雪があって大変大変

018-1

少し北へ行くと、お世話になってます「小布施ワイナリー」様のムラサキ農場があります。いつも見せていただいてるシャルドネ、メルロー、ピノノワールの畑です。

023-1

024-1

こちらの部分が今年の新芽になるのでしょう。多分5月の連休前には可愛らしい新芽を見せてくれることでしょう。

031-1

小布施ワイナリー様のショップでは、ドメーヌのワインを試飲させていただきました。
この冬は随分とお客様にお買い上げいただいてので品切れ中のものが多くてすみません。

029-1

どれがいいかな〜〜〜?
ドメーヌものはどんどんと「ルヴァンナチュレル(ビオロジック)」に変わりつつあります。

032-2

ドメーヌ・ルージュはnonkoの好きな味わいです。ほのかに甘味を感じ、軽いタンニンがとっても爽やかに感じます。少し暑くなっても楽しみいただけるでしょう。

035-1

034-1

右のシャルドネは凄いでしょう。角藤農園の佐藤様親子が作られたシャルドネで醸造された白ワインです。
小布施ワイナリーの新たなシャルドネ・プロジェクトとも言えるシリーズ『ソッガ』です。
でれも3月には入荷させていただきますね!
さぁ〜、次は中野市だ〜〜〜(後に続きます)


037-1

中野に着いたらまずはランチ
当店お客様おすすめの中華「一楽食堂」様へ行きました。
お聞きしていた「キノコラーメン」はなかったですが、「信州ラーメン」をいただきました。

038-1

040-1

豚骨スープと味噌のブレンドかな?コクがあって懐かしい味わいのスープです。
それにさすが中野市、エノキ茸が生でトッピングシャキシャキして美味しい

042-1

ちゃ〜んと「土雛」も飾られていました。
「中野ひな市」は3月31日〜4月1日までです。ぜひお出かけ下さいね。

048-1

中野市ではこのあいだお知り合いの方に、とっても特徴のあるお酒を醸してられますよ!ってご紹介いただきました「岩清水・井賀屋酒造場」様へお邪魔しました。

044-1

ラベルはインパクトのある書体で、色違いで色々なお酒を瓶詰されています。

045-1

ちょうど純米の新酒を搾られてる最中で、2日目と言われていたので「中汲み」でしょう。搾られてるのを汲んで目の前で打栓していただきました。こんなラッキーなことはなかなかないですよね〜
同じ純米でも「槽搾り」と「袋吊るし」の二種類いただきました。
「井賀屋酒造場・小古井宗一杜氏様」です。
試飲コーナーで皆様と楽しませていただきますね

047-1

店内には昔の大福帳などが置かれていてビックリでした。それに北信地方のお蔵様は、ビールやみりんなども販売されていて、お酒屋さんに見えたりもします。

073-1

もう一軒いつもお世話になっています「丸世酒造店」様です。ほんとすぐお近くなんです。

068-1

昨日は甑あげをされホッとされたことと思います。

050-1

関社長様、とってもお元気そうでした。
醪タンクを色々と見せていただきましたので、こちらから掲載させていただきますね!

069-1

醪を見せていただいた後には、2月3日と9日に上槽された新酒を試飲させていただきました。右のほうが9日の上槽で、少し薄にごりになっています。
あと味がスッキリした甘口の味わいは、全く嫌みがなくホッとする味わいです。
瓶詰していただいたら、ぜひお願いさせていただこうと思っています。

051-1

奥様の漬けられた野沢菜がとっても美味しく、いつもならもっと色がついてるのに、色鮮やかなのは今年の寒さのせいでしょう。

080-1

074-1

夜は夜景の見える露天風呂「りんごの湯」様に立ち寄り、身体をあたためてから大町に戻り久しぶりの焼き鳥屋さん。
いつも当店の「情報BOX」でご紹介させていただいてます「とりしん」様です。

097-1

クマさん達もお疲れ様〜

096-1

とにかくでっかくてジューシーな「ねぎま」

088-1

「砂ずり」はコリコリです。

090-1

とりしん名物「ささみ」はミディアムレアー

091-1

鮮度がいいから美味しい美味しい
大町に来て鶏肉って美味しいな〜って思いました。
信州って食材の宝庫でもあるんですよね〜

晴れても寒い信濃大町

003-

004-1

005-1

今日はとってもいいお天気の信濃大町でした。でも寒い
午前中はマイナスだったんでは?
いつも桜の咲くころ写真を撮りに行く自宅近くの東山観光道路からの大町市街地と北アルプスの景色です。
直ぐ近くからこのような景色が見えるのって贅沢ですよね〜

007-1

nonkoが名付けた「ハート桜」は今年も元気そう

006-1

横の山麓のリンゴ畑もそろそろ剪定かな?

010-1

今日は定休日ですが、お取引先様へ出かけていました。
あ〜お休みが欲しい・・・

009-1

美麻あたりからの北アルプスも素晴らしかったです。

027-1

この北アルプスがはるか遠くに見える高山村、ここにはお世話になってます「小布施ワイナリー」様のブドウ畑があるんです。
雪の中のブドウ畑もきれいな景色です。
そのあとは中野の蔵元様へお邪魔してきました。詳しくはまた明日にね!

今ハマってるもの(*^^)v

068-1

お店が忙しくなってから、以前よりは抜け出せなくなりましたが、時々このチーズケーキが食べたくって飛び込みます。
自家焙煎「ユナイトコーヒー」様の京子ママさんが焼かれるチーズケーキ、ホント正統派の味わいです。これがまたコーヒーに合うんですよ

070-1

この日は優しい味わいの浅煎り「ブラジル」をいただきました。
最近はお陰様で、横川商店でも毎日コーヒーを淹れているので、ちょっと腕前があがったかも?春のコーヒー教室で、松浦マスターに見てもらおうっと

124-1

このパン、フランスパンなんですが、バターが少し練り込んであるにも関わらず、軽い仕上がりになっています。
「ザ・ビック」のパン屋さんで見つけました
夜にトーストすれば、じわ〜っとバターの香りがして香ばしくて最高です

128-1

そして今夜も「しょうゆ豆」です。
今日は大町の方々は当たり前のようにお楽しみの「長芋たんざく」にかけていただいてます。
いよいよしょうゆ豆も最後に近づいてまいりました。

129-1

毎回気温によって調合が難しいので申し訳ございませんが、今年は本当に皆様にお買い上げいただき、ただただ感謝でございます。
豆こうじを水につけ、やわらかくなったら米こうじを入れてなじませます。

130-1

そして当店の甘塩醤油で味を調えます。
こちらが「昔ながらのしょうゆ豆」です。多分あと一回分で今期は終わりだと思います。
明日は定休日、でもまたまたお取引先様へ行ってまいります。

nonkoの大町雪情報!

-1

003-1

昨夜降り続いた大雪ですが、けっこう重い雪だったのでもう幹線道路はとけています。
しかしnonko家のある小さな私道ではまだこのように雪がはりついていますので気をつけて下さいね。

横川商店は毎日がドラマです

021-1

今日はバレンタインデー男性の皆様チョコはゲットされましたか?
nonkoは毎年自分用に「カウベル立田屋」様のチョコレートケーキを買いに行きます昔ながらの素朴なチョコレートケーキは絶品です

001-1

横川商店では今年は特別にバレンタイン用に売り場を展開したわけではないのですが、けっこうこのような竹かごセットが人気でした。
毎年色々と企画していたのですが、お客様が言われるには、「結局チョコレートを渡しても、食べてるのは奥様か子供さんが多いようで、それならばお好きなものをプレゼントしたいので・・・」といったお客様が大変多かったのでありがたいと思いました。

003-1

またこのような酒器も人気で、2,000円までのものが良く売れていました。
来年はこのようなことを考慮させていただき、お選びしやすい売り場にさせていただこうと思っています。

004-1

このように今日はバレンタインのラッピングでバタバタしている中でも、吟醸の新酒がどんどん入荷しています。
最近入荷したものがわかりやすくするために、nonkoデザインの〆縄飾りを付けるようにいたしました。もちろんできるだけ蔵元様のイメージに合った〆縄になるように心がけています。

005-1

冷蔵庫の中には、このようにパッと見ただけで最近入荷の新酒がわかるようにしています。もちろんできる限り〆縄はできる限りお持ち帰りいただこうと思っています。

009-1

010-1

今日は夜から断続的に雪が降り続き、もう誰もご来店されないだろうな~って思っていたら・・・

011-1

北澤カナちゃんご夫妻がお友達とご来店です。(チ~ン)食事中断
いつものことで、お商売をしているとゆっくりと食事なんて皆無です。それでもわざわざ当店に来ていただけるのですから、そんな嬉しいことはないですよね

007-1

店主が今夜飲み比べをしていた日本酒を、カナちゃんに「試飲をしてみて!」って・・・、最近「きき酒」にはまり出したカナちゃんにそんなこと言う店主です。

012-1

聖子ちゃんの写真がある試飲コーナーは、今夜もまたお客様で賑わっていました。
今夜はカナちゃんのご主人様は運転手なので、飲めなくて残念ですね~

015-1

カナちゃんのお友達が、本日発売の「金蘭黒部氷筍水仕込み生原酒」をお買い求め下さり、村山大蔵杜氏様とご一緒に記念写真です。
わざわざ当店までお越し下さった杜氏様、お忙しいところありがとうございます。


017-1

「ギャ~~~、お店の前に雪を落としていくわけ
また雪掻きが増えるじゃない~~~

020-1

こちらの三人はまたきっと試飲コーナーで楽しませてくれることと思います。
気を付けて帰ってね

023-1

ワァ~、こんばんわ
四国の四万十塾のカヌーの先生です。
こんな遅くに白馬方面へ向かわれる途中にご来店下さいました。雪のため高速で大きな事故もあり大変だったようです。

022-1

あたたかいコーヒーとチョコレートケーキをどうぞ
お店をやっていると毎日がドラマです、いつどのようなお客様がご来店かわかりません。でも当店を訪ねていただけることの有難さひしひしと感じ、感謝の気持ちでいっぱいです。こんな雪の降る夜にご来店下さいましてありがとうございます。

卓上ミニかんすけ買ったんだって

003-1

今日はスキーのお客様、観光のお客様でとっても忙しい横川商店でした。

004-1

今日もnonko特製のしょうゆ豆をお買い上げいただき嬉しかったです。
しょうゆ豆用の「豆こうじ」の販売はもう今季は終了しました。あとはnonkoが作る「しょうゆ豆」のみの販売です。
この連休沢山のお客様とお話したり、とっても楽しかったです。ご来店ありがとうございました

008-1

この連休の夜はえらく静かで、皆様ご家族サービスされていたことでしょう。って思ったら、今夜は「ミニかんすけ」の会だそうで、皆様ご購入されたそうです。
「あ~、当店だけが持ってないんだ~!」
そのミニかんすけで、今夜は大賑わいです。

009-1

だけど蓋つき錫のちろりはいいものですね~、ミニかんすけより横のストーブでお燗が始まりました。

000

どもども、nonkoも一杯だけいただいちゃいました。
いや~、いつもより味わいが違います。とにかく丸みのある味わいです。ス~ッと喉を通っていくんです。ビックリですね~

015-1

「本金・太一」お買い上げ、即空瓶なり毎度ありがとうございます。
ミニかんすけご持参のお客様方でした

大切に守りたい大町の郷土食「横川商店自家製しょうゆ豆」

004-1

今日耳鼻科の待ち時間に出会った雑誌「サライ」です。
実はここでとっても懐かしい方が掲載されていました。

001-1

京都にいた頃、友人の飲食店に良くご来店下さってた「末富・山口富蔵」様です。
nonkoはお花の生け込みをしていたのですが、時々カウンターにも入ってたんです。
いつも「食」についてのお話を楽しそうにして下さいました。
雑誌掲載分の内容で、本当にいいことを書かれています。
●茶の湯でおもてなしの心をお菓子で表現したかった。
エリザベス女王が来日されたとき、桂離宮でお茶を差し上げることになられたそうで、外国の方は小豆を召し上がられないそうです。それで卵を使われて、初めて卵餡を作られたそうです。つまり迎える側が相手の気持ちになって気遣う事もおもてなしの心です。
●お茶をする人も、しない人も、気心が通じる和菓子屋さんを見つけて下さい。わざわざ遠方から取り寄せる必要はないんです。そのお店を育ててあげて下さい。日本には心ある和菓子屋さんはいっぱいありますから。
●「気張ってやってるな」というのは10年覚悟しないとなりません。何事も辛抱し続けることが大切で、腹立てたらあかん。すると次第にお客様が増えてきます。信念をもって誠意をもって一生懸命に続けていく。当たり前のことを続けていくのが一番大事や。
●京都には三種類のお菓子屋さんがあります。茶席で使われるお菓子を作られる「菓子司」、季節のお饅頭を作ってならべられる「おまん屋」さん、お餅や赤飯を売る「お餅屋」さん。いい悪いやなく、京都人にはみな必要なんです。京都人はこれらのお店を用途によって使い分けるのです。

これを読みながら納得です。さすが末富様
とにかくお話が面白いんです。四国の三温糖のお話から、甘味のお話まで、いつもわかりやすくお話ししていただきました。

005^1

いつもご一緒の女将様はとってもお洒落で素敵な方です。いつもnonkoが大町から塩尻の無添加ワインを持って帰るので、そのワインをお楽しみにご来店下さってました。
懐かしい京都時代です。この環境にいたので、まわりはお料理関係の方々ばかりでした。


011-1

この本を読んでとっても元気をいただいたようで、今夜は以前からやってみたかったことを実行
まずは大町の特産品であります「おざんざ」です。
これのつけ汁を考えていたんです。

012-1

nonkoが今、調合して作ってる「しょうゆ豆」の甘口です。豆こうじに甘酒にして仕込んだしょうゆ豆の汁なんです。ここに少量の刻みねぎを加えてみました。
013-1

これはもう究極というしかありません。絶品でした
懐石料理のお口直しにもなりますね贅沢すぎる逸品です

014-1

つけ汁をあたためてみると、甘さをより感じますが、麺がとっても美味しく感じます。これはお好みでしょうね。「機会があればぜひどうぞ!」とは言えないご紹介でごめんなさいね

015-1

もう一品は、このあいだとは違うクリームチーズを「しょうゆ豆」に漬けてみました。今回は昆布しょうゆ味です(それが半端に残ったから)
店主はこちらのほうがよりクリーミーで美味しいと日本酒にはピッタリのようです。色々と試してみて、また皆様にご意見を聞かせていただきますね。
しかし「おざんざ&しょうゆ豆汁」はビックリ仰天の美味さです
大切に守っていきたい昔ながらの郷土食です。

横川商店のあめ市「大町あめ市」

010^1

今日は大町の「あめ市」でした。
ようやく「あめ市」の意味がわかるようになってきました。
古来、生活必需品である塩を売った「塩の市」が転じて「あめ市」になったといわれています。塩俵を形どった飴や福飴、縁起物を売る露店が並び、併せて商店街では大売出しやイベントが行われます。
このような縁起物の露店はは、関西のえびす神社のお祭りにもありますね!

011-1

りんご飴、たこやき、唐揚げ・・・

005-1

このあいだ、飴作りの見学をさせていただきました「柴田製菓舗」様も店頭で手作りの飴を販売されていました。

006-1

豆板も試食もバッチリです

019-1

当店の味噌クッキーを焼いていただいてる「カウベル立田屋」様のドーナツもこんなに凄い行列です。後で来ようと思ったら売り切れていました

007-1

塩の道博物館様では何か催しがあるようで、子供達がいっぱいでした。
中でも、こちらの「福木い(ふくこい)だるま」可愛いでしょう。当店のお客様そっくりのお顔がいっぱい!「お話を読む会風車」の皆さんの手作りだそうで、5個もゲットしました。

028-1

町なかを歩いていると、こんな面白い大黒様
皆様に福飴を配られていました。ご苦労様です

024-1

あ~~~、北澤さ~ん金蘭黒部・市野屋商店営業北澤」様です。わちがい様の前で日本酒の試飲サービスをされていました。その後当店で(笑)

014-1

野沢菜漬けの味めぐりと称されて、食べ比べがあったり・・・

013-1

「やしょうま」の試食があったり・・・

017-1

「まゆ玉」の向こうには、県大町合同庁舎職員のおねえさんが、綿あめを作ってサービスされていました。身体じゅう綿あめだらけで大変大変

046-1

我が横川商店の町内では、お餅つきと、大抽選会が行われました。

037-1

032-1

ご町内の皆様が手分けされて頑張っていただきました。お手伝いできなくてごめんなさい。

035-1

灯油が大当たりの九日町の大抽選会ですが、各お店の方々が色々なものを景品としてご提供されています。
当店は大サービスの「福袋」をご提供させていただきました。

002-1

そして横川商店店頭でも「福袋」を販売させていただきました。
そして当店の「あめ市」の売り場も作ってみました。
004-1

ようやく京都人のnonkoが「あめ市」としての理解ができ、初めて考えた売り場です。

045-1

午後からは雪も舞いはじめ、とっても寒くなってきました。
当店でできることは何があるか?そうだ、あたたかいお味噌汁を作ろうって思い、ナメコとお豆腐の味噌汁を作って、店頭で皆様にご試食いただきました。
少しはあたたかくなっていただけたものと思います。

048-1

「お~~~、窪田さん灯油当たったんだ
事務の窪田さんご一家です、いつもご苦労様

042-1

店内では何やら贈答式が始まってました、何?何?
お客様のお引っ越し祝いだそうです

044-1

ワァ~、素敵なチロリ、これでお燗したらお酒も格別でしょう。

058-1

001-1

今日も沢山のお客様が試飲コーナーでゆっくりとしていただきました。
ご来店ありがとうございます。

059-1

「福木いだるま」も店内に飾らせていただきました。

060-1

ただ今また雪が降り始めています。
今夜は積もりそうですね~

大きくなったね凛ちゃん

124-1

「酒ぬのや本金酒造」様の宮坂恒太朗専務様のご長男「凜太郎」君です。
大きくなられたでしょう。
昨日伊那谷の帰りに立ち寄らせていただいたんです。
チョットの間お留守だったのですが、お蔵様のショップには凜ちゃんの遊んでいたかのような形跡があり大笑いでした。

094-1

愛想良しさんの凛ちゃんは、「大町バァーバ」をおぼえてくれているようです。

087-1

今は何でもが興味津々なんだね

082-1

079-1

085-1

077-1

そして何でも食べちゃうんだ~、目の離せない時期にお蔵様では一番忙しい時期です。

121-1

凛ちゃ~ん、どこ行くの~~~

111-1

アレレ~~~、宮坂社長様と一緒に、明日蒸されるお米を運んでるの?

117-1

真剣な表情で酒米を見てる凛ちゃん

118-1

この環境だからこそのびのび育ってる凛ちゃん、きっと3月の「上諏訪街道呑みあるき」の時には、皆様の前に出てきてくれるかも?
酒造りというのは、微生物相手ですから、休みもありませんし、とってもきつい生活が続きます。小さな蔵元様ではご家族で手分けしてお酒造りをされていますので、凛ちゃんも強く育っていかれることでしょう。
何とも微笑ましい光景をいっぱい見せてくれました。

127-1

昨夜は久しぶりに松本の回転寿司「げんだい寿司」様へお邪魔しました。
ウッシッシ・・・、回転寿司なのに回転していなく、お好みでにぎっていただけるスタイルのお店です。

126-1

メダイ

128-1

鱈の白子ポン酢軍艦巻き

129-1

1個まるごとアワビ、肝は塩で

130-1

炙りアワビも食べたいよね

132-1

立派なサヨリは今食べごろの時期ですね!

134-1

炙り金目鯛も美味しいね!

136-1

関サバの様な寒鯖は脂のノリが違います。

135-1

炙りカマスがこんなに美味しいとは・・・

138-1

エビの上に雲丹がのって炙られています。

128-1

アン肝も今の時期美味しいって言うより旨い

137-1

自家製のアナゴはトロトロ~
昨夜「のどぐろ」や「石鯛」までたどり着けませんでした。今の時期は美味しいネタがいっぱいです。
ご馳走様でした


11303-1

明日は「大町あめ市」です。
横川商店では「あめ市福袋」を限定で販売いたします。
1袋500円でお楽しみものがいっぱいです
また沢山の日本酒試飲をご用意してお待ち申し上げます。


【げんだい寿司】
住所 長野県松本市大字新村2374-1
TEL 0263-47-1888
交通手段 下新駅から539m

南信州・伊那谷を楽しむ「今錦・米澤酒造」様

008-1

「信濃の国は~~~
天竜川が流れる伊那谷です。
今日は定休日、伊那谷の「おたまじゃくし」のラベルで印象的な「今錦・米澤酒造」様にお邪魔してきました。

その前に駒ヶ根のソースかつ丼食べたい

001-1

ヌヌ・・・

002-1

ソースの味わいで気にいってる「ミックスかつ丼」です。
とにかくガッツリ食べたい時にはココ

006-1

駒ヶ根のインターを駒ヶ岳方面へ行ったところにある「ガロ」様です。
パンパンになったお腹で、一路「米澤酒造」様のお蔵様があります中川村へ

010-1

011-1

信州らしい風景でしょう。天竜川の西は高速道路が走ってるので、とっても町が栄えてるように感じますが、東側はまだまだ田舎の風景が広がります。
nonkoは初めて行った場所です。

014-1

いつもは高速道路から南アルプスを見るのですが、ここからは晴れていたら中央アルプスが綺麗なのでしょう。この下は棚田になってるようで、田んぼに水がはられたら絶好の景色になると思います。

062-1

天竜川は伊那谷の一番低い場所を流れていて、そこからまた少し高台に上ったところに「今錦・米澤酒造」様がございます。

016-1

060-1

何だかとってもほんわかした感じのお蔵様です。
赤いトタン屋根が青空にとってもきれいに映えています。

050-1

お忙しい中、醸造のお蔵様を見学させていただきました。
釜場はとっても明るい感じで、大きな和釜があり、今日もお米の蒸しがあったそうでまだ釜が熱かったです。

020-1

しっかりとした年代物のボイラーも健在です。

022-1

こちらはこうじ室です。お酒造りは「一こうじ・二酛・三造り」昔から酒造りにおいてこのような言葉が伝えられています。これは「良い酒を造るには、良いこうじを造ることが一番」という意味です。

047-1

見事なこうじが置かれていました。ちょっといただいて、口に含みかんでいると、どんどん甘味が出てきます。こちらは長野県を代表する酒米「美山錦」です。

034-1

こちらは酛場(酒母室)です。
温度管理には色々な工夫をされています。お蔵様のあります風土をいかされた造り手様の工夫にはいつも感心させられます。

035-1

とっても元気のいい酛ですね

032-1

酛場とは違うところには大きなタンクが沢山あります。
酛に何度か添え仕込みをされ造られた醪(もろみ)です。
こちらは普通酒の醪だそうで、落ちたら命をも落とすことになるので、事故防止のためでしょうか柵がしてありますね。本当に危険なんです。

044-1

また別のお部屋では大吟醸と吟醸の醪タンクがあります。

039-1

こちら大吟醸の醪です。ビックリするほど綺麗な文様ができています。こんな状態を見させていただくのは初めてです。

040-1

波打ってるようにも見えますよね

042-1

043-1

こちらは吟醸のタンクですが、前日はこのような状態だったようです。
毎日毎日、違う顔を見せてくれる醪はまさしく生き物ですよね

045-1

大吟醸・吟醸の醪タンクの場所には、このような壁際にこのような小窓が作られていて、温度管理をしやすくされています。先代様のお知恵なのでしょう。

024-1

こちら何だかおわかりですか?
「槽しぼり」の槽です。

025-1

こちらを上に乗せて、袋に入れられた醪を重ね、上から圧をかけられてしぼられます。ヤブタが無いので、全てこのしぼられ方だそうです。ビックリ

057-1

お蔵様の見学後、沢山の試飲をさせていただきありがとうございました。
昔から地元の方々に愛飲されてられる「今錦」は、程良い酸と熟成香のバランスで、お燗にも美味しいお酒に感じました。地酒、地元の味わいなんですよね

056-1

nonkoがいつも目にして可愛い~!って思ってる「おたまじゃくし」シリーズ、手足の出方が三段階です。新酒にごり酒は手足が無く、可愛い赤ちゃんの「おたまじゃくし」
055-1

オリの旨味が甘味に感じ、とっても好きな味わいでした。

065-1

ご案内していただきました蔵人「伊沢広海」様、お忙しい中ありがとうございました。「おたまじゃくし」当店のお客様と楽しませていただきますね

070-1

米澤酒造様を後にし、店主の車は中央高速をブッ飛ばしていっきにここまでやって来ました。

073-1

そうです。諏訪湖あの人はどうしてるのだろう・・・

123-1

ギャ~~~いた~~~「僕が大将

白馬錦・初午寒搾り発売中!

044-1

みなさ~ん、お手伝いありがとうございます。

002-1

2月8日初午の朝です。
「白馬錦・薄井商店」様では、早朝より純米吟醸無濾過生原酒を搾っていただき、即瓶詰されたものを出荷される「初午寒搾り」発売日です。
当店では店主はもちろん、お客様もご一緒に見学とラベル貼りにお邪魔しました。

004-1

023-1

瓶詰される前には、厳しい瓶のチェックをされています。寒い中ご苦労様です。

024-1

025-1

トンネルのようなところで瓶の消毒されてるのでしょう。

027-1

そしていよいよ初午寒搾りが瓶詰されます。



028-1

ここでは720mlのキャップが自動的に締められます。

015-1

反対側から見たらこんな感じです。

013-1

ラベルも貼られ、1800mlはP箱に入れられます。
これがまた面白いんです。



こんなの見たの初めてです。

033-1

そして皆さんで手分けして肩貼りを付ける作業をします。
店主も・・・

036-1

お客様も・・・

039-1

事務の窪田さんも初めての体験でしょう。できますか~~~

037-1

大丈夫窪田さんはとっても手先が器用なので、今回の〆縄もずいぶん手伝ってもらいました。

031-1

皆様に手伝っていただき、店主もnonkoもとっても心強かったです。

047-1

車に積み込んでお店に持って帰りました。
早速店頭にディスプレイです
050-1

051-1

ディスプレイまでお手伝いさせてしまってごめんなさいね。

049-1

ゆっくりとnonko特製のおでんを召し上がって下さいね
057-1

ご来店のお客様もご一緒にいかがでしょう
059-1

あ~~~お久しぶりです。今日はスノーシューにお出かけだったそうですね以前「北安大國」様の蔵見学にご参加のお客様です。またぜひ「酔っ払ライダー」様とご一緒にどうぞきっと地元のお客様がお待ちされていますよ~

055^1

今日は「白馬錦・初午寒搾り」と「nonko特製おでん」が取り持つお客様の「輪」でした。
今日から発売していますのでぜひこのご機会に一本どうぞ

白馬錦・初午寒しぼり到着!



027-1

047-1

053-1

早朝から搾っていただき、即瓶詰していただける「白馬錦・初午寒搾り」が到着いたしました。ただ今から発売です

しょうゆ豆大好評です

明日は初午デス

011-1

013-1

明日は初午毎年恒例の「白馬錦・初午寒搾り」の発売日です。
厳寒の朝に搾ったお酒をその日の内に発送していただける、「白馬錦・薄井商店」様の純米吟醸搾りたてです。
今年も横川商店ではオリジナルの〆縄をお付けいたします。
昨日よりnonkoは、ず~っと〆縄作りです。

010-1

午後には事務の窪田さんと一緒に「若一王子神社」様へお参りに行きました。

006-1

これだけの〆縄を持ってのお参りです。
昨年は馬鹿なnonkoは、この場所にお札入れを忘れて行って、冷や汗ものだったのです。今年は窪田さんが一緒だったので大丈夫

008-1

ちゃ~んと店主からお賽銭ももらってきました。「御縁」がいっぱいあるようにって「5円玉」を1本も持たせてくれました。

007-1

商売繁盛・家内安全・・・、しっかりとお参りさせていただきました。
もちろん京都の「伏見稲荷大社」様にもお参りに行ってきましたよ~
明日は店主も一緒に「白馬錦・薄井商店」様へ搾りたてのお酒をお引き取りに行ってきますね。

101^1

今夜は若狭の干物です。お世話になってます竹中缶詰様より若狭カレイとハタハタの一夜干しを頂戴しました。若狭カレイは今が旬で、カレイの王様です

003-1

上品な白身と塩加減は店主もビックリです。

005-1

ハタハタは脂ののってる時期で、骨ごといけちゃいます
やっぱりnonkoは丹後のお魚が一番好きです

002-1

そして今nonkoが作ってる「しょうゆ豆」ですが、色々と楽しみ方を研究中です。
今年はパッケージを変えたせいでしょうか?nonkoの腕が上がったせいでしょうか?しょうゆ豆がとっても良く売れています。いただき方もお客様にご案内しなくちゃ
モッツァレラチーズにトッピングは違和感なしで箸休めになります。

016-1

茹でたジャガイモとの相性もバッチリ

014-1

クリームチーズを漬け込んでみたらビックリです。
まるで沖縄の「豆腐よう」なんですよ~~~
ふと豆腐ようを調べてみたら、島豆腐を米こうじに漬けられたものでした。
これは大発見もっとやってみよう~~~

後を継ぐということ「笹井酒造」様蔵見学

001-1

昨日は、お客様でもあり、お酒をこよなく愛される「酒宗夜」様コト降幡様が企画していただきました松本の「笹井酒造」様のお蔵様の見学にお邪魔してきました。
奈良井川が流れるすぐ近くにお蔵様があります。
002-1

nonkoは大町方面からなので、若干早めに着いたのですが、笹井酒造・笹井杜氏様であろう方が、敷地内を何だかウロウロされてたり・・・、何をされてるのか?
あとでお話しして大笑いだったのは、落ち着かなくってウロウロされていたそうです(笑)

007-1

酒宗夜様ご夫妻と、同じ松本のお知り合いのご夫妻様とご一緒させていただきました。釜場で一通りの説明をお聞きし、見学が始まりました。

009-1

釜場の高い屋根が昔ながらの建物だと言う事が良くわかります。

008-1

こうじ室は赤いレンガ造りで、とっても珍しいでしょう。nonkoが知ってるのはこちらだけです。煙突もレンガなんですよ。昨夜はたくさんの米こうじが造られていたので、中は見られませんでした。それほどこうじ造りの温度管理その他は大切なものなんです。

010-1

こちらがこうじ室の横に作られた、ちょっとした笹井杜氏様の工夫なんだそうです。
どちらの蔵元様も、杜氏様独自で色々と工夫されてるのでビックリしちゃいます。

011-1

次に醸造蔵のほうへ移動させていただきました。
この時すでにレンガのこうじ室を見られた酒宗夜様の感動と言ったら凄かったです。
その光景を見てnonkoが正直ビックリしたのもホント
仕事上色々なお蔵様にお邪魔させていただくことを、もっと感謝しなくてはいけないと思いました。

014-1

醸造蔵の中を囲って作られてる酛場と醪のタンクたち・・・
こちらもよく考えられたことでしょう。
温度管理や湿度には特に神経を使われていることがわかります。

015-1

酛のタンクです。
お酒の赤ちゃんですね。

016-1

今日仕込まれたばかりの酛は、まだしっかりとお米の形がわかりますね。
酒米は「美山錦」9号酵母です。

028-1

酛は、麹と蒸米を三段階に分けて加えていきます。
分ける三段階を、初めから初添(はつぞえ)、仲添(なかぞえ)、留添(とめぞえ)と呼び、酛ができると、いよいよこちらの醪タンクに移されます。現在はこれだけの醪タンクで造られています。ホント造りが小さい分だけ手をかけていただけるのもありがたいことです。杜氏様は大変なんですけどね

022-1

こちらは酒米「ひとごこち」で、55%精白の醪タンクです。ちょうど一週間ぐらいなので、これからどんどん動き出すはずです。

026-1

こちらが大吟醸の醪タンクです。
これが凄いんですよ~




025-1

約2週間の醪です。元気元気お酒って微生物、生きてる生きてる
皆様超感動です

012-1

醸造蔵の窓を少し開けていただくと、真冬なのになんて爽やかな風が入ってくることでしょう。先代様はこのような風が入るのをおわかりで作られたのでしょうか・・・
すぐ横にはヤブタもあります。

032-1

窓からお庭を見ると、梅の木でしょうか、6月頃にお邪魔した時には新緑がとっても綺麗だったのを記憶しています。

039-1

お庭の向こうには小川が流れていて、春にはバイカモの白いお花が綺麗なんだそうです。その手前のくぼみには湧水が出てくるそうです。
なんて素晴らしい環境なんでしょう。

041-1

お蔵様の壁が歴史を語ってるような・・・

038-1

お蔵内でもこのような場所があったり・・・

037-1

今は使われていないそうですが、「舟搾り」が設置されていたり・・・
今はただ笹井杜氏様が何倍もの労力をかけて一生懸命に酒造りに取り組んでられます。

005-1

いよいよ待望の試飲です。
今季搾られた新酒をご用意下さいました。また笹井杜氏様のお母様には、手作りのお漬物、そしてスイートポテトをおよばれしちゃいました

042-1

045-1

047-1

酒宗夜様、いかがでしょう。nonkoもですが、皆様真剣です。これだけ一生懸命に造られてるご様子を見学させていただき、試飲させていただくと、胸が熱くなるのも当然です。よくここまで個々の特徴を出されたと思います。

044-1

nonkoは「今のみ頃」だと感じた4種類をお願いしてきました。
もちろん店主もメチャクチャ楽しみにしているようです。
こうして笹井酒造様を後にし、二次会に出向きました。

056-1

松本駅前の「風林火山」様です。
こちらは日本酒好きだけでなく、造り手様もが行かれるお店で有名です。
ご主人の中村様が大の日本酒好きなんです。そして強面なんですが、メチャクチャ気さくで日本酒を愛されてるのが良くわかるお店です。
「いい飲み手」になれるお店です

052-1

053-1

051-1

054-21

皆様で美味しいお酒に肴を楽しみながら、話が弾んでるその時・・・

058-1

感動です感動です。笹井杜氏様が、こうじの手入れの合間にお顔出しして下さいました。

064-1

皆様からの寄せ書きを受け取って下さり、お車と言う事でお食事をご一緒して下さいました。

065-1

ジャ~~~ン風林火山ご主人様オリジナル「まるごと雲丹御膳」で~す
あ~~~美味しそう
パワーつけて頑張って下さいね

061-1

あまり長くお引止めも出来なので、いい気分でお開きです。

069-1

先にお蔵様に戻られる笹井杜氏様の背中を見てると、何となく込み上げてくる感動きっと背中には色々な重圧がかかってる事でしょう。
そして今回初めて「お客様」という立場ではなく、日本酒を愛する「お仲間」という立場で酒宗夜様方とご一緒させていただきました。とってもいい「飲み手」様方です。スマートで、マナーもバッチリでカッコ良かったです。nonkoもこんな飲み手になりたいな~って思いました。量を飲むことではなく、造ってる方を思いながら、お酒を大切に楽しませていただきたいと再認識しました。
皆様の御縁に感謝いたします。

笹井酒造様蔵見学

db70f08f.jpg今日はnonkoがお酒の世界でご縁がある方々で、松本の「笹の誉・笹井酒造」様の蔵見学におうかがいしてきました。懇親会ではお忙しい中、笹井杜氏様も来て下さり、とっても和やかで、楽しい日です。詳しくはまた明日ね!

鬼は~外!福は~内!

082-1

こんな素晴らしい北アルプスが見えた昨日、大町市内の「若一王子神社」様の節分祭がありました。
nonkoは大町では初めての節分祭です。

003-1

「15時から豆まきだよ~!」ってお聞きしていたのですが、境内は人・人・人・・・

004-1

大町にこれだけ人が集まるんだ~、でも何でならばれてるのかわからず、nonkoもならんでみました。

007-1

008-1

010-1

ヒエ~~~~~~~、どうやらおみくじをいただけるそうで、何度も何度も境内をまわり、一枚、二枚と無くなるまでいただけるようで面白いですね~、京都では考えられない楽しさですよ~、おじいちゃんも、おばあちゃんも走られる走られる、さすが信州の方々はお元気ですよ~

012-1

今年の大町レディースさんも登場お二人共可愛らしい振袖姿です鬼退治頼みますね

015-1

出てきた~~~~~~~~~



鬼はいっきに退治されました

022-1

025-1

大町レディースの茶屋道様、大人っぽい黒のお振袖が素敵です

020-1

友人の聡子ちゃんも頑張ってるね
他、役員の皆様も参拝のお客様にお豆を渡されていました。足元が雪で大変だったことでしょう。

031-1

そしていよいよ三重塔からお豆やその他色々なものが振る舞われます。

046-1

033-1

凄いでしょう、皆様パワフルお豆だけでなく、ミカンやタオル、ティッシュまで飛んできました面白い面白い

061-2

節分祭が終った後、聡子ちゃんがお母様と一緒にご来店下さいました。
本当にお疲れ様でした。聡子ちゃんはお母様とはとても仲良しで、羨ましいです。

064-1

067-1

066-1

065-2

今のお振袖は昔と違って色目が可愛いですね
帯に結ばれた緑の組紐は、着付けていただかれた美容師様のセンスがうかがえます。
この日のために合わせてアレンジされたそうです。

068-1

この時に聡子ちゃんに来週発売の「白馬錦。初午寒搾り」を持ってお写真を撮らせていただきました。
一日お疲れ様でした。

075-1

さぁ~、夜は横川商店の節分祭です。
まずは寒い中、七輪でいわしを焼きます。これが後大変なことに・・・

077-1

店内では前日ゲットした「氷見ブリ」
これを「ブリしゃぶ」でいただこうと
でも外の七輪が、後でお酒のピッチを誘発しちゃったみたいです。店主は今日「二日酔い」珍しい・・・

080-1

「金蘭黒部・村山杜氏」様もひょっこりご来店で、今季の酛造りは終了されたそうです。事故なく終わられることが一番ですよね。

090-1

皆様にアイスクリームを差し入れして下さり、お燗酒にアイスクリームも面白いですね~。お客様が杜氏様とご一緒にお酒を楽しまれてるのを見ると嬉しいものです。

084-1

アッ、またもうお一人お客様が・・・、いつもこんな感じの横川商店の夜です

091-1

nonko特製の梅干しも人気ですよ

094-1

皆様で豆まきしましょう
096-1

099-1

「鬼は~外!福は~内!・・・」
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ