呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2011年08月

014-1

今朝大町市外の蔵元様より、秋の飲み頃のお酒「ひやおろし」のサンプルをお送りいただきました。
嬉しいですよ〜、こうやって蔵元様がわざわざ送って下さるなんて・・・、本来なら私共が出向かないといけないのに・・・、日本酒低迷なんて言われていますが、こうやって頑張ってる蔵元様はしっかりと前進されているように感じますし、私共も一緒に精一杯頑張ってお客様にご案内しようと思います。

016-1

もちろん今夜試飲させていただいたのですが、「旨い!」です。
この香りは確かにnonkoが造りの最中にお邪魔した時に感じたバナナの様な香りがします。
多分これが熟成の香りなのでしょう。

017-1

「ヤッタネ!本金さん!恒太朗さん、ちとせちゃん、自信を持ってご案内させていただきますね
ひやおろし解禁は9月9日(金)です。
またまたとてもいいお話がありました。

018-1

夕方「大雪渓酒造・営業荒井」様がご来店。
「大雪渓・蔵酒(くらざけ)」が、全日本国際酒類振興会主催の 2011年レギューラー酒コンクール で審査員特別優秀賞を受賞されたそうです。おめでとうございます。
実は営業の荒井様の作られた酒米「ひとごこち」も使われているそうです。
荒井様は特に嬉しいでしょうね
秋には沢山の飲み頃のお酒が発売されますが、やっぱり酒の肴も季節に合ったものがいいですよね!

001-1

もちろんこれは外せませんね
今年も店頭でサンマを焼きまっせ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

020-1

それから昨夜皆様にお楽しみいただきました「nonko手作りわさび漬け」です。
いや〜、しっかりと辛味と香りが出ています。いかがですか〜、わさび漬けを手作りされませんか〜
とっても簡単です

103-1

わさびの芋は穂高の「本等山葵商店」様でゲット。
芋の繊維と平行に細い千切りにし、少し塩をかけてキッチンペーパーでおさえ、上から麺棒でたたきます。これをすることで辛味と香りが出るんです。もちろん塩は自然海塩「海の精」です。

021-1

粕は吟醸粕を使います。今回は「白馬錦」様のものを使いました。
あらかじめ粕の中に水あめを練り込んでおき、好みの甘さにしておきます。甘味がないと香りが良く出ないような気もします。

104-1

好みの甘さになった粕の中に千切りのわさび、そしてあれば茎も塩もみして入れて下さい。
しっかりと混ぜ合わせたらラップに包んで24時間おいていただけば出来上がりです。
そのままいただいたり、蒲鉾に付けたり、冬には野沢菜漬けと一緒にお楽しみいただけます。
自分の作った酒の肴に飲み頃のお酒が美味しくなる季節が到来です。
明日からいよいよ9月ですね!9月10日の呑みあるきでは色々な企画を考案中です。
是非横川商店店頭に遊びにいらして下さいね!
詳しくは「横川商店・呑みあるき情報」を見て下さいね。

【本等山葵商店】様
長野県南安曇郡穂高町大字穂高2945(等々力家様の隣)
TEL: 0263-82-2131

038-1

039-1

040-1

まず読んでみて下さい!
ただ今「NHK連続テレビ小説おひさま」のロケ地であります大町市の「中山高原」のそばの花が満開です。
昨日は事務の窪田さんと一緒に「そば焼酎 えべや」の撮影をかけて出かけてきました。
もうビックリの駐車場の混雑ぶりで、そば畑の入り口で地元のおばちゃんに「地元の人?」みたいに言われ、是非皆さんにこの匂いのことを説明して下さいって言われました。
どうやら県外の方の一部で、「この匂いは肥料ですか?」って言われるそうです。
確かにそばの花は独特の匂いがしますが、それはとっても貴重な匂いでもあるので、敬遠するものではないと思いますよ〜、今しか見られ体験できない蕎麦の花の香りをお楽しみいただきたいと思います。

032-1

今回はアルクマくんも一緒です

002-1

駐車場は普通の日でもこんなにいっぱいです。帰りに大町市内に来ていただきたいな〜、まちなかを歩いていただきたいものです。

005-1

006-1

そば畑の入り口には特産品の即売もされています(今週末までだそうです)

019-1

「おひさまロケ地」
この場所で記念撮影をされてる方も多かったですね〜

021-1

017-1

020-1

036-1

そばの花って大町に来て初めて見たのですが、本当に可憐で可愛らしいです。
匂い?確かにしていましたが、ブーン、ブーンと蜂が飛んでる音もしていました。
これだけのそば畑ですもの、虫たちも大好きな場所でしょう。
人間のほうがお邪魔してるのかもしれませんよ・・・

015-1

014-1

大町のそば焼酎「えべや」の撮影もしてきました。
すっきりと飲みやすいそば焼酎です。

037-1

nonkoの強い味方!窪田さんもお疲れ様でした。それにしても暑かったね〜〜〜

「大町山岳会」のお客様より「第61回大町市民登山」のお写真をいただきました。
大町山岳会はこのたびサポート隊としてご一緒させていただきました。
今回は一泊二日コースで、烏帽子岳方面への登山です。

446-1

ご参加の皆様が早朝に市役所に集まられて出発〜〜〜!

853-1

高瀬ダムからは重いザックをかつがれて出発です。
がんばって〜〜〜

448-1

452-1

27日はずいぶん霧がかかっていたそうです。
まだ急な場所はないのかな?

857-1

山岳会のサポートさん、ご苦労様ですね
451-1

リンドウがこんな風に咲いてるのを見られるのっていいですね〜

456-1

いよいよですね!

455-1

烏帽子岳が見えてきました。

560-1

563-1

え〜〜〜、こんな山登るの〜〜〜

458-1

460-1

465-1

565-1

nonkoはこんな場所は絶対に無理です。
でも皆様凄いファイトですね

464-1

え〜〜〜こちらが烏帽子岳頂上だそうです。
どうやって登るの???ベンチもなければ、人一人がやっとなのでは?

587-1

585-1

実は「烏帽子岳」ですが、写真の左の鋭い山です。すぐ右に「ニセ烏帽子岳」という山があるんです。
「初耳だった〜〜〜!」

557-1

キャハ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

886-1

この一枚も面白い〜!鷲澤様の後ろに背後霊のように立たれる村山杜氏様(笑)

570-1

皆様とってもいいお顔されていますね〜

863-1

867-1

早朝の御来光も登山の醍醐味でしょう
554-1

下の方に高瀬ダムも見えるそうです。
これだけいっきに標高があるので、相当厳しい登山道だったのではないでしょうか。

575-1

576-1

こんな池もあるんですね〜

574-1

三ッ岩岳へもトレッキングされたそうです。

577-1

これがそうかな?

589-1

遠くに槍ヶ岳も見えたそうです。
やっぱりすごい北アルプスです。

477-1

555-1

480-1

出発まで高い山の上でお楽しみだったようですね!
皆様のいいお顔がとっても素敵です

484-1

ご参加の皆様全員無事に下山れました。
ご参加のお客様、関係者の皆様お疲れ様でした。

*お写真は当日サポートして下さいました「大町山岳会・中島、工藤、鷲澤」様より頂戴いたしました。

550-1

昨日から大町市民登山があり、横川商店が事務局を務める「大町山岳会」の方々もサポートに同行されました。
遠くに見えてる尖がった山が「烏帽子岳」です。
山岳会ではこの山を目指す一泊コースに同行されていました。
また縦走を目指される方々は今夜船窪小屋に一泊されて明日には下山されることでしょう。

480-1

この二枚の写真と、この後掲載させていただくものは、山岳会の方からの写真提供です。
それにしても皆様とってもいいお顔されていますね〜、nonkoも行ってみたいですが、尾根歩きが無理なので岳と言った山は無理でしょう。相変わらず高所恐怖症なのですから・・・

017-1

無事に帰って来られ、横川商店店頭で反省会です。
恒例の店頭炭火焼です。
9月10日に開催されます「北アルプス三蔵のみあるき」でも巨大炭火焼を企画中です。
当店のお客様「チームヤマジュウ」の皆様が運営して下さいます。
当日は焼物(干物)の販売もさせていただきますが、持ち込みもOK!です。(お肉類、タレ類はご遠慮下さいね)

016-1

でも無事だったの乾杯〜ですよね

006-1


何もないですが、地場産のお野菜はたっぷりあります。
京都でいう「万願寺とうがらし」の様なとうがらしも、こちらでは安い安い

73cae4c6-1

またこの間、竹中缶詰・竹中社長様にいただいたイワシの一夜干しがタップリ残してありました。

山に行かれて汗いっぱいかかれたはずですから、塩分と夏野菜をたっぷりお摂り下さいね。

020-1


nonkoがまごころ市場様からゲットしたトウモロコシも美味しかったですが、「金蘭黒部・村山杜氏」様がご自分で作られたトウモロコシもお持ち下さり、皮をつけたまま焼いてみました。
そうです、村山杜氏様も大町山岳会なのです

012-1

どうですか、すごくいい感じに焼けたでしょう。

021-1

村山杜氏様(左)と、中島様、とっても楽しそうにトウモロコシに夢中

022-1

ウンウン、確かに美味しいですよ
それにしても皆様下山してもお元気ですね

025-1

鷲澤様もお疲れさまでした。
25kgの荷物を上げられたそうですね〜、それじゃ今度はnonkoをおんぶして登って下さい
今日はお誕生日だったそうでおめでとうございます。
無事に大町山岳会のサポート隊は下山されてきました。ご参加の皆様もお疲れさまでした。

001-1

わぁ〜〜〜、トウモロコシがいっぱい
今頃になってこんなにたくさん
朝からいつもお世話になってます「まごころ市場」様へお買い物です。
地場産のお野菜がとっても豊富です。

002-1

横川商店店頭の桶に浮かんでた野菜たちもこちらのものでした。

004-1

Myベンツのカゴもカラフルでしょう
下のほうに隠れていますが、実はnonkoは大の茄子好きなんです。でも気をつけないと夏野菜ですからね!
「秋ナス嫁に食わすな!」って言う言葉にもあるように、茄子は東洋医学的に解釈すれば冷える夏野菜なんです。意地悪で言ってる訳ではないんですよね〜
最近体調を崩されてる方、もしかしたら真夏と同じように夏野菜を生のまんま食べてられませんか?お腹が冷えて風邪の様な症状が出てきます。これを「あ〜夏バテ!」なんて言わないで、気をつけて下さいね。
香辛料やお塩、または火を通して工夫すれば大丈夫です。

005-1

お〜っと!帰り道「ユナイトコーヒー」様へ立ち寄って、コーヒーの最高峰「パナマゲイシャ」でいっぷく
欠点豆をハンドピック(除外)され、マスターが慎重に焙煎された「パナマゲイシャ」は、一粒一粒が素晴らしいでしょう。こちら県内では3軒のみのお取り扱い品種だそうです。

007-1

何だかキーホルダーにでもしたいようなパナマゲイシャ

014-1

まずはそのままストレートでいただきます。
これは柑橘系の香り?そしてサッパリとしたキレの良さ、しかしながら骨格のある味わいです。
複雑な味わいが色々な楽しみ方を提案してくれるパナマゲイシャ

016-1

半分いただいた後は、ミルクとシュガーをたっぷり入れて楽しみます。
今までコーヒーショップでストレートでいただくことが多かったのですが、ユナイトコーヒー様は色々な楽しみ方をしたくなるような味わいの種類が多いコーヒーショップです。

015-1

今回はコーヒー豆のお持ち帰りもさせていただけるようになりました。

018-1

キャ〜〜〜、お店に帰るとお向かいで「トラック市」が始まっていました。
軽トラックで地場産のものを販売されると言うものですが、今回は移動販売の車がとっても多く、軽食やスナック類が多かったです。

017-1

nonkoはココ「富士宮焼きそば」です

019-1

あらら〜〜〜、諏訪ナンバーだったのでお聞きしたら、岡谷の業者の方でした。この間の「諏訪湖祭湖上花火大会」にも出店されていたそうです。
新作花火大会はnonkoも焼きそばを販売しますよ〜〜〜
他にも揚げパンや、スナックサンド、麺類など、長野ナンバーのお車もありました。
もちろん地元のお野菜や郷土食も販売されていましたよ〜
次回は、なんと9月10日の「北アルプス三蔵呑みあるき」の時間帯で開催されるそうです。
でもあまり食べすぎちゃうと、二次会へ行けないかも・・・、ほどほどにね
そして商店街もお店のほうもよろしくです

023-1

午後からはお料理タイムで、吞みあるき当日に横川商店店頭でお出しする「大根のぶどう漬け」を漬け込みました。昨年までは北安大國さんで出されていたものです。(実はnonko作でした)

025-1

この漬け方は、秋田で湯治をしていた頃、地元の角館のお母さんに教えていただいた漬け込み方なんです。
とっても簡単で、失敗のない漬け方です。
長野で野沢菜を漬けられるように、秋田では沢庵の燻製「いぶりがっこ」と、この「大根のブドウ漬け」は郷土食なのです。

031-1

また昨日ゲットしてわさびの芋で「nonko風わさび漬け」も
060-1

また茄子好きnonkoの一品は「茄子とニシンの炊いたん」
これは京都のおばんざいで、夏には母が良く作っていました。
大町で生活しても、京都のおばんざいは毎日食べているんですよ

001-1

先生いつもすみませ〜ん!
今日は朝からお世話になってます「穂高パソコンプラザ」様へ設定の変更に行ってきました。
まずは先生にPCの汚さからお掃除までさせてしまうnonkoです。
午後からは少し時間待ちができたので、その間にちょっと脱出

002-1

「こんにちわ〜〜〜お元気でした?」
穂高駅前の「ひつじ屋」様です。
こちらでいつもレンタサイクルを借りちゃうんです。でもその前に今年初めての「土肥農園・どすいかジュース

005-1

毎年ひつじ屋様でいただくのですが、やっぱり美味しいね〜〜〜、でも今日はちょっとお塩を入れていただきました。もう秋ですから冷えすぎちゃうと大変ですからね
まずはランチランチ、レッツゴー

018-1

5月に新しくできた「cafe*twinkle(トゥインクル)」様です。
ランチタイムはこれだけのメニューだそうです。
休憩時間帯が設定されていない感じなので、ランチ時間以外なら色々なメニューもあるようです。

013-1


フカフカの生地にトローリチーズ

014-1

ちょっとナンの様な雰囲気のふかふかモッチリのピザ生地です。
今日はトマトが具材だったので、持ち帰りはしないほうがいいかも?このメニューは熱々の状態でいただくのがGood
帰りにメニューのご案内をいただいたら、美味しそうなピザがいっぱい。
厨房には石釜があり、これでふかふかモチモチの生地が出来るんだ!またお邪魔させていただきたいお店です。

011-1


北アルプスにかかる雲がとっても面白いかかり方をしてるのを見ながら、気持ちいい初秋の風を楽しんで大王わさび園に行きました。
最近ものすごい人だよ〜!って聞いていたので・・・

019-1

ドヒャ〜〜〜〜〜〜ほんと半端じゃない人

041-1

この時期はまだ黒いカーテンがかかっていて直射日光をシャットアウトされています。
きれいな水で育つわさびは、あまり直射の暑さが苦手なのでしょう。

024-1

このカーテンは9月に入ると取られるかと思います。

029-1

ちょっとのぞいてみると、きれいな透き通った水が流れています。収穫された場所はまだ砂利で、新しく植えつけられるはずです。

031-1

030-1

033-1


わさびは収穫までに最低2年はかかるそうです。
もちろん売店でも販売されています。

026-1

こちらの売店奥では「わさび漬け」の体験もさせていただけるので、とってもいい勉強になりますよ!かつて娘がここで体験し、横で見ていたnonkoは今でもその作り方でわさび漬けを作っています。

040-1

園内は道祖神様があったり・・・

035-1

人気の水車小屋があったり・・・

038-1

やはり「おひさま」効果でしょうか、いつもない場所に記念写真の販売があったり、お聞きしていた通りものすごい観光のお客様でした。
脱出〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

046-1

ふら〜っといつものコースを自転車で走りだし、静かな田園風景を楽しみました。

047-1

手前はお蕎麦の畑です。あと半月もすれば白いお花を見せてくれることでしょう。

050-1

コスモスも秋の風でユラユラ心地よさそう

053-1

アッ!ワレモコウがもう咲いてる・・・(咲いてるという表現が正しいのか?)

054-1

大きな大王わさび農場を見学するのもいいですが、こんな小さなわさび畑を見るのもいいものです。

057-1

今は住んでられない古民家とわさび畑も安曇野ならではです。

006-1


nonkoも帰ってわさび漬けを作ろ〜っと
いつもわさびの芋を買うのはこちら「等々力家」様の横のお店です。

008-1

nonkoイチオシの「本等山葵商店」様です。
おねんさんがおぼえていて下さり、「お久しぶり〜!」ですって
そうだよね〜、ここ1年忙しくってあまり来れていなかったので・・・
おねんさんお元気そうで良かった今年は「おひさま」効果で観光の客様がものすごく多いとお喜びでした

007-1

見事なわさびが店頭に並べられています。お茶などもいただけるので、ゆっくりと横の等々力家を見学されながらのお買い物もいいものです。安曇野らしいのんびりした雰囲気のあるこのあたりはいいですよ〜

059-1

見事なわさびをゲットし、明日はわさび漬け、そして「鳥わさ」も作ろ〜っと

016-1

サービスにこんなのいただいちゃった
また皆様で試食しましょうね
nonko安曇野秋の風!でした。

【cafe*twinkle】様
【住所】安曇野市穂高2218-2 (大王わさび農場からすぐです)
【電話】0263-88-7537

035-1


036-1

昨日の定休日、山梨から長野へとワイン&ワイン用ブドウを求めて大縦断の旅をしてきました。
連日雨が多い中、昨日の山梨は「暑い!」て感じの日でした。
山梨は盆地で、山の斜面までもブドウ畑が広がっています。信州と違って、白ワイン用ブドウ「甲州」のブドウ栽培が盛んで、nonko的には日本人の食生活に合ってるのではないかと思うのです。

014-1

中央道・勝沼インターを下りたらまず「ダイヤモンド洋酒」様へお邪魔しました。
ほんと甲府のワイナリー様は一見普通の民家と間違ってしまうところもあります。

015-1

ショップ内は色々な銘柄が置かれていて、一部試飲もさせていただけるんです。

012-1

お洒落なエチケットでしょう。
現在専務様の雨宮吉男様が栽培&醸造をされています。

013-1

nonkoがどうしても欲しかったのはこの一本
,修譴砲呂△詬由があるんです
その他何本か自分用にゲット

017-1

次にお邪魔させていただいたのは、5月の「ワイン東京2011」でお会いしました「シャトレーゼ勝沼ワイナリー」様です。
東京でソーヴィニヨンブランを試飲させていただきビックリ仰天した一本でした。
元々nonkoはソーヴィニヨンブランがちょっと苦手なもので・・・

020-1

この日は工場長の「戸澤一幸」様はご不在だったようで、ポスターに向かってご挨拶(笑)

019-1

018-1

もちろん東京で試飲させていただいた「ソーヴィニヨンブラン2010」そして「甲州シュールリー2010」をゲットさせていただきました。
楽しみだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

025-1

そして横川商店がお世話になってます「ソレイユワイン・旭洋酒」様です。
経営されている鈴木様御夫妻のお人柄、そして栽培が奥様、醸造がご主人様という本当に小さなワイナリー様なんです。
【旭洋酒】様より
明治期に山梨勝沼で始まった日本の葡萄酒醸造。
その北西に位置する現在の山梨市でもブドウ農家による共同醸造所が戦前から営まれていました。その一つが昭和30 年代に有限会社になった旭洋酒。40 年にわたって日常酒として地域の人々に親しまれてきました。しかし平成14 年、農家の減少を理由に組合は解散、醸造許と工場が売りに出され、まさに運命的な出会いで私たち夫婦がこれを引き受けることになったのです。私は大学で醗酵科学を学び勝沼のワイナリーに勤務、ワインに魅せられてやってきた妻と結婚後は「いつかは自分たちのワインを」と夢みていました。畑から販売まで夫婦でこなす現実は想像をこえたものでしたが、農家との協力が実り、平成20 年には甲州種の単一畑ワインが北海道洞爺湖サミットの夫人夕食会でサービスされるまでになりました。

026-1

028-1

人当たりのとってもいいご主人の鈴木剛様です。
注文外の「ヒクモ・ルージュ2009」を試飲させていただきました。
HPで見せていただくワインリストと違って、実際試飲させていただくとそれはそれは凄いこと!お料理は何がいいとか、楽しめる温度のお話までどんどんとソレイユワインの世界に引き込まれていきます。
当店ではシラーの特徴がある赤ワインは初めてなので、嬉しくって嬉しくって
シラーの旨味と香りがメルローを包み込んでくれ、そのあとゆっくりとメルローの旨味を楽しめる赤ワインです。nonkoは少し冷やしていただきたいな〜〜〜
いや〜〜〜、お邪魔させていただき良かったです。
奥様は畑でお仕事されていてお会いできませんでしたが、きっとお元気のことと思います。もちろんこちらの「ヒクモ・ルージュ2009」もお願いしてきました。
⊆造呂海離錺ぅ鵝∩農欧蕕靴じ羆錣之劼っちゃいました。

022-1

旭洋酒様のラインナップです。
今回は色々とお願いしてまいりましたので、入荷しましたらご紹介させていただきますね

031-1

旭洋酒様へお邪魔すると、必ずゲットするのがこちら「パンテーブル」様のパンです。
いつの日かご紹介いただき、それ以来大ファンなんです

032-1

ワインに合うパンがずらりと勢ぞろいです
今日あたり夜に食べよう

038-1

山梨をあとに店主が行きたいブドウ畑があると・・・
向かうは信州上田です
中央道に乗り須玉で下り、そのまま北上
清里という場所はnonkoも初めてですが、小さな軽井沢って感じです。

040-1

044-1

お天気が少し悪くなってきたので、山が見えません。でもコスモスが咲いていたり、針葉樹林が標高を感じさせてくれたり、先程まで暑い山梨にいたのが嘘みたいです。
お腹空いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

045-1

クマさん達もお腹ペコペコみたい
とっても素敵なイタリアンのお店があったので入ってみたのですが、これがこれがものすごいお店で・・・、お名前は控えさせていただきますね!
オーダーは初老の男性が来られ、店主とパスタ&ピザ、そしてサラダを注文しました。
「飲み物は?」と聞かれたのですが、好みのものがなかったのでお水でOK
待ち時間で何となく携帯でこのお店の口コミを見たのです。
ゲゲゲ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ヤバイヤバイ・・・、クマさん達隠れなさい

051-1

一瞬のうちにクマさん達はnonkoのカバンに隠れちゃいました。
もしかしたら初老のお店の方に何か文句を言われる可能性が出てきたのです。
それに口コミを見ると、今注文した「カルボナーラ」の評価が出てるんです。って言うか評価対象外だったようなんです。どうしよう・・・
とにかく早く出たい・・・

046-1

まずピザがきました。可もなく不可もなく、しかし2,000円は高いでしょう。
ピザ台は店主好みらしいのですが、チーズが少なすぎ・・・
カルボナーラは言葉なく・・・、塩、胡椒をきつめにすれば何とか・・・、でもソースが分離してるのはnonko的にはパスです

047-1

サラダですが、1,200円だったか?トマトの色を見ただけで引けちゃいました。レタスは茶色かったです。いくら観光地だからとはいえ、ちょっとこれでは・・・
でもね、テーブルにご案内の「チョコレートケーキ」に目がいき、一本6,300円で地方発送もされているようなので、1カットお願いしました。
048-1

050-1

これが本場のエスプレッソと、シチリア風のチョコレートケーキだそうです。
ケーキは今までにない味わいで、美味しいな〜って思うのですが、本場ではこんなに甘いエスプレッソを飲むんですね〜
するとどうでしょう、初老の男性は急にニコニコされながらオーダーをうけられたのですが、私共が全食事を終えないと持ってこないと言われたのです。
「カッコよくしたいから、イタリアはそうだから・・・」何だか意味不明で、それが店主もnonkoも面白くって・・・
でも全般的なお客様の口コミは凄く悪いお店でした。
お代金も8,000円弱をお支払いし、やっぱりもう行かないかな〜〜〜
こんなお店を経験するのも面白いですよ
お店の場所とお名前を知りたい方はメールでお願いいたします。

054-1

ここから北上するともうすぐ野辺山です。

057-1

野辺山の「滝沢牧場」様です。
クマさん達やっと楽しそうな顔をしてくれました。
清里では大変な目にあったね〜〜〜
ここはいいですよ〜、小さな子供さんも楽しく遊べたり、ピクニックをして楽しんでいただけそうです。

056-1

何をお話ししてるのかな?

059-1

生れたての子牛さんって可愛いな〜
まだヒョロヒョロしています。

060-1

雲がなかったら八ヶ岳が見えるのにな〜

061-1

トラクターに乗って園内を周遊するのもいいかな〜

062-1

ウフフ・・・、クマさん達は手作りアイスがいいのね
地場産のトウモロコシも無人販売されているので楽しいね!

065-1

野菜畑を横目にどんどんと北上してきます

068-1

途中から高速に入れ、ようやくたどり着いた小諸で下り、向かう地は上田方面

071-1

到着〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
「メルシャンワイン・MARIKOヴィンヤード」です。
とにかくこんな場所が長野県にあったなんて・・・、一面ワイン用ブドウ畑です。

075-1

084-1

085-1

086-1

会いたかった白ワイン用ブドウ品種「ソーヴィニヨンブラン」です。
こちらも9檀椶慮羆錣之劼った場所なのです。
今回のワインの旅、内容が濃すぎてまだまだワクワクしています。
今夜はもちろん山梨県のワインで乾杯することでしょう

*´↓の太字につきましては、後程蔵日記より掲載させていただきますね!

037-1

035-1

今日は定休日、約1ヶ月半ぶりでしょうか・・・
お世話になってます山梨の「ソレイユワイン・旭洋酒」様へお邪魔してきました。
店主もnonkoもオーナーの鈴木様御夫妻の大ファンで、奥様がぶどう栽培、ご主人様が醸造をされるとっても小さなワイナリー様です。
お忙しくされてるので、本当に申し訳ないのですが少しだけ直接情報をいただくため直接お邪魔させていただいてます。
今日はとってもnonko好みのワインを試飲させていただき、「やっぱりHPのご紹介をみるだけではイメージがわかないな〜」なんて思ってしまいました。
「ヒクモ ルージュ2009 シラー&メルロ」を試飲させていただき、即店主にお願いしてもらいました。元々タンニンが強いワインは苦手なnonkoなので、この味わいにはビックリしました。シラーのほのかな甘味がメルローをやわらかく包み込んでくれるような味わいです。少し冷やして楽しんでもいいのかな?こちらを試飲させていただいてから、何だかとっても幸せな気分です。自分好みのワインを見つけたらこうなっちゃうのかな〜
横川商店に入荷しましたら直ぐにご案内させていただきますね!
今日の珍道中はまた明日ね

04ec47a9.jpgお世話になってます山梨の「ソレイユワイン・旭洋酒」様にお邪魔しています。またお願いさせていただき、飲み頃のワインを入荷いたしますね!それにしても山梨は暑過ぎです。

004-1

毎年夏にご来店の別荘のお客様のお孫さん、いつも店頭の桶の野菜や果物を楽しみに来ていただいてます。
大きくなったね〜〜〜、今日はこれで横浜にお帰りです。
何だかチョッピリ寂しい気分のnonkoでした。

006-1

また来年来てね!と言う訳にはいかないようで、お父様のお仕事の関係で海外へ行かれるそうです。やっぱり寂しいよ〜〜〜
毎年お会いするお孫さんですが、nonkoの事もおぼえてくれているようで、今度お会いできる時には中学生かな?
信州を忘れないでね〜、また来てね
ひと家族ひと家族とお見送りすると、とっても寂しい気分になると同時に、いっきに秋の気配を感じる大町です。

018-1

今日も横川商店の二階で数字と格闘しています。
前年をnonkoのPCの中に入力しようと必死必死

017-1

コレ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜つまみ食い
ちゃうちゃう「試食」ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日は京都から「伊藤軒」様の秋のお菓子が入荷してきました。それで試食をしないとお客様にご案内できないでしょう。

02001

夜にはお客様からのいただきもの
川魚の唐揚げ?

022-1

コレ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜またつまみ食い
メチャクチャ美味しいです明科の川魚のお店だそうですが、これはハマりますよ甘辛の味わいで、酒の肴にも、ご飯にも合いそう
はい、これから松本に荷受に行かないとならないので、パワーをつけないとね
行ってきま〜す

001-1

朝から横川商店2階で数字との格闘です。
前年対比を出したいので必死で売り上げを確認しています。それでもPCのエクセルで管理するようになってからとってもラクになりました。
部門別に分けることで、今後の販売計画がとってもスムーズにいくんです。

005-1

2階からはお店がこのように見えるので、お客様が多くなると直ぐにわかります。
上から見るとディスプレイも面白いものです。

025-1

あれれ???笹井さ〜〜〜ん
松本から「笹井酒造・笹井杜氏」様がご来店です。

007-1

お久しぶりで〜す
いつも他の蔵元様のお酒の香りをみて行かれるほどの熱心さです。
9月には待ちに待った「風穴貯蔵酒」が発売されるそうでとっても楽しみです。

009-1

夜になるとお客様のK様が凄いザックを持って来られました。
こりゃ凄いや〜〜〜

016-1

何だかもの凄くたいそうなザックの模様・・・

010-1

ここの部分に人が乗せられるそうなんです。

011-1

こんな感じでね!
「レスキューザック」という名前だそうです。
でも救助されるような登山は嫌だ〜〜〜、nonkoは近場で十分です。

017-1

笹井杜氏様もご一緒に不思議そうなお顔で見られています。
ご一緒にいかがですか?

019-1

実は皆様来週市民登山へ行かれる「大町山岳会」の方々なんです。
今年はけっこう大変な北アルプスへ行かれるそうです。

020-1

またまた今夜も楽しい試飲コーナーになっています。
杜氏様とお客様がご一緒にテーブルを囲まれてとっても楽しそうです。

002-1

さぶ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ストーブ欲しいぐらい〜〜〜〜〜〜〜
真夏から一転して秋になっちゃいました。
店内はまだ夏の雰囲気があるので、急いで秋モードを考えています。
まずは竹かごの一部の風呂敷を徐々に変更していこうと思っています。このちりめん風の風呂敷いいでしょうきっと大人気になると思います。

004-1

こんな感じで贈り物にいかがでしょう。

001-1

間仕切りの和紙も秋モードの燻しゴールドで高級感を出してみました。
最近はお客様が組み合わせをとっても楽しまれているようでありがたいです。

006-1

お昼には「野沢菜入りの塩焼きそば」を作ってみました。
実はこちら毎年「諏訪湖祭新作花火競技会」で、お手伝い先の「松尾商店・ヨットハーバー店」様で焼かれるものなんです。野沢菜の漬け汁を調味料の隠し味で、最後に野沢菜を入れ、焦がし醤油で味をまとめます。いつも見てるばかりなので、今回は近くのスーパーの野沢菜漬けを使って作ってみました。これだけでとっても美味しいのですから、やっぱり松尾商店様の野沢菜漬けは美味しいよ〜〜〜
松尾商店様は「酒ぬのや本金酒造」様のちとせちゃんのご実家デス

016-1

夜はね〜、まだ8月と言うのに鍋(笑)
お味噌仕立てのちゃんこ風です。いくらなんでも8月ですから暑いかな?って思いましたが、何とも心地いい味わいです。きっと身体が冷えていたのでしょう。このあいだは「熱」に傾いていたのですが、身体って毎日毎日違いますから気をつけないとね

017-1

少しニラもトッピングしてみました。
ちょっときつかったかな?熱っちゃうと大変だから箸休めにこれ!

018-1

軽い感じのサラダ風の酢のものです。
これで丙を保てるのでは?
「薬食同源」と言いますが、このあいだズッコケたので、かなり慎重になってます。
1年のうちの今の時期、特にお盆過ぎの食生活は一番難しい時期だと思います。
特に今年は気温の変化が凄いので、毎日自分の身体と会話をしながらの食生活です。ぶっ倒れたら仕事ができなくなるので、本当に自分で身体を守る事に努力している毎日です。
これから一番気をつけないといけないのは夏野菜!特にキュウリやトマトは身体を冷やすので、香辛料と一緒に摂ったり、火を通してお召し上がりいただくといいでしょう。
何とかこういった事を気にしながら、10年以上夏バテ知らずのnonkoです。

019-1

今夜は関東からのお客様がご来店です。
きっと9月の呑み歩きにもお手伝いに来ていただけると思いますよ〜
のんびり大町にお越しで、昼間はゆっくりと試飲され、夜はナオ君のお店「串揚げ酒場KAZAN」様へ行かれ、またまた当店で試飲中です

025-1

あれれ〜〜〜、これって長野県のお酒じゃないよ〜、nonkoが金沢で買ってきたお酒だ〜〜〜、これなら肴はこれがいいんじゃ?

023-1

「福井缶詰」様の「鯖缶詰・唐辛子味」
夏に疲れた時にはおろし大根でどうぞ

024-1

これ怪しいモードになってる〜〜〜、またお客様と一緒に出かけそうな店主です。
またラーメンですか〜〜〜〜〜〜〜

006-1

今日のお昼はこのあいだ近江町市場でゲットした「杉本水産」様の鰻です。
これがこれがビックリ仰天の味わいなんです。
今まで京都では鰻屋さんでやわらかい鰻が一匹のったうな重を食べていました。お箸で切れるやわらかい鰻です。
やわらかいのは関西風?というものだったのでしょうか・・・、そういった味わいではなく、「元気が出るぞ〜〜〜!」という感じの味わいです。モチモチしていて、全く臭みもなく、最初は追いダレもせずフワッと炙ったまんまでいただきました。元々白焼きが好きなnonkoなので、タレの濃さで鰻自体の味わいが消えるのがあまり好きではないのです。しかしながらこちらのタレも美味しく仕上げられてると思います。
店主も「これは美味しいね!」って満足のようでした。

010-1

もちろん「うざく」も添えてお口直しができるよう・・・

009-1

肝がないので「肝吸い」というわけにはいかず、茄子をスライスしたものに軽く生姜を添えてみると美味しい美味しい

016-1

夜はね〜、頑張って肴を作ってお送りいただきました加賀のお酒を楽しんでいます。

017-1

「吉田蔵(手取川) 大吟醸」「五凛(天狗舞)大吟醸」「池月 吟醸」「獅子の里・旬 純米吟醸」
いや〜〜〜、加賀の地酒も新しい銘柄ができて変わりましたね〜、長野県だけじゃなかったんだ〜〜〜
いつも長野県内の地酒を飲んでるので、地方のお酒の味わいがとっても楽しいものです。
一本一本このお酒には何の肴が合うのかな?なんて考えながら肴を作るのも仕事の様なものです。

012-1

「杉本水産」様でゲットした「ドジョウのかば焼き」ですが、不思議なことに大吟醸意外はピッタリと合っちゃいます。
近江町市場に行ったら鰻とドジョウだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
実家の父が「ドジョウのかば焼き」って言ってた意味がわかりました。(でも酒飲みではないのに・・・)
やはり地酒には地元の食が合うんですよね

014-1

箸休めには「金時草」の酢の物です。血糖値も下がる効能があるようです。
大吟醸には何が合うの???
何となく「白エビをかき揚げ」にと言うオーラがブンブン出ています!

015-1

は〜い!白エビのかき揚げ

021-2

加賀野菜のでっかいキュウリも「鯖のこんか漬け」でいかが?
福井県で「鯖のへしこ」のことを、石川県では「鯖のこんか漬け」と言うそうです。

022-1

でっかいキュウリは粕漬けにもしてみました。
けっこう美味しいかも
毎晩余裕がある時にはこんなことばかりしてるのも仕事の一つです。
アッ、お客様だ〜〜〜

024-1

026-1

094-1

夕食がいっきに試飲コーナーへ移動です。
でもお商売やっていたらこんなものですよ〜
お客様もご一緒に試飲いかがですか〜
お盆期間は忙しかったので、久しぶりに夜遅くまで店内は賑やかな夜になりそうです。

003-1

今日はとっても素敵な「竹かごギフト」発送させていただきました。
商品内容はお客様からのネットでのご注文です。
本日発送させていただきましたよ〜〜〜

005-1

また「うちわ絵」を描いていただいたチビッ子さんも、うちわ絵を取りにご来店でした。
どうもありがとうね〜、来年もよろしくお願いしますね!

*夏休み企画「チビッ子うちわ絵」の展示期間が終わりました。ご協力いただきましたお客様、誠にありがとうございました。ちょっとしたプレゼントをご用意いたしまして、皆様のご来店をお待ちいたしております。

【近江町市場】
金沢駅より徒歩15分
●バス:香林坊経由、武蔵ヶ辻下車
●お車でおこしの方

【杉本水産・近江町市場店】様
金沢市青草町88番地 いちば館内
定休日 : 日曜日・祝日

005-1

昨日は父方のお墓参りに白山市まで出かけていました。
ちょっとお盆すんじゃったのですが、ご先祖様のお墓参りはnonkoにとっては大切な事なんです。
JR北陸線松任駅近辺なのですが、さっぱり道がわからず、お墓までタクシー
でも着いた先は駅の反対側の近くでした。全く実家の母も道がわからず、歩いてもすぐってことすら理解不可能
どこの町も整備されて昔とは様子が変わってしまってるので仕方ないのですけどね・・・

006-1

お線香他は駅の構内の売店でそろいホッとしました。
実は松任は「園八のあんころ」で有名な町なんです。金沢駅にも販売されていますが、売り切れになること多々あり、その味わいは昔と全く変わらないこし餡の味わいにファンが多いのでしょう。
無事お墓参りをして、金沢へ戻ってお買い物です。

009-1

来るたびに様子が変わってる近江町市場ですが、どこの町も観光のお客様主体になった市場になってるので仕方ありませんよね〜、昔の雰囲気はもう全くないですね。
それでも欲しいものは決まってるので大丈夫大丈夫

043-1

日本酒会などで使わせていただく「石丸食品」様です。
塩乾物はいいものをお取扱いされかれているように思います。

044-1

必ずいただくのがこちら「丸干しイカ」です。
イカは塩辛いものが多い中、これは本当に美味しい丸干しイカなんです。焼いていくと中からワタのいい香りがするんです。

054-1

いつもお客様でいっぱいの鰻を扱われてるお店も今回初めて買ってみました。
「杉本水産」様です。

055-1

金沢の郷土料理なのでしょか?父がよく「ドジョウのかば焼き」と言ってたので、こちらもゲット
京都ではドジョウは「柳川」にしていただくぐらいしか思い当たらないのですが、こうやって束ねて売られていました。
一本100円ですよ〜〜〜、高い10本ナリ

059-1

これこれ!地元の方々が普段食べてられる和菓子です。和菓子というか、お饅頭です。
小さなころから北陸ではいつも見ていたのですが、とっても特徴があるんです。

012-1

手前の小豆がくっついてるのはnonko的にはあまり美味しくない印象がありました。
あと色の鮮やかなのは今回初めてです。

014-1

歳を重ねると味覚が変わると言いますが、塩味で美味しいお饅頭になってる〜〜〜
中はお餅じゃなくてお団子みたい

013-1

これメチャ旨です
やわらかくてやさしい味わいのこし餡が入ってます。ハマりそう

036-1

市場で美味しそうなお魚を見たら食べて帰らなきゃ!
以前もお世話になったことがある「酒と人情料理 いたる」様へお邪魔しました。
017-1

美味しいお刺身と加賀の地酒
能登誉、池月、手取川・・・

016-1

お魚の鮮度は言うまでもありません。
夏は白身のお魚が美味しいですね



020-1

そして今金沢で楽しめるのはこれ
夏の岩牡蠣は別物です
夏の陽射し、パソコンで疲れた目には抜群の食材です
基本冬場の生牡蠣は一切口にしませんが(3度中毒起こしたので)、夏は「海のミルク」と言っても過言ではないでしょう。
画像ではわかりませんが、身の長さが10センチぐらいはあるでしょう。

023-1

nonko風食べ方は、岩牡蠣に直接レモンを搾ります。

024-1

ポン酢につけていっきにかぶりつき、追加でポン酢を頬張った口の中に流し込みます。その瞬間に口の中に旨味が広がり幸せいっぱいです

025-1

そして「ノドグロの塩焼き」は開いて焼いていただくと、香ばしさも広がってより美味しいく感じます。目ん玉からいただくのがnonko流

028-1

金沢と言ったら「じぶ煮」ですよね
最近は鶏肉が多い中、ちゃんと鴨を使っていただきました、嬉しいですよね〜
濃厚な甘辛ダシは葛で固まってると思ったら、小麦粉なんだそうです。これは貴重な郷土食です。

030-1

必ず入ってる「すだれ麩」は金沢の特産品です。

027-1

こちら加賀野菜の太いキュウリです。
皮をむいて中をいただくそうです。瓜かな?なんて思うのですが、キュウリです。
まずは生で田舎味噌で楽しませていただきます。キュウリの甘味がとってもよくわかります。これは箸休めには最高です

021-1

これ旨い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
粕漬けなんですが、合わせる調味料のヒントをいただきました。

019-1

こちらも加賀野菜の「金時草」です。
酢のものでお願いしました。生で見ると葉っぱの裏がきれいな紫色なんですが、ボイルすると色素が出て、煮汁が紫色になっています。
金時草とでっかいキュウリはゲットしたので、調理法をトライしてみようと思います。
いつもの事ですが、郷土食を等をいただきながらお料理の勉強をさせていただくのもたのしいものです。

041-1

地酒を買って帰るのにお酒屋さんを探しまわりました。
お陰様で飲みたかったお酒がゲットできましたよ〜〜〜
兼六園近くの「ふじた酒店」様です。

038-1

nonkoが選んだ加賀のお酒です
やっぱり加賀料理を作らないとね

040-1

とっても愛想のいいご主人様、そしてご家族の皆様ありがとうございました。

【人情料理 いたる】様
●香林坊店
住所:金沢市片町2-7-5
TEL:076-224-4156
営業時間:17:30〜23:30(23:00L.O.)
定休日:日曜(日曜・祝日連休の場合は月曜定休)
*ご予約をオススメいたします

【ふじた酒店】様
住所:石川県金沢市暁町19-1(兼六園より徒歩8分)
TEL:076-231-4542
営業時間:午前9時〜午後9時30分
定休日:第3日曜日

40fd0535.jpg父方の実家のお墓参りに白山市まで行ってきました。お数珠だけ持って飛び出したので、お線香をどうしようかと思ってたら駅の売店でこんな便利なものを売ってました。京都時代は結構お線香もこだわってたのですが、これでも十分でした。ただお墓の場所がわからず、タクシーでどこへ向かえばいいのか実家に電話して聞いたのですが、着いた先が駅反対出口の近くで大笑いでした。今夜はとりあえずお休みなさ〜い!



【動画】
今年も「諏訪湖祭湖上花火大会」にお邪魔?お手伝いに行ってきました。
諏訪の花火は日本一だと思いますよ〜〜〜

004-1

いつもnonkoがお世話になる「松尾商店・ヨットハーバー店」様です。
「松尾商店」様と言えば、諏訪のお漬けものの老舗で、、「酒ぬのや本金酒造」様の若女将ちとせちゃんのご実家なんです。
今こちらのお店は専務様の奥様が頑張ってられるんですが、昨夜はPOP作りのお手伝いに来られていました。
「ちとせちゃん〜〜〜、頑張るからね

005-1

ちとせちゃんの旦那様である「酒ぬのや本金酒造・宮坂恒太朗専務」様も、お酒の納品に来られていました。
「そちらも頑張って下さいね〜〜〜

008-1

nonkoは横川商店のお客様、M様とご一緒に店頭の「生ビール&おつまみ」、「松尾商店名物キュウリの一本漬け」そしてnonkoは今回「おやき」担当主任です(笑)

012-1

キュウリの一本漬けは美味しいですね〜〜〜、800本がアッと言う間に売れちゃうんですから諏訪の花火は凄いですよね
樽に氷を入れて販売すると清涼感が出てより美味しそうです

015-1

試食がつきもののnonkoですが、お客様にご案内するには自分が食べてみないとわかりませんものね〜、責任のないことは言えません。したがってnonkoがダイエットできないのは職業柄と言う事で・・・(笑)

006-1

024-1

蒸し器フル回転で暑い暑い

010-1

お客様のご案内するにはまず試食をしなきゃ!クマさん達味はどう?

009-1

ほこほこのカボチャの餡がとっても優しい甘味に仕上がって、皮とのバランスがとてもいいです。

017-1

なんたってこちらの「野沢菜」は超オススメです。
松尾商店様の野沢菜漬けを使用され、こちらも味付けがnonko好みです
信州にいるとだんだんとおやきを食べることが少なくなり、興味が薄れがちだったのですが、これは美味しいです。
他に茄子は旬の味わいで、茄子自体の旨味ややわらかさが出ていました。
小豆餡も美味しかったですね〜、とにかく絶妙な味わいのバランスが凄いと思いました。あと皮とのバランスも良く考えられたと思います。
冷凍でも置かれているそうなので、松尾商店でお問い合わせされたらよろしいかと思います。

013-1

午後からは場所取りの方々でより一層混雑し、諏訪湖の畔はレジャーシートを持たれたお客様で賑わっています。とにかく缶ビールは350mlで500円ですから、松尾商店では店内で定価売りさせていただいてました。その分「呼び込み」が大切になってきます。
通称「呼び込み屋nonko」になっちゃってます
諏訪のこの町で色々な経験をさせていただき、とっても勉強になってるんです。
「信州の大阪」みたいな場所だと思っています。

014-1

まわりを少し偵察すると、ビックリする貼り紙を見つけました。
ある宿泊施設ですが凄いですよね
こちらの店頭では飲料やおつまみを販売されていましたが、宿泊以外のお客様は、中には入れていただけないようです。

019-1

松尾商店・ヨットハーバー店様の店内もこれだけのお客様がお手洗いを並ばれています。お買い物をしていただければ無料ですが、それ以外のお客様は100円頂戴してるのも納得です。

021-1

野沢菜や味噌漬けの試食もそろっていて、冷房のきいた涼しい店内ではゆっくりとお買いものしていただけます。
この野沢菜漬けを使われ、9月3日(土)の「全国新作花火競技大会」では、野沢菜入りの焼きそばが販売されるんです。これがまた凄いのなんのって・・・、是非お楽しみにネ

020-1

またnonkoが好きな味噌漬けも大人気でした。
今日はこれから皆さんでいただこうと思っています。

079-1

特に左奥の昆布と、左下の生姜が好きです。また昔はヤマゴボウは匂いも苦手だったのですが、今は好きですね〜、薄くスライスして酒の肴や、アツアツご飯に最高なんです

070-1

「ウォ〜〜〜
19時過ぎに花火があがり出しました。
店頭からこんな感じで見えてきますが、花火が始まると嘘のように店内は静かになるので、nonkoもちょっと抜け出して見学です。

032-1

036-1

041-1

050-1

059-1064-1

066-1



【動画】



【動画】

053-1

クマさん達も花火にくぎ付けです

072-1

最後の「水中スターマイン」はこんな感じでしか見れませんが、それまでの迫力が凄くって大満足です。
この後にナイヤガラがあってフェナーレです。


025-1

花火が終るといっきにお客様がお帰りなので、もうひと頑張りです。

073-1

日付が変わること、この日の皆様の頑張りが数字になって出てきます。
毎年集まられるお仲間に入れていただき、一日勝負のこの体験、これはとってもいい経験をさせていただいてるような気がします。

077-1

この中に次回「塩焼きそば」を焼かれる専務様がおいでです。
是非9月3日(土)お会い致しましょう

078-1

は〜い、nonkoのお土産デ〜ス。
これどれも美味しいよ

【諏訪湖祭湖上花火大会】

松尾商店上諏訪駅前本店】様
住所:諏訪市諏訪1-8-9
TEL:0266-52-0465
営業時間:9:30〜19:00
定休日:木曜日
JR中央線上諏訪駅より徒歩30秒。電車の方に便利です。「諏訪の地酒」全て取り揃えております。店舗前に100台収容立体駐車場があります。

松尾商店ヨットハーバー店】様
住所:諏訪市高島3-1201-100
TEL:0266-57-1023
営業時間:9:30〜18:00
定休日:木曜日
諏訪湖畔で目を引く民家風の大きなお店。
駐車場が4台あり、車の方はこちらが便利です。

6c885c1d.jpg今日は諏訪湖の花火大会です!続々とお客様がおみえです。nonkoはお客様とご一緒にお手伝いに来ています。

026-1

3日間手をかけた梅が干しあがり「梅干し」になりました。
大町の気候風土って梅干しには最高かもしれません。おまけに空気もきれいなのでよけいに梅の反応がいいのかもね

019-1

干した梅は丁寧に取って桶に入れていきます。
この時、何となく梅の顔があって「この子は皮が破れかけた子」「この子は最初から最後までいい子だった子」・・・、そんな感じを思いながら桶に入れます。

029-1

店内で写真を撮ると、あまりいい色に写りませんね〜〜〜
でも水分が蒸発したのでこんなにコンパクトに入ってしまいました。
実際13堋劼厩み、塩分は18%です。
もちろん全て「自然海塩・海の精」です。

030-1

最後にかたくしぼった紫蘇の葉っぱを上にのせますが、残りは干して「ゆかりふりかけ」にしちゃいます。

012-1

今日も沢山のお客様にご来店いただきありがとうございます。
今とっても人気の竹かごセットNO1はこちらです
私共が手間暇かけて造りました「2年熟成信州味噌(つぶ&すり)1圈2個」のセットです。他にも人気の詰め合わせを蔵日記よりご紹介させていただきました。

昨日は福島県からのお客様が、店頭の桶に入ったキュウリをとっても美味しいとお喜びでした。ご家族の楽しそうなお顔を拝見すると何だか涙が出ちゃいました。
今年は店主とも話をし、とにかく皆様がホッとできるお店づくりで夏を迎えましょう。
ご来店のお客様にはゆっくりとしていただきたい、そんな気持ちで夏休みは取り組んでいます。
明日nonkoはお客様とご一緒に「諏訪湖祭湖上花火大会」のお手伝いです!
「松尾商店」様のヨットハーバー店にいますので、お声掛け下さいね。

045-1

今日もいいお天気の大町です。
朝からジリジリと太陽が照りつけますが、都会の暑さとはまた違うように感じます。

046-1

048-1

今日も頑張って梅干し君のお世話をし、お店で頑張ってました。
やはり今の時期、地元の方々はお中元、県外のお客様はお土産のお酒や食品が多いです。
その中でもダントツは缶詰類と言っても過言ではないでしょう。
「福井缶詰」様の鯖缶、「竹中缶詰」様の牡蠣のオイル漬けは凄い人気です
また今年はお酒と肴&甘味菓子等のギフトをお客様がお選びいただき、横川商店オリジナルラッピングをさせていただくギフトが大人気です。
これはnonko自身もビックリしています。nonkoが提案するより、お客様がお選びいただくお品物で「成程な」なんて勉強させていただく事多々あります。

1052-

今日はお盆の入りです。
横川商店店頭でも店主がお迎えの火を焚いていました。
京都時代は確か12日に「迎え鐘」をつきに行ってました。毎日お供えするものが決められていて、お盆は家を留守にできなかったと思います。
地方によって風習が違うので、これもまた興味深いことですね。

013-1

今日は朝から梅を干していました。
今年は京都の母が、大原から紫蘇の葉っぱを送ってくれたので、とってもいい色に上がりました。

007-1

一個一個裏返して丁寧にムラがないよう干していきます。

011-1

今年は例年に比べてやや小ぶりになってしまいましたが、梅干しにはこれぐらいのほうが色付きがきれいなのかな?
この梅干しは大町の方々には縁遠い味わいなのですが、関西では当たり前の酸っぱい梅干しなんです。
今では毎日食べることはないのですが、最近急に地元の方々が食べていただけるようになり、飲んだ次の日にはスッキリ爽快感だそうです。
そうですよね〜〜〜
日中は何度も天日返しをし、我が子のように丁寧に干していました。

007-1

夕方になると一度屋内に取り込みます。
いや〜〜〜大町ってとこは梅を干すのに最高の場所だと思います。
日光は直射で空気がきれい、それに京都で干すのと違って乾燥しているので天日返しをしやすいんです。しかも早く乾いてくれるような気がします。

010-1

今年の梅干しは本当に美味しくなりそうですよ〜〜〜
でも食べられるのは年明けかな?
まだ年代ものがあるので、そちらからいただきま〜す
nonkoの梅干しは、紀州南紅梅、和歌山の友人の梅です。
そして塩分18%でしっかりお塩を摂れるようにしています。減塩の梅干しなんてnonkoからすれば意味がないと思っています。
もちろん塩は「自然海塩・海の精」ですから、身体の反応が早いです。
身体の余計な水分を抜くにはこの梅干しが一番
そしてなんといっても梅干しの「酸」は、肝系を守ってくれますからね!

026-1

027-1

nonkoの梅干しは販売していませんが、海の精様の梅干しは当店で販売しています。
原料の梅は違いますが、自然海塩・海の精を使用されていますので、全く同じものと言えるでしょう。これからお盆過ぎは日照条件が変わり秋本番です。これは気温じゃなく、日照条件で考えるので、夏野菜をそのまま食べていたらお腹が冷えるので、お塩や香辛料をうまく使いながらお腹を冷やさないようにして下さいね。
お腹が冷えると一発で「夏バテ」の症状が出てきます。

025-1

nonkoの身体はまだ熱に傾いてる感じなので、今日もゴーヤ君と仲良しです。
何だか昨日よりゴーヤ君にお世話になり、身体の流れが良くなったのを感じています。
そして熱りは確実にとれてはいるのですが、火を通したお野菜が必要ではないかと・・・
ゴーヤ君って炒めものが多いように感じますが、nonkoの手抜き料理はサラダ風!
今はお店が忙しいので、市販の煮びたしに、錦糸卵を混ぜ、甘酢と胡麻で味付けし、これに今日はマヨネーズも少々加えると味わいに変化が出て美味しくいただけます。
すっかり仲良しになったゴーヤ君ですが、身体の状態が丙になれば通常の食生活に戻ります。ズッコケた時には徹底して治すnonkoの日常暴露でした!

030-1

試飲コーナーでは、とっても素敵なお客様、地元大町の画家「斎藤清先生」がお客様とご来店です。
嬉しかったのは、福井缶詰様の鯖缶詰をお気に入りで、おろし大根でお楽しみ下さいました。実はnonkoはかつて斎藤先生に福井缶詰様のある小浜をご案内させていただいた事があって、そのお話しをさせていただくと、とっても喜んでいただきました。
まだnonkoが横川商店の客として出入りしていた頃の話です。

032-1

なにか楽しいお話しで店主と作戦会議でしょうか(笑)

015-1

「ズッコケ呑ん子」でご紹介させていただきましたことで、京都の先生の出版物のお問い合わせが大変多く、ここでご紹介させていただきますね!
「あなたの病気治りますよ」という御本で、京都時代病気をした時からお世話になってます「西京極薬局・須藤朝代先生」です。
高知県出身、薬系漢方家、学校薬剤師。
古方派を継ぐ昭和の漢方家「渡邊武先生」に師事。また整体気診研究会の井上末男先生に師事する。自らの臨床経験に基づき、食即薬を実践する「須藤式漢方治療法」で知られ、その普及に努める。
西京極漢方治療研究会会長
忍冬の会代表


016-1

今回のズッコケもこの本に書いてあったのに〜〜〜

017-1

自分の身体が「熱」に傾いてるのはわかったのですが、それを見落として食してしまったのは自分の責任です。

018-

いつも自分の部屋に貼ってあるこの図を見ればわかったことなのに・・・
気を引きしめて頑張りますね!

*nonkoはきっと須藤先生の患者さんの中でも、一番の劣等生だと思います。
「あなたは失敗しないとわからない人だから!」って言われました(笑)
 
ただ今こちらの書籍は完売なので、またお取り寄せできましたらご案内させていただきますね。

023-1

昨夜一睡もできず、寝返りもできず、仰向けで寝ても疼く首・・・
原因はこれでした
昨夜お盆前に元気をつけようと、店主とちょっと早めにお店を閉め、市内の焼き肉屋さんへ行きました。
いつもオーダーするメニューで、お酒もビール一杯のnonkoでした。ただ牛肉をいただく時には、お腹の中の腐敗を防ぐため香辛料を一緒に摂るようにしているのですが、これもいつものようにサンチュに辛味噌をぬって楽しんでいました。ただいつもと違ったのはnonko自身の体調です。
夏になってから雨も降りましたが、蒸し暑さ、そして今週からの晴天続きで身体が熱っています。そこへきて冷たいお茶を飲むので、お腹が冷えて身体の流れが悪くなっていたのも自覚していました。よほどの時には梅干しを食べて身体の水抜きをするのですが、今回は突発的でした。
夜中じゅう痛くて痛くてどうしよう・・・、気持ちが動転してしまい、完全に冷静さを失っていました。
頭の中では「整骨院?」「外科?」そればっかりで、朝一番にどこのお医者様にかかればいいか知り合いの方に相談していました。
何とかお店までたどり着き、ふと「まさか昨夜の香辛料?」って思えたのです。
京都でお世話になってます東洋医学の先生がいつも「いいもの」って言われるものでも、摂取しすぎはマイナスになるって聞かされていました。
特に「香辛料」の摂り過ぎは身体が冷えて肩コリや、身体のつまりになると聞かされていました。普通は香辛料って身体が温まるって思いますよね〜、それが誤解なんだそうです。実際京都の友人は酷い肩コリで、いつもMy七味を持っていました。
もう一つの一番の原因は、nonkoの身体が熱っていて「熱」に傾いていたためだったそうです。
例えば、春の「気が上がりやすい」時に、普通の身体の人でも行者ニンニクを食べたら、身体が熱って寝つけません。元々行者ニンニクのできるところって寒い地方が多いでしょう。北海道ではアイヌさんが「キトピロ」と言って、寒い北海道の春に食されていたそうです。
昨夜は熱ったnonkoの身体には、辛味噌は厳禁だったようです。いっきにつまっちゃったのでしょう・・・、ホント昨夜は痛かった〜〜〜
もちろん朝に先生に症状をお話しすると、思っていた通りの事を言われました。
そしてどうすればいいのか、アドバイスをいただいたのです。

1037-

食材はこれだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
「ゴーヤ

031-1

nonkoが痛みを訴えたのは首です。
昨夜ツイッターであまりの痛さに「首を切って〜〜〜!」ってつぶやいたら、メッセージに「お店で何かあったの?」ですって(笑)
ホントそれぐらい痛かったですからね〜〜〜
痛みの首は東洋医学で言えば「肝系」なんだそうです。
「肝」を守ってくれるのは「酢」なんです。
「ゴーヤの酢のものを食べなさい!」ってご指導下さいました。
でもゴーヤ酢だけでは食べにくいし・・・
近くのお惣菜屋さんの煮浸しに混ぜて、お酢と少々蜂蜜(脾系を守るため)を加えました。
お陰様で今はバッチリ治っています。そして今夜ももう一度ゴーヤ(笑)
でも明日はまた慎重に食養生をしますね!
いつもハチャメチャな事をしていますが、ここって言う時には徹底して慎重になるのも、京都の先生のおかげなんです。
今の時代自然食を支持される方が多いですが、やはり季節に合った食生活と、一番大切なのは自分の身体を読み取る力だと思います。
nonkoが身体に合ってる食材でも、他の方ではまた違うと思うのです。
だから絶対に真似はしないで下さいね。
あ〜治ってよかった〜〜〜〜〜〜〜
先生の出版される本が試飲コーナーにありますので、ご興味がある方はお貸しいたしますね

012-1

今の時期一番店頭がスッキリしてる横川商店です。
暑いので色々ディスプレイすると暑苦しいでしょう

013-1

それに今の時期は美味しいお水で冷えた地場産のお野菜や果物を食べていただきたいと思っています。
ちゃ〜んとベンチも設置させていただいたので、ゆっくりおくつろぎ下さいませ。
できれば午後のほうが日陰になるのでいいと思います。

008-1

その日によって桶の中には色々な果物やお野菜が浮かんでいるので、お召し上がり下さいね!お持ち帰りだけはご遠慮下さいませ。

011-1

さてさて店内はお中元一色の売り場になりました。
最近はお客様ご自身が詰め合わせをご提案されるので、本当にありがたいですし、先様もきっとお喜びと思います。
お酒と肴&甘味がけっこう良く出るのは、きっとご家族の方々皆様へのギフトなのでしょう。お決まりの箱モノはビールだけでいいですよね〜

111-1

実は昨夜お世話になってます「小布施ワイナリー」様の「国産ワインコンクール2011」の銀賞受賞ワイン「ヴォルプチュー 2009」を開けちゃいました。
それがそれが、ここまで凄いと思いませんでした。
最初あまりのパワーで夏にはきついかな?なんて感じたのですが、みるみる味わいがひらいてくると超ビックリ
nonkoはソムリエではないので、難しい用語は使えませんが、気品のある味わい、きめ細やかな旨味の中に、優しいタンニンが心地よく感じました。
これはメインディッシュが無くても、チーズやパテなんかで十分に楽しみいただける味わいです。そしてゆっくりとお話ししながら飲みたいワインですね


107-1

軽井沢でゲットしたパプリカ入りのソーセージ
このソーセージにお野菜をグルグル巻いていただきます。

108-1

でもこのワインにはやっぱりレバーペーストが合いますよ
お気に入りのワインに出会った時、とっても幸せな気分になりますね

109-1

クルミ入ったバケットにフォアグラペーストは最高だ〜〜〜

003-1

005-1


皆様〜〜〜!瓜漬けてられますか〜〜〜、漬け粕がもうなくなりますよ〜〜〜〜〜
白馬錦様の漬け粕はもう完売です。
nonkoは朝から少し干して粕に漬け込みました。
お早くお願いいたしますね〜〜〜

053-1

運転しながらルンルンの娘は、昨日レンタカーを借りて軽井沢までお買い物に行きました。
nonkoは付き添いの保護者
オ〜〜〜イ、まつ毛に何本爪楊枝がのるの???

050-1

三日町のトンネルを越えて長野から高速で軽井沢方面へ向かおうと車を走らせました。

054^1

無事に高速に乗れ、松代あたりの景色もいいものですね〜

055-1

途中で高速を降りて、東御市の道の駅「雷電くるみの里」で京都の実家にお土産のトウモロコシを送る娘。
こちらでは農産物を丁寧に梱包をして宅配していただけるんです。

057-1

目の前には野菜畑がいっぱいです。
けっこう標高の高い場所にあるんでしょうね〜

063-1

中軽井沢手前からもうこの状態です。
渋滞は聞いていたのですが、やっぱりヤダな〜〜〜

062-1

ヒェ〜〜〜
道を間違えて教えたら娘がブチ切れ
別荘のある道も社会見学でいいじゃん

064-1

結局アウトレットに着いたのは13時30分頃で、雷電くるみの里から2時間30分もかかりました。
娘はアウトレットでパラダイス状態です。まず何か食べなきゃって思うのですが、どこもいっぱいだ〜、仕方なくゆっくり座りたいのでバイキングレストランへ・・・

066-1

まずはチョットだけ地ビール飲ませて〜
少しの待ち時間で窓際に席をとったのですが失敗
窓際は暑いんですよ〜〜〜〜〜

068-1

笑っちゃう〜〜〜、メニューは大町で毎晩食べてるようなものばかりです。
ジャガイモ&カボチャの蒸したもの、焼きズッキーニ、焼きナス、パプリカ、北信産のキノコソテー、これらは辛味噌やアンチョビのペーストでいただきます。
揚げ物は冷凍物のトンカツ、ハンバーグ、コロッケ
他には信州そばや冷やしうどん、おやき等・・・
大きな樽には切ったキュウリやセロリやトマト・・・
一番美味しかったのはこれ

070-1

モロッコいんげんの胡麻和え
これが一番美味しい〜〜〜
これだけ野菜ばかりで、揚げ物は冷凍。実際ちょっとショックだったのですが、まわりを見渡すとお皿にトマトを丸かじりされていたり、ズッキーニやパプリカに感動されていたり・・・、その光景がnonkoにはとってもいい勉強になったのですよ〜、横川商店の店頭で県外のお客様が桶に入ったお野菜をこんなにまでお喜びいただける意味がわかりました。大町にお越しの際には是非ゆっくりとしていただきたい気持ちがより大きくなりました。

069-1

そうだよね〜、クマさん達

074-1

食事後nonkoは脱出し、軽井沢駅構内にある「信州のお味噌屋さん」へお邪魔しました。
ここでは横川商店の「2年、3年長期熟成信州味噌」を置かせていただいてるんです。

071-1

樽入りのお味噌のディスプレイしていただいてるんです。

077-1

レンタサイクルを借りて町なかへ行くと凄い凄い

078-1

軽井沢銀座って言うのがよくわかります

079-1

目的はこちら「浅野屋」様のレバーペーストとフォアグラのムースみたいなの
そして「腸詰屋」様で美味しそうなソーセージをゲット

080-1

「ママどこにいるの?」って電話が入り、テニスコートを横切り急いでアウトレットまで戻り、娘に気付かれずシメシメ。

083-1

ア〜〜〜、ゲリラ豪雨が降りそう・・・

085-1

娘は通勤用のカバンをゲットしnonkoはクマさん達の入るバスケットをゲット
やっぱりこんな人の多いところは1時間でもういいよ〜〜〜

087-1

帰り道の高速でも入道雲が良く見えます。

092-1

空が大きいな〜〜〜

長野まで順調に走れ、どうやら車にもなれてくれたようでひと安心です。
長野市内の温泉へ行き、夜行バスに備え、店主に迎えに来てもらいました。

094-1

駅前で腹ごしらえに「味噌ラーメン」

100-1

大阪に着いたらそのまま仕事に行くのかな〜?

102-1

また帰っておいでね〜、みんな待ってるからね

このページのトップヘ