呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2012年04月

116-1
110-1

118-1

129-1

130-1

123-1

126-1

120-1

今年も大町市「北山田町」の桜の保存会の皆様のおかげで、とってもきれいな夜桜を拝見させていただきました。
京都で見る桜とはまた違い、暗闇に浮かびあがるような幻想的な夜桜です。
毎晩9時頃まではライトアップしていただいてるようです。
毎年毎年ありがとうございます。

昨夜大炭焼き大会で、新潟のご家族様と楽しいひと時を過ごさせていただきました。
本日「道の駅小谷」で試飲販売されてる小田っちより、そのお客様がおみえになられたと連絡をいただきました。とっても嬉しい御縁だと感謝致します。
またいらして下さいね〜〜〜

046-1

北アルプスを望む「東山観光道路」の桜が満開になりました!
昨日の朝はまだ3分咲きぐらいだったのですが、この暑さでいっきに咲き出しました

030-1

駐車場もあるので、そちらの方を御利用下さいね!

008-1

009-1

027-1

023-1

021-1

毎年この時期が来るのを楽しみにしています。
大町市内「北山田町」も皆様が本当に丁寧に管理していただいてるので、このような素晴らしい桜並木を見せていただけるものと思います。

033-1

今日はお花の好きなクマさん達も一緒です。

040-1

ハート桜も咲きました

034-1

明日もまた晴れたらいいな〜〜〜

041-1

菜の花畑も同時に満開!一度にこれだけのお花が見られる大町は、この連休はどこへ行っても花盛りです

049-1

今日の暑さですが、東山観光道路にはこのような杉並木もあるので、是非サイクリングで出かけてみられてはいかがでしょう。横川商店では無料レンタサイクル「みどりの自転車」がございますので、是非お声掛け下さいませ。

056-1

さぁ〜今夜は店頭でワイワイやっています。

058-1

埼玉からバイクでご来店のM君、最近はよく来ていただきます。
今日は店頭の雑木の処理をしていただきました。
地元の皆様とすっかり仲良しになり、ご一緒に店頭で大宴会です!

061-1

夕暮れからは炭もいい状態になり乾杯〜〜〜

072-1

ハイハイ、あなた達もね
あ〜、ゲンゲの干物もらってるし・・・

073-1

081-1

いただきものの干物やお肉をどんどん焼いて、ご来店のお客様もご一緒にワイワイやってました。
いつものことですよね(笑)
今年も頻繁に店頭で炭をおこすことでしょうね〜、もし店頭で何かやっていれば是非お出かけ下さいね!
お酒がとりもつ御縁は素晴らしいです

075-1

新潟から大町がお好きだと言う事で、何度かお越しのお客様、本当にありがたいです。ぜひいい旅をなさって下さいね。そしてまた大町にお越し下さいませ。

095-1

お〜〜〜小田っちコト「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田」様が遅くにご来店です。
今日と明日は「道の駅・小谷」で、試飲販売をされているそうです。
是非皆様お通りになった時には「横川商店のブログを見た!」と言って下されば、チョコって多めに試飲をいただけるかな(笑)

090-1

少しだけ連休の状況をお話して帰られました。
お忙しいのにありがとうございます。

099-1

また明日「道の駅・小谷」で頑張って下さいね

078-1

079-1

今夜はこのあいだ富山でゲットしたお酒が空いちゃいました!干物にはピッタリのお酒です。

088-1

そして小田っちが持ち込んでいただいた「道の駅・北小谷」限定の「北安大國・純米吟醸雨飾山無濾過生原酒」
こちらは雪の中に埋め込まれて熟成された限定のお酒だそうです。
さすが北安大國様、美味しいですよ〜〜〜

076-1

今もまだ店頭でワイワイやってられるようです。
楽しい連休の夜ですね!

051-1

咲いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
nonko自宅裏の東山観光道路の桜の花が咲きました!
まだ朝は3分咲き〜5分咲きです。

049-1

055-1

あまり早い時間より、ちょっと陽が昇った頃の方がいいのかな?
明日はどんな感じに咲いてるか楽しみ楽しみ

053-1

今年もnonkoの名付けた「ハート桜」健在デス

004-1

そして今日は早朝より鹿島槍スキー場方面のミズバショウを見てきました。
朝陽が北アルプスを赤く染めてくれる時間も随分早くなりました。

008-1

いくつもの山が重なり、朝独特の幻想的な風景です。

009-1

036-1

014-1

023-1

018-1

026-1

鹿島槍スキー場の黒沢高原はミズバショウが咲き始めました
ちょうど咲き始めた感じなので、とっても可愛らしいです。

047-1

037-1

045-1

素晴らしい景色が広がる黒沢高原へは、当店よりお車で20分ほどです!

258-1

今日は午後あたりから県外のお客様がお着きになり、試飲コーナーはテンヤワンヤ
チームヤマジュウのお客様は、朝からトレッキングで戻って来られ連休初日に乾杯なんだそりゃ〜〜〜

265-1

おまけにこのワインをピークで飲んだって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜贅沢すぎですよ〜〜〜

264-1

そして試飲台ではまたまた開けられる「ドメーヌタカヒコ」様の赤ワイン

266-1

このザックは年代物なんですって!nonkoにはわからないんです。
何だかんだと試飲台でお話しをされ、色々なお客様とお楽しみのご様子でした。

259-1

時間があれば例年同様山菜の天ぷらも揚げちゃいます。カリカリのスナック菓子のような天ぷらは、生酒にピッタリですのでよろしかったらお楽しみいただければ幸いです。

261-1

夕方にはいつもお買い物にご来店のお客様が、ご主人様をご紹介下さいました。エへッ!新婚さんなんですよねとっても爽やかなご夫妻様です。明日も埼玉よりお客様がおみえと・・・、何やら店頭で炭おこすって

156-1

昨夜の夜行バスで富山に着き、お天気が良くなりそうな気配があったので「JR魚津駅」下車
いつもお世話になってます「魚津駅前観光案内所」で、レンタサイクル「ミラージュサイクル・ミラクル」を借りて、一路滑川の「ほたるいかミュージアム」へ行ってみようと・・・、今の時期ホタルイカが美味しいですものね!

084-1

観光案内所の皆様はいつもご親切で、色々とパンフレットをいただき、色々な情報をいただけます。クマさん達も一緒に市内を爽快に走っていました。

086-1

魚津駅から5分も走るとこちら「ありそドーム」。
29日には「魚津しんきろうマラソン」があるようです。展望タワーにも上れるそうですが、nonkoは高所恐怖症だから無理無理・・・

088-1

ありそドームを過ぎるともう日本海が真正面に見えてきます。
そして潮風を感じながら海岸線を走ると、直ぐに「海の駅・蜃気楼」が見えてきます。

091-1

こちらのお魚は魚津漁協が直ぐ横にあるので、ピチピチのお魚がゲットできるのです。
今日は地元の太〜い「もずく」、そして早くも岩牡蠣がならんでいました。

092-1

地場産のものも豊富で、コゴミやタラの芽もありましたよ〜

093-1

直ぐ近くには「魚津埋没林博物館」があったり・・・
095-1

nonkoの好きな魚津漁港があります。
海岸線をどんどんと富山方面へ走っていくと・・・

102-1

早くも「滑川市」の案内が出てきます。

104-1

このあたりからはサイクリングロードのようなものが作られていて、とっても気持ち良く走れるのです。
もう少し晴れてくれないかな〜〜〜

109-1

少〜し青空が見えてきたのですが、海は空の色で決まっちゃいますからね〜

108-1

わぁ〜、チューリップ畑だ

115-1

111-1

112-1

これだけ咲いていたら迫力です。でも帰りにもっとお天気良くなるはずなので寄ってみよう。

133-1

滑川漁港です。
きっと毎朝沢山のホタルイカの水揚げがあることでしょう。
網の手入れも大変そうです。

134-1

漁船に乗ってるカゴに、ホタルイカがいっぱい積まれて帰って来られるのでしょうね〜

118-1

何となくざわめきが聞こえてきそう・・・

120-1

直ぐ近くにあるのが「ほたるいかミュージアム」です。
こちらは館内は撮影禁止なのでごめんなさいね!
今の時期は5月31日まで、ホタルイカの発光ショーが行われています。ほんと目の前でホタルイカが光るんですよ〜、そして一部身投げもしちゃうんですから・・・、神秘なホタルイカの色々な事がわかりやすく勉強させていただけます。

124-1

ランチは滑川駅近くの「滑川市民交流プラザ」の中のスカイレストラン「かじやばし」様でこの景色を見ながら美味しいお魚をいただきました。

125-1

ガラス窓からは明るい陽射し、そして海が見え、ここはきっと穴場だと思います。ご家族連れの方にはイチオシです

127-1

もちろん朝獲れのホタルイカは臭みも全くなく美味しいです
ホタルイカは鮮度が命ですから、獲れた近くでいただくのが一番です。

128-1

海鮮丼は寿司飯でお願しました。やはり陽射しをあびた時には「酢」が利き目ありです

129-1

分厚いヒラメでしょう。実はこちらのお店はお魚屋さんが経営されてるようですし、階下には役所関係が入ってるので信用していますよ〜〜〜
おまけに階上には入浴施設「あいらぶ湯」様もあるんです。
露天風呂からも海が一望でき、この連休には朗報です

132-1

早朝より営業していただけるようなのです。
これは夜中移動される方には最高のお疲れ取りでしょう。休憩所も広くってとってもきれいです。

131-1

スケジュールはこのようになっています。
JR滑川駅から徒歩でも直ぐです。

135-1

お腹もいっぱい!来た道をもう一度走ろう
本当にお天気が良くなり、気持ちいい〜〜〜

136-1

137-1

139-1

あまりのきれいさに慌てて転んでしまったnonkoはドン臭い
手足は擦り傷(笑)

145-1

先程のチューリップ畑が見違えるよう
陽の光で海の色も花の色もこんなに変えてくれるのです。

144-1

実はチューリップ畑は初めてなのですよ〜

148-1

違うところにもチューリップ畑を発見!
ここは色々なところにチューリップ畑があるんですね〜
今まではノーチェックでした。
場所は魚津から早月大橋を渡って滑川方面に行った海沿いです。
詳しい場所は魚津駅前観光案内所のスタッフの皆方にお聞き下さいね!

150-1

早月川を渡るともう魚津に戻ってきました。
この川って剣岳の早月尾根から流れてくるのかな?

151-1

川沿いには「魚津水族館」があり、機会があればお邪魔してみたいです。

152-1

その向かいには「ミラージュランド」があり、大観覧車の「ゴールド」のゴンドラに乗れたらラッキーですよ

153-1

ヒーヒーフーフー頑張ってお買い物まで済ませ、電車の時間までには魚津駅前観光案内所に戻れました。
いつもながら恥ずかしい状態で戻ります。

155-1

いつもお茶までいただき、色々なお話しをさせていただきありがとうございます。
こちらのカップ、茶卓は飛騨高山の春慶塗り、カップは地元の「魚津漆器」だそうです。唯一一軒頑張ってられるそうです。伝統工芸はいつまでも残していただきたいですね!

157-1

帰りには魚津駅前の湧水をいただき、糸魚川経由で大町に向かいました。

158-1

う〜ん、ブルートレイン乗れるの

159-1

待ちきれないね!「志村乃お寿司」

161-1

今日は滑川まで行ったので、直接お店まで買いに行けなかったけど、やっぱり魚津に来たらこれは外せないお土産です
絶対に美味しいんですから〜〜〜、あとをひく味わい!鯖が苦手な方は無理かな・・・
午前中ならぜひ北陸道黒部IC下りて直ぐのお店まで買いに行ってみて下さい。
市内スーパー&JR魚津駅売店でも販売されています。

165-1

糸魚川から大糸線に乗り換え、根知あたりまで来ると残雪が残っています。
川の水も凄い凄い!そんなに雨が降ったのか?雪しろなのか・・・

167-1

こんな感じで残雪が残っていて、フキノトウが顔を出しています。

171-1

小滝や平岩では桜が満開です。

174-1

自然の力って凄いですね〜、そして芸術的!

179-1

北小谷あたりも桜が満開でした。

182-1

いつも大糸線で帰って来る時には、白馬三山を見ると「あ〜帰って来た!」と思うのです。

189-1

木崎湖もこの時間はとっても静かです。桜はまだツボミでした。

193-1

195-1

ただいま〜〜〜!大町は桜が満開だ
夜桜がnonkoを迎えてくれました。
明日からお店で頑張りますから、皆様お出かけ下さいね。
試飲もタップリとご用意させていただきますね〜

【魚津駅前観光案内所】
【魚津市観光協会】
【滑川市観光協会】
【滑川市民交流プラザ】

JPG-1

急遽京都の実家に立ち寄ることになり、ちょうど阪急沿線にある「長岡天神」駅で途中下車!
京都時代は岡崎から「京都Myベンツ」で筍を買いに走ったものです。
道路脇に無人販売があると小さな筍では2戸で100円とかね・・・
今回は阪急長岡天神駅の横にある「長岡京市観光協会」様でレンタサイクルをお借りし、約20分ぐらいでいつも行っていたお店に着きます。
京都はもう暑さでムンムンしています。こんな気候は筍がグングンのびそう・・・

JPG-1

こちらがいつもお世話になっていた「高橋」様です。
ほんと小屋のようなお店ですが、筍の味わいはどこにも負けませんよ〜〜〜
100gで100円ぐらいからです。

JPG-1

ちょうど「総本山光明寺」の参道の前あたりです。

JPG-1

凄いでしょう!こちら3kgのものですが、ならべられてあっと言う間でした。
こちらは顧客様がほとんどな感じで、少々高くても皆様美味しいって言うことを御存知なのでしょう。

JPG-1

通常はこのようにならべられていて、上段へいくほど良質のものなのだそうです。
でも高橋様の筍は全部美味しいですよ
上段ぐらいになると「白子筍」と呼ばれるものに近いでしょう。
赤土でやわらかな土壌で採れた筍はピカイチなのです。
nonkoは〜っと、大町に戻った頃着くようにお願いしておきました。今回はようやく「白醤油」もゲットできたので、美味しい昆布だしで若竹汁にしよ〜っと最近は「白だし」ばかり販売されていて、白醤油を探していたんです。白だしも流行なんですかね〜、昔はそんなもの無かったような・・・

JPG-1

筍はこのような好きなものを量り売りしていただけるのです。

JPG-1

nonkoはちょっと小さなものをゲットし実家に持って行こう!これって今日食べるにはメチャクチャやわらかくて美味しいんです。小さなものほど発送すると鮮度が落ちやすいので、ホント地元でしかいただけないものなのです。

JPG-1

今日は次から次から竹かごに入った筍が運ばれてきます。
ちょうど「旬」ということなのでしょう。

JPG-1

裏には大きな釜がいくつもあるので、茹で上げた筍も販売されています。
こちらのほうなら手間いらずですね

JPG-1

筍をゲットしたらチョット竹林をサイクリングです。

JPG-1

JPG-1

JPG-1

採ってる採ってる〜〜〜、オジサン忙しそうに掘られています。今日は暑いからきついでしょうね〜

JPG-1

筍の伸びる力ってとっても凄そうです。春の芽吹き以上の勢いのように感じます。

JPG-1

でもいいものは土から出る手前で掘り起こされるようで、出てしまったものの一部は「親竹」として育てられるそうです。

【親竹】
たけのこの収穫作業と並行して、親竹の選定が行われます。竹は一般的に、成長して5〜6年ぐらいで「たけのこ」を産まなくなります。そうなると、切って処分します。次の新しい親竹が必要になります。たけのこが少し地表に出てきたところで、親竹になるものを選び、大切に育てるのです。
切ることを決めた親竹の近くに出てきたたけのこを、親竹用として選びます。だいたい、3.3平方メートルに1本、といわれますが、場所によっては、もう少し広い面積に1本、とする栽培法もあるそうです。親竹には目印を付けます。竹の枝を1本もぎ取り、葉の先の部分を結んで玉状にして、それを親竹の横に差しておきます。親竹は選ばれて1年目は、まだたけのこを産みません。2年目から産み始めます。
親竹としての役目を終えて切った竹の処分が、農家の悩みでもあります。竹炭や、チップにして肥料代わりに、という手もあるそうですが、竹の再利用は思うようにいかないようです。
色々な土地それぞれの事情も大変ですね!

JPG-1

JPG-1

この勢いを見ながら、自転車を走らす気持ちの良さ
筍に元気をもらったみたいです

JPG-1

ワォ〜〜〜!クマさん達も飛び出しちゃった〜〜〜

JPG-1

ウフフ・・・、これは掘られたあとかな(笑)

JPG-1

わぁ〜、池がある!なんだか京都じゃないみたいに神秘的

JPG-1

JPG-1

帰りには阪急長岡天神駅近くの「八条ケ池」の八重桜が満開でした。
大町も帰った頃ぐらいに桜の花が咲きだすかな〜

【筍直売所・高橋】様
総本山光明寺参道前・光明寺バス停前
TEL:075-951-9575


【長岡京市観光協会】様

IMG_4164-1

大阪は暑すぎ〜〜〜〜〜〜〜〜
もう急遽半袖の服を買って着替えています。
この暑さで食欲も落ちる落ちる・・・、nonkoにとってはいいことなのです(笑)
こんな日は「はもそうめん」が食べたいのはやっぱり京都人かな・・・
今日は一日仕入れでドタバタしていました。
ゴールデンウィーク用のお酒の肴他、お菓子類を仕入れています。きっと週末にはお店に陳列出来てるはずです。

IMG_4168-11

IMG_4169-11

そろそろ夏の半生菓子が出てきました!鮎がとってもかわいい〜〜〜

IMG_4170-1

IMG_4173-1

水菓子も涼しげでしょう

IMG_4172-1

リクエストにお答えして「塩トマト甘納豆」です!
甘いのか辛いのかさっぱりわかりませんが、リピーター続出です。
nonkoはまだ試食していませんが、お客様からは美味しいからお願いって!

IMG_4186-1

IMG_4180-1

IMG_4183-1

このあたり定番で人気です!
特に「いい友」の人気は凄い凄い、地元のお客様にご贈答用でお使いいただいてます。

IMG_4171-1

連休に信州に来たけど新潟まではちょっと・・・、というお客様にはこちら
そしておつみの人気と言えばこちらです。

IMG_4174-1

IMG_4175-1

IMG_4176-1

IMG_4177-1

IMG_4178-1

IMG_4179-1

IMG_4181-1

「ふじや」様のおつまみは安心して仕入れて来られます。

IMG_4184-1

そして今回初入荷のこちら「海苔製品」
もちろん試食済みです

IMG_4185-1

こんなのもあるよ〜〜〜
この他まだ楽しいものもいっぱいです。どうぞ連休は当店ごゆっくりお出かけ下さいませ。

IMG_4161-1

昨日の夜行バスで今朝大阪に着いたのですが、ちょっとダウン気味・・・
お風呂に行こうと天王寺に直行!

IMG_4160^1

ウォ〜〜〜、昔娘が小さな頃よく連れてきた場所・・・、確かスペースワールド???だっけ・・・
解体してるじゃないですか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
なんだか今まで無人だったのも嫌だけど、何年営業していたのでしょう?
複雑な気分ですね・・・
お風呂でゆっくりするのも久しぶり、今日はもう仕入れはやめてお休みします。

IMG_4155-1

IMG_4159-1

娘のリクエストで、娘宅近くにある「ベーカリー ササノ」のビスキーと食パンを買って、ようやく戻って来ましたが・・・
近くに娘の選手時代の同級生がいるのですが、このあたりの旨いもんいっぱい教えてくれるのです。
ササノの食パンは4枚切りやで!って

IMG_4157^1

よ〜く育ったね〜〜〜、この玉葱はお味噌汁に使うため育ててるのかな?

006-1

いらっしゃいませ〜〜〜!お子様はお酒の試飲はできないことになっています。
昨夜のアンコウ汁ならございますのでどうぞ!

007-1

お代わりはセルフサービスになっていますのでご自由にお楽しみ下さいませ。

009-1

お気に入りいただきありがとうございます。

004-1

今度は「そば薄焼き」の体験でございます。
やめられない止まらないのは子供さんだけではないのですが、やはり面白いのでしょう!ホットプレートで火傷しないでね〜〜〜

014-1

・・・って言いながらも、子供さんもあきると次のお遊びを探すんですよね〜〜〜
「それは食べられないよ〜!」

015-1

無理だってば〜〜〜!

016-1

歯が折れるよ〜〜〜!

017-1

もうあきらめなさ〜い!

018-1

だって七輪のディスプレイ用のシシャモなんだから〜〜〜!

019-1

今度は試飲コーナーの椅子のお片付け!
片付けたらお客様が試飲できないよ〜〜〜!

021-1

このわんぱく坊やどちらの???

005-1

3月には妹「奈那ちゃん」が生まれ、お兄ちゃんになった「宮坂凛太郎」君です。

023-1

今日は昨日開催の「春霞 本金大吟醸の会」で、旦那様の恒太朗杜氏様をお迎えに来ていただきました。
ちとせちゃん、上諏訪から凜太郎君、奈那ちゃんを乗せて凄いですね〜〜〜、さすが本金魂です
きっと来週末からのゴールデンウィークも、「酒ぬのや本金酒造」様で頑張られると思いますので、是非皆様お出かけ下さいませ。そして帰りには大町にも遊びに来て下さいね!きっと桜が満開だと思います。
nonkoは今夜から関西に戻り、仕入れをしてきますね〜、またリクエストあったらどうぞ!
003-1

恒太朗さ〜ん、ちとせちゃ〜ん、あなた達がご結婚された年の「太一・生酒」ですよ〜〜〜
是非今夜は乾杯して下さいね
このたびは本当にありがとうございました。

001-1

「春霞 本金大吟醸の会」
横川商店2階の会場は大パニック状態でした。
こんな感動感動の日本酒会が皆様のご協力で開催でき、ただただ感謝でございます。
「本金大吟醸・無濾過生原酒滓酒」です。
このお酒は「上諏訪街道春の呑みあるき」で出品されたものとほとんど変わりありません。
一升瓶3本が個々に味わいが違うとっても楽しませていただけるものでした。

054-1

春霞のような薄濁りは、今の時期にピッタリの旨口大吟醸です。
nonkoも少しいただいたのですが、口あたりがやわらかくてふんわりと甘味も感じました。
そして今回のサプライズは、「酒ぬのや本金酒造・宮坂恒太朗杜氏」様がお持ちいただきました「本金正宗大吟醸20BY」が最後の一本!素晴らしい熟成でやわらかい味わいで大好評でした。
また「本金純米吟醸無濾過生原酒しらかば錦22BY」もしらかば錦の酸味がまるくなっていて心地良くお楽しみいただけたようです。
nonkoはほとんど会場の様子はわかりませんでしたが、店主も素敵なサプライズを用意してくれました。
ナ・ナ・ナント・・・、恒太朗様とちとせちゃんが御結婚された年の「本金太一」を裏の蔵の冷蔵庫で熟成していたようです。こちらも大好評だったそうです。
色々なお酒をお楽しみいただけるよう、お恥ずかしながらnonkoも頑張って酒の肴を作りました。

001-1

京都風の出し巻き焼いて・・・

002-1

ムツの粕漬け焼いて・・・

003-1

おばんざいは3品ほど炊いて・・・、写真は「小松菜の炊いたん」、「煮る」ことを「炊いたん」と言うのです。

004-1

この子は5枚おろしにしなくちゃ!
しかしかたい鱗だなや〜〜〜、2匹捌くのに異常な時間を要してしまったのが誤算の始まりです(笑)

007-1

キャ〜〜〜箸紙印刷して作らなきゃ

014-1

うぉ〜〜〜、凄い面々
まるで盆正月が来たようなお顔ぶれです
まさか「酒ぬのや本金酒造・宮坂恒太朗杜氏」様(中央)がご来店いただけるなんて、夢にも思ってませんでしたから・・・、ご一緒に本金のお酒を造って下さってる今井様もご来店下さいました(左)
そしてタイミング良く、「笹井酒造・笹井杜氏」様も配達にご来店です。(右)
もう何だか嬉しくって嬉しくって〜〜〜!手伝って〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

012-1

箸紙作り申し訳ないのですが、お手伝いいただきました(笑)あ〜便利な試飲コーナーだわ

017-1

nonkoは会場でお弁当作りです。

018-1

昨年から使ってる竹皮のお弁当箱ですが、けっこう春らしくって使っています。
竹の子ちらし寿司、若竹、生麩田楽、ムツの粕漬け、出し巻き卵、ウドとコゴミの酢味噌、笹かまぼこ、桜生麩・・・、昨日採りに行ったクマザサはこちらで使うのです。

067-1

「半兵衛麸」様の桜生麩は春の雰囲気を存分に引き立ててくれました。

022-1

おばんざいは「きんぴらごぼう」「あらめの炊いたん」「小松菜の炊いたん」

026-1

「あ〜〜〜、笹井さん何してるの(笑)手伝ってよ〜〜〜!」
なぜか会場セッティングに本金酒造今井様も、笹井杜氏様もお手伝い下さり、本当に助かりました。
帰らないでこのままいて下さいね〜、と言うことで開催中もお手伝い下さり、ご参加のお客様も色々なお話しが出来お楽しみいただけたような気がします。

028-1

宮坂恒太朗杜氏様よりお酒の説明もしていただき、いよいよスタートの乾杯です

024-1

会場はいっきに笑いの渦の連続です!爆笑爆笑で店内は凄い凄い
でも有難いんです、こんなにお楽しみいただけるなんて

030-1

鯛は結局お客様の中にプロの料理人様がいらっしゃったのでお願しちゃいました。
さすがプロは違う〜〜〜、ありがとうございます。

032-1

南蛮海老も桶に入れてまわして下さ〜い!ざっくばらんなお酒の会ですから、お客様も色々とご協力いただけるのです。

034-1

お久しぶりです!美味しいものいっぱい食べて下さいね〜〜〜、確か最初の頃お酒があまり飲めなかったのでは?でも今ではほろ酔いOKなのでは?

031-1

赤カレイは煮付けにしました。コッコがいっぱい入って美味しそうつまみ食いできる数がないよ〜〜〜

041-1

これはきつかった〜、メギスと竹の子の天ぷらですが、メギスは捌きながら揚げていました。
今回は全てに仕事がずれ込んで、ホント大変大変!
汁も物のアンコウ汁は笹井杜氏様にお願いしちゃった〜〜〜、鍋もりさせてごめんなさいね〜

036-1

会の後半では横川商店自己紹介コーナーです。
毎回大爆笑の連続です結局こういった会でお客様同士がお知り合いになられる事って私共にしても大変嬉しい事なんです。

048-1

051-1

052-1

何だか皆様とっても楽しそう

037-1

本金酒造宮坂杜氏様、笹井酒造・笹井杜氏様、きっと長野県の日本酒をこれから引っ張っていかれることでしょう。頑張って下さいね〜〜〜

043-1

お帰りには「本金酒造・若奥様ちとせちゃん」よりお土産の「本金酒粕クラッカー」をプレゼントさせていただきました。ちとせちゃんありがとうね
今回の日本酒会は、皆様のご協力があってこそで無事開催できました。
色々なサプライズがあり、色々な方々との出会いもあり、そんな場所が当店であればこの上なく嬉しい事です。
どんどん当店を使って下さい、ご利用下さいね!

056-1

無事に「春霞 本金大吟醸の会」が終わり、試飲台で杜氏様と店主がビールで乾杯していました。
nonkoには入れない雰囲気!男同士のお話しでしょう。でもこんな雰囲気もいいですね。

054-1

ヤッタ〜〜〜!京都の実家から竹の子が届きました。なんとタイミングのいいこと
早速色々なお料理でお味見です

053-1

これな〜んだ?
生麩で〜す
桜のシーズンにだけ作られる京都の「半兵衛麸」様よりお送りいただきました。
事務の窪田さんに試食をお願いし、まだnonkoは口に入ってません。でも窪田さんの顔つきで

069-1

こんなに可愛らしい生麩も一緒に使わせていただきますね!
半兵衛麸様は京都の五条に本店があり、友人がご親戚のようで、桜生麩はギリギリセーフ今日からは「柏麩」になったそうです。もつべきものは友達だね

055-1

食材だけではなく、盛り付けに使うクマザサの葉っぱも採りに行ってきましたよ〜〜〜
大町って良く考えれば京都の料亭様なんかで使われる葉っぱ類、シダ類が雑草のごとく生えているのには驚きです。

065-1

夕食も試食の山盛りで、店主はアップアップかも?
やっぱり竹の子御飯は外せませんよね〜、でも明日はちょっと違うメニューです。

062-1

これ意外と手間なんです。昨日いただいたセイコがにですが、身をほぐしていただきものの生ペンネで一品
なんだかんだで一日キッチンでゴタゴタしていました。
はてさて明日はどんな日本酒会になることでしょう

004-1

姫川の流れに沿って海へ海へ・・・
大糸線を糸魚川方面へ・・・

007

電車の中の楽しみは、車窓から見る景色!
靴を脱いで座っても誰にも迷惑がかからないほどの乗客数

006-1

大町から買ったお昼のパンは既になく、糸魚川駅でまたまた買った牛乳パンの美味しいこと

008-1

お世話になってます能生漁協前の「池田鮮魚」様、毎回日本酒会でお世話になっています。
もう先代の清水のおばちゃんから代が変わり、今は池田鮮魚様になりました。
思えばもう何年通ってるのでしょう・・・

035-1

036-1

能生では満開の桜がお出迎え
明日の日本酒会のいいお魚が手に入りますように・・・

016-1

能生の海はとっても穏やかでした。一日ボ〜ッとしていたいぐらいの日でした。

013-1

お昼過ぎからはどんどんと漁船が入ってきて、直ぐに漁協の方々の手で仕分けされていきます。
今の時期はいいのですが、冬は厳しいお仕事だと思いますよ〜

017-1

026-1

セリは15時からです。
それまでに池田鮮魚様とお魚を見ながら打ち合わせをします。通常は一般の方は入れませんが、了解を得ていただき有難いです。

025-1

今の時期は鯛がとってもいい感じ

023-1

キャハハハハ〜、アンコウもまだまだ豊漁です。
このあたりは年中アンコウがあがりますからね〜

024-1

ヒヒヒ・・・、「ナンダ」「キツネ」色々地方によって呼び名が変わる「ヤマダゲンゲ」ですが、メッチャ美味しい魚です。確か昨年のワイン会で使わせていただきました。

030-1

セリが始まると、nonkoは池田鮮魚様で待機なのですが、ジッとしてる訳がないでしょう。

031-1

昨日のセリも豊漁だったので沢山の仲買人の方々でした。
何だかわからない用語がいっぱい飛び交って凄かったです。

022-1

能生の集落ってとっても小さいので、行きかう方々が皆様お知り合いのようです。

037-2

軒先にゲンゲが干してあったり、直ぐに魚が捌けるような場所が作られていたり、車庫かと思えば漁具が置いてあったり・・・、小さな小さな集落なのですが、かつて何度か地滑りがあって大変な場所だそうです。それでも地元の方はこの地が好きで頑張ってられるのでしょう。池田鮮魚様も、今は池田様の娘様があとを継がれるため頑張ってられるのです。現在はまだ東京と能生の行ったり来たりの状態だそうですよ〜

046-2

16時過ぎにセリを終えたトラックが戻り、待ち構えてるように地元の方々がわんさかおみえなのです。
もちろんどなたでも販売して下さいますので、船が出たなら必ず販売されていますし、欲しいお魚がありましたら買っていただけるので是非ご連絡をどうぞ!

043-1

いい顔した春の桜鯛

042-1

プックリお腹の膨らんだアンコウ

040-1

きれいな色した南蛮海老
さぁ明日は何を作らせていただきましょうか

044^1

ヒョエ〜〜〜地元のおばちゃん方も取り合いのようにお魚をゲットされ、あっという間に無くなっちゃった〜
思い出せばもう何年お酒の会でお世話になってることでしょう。最初は能生漁協にご紹介いただき「清水のおばちゃん」に出会い、今は池田様が継がれています。
無理な仕入れはなさらず、船が出た時にはお店を開かれます。清水のおばちゃんはもうお歳で、お店には来られませんが会いたいな〜〜〜
いつも「ネーちゃん、ネ〜ちゃん!」って呼んでいただき、色々なお魚の種類や、見分け方を教えて下さいました。
セリ会場で片足をトロ箱にかけてセリ落として下さる姿は、カッコいいそのものでした。
能生漁協は近くの小さな漁港に停泊してる漁船しか入って来ないため、とっても安心して新しいお魚を楽しませていただけるのです。

【池田鮮魚】様
能生漁協入り口
TEL 025-566-4230(自宅)
TEL 025-566-3364(お店)
池田鮮魚店様は午後4時頃にはお店に戻られて販売されますので、そちらの方でお買い求め下さいね。
漁があるかないかはお問い合わせされてからお出かけ下さいませ。

036-1

素晴らしい景色が広がる八ヶ岳山麓

008-1

033-1

八ヶ岳がホテルの中庭にマッチング!
こんな素敵な場所で、近郊のワインを楽しめる場所があるのです。
今日は定休日、松本方面へ販促物をとりに行った帰りに、店主が何かで情報を得たそうで、小淵沢の「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」様へ行ってきました。

032-1

ホテル内にある「BOOKS&CAFE」では、この4月より特別なサーバーが設置され、山梨&長野のワインを少量ずつ試飲でき楽しめるのです。

003-1

これが素晴らしい「サービングマシン」です。
品質が保持できる特殊な機能があるそうです。

024-1

023-1

022-1

24種類のワインがそれぞれ貴重なものばかりでビックリです。

020-1

試飲の量は3種類で、グラスも沢山置かれています。

011-1

どれにしようか迷う迷う・・・
でも嬉しい迷いですよね〜、Sサイズなら全種類呑んでも大丈夫

014-1

カードを差し込んで、欲しいワインのサイズのボタンを押すとグラスにワインが注がれるのです。
楽しい楽しい〜〜〜、ワイン好きにはたまりませんよ〜〜〜
可哀そうな店主はドライバーのため飲めないので、nonkoにこれを飲めあれを飲めと注ぐ注ぐ・・・、そして店主は香りだけ
それでも相当感激していました。

010-1

015-1

018-1

飲んだ飲んだ〜〜〜!
nonkoは意外に甲州系のものが好きなんです。

009-1

016-1

そしてこちらの2本には感動でした。
「シャルドネ」も「ピノ・ノワール」も優しいのです。やわらかいと言うか・・・、穏やかな飲み口と香り
特にシャルドネは凄かったです。
「ドメーヌ・ミエイケノ」様と言うワインで、女性の方が醸造されてるそうです。
こちらのワインは「リゾナーレ八ヶ岳」様だけでお楽しみいただけるとっても貴重なワインだそうです。

029-1

028-1

こちらの「サントリー登美の丘ワイナリー」様のメルローとカベルネソーヴィニヨンのブレンドかな、とにかく素晴らしかったです。

007-1

ちょっとした軽食なんかもあって、ワイン好きには嬉しい場所です。
けっこう飲んじゃいましたが、思ったより高くなく、帰りには店主が飲めなかった一本をゲットしていました。

045-1

帰りにどうしても今日試飲し、ゲットしたワインの畑を見てみたいと、裏ラベルに記載されてる住所をたよりに周辺をウロウロ・・・、何時間さまよった事でしょう。
それでも小高い山の丘に素晴らしいブドウ畑を見つけた時には感動感動でした。

048-1

遠くで一人の男性がブドウの木を手入れされていましたが、邪魔することなく少しだけ見学しお声掛けする事もなく失礼させていただきました。
信州もそうですが、日本の中では今きっと沢山のワイナリー様ができる事だと思います。
造り手様の個性あふれるワインが日本中にできると嬉しいな〜〜〜

038-1

039-1

近くにある樹齢400年の桜「神田の大糸桜」も、今週末ぐらいが見頃だと思います。
根廻り8m ,枝張り20m余り、樹齢400年のエドヒガンザクラの変種。県内でもまれに見る巨木で樹形も良く県の天然記念物に指定されているそうです。4月中旬から下旬が見頃で毎年見物客で賑わい、田圃の真ん中に位置し、八ヶ岳をはじめ周辺の景観は素晴らしいです。昭和34年山梨県の天然記念物に指定されているそうです。

052-1

小淵沢と言えば「酒ぬのや本金酒造」様のご縁で知り合いの「久保酒店」様がございます。
今日は久保君配達でお留守でしたが、奥様が色々とお話しをして下さいました。

051-1

八ヶ岳周辺の情報は是非久保酒店様へどうぞ!
可愛い奥様が対応して下さいますよ〜、穴場スポットもご紹介下さるかも

【星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳】
山梨県北杜市小淵沢町129-1
TEL:050-3786-0055 【受付時間】8:00〜21:00
TEL:0551-36-5111【受付時間】21:00以降

【久保酒店】
山梨県北杜市小淵沢町7661
TEL:0551-36-2034
FAX:0551-36-5152
営業時間:4月〜9月/9:00〜20:00 日曜定休  10月〜3月/9:00〜19/30 日曜定休

004-1

今日14時頃突然停電してびっくりしました!
店内はこの状態、一番心配したのは冷蔵庫のお酒です。当店はしぼったまんまの「無濾過生原酒」が多いので、一瞬冷や汗ものでした。
そろそろゴールデンウィークのこと、そして今週末開催させていただきます春の日本酒会「春霞・本金大吟醸の会」の準備も始めています。

016-1

今回のお酒はこちら
もうたまりませんよね〜〜〜、春の「上諏訪街道呑みあるき」で出品された一本なんです。
春のお料理をご用意し、ご参加の皆様と楽しいひと時をと考えています。

014-1

015-1

またゴールデンウイークには、自家製ふき味噌の試食を「そば薄焼き」とご一緒にお楽しみいただけたらいいかな〜、なんて思いながら試食をしてみました。
やっぱり相性がいいですね〜〜〜、今年も試飲コーナーでごゆっくりしていただけますよう、色々と考えてみますね!

012-1

ホッと一息「ユナイトコーヒー」様。
桜のシフォンケーキがメチャクチャ美味しいです
大町は桜の開花がまだなので、少し早い桜気分で楽しませていただきました。

001-1

002-1

014-1

016-1

011-1

018-1

019-1

022-1

023-1

026-1

027-1

028-1

029-1

今年も雪から出てきたふきのとう!
横川商店自家製ふき味噌になりました

040-1

ふきのとうのツボミのみを使用した贅沢な「ふき味噌」です。

vvvvvv 003-1

横川商店超特選味噌をブレンドした逸品です
明日よりまた発売させていただきますね!

032-1

034-1

宮の森自然園のミズバショウは、一つだけお花が咲いていましたが、まだ葉っぱだけです。
早くもっと暖かくな〜れ。。。

003-1

今年も昨夜上諏訪の「浄土宗・貞松院」様で、アコースティックギタリスト「吉川忠英」様の桜ライブが開催されました。nonkoは恒例でお手伝いに行ってきました。
樹齢400年のしだれ桜は、今年はまだ咲いていなかったのですが、ライトアップされた時にはまるで咲いているかのように浮かび上がっていました。

004-1

音響は「諏訪ポピュラー音楽協会」様で、何故かnonkoはその他色々(笑)
今回「酒ぬのや本金酒造」様のお酒が振る舞われるため頑張らなくっちゃ!

011-1

厨房でおつまみの盛り付けをするのもなかなか大変なんです。

016-1

今回は地元の製麺所様の香り高い「さくらそば」

009-1

諏訪サプリのトモちゃんが頑張ってる「いずみ屋」様より天ぷらの数々、横にチョコッとのっけていただいたのは、nonko持ち込みの「ふき味噌」です。

012-1

もちろんお酒は「本金大吟醸&純米吟醸」です。

036-1

「本金・宮坂恒太朗専務」様が、お酒の説明もして下さいました。

013-2

そしてお酒の飲めないお客様には中国茶もご用意していただきました。

019-1

021-1

日が暮れていき、会場からは吉川忠英様のギターの音色が優しく聞こえてきました。

031-1

あ〜、今年もここでスタッフをさせていただき有難いな〜〜〜
戸外から会場を観させていただくのもいいものなんです。

027-1

029-1

吉川忠英様いいでしょう〜〜〜、是非生でギターの音色をお聴きいただきたいです。

024-1

会場はとってもいい雰囲気です

040-1

今回はゲストに福島県郡山の「IN THE WIND(インザウィンド)」のお二人のとっても素敵なハーモニーを楽しませていただきました。お二人はご夫妻だそうで、奥様のご実家が岡谷なのだそうです。
歌っていただいた「赤とんぼ」、情景がうかび大好きになりました!
福島の現状、また会津若松のこと、やはり地元の方々に直接お話を聞くことによって、伝わってくるものがこんなに大きく違うなんて・・・「頑張って下さいね!」と言うお言葉を返すことしかできなかったですが、今自分にできることは、毎日明るく元気にお客様に接することだと思い、より努力していきたいと思いました。

043-1

きっと大変なのでしょうが、会場をとっても明るくしていただき頭が下がる思いでした。
昨夜のことはとっても強い印象に残りました。

052-1

最後には吉川忠英様とご一緒に会場が一つになれたような気がしました。

046-1

お庭の枝垂れ桜、まるで満開のように輝いていました

053-1

恒例のお疲れ様会!
深夜まで笑い声が絶えない昨夜でした。
吉川忠英様の「〜大信州・発酵・熟成・湯けむりツアー2012春〜」はまだまだ続きます。
来週はいよいよ信濃大町にお越しです。
是非皆様「大町温泉郷・夢の湯」様へお出かけ下さいませ。

051-1

アハッ!

052-1

エヘッ!

054-1

ウ〜ン・・・飲めるね〜〜〜、いいね〜〜〜

053-1

これかな〜〜〜(竹中缶詰・ハタハタ)

050-1

今夜は試飲のワインがあったので、ご来店のお客様とご一緒に楽しませていただいてます。
色々なご意見を頂戴し、私共もとってもいい勉強になります。
どのワインも、肴は何との相性がいいとか、皆様個々のお好みなどをお話しいただき、お酒って本当に嗜好品だと感じます。

043-1

ワインだからって和食でもOK!
今日の白ワインはnonko自家製ふき味噌もピッタリ

047-1

長野県の人々が大好きな「ビタミンちくわ」の磯辺揚げもバッチリ
nonkoもようやくビタミンちくわが食べられるようになりました
またご機会がございましたら皆様是非どうぞ!

013-1

昨日の定休日、お世話になってます中野市の「丸世酒造店」様へお酒をいただきに行きました。

015-1

関社長様は関東のイベントでお留守、奥様がお店にいらっしゃり先日の「ひな市」のお話で花が咲きました。

017-1

帰りに「土人形資料館」様へnonkoの、絵付けコンテストの出品作品をいただきに行ったのですが、「まちなか人形の家」様の方にあると言う事で、またまた出直しです(笑)

019-1

今回もまた絵付けの白地のお人形をいただいてきました。
こんな可愛らしく描けたらいいのですけどね〜

020-1

こちらでも絵付け体験させていただけるのです、是非皆様お出かけ下さいね!
きっとスタッフの方が親切にアドバイスして下さるはずです。

023-1

裏では中野市街がこんなにきれいに見えるのです。
昨日は風雨、晴れたら北信五岳が見えるのでは?

012-1

中野に来たらランチは「三幸軒」様です。こちらはいいですよ〜〜〜、酒宗夜様にご紹介いただいたお店なんです。

006-1

まずは八宝菜
これ絶品
何て説明したらいいのか、旨味の具合がたまりませ〜ん。それにnonkoの好きなエビがいっぱい入ってるんです。

008-1

しまったオーダーが重なった〜〜〜って思ったのですが、あんかけの味わいが若干違う「五目焼きそば」です。
これには良く合うお酒がございます。

004-1

飲み比べセットで〜す
左から、「飛露喜」「花陽浴」「岩清水・五割麹」
もちろんnonkoの好みは一番手前の岩清水で〜す。

010-1

011-1

残念ながらまたまたエビ餃子は売り切れで、普通の餃子になりましたが、餃子苦手の店主もパクリです。

025-1

元気をつけたら行動開始
025-1

雪のある山の中へ車を走らせ、風雨の中で出会ったものは・・・

024-1

雪どけの中から顔を出してくれる「ふきのとう」です。
今年もようやく出会えました

026-1

027-1

毎年雪どけのツボミしか使わないnonkoのこだわりです。
花が咲いたものはアクも強く、味わいに雑味が多いため極力ツボミだけを使うようにしています。
量は採れませんが、安心で良いものだけを採取したふき味噌、自分が美味しいと思うものをご提供させていただきたい気持ちで作っています。
しかし昨日は凄い風雨でした

040-1

なのに今朝の信濃大町はこのように素晴らしい景色です

041-1

左に蓮華岳、右に爺ヶ岳、北アルプスは大町を守ってくれてるかのようです。

045-1

蓮華岳

044-1

爺ヶ岳

043-1

鹿島槍ヶ岳

046-1

五竜岳

056-1

こんなに素敵な景色が広がる今日でしたが、朝から「自家製ふき味噌」作りでテンヤワンヤでした。

055-1

こんな感じのツボミがほとんどです。
花が咲いてるものは、アクも強く雑味が多いように感じ、量産はできませんが、「自分が食べるとしたら・・・」と言う気持ちで、きれいな場所の最高のふきのとうを使って作っています。

069-1

こだわりはまだあるのです。
当店裏の築200年の味噌蔵です。
こちらでは「横川商店長期熟成信州味噌」が眠っています。
一切熱をかけないで自然のままで熟成させているのです。

067-1

こちらは昨年の6月に仕込んでいただいた「超特選味噌」です。
なにが超特選なの?って・・・、それは「塩」です。
自然海塩「海の精」で仕込んでいただいてます。

059-1

これこれ
平成22年に仕込んでいただいた木樽です。
これをnonkoが今日一人で蔵出ししました〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

065-1

大きな石や蓋をとっての作業は大変大変
でもお味噌が出て来た時には嬉しくって嬉しくって〜〜〜

071-1

こちら「超特選味噌」をふき味噌作りにたっぷり入れるんです

072-1

ウフフ・・・、出来上がってきましたよ〜〜〜
本日より「横川商店自家製ふき味噌」発売開始です。

*ふきのとう豆知識
このフキノトウが今の時期には抜群の「薬食同源」なんです。
木の芽立ちの症状を緩和してくれるんです。熱りとりとでも言いましょうか、解毒作用があるので、気の上がりを和らげてくれます。でも摂り過ぎは要注意ですし、冷えてる方は御注意下さいね。でもお味噌と一緒に食べると、身体をあたためてくれるお味噌なので「丙」を保ってくれるのです。
これからの時期、山菜は基本身体を冷やしますので、食べすぎには御注意下さいね!

004--1

月曜日の事です!
次の日が「立山黒部アルペンルート・オープンカーニバル」と言うことで、掲載が前後しちゃいました。
この日は、松本までの場所で所用があり、また松本市内でも探し物があったので、nonkoの営業車「Myベンツ」で松本まで行ってきました。帰りは荷受に来る店主に迎えに来てもらいました。

003-1

大町市街を出て、社あたりに来ると「ノカンゾウ」の新芽がこんなに出てるのです。
これも春の山菜、湯がいて胡麻和え酢味噌なんかでいただくととっても美味しいのです。

005-1

いつも見るこの川、きっと農具川の下流でしょう。
木を切られたのか、まるで景色が変わりました。

006-1

池田経由で明科に出て松本に向かうつもりですが、できるだけ国道を避け、農道を走るようにしています。

007-1

う〜〜〜、北アルプスが見えるはずですが、この日は雲がかかって見えません。
きっと晴れたら安曇野の素晴らしい風景が広がる場所なんです。

011-1

「JA大北社支所農産物直売所」に来ました。
いつもは店主の車で通るので、立ち寄らせていただいたことがなかったところです。

008-1

店内ではこのあたりの郷土食「氷餅」が干されていて感動です。
お料理のとろみ付けや、揚げたり、お湯を入れてトロトロでいただいたりするようです。まだnonkoは修業不足です。

009-1

ハウスものではありますが、地元のアスパラガスをゲットです
今年初物でラッキーです

013-1

焼く時間で池田町です。
そして「道の駅池田・ハーブセンター」です。

023-1

何度かお世話になった「カモミール」様でランチです。

022-1

店内は以前より少し広げられたようです。
地元の女性の方々が頑張ってられるビストロです。

018-1

お昼限定10食のランチです。
地元のお豆腐や天ぷら+鶏料理が出てきます。

017-1

鶏肉の香草焼きはさすがの味わいです

019-1

そしておにぎりは絶品!この日はふき味噌がトッピングでした。
地元で採れたもの、また地元食材を上手く料理され御提供下さってます。
お車以外の方はJR大糸線松川駅からレンタサイクルかタクシー、またはバスかな?
お腹いっぱいでまたまたMyベンツを走らせました。

024-1

お世話になってます「大雪渓酒造」様の前を通り、どんどん松本へ向かって南下しています。

027-1

池田町は山手の方に沢山のワイン用ぶどう畑があるので、これからがとっても楽しみです。
ん???ここで「笹井酒造・笹井」様よりTEL!どうやらnonkoが松本へMyベンツで向かってるのを、ツイッターで見られたようです。お蔵様に最後の「醪(もろみ)」があるとご連絡いただきました。

028-1

明科に来ると犀川を渡ります。
実はこの犀川、よくよく考えると大町の高瀬川が流れ込んでる川で、最終的には信濃川になって新潟市で海に出ていくのです。凄いですよね〜、長い旅をするんです。

030-1

キャ〜〜〜!明科を過ぎると登り坂何でやねん
そう言えば、明科あたりは松本の奈良井川も流れ込んでくるので、やっぱり川は上から下へ流れるんだ〜〜〜これは厳しい坂だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

032-1

うぉ〜〜〜、明科は梅が咲いてるんだ!大町はまだつぼみが固いのに

034-1

ヨッシャー、松本に入ったぞ
横に奈良井川が流れているのですが、このあたり夕陽がきれいに見える場所なんです。
そう、nonkoは何度もこの道は走ってるのです。

035-1

新橋まで来て奈良井川を渡ると直ぐに「笹井酒造」様がございます。

036-1

お恥ずかしながら、今季はなかなかタイミングが合わず、今年初めてのお邪魔です。

041-1

こちらが今季最後の醪(もろみ)です。
酒米「ひとごこち」で「長野D酵母」を使用されています。
とっても元気で、メロンのような香りがしていました。新酒が楽しみで仕方ないですよ〜

047-1

自転車なので試飲はできませんが、雰囲気だけでも感じる事が出来ます。

046-1

笹井酒造様でご案内できます今期の新酒はこちら3本
それぞれに入荷しましたら詳しく御案内させていただきますね!
右端の「特別純米・美山錦直汲み生」は現在入荷中です。

048-1

美味しいお酒が入荷できると胸を膨らませ笹井酒造様を後にし、奈良井川沿いに出るともう夕暮れの陽の傾きです。この日はホント暖かな日でしたので、全く疲れも感じず、松本市街の探しもののお店に向かいました。

049-1

松本城も夕陽があたりきれいです。
かつてnonkoがアルプちゃんに変身した場所なんですよ(笑)

050-1

今日はアルプちゃんじゃなくって、クマさん達です。ついて来たんですよ〜〜〜(クマ除け)
スムーズに探し物を見つけ、ホッと胸をなでおろしました。

052-1

思ってたより早くに仕事が片付き、ご褒美タイムです。
めざすは「甘味・塩川喫茶部」様です。

053-1

すご〜い老舗だと思うんですよ〜、nonkoオススメの甘党のお店です。

055-1

とにかく美味しい「クリームあんみつ」は、カンテンの食感の凄さ、自家製粒あん、そしてアイスクリームが絶妙のバランスです。ラッキーだとフルーツも時々手作り甘煮が登場するのです。
今の時期はお土産にもできますのでぜひどうぞ
こうやって小回りしなくちゃいけない時には、nonkoの営業車「Myベンツ」が活躍してくれます。
車では出会いないご縁、そして道路を走っていても目につくものが違います。
今はカッコいい高級な自転車が多いですが、ママチャリでも十分ですよ〜〜〜

【JA大北農協・社支所農産物直売所】大町市社1757.
TEL :0261-62-8890
営業時間:3月〜12月 8:30〜17:00

【道の駅池田・ハーブセンター】
長野県北安曇郡池田町大字会染6330−1
TEL:0261−62−6200 

【甘味 塩川喫茶部】  
長野県松本市大手4-12-8
TEL:0263-32-2818
営業時間 11:30〜19:30(夏期は延長) 日曜営業
定休日 水曜不定休



060-1

娘さんが目の前で大応援
お父さん頑張って〜〜〜
本日開催されました「立山黒部アルペンルート・オープンカーニバル」で、信濃大町も観光シーズンの幕開けです。
立山黒部アルペンルートの大町市−富山県室堂間の開通を記念して、ルート各所で開通式や安全祈願祭が行われました。
富山城主佐々成政軍団に扮したご一行様は、雪中行軍や市中パレードなどを行われ、応募で集まられた一般招待者の皆様「カーニバル盛り上げ隊」は、アルペンルートの見学を楽しみながら、開通セレモニーの盛り上げ役として参加しされていました。nonkoも今年はこちらの「盛り上げ隊」で参加させていただきました。
素晴らしいお天気の中、澄みわたる空気をいっぱい吸い込んで、皆様とってもお元気に楽しそうにパレードされていましたよ〜
先ずは「佐々成政軍団」が来る前に、信濃大町駅前で原田様が流鏑馬太鼓を披露されていたのです。

065-1

いよいよ佐々成政軍団が登場されオープニングです。

064-1

牛腰市長様がご挨拶
066-1

バスの運転手様に花束贈呈です!
今季も安全運行で宜しくお願い致します。


威勢よく勝どきをあげて出発です。

076-1

盛り上げ隊の皆様とご一緒にバスで扇沢まで向かいます。日向山を通り過ぎると例年よりずっと雪が多いように感じたのはnonkoだけかな?

080-1

081-1

083-1

道路沿いの積雪もけっこうなものでしょう。

087-1

扇沢あたりではまだ除雪されてる場所もありました。

088-1

ここからはトロリーバスで黒部ダムへ行きます。

105-1

トロリーバスを降りて、トンネルを抜けるとそこは黒部ダム
正面には立山連峰が見事にそびえていました。

096-1

黒部ダムはまだ凍結状態!でもきれい〜〜〜

102-1

ダムはやっぱりデッカイね〜〜〜

110-1

黒部ダムはどっちから見るのも好き!

107-1

堰堤は一部まだ凍結してる場所がありますが、きっと今日のお天気で今後は大丈夫だと思います。

108-1

毎年秋に歩く遊歩道も、まだまだ歩ける状態ではなさそうです。
ちょうど山の下の白く積雪があるあたりが遊歩道でしょう。

101-1

軍団の皆様は扇沢でセレモニーをされ、こちらダム湖堰堤で盛り上げ隊と一緒に勝どきをあげられ、私達は黒部平らを経て、大観峰まで見学に行きました。
こんないいお天気で大観峰まで行かせていただけるのなんて本当に有難いことです。

112-1

いつもはもの凄い観光のお客様の黒部湖駅も、今日はガランガランです。

115-1

こちらで凄いのは、黒部湖駅のライブをご案内されてることで、9月の下旬にはもう紅葉の便りをお届け下さいます。本当に短いグリーンシーズンなのです。

119-1

黒部湖駅からはケーブルで黒部平駅まで10分かかりません。

123-1

中央で離合するのですが、ちょうど井戸の釣瓶の感覚でケーブルを上り下りされてるそうです。
こんな場所によくそのようなことができたものですね〜

124-1

黒部平も外に出ると凄い雪です。
軍団の方々がいつも埋蔵金を掘り当てられるシーンをされる場所です。

130-1

すぐにロープウェイに乗り込み大観峰へ・・・
こちらからは雄大なパノラマが広がっていきます。
いつもは黒部平で引き返すのですが、今回は嬉しかったですよ〜

160-1

針葉樹林帯から高山帯になっていくのが良くわかります。

147-1

自然って凄いですね〜、芸術的な風景が毎日違うのでしょう。

153-1

どんどん白銀の世界になっていきます。
151-1

雪原に映るロープウェイも素敵でしょう

134-1

針ノ木岳の南の峰あたりです。船窪岳の裏あたりかな?

149-1

もう過ぎだよ〜〜〜、大観峰の駅がハッキリと見えてきました。

145-1

ウォ〜、凄いところに建ってる〜

137-1

大観峰の駅は、まだ展望台には出れません。
中央下部に白くなった部分があるのが黒部ダムです。
左から赤沢岳、スバリ岳、チョコンと尖がったのは針ノ木岳です。

136-1

右端が赤沢岳、右奥の白くなってるのは唐松?五竜?どなたか教えて下さ〜い!

143-1

大観峰では売店で試飲販売をされていて、nonkoは試飲のみ(笑)
さすが富山のにごり酒は超辛〜〜〜

144-1

でもおつまみは魅力ですもちろんゲット
またここで引き返し、黒部ダムへ戻ります。

163-1

戻る途中で黒部平の軍団の皆様の様子を見学させていただくと、無事に埋蔵金は手に入れられたようです。



またまた威勢のいい勝どきをあげてられました。今年もパワフルな軍団の皆様です。

168-1

黒部湖の駅に戻ると、白馬方面の景色を見ながら堰堤を歩き、開通式の会場まで行きました。

170-1

あたたかいサラサラ汁のサービスはありがたいです。

172-1

また美味しいおにぎりもご馳走様でした。
軍団の皆様より先にいただきごめんなさいね。

178-1

そして疲れ知らずの軍団の皆様が到着され、開通式の久寿玉わりと鏡開きが行われました。

184-1

アッ!トチローさんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
軍団のお三方の右端が知り合いのトチローさん(笑)


ウォ〜〜〜鉄砲隊を引き連れてるトチローさん、カッコいいじゃん

193-1

お疲れ様で〜〜〜す
まだこれから長丁場、頑張って下さいね

192-1

キャハハハハ〜〜〜、お久しぶりで〜す!毎年お世話になってるM様、ご馳走様でした!

194-1

お昼をダム堰堤で済ませ、皆様扇沢へ帰って来られました。
ここから軍団の皆様は大姥堂へ、盛り上げ隊へ「若一王子神社」へ向かいました。

201-1

ここが大姥堂で、車窓から見学させていただきました。
大姥堂は、この古い道の入口付近にある小さなお堂です。ここには、天正12年(1584)12月、富山城主であった戦国武将佐々成政が後立山連峰を越えてはるばる浜松の徳川家康を訪ねた時、旅の安全を祈って立山芦くら寺から運んできたと伝えられる大姥尊像(大町市指定文化財)がまつられています。伝承の真偽は定かではありませんが、富山県側に残るいくつかの類似の像に比べると写実性に富み、室町時代の優れた作とされています。秘仏で、7年に1度御開帳のときだけ公開されるそうです。

207-1

いつも厳粛な雰囲気のある「若一王子神社」です。
こちらで「佐々成政さらさら越え」の紙芝居を、「大町もんぺの会」の皆様のおもてなしで楽しませていただきました。これはビックリするほどわかりやすくって面白かったです。お話しされる方のお上手なコト

203-1
<
img src="http://livedoor.blogimg.jp/nonko0127/imgs/a/3/a3c082dc.jpg" width="490" height="368" border="0" alt="205-1" hspace="5" class="pict" />

206-1

どんどんとサラサラ越えの時代に引き込まれそうになりました。

208-1

また三重塔の扉も開けて下さいました。
宝永8年(1711年)に木食山居の勧進により建立され、三間三層の柿葺で、人身獣面の十二支の彫刻が施されています。江戸時代の建物としては本格的な建築物です。

209-1

今回は塔の扉も開けて下さり、窓越しに五智如来坐像を拝見させていただきました。長野県宝に指定されている素晴らしいものだそうです。

211-1

もうひと踏ん張り!
軍団の御一行様と、我が横川商店のあります九日町の商工会議所前で、ご町内の皆様がご用意されたお茶とお菓子で休憩です。
毎年ここでは「信濃恋歌」でお迎えいただきます。

215-1

そしてここでも勝ちどきをあげ、また信濃大町駅に向かって行進して行かれました。

217-1

219-1

223-1

227-1

今日は一日過ごしやすい日でしたが、エキストラになられた軍団の皆様は駅前に戻られた時にはお顔が真っ赤(お酒呑んだ方もいらっしゃった?) とっても大変な一日であったと思います。
御関係の皆様、軍団の皆様、盛り上げ隊の皆様、そして商店街沿道で応援して下さった皆様本当にお疲れ様でした。
よく「ブログを見たから行った気分になったよ〜」なんて言われるのですが、是非大町にお出かけ下さいね!
京都にいた頃、「アルペンルートは大変な旅」と言った印象が大きかったのですが、黒部ダム往復は簡単に行く事が出来るのです
さぁ〜大町も観光シーズンがやってきました
【立山黒部アルペンルート】

004--1

Myベンツで松本〜〜〜!
色々用事がありまして、免許のないnonkoはいつもの営業車で松本へ・・・

057-1

色々な用事もいっきに済ませ、夜には荷受に来る店主にMyベンツを積み込み戻ってきました。
明日は「アルペンルートオープンカーニバル」の盛り上げ隊で参加させていただきますので、今日はもうおやすみなさ〜い
後日掲載させていただきますね!

001-1

今日はとってもお天気の良かった信濃大町です。

004-1

午前中には大町市平の「カクサンファーム」様より「ふじ林檎」を使われたシードルが入荷してきました。
醸造は「小布施ワイナリー」様で、nonkoオリジナルのラベルを貼らせていただいて発売です
こちら開栓すると「わぁ〜大町のりんごの香りだ〜〜〜!」って感じる一本です。

006-1

午後には「鷹狩山」へ登って槍ヶ岳の先っちょを見てきたと言うお客様が、試飲コーナーでお湯を沸かしてコーヒーをご馳走していただきました。
まるでままごとしてるみたいで面白い〜〜〜って言ったら叱られそう・・・

007-1

ご馳走様でした〜!今度はラーメンお願しますね
nonkoは連日の手作業で、ちょっと疲れ気味・・・、夕方マッサージに行ったら腱鞘炎になりかけって〜〜〜
でも仕事は休めないし〜、でもちょっと気を付けないと・・・
何となくショックのnonkoです。

011-1

夕食は包丁持つのやめて「串揚げ酒場KAZANN」様へお邪魔しました。
店主はけっこうお客様方とお邪魔してるみたいですが、nonkoホント久しぶりでした。
やっぱり大阪人が経営するお店では「どて焼き」は外せませんね
ここまでやわらかく仕上げてくれてるのは嬉しいです。大阪でもこの味は滅多にないですよ〜

012-1

014-1

極細のパン粉を使用され、「こめ油」で揚げてくれた串揚げは、疲れた身体にとっても優しいものです。
二度漬け厳禁ソース、束の間の大阪気分が元気を出してくれます。

015-1

今夜はちょっとお洒落なピンク色の梅酒をいただきゆっくりと休みたいと思います。
ご馳走様でした

【串揚げ酒場KAZAN】様
大町市大町2531-23 (大町名店街)
TEL :0261-23-7022
営業時間 :18:00〜25:00
定休日: 火曜日

006

今夜は「勢正宗・丸世酒造店」様のレギュラー酒(普通酒)の試飲会を開催しています。
朝から中野市の「丸世酒造店」様のお母さんへ、おでんの作り方をお聞きし、ちょっと真似しちゃいました!
いつも中野のイベントへ行くと、商店街のお店の店頭でも串刺しになってるおでんを見かけるのです。
それにこのあいだ長野市で開催されました日本酒会で、丸世酒造店関社長様の息子さんが、「自分のところのお酒には、母の作ってくれたおでんが一番合うんです」って言われた言葉が頭に残っていたのです。
そして今回新酒と一緒に、その日本酒会でnonkoが印象に残ったお酒をお分けいただき、今日の試飲会になった訳です。
もちろん通常のおでんも一緒にコトコト煮ちゃいましたが、串に刺したのもがお母さんに教えていただいた「ビタミンちくわ&こんにゃく」デス

007-1

これが中野の「丸世酒造店」様の「おでん」デス
素朴ですが美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜

017-1

018-1

009^1

いいでしょう、この雰囲気
まるで中野で呑んでるみたいな感じです。

021-1

お燗も美味しい〜〜〜
そう、あの時最後にお燗のお酒を出していただき、nonkoはホッとした気分になれたのです。(一人参加だったので緊張)

020-1

今夜もまだまだ試飲会は続いてるようです。
分けていただきました一升瓶は全て完売です。直ぐに追加でお願しなくちゃね

019-1

「勢」もち米仕込み うまい酒
お客様もとってもいい評価を下さいました。
横川商店の定番酒で置かせていただけるよう関社長様にお願いしちゃいますね

2009年に「あんと市」が開催され、初めて丸世酒造店様の酒蔵見学をさせていただきました。
その時にお母さんが「おでん」を作っていただき、とっても楽しかった思い出がございます。
やはりコンニャクが小さ過ぎたか〜〜〜〜〜〜〜〜

002-1

003-1

004-1

005-1

何じゃこりゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
午後から事務の窪田さんに送っていただき、爺ヶ岳スキー場の奥へフキノトウを探しに行ったのですが、ある訳ないですよね・・・、このあいだより凄い雪
もう雪はいらない〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

007-1

006-1

爺ヶ岳スキー場ももう今季は終了してるのにまだ滑れそうです。

009-1

012-1

それでも源汲あたりの雪景色は相変わらず素敵な雰囲気です。

011-1

林道にそれればけっこう着雪もあります。
これが夕方頃に凍結すると怖いんですよね〜

013-1

Myベンツではまだ寒い今日のお天気です。
そうだ!寄り道して行こう

014-1

キャ〜〜〜、もう夕方になっちゃった〜〜〜、でもきれいな夕陽です。
nonkoの師匠宅ですっかりお邪魔しておしゃべりしていました。

017-1

明日は急遽試飲会!
あの「中野ひな市」で有名な、中野市の「勢正宗・丸世酒造店」様のレギュラー酒を是非お味見してみて下さいね。
何となく大町の方々のお口に合う味わいだと思います。
あたたかなおでんをご用意して皆様のご来店をお待ち申し上げます。
「もち米仕込み」の「うまい酒」ですから
039-1

また八坂の「仁科農場」様より、「雪下人参」が届いています。また明日より店頭で販売させていただきたいと思いますので、何卒よろしくお願い致します。

038-1

店主が何だかお花が出てるお店があるので行ってみたら?って言われ、即刻Myベンツ出動
中をのぞいてみるとお惣菜がずら〜り・・・
自分で好きなだけチョイスし、パックに詰めさせていただけます。
今日はこちら「はつ花」様のおかげで、お買い物に行かなくて良かった〜

039-1

040-1

ネネちゃんnonkoの飲まないで〜〜〜
これは京子ママさんが作られたフエルトのネネちゃんで〜す!
でも本物のネネちゃんがヤキモチを焼くそうです

050-1

さ〜て今夜は「はつ花」様のお惣菜、まずは「玉子焼き」です。
こんな立派な入れ物に入れてあるので、お土産にもなりそうですね!

051-1

うんうん、これは大町の味わいだ〜〜〜
店主もビックリです。
049-1

アボガドのグラタン

053-1

nonkoの好みでは塩コショウを足しました!
でもアボガドがグラタンになるんですね〜〜〜
この他、煮物もチョイスしてきました。
今まで大町にこのようなお店がないことが不思議でしたよ〜
そしてそれが地元の味わいなら本当にうれしいものです。頑張って下さいね〜〜〜

042-1

もう一品は「鶏ムネ肉の塩こうじ焼き」
これは前代未聞の一品です。
お客様には、当店自家製塩こうじには、ムネ肉一枚に2時間漬けて下さいね〜、なんて言いながら、丸1日漬け込んで、焼いた後丸2日間冷蔵庫で保存されていたのです。
ダメもとでスライスしてみたのですが、絶品
あ〜〜〜これも発見でした

044-1

046-1

昨日ゲットした「まめぱん」の「くるみ」&「くるみレーズン」で楽しんだ夜でした。

【仕出し・惣菜 はつ花】
大町市大町2653-20
TEL:0261-85-2230
定休日:日曜日

004-1

いや〜〜〜今朝は降りましたね〜〜〜
一時は吹雪だった今朝の大町市内です。
今日は定休日、フキノトウを探しに南に行ったつもりなのですが・・・
美麻経由で左右の集落を抜け大岡へ向かいました。

014-1

「道の駅大岡(現在は道の駅長野市大岡特産センター)」でお昼にお蕎麦と情報収集です。
やっぱり定休日のお蕎麦は仕方ないのか・・・、店主の蕎麦狂はどうにもなりません。

009-1

お蕎麦って意外と地元のおばちゃんが上手に打たれるものなんです。

010-1

店主の「特盛り蕎麦」は、コシのしっかりしたお蕎麦です。

012-1

nonkoは温かな山菜蕎麦。
よく細いきれいなお蕎麦がありますよね〜、意外と温かなお蕎麦にするとベチャベチャした感じになる事が多いですが、こちらのお蕎麦は温かくてもビクともしません。

008-1

全て食券で購入し、200円のこちらの天ぷら盛り合わせをのっけて食べるのがnonko風!
まるで素人さんが揚げたような家庭的な天ぷらですが、リンゴまで揚げてあるのが面白いでしょう。
天ぷらだけ食べても・・・・・、絶対に温かなお蕎麦に入れて食べるべし

007-1

こちらでは毎年ワイン会でお世話になる「まめぱん」様の天然酵母の「くるみパン」をゲットできるのです。
今日は「くるみレーズン」もゲットです。明日はワインかな

020-1

大岡から少し山手にあがってみようと言う事になり、林道のような県道のような地道を上っていきました。
景色はどんどん雪景色、フキノトウどころではありません。
ふと・・・「もしかして以前吉川忠英様にお聞きした場所かな?」なんて・・・

018-1

やっぱりそうでした「カフェテラス・モモ」様です。
ほんと展望できる場所にあるんだ〜〜〜

016-1

本日は定休日だったようなのですが、美味しいピザを焼いて下さいました。
これがまた美味しいのなんのって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
自家製トマトソースと、ピザ生地のコンビネーションが凄かったです。
是非次回はグリーンシーズンにお邪魔したいです。

017-1

窓からはこの風景が広がるのですが、お天気がいいと北アルプスが一望できる場所だそうです。
う〜ん・・・、これはたまらないな〜〜〜!絶対にまた来たい
4月28日にはまた「吉川忠英」様のライブが開催されるようですので、お近くの方はぜひどうぞ

033-1

ここから少し行ったところに店主がお客様からお聞きしていたと言う「大岡温泉」があります。
ず〜〜〜っと来たかったそうです。

027-1

きゃ〜〜〜露天風呂まである〜〜〜
天然温泉ではないようですが、この景色で十分です。それに何と言っていいのか、とにかく日頃バタバタしてるものには時間が止まるかのようないい感じ。

024-1

眼下には棚田、そしてその向こうには北アルプスが広がるはず・・・
今日は本当に残念で見えませんでしたが、正面には鹿島槍ヶ岳が見えるようです。

034-1

こんな感じで見えるそうですよ〜

032-1

休憩場所もあって、お蕎麦や軽食もいただけるのです。
nonkoだけチョッピリお酒をいただき、おつまみを何かって頼んだのです。

031-1

ヒャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!こんなに沢山・・・
「ネ〜サン300円でくれるかい?」ですって〜〜〜
そんなに安くでいいの???
右端の「花豆」の美味しさと言ったら絶品
煮物も、酢の物も、全部美味しい〜〜〜
地元のおばちゃんの味わいです。

035-1

素朴なまんま残ってる大岡
ほんとなら棚田に映える北アルプス・・・
蓮華・爺、鹿島槍から五竜岳、唐松望み白馬眺めるそうです。
それにスタッフの方が素朴でとっても親切なんです。
大町から1時間程ですが、ここは穴場ですね
大町に居ると北アルプスがきれいに見えるのですが、温泉はあっても山が近すぎて見えません。
是非大町にも北アルプスを見ながら露天風呂に入れるようなところがあったらいいな〜〜〜

【カフェテラス・モモ】
長野県更級郡大岡村甲7552 アルプス展望公園内 
TEL:026−266−3701
営業時間:10時〜夕暮れ
定休日:水曜日

【大岡温泉】
長野市大岡中牧1142番地
TEL:026-266-1088
料金:小学生以上1名350円(回数券11回綴り 3,500円)幼児は無料
営業時間 :4月〜8月 午前10時30分から午後7時30分まで   
9月〜3月 午前10時30分から午後7時00分まで

【長野市大岡特産センター】
長野県長野市大岡甲5275番地1
TEL:026-266-2888
開設時間 5月〜10月:午前9時30分〜午後6時30分
11月〜4月;午前9時30分〜午後5時30分
休館日 12月31日〜1月1日(臨時休館日あり)



002-1

ヒャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
朝お店に出勤すると、「井筒ワイン」様の商品がドカ〜〜〜ッと積まれていました!
小田っち〜〜〜こんなに沢山〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
あまりにもいいタイミングで小田っちコト「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田」様が午前中にご来店。
これだけの商品、今いただいておかないと無くなっちゃうんですよ〜、ほんと井筒ワイン様の商品確保は大変大変
午後一番には、中野市より「勢正宗・丸世酒造店」様より、このあいだ試飲させていただいた新酒が入荷してきました。忙しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

016-1

なのにまたまた松本の「笹井酒造・笹井」様より、このあいだ試飲させていただいた新酒が到着です!

008-1

ちょっと休憩しましょうよ〜!って言葉に恐れを感じる笹井様
チクリチクリと・・・(笑)
いや〜〜〜〜〜忙しかった!
結局新しい商品が入荷すると、レイアウトも変えなきゃいけないので、nonkoは大忙しなのです。

017-1

また春から初夏にかけてのラッピング用ピックもデザインしていました。
その間にも、焼酎の仕入れ、食品関係の仕入れ、nonkoの仕事は何でも屋
「企画&営業」なんて肩書きに笑っちゃいます!
このピックは色々使い勝手が良く、昨夏より試行錯誤しながら手作りしています。

024-1

023-1

022-1

こんな感じで使ったりしています。
ギフト用の時には是非お声掛け下さいね!

025-1

この「みそぱん」、お世話になってます京都の「伊藤軒」様から仕入れてるものです。
信州だし仕入れてみようと置かせていただいてるのですが、昨日試食し、めちゃくちゃハマっています。

027-1

袋にこの文章!
「何〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!けったいなもん?」
信州の人は普通に好きなはずなのに、「けったいなも」んとは何事か!
京都弁では「けったいな」って言うのは「へんなもん」みたいなイメージの言葉です。
まるで信州を敵にまわしたかぐらいに思ったのですが・・・

026-1

美味しいんだわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
口の中でとけて行くような感覚がたまりません。きっと追加発注すると思いますよ


016-1

あっと言う間に横川商店の裏庭にフキノトウが顔を出してくれました!

013

014-1

015-1

今年のようにいつまでも寒くって雪が降ると、今日のように晴れちゃうとフキノトウも一度に花が咲いてしまいます。
ツボミの状態で採取するのって意外とタイミングが難しいものなんです。
今年も「ふき味噌」と思いつつも、なかなかそのタイミングが合わなくて遅れています。今しばらくお待ち下さいね!

024-1

クロッカスもいつの間にか満開!

025-1

008-1

陽射しの方へ向いて一生懸命に咲いています。

027-1

福寿草も可愛いでしょう

009-1

018-1

もうすぐ水仙だって咲くんですよ〜〜〜

017-1

もうちょっと咲き出しそうです。

012-1

オオイヌフグリだって小さいけど頑張って咲いてくれてます。
大町って一度に咲いてくるのでビックリ仰天でしょう。
それだけに春が来ると本当に有難く感じるのです。京都に住んでいた頃はこんな感じはなかったのですが、雪国ならではの感覚なのでしょう。
それでいったい今日は裏庭で何をしていたのかって・・・

021-1

朝一番に入荷した「小布施酒造」様からの新酒の写真撮りです。
詳しくはこちらからどうぞ!

031-1

早速夜に試飲してる人・・・店主そして皆々様・・

030-1

酒米「美山錦」は完全無農薬で、精白90%の日本酒です。
今まで口にしたことがない味わいでとっても不思議な味わいです。
古典生酛造りの一本です。

032-1

意外とあったのが、地元のワカサギのフライです。
もちろんnonkoも作りますが、いまハマってるのは近くの「スパー」様のおばちゃんの手作りです。
これっておやつにも良さそうなワカサギのフライです。
今年はワカサギの型も良く、とっても美味しい一品です。毎日揚げてられますが、売り切れることもしばしばだそうで、お早い目にどうぞ!

084-1

ゲットしましたよ〜〜〜!西原様の「舞妓」です。「絆」の文字に惚れちゃいました
北信州に伝わる中野の土人形には、奈良家が制作する「中野人形」と、西原家が制作する「立ヶ花人形」があり、この両者を合わせて、「郷土玩具 中野土人形」と呼んでいます。
奈良家「中野人形」の主なものは京都伏見系、西原家「立ヶ花人形」は愛知三河系の流れを汲んでいます。
この愛らしい中野土人形は、生活や風習に深く結びつき、古くから俗に「土びな」と呼び親しまれ、庶民に大切にされてきました。
そして昨日は「中野ひな市」で「中野土人形」の即売会があり、nonkoはまたまたゲットさせていただきました。

024-1

昨日は「中野ひな市」で「中野土人形即売会」があり、地元に受け継がれている「奈良家」「西原家」の土人形を買われたいお客様で凄い人でした。
これは「即売会場」へ入場できる権利を獲得するための抽選にならばれているのです。
もちろんnonkoもならびましたが、一番風雨が強い時間でした。

029-2

11時までにならべば抽選に参加できるのですが、10時半ぐらいにまずはこのような整理券が配布されます。
きっと参加人数を確認されるためでしょう。

031-1

11時に抽選が始まり、nonkoは11時半過ぎぐらいにクジをひかせていただきました。

032-1

ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
11グループ、16番です。
これはグループごとに即売会場に入り、購入するものを選べる順番です。
グループにより時間が決まっていて、今回は後ろの方でした。でも当たるだけ有難いものなんです。
10年間外れっぱなしという方もおいででした。
まずは時間までに、今年はどのようなものを出品されているのかを見学させていただけるのです。

022-1

会場は「中野市商工会議所」の中にございます。
即売会場はこんな感じです。

015-1

伏見人形を受継がれる「奈良家」の「奈良久雄」様の作品です。
初代奈良栄吉様が京都へ福寿草の商いに行かれ、伏見街道に並んだ土人形に心をひかれ、その人形型を譲り受け、更に夫婦者の職人を中野に呼び寄せ、作り方を習い制作されたのが始まりといわれています。
栄吉様は京都伏見から約40回にわたって、百数十個の人形を持ち帰えられたと伝えられています。

012-1

招き猫に伊勢海老ですよ〜〜〜、なんておめでたいものなのでしょう。

013-1

福助はnonkoも真似させていただきたいな〜、でもまずはゲットしたい!

014-2

こちらもまた以前より違って絵付けの雰囲気です。
この形はnonkoも絵付けしたことありますが、随分違いますよ〜

007-1

こちらは息子様の「奈良由紀夫」様の作品です。
「ふぐ乗り大黒」のふぐが黄色いのは初めて見ました。

010-1

「竜の落し子」も初めて見ました。いい感じだな〜、欲しいな〜〜〜

008-1

こちらも色使いがとっても現代的!

009-1

ワァ〜「三番叟(さんばそう)」です。
今回「絵付けコンテスト」の課題となったものです。
やっぱり素晴らしいです

017-1

こちらは「西原家」の「立ケ花人形」です。現在、四代目故西原邦男様の奥様とご子息で制作されています。
 「立ヶ花人形」は、明治35年頃に愛知県三河の鬼瓦職人が、当時中野の安源寺で瓦の製造をしていた西原己之作(初代)に冬季間の副業として作らせたのが始まりといわれています。

020-1

歌舞伎ものが多いのが特徴です。

018-1

布袋さんがいいな〜〜〜、何となく好き!

019-1

「絆(きずな)」これもいいですよね

034-1

下見をしたら、全国の土人形の即売会場へ・・・
こちらも凄い人・人・人・・・
皆様雨なんて関係ないって感じです。もちろんnonkoも全く気にならなかったですからね〜

035-1

こちらが京都の「伏見人形」です。
やっぱり人気ありそうです。どうやって購入するのかはわかりませんが、テントの中は順番の列でごった返していました。

037

またまたすぐ近くに展示されています「中野土人形絵付けコンテスト作品」展示会場へ・・・

038-1

早く連れて帰りたいnonkoの「三番叟」が元気に皆様の目にふれていました。

026-1

また「中野陣屋・県庁記念館」では、三名の方々の「古作中野土人形展」も開催されていました。

034-1

コレクションとは言え、これだけ素晴らしいものを持ってられるのですね〜

036-1

039-1

037-1

これだけのものを維持されるのも大変でしょうね〜、町なかでもそれぞれのお家でコレクションされていて、本当に町あげての「中野土人形」なのでしょう。

044-1

即売会場の時間待ちまで、いつもお世話になってます「まちなか交流の家」様へお邪魔し、またまた絵付けをさせていただきました。毎年ここで時間待ちの間に絵付けをさせていただくのです。

039-1

ブフフフフ〜〜〜、念願の「福助」です。
これは先に「白地」を塗らないとダメなんだそうです。色々と絵付けの仕方があるんですね〜

042^1

ナ・ナ・ナント目の前に「奈良久雄」様じゃないですか〜、緊張して手が震えてしまって大変大変!

041-1

絵付け参加されてるお客様の作品に目を入れられています。
よ〜し、nonkoもお願いしちゃえ!

043-1

そういう事で、あつかましくもまたまた奈良久雄様に顔を描いていただきました。またまた家宝が増えました

040-1

「奈良久雄」様(右)と、息子様の「奈良由紀夫」様です。
今回もお世話になりありがとうございました。
いつもながらに、奈良様の会話を耳にしていると、中野市の方々が「奈良さん、奈良さん」と言われる意味が良くわかります。本当に町の方々が守られてる人形作家様であるだろうし、奈良様もそれを本当にありがたく思われてるのでしょう。nonkoはず〜っと大ファンなのですよ〜〜〜!
この町で、ひな市に参加させていただいてこそわかる、「奈良家」「西原家」の「中野土人形」なのです。
作られたイベントではなく、受継がれてる伝統を町の方々がご一緒に守られてると言うか、とにかく参加してこそわかる素晴らしい「中野ひな市」です。

047-1

時間になる前に即売会場へ行くと、もうすでに皆様整列されていました。

049-1

会場へは順序よく入り、即売場へは10秒ごとに入室します。

051-1

お扇子の「絆」が目に飛び込んできて、瞬時に購入を決定
今年も買わせていただきありがとうございました。

065-1

夜になると、メイン会場では夜の大迫力の大灯籠がお目見えです。

060-1

オープニングが始まり、灯籠に灯が入りました。

074-1

掛け声とともに町なかを練り歩かれました。
素敵でしょう、まるで青森のねぶたを思い出しちゃいました。

077-2

078-1

081-1

長野電鉄「信州中野駅」まで一緒に歩いちゃった〜
素敵な「中野ひな市」、これもお取引先様であります「勢正宗・丸世酒造店」様のご縁で知ったお祭りです。

005-1

昨日は少しお顔を出させていただきましたが、関社長様も風雨の中、ご町内のイベントのご案内を配られたり、大変お忙しい一日であったと存じます。
しかし奥様と、息子様がしっかりとお蔵様では「酒蔵見学&試飲会」を開催され、個々のお客様にご案内されていたとお聞きいたしました。
また来年が待ち遠しいですね〜、是非皆様ご一緒に行きましょう!

このページのトップヘ