呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2012年07月

猛暑の大阪暑い〜〜〜!

007-1

娘の住まいに向かうnonkoは、早朝に夜行バスで大阪に着き、片手にパンを持っています(笑)
暑いよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、まるで大町の日中のような暑さ

003-1

娘宅の近所のパン屋さん「ベーカリー・ササノ」様です。

004-1

005-1

有名な食パンは娘に置いておき、nonkoはアスパラベーコンのパンでモーニングです。
娘はまだ爆睡状態で「早く起きろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

008-1

シャワーをかかって仕入れ先に着く頃にはもう炎天下です
でも心斎橋筋はお店からの冷房がアーケードに流れ込んでまだ少しましかも?

019-1

仕入れ先の「萬栄」様は、この日はお客様が少なくて良かった〜〜〜
欠品中や、欠品間近のものなどを物色し、スムーズに仕入れが終わり良かった〜
仕入れの一部はこちらからご案内させていただいてますのでどうぞ

024-1

2軒目の仕入れ先は販促物です。
お陰様でサマーギフトが好調なので、このままいくとお盆まで持ちません。
これはもう前回のnonkoの仕入れミスです
しかしながらこの暑さに売り場はもうモミジの紅葉です。暑苦しいし〜〜〜〜〜〜〜〜〜

022-1

それでも何とかスムーズに終わりました。
昨日の大阪、短時間でいっきに仕事をこなさないとバテちゃいますね〜
まず一番びっくりしたのは、自販機や駅売店の飲み物が冷えてないんですよ〜、nonkoが買ったのが偶々そうだったのかもしれませんが、需要が多いせいか冷える時間が追いついてないのかも?
午後にはクラクラしてきたので、持って行った梅干しと蜂蜜が効果大でした。
早くに近鉄特急で名古屋に向え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

026-1

なぜかなら経由で名古屋に出るのが好きなんです。
長谷寺から赤目あたりの景色が好きで、検索して是非出かけてみたいところなんです。
絶対このあたり何かありそう・・・
ワクワクしながら窓からの景色を楽しんでいました。

030-1

名古屋から特急に乗る頃にはもう夕暮れです。
早く大町へ帰りたい・・・、そればかりが頭をよぎる暑くて長〜い一日でした。

036-1

今回は初めてお留守番してくれたクマさん達には「マダムシンコ」のブリュレをお土産に買ってきました。

038-1

噂には聞いていましたが、濃厚な美味しさだって!クマさん達が言ってました


051-1

047-1

048-1

本日横川商店に出勤してきたら、「ユナイトコーヒー」様のパグ犬「ネネ母さん」が3匹の赤ちゃんを出産、このあと2匹頑張ったそうで、合計5匹の赤ちゃんを産んでくれたそうです。
昔から「犬にあやかる」と言われますが、本当にネネ母さんの頑張りにはビックリですし、とりあげたユナイトコーヒー様のマスターは助産婦さんもビックリです


可愛いね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ネネ母さんは産んだ後もミルクやその他の世話を全部するんですって〜。人間様以上ですよね〜、感動させていただきました。
ミルクを探しているのかな〜〜〜、ネネ母さんはこの頃4匹目の赤ちゃんを産むための陣痛がきていました。

フゥ!お休みなさ〜い(@_@;)

002-1

昨日は20時までお店にいたんですよ〜
今朝の京都駅前

029-1

夕方には名古屋駅から戻ってきました!
お休みなさ〜い
詳しくはまた明日ね

ヒスイだよ〜〜〜!

014-1

綺麗でしょう!
これは糸魚川の海岸でとれた「ヒスイ」だそうです。
ライトをかざすとこんなにきれいになるのです。
今日は「小谷道の駅」で試飲販売されてる小田っちコト「井筒ワイン営業&ソムリエ小田」様からのご案内でご来店下さったお客様が見せていただきました。

015-1

ヒスイってもっと緑色してると思っていたのですが、意外に白っぽいんです。
海岸を歩かれて採取されたもの、購入されたもの、いただかれたもの、それは沢山見せていただきました。

018-1

こちらのきれいな緑色した石は「狐石(キツネイシ)」と言うそうです。
キツネ石とは、硬玉(ジェダイト)、つまり、本ヒスイとよく似た石の俗称です。特定の鉱物や岩石を指した名称ではありません。新潟県内の産地で、本ヒスイを採取されている方々の間で使用されています。日本では、古くから、キツネは化けて人間をだます動物であると信じられていました。本ヒスイを捜している人々を惑わせることが名前の由来だそうです。

020-1

こちら「狐石」を頂戴いたしました。ありがとうございます。

025-1

ちょうど窓際のグラス売り場のところに飾らせていただいてますので見に来て下さいね!
糸魚川の海岸は色々な石があるようで、nonkoも時間があったら行ってみたいな〜

021-1

こちらもきれいでしょう箸置きにしたいな〜!
ヒスイもちょっといただいちゃった〜〜〜
こっそり見せてあげますよ

024-1

遠く関東からお越しで、糸魚川からの帰り道、「道の駅小谷」で小田っちを目撃され、「どこかで見たことある人だ・・・?」と言うことで、nonkoのブログのお客様でした。
ご来店ありがとうございました。次回は是非大町にお泊りでお越し下さいませ。

暑いです〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

019-1

今朝出勤したら何やら騒がしい雰囲気・・・
何をされてるのでしょう?って思ったら「荷ぐるま市」をされていたのです。
今期は初めてのようで、昨年までは横川商店向かいの「大町商工会議所前」で開催されていました。
大町地場産の「旨いもの市」のようなもので、今年は当店横の被災地で開催されるようです。
しかし暑くって、販売されてる方々もお気の毒のような気がしました。
まるで我慢大会のような雰囲気ですよ〜
せっかくこのような場所でされるのなら、もう少し臨機応変にできないものでしょうか・・・、色々と規制があるのかな〜
せっかく大町は「水」が美味しいところなのに、もっと活かせていただけないものでしょうか・・・
例えば子供さん用に移動プールのようなものを作るとか、足だけでも水遊びできるようにするとか・・・

012-1

暑い中マイクを持たれてご案内ご苦労様です。

011-1

販売されてるものはこちらの「おやき」
こちらは灰で焼かれてるのでしょう。大町で新しいお店のようです。

013-1

やはり大町は「栗林豆腐店」様の「おぼろ豆腐」ですね
nonkoが京都時代暑いこの時期、電車に揺られ夜に大町に着いて、唯一食べたいものでした
お水の美味しいところはお豆腐も美味しいのです

020-1

いつもお世話になってます「わたぼうし」様のパンも販売されていました。

021-1

022-1

地元のお野菜も最盛期です
白瓜もそろそろ出てきました

015-1

016-1

「地蜂せんべい」ですって〜〜〜
蜂が本当におせんべいに入ってるのです(笑)

018-1

地蜂せんべいを売りながらトウモロコシを焼かれていて笑っちゃった〜〜〜
こう言うことろが地元の面白さかな

024-1

正直あまりの暑さでお買い物どころではなかったのも事実です。
ソフトクリームに飛びついちゃった〜〜〜
やはり今日は飲みものが欲しかったですね〜〜〜
天候によりちょっと工夫していただければありがたいのですが・・・

026-1

当店は今日も店頭で子供さん方で大賑わいでした。
今日は朝早く、大町のワイン「仁科メルロー&シャルドネ」でお世話になってます「スイス村ワイナリー・営業石澤」様が、お休みを返上していただき注文のお品物を配達していただきました。
ご自宅で作られたキュウリやトマトをいただき、店頭の桶の中に入れさせていただきました。

039-1

040-1

041-1

044-1

キュウリやトマトで楽しんでくれたお客様の子供さん、お水遊びは楽しいよね!
やっぱり夏はこれですよ〜〜〜
一個だけ小さな食用のスイカがあったので一緒に食べようね

045-1

大人の方よりきれいに食べてくれた子供さんありがとうね
何だかこの桶一つのことですが、色々な出会いがあります。
夏はこの桶を囲んで色々なお客様とお話ができたり、都会からお越しのお客様方は本当にゆっくりとしていただきます。
そんなお姿を見てると、私共は一番嬉しいのです。
お洋服がびっしょりと濡れちゃってごめんなさいね。
今夜は温泉につかってお腹をあたためて下さいね。

009-1

今夜はあまりの暑さで「冷やし素麺」です。
油揚げから脱皮できないのは京都人ですね〜
刻み甘きつねと卵黄をトッピングし、冷えすぎないようおろし生姜を添えて・・・
食欲のない時には最高の一品です

【おおまち荷ぐるま市2012】
開催予定日は・・・
7月28日(土) 
8月25日(土) 
9月29日(土)
10月20日(土)
11月18日(日)
開催時間 10:00〜13:00(予定)
開催場所 商工会館又は会館前空き地又は塩の道博物館

鰻パワーで頑張ろう!

001-1

じゃ〜〜〜ん!
今日は「土用の丑」

nonkoはここ何年か鰻は決まって「白焼き」です。
この時期はタレの甘味がちょっときつい時があって、生姜醤油でいただくのが大好きなんです。
焼き直すとトロ〜ンとやわらかくなって裏返すのも大変でした。
でも鰻の旨味と生姜の味わいが絶妙にマッチングホントこれはいけますよ

003-1

「うざく」も添えて土用の丑の夕食です。

006-1

ここ何日か昼間は暑くて大変な大町ですが、夜は涼しくっていいですよ〜〜〜、「夜があるから頑張れる!」そんな感じです。
京都から母が送ってくれた水菓子「伊予柑・京柑露」は、すっきりと涼しげな京都のお菓子です。

011-1

緑の葉っぱにのせて、店主も喜んで食べてくれました

018-1

ここ連日お中元の発送が多くなってきます。
事務の窪田さんも発送の準備で大忙し!

012-1

ここまで暑くなると、「ひまわり」のピックが大活躍ですが、なかなか追いつかなくて大変大変!
鰻パワーで頑張らなくちゃね

白馬五竜花三昧ツアー

001-1

005-1

大糸線に飛び乗って、夏の木崎湖を横目に北上です。

006-1

今日はクマさん達を連れて夏のお花を見に「白馬五竜テレキャビン」で、「高山植物園」に行ってきました。
ただ今「白馬Alps花三昧2012」を開催されている関係で、シャトルバスがイベント会場間を運行していただいてるのでとっても便利なのです。
このチケットを購入すると、一日乗り放題になるのです。

110-2

「白馬五竜エスカルプラザ」様の前までシャトルバスが送迎していただけるので、この時期は本当に車でない方でもアクセスがラクです。

008-1

高山植物園はエスカルプラザ様横の「テレキャビン」でいっきに登って行くのです。

009-1

もう新緑ではなく、夏の山の色でしょう。
それにしても今日は暑かった〜〜〜

011-1

約8分間の空中散歩のあと、ゴンドラ駅に到着で〜す
有難い〜〜〜!パラソルもご用意していただいてます。
ここは日陰が無いので、帽子は絶対に必要ですね

015-1

もしかして・・・

014-1

ギャ〜〜〜「白馬五竜の工藤様」です。
いつもお世話になりありがとうございます。
今日は大忙しですね〜〜〜
nonkoはちょっと山へ行ってきま〜す

018-1

テレキャビン下りて高山植物園の正面には「トリアシショウマ」の群落です。

019-1

葉っぱが鳥の足に似ているそうです(笑)
022-1

わぁ〜〜〜nonkoの大好きな「ササユリ」です。
とってもいい香りがするのです。昔両親と丹波の山へ採りに行ったことがあるのですが、今では貴重な品種だそうです。

021-1

ヤナギランでしょうか、まだ少し早いのかな?

095-1

離れたところでは一部咲いてました。
ヤナギランが群生で咲きだすととってもきれいなんです。

024-1

高山植物園ではただ今リフトが動いてるので、お歳を召した方でも十分お楽しみいただけます。
nonkoも体力保持のため、リフトで上へと登って行きました。

025-1

リフトに乗ってても暑いし〜〜〜、避暑に来たつもりが逃げ場所がないこの暑さ!今日はここで24度でした

028-1

白い多くなお花はシシウドでしょう。

029-1

高山植物園の方を見ると沢山のお客様が高山植物をお楽しみです。
でもほんと日陰が無いんですよ〜

031-1

でも唐松岳、白馬三山方面は雲が切れてきました

037-1

オニアザミはイガイガに触れるとチクッとしますね!

038-1

「アカバナシモツケソウ」の背後に唐松岳がくっきりと、そして白馬三山の「白馬鑓ヶ岳」が見えてきました。

049-1

白馬鑓ヶ岳が見事に見えています。

042-1

正面に唐松岳がくっきりと見えています。

044-1

ドンドンと雲が切れ、こんなに夏山が見えてくるのは珍しいことです。
午後は意外とガスがかかるのが当たり前の夏山ですからね〜
左に見えるのは五竜岳です。

045-1

クマさん達も頑張って「地蔵の頭」まできました。
浴衣であがってくるのはこの子達ぐらいのものでしょう(笑)

050-1

ここが1,676メートルです。
それにしても暑い・・・

052-1

先程登って来たゴンドラ駅が見渡せます。

055-1

056-1

コオニユリ

060-1

ニッコウキスゲ

061-1

少し奥へ行き、登山道は下がって行きますが、「地蔵の沼」の方からひと回りして帰ろう!

057-1

これはクマよけの鐘?まさか〜〜〜〜〜〜〜、でも以前鐘が増えたのは確実です。

063-1

初めてみた「ワタスゲ」のこの状態。やっぱり可愛いですよね!

066-1

キンコウカ

069-1

遠くに見えるのは五竜岳?

070-1

このような遊歩道が続きます。
072-1

地蔵の沼に写り込む景色もいいものですね〜

073-1

このあたりから上を見ると、先程いた「地蔵の頭」が見えます。いっきに下ったのです。

075-1

イブキジャコウソウ

076-1

ナデシコのピンク色がとっても鮮やかです。今一番見頃でしょう

087-1

新しく作られた高台に沢山咲いています。
このあたりは作られてまだ2年ぐらいでしょうか・・・、高山植物の維持も大変だと思います。

082-1

こちらが高山植物の女王「コマクサ」です

079-1

085-1

白いコマクサもあるんです、ご存知でしたか?

090-1

タテヤマウツボグサ

092-1

こちらnonkoが大好きな「チングルマ」です。このあいだ栂池で白い可愛いお花を見たとこなのに、もうこんなになってるんです。

099-1

アッ、「カライトソウ」のつぼみにトンボがとまってる〜〜〜、逃げないし・・・

105-1

ホトトギスかな?まだお花が少し早いのでしょう。

106-1

ハクサンフウロ
沢山の夏の高山植物が見頃の「白馬五竜高山植物園」です。
くれぐれも日除け対策は万全にお願いたします。ゴンドラ駅では食事も飲みものもありますが、これだけ汗をかいたら「塩分」も補給して下さいね!

108-1

帰りにテレキャビンで「おしぼり」のサービスがあって、どれだけ嬉しかったことでしょう
「白馬五竜」様ありがとうございます。

129-1

帰りはまたまた「白馬Alps花三昧2012」のシャトルバスで白馬駅に到着!
そして時間の都合で「リゾートビュー」に乗っちゃいました。
クマさん達窓から離れようとしません。
「リゾートビュー」ですが、長野発、松本経由で大糸線に入り、南小谷から松本に戻り長野へ行く列車です。
何度か松本から信濃大町から乗りましたが、やはり見どころは「白馬=信濃大町」だと確信しました。

131-1

137-1

夕暮れの木崎湖ですが、素晴らしい景色でした。
見どころの場所は速度を落としていただけるので、と涼しい車内でゆっくりと楽しませていただけます。

140-1

約40分で大町到着で〜す
クマさん達、お疲れさまでした
短い信州の夏ですが、それだけに感動も凄いものです。是非お出かけ下さいませ。

【白馬Alps花三昧2012】

束の間の定休日「Kuni’sカントリーキッチン」様

003-1

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
店内正面の駄菓子のコーナーの追加の商品が入荷です。
このあいだの「若一王子神社例大祭」では、いっきに駄菓子が売れちゃって、このままでは8月3日、4日の「ゆかた祭り」、「やまびこ祭り」には到底品物が無くなってしまう・・・
今年も追加で発注したのであります。有難いことですよね〜
しかしnonkoも歳と共に、昔は飛び付いたものでも、今では「怪しい・・・」と思う品々・・・

006-1

キャ〜〜〜〜〜〜〜〜大丈夫?と言うようなジュース・・・(笑)

019-1

これも懐かしい「ウサギマンボウ」です(笑)

020-1

これも・・・

022-1

これはアンズの駄菓子ですが、酸っぱいのが苦手なnonkoはギョエ〜〜〜って感じです。

010-1

そしてピカピカシリーズも追加発注です
nonkoの頭がデッカイからミッキー風の耳が小さく見えるって・・・

015-1

ブルー、ピンク、透明の3種類があります。これから価格設定ね

014-1

012-1

剣もピカピカバージョンで仕入れちゃいました

013-1

こちらは8色のブレスレットで、やまびこ祭りで活躍しそうです
008-1

実はこれらの補充をしてる時に、運よく?小田っちコト「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田」様がご来店
もちろんお買い求めですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
娘さんのお土産にどうぞ

378-1

お陰様で店内正面の売り場はすっかりと補充ができ、また子供さんが楽しんでいただける売り場になりました。

382-1

380-1

今日は本来なら水曜定休の日ですが、さすが月末でお店は夕方まで営業させていただきました。
でも夜はこの暑さ、ワインを飲みながらチョットゆっくりさせていただけるお店へお邪魔しました。
「kuni's カントリーキッチン」様です(お店の奥のほうから撮影しました)
開店された時に邪魔して以来でしょうか・・・、一度夜にと思っていたのがようやく叶いました

381-1

今日の暑さ、2本の白ワインがいっきに無くなりました。
シーザーサラダはサッパリといただきます。

383-1

カマンベールチーズのトロトロになったものは、ますます食欲をそそられます。

387-1

ミンチ肉が苦手な店主は、しっかりとしたお肉を感じるハンバーグ

388-1

メキシコ風の一品は、まるでアメリカの片田舎にいるかのよう・・・、まさに本場の味わい
390-1

やはり外せない「オニオンリング」です
ハワイのラハイナにいるかのような錯覚です。

385-1

ウッディーな店内は大町らしくとっても落ちつくのです。
クマさん達はほとんどデッキで楽しんでいました。

391-1

ほんの2時間ほどの定休日でしたが、明日からまた頑張れることでしょう。
ご馳走様でした。

【Kuni’sカントリーキッチン】様
長野県 大町市平180-17
TEL:0261-26-6602
定休日:火曜日
13:30〜14:30、17:30〜20:30 
土・日・祝日は14:00〜17:30(cafeのみ営業)

自然の中のブルーベリー

-1

刈り取ってもらわなければ今頃雑草の中・・・

006-1

今年も雑草を刈り取っていただき、紫色の宝石を採らせていただきました。

010-1

009-1

いつもnonkoが事務の窪田さんを撮るので、今日はnonkoが窪田さんに撮られちゃいました!

004-1

012-1

元気なブルーベリーは黒っぽくなり完熟です。
甘いものもあれば酸味が強いものもあります。

017-1

強い木もあれば、こうやって年々小さくなっていく木もあります。

018-1

こちらはちょっと成長が遅いのかな?
毎年毎年様子が変わっていきますが、自然の中で育ってるブルーベリーは、肥料も農薬も一切なしです。

021-1

収穫させていただいたブルーベリーは、太陽の陽をいっぱい浴びた元気なブルーベリーです。
味わいはいたって濃厚今年も感謝感謝の自然の恵みです

週末のお祭りが終わり、昨日はとっても素敵なお客様がご来店でした。

075-1

何をお願いされてるのかな?横で奥様が微笑ましく見守ってられます。
七夕様がとっても似合いのお二人

077-1

初めてご了解をいただき紹介させていただきましょう。
中野市でお世話になっています「丸世酒造店」様の息子様ご夫妻「関 晋司」様と奥様です。
nonkoの第一印象は「上品な奥様だな〜」と思いました。
実は今回2度目のご来店なのですが、奥様は旦那様から一歩ひかれていらっしゃるのです。
その雰囲気がたまらなく素敵です
昨日は注文させていただきましたお酒を届けていただきました。

024-1

「勢正宗・丸世酒造店」様と言えば「もち米熱掛四段純米酒」ですよね!
そして5月の「全国新酒鑑評会受賞酒」もお取扱いさせていただいてます。

025-1

また不思議なことに最近では、中野市の地元で飲まれている本醸造も人気で、晩酌でお楽しみいただいてるようです。
丸世酒造店様、今後がますます楽しみなお蔵様です

069-1

さぁ〜、大町は夏祭りが終わると短いですが「真夏」です。
夏野菜が美味しい季節になってきました。
この時期になると食べたい「ハングリーボックス・ユキ」様の「茄子とトマトのスパゲッティ」です。「パスタ」ではなく「スパゲッティ」なのです。
これは「火力」の味わいとでも言いましょうか、とにかく美味しい
昔ながらの洋食ではなく、「これしかできないの〜!」とママさんは言われます(笑)
「むかし風」にされた味わいではなく、懐かしい味わいの変わらぬ美味しさとでも言いましょうか・・・
是非大町にお越しの際には、今の時期食べ頃のスパゲッティをどうぞ

【ハングリーボックス・ユキ】様
大町市大町名店街2531-8
TEL:0261-22-4067
定休日:日曜日

若一王子神社例大祭「別れ囃子の夜」

004-1

「若一王子神社例大祭」二日目の夜は王子神社が最も賑やかになる時です。

007-1

本殿前では高見町舞台奉納囃子が行われていました。
これは凄く厳粛な雰囲気で、ご町内の方々が総出でいらっしゃいました。


【動画】
奉納囃子が終わるといっきに方向転換です。
この勢いの凄いこと!迫力ですよ〜

011-1

もう我が九日町の舞台は奉納囃子は終わっていたようで、このように舞台がならんでる様子は素晴らしく感じます。京都に生まれ育ったnonkoは、この雰囲気が映画の世界でみる「夏祭り」の雰囲気と錯覚してしまうのです。
大町のお祭りはそれほど素晴らしいと思うのですよ〜

017-1

そして本殿ではこの日頑張ってくれました勇壮な「射隊ボボ」様がおみえです。


【動画】
ボボ様可愛いでしょう〜〜〜

015-1

014-1

ボボ様のお披露目で〜す
馬に乗ってられると感じなかったのですが、皆様本当に小さくって可愛いんですよ〜〜〜
よくこのような大役を一日頑張っていただいたと思います。
今回nonkoも日本で開催されている流鏑馬を動画で観てみたのですが、大町の子供さんの流鏑馬は別物ですね
そして「ボボ様」は「神の遣い」と言われ、朝早くから夜遅くまで地に足を着くことを許されないそうです。

030-1

本殿から馬方様におんぶされ、また馬に乗ってご自分の町内まで帰られるのです。

032-1

沢山の風船がご褒美なのですよね何とも可愛いボボ様です。


【動画】
今日は一日ご苦労様でした。

038-1

ボボ様が帰られると各ご町内の舞台は「別れ囃子」に入られます。

036-1

「今年も皆さんご苦労様でした。また来年お会いいたしましょう」と言う意味なのでしょうね!

043-1

大黒町の舞台はご町内で保管されているので定位置で、その他のご町内が横を通過される時に別れを惜しまれお囃子に熱が入ります。


【動画】
038-1

この迫力は凄いですよ〜〜〜

049-2

050-1

どちらのご町内もものすごい迫力です。
nonkoの一番好きな場面なのです


【動画】
八日町の皆様はお唄が凄い!


【動画】
堀六日町の狐さんもパワフルパワフル、今年も頑張って踊ってくれてありがとう

053-1

054-1

060-1

そして各ご町内の舞台は、若一王子神社の舞台庫へ戻られていかれました。
今年は例年になく大勢のお客様がおいでであったと思います。
このような素晴らしいお祭りが、毎年続くのも各ご町内の皆様のおかげだと感謝いたします。
来年もまた「若一王子神社例大祭」でお会いいたしましょう。

勇壮な流鏑馬さん「若一王子神社例大祭二日目」

007-1

若一王子神社例大祭2日目のハイライトは、子供様によります「流鏑馬」です。
若一王子神社の流鏑馬は、京都賀茂神社、 鶴岡八幡宮と並び、日本三大流鏑馬に数えられ、大町の特徴は射手が子供様であるのです。nonkoも初めて見学させていただいた時にはビックリでした。
射手になられる子供様方を「射隊ボボ」と言われ、射手の子供様を「ボボさ」と言われるようです。各ご町内で「ボボさ」になれるのは、とっても名誉なことでしょう。
朝からチームヤマジュウのお客様がお手伝いでボンボン釣りの用意をして下さいました。
今年は2日間で500個も膨らませたんですよ〜〜〜、そりゃ大変でした。

008-1

横川商店のボンボンの特徴は、付属で付いてるクリップで留めないことなんです。
だから昔ながらのボンボンなんですよ〜。ピンクのクリップとボンボンの色が合わないものが多いような気がするので・・・

005-1

nonkoは〜っと、今日は御柱祭使用のグッズを装着(笑)

018-1

昼過ぎには「ハオ・ハオ・ハオ〜!」と言う掛け声とともに、各ご町内の流鏑馬と舞台が駅方面へ下がって行かれます。
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上仲町 → 下仲町 → 仁科町 → 信濃大町駅前ロータリーにて奉射(午後2:10頃) → 明治生命角 → 五日町集合(午後2:30)
このような感じで行かれます。
我が九日町の皆様頑張って下さいね〜〜〜

024-1

アッ!大黒町では「北安大國・伊藤社長」様が馬に付いてられます。ニンジンがとってもお似合いでした(笑)
ご苦労様で〜す

025-1

030-1

流鏑馬に続き、舞台も下がって行かれます。
重厚な雰囲気が素晴らしい大黒町の舞台です。

037-1

そして毎年楽しみなのは、舞台はないのですが元気いっぱいのお神輿があるのです。
「俵町」のチビッ子の皆様です。

041-1

ワッショイ!ワッショイ!

044-1

nonkoもワッショイ

060-1

しばらくしたらまた上がって来られ、横川商店の前で休憩されます。
小さなお神輿ですが、皆様一生懸命です

057-1

いいよね!こんな雰囲気

058-1

こちらはご家族様ですね

064-1

こちらはお友達同士かな

047-1

当店店頭でも楽しそうな雰囲気がいっぱい
初めてボンボン釣りをしたのかな?

066-1

「串揚げ酒場KAZAN」様のナオ君の子供さんです。
お揃いの帽子が可愛いね

051-1

あ〜上手に釣れたね

067-1

こちらの子供さんは緑色が好きなんですって〜、良かったね

096-1

クマさん達も仲間に入れてもらって楽しそうです。

069-1

そしていよいよ17時頃、勇壮な流鏑馬が先頭で上って来られました。
五日町出発(午後4:30) → いーずら大町特産館前奉射(午後4:35頃) → 上下仲町にて巡行改めの儀(午後4:45頃) → 九日町セブンイレブン前奉射(午後4:55頃) → 大黒町公民館前奉射(午後5:00頃) → 若一王子神社着(午後5:20頃)
このような予定ですすまれました。

三日町

【三日町流鏑馬】
大黒町

【大黒町流鏑馬】
九日町

【九日町流鏑馬】
六九町

【六九町流鏑馬】
白塩町

【白塩町流鏑馬】
北原町

【北原町流鏑馬】
上仲町

【上仲町流鏑馬】
下仲町

【下仲町流鏑馬】
南原町

【南原町流鏑馬】
仁科町

【仁科町流鏑馬】
皆様元気いっぱいで放射されていました。

098-1

そして「若一王子神社」へ向かわれ、境内でも頑張ってられました。


【大黒町と九日町の放射の様子です】
このあと夜の奉納囃子、別れ囃子となります。
当店店頭はお客様の会「チームヤマジュウ」の皆様にお手伝いいただきました。
店主とnonkoではどうにもなりません。そしてレジは事務の窪田さんが休日出勤してくれました。
皆様のご協力があったからこそ楽しい売り場ができたことと感謝いたします。

若一王子神社例大祭一日目(舞台曳き揃え)

009-1

本日は大町の「若一王子神社例大祭」の舞台曳き揃えでした。
朝から店頭の準備で大忙しです。

005-1

お手伝いに来ていただいた「チームヤマジュウ」のお客様ご苦労様です。

003-1

なんてお似合いの姿なのでしょう。ボンボン釣りの風船と格闘していただきました(笑)

002-1

お陰様で子供さん方も大喜びだと思います。

004-1

事務の窪田さんも臨時出勤してくれて大助かりです。
ボンボン釣りの紙縒りをテキパキと準備してもらいました。
もうこれで準備万端です

012-1

013-1

3時半頃からはお稚児さんの行列が横川商店の前を通過されて行かれました。
小さな子供さんが雨降る中、頑張って歩いてられました。
可愛いですね〜〜〜、nonkoも京都でお稚児さんになったのをおぼえていますよ〜、お菓子をもらったことも

016-1

当店のお客様の子供さん、可愛いですね〜〜〜
いつもと違ってオネエサンに見えるよ

041-1

お久しぶりで〜す!穂高から宮嶋様ご一族がご来店です。
インターナショナルなんですから
駄菓子大丈夫かな?わかるかな?

046-1

もちろんボンボン釣りも頑張ってくれました。
しまちゃん上手に釣れたかな?うちわ絵もありがとうね

047-1

日本のお祭りもお楽しみ下さいね!

019-1

店頭は夕方になるとどんどんと人が増えてきて、ボンボン釣りを200個用意したにもかかわらず足りそうもない状態・・・

051-1

19時前になると宵祭りに行かれる各ご町内の舞台が本通りに向かって巡行されてきます。
こちらは狐さんのからくりが面白い「堀六日町」の舞台です。
048-1

我が九日町もお囃子を鳴らされながら巡行されてきました。頑張って〜〜〜〜〜〜〜〜

066-2

19時30分にお提灯に灯りがはいり、お囃子が鳴り響きます。
【九日町舞台】
創建は定かでありませんが、江戸時代後期のころと伝えられています。昭和56年に車体上部と飾り人形の修理を、昭和58年に柱龍を取り付け、昭和64年に車輪の取替えをしました。
人形飾りは、娘道成寺の「安珍」「清姫」です。江戸中期以降市中に発達した庶民文化の象徴的な歌舞伎の一場面を奉納・披露した氏子町民の心意気が汲み取れます。
舞台後ろの天井から箱に入った古いお面が吊るされています。能を伝える家筋の方からの寄進で、「鬼女の面」といわれ、取り出せば忽ちに大雨が降ると伝えられ、今も恐れられて誰も開けた者がいないとのことです。(市役所HPより転載)


【動画】
067-1

九日町の子供さん方頑張ってられました。

064-2

【堀六日町舞台】
江戸前期の創建ではないかと言われています。嘉永元年(1848)に大修理をしたことが、天井裏に残されています。からくり狐を収めた箱には、嘉永7年(1852)の墨書きもあり、からくり狐が既にあったことが分かります。明治6年(1872)に火災の被害を受けました。その修復時に欄間彫刻や装飾を一新し現在のものが出来たと伝えられています。
昭和56年に大修理をしました。信太妻(しのだづま)伝説の信太の森の葛の葉狐が、安部保名と結婚し一子を授かった歌舞伎の題材からとった狩り衣装の操り人形の復元と、舞台囃子に合わせて軽妙に踊る信太の森の葛の葉狐も修復されました。巡業道中の祭り囃子は、この踊る狐に合うように、軽快に高い調子で囃します。(市役所HPより転載)


【動画】
狐さん今年も頑張ってくれているようですね!やっぱり人気人気
063-1

ちょうどここでお客様の子供さん「ほのかちゃん」に「nonkoさ〜ん!」って声をかけてもらって感激!
子供さんの方からお声掛けしてもらうとメッチャ嬉しいものですよ〜
大きくなったね〜、そして妹さんのメイちゃんもしっかりされたね
またお店に遊びに来て下さいね

070-1

【大黒町舞台】
2層構成、起破風(むくりはふ)の切妻屋根。転回が容易な3輪形式で、全体を軽くするため、寄木細工、柱の芯が虚ろになっています。1階の周囲には小さな庇(ひさし)をつけた出窓があります。この出窓や、庇の下には、立川流2代目和四郎富昌作の多くの彫刻が施されています。一部、立川3代目頃の7賢人の彫刻もあります。飾られている人形は、大黒町の町名に因んで大国主命です。
明治21年、人夫の日当10銭の時代に500円で松本市から譲り受けました。昭和58年に大町市有形文化財、昭和62年に「県宝」に指定されています。舞台の創設は文政9年(1826)となっています。(市役所HPより転載)

072-1

【五日町舞台】
現存する大町の舞台の中で1番古いといわれています。舟の山車であったものを改造したもので、舞台正面の屋根裏の所に、直径30センチ位の帆柱の穴があります。また、車の軸受けの桁が、3重になって見えるのも、舟の山車の特徴を示しているといえます。
昔は解体分解して、分散して何軒かの家の土蔵に保管してきました。火災などの災害から舞台を守ること、都度修理保全をするなど、氏子の知恵でした。彫刻が施された欄間を収納する箱に、「嘉永元年戉申(かのえさる)5月吉日五日町」の墨書きがあります。昭和50年の大改修には、舟の山車であったことを末永く後世に伝えるため、その特徴の保存に意を用いました。(市役所HPより転載)

075-1

【八日町舞台】
文久3年(1862)の建造とされています。特徴は、8人の代わりが出来る車と言う意味の大八車が基本となっています。朱を基調とした桃山風の屋根と調和していて、転換も容易で軽快・精悍・機敏に映ります。2階の幔幕(まんまく)は、白の裏を出して、表の赤・朱塗りとのバランスを考えて定着したものと思われます。
明治23年の大火で町が殆ど焼失した災害時にも、舞台は解体して、分散保管によって救われています。昔は、楠親子の湊川の別れの人形飾りがあったとの言い伝えがあります。 昭和58年に、大幅に解体修理、塗装をしました。平成13年にも一部修理と塗装を実施しています。(市役所HPより転載)

081-1

【高見町舞台】
柱に上り龍、下り龍の彫刻が特徴です。天保年間(1830〜43)に再建されたこと、大工は池田町の某との記載が残っています。火災により、2階の欄間2枚と車4個を焼いてしまい、何年か祭りに参加できない悲運もありました。
2階の飾りは、高見火荒神の御神体の獅子頭で、古びた布はその幌です。仁科盛遠が将兵の慰安や士気を鼓舞するためと、戦場での敵へ威しとして用いたとの口伝や、獅子宮の線で火災の延焼が止まったとか、何か事変が起こる前兆に口をパクパクして知らせてくれるとか、幌を新調したら翌日それがボロボロになっていたので以降新調しないなど神意の顕著な伝承が残っています。(市役所HPより転載)

高見町の皆様は、昨夜毎年開催されている「高見町まつりばやしの夕べ」が雨のため大変だったと思います。
いつもの年はこのように開催されていたのですけどね!
nonkoも何度か見に行かせていただきましたが、ちょっと残念でしたね・・・、でも今日は元気いっぱい横川商店の前でお囃子を頑張ってくれていました。
お陰様で当店前に戻った時には、雨だったにも関わらずパニック状態だったんです。

079-1

チームヤマジュウのお客様が一所懸命に呼び込みしていただいてる声が聞こえ、お囃子と共に当店前は活気に満ち溢れていました。
nonkoはウロウロしてる場合ではなかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ゴメン

087-1

とにかく店頭、店内はパニック状態レジを守ってくれていた窪田さんもメッチャ大変そうでした。

088-1

091-1

店頭の生ビールや雑貨類の販売でお客様がならばれている〜〜〜
今年は昨年以上に凄い人だったように思います。

089-1

お〜〜〜、元大町レディースの聡子ちゃん、今はもう奥様ですよね
お幸せそうで何よりです。またご主人様と遊びにいらして下さいね

102-1

21時過ぎにようやく別れ囃子が終り、舞台は各ご町内へ戻って行かれました。

022-1

今回宵祭りでゲットした「柴田製菓舗」様の水菓子「金魚」です。

054-1

057-1

こんな感じで昨年より宵祭り限定で販売されています。

026-1

とっても爽やかで可愛くって食べるのがもったいないです。

032-1

「カウベル立田屋」様では、ウインドウスイーツを販売されています。
こちらは窓からクレープやパフェ、そして今年は「シューアイス」が美味しい〜〜〜

039-1

しっかり焼かれたシュー生地に、爽やかなバニラ味、ストロベリー味のアイスがマッチング

035-1

もちろんチョコレートパフェも

103-1

そして今年もゲットできました、堀六日町様の舞台の前で販売される「狐のバッジ」と「狐どらやき」

001-1

もちろん開運帖もいただいてまいりました。
皆様今日はお疲れ様でした。
明日はいよいよ子供さんの流鏑馬ですね!

7月22日(日)
●流鏑馬通過予定時刻 ※時間はおおよその目安です。
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上仲町 → 下仲町 → 仁科町 → 信濃大町駅前ロータリーにて奉射(午後2:10頃) → 明治生命角 → 五日町集合(午後2:30)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:30) → いーずら大町特産館前奉射(午後4:35頃) → 上下仲町にて巡行改めの儀(午後4:45頃) → 九日町セブンイレブン前奉射(午後4:55頃) → 大黒町公民館前奉射(午後5:00頃) → 若一王子神社着(午後5:20頃)
◇舞 台
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上中町 → 下中町 → 仁科町明治安田生命角 → 流鏑馬の後に順次続き五日町集合(午後2:45)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:00) → 巡行改めの儀(午後4:45頃) → 最終舞台の五日町は午後6:30頃に若一王子神社着
◇舞 台 囃 子
午後8:00〜9:00

夏の食材がいっぱい!

015-1

「土肥農園・どすいか」を本日いただきました〜〜〜!

017-1

019-1

やっぱりすご〜い「どすいか」です。
シャリッと甘〜く、旨味が凝縮してる今年の味わいです。
ご注文は「土肥農園」様のHPよりどうぞ!

011-1

今夜は20時から、当店向かいで「八坂神社」のお祭りが行われていました。

012-1

大町を代表する夏祭りが、若一王子神社例大祭です。
今夜おこなわれました八坂神社の前夜祭、翌日には八坂神社例祭と神輿渡る御(天王祭)が行われ、祭りの雰囲気が盛り上がってきたところで、稚児行列と若一王子神社前夜祭、そして最後に王子神社例大祭と10騎の流鏑馬、6台の舞台(山車)が各町ごとのお囃子に合わせて登場します。実は、このように八坂神社と王子神社の2つの祭りが3日間にわたって続くのですが、これらを総称して「王子のお祭り」「大町の夏祭り」といっています。
この祭りのハイライトは、なんと言っても「いたい(射隊)ぼぼ」と呼ばれる少年たちによる「流鏑馬」です。各町の代表である10騎が、中央通りを行進して境内に集合し、多くの観衆の見守る中で白木を扇形に組んだ的に向かって馬上から矢を射ます。続いては境内には舞台が入り、祭りは最高潮に達します。

020-1

ここにご出席されていた店主の友人「タケちゃん」が、帰りに遊びにご来店でした。
料理人のタケちゃん、nonkoの梅干しを喜んで食べていただきました。ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜

007-2

今夜はいただきものの冷蔵庫の整理です。
アボガドとエビのサラダ

022-1

ラタトゥイユは今年初です
夏野菜がそろい始め、お祭りムードも最高潮です
明日は店頭で生ビールをご用意してお待ちいたしますね!
また100円以上お買い上げのお客様にはボンボン釣りをサービスさせていただきます。

梅干し紫蘇揉み大作戦!

098-1

休み明けの出勤、通りがかりにこんにちわ
あ〜〜〜ビックリした!メェェェェ〜〜〜〜〜〜〜^^^

099-1

今日は朝から大忙しです。
京都から梅干し用の紫蘇の葉っぱが届きました。
大町のものは新鮮なのですが、どうしても香りが少し違うのです。今回も京都の奥座敷大原の「ちりめん紫蘇」を送ってくれました。

101-1

この香りなんですよね〜〜〜
葉っぱを取って水洗いし、自然海塩で揉むのですが、これが梅干し作りで一番の大仕事なのです。
今年は20kg漬けますから、本当に大変な作業でした

104-1

当店のこうじ造り使う「パイスケ」ですが、これが凄いんですよ〜〜〜
紫蘇の葉っぱを洗うのに、葉が流れ落ちていかないし、手に優しくなじみ、水切れも最高!
昔の人の考えた道具は凄いですよね〜

108-1

109-1

店頭でオバサンが何かやってるな〜!って感じでしょう

112-1

水切れした紫蘇の葉っぱは、しっかりと塩揉みしますが、始めはこのような灰汁と一緒に水が出てきます。

022-1

二度目に揉むと紫色の水が出てきます。

110-1

3度目に揉むとこんなに鮮やかな紫色になればOKです。

117-1

そしていよいよ10日ほど前に塩漬けした梅を出してきます。
梅酢を揉み込んだ葉っぱに入れると・・・

118-2

とっても鮮やかなショッキングピンクのような色になるのです。
この瞬間がたまりませんよ〜〜〜

120-1

梅と揉み込んだ紫蘇の葉っぱをサンドしながら土用干しまで寝かせます。でもきっと土用にはまだ干せないように思います。

122-1

来年の今頃はこんな感じになってることでしょう。
こちらは昨年漬けたものです。
大町では「梅漬け」と言うカリカリして甘いものが多いようですが、このショッパイ昔ながらの梅干しも、最近は試飲コーナーで人気になってきて嬉しいです。
この梅干しは、汗をかいた日や、疲れてる時、また冷えたな〜っと思った時には凄い効能を発揮します。
昔nonkoがテニスをしていた頃、よく水分を取り過ぎて夜になると頭痛を起こしていたのです。
これは水分過多による冷えからくる頭痛でした。
それ以来コートに入る時にはこの梅干しを2個食べて行くと、不思議と全く頭痛が起こらなくなりました。
また当店のお客様で、山へ行かれる時には「ね〜さん梅!」って取りに来ていただきます。なんだか山行きにもいいようですよ〜



【動画】
036-1

いよいよ週末の「若一王子神社例大祭」に向けて、我が九日町もお囃子の練習をされています。
こちらは子供さんのお囃子で、楽譜もなく耳で聞いたり、指の動きを見られたりしておぼえていかれるそうです。
もちろんご町内の大人の方々もご指導されています。
いいですよね〜、縦の繋がりの素晴らしさを感じました。


【動画】
040-1

子供さんが終わると、今度は大人の方々の練習です。

042-1

多分毎晩練習されているのでしょう。ご指導やお世話をされてるご町内の方もご苦労様です。
こちら本番は7月21日(土)の「宵祭り」から始まります。
是非当店も店頭で生ビールをご用意させていただき、皆様のご来店をお待ち致します

【若一王子神社例大祭】
7月21日(土)
●稚 児 行 列 信濃大町駅出発(午後3:30)〜若一王子神社到着(午後4:30)
●前 夜 祭 午後5:30
●浦 安 の 舞 午後6:00
●若王刀争奪剣道奉納試合
●流鏑馬太鼓奉納
●舞 台 曳 き 揃 え 仁科町 明治生命前 〜 九日町 松直
◇舞 台 曳 き 開 始 午後7:00各町出発
高見町舞台・ヤマチキリ本店様前
大原獅子神楽 ・長野銀行様前
八日町舞台・市野屋商店様前
五日町舞台・福島金物店様前
大黒町舞台・大谷運動具店様前
九日町舞台 ・ヤマチキリ様前
堀六日町舞台・いーずら大町特産館様前
◇舞 台 お 囃 子 演 奏 午後7:30〜
◇舞 台 移 動 開 始 午後8:45〜
7月22日(日) ●流鏑馬通過予定時刻 ※時間はおおよその目安です。
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上仲町 → 下仲町 → 仁科町 → 信濃大町駅前ロータリーにて奉射(午後2:10頃) → 明治生命角 → 五日町集合(午後2:30)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:30) → いーずら大町特産館前奉射(午後4:35頃) → 上下仲町にて巡行改めの儀(午後4:45頃) → 九日町セブンイレブン前奉射(午後4:55頃) → 大黒町公民館前奉射(午後5:00頃) → 若一王子神社着(午後5:20頃)
◇舞 台
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上中町 → 下中町 → 仁科町明治安田生命角 → 流鏑馬の後に順次続き五日町集合(午後2:45)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:00) → 巡行改めの儀(午後4:45頃) → 最終舞台の五日町は午後6:30頃に若一王子神社着
◇舞 台 囃 子
午後8:00〜9:00



この夏は「どすいか」食べよ〜〜〜!「土肥農園」様


【動画】
今日はお客様でもあり、友人でもある「土肥農園・土肥寛幸」様のすいか畑に見学に行ってきました。
名物「すいか投げ」も見てきましたよ〜
今日は定休日、でも午前中はお店を開けて午後から店主の車で南下です。

014-1

まずは安曇野でランチです。
いつもドレッシングを使わせていただいてます「クエル・ド・ノメル」様で生姜焼きの日替わりをお願いしました。

016-1

いや〜〜〜、これはメッチャ美味しかったです
普段nonkoのメニューにはない「生姜焼き」ですが、こちらのドレッシングを使ってられるそうです、奥様に色々と教えていただきました。

012-1

もちろんドレッシングの試食もあります。いつもはノーマルな「元気ドレッシング」を使わせていただいてますが、今回はバージンオイルを使用された「ガーリック風味」のものが店主共々気に入っちゃいました。

010-1

ガーリックのにおいがしないように、下処理をされているそうで、お客様商売の私共にとっては大変ありがたい味わいです。そして驚いたことに、野菜が甘く感じるのです。

015-1

もちろん販売もされていますよ〜
もちろんnonkoもゲットしてきました
ドレッシングとは言え、お料理全般で楽しめそうな味わいに仕上げていただいてます。

020-1

お腹いっぱいにして到着したのは午後3時!
「土肥農園・一本松農場」です。
ここはかつてMyベンツでお邪魔していたのですが、2年ほど前からメチャクチャ忙しくって久しぶりの農場見学です。
まずはすいかの茎を切って、土等が付いていないかきれいにふかれていかれます。その数約300個
この凄い量のすいかを、9月上旬まで毎日毎日収穫されていかれるのです。

036-1

「一本松」の農場は、土肥農園様の中では一番標高が低いかもしれません。でもこのあたりは松本市内から上高地方面への高台になっていて、日光を遮るものもありません。その分作業は過酷です。

037-1

土肥さ〜ん、本当にすいか畑がお似合いですね

024-1

堂々と鎮座してる「どすいか」は、下に全てお皿がひいてあるので、日光が全部にあたり、底の部分が白くなったり黄色くなったりしていません。

025-1

この「どすいか」は何だかとっても恥ずかしそう(笑)

027-1

気の遠くなるような数の「どすいか」です。

029-1

今年は密度が濃いの?ずっしりと重いんですよ〜

031-1

見てる見てるクマさん達

034-1

「どすいか」の赤ちゃんのお花です可愛らしいでしょう
土肥様は育苗から収穫まで全てご自分でされています。苗を買って来られる訳ではないので、その御努力には頭が下がります。そして一番大切な土壌の事もしっかりと勉強されているにも関わらず「毎年が一年生です」って言われるのです。

046-1

そして始まる積み込み作業!
ここで名物「すいか投げ」があるのです。
これを体験させていただいたことがあるのですが、nonkoでは足手まといでダメでした。
タイミングと言うのでしょうか、「コツ」のようなものがあるようです。
かつては奥さんの嘉恵様のお母さんもご一緒にすいか投げをされていたのを思い出します。今でも大変お元気だそうです。

048-1

054-1

いや〜今年も見せていただきました
大変な作業でしょう。絶対に素人ではできない事だと思います。
毎日が筋トレ?って〜

050-1

積み込まれた「どすいか」は、こうやって運ばれていき、トラックに丁寧に積み込まれていきます。

052-1

まるでパズルをしてるかのように積み込まれる土肥様です。
こちらがお客様の発送分だそうですよ

060-1

収穫されたものは、ちょっとでも直射日光が当たらないように気を使われています。

059-1

今日もお二人の若い方がお手伝いに来られていて、お一人は「どすいか」の乗っていたお皿を片づけられていかれます。この作業でも今日の暑さの中なら相当大変だと思います。

061-1

こちら分けていただきました「どすいか」です。
週末の宵祭り用にお願しちゃった

062-1

ヒャ〜〜〜重いわ
やっぱりずっしりしています。
土肥さ〜ん、ありがとうございます。当店のお客様にも是非ご案内させていただきますね!
【どすいかの由来】
土肥農園では、自ら生産したスイカをある想いを込めて「どスイカ」と呼んでおります。
人は余りに常識や想像を遥かに超えた、もしくは行き過ぎだ!位な人の行動に、
ある種の飽きれ、そして感嘆と親しみをこめて「ド」をつけます。
例えるなら、「どアホウ」、「ど根性」とか。
常識や想像を遥かに超え、口にした時にただ笑うしかない位、美味しいスイカを作りたい。
そんな思いを込めて「ドすいか」とウチのスイカに命名しました。(土肥農園様HPより)
また「土づくり」のこだわりはこちらからぞうぞ!
以前山手の高台の畑を見学させていただいた時、土肥様が「除草剤」を一度も使用されたことがないと言う事を説明していただき、その現実を目の前で見て驚きました。
これは2008年のブログで掲載させていただいてますので、こちらからどうぞ!この年は本当に想い出の年になっています。
また「有機栽培」における「土づくり」に対する姿勢は凄いと思っています。

071-1

帰りには教えていただきました「竜島温泉・せせらぎ温泉」で汗を流しました。
もう立ってるだけで汗だくだった今日の暑さです。068-1

064-1

地元の方々がほとんどの日帰り温泉で、とってもゆっくりさせていただきました。
ツルツルの泉質で、ここは穴場かもしれませんよ〜

078-1

帰りの安曇野の夕陽がとってもきれいでした。
明日から夏休み本番ですね。週末は「若一王子神社例大祭」です。
頑張らなくっちゃね

【土肥農園】様
長野県松本市波田10705-16
Tel 0263-92-2871
Fax 0263-92-5903

【クエル・ド・ノメル】様
長野県安曇野市穂高牧434-1
OPEN 11:30〜15:00
定休日 月・火 (祝日は営業します)
TEL・FAX (0263)83-7768

【竜島温泉・せせらぎの湯】
松本市波田町竜島 3452
TEL:0263-94-1126
営業時間
4月 〜 10月 10: 00 〜 22: 00 ( 21: 00 まで )
1月 〜 3月 10: 00 〜 21: 00( 20: 00 まで )
定休日:毎週月曜日
料金 :大人(高校生以上) 400円 子供 200円
 

素朴に好きな場所見つけた〜!

002-1

大町も梅雨が明けたようです。
京都の祇園祭の頃はいつも夕立が多く、でも巡行の日には「梅雨明け宣言」があるものです。
まさしく今日がその日でした。
宜しければ過去の巡行ですがこちらからどうぞ!
今日はちょっと用事で川を渡って大町市常盤の方へ行ってきました。
暑かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、もちろんMyベンツです。

003-1

もうコスモスが咲いてるんですがどういう事よ〜〜〜

006-1

用事を済ませて、来た道とは違う道で帰途に向かいます。
なんだかすっかり夏空ですね

005-1

この赤い屋根のお家が素敵です!北海道の道を走ってるような気分です

007-1

ふと通りかかった場所で、なんだかとってもいい雰囲気のところを見つけちゃった!
奥の方に見えるナマコ壁・・・

008-1

きっと昔からある道なのではないでしょうか・・・

011-1

大きな栗の木の下にある建物もかなり古いような気がします。

010-1

やっぱり昔からある道に、新しい道路が交差してる雰囲気です。
写真ではなかなかわかりにくいのですが、こんな場所ってとっても好きです。
大町のいいところは、作られた黒壁があるわけでもなく、塗られた木造建築があるわけでもなく、昔からのものがそのまんま残ってると言うところが好きです。

009-1

「柿の木」というバス停がありました。
自転車に乗ってこそわかる小さな発見がとっても嬉しいnonkoです

014-1

また来た橋とは違うところを渡り、お店に戻ってきました。
あ〜〜〜暑かった

019-1

こんな暑い日のお昼は「お蕎麦」です。
店主もこれなら黙って食べてくれるので・・・
大町の美味しいお水と氷でバシッとしめてすすり込みます
多分店主は2人前では足りないでしょうね〜

020-1

nonkoは常盤へ行くと必ず買ってくる「おやきパン」です。
これってたま〜に食べたくなるのです。

021-1

新しいメニューかな?「豚まん」の感覚の味わいは初めてで美味しいですね

023-1

「焼きそば」はちょっと麺が多くなったかな?
あとは「茄子」「野菜炒め」「クリームチーズ」「おから」「きりぼし」等あるんです。
信州らしいお総菜パンです

024-1

今日も駄菓子のコーナーにチビッ子が来てくれました。
面白いことに、今日はお母さんから「○○円よ!」って言われて一生懸命に計算しながらお買い物をされてるんですよ〜、これって「算数の勉強」ですよ〜〜〜
意外なところで勉強になってるのかも?

026-1

そしてカッコいい自転車のオニイサンもご来店下さいました。
色々なお客様が気軽にお店に遊びに来ていただけるようになり、とっても嬉しいです。
今週末はいよいよ「若一王子神社例大祭」ですね!
当店では毎年のように店頭で「生ビール」そしてお買い上げのお客様には、ボンボン釣りのサービスをさせていただきますね!
冷やし野菜のサービスはお祭り期間中はお休みさせていただきますのでご了承下さいませ。

暑い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

007-1

今日は暑かったですね〜〜〜〜〜〜〜〜
許していただけるものならこの桶に入りたかったぐらい暑かったです
大町は空気が澄んでるせいか太陽の光がまともに来るような気がします。それでも夕方になると本当にいい風が吹いてくれて爽やかなんです。
「夜が涼しいから頑張れる!」そんな感じですかね〜
今日から桶の中にはプチトマトが入りました。(無い時はごめんなさい)

074-1

どうどう?美味しいでしょう
まだ夏休み前だから明日は学校だね!
関東からのお客さまでした。

076-1

今日はトレッキングに行って来られたお客様が多く、なぜかお帰りに立ち寄って行かれます。
この大・小のバックパック面白いですね〜

0861

試飲コーナーで其々のコースの情報交換をされているのか、ただ呑んでられるのか(笑)
お疲れさまでした

0781

今日は相当な汗をかかれたはずです、是非nonko特製5年物の梅干しをどうぞ
これ食べといたら明日は元気はつらつでお仕事へ行けますよ〜〜〜
梅の「酸」が疲れを取ってくれ、自然のお塩が体液を正常に戻してくれるのです。
アフターは大切ですよ〜〜〜
と言いながら今夜は連休三日目、もうダウン寸前

029-1

夕食は近くの「蕎麦処・美寿々」様へ直行です。
素朴な「そばピザ」をつまみながら冷たいビールを少し

031-1

そして「冷やしスープラーメン」をすすりこみました。
これは今日のような暑い日にはピッタリの一品です。
そもそも冷やしラーメンは、山形の寒河江で食べることが多かったので感動モノでした。
大町はお水が美味しいので、その特徴が良く出されたメニューでしょう。
関西のお客様は少し氷を入れられてもいいかもしれません。意外と濃い目のスープです。
ご馳走様でした。明日また元気に仕事ができそうです。

お客様の笑顔が励みです!

001-1

今日から店頭の桶にはキュウリがプカプカ浮き始めました!
お買い物を終えられたお客様がお楽しみです
キュウリにお味噌をちょっと付けていただくとより美味しいですよ〜〜〜
白馬縦走のお客様が帰りにお立ち寄り下さいました
どうぞお気をつけてお帰り下さいね

004-2

あ〜〜〜メイちゃん元気だった?
今日はお父様とうちわ絵の無地うちわを取に来てくれました。
キュウリを食べるって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

005-1

その後桶の中がよほど気になるよう・・・
子供さんって水遊び好きですものね
でもハマったチビッ子もいるので、絶対に保護者の方は目を離さないで下さいね。

006-2

今度は販売用の水羊羹の点検かな(笑)

007-1

出た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜この笑顔を待ってました
大人の方々もそうですが、子供さんが店頭の桶のまわりで楽しまれてるご様子を見ると仕事をしていても励みになるものです。

009-1

夕方からは本日山行きを中止されましたが、慰労会のみ決行です(笑)
今夜は店主が買ったジンギスカン鍋の初使用です。とは言っても「使い捨て」
こうやって真ん中にお肉をのせ、まわりにキャベツを置くそうです。
これには意味があるそうなんです。

010-1

nonko的にはまだジンギスカンは無理っぽくって・・・
信州の方々は本当に食べなれてられるのですね〜

015-1

今日初採りのトウモロコシと・・・

014-1

フランスパンで楽しんじゃいました

016-1

皆さん凄い!ジンギスカンをパクパク食べてるし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

020-1

お肉から出たタレがキャベツに絡んで美味しいそうですが、このタレもnonkoはまだ無理そう・・・
でも今日はここにお豆腐も入れちゃってるし〜〜〜
きっと美味しいと思いますよ

035-12

日が暮れると花火大会!
いいオジサマ方も子供の頃に戻った気分でしょう

034-1

え〜〜〜オリンピックですって〜〜〜
ダメですよ〜、花火は安全にお取扱い願います。上を向けて持たないで下さいね(笑)

大町の美味しいお水どうぞ!

101-1

朝からnonkoは大工さん!
事務の窪田さんの竹藪からいただいた青竹と格闘です

102-1

青竹のサイズを測り、鋸で小細工をし中を抜いてホースを通します(笑)

103-1

う〜ん、通った通った〜〜〜

112-1

水道の蛇口から出る水より美味しそうでしょう、いえ大町は水道水が美味しいのです
北アルプスの伏流水や、居谷里湿原の湧水が水道水になってるのです。
特にnonko家は居谷里からのお水なのでとってもやわらかいお水です。
横川商店の本通りはややnonko家よりも少しかたいかな〜
それでも大町のお水はnonkoが知る中では一番美味しいと思います。
お店の前を通られたら是非口に含んで見て下さいね!

111-1

早速水ようかんの販売を始めましたが、桶のまわりには地元のお野菜がプカプカと浮び出します。
それはどうぞお召し上がり下さいね!まだキュウリぐらいしか出回っていないので、順次またご案内させていただきますね。

107-1

明日はチームヤマジュウの皆さんが山へ行かれるそうで、nonkoの梅干しを取りに来て下さいました。
これは本当に山行きには最高の食材です。
自然海塩の「塩」と梅干しの「酸」が肝系を守ってくれるので、快適な山行きができるのです。
そうですよね〜〜〜〜〜〜〜

105-1

そして今回は大サービス
京都の師匠からいただいた、「高知の無農薬の新生姜の甘酢漬け」
これは珍しく店主も好きそうな気配・・・
これを食べておくと夏場の冷えから身体を守ることができ、夏バテ予防にもなります。
そのうち試飲台に置かせていただきますのでどうぞ!
じゃあ明日は山から戻って来られたら、店主がゲットした「ジン鍋」を使いますか〜〜〜

地元の可愛い中学生

009-1

横川商店の味噌蔵に、地元「仁科台中学」の女の子達が見学に来てくれました。
授業の一環なのでしょう。

012-1

店主が味噌を造る過程を「こうじ室」の中で説明をしている様子です。
きっと女の子達はこんな場所に入るのは初めてでしょうね!

014-1

お店に戻って来られたらnonkoが「味噌クッキー」の由来などをお話しさせていただきました。
この時の女の子達の目がとっても輝いてるんです。可愛い可愛い〜〜〜
nonkoが話すことを一生懸命書きとめてくれました。

018-1

帰りには店頭の七夕様に短冊をお願いし、きっと素敵なことを書いてくれたのでしょうね

015-1

皆さんありがとうございます。また夏休みは遊びに来て下さいね

019-1

小雨の降る中、自転車で学校まで帰って行かれました。
気を付けてね〜〜〜
なぜか無性に可愛くてもっといて欲しかったのも本音です。
彼女達は中学1年生らしく、我が娘もその年からテニス留学しました。だから中学、高校とどのような勉強をし(勉強してないかも?)、どんな生活をしていたのか全くわかりません。
普通の中・高生活が一番だと思います。また遊びに来てくれないかな〜〜〜

001-1

今日は朝からテンテコマイ
昨日「うちわ絵」が展示できたので、今日は駄菓子の売り場作りです。
まぁ〜、10円、20円、30円の単価の低いものばかりで大笑いです。
この時期にこんな安い駄菓子を店内正面に置いてるのは当店ぐらいのものです(笑)

020-1

021-2

パニクッテっても何とかできたかな
明日からは「駄菓子屋やまじゅう」でございます。
小さなお子様大歓迎将来は呑兵衛の道へどうぞ

026-1

気になる試食はやっぱりこれ

028-1

ビックカツとのゴールデンコンビです。怖い組み合わせ〜〜〜、しかもジャンクな味わい
お約束は「食べ過ぎないでね

025-1

この小さなゼリーも気になる〜〜〜

066-1

風車も店頭で大人気になってきました!
可愛い水玉が特に人気です

029-1

またサマーギフトの「アサガオのピック」も出来上がりました。
どうぞギフトのお客様は是非お声掛け下さいませ。

横川商店の故郷「千見・竹ノ川地区」

025-1

こちら現在大町市千見大笹と言うところです。
以前「美麻高地」のことで、横川商店の故郷もそのあたりにあると言う事がわかり、昨日ようやく出向くことができました。
昔は美麻だったそうなのですが、今はもう千見になってるそうです。
昨日は長野方面へ行くオリンピック道路の「千見」より、林道へ入って行きました。
国道から5分も走れば「大笹」の集落で、現在まだお住まいになられています。
山がとってもきれいに見えてビックリです。

024-1

026-1

山間の集落で、屋根の色と空の色が素晴らしいですね。
もちろん車がないと生活は大変だと思います。

028-1

大笹を過ぎるとやはり林道は急にガタガタしだしましたが、通れないことはありません。
一ヶ所凄い急カーブの分かれ道があり、店主は見事に子供の頃の記憶を思い出したようです。
「こっちだと思う・・・、昔ここが上れなかったんだ!」って・・・

029-1

ウォ〜〜〜「竹ノ川」って書いてある〜〜〜、本当にあったんだ〜〜〜
でも凄そうな道・・・

046-1

こんな道って「道?」の機能果たしてるのかな〜〜〜
車の腹をすっちゃいそう〜〜〜

031-1

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜これは・・・

032-1

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、脇道を上がると立派なお家です。しかも洗濯機が2台も置いてありました。
なんだか最近まで住んでられたのかな〜?

034-1

戻って元の道を行こうと思うのですが、雨のためぬかるんでいるので歩いたほうがいいであろうと・・・

035-1

店主は車を止めたところから動こうとしません。いったい・・・
山の方ばかり見ています。変な音もするし・・・(後で聞いたらきっと子供のクマのはずって・・・)

036-1

それでもぬかるみの道を少し歩いて行きました。
少し高い場所に土蔵かな?とっても立派です。

037-1

え〜〜〜凄い凄い!豪邸だ〜〜〜

039-1

038-1

素晴らしすぎですよ〜〜〜
このままの状態で朽ちるの止められないのかな?
店主は記憶があるのか無いのか・・・、ここからは子供の頃のことだったそうで忘れちゃってるそうです。
でもご家族の方に連れてきてもらったと記憶してるようです。
ここの場所が横川商店の故郷だと言う事は違いないそうです。

041-1

土蔵の家紋は「アゲハチョウ」
横川家の家紋もアゲハチョウだそうです。
なんだか歴史をたどると面白いですよね〜、学生時代歴史は苦手だったはずのnonkoですが・・・
047-1

帰り道、北アルプスの眺望がすばらしい場所があり、目の前の木だけが邪魔してる・・・
でもきっと昔はこの木は低かったはず・・・
そして道行く竹ノ川の皆様はこの眺望を見ながら町へと行き来されていたに違いありません。
また「美麻高地」へ抜け、大町まちなかへ来られていたのかな?
現在大町にお住いの方々も、意外と美麻や八坂の方々が多いようです。
世の中の流れにより、過疎化は仕方ないのかもしれませんが、またここでも「故郷」を感じました。
PCで検索すると「廃村」とか「廃墟」とかで掲載されていますが、やはりご自分の生れ育たれた場所、またご先祖様の場所をそういったことで片付けて欲しくないものです。
現在は大町市ですが、まだまだ大町にはこういった素晴らしい場所が残っているのです。
この建物、朽ちるのを止める方法はないものでしょうか・・・
ず〜っと大町だったと思っていた横川商店の故郷が、このような場所だったのも何だか嬉しいものです。

018-1

帰りには久しぶりに新行の「美郷」様へおそばをいただきに行きました。
この日はイタドリの天ぷらがトッピングです。その日によって違うのも面白いでしょう。

019-1

冷たい氷水でしめていただくおそばは最高

015-1

素朴なそば寒天や、季節のお漬物も美味

020-1

そして何よりもnonkoが好きな薄焼きで〜す

021-1

お隣のお店にならべられてるこの徳利こそ凄い!

023-1

笹井さんの大徳利なんです。これも歴史を感じる一コマですよ〜〜〜

【美郷】様
長野県北安曇郡美麻村23-180
TEL:0261-23-1334
営業:11:00-18:00(又は品切れ)
定休日:月曜日

大町で瀬戸内の味わい

182-1

ヤッタ〜〜〜〜〜!今日はお魚屋さんが「鱧」と「エビ」を持ってきて下さいました。
超ラッキー
店主に、鱧すき風?揚げもの?って聞くとすかさず「鱧しゃぶ」ですって〜〜〜
このあいだ垂水の「増田屋」様で味をおぼえちゃったかな?

183-1

この時期は暑いので「ひとり小鍋」でどうぞ!
な〜んだか信州人の店主が鱧しゃぶの味わいを知っちゃった〜〜〜

186-1

nonkoは「生の海老」のパックの中に「シャコ」を見つけたのであります。
良く見てるでしょう(笑)

187-1

関西では食べられなかったシャコを、大町で食べられるなんて感激

188-1

今はもう子持ちのものではないのですが、この部分が美味しいんですよ〜〜〜
きっと皆さん捨てちゃう場所でしょうね!
この部分だけを軍艦でにぎっていただけるお寿司屋さんが懐かしい〜〜〜

地震でした!

先程地震がありましたが、当店は少し揺れただけで大丈夫です!
大糸線も平常運行しているそうです。
ご心配をおかけいたしました。
震度2でした。

栂池花三昧「栂池自然園」

023-1

今日は毎年恒例の「栂池自然園」へ出かけてきました。
いつもならもっと早いうちに行き、ミズバショウのお花中心にご案内させていただくのですが、今年はどういう訳かまだミズバショウは満開です。それなのに他のお花はきちんと暦通り咲いてくれていました。
今の時期の栂池は花三昧です
クマさん達も毎年来ているので、カメラのお客様から「このクマ他の場所で見たぞ〜〜〜!」なんて言われる始末です

002-2

ちょっと耳より情報ですが、nonkoはいつも白馬駅前からバスで栂池へ行くのですが、こちらの「北アルプス総合案内所」様では、栂池の「ゴンドラ&ロープーウェイ」のチケットを割引価格でゲットできるのです。それにバスもただ今開催中の「白馬アルプス花三昧」のフリーバスチケットが適用されるようでメチャクチャお得です
これでスムーズに栂池自然園まで行けると言う事です。

008-1

今日はお天気が心配でしたが、nonko的にはお花が見たかったので、山は少し見えたらいいかな〜
大町に居るとお天気合わせて動けるので、今回はまず「初夏のお花」をご案内したいので出かけました。
ゴンドラで標高を重ねると、意外と晴れてくるではありませんか〜

013-1

ロープーウェイ乗り換えの遊歩道は、シラビソ(またはアオモリトドマツ)の樹林帯です。

016-1

このあたりニッコウキスゲが少し咲いていました。

021-1

栂池自然園へ入ると、やはり白馬三山は見えませんが、観光のお客様の多いこと!それもツアーの方々がこんなに多いなんて・・・
ミズバショウは見頃ですね

027-1

雪が多い年でしたから、雪どけ水もいつもより多いように感じます。
やはり遅い春だったのでしょう。

032-1

ミズバショウが咲いている時に、これだけ青々と新芽やお花が咲いてるのは初めてです。
雨さえ降らなければ、意外と今の時期はラッキーかもしれませんよ〜

029-1

nonkoの大好きな「キヌガサソウ」です。

031-1

とっても夏らしいお花でしょう
これで葉っぱ含めて直径50センチ程ありますかね〜

042-1

同じキヌガサソウでも、こちらは少し小さめです。

044-1

もっと小さめなものは15センチ程でしょうか?土壌や日当りで随分雰囲気が変わるでしょう。
それにしてもキヌガサソウばかり写真撮るnonko・・・(ホント好きなので!)

136-1

濃いピンク色の花は「タカネザクラ」です。毎年咲いていますね〜

038-1

パッと景気よく開花する桜ではなさそうです。いかにも山の奥でひっそりと品良く咲きたいご様子です。

039-1

木道を歩き、ワタスゲ湿原から浮島湿原へ向かいます。お天気次第では「展望湿原」まで行くつもりでした。
やっぱりまだ残雪が少し残る遊歩道です。

045-1

049-1

それにしても今日は人が途切れることなく、色とりどりのウェアで自然園に人の花が咲いたかのようでした。

048-1

チングルマが可愛らしく咲き始めています。

058-1

マイヅルソウはまだお花が咲いていません。でももう1週間ぐらいかな〜

060-1

ユキザサもこんなに大きくなっていました。

055-1

サンカヨウもどんどんと咲き始めています。
葉っぱの中央にスプレー状に白いお花をつけてくれます。

056

何とも「和」のイメージがあるのはnonkoだけでしょうか?

064-1

ツツジはこれからどんどんと咲き始めるでしょう。

068-1

シラネアオイは大町の方々が最も愛されてるお花です。
今は一番きれいで多く見られると思います。
いつもは必死で探すぐらいですが、株が増えたのか?それとも本当の見頃になっているのかでしょう。

070-1

コイワカガミは小さいのですが、存在感のあるお花です。

076-1

でも山の天気の怖さは、「時より晴れるのです」これを「大丈夫」!と判断しちゃうのでしょう。
無理をせず、帰りに体力の60%以上は残すつもりで、自分の体力と相談しながらトレッキングします。

127-1

楠川です。こちらでは皆様ご休憩中!

126-1

自然園内の遊歩道で唯一お手洗いがある場所です。
とってもきれいなお手洗いなのは皆様がマナーを守られてるお陰だと思います。
078-1

楠川を過ぎればもうすぐ浮島湿原です。
やっぱりこちらで休憩されるたかがとっても多く、自然園の入り口からゆっくり歩いて60分ですから、ちょうどいい距離でしょう。

101-1

108-1

ここを一周して帰るコースが一番軽いトレッキングコースです。

081-1

082-1

リュウキンカが雪どけ水の流れの中で咲いています。これは春のお花なのです。

080-1

シナノキンバイは初夏のお花です。

097-1

ミヤマキンポウゲかな?nonkoお初です。

084-1

だんだん雲いきがあやしくなってきました。

085-1

nonkoの大嫌いな雪道も多く・・・

096-1

正面の山を越えるのですが、やっぱり引き返そう・・・
あきらめも肝心です
結局大雨にはなりませんでしたが、今となってはここで引き返して正解でした。nonkoの体力がついていかない状態でした。

091-1

089-1

結局「銀命水」で、手が切れそうなぐらい冷たいお水をいただいて引き返しました。

093-1

いや〜、良かった良かった、来た方向の雲いきまで悪くなってきました。

102-1

クマさん達も休憩し、また一緒に乗っかって下山開始

115-1

う〜〜〜まだこんなに雪があるある〜〜〜

121-1

このあたりはシラネアオイもまだつぼみでした。

125-1

ミツバオウレンも可愛いですね!

119-1

浮島湿原まで戻ると少しホッとしました。
行きと帰りでは見えてくる花も違うのが面白いです。行くことばかりに頭が傾いて、注意心がないのか・・・
ナナカマドですが、これは白いお花が咲くようです。

122-1

エイレンソウもいっぱい咲きだしています。

134-1

ショウジョウバカマだ〜〜〜
これは色がとっても鮮やかでした。

129-1

今度は違う遊歩道にコースを変えてみました。
雨は何となくまだ大丈夫そう・・・、でもここまで来たらゆっくりしても安心安心

106-1

ワタスゲがまた沢山群落になっています。

138-1

わ〜バイケイソウだ〜〜〜!お花はまだ早いですものね。

139-1

葉っぱのきれいな緑色がいいでしょう

141-1

あれれ?狂い咲ではなく、無理やり咲かされたようです。つぼみはあったはずですが・・・
nonkoがこのように元の自然の形にしてあげたのですが、カメラを持った方に、葉っぱを広げないと写らないからって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、バカ者
また葉っぱを無理やり下にさげて不自然なお花の状態で撮られていました。
今回とっても気になったことなのですが、カメラを持たれた方が多いのはわかります。nonkoもですから・・・
でもね、わざわざ写真を撮るために、繊細なお花の部分を素手で持ってはいけないと思うのです。
特に人の手の温度って花弁は敏感ですから、直ぐに弱ってしまいます。
カッコいいウェア着て山へ行かれるなら、カッコよく山のマナーも勉強していただければありがたいです。

【栂池高原観光協会】

今夜も賑やかな試飲台

015-1

「てっちゃんてっちゃんかねてっちゃん!ちくわとかまぼこちょうだいな〜、へ〜いへ〜い毎度ありがとさん」ご存知ですよね〜、関西のお客様なら
長野県の「ビタミンちくわ」みたいなものでしょうか(笑)
アッ、時代が違った〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日は比較的ゆっくりの日曜日、ラッピングの準備をしながら一日過ごし、夕食の準備でこのちくわの天ぷらを揚げてさぁ〜食べよう!って座った時に「ピンポ〜ン
お商売をしているとよくあるパターンです。
さ〜〜〜戦争だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

016-1

お客様が採ってきて下さった山菜をお料理開始です。
貴重なものばかりで嬉しいです
これは「ネマガリタケ」です。

019-1

左が「ユキザサ」、右は「ウトブキ」です。

020-1

ユキザサはボイルしてマヨネーズやカツオをかけていただきます。
北海道では「アズキナ」と言われ、支笏湖の近くで採ったものです。
味わいは爽やかな甘味があるので「アマナ」とも言われていたはずです。

022-1

ウトブキは大町でも貴重な山菜で、おひたしにしていただくそうです。
今回はこちらもボイルしました。

025-1

ネマガリタケは店主の大好物です。これはまずは天ぷらでいただくのです。
コリコリした食感がたまりませんね〜〜〜

024-1

箸休めはやっぱり「キュウリの粕もみ」です
これからの大町では欠かせない一品です。

まぁ〜今夜も賑やかな試飲台で、不思議なことに次から次からお客様がご来店されます。

026

とんでもなく楽しそうな「大人の時間」ってとこですかね〜〜〜


008-1

今日は昼間に上越から同じ酒販店の「まいどや酒店」様がご来店でした。
実は実は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、このあいだ南魚沼市で、大町の画家「斎藤清先生」の個展にお邪魔した帰りに、お酒を買いに立ち寄らせていただいたのです。
そうしたら偶々あるお取引先様の営業様が同じ方だったことからお話が弾み、今日はお店に遊びにご来店でした。同じ酒販店として色々な情報交換ができ、とっても楽しかったです。
私もまたお邪魔しますね〜〜〜!ご来店ありがとうございました。

074-1

このあいだお邪魔した時の店頭のお店です。
昨年の秋にリニューアルオープンされたそうで、とっても頑張ってられます。
上越へ行かれた時には是非どうぞ!店主の好きな銘柄「想天坊」もお取扱いされています。
同じ酒販店として大変なのは同じです。でもお互い頑張っていきましょうとお話しさせていただきました。

【まいどや酒店】様
新潟県上越市春日新田1-13-16
TEL:025-543-6727
営業時間9:00〜19:30 毎週日曜定休

想い出の日生漁港

138-1

赤穂線の「日生(ひなせ)」駅です。
大阪からは神戸を経て姫路、播州赤穂で乗り換え約2時間です。
関西に滞在中、娘と休みを合わせ想い出の地「日生」に出かけました。
ここは娘が幼稚園、小学校時代に良くお魚を食べに通った場所なのです。
京都からは片道3時間かかってましたね〜〜〜

137-1

日生駅の改札を出ると「アッ、ここ憶えてる〜、あの山まだ「ひなせ」って〜〜〜」
nonko以上に記憶のいい娘にビックリ仰天
駅前の雰囲気変わらないね〜〜〜

119-1

歩いて20分程の所にある「五味の市」会場まで歩くこの道路も全く変わってません。
お店は無くなっていたり、新しくなっていたり・・・
118-1

ここやここや〜!
左手前方に「五味の市」会場があるのです。
ちょうど行かなくなった頃ぐらいからこの場所に移動になったのですが、昔は古い建物の中で所狭しと新鮮な魚を売られていたのです。目の前で捌かれるのは「アナゴ」が最も多く、かごに山盛りの「シャコ」はピクピク動いていました。威勢のいいおばちゃんの掛け声に、値切り倒して買って帰った記憶があります。
あれから約15年ほど経ちますかね〜、このような市場は全国どこも観光地化され、その場で食べさせていただいたり、発送していただけたり、それがいいのか悪いのか・・・
nonko的には前の方が好きだったのですけど、衛生面はチョッと不安でした(笑)

116-1

会場のまわりはこんな漁船が停泊し、そのあたりは昔と全く変わりありません。
110-1

109-1

会場に着いたのは午後だったので、もう即売はほとんど終わっていました。

113-1

こんな感じで生きたお魚が売られてるのは昔と同じですね〜、チヌかな?

114-1

ハモも骨切りされた状態で販売されています。
こちらにいらっしゃる方々の包丁捌きは凄いですよ〜
とにかく手早いのです

115-1

これこれ、ちょっと季節外れですが「シャコ」です。
ザリガニではありませんよ〜〜〜
春先には子持ちのシャコをとっても安くで販売されてるのです。今度は秋あたりの方が肉厚で美味しいと思います。

112-1

今回生のお魚は無理なので、自家製の干物をゲットです。
これはきっと売れ残ったものを、その日のうちに開いてかわかされるのだと思います。
ここの干物は美味しいんですよ〜
コチ、アナゴ、タコ等があります。

120-1

会場近くのお店がお休みだったので、いつも行っていたお店に行くと・・・
経営が変わっていたようです時代とともに仕方ないのかな・・・

121-1

もう一軒昔からのお店「はましん」様へお邪魔しました。
こちらも息子さんが経営されるようになり、また雰囲気も少し変わっていました。

124-1

それでも美味しい地元の「煮穴子&焼き穴子」

125-1

この時期なのにしっかりと脂がのっていたメバル

126-1

またまた漁師さんが持ち込まれた「石蟹」をお味噌汁にしていただき、濃厚な味わいに感動です。

127-1

かたいでしょう!ってわざわざ包丁で砕いていただきました。
しゃぶり付いて楽しませていただきました

129-1

昔と変わらない「イシモチ」の唐揚げは日生の味わいです。
ここではまずはビールとこれでしょう

128-1

調子にのって娘は「鯛茶漬け」ですって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
味わいはって?知りません、nonkoの口には入りませんでしたから
それにしても良く食べる娘・・・

130

駅前に戻り、やっぱり日生はこの景色やな〜

131-1

うんうん!

133-1

ヤッホ〜!あほか・・・

135-1

向こうに見えるのはもう「鹿久居島(かくいじま)」で、みかん狩りができる島なんです。
冬でも温暖な瀬戸内の気候は、京都からはプチ旅行気分でした。
子供って昔行った場所を、ちゃんとおぼえてるもんなんですね〜
娘いわく、「ここやったんや〜!」
何が?「ず〜っとこの光景が頭にあったんやけど、それがどこか想い出せんかった・・・」そんな事を言う娘です。
中学から親元を離れ選手生活していたので、今になって昔行った場所がいい思い出になっているのでしょうね。

033

今夜は大町で「コチの干物」を焼きました。
昔と変わらぬ美味しい味わいでしたよ〜

【日生町観光協会】
【五味の市・日生町漁業協同組合】
岡山県備前市日生町日生801−4
営業時間:9寺〜17時
TEL:0869-72-3655
完売後閉店となりますのでご了承ください。
(悪天候等の事由で漁に出れない場合は休業させていただく場合がございます。)
定休日:毎週火曜日(火曜日が祝日の場合水曜日)
4月第1日曜日
(海の神様、金刀比羅宮大祭の為)

大町帰ってドタバタ・・・

003

昨日大町に帰ったら夕方に和歌山の哲っちゃんから南高梅が届きました!
このタイミングには超ビックリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年は不作だったそうですが、お客様にもお分けしていただきありがたかったです。

006-1

夕方にはお客様にも店主にも手伝ってもらい、何とか塩漬けにこぎつけました。
今年は20圓稜澳海靴鯆劼韻襪弔發蠅任后

008-1

004-1

梅干しは12%以下の塩分では添加物がないとカビちゃいますが、nonkoは毎年18%で漬けこみます。
もちろんお塩を摂取したいので、自然海塩「海の精」を使用します。
この薬効は凄いもので、当店の試飲コーナーのお客様は皆様、そのことをよく熟知されているのでありがたいです。今年も漬けますからね〜〜〜

009-1

今日は朝一番に、気になっていた「大町ワインぶどう栽培組合」様のぶどう畑に直行
やっぱり咲いていました、赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」のお花
詳しくはこちらからどうぞ!

018-1

明日は関西では「七夕様」です。
毎年この日に合わせて当店店頭に笹の葉っぱを飾ります。ぎりぎりセーフ
事務の窪田さんのご実家の笹をいただいてきました。

021-1

nonkoは短冊に大切な取引先様のお名前を書かせていただくのが楽しみなんです

022-1

028-1

もちろんお客様の短冊もご用意させていただきますね!
だんだんとお祭りムードに近づいてきました。
来週あたりには、子供さん方の「うちわ絵」をディスプレイさせていただけると思います。

店主関西食い倒れの巻!

101

102-1

181-1

暑~い大阪!
年に1.2回仕入れ先に顔を出してくれる店主も、今回は半日でダウン状態
とにかく食品の仕入れ先、販促物の仕入れ先、節電の関係でとてもじゃないですが、信州人にはきつい気温です。いや〜今朝大町に戻りましたが、この涼しさはやっぱり信州ですよ〜、皆さん避暑に来て下さいね〜〜〜
昨日早朝に大阪に着いた店主は、お店の雰囲気を色々と視察です。

182-1

一通りお取引先様にお邪魔すると、大阪駅前第一ビルにあります「長野県大阪事務所」に店主を案内しました。
これってとっても大切なことで、自分の町がどのように関西でご紹介されているかよくわかるのです。

183-1

大町のパンフレットがこのように置かれているのを見ると嬉しいものです。
もうすぐ「若一王子神社・夏大祭」のご案内もございます。是非お出かけ下さいね!

185-1

窓口近くには中野市のご案内が充実しています。
土人形もちゃ〜んと飾ってありました。大町もプッシュプッシュ

186-1

どうやら店主はトレッキングガイドや、山の地図が気になってるようです。
ここへくればどんな情報も詳しくわかりますので、是非「大阪の信州」へお出かけされて、この夏のご計画を立ててみられるのもいいかもしれませんね〜
午後からは暑い町から脱出し、神戸の方へ出かけてみました。

187-1

お昼は娘が小さな頃からお邪魔していた、垂水のお寿司屋さん「増田屋」様です。
ここは釣りに行く時にもよく利用させていただいてました。とにかく地元方々がほとんどのお店なのです。

189-1

やはり今の時期は長いものが旬です!
「ハモの焼き霜」店主初挑戦ですよ〜
骨切りされたハモに焼き目をつけて旨味を閉じ込めちゃいます
味わいの凝縮感は凄いですし、お刺身に近い味わいも感じます。

192-1

ポン酢とワサビ醤油のお好みで楽しめるのです。

190-1

かなり気に入ってくれた様子で、ススムススムお酒の量・・・
まだお昼ですよ〜〜〜

194-1

あ〜〜〜隣のオジサンが食べてるものが気になる・・・
「ハモしゃぶ」です。

195-1

しゃぶしゃぶ〜〜〜って
いっきに花が咲いたようになれば食べ頃です

196-1

焼き霜に比べると旨味の広がりも感じ、これはまた違った楽しみ方

188-1

やっぱり穴子は外せませんね!それもここに来れば「蒸し穴子」でしょう
フワフワで、脂もしっかりとのってます穴子好きの店主にはたまらない一品でしょう。

201-1

じゃあ天ぷらもいかがです?
ウヒヒヒヒ・・・、店主はハマりっぱなしです。
海無し県の長野では食べられない味わいばかりですからね!

199-1

最後は少しお寿司もいただかないとね〜
今回店主の飲みっぷり食べっぷりの凄さに圧倒されたnonkoでしたが、久しぶりにパワーをつけてもらったかな〜、恥ずかしくてお酒のならんでる画像は控えさせていただきますね(笑)

203-1

これだけ食べたのですから、少し歩かないと夕食が食べられません。
かつて良く釣りに来た垂水漁港を横目に、舞子方面へ歩き出しました。

205-1

ゲホッ!って〜〜〜失礼な

206-1

nonkoはなれてる「くちなし」の花の香りです。とってもいい香りなのですが、店主は苦手なようです。

212-1

明石海峡大橋がどんどんと近づいてきます。やっぱり大きいな〜〜〜

209-2

クマさん達も大喜びですが、お腹がきついって〜〜〜、食べ過ぎだよね〜〜〜

214-1

移情閣あたりからの景色はまた神戸らしくていいでしょう。

220-1

夜は夜行バスなので、軽〜くお野菜を楽しみましょう。
またまた「元気になる農場レストラン・モクモク」様へお邪魔しました。
昨日も沢山の整理券が出ていました。

222-1

ここは何がいいかって?身体が元気になるのです。
見た目派手ではないのですが、食材の良さ、扱い方がとってもお上手です。
自然食って意外とあきる味わいが多いのですが、それが全くなく、逆に勉強させていただきます。
このようなお店が都会にあると、野菜については「信州ブランド」が崩れていくような気配すら感じます。
「新鮮」と言う事でいうならば、近場の輸送時間の少ない方がより新鮮にいただけます。
そしてその調理の仕方に頭が下がりますね〜〜〜

223-1

「モクモク」様の名前は、「燻製」という意味合いからもあるのでしょうか?
nonkoが苦手なソーセージ類が美味しいのです。

225-1

もちろんデザートも優しい味わいばかりです。
少しづつ、残さないように、作られてる方に感謝しながらいただける味わいです。
翌日の身体のラクさにはホント驚いちゃったのですから・・・
豪華なメニューより、食材の良さを感じるバイキングは、高級なホテルバイキングよりいいかもね

224-1

昨日は七夕様と言う事で、ミニコンサートもされていてとっても素敵な夜でした

229-1

相変わらず夜の大阪駅で迷子になりながら、高速バスに乗って大町に戻っています。
お店に戻ったらサマーギフトが凄く出ていてビックリです。
今日も朝から忙しくありがたいです。


元気を出して最後の仕入れ!

IMG_7517-1

この本の影響大!
大阪のおばちゃんは世界を救う!って書いてるの見て納得です。
しかしnonkoは「大阪のおばちゃん度」が以外に低いのは京都人の気質が残ってるせいかな ?

IMG_7514-1

それならカバンの中に「飴ちゃん」しのばせてみます。
そしてこの飴ちゃん88円でゲットしたんでっせ〜〜〜
今朝の大阪は雨、こんな日にはいるいる大阪のおばちゃん!

IMG_7518-1

IMG_7519-1

IMG_7523-1

IMG_7524-1

大阪のミナミに住んでる娘の近くはとっても大阪っぽい場所です!
元気が出るよ〜〜〜大阪

IMG_7527-1

IMG_7529-1

この勢いで、今日はまたまた松屋町の駄菓子屋さんで仕入れです。
ここを一番最後にするのは、意外と駄菓子って賞味期限が短いものがあるのです。少しでも新しいものをと、仕入れを引きのばしていました。
でも今日はものすごい人で、しかも将来「大阪のおばちゃん」に成長される方々ばかりでした。
場違いなnonko・・・、相当引け目を感じましたが、最後にお店の方に「まけて〜な!」という言葉を待ってられたかのように、「オネーチャン、おまけ入れとくで!」って・・・
参りました

IMG_7530-1

またこのあたり七夕様の特殊な短冊も販売されているのです。これも松屋町でゲットなんです
IMG_7506-1

昨日は娘が公休日で、午後から懐かしい場所へ行ってきました。
時が経てば色々なことが変わります。ここもそのひとつになってしまったのかな〜
でも娘は確実におぼえていたのです。
また大町に戻ったらご紹介いたしますね!
明日はいよいよ店主が来阪します。色々なお店や都会の表情が見てみたいようです。

本日食品仕入れです!

IMG_7472-1

今日は本町で食品関係の仕入れです。
朝から雨だし、蒸し暑いし、もうたまりまへ〜ん

IMG_7439-1

ここでの楽しみは、仕入れ金額による「お駄賃!」
これで何かを買うのだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っていつもパン
ここはデパートと全く同じ感じで、仕入れができるのです。
今日はこの夏休み中の一般食料品関係、そして酒の肴などを仕入れてきました。もう恐ろしい人・人・人・・・
いつもは横川商店「蔵日記」より掲載させていただくのですが、今回はこちらから目ぼしいものをちょっとご紹介しておきますね!

IMG_7441-1

創味のなら美味しいはずです!

IMG_7443-1

暑い夏、食欲減退にはこれですね!

IMG_7444-1

IMG_7446-1

IMG_7447-1

久しぶりにいかがでしょう!なぜか色々考えずに「プレーンオムレツ」で美味しくいただけます。

IMG_7448-11

こちら「焼きそば」の下味、そして炒め物、nonkoは野菜の煮物にも使うことがあります。
IMG_7445-1

このふりかけは当店でも超人気です。何度も追加してる「海苔屋が作ったふりかけ」なのです。

IMG_7450-1

こちらの「うるめ」ですが、個別包装してるので何となく損してる気分ですが、美味しいんですよ〜
箱が裏返ってるでしょう、これは完売の空箱です。
nonkoも取り合いでゲットしてきました

IMG_7451-2

IMG_7453-1

こちらも人気の「ふじや珍味シリーズ」です。

IMG_7452-1

こちらの「焼きめざし」もよく売れるのです。

IMG_7455-1

これって「いか」って書いてるけど「たこ」ちゃうん?

IMG_7454-1

この「まぐろ」初めてなんですが、横にいた大阪のおばちゃんが「おねえちゃん?これ美味しいから買い!うちのオッサン好っきゃねん!」って・・・(ほんま大丈夫かいな?)

IMG_7456-1

このイカも美味しそうや

IMG_7459-1

当店は「すこんぶ」好きのお客様が増えたかも?

IMG_7460-1

ギャ〜〜〜これって不味い昆布飴?今は美味しいんですって〜

IMG_7458-1

これワインといかが?

IMG_7462-1

またイカかい?でもこれは「おせんべい」だから

IMG_7464-1

「あぶりチーズいか」
またイカや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、でもこれは柔らかくて美味しいよ

IMG_7469-1

こちら前回試食で仕入れた「生姜の砂糖漬け」です。
高知の良質な生姜を使われているのであっという間に無くなっちゃう。

IMG_7471-1

こちら定番になってしまった「塩トマト甘納豆」です。
甘いのか塩辛いのかどっちやねん!甘酸っぱいです(初恋の味?)

IMG_7470-1

こちらも初入荷!味わいはどうでしょう?買っていただいたお客様、是非ご感想を教えて下さいませ(笑)
でもきっと梨のほうはnonkoが試食するでしょう。

IMG_7466-1

可愛い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、これは駄菓子の売り場ね!

IMG_7468-1

これも面白そう!昔あったよね〜、今でもあるか・・・
家の中でやらなくてもいいと思うのです。
うんうん、当店店頭で炭をおこした時にでも試食をしてみよう〜っと。
まだまだご紹介してないものも沢山ございます。
入荷は来週後半になるので、週末には確実に店頭にならんでると思います。nonkoもならんでると思います。
いや〜疲れちゃいました!「力」が足らんと思います。これ読んで勉強しなくちゃ

IMG_7478-1

これ読んでパワーをつけなきゃ!

IMG_7434-1

昨夜はあまりに暑いので冷たいパスタです。
タイムサービスでゲットしたホタテをタップリね

IMG_7437-1

そして「水無月」と「七夕様」の生菓子です
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ