呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2012年10月

ハロウィンは「はらぺこカフェ!」様

010

オ〜〜〜〜〜イ!カッコよすぎるぞ〜〜〜〜〜
我が横川商店の隠れスーパーウーマン、事務の窪田さんの子供さんです。
事務と言っても、最近はnonko同様「何でも屋」ですね
個人商店は何でも屋が当たり前だもの・・・

011

可愛い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今日はハロウィンなので、仮装で遊びに来てくれました。
嬉しですよね〜〜〜、今度は森へ行ってドングリを拾ってきて
今年もクリスマスリースを作ろうね
おばあちゃんにもプレゼントしなきゃね
ほんと窪田んさんが横川商店にパートさんで来てくれた時は、もっと小さかったのにね〜
今夜は私達もハロウィン気分です

020

本来なら定休日の今日、夜は窪田さんオススメの「はらぺこカフェ」様へお邪魔しました。
前回お邪魔した時にとっても美味しかったのです。

034

店内はとっても雰囲気が良く、カジュアルにパスタとピザを楽しませていただけます。

021

キャ〜〜〜最高
4種の生ハムと栗のピッツァ
贅沢4種の生ハムがどーんとのっかってます。栗の甘味と白ワインとの相性がこれほどまでにいいとはビックリしました。サラダ仕立てに仕上げていただいてるので、いくらでも食べられちゃいます。

023

栗が隠れてるでしょう。これホント絶品です
ピザの生地は2種類あるようで、店主共々厚めの生地でしっかり焼いていただくことをリクエストさせていただいてます。

024

これは凄いピザですよ〜〜〜,サラダ感覚で楽しませていただけます

025

あっと言う間に平らげ、2枚目へ挑戦
今度はシーフードピザです。
こちらも美味しい〜〜〜

026

白ワインが直ぐに終わり、泡ものでもっとカジュアルに

028

030

ハーブチキンとキノコのクリームパスタにパンプキンを入れて〜〜〜なんて我がまま言うnonkoです。
美味しかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ソースがあまったのでパンが欲しい〜〜〜〜〜〜(ほんと我がまま)

033

フォカッチャとパンプキンのパンも最高です。
ここは大町の穴場ではないかと思います。

032

恥ずかしいけど、「はらぺこ」だったので、お行儀悪いけどお許し下さいね!
それほどソースも美味しかったんです
今度こっそり独りで行くか

【はらぺこカフェ】
長野県大町市常盤5822-7
TEL:0261-22-8866
定休日:月曜日

東京出張(@_@;)

006

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!また間違えた
今日は日帰りで東京へ出張でした。あ〜〜〜しんど
浅草橋へ行くのに総武線に乗ればいいと教えてもらったのですが、反対の方向へ行ってしまった〜〜〜
やっぱり東京はnonkoダメです。いまだに迷子・・・

005

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜東京には駅のホームに「ミルク」だけの売店があるんですね〜、ビッ
新宿から浅草橋まで1時間以上かかったらダメですかね?右も左もわかりません・・・
それでもちゃんと仕事してきましたよ〜〜〜
いつも販促物でお世話になるお店ですが、東京と大阪は品揃えが全く違います。やはり東京は仕上がったものが多く、価格が高いので大変です。当店のようにラッピングを無償でご提供できるのは大阪でないと無理ですね〜。今回はクリスマス商戦のイメージの勉強も兼ねての仕入れでした。

008

お昼はいつも行く東京駅構内の牛タンのお店「喜助」様は、京都時代秋田の玉川温泉へ湯治に行く時に,、わざわざ仙台に途中下車して食べに行ってたお店です。
東京駅にあるんですよ〜
お昼のランチ1.5人前(笑)

009

スープと麦ごはんが付いてます
これを食べたから午後はパワフルにディスプレイの動向を見にウロウロできました。

013

012

それにしても東京は人が多いですね〜
街路樹に「栃の木」があって超ビックリです。
信州の栃の木とは雰囲気が違います。何となく「箱入り娘」のように見えるのはnonkoだけかな?

016

キャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜こんなトラック?が停車していました。
都会は凄い!

010

有楽町に行くと時々気になってる「長野県東京事務所」様へお邪魔して、大町の案内があるのか見るのも楽しいものです。

011

ちゃ〜んとありますよ〜〜〜
東京のお客様は是非信州へ来られる前に情報をどうぞ

017

ちょっと時間があったので、何年ぶりでしょう「銀座和光」様のティールームで「3時のおやつ」
お腹がビックリするほどの濃厚なモンブラン、美味しゅうございました

018

お会計はテーブルでお願いするのですよ(笑)

020

都会の夕暮れと、大町の夕暮れがこんなに違うんですね〜
ただ今帰りました

【長野県東京事務所】
東京都千代田区平河町2丁目6−3
TEL:03-5212-9055

【喜助 東京駅八重洲北口店】
東京駅八重洲北口キッチンストリート1階
東京駅から179m

錦絵の信濃大町を旅する両親

034

京都よりnonkoの両親と弟が初めて大町へ来てくれました。
昨日よりの雨で心配しましたが、今日は朝から虹も出ていて、とってもきれいな紅葉を見ることが出来ました。
昨夜はnonkoも一緒に「黒部観光ホテル」様でお世話になり、温泉と地元のお料理に舌鼓です

026

紅葉を見ながらの温泉は最高の幸せですよね〜
シラカバの木が信州らしい雰囲気でしょう。エッ?誰ですか?今日は徳利と猪口がないって〜〜〜(笑)

003

夜は地元のお酒「白馬錦・純米吟醸ひやおろし」を楽しみながらのバイキングです。
旨味がのって美味しくなってきています。
黒部観光ホテル様のバイキングは、地元食材を使われ、信州牛や天ぷらは熱々でサービスしていただきます。

010

キャハハハハ〜〜〜、こんな大きなカニがあるのはここだけかな(笑)
身もしっかり詰まって美味しいね

006

まずは軽くチョイス
これがどれも美味しいんですよ〜
全て食材のご案内がされているので、いただいていても楽しいのです。

001

お刺身もこういったバイキングでは良しとしましょう。鰆のタタキのようなものが美味しい〜
虹鱒や鮎は焼きたてです。そして手前の「おやき」は、ピザ味とキムチ味、これもひと工夫されていて楽しいです。

005

天ぷらはもちろん揚げたてでサービスしていただきます。

011

やっぱりこちらの目玉は「信州牛」ですよ
こちら3回目に取りに行ったらこの状態でした。父は自分は三切れだったと・・・、取りに行くのは恥ずかしいようでそのあたり京都人(笑) 何度取りに行ってもいいんですよ(笑)
その都度切り分けていただける方が嬉しいですものね!

002

ご飯ものはみんな松茸ご飯をいただいてましたが、nonkoはお寿司です。特にツブ貝とイカが好き〜〜〜
確か以前店主は10個ぐらい食べていました。

016

キャハハハハ〜、「鹿肉バーガー」ですが、興味があってとってきたのに食べる勇気な無いのも両親は年の功?
鹿を食べる感覚がないんですよ〜、ジンギスカンと同じ(笑)
とにかく種類が豊富で、地元の郷土色的なものが多いので嬉しいです。

015

父はしきりに「水が旨い!」の連発で・・・、正直これにはビックリしました。
実は黒部観光ホテル様は、独自で湧水を汲み上げられてるそうです。

007

フルーツも白ぶどうの「ナイヤガラ」に感動していました。
関西ではナイヤガラは手に入らないですからね〜

013

食事の最中に「おはぎ」を食べる面白い父です。
デザートもアイスクリームまでありましたが、そこまでいけずにお腹いっぱいでした。
バイキングを楽しませていただきながら、地元の方の好むものと、観光のお客様の好まれるものが少々違うことに気づきました。母は一番最初にお蕎麦を取ろうとするので、それもビックリです(笑)
時にはこういった場面を体験するのも面白いものですね!

018

食後にホテル内の売店でお買い物をするのも楽しみの一つです。
この時にスタッフの方々のご案内の勢いに嬉しくなっちゃいました。
頑張ってられますよ〜〜〜〜〜〜〜〜
買う買わないではなく、宿泊のお客様もスタッフの方々との会話を楽しんでられるように見えました。
お土産に困った時には・・・

017

これですって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、さすが
これはとっても面白いご提案だと思います。
結婚式の引き出物用の大きな袋にこれだけ全部入ってるのでビックリでした。

021

雨もしとしと降りで、いつもより早い目の就寝・・・
なぜか父は電気毛布持参で笑ってしまいました。宿泊施設にこのようなものを持ち込むのはビックリ!
来る前に「大町は寒いよ〜!」って言ったけどそこまで・・・(笑)山小屋じゃないんですから・・・

045

雨あがりの朝を迎え、朝食をお腹いっぱいいただき、黒部観光ホテル様を後にしました。
043

040

お水が美味しいからと近くのお水を汲みに行き、高瀬渓谷へと車を走らせました。

076

073

大町ダムあたりの紅葉はあと2.3日ぐらいが最高なのでは

047

少し奥へ行くとトンネルと「北葛沢」があります。ちょうどトンネルの手前の橋の上からの景色です
ここ最高でしょう
053

061

056

059

両親も紅葉が見られて良かったかな〜

064

また少し奥まで行って、葛温泉の手前の橋の上あたりも綺麗です
お車のお客様、できれば駐車されるところだけはお考え下さいね。今日は道路上に縦列でしたので危なかった〜

065

067

ここではカエデの紅葉が素晴らしかったです

110

もう一軒「霊松寺」様の紅葉状況も見てきました。
いつの間にか北アルプスも少し見え始め、両親も喜んでくれたと思います。

109

ちょうど今週末の連休あたりが最高じゃないでしょうか

080

102

098

ラッキーならオハツキイチョウもゲットできるかも?
ボランティアの皆様が、とっても親切にご案内して下さるのでありがたいです。
地元の方々で作られるボランティアの方々だと思いますが、プロの方とは違う「味」があって大町らしくって素敵です。

107

今週末は毎年恒例の「影武者」様のシンセサイザーコンサートがございます。
是非皆様お出かけ下さいませ。

【黒部観光ホテル】様
長野県大町市平2822
TEL:0261-22-1520

【霊松寺】様
長野県大町市山田町6665
TEL:0261-22-0377

仁科シャルドネ2011試飲会

002

本日発売の「仁科シャルドネ2011」です。
「大町ワインぶどう生産組合」の皆様が手間暇かけられて作られたワインぶどうを、「スイス村ワイナリー」様で醸造していただいたワインです。
今日はぶどう栽培家様方、「スイス村ワイナリー醸造小栗」様、そしてお客様が当店店頭でお楽しみいただけますよう、そんな思いで試飲会をさせていただきました。

007

朝からテントをたてて、軽いおつまみをご用意いたしました。

009

チーズ類

005

ナッツ類

001

パンやクラッカー

023

021

020

諏訪県会議員様(右)と、大町ワインぶどう生産組合長小林様がご挨拶されています。
これからの大町のワインをよろしくお願いいたします。
nonkoの希望は、このあいだお邪魔しました「越後ワイナリー」様のようになればいいな〜

015

一般のお客様と生産組合様がお話しされてるのがとってもいい雰囲気です。
その横には醸造していただいてる「スイス村ワイナリー・醸造小栗」様がご一緒に皆様と熱く語られています。
私共は生産者とお客様を繋げる接着剤になればそれが一番嬉しいことなんです。

028

また店頭の一画では、ワインぶどうの新芽の時期から収穫までをパネルでご案内し、そこではぶどう栽培組合の原田様がご説明されていました。

030

nonkoは時間があると旗を振ったりして呼び込み開始

039

スイス村ワイナリー様は、大人だけでなく子供さん方にはジュースの試飲もしていただきました。
美味しいでしょう

040

ご家族で楽しんでいただけるよう、とっても有難いはからいでした。

058

大町の「仁科シャルドネ2011」は辛口の白ワインです。
甘口をお好みのお客様には、新酒ワインもお持ち下さいました。
これがまた人気で、特に「ピノノワール」の新酒ってあまりないでしょう。これが大人気でした
少しお店にも置かせていただくことになりました。

034

049

キャ〜〜〜、当店のお客様が山へ行って茸を採ってきて下さいました。

nonkoは急いでキノコ汁に

045

当店特上味噌使用のキノコ汁です

042
午後からも試飲は続き、小栗様も休憩もとれずに頑張っていただきました。ごめんなさ〜〜〜い!

047

お客様も沢山ご来店いただき本当にありがたかったです。

051

ぶどう栽培組合の原田様(左)、西山様(中央)、そして組合長の小林様、渋田見様、一日ご苦労様でした。
いつもは栽培なので消費者の皆様のお声を聞かれることはないと思います。きっと今回の試飲販売会が今後のプラスにもなればと思います。
もちろん当店も全力で皆様のご努力をご案内させていただくつもりです。
このようは機会をどんどん企画して、大町の皆様にご案内できれば嬉しいです。

055

夕方試飲販売会が終わり、いつものように店内試飲コーナーで反省会です。
小栗様面白過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
日本酒も呑まれるんだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、後片付けをお手伝いいただいた「チームヤマジュウ」の皆様と楽しいひと時です

062

スイス村ワイナリー・営業石澤様がお迎えに来られてもまだまだ試飲は続いていました。
今日は沢山の素晴らしいご縁をありがとうございました。

いっきに紅葉下りています!「八方尾根」

021

紅葉が遅れ気味と言われていましたが、今週でいっきに下りて来ました!
いや〜〜〜、今日は八方尾根方面へ状況を見に行きビックリです。
皆様〜〜〜〜〜〜〜〜もう紅葉終わっちゃうからはやくお出かけ下さ〜〜〜〜〜〜〜い
「八方尾根ゴンドラリフト」の乗り場からすぐのところがもうこんなに紅葉しています。

019

今週は大忙しのクマさん達も頑張って来てくれました

022

兎平付近はもう紅葉は終わりかけています。
ここからはリフトに乗り換え黒菱平へ・・・

024

027

兎平から黒菱平までのリフトから白馬三山が見えてきました。
左から「白馬鑓ヶ岳」「杓子岳」「白馬岳」です。

033

黒菱平はもうすっかり冬将軍を待つような景色になっていました。
鎌池湿原の写り込みが綺麗なところです。

036

黒菱平から2回目のリフトに乗ったら「八方池山荘」に着きます。
ここからは歩いて八方池まで行きます。
ここからの三段紅葉が素晴らしかったです。

045

もう山野草は冬眠の準備でしょうか?沢山の登山者の方々の目を楽しませてくれたことでしょう。
ご苦労様、また来年ね!

048

上りは少し遠回りですが、左側の「木道コース」の登山道を上ります。そのほうがラクで、通常の登山道は心臓破りの上りです。

049

雲行きがどんどんあやしくなり、遠見尾根の方からどんどんと雲がかかってきました。
そうかと思えばこのような青空が出てきたり、山の天気は本当に変わりやすいと思います。

052

写真を撮りながら約60分ほどで、「不帰嶮(かえらずのけん)」が見えてきます。あ~怖そう・・・、こんなところ上る人がいるんですから凄いです、nonkoは無理無理・・・

053

054

登山道に雪が残っていて、石の上の雪は滑るので要注意です。
あ〜危なそうなおばちゃんが・・・、運動靴ではきついですよ〜〜〜

056

見えた見えた〜〜〜八方池

059

八方ケルン・2,035mです。

061

062

まずはいつもの場所で
今日は写り込みは難しかったですね〜

082

でもここからの八方池もきれいです。

084

087
088

八方池に氷が張ってるのを見たのは初めてでした。
写り込みを撮りたいなら氷が張る前に来なくちゃダメですね〜
紅葉が遅れてると思っていたのでわざわざ遅らせたのに大失敗(笑)
これじゃお客様にご案内なんてできませんよね〜(nonkoのチョンボ)

060

八方池から少し唐松方面へ上るとダケカンバのきれいなところがあるのです。
落葉はしてるでしょうが、雰囲気がとっても好きな場所があります。

068

そこへ行くまでにはnonko最大の難所があるのです。
きっとこの場所をご存知の方は「エ〜〜〜!」って言われそう・・・
だって深い沢が見えるんですよ〜〜〜、帽子に両脇が見えない様なものを取り付けられないかしら?
とにかく四つん這い状態です。
初めて来た時には、「大丈夫ですか?」って言われる始末です。だから人がいない時に通過するようにしています(笑)

073

今日は積雪があったので、またいつもと違う雰囲気でした。
ダケカンバの木の曲がり具合いをみると、冬の厳しさを感じる場所です。

076

木の奥の奥の方まで雪が吹きこんでいます。
吹雪いている状態を想像しただけでも恐ろしい冬の厳しさですね。

070

そんな冬の厳しさが面白いオブジェを作ってくれたりするものです。

077

さぁ〜、クマさん達そろそろ帰って仕事しなきゃね!

093

帰りは急な登山道の方を下って行きました。

094

見て下さい、中央の赤い場所が現在紅葉が真っ盛りなところです。
今週でいっきに進んでしまったような気がします。あ〜忙しい!

096

097

またまたリフトとゴンドラを乗り継いで戻って来ました。

*明日は午前10時より16時ぐらいまで、大町のワイン「仁科シャルドネ」の試飲販売会をさせていただきます。
醸造の「スイス村ワイナリー」様より醸造担当の小栗様、そして「大町ワインぶどう生産組合」の皆様がご来店です。
スイス村ワイナリー様からは他にも新酒ワイン、また地元果物を使用されたジュースもお持ち下さるそうです。
軽いおつまみもご用意いたしますので、是非遊びにお出かけ下さいね!


【信州白馬 八方尾根】

冬将軍がやってきた〜〜〜!

048

050

昨日は大町市内から見える北アルプスにも初冠雪がありました。
またまたこの場所で写真を撮り、合成写真でないことを証明しちゃいます。

051

ほ〜らね、nonkoの自宅近くの田んぼの横に置かれていたのです。
これを北アルプスをバックに撮っちゃったのです。FBでは皆様「合成だ〜〜〜!」って思われちゃいました。

002

りんご畑からの写真も信州らしくっていいでしょう。

005

りんごも真っ赤になってるものもあります。
フジではないですけどね!

006

カリンもそろそろ出回っています。いい香りがするんですよ〜

007

「霊松寺」様の方も見て来ました。
今年も影武者様のコンサートがあるんです。
観光期間中(内部拝観)恒例のコンサートです。
『影武者』さんオリジナル曲を中心に自然と融和したシンセサイザーの音色をお楽しみ下さい。
日 時 : 11月3日(土祭)、4日(日) 
午前の部 11時開演・午後の部 13時開演
場 所 : 霊松寺鐘楼前広場


008

本堂の屋根のまわりのカエデはまだまだのようです。

012

ここから本堂の屋根と鐘つき堂を見ると、バックに北アルプスが見えるんですよ〜、これは大発見!って皆様きっとご存知ですよね(笑)

009

011

010

境内はまだこんな感じです。
また情報をお届けいたしますね!

【霊松寺】様
大町市山田町6665
TEL:0261-22-0377

馬曲温泉・望郷の湯!

039

昨日は念願の北信・木島平の麓「馬曲温泉・望郷の湯」へ行ってきました。
正面右に見えるのは、中野市からは「高社山」、こちら北斜面では「木島平」と言うのでしょうか。
この左の方から木島平を見下ろす温泉なのです。

022

馬曲温泉に着くと、まずは入場料をお支払し、露天風呂へ直行〜〜〜!
水車小屋のまわりの雰囲気が素敵素敵

023

もちろん男性と女性は別れていますよ
最初水車小屋に目をひかれ、男性露天風呂へ足を向けてしまったnonko

026

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜素晴らしい
035

目の前に木島平が一望できます。
昨日は平日でしたが、それでも結構なお客様がいらっしゃったのは紅葉が始まってるためでしょうか?
スタッフの方にお聞きすると、確かに土日は多いそうですが、これだけ大きな露天風呂なので、大丈夫だそうです。

029
いいでしょう、お燗酒!ってこれはイメージですから実際には飲んでませんよ〜

036

温泉を満喫するとこのお庭を見ながらのお昼ご飯です。

031

やっぱりまずは信州では冷奴
これが驚くほど美味しいんです
水が美味しい信州では是非お風呂上りにどうぞ!
こちらのお豆腐、見た目かたそうですが、やわらかくって甘味を感じます。独特の食感も最高です。

033

そしてこのトマトジュース、これ大人買いして来ればよかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こちらもトマトの甘味をこんなに感じるなんて・・・

032

冷奴とトマトジュースでさすが冷えてきたので、おでんでチョット(笑)
このおでんは、中野市の「丸世酒造店」様の奥様にご馳走になるおでんと一緒だ〜〜〜
新蕎麦もいただき、いい気分

038

ちょっと食べて呑んだ後には畳のある休憩場があるのでお昼寝までしてきちゃった〜〜〜

【馬曲温泉・望郷の湯】
長野県下高井郡木島平村大字往郷5567-1 
TEL:0269-82-4028

大町は三段紅葉

IMAG0060-1

今朝は大町から見える北アルプスの初冠雪がありました。いよいよ冬将軍が到来です。
今日は定休日、大町の紅葉状況を見てから木島平の馬曲温泉に行って来ました。温泉に入り過ぎてヘロヘロです。また明日掲載させていただきますね!

小さな天使がご来店!

005

「串揚げ酒場KAZAN」の大作君・恵美さんご夫妻の赤ちゃん「栞愛ちゃん」がご来店!
まだ生後一ヶ月ぐらいかな?おめでとうございます。
今日奥様のご実家より大町へ帰って来られました。
新しい家族が増え、大町の人口も増え、明日からまた頑張って下さいね
串揚げ酒場KAZANは、オーナーのナオ君も大阪人、二人で大阪の味を大町で楽しませてくれています。
同じ関西人としてnonkoも応援しています。

008

可愛いですね〜〜〜
わざわざお店まで連れてきていただきありがとうね〜!
将来お酒の呑み方は「チームやまじゅう」の皆様方が懇切丁寧にご伝授して下さると思います(笑)

007

最近nonkoは赤ちゃんを抱っこするのが上手になりました。
きっと本金酒造様の凛太朗君や奈那ちゃんでなれたのかも?
やっぱり孫はいいものですよね〜〜〜って娘はまだ独身です

錦秋の鎌池「素晴らしい出会い」

010

007

今日は小谷の鎌池の紅葉状況を見てきました。
小谷からは村営バスに乗り、小谷の民家の雰囲気を楽しみながら終点「雨飾高原」で下車です。

017

このような道を約70分歩きます。
まわりはブナの木などの雑木で、紅葉が素晴らしいのでドンドンと歩けちゃいます。

018

ここはダメですよ〜〜〜!マナーをもってトレッキングして下さいね

024

いつもこのブナの木にご挨拶今年も元気に葉っぱを付けたんだね〜〜〜

028

そして雨飾山の見えるポイントへ・・・
車では意外と通り過ぎちゃいますが、歩いたら色々なものが目に飛び込んでくるのです。
もうピークあたりは紅葉も終わってるのでしょうね〜

038

鎌池の入り口近くで近道のご案内がありました。
これはきっと駐車場の収容の問題で、路上駐車も仕方ないのでしょう。手前からトレッキング道が出来ていました。

040

「ブナの小路」と名付けられたとっても雰囲気のいいブナ林を通って行きます。

049

紅葉の色がもうこんなに真っ赤になっています

042

わぁ〜〜〜
いきなり目の前に鎌池があらわれました。綺麗過ぎで言葉が出ません

043

044

045

046

047

048

055

060

062

073

もうルンルン気分のトレッキングです

064

ホウバの葉っぱご存知でしょう。これは「実」です。

072

栃の実さんも落ちていました。拾われなければ土にかえって行くのです。

074

素晴らしいブナ林でしょう。
078

080

ここはマイナスイオンがいっぱいですよ〜
nonkoもクマさん達もブナの木は大好きです。

070

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、倒れてる・・・
今までこんなブナは無かったはず・・・

069

根っこもむき出しで・・・、大丈夫なの?

071

でも前方のブナの木と、根っこに近いところにあるブナの木に支えられて、しっかりと葉っぱを付けて生きています。木も助けられながら生きてるのですよ〜〜〜、ある意味人間も同じです。

068

ブナの木のあるところは水が豊富なんです。
この湧水も関係あるのかも?
nonkoはブナの木って手で触れるととっても心地いいのです。

106

木肌が何とも言えず素敵でしょう

092

陽の光が反対向けになると、また景色が変わって見えるものです。
鎌池はまわりを一周できるので、必ずシャッターポイントがあります。

094

099

このように絵を描かれてる方々も沢山いらっしゃいました。

101

そうだね〜、クマさん達も写真撮らなきゃね!

102

またまたカメラマンの方のモデルになるクマさん達jは、最近どこへ行っても人気者です。
このクマさんでnonkoにお声掛け下さった大町のお客様がいらっしゃいます。

084

大町からお越しのお客様で〜す!
nonkoが連れていたクマさん達で、nonkoだって気付いて下さったそうです。
メッチャ嬉しかったです。帰りに露天風呂楽しまれたかな〜?またお店の方にも遊びに来て下さいね。お声かけ下さりありがとうございました。クマさん達もしっかり仕事してくれてるんだ〜

085

お昼は鎌池湖畔近くの「ぶな林亭」様です。
まずはやっぱり日本酒でしょう
キノコ汁で秋の味わいです。

086

天ぷらをつまみながらいい気分

087

最後はお蕎麦をいただき大満足です。
お昼寝〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

105

上を見ればブナの木、素敵でしょう。
もう時間が止まってるような感覚です。

103

しばらく横になり、しばらく読書
元「一澤帆布」様、今は「信三郎帆布」様は、来月長野東急様にお越しなんです。nonkoも買い出しに行かなくちゃ〜。色々大変だったこと、この本に書いてあります。
同じマンションに居たのに、こんなに大変だったんだ〜、益々一澤様御夫妻が好きになりました。

107

108

110

112

また来たブナの小路を通り、いつもの道路に出たらこのようなご案内がありました。
やはり休日には多くの観光のお客様がおみえなのでしょう。このブナの小路はホント素敵な近道です。

114

115

116

来た時と違って、陽のあたり方が随分違い、一段と紅葉が素晴らしくなっています
雨飾山は見る方向によってまた違った雰囲気を感じます。

120

モミジとブナのコラボも素敵でしょう

118

122

125

ここから見る雨飾山が大好きです!

129

帰りは1時間弱で下りて来れました。

131

ブナ林の中の露天風呂で随分楽しませていただきました。
今は写真撮影禁止なので、以前の画像で掲載しています。

133

クマさん達も温泉を楽しんだ後、ブナの木で遊んでいました。
今日もいい一日だったね〜
そして帰りのバス停「雨飾高原」まで下りてきてビックリ

141

東宝の映画監督「河崎義佑様御夫妻」にお会いしました。あまりの偶然でビックリしました。
2009年にもこちら鎌池でお会いしてるんです。
なんと言う偶然なのでしょう。nonkoが今の仕事を始めた頃、穂高の「ひつじ屋」様で大変お世話になった監督様御夫妻です。とってもお元気そうで、奥様にはコーヒーをご馳走になりました。
いただいたマフラーや手袋は貴重過ぎてなかなか使えませんが、松田聖子さんのサイン入り生写真は今でも試飲コーナーの横に飾らせていただいてます。
「カリブ愛のシンフォニー」ご存知ですか?河崎監督様だったんですよ〜
鎌池の御縁は素晴らしいです、いつもnonkoには何かが起こります。
紅葉はこの一週間が見頃だと思います。

【信州小谷村観光】

北アルプスの風を楽しんで・・・「大町アルプスマラソン」

001

今日もとってもいいお天気でした。
昨日の日本酒会も無事に終了し、「十六代九郎右衛門・湯川尚子ご夫妻」様は、本日木曽の藪原にお帰りになりました。そしてお昼にはもう日本酒造りのための酒米を洗ってられたようです。
今季のお酒造りが始まる大切な時期に、わざわざご来店いただいたことは私共といたしましては嬉しい限りです。
どうぞ今季も素晴らしいお酒を楽しみにしていますね
今朝は朝から大町郊外の「大町ワインぶどう生産組合」様の、赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」の収穫状況を見学に行ってきました。

003

いつも通る道祖神様に「おはようございま〜す!」ってご挨拶です。

005

Myベンツで約20分、原田様のぶどう畑に着きます。

007

008

わぁ〜、もうメルローの収穫が終わってました。
きっとお手伝いの皆様でスムーズに作業が終られたのでしょう。
可愛らしいぶどうが残ってました。ご苦労様

009

北アルプスを望みながら少し離れた西山様のぶどう畑へ・・・

010

棚栽培のメルローの畑も収穫作業は終わっていました。

042

西山様はメルローだけ栽培されていますが、棚栽培とこちら「垣根栽培」もされています。

043

やっぱりこちらも収穫作業は終わってました。
見学したかったですが、タイミングというものもあるのでね!

044

こちらも小さな果房が残っていて「ご苦労様」とつぶやいてるnonko・・・
新芽が出る頃から収穫まではあっという間です。でも一日一日手間をかけられて収穫までこぎつけるには、気が抜けないと思います。
「収穫したら寂しくなっちゃうんだよな〜」なんて言ってられたのを思い出します。
収穫されたぶどうは「スイス村ワイナリー」様へ運ばれ、工場長の内方様が醸造していただけ、その後樽熟成されて来年の今頃には発売になると思います。
来週発売される「シャルドネ」は、昨年の収穫のもので、27日(土)には、横川商店店頭で試飲会をさせていただきますので、是非遊びにお出かけ下さいませ。
やはり大町で栽培されたワインぶどうです、地元の方々に試飲していただき、色々なご感想をお聞きしてみたいです。もちろん大町ワインぶどう生産組合の皆様、スイス村ワイナリーの方もご来店ですので、楽しいひと時になればと思っています。

014

ぶどうの収穫が終わっていましたが、近くで「大町アルプスマラソン」を開催されているので、少し応援に行ってきました。

015

大町温泉郷の方面へいく橋を渡り、少しいくとフルマラソンの方々が頑張ってられました。

017

頑張って〜〜〜、頑張って〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ここはフルマラソンのコースです。
今日のお天気では少し暑かったかな?でもこんな素晴らしい景色が見ながら走れるマラソンってないと思います。

019

せっかくなので北アルプスをバックに写真撮りたいな〜
少し場所を変えてみました。

026

アレレ〜〜〜〜〜〜〜〜?「金蘭黒部・村山杜氏」様です。
シェパードのモモちゃんと一緒
「山ちゃんはやく来ないとモロミ大丈夫?」なんて呟いてられます。いったい山ちゃんって誰?

022

モモちゃんも応援してるんだね!

020

きゃ〜〜〜!「北安大國・山崎杜氏」様だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
カッコいい
そうか〜、「山ちゃん」とは山崎杜氏様の事だったんですね
余裕で走ってられましたよ〜、さすがです

027

その後皆様の走ってられる方向にMyベンツを走らせたのですが、皆様はやいはやい〜〜〜、nonko追いつかないし〜〜〜

029

沿道ではこのような給水所があるんです。ビックリした〜〜〜、地元の皆様ご苦労様です。nonkoも来年旗でも作って応援しに行こうかな〜、いや、行きたいな絶対に一人でも行くぞ
今日もマラソン終了後のお客様が随分お買い物にご来店下さり、「大町はいいところですね〜」って言って下さいました。これは実行委員の皆様のご準備、そして今日の給水所や警備の方々が拍手やお言葉で応援されているお姿にも感動しました。ボランティアの方々だったのでしょうかね?
きっとそのようなことがご参加のお客様に伝わったのもあるでしょう。nonkoだって他の土地でイベントに参加して、地元の方々に応援していただいたらとっても嬉しいですもの!

030

031

035

北アルプスを望む信濃大町で、北アルプスの風を感じていただけたと思います。この「風」の中には、大町の方々のあたたかな気持ちも含んでいるはずです。
また来年もご参加下さいね!

038

040

それにしても今日は素晴らしいお天気でした。
047

爺ヶ岳も鹿島槍ヶ岳もこんなにクッキリ
これで冬将軍がきたら三段紅葉です
でも昨日の今日、ちょっとハードな動きでパワー不足

051

よし!これだ

052

西友の中のパン屋さん、このハンバーガーnonkoも顔も隠れるぐらいです。

蔵元様とお客様の笑顔が最高!「十六代九郎右衛門ひやおろしの会」

036

まだこの時間でも二次会が行われていて、横川商店2階からは笑い声が聞こえています。
その声を聞きながらnonkoは仕事をしています。
「十六代九郎右衛門ひやおろしの会」は、「湯川酒造店・湯川尚子社長」様ご夫妻と、お客様とがご一緒に楽しめるような会になればな〜って思ってました。
5月に挙式され、お客様方は旦那様の丸山様をご存知でなかったので、是非この機会にもう一度皆様で祝福させていただき、今期のお酒造を頑張っていただければ嬉しいな〜、そんな気持ちで開催させていただきました。

039

十五代九郎右衛門、そして十六代九郎右衛門の呑み比べを楽しませていただきました。
「純米吟醸ひやおろしの会」ではありますが、純米酒の9号酵母、長野酵母、そして大吟醸を楽しませていただきました。お客様もお好みがそれぞれに違うので、ご感想が飛び交い、面白い会になったと思います

018

020

お料理はチョットしたおつまみをお弁当のように作らせていただきました。
生麩田楽(黒ゴマ・こしょう味噌&粟麩・京都の西京みそ)
牛肉のしぐれ煮
出し巻玉子
小谷産舞茸の酢の物
黒豆かまぼこ
栗の渋皮煮
バイ貝の煮つけ
はしばみ
マタマビのグラッセ

011

能生から取り寄せた鯛。
やっぱり天然ものでないとね

026

そして昨日富山の黒部漁協でゲットした「キジ海老」&「富山海老(ボタンエビだそうです)」は、姿造りの盛り込みに・・・、お客様に出刃包丁といでいただき助かりました。ありがとうございます。

015

小谷産舞茸は香りもいいですね〜〜〜、これは焼いて三杯酢で漬けておきました。これこのあいだお世話になった「ホテルさきはな」様のパクリ(笑)

007

天然のシメジは炊き込みご飯にしました。やはり京都の「森嘉」のお揚げは炊き上がりが違います。
これだけはいくら大町でも譲れないです・・・

010

チョットしたおばんざいを作ったり・・・

009

「北安大國・山崎杜氏」様の作られた生の落花生が妙に箸休めになったり・・・
お料理は、大町の美味しい鶏肉を塩焼きにしてみたり、舞茸やゲンゲを天ぷらにさせていただいたり、できるだけ季節感を出させていただいたつもりです。

028

皆様で楽しいひと時を過ごさせていただきました。

030

尚子社長様、旦那様の丸山様(お仕事上丸山様でいいそうです)が、それぞれにお酒の説明をして下さり、そのあとは皆様ご一緒に歓談しながらお酒を楽しませていたできました。

お二人仲良くお蔵様を盛り立てていかれること間違いなしでしょう。

035

後半はお燗まで飛び出し、お客様は色々な飲み方を楽しまれていました。

037

遠く松本からお越しいただいた「酔っ払ライダー」様、そしていつも穂高からお越し下さるN様、ありがとうございました。

038

尚子社長様、丸山様、遅くまでありがとうございました。
明日からお米を洗われるそうです。いよいよ今期の造りが始まります。
今日ご参加のお客様はきっと皆様応援されているはずですよ

長野のお酒バンザ〜〜〜イ!「長野の酒メッセ2012秋」

005

昨日開催されました「長野の酒メッセ2012秋」
それはそれは凄い会になったように思います。
今回はご参加のお客様を分けられず、全てオープンで開催していただきました。
これだけ凄いお客様がご参加で、お酒に弱いnonkoもゴックンの連続でした。

006

受付も全くオープンで、とってもいい感じです。

008

キャ〜〜〜!14時でこれだけのご参加でビックリ仰天です。それだけ長野のお酒は人気なんですよね

011

初っ端「酒ぬのや本金酒造」お二人、宮坂恒太朗杜氏様、蔵人さんの今井様、とってもいい笑顔
やっぱりこの間の上諏訪街道呑み歩き以来、試飲できるお酒がもうほとんどない状態です。
それでもお客様との会話を楽しんでられました。

009

012

同じ上諏訪の「舞姫・舞姫酒造」様です。
お嬢様がお帰りなのでしょうか?
いつも「翠露(すいろ)・雄町」のイメージがあったのですが、酒米「美山錦」も旨味があって美味しい

014

013

同じ「横笛・伊東酒造」様の「純米吟醸・ひやおろし」のぬる燗が旨味の広がりを楽しませていただきました。

015

店主から最近よくお聞きする「高天・高天酒造」様の大吟醸はさすがの旨さ、杜氏様は女性なのかな?素敵な方でした。

019

「おたまじゃくし」のイメージがあります「今錦・米澤酒造」様です。
蔵人・伊沢様は、大町の呑み歩きにもお越し下さったとっても熱心な方です。
右横にいらっしゃるのが、松本で美味しいお酒を飲ませていただける「厨十兵衛」様のご主人様です。また呑みに行きますのでよろしくです〜〜〜

020

「たま子」?ブフフ・・・、伊沢様にお聞きしたら、仕込みタンクが違うので、お名前を付けられたそうです。
メッチャクチャ面白い発想ですよね〜〜〜

021

あらら?ご両人(笑)
我が大町の「白馬錦・薄井商店」様の営業様と娘さんの「まゆみ」さんです。
頑張ってね〜〜〜、そのうち当店でもまゆみさんをお呼びしてお酒の会をしたいな〜

027

横には「金蘭黒部・市野屋商店」様です。
大吟醸がとってもいい熟成をしていました。これからご贈答用にバッチリ

029

「北安大國・北安醸造」様は、お二人のスーパー営業マン様が頑張ってられました。

028

こんな時こそお客様のお声を聞きたいと「五割こうじ」をご案内されていました。
早く商品化してほしいな〜〜〜

030

北安曇ではもうひと蔵、今や大旋風を吹き起こされてる「大雪渓・大雪渓酒造」様です。
お婿さんメッチャ面白い方ですよ〜〜〜
是非当店にも遊びにいらして下さいね!

031

時々配達にいらしていただける営業様、昨日は当店でこの時期にはお客様が待ってられる「吟燗」を真剣に試飲させていただきました。これは不思議なお酒です。そのままいただくより断然お燗が美味しいのですから・・・
これからの時期には、お燗のお酒が絶対に身体にも優しいような気がします。

022

横ではFBでお友達の「夜明け前・小野酒造店」様のHPをされてる桜庭様です。
さっすが〜、和服がバッチリですね

032

ギャ〜〜〜!ご主人様〜〜〜、奥様は?じゃなかった、尚子社長様は?

044

「十六代九郎右衛門・湯川尚子社長」様です。
明日は当店へご夫妻でご来店いただき、「ひやおろしの会」を開催させていただきます。
是非皆様今からでもご連絡下さいませ。

045

昨日は「湯川酒造店」様のブースでは、「十六代九郎衛門ひやおろし」は出品されていませんでした。と言うより、お蔵様が出荷されて直ぐに完売しちゃったのですよ〜、だから明日はとっても貴重なひやおろしの会です

033

こちらにも今年の新婚さんがいらっしゃいます。
中野市の「勢正宗・丸世酒造店」様です。
息子様の晋司さんです。今日は奥様はお店番をされてるのかな?

034

今期は「もち四段熱掛け純米酒・ひやおろし」が、とっても特徴があって当店では人気でした。

057

058

関社長様は息子さんが蔵入りされて心強いことだと思います。
またまたお酒のお話よりも、中野市のイベントをご紹介されていて、本当にお人柄が出る社長様です。

038

同じ中野市で、とっても頑張ってられる「岩清水・井賀屋酒造場」様です。
杜氏の小古井宗一様、アッ、酒宗夜と文字が一緒だ〜〜〜
小古井様のお顔を見れば、お酒がどのような状態かがわかるほど純粋な方なんです。
新酒は全て完売、そして古酒としても素晴らしい熟成をしているのです。

040

こちらの大吟醸にはビックリです。確か5.6年の古酒だったのでは?
旨かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、丸くなって旨味たっぷりです。

035

アララ〜〜〜〜〜〜〜〜〜後ろでスパイ発見!
どちらのお蔵様でしょう?

024

しっかりとご案内していただきました。
松本の「笹の誉・笹井酒造」様です。
「城下町酒楽まつり」11月3日(土)開催です。
詳しくはこちらからどうぞ!

025

結局こちらももう試飲できるお酒が残り少なくなってるようです。
嬉しい悲鳴ってことでしょうね(笑)
だからスパイしてたんだ〜〜〜(笑)

042

「井筒長・黒澤酒造」様のこちらはとっても飲み心地のいいものでした。

041

このようなマッコリのようなお酒もあってビックリです。

043

アレレ?森川さん?中乗さんの?
ビックリした〜〜〜、いつもこの時期はもっと髪が長くって自由奔放な感じなのに残念!
でもお酒造りの前になるとこのようにバッサリ切られることはお聞きしていたのでカッコいいですね
楽しませていただいた「中乗さん・中善酒造店」様の味わいはキリッと旨口さすがでした。

051

「豊賀・高沢酒造」様です。
ご主人様の笑顔が素敵じゃないですか〜〜〜、今までちょっと怖かったけど素敵素敵
もしかしたらお酒の味わいも旨味が広がったのでは?

050

うんうん、やっぱり凄いぞ!「豊賀・ひやおろし」は、酒米を「美山錦」「ひとごこち」「しらかば錦」の3種類を出品されていました。どれも旨いよ〜〜〜

060

わぁ〜〜〜酔った酔った〜〜〜
アルクマ君も酔ってるんじゃ?

049

あら大将お酒をこよなく愛される松本の居酒屋さん「風林火山・中村」様です。
そのほか東京からも飲食店様がご参加されていました。
いや〜〜〜凄かった凄かった、長野のお酒バンザ〜イですよ
皆様とっても頑張ってられるのが、ご参加のお客様にも伝わるものがあるのでしょう。
年々盛況になってきているように思いますし、一般のお客様がお酒の事を良くご存知ですよ〜、これは酒販店としても本当に頑張らないとお客様に笑われちゃいますね〜

063-1

これこれ、オチャメな白馬錦のまゆみさん、近い将来お酒の会お願いしますよ〜〜〜
nonkoを撮ったんですか〜〜〜、nonkoも撮っておきましたよ(笑)

燗酒の季節ですね!

208

今日は久しぶりの雨!
肌寒い季節がやって来ました。お燗のお酒が美味しいですね〜〜〜
今日は定休日、あたたかなお酒のイメージ写真を撮りに行ってきました。

163

松本方面へ20日の「十六代九郎右衛門ひやおろしの会」のお買い物を済ませ、乗鞍方面から白骨温泉へ車を走らせました。
乗鞍高原のバスターミナルあたりは紅葉が綺麗

165

164

166

167

168

170

171

乗鞍バスターミナルあたりは白樺の木の雰囲気が素敵です。

174

ここからはひと山越える感じで上って行きます。

177

お天気が良ければこの奥の方に乗鞍岳が見えるはず・・・

180

お〜〜〜谷底に温泉街が見えるでしょう。「白骨温泉」です。
もう20年以上行ってなかったのでどうなってるかな〜?

181

こっちにもお宿が見える〜、こんなに広かったかな〜?

183

車を止めて「おやすみ処 球道」様へ


185

デッキで地元のお料理をいただきながら雨の白骨温泉もいいものです。

189

岩魚を焼いていただき、nonkoだけ「真澄」さんのお燗酒
やっぱりこの時期はお燗のお酒が心地いいですね!

188

一品一品のお料理がとっても美味しく、全てが酒の肴(笑)

187

こちらは日帰り入浴もできるので、ゆっくりと楽しませていただけます。
また向かいにも温泉があり、「湯めぐり」を楽しめるところです。
先に店主は球道様の温泉へ・・・、nonkoは写真撮りをしたいので、向かいの「白骨温泉公共野天風呂」へ・・・

195

雨は結構な降りになってきましたが、こんな景色もいいものでしょう。

198

199

紅葉を楽しみながら、少し下りたところに野天風呂があります。

201

この屋根凄いでしょう!野草がしっかりと生えてるでしょう、面白過ぎ〜〜〜

202

こんなに綺麗で清潔感のある公共野天風呂だとは思ってもみませんでした。

218

203

219

素敵でしょう
目の前に渓流が流れています。
白骨温泉ってまわりの景色が見えないところが多いのですが、ここは穴場かも?

207

もちろん貸切状態だったので、ちょっと失礼して写真を撮らせていただきました。
これからはお燗のお酒が美味しいですよ〜〜〜
お燗のお酒を「お爺ちゃんのお酒」ってイメージ持たれてませんか?お燗はとっても心地いいですし、nonkoはこの仕事をするようになってからは一番好きな楽しみ方のできる時期です。

220

番台?のようなところにはもう係の方も不在で、代わりに栃の実さんがお留守番していました。
何だかとっても温かみを感じる温泉です。

221

222

シトシトと雨の中、灯りがつく時間までゆっくりさせていただきました。

20日の日本酒会、是非皆様ご一緒にいかがでしょう。
「十六代九郎右衛門・湯川尚子社長御夫妻」と楽しいひと時をと思っています。
お申し込みは横川商店までどうぞ!
TEL:0261−22−0133

【白骨温泉】

錦秋の立山黒部アルペンルート2012

003

昨日は「立山黒部アルペンルート」へ行ってきました。
来年は「くろよん50周年記念」と言うことで、ぜひお出かけのご予定に入れていただけると嬉しいです。
まずはnonkoがアルペンルートをご紹介いたしますね!
店主に扇沢まで送ってもらう道中の紅葉はまだ少し早いようです。

006

昨日は月曜日と言うことと、朝一番と言うことでまだスムーズにトロリーバスに乗り込むことができました。

007

破砕帯を通過し、富山県へ入ります。

023

ジャ〜〜〜ン!「黒部ダム」です

026

迫力の放水でしょう
今年は昨日で終了しちゃいましたが、来年また6月ぐらいから放水されるようです。

030

黒部ダムの堰堤を歩きながらまわりの紅葉を楽しみます。

022

立山方面の紅葉が素晴らしい

029

nonkoがいつも歩く遊歩道あたりのブナの紅葉はまだ少し早いかな〜

035

ダム堰堤を歩いて「黒部湖」からはケーブルカーで「黒部平」まで向かいます。
ちょうど中間で上からのケーブルカーが交差します。先頭に立ってるとよくわかるんです

036

黒部平は今ちょうど見頃です

041

043

立山方面を望むと素晴らしい

047

こちらは白馬の峰々です。

054

黒部平からは支柱が一本もないロープウェイで「大観峰」まで行きます。
ロープウェイは順番なので、いち早く整理券をいただくのがポイントです。ツアーのお客様はその必要はございません。

053

支柱がないと写真もこんなにきれいに撮れるのです。
車内は結構混雑してるので、できるだけ係りの方もお客様が譲り合って写真が撮れるようにご案内されてもいいのかな?これはどこのロープウェイも同じことが言えるような気がします。
nonkoは〜って、「すみませ〜ん、一枚だけ写真撮らせて下さい!」と言って場所を空けていただきました。
そのあとに皆様どんどんと譲り合われていましたからね〜、皆様紅葉の写真を撮りたいのは同じですからね

058

大観峰に近づくにつれて山肌も鋭く見えてきます。

061

大観峰から下を見下ろせば「黒部ダム」が見えます。正面右手奥には針ノ木岳かな〜

063

ここからトロリーバスに乗ったら「室堂」に着くのです。

064

目の前に立山が見事にそびえています。右奥が雄山でしょう。

071

わぁ〜〜〜綺麗でしょう、「みくりが池」です。
コバルトブルーの色がたまりません。

100

097

091

クマさん達は2回目の室堂だね!以前はただ通過して京都まで帰ったからね〜

087

その横にある「みどりが池」も綺麗でしょう。

075

玉殿の岩屋の方を散策していたら・・・

078

アッ、誰か・・・

079

尺八を演奏されてる〜、それがとっても素敵に聞こえました。nonkoも何かしたい〜〜〜
後ろ姿をきき入っていました。

080

【立山室堂】
江戸時代中期に建てられた日本最古の山小屋は、国の重要文化財に指定されているそうです。

090

【血の池】
なだらかな湿地に血のように赤い水たまりが点在しています。 その赤い色は、水分中に多くの酸化鉄が含まれることに起因しているものです。かつては血の池地獄と呼ばれ、立山地獄のひとつに数えられていました。

093

【えんま台】
えんま台はみくりが池温泉の北部、高台に建つ展望台です。
足元には地獄谷を見下ろし、その荒涼とした風景を一望することができます。
まるで小さな玉川温泉のようです。硫黄の匂いもブンブンしていました。

102

しかし昨日はお客様が多かった〜〜〜
ダムの放水が最後と言うこともあったのでしょうね〜

109

室堂からは直通で「立山」まで高原バスで下りるのですが、途中下車する方々とはバスが違うのでご注意です。
nonkoは「弥陀ヶ原(みだがはら)」で途中下車したかったので、直行ではないバスに乗りました。
標高1,900mの亜高山帯で、弥陀ヶ原高原やカルデラ展望台を観光するにはこの駅が起点となります。
このあたりの紅葉も綺麗でしたね

117

心地良い風に吹かれてトレッキングです。
まさに「高原」といった感じです。
118

木道がとっても綺麗に整備されていて歩きやすかったです。

121

128

132

バス停のすぐ前にある「弥陀ヶ原ホテル」様でちょっとお昼休憩です。

130

クマさん達とケーキセットのお昼です。
限定のチョコレートケーキ美味しいね
せっかく沢山歩いても、これでいっきに挽回だ

141

ここからはまた高原バスに乗ってどんどんと下りていきます。
途中のブナ林がとっても素敵でした。

140

また樹齢数百年もあるかのような巨大な「立山杉」を見ることが出来ます。
このあたりきっと原生林で残ってるのだと思います。
ブナの木もそんな感じがしましたから。

146

立山黒部アルペンルートの最後はこちら「美女平」からのケーブルカーです。

147

立山駅に着いた時には黒部ダムへ向かわれるお客様がいっぱいでした。
う〜ん、個人で来るのも自分のペースで楽しめるのでいいものです。
前回来た時は、まだnonkoが観光客で横川商店へ来ていた時です。
大町から京都への帰り道で通って以来です。
来年は「くろよん50周年記念」と言うことですので、ぜひ御旅行の予定にいかがでしょう。
京都にいた頃はとっても大層な「立山黒部アルペンルート」の感覚でしたが、個人でまわるのもいいものですよ

【立山黒部アルペンルート】
【黒部ダム】

黒部ダム放水終了(動画)



昨日で黒部ダムの放水が終了致しました。
ちょうど紅葉真っ盛りで、素晴らしい景色でした。
後程「nonkoの立山黒部アルペンルート」を掲載させていただきますね!

黒部ダムの放水は本日まででした!

IMAG0002_COVER

今日は観光のお客様になった気分で「立山黒部アルペンルート」に行って来ました。黒部ダムの放水は本日までだったようで、沢山のお客様がおみえでした。
詳しくは明日掲載させていただきますね!

遠見尾根の紅葉「大町山岳会会員様ご提供写真」

115

今日は当店が事務局をしています「大町山岳会」の研修会が、五竜の小遠見山で開催されました。
お店はnonkoが、店主が参加させていただきました。
「白馬五竜テレキャビン」でアルプス平駅へ・・・

124

アルプス平駅より少し上ったリフトのあたりはいい感じですね!

130

大町山岳会皆様でハイポーズ

132

店主は背負子でクーラーボックスに段ボールを背負ってるし〜〜〜
こんな登山者見たことないです

137

地蔵の頭からの眺望も最高だったようです。
ここからは登山道の連続です。
でもこのあたりの紅葉は最高だったようです

142

150

179

183

213

小遠見山頂上でまたまた記念写真です。
しかし皆様楽しそうなお顔だこと

195

ここでお昼をとられたそうで、なんやら凄い缶がならんでるし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

196

やっぱりこれが目的の研修会(笑)

197

きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜ジンギスカン

226

何故か昨夜突然来てくれた東京のマッチーが飛び入り参加でした。
帰りはクーラーボックスを持ってくれたんだ
普通はこんなものを山に背負って行くのかな(笑)

235

山岳会員の方々とも仲良くなれたようで、マッチーも会員になる?
大町山岳会会員募集中で〜す

253

255

261

素晴らしい紅葉の中、無事に研修会は終わったようです。
お疲れさまでした。

素晴らしいワインぶどう!「大町ワインぶどう生産組合」様

002

003

大町市街から少し離れるとこのような素晴らしい北アルプスを望む畑や田んぼになります。
今日は「大町ワインぶどう生産組合」様の白ワイン用ぶどう品種「シャルドネ」の収穫がありました。

005

Myベンツを走らすと、車とは違いまわりの様子が良くわかります。
このような道祖神があったり・・・

006

りんごを収穫されてるオジサンがいらっしゃったり・・・

007

30分足らずで「大町ぶどう生産組合・原田様」のぶどう畑に着きました。
沢山のトラックが止まっていたので嬉しくって嬉しくって、いっきに坂をこいで走りました。

009

010

ちょうど皆様休憩中だったようで、色々とお話をさせていただき、nonkoも少しお手伝いさせていただけることにありました。

011

同じワインぶどう生産組合の皆様、そしてお手伝いの皆様総動員で収穫です。
組合の皆様が助け合われて収穫されてるのって微笑ましいですが、ここまでくるのに相当な手間暇がかかったに違いありません。

045

見て下さい、この素晴らしいシャルドネ

031

015


茎の部分が茶色くなってるのは完熟の証拠です。
黄緑色から黄色っぽくなってるのも良質のぶどうの証拠です

013

陽の光に中の種が透けて見えるのも素晴らしいでしょう

021

原田様のこの笑顔がたまりませんね!
よくここまで糖度と酸味のバランスを維持されたと思います。

022

同じ組合で赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」を栽培されてる西山様のお手伝いされていました。
皆様が協力されて大町のワイン「仁科(にしな)メルロー」「仁科シャルドネ」が昨年誕生いたしました。

044

025

035

収穫されたシャルドネは軽トラに積み込まれていきます。
そして「スイス村ワイナリー」様に運ばれ醸造されます。
工場長の内方さ〜ん、頼みますよ〜〜〜

046

原田様のメルローは、また来週収穫されるそうです。
こちらも素晴らしいぶどうになったようです。

047

「西山さ〜ん待って〜〜〜!」
お昼になり、失礼する前に、直ぐ近くの西山様のぶどう畑を見学させていただきました。

048

西山様はこちらの棚栽培と、もう一つ垣根栽培をされています。

058

051

056


いつも西山様は丁寧に説明して下さいます。
ここは風がきつい場所ですが、色々と工夫されコマメに手間をかけられています。
このメルローとっても濃厚な味わいです。
大町って不思議なことに、糖度が上がっても酸味もしっかりしてるのです。
それが樽熟成した時に、味わいの骨格になるような気がしてなりません。
大町の気候風土が味わいに出てくるのでしょう。
実際このあいだ「スイス村ワイナリー」様へ、発売間近の仁科シャルドネとメルローを試飲させていただき、その味わいに感動しました。
自分が住む地のぶどうでできたワインが楽しめる喜び

049

こちらは木酢液だそうで、ボトルの真ん中に穴が開いていて、木酢の匂いがします。
これが鳥よけだそうです(笑)

053

ぎゃ〜〜〜蜂
蜂がぶどうを食べちゃうそうなんです。だからこの中に蜂蜜を入れられて駆除されるそうです。
またぶどうに寄ってくる蜂を、ピンセットで摘ままれ駆除されることもあるそうで、気の遠くなるようなお話も聞かせていただきました。
このように大町のワインぶどうは、地元の組合員様のご努力でとっても素晴らしいワインぶどうの収穫が始まっています。
ご機会がありましたら皆様もご一緒に収穫体験などできる日がくればいいですね!
今月27日(土)には、当店店頭で「大町ワイン「仁科シャルドネ2011」の試飲会をさせていただきます。是非皆様遊びにいらして下さいね。

日本酒会の魚を見学!

201

このあいだの定休日、いつもはほとんど行かないところなのですが、お世話になってます新潟県糸魚川市の「能生漁協」の様子を見に来ました。
当店がいつも日本酒会を開催する時や、お魚が必要な時にはお世話になっています。

207

お魚屋さんは、漁協前の「池田鮮魚」様で、元は「清水鮮魚」様です。清水のお婆ちゃんは高齢のため、お店をご兄弟に譲られたようです。
お魚の鮮度の見分け方や、調理の仕方を教えていただいた思い出があります。

203

ちょうど漁を終えられ船が戻ってきています。
ここで下されたお魚を地元の方々で仕分けされていくのです。
この時期はまだいいのですが、寒い時期は大変な作業になります。

202

204

このような光景はよくメディアなどでご紹介されますが、本当に水揚げされたお魚を目の前で種類別に分けられるのを店主がビックリしながら見ています。

205

水揚げされたお魚の中でも、こちら甘エビだけを分けてられます。
きっと漁船によって狙ってられるものが違うのでしょう。
甘エビも、子持ちとそうでないもの、また大きさで箱が分けられています。

206

仕分けされたお魚は、こちらのセリ会場へ運ばれます。
15時になるとセリが始まりますが、この日は少し前に失礼しました。
初めて見学する漁協に店主も釘づけでした。

209

能生漁協お世話になってます!
今度10月20日(土)に開催されますでも、海が荒れなければお世話になることと思います。

191

お昼は近くの道の駅「マリンドリーム能生」で休憩です。
もちろんクマさん達も一緒ですよ〜〜〜

194

197

こんな景色を見ながらお魚を?じゃなく、これを食べたのです(笑)

200

ご当地グルメ「ブラック焼きそば〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」
凄かった・・・(笑)

211

そして近くの「弁天岩」へ・・・
【弁天岩】
弁天岩は約300万年前に海底火山から噴出した火砕流堆積物(溶岩に火山灰が混ざった安山岩質の角礫凝灰岩)です。
弁天岩にある「厳島神社」(能生白山社の末社)には、海の神様「市杵島姫命(いちきひめのみこと)」が祀られています。
曙橋(弁天岩へと架かっている赤い橋)の入り口の石碑には、野口雨情(茨城県出身の童謡・民謡作詞家兼詩人)の詠んだ詩「能生の弁天岩 どんと波おいて いつも弁天様 どんと波見てる」
が刻まれています。(糸魚川市HPより)

212

214

215

225


何だかここに来て山登りする感覚です。
でもいつも国道から見てるだけで、ここに来たのは初めてです。

216

頂上からは凄い景色です
217

222

223

218

クマさん達もハイポーズ

230

すぐ近くにある「能生白山神社」です。
本殿は、室町時代の特色を残す国指定重要文化財。
宝物殿にも国指定重要文化財の木造聖観音立像や船絵馬など多くの文化財があり、裏山の社叢(通称:尾山)には、国の天然記念物に指定されている「姫春蝉」が棲息するなど歴史と自然豊かな地です。(糸魚川市HPより)

226

229

素晴らしい拝殿でしょう。
能生にこんなに素晴らしい場所があったなんて・・・
いつも漁協へ行って急いで大町へ戻るので、今回初めてゆっくりと散策できました。

*本日より画像の掲載方法を変えましたクリックしていただければ大きな画像に変わります

nonkoは小谷村が好き!

157-1

鴨〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
山葡萄のソース
フランス産の鴨を地元の食材を使われた山葡萄ソースでいただくと、「う〜ん、この酸味は山葡萄、濃厚なのに重くない味わい

158-1

オリジナルのお塩をトッピングするとその旨味は倍増

159-1

赤ワイン「ジコンダス」と共に楽しませていただいた夜

160-1

クマさん達も美味しかったって〜〜〜

163-1

デザートは直ぐ前に落ちてるらしい「山栗」を使われ、ルバーブ、葡萄・・・、まるで宝石を散りばめたような一皿でした。
小谷にございます「ワインのある食卓」様です。
初めてお邪魔したので、お料理の写真は一部のみご紹介いたしました。
地元の食材を使われるのはもちろん、その食材までも厳選され、見た目はいたってシンプルですが、手のかけようは絶妙でした。
栂池の帰りに立ち寄らせていただき、ゆっくりさせていただきました。
とっても優しそうな表情でお声掛けしていただける「花岡甲子夫シェフ」は、いっぺんに好きになっちゃいました。
色々な食材のお話をさせていただき、貴重なお時間をありがとうございました。
奥様とお二人でお店をされているので、必ずご予約をお願いいたします。
小谷の方ならどなたでも、またこの日も県外からお客様が・・・、また近くであっても飲酒の関係で泊まってお店へお邪魔される方も多数いらっしゃるようです。

164-1

お泊りは「サンテインおたり」様です。
本当ならこちらで夕食もいただきたいのですが、今回は断念です。
毎年9月に開催されます「きのこ祭り」ですが、こちらが会場となります。今年は夏休みをとったばかりだったので行けなくて残念です。このイベントもメッチャ美味しいんですよ〜
来年は絶対に行くぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

165-1

小谷は「村」ですが、とっても元気な村だと思います。
このバスも派手派手、でも気合入ってますよね
今は紅葉のボディだけど、冬は雪?春は新緑に塗り替えかな?
村営バス?路線バスではないと思いますが・・・

2e73afda

キャハハハハ〜〜〜、これは「小谷CAR」とnonkoが名付けています。
小谷村には日本酒蔵の杜氏様が大勢いらっしゃり、こちらへ来る機会も多かったのですが、皆様お車はこれ同じような軽トラで、間違われないのかな(笑)

168-1

小谷村は「塩の道」が所々で残っていて、サンテインおたり様のある下里瀬は、毎年5月3日に開催されます「塩の道まつり」のスタートになる場所です。
ここから山道を上ったり下ったりしながら、昔の塩の道をあるくイベントです。
村の方々のあたたかな振る舞いがとっても嬉しいのです。

169-1


小谷村は国道148号線が通っていますが、その国道から脇道へ入ると沢山の集落があります。
この日は「奉納温泉」方面へ車を走らせました。
ちょっと入ると小谷村の民家が多数見られます。
nonkoはこの風景が好きでね〜〜〜

170-1

179-1

180-1

181-1

171-1

お婆ちゃんが一所懸命に山栗を拾ってられました。
お婆ちゃん、この地で四季を感じながら生活されて何年になられるのかな?都会とか見られたことあるのかな?
そろそろ野沢菜も大きくなってくるのかな?長生きして下さいね!

173-1

凄い古民家でしょう!
奉納の集落で路線バスは終点です。
以前はチャンメロができてる時に来た記憶があります。

183-1

182-1

ほらほら、二階に出入り口があるでしょう。今ではどうなのでしょう?使われることってあるのかな?昨年は凄い雪だったけど・・・

174-1

184-1
175-1

ここが最後のバス停から徒歩10分ほどの「奉納温泉」です。
奉納温泉はとっても泉質が良くって、また機会があればゆっくりと入りに来たいです。
以前お邪魔した記事はこちらです。

176-1

奉納温泉から先はちょっと道も細くなり、怖いかな?
ここまでにするか〜

177-1

はるか遠くに堰堤が見えますが、行く人いるのかな〜?
谷底のように見えるのは、それだけ標高のある場所に来たのでしょう。

189-1

来た道を引き換えし、また国道から面白い脇道へ・・・

231-1

おわかりですか?後方に見えるのは「雨飾山」です。

232-1

雨飾山は頂上から日本海が見える山で有名です。
ここは「小谷村大網」と言う場所で、小谷村でも一番北部で、一度国道を平岩まで北上し(平岩は新潟です)、大網へ入ります。

233-1

こちらは確か2月に「火祭り」があると思うのですが、一度見てみたいものです。

234-1

一番の集落は思っていたのと全く違うほど近代的でした。
実は大町の酒蔵「北安大國・伊藤社長」様の奥様のご実家があるところだそうです。

235-1

こちらは昔の分校だそうで、今はアウトドアのスクールなのかな?

239-1

これはなに?所々にこのようなものが置かれています。動物探知機?

250-1

また国道から大町方面へ向かい、北小谷の手前のトンネルの上の集落です。
見渡せば姫川が広がり素晴らしい景色です。

247-1

小さな小さな祠がありました。

249-1

彼岸花が咲き、そういえば最近この花を見ていなかった・・・

251-1

鬼グルミは自然に皮がむけ、拾われなかったら土にかえるか、動物に食べてもらうのか・・・
自然と共に生活するのは決して簡単なことではありません。
若い方々が一部で簡単に自給自足と言われて田舎暮らしをされていますが、こうやって小谷村の方々の生活ぶりを見ると頭が下がる思います。
ここは我が横川商店の味噌杜氏「中村様」の故郷でもあります。
nonkoは小谷村が大好きです

【ワインのある食卓】
長野県北安曇郡小谷村大字中小谷丙3188-1
電話/FAX:0261-82-2772
営業時間 ランチ:11:30〜14:00  ディナー:18:00〜21:00
(10席程の小さなレストランです。ランチ、ディナー共ご予約下さい。)
定休日:月曜日
オーナシェフ:花岡甲子夫様

【サンテインおたり】
長野県北安曇郡小谷村中小谷丙2504−9
TEL:0261-82-2228

【信州小谷村観光】

栂池自然園紅葉真っ盛り!

009-1

行ってきましたよ〜〜〜〜〜〜「栂池自然園」
ご一緒に周遊いたしましょう。

151-1

栂池のゴンドラリフトを降りたらもうこんなに紅葉が始まっていました。

014-1

でも観光のお客様も多い多い〜〜〜、nonkoが毎年栂池に行くのは11月になってからなので、この時期に行くのは初めてです。

019-1

「栂池自然園」に入ると、直ぐにクマさん達がいつもの場所で記念写真を撮ります
020-1

ムフフ・・・、カメラマンのオジサマも撮らせてって〜〜〜、真剣に撮っていただいたのでビックリです。
「このぐらいの余裕を持って来るのはいいね〜」って言われたのですが、余裕はないのですが家族だから・・・
意外とこの場所は面白くって、昨年は「去年もここで撮ってたよね!」と言われる始末(笑)

021-1

ミズバショウ湿原ではもうミズバショウの葉っぱもペシャンコになっていました。
これは「ヤチトリカブト」です。

023-1

024-1

この二つはなんでしょう?この時期に来ないので・・・

026-1

木道を歩き「ワタスゲ湿原」を経て「浮島湿原」へ向かいます。

030-1

所々で湿原のうつり込みが見られます。

034-1

こんな可愛らしい秋を見せてくれたり、一つ一つの山野草に「今年も楽しませてくれてありがとう!」と言う気持ちで、今年最後姿を見送ります。

040-1

浮島湿原へ来ると、ものすごいカメラマンの方々がいらっしゃいました。

045-1

時々陽がさしますが、白馬三山は見えそうにもありません。
でもこの景色で十分です

050-1

リンドウもこのまま冬眠を迎えるのでしょう。来年の秋にはまたお花を見せてね!

051-1

銀命水でお水をくんで少し休憩です。
冷た〜いお水です。

059-1

モウセン池でも沢山の方々がご休憩!
皆様ファッショナブルです。nonkoは普段着、しかも食べるもの買っていたのに持って来るの忘れるし〜〜〜

061-1

ナナカマドの葉っぱも綺麗

062-1

イワカガミの葉っぱはこれから紅葉するのかな?しないでこのまんまかな?

066-1

きっと7月に来た時にはここにはまだ雪がいっぱいあった場所です。

068-1

チングルマがこんなふうに群生していました。
白いお花が咲くのが7月初旬、直ぐにこのような状態になってしまうお花です。

071-1

ツルリンドウの実が可愛い!

072-1

ただ照った葉っぱですが、秋を感じますよね

074-1

「展望湿原」に着きましたが、やっぱり白馬三山は雲の中でした。
腰を下ろす場所がほとんどなく、こんなに多い栂池は初めてです。

079-1

ここからは来た登山道ではなく、一周まわる「ヤセ尾根」経由です。
nonko最大の難所です
このようにガスってくれる方が下が見えなくていいのですが・・・

078-1

オオカメノキの実が綺麗でしょう。

081-1

ヤセ尾根からはまわりの景色がよく見え、こちらは栂池自然園が見渡せます。

089-1

095-1

このあたりお天気が良かったらもっと鮮やかに紅葉が楽しめると思います。

090-1

091-1

092-1

104-1

107-1

nonkoはこのダケカンバの雰囲気がとっても好きなんです。
冬の厳しさを樹が表現してくれているような気がします。

106-1

結構きつい場所でしょう。最初の頃はここを歩くことができないほどの高所恐怖症でした。

-1

今回一番の見頃はこちらの「サラサドウダン」の紅葉です

100-1

101-1

目がさめるような鮮やかさでしょう

110-1

ゴゼンタチバナもこのあたりのものは葉っぱも紅葉が始まっていました。もっと標高が低い場所はまだ緑色の葉っぱです。

114-1

タケシマランの実です。

113-1

ヤセ尾根が終わると、栂の木が続きます。

112-1

この裂け目は寒さによる「凍裂(とうれつ)」と言われるものです。
冬の厳しさを感じますね!

116-1

またまた浮島湿原へ戻って来ました。

1041-

先程までのカメラの方々が少なくなり、皆様お弁当を広げてお楽しみです。
ここからはまた来た登山道に戻ります。

133-1

楠川ではお手洗いもあるのでありがたいことです。
ここでは水辺で遊んでられるご家族が多かったです。

125-1

雪どけの頃にも見た滝?と思ってましたが、沢筋なのでしょう。
まわりの紅葉がとっても綺麗でした。

135-1

ワタスゲ湿原を経て・・・

140-1

ミズバショウ湿原へ向かいます。

144-1

遠くに「栂池ヒュッテ記念館」を見ると、「お腹が空いた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
ここまでが写真を撮りながら休憩もして約4時間ちょっとです。
浮島湿原往復なら2時間ぐらいでしょう。

149-1

栂池山荘で食べたおそばがとっても美味しかった

*よろしかったら初夏の栂池自然園もどうぞ!

ご縁ができるお店でありますよう・・・

102-1

三連休いかがでしたか?大町はすっかり秋めいて寒いぐらいになってきました。
昨日は北アルプスも雪が降ったようで、積雪も観測されたようです。
横川商店ではこの連休、nonkoは初日は上諏訪に行ってましたが、昨日と今日は色々なお客様とお会いでき嬉しかったです。ご来店ありがとうございました。
昨夜はチョットした理由で店頭でいつものように炭をおこしました。
やはりこの時期は暖を囲んでこうやって皆様とご一緒にお酒を楽しめることがとっても楽しいですね!

095-1

100-1

焼きものはやっぱり小林鶏肉店様の鶏
手羽先は少しほぐし、もも肉は串にさすだけです。どちらも塩味で楽しむのが一番です

098-1

わぁ〜、守屋様!いつも静岡から鬼無里のご自分の畑に通われ、奥様がジャムや焼き菓子を作って販売されてるんです。静岡へ帰られる途中に時々ご来店下さいます。
「白馬錦・薄井商店」様の薄井まゆみ様と楽しくお話しされています。
いい光景でしょう、お客様とお蔵様がお話しされる光景は、この仕事をしていて一番嬉しいものです。
当店がいいご縁の場所になることが一番だと思っています。

110-1

わぁ〜〜〜お上手
昨夜も寒いだろうと「とうじそば」も作っちゃいました。
当店もインターナショナル化しちゃった(笑)

111-1

お二人とも東京を16時に出られ、ご来店下さいました。
いつもありがとうございます。

117-1

お二人はおそばに夢中

106-1

舞茸の天ぷらを入れてみますか
何だか初対面とは思えない二人

119-1

しかし22時を過ぎると大町はもう寒い寒い
店内へに入りましょう。

125-1

嬉しことに、「北安大國・山崎杜氏」様がお立ち寄りいただき、お酒造りを始められてるようです。
杜氏様もお客様も皆様ご一緒に、試飲コーナーで楽しいお話の中、県外のお酒が登場です。
129

じゃ〜〜〜ん
皆様ストレートなご感想ありがとうございます。
お酒って嗜好品ですから、お好みはそれぞれです。美味しいと思ってお楽しみいただけるお酒が一番なのですから

128-1

いや〜、昨夜は皆様お楽しみでした

132-1

山崎杜氏様ありがとうございました。
今期も頑張って下さいね!

133-1

「北安大國純米吟醸ひやおろし」も少しお燗をするとビックリ仰天の美味しさです。
お酒の楽しみ方も人それぞれです。ご自分の一番美味しいと思う楽しみ方を見つけるのも面白いですよ〜

131-1

まゆみさ〜〜〜ん、そうですよね!酔っ払っちゃった?でも可愛い白馬錦の営業さんです。アッ、お嬢様でございます。

091-1

今日は朝から快晴
店頭のツルウメモいっきにオレンジ色の実を見せてくれました。

092-1

ツボミのあいだにディスプレイしておくと、実がこぼれ落ちないのできれいでしょう。

009-1

こんな日の今日、「上諏訪街道呑み歩き」で、ご参加いただきましたお客様が当店にもご来店下さいました。
日本酒をこよなく愛されるお客様です。またいつでも遊びにいらして下さいね!

上諏訪街道の呑みあるき2012・秋

084-1

昨日開催の「上諏訪街道呑みあるき2012」は、大盛況で終わりました。
nonkoがお邪魔してる中では一番参加者の皆様が多かったように感じます。
今回も「酒ぬのや本金酒造」様へお手伝いに行かせていただきました。

012-1

いつもnonkoがお手伝いさせていただくショップのレジ前です。
最近はお客様も完売するお酒を良くご存知で、先にお買い求め下さり呑み歩かれるようになりました。
それが賢明だと思います。今回も凄かったですから〜〜〜

013-1

大人気の「酒粕サブレ」「チョコレート」をはじめ、「干し岩魚」「酒粕」なども販売されています。

016-1

今回も仕込水をご用意して下さり、ご参加のお客様が少しでも楽しくお酒を飲んでいただけるようにとのご配慮です。

019-1

スタートの15時前からどんどんとお客様がお酒を購入に来られます。
今回はそれが凄かったですね〜
15時の乾杯と共に開催され、ドッとお客様が来られました。
出品酒は「本金大吟醸」「本醸造太一」「普通酒」、主なお酒がもうこれしかなく、苦肉の策で「本醸造・太一ひやおろし」を出していただきました。
こちらは酒販店には出荷されてなく、昨日限りの出品です。

073-1

販売も1時間弱で完売
凄すぎですよね〜〜〜!

021-1

041-1

037-1

社長様は樽酒をお客様に注がれるのですが、お一人お一人に「原酒ですから腰にきますので気を付けて下さいね!」とお声掛けされているお姿に感動しました。
呑み歩きの醍醐味は「飲み放題」ではなく、お客様がお蔵様の方々と会話しながらお酒を楽しむということだと思うのです。社長様はそれを普通に実行されているお姿に頭が下がりました。

029-1

お向かいの「横笛・伊東酒造」様も凄いお客様です。

030-1

こちらの店頭では、ちとせちゃんのご実家「松尾商店」様の五平餅とお漬物の即売です。

031-1

横笛様より本金酒造様を見ると、こちらも凄いでしょう!

034-1

お蔵内はもっと凄いんですよ〜
人の熱気で熱い熱い

049-1

でもお客様のお顔はほんと幸せそう

045-1

突然ちとせちゃんが何かご案内を書きはじめられたのですが、奈那ちゃんが〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大丈夫か〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ホントちとせちゃんはパワフルお母さんです。

044-1

うんうん、お蔵様に2本だけあったのを試飲で出されるというハプニングです。
本当にお蔵様にはもう純米酒も、純米吟醸も無いんですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
こちらのお酒はこれ

048-1

横川商店にはまだ720mlのみ若干在庫があります。
今回こちらのお酒はお蔵様では出荷されたあと在庫が残らず、販売することが出来なかった貴重な「本金・純米秋あがり」です。

028-1

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜「十六代九郎右衛門・湯川酒造店」様ご夫妻です。
尚子社長様、旦那様の丸山杜氏様とお幸せそう
20日(土)には、当店でも「十六代九郎右衛門・ひやおろしの会」を開催させていただきますので、ぜひ皆様ご一緒にいかがでしょう。

036-1

あ〜〜〜酔っ払ライダー様のお仲間の皆様、今回もお楽しみいただけたようで良かったです
また横川商店でオフ会しましょうね

067-1

19時と共に宮坂社長様のご挨拶、そして恒例の「ほたるの光」がご参加のお客様とご一緒に大合唱です。
これには毎回感動しますが、今回は胸が熱くなるほどのご挨拶でした。
お客様はその社長様のあたたかなお人柄をご存知なのでしょう、19時前にには大勢の方々がお集まりになりました。
nonkoが初めて春に上諏訪の呑み歩きに参加させていただき、本金酒造様で宮坂社長様がお声かけ下さった時のことを今でも忘れられません。あの時は酒販店としてではなく、一般参加者だったのです。
その年の秋にちとせちゃんの旦那様「宮坂恒太朗杜氏」様にお声掛けしていただいたのです。
今から思えば懐かしくもあり、とっても素晴らしいご縁をいただいたように思います。
大町で横川商店にいる間に、どれだけの勉強をさせていただいたかわかりません。
講演へ行くよりも、もっと実践的なことを教えて下さってるような気がします。

070

社長様の蛍の光が終わると、お客様が皆さんとご一緒に感激の〆

086-1

凛太郎君眠いね〜

079-1

奈那ちゃん、お転婆さんになってきたね

075-1

凜太郎くんのこの姿を見ながら、「きっと大きくなったらお父さんを助けてくれるんだろな〜」ってね!

人に感動!「上諏訪街道呑みあるき」(動画)


昨日開催されました「上諏訪街道呑みあるき」です。
こちらはnonkoがいつもお手伝いさせていただく「酒ぬのや本金酒造」様の19時閉会の様子です。
nonkoは感動のあまり涙してのです。やはり本金酒造様のファンは凄い!もちろんお酒のファンもですが、宮坂社長様のお人柄に集まって来られるのです。お酒の世界もですが、どのような世界でも「お人柄」にお客様の支持が集まるように感じます。意図的な「人の心」ではなく「無垢な心」なのではないでしょうか!感動をいただき、大町に帰ってまいりました。また上諏訪でパワーをいただき、今後のお商売にも精進させていただこうと思います。
詳しくは後程!

紅葉が始まりました!

030--1

今朝は早起きして店主と北アルプス山麓の森へ・・・

031-

お〜〜〜蓮華岳の頂上あたりが紅葉してる

039-1

043-1

いつもの森に来ました!
このあたりはまだ紅葉の気配はないけど、車外へ出ると寒い寒い・・・

034-1
035-1

今日も栃の実さん、沢山ありがとう!お客様にお持ち帰りいただきますからね

051-1

扇沢方面へ行くと、爺ヶ岳の登山口はもう車が満車状態です。
この沢から登っていくのです。

052-1

凄い車でしょう。全て県外のナンバーです。

045-1

上の方はもう紅葉しています

047-1

爺ヶ岳の種池山荘あたりはもう紅葉がピークを過ぎたそうです。
本当に短いグリーンシーズンですね!

056-1

高瀬渓谷方面へまわりましたが、こちらの方はまだまだのようです。
今年は水量が少ないのかな〜?

057-1

こちらいつもきれいに紅葉する場所ですがまだまだです。

061-1

帰りには野口にある「大町ワインぶどう生産組合」の原田様のぶどう畑に立ち寄らせていただきました。
063-1

赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」は素晴らしい出来です
糖度も凄いですが、酸味が残るのが大町の特徴でしょう。これが凄いんですよ〜〜〜、熟成には酸味が必要ですからね

066-1

白ワイン用ぶどう品種「シャルドネ」も素晴らしい出来です
こちらは来週ぐらいには収穫されるようです。楽しみですね

079-1

今日は大町の原木舞茸をゲット
「大北農協まごころ市場」様で、山の中で原木栽培されている舞茸を分けていただきました。

080-1

香りも味わいも申し分ありません。
大町も凄いでしょう

092-1

昨日の雑茸と一緒に「とうじそば」です。
店主はどうやら冷えてるようで、ちょうどいいか

093-1

096-1

やっぱり冷えてたんだ〜、温かいものが美味しいって
皆さんお腹に温かいものを入れて下さいね。夏バテしてる方はお腹が冷えてると思いますので、温かな汁ものをお楽しみ下さいね。大町はこれからどんどんと紅葉が始まって来ます。
是非素晴らしい錦秋の大町へ

*明日は「上諏訪街道呑みあるき」で、nonkoは「酒ぬのや本金酒造」様のレジにいます。
実は・・・「本金・秋あがり」はもうお蔵様でも完売で明日は試飲のご提供がありません。その代わり明日のみ「限定太一」が出るそうです!nonkoもゲットしなくちゃ

舞茸マイマイ大変だ〜〜〜!

057-1


059-1


昨日ゲットして天然の舞茸は、今日のお昼には「舞茸ご飯」とお味噌汁になりました。
お味噌汁のトッピングは今の時期にしか食べられない「野沢菜のおろぬき」です。

065-1


069-1


夜には野沢菜のおろぬきのしゃぶしゃぶ鍋です。
これは京都時代「セリ揚げ」と言って、セリとお揚げさんを「昆布&カツオ」の出汁で鍋にしていました。
落とし卵は半熟ぐらいでいただきます。
ここに舞茸を入れちゃいました!
もしかして最後におうどんとかもいいかも?


066-1


こちらは舞茸を素焼きにして少し出汁のきいた酢の物です。若干甘味も加えると茸の旨味が引き立ちます。

067-1


やはり天ぷらは外せませんね〜〜〜
天然ものと栽培物の食べ比べです。
栽培物は津南でゲットしたもので、どちらも美味しい〜〜〜
今月20日の日本酒会で使っちゃおう

076-1

キャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜またまた茸
アミ茸とコムソウです。下茹でして明日使っちゃおう

077-1


誰かお蕎麦打って〜〜〜

きのこ出て来ました!

001-1


台風一過で茸が出始めました!
今日は小川村の農産物直売所で見つけちゃった

002-1


信州の人なら皆様ご存知の「ジコボウ」です。「リコボウ」とも言うそうです。
汁ものに使うのが一番かな

003-1


少しですが天然の舞茸も運良くゲット
明日は何にしようかな〜〜〜〜〜〜

木の実をさわり始めました!

024-1

今年も木の実を使ったラッピングを始めています。
まだ昨年の乾燥したものを使用していますが、今年はどんな木の実を恵んでくれるのでしょう。

017-1

013-1

まずは「お酒はチョット苦手で・・・」と言われる女性のお客様に大人気の「五一わいん・氷果の雫」をお洒落にラッピング
少しでもワインをお楽しみいただけますように・・・

佐渡紀行

222-1

元気になったら行こう!って・・・
新潟からピュ〜ンとジェットフォイルで佐渡へ・・・
移動の関係上フェリーは断念です。

073-1

佐渡に着き、路線バスで相川、そして外海府へ・・・
ここは「高千」という場所です。凄いバス停でしょう〜
外海府では比較的大きな集落で漁港もあります。

072-1

昨年お世話になり、今年は当店のお客様にもご紹介でき、とっても喜んで下さいましたお宿「みなと荘」様です。
民宿でもなく、一応旅館かな?
佐渡ヶ島は団体ツアーのお客様がとっても多いですが、是非個人でまわられ「島時間」をお楽しみいただきたいと思います。

074-1

お部屋に着いて少し休憩し、直ぐに目の前にある漁港へお散歩です。
本当に小さな漁港ですが、旬のお魚が水揚げされることでしょう。

077-1

夕陽があたると朽ちた番屋でも趣きを感じるものです。

079-1

ここから東の方を見ると、まるで知床のウトロ漁港からの景色とそっくりです。
まだウトロの方が町かも?

083-1

西を見ると陽が沈み出しました!

084-1

本当に静かな場所なんですよ〜

086-1

ふと竿を持ったオジサンが防波堤に来られ、「昨年も今頃来てたね!」って
何だかとっても嬉しい気分・・・
「みなと荘さんだったね!」って・・・
どうやら釣り船を持ってられる方みたいで、みなと荘様のお客様もご利用されてるのかな?

087-1

オジサンまたね!
日が暮れたので、直ぐ横にあるみなと荘様へ戻り夕食です。

088-1

わぁ〜、相変わらず10,000円でこのご馳走です

090-1

鮑さん、良く踊ってくれてありがとう。美味しく楽しませてくれました。

089-1

分厚く盛り込まれたお刺身はプリプリです。

091-1

「ぶりしゃぶ」だけでも相当なボリュームです。

096-1

焼き立て熱々のメバルだそうです。
ホロホロと身がとれ、その鮮度の良さに舌鼓です。

108-1

おはよう!
波の音で目ざめ、窓を開ければこの景色

109-1

今日もお天気良さそう〜

099-1

朝食の量にまたまたビックリ仰天!
小鉢ものは酒の肴のようなものばかりです(笑)
「ヤクルト」が付いてるのが何とも面白いです。
左横に「茶碗蒸し」「焼き魚」「茄子の田楽」が付いてるのですが、全部できたての熱々です。

100-1

茄子の田楽です。

101-1

岩礁の魚かな?塩焼です。

103-1

貝類の和えもの?美味しかった〜

104-1

煮豆はホコホコの味わい

105-1

イカのサラダ風。美味しい〜

106-1

夜に出されてたらお酒がすすんで大変です。
これだけいただき一泊2食で10,000円なんて信じられない〜〜〜
お風呂もちゃ〜んとあるんです。
パンフレットいただいてきたので、よろしかったら是非お声かけ下さいね。
来年の夏休みのご予約なら今のうちですよ〜
ご案内させていただいたお客様は、岩牡蠣も付いてたって〜〜〜

111-1

みなと荘様をあとに、路線バスで20分程の「尖閣湾揚島遊園」へ立ち寄りました。
ここは外海府の中でも、特に断崖と海の景色が素晴らしい場所とされています。昨年は近くの「尖閣湾達者」から透視船に乗りました。経営が違うようですね!
小さな子供さんが遊覧船を乗った後に、砂浜で遊ばれるには達者の方がいいかな〜
こちらは断崖絶壁で東尋坊の雰囲気さえあります。

132-1

131-1

素晴らしい景色でしょう

113-1

洞窟を抜けて海中透視船乗り場へ・・・

119-1

達者よりは船が古いですが、雰囲気はとってもいいです。
とにかく水が綺麗なんです。

117-1

黒鯛がこんなに身近に見えるのです。

121-1

橋の名は「遊仙橋(ユウセンキョウ)」ですが、「まちこ橋」とも呼ばれ、 松竹映画「君の名は」のロケで吊り橋のシーンが有名になりました。 橋を渡った島を揚島(アゲシマ)といい「あげしま展望台」となっています。

129

遊仙橋が遠くなると断崖が迫って来ます。
海の色も真っ青になり、水深があるように感じます。

124-1

やはりこのあたりからも知床ウトロの遊覧船を乗ってる錯覚になります。
似てるんですよね〜

135-1

美しい尖閣湾をあとに、金山で栄えた町、相川へ出向き、場所か変更された観光案内所でレンタサイクルをお借りしました。

この建物は「佐州館」と言う風情のある旅館だったのですが、廃業されて今は観光案内所を兼ねてられます。今回は新しくできた見晴らしのいいcafeをご紹介いただき、ちょっと高台ですが行ってきました。

140-1

お〜〜〜ここは・・・
パンフレットに印刷されてる場所です。電線がかえって奥行きを感じるいい雰囲気でしょう。
写真家の方は電線嫌われる方もいいですけどね(笑)

138-1

142-1

時間があまりなかったので、詳しく見学することができなくってごめんなさい。
でもとってもいい散策コースです。

144-1

ここだ〜〜〜!
町屋風のcafeです。

145-1

いきなり窓が額縁になっちゃった

146-1

153-1

151-1

時間が止まりますね!
ケーキとコーヒーをお願すると、お店のオバサンがケーキを一個サービスして下さいました。
コーヒーをいただきながら、たわいもないお話をさせていただく貴重なひと時・・・
趣味で焼いてるのって・・・、だからとっても優しいケーキでした。

156-1

お店の前から山の方へ果てしなく続く旧街道は、本当にゆっくりと散策してみたいところです。

160-1

ふと見つけた日用品や食品を扱われる「何でも屋さん」です。
この案内板が何とも温かみを感じるでしょう。

159-1

所狭しと陳列された海産物を物色し始めるnonko。
ゲットした酒の肴はどれも美味しくいただいてます。大当たりのお店でしたね
ダシ用のトビウオも手に入れました。どんなダシが出るのかな?
またお婆ちゃんが編まれた藁の草履、アラメ、イワシのツマミ、タラのみりん干し、カヤの実の入ったカリントウ・・・、これらがnonkoもお土産です

163-1

坂がある町・・・

162-1

坂からも海が見える町・・・、素敵でしょう。佐渡って奥深い島だと思います。
165-1

レンタサイクルがいつもの場所へ向いています。
ここからの景色が大好きです。
民家の屋根の向こうに真っ青な海が広がります。
このすぐ近くにある、この場所こそnonkoが毎年訪れるところがあります。

167-1

「北沢浮遊選鉱場」です。
昭和13年(1938年)に建設された北沢浮遊選鉱場は、最大で月間7万トンの鉱石を処理するなど、東洋一の規模を誇っていました。

169-1

171-1

浮遊選工場とともに昭和の大増産を支えた主要施設「シックナー」です。
かつては複数あり、現在残っているものは直径50メートルあるため、"50メートルシックナー"と呼ばれてもいます。上部はお皿のようになっており、泥状の鉱石から水を分離する施設。至近から見ると全容が分からないほどの大きさです。

173-1

そして「大間港」です。
瓢箪型をした小さな港は明治20年代に佐渡鉱山に精錬に使うための石炭を運び入れるために建設された港だと言われています。

174-1

175-1

初めてこちらに訪れた時には唖然と立っていた記憶があります。
この歳になって初めて歴史って面白いな〜って思うのです。学生時代は歴史が一番苦手だったから・・・

178-1

相川の町をあとにし、また路線バスで佐和田のバスターミナルでレンタサイクルをお借りしました。
真野湾は外海府とはまた違った海の様子を見せてくれます。

179-1

湖岸を走り走る・・・、気持ちいいですよ〜

180-1

着いた先は「金鶴・加藤酒造店」様です。

182-1

おぼえて下さってたようで、香りだけお願いたしました。
ちょこっとお店のお土産にお願し、再び次の蔵元様へ・・・

202-1

隣町の「真稜・逸見酒造」様です。
どちらから入るのでしょう?

203-1

こちらかな?
とっても古いお蔵様のような感じです。

204-1

アッ、お酒造りの道具が干されています。
そろそろ造りを始められるのかな?

206-1

ようやく事務所のような場所を見つけると、ちょうどご休憩されていたようです。
広敷のような場所で、お蔵様のお母様?焼き立てのパンを頂戴したのです。嬉しい嬉しい〜〜〜

207-1

佐渡の焼き立てメロンパン
nonkoにとってはお送りいただくお酒と同じぐらい貴重なものです。

205-1

大町まで無事に旅をして下さいね!

198-1

201-1

「佐渡歴史伝承館」では、ジェンキンス様ともお会いでき、ちょっと感激しちゃいました

209-1

真野の浜でクマさん達と最後の休憩です。
メロンパンの取り合い合戦
美味しかったよ〜〜〜

212-1

真野湾を見ながら「来て良かったね!」って

220-1

224-1

215-1

帰りはフェリーだよね、やっぱりゆっくりできるよね
佐渡の「島時間」今年で4年目かな?
リピートしたくなるのは日常とかけ離れた時間が持てるからです。
路線バスとレンタサイクルを使えばラクラクで楽しめる佐渡ヶ島です。

225-1

そろそろ本州が見えてくるかな〜、気持ち引き締めてまた頑張らなきゃね

【みなと荘】様
新潟県佐渡市高千1006−1
TEL:0259-78-2020
*夏のご予約はお早い目にどうぞ!
【佐渡観光協会】
【佐渡観光協会相川支部】
【佐渡汽船】
【新潟交通佐渡】
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ