呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2013年06月

IMG_4635-1

IMG_4636

「行ってらっしゃ〜〜〜い!」
午後から当店のお客様でもあり、大町山岳会の方々が鷹狩山へトレッキングに出かけられました。
大町って近くに色々なレベルの山があるから本当に素晴らしいと思います。
高い山ばかりが登山ではありませんし、その楽しみ方も人それぞれでいいと思うのです。
俗にいう「山やさん」とは、雨が降ってないと山を見るとムズムズしてくるのでしょうね(笑)

DSCF0975

夕方もどって来られて「大町山岳会」用に夏のお花の写真をいただきました。
こちら会員の鷲澤さんから頂いた「ササユリ」の画像です。
本当に貴重な山野草なので絶対に採らないで下さいね。
他にもいっぱい咲いていたので、詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_4642

お疲れ取りにはいつも当店の試飲コーナーで休憩されます。
まずはビールですよね

IMG_4645

そのあとですよ〜〜〜!
飲むかアレ(笑)
と言うことで昨日持ち込まれたお酒を皆さんでカンパ〜〜〜イ

IMG_4644

「天狗舞 山廃純米大吟醸」らしい色と香りです。
やっぱり北陸のお酒だよね
久しぶりにいただく北陸の山廃はいいものですね〜

IMG_4638

本来なら日本海の珍味がいいのでしょうが、お酒との相性とは関係なく、今日は淡路の玉ねぎを丸ごと焼いてみたくて・・・

IMG_4641

ホイルの底にはオリーブオイルと海の精&黒こしょう
170度で30分、180度で10分で出来上がり

IMG_4643

特に芯に近い部分はもの凄く甘いです。少しお醤油を落とせば絶品ですね

IMG_4646

玉ねぎでしっかりとお腹をあたためたら、冷製パスタも大丈夫です。
最近味噌の仕込みで蔵仕事が多く、特にこうじ室は温度も湿度も高いため、メチャクチャ身体が熱っていました。のどごしのいい冷やし中華や、素麺ばかり食べていたのですっかりお腹が冷え、朝には胃の調子が悪い日々が続いてました。きっとお腹が冷えていたのだと思います。
暑い時こそ冷たいものがお腹に入るので、先にお腹をあたためる食材を摂取すれば冷え止めになると思います。連日暑い日、涼しい日の繰り返しのこの時期は、とっても体調を崩しやすいと思いますのでお気を付け下さいね。

IMG_4595

今日は最後の味噌仕込みの日です。
朝から2年熟成信州味噌の木樽に仕込みをしていました。
そして毎年最後の最後はnonkoがわがままを言って仕込んでもらってる、自然海塩「海の精」で仕込む超特選味噌です。1997年
IMG_4599

使用する塩ですが、当店でお取り扱いしている自然海塩「海の精」です。
1971年塩田法改正により、食用の塩は化学精製塩である塩化ナトリウムに代わってしまいました。再び1997年に専売法が改正され、自然海塩が販売されるようになった時には高価な価格になってしまいました。しかしながらこの自然海塩は身体にとってはとっても大切な役割をしてくれるのです。
健康を維持するために自然海塩「海の精」を使用するようにしています。梅干しもそういった意味からこのお塩を使うようにしているのです。

IMG_4600

IMG_4603

こうやって味噌玉、海の精、白こうじを混ぜて、今回は木樽ではなくこの樽で熟成させます。

IMG_4608

他の2年熟成信州味噌は、味噌蔵のこちらの木樽に一杯になったので中村杜氏様と店主が重石をして眠りにつかせていただきました。これも大仕事だったんですよ〜〜〜
何とかこれで今期の味噌の仕込みは終了しホッとした日でした。

IMG_4609

夕方あまりに疲れちゃって、二階で横になっていたらお店で賑やかな声がするではありませんか〜〜〜
一人、二人とお客様が増え、何だかnonkoが知ってるお客様ばかりです。
いったい何のお話してるの???

IMG_4613

いつもながら話題の尽きないお客様方です

IMG_4616

あらら・・・、どうやら私共もおこぼれをいただけそうな気配です(笑)
酒の肴は何にしましょうか?
これは「鯖のへしこ」ってとこじゃないでしょうか

IMG_4615

IMG_4614

参りました!お客様自ら当店の冷蔵庫に隠しちゃた〜〜〜!
またご案内させていただきますので、是非皆様ご一緒にどうぞ

002-1

そして今夜は味噌の仕込みが終わり、お疲れ様と言う事で同じ町内の「蕎麦処美寿々」様です。
やはりお向かいの「小林鶏肉店」様の鶏を使われた「鶏チャーシュー」は外せません。
素材の良さを感じる酒の肴です

004-1

店主はいつものように冷奴で生酒、nonkoはこの「デカコロ」で〜す。
掌より大きいんだから〜〜〜

005-1

〆は地元のお爺ちゃんお婆ちゃんが打って下さる「冷やしたぬき」のお蕎麦です。
横川商店グルメMAPにも掲載中で〜す。
7月3日には大町駅近くの石井様のあとに「葉月」と言う和食のお店をグランドオープンされます。
楽しみ楽しみ〜〜〜!

【蕎麦処美寿々】様
大町市大町(九日町)4227(大町駅から車で5分)
TEL:0261-22-2233
営業時間:11:00〜22:00
定休日:月曜日(祝日の場合は火曜日)

IMG_4576

今日も朝から当店裏の醸造蔵の釜場では朝から大豆を煮る作業が続いていました。
午後からは煮あがった大豆を味噌玉にする作業です。

IMG_4579

煮えたての大豆の美味しいこと

IMG_4580

クックックッ・・・、窪田さんつまみ食い(笑)
だって美味しいよね〜〜〜

IMG_4585

中村杜氏様と店主が窪田さんの持ってる「み(ざるのようなもの)」に入れて、それを大きな桶に入れ替えてもらいます。

IMG_4588

桶の大豆を中村杜氏様が味噌すり機にいれていただき、出てきたものをnonkoが切り分けます。
切ったものは窪田さんが取ってくれ、こうじの蓋にならべてくれます。
それをシルバーさんに運んでいただくのです。
これを切り分けるのも結構難しく、1センチのずれは最終的には蓋何枚分かに誤差が出てきます。

IMG_4589

今日は最後の味噌玉造り、こうじ蓋にバッチリ誤差なく切り分けました。
これを明日、白こうじと塩を混ぜて味噌蔵の木樽に仕込んでいくのです。

IMG_4561

和歌山から哲ちゃんの梅が来ました!
いつもはnonkoは最後の方なのに、今年は早いですね〜〜〜
もう〜大変大変、忙しいし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4569

IMG_4567

自然海塩「海の精」を使って塩漬けに・・・
これがまた大変大変!でもシソモミよりましかも?

IMG_4572

漬物用の重石は味噌用のものがあるから大丈夫
IMG_4573

意外と重いもんなのですよ〜、店主のように指を詰めないようにしなくちゃ!

IMG_4574

あ〜水あがってくれよ〜〜〜
哲っちゃん今年もありがとうね!
お客様のところへも順次配達されると思いますので、今しばらくお待ち下さいませ。

IMG_4571-1

今日は遠いところ中野市より「勢正宗・丸世酒造店」様の息子さん、関 晋司様ご夫妻がご来店下さいました。
夕方よりお持ちいただいたお酒を試飲させていただき、特に本醸造は皆様絶賛されています。
長い冬、頑張ってお酒を造られた証ですね。遥々中野市よりありがとうございました。

IMG_4537

何かおわかりですか?
日本酒の「槽(ふね)しぼり」の槽です。
今日は知り合いの方に古い日本酒の槽があるからどう?って言われて見学に行ってきました。

IMG_4540

上から圧をかけてここに搾りたてのお酒が出てくるのです。
サイズが合わなかったので、今回はあきらめることにしました。
いいお話だったのですが、残念残念!
お店に戻ってきたら、どうにも気になって、当店裏の醤油蔵に潜入です。確か似たようなものがあったはず・・・

IMG_4549

これこれ
これは30年ぐらい前まで「醤油造り」で使われていたものです。
今は物置になっていますが、このようなものがいっぱいいっぱいあるのですよ〜〜〜
もしかしたら大町では一番古い蔵だと思うのです。200年以上経ってるって〜〜〜

IMG_4552

大きな木樽は醤油の醪が入っていたそうです。実際の大きさは・・・

IMG_4548

ワインの箱をこれぐらい積み上げたものです。
今の味噌蔵の木樽も同じ大きさなのです。

IMG_4554

とにかく醤油蔵は今でも木樽がいっぱい積み上げられています。
いつの日かこの場所を皆様にご案内できればいな〜って思っています

IMG_4556

ここを見たら気になる味噌蔵の様子です。
今週中にはようやく長かった味噌の仕込みも無事に終えることが出来ます。

IMG_4555

明日には最終の大豆の豆洗いがあり、ここにいっぱいになるまで仕込まれます。
2年後には香り高い2年熟成信州味噌になり皆様にお届けできることと思います。
現在2年味噌でございますが、どういう訳か今期は夏には売り切れになり、次回は来春の蔵出しとなります。
ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

IMG_4547-1

そして今日のランチ!
これは「カルボナーラ」の原点ではないかな?なんて思います。
当店のお客様もファンが多い大町名店街の「ハングリーボックス・ユキ」様のカルボナーラです。
正直衝撃でした。でもこちらのスパゲティーは「パスタ」ではなく、「スパゲティー」なのです。
nonko思うに「火力」の味わいを楽しめるユキ様のスパゲティーは、絶対に家庭のコンロでは出せないと思います。「カルボナーラにお醤油をかける人もいるの・・・」とママさん、確かに美味しいと思います。
ご主人様が修業されていた東京のお店の味わいだそうです。

【ハングリーボックス・ユキ】様
長野県大町市大町名店街2531-8
TEL:0261-22-4067
*横川商店発行グルメMAPに掲載中です!

IMG_4409

昨日ちょっと時間が出来たので、長野駅から急行バスに乗って約1時間、志賀高原方面へ向かいました。
中野市の高社山がきれいに見えてきます。

IMG_4413

着いた先は志賀高原の「蓮池バスターミナル」です。
蓮池がきれいだったのですが、乗継時間がないので断念です。機会があったら今度ゆっくりと散策したいものです。
蓮池より、湯田中温泉から来る「白根火山」行きの路線バスに乗り換えです(帰りは長野駅までの直通急行バス)

IMG_4416

木戸池からほたる温泉までの湿原はレンゲツツジのオレンジ色がとってもきれいです。
IMG_4420

群馬県との県境あたりからもの凄いガスです。
山のお天気って本当に怖いですよね。

IMG_4425

まだ残雪があるこのあたりは芳ヶ平です。

IMG_4426

IMG_4428

このあたりは秋の紅葉が素晴らしくきれいな場所です。
ご機会があればぜひどうぞ!

IMG_4431

バスは「白根レストハウス」の前が終点で、そこから「湯釜(火口)」までは軽いトレッキングです。
以前とはコースが変わっているのは、ちょっと火山活動が活発になってきているからだそうです。

IMG_4432

登山道入り口にはステッキが置かれているので、とっても有難いです。

IMG_4435

ここからは弓池が良く見渡せます。

IMG_4441

IMG_4434

まず飛び込んできたのは「アカモノ」のお花です
ツツジ科の植物で、秋には赤い実がつきます。

IMG_4436

「ツマトリソウ」です。
北アルプスではあまり見ないかな?nonkoが探せないだけかも?

IMG_4440

「ナナカマド」も既に実を付けています。

IMG_4442

「イワカガミ」はnonkoの好きな山野草の一つです。
とっても可愛らしく咲いているのです

IMG_4443

「マイヅルソウ」は「舞鶴草」って書くそうです。
秋田へ湯治へ行っていた時には、雑草のごとく咲いていました。
辛い湯治では癒してくれた可愛らしい山野草です。

IMG_4438

これはなんでしょう?ご存知の方いらっしゃったら教えて下さ〜い!

IMG_4444

こちらは「コケモモ」だと思うのですが・・・
似たような山野草がとっても多いよ〜〜〜

IMG_4445

「ゴゼンタチバナ」は、葉っぱと真ん中の可愛らしいお花で直ぐにわかります。
こちらも秋には真っ赤な実を付けてくれます。

IMG_4447

山野草を見ながら歩いていると、後ろからどれだけ大勢の方に追い抜かされることでしょう
でもnonkoはマイペースでお花を見ながら登るのが楽しみなのです。
やっぱり生け花が生活に入っているせいか、人一倍お花を見るのが好きなんです。
弓池がこんなに小さく見えています。いつの間にか登っちゃったんだ〜

IMG_4449

火口近くには避難小屋もあります。まさか噴火しないよね〜〜〜

IMG_4450

お〜〜〜眼下に万座温泉が見えます。あ〜時間あればな〜〜〜

IMG_4451

見えたぞ〜〜〜〜〜〜〜〜!
白根山湯釜です

IMG_4458

神秘的な色でしょう。凄かったですよ〜〜〜
この色は万座温泉や草津温泉の色と似ていますよね

IMG_4460

もちろんクマさん達も一緒に登りましたよ
長野駅東口から簡単に行けちゃうので、ぜひぜひオススメのトレッキングコースです。
お車の方はもっと簡単に行けちゃいますよね!

【志賀高原観光協会】
【志賀高原バス時刻】
【白根山トレッキング】

a680aafd-s

昨夜和歌山のnonkoの友人「吉野哲生」様よりご連絡があり、収穫が始まるそうです。
順次発送をしていただけると思います。
またこれで南高梅の頒布受け付けは6月26日(水)までとさせていただきますので、何卒よろしくお願いいたします。
今年はとんでもない蔵元様が使っていただけるので、そちらの方もとっても楽しみです。
沢山のご購入、哲っちゃんもとってもお喜びでした。皆様ありがとうございます。

IMG_4408

昨夜長野市の「オステリアガット」様で、東御市の「はすみふぁーむ」様のワイン会がございました。
今回は「ゼロから始めるワイナリー起業」出版記念パーティーと言うことで、長野市内外からも沢山のご参加のお客様がいらっしゃいました。
会場は長野駅から直ぐの「オステリアガット」様です。

IMG_4375

今回はnonko一人だったのですが、このようなカウンター席もあったので、お隣のお客様とも直ぐにフレンドリーです。ならぶワイングラスの綺麗なコト

IMG_4376

オステリアガット様オーナーの成澤様です。
長野県のワインを一生懸命のご紹介していただいてます。とにかくフットワークが軽いんです。

IMG_4380

そして昨日主役の「はすみふぁーむ・蓮見よしあき」様です。

IMG_4381

IMG_4382

まずは地元のリンゴを使用された「シードル」でカンパ〜イ

IMG_4384

生ハムと水牛(モッツァレラ)のチーズです。
シードルも注がれて直ぐよりも、こちらの前菜をゆっくりいただいてると「ふじりんご」の香りがドンドンと出てきます。

IMG_4386

「シャルドネ2012」が注がれる時には前菜が無くなってる方も多く、ガット様より追加のお料理です

IMG_4387

これがビックリ仰天の「ベーコンと里芋のテリーヌ」です。
これが白ワインに合っちゃうんですよ〜
きっと2012のシャルドネがパワーあるので、ベーコンでも全く違和感なく楽しませていただきました。
2012年はやはりビックヴィンテージだったんですね

IMG_4390

注がれる赤い色がライトによって宝石に見えたのはnonkoだけでしょうか
この光景は素晴らしかったです

IMG_4394

IMG_4392

ピノ・ノワール100%使用のこのワインは、イチゴジャムのような香りがしました。
色は淡いピンク色といわれますが、nonkoは色よりも香りが好き!
ステンレスタンクで発酵させた後、約半年程熟成していただいたそうです。
こちら野生酵母で仕込まれたそうで、またまたビックリです。

IMG_4396

ガット様自慢の自家製パスタの登場です!
これ美味しかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それにワインとの相性バッチリです

IMG_4399

IMG_4400

最後のワインはやはり「メルロー2011」です。
2011年のメルローは好天に恵まれたヴィンテージだったそうです。
樽熟成45%、ステンレス熟成55%でブレンドされ、樽の香りもほとんど感じませんでした。
nonkoもあまり樽香がきついものはちょっと年齢的にもきつくなってきました。だからありがたかったです。

IMG_4404

お料理は「信州福味鶏のハーブ焼き」です。
これがまたメルローと合うんだな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4401

蓮見様は、ず〜っとご参加のお客様のお席に行かれ、感想を聞かれたりお話をされていました。

IMG_4405

こちらが今回出版された本「ゼロから始めるワイナリー起業」です。
こちらがまたメチャクチャ面白いんですよ〜、できればワインに携わるお仕事されてる方々には超オススメです。だって本当に色々な数字が書かれているんですよ〜

IMG_4406

nonkoもしっかりゲットしサインしていただいちゃいました。

IMG_4407

会場は始終お話や笑い声で大賑わい!
長野県のワイン、これからどんどん発信していって欲しいですし、nonkoもお客様に情報をお伝えしなきゃね!
「信州ワインバレー構想」頑張ってます

【オステリアガット】様
長野市北石堂町1366-1千石ジャシィビル1F
TEL&FAX 026-228-8816
営業時間:18:00〜25:00(LO24:00)
不定休


【動画】
113

今朝の当店裏の味噌醸造蔵釜場の様子です。
ここ1ヶ月程は当店自慢の長期熟成信州味噌の仕込みに追われています。
「白こうじ」はもちろんのこと、この原料のお米も田植えが終わり、水管理が大変です。
そこへ味噌の仕込みですから、ほぼ毎日が時間で動いている状態です。
今朝は原料の大豆を大きい方の和釜で煮ていました。この大豆は長野県でも有数の穀物産地「西山産」のものを使用しています。

IMG_4339

114

グツグツと煮えてくると、この重石までが浮き上る勢いなのです。
そして香ばしいお豆の香りはたまりません。

IMG_4343

和釜で煮あがったお豆はとってもやわらかくて美味しいんです
ちょっと窪田さんと一緒にもらっちゃいます。そのまんまお醤油かけて食べても美味しいし、煮物にしても美味しいです

IMG_4341

このような作業の中、お昼ご飯もその日の気温や作業の内容で決めるのもnonkoの仕事です。
今日は外気温はいつもより低かったですが、やはり釜場の作業は蒸し暑く、結局中村杜氏様にお聞きし、冷たい麺類の方がいいと言うことで「nonkoオリジナル五目素麺」です。
少しずつ色々具材をのせているのです。
甘ぎつね、牛肉のしぐれ煮、かまぼこ、キュウリ、温泉卵、薬味のネギです。
でもお腹が冷えないかと心配で、少し温かなお味噌汁
作業がスムーズにいくようなメニューを考えるのもなかなか大変ではあります。
IMG_4342

nonkoはたっぷりの「おろし生姜」をかけます。

午後からはお店を閉店しての「味噌玉作り」です。そこで大トラブル発生で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す。

IMG_4345

午後からの味噌玉作りは、この味噌すり機で煮た大豆をつぶすわけです。
機械の中からつぶされた円筒形状の大豆を切るのはnonkoの役目です。

IMG_4346

この味噌すり機、実は上部を見られたらおわかりかと思いますが、今ではもう無い「ベルト」で動いているのです。

116

117

もう100年も動いているそうで、博物館状態の横川商店醸造蔵です。

IMG_4336

このベルトの矢印の部分が突然切れちゃったのですよ〜〜〜
切れた端がnonkoの肩側にそれ、当たっていたら大変な事らしいです。
それで急に味噌すり機が動かなくなり、さぁ〜大変大変!

IMG_4352

そこへ「お〜っと!大丈夫?あたらなかった?」と中村杜氏様
そして直ぐにベルトを外し、繋ぎ合わされる作業へ・・・
そのテキパキとされる速さと言ったらビックリ仰天です。
何ともハチマキ姿がこんなにお似合いの杜氏様はいらっしゃいませんよ〜〜〜

IMG_4349

IMG_4351

アッと言う間に繋ぎ合わせていただきました。
そしてこの作業をしていただいた台がまたまたビックリなんです。

IMG_4355

電車の線路ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4358

IMG_4359

こうやってまた無事に味噌すり機は動き出してくれ、無事に味噌玉作りは終了しました。
ハラハラドキドキしていたのはnonkoだけだったのかな?

1IMG_4361-

当店の中村杜氏様は偉大です!生粋の小谷杜氏様なのです。今後とも末永く私共を見守っていただきたいと思います。明日はこの味噌玉を「白こうじ」「塩」と混ぜて、当店築200年の味噌蔵の木樽へ仕込んでいきます。

*大町山岳会に高山植物の便りが届いています。よろしかったらこちらからどうぞ!

IMG_4319

IMG_4320

いつも松本から配達をしていただく「笹の誉・笹井杜氏」様が夏酒を持ってきていただき、ご来店中
お客様と一緒に味わいについてのウンチク合戦も面白いものです。
杜氏様が飲まれるお客様と一緒に色々とお話しされる時間ってとっても大切だと思うんです。
何を言われるかわからない・・・、いつも褒め言葉とは限らない当店のお客様ですから本当に勇気があると思います。でもお酒が好きなお客様なので、本音でお話ししていただけるのもありがたい事だと思います。
今後のお酒造りにきっとプラスになるあと思いますよ〜

IMG_4314

一人二人と増え、またまた試飲コーナーはワイワイやってます。

IMG_4316

IMG_4315

は〜い、笹井さんいつも遅くまでご苦労様!
お約束のnonkoオリジナル肉うどんで〜す

IMG_4317

「笹の誉・純米吟醸ひとごこち直汲み」です。
宜しくお願い致しま〜す

top-11-1

当店が事務局をしています「大町山岳会」のHPが出来ました!
管理人は高所恐怖症のnonkoで〜す。是非皆様ご一緒に山を楽しみましょう
堅苦しい山岳会ではなく、生涯楽しめる山の接し方などもご案内できればいいかな〜、なんて思っています。
会員さんからの山行きの様子なども掲載させていただくつもりですので、どうぞよろしくお願いいたします。

IMG_4297

今日はサマーギフト用の和紙も入荷してきたので、ギフトの変更などしていました。
ちょっと和紙やピックが入ったりするといい感じのギフトになると思います。

IMG_4298

IMG_4300

IMG_4302

最近は普段でもギフトセットが人気でありがたいです。
でも肩こりは最高潮に達しています(笑)

IMG_4264

今日は定休日でしたが、我々は仕事です。
今朝は早朝からの「水くれ作業」、そしてAM8時より写真の「盛り込み作業」でした。
これから夜の積み替え作業をするまでにブログの更新です。
お味噌の仕込みの時は毎年仕方ないことですが、お休みは欲しいものです(涙)
でもこのお味噌、約20年ぶりに早くに無くなり、品切れを起こす状態になってきました。ご迷惑をおかけいたしますが、これも全てにおいて手作りなのでごめんなさい。
詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_4269

空いた時間で昼間お世話になってます池田町のお蕎麦屋さん「手打ちそば・かたせ」様へお邪魔しました。
行くまでの麦の畑がとってもきれいです。「麦秋」という言葉がピッタリです。

IMG_4270

国道から少し高台にある、お天気なら北アルプスが一望できる場所にあります。

IMG_4286

やはりこの時期はバラの花がきれいです。

IMG_4285

IMG_4284

トントントンと階段を上がって行くとお店です。

IMG_4283

店内はいたって素朴です。そして威勢のいいご主人様、奥様、息子様が3人で頑張ってられます。

IMG_4273

IMG_4272

お漬物はセルフサービスで、それがまた美味しい美味しい
チョットした塩加減が最高なんですよ
そりゃ飲みますよね〜、昼間っから(笑)

IMG_4275

IMG_4277
IMG_4276

出てくる出てくる小鉢物!特にそば茎も葉っぱも煮びたしだし〜〜〜、これ美味しい!
お漬物が美味しいお店って、何でも美味しいんですお蕎麦屋さんではこういったものが全て「酒の肴」です。

IMG_4278

大町の玉子焼きとはまた違った甘味!優しい味わいに乾杯

IMG_4280

お蕎麦についてる天ぷらの「海老」は、ご主人様が詳しく食べ方を伝授して下さいますよ〜、これがまた面白いってなんの・・・、奥様曰く、「色々言わないで欲しい!」って言われるお客様もいらっしゃるから・・・(笑)
nonkoにはいっぱい言って下さ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!
ご主人様が「酒の肴」になりそう

IMG_4281

天ぷらを塩でいただくと、お蕎麦の味わいがより旨く感じます。
そばの香りもよく、ツユもnonko好み、きっと「サジ加減」がとってもいいのでしょうね!
呑兵衛一名出来上がり

IMG_4282

デザートの蕎麦寒天は絶品です
どうもどうもご馳走様でした

IMG_4293

IMG_4294

「手打ちそば・かたせ」様、当店にご案内を置かせていただいてますのでどうぞ!

【手打ちそば・かたせ】様
長野県北安曇郡池田町会染3439
TEL:0261-62-5505
営業時間:11:00〜14:00
定休日:火曜日・第三月曜日

IMG_4245

今朝も朝から当店裏の醸造蔵では味噌用の「白こうじ」の造りがありました。
甑には当店の自社田んぼで作ったお米が蒸されています。
この時期の今朝のような作業は正直地獄です。
暑いし、湿度はあるし、もうたまりません。ある意味冬の「こうじ造り」に比べたらもう大変大変!
その作業を今日は事務の窪田さんが手伝ってくれました。可愛そうに、事務で当店へ来てくれたのに、nonkoと同じ「何でも屋」です。

IMG_4243

蒸されたお米は直ぐに店主が「み」に入れ、シルバーさんがムシロのほうへ運んでくれます。

IMG_4242

それを窪田さんとnonkoで粗熱を取ります。もう顔が熱くて痛いぐらい〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4247

粗熱が取れたら店主が「種付け」です。(こうじ菌をふりかけます)

IMG_4246

それをまたまた揉み込む作業がきつい〜〜〜〜〜〜〜〜〜
窪田さんありがとうね!
こうやって自社こうじ室に入れることを「床入れ」と言います。

IMG_4248

そして「自社こうじ室」に入り、午後からは店主とシルバーさんでこうじ菌をお米の芯まで食い込ませる「手入れ」と言う作業をし、一晩眠りにつきます。明日の早朝4時からまたまた店主が「水くれ」作業を行います。
この作業はお酒造りの「こうじ」にはない作業で、味噌用のこうじは本当手間暇がかかるのです。
ある意味味噌こうじは「水分」がいるのです。
この時期の作業ははっきり言ってきついです。

IMG_4251

お昼は「ハングリーボックス・ユキ」様の「スパゲティ・ミートソース」の大盛りで〜す

IMG_4227

初夏を感じる今日の大町です。
梅雨自分はさすがの大町も温暖化の影響か蒸し暑い日もあります。

004-1

こんな時期に食べたくなるのがこちら「笹巻道明寺」です。
大町のお水の美味しさを感じる初夏のお菓子です。
今日はnonkoが大好きな「村田屋菓子舗」様へお邪魔し、「おじさ〜ん、そろそろできた?」と言う感じでお話ししてきました。実は当店の味噌杜氏の中村様ともお知り合いなんです。小さな町ですから皆さん繋がりがあるんですよ〜

IMG_4229

IMG_4232

中身はいたってシンプルな「こし餡」です。
素朴と言うか、あっさりした「こし餡」が何ともこの時期には嬉しいお菓子なのです。
笹の葉っぱはご主人様がわざわざ採りに行かれ、若葉の頃のみ作られるので、7月20日頃まで販売されるそうです。
市内のお菓子屋様でも笹巻道明寺は販売されていると思いますので、また機会がありましたらご案内させていただきますね!

IMG_4231

ご主人様恥ずかしそう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
ブログにのっけていいですか?って言うと、この年になってまでいいよ〜!ですって〜
そんなご主人様がnonkoは大好きです

IMG_4233

村田屋菓子舗様と言うと「バタどら」ですが、暑い時期にはこちら「あづみの月」が好きなんです。
これは冷蔵庫で冷やしていただくと美味しい美味しい
是非お試しあれ〜〜〜
笹巻道明寺は午後には完売の時があるので、できましたらお電話でお取り置きされる方がいいかもしれません。

IMG_4240

今日は竹の子を鯖缶で味噌煮にしようと思っていたのですが、店主が鯖が苦手と言うことで、鯖抜きの味噌煮です。これもまた美味しい〜〜〜

【村田屋菓子舗】様
長野県大町市大町1355(JR信濃大町駅より徒歩3分)
TEL:0261-22-0565

IMG_4220

今日は父の日、試飲コーナーはnonkoの作業場になってました!
まさかこんなに父の日にお酒類をお買い求めいただけるなんてビックリでした。
父の日ギフトは昨日でほとんど終わりかと思っていたらなんのその・・・
今日は二人に一人は父の日の贈りものでした

IMG_4224

IMG_4223

ワインはこんな感じ・・・

IMG_4219

焼酎や日本酒はラベルの雰囲気で、和紙と組紐を組み合わせてコーディネートします。

IMG_4222

また詰め合わせなどはこのような朝顔のピックを作らせていただき、サマーギフトでも展開させていただいてます。

IMG_4215

今年はイメージポスターの影響か、「津軽びいどろ」の売れ行きがとってもいいのでありがたいです。

IMG_4212

店内にある「大町ワインぶどう生産組合」様よりいただいた、赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」の剪定木が、こんなに立派に成長しました。

IMG_4213

お花まで咲いてきちゃってるんです(笑)

IMG_4214

根もこんなに長く伸びてきたので、そろそろ土に植えてあげないとダメですよね!

IMG_4186

明日はいよいよ「きき酒選手権長野県大会」です。
当店のお客様が北安曇地区代表で出場されるので、今夜はチョット練習!
頑張って〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、酔わないで真面目に(笑)

IMG_4189

偶々ご来店されたお客様も楽しそうにご一緒に練習(笑)

IMG_4191

店主は白馬錦さんのお酒をチョイスさせていただいたようです。

IMG_4195

あとはいつものように反省会(笑)
今日は朝から味噌の仕込みもあり、父の日の前日も重なり、nonkoは一日中バタバタで目が舞いそうでした。

IMG_4199

そろそろサマーギフトの展開もしています。
どういう訳か、「白馬錦・雪中埋蔵」が発売されてからギフトの動きが良くなってきました

IMG_4197

IMG_4200

IMG_4196

IMG_4198

どれもnonkoオリジナルのサマーラッピングです。

IMG_4172

今日のお昼は冷麺でした。
ただの冷麺ではございません。昨日発売の「笹の誉・酒粕」を「粕もみ」に使うような状態にして入れてみました。
ビックリ仰天の美味しさです

IMG_4155

今朝ドド〜ンと大量の竹の子
関西では「ハチク」と言いますが、またちょっと違うような気もします。
大町では皆様普通に「竹の子」と言われるので、竹の子です(笑)
先日まではとっても高値だったのですが、ひと雨降って急にのびてきたのだと思います。
この竹の子、毎年楽しみにしているのは、このお料理を作りたいから

IMG_4169

姿寿司とnonkoは名付けています。
これはよく四国の高知へ春先に行くと、このようなお寿司にして販売されていたのです。
これが食感が良くて美味しいんですよ〜〜〜
作り方はいたって簡単
竹の子を丸ごと昆布とカツオの出汁で煮て、真ん中に寿司飯を入れたらいいだけです。
寿司飯も即席もので手抜きですよ〜〜〜
もちろん他にも揚げ物や、鯖と味噌煮にしたりします。

IMG_4165

また今日は「笹井酒造・笹井杜氏」様が、当店へお客様ご指名の「酒粕」をお届けにご来店でした。
今年一番乗りの夏の吟醸粕です
早速「きゅうりの粕もみ」を作っちゃいました。
とっても素直な旨味がいい感じです。すでに試飲台に行っちゃってます(笑)
今日の笹井様、運動不足がたたったのかヘロヘロになってのご来店。そんな時にはnonkoも梅干しが特効薬
胃袋の調子も悪そうだったので、「みつばち屋・空色」様のはちみつと一緒に食べると大丈夫です。
日射病の時は飲めなくなるので、その時には「自然海塩&はちみつ」をなめるといいですよ〜(ちょっと豆知識)
酒粕のご案内はこちらからどうぞ!

IMG_4167

今夜もボチボチ試飲台で楽しんでま〜す

IMG_4157

今朝は「浩和会和紙絵画展」を見せていただいてきました。
和紙を使われて大町の風景や日常などをテーマに貼り絵をされているのです。nonkoも貼り絵には興味があるので、軽い気持ちでお邪魔させていただいたのですが、凄い力作ばかりで正直ビックリしました。そして感動しました。どこにもある風景や日常ですが、これらの作品を仕上げられる過程には色々なドラマがあるのだと思います。何をテーマに作品に取りかかられるのか、それには色々なところへ出向かれ、表情を見られたり感動されたり・・・、これは正直素晴らしいとだと思います。
いつまでも貼り絵に取り組まれることができますように・・・

【第12回浩和会・和紙絵画展】
会期:6月13日(木)〜6月18日(火)
AM10:00~PM6:00(最終日PM4:00)
会場:ギャラリーいーずら2階

IMG_4060

関西暑過ぎやで〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
イチゴ氷の美味しいこと

IMG_4062

大阪での仕事を終え、娘と諸々の諸事情で一緒でした。
お酒の味を楽しめるようになった娘に、実際飲食店ではどのようにご案内されているのかを経験させるのもいいことだと・・・
nonkoの知り合いの奈良の酒販店「あべたや」様にお聞きして、お店をご紹介いただきました。
場所はなんば花月の裏あたり(笑)
大阪のレアなお店がいっぱい立ち並ぶ一角です。

IMG_4064

「DININGあじと」様です。
正直娘にこのようなお店でお酒を飲むのは初めてです。
17時オープンですが、18時までにはご予約で一杯なのでもう入れない状態でした。

IMG_4066

IMG_4065

何も言わずと飲み比べをお願いし、その時の娘の顔・・・

IMG_4068

笑っちまった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
「風の森」が好きみたい

IMG_4069

「純米吟醸・石鎚」も四国のお酒らしい味わいでした。
石鎚山に友人の子供さんが修行していたので印象深い名前でした。
関西って最近四国のお酒が強いのかな?そんな感じをうけたのも正直な気持ちです。
関東で言えば東北って事かな?

IMG_4078

京都の久美浜の「玉川」や、新潟の「鮎正宗」も楽しませていただきました。

IMG_4076-001-1

また秋田の「新政」のこちらの一本はnonko好みでした

IMG_4079

IMG_4071

どれをいただいても、相性のいい肴が豊富なんです。
泉州の水ナスは懐かしい〜、生で食べても十分に美味しく、手で割いて楽しむのが通です
ポテサラはなぜか日本酒に合いますね!

IMG_4074

ジーマミー豆腐は自家製だそうで、絶対にオススメです

IMG_4073

淡路の玉ねぎを丸ごと焼いていただき、タレで素朴に味わうのも食材の良さがあるからでしょうね

IMG_4080

「DININGあじと」様では是非鴨のグリルをお楽しみいただきたいです。
メチャクチャ美味しかった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4081

〆にはオリジナルのカレーが最高!量も半分でお願いできるので、本当に娘とひと口づつです。
ランチ営業をされているそうなので、もしかしたらいただけるのかも?

IMG_4082

お店を出ると目に留まる「りくろーおじさん」のチーズケーキ、相変わらず人気です

IMG_4111

IMG_4112

翌日は「明石海峡大橋」を眺めるショッピングセンターでお買い物です。
ここの潮の流れは速いこと速いこと、だからこそ美味しい明石鯛です。

IMG_4097

この時期は梅雨なので、やっぱり蒸し暑いよね〜、都会ではこんな感じでリゾート気分

IMG_4105

夕暮れと共にお腹がグゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4087-001-1

食べるわ食べるわ「明石鯛」
でも旬は鱧に変わりつつあります。鱧も7月に入った方がいいかな(笑)

IMG_4085

天橋立の岩牡蠣があったのでラッキー!
なんで娘がこれを食べるねん?どこで味おぼえたんや?
冬の牡蠣とは別物の、また宮津湾の岩牡蠣は日本一だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_4088

メインはランチのお寿司だよん

IMG_4091

追加は煮穴子と焼き穴子に決まってるじゃん

IMG_4117

帰りには神戸元町中華街
連れ歩くクマさん達もヘトヘトのようです

IMG_4116

でも「老祥記」の豚まんゲットして元気になりました(笑)

IMG_4126

IMG_4121

大阪に戻り、大阪駅前開発と言われるグランフロントを見学し、またまたヘロヘロ・・・
関西の皆様元気過ぎ〜〜〜、信州人にはこの暑さ耐えられましぇ~ん

IMG_4127

夕方の高速バス乗る前にもう一度腹ごしらえ
昔から頑張ってられる「グリル・ロン」様
これだけ食べたから今朝は早くから頑張れたのだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4041-1

色々がどうにもならなくて急遽仕入れで大阪へ来ています。
早朝に夜行バスで新大阪に着き、新しくなったビルの中で迷子・・・
なんとか夜行バスの時にはいつも行くお風呂屋さん「清水湯」さんへ飛び込みました。
心斎橋の大丸の向かいぐらいにこんな看板が出ています。そこの路地を通り抜けたところにあるのです。

IMG_4042-1

この路地ですが、臭い何とかなりませんか〜〜〜、きっとここで立ち○○・・・
それでもなんとかサッパリと汗を流し、モーニングを食べて仕入れに直行

IMG_4045-1

これこれ、夏用の和紙が全くなく、これは廃番も多くなってるので行かないとどうにもなりません。
大量買いしたものはもう一部ではなくなってきてるので、サマーギフトが始まる前にと思いつつ、もう始まってるじゃない!

IMG_4046-1

紙袋はじめラッピングのリボンなどもこちらなので、無償でご提供させていただけるのです。

IMG_4048-1

次は当店大人気の「竹かごセット」の「竹かご&風呂敷」を仕入れさせていただいてるお店です。
現在当店のお品物を入れてのセットでは、原価でお分けしていますが、そろそろ竹細工が高騰し、少しだけ値上げさせていただくようになると思います。もうこれは仕方ないのでご勘弁を・・・
タブン50円ぐらいかな(笑)

IMG_4060-1

お昼頃からどんどんお天気になり、蒸し暑くなってきたのでネットカフェに避難しています。
今年初のかき氷!信州人には関西の暑さは厳しすぎますね〜〜〜

IMG_3974

今朝から横川商店長期熟成信州味噌の仕込みに入っています。
店舗の裏の醸造蔵の釜場では、朝から甑に火が入り濛々と蒸気を上げていました。
今日は大豆の豆を煮て味噌玉にする作業です。

IMG_3977

早朝から火が入り、昼前には煮あがってきます。この大豆は、長野県有数の穀物産地の「西山大豆」です。

IMG_3979

午後からは約1時間お店をお休みしてnonkoもお手伝いです。
写真の右端から潰された大豆が出てくるのを、nonkoが均等に切っていくのです。
これも数が決まっているので大変なんですよ〜〜〜

IMG_3985

ピッタリと言われた数の蓋に盛り込めたので、お手伝いのシルバーさんも目がテン!
どんなもんだい〜、nonkoもたまには役に立つんですから

IMG_4005

こんな忙しい日にお客様から店頭を貸して欲しいと・・・
店主は「勝手に使ってくれ〜」ですって〜〜〜
それがこんなになっちゃった〜

IMG_4010

IMG_4009

ジンギスカンを山ほど買ってくるし(笑)
それに・・・

IMG_3996

nonkoの「足?」
無理無理〜、食べれないよ〜〜〜

IMG_4011

お酒は発売から大人気の「白馬錦・雪生埋蔵無濾過生原酒」です。

IMG_4004

そして余ったビール(笑)

IMG_3990

仕方ない、お昼に煮あがった大豆で煮た「アラメの煮物」

IMG_3989

この時期はやっぱり竹の子と鯖缶詰めの味噌煮です
鯖缶詰も「福井缶詰」様を使うと美味しいですよ
煮ちゃうから安い鯖缶詰めでもと思ってましたが、やはり「福井缶詰水煮」を使用すると美味しいです。

IMG_3986

店内の試飲コーナーもいっぱい!一時はお客様が店内と店頭で大賑わいでした。嬉しい悲鳴〜〜〜!

IMG_3988

そうそう、君も仲間入りしてたんだよね

IMG_3992

君たちもだよね!将来の呑兵衛さん
この子達が二十歳になると、県外へ行ってる子もいれば地元で頑張ってる子もいるのでしょう。でもお盆やお正月には大町へ帰って来るんだよね〜

IMG_4012

今日は我が大町山岳会の方々が蓮華岳へ登って来られたので、皆様店頭で慰労会になりました。
当然「平茸漬け」も出させていただきましたよ〜〜〜

022

今年もnonkoの和歌山の友人吉野様より「南高梅」をわけていただけることになりました。通称「哲ちゃんの梅」で〜す。毎年300圓阿蕕い里潅輅犬鬚い燭世い討泙垢、nonko個人の学生時代の友人の旦那様の農園です。梅干しだけではなく、梅酒もこの完熟が一番香り良く漬かります。サイズは例年多少の誤差はございますが、2L~3Lです。ご注文は最低5圓如△△箸5埣碓未如1450円です。こちら横川商店とは全く関係なく、nonkoがお客様の送り先を吉野様に送らせていただくだけです。したがいまして条件と致しまして、日時指定は一切できません。それはnonko経由以外の発送をされていなうようで、本当に収穫時に地元のおばちゃんが手伝ってられるので色々は要望できません。またおおよその発送その他はHPやFBなどでご案内させていただきますね!ご注文はできましたらFAXで宜しくお願い致します。
横川商店・山口 0261-22-0503(確認のお電話を差し上げます)

IMG_3958

お騒がせ娘は昨夜の夜行バスで京都に戻りました。
仲良しのクマさん達もお見送りです。
皆様にお世話になりとっても有意義な一ヶ月だったと思います。

IMG_3956

バスの車内にこれを持ち込む娘・・・、しっかりと呑兵衛になったのかな?

IMG_3917

昨日は定休日、朝から娘の運転で店主は「笹の誉・大吟醸」を途中でゲットし、やまじゅうCarの中で楽しんでるし〜〜〜

IMG_3945

しかもカップが無いと「モンベル」にて山用のカップまでゲット

IMG_3918

高速で諏訪湖SAで休憩をし、「本金さん元気かな〜!」ですって〜〜〜

IMG_3919

着いた先が小淵沢のリゾートホテル「リゾナーレ」様です。
こちらは店主のお気に入りのワインが少量から試飲できるのでそれが目的?

IMG_3926

IMG_3920

隣では雑貨や書籍を販売されていて、その一角がこのようなコーナーになっているのです。

IMG_3927

カードを差し込むと、三段階の量で試飲ができるのです。
もちろん後の清算が恐怖恐怖・・・
IMG_3925
IMG_3921

IMG_3929

本当に少しづつなので、高価なワインでも色々と
店主は「ドメーヌ ミエ・イケノ」様のワインが好きなようですよ〜〜〜
パンやチーズなどの肴もありますので、ゆっくりとした時間で楽しませていただけるのです。

IMG_3933

店主「登美2008」には絶賛

IMG_3932

娘はこのワインの香りが好きって〜〜〜、呑んじゃだめだよ〜〜〜運転手だよ!!!

IMG_3935

飲めない娘はお腹が空いたと・・・
ホテルバイキングに行ったのですが、これがまた大当たりな味わいでした。
写真が無くてすみません。

IMG_3937

あ〜情けない、またまた大きくなるよ〜〜〜

IMG_3939

腕が太くなったとガラスに映る自分の姿に嘆いています(笑)

IMG_3941

近くのアウトレットで散策し、またまた物色中!

IMG_3942

ミルクにアイスが入ってる〜、これ美味しい

IMG_3944

店主には山行き用の帽子を買ってもらってましたよ〜〜〜、いいな〜〜〜

IMG_3946

夜行バスに乗るまで近くの「小淵沢スパティオ」でまったりと・・・

IMG_3947

今回一ヶ月で何度温泉に入ったことでしょうね〜、贅沢者
皆様この一ヶ月本当にお世話になりました。

IMG_3915-1

先日の「針ノ木岳慎太郎祭」で感じたこと・・・
それは我が大町山岳会に世代交代ではなく、あとに続く人が居なくなってるという難題に直面しています。
中高年の方々の登山ブームが続く中、近年、これまでにない新たな動きとして山ガールなど若い世代の人たちが山に入り始めています。私共地元と致しましては自らの経験をもとに、一人でも多くの人に山に親しみ 山の素晴らしさと感動を味わってほしいとの熱い思いからHPを設立しようと思いました。
実はnonkoもいつの間にか山岳会に入っていますが、極度の高所恐怖症なので、尾根歩きダメ、梯子場もほとんどダメ、雪道苦手・・・、こんな状態でも楽しませていただいてます。
HPが出来れば、皆様と色々な交流ができると信じ頑張っていきたいと思っています。
過去で大町の呑み歩きのHPをやっていたので、大町の四季を通しての自然、素朴な町の方々のコト、ご案内させていただきたいことがいっぱいです。
山岳会と言えばものすごく堅苦しく感じたり、凄い山を登るんだと思われる方がほとんどですが、大町山岳会はそういった事ではなく、もっと多くの年齢層の方々にお楽しみいただけるようにと考えています。皆様何卒よろしくお願い致します。
HP作成にあたりまして資料が欲しく、店主はこちら「山の祝い(ほがい)」と言う本を紹介してくれました。
これが中を見るとビックリ仰天の事がいっぱいです!

IMG_3898

「平武漬け」と言うものは大町山岳会初代会長「平林武夫」様の大好物だったそうです。単に「らっきょうの塩漬け」なのです

IMG_3897

そして山岳会2代目会長が、「白馬錦・薄井商店」様の前会長さんであったということ

IMG_3899

「針ノ木岳慎太郎祭」の祭典会場となる、針ノ木大雪渓は今も変わぬ景色です。

IMG_3901

広告欄では横川商店も目に留まり「レジャーのお共にコカコーラ」ですって〜〜〜
店主のお父様も山岳会の役員をされていたそうです。

IMG_3903

IMG_3902

蔵元様の広告も時代を感じるでしょう。

IMG_3905

これ最高!
やはり芸者さんが沢山いらっしゃったのは、黒部ダム建設で町には工事関係者の方々がとっても多かったそうです。

IMG_3896

これにはビックリ!
朝からボーリング?でも「早起きソフトボール&野球」って今でもありますよね〜
ボーリング場があったなんて・・・、でも店主はボーリングしたことないみたいです。

IMG_3904

この本の中には歌集が多く掲載されていますが、「雪山賛歌」は昔から歌われていたのですね!

IMG_3900

「大町小唄?」
一度大町の方が歌ってられるのをお聞きしたことがありますが、ほとんどの方々はご存知ないでしょう。
この本の中で、守っていかなければならないこと、新しくしなければならないこと、そのあたりを皆様のご意見を聞きながら頑張っていこうと思います。

IMG_3888

この二人頑張りました!
今回のイメージ写真大作戦は、事務の窪田さんと娘にお願いしました。
きっと毎年使ってた秘密の場所へ行ってくれたのでしょう。
実はこの二人とってもいいコンビのような気がします。
娘は窪田さんを姉のように慕ってるので、本当にありがたいと思います。

IMG_3867

IMG_3866

娘・・・、窪田さんに撮られたな(笑)
何だか二人で色々と考えて写真撮りをしてくれたようです。頼もしいな〜〜〜

IMG_3860

IMG_3878

IMG_3881

IMG_3870

写真を見ながらnonkoは想像して笑ってしまう・・・、本当に色々と工夫してくれたんだな〜
何とかイメージポスターに仕上げてみたいと思います。名前も入れてあげないとね

600690_453937761363614_1610359842_n-1

先日の6月1日(土)に、お世話になってます「夜明け前・小野酒造店」様で「酒蔵コンサート」が開催されると言うことでお邪魔させていただきました。
この日は2日に開催されます「小野宿市」の前夜祭と言うことで落語会も開催されていました。
nonkoは翌日が山行きだったので、あまりゆっくりもできずに残念でした。
でも初めて夜の小野宿の雰囲気も満喫できてとっても楽しかったです。
小野宿と言いますと、上伊那郡辰野町で蛍で有名ですよね!そこから小野宿あたりは昔の旧街道で、いっきにタイムスリップしたような雰囲気の場所になります。塩尻からは一駅ですが、電車が1.2時間に一本ぐらいしか無いんです(笑)
お蔵様に着くと、他のお客様がどんどんと奥の醸造場の方へ向かってられます。

400390_453937968030260_338458472_n-1

わぁ〜〜〜凄い!まるで蔵開きのような感じでお客様が沢山お楽しみです。

482510_453938124696911_1862110176_n-1

利き酒を始め、蔵見学もしていただき、一般のお客様はとってもお喜びです。
私共は酒販店ですが、一般のお客様の目から見ると全てが新鮮に目に入ってくるのでしょうね!
282829_453938128030244_791905362_n-1

480229_453938148030242_1133958272_n-1

お酒をしぼる「ヤブタ」も、不思議そうに見てられました。
こういったお客様の姿を見せていただけるのも酒販店としたら逆に勉強になります。
お客様の視線でお酒をご案内させていただけることが大切だとも感じました。
佐相杜氏様、ありがとうございました。

379731_453938464696877_984758269_n-1

ライブコンサートが始まる前に、「夜明け前・小野庄平」様よりご案内!
ライブ中の喫煙はNO〜!写真もNO〜!
エ〜〜〜〜〜〜〜!

3918_453938468030210_1856917394_n-1

「原田喧太・鮫島秀樹」様で〜す!
日本のどまんなかで、日本屈指のギタリストライブです。
最初のトークで緊張感がいっきに取れてとっても楽しませていただきました。
そして「写真撮影OKですって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」

576715_453938528030204_227945217_n-1

皆様と一緒に歌ったり、手拍子したり、会場は割れんばかりの盛り上がりでした

934695_453938481363542_2092875136_n-1

原田喧太様、とっても素敵な方でした。トークに味があると言うか(笑)
亡くなられた原田芳雄様の息子さんだそうです。
きっと打ち上げでは美味しいお酒いっぱい飲まれたのでしょうね〜〜〜

389248_453938501363540_1156393061_n-1

鮫島秀樹様、どこかでお見受けしたことがあると思ったら、世良公則&ツイストのベースをされていた方だ〜〜〜!

5898_453938538030203_113362216_n-1

「夜明け前・小野能正社長」様お世話になりました!
社長様「また来てくれるかな〜〜〜!」
皆様「いいとも〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」


【動画】
IMG_3683

大町では大正6年(1917)、全国でもいち早く登山案内人組合が結成されました。
その中心となったのは、日本の近代登山の先駆者の1人としてその名が語り継がれる百瀬慎太郎氏(1892−1949)です。慎太郎氏は市内で旅館対山舘を営みながら登山者の世話をし、登山ルートの整備や山小屋を建てるなど、その生涯をふるさとの「岳」に捧げました。「岳都おおまち」を語るとき、忘れてはならない人物です。
彼の業績を讃える「針ノ木岳慎太郎祭」が、夏山シーズンの開山祭も兼ねて毎年6月の第1日曜日「6月2日(日)」に開催されました。
横川商店が事務局をする「大町山岳会」は、朝6時大町駅前に集合で〜す(眠かった〜)

IMG_3687

一般の方は扇沢で受付です。

IMG_3688

扇沢から少し山へ入ったところまで車で行き、そこからはいよいよ登山道です。
今回初参加の娘もしっかりと歩き出しました!


【動画】
IMG_3694

毎年初めて渡るこの橋で山にご挨拶です。
川の流れが凄いのは雪どけのせいなんです。でもきれいな水でしょう

IMG_3699

歩きだして直ぐに雪の上です!
「ありえへん〜〜〜、無理〜〜〜〜〜!」と騒ぐ娘です。
うるさい〜〜〜、サッサと歩きなさい!

IMG_3702

IMG_3711

少し慣れてきたようで、目の前の北アルプスを望みながら少しリラックスしてきたようです。
アッと言う間に雪上に慣れたようです。

IMG_3712

毎年ヤマツツジが咲く登山道に来ると大沢小屋はもうすぐです。
「山小屋で休憩するから頑張りなさ〜い!」
娘を連れてると余計な神経を使うのが今回の厳しいところです。途中で「もう嫌や〜、先に帰る〜」なんて言われたらどうしよう・・・、と思うことばかりでした。

IMG_3713

IMG_3715

大沢小屋では百瀬慎太郎氏のお孫さん「百瀬堯」様が管理して下さっていて、ここでは「若一王子神社」様によります「安全祈願」が行われました。

IMG_3718

大沢小屋を出ると20分程で「針ノ木大雪渓」に出るのです。

IMG_3724

針ノ木大雪渓です
ここまで来ると祭典会場まではもう着いたも同然

IMG_3727

ヨッシャ〜〜〜!着いたねヤレヤレ

IMG_3730

祭壇を作り、クマさん達も記念撮影です。
この子達もnonkoと同じだけ登ってるんですよね〜〜〜

IMG_3726

そして忘れてならない「山姥揚げ」と「平武漬け」です、もちろん最近はnonkoが作っています。
山姥揚げは「ライチョウ」のから揚げ!と言う事で・・・
平武漬けは、平林武夫様にちなむ「塩らっきょうの浅漬け」だそうです。
山岳会員の代がかわってもこう言うことは守り続けようと思います。

IMG_3731

当店のお客様も山岳会の方が大変多く、大町病院の救護の方(右)も毎年ありがとうございます。

IMG_3732

娘はなんやら「雪山賛歌」を歌うよう指示があり、「ヒマラヤンシェルパ」のラマさんに教えてもらってました。
ラマさん日本の歌なのに良くご存じなんですよ〜、それに歌上手

IMG_3734

IMG_3735

「若一王子神社」様によります安全祈願祭が始まりました。

IMG_3737

百瀬様の玉串の奉奠のあと、関係者の皆様も次々に奉奠されていかれました。

IMG_3741

西澤山岳会会長のご挨拶のあと、市長様、そして登山隊長様よりお話があり、いよいよ記念登山開始です!


【動画】
アッ、その前に皆様で「雪山賛歌」です。
娘がお恥ずかしいところをすみません。


【動画】
「白馬錦・薄井商店」様からいただきました樽酒と共に、平茸漬けを振舞わせていただきました。
この平茸漬けは、一粒で300メートルの馬力が出るようです(笑)


【動画】
IMG_3748

何度もすみません。今朝娘が中を確認させていただき、若一王子神社様へお納めさせていただきました。

IMG_3752

いってらっしゃ〜〜〜い
参加者の皆様は各グループで記念登山、そして植物観察に出かけられました。
植物観察の方々は下山しながら植物のお話をご案内させていただけるのです。
山へ行くのはピークに上がるだけではなく、個々で楽しみ方は違うはずです。
お花の名前を知るだけでも、山に登る楽しみが広がると思います。実際nonkoは栂池へ「キヌガサソウ」を見に行くのが毎年の楽しみです。
祭典会場では店主、nonko、娘が残り、皆様のお帰りをお待ちしていました。

IMG_3758-1

もちろんクマさん達も皆様が安全にお戻り下さるのを待たせていただいたようです。

IMG_3753

これが楽しみでnonkoは行くようなものです(笑)
今回は入荷したての「ファンキーシャトー・グリグリ」を持参。パンとチーズと生ハムがあれば十分です

IMG_3759

なのに娘は前日から大切そうにバックパックに入れてるのは「カップラーメン」
もうほんとに好きやね〜〜〜

IMG_3756

nonkoはこれでGood

IMG_3761

そして娘用に別に取っておいた「山姥揚げ」を美味しそうに頬張っていました。

IMG_3788

まぁ〜〜〜贅沢な!お客様に山用のワインカップをお借りしたようです

IMG_3785

やぱり「男めし」も必要だよね


【動画】
IMG_3780

しかし雪の上がこんなに楽しいのなら、ボードとかすればいいのにね!
このレベルで喜ぶんだ〜〜〜(クックックッ・・・)

IMG_3767-1

今まで遊んでたかと思えばお昼寝タイム?
そりゃよく育つわ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_3775

nonkoは針ノ木岳方面へ登ってみたのですが、やはり・・・

IMG_3774

登ってきた場所を見るとダメ〜〜〜、目眩
高所恐怖症もひどいでしょう(笑)

IMG_3771

でも横の崖のところに「エイレンソウ」がお花を見せてくれていました。
エッ?こんなところにもう・・・

IMG_3772

土壌に手を触れると暖かいのです。確実に陽の光は全ての場所に平等に夏の陽射しを届けてくれているようです。早い年にはこのあたりに「シラネアオイ」が花を見せてくれるのですけどね!

IMG_3792

皆様が下りて来られる少し前に、娘とnonkoは先に下に降りました。と言うのは・・・
「お汁粉が無くなるよ〜〜〜!」ですって・・・、どこまでも「食い」に徹する娘です。

IMG_3793

帰りは山の景色にも興味が出てきたのか、あの山肌雪が落ちて来そうだ〜、なんてね。

IMG_3797

IMG_3798

下山時の新緑がよりきれいに見えています。
毎年同じことを思いながら、登山道は雪どけ水が川のようになっています。

IMG_3804

IMG_3800

IMG_3799

またまた大沢小屋で休憩をし、湧水でドリップしていただいたコーヒーの美味しいこと

IMG_3802

IMG_3807

IMG_3817

IMG_3824

新緑を楽しみながらの下山は本当に達成感と言うものが少しだけあります。もし針ノ木峠まで登っていたらもっと凄いのでしょうね〜、皆様凄いですね

IMG_3810

登山道で出会った花は
コバイケイソウ

IMG_3811

オオカメノキ
IMG_3812

サンカヨウ

IMG_3821

そしてコメツガの松ボックリは昨年のものです。可愛いでしょう

IMG_3820

最後の難関です。ここがnonkoが一番怖い場所で、この場所まで来るともう娘の方がなれた感じで歩いてるのでチョット悔しい気分です。

IMG_3831

最後の橋のところまで来たらもう少しです。
行きのプレッシャーがある時と違い、ルンルンで下山してる娘にちょっとだけ大町の魅力を感じとってくれたかな〜

IMG_3830

IMG_3829

心地良い沢筋の水の流れがとっても心地いい〜〜〜

IMG_3837

IMG_3835

お汁粉まに合って良かったね〜〜〜
nonkoの分まで食べた娘です。

16時には予定通りに閉会式が終わり、店主始め何名かの山岳会の方々はまだ撤収をしながらの下山途中だったようです。

IMG_3841

今回は牛腰市長様もご参加で、娘もとっても喜んでいました。

IMG_3840

大町レディースの高田様も

IMG_3842

あ〜〜〜やっと店主が帰ってきた!

IMG_3843

横にはニリンソウがいっぱい咲いていました。

IMG_3848

IMG_3850

打ち上げは蕎麦だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
大町山岳会、これから少しづつ活動をしていきたいと思います。
まずはHPを作って山の素晴らしさ、そして楽しみ方等をご案内できたらな〜、なんて思っています。

IMG_3644

IMG_3646

IMG_3645

明日は「針ノ木岳慎太郎祭」です。
今年は娘も行くそうで初「山ガール」に挑戦です!
それにしてもちょっとパンを持たせすぎですね。ハイ、nonkoの分は自分で持ちます(笑)
是非祭典会場でお会いいたしましょう

【針ノ木岳慎太郎祭】

このページのトップヘ