呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2013年09月

023

024

今日は秋の空!
横川商店自社田んぼは稲刈りでした。

IMG_8312

稲刈りの前には、まず田んぼの角はコンバインが入らないので手で刈り取っていただきます。
いつもお世話になってる三日町の森様、nonkoも10年お世話になってます。怖いお顔ですが、メチャクチャ優しくってジョークが最高!

IMG_8321

IMG_8326

IMG_8328

今年は一度霜にやられたので、田植えが遅く5月下旬だったのですが、どんどんと成長し大豊作です
毎日毎日水管理をし、時には水を止め忘れ道路に流れ出し「ヤマジュウ(当店の屋号)は道に水をやってるだか〜!」なんて言われる始末(笑)
それでも今日の稲刈りは、あっと言う間に終わっちゃいました。
「今年はいい稲穂の色だな〜!」

IMG_8331

いっきに脱穀までできるそうで、稲穂もこの状態になっちゃいます。

IMG_8333

IMG_8335

あれれ?森様何やってるのかな〜〜〜?って見ていたら、一部倒れた稲があって、機械が下までくい込まないから、刈り残った稲穂がないか丁寧に見て下さってるんですよ〜、凄いでしょう!一本すらちゃんと刈り取っていただいたのです。丁寧にしていただき本当に感謝感謝です。

IMG_8344

IMG_8345

脱穀されたお米は「もみ米」の状態で乾燥していただき、玄米となって当店に運ばれてきます。

IMG_8350

IMG_8349

当店の本業は味噌醸造です。
原料のひとつ「米こうじ」もこの自社田んぼからお米を作って「白こうじ」に加工しています。
きっと日本中、お米から作ってる味噌醸造元なんてないじゃないかな?
出来た「白こうじ」も「甘酒」にするとメッチャ美味しいんですから
nonkoもその時は蔵人になってるんです。
自分も手掛ける醸造の原料が収穫される喜びって半端じゃないですよ〜
森様、今年も大豊作ありがとうございました。

IMG_8360

今夜はご褒美に「すき焼き〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」
しかも香茸入りです

IMG_8357

IMG_8361

香茸はすき焼きと相性がいいように思います。
濃い目の味わいのものがいいのかもしれませんね!

IMG_8362

それには大町のワイン「Nishinaメルロー2011」でカンパ〜〜〜イ
2012がそろそろ発売になると思いますが、メチャクチャ楽しみです。


*今日はちょと寂しいお知らせがあります。
当店も随分お世話になってました大町名店街の「ヒマラヤンシェルパ」様が、昨日で一旦お休みをされるそうです。

014

016

せっかくハマっていた「キーマナン」絶品でした

017

店主が好きだった鶏肉の鉄板焼き
当分食べられないと思うと寂しい〜〜〜!

11231074_511974835559906_562888352_n-

彼等のお顔が見られなくなるともっと寂しいです。
昨夜は最後の夜、夕食を兼ねてお邪魔してきました。
また会える日を楽しみに待ってます

IMG_8282

いつもの通勤道、今日も北アルプスはとってもきれいです。
約9割は稲刈りも終わり、きっと畑では野沢菜や大根などを植えられて冬のお漬物の準備を始められるのでしょうか。

IMG_8284

IMG_8287

よくパンフレットなどで掲載されてる「アルプスとリンゴ」の写真、nonkoの通勤道にもあります。

IMG_8285

IMG_8286

ふじリンゴもようやくいい色になり、空の青色とマッチングです。


IMG_8292

今日は美麻のハチミツ屋さん「空色・大阪良一」様よりご案内を頂戴いたしました。
【空色のはちみつ、楽しんでいただけましたか?沢山の皆さまからおいしい!といっていただき、私たちミツバチ、花から花へと楽しくミツを集めることができました。
これからは、私たちの冬を越すためのハチミツを集めますので、今年の皆さまへおすそ分けできるハチミツは終了いたします。
私たちミツバチは11月までは長野で過ごし、12月〜4月は南房総で冬を越します。
次のハチミツは来年の5月からです。また来年よろしくお願いします。】

IMG_8258

お世話になってます大町駅前の「四季彩・葉月」様、天然の舞茸が入ったら教えて〜!と言ってたら、オーナーさんが本当にご連絡いただき、お客様とご一緒させていただきました。
3年ぶりに目にする天然の舞茸はナント大町美麻産のもので食材豊富な大町でしょう
香り、食感、味わい・・・、入手は松茸よりもはるかに難しいのです。

IMG_8266

カラスミをトッピングしていただき、舞茸のおひたしは、酒の肴にたまりません

IMG_8265

土瓶蒸しは松茸だけではありません。青森あたりでは珍重される舞茸の土瓶蒸し!この出汁でお酒がすすむすすむ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_8267

やっぱり天ぷらは外せませんね!お塩で楽しませていただいたあとは、板長さんの出汁のきいた天つゆ

IMG_8269

昨夜はお客様とご一緒にお邪魔させていただき、とっても楽しい夜でした。
IMG_8261

でっかい「あん肝」にお客様ビックリ
作りたてでなければこの大きさでは楽しめないそうです。
御柱のようなあん肝でしょう

IMG_8271

IMG_8270

最後はこしょう味噌?かな・・・、これが美味しくって〜〜〜〜〜、ご飯お代わりしちゃった(笑)
そんなこんなで今朝はお酒がちょっぴり残るような飲み方をしちゃい反省です。
でもそれだけ「お酒と肴」が合っちゃうと言うことだと思います。

IMG_8278

今日はお酒を抜くために汗をかかなきゃ!それで先に当店の自社田んぼの稲を刈り取ってきました。
これはnonkoが1年間ラッピング用に使わせていただくためのものです。

IMG_8279

一汗かいたら体調はバッチリ!

IMG_8280

IMG_8281

案山子くんも連れて帰ってきちゃいました!

【四季彩・葉月】様
大町駅前直ぐ(元石井様のあとです)
TEL:0261-85-2557

IMG_8241

IMG_8243

お客様から「今年もやってるね〜」なんて言われると、作ってって良かったな〜って思います。
大町は自然がいっぱいです。森の恵みをいただき、乾して構築し直し、かわいtらしくラッピングしてご来店のお客様に連れて帰っていただいてます。
そのまま森に落ちちゃって土にもどるものもありますが、ちょっとお洒落に構築して置物として飾っていただければ幸いでございます。
この栃の実さんを見てもらって大町の旅の思い出をお楽しみ下さいませ。

IMG_8219

朝から「来て下さ〜〜〜い、ぜひぜひ〜〜〜〜〜〜〜!」
本当に来て下さった「スイス村ワイナリー・営業石澤」様
大町のワイン「Nishinaメルロー&Nishinaシャルドネ」を醸造して下さってるワイナリー様です。
ここ何日か「大町ワインぶどう生産組合」様のぶどう畑を見せていただき、その凄さを是非ワイナリー様に見ていただきたい!そんな気持ちで無理にお呼びしたら、本当に来て下さいました。
寒い午後からワインぶどう畑をご一緒させていただきました。
そうそう、営業石澤様は「イッシー」と呼ばせていただいてます。どこかに「小田っち」と言う人もいらっしゃったような・・・(笑)

IMG_8220

大町市郊外の原田様のワインぶどう畑に着くと早速メルローの状態を見られて「いいですね〜!」ってねでしょうでしょう、凄いぶどうが実ってるでしょう。

IMG_8222

シャルドネの畑も見て下さり、ぶどうの出来にビックリされてるご様子でした。
このあいだご一緒させていただいた時からは、糖度もグングン上がり、ほとんどが18度を超えようとしています。(既に超えてる畑もあります)
それなのに「酸」がしっかり残る大町のテロワールは素晴らしいワインぶどうの産地になりそうです。

IMG_8223

今日は北アルプスからの強風が凄く、西山様の棚栽培のワインぶどうがユッサユッサしてるではないですか〜、西山様がかつて「風が吹くと棚に誘引されたぶどうの新梢が押し寄せられるから大変」と言われてた事を思い出していました。それでもビクともしない大町のワインぶどう達はとっても力強いのです。これがきっと出来上がったワインの「骨格」となっていることは間違いありません。
IMG_8161

このあと今日は初めて西澤様のワインぶどう畑を正式にご案内していただきました。
いつも外から見学してるだけだったのでね!
洒落た看板が何とも素敵でしょう

IMG_8227

西澤様、今年の初めに懇親会で御一緒させていただき、とっても温厚なお人柄で笑顔が素敵なおじさまです。

IMG_8225

IMG_8226

見事なシャルドネはとっても濃厚な味わい!
酸っぱくてシャバシャバしたのではなく、しっかりと「酸」も感じながら旨味の凝縮感を感じるのです。まだまだ収穫まで糖度を上げてくれること間違いありません。
メルローも同じように見事な果房を付けていました。
もっと驚いたのは・・・

IMG_8230

カベルネソーヴィニヨンを栽培されているんですよ〜、もう超ビックリです。
その味わいは素晴らしすぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
大町でもカベルネソーヴィニヨンが出来るんですね〜

IMG_8233

IMG_8234

今日は急に寒くなり、香茸をグラタンにしてみました。
やはりホワイトソースとの相性はいいような気がします。
まだまだ続く「香茸」の調理法!

IMG_8189

IMG_8179

作っちゃえ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
朝から「大町ワインぶどう生産組合」様の畑で、「Nishinaシャルドネ&メルロー」の写真撮りをしてきました
ワインが美味しい季節到来で〜す。
10月下旬か11月には「Nishinaメルロー&仁科シャルドネ2012」が発売されると思います。
今年も店頭で「大町ワインぶどう生産組合」様と「スイス村ワイナリー」様によります試飲販売を企画していただいてます。是非遊びにいらして下さいね!

IMG_8195

早速「穂高パソコンプラザ」様でポスター印刷していただき、時期をみて店頭でご案内させていただきますね!

IMG_8209

IMG_8212

午後からは東信のワインぶどう畑を見に出かけていました。
信州の中でも北信、東信、中信(塩尻と安曇野)ではテロワール(気候風土)が違うせいでしょうか、ワインぶどうの味わいにも特徴があるので面白いですね!
糖度や酸味の出方がそれぞれに違うのも面白いです。出来上がったワインも、造り手様により違うでしょうし、ワインも楽しみ方を変えれば奥が深いものであると感じました。

IMG_8121

午後からMyベンツ出動〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
いつもいつも窪田さんに甘えちゃダメですよね(笑)

IMG_8122

IMG_8141

稲刈りのシーズン真っただ中で、山の緑と稲穂の黄色がとってもきれいです。

IMG_8124

市道や農道をクネクネとMyベンツで走ると、車では通り過ぎてみられない道祖神様があったりしてホンワカしちゃいます。

IMG_8125

見えた〜〜〜〜〜〜〜〜!
大町のワイン「仁科メルロー」と「仁科シャルドネ」の原料になるワインぶどうを作って下さってる「大町ワインぶどう生産組合」様のぶどう畑です。
北アルプスをバックに素晴らしいテロワールが良質のワインぶどうを作り上げるのです!
糖度が高いだけでは貯蔵に対応できません。やはり「酸」がキーワードになってくるのってご存知でしたか?

IMG_8133

IMG_8132

原田様のワインぶどう畑、素晴らしい赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」の果房が実っています。
これがまた素晴らしいぶどうになりました。
甘味と酸味のバランスが凄く、今後旨味の凝縮がドンドン深まっていくと思います。

IMG_8136

茎のこの茶色が完熟に近い証拠です。
今年もビックヴィンテージ間違いありませんね
原田様の近くには西山様や渋田見様のワインぶどう畑があり、其々に同じように素晴らしいワインぶどうが実っていました。詳しくはこちらの方から掲載させていただいてます。

IMG_8150

ここからちょっとまた田園風景を見ながらの移動です。
稲刈りの終わった田んぼはもう半分以上になりますかね〜〜〜

IMG_8151

山裾の方へ行くとこんな森があったりして、とっても気持ちのいい秋の風!
是非無料レンタサイクル「みどりの自転車」で感じてみて下さいね

IMG_8153

お〜っとこの茸は怪しい・・・、採っちゃダメ

IMG_8154

こ〜んな農道を走ると出てこないかい?何か動物(笑)
お猿さんぐらいかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_8155

このあいだまでお花が満開だった「そば畑」

IMG_8157

もうすっかりとそばの実もついています。

IMG_8161

ほ〜らね!素敵な看板でしょう。きっと昔からあった「大町ワイン」の頃から頑張ってられる西澤様のワインぶどう畑があるのです。場所としては一番北にあるぶどう畑です。

IMG_8163

IMG_8159

ここにも素晴らしいメルローが果房を付けていました。
今年の大町のワインぶどうはどちらも凄いことになっています。
最近大町のテロワールは凄いという評判がありましたが、今年のこの状態を見ていると本当にその通りだと思います。収穫まであとひと踏ん張り、頑張って下さいね

IMG_8165

皆様が頑張って作ってられるものを見せていただいたら、無性に自社田んぼが気になってきました。
いっきに下へ降りて三日町の田んぼへ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここにもそば畑がありますよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
大町は今収穫の秋になっています。

IMG_8169

お〜〜〜頑張ってくれてるかい?
もう少しで店頭へ連れて帰ってあげるからね

IMG_8168

自社田んぼもあと少しで稲刈りになるかと思います。
収穫の秋、大町のテロワールをいっぱい感じる美味しいものが出回っています。

IMG_8107

今朝も「香茸」をゲットしてきました。
最初はグロテスクで気持ち悪かったのですが、色々と調理法を勉強していたら楽しくなり、食材の特性を勉強できたような気がします。

IMG_8116

炊き込みご飯は、先に香茸を濃い目の昆布だしで煮て、沢山のお揚げさんと一緒に炊き込みます。
お揚げさんの油分がとってもいい相性です。これは京都の森嘉さんのお揚げさんです。

IMG_8118

nonkoイチオシはこの一品
千切りにして甘辛くソテーしたものを保存しているのですが、細かくきざんでオムレツにします。
トッピングに市販品のホワイトソースをかけちゃいます。
デミグラス系よりミルク系のソースの方が相性が良いように思います。
色々やってみた中の中間報告です(笑)
全部試食するって〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、はい、食欲の秋デス

IMG_8066

2007年から毎年開催されています「吉川忠英ギターライブ」
今年は「日本酒と音色のマリアージュ」と題して、本金様のお酒と忠英さんのギターの音色を合わせて楽しんでいただこうと言うライブが昨夜上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様で開催されました。
今回の楽しみは、素晴らしい「本金酒造」様のお酒の楽曲が披露されました。
●本醸造太一(伝承と革新)
●純米・雨あがりの空と・・(爽快)
●純米吟醸(自然と創製)
●大吟醸(歓喜)

これらが本金・宮坂恒太朗杜氏様がイメージされたキーワードで、吉川忠英様が楽曲を作られました。
nonkoは四種類のお酒をステージにディスプレイさせていただき、本金酒造様のお母様が植えられていた「ススキ&萩」を生け込ませていただき、チョッピリ秋の雰囲気を出させていただきました。

IMG_8099

IMG_8063

お蔵様内でのライブは本当に素晴らしい雰囲気が出るものです。
それをいかせるよう、四本の一升瓶の高さをコントロールするのが一番難しかったですし、ライトのあたり具合も計算しなくちゃなりません。でも皆様のサポートのおかげで一発勝負屋の本性が出ちゃった(笑)

IMG_8071

本金・宮坂恒太朗杜氏様のご挨拶でライブが始まりました

IMG_8075

吉川忠英様のアコースティックギターの音色は素晴らしすぎです。
最初の新曲「本醸造太一(伝承と革新)を耳にした時には、ウルウルと・・・・・
言葉のキーワードと、今までのご縁が忠英様の中でこのようなギターの音色となって世に披露されました。

IMG_8080

もちろん我がクマさん達も聴き入っていました

IMG_8094

IMG_8095

1部では「本醸造・太一」「純米・雨あがりの空と・・」をご披露され、2部では「純米吟醸」「大吟醸」の楽曲をご披露して下さいました。大吟醸の楽曲はとっても重厚な気品、歓喜を感じることが出来ました。

IMG_8105

チーム忠英・上諏訪仲間とでも言いましょうか!
忠英様のお人柄、そして本金酒造・宮坂御一家を取り巻く皆様のチームワークは素晴らしいです
皆様ご自分の分担をそれぞれに意識され、スムーズにイベントがすすむように動かれます。そう、「諏訪湖祭湖上花火大会」の時もそうです。nonkoはこの諏訪でとっても勉強させていただいてます。
お金では絶対に買えないもの、それは皆様個々に前進されてると言うことだと思います。
上諏訪の皆様ありがとう、そしてそれを繋いで下さってる吉川忠英様にも大感謝です!

IMG_8089

IMG_8091

ワンパク、お転婆なお二人の子供さんもスクスク育ってられます。

IMG_8102

若奥様ちとせちゃん、頑張ってますよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
頑張り過ぎないでね!
来月はいよいよ「上諏訪街道秋の呑みあるき2013」です。
もちろんnonkoも駆けつけさせていただきますので、次回は「本金酒造」様のレジでお会いいたしましょう

IMG_8048-1

IMG_8054

お世話になってる森・・・
北アルプス山麓のとある森・・・

IMG_8047

IMG_8046

栃の実さ〜ん、栃の実さ〜ん、もうそんなに落としてくれなくても大丈夫だよ〜〜〜!
今日はバサッバサッと大きな実を落としてくれていました。
今年は凄い量になりそうです。

IMG_8044

とにかく拾ってるあとからこの状態ですからね〜

IMG_8052

チョッピリ葉っぱの色が変わり出したのかな?

IMG_8055

いつも沢山の恵みをありがとう

IMG_8053

nonkoだけでもこの量をいただきました。
店主はもの凄い量です

IMG_8059-1

順次店頭で乾かしています。その後はnonkoの仕事です。

IMG_8060

頑張って作って皆様にお持ち帰りいただかなきゃね

IMG_8018

今日も秋空のいいお天気でした!
市内の小学校では運動会があったようです。皆様お疲れ様〜〜〜!

IMG_8024

IMG_8023

nonkoは朝から店頭でモーニング
久しぶりに長野県情報誌「KURA」を見ながらクマさん達とゆっくりした朝の時間です。

IMG_8027

今年もそろそろ栃の実さんの構築を始めています。
まずは店内のレイアウトの変更です。

IMG_8040

IMG_8042

店内正面は平台に熟成ワイン、まわりには夏越しの日本酒「ひやおろし」がございます。
収穫の秋、味覚の秋が到来しています。

IMG_7964-1

nonkoも今年初物の「香茸」をゲットしています。
こちら東北の友人が松茸より採りたい茸だって〜〜〜
通常は乾燥させて、お正月に出汁にしたり、甘辛く煮付けたりして食べられるそうです。
nonkoはこれを千切りにして甘辛くソテーにしておいて保存し、色々なお料理に使っています。
トリュフと同じぐらい香り高く、好き嫌いはありますがnonkoは大好き!

IMG_8015

昨日はオムレツの中に入れてホワイトソースでいただきました。
これは失敗なしにとっても美味しいです

IMG_8038

今日は鶏のモモ肉を焼いて、デミグラスソースの中に刻んで入れちゃいました。
これも美味しかったですが、香茸って「チーズ」「バター」「ホワイトソース」等との相性が良いように思います。
使い方を色々研究するのも面白いですね!失敗もありますが・・・
これからどんどんと茸が出てくると思います。
大町は食材の宝庫です。是非また面白い食材があればご案内させていただきますね!

563874_429580677155262_509010406_n-1

明日はいよいよ上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様にて「本金ギターライブ」が開催されます。
もちろんnonkoもギリギリではありますが、駆けつけさせていただきます。
今回は本金酒造様のお酒の銘柄にちなんだ新曲を発表されるそうです。楽しみ楽しみ、ぜひ明日本金酒造様でお会い致しましょう。
詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_7682-1

仁科さ〜〜〜ん、ありがとうございました!
八坂高原・仁科農場無農薬トウモロコシも、昨日最後だったのですが、どうしてもということで、あるかないかわからない状態で仁科農場様へ行くと、仁科様が「ヤマジュウのトウモロコシ祭り」の分採っておいたぞ!って〜〜〜
もう嬉しすぎです
仁科様は口数は少ない方なのですが、とっても温かな方なんです。
今回の無農薬トウモロコシも本当にお世話になり、多くの皆様から「甘くて美味しかったよ〜!」と言うお声をいただき、来年は本当に「ヤマジュウ・トウモロコシ祭り」しましょうか(笑)

IMG_7998

と言うことで、今日は仁科様が収穫していただいてたものをいただき、店頭で即売させていただきました。

IMG_8000

仁科農場様の畑がある八坂高原は、北海道の富良野の麓郷のような場所です。まわりには民家がなく、本当に大自然の大町を丸ごと味わえる素晴らしい野菜達が育っています。また機会がございましたらお野菜などもご案内させていただこうと思います。

IMG_8005

八坂は事務の窪田さんのご実家のある場所でもあり、今日は帰りに段々畑がある風景を見に連れていただきました。

IMG_8007

「ニッポンの風景」でしょう
窪田さん子供の頃は大町市内から八坂まで歩いて帰ったこともあるって〜〜〜〜〜〜〜〜〜
凄すぎです!!!県外のお客様、もし店内で窪田さんに会われたら、八坂の景色のいい場所など教えてもらえるかもしれませんよ〜〜〜

IMG_8009

お店に帰ってきたらトウモロコシの皮をむいてボイルし、または生で即売させていただきました。
トウモロコシって本当に皆様大好き!どれだけ収穫しても午後2時には完売させていただいてました。

IMG_8011

最後あまりにもひどい虫食いはnonkoもおやつにさせていただきました。
皆様お買い上げ本当にありがとうございました。

IMG_7998-1

IMG_7999-1

仁科農園・仁科様が「やまじゅうモロコシ祭り用」とか言われ、最後の無農薬トウモロコシを収穫していただきました。今からお徳用にて即売させていただきますね!

【完売!】
ただ今をもちまして、今期のトウモロコシは完売させていただきました。
多くの皆様に、八坂高原・仁科農場様の味わいをご案内させていただき、有難いと感謝いたします。
仁科様もとってもお喜びで、またご機会がございましたら「雪下ニンジン」「雪下キャベツ」その他、有機野菜などもご案内させていただこうと思います。

IMG_7929

長野県北信地方、飯山の北の方に「戸狩野沢温泉」と言う飯山線の駅があります。
長野県でも北の北!もう新潟の域に入ろうかという場所です。
こちらでも若き後継ぎ杜氏様がとっても頑張ってられると言うことを以前から耳にしていたので、昨日はドライブがてら北へ北へ北上してきました。

IMG_7932

「北光正宗・角口酒造店」様です。
雪深い飯山の蔵元様です。

IMG_7933

醸造されてるお蔵様の向かいに販売所がございます。
とってもきれいな外観で、最近新しくされたのでしょう。

IMG_7934-001

店内に入ると女性の方が丁寧なご説明で、試飲させていただきました。
最初は試飲をさせていただき、お酒をゲットするだけで十分だったのですが、どうしても業界用語的なものがポロリと出ちゃうんです(笑)
杜氏様が来られ、色々とお話しさせていただくと、女性の方はお母様、そして杜氏様は息子様だったのです。
「角口酒造店専務取締役兼杜氏」の「村松裕也」様でした。
nonkoの第一印象は「若いのに一生懸命〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!」と言う印象
お母様も精白された酒米をご用意されてのお酒のご案内、これは正直ビックリしました。
次回10月17日の「長野の酒メッセ」でお会いできることを楽しみお蔵様を後にしました。

IMG_7942

お蔵様から少しまた北上すると「いいやま湯滝温泉」と言う日帰り入浴施設があるのです。
目の前が台風の影響で増水中の千曲川!

IMG_7940

内湯も露天風呂も気持ちいい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7938

店主念願の「みゆきポーク」も生姜焼きでいただきま〜す!
みゆきポークは全く臭みがなく、小谷の野ブタに似てるかも

IMG_7936

笹寿司もこのあたりの郷土食です。
今夜はnonkoも挑戦してみますね

IMG_7937

お酒はもちろん地酒「北光正宗」と「水尾」で〜す
地元の食材と地元のお酒が合わないはずはありません。

IMG_7941

デザートは紫米のソフトクリーム
これがメチャクチャ美味しかった〜〜〜

IMG_7945

帰り道、夕陽にあたる赤い屋根、このあたりは冬には何メートルもの雪が降ります。
雪深い場所の地酒&郷土料理、また寒い時期にも出かけてみたい場所です。

IMG_7949

木島平に夕陽があたり、土手にはまだ台風の影響の水がついてました。
雪も大変ですが、大きな千曲川も時には暴れちゃうんだな〜〜〜

IMG_7934

「みゆきポーク」を食べたいと店主!
きっとnonkoがこのあいだ食べた話をしたので、豚好きの店主はたまらなくなったのでしょう。
そこで出会った素敵な素敵な蔵元様!
お母様が試飲瓶を一杯ならべていただき、酒米と一緒にご説明していただき大感激
美味しいお酒と肴、そして温泉
また明日ご紹介いたしますね

IMG_7863

台風一過の翌日は、晴れわたった素晴らしい北アルプスを見せてくれました。
もう山の雪はいっきに無くなっちゃいました!

IMG_7864

蓮華岳

IMG_7865

爺ヶ岳

IMG_7866

鹿島槍ヶ岳

IMG_7867

五竜岳

IMG_7869

山の写真を撮ってたら車椅子のお年寄りの方がお散歩です。
ゆっくりお散歩をお楽しみ下さいね!

IMG_7870

nonkoもMyベンツと共に寒いほどの朝の景色を楽しんできました。
実は今朝早かったのは気になることがあって・・・

IMG_7873

アッチャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
頑張ってくれてありがとう
横川商店の自社田んぼですが、昨日台風で何とか稲が倒れないように守ってくれました。
稲刈りしたらお店に連れて帰りますので褒めてやって下さいね(笑)

IMG_7875

今日からはまた定位置で頑張って頑張ってくれています。

IMG_7883

稲穂の映り込みがこんなに素敵に見えたのは初めてでした。
今年も当店の田んぼはお陰様で大豊作です

IMG_7886

nonkoが出勤すると、今度は店主が窪田さんと一緒に森へ・・・
台風一過がくれた森の恵み「栃の実」です。

IMG_7890

店主が森の中で収穫してるのを窪田さんが写真に撮ってくれました。
オレンジ色を着ていて良かった〜〜〜、黒なら完全に「熊」と間違われるし〜〜〜

IMG_7915

沢山収穫できました。
また今年もnonkoが頑張って構築しますから、連れて帰って下さいね!
IMG_7920

午後からは「穂高パソコンプラザ」様で、店頭の秋のポスター印刷をお願いしてきました。
夏から秋へ向うこの時期、nonkoはとっても忙しい季節なのですが、楽しい時期でもあるのです!

IMG_7845

IMG_7846-1

IMG_7842

今日は夕方まで台風の影響で風雨でした。
観光のお客様大丈夫でしたでしょうか?
朝から大町ダムも放流され、高瀬川は相当水量が増えていました。
テレビでは京都の嵐山の渡月橋を見たら、今までにないぐらいの水量でビックリ仰天!大丈夫だったのかな〜

IMG_7849

横川商店自社田んぼも、nonkoの作った案山子さんが歯を食いしばって頑張ってくれていました。いい仕事してくれるんですよ〜〜〜、もう6歳ぐらいになるので、来年は小学校かな(笑)
IMG_7840

こんな日のnonkoは意外と落ち着いて仕事ができるのですよ〜
一日お店でお酒のギフトを秋用にする作業をしていました。少し早いですが、新酒の時期まではこのような感じ、ワインは木の実などを使用しラッピングします。

IMG_7854

結構大変な作業なのですが、毎年少しずつデザインを変えるようにしています。

IMG_7855

こんな感じで和紙などの色も秋色に交換し、季節感が出るようにしています。
明日は店頭のポスターも変えなきゃ〜〜〜

IMG_7800

IMG_7798-1

お疲れ様〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
今日は事務の窪田さんご一家、そして五蔵名人立川様ご一家で、八坂高原の仁科農場様にて無農薬のトウモロコシを収穫してきて下さり、直ぐに店頭で即売させていただきました。
11時過ぎにはいっきにお客様がお買い求めに来て下さり、口コミやネットの凄さをも感じました。
チビッ子のみんなもご苦労様でした

IMG_7790

IMG_7791

IMG_7793

IMG_7794

IMG_7795

IMG_7796

IMG_7797

窪田さんが写真を撮ってきてくれて、皆さん本当に雨の中ありがとうございました。

IMG_7799

店頭に店主がシートを張ってくれ、雨の中でも楽しめるようにと・・・

IMG_7821

nonkoはボードで呼び込み!

IMG_7818

チビッ子も頑張ってるよ〜〜〜!

IMG_7801

ボイルしたものも手軽に食べられるので県外のお客様には大好評です。
もちろん使用するお塩は「自然海塩・海の精」ですから、トウモロコシの旨味を最大限に引き出してくれます。
しかも無農薬なので、その味わいは濃厚です

IMG_7802

IMG_7827

次から次からお客様がご来店され、店頭は一時お祭り騒ぎのようでした。

IMG_7837

立川様は御一家でお手伝い下さり、皮ごと丸焼きを一生懸命焼いて下さいました。
そう、三蔵呑みあるきの時と同じです。

IMG_7816

これぐらいこげた方が絶対に美味しいんです

IMG_7835

もう〜〜〜たまりませんよ

IMG_7810
IMG_7811
IMG_7834
IMG_7836
IMG_7830
IMG_7833

お客様の笑顔が店頭にあるだけでとっても幸せ感があります。
今日は県外のお客様も多く、地元のお客様とも交流されて輪が広まるような気がします。
「今度は紅葉にね〜!」なんてお声掛けさせていただくと、遠くのお客様でもまたご来店下さるのです。

IMG_7826

炭で焼くのも熱いよね〜、頭から水かぶったら気持ちいいでしょう

IMG_7814

風邪をひかれたら大変とお味噌汁はご用意しましたが、大鍋一杯の「nonko特製おから」もいっぱい食べていただき助かりました!
いよいよ食欲の秋到来ですね〜〜〜
大町にはこれからの時期、美味しいものがいっぱい出てまいります。
またご案内させていただきますね
皆様今日はトウモロコシ屋さんご苦労様でした。そしてありがとうね

IMG_7706

IMG_7703

昨日は「小布施ワイナリー」様へ仕事で行ってました。
実は定休日が横川商店と同じ水曜日になってから、ぶどう畑は見学させていただいてるのですが、ワイナリーショップの方に全くお邪魔できず、昨日はnonkoが自力で小布施駅からレンタサイクルを借りて行ってきました。
ちょうど店主も本日午前中までお休みをくれ、ゆっくりさせていただきました。
小布施ワイナリー様のショップ内では、試飲もさせていただけますので、お近くへ行かれたら是非どうぞ!
自社ぶどうで造られたワインを「ドメーヌ・ソガ」と呼ばれているのですが、どれを分けていただけるのか色々とお話もさせていただき、楽しいひと時でした。
連休明けには当店に入荷予定です。

IMG_7707

IMG_7708

ワイナリーショップを後にして、まずはいつもお邪魔させていただく「富蔵家」様で大盛りの田舎くるみそば!
くるみのペーストがメチャクチャ美味しいんです

IMG_7709

よ〜〜〜し、食べたら元気元気!高山村までレンタサイクルでぶっ飛ばし〜〜〜!

IMG_7713

佐藤さ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!
角藤農園では栽培家の佐藤様がシャルドネの収穫をされてるじゃありませんか。
いよいよ今期も始まりましたね〜〜〜

IMG_7710

IMG_7711

ピノノワールはまだもう少しおかれるのでしょうね。
頑張って下さいね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7720

小布施ワイナリーショップから約1時間、炎天下を走りたどり着いたらヘロヘロ・・・
既にシャルドネは収穫が終わられ、ピノノワールが収穫途中のようでした。

IMG_7723

IMG_7721

こちらはかつて収穫体験をさせていただいたメルローの畑
見事な果房はもう黒っぽくなって見事な状態でした。
ここまでぶどうが実るのには、新春の剪定から始まり、何度も何度も手入れをされ、このような果房が実っていくのです。これを造り手様のセンスでワインにされるのですから本当に大変な事だと思います。
昨日の暑さ、9月にこんなに急に暑くなるのはきついですよね〜〜〜
小布施駅に着いた頃は若干熱中症気味でヤバヤバの状態でした。
このまんま湯田中方面まで行っちゃえ〜〜〜

IMG_7777

ということで渋温泉「春蘭の宿・さかえや」様へお世話になることにしました。

IMG_7726

お部屋に入ってビックリしたのがこれです。
胃腸薬、風邪薬、バンドエイド、爪切り、そして手作りのお葉書などが置かれていて、感激感激!
お客様の気持ちを良く理解されているんだ〜
胃腸薬があると言うことは「飲める!」
早く体調を整えなきゃ〜、ということで汗を流してひたすら仮眠です。
温泉にいるってことは、気分的にも回復が早いのでしょうか・・・

IMG_7730

いただきま〜す!と飲み比べ
地元のお酒をしっかりと楽しませていただけるのは有難いです。
確かに信州のお酒は変わってきた〜〜〜、嬉しい

IMG_7727

手の込んだお料理の数々、そこにはnonkoにとってはもの凄く勉強になる味わいがいっぱいです。

IMG_7728

特に気に入ったのが「みゆきポーク」です。
「大町の黒豚」のような、地元の豚肉だそうです。
お代わりしちゃった〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7737

本来野菜と一緒に小鍋で出されていたのですが、お代わりの時点で野菜は残ってなく、みゆきポークだけでの楽しみ方
これはある意味怖い食べ方であると・・・
と言うのは、豚本来の味がわかってしまうのです。
人それぞれの好みもあると思うのですが、放牧豚と変わらない美味しさです。
全く臭みもないんですよ〜〜〜〜〜〜〜
あ〜美味しかった

IMG_7758

IMG_7746

すっかり元気を取り戻し、宿泊者だけの鍵をいただき外湯めぐりです。
まずはオススメの9番湯の「渋大湯」です。

IMG_7747

アッチッチ〜〜〜!でもまだ入れる熱さです。

IMG_7748

ここは神社があるのかな〜

IMG_7749

IMG_7753

温泉街を歩いていると、皆様の下駄の音が「カランコロン・カランコロン」と音がするのです。
このような温泉街って何年ぶりでしょう。

IMG_7744

ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜!
こちらは「千と千尋の神隠し」のモデルのひとつになったといわれている「歴史の宿金具屋」さまです。
凄いですよ〜

IMG_7752

足湯もあるよ〜〜〜!

IMG_7755

ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜2番湯「笹の湯」ですって〜〜〜!
笹井さ〜ん、入りに来なきゃ

IMG_7756

熱くて入れないし〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7760

IMG_7761

ぐっすり眠れたのも温泉のおかげです。
朝の6時からまたまた外湯めぐり。
3番湯の「綿の湯」も熱くって入れない〜、と言うよりは前日の自分の体調を考えると無理は禁物

IMG_7766

スマートボールのお店もあったんだ〜、なんてレトロな温泉街なのでしょう。

IMG_7767

やはり1番湯の「初湯」で胃腸の調子を整えました。

IMG_7769

IMG_7770

温泉街には小さな路地がいっぱいあります。
迷路のようになっているのですが、飲食店様、レトロな喫茶店や現代的なカフェ、そして食料品店様などが所狭しと建ち並んでいます。
こじんまりと集まっているので、とっても楽しい温泉街なのです。

IMG_7775

IMG_7776

水鏡のようなお宿の露天風呂に入り、豪華な朝食で束の間の休息も終わりました。

IMG_7778

朝のバスで湯田中駅まで行き、大町へ帰っています。
信州って温泉が豊富で、いつでも旅行者気分で楽しめるところがいっぱいです。
渋温泉の凄いな!と思ったのは、其々のお店が個々に頑張ってられると言うことが手に取るようにわかりました。一部で頑張るのではなく、皆様が同じ方向を向いてられるということ、そしてお世話になったお宿も沢山の工夫がされていて、お客様の立場になって考えられてると言うことです。自分達の自己満足ではないと言うことが一番なのでしょうね。そしてお店の方々が気軽にお声掛けして下さるのも旅行者にとってはありがたい事だと思うのです。よその土地で学んでくること多いです。自分のお金で視察すると得るものが大きいと思います。
また行きたいよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【渋温泉】
【春蘭の宿 さかえや】

IMG_7643

昨日は定休日、塩尻のワイナリー様へお邪魔したあと「木曽福島」まで足を延ばしました。
なかなか地元以外では手に入らないお酒を求めて・・・

IMG_7657

IMG_7661

木曽福島って第一印象は「木曽谷の中で一番大きな町」「赤い屋根が多く目立つ町並み」「宿場町」「ほうば餅(笑)」そんな感じの印象の町でしたが、実際に町なかを歩いてみると面白いんですよ〜〜〜

IMG_7644

先ずはランチですよね!
お豆腐料理のお店があったぞ〜、なんて店主は以前夜に通った時のことをおぼえているのです。
こちらが「和幸家(かずさや)」様です。
創業明治元年の中山道木曽福島宿の老舗豆腐店「田中屋」様のものを使われて、色々とアレンジされて楽しませていただけます。

IMG_7645

1,600円の5品コースをお願い致しました。
まずは「なめこ豆腐」
これはなめこの香りと冷たいお豆腐が絶妙な味わいで出てきます。
木曽豆腐の絹ごしとなめこ茸をワサビと鰹だしでさっぱりと楽しませていただき、早速お燗のお酒〜〜〜

IMG_7646

三色田楽はお代わりしたい味わいです。
お味噌の味わいが、山椒味噌、ゆず味噌、胡麻味噌三種類の味!

IMG_7647

山菜豆腐は、絹豆腐に地物長芋、キノコ、わらび、竹の子、やまごぼう、季節の山菜が沢山トッピングされ、こちらもお燗のお酒がバッチリ(店主は飲めません、香りだけ・・・)

IMG_7649

旨いよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お酒は地元の七笑さん

IMG_7650

これが凄いの
木曽豆腐を高温の油で揚げ、季節の野菜の天ぷらと鰹だしで楽しませていただくのですが、この甘さ加減がnonko好みです。
天ぷらの大きさにもビックリ仰天!食べごたえ抜群です

IMG_7651

珍しい三段重ねの器で木曽豆腐干し椎茸などを蒸し、玉子でとじた一品です。
揚げ出しの甘さと違い、こちらはキュッと味わいを引きしめていただけます。
う〜〜〜これは生酒だ

IMG_7652

ご馳走様していい気分で町なかを歩いていると、コーヒーが飲みたい!
喫茶店、カフェのようなところが結構沢山あるのです。
入ったお店はレトロ風、看板が店内にあるお店で、マスターが良く白馬まで来られるそうです。
名刺をいただきたいと言うことで、ルンルンでお渡しするnonko(笑)
このアイスクリームのウエハースに惚れちゃった〜〜〜
やはり昔ながらのこのウエハース、仕入れられるのが大変のようです。
でも昔のあの独特の香りがするウエハースなのです。

IMG_7653
IMG_7654

お豆腐食べてコーヒーとアイス食べて、御嶽山登り口の橋の横で足湯
通常は蓋がしてあるので、セルフサービスのようで面白いです。

IMG_7660

木曽川沿いを歩いているとお味噌屋さんです。店主は存じ上げてるようで、ズカズカお邪魔させてもらったnonkoは、こうじ造りの事をお聞きしたりしてると、やっぱり当店と同じ大変なようです。
このお話を聞いて「皆さん頑張ってるんだ〜!」と思い、自分ところだけが大変なんじゃないという実感

IMG_7658

着いた〜〜〜!いつは木曽福島の目的はこちら「中乗りさん・中善酒造店」様です。
森川杜氏様のひやおろしが飲みたくって〜〜〜

IMG_7659

木曽福島の小さな蔵元様ですが、酒メッセ等で試飲させていただくといつも印象に残る味わいなのです。
森川杜氏様も、昨日は茶髪にちょっとだけ長めのヘアスタイル、それがお酒造りに入られると丸坊主なんです。
気合の入り方が凄いんですよね〜〜〜
純米吟醸ひやおろしの一升瓶はすでに完売、四合瓶を分けていただきました。
是非皆様で楽しませていただきたいと思います。

IMG_7663

森川様にお会いできてルンルンのnonkoは、またまた町なかで面白いお店を発見!

IMG_7662

ヌヌヌ・・・、美味しそう・・・

IMG_7664

トウモロコシと上松牛乳搾りたてのダブル
濃厚な味わいだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
お隣のお菓子屋様「田ぐち」様が経営されているようです。
お菓子も買って帰ろ〜っと

IMG_7665

田ぐち様の近くから上に登る階段があって、昔の建物があるとご案内が・・・

IMG_7665

なるほどね〜、nonkoがいつも口走ってしまう「新しい昔の町並み」です。
古民家の飲食店様やお土産物屋さん、う〜ん・・・
どこにでもある景観かな〜
これは個々に感じ方の違いですからお許しくださいね!

IMG_7667

その横の道をトントンと下りたら面白い路地を発見しました。
ここはいいぞ〜〜〜!そんな感じです

IMG_7668

ウォ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜これは・・・蔵元様?
「七笑・七笑酒造」様です。凄い凄い〜〜〜!

IMG_7670

ウォ〜〜〜、タンクに水が流れてる〜〜〜!冷やされているのですよね〜
こんな光景を見たのは初めてです

IMG_7672

路地をズ~ッと道なりに歩いていくと、蔵元様の横を細い路地が続いています。
なんて素敵な路地、昔ながらの路地でしょう。

IMG_7674

ワァ〜、こんなところに居酒屋さん(と言っていいのか?)があるではないですか・・・
入口の戸がとっても高くて、二階のガラス窓がレトロ感たっぷりです。
実は七笑酒造様は、大町の北安大國前杜氏・山田和男様がいらっしゃった蔵元様なのです。
きっとこちらにもいらっしゃったかも?
新しい昔の町並みもいいですが、nonkoはこちらのほうも素敵だと思いのです。
何だかここを歩いていると、昔の音が聞こえるような気がしませんか?
歩いて楽しい木曽福島の町並み、これから紅葉の季節には最高だと思います。

IMG_7695

それに「田ぐち」様の栗菓子もゲット

IMG_7696

こちらのお菓子もファンになりました。
特急しなの号下車してでもゲットしたい「木曽の木霊(こだま)」

【とうふ料理 和幸家(かずさや)】
長野県木曽郡木曽町福島5071-1
TEL:0264(22)2211
定休日:月曜日
営業時間:11:30〜23:00(途中休憩あり)

【御菓子司 田ぐち】様
長野県木曽郡木曽町福島5283
TEL 0264-22-2023

【木曽福島観光】

毎年「北アルプス三蔵呑みあるき」で、当店が企画させていただく「横川商店利き酒大会」の「五蔵名人」「三蔵名人」のご紹介です。
これは北安曇五蔵(大雪渓、北アルプス、白馬錦、金蘭黒部、北安大國)、大町三蔵「白馬錦、金蘭黒部、北安大國)の銘柄を利き酒にて当てていただくと言うものです。
今年は3年ぶりに「五蔵名人」が、そして外国の方が「三蔵名人」になられました!
年々利き酒に興味を持っていただくお客様が多く、ただ量を飲むだけではなく、しっかりとその味わいをお楽しみいただけるお客様が多くなったような当店店頭でした。

【女性初の五蔵名人】
IMG_0493-1

いや〜〜〜、貫録です!
おめでとうございます

IMG_7466-1

歴代五蔵名人立川様とご一緒に、当店五蔵名人
本当におめでとうございます。
【三蔵名人】
IMG_0491-1

初めての外国のお客様!


IMG_0482-1

IMG_0483-1

IMG_0484-1

IMG_0485-1

IMG_0481-1

IMG_0486-1

IMG_0489-1

IMG_0494-1

皆様おめでとうございました!
また来年チャレンジしてみて下さいね

IMG_7560-1

IMG_7564-1

ビックリ仰天!
八坂高原・仁科農場様の無農薬トウモロコシ完売です!
11時頃お店に戻ってきたら、既にお客様がお待ちに・・・
その後、どんどんとブログを見ていただいたと言うお客様が続々と・・・
nonko超ビックリです
明日は店休日、農場のほうも一日休ませてあげたい感じです。
次回は12日(木)、また11時頃より即売させていただく予定ですが、天候と諸事情により決定ではございません。
またご案内させていただきますね。
本日は三蔵呑みあるきご参加のお客様も、県外よりご注文いただき、発送も多くなって参りました。
あらかじめご連絡いただければありがたいです。
早くに売り切れちゃって申し訳ございません。

IMG_7518

三蔵呑みあるきが終わり、昨夜はnonkoも「三蔵呑み比べ」です。
冷えた身体にはお燗のお酒が有難い季節になってきました。
ちょっと京都を思い出しながら楽しませていただける大町駅直ぐの「味処 葉月」様です。
板長さんとお話ししながらの食事は本当に楽しいひと時なんです。

IMG_7361-1

昨夜は全て普通酒のお燗でいただきました。
喉に通ったお酒が身体の隅々まで温めてくれるような魔法の特効薬!まさに「百薬の長」とでも言いましょうか・・・

IMG_7363-1

ビシソワーズの中に里芋がコロリン
これぞ「お箸でいただくフランス料理」

IMG_7364-1

里芋の中までしっかりと手をかけてられます。何と言う手間暇かけたお料理なのでしょう。

IMG_7513

カラスガレイの西京漬け
魚の脂分を考えられての合わせ味噌!これはホッペが落ちそう

IMG_7514

大町でできた夏野菜、ピーマン&茄子も「べっぴんさんの味わい」です。

IMG_7516

真似は絶対にしないで下さい!と板長さん
河豚(ふぐ)の子の粕漬けです。いつも父の故郷で見るものと違うのでお聞きしたら「卵巣」ですって〜〜〜〜〜〜〜〜
しかも5年物
これは今までかつていただいたことのない珍味です。
おろし大根との相性が絶妙です。

IMG_7515

大町三つの蔵元様の普通酒のお燗で、色々なお料理との相性をしっかりと楽しませていただきました。
やはり普通酒お燗と言うものは味わいが広がりますね!
冷たい状態、常温、ぬる燗、55度ぐらいのお燗、熱燗はこの時期はまだちょっと・・・(笑)
温度によっての味わいの違い、そして肴との相性、とってもいい勉強をさせていただきました。
たまには真面目にお酒の味わいを勉強しておかないとお客様にご案内できませんものね!
ご馳走様でした


IMG_0545

今朝も「八坂高原・仁科農場」様へ、無農薬のトウモロコシを採りに行ってきました。
三蔵呑みあるきでお手伝いしていただいた「チームやまじゅう」のシゲサンご夫妻とね!
そう、「チームやまじゅう」とは何ぞや?
はい、これは当店のお客様の会なのですが、いつの間にか地元のお客様と交流が出来て、何か事あるごとにお手伝いに県外からかけつけて下さるのです。
当店は店主と窪田さんとnonkoの3人しかいないので、こうやって皆様に助けていただきながらお店が維持できています。本当にありがたい事だと思っています。
昨日ほとんどの方が関東方面へお帰りになりましたが、シゲサンご夫妻はもう一泊
じゃあ手伝って下さいな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_0537

IMG_0536

IMG_0534

IMG_0526

IMG_0527

IMG_0529

やっぱり生で食べるんですね〜〜〜!
採りたては大丈夫なんですよ
無農薬だからこそできる楽しみ方ですね

IMG_0540

窪田さんもいっぱい採ってるし〜〜〜

IMG_0541

まわりはそば畑ばっかりです。
景色も最高!八坂高原最高!仁科農場様最高!

IMG_0544

本日収穫分は全て完売です!
店主命令で明日も行って来いと・・・
多分11時頃から即売になると思います。
宜しくお願い致しま〜す。

IMG_0551-1

クール便での発送もOKですよ〜〜〜


【味処 葉月】様
大糸線大町駅直ぐ
TEL:0261-85-2557

昨夜盛大に開催され、無事に終わりました「北アルプス三蔵呑みあるき2013」
ご参加のお客様ありがとうございました。
今年は毎年直前に仕入れを兼ねていく出張先が、全て雨のための交通マヒで、本当にハラハラドキドキでしたが、お客様の笑顔を見せていただくとただただ感動感動!
この笑顔が見たいから頑張れる!
そして毎年お手伝い下さるお客様の会「チームやまじゅう」の皆様も、半分は関東からかけつけて下さいます。
こんな被災した小さな商売しかできないお店ですが、これからのお客様の笑顔を見せていただけるよう頑張りたいと思います。
【朝の出来事!】
IMG_7368

IMG_7369

IMG_7370

このイベントを開催する時に、背中を押して下さった上諏訪の「酒ぬのや本金酒造・若奥様ちとせちゃん」より、ご実家のお漬物屋さん「松尾商店」様よりキュウリの一本漬けをお送りいただきました。
毎年利き酒コンテストを運営していただくのですが、昨夜は諏訪湖新作花火でご実家の方が忙しく、来られたいのを断念され、身代わりにとお送り下さいました。

IMG_7472

こちらも身代わりのご参加です!
「土肥農園・土肥」様、今年も随分お世話になりました。
当店のお客様の中でも知名度は凄く「もうどすいかはブランドだよね〜!」という有難いお言葉もいただきとっても嬉しいです。

【準備編】
IMG_7376

昨日朝からチームやまじゅう埼玉組は、八坂高原・仁科農場様にて無農薬トウモロコシの収穫!

IMG_7383

旨いでしょう

IMG_7382

頑張って採ってくれました!

IMG_7380

nonkoは「やわらぎ水」に浮かべるキュウリを
曲がってる方がいいよね〜〜〜

IMG_7373

そのあいだに当店では、皆様でテントをたて、会場のセッティングです。
地元半分、関東方面、名古屋方面、長野県内のチームやまじゅうのお客様がドンドンとお手伝いに来て下さり、本当にビックリ状態でした。絶対に店主と窪田さんとnonkoではできないことですから・・・

IMG_7391

今年は12時ぐらいから、炭焼きコンロの火をおこしだし、採ってきたばかりのトウモロコシを皮ごと焼き始めました。

IMG_7390

試食は何たって今回はプライベートで来て下さった「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田」様です。
かれも炭好きなんですよ〜〜〜〜〜
前日には「着火剤とミニ扇風機、他何が要りますか〜?」ですって〜〜〜、ホント好きね〜〜〜!
でもお客様には色々な会話の中で、ワインのお話もして下さったようで、今もお店ではその話をされていますよ〜。翌日にご来店のお客様からはそういった色々な声が入ってくるのが当店の特長かもしれません。
やはりお取引先様ではあるのですが、お客様の立場に立ってみれば、専門職の営業さんとお話しできる機会、それがプライベートであることってとっても楽しいんだと思います。
実は呑みあるきの原点もそこだと思うんですよね・・・
それで、小田っちがこんな顔して食べてるのですが、実際は熱くってこんな顔になったそうですが、無農薬だからこそのホコホコな甘味は正直ソムリエの立場からでもビックリされていました。味覚にはうるさい人ですからね

IMG_7397

IMG_7398

いつも支えて下さるお客様方も、15時近くになると私共の当店にご来店下さり、nonkoとしてもメチャクチャ心強いんです。
各蔵元様でも鏡開きをされるので、今年からは14時に干物の即売を開始させていただきました。
お客様の動きを見ていますと、昨年までは蔵元様をまわって当店に着かれたら干物は完売だった・・・、と言うこともあり、先に焼かれて持って行かれると言うパターンがいいのでは?という思いでした。

IMG_7395

15時呑みあるきスタートの15分ほど前にチームやまじゅうのミーティングです。
いや〜、これだけの皆様が集まって下さり感謝感謝!

IMG_7413

IMG_7416

そしていよいよ15時前、乾杯の準備です!
ポン!と言う音と共に勢いよく吹き出しかけましたが、さすがチームやまじゅうのお客様、全く動じず上手に止めて下さいました。これだけ多くの中でこの判断ができるのには訳もあるんですけどね(笑)
お酌とお燗番をしてもらったらピカイチな方なのです

【呑みあるきスタート!】
IMG_7417

カンパ〜〜〜〜〜〜〜イ
皆様お気をつけて行ってらっしゃ〜い
そして当店もその後パニック状態が続きました!

IMG_7409

無農薬トウモロコシ、キュウリの一本漬け、干物セット、売れる売れる〜〜〜

IMG_7408

蒸したのと皮ごと焼いたもの

IMG_7407

ちとせちゃんから送ってもらったキュウリの一本漬け
これは本当に美味しいです!

IMG_7406

IMG_7433

今回の干物セット
内容は毎年同じですが、今年はゲンゲとメギスがでっかいです。焼いていたらジワ~ッと脂が浮いてくるんです。
こちらは糸魚川からの直送です。
そして天橋立の「宮津ちくわ」これにも何だかご縁があるんです。何故大町で特産品でもない宮津のちくわ?それはある年から「大炭焼きコンロ」をするにあたり、nonkoが京都時代お世話になった方が毎年送って下さってました。今年はお礼方々宮津まで出向いてきたのです。ちょうど山陰線、小浜線、北陸線が雨のため大混乱していた時です。
その方が横川商店が現在お取扱いさせていただいてる「竹中缶詰」様とのご縁を繋いで下さった恩人なのです。
彼は彼でnonkoを何故か恩人と言っていますけどね(笑)
小さなウルメイワシこそ、竹中缶詰社長様がお送りくださった、「宮津湾獲れたウルメイワシの5時間干し」こちらはふつう食べられないものだと思います。もちろんnonkoの口には入らず、試食もできませんでした。
たとえ一匹でも貴重なので、サービスとして一皿に一匹を付けさせていただきました。
売れば売るだけ赤字の当店の店頭企画でしたが、お客様の笑顔を見ていると「これでいいんだ!」と痛感いたしました。

IMG_7430

IMG_7460

IMG_7440

IMG_7438

IMG_7441

IMG_7425

「スイス村ワイナリー・営業石澤」様、干物の販売お似合いですよ〜
IMG_7431

美味しい?
利き酒名人さんの娘さん、大人のイベントに付き合わせてごめんね!
IMG_7421

お兄ちゃんも頑張って干物売ってくれています。

IMG_7436

トウモロコシ丸ごと焼きを焼くのが追いつかなくて、とうとうこんな工夫をして下さって焼いて下さったチームやまじゅうの皆様、これには正直頭が下がりました。
炭の遠赤効果って改めて凄いな〜って思いました。

IMG_7423

メッチャ美味しいんだも〜ん、それに少し自然海塩・海の精をかけたらもう絶品!
明日あたり晴れたらまた収穫させていただこうかな〜

IMG_7443

忘れてはならないのが当店店内です。
今回はかねてから店主の願いでありました「ゲスト蔵元」と言うことで、当店よりお声掛けさせていただき、試飲販売にお越し下さいました。
澄んだ旨味を味わえる「大雪渓酒造」様、中野市からは「もち酒」はここに限る「丸世酒造店」様、そして時々遊びに来られていた蔵元様にお願いをさせていただきました。
IMG_7434

牛腰市長様も、画家「斎藤清先生」から寄贈していただきました「菊正宗150年古酒」を観に来ていただきました。ありがとうございます。

IMG_7447

全ての即売が無くなり、ようやくnonkoも3蔵様へ出向けたのが17時前、「金蘭黒部・市野屋商店」様

IMG_7456

「北安大國・北安醸造」様

IMG_7453

「白馬錦・薄井商店」様

IMG_7452

こちらでは「陶芸家・平林昇」様の個展をされていました。
nonkoは備前や信楽が好きなので、とっても楽しく拝見させていただきました。
作家様の雰囲気が作品に出るのかな?ある意味お酒も同じかもしれませんね!

IMG_7466

18時過ぎになりますと、当店店頭では「利き酒名人」に挑戦される方がどんどん増え、今年は久しぶりに「五蔵名人」が登場です!
これは北安曇5蔵のお酒を当てていただくと言うもので、3蔵、5蔵の2種類で挑戦していただいてます。
女性としては初めてで、本当におめでとうございます。店内にお写真を飾らせて下さいね!
こうやって3蔵をまわられた後には、当店で「利き酒名人」に挑戦していただいてます。

IMG_7467

IMG_7471

【慰労会】
恒例の慰労会では皆様いっきに緊張の糸が切れたかのような大騒ぎ!
これがいいですよね〜〜〜

IMG_7468

今回は海が荒れてお魚が調達できずごめんなさいね!
店主が鶏肉を調達してくれ、お客様に焼かせてるし〜〜〜

IMG_7469

nonkoは、い〜〜〜っぱいのコロッケを作り・・・

IMG_7470

お稲荷さんも作りました。
きっと皆様お疲れモードなので、ポイッと口に入るものの方がいいかな〜、なんて思ってね!愛情いっぱい入れておきました

IMG_7479

そして店主の誕生日だった昨日、お客様も、nonkoも一緒にケーキを楽しませていただきました。

IMG_7491

それが何故かこの写真、悪用されないことを祈ります。変な噂がたちませんように・・・(笑)

IMG_7494

いつもこのシーズンのお口直しはこれ
今季最後の「土肥農園・どすいか」です。
いや〜、美味しい美味しい

IMG_7497

昨夜も良く呑みましたね〜〜〜
呑みあるき無事に終了で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す!

IMG_7474

北アルプス三蔵呑みあるきが盛大に終わり、チームやまじゅうの皆様と慰労会中です。

IMG_7480

実は本日店主のお誕生日、チームやまじゅうのお客様、そしてnonkoと3人合同のお誕生会も兼ねさせていただきました。

IMG_7491

何だか知りませんが、このシーン怖い!
nonkoに向けてのシャッターだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
呑みあるきの様子は明日また掲載させていただきますね。

IMG_7359

菊正宗150年古酒が店頭正面に鎮座致しました。
素晴らしい迫力になったような気がいたします。
大町の画家・斎藤清先生に感謝です

IMG_7358

そして店内では長野県内の蔵元様が試飲販売にご来店です。
呑みあるきをお楽しみいただきながらですので、お客様とご一緒にお楽しみいただきたいと思います。
大町三つの蔵元様の味わいをお楽しみいただき、当店内の蔵元様の味わいを飲み比べていただくのも楽しいものと存じます。

IMG_7328

また今朝は、今回の呑みあるきのために、八坂高原・仁科農場仁科様にトウモロコシをお願いしていました。
ちょうど食べ頃になっています。
仁科農場様の高原野菜は、まわりに民家が全くないところでの無農薬のトウモロコシです。

IMG_7354

仁科様、ちょうど休憩中で、地元の方々と歓談中でした!
お元気そうで良かった〜〜〜

IMG_7329

横にはそばの花が満開!
そして事務の窪田さんと一緒に試食用と昨日販売用にと自分達で収穫してきました。

IMG_7331

IMG_7334

窪田さん、あそこあそこ〜〜〜!
nonko虫嫌い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
無農薬って大変なんですよ〜〜〜

IMG_7341

IMG_7350

窪田さん凄すぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7339

nonkoビビり過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_7343

IMG_7333

やっぱり無農薬って凄いですよ〜、良くここまで育てて下さいました。
仁科さん、本当に本当にありがとうございます。

IMG_7346

昨日分の収穫です

IMG_7345

皮をむくとこんなに美味しそうなトウモロコシが顔を出してくれました
本日三蔵呑み歩きでは、生のまんまの販売、茹でたものの販売、そして生を炭で皮ごと焼いていただいても宜しいかと
火おこしは正午頃から始めさせていただき、産地直送の干物は14時からの販売とさせていただきます。
どうぞお気をつけてお出かけ下さいませ。
明日当店の店頭乾杯は15時です。
銘柄は、このイベントを初回開催するに、一番背中を押してくださった蔵元様「本金」を使わせていただきます。
今回は「諏訪湖祭新作花火大会」のため、本金酒造・宮坂恒太朗様御一家は不在となります。
しかしながら若奥様のちとせちゃんは、来年は帰って来るよ〜って

005-1

今年も「北アルプス三蔵呑み歩き」が開催されます。
当店は利き猪口販売店でございますが、今回は初心に戻りましてこのページでご案内させていただきます。
大町らしく、ローカルな部分をご参加のお客様とご一緒に、私共も楽しませていただきたいと思います。
大町で呑み歩きをしたいという意向、その時に背中を押して下さった上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様には今でも感謝の気持ちで一杯でございます。
今年は「諏訪湖祭新作花火大会」と重なって、本金ファミリーは諏訪で頑張られますので残念ではございますがご来店されません。来年はまたお越し下さるとのことで、ぜひ皆様に宜しくお伝え下さいと言うことです。

【開催概要】
■開催日時 : 2013年9月7日(土) 15:00 〜 19:00(雨天決行)
■参加費 : 1,500円(利き猪口付き)
■場所 : 長野県・大町市・本通り/商店街周辺



7205b6c7

今年も臨時列車「北アルプス三蔵ほろ酔い号」が増発されます。
三蔵呑み歩き当日、JR松本駅より 13:23 発 > 信濃大町 14:25 着
運行時刻表:発車時刻
松本 13:23
北松本 13:25
島内 13:32
一日市場 13:38
豊科 13:43
穂高 13:52
有明 13:55
安曇追分 13:58
細野 14:01
北細野 14:03
信濃松川 14:07
安曇沓掛 14:11
信濃常盤 14:19
南大町 14:23
信濃大町 着 14:25

*詳しい情報は三蔵呑みあるき公式HPでどうぞ!

当店の催し


【菊正宗150年古酒をご披露
IMG_7316-001-1

元三井観光社長様より、大町の画家「斎藤清氏」に寄贈され、作品にされたのち、今年始め当店にお譲り下さった約150年前の「菊正宗」です。
今年のはじめ斎藤清先生よりお預かりし、このお酒の経緯があまりにも素晴らしく、どのようなかたちで皆様にご披露させていただければいいのかと思っていました。
このたび斉藤先生とお話をさせていただき、三蔵呑みあるき当日に当店店内でご披露させていただくことになりました。このお酒は未開封で、約150年経っています。当時日本ではガラス瓶を製造していなかったらしく、こちらはフランスから取り寄せられた葡萄酒の瓶で、コルク栓だそうです。素晴らしい物語をいっぱい詰め込まれた大変貴重な菊「正宗」です。
本当に当店がいただいていいものなのか?ものすごく考えて大切に保管させていただくことになりました。
どうぞ呑みあるき当日はお出かけ下さいませ。

IMG_7318-1

「私は未開封の“正宗”です」
地中に保存されて戦火を免れた一本
父上様からいただかれた貴重なお酒です
ある日、母上様は訪ねて来られた大横綱・大鵬様にお土産代わりにこのお酒を・・・
恥を考える暇もなく、相撲部屋へお電話をされ「正宗」を受け取りに車を走らされたそう・・・
酒は酒である・・・
昔も今も 酒は酒である・・・
天下の大横綱に立ち向かわれ、見事に酒を手にする力を与えてくれたそうです。
一時期には銀座のバー「カーネル」様にて飾られていたものだそうです。
そして今こうやって画家斎藤清氏により素晴らしい作品(コピー写真参照)となり当店に寄贈していただきました
斎藤清氏は「我が蔵にあっても仕方なく、皆様にみていただければ・・・」
そのような経緯で平成25年春にお預かり致しました
酒は酒です。
でもパワーがいっぱい詰まった酒です
皆様の物語がいっぱい詰まった酒です
酒は酒であります
大切に保存させていただきます


これであなたも利き酒名人
65d66838

大町三蔵「白馬錦」「北安大國」「金蘭黒部」
北安曇五蔵「白馬錦」「北安大國」「金蘭黒部」「大雪渓」「北アルプス」
利き酒で見事銘柄を当てて下さったお客様にはプレゼントがございます。

05cac594

利き酒名人の運営は唯一の五蔵名人立川様にお願いすることになりました。
まだ彼のみが五蔵全て正解された当店のお客様です。
IMG_6508

第一回目よりこのような感じでお名前を貼らせていただいてます。
これまでに見事五蔵をあてられた方はお一人だけです。
是非今年も皆様頑張ってみて下さいね!

【店頭大炭焼きコンロ設置
66ed1294

火遊び!皆様お好きですよね〜〜〜
今年も4個の炭焼きコンロをご用意いたします。
タレ物、お肉類以外は持込みOKです!

IMG_7319

京都丹後より「宮津ちくわ」をご用意いたしました。そして能生漁港より干物をご用意させていただきます。

IMG_6372-1

今年も京都・天橋立の「竹中缶詰」様より、ウルメイワシの干しものを頂戴しています。
干物セットご購入のお客様にお楽しみいただきたいと思います。


ee743d8b

当日は「井筒ワイン・営業&ソムリエ小田様」もお手伝いに来て下さる事になりました。炭焼き大好き!ベランダでも焼き鳥する程お好きだそうです!
当日は皆さんでいじめちゃいましょう〜〜〜


【当店自慢のお味噌汁サービス
ダウンロード

お酒を楽しいだあとは意外とお腹が冷えるものです。悪酔いはお腹の冷えが原因!
是非お腹をあたためるお味噌汁をお楽しみ下さいませ。
具材につきましては今しばらくお待ち下さいませ。

【やわらぎ水
971ced5f

「日本酒ときどきやわらぎ水」
日本酒を飲みながら飲む水のことです。
合間に水を飲めば、気分すっきり、深酔いしません。
大町は市内本通りに沢山の水道水の蛇口がございます。
当店も酔いを和らげる水、ご用意させていただきますね!

IMG_7013-1

呑みあるき当日の当店の企画をご案内させていただく「横川商店呑みあるき情報」を配布させていただいてます。


012-1

お酒を飲みすぎたと思ったら、お酒の後に林檎を食べるかリンゴ果汁が多く入ったジュース類を飲むと二日酔いの防止になります。
今回は「スイス村ワイナリー」様より、安曇野りんごジュース100%をサーバーより販売させていただきます。
1杯 200円

IMG_7321

秋の熟成酒をじっくりお楽しみいただけるような九谷焼の猪口が入荷しています。
秋の夜長に是非お楽しみいただけましたら幸いでございます。

IMG_7211-1

呑みあるきが終わったらぜひ飲食様で二次会をしていただきたいのがnonkoの本音です。
独自でお出ししている「横川商店グルメMAP」もご活用いただければ幸いでございます。
横川商店呑みあるき情報と共に配布させていただいてますので、お声掛け下さいませ

8b62f571

「自家焙煎・ユナイトコーヒー」様よりご案内いただきました。
呑みあるき当日は、毎年恒例の「利きコーヒー」を500円にてされるそうです。
この日は19時まで営業、翌日は臨時休業されるそうなので、お泊りでお越しのお客様、新鮮なコーヒー豆は呑みあるき当日にゲットしておいて下さいね!

IMG_7324

そして当店イチオシの袋入りおつまみは「貝ひも」です。
珍味の卸元「ふじや」様のものなのでお味はnonkoイチオシです
利き猪口持って、貝ひも食べながらブラブラと町歩きをお楽しみ下さいませ。

そしてそして〜〜〜、店主の念願だった「スポット蔵元様」にて試飲販売をさせていただくことになりました。毎年店主がやりたかったことのようです。
さ〜て、どこの蔵元様がご来店でしょうか

このページのトップヘ