呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2014年03月

諏訪市の甲州街道は、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ全国的にも珍しい酒の街です。
各蔵元様が丹精込めた美酒を楽しみながら、諏訪の歴史ある町並みのそぞろ歩きを楽しんでいただけたら、という思いで、商店街有志によるまちづくり団体「上諏訪街道21」が1998年から開催されているイベントです。
nonkoはご縁があり2007年春に初めてこのイベントに参加させていただきました。
今の若奥様「ちとせちゃん」が、大町のお酒のイベントの乾杯の音頭をとってくれ、その時に「呑み歩き」と言うイベントがあることをお聞きしたのです。
その後、直ぐに開催された「上諏訪街道呑みあるき」に初めて参加させていただいたのです。
まだこの頃は「酒ぬのや本金酒造」様も存じ上げなかったのですが、とっても感じのいい方かいらっしゃるな〜、今から思うとそれが本金・宮坂社長様だったのです。
当時はブログでこのように綴っています。
その後、本金酒造様とご縁があり、当店に置かせていただけることになったのです。
それが始まりで上諏訪に通うようになったnonkoです。
面白いことに、ちとせちゃんと一緒にいると、「お商売」と言うことをつくづく勉強させていただけるのです。

IMG_5102

昨日は呑み歩きに2時間ほど前に「本金酒造」様に着くと、長男・凛太郎くんと、長女・奈那ちゃんが遊んでいるのです。やっぱり兄弟ですよね〜、何とも言えずに良い光景

IMG_5100

毎回のことなので、其々に役割分担があるので、準備はあっと言う間なのです。
大切な「やわらぎ水」もしっかりと準備されています。

IMG_5103

先にnonkoは近くの「まとい食堂」様で「アベック丼」で〜す!
これ大盛りもあるんですって〜、これだけでも凄いボリュームなのにね。
春のこの時期はソースの酸味が心地いいです

IMG_5105

ここ1年ほど開催時間帯が変わり、13時〜18時になったので、長丁場にはなりましたが、その分お客様が分散されたかと言うと、昨日は全くそのような事もなく、利き枡が足りなくなったようです。
12時半頃からドンドンと人が増え、お蔵様の前では行列が出来ていました。

IMG_5106

IMG_5104

汁物の振る舞いもあったようで、飲む前にはありがたい事ですよね!

IMG_5109

13時にスタートされ、nonkoは本金酒造様のレジでいつものようにお手伝いです。
今回超ビックリしたのは、最初にドカ〜ッと「本金大吟醸」が売れちゃい、ほとんどのお客様は「帰りに取りにきま〜す!」って〜、要領を良くご存知なのです。
いつも最初に売り切れるのが大吟醸、本当に不思議なお蔵様です。
そして今回の出品酒ですが、素晴らしいラインナップです。
本金大吟醸生酒
本金純米吟醸生酒ひとごこち
本金純米吟醸生酒・美山錦
本金純米無濾過生原酒
本醸造・太一
太一以外は全て今年のしぼりたて新酒なのです。
半分は完売しちゃいました!

IMG_5112

IMG_5113

ず〜っとこのような状態なのです。
工場長の今井様はお客様のご案内でテンテコマイです。

IMG_5122

IMG_5123

本金宮坂社長様から大吟醸が注がれ、お客様の笑みは最高潮です
nonkoも最初は社長様のひと言で、いっきにファンになっちゃいましたからね〜
このタイミングでお声掛けされれば、一般のお客様ってやっぱり嬉しいと思います。

IMG_5127

混雑した中でも、お客様の笑顔はたえません。nonkoのお友達の宮坂様、そして左はちとせちゃん!
ダブル宮坂だ〜〜〜〜〜

IMG_5135

いつもご参加いただく「オニイサマ方」、お酒は楽しく飲むものだって思わせていただける模範的なお客様です次回は秋ですからね〜〜〜

IMG_5129

IMG_5128

こうやって呑み歩かれるお客様の工夫を見せていただくのも楽しいですが、nonko本人がこうやって飲んでみたい〜〜〜!今年は店頭で何かしようかな〜?

IMG_5110

愛知の丸山さんご夫妻、もう信州のお酒のイベントでは常連さんですね

IMG_5115

このあいだ当店のワイン新販売会に来て下さった「酔っ払ライダー」様も良く来て下さいました!
またオフ会しましょうね
IMG_5136

こちらのお客様は持てないんじゃない?と言うぐらいお買い求め下さり、どうやらお父様が大の本金ファンだそうです
是非また大町にもお出かけ下さいね

IMG_5133

ちとせちゃんは、焼いたシフォンケーキを振る舞う一幕も
凛太郎君、奈那ちゃんは従妹の子達とお遊び中
IMG_5130

お向かいの「横笛・伊東酒造」様も人だかり!

IMG_5118

こちらではちとせちゃんのご実家「松尾商店」様がご出展されています。
お母さん、お姉さん、やっぱり商売人ですね松尾ファミリーはやっぱり凄い

IMG_5119

IMG_5117

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、見てる場合じゃない!
本当に今回はお天気も手伝ってか、ず〜っとこの状態でした。

そして18時の終了30分ぐらい前から、お客様の顔ぶれが変わってきました。
飲むことよりも誰かを待ってる会場となったのです。

IMG_5137

はい、この方です!
皆様、宮坂社長様が最後の挨拶をされるのを待たれているのです。

IMG_5138
IMG_5142

IMG_5145

IMG_5147


【動画】
言葉なんていらないです!
この場所にいた方ならわかっていただけると思います。
今回の呑み歩き、試飲中に「お酒が美味しい」と感動されたお客様、また蛍の光の大合唱の後には、nonkoに飛びついて大泣きされたお客様、nonkoも感動のあまりもらい泣きしちゃいました。
何なのでしょうこの感動!本金酒造様は小さなお蔵様で、今期はちとせちゃんの義母様までが夜中に「こうじ室」の管理をされていたようです。ご家族様、そして今井工場長始めお手伝いの蔵人様、皆様のお気持ちがお酒の味わいにより深みを与えてくれたような気がしてなりません。凄いな本金!素敵だよ本金!

IMG_5150

IMG_5152

開催中は静かにお留守番も出来るようになった二人の子供さん、これからドンドンと大きくなられたら楽しみですね!


昨夜開催されました「上諏訪街道呑みあるき2014春」
酒ぬのや本金酒造様のフィナーレの動画です。
これが呑みあるきの醍醐味ではと思います。
お酒の味わいに感動し涙された方々、フィナーレのあと感極まり涙された方々、ご参加のお客様はお蔵様に感動され、お蔵様はお客様の温かなお気持ちに感動され、このようなご縁が深まり日本酒ファンが増える!これぞ呑みあるきの醍醐味だと思います。皆様の笑顔にパワーをいっぱいいただきました。
後程ブログにて掲載させていただきますね!

87c28f3f-s

明日は上諏訪にて「上諏訪街道呑みあるき2014春」が開催されます。
nonkoはいつものように「酒ぬのや本金酒造」様のレジでお手伝いしています。
「呑みあるき」の醍醐味は、参加者数でもなく、何でもかんでもの町興しではありません。
イベント終了10分前に本金酒造様にお出かけ下さればわかっていただけると思います。
お客様の笑顔、お蔵様の笑顔、この御縁nonkoの宝物です

【上諏訪街道呑みあるき2014春】
2014年3月29日(土)
開催時間:13:00〜18:00
上諏訪街道呑みあるきとは・・・
諏訪市の甲州街道は、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ全国的にも珍しい酒の街。各蔵元が丹精込めた美酒を楽しみながら、諏訪の歴史ある町並みのそぞろ歩きを楽しんでいただけたら、という思いで、商店街有志によるまちづくり団体「上諏訪街道21」が1998年から開催しているイベントです。
諏訪五蔵とは・・・
「舞姫」「麗人」「本金」「横笛」「真澄」。諏訪市の甲州街道沿いには、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並びます。同じ霧ヶ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸し続けてきました。ライバル同士ではありますが、ご近所仲良く「酒の街・諏訪」を盛り上げていけたら。「諏訪五蔵」はそんな心意気で立ち上げた酒蔵グループです

IMG_5080

IMG_5081

カンパ〜イ

IMG_5074

昨日ゲットした石川県能美市の「農口・農口酒造」様のお酒を楽しませていただいてます。
やはり地酒には地元の肴

IMG_5070

これこれ、フグの粕漬けです。小さな頃から父が食べていました。
昔はこんな辛くて臭いもの・・・、と思っていたのですが、粕の香りだったのです。子供の頃はこのような香りは厳しかったですからね(笑)

IMG_5078

粕をとってそのまま食べても良し、少し炙っても良し、やはり地酒には地肴ですね
お客様炙るの上手〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
皆様でワイワイ呑むのが楽しいですね

IMG_5068

最近ポカポカ暖かい日が続きます。
当店裏のチューリップの葉っぱが顔を出し始めました。

IMG_5069

ほらほらフクジュソウも

IMG_5063

IMG_5066

もう本格的な春の到来です

IMG_5036

定休日の今日、朝から高速をブッ飛ばして(速度は守ってます)石川県能美市寺井まで行ってきました。
このあいだFBでお知り合いの方が、名杜氏「農口尚彦」様のお酒を楽しんでられました。
その銘柄までもが「農口」だったので、ビックリして検索してみたら「農口酒造」様が新しくオープンされているではありませんか!
nonkoは今の仕事をする前は横川商店のただの客でした。日本酒だってそんなにわからないし、お燗のお酒も今のように楽しむことすらできない状態・・・、でも店主から「菊姫の杜氏・農口さんのお酒は旨いんだよ〜」って聞かされていたので、当時その原料米の作られてる兵庫県吉川に出かけたことがあります。
そこは確か「山田錦の郷」と言うところで、酒米のミュージアムがあり、日本酒も販売されていて利き酒が出来るカウンターがありました。もちろん有料試飲で、ミョウガのおつまみで楽しませていただいた記憶があります。
その時に本当に偶然なのですが、「菊姫」様の契約栽培農家様とお話させていただき、菊姫・柳井代表様のお米に対するこだわり、そして農口杜氏様と二人三脚で頑張って来られたお話など聞かせていただき強い印象に残っています。
店主も驚き、是非定休日に行ってみよう!と言うことで出かけて来ました。

IMG_5040

IMG_5038

お蔵様に着くと、直売はしていないとのこと。
蔵人様方がとってもお忙しくバタバタされていていました。きっとFAXからの発送がものすごく多そうです。近くの特約店様をご紹介いただき、何とか新発売の無濾過生原酒をゲット
帰りには父の実家が直ぐ近くなので、お彼岸のお参りも立ち寄っちゃいました。いや〜、ほんと近かったです!

IMG_5034

スムーズにお買い物ができたので、帰りは魚津に寄り道し、美味しいお魚をいただいてきました。
nonkoが時々お世話になる「天ぷら&地魚 増重」様です。
どっぷり地元の方々が多く、平日なのに満席になり店主はビックリです。それにこのあたりの繁華街の賑やかな事

IMG_5033

ご主人様も女将様も皆様お元気で良かった〜〜〜
今年初めてなので、積もる話がいっぱいです。
漁のこと、価格の事、富山県内のお魚事情等・・・
nonkoお酒の会をする時にはこう言った情報がどれだけありがたい事でしょう。
何度かご紹介のお魚屋さんでもお世話になってるんです。

IMG_5024

これ程かと言うほどテンコ盛りにしていただく地魚のお刺身
店主は目がテン
甘エビ、ホタルイカ、ヤリイカ、中トロ、サワラ、メダイ、ヒラメ、鰹系の白身、あと岩礁の魚?
お皿からはみ出てるし〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
お醤油が店主好みなので良かった!ホッ

IMG_5027

ノドグロは迷いました!
このあたりはお魚の煮物は葱と一緒に少々辛い目に煮付けられます。はたしてこの味わいに店主が何と言うか・・・、「酒がススム味わい(飲めないのに」ですって〜〜〜
多分このような煮付は魚津あたりだけなのでは?
牛蒡やお豆腐などはよくありますよね〜
大きな大きなお刺身でもいただけるノドグロでした。

IMG_5028

お酒はnonkoだけが少〜し、地元「北洋」様の「蜃気楼の見える街」
やわらかなのどごしで、お魚料理にはピッタリです。北洋『蜃気楼の見える街
IMG_5031

いつもいただくハマグリの土瓶蒸し!
美味しい出しがたまりません。

IMG_5032

〆は「天ぷら茶漬け」
こちらは天ぷら類もオススメです。
二階では地元の方々の宴会、一階の小上がりは満席、凄いな〜、魚津の町は
明日は今日ゲットした「農口」を楽しませていただきま〜す

【地魚・天ぷら 増重】
富山県魚津市駅前新町9-25(JR魚津駅、富山地方鉄道本線新魚津駅から徒歩約3〜5分)
TEL:0765-24-1286
営業時間:17:00〜23:00 (L.O.22:30)
定休日:日曜日

IMG_4934

水があがってる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
昨日は塩尻のお取引先様のワインぶどう畑を見学に行ってきました。
いつものように観光案内所でレンタサイクルをお借りします。
早いところでは既に水があがり始め、いよいよ今期もぶどう畑通いの季節になってきました。
こちらはお世話になってます桔梗ヶ原の「五一わいん」様のメルローです。

IMG_4927

その横には樹齢50年以上のメルローの古木が元気に育っています。
きっとこのあたりぶどうの木にとってとっても良い土壌なのでしょうね!

IMG_4915

ワインぶどう畑ではちょうど棚栽培の剪定をされていました。

IMG_4910

副社長様にはいつも丁寧な説明をしていただきます。
弱い木はチェックして植え替えをされるのか、また新しい新梢を延ばされるため、大きくなった部分を剪定される作業とか、この時期のワイナリーさまって結構忙しいのです。

IMG_4937

畑にいる間、クマさん達は売店のスタッフの方に子守りしていただいてるのです(笑)
まるで託児所状態・・・(笑)

IMG_4939

クマさん引き連れ桔梗ヶ原を自転車に乗ってると、とっても気持ちのいい春の風を感じます。
お陰様で昨日より花粉症発症〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_4940

「井筒ワイン」様のこちら棚栽培の畑は既に剪定が終わってるようです。

IMG_4944

そしてちょっと離れた特級畑です。
やはり細やかな手入れのあとがうかがえます。
葉っぱの付いてない時期ってぶどうの木の枝がそのまんまわかりますものね!

IMG_4951

ここから今回初の「VOTANO WINE(ヴォータノワイン)」様へ・・・
夏はこの道きつそう〜〜〜

IMG_4959

「 VOTANO WINE(ヴォータノワイン)」様のGDC仕立て栽培の畑です。果房が付く先の新梢がカーテンのように伸びていきます。信州ではあまり見られない栽培です。

IMG_4960

こちらのぶどう品種は「甲斐ブラン」、お客様にご説明されるために一部剪定されず残されていたそうです。
本当にカーテンのようですね。

IMG_4972

最後は
「城戸ワイナリー」
様の「アキヴィンヤード・メルロー」です。
すっかり剪定は終わり、一部では誘引もされていました。
4月下旬にはまた新しいものが入荷予定です。(ご予約はさせていただいてません)

IMG_5010

夜は松本へ移動して「ワヰン酒場 かもしや」様へ
ちょうど松本パルコの横にございます。
昼間に塩尻のワイナリー様へお邪魔したあとのワインは格別です。
かもしやオーナー花岡純也様のご実家は、美ヶ原温泉でお宿をされています。その関係か、「和」の味わいがとってもありがたいお店なのです。
昨夜は色々な白ワインを楽しませていただき、とっても素敵な松本を満喫させていただきました。あ〜あ・・・、またダイエット失敗!

IMG_5009

ワイン中心のお店なのですが、和食のメニューが豊富で、日本酒もあるんですよ〜

IMG_4994

まずは「山辺ワイナリー」様の「ピノ・グリ」です。
樽香の穏やかな事!これぐらいバランスがいいのならnonkoでも楽しめます。きっと落ち着いたのでしょうね〜

IMG_4995

「シャトー・メルシャン」様の「萌黄2012」です。
シャルドネと甲州をブレンドされたとってもエレガントな飲み口です。これはnonko好みだ〜〜〜

IMG_4992

この時期にこれだけ濃厚なラタトゥイユ

IMG_4993

ワインにはなくてはならないオリーブ!これは箸休め、どんどん手が伸びちゃいます(笑)

IMG_4999

生湯葉は京都だけのものじゃございません。お水の美味しい信州の生湯葉も甘くって旨いです。

IMG_4998

アボガドとマグロのカルパッチョ最高〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
切り方も盛り付けもお洒落でしょう
和食風でいただけるワインと肴に乾杯

IMG_5002

IMG_5008

〆はハヤシライスのようなドリア
旨味の凝縮感が凄い
こりゃまたまたダイエット失敗だ!!!

IMG_5003

「山辺ワイナリー」様のカベルネフランです
IMG_5000

メニューには大町のワイン「仁科メルロー2012」「仁科シャルドネ2012」がご案内されています。
これを見てnonkoは感動
花岡様ありがとうございます。是非大町のワインぶどう生産組合の皆様にもお伝えさせていただきますね!
塩尻でワインぶどう畑を見学し、夜は松本で復習を兼ねてワインと肴でカンパ〜イ

【ワヰン酒場 かもしや】
長野県松本市中央1丁目10−34 公園通りビル 1F
TEL:0263-32-6338
定休日:日曜日
営業時間:月曜〜土曜:18時〜24時(L.O.23時30分)

IMG_4844

Myベンツ出発〜!
風は少し肌寒かったですが、自転車で上ってたらドンドンと汗かいちゃい日でした

IMG_4846

道祖神様は行きゆく人々を見守ってくれるような、そんな感じがします。
大町市街地から少し走っただけでこの風景なんですから
IMG_4847

農業用水の水の勢いも凄く、雪どけ水とは言え夏でもこの勢いで流れているのです。
水の豊富な大町は食材の宝庫と言えるでしょう。

IMG_4855-1

大町のワインぶどう畑を通り過ぎ、リンゴ畑、ブルーベリー畑、色々な畑を横目に走っていきます。

IMG_4861

西正院大姥堂様の横を過ぎれば「宮の森自然園」は直ぐ近くです。

IMG_4862

IMG_4865

澄んだ水の流れの中で確実に春を感じます。
なんて小さな春の訪れなのでしょう。

IMG_4868

この間と違って、随分と雪どけは進み、ザゼンソウが咲き始めています。
もう木道もすっかり雪はなく、長靴が無くても散策できるようになってきました。

IMG_4880

IMG_4879

IMG_4875

IMG_4877

IMG_4874

IMG_4871

IMG_4870

IMG_4866

IMG_4869

宮の森自然園のザゼンソウ、是非お出かけ下さいませ。
尚、こちらに自生しているものは決して持ち帰らないで下さいね。今日は自然園の森の中から一抱え青いものを持って出てこられた方をお見かけしました。大町の財産なので、そういった行為は決してなさらないで下さいね。
チョッピリ悲しかったです。でも帰りにnonkoのブログを見ていただいてる方にお声掛けいただき、気持ちが少〜し楽になりました。やっぱり書かせていただきました。

IMG_4804

IMG_4802

朝から粉もので仕込み(笑)
信州は粉文化ですからね〜

IMG_4809

上記の写真はレトロな「やまもとのドーナツ」の研究(笑)
下のものはこれを使って・・・

IMG_4803

昨日大町ワインぶどう生産組合の西山様に、残った野沢菜炒めを頂戴したのです。

IMG_4812

焼き始めてると上諏訪から安曇野公園に行ってきた帰りとやってきたこのチビッ子!
ほんと上手に裏返すのですよ〜、持ち手はサウスポー!かっこいいじゃない

IMG_4814

IMG_4811

IMG_4815

見事に焼いてくれました

IMG_4813

凄いぞ〜〜〜、凛ちゃん
「僕のお父さんは宮坂恒太朗と言います。本金のお酒を造っています」

IMG_4818

ありがとうね、ちとせちゃん!
今日は安曇野公園へ来た帰りのプライベートです。
奈那ちゃんはお昼寝中(笑)

IMG_4819

店主が恒太朗様に是非「生ハム」をと切り始めたらそこへまたまた・・・(笑)

IMG_4828

足利から移住されて来られた矢野様ご一家

IMG_4823

ハイハイ、凛ちゃんも切るのね!

IMG_4829

キャ〜、凛ちゃん食べるんだ
チビッ子さん達は生ハムの味をおぼえちゃった〜〜〜
親御さん方すみません、将来の呑兵衛さんは確実だと思います。

IMG_4832

矢野様の長男そうた君も食べるんだ(笑)
このあいだブルーチーズ食べてたよね!

IMG_4835

あ〜、来た来た!
ユナイトコーヒー様のカリンちゃんがママさんとお散歩の途中!
チョットだけいいよね、カリンちゃんもね

IMG_4837

「おやき」と「チビッ子」が繋いでくれた皆様のご縁、大切にさせていただきますね

IMG_4712

IMG_4717

イェ〜イ
今日開催させていただきました「大町のワイン試飲販売会」は、雪降る中ではございますが、大盛況に終わりました。
ご来店のお客様、大町ワインぶどう生産組合の皆様、スイス村ワイナリーの皆様、そして当店お客様の会「チームやまじゅう」の皆様、本当にありがとうございました。
朝から100円カッターで8圓離▲鵐灰Δ鮖いたnonkoです(笑)

IMG_4725

毎年一回は捌いとかなきゃね!

IMG_4735

いつもチームやまじゅうの皆様には本当に感謝感謝です。
朝早くからお手伝いありがとうございます。

IMG_4739

アンコウ汁は捌いたアンコウを酒と塩で30分ほど浸け、湯通しして、ヌメリを取れ大丈夫なのです。

IMG_4737

鍋はチームやまじゅうのお客様が担当していただき、アン肝もつぶして入れて下さいました。
当店オススメの出汁昆布、酒、みりん、薄口醤油、とり野菜みそで味を整えたら出来上がり〜!
きっと今日は寒い日だと思っていたので、アンコウ汁はバッチリでした。

IMG_4738

11時スタートと共にいっきにお客様がご来店いただきビックリしました。
地元はもちろん、県外や松本あたりからも沢山ご来店いただきました。
その後も雪は降りやまないのにご来店いただき嬉しかったです。

IMG_4761

本日の試飲販売は、大町のワイン「仁科メルロー2012」「仁科シャルドネ2012」、そして雪どけ生まれの「大町メルロー2013」です。
今回初リリースの「大町メルロー2013」が、アンコウ汁とこんなにピッタリ合うなんて誰もが思わなかったことです。寒くなるから鍋でも!と思ったところ、魚料理が赤ワインと合っちゃったんですよ〜、これは大町メルローの軽い赤に対して、逆にアンコウ汁の濃厚さが合ったのでしょう。面白い体験ができたと思っています。

IMG_4743

IMG_4744

IMG_4747

IMG_4752

IMG_4751

テントの下っていいものですね!
寒いですが、皆様寄せ合ってお話しとかできちゃいますからね

IMG_4745

気が付いたもので生ハムを切ってお客様に!
これも中々切り方が大変(笑)

IMG_4746

IMG_4754

IMG_4776

IMG_4767

きっと皆様生ハムを切りはお上手になられたと思いますよ〜

IMG_4778
IMG_4765
IMG_4760

雪の中、旗をふって下さる皆様方、本当にチームワークの良さは凄いです。誰かが何かを言う訳でもなく、ご自分で何かを探して手伝って下さる・・・、ふと諏訪湖の花火の時の「松尾商店」様と良く似ています。
nonkoも皆様に甘えられるし、今回も4名のお客様が関東から駆けつけて下さってるのです。嬉しい事なんですよ〜
IMG_4758

美味しいかい?
寒い中ありがとうね!

IMG_4755

組合長の西山様が野沢菜漬けを塩抜きして炒めて下さいました。
これパリジャンにトッピングして食べたら「おやき」の感覚で楽しめます。きっと大町本通りの「わたぼうし」様は、国産小麦のパンだからでしょうね!

IMG_4750

IMG_4781

時には当店の半被を着ていただき、試飲販売をお願いすることも・・・
皆様正統派の呑兵衛様ですから、nonkoよりワインの説明は詳しいと思います(笑)

IMG_4748

16時までの試飲販売会でしたが、大幅に伸びて17時ぐらいまでの開催でした。
アンコウ君も笑っているかのようでしょう

IMG_4793

夜は二次会兼ねて皆様で「ヒマラヤンシェルパ」様
そして今夜で一旦お別れのお客様の送別会を兼ねてのカンパ〜イ
転勤されるそうなんですよね、

IMG_4786

次回は大町へ泊りで帰って来て下さいね。
またオフ会やりましょう

IMG_4800

先に松本まで帰って行かれるお客様の後ろ姿を見ながら、寂しい思いと、新たなお付き合いが始まる嬉しさとが同時に込み上げてきました。
絶対、絶対、大町へ戻って来て下さいね〜〜〜!

IMG_4698

「破砕ロック(左)」「破砕カクテル」です。
こちらは横川商店から直ぐ近くの「旬sai酔家 蔵人」様です。
カクテルが飲みたくなったらこちらでしょう!
50年前の黒部ダム建設当時、大町市内の飲食店が労働者向けに提供していたお酒「破砕ロック」を復刻、おしゃれに売り出そうと、焼酎を安いぶどう酒で割り、「3杯目で腰を抜かす」といわれた強い安酒のイメージを一新され、若い女性にも飲みやすい大町オリジナルの味になったそうです。
昨夜は二種類のカクテルを楽しませていただきました。
正直「昭和の味わい!」そんなイメージが大です。
右の方はブラックオリーブの香りがいい感じ、左はまさに薬草っぽい電気ブランみたいな感じ、どちらも昔の味わいなのでしょう。店主はヒェ〜と言ってましたが、nonkoは意外と好きかも・・・

IMG_4703

その後、nonkoは「チチ」と「ピニャコラーダ」の飲み比べ
IMG_4704

店主はマッカランの12年

IMG_4700

ちょこっと鶏肉をいただきながら、カウンターでオーナー様とお話ししながらの楽しい夜もいいものです。

IMG_4696

ご馳走様でした

IMG_4705

さてさて夕方試飲瓶を持ってご来店の某蔵元杜氏様、とんでもない「どぶろく」をお持ちいただきました。
これは凄すぎですよ〜〜〜
お酒が苦手な方でもお楽しみいただけると思います。

IMG_4706

だって美味しすぎて全部飲んじゃった〜〜〜!
はやく商品化して持ってきて下さいよ〜〜〜
明日は店頭で「大町のワイン試飲販売会」です。あたたかな汁ものもご用意させていただきますので、是非お出かけ下さいませ。
時間は11時〜16時ぐらいまで、当店店頭で開催いたします。

【旬sai酔家 蔵人】
大町市大町2495 蔦幸ビル2F
TEL:0261-26-3603
定休日:日曜日

IMG_4691

何年かお世話になってる富山県生地「魚の駅生地」の「とれたて館・できたて館」様へ行ってきました。
いつも日本酒会でお世話になる能生漁港がしけのため漁船が出ず、駆け込みでの場所がいつもこちらです。
黒部漁協様直営なので安心ですが、能生に比べると少々お高目ですが、しっかりと目利きできれば問題ございません。
併設されてる「できたて館」様では、「とれたて館」様のお魚を調理していただけ、自分の食べたい魚が楽しめるのもいいものです。ただし、混雑時は無理だと思いますのであしからず(笑)

IMG_4692

まずは「とれたて館」様にて、昨朝水揚げされた「アンコウ」は8埃紂幣弌
明日の「大町のワイン試飲販売会」が寒そうなので、汁物に使わせていただこうと店主と相談。
赤ワインは厳しいですが、白ならOK!
明日は店頭でザワザワやっちゃいますね

IMG_4673

昨日はお客様がそう多くなかったので、こちらのお魚を頼み込んで調理していただきました。
お隣の「できたて館・航海灯」様で焼かせていただけるのです。
ふり塩して
もちろん、館内では焼き物、お刺身、煮物、揚げもの、珍味類をチョイスできたり、定食や海鮮丼などもお楽しみいただけます。

IMG_4672

nonkoの大好物の甘エビ、店主の好きなヤリイカもお刺身にしていただきました。
少々の加工代は必要ですが、自分の好きな魚が楽しめるのもこちらならではです。

IMG_4670

館内でチョイした鯛のカマは300円!!!これ最高です

IMG_4668

「ナンダ」の南蛮漬け風は貴重な一品です。
「ナンダ」って、糸魚川では「キツネ」、島根ではあの有名な「ババア」、本命は「タナカゲンゲ」なんです。
大町ではお客様が「怪獣」と名付けていただいてます(笑)
これらを楽しませていただき、直ぐ近くの「清水(しょうず)」を楽しみながら町なかを散策するのがnonkoのオススメです。

IMG_4676

すぐ横は黒部漁港で、町なかへも直ぐなんです。

IMG_4678

所々できれいな水の流れがあり、もうすぐバイカモのお花も咲くことでしょう。

063-1

こんな町なかには、このような「清水(しょうず」と呼ばれる湧水があり、各ご町内で管理されているのです。
三段階ぐらいに水槽が別れていて、一番下は洗濯物かな(笑)
こんな素朴な生活の一部を見学できることが、nonkoの町あるきの楽しみ方なのです。

IMG_4690

午後3時になると、一軒のお魚屋さんの店頭の炭に火が入り、そろそろ焼けてるかな〜〜〜

IMG_4688

今でもやってられるのです「魚の立焼き」
この日は豊漁だったカレイと鯖を焼かれていました。
今日の夕食はカレイで〜す!

IMG_4682

食事もお買い物も終わったので、お昼寝でもするか!と言うことで直ぐ前の浜辺へ・・・

IMG_4687

何気に干されてる民家の軒下、こんな風景大好きです

IMG_4684

IMG_4685

店主もnonkoも1時間ぐらいお昼寝したかな〜〜〜
こんな定休日もいいですよね!
【魚の駅・生地】様

IMG_4641

このドーナツは京都丹後の酒屋さんが販売してるものです。
FBではお話ししたのですが、ある日このドーナツの夢を見て朝目覚めました(笑)
このドーナツとめぐりあった日こそ、長野オリンピック・ジャンプ競技で金メダルを取った日だったのです(大笑)
田舎の駅のまわりに「ドーナツ」と言うのぼり旗が立っていて、タクシーでそのお店に連れて行っていただくと、おやおや???そこは酒販店・・・
でも中でドーナツを売ってるじゃありませんか〜
一袋5個入りをゲットし、駅まで戻って京都までの特急電車で食べちゃいました。
それが美味しくって美味しくって・・・
それかこのドーナツなのです。

IMG_4640

この断面を見ていただくとおわかりだと思いますが、しっかりとした食感があり、ほのかな甘味がたまらないのです。

IMG_4638

どうしても食べたいと、丹後の友人にお願いし送ってもらいました。
20年前と全く変わらない味わい、そして袋!
いったいどんな方が作ってられるのでしょう?意外とオバチャンだったりして・・・
「やまもとのドーナツ」です。
これからもず〜っとこの味わいで楽しませていただきたいと思います。
そして粉文化の信州、これを何とかアレンジできないものでしょうか?
たかがドーナツ、されどドーナツ、でもこのドーナツはnonkoが一番好きな素朴なドーナツなのです。
送ってくれてありがとうございます

IMG_4657

そして今日のお店・・・
ニアミス(笑)
新酒を持って来ていただいた「笹の誉・笹井杜氏」様、そこへ追加の商品をお持ちいただいた「十六代九郎右衛門・営業古畑」様、でも当店は同業者様がニアミスされても皆様楽しい会話になるのです。
今日も散々笑わせていただきました

IMG_4635

IMG_4636

もう一つ、今日の大糸タイムスより、「大町ワインぶどう生産組合」様の事が掲載されていました。
今回の記事はこれからの励みにもなるのではないでしょうか。今までコツコツと頑張って来られ、ここ2年程は手間暇かけられたワインぶどうが大豊作、皆様どんどんとお元気で頑張ってられます。ある時はぶどうが全滅した年もありました。かれこれnonkoは5.6年のお付き合いですが、地元の生産物で豊かな食生活を送れるなんて一番素敵じゃないでしょうか?これこそ真の町興しだと思うのです(*^_^*)
21日(金)は、生産組合のおじさま方、醸造していただいたスイス村ワイナリーの方もご一緒に店頭で、大町のワインの試飲販売会を開催いたします。是非遊びにいらして下さいね。

IMG_4647

木崎湖周辺で福寿草が開花しています。
春を運んでくれる福寿草は、まさにポカポカあたたかみを持った春の色ですね!

IMG_4649

IMG_4650

今日は雨、お花が閉じちゃってますので、晴れた日にリベンジさせていただいますね

IMG_4646

木崎湖周辺でも、西海ノ口辺りが沢山見ることが出来ます。
しかしながら個人のお家にはご迷惑がかかりませぬよう、マナーを持ってお願い致します。

IMG_4458-1

先日ちょっとお世話になった大町市平の「レストラン花の木」様
今日はホワイトデーと言うことで、店主がステーキをご馳走してくれました(笑)
鉄板焼きは京都時代何度か行ったことありますが、「ステーキ」としていただいたことは皆無かもしれません。
先日ミニコースでいただいたヒレステーキがとっても美味しく、ず〜っと頭に残っていました。
きっと店主はそれを察したのでしょう。

IMG_4613-1

お店に入るとあらかじめ予約しておいたメニューの一つ「森のきのこつぼ焼きクリーム」が出てきました。
とっても可愛い一品です。

IMG_4615

パン生地?パイ生地?素朴な味わいの皮の中から飛び出す宝物のよう・・・

IMG_4618

コクのあるクリームソースと共に出てくるのは、ホタテ、海老、茸の数々・・・
いただいていても楽しいお料理です。

IMG_4616

前菜のような一品は「アボガドとマグロのサラダ仕立て」です。
ソースが和風調で美味しい
ふと京都の「お箸でいただくフレンチ」を思い出しました。

IMG_4614-1

IMG_4621

優しいタイプのシャブリとの相性は抜群です

IMG_4620

よし、念願のステーキだ!
店主がジョークなのか250gのヒレステーキを予約していたようです。
nonkoは今までステーキと言うものをメインに食べることは少なく、先日いただいたものがあまりに美味しかったので予約してくれたのでしょう。
ワインは「サッポロ・グランポレール 余市ピノノワール」です。
今回はお店にご無理をお願いし、1本持ち込ませていただきました。

IMG_4619

先日ミニステーキをいただいた時に、今日は是非持ち込ませていただき、このワインと合わせてみましょうと話をしていたのです。

IMG_4622

IMG_4623

きたよ〜〜〜〜〜〜〜250gの黒毛和牛ステーキ!
旨すぎですこのソースだからこそ250gいただけるのですよ〜
シェフの「和」のテイストに惚れちゃいました
食べた食べた!呑んだ呑んだ!
ホワイトデーのご馳走はある意味怖い(笑)
でもね、大町でこれだけのヒレステーキをただけるなんて、今まで思ってもみませんでした。
「灯台下暗し」と言うものですね。

IMG_4625

デザートに出していただいた「蕎麦のアイスクリーム」がまたまたビックリの味わいでした。
大町オススメのお店、また増えちゃいました。
横川商店グルメMAPに掲載させていただかなくちゃね!

【レストラン花の木】様
長野県大町市平7418
TEL:0261-23-3656
営業時間:11時から15時 17時から20時
定休日:月曜日

IMG_4537

足利から移住されて来られた矢野様は、今朝からご自分が植え付けされるワインぶどうの仮植作業に大わらわ!
昨日はこのようなお天気ではなかったので、スコップから凍った土が離れなかったそうです。
1年間通ってられても、実際に大町の厳しい寒さがここまでだとは思ってられなかったかもしれません。

IMG_4538

それでも水はけがとっても良いこの地を、大変お気に入りのご様子です。
農作物って本当に土壌が大切なんですね〜
午後からは店主もお邪魔させていただいたようです(笑)
それにしてもまわりにはまだまだ雪があり、植え付けを予定されてる約1ヶ月後までには全ての準備が整ってるのだと思います。

IMG_4540

とっても見事なワインぶどうの苗は、山梨からのものだそうです。
こうやって苗って届けられるのですね。
乾燥しないように、植え付けまで土の中で保管することを「仮植」と言うそうです。

IMG_4541

今日は透き通るような素晴らしいお天気、蓮華岳が真正面に見えるこの場所・・・
多分来年にはこの光景がもっと素晴らしいものになること間違いございません。

IMG_4532

嬉しいお届け物
先日知床へ行った時に、地元の強力粉をゲットしました。
その名を春小麦の強力粉「春よ恋」
焼いて下さった地元のパン工房「わたぼうし」様に感謝です。
日本酒もワインもですが、原料やつくり手さんで飲み食べ比べは楽しいものです。
こちらモッチッリ系の仕上がりで、ワインもですが日本酒でもOK!
さすが国産小麦の恐るべしパワー

IMG_4533

フランス産リエットと共に・・・

IMG_4548

大町メルロー順調です!
明日は沢山のギフトでお嫁に行きま〜す

IMG_4500

あ〜いらっしゃる!
おはようござま〜す。
朝からちょっと用事があり、「大町ワインぶどう生産組合」様のぶどう畑へ・・・

IMG_4503

ウワッ、剪定されてる!
あとは枝を外すだけですね〜

IMG_4506

今朝は足利から移住されてきた矢野様が、ぶどうの木を植え付けされるにあたって、生産組合の方へご相談に来られていました。
4月には植え付けもされたいようで、日光の出方、風の通り具合を考えながら、どのような方向に植えていけばいいのか?そのようなお話をされていました。
土地によって季節ごとの日光の傾斜、日の出、日の入りを詳しくお聞きされていました。
きっと足利でも栽培はされていたと思のですが、矢野様曰く、やはり地元の方に教えていただくのが一番であると!彼はいつもノートを持たれて、話をしっかりとお聞きされています。1年前に当店に初めてご来店された時もそうでした。nonkoが話をしたこともきっとノートに記録されてると思います。この謙虚さがお互いの信頼関係になってきているのかな?そんなことを感じた日でした。

IMG_4509

ぶどう畑に同じような軽トラが3台!
良い光景だと思われませんか?
何だかとっても嬉しいです。

IMG_4508

組合長の西山様、「生きてるぞ!越冬したんだな〜」って・・・
優しい眼差しで糸トンボを見られていました。

IMG_4522

今夜は昼間のホワイトデーのラッピングに追われ、ストーブ料理の「ポトフ」を作りました。
大町の美味しいお水にはピッタリの一品だと思います。
それがそれが・・・

IMG_4529

夕方には他所で試飲があり、帰りには皆様お立ち寄りいただき、昨日入荷したお酒を飲み始められました。
午後からぶどう畑にされる場所で作業されていた矢野様もつかまっちゃったね(笑)

IMG_4527

ポトフでは肴にならず、北海道のチーズに変更です!
「共働学舎新得農場」様の「さくらのアフィネ」美味しいで〜す
果たしてそれはどんなお酒なの?

IMG_4528

木曽藪原の「十六代九郎右衛門・純米吟醸 雄町」で〜す
直ぐに追加発注させていただきました

IMG_4496

朝からホワイトデーのプレゼントや、お祝い事、歓送迎などの特注が山盛りで、まだ全部片付いていません。
先にこのラッピングだけでもやっておいて良かった〜
3月は色々な意味でギフトが多い時期になります。

IMG_4495

ワイン一本なら簡単にラッピングできるのですが、箱の無い日本酒とグイ呑みなど頭を使うラッピングもあります。
そんな時、脳の活性をさせていただけると感謝しなければね(笑)
あらゆる場面での対応は本当に大変ではありますが、お客様の意向をお聞きさせていただくのも楽しいものです。そして仕上がりを喜んでいただけると本当に嬉しいものなのです。

IMG_4485

ご退職されるお客様へのギフトです。
桜は咲く、散ってはいけません。枝は下向きではなく、ゆっくりと上り調子になりますように・・・、そんな気持ちも入っています。

IMG_4471

また昨日仕入れてきた酒器をギフト用に販売するための企画ものもnonkoの仕事です。
酒器の色により、また蔵元様のイメージにより企画させていただいてます。お土産用などにも人気のオリジナルギフトです。

IMG_4472

今日はとっても嬉しいご案内があります。
大町のワイン醸造でお世話になってます「スイス村ワイナリー」様より、「大町メルロー」が入荷しました。
営業・石澤様いつもありがとうございます。

IMG_4473

IMG_4474

「大町メルロー2013」
これはnonkoのイメージでは畑仕事から帰って気軽に飲んでいただきたい!そんな気持ちを込めてラベルを作りました。
現在販売されてる大町のワイン「仁科メルロー2012・仁科シャルドネ2012」とどう違うのか?それは「樽熟誠」していないため、果実味がそのまんま楽しめる赤ワインなのです。その分価格もお求めやすい価格になっています。
暑い日、畑仕事が終わった後に冷やされたメルローを晩酌に・・・
これは地元の方々に飲んでいただきたい、そしてどなたが見ても「大町のぶどう畑」とわかる風景、そして「大町ぶどう生産組合」の皆様のお名前がひと目でわかるラベルです。デザイン性は全くございませんが、ぶどうを栽培されてる皆様の思いをラベルに表現してみました。
是非お気軽にお楽しみいただければ幸いでございます。
明日のホワイトデーでも、軽く楽しめる女性向の一本かもしれません。
スイス村ワイナリーの営業・石澤様には本当にご尽力いただきありがとうございました。もちろん21日の試飲販売会でもお出しさせていただきますね!

IMG_4491

IMG_4494

今夜はすき焼きで早速試飲です。
美味しい軽さのある赤ワインで、どなたにでも気軽にお楽しみいただけると思います。
仁科メルローと飲み比べていただくのも面白いかもしれませんね!
IMG_4484

夕方には矢野様も足利より軽トラで大町へ!
これでいよいよワインぶどう畑に通われる準備も着々と進んでいるようです。

IMG_4437

IMG_4435

急遽大阪へ仕入れに行ってました。
関西はすっかり春の陽気で汗だくですよ〜
欠品が出ると次から次から足りなくなるものが発生し、どうにもならず飛んで行きました(笑)

IMG_4442

食品類1軒、販促物3軒をまわり、最後はナンバの道具屋筋へ・・・
やはりピンク色や桜の販促物が出回っていますね!

IMG_4439

その流れで大阪の台所「黒門市場」へも・・・
ここを自転車乗って走れるのはやっぱり大阪のオバチャン!

IMG_4438

フグはやっぱり「太政」様ファンのnonkoです

IMG_4440

価格もうなぎ上り〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_4444

また面白いお店も発見です!
全国の「旨いもの」じゃなく、特産の「調味料」なんです。これは凄いですよね〜〜〜!
ここまでこだわりが出て来てるのでしょうね・・・、勉強になります。

IMG_4446

昨夜は遅くに岐阜県土岐市のお取引先様の近くに宿をとり、ようやく大町を出てからゆっくりと座っての食事。
お宿で地酒が飲みたいと言うことをお話しすると、こちら「心斎橋」様をご紹介いただきました。
これがまたお笑いのお店でして・・・
ご主人様は大阪にいらっしゃたことがあるそうです。そしてお酒は兵庫のものばかりで〜〜〜

IMG_4448

でも最高の「鰻の白焼き」を楽しませていただきました。
写真奥に見える頭の部分は、口を持って食べると骨がきれいに抜けるのです。
とにかくビックリの味わいで、この鰻を食べるために土岐へ行くのもいいかもしれません。
ポン酢とわさび醤油をご用意くださいましたが、ふり塩だけで十分な美味しさです。
素材の良さを感じるものは、できるだけ素朴にいただきたいですよね!

IMG_4447

鰻が美味しければ肝も美味しいに決まってますよね!
期待通りの美味しさで、やわらかくで濃厚な味わいは疲れを飛ばしてくれました。

IMG_4453

IMG_4452

そして何よりも常連様とご一緒に楽しませていただき、とっても楽しい夜でした!
お客様に焼酎やビールをご馳走になり、nonko久しぶりにほろ酔い気分でした。
土岐の地酒は無かったですが、それ以上に面白い店主様、優しい女将様、この方々に惚れ込まれて通って来られるお客様も素敵でした。大通りの裏にあるお店なので、地元の方が多いお店だと思います。
名刺交換もしっかりさせていただきましたよ〜〜〜
皆様ご馳走様でした!

IMG_4454

今朝は朝から焼き物のお取引先様へ

IMG_4456

帰りには店主が迎えに来てくれ、しっかりとアウトレットでお買い物していました。
店主は赤が好きなんですよね〜

【鰻・創作料理 心斎橋】様
岐阜県土岐市泉大坪町1-21
TEL:0572-55-4675
営業時間:11:00〜13:15、17:00〜21:00
定休日:水曜、第3水曜は水・木連休(祝日の場合は夜のみ営業)

IMG_4380

昨年漬けたnonkoの野沢菜漬けです。
まだ青々としてるでしょう。
そして味わいもビックリ仰天です。
塩辛さと言うよりも「旨味」がすごく出てるのです。
今回の野沢菜漬けは自然海塩「海の精」だけで漬け込み、鷹の爪も入れるの忘れ、灰汁抜きの黄ザラも一週間後に少し入れただけなんです。それでこの味わいになるのが信じられません。
昨日樽から出す時に、きっと酸味が出てるだろうな?って思ったのですが、今まで出して食べてた中でも一番旨味が出ています。これって「手前味噌」みたいですけどね(笑)
でも心当たりがあって、海の精は食材に対しては浸透性がはやいのですが、熟成(味噌など)にかけては意外と遅いのです。でももの凄く食材の旨味を引き出してくれるのは確かです。
恐るべし自然のお塩のパワーですね!

IMG_4382

昨日はちょっと閃いて「野沢菜湯葉ちりめん」にしちゃいました。
キッチンでご飯を入れてふりかけながら味見をするnonko(笑)

IMG_4384

信州と京都のコラボという感じ!
ご飯がやめられない〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_4388

今日の大町は晴天!
こういう日は市外のお客様も沢山ご来店いただけます。
お酒をこよなく愛される松本の「酒宗夜」様御夫妻、いつもながらに後ろ姿が何とも素敵です。
今日は葛温泉「御宿かじか」様の温泉に入って来られたそうです。雪見風呂が素敵だったのではないでしょうか
松本から大町ってちょっとプチ旅行気分かな?最近松本のお客様がとっても多くなりました。

IMG_4389

またいらして下さいね
アッ、ご到着!
毎年観光バスを横付けしてご来店いただくお客様です。

IMG_4391

わぁ〜、nonkoをおぼえて下さってってありがとうございます。きっとHP見ていただいてるのですね

IMG_4392

IMG_4393

IMG_4390

店内も試飲台も大賑わいで、毎年ありがたいです!

IMG_4395

皆様にお礼を言いたくて観光バスに乗り込んじゃうnonko!失礼いたしました
でも本当に嬉しいです。毎年ありがとうございます。

IMG_4397

窓からも手を振って下さり、胸が熱くなる瞬間です。

IMG_4398

お気を付けてお帰り下さいね〜〜〜!

IMG_4373-1

そろそろ店内は「桜」のシーズンを取り入れ始めました。
お店って一足早い季節の先取りですものね!

IMG_4386

そろそろ移動の季節ですね。
今日も退職される方へのギフトが出ました。
このような場合には桜のピックを使わせていただいてます。

IMG_4387

日本酒や焼酎の場合には稲穂を一緒に組ませていただきますね。
お酒や食品などの詰め合わせはお客様のオリジナルでどうぞ!
ご相談に応じて色々とご提案はさせていただけると思います。是非お気軽にお声掛け下さいませ。

IMG_4399

午後からは「大町ワインぶどう生産組合」の組合長西山様と事務局長原田様にご来店いただき、近々に発売されます「大町メルロー(ノンバリック」のワインラベルをみていただきました。

IMG_4347-1

これで〜す!
とってもわかりやすいラベルです。
nonkoの思いは、「北アルプスの麓のワインぶどう畑」をイラスト化したかったこと。
そして栽培されている皆様のお名前を入れたかったことです。
そして品種もわかりやすく、どなたに見ていただいてもわかっていただけるようなものにしたかったのです。
とにかく地元の方々に飲んでいただきたい、オジちゃん、オバちゃんに気軽にお楽しみいただきたい、そんな思いを込めたラベルにしました。
明日スイス村ワイナリー様へお持ちしますので、近々には発売させていただけると思います。

IMG_4403

夕方になると・・・(笑)
今日は何があったのでしょう(笑)
矢野様ほろ酔い気分(笑)
思い返せば約一年、長いようで短い期間でした。
長年栃木の「ココファーム」様で、ワイングローワー(栽培・醸造スタッフ)をされていました。
大町でワインぶどうを栽培され、将来はご自分のワインを・・・
今まで静かに彼の決断される日を待っていました。大町じゃなくてワイン特区を選ばれたほうが将来ワイナリーをされるのならいいのではないか?そんなお話をさせていただいたこともあり、大町はそういった意味では厳しいのでは・・・、それがnonkoの本心でもありました。
長野県内で色々迷われたかと思いますが、最終的には親子三人大町を選んで下さいました。nonkoも良い事ばかりは言えません。やはりお一人での移住ではなく、ご家族ぐるみでのこと。ご家族で生活されるためにはこれからが大変です。でも当店のお客様のご協力もあり、なんとか頑張っていかれるレールがひかれようとしています。
今日もぶどう畑をされる地元の方々との交流があり、とっても良くしていただいたとお話しして下さいました。今後は「大町ワインぶどう生産組合い」に入っていただき、組合員の皆様とご一緒に頑張っていかれることともいます。当店にはちょくちょくとご来店ですので、是非ご機会がございましたらよろしくお願い致します。まずは大町にワインぶどうをい〜っぱい植え付けされる日が来ることでしょう。長男「そうた」君も、随分大町になれてくれ、店主のことを「オジちゃん」と言ってくれるようになりました。明日は軽トラックを運ぶために栃木へ一旦戻られます。

IMG_4408

わぁ〜大きいね!
今夜は矢野様ご一家と「ヒマラヤンシェルパ」様へ
長男そうた君も随分大町になれてきたね。そのうちnonkoもバ〜バって言われたらどうしよう・・・
店主は既に「オジちゃん」です(笑)

IMG_4412

今日はアンパンマン食べたね!

IMG_4413

子煩悩な矢野様でしょう。
これから「大町ワインぶどう生産組合」にも入られ、バタバタされると思いますが、出来る限りのお手伝いをさせていただければと思います。
お見かけされたら「矢野さん?」ってお声掛けしてあげて下さいね!
何卒宜しくお願い申し上げます。

IMG_4348

スノーシューとストック!
今日は当店のお客様が鷹狩山へトレッキングへ行かれました。
nonkoも行くつもりだったのですが、昨夜スノーシューを履いたら転んじゃって、これじゃ皆さんに迷惑がかかるのが目に見えてました。だから今回は直前の断念です。

IMG_4350

でもこうやって背負わせてもらって行った気分(笑)でもないか・・・

IMG_4356

皆様装備を整えて行ってらっしゃ〜い!

IMG_4358

金蘭黒部の村山杜氏様はモモちゃんを連れて行かれるって〜

IMG_4361

モモちゃん大丈夫?

IMG_4362

ヒマラヤンシェルパのラマさんの息子さん可愛い〜〜〜!
子供用のバックパックがあるのですね

IMG_4363

気を付けてね〜〜〜!

IMG_4367

夕方ほろ酔い気分の皆様、当店店頭でお疲れ様〜〜〜!
nonkoお手製の豚汁どうぞ
鷹狩山からは北アルプスが少し見え、市内はとっても綺麗だったそうです。

IMG_4369

IMG_4371

IMG_4368

楽しそう!今度は絶対に行きたいな

IMG_4341

今日は朝からお世話になってます「穂高パソコンプラザ」様でワインラベルと格闘です!
どんなワイン?
大町で頑張ってられる「大町ワインぶどう生産組合」の皆様が手間暇かけて作られた、赤ワイン用ぶどう品種「メルロー」のラベルです。
現時点では樽熟成の「仁科メルロー」「仁科シャルドネ」はございますが、今回のものは樽に入らない「ノンバリック」です。

IMG_4344

nonkoはデザイナーではありません。
でもぶどう栽培をされてる方々の想いをこのラベルに表現したいのです。
デザイン性は全くないと思いますが、組合の皆様と相談しながら作っていきたいと思います。

IMG_4345

う〜〜〜迷う・・・

IMG_4346

迷い出したらキリがないです。
どなたが見られても、全ての生産者の皆様のお名前がわかるように仕上げたいのです。

IMG_4301

昨日は大町市郊外にございます、「大町ワインぶどう生産組合」の皆様のワインぶどうの剪定等の講習会に参加させていただきました。

IMG_4284

IMG_4288

朝からの雪でどうなることかと思いましたが、何とかワインぶどう生産組合事務局長の原田様のぶどう畑で無事に終わりました。

IMG_4281

まずはこれ!
何かおわかりですか?
凍害の予防でこのような缶に入ったチップを灯油で燃やすそうです。
でもコスト面、臭い、早朝の労力など考えるとなかなか大変です。

IMG_4282

そのようなお話を県の方からご案内下さったのですが、実際にはコスト面が厳しいのが現実です。

IMG_4286

やはり原田様が言われるにはこれ!
ワインぶどうの木に藁を巻くのが一番だそうです。
手間暇はかかりますが確実だそうです。ただこの藁を確保するのがまた大変なのだそうです。
IMG_4285

その後いよいよ剪定の講習です。
剪定は実ったあとの新梢を切ってしまうのですが、栽培家様の考え方、またその場所により様々なのです。
大町はこれからの時期に剪定を始められます。

IMG_4291

講師はず〜っとお世話になってられる松川の平林様です。
昨年の新梢のお話しから始まり、芽かきの事等も今の状態でわかります。
原田様の今の土壌では今後どのようにワインぶどうの木を育てて行けばいいのか、お話を聞いているとなるほどな〜って思います。nonkoも色々なぶどう畑を見学させていただいてるので、その場所場所での土壌も違い、皆様色々と勉強されてるのが良くわかります。凄い事だと思いますよ〜

IMG_4294

ぶどうの木の切り口ってキーウイみたいでしょう。
今はこのまんまですが、もう一ヶ月もすればここから水がポタポタと落ちてきます。
そうすると根が動き出して、新芽を出してくれるのです。

IMG_4296

剪定後はこんな感じですが、まだまだ冬眠中なので誘引が出来ないのです。水があがり出すと、枝もやわらかくなるようで誘引が始まります。

IMG_4300

まだまだ寒い大町ですが、そろそろお天気が良くなるとぶどう畑で剪定作業をされることでしょう。

IMG_4325

そして夕方より場所を変えての懇親会です

IMG_4312

カンパ〜イ
音頭をとっていただいたのは、イッシーこと「スイス村ワイナリー・営業石澤」様です。
昨夜は工場長の内方様の運転手様(笑)

IMG_4306

そして新しいお仲間もご紹介でした。
栃木県足利から移住されてこられた矢野様です。

IMG_4307

約1年でしたね〜、当店にも何度かご来店いただき、色々なお話しもさせていただき、最終的にはご家族様で決断されたようです。嬉しいです、大町を選んで下さってとっても嬉しいです!

IMG_4310

大町のワイン「仁科メルロー2012・シャルドネ2012」そして、矢野様の醸造されていたワイン、そして真ん中が今回初披露の「大町のメルロー」を使われた一本です。

IMG_4315

初披露のワインは色がとっても綺麗です
香り良く、飲み口は初心者の方でもOK!最後にはしっかりとタンニンを感じる一本で暑い日に冷やしてお楽しみいただければよろしいかと!

21日(金)の試飲販売会にはご披露させていただけると思います。

IMG_4318

左からワイン組合長の西山様、スイス村ワイナリー・営業石澤様、事務局長原田様、栽培講師の平林様

IMG_4319

お二人良いお顔!

IMG_4322

これは凄い場面です!
左より平林様、矢野様、そしてスイス村ワイナリー工場長の内方様、きっとnonkoでは理解できない難しいお話しなのでしょう。大御所ですね!

IMG_4326

今回は店主も参加してくれ、スイス村の内方工場長様をザックバランなお話しです。これって本当に大切な時間です。
スイス村ワイナリー・内方工場長様とっても素敵!
本音でお話しできる方なんですよ〜、nonko大ファンです

IMG_4324

イッシ〜〜〜、運転手さんご苦労様
食べなきゃ飲めないものね〜

IMG_4320

昨夜のご縁忘れることの出来ない日になったように思います。
大町ワインぶどう生産組合の皆様も、また今年頑張っていかれることと思います。
少しでも大町の方々に知っていただきたく思います。
また現在大町市内では大町のワインを取り扱ってる酒販店様は極々一部と当店ぐらいでしょうか?あとは特産館様でしょうか。
少しでも、たとえ赤白一本づつでもお店の店頭に置いていただければ嬉しいです。組合の皆様方頑張ってられます。ワインぶどうは決して簡単にできるものではございません。是非御理解の上、何卒宜しくお願い致します。

IMG_4274

前回ご案内させていただきました八坂の「熊襲瀧(くまそのたき)」別名:辺尾の滝(へびのたき)です。
またまた氷柱が大きくなっていました。
IMG_4275

IMG_4278

IMG_4279

氷の芸術、まだ少しのあいだは楽しませてくれそうです。
これも大町なんですよね〜
その後昨夜は「大町ワインぶどう生産組合」の皆様と、剪定の勉強をし、懇親会に参加させていただきました。

朝起きたら雪!
重い雪!
しかし今後の天気予報を見ていると、まだまだ降りそうです。
気温は上がってるので、くれぐれも落雪等にご注意下さいませ。

IMG00003

IMG_4223

今日のお天気、そろそろかな?ってnonkoの勘!

IMG_4254

行ってきました「宮の森自然園」
雪が多いかな?なんて思ってましたが、逆に圧雪状態で長靴で十分でした。

IMG_4224

木道はこんな感じです。
所々で踏み抜きもあるので、気を付けて下さいね!
nonkoのような体重がかかるとホント大変なんです(笑)

IMG_4235

出してる出してる〜、芽が出てる〜、「芽」じゃなくてお花の一部なのかな?

IMG_4249

ヨッコラショ!と言った感じでしょう。

IMG_4236

ほ〜ら、赤いお顔を出してくれていました。
【ザゼンソウ】
ザゼンソウは、ミズバショウと同じように湿地帯に咲く春の花です。花全体の形や色が、達磨大師が座禅を組む姿に似ているのでこの名が付き、ダルマソウとも呼ばれます。花からは、虫をよせつける物質が出ていて、悪臭がします。
そう聞くとあまり可愛らしい感じがせず、写真を見てもさほど美しい感じは受けませんが、実物を見るとミズバショウに負けないぐらい可憐で美しい花なので、人気があります。

IMG_4241

IMG_4238

可愛らしいお花でしょう

IMG_4243

IMG_4242

IMG_4245

IMG_4244

陽の光がとっても眩しい季節になってきました。
確実に春はもうそこまでやってきています。

IMG_4252

何の足跡かな?
動物の足跡探しも雪国ならではですね!

IMG_4234

ふと見ると「氷の幻術」も見せてくれます。

IMG_4231

こんな日には一本持って撮影もしちゃいます。
「白馬錦・雪どけ吟醸」の季節になりました。

IMG_4228

まるでスポットライトがあたっているようでしょう
サラサラと雪がとけていくような、優しい香りと味わいなんです。

IMG_4255

北アルプスの山麓にある「宮の森自然園」へ是非お出かけ下さいませ。
月末になりましたらもっといっぱい咲き乱れると思います。
昨年の様子はこちらからどうぞ!

IMG_4263

IMG_4264

もちろん帰りはMyベンツ!
「大町ワインぶどう生産組合」の皆様のぶどう畑を見て帰りました。
まだまだ冬眠中ですが、しっかりと「芽」らしきものが付いていましたよ〜

IMG_4270-1

今夜はこの雪どけを感じ、「春」を食べたい気分で和風パスタ!
昆布と一緒にパスタを茹でで、鷹の爪、ガーリックオイル、海の精だけで十分な旨味です。仕上げに柚子が何とも心地いいのは「木の芽立ち」おシーズンですね。
フキノトウ探しに行かなくちゃ〜

IMG_4221

春の売り場に変更するため、朝からレイアウトのし直しです。
早春から「春」へと変更するには、お品物も変えなければなりません。
この春は皆様に何をご提案させていただくのか・・・
ちょっと思い切ったことを考えてます。

IMG_4222

まだお品物が届いておらず、一部のみ陳列しています。
この春は〇〇〇を楽しもう!をキャッチフレーズに頑張るつもりです

IMG_4216

IMG_4220

それにはまず試飲です。
今日はお店でホタテの稚貝が出ていました。
「指で押さえて生きてるか確認してるのだ〜れ?」
この時期でまわるホタテの稚貝は、野菜を細かく切ってクリームシチューにした最後に入れます。
いっきに旨味が出るので早くて簡単なメニューなのです。
これは「スイス村ワイナリー・ソーヴィニヨンブラン2013」がバッチリです

IMG_4219

春は特に「肝」がいたみやすいので、牡蠣いいでしょう。
肝経は春の風の強いときに変動しやすく、「気」と「血」が上昇し、頭に至ると、精神不安、のぼせ、血圧の変動、眼や鼻のアレルギー、肝経は筋肉を支配するので、ぎっくり腰や寝ちがいを起こしやすくなるそうです。
特にnonkoは更年期障害が出るので、気を付けるようにしています。
気が上がり、のぼせると「ふきのとう」がいいんですよ〜
今夜はこちら「竹中缶詰・牡蠣」をトマトと一緒にいただきました。

IMG_4218

ワインはもちろん大町の「仁科シャルドネ2012」です。
燻製された牡蠣のオイル漬けは、シャルドネの樽香と絶妙な相性で楽しませてくれます。
はいはい、明日は休肝日にしなくちゃね!
今月21日(金)の「大町のワイン・仁科シャルドネ&メルロー2012」の試飲販売会です。是非お出かけ下さいね!

IMG_4204

皆様お酒がお好きなんですね〜〜〜!
わざわざ電車で穂高よりご来店のお客様、関東から松本へ移住される前からご来店していただいてるお客様、考えてみれば「定住促進」の相談窓口にもなってるかも?
今までどれだけの方がご相談に来られたことでしょう。皆様には全てドラマがあり、個々に個性もございます。いいことばかりは言えません、それは一生も問題でもあるかもしれないから・・・
でも何だか「良かったですね!」と言うお声掛けが出来るお客様ばかりで有難いです。
そんなお話もできるこの試飲台、もちろんお酒の試飲がメインですけどね!

IMG_4202

今日は昼間にこれでお楽しみいただいてました。

IMG_4203

健全な「火遊び」は、呑兵衛さんは皆様お好きなはず(笑)
こんな小さなミニコンロですが、これもけっこう優れものなのです。

釧路でゲットしたミニししゃもですが、こんなに小さくてもしっかりと脂をもってるのです。
地元産オスのししゃもです。

IMG_4205

やっぱりししゃもだけでは終わらないよね!羅臼のスケソウダラも美味しいでしょう
何だかんだ言いながら試飲をして楽しいお話しをすることが、ご自分の好きなお酒を見つけられる一番の得策だと思います。

IMG_4209

nonkoの今夜の酒の肴はこちら「若狭カレイ」です。
お取引先様の社長様からのプレゼント〜〜〜!
牡蠣の缶詰を作ってられる会社で〜す(笑)
若狭カレイって身に甘味があり、上品な味わいです。

IMG_4210

ワインはこちら「十勝ワイン」です。

IMG_4211

バッカスは北海道に多いぶどう品種ですが「モリオマスカット」は初耳でした。
店主いわく、イタリアワインでは当たり前、nonkoは輸入ワインは全くわかりませんから仕方ないか!
いいの、いいの、日本人だから日本のワインを楽しむんだ!

IMG_4195

カンパ〜〜〜イ
今夜は県外から就農で移住されて来られたお客様を囲んでミニ歓迎会で〜す。
チームヤマジュウのお客様方とも直ぐにお話しが盛り上がり、nonkoも嬉しい気持ちでいっぱいです。

IMG_4186

もちろんワインから
「宝水ワイナリー」様のケルナーは、とっても爽やかで澄んだ味わいです。
それまでに「千歳ワイナリー」様のケルナーも空けちゃったね(笑)

IMG_4191

「サッポログランポレール・ピノノワール」は凄すぎです

IMG_4188

「北海道ワイン」様のぶどう栽培家様のラベルが付いたもの、さすがの旨さです。
ぶどう品種は「ツヴァイゲルトレーベ(赤)」です。
その前に、藤本様のお名前の付いた「バッカス(白)」も一本空いちゃってたね(笑)

IMG_4190

こりゃ凄い〜!
キャンベルのサンスーフルは「藤野ワイナリー」様です。
これはメチャクチャインパクトがあります。説明によりますと、余市町登地区で無化学農薬、無施肥、不耕起の自然栽培でぶどう造りに挑むヴィニュロンが育てたキャンベルを1粒1粒選果しながら手で除梗し全体の70%は粒のままで、30%は房ごと発酵をさせました。仕込から瓶詰めまで亜硫酸無添加(サン・スフル)で行っております。と言うことです。
シュワシュワ感も凄く、もの凄いパワーのかたまりと言う感じです。色もとってもきれいです
特徴の大きなワインはおぼえてしまいますね〜

IMG_4196

〆はやっぱり信州の赤!
「アルプス・ダイナスティ メルロー&カベルネ」です。
これは当店大人気の一本です。
いや〜、今夜も呑みました(nonko以外ですが)

IMG_4189

おつまみはコレとチーズです
この生ハムはこのあいだ角藤農園・佐藤明夫様にわけていただいた試作品です。

IMG_4172

デッカイでしょう。持ち上げるのも大変大変!

IMG_4173

最初にナイフを入れたのは店主です。

IMG_4176

偶々ご来店のお客様がつまみ食い!

IMG_4179

IMG_4180

IMG_4181

何名かのお客様にご自分で切っていただき、ご試食いただきました。
こちら飯山の「みゆきポーク」で、旨味たっぷり塩加減最高の生ハムです。少しオリーブオイルを落としてブラックペッパーをトッピングしてもいいでしょう。
雪どけの頃、大町のワインの試飲販売会の時に使わせていただくつもりです。是非お楽しみにね!

このページのトップヘ