呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2015年01月

IMG_7515

IMG_7516

朝から昆布とカツオで出汁をとるのがnonkoの日課!
大町の水が助けてくれるからお料理がとっても楽しいです。
今夜は「やまじゅう新聞」作らないといけないので、ストーブ料理です

IMG_7517

グツグツと煮えるのではないストーブの熱は、出汁を濁らせないのでおでんにはバッチリですね。

IMG_7519

北海道余市のケルナーとバッチリの味わいです

IMG_7520

nonkoはジャガイモ大好き〜〜〜!!!
あ〜あ、まだ新聞できてない・・・

IMG_7521

IMG_7386

再び訪れた上田市「柳町」です。
以前は市街地の商業施設を見学に来ました。
今回はお蔵様へ新酒を買いにお邪魔しました。(こちらからどうぞ!

IMG02848

「亀齢・岡崎酒造」様です。

IMG02849

これだけの新酒が出来上がっていて、厚かましくも試飲させていただきました。
お米は長野県産「ひとごこち」が多いようです。

IMG_7387

素晴らしいお雛様が飾られていました。
信州に来てこのような年代物のお雛様を見せていただく機会がとても多いのも嬉しいです。

IMG02850

街道を散策してると、興味のあるものが集中してならんでいるのもありがたいです。
【保命水】
保命水は明治14年(1881)に海禅寺の境内から湧き出る清水を木管で引き込んだのが始まりです。昭和に入り上下水道が完備されるまでは、柳町住民の生活水であり北国街道を利用する人達の喉を潤しました。昭和42年(1967)に明治100年を記念し、保命水の水道史上重要な存在として後世まで伝える為大改修が行われました。

IMG_7378

岡崎酒造様に教えていただいたお蕎麦屋さん「おお西」様です。

IMG_7377

店内に入ると店主が「わぁ〜、被災前のヤマジュウそっくりだ!」なんて呟いてました。

IMG_7371

「そば前」、最近はこれが当たり前になってしまったnonkoです。
そばが来る前にチョコッと一杯飲みながらつまむ事を言うそうです。
山菜盛り合わせは迫力でした
右端は「ハリギリ」と呼ばれる「タラの芽」に似た山菜です。
苦味がきつく、灰汁?もあるのかな〜、食べ過ぎるとお腹にくるかもしれません。
苦味は冬にたまった体内の浄化ではあるのですが、少しまだ早いような季節です。
あたたかいお燗のお酒が心地良かったです。

IMG_7372

天ぷらは外せない「そば前」でしょう
ごま油が絡んでるのかな?やっぱろ関東風なのかな?
カラリと揚がっていて美味しかったですよ〜

IMG_7373

そばはまず一枚目がこちら、少しだけ殻も入ってるもので、どちらかというと都会向きの細いおそばです。
ツユの旨さにビックリです。でもね、これは個々の好みですから、nonkoが美味しいと思っても、皆様にはどうなのかはわかりません。

IMG_7374

二枚目は田舎そばです。
さすがドッシリ感があります。
IMG_7375

前者のおそばは「わさび」を付けて「ツユ」でいただくと美味しかったですが、こちらは「ネギ」をこうやってトッピングしてただくと美味しかったです。
「そばと薬味の関係」これも勉強の一つでしょう。
しっかりと二枚いただきました

IMG_7382

お酒をさますためにはまずはコーヒーを
お向かいの喫茶&食事「森文」様へ
呉服屋、郵便局と様々な形で使われてきた歴史深い建物だそうです。

IMG_7379

本当はラーメンが美味しそうだったのですが、さすがにおそば二枚食べた後なので「タルトタタン」をお願いしました。nonkoは結構タルトタタンにはうるさいんですよね〜
鍋で作られるものではなさそうです。その分焦げ目のような味わいはなく、このようなタルトタタンは初めての味わいです。ウンウン、美味しいです
そして店主が目の前でチョコレートケーキと格闘してるではありませんか?
どうしたん?

IMG_7381

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、この「ガトーショコラ」凄すぎです
お店のオジサマが焼かれているそうです。
甘いものはとことん甘く!その思想があるようです、納得納得
即、残りのものを分けていただく交渉に入り、残りは販売していただきました。
3個分ブロックのまんま
そしてお店に持って帰り、お客様にもぜひご試食を!!!
この味わいのガトーショコラは初めてです。嬉しい味わいですよね
IMG_7383

お向かいの和菓子屋さんがまた気になる〜〜〜

IMG_7384

どれにしようかな〜、揚げ団子、さくら団子、みたらし団子、草餅、すあま・・・、買っちゃった!

【柳町】

IMG_7407

北アルプスの麓、本日「白馬錦・薄井商店」様のしぼったまんまの新酒を雪の中に埋め込まれる作業がございました。
そうです、雪中埋蔵酒です!
今日は快晴というお天気に恵まれた中、お蔵様の皆様が地元建設会社の方々とご一緒に無事作業を終えられました。



【動画】

IMG_7440

お蔵様より運ばれたお酒を皆様でコンテナに乗せていかれます。
私共が使用してるお酒の箱は一升瓶6本入りですが、こちらは8本入りです。それだけでもきつい作業でしょう。

IMG_7435

埋め込まれるお酒はこちら「純米吟醸無濾過生原酒」
当店は9割がこちらの無濾過生原酒をお買い求め下さいます。

IMG_7433

そして昨年大好評だった「純米無濾過生原酒」です。
前者に比べ価格は若干安いのですが、高い安いではなく、熟成具合が違うので飲み比べされるお客様が大変多かったです。今年も当店限定でご案内させていただく予定です。

IMG_7457

IMG_7442

クレーン車でこちらの中まで運ばれていかれます。

微々たる操作が凄すぎです!

IMG_7443

IMG_7454

こうやってパズルのように組み合わせていかれ、最後にはまわりを固定されるための骨組みを作られます。
お蔵様と建設会社の方々とのチームワークも凄いですね

IMG_7460

骨組みができたらコンパネでまわりをしっかりと囲われます。

IMG_7462

その上からビニールシートをかぶせていかれます。
雪といえども、石の塊のような状態になってしまうので、万全な状態に保たれる作業も大変だと思います。

IMG_7471

最初はこのようにまわりから雪を静かに入れ始められます。
この時点でもうお昼前ですよ〜



【動画】

IMG_7495

IMG_7485

最後にこうやって埋め込まれていかれます。
事務の窪田さんとnonkoは先に失礼させていただきましたが、お天気とはいえ大町は寒いです。
足元からジワ〜ッと冷えてきますよ〜〜〜

IMG_7473

白馬錦様の皆様お疲れ様でした。

IMG_7477

松浦杜氏様の笑顔がとても素敵でした
きっと埋め込まれたお酒の出来は上々だったことと思います。

白馬錦・雪中埋蔵は「埋蔵金を埋める感覚ね!」と「白馬錦・薄井社長」様。
最近は雪に埋められる蔵元様が多いですが、そのスケールと迫力は日本一じゃないでしょうか。
純米吟醸無濾過生原酒は一升瓶で3,720本、当店限定の純米無濾過生原酒は一升瓶で80本です。
低温で熟成していくということは、とってもフルーティーな吟醸香のある逸品になること間違いございません。
掘り起こしは5月下旬、発売は6月6日でございます。(もしかして針ノ木岳慎太郎祭の前日!)
ぜひお楽しみに!

IMG_7365

IMG_7366

クックックッ・・・、雪は重機にて除雪していただきました。
やっぱり力の凄さは重機ですね!

IMG_7369

午後はここだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
店頭の屋根の雪も緩んで怖いです。
お客様の上にでも落ちてきたら大変ですよ〜
雪って緩むととっても重いのです。腰やっちゃいそう〜〜〜

IMG_7353

IMG_7356

IMG_7358

IMG_7364

今朝は気温がゆるんでいます。本来なら「雪」、でも雨が降ってるの〜、怖いぐらいに・・・
当店裏の酒の倉庫の屋根ユキが落ちちゃいました。
軒下を歩かれるときにはご注意下さいね!

IMG_7346

IMG_7348

IMG_7347

「今年もやってるね〜!」ってお客様のお声かけしていただけるようになったオリジナル〆縄作りです。
こちら来月11日の初午の日に発売させていただく「白馬錦・純米吟醸初午寒しぼり」に付けさせていただく〆縄なのです。
これを初めてかれこれ何年になるのかな〜?お客様は覚えていて下さっているのですね〜

IMG_7345

和紙も切って折ってくっつけて・・・(笑)
出来上がったら「若一王子神社」様へお参りに行って付けさせていただきますね。
ただいまご予約も承らせていただいてま〜す
詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_7335

IMG_7337

昨年漬け込んだ哲ちゃんの南高梅、とっても好い色に漬かりました。
ここ最近の日差しがとっても眩しく、そろそろだな〜って思ってます。
日照条件が変わってくるこの季節、「気の上昇」を鎮めてくれる梅の酸味、冬に身体にたまったものを解毒してくれる自然海塩の「にがり成分」「梅の灰汁」しっかりと感じる味わいになって良かった!
冷え防止、お酒を飲む方の「肝系」をも守ってくれる日本人ならではの食ですね。今年の味わいは、天候の関係で干す時期が遅れ、長期に紫蘇の中にいました。なのでより「にがり」の成分を感じます。

10513355_770619599695427_8289290885419901452_n

昨夜北穂高のフレンチレストラン「ラトリエ・デ・サンス」様にて開催されました「地元酒蔵の逸品酒と料理のマリアージュ」に参加させていただきました。

IMG_7321

出品されたお酒は極々よく見かけられるものが多いと思いますが、これほどまでにお酒とお料理の相性を考えられた日本酒会は今までなかったと思います。通常の「日本酒会」と言うのは、日本酒が主体となり、あまり手に入らないような言葉の付けられたものが多いはずです。「○○しぼり」とか「○○直汲み」「中採り・・・」そのようなラベルが斜め貼りされてる限定酒が多いはずです。しかしながら今回はオーナーの足立シェフが普通に手に入るお酒を各お蔵様ごとにチョイスしていただき、お料理を考案されたのです。
一番右の「北安大国・純米吟醸優秀賞受賞酒」以外は、普通に手に入るものばかりでしょう。

IMG_7324

まさかデザートにもしっかりとこちらの一本をチョイスして下さいました。

IMG_7296

グラスはす全てこのようなワイングラスをご使用下さいました。

IMG_7295

メニューにはお蔵様のひと銘柄につき、お料理がセッティングされています。
お料理に対してお選びいただいたお酒がどのようにマッチングするか、これだけ真剣に勉強できたのはnonkoの今まで参加させていただいたお酒関係の会の中では初めてです。お料理をいただきながら、これは相当試行錯誤されたのではないかと感じます。

IMG_7300

ラトリエ・デ・サンス 足立シェフとの出会いは、偶々お邪魔させていただいた時にいただいた「パンケーキ」が始まりでした。
以来、ダメ元で昨年当店が開催させていただいた「クリスマスワイン会」の時に、ケータリングでお願いさせていただいた「レバームース」や「パテ」の味わいにすっかりファンになっちゃいました。
昨夜のお料理には足立シェフの人柄さえ感じる、一品一品がキャッチボールをしているような感じで楽しませていただきました。

IMG_7305

IMG_7315

「 EH酒造・幻の酒 純米吟醸」の熟成香が人参の甘さをより引き出してくれてます。鶏のコンソメジュレもいいアクセントでした。

IMG_7306

信州サーモンとホタテのマリネ タルタル仕立ての中に若干の卵黄が入ってるそうで、より味わいにコクが出てるような気がします。氷見直送の真サバをフランボワーズビネガーでマリネされる発想が凄い!サバ嫌いの店主が「絶品!」と言ってペロリです。
これらのお料理を「大雪渓辛口本醸造」にピッタリ合わせられました。お酒の温度に感心いたしましたよ〜、さすがです!

IMG_7307

れが本当に真サバなの?と言う味わい。氷見直送だそうです!

IMG_7308

信州サーモンとホタテが隠し味の卵黄によりコラボしています。

IMG_7310

サービスして下さる大東様、fbでもお友達で〜す。
このお仕事とってもお似合いだと思いますよ

IMG_7312

福味鶏のソテー アサリと生のりのスープ仕立てです。
鶏肉は単独でも美味しいのに、ほんのり磯の香り、アサリのスープが濃厚でとっても美味しいです。ここには「金蘭黒部 純米酒 愛醸純醸」がピッタンコ!次回はぜひ金蘭黒部・村山杜氏様の合鴨を使っていただきたいな〜、是非是非

IMG_7313

こちらたまりませ〜〜〜ん
氷見直送のヒラメを「カダイフ」という細い春雨のようなものを巻かれ焼かれたものに、奥能登産の牡蠣のソースです。これ凄すぎです!!!!!
パリパリの食感にソースが絡み、ヒラメの味わいを一気に盛り上げていました。「白馬錦・きらり純米酒」のかすかに香る熟成香と牡蠣の風味が凄くマッチングでした。

IMG_7317

ヌヌヌ・・・、グラスがとってもお洒落でしょう。
毎年あっという間に完売する「北安大国・純米吟醸優秀賞受賞酒」
こちらは毎年秋に開催されます「関東信越国税局清酒鑑評会」にて連続優秀賞を受賞されてる一本です。
上品であと味スッキリの純米吟醸で、甘口蔵の大国様の味わいの中では珍しいタイプの味わいです。

IMG_7316

きましたね〜〜〜「お肉料理」
大国様のお酒に合わされたのは「安曇野産小岩嶽農場の牛リブロースです。お肉でこんなに食感があり、旨味が凝縮されてるものは初めてでした。リブロースって言われるから、メチャクチャ脂っこいと思っていたnonkoでした。

IMG_7319

同じ食材でもソースの味わいによっては本当に色々と楽しませていただけるのです。

IMG_7322

お酒を飲んでると最後に甘いものがほしくなるのは当たり前です。でもスイーツとお酒を合わしていただくのは初めてでした。
お酒のアイスや酒粕を使ったものは多くありますが、スイーツはやっぱり本来の味わいでいただきたいと思われませんか?スッキリした「福源 純米吟醸無濾過生原酒」がその役目を果たしてくれました。シューの中にはチーズ風味の「フロマージュブラン」、フルーツバターケーキの上には「くるみのジェラート」
美味しすぎでしょう〜〜〜〜〜〜〜〜!
いや〜、昨日は本当に勉強させていただきました。
当店は無濾過生原酒のお取り扱いが多いので、こうやって火入れの定番酒を飲む機会が本当に少ないのは確かなのです。
久しぶりにこのようなお酒の味わいを確認でき、お料理とのマリアージュを考える機会はそうあることではございません。色々なお酒関係の会が多い中、これだけ真剣にお酒をお料理に向き合っていただけるシェフはそういらっしゃらないと思います。

IMG_7328

会が終わると座席を変えて、代行が来られるまでちょっとワインなんてね〜
「スイス村ワイナリー・ソーヴィニヨンブラン2013」です。
やっぱり凄いスイス村さんのスーヴィニヨンブラン

IMG_7329

やっぱり食べたい「パンケーキ」です。
夜の単品メニューでも見つけちゃった

【ラトリエ・デ・サンス】様
長野県安曇野市穂高北穂高2845-7 ツインオークス内
TEL: 0263-88-2757

IMG_7259

今日は毎年楽しみにしています「五一わいん」様の活性にごりワイン「ヴァンブーリュ」が入荷してきました。
毎年バレンタインのプレゼントに使われるお客様も多いです。

IMG_7256

これだけ入荷しても半分以上はご予約なので、あっという間に売り切れちゃう人気ワインです。

IMG_7273

今夜は店主が「白身魚の鍋」とリクエスト、鯛がなかったので真鱈の鍋
ヴァンブーリュはとてもじゃないですが、鍋には厳しいのです。

IMG_7278

これでいいの!!!
申し訳ないですが、カジュアルにランチぐらいでお楽しみいただけるようなワインです。
なので、軽い感じのパン系によく合います。

IMG_7276

旨〜〜〜〜〜〜〜〜〜い!!!
今年の味わい、白はとっても爽やかで透明感のある味わいです

IMG_7280

赤の方はコンコード主体なので、甘〜い、濃潤な味わいですね。
どちらも発酵途中のワインなので、要冷蔵ですよ〜
今でさえ「保存温度5度」とは表示されていませんが、10年ほど前はそうだったんです。
まさかと思い、カバンにそのまんま入れてデパ地下でお買い物していたら、吹き出しちゃった代物です(笑)
店頭販売分もございますので、宜しかったらぜひどうぞ!

IMG_7242

カンパ〜イ!
昨夜松本の「ホテルブエナビスタ」様で開催されました「しぼりたて新酒を楽しむ会」です。
呑んだ呑んだ〜〜〜、やっぱりお蔵様とお話しさせていただくと楽しいですし、呑んじゃうのです(笑)
でも今朝は二日酔いなし!楽しい酒は悪酔いしないですね〜
今回は「松本酒造組合」様が主催で、中信地区のお酒の新酒を楽しませていただきました。

IMG_7198

開場後、開宴まではこのようなブラインドの利き酒があり、自分の好きなお酒を投票できるのです。
これ全部いただくととんでもないことになるので、まずは香りでnonkoは「ラッキー7!」
後の発表で多くの方が支持されていた一本だとわかり嬉しいな

IMG_7200

まずは「大信州酒造・田中社長」様よりご挨拶です。
今は日本酒ブームですが、今後メディアは次のステップへと取材内容が変わる・・・、そのような感じのお話をされ、nonkoも納得納得、とってもシビアなお話だと共感いたしました。やはり日本酒を支えていただくのは、飲んでいただけるお客様です。当店だって買っていただけるお客様です。
だから少しでもお蔵様より情報をいただき、お客様にご案内しなくちゃって思いました。

IMG_7203

なんでやねん〜〜〜!!!
なぜか店主が開催の乾杯の音頭をとらせていただきビックリ仰天です。

IMG_7208

私共のテーブルの乾杯酒は「山清酒造・朝しぼり」です。
こちらフレッシュ感の中に旨みが広がり、とっても軽快なの飲み口の一本でした。

IMG_7218

IMG_7220

宴は丸テーブルにご参加のお客様、お料理、まわりに各お蔵様のブースがございます。

IMG_7206

IMG_7213

IMG_7228

IMG_7233

数々のお料理と一緒にブースまわりのnonkoです。
とにかく忙しかった〜

IMG_7209

大町からは「白馬錦・薄井商店」様がご参加されていて、12月発売の新酒も旨味が広がる味わいとなっていました。

IMG_7216

「笹の誉・笹井酒造」様も頑張ってられましたよ〜、「純米吟醸・浜農場ひとごこち49%精白」は、品の良い旨みあふれる飛び抜けた味わいです。

IMG_7224

「亀田屋酒造店・吉田」様お久しぶりで〜す。

IMG_7222

こちらの一本がとってもnonko好みでした。
「純米吟醸原酒・無濾過ふなくち生酒」で〜す!

IMG_7225

IMG_7226

「大信州酒造」様、こちらの一本が面白かったです。
日本酒度プラス10の超辛口と表示されていますが、そんなに辛いと思えない味わいでした。これは何でなのかな?酸度が低いせい?日本酒の味わいってとっても不思議です。

IMG_7235

「真澄・吟醸あらばしり」ですが、熟成の雰囲気が「白馬錦しぼりたて生原酒」ととってもよく似ていました。

IMG_7215

今回最も驚いたのが塩尻の「笑亀酒造」様です。
店主共々目がテン
新しく杜氏に就任された森川杜氏様にお会いしたかったな〜

IMG_7210

お蔵様の各ブースをお邪魔させていただくと、いつの間にか単なる酔っ払いとなり、仕込み水に駆け寄る始末、しかしながらこちらの仕込み水まで「利き水状態」です(笑)
違うんですよね〜、お水の味わいも・・・、それがわかるのならそんなに酔っぱらってない?いえいえ、それは仕事としていつの間にか舌だけは敏感です。

IMG_7227

やっぱり大町のお水が一番無垢で好きだと思います。うんうん、大町びいきで〜す。
こういった会に参加させていただくことってとっても勉強になります。
酒販店からの目線も大切かもしれませんが、お客様の目線もとっても大切だと思うのです。
この先どんどんと吟醸のお酒が出来上がってきます。これからもっともっと楽しみですね。

IMG_7108

今年も中野市で「土人形絵付けコンテスト」が開催されます。
これは3月31日〜4月1日に行われる「中野ひな市」に協賛されてのイベントだと思っています。
中野市と言えば大切なお取引先様「勢正宗・丸世酒造店」様がございますが、まさにnonkoが土人形にハマるきっかけになったと言っても過言ではございません。
中野市の土人形には、「奈良家」と「西原家」の二つの流派のようなものがあり、前者の奈良様は江戸時代先代が京都の伏見人形にこころをひかれられ、人形型を譲り受け、さらには人形師を中野に招いて作り方を習い制作されたのが始まりと言われています。中野人形の型は、伏見人形の型が多く、中には博多焼(博多人形)から型抜きしたものもあるそうです。
中野の土人形を知ることで、京都の伏見人形の良さをも改めて知ったnonkoです。
さてそのコンクールですが、どなた様でもご参加いただけるのです。ただし絵付けは決められた場所でと言うことで毎回お世話になってます「まちなか交流の家」様で絵付けをさせていただきました。

IMG_7098

まずは焼き上げられたものに白塗りをしていただきます。
今回nonkoが選ばせていただいたのは「獅子付き力持ち(奈良家)」です。
何だか難しそうだな〜〜〜〜〜

IMG_7103

毎回3時間を過ぎると集中が途切れちゃうんです。でももの凄く集中できるので、この緊張感とっても自分の仕事にも生かせると思っています。今回のnonkoのテーマは、いつも着物の色になってしまうので、今回はちょっと違った色使いをしてみようと・・・
でもやっぱり3時間経ったころに行き詰まり〜〜〜

IMG_7106

こんな感じで許していただきました(笑)
この作品が「中野ひな市」の時に皆様の作品と一緒に展示していただけるのです。
それだけで十分嬉しいのですよ〜
絵付けにお邪魔させていただくのは毎回この時期、締め切り寸前です。
秋から年末年始がメチャクチャ忙しい当店は、今の時期でないと気持ちが集中できません。

IMG_7104

今回はとっても気に入った筆と出会うことができ嬉しいです。
たった一本の筆ですが、近くのお店で同じものをゲットしてきました。

IMG_7100

地元の方々の絵付け中途のものもいっぱいならんでいて、中野市がもっと近かったらな〜
無地のものも沢山ありますので、いつでも絵付け体験させていただけるのです。
こちら以外でも何箇所かで体験させていただけるので、ぜひご家族様でいかがでしょう。

IMG_7099

いつかはこのお雛様を描いてみたいのです。

IMG_7109

絵付けが終わるといつも決まってお邪魔させていただく「勢正宗・丸世酒造店」様です。
この日はボタ雪が降って、とってもいい雰囲気のお蔵様です。

IMG02706

IMG02707

今年はどんなの描いたの?って関社長様の奥様、本当にホッとさせていただけるお蔵様なのです。
今の時期はお酒造りで忙しいですが、お客様とのご縁を心より大切にさせているお蔵様です。
ぜひ暖かくなったら中野のまち歩き、お訪ね下さいませ。

*土人形コンテストご参加の要項はこちらからどうぞ!

IMG_7122

中野で土人形の絵付けの帰りに、地獄谷のお猿さんを見てきました。
可愛いですよ〜〜〜、お猿さんも温泉好きみたいです
こちらは冬の間は「上林温泉」より片道1.6キロ、このような雪道を歩くと「地獄谷野猿公苑」に着きます。

IMG_7126

野猿公苑に着くまでに見えてくる秘湯「地獄谷温泉・後楽園」様です。
まるで白黒の世界でしょう。
こちらの露天風呂にもお猿さんが温泉に入りに来るそうです。

IMG_7130


IMG_7132

間欠泉もすごい勢いで吹き出しています。
積雪がなければ素晴らしい氷のオブジェが見られるのですけどね!

IMG_7128

間欠泉の横で震えていたお猿さん一家?はやく温泉に入りなよ〜
後楽園様を横目に直ぐ野猿公苑の入り口があります。

IMG_7175

入り口でお迎えしてくれたお猿さん何してるのかな?

IMG_7133

ご案内などでよく見る場所には凄い人・人・人・・・

IMG_7144

ちょうど食事時間だったみたいで、撒かれた餌を雪の中から取り出してる光景がなんとも可愛らしいです。

IMG_7135



IMG_7138 - コピー


ヒョエ〜〜〜、急に立ち上がってビックリ、まったく人間を怖がってないのも面白いですよね〜

IMG_7140 - コピー


IMG_7143 - コピー


IMG_7141 - コピー

なんとも気持ちよさそうなこと

IMG_7154


IMG_7159

カップルかな?
何をお話してるのでしょう?

IMG_7151 - コピー


IMG_7152 - コピー


IMG_7153 - コピー


もう目の前でこれですから笑っちゃいます!
お猿さんって人間とそっくり(笑)

IMG_7162


IMG_7165


IMG_7173


お猿さんの世界もルールがあるようで、時には威嚇しあったり、仲良しになったり、見ていても飽きないお猿さんたち

IMG_7181

地獄谷野猿公苑へは上林温泉の公苑入口に駐車場がございますが、土日はいっぱいになる可能性がございます。ぜひこちらのほうをどうぞ!

IMG_7180

またこのようなカフェもできていたり・・・

IMG_7179

お土産物や長靴のレンタルショップもできていました。
ぜひ雪のある季節に温泉に入るお猿さん、見に行かれるのも楽しいですよ〜

IMG_7082

連日雪掻きで始まる大町の皆様本当にお疲れ様です。
nonkoは掻き方が下手なのと、雪道を歩くのがメチャクチャ怖いんです。怖いからよけいに変な歩き方になり、つい2.3日前に転んで腰痛(涙)
身体が大きいとダメージ「大」
今朝の北アルプスはとってもきれいでしたね
お昼前には雪煙もなくなり、全山きれいに見えました。

IMG_7086

IMG_7087

当店裏の土蔵や醸造蔵も雪がどっかりと積もっています。

IMG_7085

元馬屋だった建物がつぶれないかと心配

IMG_7088

土塀にこんな落書きみっけ〜
明治???以前こちらにいらっしゃった大庄屋さんかな?
時代を感じますよね〜、ちょっと調べてみようかななんてね!

IMG_7097

今日はとっても美味しい食材を見つけました。しかも安いし〜〜〜!
八坂高原の「雪下にんじん」です。
雪の中から掘り起こされて収穫されるのですが、とっても味わいが濃くって甘いのです
何度かお世話になってます「仁科農場」様の関係だと思いますので、ちょっとお聞きしてみようかしら・・・

IMG_7092

IMG_7094

これを見つけたら「クリームシチュー」ですよね!
カレーもいいのですが、店主には緑の野菜を摂って欲しいもので、ブロッコリーとスナックエンドウを入れてカラフルなクリームシチュー

IMG_7096

今日はホウレンソウも出ていてラッキーです。
雪の中で甘味を増した高原野菜、とっても貴重だと思います。
雪掻きは大変ですが、こんな美味しいお野菜達が安くで手に入るってありがたいです。

IMG_7061

IMG_7062

今朝の雪は重かったですね〜、土曜日と言うこともあり、どこのお家も朝から雪掻きをされてるところが多かったです。

IMG_7063

今日は朝から諸事情でこれらのお魚くんたちがやってきました。
手前からイナダ、鯛、メダイ、ウマヅラハギ・・・
さてと、どうしましょうか〜
とりあえず下処理を早くしなきゃ!

IMG_7067

メダイはオリーブオイルでサッと焼いて、当店2年熟成味噌のソースでいただきGood

IMG_7071

イナダはタタキ風のカルパッチョが一番量が食べられるのです。これnonkoのオリジナル(笑)

IMG_7074

鯛とウマヅラとイナダのアラを一緒に煮付!生姜をきかせて甘辛く仕上げると酒の肴です
今日は土曜日、入れ替わり立ち代わりお客様がご来店なので、ご一緒に楽しませていただきました。

IMG_7079

今は第二部!カレーうどんの巻

IMG_7051

IMG_7052

IMG_7058

またまたこの時期が来ました!
和紙、稲穂の下準備にかかっています。

IMG_7050

今年は2月11日(水)が「初午」となります。
既にご予約を承っていますので、詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_7053

今夜は残り物の夕食です。
塩紅鮭が残っていたので、ホウレンソウを入れてのクリームパスタ

IMG_7057

千切りキャベツは焼売と一緒に蒸せばGoodで〜す。
店主に火の通った野菜をどうにか食べて欲しいと願うnonkoです!

IMG_6975

大町からは反対側、富山から剣岳を見ています。手前の新幹線の高架も既に完成ってとこでしょう。
昨日は定休日、今年も五箇山の菅沼合掌造りを見てきました。

IMG_6981

トンネルを抜けるとそこは合掌造り!

IMG_7003

IMG_7005

IMG_7001

IMG_7002

IMG_6982

IMG_6984

IMG_6985

IMG_7006

IMG_7007

IMG_7008

IMG_7009

IMG_7020

IMG_7022

IMG_6987

「五郎平」様、いつもこちらでお世話になります。

IMG_6989

IMG_6988

IMG_6990

岩魚を焼いていただきましょう。

IMG_6991

焼けるまでお燗の地酒「三笑楽」と五箇山豆腐で一杯!

IMG_6992

IMG_6993

たまりませんよ〜、この時間!

IMG_6996

〆は温かな「栃餅そば」

IMG_7018

IMG_6998

IMG_6999

外では塩漬けの山菜を塩抜きかな?

IMG_7010

食後はこちら「茶房 掌」様

IMG_7012

窓が額のようになってるでしょう。とっても落ち着く茶房です。

IMG_7013

カップを選ばせていただけるコーヒー
束の間の至福の時間

IMG_7023

IMG_6974

素敵な時間をありがとう

IMG02612

大町にレトロな洋食屋さん「ハングリーボックス・ユキ」様がございます。
お店に入ると懐かしい香りがプ〜ンとただよってきます。
「ママ〜、オーシャンライス!」
これはシーフードのトマトスープスパゲティと言えばわかりやすいと思います。
要するに「オーシャンスパゲティ」に「ライス」と言う意味で、「ラーメンライス」みたいなものです(笑)
夏場はあまり食べないのですが、寒くなってくるとメチャクチャ食べたくなるのです。
濃厚なシーフード風味なのですが、コクのある旨味がたまりません。

IMG02610

海の幸が入っていても、コクのあるスープなので赤ワインでもOKです。
ハイ、昨夜は夜に店主とお邪魔させていただいたのです。

IMG0261<br>
5

これが美味しいんですよね〜〜〜〜〜〜〜!
恥ずかしいなんて言ってられません。食べなきゃ働けませんからね(笑)
IMG02616

スパゲティも少し残した状態で混ぜ混ぜするのがのnonko流です(笑)
このスパゲティは「パスタ」ではなく「スパゲティ」なんです。
よく「昔ながらの・・・」と言キャッチフレーズがございますが、ママさんいわく「この味しかできないから・・・」と。いつも変わらぬ味わいをご提供して下さっています。

IMG02617

ママさんご馳走様〜〜〜!

【ハングリーボックス・ユキ】様
大町市大町名店街内
TEL:0261-22-4067
定休日:日曜日
営業時間:11時30分〜20時

IMG_6936

IMG_6937

昨夜の雪が嘘のように晴れてきました。
今日はスキー日和のような一日になりそうです。
市内本通りは着雪もなく、まわりの雪もドンドンととけだしています。
しかしながら夕方にはいっきに気温が下がりますので運転手様はくれぐれもお気を付け下さいませ。


【動画】


【動画】

IMG_6884

今日は大町市消防団出初式が当店前で行われました。
沢山の方々が勇壮な行進をされていて、今年も新しい年が始まったのだな〜っと感じる日でした。
当店も商店街火災の時には大変お世話になり、命がけで消火活動にあたっていただいた記憶が鮮明に残っています。
牛腰大町市長様、県会議員様、市議会議員様が見守ってきただく中、団員の皆様が通られると市長様は敬礼!

IMG_6883

ラッパ隊の方々が元気いっぱい演奏をされる中、各消防分団の皆様が行進されて来られます。

IMG_6891

皆様キリッと足並みそろえて行進されてます。

IMG_6895

あっ、「串揚げ酒場 KAZAN」のナオ君!
目が合った〜、笑っちゃダメダメ(笑)

IMG_6888

IMG_6889

ちびっ子の皆さんも可愛いですね〜、拍子木も持って「火のよ〜じん」ってね

IMG_6890

Nさんだ〜〜〜、子供さんの付き添いかな?いつもありがとうございま〜す!

IMG_6900

日赤奉仕団の皆様もご苦労様です。

IMG_6875

IMG_6874

当店は毎年店頭に腰掛と温かな汁物をご用意させていただいてます。
今日は雪がチラチラしていましたから本当に見学のご家族様は寒かったと思います。

IMG_6908
IMG_6905

IMG_6913

div align="center">IMG_6914

IMG_6910

最後ははしご車も見学でき、ちびっ子さん方は大ハシャギでした。
雪降る中関係者の皆様お疲れ様でした。

IMG_6917

IMG_6926

IMG_6925

IMG_6924

いっきに雪が降ってきました。
しかもドンドン降り続いています。
まさかこのタイミングで雪掻きをするとは・・・
大北地方の道路情報はこちらからどうぞ!
18時現在高速道路は通行止めのところは出ていないようですが、今後の降りにご注意下さいね。
みなさ〜ん、車の運転は気を付けて〜〜〜

IMG_6799

関西の帰りに高山の新年会へ
元々大町に来るようになったご縁のある方々とご一緒です。
その頃いつもこの時期にこの場所へ出かけていました。
防寒対策さえしっかりとしていればどなたでもこの景色を見ることが出来ます。
「新穂高ロープーウェイ」

IMG_6806

IMG_6807

IMG_6808

IMG_6810

ロープーウェイを二度乗りつぐと2,156メートルの「西穂高口駅」です。
青空が見えてると本当に素晴らしいと思いますが、あっと言う間に変わってしまいます。
昔ボランティア時代、老夫婦がこの時期に西穂高まで登るので長靴を貸してほしいと・・・
そんな観光のお客様もいらっしゃったことがあります。
もちろん止めても行こうとされるので、警備隊の方で止められたとお聞きしています。
山の天気は変わりやすい、時にこの厳冬期は凄いのですよ〜

IMG_6812

アッ、穂高の稜線が見え始めた〜!
そう思うといっきに青空が無くなって来ました。

IMG_6813

IMG_6817

IMG_6820

IMG_6825

慌ててクマさん達と駅まで逃げました(笑)
積雪量は何メートルあるのでしょう。これじゃオープン当初のアルペンルートの室堂みたいです。
山の天気は本当に変わりやすいでしょう。

IMG_6794

nonkoの知り合いも元県警さんの救助隊にいらっしゃって、いつも遭難者の救助の話をしてくれていました。
岐阜県警ではこうような取り決めをされ始めました。
賛否両論はあると思いますが、良い事だと思います。

IMG_6809

海老の尻尾みたいでしょう〜、遭難で無くなられた方のお顔なんかにビッシリはり付いていることもあるそうです。
これからの雪山シーズン、くれぐれも慎重にお願い致します。

IMG_6833

IMG_6832

IMG_6838

冷えた身体を温めるにはやっぱり温泉ですね
何というアクセスのいいところにあるのでしょう「平湯の森」
高山時代からお世話になっています。元々のボランティアが平湯温泉にあったものですから(笑)

IMG_6841

館内ではお昼から夜まで時間関係なく郷土のお料理を楽しませていただけます。
パンフレットをいただいてまいりましたので、宜しかったらお声掛け下さいませ。
アッ、nonkoはもう大町のお店に帰ってますよ〜

【新穂高ロープーウェイ】
【平湯の森】様

018

初詣と言うよりも「えべっさん」は毎年1月10日に行われる商売繁盛の神様です。
昨日は午前中に3軒のお取引先様へ行き、午後から西宮神社様へ
11月の「大町えびす講」の時に、大町にも西宮神社様があるのですが、せっかくnonkoが関西なのでこちらにお参りさせていただいてます。
「商売繁盛で笹もってこ〜い!」ですね。
10日の早朝には「福男」誕生です。
宵えびすの1月9日の深夜十二時に神社の全ての門を閉じて忌籠を行い、10日午前4時の十日えびす大祭を厳修した後、午前6時の大太鼓を合図に表大門が開かれると、待ち構えた参拝者が本殿への走り参りを行い、到着順に一番福から三番までが福男として認証されます。

024

025
参道はまだ準備中のようですが、お参りさせていただき福笹をいただいて来なきゃね!

020

021

昨年の御礼と今年のお願いをさせていただきました。
022

本来ならこの奥に大きなマグロが横たわってるのです(笑)
今年は明日にマグロがやってくるようです。昨年は1日早くて、境内には入れなかったのです。
やはり9日、10日、11日なのでしょう。

026

毎年「鯛みくじ」を見てビックリ・・・、「吉」
お稲荷さんでは「末吉」、しかし書かれている内容が同じだったので鳥肌が立ちました。
「人がいないところでも手を抜かぬよう・・・」と・・・、何かの暗示なのか?心当たりがないから今まで通り頑張りますね!

027

大漁旗のようなものがいっぱい!これも景気よく感じますよね〜

028

ちゃんと「福笹」も買ったし、お稲荷さんの「福がさね」と一緒に「白馬錦・初午寒しぼり」のご案内をさせていただきますね。

031

この日の甘味は、大阪グランフロントのパンケーキ
食べちゃった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

034

松尾大社様の翌日は決まって「伏見稲荷大社」様です。
ここは京阪電車「伏見稲荷」駅を下車して、疎水の手前の空き地ですが、ここは以前市電の終着駅だったのです。
今でも超満員の市電に乗ってここで降りた時のことをおぼえています。子供心にまだかまだかと辛抱していたこともね!

035

伏見稲荷大社様の正面参道です。
小さな頃から慣れ親しんだ「お稲荷さん」です。
京都時代は商売繁盛の神様とばかり思ってましたが、「五穀豊穣」の神様でもあるのです。
今の仕事をするようになり、大町の「白馬錦・薄井商店」様が、初午の早朝からしぼって下さる純米吟醸をご案内させていただくようになり、こちらにもお参りさせていただくようになりました。

037
038
039

本殿にお参りをさせていただく時には、当店自社田んぼの稲穂を持って行きます。
この稲穂を使って「白馬錦・純米吟醸初午寒しぼり」に、nonkoオリジナルの〆縄をかけさせていただいてます。
その〆縄も出来上がると地元大町の「若一王子神社」様へお持ちしお参りをさせていただくのです。

043

狛犬じゃなく、狐さんなのです。金の稲穂をくわえているのが凄いでしょう

045

本殿のお参りが終わると、奥の院へ向かいます。
千本鳥居、お客様の中にはご存知の方も多いのではないでしょうか?

047

049

052

この雰囲気なら良くご存知なのではないでしょうか?
けっこうお客様から「ここ行ってみたい」と言われます。アクセスもいいので関東から日帰りでOKですよ〜

050

051

願い事は・・・
持ち上がる重さが思ってるより軽いか重いかなんです。
もちろん軽〜〜〜く上がりましたよ

058

昨日は雨だったので、参道も空いていて良かった〜
昔は「中の中までおたやんでございま〜す」って、棒の飴で中がおたふくの絵になってたのを買ってもらうのが楽しみでね〜、今は見かけなくなりました。

060

お稲荷さんは、参道で「スズメ焼き」を店頭で焼かれています。昔からの名物なのでしょうね〜、店主もスズメは頭が美味しいんだよ〜、なんてビックリする事を言ってます。でもやっぱり食べる勇気はないです(笑)
あとは「おいなりさん」の三角の揚げのお寿司です。
大町に来ておいなりさんが三角でないのにビックリでした。

061

お土産は初午の日に食べる「狐さんのお煎餅」で〜す。
今年の初午は2月11日、もしかして「大町あめいち」じゃありませんか〜〜〜
是非店頭で「白馬錦・純米吟醸初午寒しぼり」を、試飲販売させていただこうと思います。

02d08a14

ご予約のお客様には全てnonkoオリジナル〆縄付ですので、宜しくお願い申し上げます。

002

今日の甘味は京都の「二条若狭屋」様の「不老泉」です。
ちょっと胃腸が疲れてるような気がします。
お椀にあけて、熱湯を注ぐと、とろりとしたおいしい葛湯が出来上がります。小箱の絵柄によって中身が違い、3種類のお味があります。
・雪(松の絵柄)・・・真っ白の葛湯
・月(うさぎの絵柄)・・・抹茶風味
・花(花の絵柄)・・・善哉風味
善哉と抹茶は、お湯を注ぐと千鳥とあられが浮いてきます。
今朝は真っ白の葛湯、このシンプルさがありがたいです。

003

真っ白な葛湯はとっても素朴なのです。
冷めてもまた美味しい不思議な葛湯です。きっと素材が良いのだと思います。
そろそろお正月の疲れが出てくることではないでしょうか?葛湯いいですよ〜

022

京都に帰ってます。
写真は桂川、この上流が嵐山、左上に見えるのが「愛宕山」で、京都市民を見守ってくれています。
「愛宕さん」と呼ばれ古来より火伏せの神様として京都の人々に信仰を集めています。

011

そしてこちら「松尾大社」様はいつもnonkoが年初めにお参りさせていただくお宮さんです。
こちら有名な醸造の神様で、お酒造りのお蔵様では必ずお祭りされていると思います。

013

参道にはまだたくさんの露店がならんでいました。今年はいつもの年よりはやく来られたからね!

014

山門をくぐると毎年楽しみにしている大きな絵馬の絵、今年はなんともかわいらしい羊さんです。

016

手を清め、「撫で亀さん」にご挨拶し、nonkoの頭が良くなりますように・・・(笑)

020

横川商店のお取引先様が安全においしいお酒ができますよう・・・、またお店が繁盛しますように・・・

018

017

全国から沢山の献酒が飾られていて、なぜか今年は焼酎のお蔵様がとっても多かったです。
時代の流れと言うものでしょうか・・・

021

逆に日本酒の樽の数が少し少なくなったかな〜

019

「樽うらない」、2本の矢を放ちますが、2本ともバッチリ樽の中にドカ〜ン!

062

これで今年の新酒も安定した美味しさになること間違いなしです

029
030

実家では嵯峨野の「森嘉」さんのお豆腐をゲットし、「門(もん)」の出汁とつみれでちゃんこ鍋
実家で楽しむ大町のお酒は格別ですね!

031

そしてお正月は「はなびら餅」ですね
はなびら餅とは、京都でお正月にだけいただく伝統の御菓子の一つで、柔らかいお餅に京都のお雑煮に見立てた白味噌のあんをごぼうと共に求肥で包んであるお菓子です。

10906102_398516523640061_8793289721320076839_n

お正月はいかがでしたか〜、この写真はペンネーム「トチロー」様より頂戴した、大町温泉郷から少し鹿島槍方面へ行かれた時のものだそうです。
大町の朝焼け、とっても幻想的ですよね

IMG_6499

お正月三ヶ日がすみ、皆様いかがでしたでしょうか?
nonkoは年末の大雪以来、クリスマスワイン会、その後年末の商戦、年始の初売り、ようやく今日ゆっくりと腰を落ち着けられたかな?それでも痩せてないのは、立ち食い、早食いをやめなきゃね〜
年末年始はお天気が荒れると言われていましたが、嘘つき〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
確かに夕方から夜には降りましたが、昼間は青空も広がるお天気に恵まれ、多くのお客様がウインタースポーツを楽しまれたことでしょう。
大町市街地を見守ってくれてる北アルプスがきれいでしょう。こちら三日町あたりからの撮影です。

IMG_6490

【蓮華岳】

IMG_6491

【爺ヶ岳】

IMG_6492

【鹿島槍ヶ岳】

IMG_6493

【五竜岳】

IMG_6501

朝もやも何とも言えず綺麗でしょう

IMG_6619

こんな素晴らしい北アルプスを鷹狩山から見ようと当店のお客様方がトレッキングに出かけられました。
きっと頂上で「カンパ〜イ」されていたことでしょう。

IMG_6642

晴れたかと思うと、15時過ぎると一変する大町のお天気、中綱湖から鹿島槍スキー場が見えます

IMG_6648

どうやら今期も結氷が始まったようですね!
昼間と夜のお天気が目まぐるしく変わる年末年始です。

IMG_6659

夜には毎晩のようにチラチラ降る雪
娘も雪掻きになれたようです。
雪掻きをまだ楽しんでくれてるうちは良いのですけどね(笑)

IMG_6655

IMG_6658

こんな余裕まで出て来たようです。

IMG_6603
IMG_6612

寒い中、お客様に元旦深夜の初詣、良く行くわ〜!
ご一緒して下さった皆様すみませんでした。

IMG_6616

そのすきにnonkoは「やまじゅう新聞」に追いかけられ、何とか2日には刷り上りました。

IMG_6577

元旦は13時の「初売り」にならんで下さりありがとうございます。

IMG_6572

大当たりが出られた方も、そうでなかった方も、きっと中身はお喜びいただいたと思います。
中のスープは当店イチオシで大人気となっています。
今回は約30分で20袋が完売、大変申し訳ございませんでした。
IMG_6623

忙しい最中でもプチリゾートも楽しんできました。
レッツゴー日向山リゾート地区!

IMG_6638

IMG_6624

「くろよんロイヤルホテル」様です。

IMG_6625

IMG_6633

レストラン「りんどう」様にて、お昼のコースランチ「カンパーニュ」をいただいちゃいました。
窓から見る雪景色がとってもきれいです。

IMG_6626

とうもろこしのポタージュスープ
これでワインがすすみだす〜〜〜!

IMG_6628

思わず歓声があがった前菜盛り合わせ
中でもパテ系やパイ包み焼き、鴨のローストはとってもやわらかくって美味しい〜!
サーモンのミルフィーユ仕立て、ホッキ貝など・・・
ワインプレートとしても十分のボリュームがあります。
即「夜のメニュー見せてほしい!」と思ったnonkoです。

IMG_6630

メインの「福味鶏 のコンフィ」は、火の通り方がとてもnonko好みです。
シェフは南フランスの田舎料理をイメージされてるそうです。

IMG_6631

お料理が美味しいとワインもすすみますよ〜
もしお客様がお気に入りのワインがあれば、持込み料をプラスすればOKだそうです。
ますます気になる〜〜〜

IMG_6632

りんごのコンポートがトッピングされたデザートをいただき・・・

IMG_6636

館内の温泉へ
束の間のリゾート気分でした。

IMG_6695

お正月三日目の夜は試飲台もいっそう賑やかでございまして、おせち料理も全て無くなり、今日は夕方より京都に帰らせていただきますね。

IMG_6668

IMG_6667

JR信濃大町駅に着いたら案内板をどうぞ!横川商店の場所がわかりやすくご案内させていただいてます。
年末年始、ご来店下さったお客様ともゆっくりお話しも出来ず申し訳ございませんでした。
ず〜っと仕事と追いかけっこしていたような気がします。
きっと電車の中は娘と爆睡かもしれません(笑)

IMG_6669

朝から娘の運転でお買い物です。
道路は路面も出ていなくて真っ白です。

IMG_6670

でもチョット陽がさすとこんな感じでドンドンととけていってくれるのです。

IMG_6686

綺麗でしょう、これが市街地から3分程走ればこんな景色が広がるのです。
時には吹雪にもなりますが、青空が広がり陽がさすと本当にありがたいな〜って思います。
「春を待つ!」と言うことが、大町に来て本当に嬉しい言葉になっています。

IMG_6674

娘も雪道の運転になれたようなので、「大町ワインぶどう生産組合」の皆様のぶどう畑を見に行ってきました。

IMG_6680

IMG_6681

凄いな〜、ことしはやっぱりこの時期にしては雪が多いな〜
4月の上旬まで冬眠するのです。
3年連続素晴らしいワインぶどうを実らせてくれていて、とっても愛おしく思います。
現在販売中の「大町メルロー2014」もとっても好評で、「大町の新酒ワインはどれですか?」っとお客様に聞かれることも多々あります。ワイナリーを作るため頑張ってられる若林様、栃木からワインぶどうを作り、将来ワイナリーを考えてられる矢野様ご一家、全て同じ「大町ワインぶどう生産組合」の方々です。

今年も3月ぐらいから剪定をされるのかな?またお聞きしてみよう!

IMG_6698

今夜はね〜、凄いことになっています。

IMG_6687

今夜は店主のボーイスカウトのお友達と試飲台で名古屋コーチンの鍋!

IMG_6696

こんな夜こそお客様が何故か集まって来られます。

IMG_6693

そんな時「これ何とかならないですか?」っと干した大きな海老をお持ち下さいました。何だろうこれは?どうやって使うのか?見るとスルメイカの干したのと昆布が一緒に入っていて、年末に九州から送られてきたとのこと。
検索してみるとビックリ!!!
「吊るし焼き海老」と言う熊本のとっても貴重なお正月用の食材でした。
じゃあお雑煮にしますか〜、と言うことで皆様にお召し上がりいただきました。ひょんなことから勉強になることもあり、お客様のご縁に感謝です。

IMG_6689

nonkoもゆっくりできる日まで活かしていたクルマエビ、今日は飛び跳ねるのも可哀そうですが海老フライで丸っぽいただいちゃった〜、やっぱりクルマエビのフライは美味しいな
今夜は海老三昧、長いひげをはやし、腰が曲がるまで長生きすると言われるおめでたい海老をいっぱい食べちゃった

IMG_6700

今夜は半端に残ってる試飲瓶をお片付けするんですって〜、でも新しいのも開けたんじゃ(笑)

IMG_6575-001

IMG_6574-001

昨日は13時に初売り!
前日の大みそかが夜中まで仕事が続いたので、nonkoは大寝坊でした。
おせちはともかく、店主とnonkoのお雑煮は違うのです。なので二種類のお雑煮を作るのに、まずはお餅を買いに近くのスーパーへ駆け込む始末。まさか元旦の朝からスーパーへ行くとはトホホです。
その後、初売りで販売させていただく「福袋」を詰めなきゃならないし、本当に目が舞う元旦の朝でした。

IMG_6577-001
IMG_6578-001

今年は凄かった〜、13時前からお客様がご来店され、福袋は30分程で20袋が完売です。
中に5本の「大当たり」の目録が入ってるのです。
大当たりをひかれたお客様おめでとうございます。

IMG_6579-001

IMG_6569

白い雪をイメージする「津軽びーどろ」の酒器です。

IMG_6580-001

IMG_6566

大雪渓大吟醸当っちゃいましたね〜、おめでとうございます。

IMG_6587-001

IMG_6567

ウヰスキーブームの中、信州のウヰスキーが大当たり!

IMG_6589

IMG_6570

当店イチオシの福井缶詰様の鯖缶詰セットです。
これを食べたら他のものが食べられないぐらい美味しい鯖缶詰です。

IMG_6568

そして大町のワイン「Nishinaメルロー・Nishinaシャルドネ」のセットです。
こちらカメラがなかったのでお写真なくてごめんなさい。
当店の福袋は20袋、2,015円で販売させていただきました。その中に5本の大当たりの目録が入っています。
また来年もお楽しみにね
元旦にわざわざご来店下さり誠にありがとうございました。

IMG_6595

その後nonkoは「やまじゅう新聞」の原稿にとりかかり、店内は元旦早々にも試飲コーナーは賑やかでした。

IMG_6594

IMG_6592

今年も何卒宜しくお願い申し上げます。

IMG_6562

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
ただ今nonkoはまだお店で仕事中です。
昨年は大みそかまで大忙しで、いつもの年末の仕事が大幅に遅れ、いまだ格闘中です。
その間にブログの更新をしています。

IMG_6552

IMG_6555

IMG_6556

IMG_6557

お店もレイアウトを変更し、ようやくお正月の売り場らしくなりました。

IMG_6565

明日は13時に初売りです!
今年も福袋ご用意させていただいてます。
中身は〜っと、nonko好みのものばかりです。
是非店頭にてお待ちしていますね〜〜〜

このページのトップヘ