呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2015年02月

IMG_8444

サロマ湖の牡蠣、nonkoが一番好きな牡蠣です。
一番美味しいと思う調理法は・・・

IMG_8446

「牡蠣のカンカン焼き」です。
サロマの牡蠣との出会いは京都時代です。
小ぶりながらも旨味の凝縮感がタップリ
店主もこれなら美味しいと食べてくれます。
缶ごと頼めばこのような状態で発送していただけるので、牡蠣をサッと洗いコンロで蒸すこと10分です。

IMG_8448

ほ〜らね、美味しそうでしょう
牡蠣は大きなものをくぼみを下にして重ねていきます。
10分と言いましたが、さすが昨夜のお客様方「5分蒸して5分そのまんまおきましょう」と!
昨夜も偶々ご来店のお客様を引き止めちゃってごめんなさ〜い。

IMG_8451

IMG_8454

IMG_8455-1

牡蠣の殻の大きさと中の粒が正比例しているとかしていないとか、ワイワイ言いながら結局試飲台は大騒ぎ!
やはりサロマの牡蠣は旨味のかたまりです。
殻に残るスープの旨さにお酒がススムススム
それならと・・・

IMG_8458

先日お邪魔させていただいた「北光正宗・角口酒造店」様のお酒の試飲です。
やはり澄んだ味わいのお酒に、サロマの牡蠣はバッチリでした。

IMG_8447

それならこちらも・・・
「ニッカ 余市12年」
こちらも大町の美味しいお水を2.3滴落とすだけで味わいが広がります。
「竹鶴」でもやってみたのですが、変化はなかったです。
余市12年の凄さとでもいいましょうか

IMG_8459

カンパ〜イ
「花びらワイン」で乾杯です。
昨夜は後半には女性のお客様もご来店でした。

IMG_8461-1

またまたワイワイ始まり楽しい夜となりました。
そして二次会へ(笑)

IMG_8463

皆様の思いは同じでした。
大町名店街に新しくできた「居酒屋まいど」様です。
同じ関西人のケンちゃんがお店を始めました。
「串揚げ酒場KAZAN」様と同様宜しくお願い致します。

IMG_8464

当店のお客様がカウンターを占領!
でもオーナーのケンちゃんには優しかったよ〜、「頑張れよ!」とか「ゆっくりでいいでね!」とか励ましの言葉をかけてられました。

IMG_8381

土人形のまち「中野市」

IMG03228

高速道路を下りたら「農産物直売所オランチュ」があります。
ここでは野菜、果物も豊富に販売されていて、中でも茸の安さは凄いです。

IMG03229

シメジ、エリンギ、クロアワビダケ、エノキ、ヒラタケ・・・
これは甘辛く煮てキンピラ風にしちゃいます。

IMG03227

横には観光案内所も併設されていますので、土人形の絵付け体験もできますが、白塗りのものも販売されています。またまた買っちゃった〜、今回は「福助」と「招き猫」で〜す。

11027130_788221624601891_3415062769578315536_n

昨日は定休日、中野市でお世話になってます「勢正宗・丸世酒造店」様へ欠品中のお酒をわけていただきにお邪魔させていただきました。
関社長様始め、奥様、後継ぎの晋司様、元気いっぱいの蓮輔君、メチャクチャ可愛い〜〜〜!

IMG03230

晋司様すっかりパパですね。
蓮輔君とっても良くお話ししてくれます。きっとご家庭の環境がとってもあたたかいのでしょうね。お酒の味わいにも出てきますよね

IMG_8388

お昼は〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと!
中野に来れば決まってこちら「三幸軒」様です。
中華料理屋さんなのですが、お料理との相性の良いお酒の種類も豊富なのです。

IMG_8384

この日はあった「角煮」です。

IMG_8383

これに合うのをお願いさせていただくと「岩清水・純米生五割こうじ」がなみなみと注いでいただきました。
きっと岩清水様とはお友達かな?

IMG_8386

忘れてはならぬ餃子は店主も大好き!

IMG_8387

ご飯ものは「あんかけチャーハン」です。
きっとこちらのお店、スープが澄んだアッサリ系のような気がします。
食べあきしない、優しい味わいがとっても好きです。
nonkoも京都時代、祇園下河原の和風中華のお店でお花を生けていたので、よく似たところがあるのです。


IMG_8389

IMG_8391

中野市を出る前に「岩清水・伊賀屋酒造場」様へ立ち寄らせていただき、しぼりたてのお酒をゲット!

IMG_8393

真ん中が三幸軒様にて楽しませていただいた一本です。

IMG_8395

そして高社山を横目に北へ北へ北上です。
横には北陸新幹線の高架が見えています。

IMG_8396

着きました〜、この日三軒目のお蔵様「北光正宗・角口酒造店」様です。
この日は現在杜氏でもあり、後継ぎでもあります村松裕也様ともお会いでき、少しお蔵様を見学させていただきました。お忙しい中ありがとうございました。

IMG_8411

ショップのお向かいに醸造蔵がございます。

IMG_8398

レギュラー酒以外のお酒はこのような小さめのタンクにて醪の管理をされています。
もっと大きな仕込みをされていると思っていました。
現在の石数は約400石だそうで、大町の北安大國様と同じぐらだと思います。

IMG_8404

とっても立派な麹室も温度管理がしやすいような工夫がされていました。

IMG_8402

酒母室ではいまだに木製の櫂棒を使用されているそうで、何よりも管理が大変だとか!!!

IMG_8403

お蔵様の内部は大正時代のままのところもあるようで、しっかりと梁が守ってくれています。

IMG_8405

不思議なお部屋を発見!
昔は蔵人様が使用されてたお部屋だそうです。

IMG_8407

昨日はちょうどレギュラー酒の上槽をされていました。
この地は野沢温泉の近くでもあり、何度か行かせていただいた「道祖神祭り」のある地、地元で飲まれてるお酒はレギュラー酒は搾られたものをしっかりと濾過され、1年熟成されての味わいだそうです。なので地元ではお燗で飲まれることのほうが多いようです。
その土地での地元の方の楽しまれ方が、その土地の味わいとなって引き継がれていくのだと思います。その事をしっかりと理解されている村松杜氏様、ようやく30歳になられたとはビックリです。

IMG_8406

こちらで上槽されたお酒が眠りに入ります。

IMG_8409

地元で飲まれてるレギュラー酒のラベルです。

IMG_8408

お忙しい中すっかり甘えさせて見学させていただきました。
ショップに戻らせていただき、店主はどのお酒をいただこうかと思案中!
結局二種類、米違いの純米吟醸をいただいてきました。
どうぞ皆様ご一緒に楽しみましょうね

IMG_8410

村松杜氏様、お忙しい中ありがとうございました。
やっぱり30歳には見えないよ〜、若い!!!

IMG_8227

IMG_8228

秋にお取引先様の関係でお邪魔したのですが、今回はしっかりと見学させていただきました。冬はポットスチル(石炭直火焚き蒸溜)は見れませんでしたが、日本のウイスキーの歴史も合わせ勉強になりました。

IMG_8276

敷地の広さはさすが北海道。マッサンはこの土地をいくらで買ったのかな(笑)
今年はとっても雪が少ないそうです。

IMG_8275

入ってすぐに昔の事務所が残っています。

IMG_8274

こちらクリックしてみて下さい。画像が大きくなります。

IMG_8238

事務所の横から見えるこの建物では、「糖化」「醗酵」をされているそうです。見学者も入ることはできません。

IMG_8231

IMG_8233

糖化・醗酵が終わるとこちらの石炭直火焚き蒸溜「ポットスチル」に地下を通り運ばれて蒸留されます。
銅版で作られた匠の技、打ちこまれた銅版は、薄さがまちまちですが良しとされるそうです。
また〆縄は、竹鶴政孝様のご実家が日本酒蔵ということで、このようなおまつりをされてるそうです。

IMG_8232

石炭です。秋には稼働されていたので、どんどんと窯の中へ入れられてました。持ってみると重いものなんですよね〜
IMG_8237

真ん中に見えるものが当初から使用されているものだそうです。

IMG_8249

蒸留が終わると樽に入れられて眠りに入ります。
この貯蔵庫は一番古い「一号貯蔵庫」です。写真の樽は展示だけで中は何も入ってないそうです。
IMG_8265

ここからはウイスキー博物館に入ります。
目の前にポットスチルが飛び込んできます。
ブラックニッカに書かれてるキャラクターは「キング・オブ・ブレンダーズ」です。

IMG_8253

貯蔵される樽って、隙間にガマの葉っぱが詰めてあるのご存知でしたか?

IMG_8266

ウイスキーの熟成具合を、「香り」「色」でご案内されています。
樽に入らないものってほのかに匂いを感じる程度です。熟成が進むにつれて甘〜い香りになるのですね!

IMG_8267

スコットランドのパブをイメージされた有料試飲コーナーです。
色々なウイスキーが置かれていました。

IMG_8254

こちらが一番最初に発売されたものだそうです。
少し減っているでしょう、蒸発するんですって〜、そして瓶のデザインは斜めにくぼみがあり、前から見ると格子に見える、当時としてはハイセンスなウイスキー瓶ですね!

IMG_8261

そしていよいよ試飲コーナーです。
やはりシングルモルトの「余市10年」ですね。
お客様の多さにはビックリです。nonkoはこちらでは試飲じゃなく、アップルジュースで我慢我慢(夜にはワイン会のため・・・)

IMG_8259

試飲会場から見る敷地内の景色が抜群です。遠くに大平原が広がり、さすが北海道!という感じです。

IMG_8269

IMG_8245

こちらは竹鶴政孝ご夫妻が山田町にお住まいだった頃の建物を移築されたそうです。
灯ろうが何とも日本らしい雰囲気に比べ、建物の色はスコットランドのようなのでしょうか・・・

IMG_8247

二階の窓に障子が見えます。リタさんは日本の文化をも大切に思われていて、お漬物やイカの塩辛など上手に作られたそうです。
IMG_8281

しっかりとウイスキーの勉強をさせていただき、当店お取扱いの「竹鶴」「余市」も一部では原酒が無くなっているものもあるようです。もちろんこちらニッカ様の売店でも売り切れがございました。
そろそろお腹空いたね・・・

IMG_8342

余市駅前にあるニッカウヰスキー様より徒歩10分
「みどりや」様へお邪魔しました。
ここではやっぱり「甘えびこぼれ」です。
二貫のにぎりですが、上にいっぱいの甘えび
えび好きにはたまりませんね〜

IMG_8341

ホッキのお刺身

IMG_8343

ニシンとカレイのお刺身、プリプリです。特にニシンがコリコリしていました。
余市はお魚が豊富な町なんです
北海道は今まで道東ばかりでしたが、お取引先様の関係でこのあたりもすっかりファンになっちゃいました。

IMG_8288

三日月を見ながらお宿から徒歩5分!
今年も「余市のワインを楽しむ会」に参加させていただけたことを嬉しく思います。
今、北海道のワインの勢いは凄く、それは「人」により盛り上がってることも確かです。
この会の醍醐味は、ぶどう栽培農家様が一般のお客様とご一緒されて、同じようにワインを楽しまれてるということです。
そのワインぶどうを使用されてるワイナリー様、新しくつくられた小さなワイナリー様、そしてこのイベントをサポートされている実行委員の皆様、ワインの灯りを管理されたり、地元の産物でオードブルを作っていただいたり、昨年同様感動したイベントでした。
今年もお世話になってます「道産ワイン応援団団長・荒井」様にご案内していただきお世話になりました。

IMG_8300

IMG_8305

会場へ行った時にはすでにこの状態!
出遅れた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_8301

IMG_8302

立食パーティー式で、各テーブルには地元のオードブルの仕出しが置かれています。
皆様パワフルパワフル、誰がどこの場所とも関係なく、行き当たりばったりで食べる呑む食べる呑む!!!
そのお顔を何とも楽しそうで、nonkoもいくつものテーブルで食い逃げ(笑)
でもお隣の方々がとっても気さくに話しかけていただき、それはそれは楽しい会なのです。

IMG_8303

お世話になってます「ドメーヌタカヒコ」様です。
農夫でしか造れないものを表現されたいと・・・、味わい的には濃密なものではなく、日本食、つまり出汁の味わいを融合できるワインが造りたいと・・・、秋にそのお言葉に感動したnonkoです。
自社畑は赤ワイン用高級ブドウ品種「ピノノワール」のみです。

IMG_8334

とっても小さなワイナリー様ですので、道内限定のものも多く超人気!

IMG_8333

ブランドノワールは貴重なワインですよね!
「ピノノワール」で造られた白ワインですが、その収穫されるぶどうは貴腐のように見えるのです。昨秋には貴重な体験をさせていただきました。

IMG_8329

各ワイナリー様のご紹介でも元気にご挨拶されていました。

IMG_8308

「サッポロワイン・グランポレール」様にもお世話になってます。
nonkoが知床で出会ったケルナーからお取引が始まり、今ではケルナーやピノノワールのリピートさんが多くなりました。

IMG_8336

サッポロさんのケルナー辛口とピノノワールを栽培されてる「弘津」様です(左)
お隣に「10Rワイナリー」様の「ブルース・ガットラブ」様です。ブルース様は「ココファームワイナリー」様の役員もされています。昨年末に白馬でお会いし、とってもパワフルな方です。
その時も余市のケルナーを使用された一本を楽しませていただきました。

IMG_8306

当店にもお出かけ下さいました「ココファームワイナリー」様です。

IMG_8307

藤澤様の赤ワイン用ブドウ品種「ツヴァイゲルトレーベ」を使用された「Z」です。
どんどんと余市のワインぶどうが良くなってきているような気がします。

IMG_8318

「北ワイン」と言えば「千歳ワイナリー」様です。
ピノノワールの飲み比べ、木村農園様のワインぶどうです。
こちらに来ると本当に主体が栽培農家様と言うことが良くわかります。

IMG_8317

新しく作られたワイナリー「リタファーム」様は、今のところ自社ぶどうではなく、買いぶどうで頑張ってられるようです。

IMG_8319

「北海道ワイン」様は、余市に栽培農家様が多く、栽培者のお名前がラベルになっています。
nonkoも今の大町のノンバリックのワイン「大町メルロー」のラベル作りはこちら様がヒントとなりました。
大町の栽培農家様に言わせれば「責任重大だでね〜!」と言われています。

IMG_8331

京都の北部「天橋立ワイナリー」様からは、赤ワイン用「レジェンド」というぶどう品種で造られたものがございました。色も良くタンニンもしっかりとしていました。
実は前日札幌のワインのお店「ヴェレゾン」様にて楽しませていただいた一本です。

IMG_8335

「十勝ワイン」様も余市のワインぶどうを使用されているのです。池田町だけではないのですね!
まだまだいっぱいワイナリー様がございましたが、人の多さ、その熱気でnonkoは負けそう〜、でも楽しくって楽しくって〜〜〜

IMG_8312

IMG_8310

地元の女性の方々のオードブル最高です!!!

IMG_8325

こちらぶどうの粕漬けです。ビックリの味わいです

IMG_8326

鹿肉のデミグラスソースです。これってシチューの感じで、とっても食べやすいです。ワインでお腹が冷えちゃうので、温かなものは本当にありがたいです。

IMG_8315

もちろん鹿肉のタタキ風のものもありました。全く臭みもありません。逆に余市のぶどうで造られたワインにピッタリだと思います。

IMG_8314

昨年も印象深かった「トマト鍋」です。
こちら作り方もお聞きしました。隠し味に味噌が入ってるのです。

IMG_8309

こちらは凄い!
数の子カナッペです。何とも食感が最高ですね

IMG_8322

「アンジュドフロマージュ」様のチーズも美味しい!
ドメーヌタカヒコ様のピノノワールのしぼりかすで漬け込まれたものもあります。そういえば昨年も収穫ボランティアの時に、こちらのチーズを楽しませていただきました。

IMG_8339

お開き前にはこの状態(笑)
皆様のパワフルさがおわかりでしょう。呑んでは食べ、食べては呑む、テーブルを囲むと皆様お友達です。
このイベントは素晴らしいです、主役が「人」ですからね〜、ぶどうを作る方も、ワインを造る方も、それを楽しまれるお客様全てが一体化しているような夢のイベントです。
信州でもこのようなイベントができないかな〜
凄い呑みっぷり食べっぷりでしょう、好きですよ〜、このようなイベント

IMG_8340

地元の食材をご案内下さった女性の皆様ありがとうございます。
そして関係者の皆様ありがとうございました。

IMG_8296

IMG_8290

またこの灯りを通り一人二次会へ・・・

IMG_8295

IMG_8294

今年も「余市のワインを楽しむ会」に参加させていただくことが出来ました。
松本から5,000円のエアチケットはありがたいです!
当店でも大切なお取引先様もいらっしゃいますので、色々な情報をいただきに参加させていただいてます。

IMG_8300

凄い参加者の皆様でしょう
何が魅力って、地元の栽培農家様、開催していただ実行委員様方のあたたかなおもてなしがたまりません。
余市のワインぶどうを使われてるワイナリー様、また新しくワイナリーを頑張ってられる方々が頑張ってられました。

IMG_8228

また余市駅前には「ニッカ余市醸造所」様もあり、当店もお取り扱いさせていただいてるのです。
秋とは違う冬の雰囲気もいいものですね〜
ただシングルモルトの一部は完売しているようです。

IMG_8284

余市といえばこの風景、ぜひ訪れてみませんか
美味しいお寿司屋さんも見つけちゃった〜!
明日には信州にもどりますので、また詳しくご案内させていただきますね。

今夜は札幌!
いつもお世話になってます道産ワイン応援団・荒井様のお店「ヴェレゾン」様にて、明治学院大学教授、蛯原先生とワイン好きの皆様とご一緒に国産ワインをたのしませていただきました。緊張していたnonko ですが、とっても和やかな会となり、明日は先生のお話、その後「余市のワインを楽しむ会」へ。
中身の濃いお話を楽しませませていただきました。
詳しくはまた後程ね〜
IMG03075

IMG_8203

今日は長野駅前の「メトロポリタン長野」にて、「ワインフェスタin長野2015が開催されました。
その中での企画のひとつ「世界のワインをたっぷり!テイスティングin長野2015」にお取引先様にご招待いただきました。
とにかく凄い数のワイン達、今日は一般のお客様のほうが多く、まだまだ長野そして国産のワインよりも輸入のワインに興味をおもちの方々が多く、もっと頑張っていかないと思いました。長野県の素敵なソムリエ様方にお会いでき嬉しかったです。それにしても今日の長野県の出品ワインは素晴らしかったです。

IMG_8205

会場へ入るとすぐに「スイス村ワイナリー」様、イッシーこと石澤様と小栗様、いつも大町のワインがお世話になってます。
IMG_8187


ソーヴィニヨンブランとシャルドネはコスパに優れたワインですね!

IMG_8191

「井筒ワイン」様、今日は小田っちではなく、営業臼井様!頑張ってね〜〜〜
樽熟シリーズ三種類と、とこちら「シャトー井筒」を出品です。凄過ぎじゃないですか〜〜〜、一本6,000円以上するのに・・・

IMG_8189

アルプスワイン様のリミテッドシリーズ、こちらも上代5,400円、なかなか試飲できないのでいただいちゃった〜

IMG_8188

ノーチェックだった同じアルプスワイン様のミュゼドヴァン・ナイヤガラもこれからの時期にはピッタリです。ぜひお店に置かせていただこう!

IMG_8197

サッポロワイン様、さすが安定した味わい。ご贈答用にもオススメできると思います。

IMG_8198

高山村のシャルドネは「サントリーワイン」様、骨格のある味わいです。

IMG_8195

新潟県上越の「岩の原ワイナリー」様、スパークリングの味わいが素晴らしい!

IMG_8199

同じ新潟でも海沿いの角田浜、「カーブドッジワイナリー」様のアルバニーリョ!
とっても爽やかです。

IMG_8201

同じ敷居内の「フェルミナ」様のアルバニーリョと飲み比べをすると、造り手様の思いが個々に違うことが面白いですね!
同じ品種のワインぶどうでも、造り手様の思いにより、その味わいは色々です。
日本のワインですらそうなのですから、本日ご案内されていた輸入ワインは、nonkoにとっては未知の世界!
あまりに沢山あり過ぎて大変でした。

IMG_8208

呑み直し〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、日本酒!しかもお燗です(笑)

IMG_8207

北陸のお酒にフグの糠漬け!





IMG_8181

IMG_8180

本日定休日なのに重〜い雪が降っています。
今朝も店主は早朝から雪掻きに大わらわ・・・
そろそろお天気の神様ゆるしてくれないかな〜
今の着雪状態は結構滑りますのでご注意下さいね!

IMG_8178

大町に来て冬はすっかり鍋料理の虜になってしまいました。
京都時代はお鍋ってそんなに興味なかったのですけどね・・・
大町の冬の寒さは尋常ではありません(京都人からすれば)
でもその寒さ、冬を何度か経験すると身体もなれてくるってこと(笑)
そして食生活も随分変わります。
大町の澄んだお水は冬のお鍋にピッタリです。
歳のせいもあるでしょうが、こってり系のお鍋より、澄んだお水を生かした湯豆腐みたいなお鍋が一番です
今日は真鱈の切り身が手に入ったので、お豆腐と一緒に昆布出汁で鍋です。
澄んだ出汁のほうが美味しいお水にはピッタリのお鍋ではないでしょうか?
そう、県外のお客様、ぜひ本通りにある水汲み場所でお水をお持ち帰り下さいね。
お水の美味しさ、鍋にすると本当に良くわかります。
そして白菜やキャベツ!!!
この寒さで甘みが増すのです。これにはビックリしました。
県外のものでも、あまりの寒さで日持ちはするし、甘みは増すし・・・
でもね、大町に住まないとわからないことかな(笑)
雪はいらない〜、雪掻きはもう嫌!!!と言いつつも、いいことだってあるんですよね

IMG_8174

店主大好物の「うぐいす餅」です。
今日は包んでいただきましたが、いつもは店主がお弁当箱持参です。
このお餅もきっと大町の澄んだお水も美味しさがプラスになってるのでしょう。
素直に美味しい柴田製菓舗様のうぐいす餅です。

IMG_8151

素晴らしい北アルプスが見える今朝の信濃大町でした。
この山でまた遭難が起こったことがとっても悲しいです。
誰しもまさか自分が・・・、と思われるのでしょうが・・・

IMG_8152

蓮華岳

IMG_8153

爺ヶ岳

IMG_8154

鹿島槍ヶ岳

IMG_8155

そして雪崩遭難があった白沢天狗山・・・
こんなに綺麗に晴れた今日なのに、残念な知らせが飛び込んできました。
ご冥福をお祈りします。

IMG_8144

今日の雪は参りましたね〜〜〜!
ホントもう雪はいりませんよね〜
お店では一日ラッピングのデザインをしていたので、試飲台はパニック状態でした。
昨日でバレンタインの売り場を終了し、本日よりホワイトデーに向けての売り場作りです。

IMG_8135

毎年キャンディーかマシュマロを使用していたのですが、今年は小さな可愛らしい金平糖です。
雪の上でとっても綺麗でしょう

IMG_8145

このような小袋に入っているのです。

IMG_8146

これをオーガンジーで包み込みます。
そしてリボンと共に瓶にデザインして付けます。

IMG_8136

IMG_8139

IMG_8140

IMG_8142

女性に大人気の氷結ワイン「氷華の雫」はラッピングにも力が入ります。
お酒が弱いお客様でも、このまんま開栓してお楽しみいただくとテーブルに花が咲きますように・・・、そんな気持ちを込めてラッピングしています。

IMG_8148

大町のワイン「大町メルロー2013」も仲間入り!

IMG_8143

ダントツ人気ワイン「アルプス・ブラッククィーン」も!

IMG_8150

これも忘れちゃいけないね、哲ちゃんの梅酒!
このサイズならお手頃でしょう。
まだまだイチオシがありますからお楽しみにね

IMG_8120

IMG_8121

IMG_8123




もう雪は勘弁して〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
雪はいらん!!!
昨日から降り続いた雪はいっこうにやみません。
それどころかまたまた積もってしまい、朝から地元の方々が雪掻きをされています。
お車のお客様、くれぐれもスリップにご注意下さいませ。
また地元のお客様、火の用心だけは御注意下さいね。
中央商店街火災も屋根の積雪により横に火が走ったのも大きな火災になった原因でもあります。
皆様くれぐれもご慎重にお願いいたします。

●大糸線:白馬以北は一部で運休が出ています。お近くの駅でご確認下さいませ。
●道路情報:今のところスムーズです。
*午前9時現在ですので、以降は変わることがございます。

【道路情報】

IMG_8117

IMG_8118

またまた雪が降ってきました!
昼間も今日は寒〜い一日、時々は降っていたのですが、夜になり本降りです。
明日はいったい・・・
スキーのお客様、明日はお気をつけてお帰り下さいね。

IMG_8114

今夜は珍しいお客様です。
皆様一部の方はよくご存知だと思います。
今度大町名店街で居酒屋さんをされるケンちゃん!
今月23日(月)よりオープンだそうです。
また詳しいことは情報いただけば掲載致しますね。それよりもまず見に行ってこなきゃね〜

1181ccd7

明日はいよいよバレンタインですね!お買い物はお済ですか〜〜〜?
昨日あたりからバレンタインのラッピングが多くなりました。
最近は普通に日本酒やワインをプレゼントされる方が多くなりましたね!
当店ではこのようなミニチョコを一緒にラッピングさせていただいてます。
IMG_8091

IMG_8094

IMG_8099

IMG_8098

IMG_8093

IMG_8096

IMG_8092

IMG_8084

日本酒だって大丈夫ですよ〜!

IMG_8011

キャハ!!!
昨日の「大町あめ市」凄かったですね〜
市会議員の堀様、いつものことながらお似合いすぎです(笑)
【大町あめ市】
 甲斐の武田と対峙する今川+北条両氏は、はかりあって武田領(甲斐・信濃)への塩の商いを禁止しました。 武田領はすべて山国であったので、甲斐・信濃の人民は大変難渋しました。
越後の上杉謙信はこれを聞き、「戦いは兵をもってするものだ。」といって自領はもとより他領の商人に対して値段を上げることなく塩を送ることを命じました。
1月11日はその塩が松本に到着した日として、これを記念し始められた塩市が起源といわれています。
それが江戸時代の前半には「あめ市」となり、幕末から明治以降は「初市」と呼ばれ、近年ふたたび「あめ市」に戻ったといわれています。大町では、一月遅れの2月11日に行われる習慣となっております。(市役所HPより)

IMG_7979

昨日は偶然にも「白馬錦・初午寒しぼり純米吟醸無濾過生原酒」の発売日と重なり、朝から事務の窪田さん、京都から手伝いに来てくれた娘と店主と四人でお酒を引き取りに行かせていただきました。
瓶詰のお蔵内はもうもうと湯気が立ち、とってもいい雰囲気です。

IMG_8001

IMG_8000

IMG_7998

IMG_7999

お酒のラベルの上に肩貼りを付けさせていただく単純な作業なのですが、手がかじかんで中々できないのです(笑)

IMG_8014

意外にも予定よりはやく作業が終わりましたが、店頭のテント下の試飲販売場では既にお客様がいらっしゃってました。お天気も随分見方をしてくれているようです。

IMG_8038

当店のお客様も半被を着てお手伝いに来て下さり、本当に助かりました!
いつもありがとうございます。

IMG_8037

IMG_8045

お酒をならべ、nonkoは汁物を作り、早いうちに町なかの様子を見学に・・・
今回は根菜類主体の味噌仕立てでした。これ5回転しちゃった〜〜〜

IMG_8019

町なかは露店が結構出ていて、縁起物はやっぱりいいですよね
これを見ると大町もいよいよ春が来てるのかな〜、なんて思います。

IMG_8022

相変わらず凄い行列の「カフェ&ケーキ・立田屋」様、きっと若社長もドーナツの匂いまみれ(笑)
でも「あめ市」と「えびす講」では食べたいですよね

IMG_8030

お向かいの「柴田製菓舗」様では名物「こもかぶり」の実演販売
このお菓子は店主様が修業先の金沢にございます「板屋」様の銘菓だそうです。

IMG_8031

毎年持ち帰りとその場で「パクリ!」
海苔の香りがとってもいいのです。

IMG_8032

そしてnonkoが一番惚れちゃってるのはこの粒餡なのです。
ホコホコしてるんですよね
多分食べていただくとおわかりかと思います。
持ち帰りとは別に、焼き立てをその場でいただくのもいいものですよ〜

IMG_8034

横では手作りの飴がドンドンと売れていました。

IMG_8027

IMG_8026

そして信州らしい企画はこちら「野沢菜の食べ比べ」です。
どれが良い悪いじゃなく、各ご家庭の味わいが一番だと思います。
調味の仕方もそれぞれですし、nonkoは毎年勉強させていただいてますが、やっぱりまだまだ難しいです。
それぐらい、地元の方々の代々伝わる味わいって素晴らしいと思います。
今年こそはまた挑戦してみたいと思っています。

IMG_8017

そして毎年楽しみにしている「ちょうじや」様の前です。
ここではチビッ子さん方がお店屋さんを開いてくれています。

IMG_8015

nonkoはまたまたこちらを大人買い!
当店内にはコーナーができてるんです。野沢温泉の道祖神と似ていることろもあって興味津々なのです。
顔の描き方などは、nonkoが趣味としてる土人形の絵付けと似てるところがあります。
この頃既に午前中だと言うのに凄い人です。早く帰らなきゃ〜〜〜

IMG_8016

大人買いをしちゃったnonko、「おつりわかる〜〜〜〜〜〜〜?」

IMG_8039

横川商店向かいでも数々の催しがされていて、大町の人気キャラクター「おおまぴょん」も遊びに来てくれていました。

IMG_8039

横では「大町流鏑馬太鼓」でオープニングです。
いや〜、賑やか!!!

IMG_8012

我が店に帰るとまたまた堀様、娘はビビっちゃってる(笑)

IMG_8036

大丈夫呑ませば



【動画】

IMG_8047

IMG_8050

IMG_8051

いや〜、凄かった凄かった!

IMG_8054-1
IMG_8053

試飲販売もとってもスムーズ、特にお客様同士が楽しいお話をされていると見ていても嬉しくって・・・
この仕事の醍醐味ですよね

IMG_8058

今回は「横川商店チビッ子応援団」もかけつけてくれ、汁物を手伝ってくれました。
来年はひとつずつ学年が上がるんだね
店頭・店内が皆様の交流の場になること、それが私共の一番の願いでもあります。
ご来店下さいました皆様、誠にありがとうございました。

IMG_7969


IMG_7987


IMG_8052

今日は一日朝からパニック状態!
「大町あめ市」と「初午」が絡むとこんなに忙しくなるんだ〜
とりあえず手伝いに来てくれた娘を見送りに行ってきま〜す。

IMG_7915

昨日長野市のメトロポリタンホテルにて開催されました「NAGANO WINE 試飲会」へ行ってまいりました。
今回はほぼプロ向けと言いますか、料飲店様、酒販店様向けの商談を絡めたとっても中身の濃い企画でした。会場の厳粛な雰囲気は、手伝ってくれる娘もビビッてました。
当たり前ですよね〜、仕事ですから!
いつもとは違い、お取引先のワイナリー様、しばらくぶりのワイナリー様、ワインだけを先にいただいてるワイナリー様、それぞれに積もるお話も多く、相当細やかな部分まで試飲させていただきながらお話させていただきました。
この時間がとっても貴重で、酒販店と致しましてはこういった企画でご縁ができ、畑も見学させていただき、ご縁があればお取扱いさせていただきたい、そのような気持ちでいっぱいです。なので「試飲会用吐き器.」が用意されてるにも関わらず、全てをゴックンです。そりゃお話をお聞きすれば吐きなんてできなかったです。
新しい店舗になり、随分と県内のぶどう畑を見学させていただいてますが、最近は小さなブティックワイナリー様、また委託醸造で商品化され、タイミングをみられてのワイナリー設立される方、それぞれに思いは一緒!「テロワールを感じるワインが造りたい」と言うことだと思います。ここ2.3年本当に小さなワイナリー様の味わいも進化し、どれが美味しいとか言うことではなく、それぞれの味わいに造り手様の思いがいっぱい詰まっていました。

IMG_7906

IMG_7908

今回初めてゆっくりとお話しさせていただいた、地元大町の「ノーザンアルプスヴィンヤード・若林政起」様
大町の土地の味わいしっかりと感じます。
今までは「ヴィラテストワイナリー」様で委託醸造されていましたが、来月にはワイナリーも完成され、いよいよ今年は初醸造です。
これから大変な道のりかもしれませんが、少しでもお力になれたらと思います。

IMG_7909

イッシーこと「スイス村ワイナリー・石澤」様、いつも「大町ワインぶどう生産組合」の皆様の作られたワインぶどうを買っていただき「Nisinaメルロー」「Nisinaシャルドネ」、そして数々のワインの中でも大町産のぶどうを使用していただいてます。
昨日はソーヴィニヨンブラン、とても爽やかな酸味が特徴的です。

IMG_7913

青木村のファンキーシャトー様、メルローとシャルドネです。
当店ではごくごく少量のお取り扱いですので、なかなか試飲まではできません。こういった機会は本当にありがたいものです。
やはりワイングラスにトロンとした感じで注がれ、その濃淳な味わいは素晴らしいです。

IMG_7914

東御市の「リュードヴァン」様です。
荒れた斜面をご自身で開墾され、その当時は何度か植え付けに行かせていただきました。
今ではすっかり理想のワイナリーを作られています。
オーナーの小山様には、奥深い質問にもお答えいただき、やはり醸造センスは素晴らしいですね。
もちろん入荷量は本当に少ないですが、大切に販売させていただいてます。

IMG_7918

こちらのお二人は東御市で現在ワインぶどう栽培をされ、委託醸造されています。
「まんまる農家(左)」様、「ぼんじゅーる農園(右)」様です。

IMG_7916

「まんまる農家」様の「鞍掛ブラン」はシャルドネの白ワイン、ぶどうは東御市鞍掛地区で栽培され、「ヴィラテストワイナリー」様にて委託醸造されているそうです。

IMG_7917

「ぼんじゅーる農園」様の「鞍掛けルージュ」はピノノワール100%の赤ワインです。
最近は日本のピノノワールも骨格がしっかりとしているため、色ではなく香り味わいを楽しめるように感じます。
なんとまだ新しい「リュードヴァン」様にて委託醸造されているようです。

IMG_7919

「はすみふぁーむ・蓮見」様、上田市の酒販店「宮島酒店」様とご一緒に!
やはり地元ワインは地元の酒販店様が頑張ってこそだと思います。
今日はいつの間にかはすみふぁーむ様もすっかり先輩ワイナリー様になられましたね。これからワイナリーをという方々が育っていく素晴らしさを感じます。

IMG_7921

「カンティーナリエゾー・湯本」様、実は以前お客様からこちらのワインをいただいたことがあります。
今回はシャルドネをいただき、その進化ぶりにビックリです。
こうやって樹の生長と共にワインの味わいも進化していくのだと・・・
現在はまだ「サンクゼールワイナリー」様で委託醸造されています。

IMG_7910

「菊さん」とおうかがいしていました「WA YAWATA・渡辺菊」様です。

IMG_7912

試飲させていただいたシャルドネは、ご本人にお会いする前に松本の「ジュレブランシュ」様にて、楽しませていただき、オーナーの霜田様より「菊さんのワインよ〜」ってご紹介下さいました。その時の感想が「シャルドネの味わいがとっても爽やかで優しさをも感じる、まるで信州の初夏の味わい!」そんなイメージで、直ぐに販売先のお店にご連絡させていただくとすでに完売だと・・・。昨日試飲させていただいたものはヴィンテージ違いだと思います。ややその時の味わいよりシャープに感じましたからね。
渡辺さまとお話ししていると、自然な関西弁がとっても嬉しく、なんだか関西にいるような錯覚でした。

IMG_7922

出てましたね〜、「角藤農園」様の「カベルネソーヴィニヨン」と「ソーヴィニヨンブラン」です。
佐藤様が栽培されたワインぶどうを小布施ワイナリー様にて委託醸造されています。
やはりワインの骨格が素晴らしく、力強さすら感じますね!
佐藤さんお元気かな〜
皆様本当にギリギリのところで頑張ってられるような気がしてなりません。
でもご自分らしく生き生きと輝いてられるお姿に心より応援させていただきたいと思います。

IMG_7924

こうやって会場を後にし、来月開通する北陸新幹線のために大幅に建て替えられた長野駅です。
もうすでに中は一部営業されています。

IMG_7945

IMG_7946

IMG_7944

夜は「灯明まつり」に行ってまいりました。
善光寺さんの参道の灯りも雰囲気がいいでしょう。

IMG_7933

IMG_7943

雪の中に浮かび上がる善光寺さん、とっても幻想的でした。

IMG_7968

明日はいよいよ「白馬錦・初午寒しぼり」発売です。
当店は店頭で試飲販売をさせていただきますので、どんどんとお出かけ下さいませ。

IMG_7948

IMG_7951

やっとできた〆縄、本日「若一王子神社」様まで持っていきお参りさせていただきました。
五穀豊穣・商売繁盛ですよ〜!
明日はどうぞよろしくお願い申し上げます。

IMG_7877

昨日は7日(土)よりお泊りでご来店の皆様が帰って行かれました。
朝から温泉郷へお泊りのお客様・第一陣がご来店でした。
ちょうど「カフェ&ケーキ・立田屋」様にて、あめ市恒例のドーナツをゲット、皆様で楽しませていただきました。

IMG_7875

IMG_7873

ドーナツはもちろん実演販売です。若社長さん頑張ってられましたよ〜
このお姿を見ると、いつも亡き代表様を思い出します。
当店の味噌クッキーも半年以上かかって味を調えていただいたのです。
今でも立田屋様と、当店だけの販売ということも守られています。ありがたいことですよね

IMG_7860

IMG_7863

今回立田屋様では、店頭でこちら地元の松田牛乳様を使用されたロールケーキ販売されています。
いつもと違った生クリームの味わい、やわらかいスポンジ生地、甘さをおさえられ本来のミルク分を感じる味わいです。
朝から酔い覚ましのスイーツ
11日(水)の「大町あめ市」で販売されてると思います。
お気をつけてお帰り下さいね!

IMG_7882-001

お昼前になると第二陣がご来店です。
地元のお客様が「そば打ったので、とうじそばしましょう」とお電話(笑)
ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、急いで出汁とって鍋仕立て

IMG_7880-001

IMG_7881-001

偶々某杜氏様の合鴨が冷凍であったので助かった〜〜〜!

IMG_7888

IMG_7884

IMG_7890

店内試飲コーナーでは間に合わないぐらいの人数になっちゃって大騒ぎ(笑)
これも楽しくっていいものかもしれませんね〜

IMG_7893

夕方にはテント張りもお手伝いさせてしまっちゃった〜
11日(水)には、「白馬錦・初午寒しぼり」の店頭販売の準備です。
皆様ご苦労様でした!すっかり日が暮れようとした時、またまた移住希望のお客様がご来店です。
何度か地元のイベントに参加して下さってるようで、当店にもお立ち寄り下さってるんです。

IMG_7894

IMG_7895

IMG_7897

お買いものされた生原酒、やはり子供さんがクーラーボックスに雪を入れるの上手だね!
こうやって昨日は一日お帰りのお客様をお見送りさせていただきました。
帰られた後チョッピリ寂しいnonkoデス。

【大町あめ市】

IMG_7787

今年も鏡ひらきと同時に始まりました「大町温泉郷夢花火と音の祭典」です。
毎年オープニングでは、当店の地元のお客様とご一緒させていただくのですが、昨日は新年会も兼ねてということで、当店県外のお客様もお声かけさせていただき楽しませていただきました。
このイベント2月の毎週土曜日20時から開催です。

IMG_7789

誰ですか〜、樽の前を陣取るの・・・娘、またお休みとって来ています。11日(水)「大町あめ市」の「白馬錦・初午寒しぼり」の店頭試飲販売までいるそうです(笑)

IMG_7799

IMG_7802

昨夜はオープニング、三九郎まつりも同時にされ、県外のお客様からは歓声が上がってました。

IMG_7804

三九郎の残り火ではお餅を焼いていただき、ちびっ子さん方は大喜びです。

IMG_7806

大町市民吹奏楽団の演奏があったり・・・

10959425_414373002054413_231312876188719770_n

10967821_414464985378548_1114774690_n

和太鼓の演奏があったり・・・
(*こちらトチローさんから画像をいただきました)

IMG_7809

願い事を書けるキャンドルサービスがあったりと、花火の前にはお楽しみがいっぱいです。

IMG_7808

うちのお客様ったら〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(笑)

IMG_7810

しっかりとこの場所に置かれていました。
良い出会いがあるといいですね

IMG_7815

そして20時40分頃から花火です。
会場では当店のお客様と一緒に昨日届いたばかりの「本金・純米吟醸無濾過生原酒」をいただきました。
旨かった〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、あっという間に一升瓶が空(笑)

IMG_7820

IMG_7821

IMG_7827

IMG_7828

雪の中の花火、何度見ても幻想的できれいです

IMG_7833

さ〜てと、先発隊で盛り上がってる当店新年会会場は、大町温泉郷の「居酒屋・志野」様です。

IMG_7837


IMG_7840


IMG_7839

昨日は中央商店街火災から10年目、店主からの御礼のご挨拶をさせていただいたようです。

IMG_7855

IMG_7857

集まっていただいたお客様は半数以上が県外から、そして温泉郷にお泊りです。
本当に凄い人数になっちゃったので、志野様にも、お客様にも申し訳なかったです。
でもね、県外のお客様に地元のお客様がお酌されるご様子を見てるだけで嬉しくなっちゃいます。

IMG_7858

ご主人様と女将さんの酒の肴がすすみ過ぎて、燗をつけて下さりながら「酔っちゃった〜!」と(笑)
とうとうお店のお酒が無くなっちゃうほど飲んじゃったみたいです。
お徳利50本以上空いたみたい〜〜〜
一本が2合弱だって〜〜〜
〆はご主人様の手打ちラーメンです。これが胃に染みるほど美味しいのですよ

IMG_7849

あれれ?クマさん達は?と思ったら、かまくらの中で遊んでる
ご主人様がスコップ一本で作り上げられる「かまくら」は、その曲線も滑らかで、しっかりと固められてるので安心して中に入れます。

IMG_7852

IMG_7845

IMG_7853

かまくらの中は暖かいよね!
大町温泉郷夢花火と音の祭典は、2月の毎週土曜日開催です。
詳しくはこちらからぞうぞ

oma01

oma03

10年前の今日、この時間はこの状態でした。
「大町中央商店街火災」
忘れもしない、いえ、忘れたいのですが忘れられない・・・
今でもあの日の事は時間刻みでおぼえています。
毎月大町に客として横川商店に遊びに来るようになったのは、自然の花材が豊富であったということ。当時祇園町の友人のお店のディスプレイやお花の生け込みをしている関係で、大町の自然はnonkoにとって夢の国でした。
横川商店を知ったのは、奥飛騨観光協会のボランティアで、クリスマスリース作りを手伝っていた仲間が当店で一升瓶ワインを買っていた関係で紹介してもらいました。
2月6日(日)、翌日京都に帰るという夜、金蘭黒部の杜氏様がお酒の醪を見せていただけるということで、夜の11時頃までお蔵様にお邪魔していました。常宿のサニーホテルさんに戻ったのは11時半頃かな〜、商店街は日曜日ということで真っ暗でした。宿でお風呂に入り、日が変り7日午前0時半頃携帯に店主から電話。「火事〜、火事〜!」と叫んでる。フロアの階段から見るともの凄い火柱!!!
店主に火事だと電話をくれた方こそ先程まで醪を見せていただいてた金蘭黒部の杜氏様です。今でも命の恩人だと思っています。
すぐに着替えお店に行くと、横川商店の前にはお隣さんから販売されてる衣料品が什器ごと運ばれていました。火はお隣にも延焼していたみたいですが、当店裏には相当数の消防団の方々、店主や味噌杜氏さんが火がまわらぬよう何か作業をされていました。とりあえず店主のお母さんをご近所の方におあずけし、まわりから様子を見るしかできませんでした。地元消防所や消防団の方々には、命がけの消防活動に「お願いだからご自分の命だけは守っていただきたい!」それぐらいもの凄い手の付けようのない火事でした。まわりの皆様も、ヤマジュウさんは大丈夫だでね!と励ましていただけたのですが、午前3時過ぎいったん白い煙とともに消えたかと思い、お店に入ってみると一気に電気が消え2階から火の粉が降ってきました。
店内にいるものは全員逃げ出し、しばらくするとピカピカひかり爆発炎上です。
店主は今の商工会議所の場所(当時は空き地)から見ていたのですが、飛び込もうとする店主を、金蘭黒部の杜氏様と一緒に押さえつけていました。その時、長野のテレビ局の方が「今燃えてるのはお宅ですよねと・・・!」怒鳴りつけて追い払っい、店主の親族にもこの状況を連絡したのをおぼえています。それぐらい店主は何もできない状態でした。明るくなると燃えた現場の凄さに茫然、火は消えては燃え、消えては燃えの繰り返して、破壊消火の決断をせざるをえませんでした。
夕方重機が来て解体されるとまわりの皆様が「あ〜ヤマジュウが・・・」その声が今でも耳から離れません。京都に帰る日がこれではとてもじゃないですが、同情も入り2日後ぐらいに勢いで言っちゃった〜、励ますつもりだったんですが「味噌蔵が残り、売る味噌があるのだからトラックで国道へ売りに行きましょう!」そんなことを提案すると、きっと店主はご家族に話をしたのでしょう。それならと3日目ぐらいから裏の倉庫で仮店舗を作り営業し始めたのです。
1年半後には今のお店が建ち、レイアウトやディスプレイを手伝って欲しいということでとうとう今の状態に・・・
家を借りてもらい、京都の生活にピリオドを打ち、実家の両親には凄く悲しい思いをさせてしまったと思います。
でも10年経ち取材なども入りましたが、正直毎日が必死です。「10年早かったですか〜」って言われても、きっと「早かったです」と答えればいいのでしょうが、nonkoには決して早くはなく、全てが積み重ねの毎日だと思います。
新店舗立ち上げ、しばらくはお店に入れず、お取引先回り、商品企画が中心、また上諏訪の本金酒造様のご縁で「三蔵呑みあるき」をお蔵様にお願いし立ち上げ、試飲コーナーを作り、少しでもお客様に入りやすいお店のイメージを持っていただきたかった。この10年はnonkoにとっては宝物の10年
多くの方々とのご縁もあり、感謝の気持ちでいっぱいです。
今夜は事実上「中央商店街火災」のあった日、今夜はお客様とご一緒に当店の新年会をさせていただくことができます。きっと店主も今日集まって下さる皆様に感謝の気持ちでいっぱいなんだと思います。
これからもいままで通り頑張ってまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

IMG_2988

今夜より「大町温泉郷夢花火と音の祭典」が始まります。
本日はnonkoも見学に行かせていただきます。ぜひ会場でお会い致しましょう。

IMG_7741

またまた本日ストーブ料理。
朝から小林鶏肉店様にて鶏ガラを分けていただき、店内ストーブで沸騰させないようにスープを取りました(最初一度だけポコポコさせます)
実はこのスープの取り方、京都時代お花を生け込んで祇園町のお店のスープの取り方です。量こそは違いますが、大町のお水なら絶対に美味しいスープが取れると!
IMG_7747

今夜は鶏の水炊きでした。店主が食べてくれたらホッとする〜
やっぱりこういった鍋は大町にはピッタリだね。
IMG_7748

スープに海の精と生姜を入れて楽しむのもいいものです。
IMG_7750

最後はやっぱりお雑炊ですね
大町の澄んだ美味しいお水はこういった冬の鍋料理にはピッタリです。
もちろん湯豆腐も最高ですよ〜!

IMG_7665

昨日は定休日、来月北陸新幹線が開通する糸魚川へ行こうと言うことになり、白馬、小谷を通り出かけてきました。

IMG_7666

糸魚川駅の新幹線側は、アルプス口だったかな?そのような名前が着いていました。
赤レンガの車庫が前面に出され、「キハ」の電車が展示されています。
とっても素敵な駅舎が出来上がっていてビックリでした。
糸魚川は京都から日本海周りで大町へ戻る時や、富山近辺、新潟近辺に行く時の起点となります。
なので駅周辺はよくウロウロしていました。
ランチは〜っと、以前魚津でお会いした方のご縁で知った「漁場傳兵」様へ・・・
まさか本当にお店があるとは思ってもみませんでした。

IMG_7671

ほんと漁師さんのお店でしたよ〜

IMG_7672

IMG_7673

南蛮エビとカレイのお刺身は鮮度抜群です。
地元の「根知男山」が美味しいのなんのって〜
地元のお酒と地元の肴、やっぱり相性は抜群ですね!

IMG_7675

お通しの一品は「アンコウの酢味噌和え」こりゃ半端なしで美味しいです

IMG_7676

煮魚は最後の一人前で、カレイがこんなに盛り付けてありました。
少々お値段は高めですが、このボリュームと、確実に「地魚」ということは納得のお値段だと思います。

IMG_7678

ノドグロの一夜干しを焼いてもらって、塩加減と脂のノリのバランスに感動です

IMG_7683

あまりのボリュームに〆は「南蛮エビかき揚げうどん」
やっぱり漁師さんのお店なので、ここまで贅沢に食材が使われてるのでしょう。

IMG_7677

海鮮サラダは、甘酢で〆たイカとホタテがたっぷり、ちょうどいい箸休めになります。

IMG_7682

おススメのものはこのようにご案内されていますが、他にもこのようなメニューがあります。

IMG_7680

IMG_7679

IMG_7681

ラーメンやうどんはお酒の後にはピッタリのシンプルさではないかと!次回は是非(笑)

IMG_7684

お店のすぐ近くは海!!!
青い広い日本海を見るのもいいものでしょう。

IMG_7690

駅のほうへ向かってみると、旧道かな?いつもは駅の西方向を散策するのですが、ここは東のほうになります。明らかに旧道の匂いがする!

IMG_7688

あれれ?蔵元さん?
「雪鶴・田原酒造」様です。
銘柄は存じ上げていたのですが、まさかそのお蔵様がここにあったとは・・・

IMG_7687

お蔵様の店先はとってもローカルな感じです。
店主が「奥が醸造されてるところ?」ってお聞きすると、裏にありますよ〜、横からまわってもらえば・・・と!
なんともご親切なお話を!
昨年の神城地震の時にはタンクのお酒がこぼれたそうです。遠く離れていても場所によってはそうなんですね〜

IMG_7686

「雪鶴・純米吟醸無濾過生原酒」
新酒をゲットさせていただきました。今日いただくと、じっくりと飲ませていただける一本でしたよ〜、やっぱり日本海のお魚との相性が良さそうな感じです。

IMG_7693

IMG_7695

そしていつも歩く雁木のある商店街です。
駅前から少し海寄りに行ったところの商店街は、雁木が続く雪国ならではの商店街です。昔のアーケードみたいなものなのでしょうね!

IMG_7697

IMG_7699

久しぶりに「イノヤ」様のケーキが食べたいな〜
レトロな建物でしょう。

IMG_7691

ショーケースには昔懐かしいケーキがズラ〜リあります。その多くはバタークリームのものが多く、なんとも衝動買いに走ってしまいます。

IMG_7692

このケーキ昔ありましたよね〜、魅力魅力!
でもね、結局こちらをゲットしてきました。

IMG_7728

ムフフフフ・・・
ぜ〜んぶ生クリームじゃなくてバタークリームです。

IMG_7737

IMG_7738

パンも焼いてられるのですが、デニッシュ系の手前のものも好きです。バター分はそんなにないので、カロリーはいたってローカロリー(笑)

IMG_7736

IMG_7735

IMG_7729

どのケーキも決して「美味」という言葉より「懐かしい〜」という感じです。

IMG_7733

IMG_7739

いつも試飲瓶をお持ち下さるので、今日は試飲台でご試食願いました(笑)
スイーツ大好き「北安大國・伊藤社長」様です。
どれがお好きか意見交換、お酒もスイーツも一緒、好きなものは其々に違うってことですね〜
とっても楽しいレトロなまち、糸魚川です。
ぜひ糸魚川経由で大糸線、「信濃大町」までお出かけ下さいね〜〜〜

【漁場傳兵】様
新潟県糸魚川市南押上2-1-22
TEL:025-553-2661
営業時間:11時30分〜13時30分LO、17時〜21時(20時30分LO) 
定休日:木曜

【イノヤ商店】様
糸魚川市本町6-8
営業時間
午前8:30〜午後7:00
TEL:025-552-0260
定休日:日曜日

IMG_7607

IMG_7605

誰だ誰だ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
昨日の事、「大町ワインぶどう生産組合」の若い方々の畑はどうなってるのかな?
今年は雪が多いのでちょっと気になり、栃木から移住されて来られた矢野様のぶどう畑へ向かいました。
やはり市街地に比べると雪の量は全く違い、半端ない積雪量なのです。
初めて大町の冬を体験され、奥様は「寒い寒いと・・・」でもね、なれるからね!ってお話させていただきました。
移住されたご自宅の前がこの景色です。素晴らしすぎでしょう
きっとキツネさんが遊びに来てるのだと思います。

IMG_7615

恐る恐る足元を気づかいながら畑へ近づいてみました。
この小屋も雪が積もるといい雰囲気でしょう。
IMG_7608

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
やはり思った通りの積雪量です。

IMG_7611

手前を見てみてください、昨春植えたシャルドネですが、一本成長したものの先が出ていますが、他の若木は支柱の下に隠れちゃってます。
でもね、若木こそ雪の中に隠れちゃうほうが安心ってことなのです。
出ていると大町の寒さは大変ですからね〜

IMG_7617

こちらは矢野様より少し市街地寄りの若林様の3月に出来上がるワイナリーです。
凄いですよね〜、とっても立派な建物です。
同じ大町ワインぶどう生産組合に入られていますが、会社を設立されワイナリーを作られました。社名は「ノーザンアルプスヴィンヤード」様です。

IMG_7619

こちらからは北アルプスの「爺ヶ岳」と「鹿島槍ヶ岳」が真正面にそびえています。

IMG_7620

垣根仕立ての新芽が出るところまでは全て雪で隠れています。
今年初醸造されるワインぶどうが秋にはしっかりと実ってくれることを願っています。
若いお二人を応援していきたいと思っています。

IMG_7624

IMG_7622

大町総合病院の産科診療(分娩・妊婦健診)が休止になるとこは皆様ご存知だと思います。平成27年4月より毎週水曜日と第2・第4土曜日の午前中信州大学の非常勤の先生が来てただけるそうですが、外来のみだそうです。
それじゃダメですよね〜、実際nonkoも婦人科系の大病をしているので、そのつらさは身に染みています。どうか再開できますよう「市立大町総合病院を守る会」の方々が署名活動を始めて下さいました。
ぜひ皆様のご協力をお願い申し上げます。
署名用紙は店内にございますのでお声かけ下さいませ。
足元悪い季節ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

IMG_7660

本日大町の「若一王子神社」様にて、節分祭がございました。
快晴のお天気でしたが、寒い一日でした。でもね、大町の皆様はメチャクチャお元気なのです。

IMG_7631

まずは本殿へお参りさせていただきました。
商売繁盛!家内安全!健康で毎日ごはんが美味しく食べられますように(笑)
ちょっとならんでられるのおわかりですか?
実はこれは「福くじ」を配布されるのをならんでられるのです。

IMG_7635

こうやって配布されるのですが、何度も何度もならびなおしてもOK!
凄いでしょう〜、腰の曲がったオジイチャンも元気に小走りされていました。



【動画】

IMG_7632

誠に誠に皆様お元気!!!
足元悪いのに、誰ひとり転ばれる方もなく、やはり地元の方々は凄いです。nonkoはもう今年で何度転んでいるのか・・・

IMG_7639

福くじの配布が終わると「おおまぴょん」が登場です
ちびっ子さん方の人気者ですね



【動画】

IMG_7644

いよいよ鬼さんが目の前を通過、お役の方々が豆で退治していただきます。

IMG_7650

ギャハ!今日の鬼さん目が可愛い(笑)
そんなこと言ったら不謹慎ですよね〜

IMG_7651

nonkoも「鬼は〜外!福は〜内!」

IMG_7654

三重の塔より豆まきの開始です。

IMG_7652

大町レディースのお二人とっても素敵です



【動画】

IMG_7654

皆様ここでも争奪戦!いや〜、毎年迫力です
nonkoはこの元気さを毎年頂戴するのが好きなのです。

IMG_7661

いつも見ても見事な三重の塔です。

IMG_7663

今夜はもちろん夕食はイワシです(笑)

IMG_7664

「トコブシ」もオマケね!

IMG_7577

ガハハハハ〜!
参った参った〜〜〜
今年も大町の「仁科三湖」の真ん中の湖「中綱湖」が全面結氷し、ワカサギの穴釣りが始まっています。
今日は青木湖方面に用事があったので、中綱湖の穴釣りの様子を見学させていただいてきました。
(画像はクリックしていただくと全て大きくなります)

IMG_7542

ちゃ〜んと入漁券を買って下さいね〜

IMG_7548

凄い光景でしょう。四季を通じて色々と楽しめる大町なのです。

IMG_7549

鹿島槍スキー場・中綱ゲレンデもすぐ近くに見えます。

IMG_7547

中綱湖北方面はこんな感じです。

IMG_7543

まずはね〜、釣りされてるところまで行かなくちゃ、転ぶの怖いからお尻で滑って行くよ〜
全く濡れないところがどれだけ温度が低いかということでしょう。

IMG_7544

メッチャ気持ちいい〜〜〜、スキーが出来たらどれだけ楽しいでしょう

IMG_7551

IMG_7555

滑り降りたらトコトコと歩いて降りていきます。

IMG_7554

雪の結晶がこんなにきれいだとは・・・
自然って色々なものを見せてくれますね。

IMG_7557

IMG_7556

釣れてますか〜!
とお聞きすると「飴どうぞ〜」って(笑)

IMG_7558

釣れてる釣れてる〜〜〜
ワカサギってnonkoもよく釣りに行ってましたが、竿がとても細いので、チョッとしたアタリでも手に伝わってくるのです。釣り人の楽しみって、その「ブルブル感」にあると言っても過言ではありません。

IMG_7560-1

飴の次は「まぁこれ飲んで!」って・・・
え〜、朝っぱらから無理だし〜、と言いながらも手が出るnonkoです(笑)

IMG_7563

一気に飲めと言われても、40度のウイスキーストレートで飲まされちゃうとビビッてしまいます。
何ともススメ上手なオジチャマです。

IMG_7565-1

IMG_7571

もう無理〜、もう無理〜、と言いながらも、注ぐや注がれるわで中綱湖の湖上でこの状態です。
ひたすら横で笑ってる窪田さん
きっとあきれてるだろうな〜

IMG_7573

あれれ〜、ウイスキーとおつまみが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
でもオジチャマ鍋焼きうどん持ってられるの見せてもらったので、食料はあると思いま〜す(笑)
こんな楽しいワカサギ釣り、nonkoもやってみたいよ〜
お天気ならテントはなくても大丈夫だと思います。
そして・・・

IMG_7576

IMG_7577

IMG_7578

あまりに雪がきれいだったのでダイビングで〜す

IMG_7575

こんな雪見たらダイビングしたくなっちゃいますよ〜

IMG_7585

その後この雪の中を青木湖まで行き、しっかりと仕事してきました
ウイスキーは身体がホコホコして酔っぱらうことないですね〜、何とも不思議な朝の体験

IMG_7583

IMG_7581

青木湖も真っ青な水の色、雪は例年より桁違いに多いです。

IMG_7589

IMG_7593

IMG_7592

通り抜けしようと思ったら道がなくなっていました(笑)

IMG_7595

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、こんなに積もってる!!!

このページのトップヘ