呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2015年03月

002

え〜〜〜、最後尾はどこ?

031
ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、約5.6百人はいらっしゃるのでは?
本日明日と「中野ひな市」です。
nonkoは特別な用事がない限り毎年行かせてもらってる行事です。
元々は日本酒でお世話になってます「勢正宗・丸世酒造店」様に土人形が飾られていて、関社長の奥様に色々と教えていただき、自分で絵付けも楽しむようになりお邪魔させていただくようになりました。
何が凄いって、古くから根付いたものが地元の方々で守られていると言うことです。それに地元の皆様が楽しまれてるご様子は素晴らしいと思うのです。
【中野の土人形】
北信州に伝わる中野の土人形には、奈良家が制作する「中野人形」と、西原家が制作する「立ヶ花人形」があり、この両者を合わせて、「中野土人形」と呼んでいます。
奈良家「中野人形」の主なものは京都伏見人形系、奈良家は、京都に福寿草などを持って行商され、帰りに人形型と製作方法を導入され作り始められました。西原家で製作されている「立ヶ花人形」は、明治時代に愛知三河の瓦職人の指導により創始され、歌舞伎を題材とされた人形を中心に製作されています。
現在は、北信濃に春を告げる「市」として3月31日と4月1日が「中野ひな市」となっています。

025

実は朝のこの行列は、本日奈良様と西原様の土人形の即売に購入できる「権利」を抽選されるためのものなのです。
普通に買えるわけではないのですよ〜、とにかく人気人気大人気なのです。きっとそのお人柄もあると思うのですよね。nonkoも作家様の皆様大好きですもの
即売会場はこのあいだの「土人形絵付けコンテスト」の表彰式の場所と同じ「中野陣屋県庁記念館」様です。

003

004

奈良家は「奈良久雄」様と6代目の息子様「奈良由紀夫」様の作品、そして西原家「西原久美江」様の作品が展示されています。まずは今年の出展作品を拝見させていただきます。

014

奈良久雄様の作品です(画像はクリックしていただくと大きくなります)<br clear="all">
015

017

このような自筆のメッセージも貴重だそうです。
どれも素敵です。まずは手に入らないでしょうね・・・

005

息子様の奈良由紀夫様の作品です。
わぁ〜〜〜、新しい作品がある
ほとんど毎年拝見させていただいてるので、色使いや型にも時代の流れのようなものを感じます。
もちろん代々伝わる型も大切にされていますけどね!

007

008

009

010

こちら今年初めての作品だと思います。とっても可愛いのです
抽選に当たったらこれも欲しいな〜

013

011

牛さんいいな〜〜〜、北野天満宮の牛さんみたい(笑)
こちらの作品けっこう大きかったです。

020

021

今年はまだ持っていない由紀夫様の作品が欲しいな〜

023

こちらは西原久美江様の作品です。立ヶ花人形も素敵です。

024

022

こちらいいな〜〜〜、お部屋に置いたらホッとしそうです。
やはり流派のようなものを感じますね。

033

作品を拝見させていただいた後はnonkoも抽選の列にならばなきゃ!
ということで最初の画像です。
アレレ?どなた?選挙でもあるの?
いえいえ、池田中野市長様がお名刺を持たれてご挨拶にまわられていました。
いや〜〜〜びっくりです。しっかりとnonkoもお名刺をお渡しさせていただきました(笑)
行列の横では地元の方かな?お茶をサービスしていただいたり、ギターもって歌を唄っていただいたり、約1時間あきずにならばせていただきました。

028

034

今年も地元の特産「きのこ汁」や、特産品の振る舞いもありましたよ〜

035

何だかんだ楽しみながらあっという間に抽選箱が見えてきました。ドキドキハラハラです(笑)

11058694_811642085593178_4832611176763228384_n

ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜当たり
しかも4グループだ
これは大変、とっさに「銀行行かなきゃ!」って思いました。
即売までの時間に行った先は・・・

040

もちろんすぐ近くの「勢正宗・丸世酒造店」様です。
関社長様、奥様皆様喜んで下さいました。
皆様のお顔を見たらホッとしますよ〜

041

042

ウフフ・・・、新しいお酒の試飲までさせていただいたりしちゃって〜
お母様秘伝のおでんの美味しいこと!
とっても不思議に思うのは、中野の町なかではこういった「おでん」が結構販売されています。
「ビタミンちくわ」と「こんにゃく」おあ箸にさしてあるのです。お店ではそれが5個ぐらいが輪ゴムでとめられてあるのですよ〜、「おでん食べ歩き」でもされれば面白いのにな〜、このおでん都会でウケそうです
まず「ビタミンちくわ」なんて関西にないし〜、多分東京にもないはず、信州でもこのような形状で食べられてるのは中野市だけなのでは?
また土人形購入したら来ますね〜、とお話し、次に行った先は・・・br clear="all">
055

nonkoがいつもお世話になってます「まちなか交流の家」様です。
こちらではいつでも土人形の絵付け体験ができるのです。

060

色々な白塗りの型もこんなに沢山ご用意されています。塗り方も教えていただけるので、子供さんでも大丈夫です。絶対にはまっちゃいますから〜

049

そしていよいよnonkoのグループの順番がまわってきました。
この順番が本当に厳しく見ていただいてます。
25名が一つのグループですが、10秒単位で一人づつ購入会場へ入ります。迷っていたら他の方に買われちゃうので、思い切りも必要かと思います。隙間から残ってる作品を見ながら、どれにしようかとドキドキです。

050

あ〜、可愛いのあるある、でも大きいものも欲しい!
この順位であたることはきっともうないはずだから・・・
行け〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

051

これ
奈良由紀夫様の福助です。お店に置きたいものね

052

ちゃっかり奈良由紀夫様に記念に書いていただきました。幸せ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

053

嬉しい悲鳴ってこのことですね!
奈良様ありがとうございました。
今日はお父様の「奈良久雄」様にもお会いできて嬉しかったです。

084

nonkoも一つ作品が仕上げることができました。お顔はちょっと由紀夫様に助けていただきました(笑)

062

066

もちろん帰りには再び「丸世酒造店」様にお邪魔させていただくと、酒蔵見学のお客様がおみえでした。
今日は一般のお客様にご案内されていたようです。
ありがとうございました。

072

今日明日はとってもにぎやかな「中野ひな市」
町に中には露店もいっぱいです。

075

076

夜には「大灯籠びな行進」もあるようです。一度見学させていただいたことがありますが、とっても雰囲気いいですよ〜、青森の「ねぶた」のような灯籠です。

069

また町のお店の店頭では其々土人形や土雛を展示されていますので、歩いていてもとっても面白いです。
明日も開催されていますので、ぜひお出かけされてはいかがでしょう。
073

078

081

082

083

色々な業種のお店の店頭で個々に工夫をされて土人形を展示されています。個人のお宅もあるのです。
町興しってこういう事なのじゃないかな?できる範囲で精一杯努力されてるご様子がうかがえます。
ご自分の持たれてる土人形のお話、手に入れられたときのご様子などお聞きすることも楽しい地元の方々との交流でありご縁なのでしょうね。
明日も頑張って下さいね〜、今日は楽しませていただきありがとうございました。

【中野ひな市】

IMG_9418

行くぞ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
朝から「大町ワインぶどう生産組合」の原田様のぶどう畑のお手伝いへお邪魔させていただきました。
ほんとお邪魔なんだから〜〜〜〜〜〜〜〜〜、邪魔ばっかり・・・(笑)
今日は一日中北アルプスが綺麗で、とっても心地良い春の風を感じてきました。

IMG_9396

あ〜遅かった!遅刻ナリ
既に組合の皆様は原田様のぶどう畑で作業を初めてられました。
今日は剪定の枝整理と誘引作業です。

IMG_9430

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜水があがった
ポカポカお天気で根が動き出したのです。

IMG_9398

ぶどうの木にはこうやってハサミが入っています。
昨年伸びたところを外していき、今年伸ばしたいところを「誘引」と言い、番線に沿わす作業です。

IMG_9401

こうやって番線から昨年の新梢を外すのですが、悪さをするものがあるんですよ〜〜〜

IMG_9439

これ
ぶどうの木のツルなのです。
昨年皆様が暑い中「ツルとり作業」をされてるのを見て必要な作業なのかな?なんて思っていたのですが、やはりないほうが良いと言うことがわかりました。
やはり「実践」あるのみです。
口では何でも言えますよね、自分が体験してこそだと思います。

IMG_9406

枝外しだけで良かったのですが、原田様nonkoに「誘引作業」を伝授!
いやはや難しそうですよ〜
古い枝を外した後に、どの枝を伸ばしていくかを自分で仕立てるのです。
これは責任重大ですよ〜、「芽かき」や「除葉作業」は経験ありますが・・・

IMG_9407

太い枝を有効に残せば良いってものではないのです。
両サイドの木の状態、来年の成長の事、そして枝の雰囲気、全てが自分の感性になっちゃうのです。

IMG_9408

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜、原田様ノコギリまで(笑)

IMG_9412

なるほど!フムフム・・・
両サイドから中央で30センチほど重なり合います。
これは栽培される皆様それぞれの仕立て方なので、どれが良いとか悪いとかではないと思います。

IMG_9413

そしてこのようなビニールテープで留めていきます。
nonkohこの機械を何度ぶっ壊しそうになったことでしょう、皆様すみませ〜〜〜ん、迷惑nonkoです。

IMG_9417

皆様さすが〜、作業がはやいです。

IMG_9414

休憩時間では温かいお茶とお菓子、そして信州は「お漬物」なのですよ〜〜〜
通りがかりの地元のオバアチャン(すみません、元教頭先生だそうです)がとっても面白いお話をして下さいました。「昔は富山県側へ行くには「針ノ木」を超えて、立山を縦走し・・・???」
エッ?佐々成政じゃない?
「昔はダムなんかないせ〜、これでも山岳会だったでね」って
生粋の大町の方々ってお話ししていたらとっても勉強になります。昔の方の知恵って素晴らしいと思いますよ〜、お邪魔だったね!って帰って行かれたお近くのオバアチャン、楽しいお話をありがとうございます。

IMG_9416

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!やっちゃった
休憩後気が緩んだせいか、パッツン切っちゃた〜、ごめんなさ〜い
なれたころにやっちゃうんですよね・・・
はやく伸びて〜〜〜

IMG_9431

IMG_9433

それでも午後には原田様の畑の誘引作業を終えました。
いや〜、自分で言うのは変ですが、この景色凄いな〜

IMG_9435

まだ少し時間があるので、お向かいにある渋田見様の畑の作業もさせていただきました。
こちらは一部剪定がされてるだけで、まだまだこれからです。

IMG_9436

IMG_9438

こちらはこれからまだまだ作業が続きそうです。

IMG_9437

一番手前の一列はnonkoが誘引作業をしました。
何だか畑の仕事好きになってきましたよ〜

IMG_9443

あっと言う間の一日、今日は雲一つない快晴でした。
この畑でまた秋には素晴らしいワインぶどうが実りますように・・・
5月4日(月)は、皆様の畑で収穫されたぶどうで造られたワイン「Nishinaメルロー」「Nishinaシャルドネ」「大町メルロー2014」の試飲販売会を予定させていただいてます。
もちろん組合のオジサマ方もご来店いただけると思いますのでお楽しみに

IMG_9335

上諏訪駅の午前中、まだ静かな駅前です。
あと2時間後には凄いお客様でごった返す場所になります。
昨日開催されました「上諏訪街道呑み歩き 2015 春」は、前売りチケット2,000枚は既に完売してる状態、当日チケット1,000枚分も直ぐになくなり、臨時の利き猪口が出ていたようです。
nonkoはいつものように「酒ぬのや本金酒造」様のショップでお手伝いをさせていただきましたが、13時のスタート前からお酒の購入のお客様が凄く、保管場所が無くなってしまうハプニングもありました。
確かに本数の少ない銘柄につきましては、先に購入していただき、お買い物をお預かりするという試みをしてから、皆様安心してお酒の利き酒にまわられるようになり喜んでいます。
いつも忙しくて会場の様子がわからないため、今回はスタート前にお蔵様を拝見させていただきました。

IMG_9336

上諏訪駅を下車され国道を歩いて行くと、まず最初に「舞姫・舞姫酒造」様です。
こちらのお隣には「丸柳大津屋」様があり、前売りチケットと利き猪口の交換や、当日チケットも販売されていたようです。

IMG_9339

「麗人・麗人酒造」様です。

IMG_9361

「本金・酒ぬのや本金酒造」様です(呑み歩き時間内撮影)

IMG_9359

「横笛・伊東酒造」様です。

IMG_9343

「真澄・宮坂醸造」様です。
これら五蔵様が国道沿いにございます。

IMG_9342

お〜〜〜お二人さん!
当店をいつもお手伝いいただくお二人さん、来てくれたんだね〜〜〜!

IMG_9341

真澄様、お酒の管理いつも凄いでしょう。
久しぶりにお邪魔させていただきました。

IMG_9344

横ではこのようなブースもあるんですね〜、本金様にいてもお客様がいい匂いをさせておみえになるのが良くわかります。

IMG_9345

鹿だ〜〜〜!ジビエ
チーズが入ったサラミが美味しそう

IMG_9348

横笛様の前では、本金酒造若奥様ちとせちゃんのご実家の「松尾商店」様が出店のご準備!
いつも元気なお母さんやお姉さん、子供さん方も頑張ってられました。

IMG_9347

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、警備の方々が登場!早く本金様へ帰らないと〜〜〜

IMG_9346

13時からスタートだと言うのに、すでにお買い物のお客様がご購入されてお預かりです。
nonkoは元パテシエのちとせちゃんが焼かれたお菓子を始め、大人気の酒粕サブレ、チョコレート類、前掛けなどの売り場づくり!何とかスタート前に準備完了です。

IMG_9350

試飲場所も準備万端!

IMG_9351

IMG_9363

ドヒャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!最初に見てからは売り場を離れられませんでした。

IMG_9354

いっきに凄いお客様が入って来られました。
本金酒造様の出品酒です
本金大吟醸
本金純米吟醸ひとごこち・無濾過生原酒
本金純米・無濾過生原酒
本金純米
本金本醸造・太一
以上でございます。

IMG_9378

お客様同士がカンパ〜イ
今回も皆様の笑顔を見せていただき、nonkoはいっぱい元気をいただきました。

IMG_9357

IMG_9380

IMG_9381

IMG_9376

皆様の笑顔がたまりませんよね〜、幸せをわけていただけるような気分

IMG_9385

呑み歩きの醍醐味、それはやはりご参加されてる客様とお蔵様との会話!
やはり日頃中々会話することができないお蔵様とお客様にご縁ができ、お蔵様のファンになっていただけることが一番の喜びであります。今回もまた上諏訪街道呑み歩きにて元気をいっぱいいただいてきました。マナー良くご参加いただきましたお客様のおかげだと感謝いたします。


【動画】
そして18時終了となる頃には、どこからともなく本金ファンのお客様がお集まりになります。
もちろん皆様の目的は動画の通りでございます。

【動画】
本金酒造様名物「宮坂社長」様のご挨拶と「蛍の光」、中には感激され涙される方もおいででした。
次回は秋、10月にまたお会い致しましょう。


IMG_5117

IMG_5142

IMG_5145

明日は「上諏訪街道呑み歩き2015春」開催です。
このイベントこそ呑み歩きの元祖と言えるでしょう。
皆様の笑顔がたまりません。
こちらは昨春終了前の「酒ぬのや本金酒造」様です。
明日もまた感動感動のフィナーレになること間違いないでしょう。
今年からチケットの販売方法が変わり、前売り分は完売です。
当日チケットは限定1,000枚限りですので、お早い目にどうぞ!

【上諏訪街道呑み歩き】
諏訪市の甲州街道は、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ全国的にも珍しい酒の街です。
各蔵元様が丹精込めた美酒を楽しみながら、諏訪の歴史ある町並みのそぞろ歩きを楽しんでいただけたら、という思いで、商店街有志によるまちづくり団体「上諏訪街道21」が1998年から開催されているイベントです。
nonkoはご縁があり2007年春に初めてこのイベントに参加させていただきました。
以来毎回元気をいただいてま〜す。
nonkoはまた「酒ぬのや本金酒造」様のレジにて皆様をお待ち致しますね!

IMG_9232

昨日の定休日、ちょいと遠出をし飯山経由で新潟県南魚沼の浦佐へ
こちらにはかねてからお世話になってます雪国のワイナリー「アグリコア越後ワイナリー」様がございます。
千曲川を北上していくとドンドンと雪が多くなります。

IMG_9243

新潟県十日町から南魚沼市へ抜ける道も凄いでしょう。

IMG_9247

浦佐に着くと見上げるような雪の壁です。
どれだけ凄いかって〜

IMG_9268

圧雪されても店主を超えるほどの積雪量です。

IMG_9249

なんだと思います?
これってワインぶどう畑なのです。
何年か前から畑を見学させていただき、昨年は大町の「ワインぶどう生産組合」の皆様もご案内させていただいたのです。
今年は大町も大雪の影響が出たので、思い切ってお邪魔させていただきました。

IMG_9254

IMG_9257

IMG_9258

IMG_9252

初めてお邪魔させていただいた時に、ぶどうの木が斜めになっているのがとっても不思議だったのですが、この雪の量を見ると中で木が横倒しになって冬眠してる意味が良くわかります、
番線も弛ませて切れないように工夫されています。
やっぱりその場所の風土に合わせた栽培があるのですよね!
それにこれだけの雪、醸造されて貯蔵されるのにこれらの雪を利用され「雪中貯蔵」されているところも凄いと思います。「越後雪季」がまさにそのワインで、コスパに優れた美味しいデイリーワインだと思います。

IMG_9261

畑を見学させていただいた後に、ワイナリー様へ!

IMG_9262

オススメのワインを試飲させていただき、自分用にゲット!

IMG_9263

そして栽培・醸造の青木様にお話を聞かせていただきました。お忙しい時間を本当にありがとうございました。

IMG_9273

すぐ横で併設されているワインレストラン「葡萄の花」様へ
まずは「越後スパークリング」です。
和食にも合いそうなぐらい穏やかな味わい、セイベルの香りも爽やかです

IMG_9275

エスカルゴ

IMG_9276

新潟のケルナーを初めていただきました。
ふんわり甘みがあり、こちらもとっても爽やかです

IMG_9278

お魚料理は、牡蠣が舌ヒラメでクルリンと巻かれ、クリームソースでまとめられました。
盛り付けもオシャレですし、ボリュームも凄いでしょう。取り分けていただくのがベストな量です。

IMG_9279

これこれ!このあいだ当店の試飲台で店主がお客様方と楽しませていただいた「カベルネソーヴィニヨン2010」です。こちら2014年国産ワインコンクールにおいて欧州系赤品種カテゴリーで「銅賞受賞」の一本です。
nonko好みの味わいで、とってもバランスの良い優しい味わいです。良い熟成をしてるのでしょうね

IMG_9280

越後牛のサーロインステーキ和風ソースは、我が儘言ってスライスしていただきました。
ワインとの相性はバッチリ

IMG_9285

とってもオシャレな店内のまわりは、雪の中にぶどう畑、八海山が見え、素晴らしい環境にあることを実感できます。
雪国でもこれだけのぶどう栽培ができ、ワインが造られ、雪を利用された貯蔵、そして併設されてるワインレストラン。
実は何年か前に初めてこちらにお邪魔させていただいたのは、nonkoが夏季休暇の途中でした。
夕方この場所で、農作業を終えられたおじいちゃんが「フライドポテトと白ワイン」を飲んでられたのが凄く印象的だったのです。今当店で販売させていただいてる「大町メルロー2012」こそ、そのようなイメージのワインなのです。これから大町もそのような場所ができたらいいな〜、なんて夢見ているnonkoです。
また見学させていただいた畑、お話しさせていただいたことを組合の皆様にお伝えしなきゃね!

【アグリコア 越後ワイナリー】様
上越新幹線浦佐駅より徒歩20分


北陸新幹線&飯山線の「飯山駅」の構内の「からくり時計」です。
可愛いでしょう
飯山駅すご〜く変わりました。
どうなってるんだろう?と思いながら昨日新潟へ行く前に立ち寄らせていただきました。

IMG_9215

飯山駅凄いでしょう。
きっとここから色々な観光地への移動が可能になりました。

IMG_9216

あ〜〜〜、飯山線!!!
一番気になっていたのが飯山線への乗継でした。

IMG_9222

IMG_9223

エスカレーターで二階に上がると北陸新幹線と飯山線同じところから移動できるようになっています。

IMG_9224

二階から飯山駅を見るとこんな感じです。
ひと駅乗ったら「高橋まゆみ人形館」です。ちょうどすぐ近くなのです。

IMG_9221

電車で行くのもいいですが、これからの季節は是非こちら「レンタサイクル」で春の風を楽しまれるのもよろしいかと思います。

IMG_9217

一階の観光案内所ではnonkoの好きな「中野土人形」も販売されていたり、飯山や近辺の特産品を展示されながら販売されています。
中野市へのアクセスがとっても良くなり、今まではnonkoも大変だったのですが、これで行動範囲も随分広くなりました。
来週の「中野ひな市」も飯山経由でいかがでしょう(笑)
北陸方面からのお客様なら面白いルートになりそうです。

IMG_9229

最初のカラクリの動画の場所は2階のカフェの前です。
こちらのカフェもチェックチェック!スイーツもありますが、こんなものまであるのです。

IMG_9225

このあたりの郷土食「笹寿司」です。
ありがたいですよね〜(画像が反射してごめんなさい)

IMG_9230

IMG_9228

「からくり時計」のおもてなし、嬉しかったな〜〜〜!
北陸新幹線大きな駅が賑わってるようですが、このような小さな町の駅こそこれから面白くなりそうな気がします。地元に密着されてる部分が素晴らしいですね。
【信州飯山観光局】

IMG_9193

IMG_9202

大町にもワイナリーの建物が誕生しました。
「大町ワインぶどう生産組合」にも所属されてる「ノーザンアルプスヴィンヤード」様です。
オーナーの若林政起様は大忙しの事と思います。

IMG_9199

醸造蔵内は既に設備も整っており、あとは原料のワインぶどうを待つのみかな?
大町にワイナリー・・・、ほんと信じられないぐらい凄いことです

IMG_9194

沢山のサーマルタンク

IMG_9196

貯蔵用の新樽もこんなに!

IMG_9201

ここには何が来るのかな?

IMG_9205

オーナーの若林様、とっても寒い中ぶどう畑で剪定作業をされていました。
おめでとうございます!

IMG_9206

畑・・・、とってもとっても広いんです。
機会がございましたらお手伝いさせていただければ嬉しいな・・・

IMG_9207

今朝は雪でした。そして今もまた雪がチラチラしてる大町です。寒い日だって作業は続きます。ワイナリーができ、これからもっともっと忙しくされることと思います。
是非大町のワイナリー、応援してあげて下さいね

IMG_9128

3月31日から「ひな市」をひかえた中野市駅前です。
【中野の土人形】
北信州に伝わる中野の土人形には、奈良家が制作する「中野人形」と、西原家が制作する「立ヶ花人形」があり、この両者を合わせて、「郷土玩具 中野土人形」と呼んでいます。
奈良家「中野人形」の主なものは京都伏見系、西原家「立ヶ花人形」は愛知三河系の流れを汲んでいます。
この愛らしい中野土人形は、生活や風習に深く結びつき、古くから俗に「土びな」と呼び親しまれ、庶民に大切にされてきました。
昨日は先日参加させていただいた「土人形絵付けコンテスト」の表彰式でした。
お恥ずかしながらnonkoは佳作を頂戴いたしましたよ〜

IMG_9135

表彰式は「中野陣屋」で行われました。
こちらの建物は県庁記念館なのです。

IMG_9144

池田市長様のご挨拶です。
このようなイベントを企画していただいてることに感謝です。
元々お世話になってます日本酒蔵「勢正宗・丸世酒造店」様がすぐ近くで、お店に沢山土人形が飾られてることで中野の土人形を知ったnonkoです。
中野市には二つの土人形の流派のようなものがあり、その一つが京都の伏見人形が元になってると言うことでビックリでした。そのあたりはまた後日「ひな市」でご案内させていただきますね!

IMG_9164

nonkoもちゃ〜んといただきました。
いくつになっても賞状の授与式って緊張しますね(笑)

IMG_9155

こちらが皆様の作品です。
入選しなくても、皆様の出品作品は全てこちらに展示していただけます。

IMG_9154

今回はホント迷いに迷いました。とにかく今まで自分にはなかった色使いをしたいと・・・
いつも着物や帯の色になってしまうので、思い切ってロイヤルブルーを使ってみました。
そして最後まで迷った挙句時間切れになったのです。
それでも選んでいただきありがとうございます。
表彰式で皆様の作品を見ながら、お名前を照らし合わせていくと、やはりその方の雰囲気が良くわかる作品ばかりです。
nonkoも無理に斬新な色を求めるのではなく、極々自然に描いてみようってね!

IMG_9165

そう思うとまたまた描きたくなってきて、帰りに白無地の「ぶどう娘」を買っちゃいました。
また時間がある時に描いてみよう〜っと!

IMG_9132

3月31日は「中野ひな市」です。
こちらの商店街には何百人もならばれて、三名の作家様の土人形を購入できる権利を抽選されます。
町なかでは、お店屋さんで数々のお雛様を見学させていただきます。
もちろん絵付け体験だってできますよ〜
宜しかったら当日の様子はこちらからどうぞ!

【中野ひな市】

IMG_9074

咲き始めましたよ〜〜〜!
今年も黄色い可愛らしいフクジュソウが咲き始めています
大町のお家の庭先でも咲き始めてるところがあると思います。
このお花を見ると長くて寒い冬、特に今年は雪が多く、皆様雪掻きで大変だったと思います。
ご苦労様ご苦労様〜〜〜!
そんな大町ですから、春の兆しは本当にありがたいのです。
斜面に咲いてるのを下から撮ると、フクジュソウの雰囲気が良く出るのです。

IMG_9076

IMG_9077

これからどんどん咲き始めますので、またご案内いたしますね。
今回のこちらの場所は「西海の口周辺(木崎湖の西側)」です。このあたり生活されている場所が多いので、節度ある見学をお願い致します。

IMG_9078

その近くには、いち早くミズバショウの花を見せてくれるところがあるのです。
でも年々お花が小さくなってきたかな?まだ早かったかな?

IMG_9096

場所変わって「宮の森自然園」では、ザゼンソウのお花が咲き始めました。

IMG_9093

【ザゼンソウ】
ザゼンソウは、ミズバショウと同じように湿地帯に咲く春の花です。
花全体の形や色が、達磨大師が座禅を組む姿に似ているのでこの名が付き、ダルマソウとも呼ばれます。
花からは、虫をよせつける物質が出ていて、悪臭がすると言われていますが、nonkoはまだそのような香りを嗅いだことがありません(笑)
よく見るとミズバショウの紫バージョンのような感じで、意外と可愛らしいですよ〜

IMG_9088

宮の森自然園はまだ木道が半分雪がかかっています。なので長靴をご準備されたほうがよろしいかと思います。

IMG_9094

ただね、木道以外は本来踏み込まないほうがいいと思うのですが、この時期は仕方ないですね・・・
こうやって一生懸命雪の下から芽を出してくれてるザゼンソウ、くれぐれもお気を付け下さいませ。

IMG_9087

まわりにはバイカモの白いお花も咲き始め、大町にもいよいよ春がやってきました。

IMG_9002

糸魚川駅です。
昔の煉瓦造りをデザインされた素敵な駅に変わりました。
こちらは「元JR」側ではなくて、新幹線ホーム側の「アルプス口」のほうになります。
糸魚川ジオステーション“ジオパル”は、糸魚川市が北陸新幹線糸魚川駅高架下に建設した「糸魚川世界ジオパーク」の魅力発信基地であり、また、鉄道実車両、模型、プラレールに親しむこと、楽しむことのできる交流施設です。

IMG_9003

IMG_9004

IMG_9005

アルプス口入ってすぐ目に飛び込んでくるのは、かつて大糸線を走っていました電車「キハ52」が展示されています。一応待合室とされていますが、車内では飲食は禁止です。でも無料で中に入れるのです。
子供さんだけでなく、鉄道ファンの方々には嬉しい悲鳴ですよね

こちらの電車を通り抜け、お隣には夢のジオラマが作られました。

IMG_9018

凄いでしょう〜、子供さんだけでなく、大人の方々も釘づけです!
多少の料金はかかりますが、とっても良心的なお値段ですので、お気軽に楽しませていただけます。

IMG_9013

こんな感じです。

IMG_9012

巨大なジオラマをご紹介いたしましょう。
まずは糸魚川駅日本海側です。

IMG_9014

IMG_9015

糸魚川駅を大糸線側から見ています。

IMG_9016

赤レンガの車庫が本当に懐かしいです。
昔の写真がございます。

IMG_9021

nonkoは「鉄道ファン」でがございませんが、このようなジオラマを見てるとワクワクしてきます。

630366eb

2007年の画像ですが、昔の車庫が懐かしいです。

IMG_9030

今度は日本海側です。

IMG_9031

姫川漁港です(笑)

IMG_9028

糸魚川から親不知方面の砂利浜です(笑)

IMG_9029

こちらは能生の「道の駅マリンパーク」です。
何といっても海水浴の人がリアルなのですよ〜〜〜

11032298_801148789975841_7674325429137772053_n

おわかりですか〜〜〜、海水浴されてますよ〜〜〜

IMG_9027

IMG_9017

東京だってあるんですよ〜〜〜!リアルすぎでしょう

IMG_9025

見つけた〜〜〜!アルピコ交通の高速バスかな(笑)

IMG_9020

これらのジオラマに数々の車両が走っています。これを運転する体験がなされているのです。
こりゃ大人の方だってハマりますよね〜、店主は最初は駅を通過してばかりでしたが、そのうちきちんと停車できるようになりました(笑)

IMG_9007
IMG_9008

この場所はこの他プラレールの展示

IMG_9009

色々な車両の展示

IMG_9045

この場所では有料ですが、プラレールで遊ばせていただけます。

IMG_9047

またインフォメーションセンターの横では、ちびっ子さん用の滑り台、クライミングの体験ができるようになっています。本当に凄く楽しい遊び場なのです。
そしてお腹が空いたら日本海の海の幸!
最近当店がご案内させていただいてるお店がございます。

IMG_9059

「漁場 傳兵」様です。
実はこちらの社長様とご縁があり、出かけるようになり店主もビックリのお店です。
言われていた通り社長様自ら漁師さんなので、海が荒れると臨時休業される時もあるようです。
必ず営業の確認とご予約されることをオススメ致します。平日お昼でも13時過ぎるとネタが無くなっちゃいます。

IMG_9058

お玄関入るとご自宅?とビックリでしょう。
ここを左の扉から入ると店内となります。カウンター、小上がり、ボックス席もございますので、ご予約時に子供さんがいらっしゃる場合はボックス席をご利用されると宜しいかと!

1939655_801103983313655_6235686961251835404_n

nonkoのオススメは1,780円のこちら「海鮮丼」で〜す
糸魚川名産の南蛮エビはプリプリ、セイコガニあ一匹丸ごと

11013578_801104146646972_1194929758720508881_n

右側のは何ぞや?
こちらは「あん肝」ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、全く臭みはございません。
カニの赤子もあん肝も店主に取られちゃった〜〜〜!

IMG_9056

南蛮エビを食べたら出てくる出てくるお魚たち、青物の大きな切り身でも食べにくさは全くございません、あとは白身です

IMG_9057

これなんだと思います?
アンコウの切り身ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、こんなの中々食べられないですね
店主は「のどぐろ定食」でした(笑)
運転手様いらっしゃれば、糸魚川の銘酒もお楽しみいただけます。
ご家族でこの春休みは糸魚川へいかがでしょう。
【糸魚川ジオステーション】
【漁場 傳兵】様
新潟県糸魚川市南押上2丁目1−22‎
TEL:025-553-2661
営業時間 11:00〜14:00 16:00〜21:00
定休日:木曜日(漁がない時には臨時休業)

IMG_9039

ムフフフフ・・・、nonkoは何をやってるのでしょう?
糸魚川駅がとっても熱いです。
本日大町ワインぶどう組合様の勉強会なので、時間切れで〜す。申し訳ございません。明日掲載させていただきますね

IMG_8970

乗っちゃった〜!
京都からの帰りは北陸まわり、乗っちゃいました「金沢=富山」

IMG_8944

まずは金沢駅の「金沢百番街」です。
かねてから完成されていた部分です。随分「金箔」の関係のお土産品が多いです。

IMG_8939

地酒のチョイ飲みブースはこちらにもございます。
長野駅にもあるんですよ〜

IMG_8943

何が嬉しいって、宅急便の手配がすぐにさせていただけると言うことです。

IMG_8954

観光案内所のあるところでは、石川県内の特産品が展示されています。

IMG_8952

九谷焼

IMG_8950

輪島塗

IMG_8953

加賀友禅

IMG_8957

新幹線ホームへ入ると・・・

IMG_8960

素晴らしいでしょう!

IMG_8958

IMG_8959

待合室の壁にもこんな斬新な仕掛けがされています。

IMG_8967

車内はとっても広く、シートの座り心地は最高ですね!
揺れも大変少なく、約20分で富山に到着です。

IMG_8969

富山駅新幹線から「あいの風とやま鉄道」への連絡はまだまだムスーズではありません。
もうしばらくかかりそうですね。

IMG_8973

それでも駅構内に市電が乗り入れされているのでとっても便利です。

IMG_8974

新幹線高架下にオープンされた「きときと市場 とやマルシェ」です。
金沢駅ほどではありませんが、回転すしもでき、白エビ天丼のお店もあり、これからとっても楽しみです。少しですが、お刺身などを販売されているお店もあります。

IMG_8979

ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜、当店が沿線グルメで大人気の「白えびかき餅」がこちらでも大人気!そらそうですよね〜、本拠地なのですから(笑)

IMG_8980

チョッと電車に乗って市内の「池田屋安兵衛商店」様へ
実は煎じ薬が欲しくってね〜
相談させていただくと、「スギナ」がいいだろうと!煎じ方も教えて下さいました。
二階では薬膳料理を楽しませていただけるのです。

IMG_8981

レンコン饅頭と甘酢人参。

IMG_8982

高麗人参のスープをいただくと、お腹がホコホコしてきます。

IMG_8984

竿前昆布で甘海老を包み焼に
昆布のやわらかいこと

IMG_8985

ココットの中には大きなお豆?芋?が入って、トロリとした味わいです。

IMG_8987

黒米おこわは絶品
こういったお料理は胃腸が疲れてる時には最高のご馳走なのです。
身体に優しい自然の味わい、nonkoはとっても好きです。

IMG_8988

丸剤の製造の体験もさせていただけますよ〜

IMG_9002

富山で休憩し、また「あいの風とやま鉄道」「えちごトキめき鉄道」にて糸魚川へ!これがまた大変な電車でした。以前より連結車両が少ないので、結構満員で走っています。う〜〜〜時間帯は考えて欲しいな〜!
そしてこちら糸魚川駅、こちらから大糸線に乗れば「信濃大町」、我がお店に来られます。
糸魚川駅凄かったですよ〜、また明日ね!

IMG_8906

綺麗でしょう
今年も「東山花灯路」最後の日に行くことができました。
こちらはnonkoが住んでいた平安神宮道すぐの「天台宗青蓮院門跡」様の夜間拝観ライトアップです。

IMG_8877

IMG_8878

IMG_8879

幻想的な色々な色に変化していきます。
10年前まではこのイベントが一番好きで、期間中には必ず出かけていました。

IMG_8882

回遊式の庭園も素晴らしいのです。

IMG_8886

IMG_8890

IMG_8891

IMG_8892

IMG_8899
まるでお茶室も浮かび上がるように見えています。

IMG_8894

竹林はやっぱり素敵

IMG_8869

門の外から見るととっても素晴らしいでしょう。

IMG_8911

IMG_8912

大きな楠があるこの辺りは、昔大きな旅館がありました。「楠荘」さん、おぼえていらっしゃる方もおいでかもしれませんね。今はマンションになっています。
このあたりの灯りの雰囲気が一番好きなのです。

IMG_8917

このあたりからは「知恩院」様だと思います。
このあたりからは華展が見られるのでnonkoの楽しみの一つなのです。

IMG_8915

IMG_8922

IMG_8924

生け花の世界でも流行があるように感じます。最近は古木や流木は少なくなったように感じます。

IMG_8927

こちらがnonkoがもってる流派「嵯峨御流」なのです。

IMG_8938

円山公園を通り、清水界隈まで灯路があります。
こちららは「石塀小路」です。なんとも雰囲気のあるところでしょう。
ぜひ来年のご予定にどうぞ!

IMG_8934

IMG_8844

実家近くにあります「北野天満宮」
nonkoが中学からは引っ越してこちらの近くに住んでいました。
歩いて10分ほどのところにございます。

IMG_8859

まだ梅が咲いてるかな〜?と思って出かけてみたら、まだまだ綺麗に咲いていました。

IMG_8845

凄い人〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
昨日15日は「春祭り」だったようです。
そしてこちらは昔から学問の神様、受験生の方々が多いお宮様です。お礼参りかな?

IMG_8846

IMG_8847

何か神事があったようで、梅園へ入って行かれました。

IMG_8848

IMG_8850

IMG_8852

IMG_8853

IMG_8855

IMG_8856

IMG_8858

梅も色々な種類があるのですね

IMG_8849

この牛さん、昔から自分が良くなって欲しいところを擦りなさいと教えられ、いつも「頭」を擦っていました。今回は「頭」「目」「お腹」「足」・・・ほとんど全て(笑)

IMG_8857

ここから見る本殿のまわりも好きなのです。

IMG_8860

昨日は「長五郎餅」も出張されていたので甘いもの好きの両親へ

IMG_8861

帰り道、もしや?と思い「平野神社」様へ立ち寄ってみると、早咲きの彼岸桜でしょうか?お花を見せてくれました。これから京都は桜が咲き始めます。ぜひ平野さんの桜はとっても珍しい品種が楽しめますのでお出かけ下さいませ。

IMG_8863

IMG_8864


【北野天満宮】様
【平野神社】様

IMG03388

雨上がりの梅の花、週末より法事があり京都に帰ってました。

IMG03411

お寺さんのあとは、昔よりお世話になってます西陣の「京料理・萬重」様です。
小学校の頃はいつもお風呂屋さんへ行く時にこちらの前を通るのですが、いい匂いがするんですよ〜、子供ながらおぼえているのです。

IMG03408

お玄関はいると下足番(そうお呼びしていいのかな?)のオジサンがお出迎えして下さり、目の前には「山口伊太郎」様の大きな西陣織が目に飛び込んできます。

IMG03407

お部屋までにこのような大きな糸巻があったり、季節のお花が生けてあったり、ふわ〜っとお香の香りがしたり、京都ならではの雰囲気です。

IMG03409

お庭も手入れがなされてあり、梅の花もチラホラ咲いていました。

IMG03394

IMG03395

お膳にはこのようなお手拭があり、お話が進むようなデザインがされてあります。
いかにも食事の前の会話が弾むセッティングでしょう。

IMG03393

先付は春風を感じるお料理の数々、特にハマグリには感動しました。

IMG03397

白魚の黄金和え

IMG03398

お刺身の器は仏事用だそうです。
車エビが甘く、桜鯛も今食べごろですね!

IMG03400

椀物には蕨がトッピングです。
鱧?と思ったら「鱈」で大笑い!包丁捌きひとつでこのように見えちゃうのですね〜

IMG03401

萬重様といえばこちら「鯛のかぶと煮」が有名です。
意外と京料理と言われてもこちらの一品はこってり系の味わい、だから信州の方はお好きかもしれません。

IMG03402

止め肴に酢の物!
赤貝と帆立貝
かぶと煮の後にはありがたい一品です。

IMG03403

白身魚が筍に挟まれちゃった一品(笑)
京都の地物はあと半月程で出回りだすかな?

IMG03404

油物はマナガツオのあんかけです。
こちらも決して薄味ではありません。

IMG03405

ご飯ものはアサリの炊き込みご飯と赤だしです。

IMG03410

デザートも春らしく柑橘系のものが多かったです。
久しぶりに親族が集まり、nonkoは失礼ばかりしてしまったので3年ぶりかな〜、申し訳なかったです。
天国の叔父さんも喜んでもらったことでしょう。

【京料理 萬重】様

11046839_795400533884000_7868002258366348051_n

今日からいよいよ北陸新幹線が開業です。
当店では簡単なご案内と沿線グルメを少し置かせていただいてます。

IMG_8836

一押しは「白エビかきもち」で〜す!仕入れ先も入荷制限が入ってきてる状態です。

IMG_8838

富山を代表する「黒豆かきもち」も昔から大人気です。

IMG_8839

当店定番で置かせていただいてる「ふくら印・たらの子」はリピートさん続発!

IMG_8840

「ふくら印」さんは味付けがとっても美味しいのです。昔からnonkoが食べてる「じぶ煮」もどうぞ!

IMG_8837

浪花屋さんの柿の種でもこのようなパックは少ないと思いますよ〜
一口サイズの袋入りです

IMG_8812

昨夜はあまりの寒さに温泉入りに行こう!ってことでバイキングも合わせて「黒部観光ホテル」様へ行ってきました。
やぱりコスパ抜群!お腹いっぱい食べたのはいいのですが、酒の肴のようなものばかり(笑) ボリュームもあり過ぎて全てのお料理までたどり着けず、飲み物代に食事料金近く支払ったようです。だって美味しいお酒があったんだもの〜〜〜

IMG_8775

いつも真っ先に飛びつくのはこちらの「カニ」です。
このカニはカニ酢がご用意されていますが、nonkoはいつもサラダにしちゃいます!

IMG_8781

ムフフフフ・・・、こんな食べ方掲載しちゃっていいのかな〜
実はマヨネーズ嫌いの店主は、きっと「酢」の加減もあるようです。
こちらのマヨネーズはきっと業務用だと思いますが、お酢の加減がとってもやわらかいのです。
お味噌とマヨネーズを混ぜないで付けていただくととっても美味しいです。お酒の肴の箸休めにもなりますしね!

IMG_8782

昨夜のお酒はこちら「大雪渓酒造・吟燗」です。
そのまんまいただくより、お燗にすれば抜群に旨味が広がります。
同じ「大雪渓・純米吟醸」も。同じ温度で燗をつけていただきましたが、やはりその味わいは違いますね!
これもある意味仕事になりますよね(笑)

IMG_8777

左奥より、ジャーマンポテトのようなもの、豆腐よせ、ゴボウのから揚げ、つくねの串焼き、みょうがの甘酢漬け、鶏肉のハーブ焼き?山賊焼、から揚げ、クリームコロッケっぽい、野沢菜漬け、沢庵、青菜、瓜の粕漬け

IMG_8784

色々なものをチョイスさせていただき、チビリチビリ楽しませていただいたこのディッシュの中で一番nonkoが気に入ったのはこちらです。

IMG_8787

豆腐よせ(笑)

IMG_8791

イワナは焼き立てをご用意されています。

IMG_8795

串のまんま持ってウロウロするnonkoは滑稽だろうな〜

IMG_8792

いつもこの場所にある「こねつけ」は昨夜はなかったです。その代わり「つくね」の串焼きです。これも美味しかった

IMG_8788

店主はサツマイモとシシトウの天ぷらを何度お代わりしたことでしょう。昨夜のメインはイカでした。目の前での揚げたては特に美味しいですね。

IMG_8789

和牛ですが、最近はチョコッと加工されています。しかしながら表示をしっかりとされているので大丈夫!ソースとの相性も良く考えられていますね。

IMG_8790

やはり茶碗蒸しは外せません
IMG_8774

囲炉裏の雰囲気のあるこちらのコーナーも外れなし!
どれも味わいがnonko好みなのです。

IMG_8799

鶏白湯鍋はコクがあって美味しいです、もちろんお代わりで〜す。

IMG_8797

つみれのおすまし仕立ては、大町の美味しいお水を前面に出されていますね!

IMG_8798

グラタンはいくらでも食べられる危険メニューです(笑)

IMG_8809

油ものがだんだん食べれなくなってきていますが、少しづつ頂戴いたしました。
子供さんや若い人にはこういったお料理がないとだめですよね(笑)
山賊焼を始め、県内の小麦粉を使用されたお好み焼き、それぞれにお料理を工夫されて郷土色を出されています。

IMG_8802

いつもは囲炉裏のコーナーにある「おやき」も、とっても小ぶりなのでありがたいですよね!大きければ他のお料理が食べれれませんもの〜

IMG_8805

最後の〆はやっぱりおそばです。

IMG_8804

自分で作るソフトクリームは毎回楽しみです。地元のリンゴやフルーツをトッピング!

IMG_8807

お客様に大人気だったお水!このお水でお酒を仕込んでいることをアピールされてもいいのでは?
やっぱり大町のお水は美味しいですよ〜、こちらにどれだけのお客様が行き来されてたことでしょう。

IMG_8806

そのお水で仕込まれた北安曇のお酒、お宿でこれだけの吟醸クラスを揃えられてるのも嬉しいですよね〜、当店ではこちらのお酒、しぼったまんまの「無濾過生原酒」を取り揃えていますよ〜(商売させて下さい)

IMG_8811

会場には料理長が描かれた絵が展示されています。何とも素晴らしい北アルプス、今まで気づかなくてごめんなさい。

7e9b8654-s

食事後にはしっかりと温泉に入ってあたたまってきましたよ〜

【黒部観光ホテル】
昨夜のプランは「夕食バイキング+入浴セットプラン」です。
大人(中学生以上) 3,600円(税込)
小人(3〜12歳)   1,800円(税込)
TEL:0261-22-1520

IMG_8756

北陸新幹線開業に向け、長野駅「MIDORI」が新しくなりました。
木造建築の重厚さと、近代的な斬新さがコラボし、とっても素敵な駅となりました。

IMG_8757

春らしく、桜の花がディスプレイされていてとっても素敵

IMG_8758

最初に目に飛び込んできたのは「醗酵バー」です。
東京新橋の「おさけ村」のような雰囲気で長野県内のお酒を楽しませていただけます。

IMG_8767

IMG_8768

こんな感じでいいでしょう
IMG_8759

また販売のコーナーでは、我が北安曇の日本酒もちゃ〜んとお取り揃えされていました。

IMG_8761

大町のワイン「Nishinaシャルドネ・メルロー」も置かれていたのには感激!!!

IMG_8764

県内のお土産ならほとんど揃ってしまうのではないでしょうか。
おやき屋さんも2軒、栗菓子屋さんも2軒、ほんと凄かった〜!

IMG_8763

何よりも同じフロアに宅急便のデスクがあることがとっても嬉しいです。

IMG_8770

上のフロアは飲食関係、信州そばを始め炙り肉とワインバーのようなものもあったと思います。でもあまりに人が多過ぎて逃げ出しちゃいました(笑)
店主もnonkoも人混み超苦手・・・
でもね、このようなスペースもあるのでホッとしますよ〜
ただ今週末14日が北陸新幹線が開業となりますので、とんでもない人になることは必至です。
春休み終わる頃に落ち着くのでは・・・

IMG03358

IMG03362

IMG03361

IMG03363


おはようございます。
昨日からの雪はやはり積もりましたね〜
今日は定休日ですが、長野市方面へ向かっています。やはり大町市街地よりも長野行きの国道の雪は多いですが除雪はしっかりされています。
どうぞ皆様お気をつけて下さいね。

IMG_8730

IMG_8729

IMG_8731

降ってますよ〜〜〜!
またまた雪です
でもこの時期の雪はきっとすぐにとけてくれると思います。
それにしても寒い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、こんな夜に松本まで荷受けもキツイな〜、二日続けてですからね・・・

IMG_8726

試飲台ではnonkoの作業が大忙しです。
いくら雪が降っても季節の上では春ですからね〜、桜〜♪♪ 桜〜♪♪

IMG_8727

細かな作業が続いています。
これに全てワイヤーをかけピックに仕上げていきます。
根気のいる作業ではありますが、お客様にお喜びいただいてます

IMG_8670

IMG_8732

こんな感じで仕上げてギフトの詰め合わせなどに使わせていただいてます。

IMG_8672

こんな感じですね
ワインの詰め合わせの場合はバラのお花になったりします。

IMG_8723

また今日はお客様のご要望のラベルを作らせていただきました。きっと御退職の方へだと思います。
もちろんお客様ご自身がお作りいただいてもOKですよ〜、手数料などは無料デス

IMG_8736

わぁ〜〜〜、どんどん降ってます。やだな〜、こんな夜に荷受けに松本までなんて・・・
チョッと早めに出てもらおう〜っと!

昨夜は国産ワインに対してとっても勉強になることがありました。
ここ2.3日の北海道の試飲の中で、お客様にワインをお求めになるお客様に対してどのようにご案内させていただければよいのか、頭の中が整理できました。自分達で実際に飲んでこそ感じたこと、言葉はソムリエ様のような訳にはいきませんが、できるだけわかりやすい表現でご案内させていただければと思います。
当店はワイン大好きなご自分用のワインをお求めされるお客様、贈答用にお求めされるお客様、大きく分けて二つなのですが、その二つのどちらも「美味しく飲めたらワイナリー様は気にしません」「ワイナリーまたは醸造家はこだわります」ここなのです。少しでもお客様から情報をいただけるとご期待にそえるワインをチョイスさせていただけるかと思います。
ワインによっては開栓時既に最高の状態で瓶詰されているもの、1時間後により旨味が広がるもの、また天然酵母で仕込まれたもの、本当に其々であるということが試飲によりより明確に感じました。
内容はご来店のお客様とのお話の中で色々させていただこうと思いますし、ワインの楽しみ方などは飲み手の方が「美味しかったね〜」「楽しいひと時だったね〜」それが一番だと思います。
ワインも日本酒も「甘口否定」のような傾向が今でもありますが、当店試飲台で試飲されたお客様も甘口をお選びされることが多くございます。またワインも「国産はシャバシャバしてる」とか「薄っぺらい」とか思われてたお客様も「国産ワインいいね〜」と言われ始めました。
昨夜は復習を兼ねて木崎の「ビストロ花の木」様へお邪魔させていただき、ワインを持ち込ませていただきました。
和風調のお料理に北海道のワインがピッタリ、そしていつもnonkoがリボンラッピングをさせていただいてるワインが、どのようにテーブルを飾ってくれるのかも実験!いや〜、楽しく勉強できた夜でした。

IMG_8706

昨夜の二本はこちらです。
2.3日は北海道、九州のワインを試飲させていただいたので復習ってことで・・・(笑)
リボンラッピングは取らずに抜栓できるので、そのまんまテーブル花のような雰囲気が出るように感じます。

IMG_8709

花の木様のシェフが、チョッと風変りに創作していただきました。
真ん中のそばの薄焼きが最高です。
こちら単品でもあるんですよ〜、甘味味噌がサンドされていて、海苔の香りとマッチング
ふちのカリカリ感がたまりません
スモークサーモンのお寿司、シャリがメチャクチャ美味しかったのにはビックリです。
IMG_8710

中でもこちらにはビックリです。
クラッカーのトッピングに「おから」と「カマンベールチーズ」なのです。この発想に脱帽
IMG_8705

北海道余市産のミュラートゥルガウを使用された一本「サッポログランポレール・ミュラートゥルガウ」です。
これって爽やかな甘味が北の春風を感じちゃいます。
IMG_8715

IMG_8716

和牛のステーキは「ガーリック醤油」のソースなので「和」のイメージです。
とっても食べやすいので、店主もnonkoも疲れた時にはお肉が食べたくなります。昨夜もそんな感じでしたね〜
IMG_8713

「サッポログランポレール・ピノノワール」です。
こちらがnonkoがこのあいだ余市でお会いさせていただいた、余市の栽培家・弘津様のものを使用されています。
やはり開栓して直ぐが美味しくいただけます。お醤油ベースのステーキとの相性は素晴らしく、オードブルのそば粉の薄焼きでもOKでしょう。
実際に飲んで食べて感じたこと、それをワインをお求め下さるお客様にお話しできることが一番かな?なんて思っています。

IMG_8670

リボンラッピングはワインにさせていただくことが多いですが、日本酒だって春を運ばないとね
精巧にできた桜の造花を探すのもひと苦労します。
でも可愛らしく春の雰囲気を出すには桜の花が一番ですね

IMG_8672

今日はこんな感じで日本酒とワインの詰め合わせを作らせていただきました。
明日5セット東京へ向けて発送で〜す!

IMG_8675

樽熟成のワインもラベルがしっかりと重い感じでしょう。秋ならいいのですが、こんな時にはバラの花の色や葉っぱを春色にしちゃいます。

IMG_8683

ホワイトデーのラッピングに使用させていただいてる金平糖も春の雰囲気を出してくれています。
白いオーガンジーのチュールが春のようでしょう

IMG_8680

今夜はまたまた北海道フェアー(笑)
倶知安のお蔵様「二世古(ニセコ)酒造」様です。

IMG_8678

マッコリのよう・・・と言われる辛口の活性酒凄いな〜、今までにない味わいです。
本州のお酒とはお米が違うのでしょうね〜

IMG_8681

なんだかんだ言われながらも今夜もまたウンチク大会です。
お酒のウンチクって面白いのです。どなたが正しいというわけではなく、皆様の思い思いが発言できる場所、それに対して反論もなく、笑い飛ばしてOK
こういったウンチクはとっても楽しいのです。

IMG_8684

IMG_8685

またまたワインの部門に入りました(笑)
nonkoが好きな余市の登地区で収穫されたツヴァイゲルトレーベです。
栽培家様のお名前が入ってる「北海道ワイン」様の「葡萄作りの匠シリーズ」で、田崎正伸様が丹精こめて栽培・収穫した葡萄で醸造された、単一仕込の赤ワインです。
2013はチョッピリ開栓するのはやかったかも?でもどんどんと味わいが開いてきます。

IMG_8690

IMG_8691

こちらは昨日もケルナーを楽しませていただいた、「藤野ワイナリー」様醸造の、同じ余市登地区で栽培されたツヴァイゲルトレーベです。
色が凄いし、天然酵母仕込って面白いです。
またまたウンチク大会開始〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_8686

IMG_8687

もちろんチーズは「アンジュ・フロマージュ」様で〜す
難しいウンチクではなく、お客様方と思われたまんまの感想をお聞きできることって私共にとっては最高の勉強になること間違いありません。今夜もご協力ありがとうございます。

IMG_8623

今週は超バタバタでした。
昨夜など松本荷受けがスムーズにいかず、本日事務の窪田さんと行き直しでした。
でもとってもお天気が良かったので、気持ちのいいドライブ気分でしたよ〜

IMG_8611

IMG_8615

せっかくなので、松本方面へ行く途中に、またまたサッポログランポレール様のワインぶどう畑を見学させていただきました。
素晴らしい景色でしょう
IMG_8617

今日は北アルプスを真正面に、スタッフの皆様が一生懸命誘引作業をされていました。

IMG_8616

山梨から来られ、今年で5年目と言われるサッポロワイン様のスタッフさん、ゆっくりとお話を聞かせていただきました。こちらで5年も頑張ってられたなんてビックリです。畑があることは存じ上げていたのですが、まさかここまで凄くなっていたとは・・・、これからも頑張って下さいね!応援させていただきますよ〜
ということで、当店では既にご予約を頂戴させていただいてます。

IMG_8521

宜しかったらどうぞ

IMG_8625

松本で荷受けして、帰りには窪田さんと「パンケーキ食べに行くか!」ということで、北穂高の「ラトリエ・デ・サンス」様へ
足立シェフがオーダーが入ってから粉を合わせられ、焼いていただくパンケーキです。
ホカホカの生地に「ホイップクリーム」と「リンゴジャム」がバッチリコラボ
窪田さんも気に入ってくれたみたいで良かった

IMG_8624

甘いものと一緒に食べたボロネーゼのパスタはさすがの味わいです。
今回もお腹いっぱい大満足!!!
ご馳走様でした

IMG_8630

急いで大町へ帰り、午後からはたまっていた仕事です。

IMG_8634

トントントン、トントントン、窪田さん盗み撮りしたな〜

IMG_8636

IMG_8639

店頭のベンチの補強です。これを陳列台にしようかと・・・

IMG_8667

北陸新幹線開業記念沿線グルメコーナーにしようかな〜っと!
月替わりぐらいで続けてみようかなと思っています。なぜか左端に新幹線駅弁の弁当箱(笑)

IMG_8661

今日もお疲れさん、今夜は「熊本ワイン」様の「菊鹿シャルドネ2013」からいただきま〜す。
素直でクリアな味わいは暖かい熊本産のシャルドネです。ちょっとビックリでした。

IMG_8656

松本の鶏肉店f様でゲットした揚げるだけの山賊焼、こちらはメチャクチャ美味しいですよ〜、花月ホテル様の近くです。

IMG_8525

昨日「サッポロワイン」様の「安曇野池田ヴィンヤード」の初リリースワインの「試飲会&セミナー」に参加させていただきました。

IMG_8514

IMG_8528

いよいよ今月末に発売されます日本のプレミアムワイン「サッポログランポレールシリーズ」の最高峰として3月31日に発売されます。
●グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シャルドネ 2013
新樽比率:40%・樽熟成期間7ヶ月
骨格を感じるシャルドネの味わい、ミネラル感とでも言いましょうか・・・、樽香がとても良くなじんでるのはぶどうパワーだと思います。
750ml 税込 4,320円

●グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード シラー 2012
新樽比率:40%・樽熟成期間20ヶ月
赤ワイン用ぶどう品種「シラー」でこれだけの凝縮感、果実味を感じるのにはビックリです。スパイシーな味わいはジンギスカンやジビエとの相性が良いとご案内させていて納得です。
750ml 税込 4,320円

●グランポレール 安曇野池田ヴィンヤード メリタージュ 2012
新樽比率:40%・樽熟成期間18ヶ月
カベルネ・ソーヴィニヨン種67%,メルロー種33%のブレンドで、とっても凝縮感のある赤ワインです。少し置かせていただくとチョコレートのような香りがしました。
750ml 税込 5,400円


IMG_8523

IMG_8518

試飲会場は凄い人です。まずは皆様初リリースの「安曇野池田」に集中、その後ビックリしたのは、先日nonkoがお邪魔させていただいた北海道余市産のぶどう品種「ピノノワール」に人気が集中していました。

IMG03298

こちらが「北海道余市・ピノノワール」です。
ピノは色じゃない!しっかりとした骨格は日本食にピッタリです。

IMG_8515

裏ラベルにこのあいだ余市でお会いさせていただいた栽培家の「弘津」様が
nonkoは弘津様のお人柄にいっぺんにファンになっちゃいました。

IMG_8522

試飲会場ではとっても興味のある展示がされていました。
各ヴィンヤードの「土」が入っています。
中でも安曇野池田はとっても重いのです。
それがどう関係しているかはnonkoにはわかりませんが、土の色も随分違います。これがその土地のワインぶどうとして特徴が出てくるのでしょうね!

IMG_8516

その他にも「北海道・ミュラートゥルガウ」は、ひと口含むと優しい甘味を感じる爽やかな味わい

IMG_8517

「山梨・甲州樽醗酵」はぜひ和食に合わせてみたいです。

IMG_8520

もちろん「長野・メルロー&カベルネ」も以前から楽しませていただいてます。

IMG_8530

そしてこれらを醸造されている山梨の「グランポレール勝沼ワイナリー・チーフワインメーカー工藤雅義」様によりますセミナーです。

IMG_8538

IMG_8529

良いワインは良いぶどうから・・・、もう皆様そのことはご存知のことと思います。
やはり土壌と気候風土がワイン用ぶどう栽培に適していると言うことなのでしょう。

IMG_8510

IMG_8513

実は昨日こちらにお邪魔させていただく前に、安曇野池田ヴィンヤードを見学させていただきました。
この日は曇っていたので見えませんでしたが、晴れると真正面に北アルプスの山並みが見える素晴らしい斜面なのです。
またこちらにもnonkoは通わせていただくことになることでしょう。

IMG_8504

ホタルイカ美味しい〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
3月1日解禁という富山のホタルイカ、全く臭みもなく、店主も喜んで食べてくれました。

IMG_8508

そして真鱈!
こちらも店主の大好物です。
いつもは澄まし仕立てで鍋にするのですが、あまりの鮮度の良さと見事な大きさだったので昆布のみ。
これまた美味しいこと

IMG_8501

今夜はお雛様、可愛らしい蒲鉾もゲットしてきました。
「女傳かまぼこ」様は初めてのお店でしたが、味わいとやわらかさでいっきにファンになっちゃいました。

IMG_8503

桜餅のような蒲鉾も美味しかったで〜す。
富山って海の幸も豊富だけど、五箇山方面へ行けば山のものも美味しいですよね
14日北陸新幹線が開通すればこれらのものが、関東のお客様でも日帰りでお買い物に来られるのですよ〜、楽しみ楽しみ

【大和 富山店】様

IMG03253

日曜日の夜行バスで、大阪へ向かったnonkoです。
どうにもこうにもこの時期に急遽行かなければならないのは、スキーのお客様のずれ込みと、ギフトの販促物の欠品
しかしながら松本から早朝に大阪に着くとまだ寝ぼけ状態です(笑)

IMG03255

バスを降りるといつもこちら「清水湯」様で朝風呂入ってお化粧して仕事先へGO
日曜日はお休みなので、悲惨な目にあった時があります(笑)
そんな時にはネットカフェ行きで〜す。意外と大変なnonkoの仕事の裏事情です
やっぱりね〜、夜行バスはキツイ

IMG03257

それでも午後にはスムーズに仕事も終わった頃、当店の古くからのお客様が茅ヶ崎から休暇で新潟にいらっしゃるではありませんか〜、連絡してみたら富山の小田っちとコンタクトを取られてると・・・
小田っち???
実は「井筒ワイン営業&ソムリエ小田」様が、信州のフェアで富山のデパート「大和」様にいらっしゃるとのこと、じゃあということで急遽大町へトンボ返りするところ富山へ!

IMG03279

ちょうど北陸新幹線開通前なので、工事も終わって新しい駅ビルも見られるかと思ったら大間違いです。
まだ工事やってるし〜〜〜〜〜〜〜〜、しかも富山駅着いて長々と構内歩かされた!!!
大丈夫〜〜〜?14日にはできるの?いったい何年この場所工事やてるんだろう?
まだ駅前も歩道のコンクリが貼れてないところも・・・

IMG03261

大和様では信州の美味しいものがいっぱい!小田っちも頑張ってられました(デパート内は写真撮影不可です)
夜は富山県人の方がおススメという「海の神 山の神」へ
ご一緒のお客様はnonkoも知らないうちに存在していた「やまじゅうファンクラブ」の管理人さん「えびすや」さんコト遠藤様!小田っちのお父様と同じ元漁師さんだそうです。
実は古典の先生なのですよ〜、nonkoは超苦手な分野です。でも考えてることが良く似てるのでいつも楽しいお話をさせていただくお客様なのです。

IMG03263

ちょうど富山は3月1日がホタルイカの解禁と言うことで、お刺身を楽しませていただきました。

IMG_8499

「サスの昆布〆」です。サスとはカジキマグロ?ピンク色したマグロです。
なぜか富山にはこのお刺身を食べられることが多いようです。

IMG03271

お酒は地元の「若鶴」のお燗、「今日はこれでいきましょう!」ということで呑む呑む、食べる食べる・・・(笑)

IMG_8497

寒ブリのカマ焼きも食べごたえ十分!

IMG_8498

白エビのから揚げも地元が一番ですね。

IMG03276

こわ〜い顔したゲンゲ君・・・

IMG03275

えびすやさん、小田っち、話の内容が3人とも合うんですよね〜〜〜
今朝は爆睡し、スカッと目がさめました。
昨夜は、とっても楽しい夜、仕事の話は一切なく、其々が好き勝手な爆笑話でした。パッと集まりガンガン呑み食いし、サッと別れて多分皆さん爆睡!
朝はきっと其々の職場なり旅を続ける・・・、こんなオフ会最高でした

IMG03093

北海道、熊本、京都、栃木のワインの中に信州のワインとシードルも!!!
先日お世話になりました道産応援団の荒井様のお店「ワインカフェ ヴェレゾン」様にて、明治学院大学教授「蛯原健介先生」とワイン好きの皆様とご一緒に国産ワインをたのしませていただきました。
先生との初めての出会いは昨年の「ワイン法」のセミナーでです。
難しいかな?と思いながらも、今のnonkoの仕事には絶対に必要なことをわかりやすくお話ししていただきました。今回も先生のセミナーの前日ということでの会でした。

IMG03076

まずは干柿と信州「リュードヴァン」様のシードルです。なぜかこの組み合わせいいんですよね〜

IMG03078

北海道と言えばやはり美味しいサーモン

IMG03079

栃木県の「ココファーム」様の農民ドライ!

IMG03077

北海道蘭越の「松原農園」様のミュラートゥルガウは、北海道ワイン様の委託醸造なのかな?
とっても爽やかでnonkoの好きな味わいです。

IMG_8468

イワシのソテーかな?これにはバッチリ合ったこちらの一本!

IMG03086

熊本県の「熊本ワイン」様の菊鹿シャルドネです。これにはビックリですよ〜〜〜
樽熟成のワインですが、旨味の幅が凄く、イワシとバッチリでした。

IMG03090

お肉料理はポークのトマト煮込みです。
ここで信州のワインが登場です!!!

IMG03089

「五一わいん」様のエステートシリーズ「メルロー」です。
インパクトありましたよ〜、信州の地元で楽しむ感覚とは違い、「日本の中の信州のワイン」といった感じで嬉しかったです。やはりタンニンの味わいがインパクトとなっているのだと思います。

IMG03091

もう一本こちら京都の「天橋立ワイナリー」様の「レジェンド」というぶどう品種です。
レジェンド?聞きなれない品種ですよね〜、まだ数少ないそうで、北海道余市で栽培されているそうです。

IMG03074

そしてオーストラリアのタスマニア帰りの荒井様、タスマニアワインもいただいちゃいました。

IMG03088

今回もすっかり蛯原先生と荒井様にはお世話になりありがとうございました。
地元信州で信州のワインを飲むときはほとんどが仕事絡みです。でも県外、今回は北海道で信州のワインを楽しませていただき、その嬉しさは倍増です。
また熊本ワインは蛯原先生の故郷、天橋立ワイナリーはnonkoの京都、きっと荒井様のお気づかいかと思います。

IMG03075

ワインカフェ「ヴェレゾン」様、ぜひ札幌へ行かれた時にはお出かけされてみてはいかがでしょう。

【道産ワイン応援団winecafe veraison(ヴェレゾン)】様
札幌市中央区南2条東2丁目 大都ビルB1(創成川イースト飲食店街)
TEL 011-231-7901
営業時間:16:00〜23:00(22:30Lo)
定休日:日曜祝日

このページのトップヘ