呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2015年05月

IMG_2062

大阪のとある場所で格安で仕入れてくるパーツたち、これはラッピング用の素材となります。
色々なものを組み合わせてピックにしちゃいます。
毎年白馬錦様の雪中埋蔵が発売される頃、父の日と重なってギフト用のものが動き始めます。
そして父の日が終わるといっきにサマーギフトの展開となり、またまた忙しい時期となるのです。

IMG_2063

出来上がったピックはリボンと組み合わせてラッピングに使用します。

IMG_2055

こんな感じですね!
こちらは井筒ワイン様の「シャトーイヅツ」です。最近ギフト以外でもご自分用にお買い求めされるお客様も多くなりました。それだけ信州のワインの認知度が高くなっているのは確かでしょう。

IMG_2065

さてさて、今夜はこの時期に「うどんすき」のリクエストです。
なんでこんな時期に〜、と思ったのですが、意外と心地良く食べられちゃったのは、お腹が冷えてたのかな?

IMG_2066

IMG_2068

北信濃の「北光正宗・角口酒造店」様の純米吟醸、そして昭和59年度生まれの信州の5つの酒蔵の跡取り息子様が、オリジナル日本酒のリリースや様々なイベントを通して、日本酒の良さを伝えていくユニット「59醸・北光正宗・純米吟醸」の飲み比べの夜です。

IMG04513

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜、頭クラクラ、目がチカチカ・・・
木曜日の夜行バスで急遽大阪へ!
信州に住んでると関西の暑さが辛くって〜
今までどうやって京都に住んでたのか・・・

IMG04504

毎回ですが、朝大阪へ着くと心斎橋の銭湯「清水湯」様へ直行
日曜日以外は営業されているので良く利用させていただいてます。

IMG04506

お隣がコンビニなので本当に便利なのです。
レンタルのタオルセットもさすが大阪価格です(笑)
食品類、販促物、そしてこんなものも仕入れるのです。

IMG_2047

そろそろ夏休み企画「ちびっ子うちわ絵」をまた募集させていただこうと思います。
何卒宜しくお願い申し上げます。

IMG_2048

恒例のボンボンもゲットですよ〜

IMG04522

昨日四軒のお取引先様をまわり、本日朝一番のバスにて大町に戻りました。
帰りに伊那あたりでしょうか、このような風景を窓から見て深呼吸したnonkoです。
お店に戻ると昨日仕入れた食品類がnonkoより早く到着していてビックリです
これらの商品が入荷してきましたよ〜

IMG_1995

昨日は塩尻のワインぶどう畑にお邪魔させていただきました。
「五一わいん」様です。
ショップでは試飲販売もされていますので、是非ご利用されてみてはいかがでしょう。

IMG_1969

ぶどう畑の入り口です。
どなたでも見学させていただけるので、いつも当店のお客様方もお邪魔されているようです。

IMG_1973

IMG_1976

畑に入ってすぐに「シャルドネ」の畑です。
「スマートマイヨルガー方式」の栽培法がほとんどの五一わいん様です。
枝は南から北へ一方方向にだけ伸ばします。ぶどうの房が南向きになりよく太陽が当たること、また葉っぱも上向きにあたるので、光合成の効率が良くなり糖度が上がる可能性が高くなるようです。

IMG_1980

IMG_1981

昨日はちょうどメルローの「芽かき作業」の真っ最中!
同時に一部では誘引作業もされていました。
こんなに早く成長する年は初めてですとスタッフの方
脱水にならないようにドリンクをしっかりと準備されていたのが印象的でした。

IMG_1988

IMG_1985

樹齢50年以上の木も元気元気!!!
これだけ樹勢が強んですよね〜〜〜

IMG_1971

IMG_1970

半ビニールハウスの中のナイヤガラは既にぶどうの花が満開です。
ビックリでしょう

IMG_1991

アレレ〜〜〜、屋外の畑の脇からもこんな光景が・・・、きっとメルローでしょう(笑)
何だか可愛らしいですよね〜

IMG_1996

「井筒ワイン」様です。
そう、あの小田っちのいらっしゃるワイナリー様です。
ちょうど五一様のお向かいとなります。
中ではご自由に試飲させていただけるのでありがたいですね!

IMG_1999
IMG_1998

すぐ近くの「ドルンフェルダー」の木です。
凄すぎでしょう〜、この時期にこのような光景を見るのは初めてです。
元々樹勢の強い品種だそうですが、芽かき作業も追いつかないのでは・・・

IMG_2001

IMG_2002

特級畑のシャルドネも順調のようです。
井筒ワイン様が太鼓判を押される「シャトーイヅツ」「NACスープリーム」などの、高級ワインの原料となるぶどう畑です。

IMG_2017

桔梗ヶ原より少し木曽寄りにございます「城戸ワイナリー」様です。
現在はお品物が完売中ですので、クローズされています。
当店では店頭販売のみですが、ワイナリー様ではこのような販売方法をとられています。
ご家族様で頑張ってられるワイナリー様ですので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

IMG_2007

IMG_2008

IMG_2010

マスミヴィンヤードのメルローです。
桔梗ヶ原より気持ち成長がやんわりとしているように見えるのは気温の差のせいでしょうか。
大町でも感じることですけどね!
少しの気温の変化でも違ってくるぶどうの木は、成長期となると一日にいったいどれぐらい伸びるのでしょうね〜

IMG_2012

IMG_2014

シャルドネもとっても元気です!
可愛らしい花芽も直ぐに咲き出してくることでしょう。

IMG_2016

昨年新しく増やされた畑「コトブキヴィンヤード」では、炎天下の中作業をされていました。
広さは40アール、メルロー、カベルネソーヴィニヨン、シャルドネを垣根式で栽培されています。
益々楽しみな城戸ワイナリー様ですね!

楽しい楽しい夜でした!
念願の女子会、昨夜松本の「ワヰン酒場 かもしや」様にてお世話になりました。

IMG04490

nonkoの笑顔、そら豆の皮は食べられないよ〜〜〜(笑)

IMG_1964

これこれ、そら豆を皮ごと焼いて下さり、オリーブオイルと塩で楽しませていただけます。
オーナーの花岡純也様は和食の料理人さん、さすが食材の旨さを存分に出して下さる一品一品です

IMG_1965

そら豆は蒸し焼きのようになるので、ホコホコなのです。お塩だけでなく、オリーブオイルを絡ますことにより、ワインとバッチリなのです。昨日の暑さ、泡ものからスタートさせていただきました。

IMG_1962

三種盛りは「和」のテイストでしょう
甲州の白も飲みたかったな〜〜〜!まだまだ泡ものです(笑)

IMG_1963

アヒージョはワインには外せない一品ですね。パンお代わり〜〜〜!

IMG_1968

お肉はお友達のご実家白馬より「白馬SPF豚」です。
ワサビで楽しませていただけるのが嬉しいです。

IMG_1966

ワインは池田町の青木原のぶどうを使用された「スイス村ワイナリー・ピノノワール」です。
上品な旨味、香りがとっても優しく、相性抜群ですね

IMG_1967

箸休め的なピクルスもお洒落でしょう。

IMG04495

最後の〆にはペンネ、八幡屋磯五郎様のピリ辛がきいています。

IMG04494

もう一人のお友達のお家は塩尻、「五一ワイン・メルロー」でいきましょう
IMG04493

笑堪えぬ女子会、仕事以外のお話でホッコリと癒された夜でした
ご一緒させていただいた皆様ありがとうございました。
ワインとお料理をカジュアルにチョイスさせていただき、お二人のソムリエ様がいらっしゃるお店「ワヰン酒場 かもしや」様は、松本パルコのすぐ横で〜す

【ワヰン酒場かもしや】様
長野県松本市中央1-10-34 公園通りビル 1F(パルコ横)
TEL:0263-32-6338
営業時間:17:00〜24:00(L.O.23:30)*お昼はランチもされているようです。
定休日:日曜日


【動画】
新緑が終わり、山が緑色になること毎年掘り起し作業が行われます「白馬錦・雪中埋蔵」が、本日目覚めてまいりました。

IMG_1924

IMG_1926

IMG_1927

1月下旬に埋め込まれたしぼりたての「純米吟醸&特別純米酒」を、北アルプスの麓のとある場所に埋め込まれ、本日掘り起こされてまいりました。
低温で熟成された味わいは、香り高く旨味がタップリ詰まっています。

IMG_1930

IMG_1929

当店では通常の「雪中埋蔵・純米吟醸生酒」に加え、当店大人気の「雪中埋蔵・純米吟醸無濾過生原酒」と、特別に埋め込んでいただいた「特別純米無濾過生原酒」をご用意させていただきます。
こちら毎年「父の日」を始め、サマーギフトにもお喜びいただいてます。

IMG_1957

IMG_1961

午後にはお蔵様にて試飲をさせていただきました。
薄井社長様がいらっしゃる中、店主と一緒に試飲させていただきました。
既に香り高く旨味がのっていて、雪の中から掘り出され、十分に冷えた状態で華やかな香りと、口に含むと旨味の広がりが素晴らしかったです。しばらく口の中に含んでいると、美味しい旨味がより広がってきます。発売日まで待ち遠しくてたまりませんね!

ae0f031f

「土付きラッキョ」をゲットです!
6月7日(日)の針ノ木岳慎太郎祭に向けて、「平武漬け」を漬け込みます。
一粒300メートルの馬力が出ますよ
IMG_1914

IMG_1915

もちろんお塩は「自然海塩・海の精」です。
当日の祭典会場の神事の後にてふるまわせていただきますね。
*平武漬けの由来はこちらからどうぞ!

8b8bdc66

「針ノ木岳慎太郎祭」是非ふるってご参加下さいませ。
第58回 針ノ木岳慎太郎祭ご案内
日時:平成27年6月7日(日) 小雨決行
行き: 自家用車にて直接、扇沢駅(有料、無料駐車場有り)、もしくは、JR信濃大町駅前から7:10発 扇沢駅行き
路線バス(有料)
受付:扇沢駅前広場 7:30〜8:00 (当日受付です)
祭典:9:30〜 針ノ木大雪渓において挙行
記念登山:針ノ木峠
閉会式:16:00予定
会費:1人 2,000円(保険料・記念バッジ・山の歌集・おしるこ含む)

IMG_1865

IMG_1867

クマさ〜ん、美味しいよ〜〜〜!
中山高原の「農園カフェ・ラビット」様です。
こちらクマ肉をボイルされただけのものだそうです。
全く臭みもなく、ローストビーフみたいです。
シェフの児玉信子様曰く、全てのクマさんがこのような味わいという訳ではないようです。
「この個体がとっても美味しいんですよ〜」って!貴重なお肉をお出しいただきありがとうございます。
普通「クマ」って聞いたら「怖い」「臭い」そして、あの恐ろしい個体を想像しますよね・・・
nonkoもこちらにお邪魔させていただくようになり、すっかりとジビエに対する考え方が変わりました。
お料理を提供されると共に、食材に対するご説明もして下さるので、楽しくお食事をさせていただけるのです。

IMG_1868

このあと「鹿肉のラグーソース」のパスタをいただきました
もちろんワナ猟で仕留められた鹿さんを、児玉シェフの魔法にかかり、ミートソースのようになるのです。
きっと「鹿だよ!」って言わなければわからないと思います。

IMG_1871

食べちゃった〜、「マーブルチーズケーキ」です。
台になるタルトのような生地が凄く美味しい!
もちろんチーズの部分も焼き立てだったので、貴重な味わいで〜す

IMG_1872

IMG_1874

「農園カフェ・ラビット」様、菜の花のシーズンは終わりましたが、高原でのランチがますます楽しみな季節となってきました。
高原の風と共にお楽しみ下さ〜い

【農園カフェ・ラビット】様
大町市美麻中山高原
営業時間: 11:00〜15:00頃  
定休日: 火曜日
TEL:080-1065-1627
  

白ワインとたこ焼きの夜(笑)
店頭でたこ焼き面白いよ〜
「たこせん」も食べちゃった〜
長野、北海道、新潟の白ワイン呑み比べ、楽しい夜のひと時でした。

IMG_1877

皆様直ぐになれて下さり、とってもお上手!天かすは「こめ油」で作った自家製です。

IMG_1881

IMG_1882

「たこせん」も食べちゃったよ〜〜〜!

IMG_1875

このあいだゲットした、東御市の「ドメーヌナカジマ」様の巨峰のスパークリング「ペティアンナチュール」

IMG_1888

こちら辛口で北海道らしい酸味です!

IMG_1889

北海道岩見沢の「宝水ワイナリー・トラミーナ」は、初めて楽しませていただく味わいです。穏やかな口当たりが意外でした。

IMG_1884

新潟県南魚沼の「越後ワイナリー」様、こちらのケルナーは甘みも感じる爽やかな味わいです。

IMG_1854

可愛いエチケットは、先日北海道でゲットしてきた岩見沢の「山崎ワイナリー・メルローロゼ」です。
きっと娘が好きな味わいだろうとワイナリー様限定での販売分です。

IMG_1856

とにかく爽やか!店主もビックリの味わいです。
少し甘めに造られていますが、メルローの主張もしっかりとあります。

IMG_1857

軽〜く焼いて、現地のジンギスカンのタレでバッチリでした。
ワインとお料理を合すのって面白いですよね〜、食材に対してタレやソースで色々変化を付けることができます。
今回はそういっためぐり合わせも沢山ありました。

IMG_1858

IMG_1859

「宝水ワイナリー・レゲント」
こちらは初めて楽しむ赤ワイン用ぶどう品種です。
タンニンがしっかりとしているのですが、決してきついものではなく、味わいに骨格を感じるのです。
北海道のワインがこれだけのものになっていること、今回は素晴らしい勉強をさせていただけたような気がします。

IMG_1784

大町戻り初めての定休日、昨日は美味しいそばを食べに行こう!ということで小川村を経て戸隠方面へ・・・
北アルプスの景色がきれいだった〜

IMG_1801

森の芽吹きも黄緑色となって目に飛び込んできます。

IMG_1791

戸隠あたりに来ると、なにか神事があるのかな?
中社から奥社にかけて凄い人だったのです。いつものお蕎麦屋さんも行けずに断念です。

IMG_1792

ちょうど今、ミズバショウが満開なので、少し下りて歩きたかったのですが残念です。
IMG_1796

信濃町の面白いお蕎麦屋さん「樹香」様にて「ちらしそば」をいただき、そのまんま高速道路へ!
行った先がまたまた恋しい「ワインぶどう畑」です。
IMG_1804

2007年に植え付けのボランティアに行かせていただいたことがある「Rue de Vin(リュードヴァン)」様のぶどう畑です。懐かしいし、木も大きくなりましたね〜、ちょうどオーナーの小山様がお客様と見学かな?
当時の様子はこちらからどうぞ!

IMG_1803

IMG_1805

見事なシャルドネになりましたね〜〜〜!
ワイナリーを設立されるってこと、本当にご苦労であったと思います。
当時は今のような「信州のワイン」に対する認識度も低かったため、小山様のご苦労は計り知れないかと思います。

IMG_1809

帰りには懐かしい遠藤様のお顔も拝見でき、とってもお元気そうでした。
IMG_1810

リュードヴァン様、小山様のイメージピッタリのワイナリー様です。

IMG_1811

今年からは東御市にも「日本ワイン農業研究所「JW-ARC」が手掛けられるワインアカデミー「ARC-EN-VIGNE(アルカンヴィーニュ)」様が設立され、ワイナリー開業を目指す新規就農者や地域の農家からの受託醸造を中心に行うほか、地元農協などから供給される原料を使用し、ワイン、シードル、スパークリングワインを製造されるようです。いやはや信州は凄いことになっていますよね〜

IMG_1812

IMG_1813

近くにはまた新しいワイナリー様が設立されています。
「ドメーヌナカジマ」様です。
一本だけ巨峰のスパークリングを分けていただきましたよ〜
東御市、これからドンドンと新しいワイナリー様が出来るのでしょうね〜、大町も頑張らくちゃですね!

北海道と言えば皆様「イクラ」「ウニ」「カニ」を想像されませんか?
特に「イクラ」って秋のもの、この時期は冷凍(笑)
カニ・・・、毛ガニ、タラバガニ、花咲ガニ・・・
エビ・・・、ボタンエビ、ぶどうエビ、甘海老・・・
其々に「旬」もあれど、「漁期」というものもあります。
面白いですよね〜、せっかく北海道へ行ったなら、「旬」のもの、またその場所でご提供されるオススメのものを楽しめることが旅の醍醐味だと思います。
今回はほとんどが仕事、しかしながら娘が急遽同行ということでレンタカーでの移動、これが意外にもスムーズで、今まで行けていないところもお邪魔することができたのです。
まず空港からレンタカーの手続きはいたって簡単!
バスで営業所まで送迎していただけ、ネットから予約をしていたで、驚くほどはやくご準備していただけました。
是非免許をお持ちのお客様はレンタカーをオススメ致します。

IMG04204

余市では「ドメーヌタカヒコ」様のワインがお楽しみいただける「Jijiya•Babaya(ジジヤババヤ)」様です。

IMG_1475

「ドメーヌタカヒコ パストゥグラン」
余市を代表するツヴァイゲルトレーベに、タカヒコ様自社ぶどう「ナナツモリピノノワール」がブレンドされています。ツヴァイは力強い骨格と、華やかさはガメイをイメージされてるようです。

IMG_1476

こちらが地元の水ダコのカルパッチョに合う合う!
水ダコの下準備の仕方がとっても良いのです。
ソースにひと工夫されているのがありがたいですね。鮮魚だし、赤よりスパークリングのほうが合うのではと、グラスでご注文させていただきましたが、余計な心配でした(笑)

IMG_1477

余市産のヘラガニを使用されたパスタ、ワインに合わないはずがありません!

IMG_1478

ナポリ風のピザも具材がボリュームあって美味しかったですよ〜
海沿いの町でイタリアン、とってもオシャレでしょう

IMG_1519

IMG_1521

娘が行ったことがないのでということで「ニッカウイスキー」様、ショップにはもうほとんど売るものがない状態でした。
ポットスチルが稼働されていたので、娘もウイスキーの勉強もでき、醸造に対する興味を持ってくれたようです。

IMG04242

積丹半島をぐるっとまわって岩内へ行く途中「古平」にてお友達にご紹介いただいた「新家寿司」様へ!
やはり旬はエビ!
ボタンエビと甘海老です
ウニは小樽が今月下旬、積丹東側の漁協は6月に入ってからの解禁だそうです(メモメモ)
それでもバフンウニ丼はかなり高価なものだそうで、ほとんどがムラサキウニを使用されていると思います。
娘もなぜか小平の町会議員様とお友達のよう(笑)

IMG04247

頭の部分はお寿司をご提供くださった時に、まだピクピク動いていて、娘はビビッてみその部分を食べるのを怖がっていました(笑)
甘くて美味しかったですよ〜、その後はこのような揚げていただき、パリパリとおつまみに!
食材をここまで大切にされるのに感動です。

IMG_1534

もちろんホッキ貝、ホタテ貝はおつまみで!

IMG04246

本場のニシンの握りは言うまでもありませんね
IMG_1533

八角の唐揚げにはビックリです。皮の部分がこれほど美味しいとは
ご紹介いただいたサッポロのお友達に感謝です

IMG_1542

お天気の関係で積丹ブルーは見られませんでしたが、とっても爽快な海岸線を楽しませていただきました。

IMG_1543

岩内に着き、こちらの温泉では低価格でアワビの踊り焼きを楽しませていただけます。
きっと町の名物なのでしょうね〜

IMG_1544

「ツブの水貝」です。こちらはよほど鮮度が良くないと食べられない一品です。
「ホテルグリーンパークいわない」様にてご提供して下さいます。

IMG_1553

IMG_1550

空知に移動する日、また余市に戻りこの海岸線蘭島の丘の上にあるパン屋さん「エグ・ヴィヴ」様、ご案内開店時間前だったと思うのですが、どんどんとお客様が来られていました。

IMG_1551

数々のパンはどれも美味しそう
田舎風のものが多く、その大きさも半端じゃありません。
この日の夜に食べるパンをゲットです。

IMG04317

IMG04318

夜はお部屋持ち込みでワインと共に・・・
アスパラのキッシュがメチャクチャ美味しかったです。
パンもワインにピッタリのものばかりでした。

IMG_1558

娘を連れていると、「行ったことないよ〜!」と言われると、どうしても様子だけでも見せてやりたいと思うのです。小樽の町は観光地と化していました(笑)

岩見沢でワイナリー様を見学させていただいた後、最後の日は日高方面へ

IMG_1669

日高は京都時代良く馬を見に行ってました。
競走馬を見ることよりも、こちらでのんびり暮らしてる馬を見るのが好きで・・・
この時期は仔馬も生まれているので、とっても可愛らしいのです。

IMG04351

昼食を食べそびれてたので、飛び込んだおそば屋さん、どちらかというと信州人の方には「あれれ?」と思われる味わいです。きっとつなぎに海藻を使用されてると思います。
それでもお店のオジサマ、というよりお一人で切り盛りされてる方がとっても面白いのです。
お蕎麦を待つこと30分、その前に出てきたそば前が「羊羹」なのです。

IMG_1644

いや〜〜〜、美味しい羊羹なのです。どうやら以前はお店を構えられた和菓子職人様だったようです。
もちろん今でもこちらの羊羹を作って販売されながらのおそば屋さん。昼間の3時間ほどの営業です。
北海道はこのような地元の羊羹がとっても美味しいのですよ〜

IMG_1641

お店の横の水車小屋があり、これがエコらしい(笑)

IMG_1642

真ん中の部分、車のホイールなんですよ〜、もう笑っちゃいました!
今日は動きが悪いのはバランスが悪いと・・・(笑)

IMG_1643

中ではちゃんと粉がひかれているのです。
多分ご自分で作られた水車なのでしょうね〜、ちなみに息子様は全日空国際線のパイロットさんだそうです。
オジサマ〜、ご馳走様でした!

IMG_1667

新冠の手前でオシャレなカフェができていました。
昔はこんなところなく、ただひたすら海岸線の道路だったのにな〜

IMG_1665

キラキラ光る海を見ながらティータイムも素敵でしょう

IMG_1673

日高は別名サラブレット街道と言われます。
多くの牧場があり、競走馬が沢山生まれ育つ町なのです。
日高本線沿い、門別から様似まではかつて随分訪れた町です。重賞馬は余生も絨毯のような掛物をかけられて種馬になるのでしょう。ここで競走馬を見ていると、11レースのざわめきが聞こえてくるような気がします。
馬だってゆっくり過ごしたいと思わないのかな?そんなことを思いながら京都からこちらへ足を運んだものです。

IMG_1648

IMG_1657

IMG_1679

IMG_1682

IMG_1684

IMG_1686

クマさん達もず〜っと見入っていました。

IMG_1731

娘がこの馬を見たかったみたいです。
出口牧場様の有名な競走馬のお母さんと、この春生まれた仔馬です。
馬はとっても敏感、なので車を止めるのも気を使います。
マナーを持って見学したいものですね!

IMG_1700

最後の夜は新冠の「レコードの湯」様です。
こちらも随分お世話になったお宿です。
露天風呂から見る夕陽は格別ですね

IMG_1713

IMG_1707

IMG_1717

陽が沈んだころより夕食です。

IMG_1724

北海道のワインとご案内があり、出てきたのがこちら「サッポログランポレール・ケルナー(辛口)」です。
偶然にしては出来過ぎたシナリオです。
娘は余市で見学させていただいたヒロツヴィンヤード様のものだと知り、感激極まってました

IMG_1726

裏ラベルを見て「アッ、あのオッチャンや〜!」って(笑)
弘津様のファンになること間違いなしですね
こういった偶然がワインの味わいを何倍にもしてくれます。日本酒だって同じだと思うのです。
この夜は二人で2本も空けちゃいました〜

IMG_1722

ツブ貝のお刺身を追加で頼んじゃった〜
北海道はやっぱりこういった旅が一番かな〜、なんてね!

IMG_1565

今回は娘が同行してくれ、レンタカーでまわれたので、空知地方の三笠・岩見沢近辺のワイナリー様を見学させていただくことができました。まさかのまさかです!
こちらは以前白馬の「ラネージュ東館」様のワイン会で初めて楽しませていただき、北海道のワインってこんなに骨格のある味わいがあるんだ〜って思った「山崎ワイナリー」様です。
自社畑の小高い丘の上にワイナリー様がございます。
クマさん達も大喜びです

IMG_1566

IMG_1571

IMG_1569

ショップでは試飲販売もされていますが、営業は土日のみです。
驚いたことに、ショップのみの限定ワインがありラッキー
スタッフの方とお話をさせていただきながら、目の前のぶどう畑を見学させていただきました。
いや〜、ド緊張しましたよ〜
やはり前日もそうでしたが、神聖なぶどう畑に足を踏み込むと言うことが、この世界に入ってからはホント緊張するのです。

IMG_1573

目の前と言えども歩いて行くには相当な距離、やはり車で下りることにしました。
約12ヘクタールのぶどう畑です。

IMG_1574

下りてから畑の入り口には素敵なご案内看板です

IMG_1576

IMG_1584

IMG_1585

IMG_1588

わぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!気の遠くなりそうな広さです。
ちょうど軽トラで来て下さった方こそ、息子さんでありながらぶどう畑の栽培をされている山崎太地様です。
この畑は昔は海だったのですよ〜って、超ビックリです。
四代にわたりこの地で農家としてやってこられ、農家の自立を意識してこられた結果としてワイナリー事業の設立をされたようです。
さすがその思いは半端ではありません。

IMG_1575

IMG_1579

畑では萌芽も始まっていて、どんどん可愛らしい新芽を見ることができます。
品種としては、「ピノノワール」「メルロー」「ツヴァイゲルトレーベ」「ドルルンフェルダー」「シャルドネ」「ソーヴィニヨンブラン」「ケルナー」「ピノグリ」です。
もうしばらくするとこの大きなぶどう畑の芽カキを太地様お一人で一週間かけてされるそうです。
凄いですよね〜、お話しさせていただいても、パワーあふれる内容にビックリでした。

IMG_1605

そのすぐ近くにございます「TAKIZAWA(タキザワ)ワイナリー」様です。

IMG_1592

ワイナリーショップは白が基調で、2013年秋に完成されたそうです。
いつも楽しませていただくシリーズはまだリリース前だそうで、今回は自社ぶどうのものはゲットできずです。

IMG_1599

IMG_1598

ワイナリー様の目の前のソーヴィニヨンブランも萌芽が始まりました。

IMG_1621

IMG_1612

翌日は岩見沢の「宝水ワイナリー」様です。
こちらでは大町の「ノーザンアルプスヴィンヤード・若林」様が醸造のお勉強に行かれていたことがあるとお聞きしています。
映画「ぶどうのなみだ」のロケ地になったワイナリー様だそうです。

IMG_1613

こちらも目の前がぶどう畑ではありますが、見学は不可能のようでした。

IMG_1617

ワイナリー様の二階では、季節になると醸造風景も見学できそうです。
ショップ前ではソフトクリームの販売が印象的でした。
ショップ限定の何本かをゲット!

IMG_1623

IMG_1630

同じ岩見沢の「10Rワイナリー」様です。アポなしでしたので外観だけ!
直前まで予定がわからなかったので、雰囲気だけでも見学させていただきたかったのです。
オーナーの「ブルースガットラヴ」様とは、昨年11月には白馬のラネージュ様でのワイン会、今年の2月には余市のワイン会でお会いでき、大町に移住された矢野様の上司にあたるかたなのでしょう。
こちらはカスタムクラッシュワイナリー(受託醸造所)です。
こちらが設立されてからは、醸造所を持たれていない栽培家様が其々の思いで醸造をされていますので、ワインの味わいも個々に違うそうです。
ちょうど10R様の敷地内に、お野菜の植え付けをされるはずの地元のオジサマとお話もできました。
ワイン会をされてる方だそうですよ〜

IMG_1628

何本か植え付けされたご様子です。
次回は絶対に事前にご連絡させていただこう〜っと!

IMG_1636

そして最後に栗沢町の「中澤ヴィンヤード」様です。
こちらは醸造所を持たれていないので、10Rワイナリー様で仕込まれているそうです。その前はなんと栃木県のココファームワイナリー様での醸造だったらしく、矢野様も関わられていたようです。何ともワインの世界は狭いものですね!

IMG_1635

ご連絡さしあがると、ちょうどオーナーの「中澤一行」様が畑にいらっしゃり、少しだけご挨拶させていただきました。

IMG04345

IMG04346

この木の傾斜凄いでしょう。
雪におおわれる土地でも、ここまで斜めになってるぶどうの木を見たのは初めてです。
「こうなっちゃったんですよ〜」と中澤様。
大町の矢野様の畑も心配していただいてました。

IMG04347

ドイツ系の「ゲヴェルツトライミール」の萌芽が始まっていました。
聞きなれないぶどう品種でしょう。長野県ではなじみがないですものね〜、こちらの品種が「KURISAWA BLANC」にブレンドされているのです。
北海道のワイナリー様、今回はお取引先様以外でも沢山見学させていただき、とっても勉強になりました。
明日からゲットしたワイン、楽しませていただきますね!
栽培・醸造に関わってられる方にお会いさせていただき、畑の様子も見学させていただき楽しむワインは最高ですね!

IMG_1447

長々のお休み失礼いたしました。
東京酒メッセの後、格安エアチケットにて北海道余市のお取引先様へ!
今回は訳あって娘が同行したもので、道内はレンタカーにてまわることが出来ました。

IMG_1514

いつみても余市の登地区からのこの風景大好きです。

IMG_1466

IMG_1467

昨年秋に収穫お手伝いでお邪魔させていただいた「ドメーヌタカヒコ」様の「ピノノワール」の畑です。
この日のお天気は曇り、大町と良く似たような気温でした。まだ八重桜が満開です。
昨秋に収穫のお手伝いをさせていただき、その時のお話より、農家のワイン造りがしたいと言われ、その意味は味噌造りに例えられました。
大手の会社の味噌造りではなく、手前味噌じゃないですが、自家用味噌のようなワインを造りたいと!そのお言葉に惚れ込んだnonkoです。
冬にはこちらの畑も雪で埋もれちゃうので、ぶどうの木は斜めに植わっています。
「雑草は全てが悪者ではない」と言われるタカヒコ様、昨年お邪魔させていただいた時には、スコップで掘り起こされていた雑草、今年は少なくなっていました。雑草にも良い悪いがあるのですね。

IMG_1463

可愛らしい新芽、萌芽が始まりました。
これから多くの作業を得て、秋には黒紫のピノノワールの果房が実ることと思います。

IMG_1472

ワイナリー様では、昨年収穫され仕込まれた樽の状況もご案内していただき超感激でした!

IMG_1474

お忙しい中お時間を頂戴しありがとうございました。
大切に店頭販売させていただいてます。

IMG_1492

同じ登地区でお世話になってます「サッポログランポレール」様の契約栽培「ヒロツヴィンヤード」様です。

IMG_1720

コレコレ、長野でありながら超人気、コスパも凄くリピーターさん続発ワインです。
実はこのワインとの出会いが凄くレアでした。
2013年に知床で出会っているのです。それからグランポレール様のシリーズが当店でお取扱いさせていただくようになりました。
ワインをいただく時、必ず背景の気候風土、食を絡ませて楽しませていただくのが基本と考えています。
北海道のワインが、信州で受け入れられるのかを相当考えましたが、今ではきちんとご案内させていただけるのでなんら問題ありません。それどころか、実際栽培家様、醸造家様にお会いさせていただくと、お客様にお伝えしながら販売させていただけることの嬉しささえ感じます。
大町のぶどう生産組合の皆様同様、「栽培・製造・販売」がスムーズにいくことが、飲んでいただけるお客様に一番だと思うのです。

IMG_1725

2月の余市のワイン会で初めてお会いさせていただき、その時に「畑を見に来て下さい」と!それが実現できたのです。

IMG_1492

5代目の「弘津敏」様です。
アポなしだったにも関わらず、ご本人、息子様もいらっしゃりご案内していただきました。

IMG_1489

広大な8ヘクタールの畑、とっても風が通るのです。

IMG_1497

隅柱が電信柱っておわかりいただけますか(笑)

IMG_1500

IMG_1487

ケルナーの萌芽も始まっていましたよ〜
ケルナーは製品的には爽やかな「辛口」と、旨味重視のやや甘口の「遅摘み」がございます。
当店では「辛口」、そして「ピノノワール」をお取扱いさせていただいてます。

IMG_1508

IMG_1509

ピノノワールも可愛らしい新芽を見せてくれていました。

IMG_1507

今年はケルナーとツヴァイゲルトレーベも増やされたようです。
ブルーのカバーは風除けだそうです。
色々と工夫されていますね!

IMG_1510

作業中お手をとめてしまって申し訳ございませんでした。
余市の二軒のお世話になってますワイナリー様、ヴィンヤード様に見学させていただきました。
その後、空知地区「三笠」「岩見沢」へ出向かせていただきました。
後程掲載させていただきますね。

008

006

「グランドプリンス高輪」様の中庭を見ながらの心地よい昼下がり・・・
たった1時間ほどの時間待ちに、何とも贅沢な午後のティータイム・・・
14時とともに開催されました「長野の酒メッセ in 東京です。
もちろん開場は同じ建物の地下にて開催でした。

047

大阪も凄かったですが、東京も益々凄いことになっていました。
業界関係の開始時間10分後にすでに凄い人!
それだけ長野の日本酒が人気だってことなのでしょう。
確かに皆様本当にお考えになって個性を出されているように感じました。

033

034

大町を代表する「白馬錦・薄井商店薄井社長」さま、大町のゆるキャラ「おおまぴょん」連れてご案内されていました。
もうすぐ夏酒「雪中埋蔵・純米吟醸」の掘り起こしです。お楽しみに

037

大町でとっても元気のある「北安大国・北安醸造山崎義幸杜氏」さま(左)と、伊藤社長さま。

035

とっても良い熟成の「純米吟醸無濾過生原酒」と「純米無濾過生原酒」です。

036

今季最後の造り「特生原酒」もキレの良い夏向きの生原酒です。

038

039

「大雪渓・大雪渓酒造長瀬杜氏(左)」さまと、お婿さんは専務様だったかな?すみませ〜ん。
すでに発売されてる雪中貯蔵も当店大人気です。

014

上諏訪の「酒ぬのや本金酒造・若女将ちとせちゃん」そして恒太朗杜氏様も頑張ってられましたよ〜、眠ってないから!nonkoの撮り方が下手ですみません!夏酒もそろそろ入荷になりそうです。「純米吟醸ひとごこち生酒」いいな〜〜〜!

021

ブースが人気で人気でなかなかお話できないほどの「十六代九郎右衛門・湯川酒造店社長湯川尚子」さま、そしてお婿さまでもあり、杜氏さまでもあるお二人は、定番の味わいと季節ごとの味わいをスポットで出荷して下さいます。来週には夏酒がお届けしていただけそうです。はい、蚊取り線香のお酒ですよ〜

045

「のぼり鯉」といえば「勢正宗・丸世酒造店」さまです。今日は息子さまがお一人で頑張ってられました。当店ではこの連休「もち四段熱掛け純米酒」の「長野D酵母」が大人気でした!無濾過生は残りわずかですよ〜

041

042

久しぶりの「夜明け前・小野酒造店」さまの「辰の吟(生)」やっぱりコスパは凄いと思います。
庄平さま〜、ボケちゃってごめんなさ〜い!

023

022

笑亀酒造・森川杜氏さま、さすがの味わいです。nonkoは大阪メッセのの時同様「純米原酒」「純米吟醸原酒」の瓶燗火入れが好きです。飲み続けられるあたりの良さが好きです。

024

025

美寿々酒造社長さまと、長野県の「ミス日本酒」さま、やっぱり綺麗!

028

中川村の今錦さま、オタマジャクシも旨味ありますが、nonkoは手前の「木槽搾り」が好きです!旨味の凝縮感がいいですね〜

029

同じ造りでも米違い!最近こういった呑み比べが本当に楽しいものですね。
小布施の「豊賀&米川・高沢酒造」さま、「しらかば錦」と「ひとごこち」の味わいを飲み比べさせていただきました。nonkoも娘も「しらかば錦派」でした。これも嗜好品ですから本当にそれぞれのお好みだと思います。

049

今回はおとなしく試飲してくれた娘です。

050

〆は駅そばだ〜〜〜!
年々大盛況となる「長野の酒メッセ」です。関係者の皆様お疲れ様でした

IMG_1344

連休中にハマってしまったケーキ作り、バナナが沢山熟してしまったので・・・
シフォンケーキ、意外と焼けるんだ〜〜〜!

IMG_1350

果物の中でも一番好きなバナナ、香りがとってもいいです
ちゃんと膨れてるでしょう(笑)

IMG_1322

パウンドケーキも焼いちゃいました
ケーキ作りは自分で焼いていると匂いでお腹がいっぱいになっちゃいます。なので人様も食べてもらっています。これって意外とダイエットになるのかも?


2015messe-thumb-430x500


さ〜て明日は「長野の酒メッセin東京」が開催されます。
もちろんnonkoもお邪魔させていただきますよ〜〜〜

【in東京】グランドプリンスホテル高輪 地下1F プリンスルーム
東京都港区高輪3−13−1
TEL:03-3447-1111 FAX:03-3446-0849
◆開催時間:午後2時〜午後8時 
◆入場可能時間:午後2時〜午後8時 業界関係
        午後5時〜午後8時 一般来場者様
*詳しくはこちらからどうぞ!

IMG_1371

今夜は寒いのにお燗酒の試飲ですって〜、あえて店頭(笑)
アルミのチロリと錫のチロリ、これだけ違うのか・・・
錫は高価ではありますが、お燗をした時にカドがとれてとっても美味しくお燗をお楽しみいただけます。
今夜のお酒は地元「北安大國・特別純米里響(やすらぎ)」でした。

IMG_1372

IMG_1373

今夜は寒いですが、お燗酒ってやっぱり身体があたたまりますね!

IMG_1374

最後は焼き肉になっちゃいました(笑)

IMG_1354

大町で今しかない野菜がこちら「玉ねぎ?」「若ねぎ?」名前はわからないのですが、この時期小さな玉ねぎのついたこのようなものが売られています。
大北農協「まごころ市場」様にはいつもお世話になってます。
一昨年よりこちらのネギの調理法は「鉄火ねぎ」が美味しいよ〜!って教えていただきましたが、今日はまたまた「大町の方は農繁期に、このねぎをビタミンちくわと一緒に煮て卵とじにするのが一番のご馳走だったそうよ〜」って教えていただき、早速作ってみました。

IMG_1359

カツオと昆布の出汁で少し甘辛目に煮て卵でとじます。
これはご飯がいっぱい食べられるよ〜〜

IMG_1362

もちろん「鉄火ねぎ」も作りました。
ネギの玉のところから人参と一緒に炒め、火が通るころに青い葉っぱの部分を入れます。砂糖、酒、みりん、当店2年味噌、5年味噌で味をととのえます。

IMG_1368

コシアブラをサッと湯通しし、みじん切りにして、白ごま、自然海塩と一緒に炊き立てご飯に混ぜるだけです。
香りの良い春の味わいです。
連休にあれだけ毎日天ぷらを揚げてたにも関わらず、お料理してるとストレス発散になりますよ〜

IMG_1322

バナナが熟してしまって、沢山あったのでパウンドケーキにしちゃったり・・・

IMG_1344

IMG_1350

シフォンケーキにもなりました。
バナナ完熟になったら高くつくな〜〜〜(笑)
でも香り良くって美味しく焼きあがりましたよ〜

IMG_1330

ウフフ・・・、今日は試飲コーナーにてたこ焼きを焼いちゃった〜!

IMG_1333

IMG_1338

鉄板を入れ替えできるホットプレートを新調したので、今日はお初です!

IMG_1335

使い心地は最高で〜す

IMG_1337

IMG_1332

ソースはいただいた、尾道のお好み焼き屋さんのものを使わせていただきました。
お好み焼きのソースですが、絶妙な甘味がたまりません

IMG_1341

店主はとうとう店内に生ビールを出し始めました(笑)

ff7db760

ハフ〜ン
ゴールデンウィーク最後の夜はチョッと早めにお店を閉めて、というより店主もnonkoもフラフラ〜〜〜
レジにならばれたお客様が一升瓶の棚の前からグル〜ッとお店の入り口付近までいらっしゃり焦ってしまう一幕もありました。
連休中は晴天も続き、せっかく爽やかな信州にお出かけ下さいました皆様、お楽しみいただけましたでしょうか。
岳都大町は山も素晴らしいですが、温泉あり、美味しいお水あり、そして安くて美味しいバイキングもあるのです。
またまたドカ食い?いえいえ、今回は疲れてしまって飲む量も半分、食べる量も半分、でもしっかりと温泉に入らせていただきましたよ〜

IMG_1194

お料理のこちらのカニの足、お酢でいただくのもいいのですが、店主はこれが好きなのです。

IMG_1171

カニサラダにしま〜〜〜す
なぜかマヨネーズがとってもカニに合う味わいなのです。
味噌マヨネーズはキュウリにバッチリです

IMG_1181

地元の菜の花オイル他、色々なドレッシングもご用意されています。
温泉で熱った身体には生野菜が一番ですよね〜

IMG_1173

この日は「大雪渓・純米吟醸」を盛り切りで楽しませていただきました。
その後はやっぱり「金蘭黒部」のお燗酒です

IMG_1174

IMG_1175

やっぱり疲れているときには和え物や寄せものが身体に心地いいです。

IMG_1178

nonkoの大好きな「こねつけ」もありました

IMG_1184

イワナは絶対に食べる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
メチャクチャ美味しいです

IMG_1179

IMG_1182

お肉や油ものも少〜しいただいちゃいました。

IMG_1188

〆は三種類のタレが選べる「つけめん」です
IMG_1197

デザートはやっぱり自分で作るソフトクリーム、これ美味しいんだ〜〜〜!
近くにリーズナブルに温泉入れてバイキングがいただけるのって嬉しいです。
すっかり疲れも取れて昨日元気いっぱい頑張ってま〜す

IMG_1221

大町市郊外の中山高原、まるで黄色い絨毯のようでしょう。
今日は上諏訪から大切なお取引先様であり、お友達でもあります「本金酒造」様のちとせちゃんと、チビッ子お二人が遊びに来てくれました。
今はここでしょ!
「NHKドラマおひさま」の舞台になりました中山高原です。連休前よりもず〜っと菜の花がきれいに咲いていました。チビッ子二人はモデルさん、黄色い菜の花と赤いお洋服が見事にマッチング!
スタイルストさん抜群のチョイスですね(笑)

IMG_1217

IMG_1213-1

IMG_1232

IMG_1229

IMG_1230

IMG_1231

今日は暑いぐらいのお天気でしたよ〜

IMG_1252

そのあとは善光寺さんの御開帳へ行ってまいりました。

IMG_1255

IMG_1258

IMG_1256

IMG_1259

IMG_1260

とっても楽しい一日だったね〜、ちとせちゃんありがとうね!

IMG_1157

自宅の近所の農具川沿いがえらいことになってます!
芝桜メチャクチャ綺麗です。ここ何年か毎年の事ですが、どんどんとスケールも大きくなり、綺麗に整備していただいてるようです。
「白塩町河川公園愛護会」の皆様ご苦労様です。
*画像をクリックしていただくと大きくなります。
IMG_1166

IMG_1162

IMG_1160

IMG_1165

IMG_1167

IMG_1132

IMG_1113

昨日開催されました「大町のワイン試飲販売会」は大盛況に終わりました。
ご来店のお客様、「大町ワインぶどう生産組合」の皆様、お手伝いありがとうございました。

IMG_1118

IMG_1149

IMG_1112

今回はそば粉の薄焼きを、nonkoオリジナル味噌をチョッと付けて、山菜の天ぷらをお楽しみいただいて大町の赤ワインを合わせていただこうと言う試行でした。
味噌の熟成香が、樽熟成の赤のメルロー、白のシャルドネにピッタリでした。
やはり大町のワイン、地元の食材にピッタリです。

IMG_1141

頑張って薄焼きを焼いていただいた矢野様の奥様、ただ今仮名で「蓮華岳ずくなし葡萄園」ですって〜、長男ソウタ君も「大町のワイン美味しいよ〜!」と言いながら呼び込みしてくれていました。
一日ご苦労様でした。

IMG_1119

筍やアスパラを入れてのケークサレもワインの合うものですね〜
色々なものを試してみて勉強になること多々あります。

IMG_1124

昨日は「Nishinaメルロー2012」が完売し、「2013」のヴィンテージに変わりました。
その瞬間の昨日、呑み比べができるのも楽しいものです。
やはり1年の熟成の違いも出ていますし、その年のぶどうの出来が見事に表れているのもワインの面白さですね!

IMG_1150

またノンバリック(樽熟成していないもの)の「大町メルロー2014」が、素晴らしく熟成し、本格的なメルローになってました。新酒で発売された今年の初めの味わいよりもっと味わいに深みが出てきています。
「ワインは良質のぶどうから・・・」と言うことがはっきりわかった昨日でした。
身近な部分からそういう事を感じ取れるっていいものですね〜

IMG_1128

IMG_1130

西山組合長も風が強いからと、テントの横をこのように工夫していただき、畑の様子などをご案内できるようにしていただきました。
畑の手入れがとっても几帳面な組合長なので、やはり何をされても器用でしょう。

IMG_1116

IMG_1129

IMG04068

IMG04069

市会議員の堀様にもお手伝いさせちゃってすみませ〜ん!

IMG_1123

皆様とってもハッピーな笑顔でしょう

IMG_1133

当店の半被を着てお手伝いして下さった皆様ありがとうございました。

IMG_1139

西山組合長が持ってきて下さった桜の花、まだまだ綺麗に咲いています
今まで開催させていただいた「大町のワイン試飲販売会」の中でも、昨日は試飲されたお客様のほうから「大町のワインこんなに美味しいの〜」という声を多くお聞きいたしました。
きっと大町ワインぶどう生産組合の皆様も、このようなお客様のお声を糧にされ、今後も頑張ってぶどう作りに励まれると思います。ご来店いただきましたお客様、誠にありがとうございました。

IMG_1124

IMG_1132

昨日の「大町のワイン試飲販売会」ですが、「Nishinaメルロー」のヴィンテージが2012から2013に変わりました。
昨日は店頭の試飲でも呑み比べができ、お客様方から歓声もあがる一日でした。
昨日の様子は後程ご報告させていただきますね。
昨日、一昨日のバタバタで仕事が追い付いてません。ごめんなさい。
本日も元気で営業いたしますので、皆様のご来店をお待ち申し上げます。
今日は「塩の道祭り・大町」です。
どうぞ大町の春の風をお楽しみ下さいませ。
当店では自然海塩「海の精」たっぷりの天ぷらを「米あぶら」にて揚げてお待ち申し上げます。

015

016

017

011

IMG_0851

2185ec46

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
朝から本通りの「わたぼうし」さんでパンをゲット、頼むの忘れていたので開店前に押しかけてごめんなさ〜い。本通りをMyベンツで突っ走りながら写真を撮るnonkoはアホです。
本日11時より「大町のワイン試飲販売会」です。スイス村ワイナリー・石澤様もお忙しい中、早くから配達に来て下さりありがとうございます。
今日は栽培のオジサマ方もご来店下さいますので、ワインぶどう作りのことを何でも聞いてみて下さいね。
組合長、沢山のタラの芽を採って来て下さいました。そばの薄焼きでクルクルしちゃいましょう。

IMG_1016

IMG_1021

今年も連休後半は、試飲コーナーにて天ぷらの振る舞いやってま〜す!
nonkoは一日身体じゅう天ぷらの匂い(笑)
でもね、当店の天ぷらは「米あぶら」で揚げているので、胸焼けしたりしません。それにここ何日かの暑さで皆様汗をかかれてるのでは?と思い、天ぷらの衣には「自然海塩・海の精」を入れさせていただいてます。なのでスナック感覚でお楽しみいただけるかと思います。

IMG_1024

店頭はテントを張らせていただき、明日はいよいよ「大町のワイン試飲販売会」でございます。
11時より16時頃まで、生産者の皆様をお迎えして楽しませていただくつもりです。

IMG_1093

店内試飲コーナーもこんな感じです。
お客様のお好みの味わいを見つけて下さいね。
ただ本日も相当ありましたが、「無濾過生原酒」というのは温度管理が必要です。なので必ずクーラーボックスをお持ちいただくか、当店よりのクール宅急便でお願い致します。
nonko自身も「大丈夫だわ〜」なんて思いながら持って帰り、苦味が出て大失敗したことがあります。
お蔵様が一生懸命造られたお酒を悲しいことにならないように、くれぐれもお願い申し上げます。

IMG_1076

さて昨夜は娘が今日京都に帰ると言うことで、送別会ですって〜〜〜〜〜〜〜、甘過ぎ!もっと厳しくしてほしいのにな〜

IMG_1070

いつの間にか牡蠣が好きな娘、嬉しそうに岩牡蠣をペロリ、店主とサシで飲んでました。
大町でもこのような鮮度の良い氷見産の岩牡蠣が楽しめるのです。
大町名店街の「居酒屋お福」様

IMG_1074

焼いたのも食べるって〜〜〜!

IMG_1071

初めて「焼き蛤」というものをいただきました。美味しかったな〜
お魚の入荷状況によっては美味しいものが盛りだくさん!
岳都大町で楽しむお魚料理もいいものですよ〜
IMG_1079

居酒屋お福様、ご飯ものがないので近くの「まいど」様でラーメン(笑)
そのあと「串揚げ酒場KAZAN」さまにて「破砕ロック」ですって〜
3軒まわるのは店主もnonkoも体力不足、娘には到底勝てません。

IMG_1080

夜の大町名店街、色々「はしご酒」するもの若い人達には楽しいものなのでしょうね。

IMG_1084

IMG_1083

そのかわり今日はしっかりと働いてお昼過ぎに帰って行きました。

IMG_1087

「筍ちらし寿司」のリクエスト(忙しいのに!)、そしてお酒は高速バスで呑むんですって〜〜〜



2185ec46

と言うことで明日は「大町のワイン試飲販売会」となります。

大町のワイン試飲販売会のご案内
恒例となりました「大町ワインぶどう生産組合」の皆様にご来店いただき、大町のワイン「Nishinaメルロー」「Nishinaシャルドネ」「大町メルロー(ノンバリック)」の試飲販売会を開催させていただきます。ちょうど山菜が美味しい季節となってまいりましたので、ご一緒にお楽しみいただければ幸いでございます。
また大町のメルローは「そば粉に合う」と言われてますので、今回も薄焼きで天ぷらを巻いちゃいましょう!
是非お気軽にお出かけ下さいませ。

日時:5月4日(月) 11時〜16時ぐらいまで

IMG_0973

IMG_0971

nonkoもお友達と、クマさん達と一緒に昨夕鷹狩山へ行ってきました。
北アルプスに落ちる夕陽、何とも素敵な景色が広fがります
昨日はまわりの方々は皆さん県外からの観光のお客様でした。
是非17時半頃から車で上られてみたらいかがでしょう。
15分ほどで展望台へ行けますよ〜
大町来られたらこの夕陽を是非見ていただきたいな〜

IMG_0981

IMG_0983

IMG_0999

IMG_0787


*山岳博物館の前を通り過ぎ、横の舗装された林道を上るとで約15分です。

IMG_0863

こんなことあるんだ〜〜〜!
昨夜おじゃまさせていただきました北穂高の「ラトリエ・デ・サンス」様、無理をお願いしワインを持ち込ませていただきました。「お魚料理には白ワイン」「お肉料理には赤ワイン」を見事に覆った夜でした。
ほんと勉強させていただけました。
昨夜は偶然にもお魚の入荷日だったそうで、日本海のお魚もフレンチで楽しませていただきました。
全てアラカルトでお願いしたのですが、結局フルコースになっちゃってました(笑)
フォアグラのグリエと安曇野産ヒレステーキをコラボさせて下さり娘はビックリ仰天、デザートも豊富で〆が「パンケーキ」って笑っちゃう。
我が儘な客でごめんなさ〜い。足立シェフご馳走様でした。

11169832_827537294003657_6644640693567332133_n

カンパ〜イ!お疲れ様!

IMG_0876

IMG_0873

まずはスパークリングワインに初物の能登産岩牡蠣です。
牡蠣にはシャブリっていいますが、nonko的には生臭さが苦手なので、スパークリングのほうが好きです。


IMG_0878

前菜その
氷見産イワシのマリネ、ベリーの酸味がビックリするほど合っちゃいます!

IMG_0881

前菜その
金沢港より甘海老!
プリプリでした(*^_^*)
カルパッチョのドレッシング真似できない隠し味があります。

IMG_0886

お魚料理は「黒ソイ」です。
ソースはホタテベースの濃厚なソース、こちら安曇野池田シャルドネに合わせたのですが、樽香がしっかりしすぎて喧嘩しちゃうのです。

IMG_0888

まさかと思い、ここファームさんのタナを合わせるとビックリ仰天!何とも違和感なく美味しい〜
タナにカベルネソーヴィニヨンが少しブレンドされ、フルボディなのに魚料理に合っちゃった〜!色の凄さの割に身体には心地良い味わい。これがココファームさんの目指されるものなのでしょう。

IMG_0892

IMG_0895

安曇野ヒレステーキとフォアグラのグリエをオーダーしたら、このように一皿にまとめて下さった足立シェフ、トッピングにこれだけのトリフ!何とも贅沢すぎるメイン料理となりました。まさかこちらが安曇野池田シャルドネが合っちゃうなんてビックリでした。

IMG_0883

11167954_827537490670304_4461648446085176958_n

樽香がお肉料理に負けていない、力強さのコラボです!

IMG_0898

娘・・・パフェ!
IMG_0908

店主はジェラート、まずはダブルで安曇野牛乳、その後こちらの「そば&抹茶」
ほんと良く食べた〜〜〜!

IMG_0901

nonko、ミルフィーユ!
生クリームが美味しすぎ〜

IMG_0905

〆にみんなでパンケーキって笑わないでね〜
昨夜はバナナのキャラメル仕立てが沿えてありました。旨過ぎでしょ!!!

IMG_0868

我が儘言って持ち込ませていただいた2本のワイン、まさかお魚料理に赤!お肉料理に白が合うとは思いませんでした。
ワインに対する先入観を度返ししてくれた夜でした。
ラトリエ・デ・サンス足立シェフ、ありがとうございました。


【ラトリエ・デ・サンス】様
ラトリエ・デ・サンス
長野県安曇野市穂高北穂高2845-7 ツインオークス内
TEL: 0263-88-2757
ナビをご利用の方は0263-82-8226(エイワ穂高工場)を入力して下さい。
営業時間:8:00〜
–Breakfast:8:00〜11:00
–Lunch:11:30〜14:00
–Cafe:14:00〜close 夜はご予約のみ
定休日:月曜日
お車のお客様
・安曇野ICから15分
駐車場35台 バス2台(無料)
電車のお客様
・JR大糸線「安曇追分駅」下車 徒歩10分

今朝青木湖の桜を見てきました。
今年の桜、とってもはやく北上しちゃいました。

IMG_0925

IMG_0928

中綱湖も水面に花びらが舞いだしました

IMG_0935

青木湖は今朝の段階で満開でございます。

IMG_0937

IMG_0947

IMG_0940

IMG_0945

IMG_0942

IMG_0950

今日あたりは湖面をカヌーでなんて気持ちいいでしょうね〜

このページのトップヘ