呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2015年07月

IMG_4249

IMG_4248

ご案内がギリギリになり申し訳ございません。
本日「大町ゆかたまつり」でございます。
当店前では朝からステージを建て始められています。
本日夕方より各ご町内では数々の催しがあり、スタンプラリーもお楽しみいただけます。是非ご家族、お友達と共に町なかをご散策下さいませ。
当店の催しは、「生ビール(プレミアムモルツ)」、「安曇野リンゴジュース(サーバーより)」、「自家製南高梅ジュース」、「ペットボトルドリンク」そして「ピカピカ光玩具類」は、ニューバージョンが届いてます!
*大町ゆかたまつり・やまびこ祭りHPはこちらからどうぞ!
http://www.city.omachi.nagano.jp/…/00013100/yamabiko/yamabi…
http://www.city.omachi.nagano.jp/…/…/3/6810/1/yamabiko37.pdf
*昨年当店の様子はこちらからどうぞ!
http://blog.livedoor.jp/nonko0127/archives/55604903.html

IMG_3795

IMG_4240

いただきものの「キクラゲ」で、二品のお料理です。
今、旬の完熟トマト、キクラゲ、卵を使った炒め物です。アッ、ピーマン忘れた(笑)
そして「酢の物」も美味しいですよ〜!

IMG_4245

その後、花火へと移行し、めいっぱい楽しんでる娘・・・
明日は公休のようです。

IMG_4234

そっか〜、明日は「大町ゆかたまつり」なんですよね!
どうぞ皆様本通り中心に色々な模擬店や催しがあるので、是非浴衣を着られてお出かけ下さいませ。
当店では生ビール、ソフトドリンクの販売をさせていただきますね。

IMG_4217

上諏訪街道呑み歩きにあやかり始めたこのイベントも、今年で8回目となりました。本日より利き猪口の販売をさせていただきます。
どうぞご家族ふるってご参加下さいませ。
初回開催を振り返り、呑み歩きの醍醐味をもう一度確認して当店「呑み歩き情報」を作らせていただきますね!
■開催日時 : 2015年9月5日(土) 15:00 〜 19:00(雨天決行)
■参加費 : 1,500円(利き猪口付き)
■場所 : 長野県・大町市・本通り/商店街周辺
*「北アルプス 三蔵呑み歩き」とは、参加証となるきき猪口を購入して頂き、長野県・大町市 本通り周辺を歩きつつ、大町にある三つの地酒蔵を呑み歩くイベントです。

*初回開催の様子はこちらです
http://blog.livedoor.jp/nonko0127/archives/55136144.html

*北アルプス三蔵呑み歩きHPはこちらです
http://alps3kura.jp/

IMG_4191

有難い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、昨日仕入れた商品が早速入荷してきました!
今回は人気商品ばかりだったので、売り場作りもある意味楽チン
チョッとお遊びで「沖縄フェア」だってさ〜
小さなお店の背伸びした売り場です(笑)

IMG_4192

どれもイチオシです!
ジーマミー豆腐はピーナッツ豆腐、チャンプルの素は炒め物には最適、タコライスもマーサン丼も「オキハム」様のものです。

IMG_4193

今年も沖縄のパイナップルの缶詰が手に入りました。メチャクチャ美味しいですよ〜、「うちな〜ポーク」は「スパム」と似たような感じです。

IMG_4194

たこ焼き粉と同じ会社のソースもご家庭用サイズで入荷です。

IMG_4195

今回はタイミングが良かったです。
「うに豆」はビールのおつまみには最高!福井県にもあるのですが、今回は九州のものです。

IMG_4196

「貝ひも」いいでしょう。
当店では大人気なのですが、ある時期からこの状態より、縮まったよう状態の時があり、試食すると食感が違ってたのでストップしてました。今回ようやく以前の状態になってたので久しぶりに入荷です。
これだけ平べったいものは美味しいですよ〜

IMG_4197

ジワジワと人気上昇中の「炙りチーズいか」は、しっかりとファンのお客様がいらっしゃいます。

IMG_4198
毎年置かせていただいてるのに、今年は大人気のフルーツゼリーです。きっとデパ地下や、セレクトショップなどでに置かれ始めてるからでしょう。

IMG05146

暑い〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
早朝から日帰りで諸々の仕入れに行ってきました。
お商売って水もの、全く予想がつかない品物が出ちゃいます。
本来なら電話などで注文を済ますのですが、今回はそう言う商品ではないので、弾丸で行ってきました。
想像通りの暑さ、でも大町の暑さとはまた違うんです。
大町の太陽の光は直線的で近く感じますが、大阪や京都は地面から熱風が来るって感じです。

IMG05144

いやはや行ってみないと何があるかわからない、売り切れてるものもあれば、新しい商品があったり・・・

IMG05143

これって初めての商品です。
まずは自分でやってみなきゃ!

IMG05147

帰りは駅の構内でじ〜っとたこ焼きを待ってました(笑)

IMG05148

夕方ようやく朝昼兼用のご飯(笑)
そんな日もありますよ〜

IMG05150

名古屋から中央線に乗ると何となくホッとしますね。
はい、既に信濃大町に着いてブログに掲載させていただきました。
とっても長〜い一日でしたよ〜



【動画】

045

048

若一王子神社例大祭二日目、射隊ボボ様の奉射が終わるといったん休憩され、20時より各ご町内の奉納囃子が行われます。このお囃子はとっても厳粛な雰囲気の中で行われ、お囃子の楽曲も全く雰囲気の違う静かなものになります。ご町内の皆様もご一緒に参列され、町ぐるみのお祭りを感じます。

036

若一王子神社境内は、露店も多くとっても賑やかでした。

054

六町内の奉納囃子を待ってる場所は、三重塔横になります。
とっても狭い場所なのですが、どんどんとお囃子を終えられた舞台が戻って来られます。

056

九日町の前には大黒町様の舞台
いつ見ても木彫りが素晴らしいです。

061

後ろには狐さんが頑張ってる「堀六日町」様の舞台が待ってられます。

062

そのあいだにも頑張ってお囃子をされています。女性の方カッコいいですよね〜、娘もやりたいって言うのですが無理無理!!!

064

063

076

奉納囃子が終わると、各ご町内のボボ様がお馬さんの待機してる場所まで馬方さんい運んでもらい帰られます。
毎年一番感動するのは、各ご町内代表のボボ様です。
この日は朝からメイクされ、町内まわり、射隊ボボ様として奉射の神事、この奉射の回数が市内各所、若一王子神社境内と気の遠くなるスケジュールです。朝からお帰りになるまで地面に足を付けづ、馬が少し暴れても表情一つ変えない勇壮なお姿、そして確かに目の下に涙のあとが見えたボボ様、胸の詰まるような思いで応援していました。親御さんのお気持ちを考えると、「ボボ様」と言う偉大なお役、でもその裏には事故なく無事に頑張って欲しい・・・、そう思うのが親というものでは・・・。今までに一度だけ過去に馬が暴れ、ボボ様の親御さんが「もうやめて〜」と叫ばれたことがあります。今でもそのことが頭に残っているのですよ〜
日本中どこ探してもこのような神事があるでしょうか?そしてこの小さな身体で、一生懸命にご町内の役目を果たされるお姿に拍手喝采です!

079

ボボ様がお帰りになられると、舞台も移動開始です。

087



【動画】

084

舞台は大黒町様意外は若一王子神社の直ぐ横の舞台庫へ帰ります。その時の別れ囃子が何とも素晴らしく、お囃子をされてる方にとってはクライマックスではないかと思います。

090

娘も舞台庫まで曳かせていただきました。とっても楽しかったって〜

095

舞台庫前です

105

五町内の皆様が見守られる中、舞台が格納されるところです。

106

大黒町様は全ての舞台をお見送りされた後は、またご町内の舞台庫へ戻られるのですが、その時にご町内の皆様が家の前できちんとお迎えされているお姿にも感動致します。このような歴史あるお祭り、一部の若い方々は煩わしく思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、お祭りのために地元へ帰って来られる方々もいらっしゃいます。そして今年はいつもより若い方のお囃子が増えたように思います。「故郷へ帰ってお祭りを楽しむ」なんてとっても素敵ですよね。このお祭りこれからもず〜っと続きますように・・・
関係者の皆様お疲れ様でした。

IMG_4020

「若一王子神社例大祭二日目」は、可愛らしい射隊が登場です!
このお祭りのハイライトは、なんと言っても「射隊(いたい)ボボ」と呼ばれる少年たちによる「流鏑馬」だと思います。
朝から小雨の降る中、可愛らしくお化粧されたぼぼ様は、小柄ながらも勇壮に馬に乗られて町内まわりをされるのです。朝早くから準備されるのでしょうね〜
この日は神事が終わり、各ご町内に帰られるまでは地面に足を着けないと言う大変な役目なのです。
我が九日町のボボ様も頑張って馬に乗って当店前を通られました。

IMG_4013

IMG_4016

お隣の大黒町のボボ様も頑張ってられました。
あ〜〜〜、「北安大國・伊藤社長」様、今年も人参付けられご苦労様で〜す。

IMG_4050

店頭も当店のお客様がお手伝いに来ていただき、心より感謝いたします。
お手伝い無くして当店は成り立ちませんから・・・

IMG_4031

IMG_4033

午後からは舞台はございませんが、とっても元気にお神輿を担いで来てくれる俵町の子供さん方、今年も元気いっぱい曳いてくれていました。

IMG_4037

お水が気持ちいいでしょう
熱中症にならないでね〜〜〜

IMG_4035

店頭でゆっくり休んで下さいね


【動画】

IMG_4056

夕方より「巡行改めの儀」が執り行われます。
「流鏑馬」の隊列の通過を求める口上が実行委員長から行われ、これに対して代官役を務める牛腰大町市長様が通行の許可を述べられます。
そして舞台の無いご町内から選ばれた子供さんが注連縄(しめなわ)の前に進み出て、いっきに切り落とされる瞬間が緊張感タップリです。

IMG_4053

巡行改めの儀が終わると、射隊ボボ様、舞台が通過されていきます。

IMG_4059-三日町

三日町ボボ様

IMG_4061-大黒町

大黒町ボボ様

IMG_4063-九日町

九日町ボボ様

IMG_4065-六九町

六九町ボボ様

IMG_4067-白塩町

白塩町ボボ様

IMG_4068-北原町

北原町ボボ様

IMG_4069-上仲町

上仲町ボボ様

IMG_4073-下仲町

下仲町ボボ様

IMG_4075-南原町

南原町ボボ様

IMG_4078-仁科町

仁科町ボボ様

IMG_4079

IMG_4080

IMG_4081

そしてご町内ののぼり旗、舞台が当店前を通過していきました。

【動画】
堀六日町の狐さんも頑張ってる〜〜〜
今日の暑さ、半端じゃないぐらい暑かったです。日頃あまり水分を摂らないnonkoがどれだけ飲んだことでしょう(お酒じゃないですよ)
なのに各ご町内のボボ様、馬付き様、本当にお疲れ様でした。

IMG_4043

熱中症にならぬ特効薬はやはり自家製梅干しです。
このまんま食べると胃腸がビックリするので、ハチミツと一緒に食べるようにしています。
今日はこの梅干し随分活躍してくれました。
いよいよ夜は奉納囃子と別れ囃子です。
また今夜の様子は明日掲載させていただきますね!

IMG_3925

IMG_3922

本日「若一王子神社例大祭・宵祭り」でした。
朝から晴天の中、お手伝いのお客様のお蔭で店頭の準備もスムーズに終え無事に終えることが出来ました。

IMG_3927

IMG_3937
IMG_3939

店頭には恒例のテントを建てさせていただき、生ビールや、サーバーよりの安曇野リンゴジュース、南高梅ジュース、ソフトドリンク、そして夜のお祭りで販売させていただく玩具の準備です。

IMG_3930

窪田さん似合うね〜、こんなに似合う人も滅多にいないです。夜はこのメガネ大人気でした!1個200円で〜す。

IMG_3929

夕方まではキュウーリやトマトなどもご用意させていただき、お客様にお楽しみいただいてました。

IMG_3947

恒例のボンボン釣りは約300個、ほとんど無くなっちゃった〜〜〜!
こちらは販売ではなく、お買い物をしていただいたお客様のサービスとなっています。

IMG_3931

IMG_3933

IMG_3936

15時過ぎには、八坂神社渡御祭がありました。そして可愛らしいお稚児さんが通られましたよ〜、暑い中ご苦労様でした!

IMG_3944

18時過ぎになりますと、当店前に我が町内「九日町」の舞台がやってきました。
練習の成果あり、とっても迫力のお囃子です。
19時の歩行者天国になると、毎年の位置でお囃子を演奏されるのです。
【九日町舞台】
創建は定かでありませんが、江戸時代後期のころと伝えられています。昭和56年に車体上部と飾り人形の修理を、昭和58年に柱龍を取り付け、昭和64年に車輪の取替えをしました。
人形飾りは、娘道成寺の「安珍」「清姫」です。江戸中期以降市中に発達した庶民文化の象徴的な歌舞伎の一場面を奉納・披露した氏子町民の心意気が汲み取れます。
舞台後ろの天井から箱に入った古いお面が吊るされています。能を伝える家筋の方からの寄進で、「鬼女の面」といわれ、取り出せば忽ちに大雨が降ると伝えられ、今も恐れられて誰も開けた者がいないとのことです。(市役所HPより転載)
今年は改修され、二層構造の舞台の引き手棒の塗り直しの他、屋根や飾られた人形「安珍」が補修されました。

IMG_3953

19時頃見事な夕陽が見られ、今夜のお祭りを祝ってくれてるような色でした
IMG_3955

IMG_3956

本通り信濃大町駅に近いほうから、各ご町内の舞台をご紹介いたしましょう。
【堀六日町舞台】
江戸前期の創建ではないかと言われています。嘉永元年(1848)に大修理をしたことが、天井裏に残されています。からくり狐を収めた箱には、嘉永7年(1852)の墨書きもあり、からくり狐が既にあったことが分かります。明治6年(1872)に火災の被害を受けました。その修復時に欄間彫刻や装飾を一新し現在のものが出来たと伝えられています。
昭和56年に大修理をしました。信太妻(しのだづま)伝説の信太の森の葛の葉狐が、安部保名と結婚し一子を授かった歌舞伎の題材からとった狩り衣装の操り人形の復元と、舞台囃子に合わせて軽妙に踊る信太の森の葛の葉狐も修復されました。巡業道中の祭り囃子は、この踊る狐に合うように、軽快に高い調子で囃します。(市役所HPより転載)

IMG_3958

【九日町舞台】(上記ご案内)
IMG_3960

【大黒町舞台】
2層構成、起破風(むくりはふ)の切妻屋根。転回が容易な3輪形式で、全体を軽くするため、寄木細工、柱の芯が虚ろになっています。1階の周囲には小さな庇(ひさし)をつけた出窓があります。この出窓や、庇の下には、立川流2代目和四郎富昌作の多くの彫刻が施されています。一部、立川3代目頃の7賢人の彫刻もあります。飾られている人形は、大黒町の町名に因んで大国主命です。
明治21年、人夫の日当10銭の時代に500円で松本市から譲り受けました。昭和58年に大町市有形文化財、昭和62年に「県宝」に指定されています。舞台の創設は文政9年(1826)となっています。(市役所HPより転載)

IMG_3961

【五日町舞台】
現存する大町の舞台の中で1番古いといわれています。舟の山車であったものを改造したもので、舞台正面の屋根裏の所に、直径30センチ位の帆柱の穴があります。また、車の軸受けの桁が、3重になって見えるのも、舟の山車の特徴を示しているといえます。
昔は解体分解して、分散して何軒かの家の土蔵に保管してきました。火災などの災害から舞台を守ること、都度修理保全をするなど、氏子の知恵でした。彫刻が施された欄間を収納する箱に、「嘉永元年戉申(かのえさる)5月吉日五日町」の墨書きがあります。昭和50年の大改修には、舟の山車であったことを末永く後世に伝えるため、その特徴の保存に意を用いました。(市役所HPより転載)

IMG_3962

【八日町舞台】
文久3年(1862)の建造とされています。特徴は、8人の代わりが出来る車と言う意味の大八車が基本となっています。朱を基調とした桃山風の屋根と調和していて、転換も容易で軽快・精悍・機敏に映ります。2階の幔幕(まんまく)は、白の裏を出して、表の赤・朱塗りとのバランスを考えて定着したものと思われます。
明治23年の大火で町が殆ど焼失した災害時にも、舞台は解体して、分散保管によって救われています。昔は、楠親子の湊川の別れの人形飾りがあったとの言い伝えがあります。 昭和58年に、大幅に解体修理、塗装をしました。平成13年にも一部修理と塗装を実施しています。(市役所HPより転載)

IMG_3966

【高見町舞台】(当店前です)*お店の関係でこちらに戻ってきたころに灯りが点されました。
柱に上り龍、下り龍の彫刻が特徴です。天保年間(1830〜43)に再建されたこと、大工は池田町の某との記載が残っています。火災により、2階の欄間2枚と車4個を焼いてしまい、何年か祭りに参加できない悲運もありました。
2階の飾りは、高見火荒神の御神体の獅子頭で、古びた布はその幌です。仁科盛遠が将兵の慰安や士気を鼓舞するためと、戦場での敵へ威しとして用いたとの口伝や、獅子宮の線で火災の延焼が止まったとか、何か事変が起こる前兆に口をパクパクして知らせてくれるとか、幌を新調したら翌日それがボロボロになっていたので以降新調しないなど神意の顕著な伝承が残っています。(市役所HPより転載)

IMG_3964

そして大原の獅子神楽です!
IMG_3967
IMG_3969

舞台をまわるとこのような開運帳をいただけるのご存知でした?良いでしょう、地元松崎和紙で作られてるのです。

IMG_3970

堀六日町様で限定販売される「村田屋菓子舗」様の「バタどら」、しっかりと狐さんの焼き印が入っています。

IMG_3971

そして今年もバッジを手に入れることが出来ました。嬉しいな〜〜〜!

IMG_3976

お店に帰ると今年もパニック状態!
なので点灯前から舞台を見せていただいてたので、灯りのついていないお写真になり、ご町内の方には大変失礼いたしました。

IMG_3980
IMG_3983
IMG_3973

まさかのまさか、年々ピカピカ玩具にお客様が人だかり、そしてその分ボンボン釣りが恐ろしいことに・・・
300個のボンボンがほとんど無くなっちゃった〜

IMG_3985

お手伝いのお客様の娘さんまで手伝わせちゃった〜、ゴメンネ

IMG_3986

窪田さんの娘さんもお友達と来てくれました。
ありがとうね〜〜〜!

IMG_3988

栃木から移住された矢野様ご一家、夏祭りを楽しんでいただけてるようで嬉しいです。
来年はワインぶどうも収穫できるでしょうね

IMG_3991

そうた君のボンボンの釣り方は今まで見たことがないよ〜、面白すぎです(笑)

IMG_3996

21時前にはお囃子も終わり、各ご町内へと帰って行かれるのですが、すれ違う時には「別れ囃子(喧嘩囃子)」と言う迫力のあるお囃子が見られます。

IMG_4002

ちょうど当店前では大黒町様と、我が九日町の舞台が「別れ囃子」をしていただきました。



【動画】
明日も頑張りましょうね〜、という感じに聞こえたのはnonkoだけでしょうか?
町が一つになるように感じる大町の若一王子神社例大祭です。

IMG_4004

明日も頑張りましょうね〜〜〜!

【明日の予定】
歩行者天国 13時〜18時30分
流鏑馬通過予定時刻
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上仲町 → 下仲町 → 仁科町 → 信濃大町駅前ロータリーにて奉射(午後2:10頃) → 明治生命角 → 五日町集合(午後2:30)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:30) → いーずら大町特産館前奉射(午後4:35頃) → 上下仲町にて巡行改めの儀(午後4:45頃) → 九日町セブンイレブン前奉射(午後4:55頃) → 大黒町公民館前奉射(午後5:10頃) → 若一王子神社境内にて神事(午後5:30頃)

舞台通過予定時刻
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上中町 → 下中町 → 仁科町明治安田生命角 → 流鏑馬の後に順次続き五日町集合(午後2:45)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:00) → 巡行改めの儀(午後4:45頃) → 最終舞台の五日町は午後6:30頃に若一王子神社着

本囃子・奉納囃子:午後8:00〜9:00(若一王子神社境内)


【動画】

可愛いでしょう、今日は毎年恒例の「まつりばやしの夕べ」です。
明日から始まります「若一王子神社例大祭」ですが、子供さんのお囃子がないということで、高見町様のイベントに堀六日町様がご招待され、ご一緒に子供さん方のお囃子を盛り上げられてるのです。
子供さん方に小さな頃からお囃子の楽しさを教えられることこそ、将来地元のお祭りを引き継いでくれると・・・、間近に見させていただき感動いたします。

011

高見町の子供さん方、一生懸命お囃子を演奏してくれました。楽譜もないのに、耳で聴き、自分で音感を確認しながらおぼえていかれるのでしょう。凄いことだと思いますよ〜

013

堀六日町の狐さんも一緒に頑張ってくれていました。
このあと堀六日町の子供さん方の演奏となります。

020

クマさん達も興味深く見入っていましたよ〜、今日から浴衣を着ているんです

022

019

それを支えてられるご町内の皆様も、本当に頭の下がる思います。
チョッとでもお祭りの気分を子供さん方主体に、模擬店やゲーム、くじ引きなどをされていました。
こうやってお祭りムードを盛り上げられること、心より応援させていただきたいと思います。
明日は横川商店前には、高見町様の舞台が来られます。是非思い切ってお囃子をきかせて下さいね!


【動画】
023

我が町内、九日町の子供さん方も、大人の方に指導をうけながら最後の夜の練習です。
明日は頑張って下さいね!

026

20時過ぎには当店前にて「八坂神社」のお祭りが行われていました。

【25日、26日当店の催し】
●生ビール(サントリープレミアムモルツ)
●南高梅ジュース
●安曇野りんごジュース
●ペットボトルドリンク
●ピカピカシリーズの玩具等

【明日の予定】
7月25日(土)
八坂神社渡御 稚児行列
14:25 九日町御旅所出発
15:30 大町駅出発
16:30 王子神社着

稚児行列
15:30 大町駅出発
16:30 王子神社着

舞台曳き開始 午後7:00歩行者天国にて
高見町舞台 ヤマチキリ本店前
大原獅子神楽 長野銀行前(19時30分〜)
八日町舞台 市野屋前
五日町舞台 福島金物店前
大黒町舞台 大谷運動具店前
九日町舞台 ヤマチキリ前
堀六日町舞台 いーずら大町特産館前
舞台曳き開始 午後7:00〜
舞台お囃子演 奏 午後7:30〜
獅子神楽撤収・舞台移動開始 午後8:45〜
*各舞台で開運帖を配布されますので、是非舞台の印を押して運を開きましょう。

IMG_3809

昨日の定休日、信濃町方面へ車を走らせてトウモロコシをゲット!

IMG_3813

「道の駅しなの」、この時期はトウモロコシ始め、夏野菜がいっぱいです。

IMG_3812

22083_868704793220240_363893730829514688_n

こちらに来ればトウモロコシの種類がこれだけあるのかとビックリです。
ゴールドラッシュ、サニーショコラ、ピーターコーン等々・・・
最近は粒の皮の薄くって甘いものが主流ですが、昔ながらの粒の皮の分厚いものもあります。
まずはこちらで色々な種類をゲットし、路上で販売されてるところへ車を走らせます。

IMG_3815

IMG_3816

IMG_3817

戸隠方面へ行く路上では、トウモロコシ畑も良く見られ、このように即売されながら食べさせていただけるお店も多く出ています。

IMG_3814

こちらでもまた生モロコシをゲット

IMG_3818

そして黒姫山を横目に戸隠方面へまっしぐら〜〜〜

IMG_3819

IMG_3821

奥社前のお蕎麦屋様へ!

IMG_3820

「奥社前なおすけ」様です。
約1年以上ぶりかな〜、いつもおもてなし上手の女将様?が頑張ってられるのです。
今回もおぼえて下さってたようです。
以前よりずっとお客様も多く、スタッフの方々もとっても感じの良い方ばかりで驚いちゃいました。さすが流行ってるお店ってこうなんですね〜、勉強になります

IMG_3822

そば前の美味しいお店はおそばも美味しい
店主とnonkoの自論です(笑)
こちらでも長野市内のお蔵様の雪中埋蔵が楽しめるのです。
やはり雪の中で貯蔵されると香りが澄んでますね

IMG_3823

こちらにお邪魔させていただくと、必ず「鴨ざるそば」をいただきます。
甘目の濃厚なダシがまたまたお酒に合っちゃう〜

IMG_3825

冷たいおそばに温かなダシが絡んでたまりませんね〜〜〜、メチャクチャ美味しい

IMG_3824

店主は天ざるにボッチ盛り!
【ボッチ盛りとは・・・】
戸隠そばをざるで注文すると、一口ぐらいの量ごとに束ね、5〜6束をひとつのざるに並べた独特の盛り方で出てきます。戸隠ではこれを「ぼっち盛り」と呼んでいます。
ではなぜボッチ盛りなのかはわかりませんが、食べやすいからかな〜?

IMG_3827

なおすけ様を後に、「鏡池」へ立ち寄ってみました。
秋とはまた違う風景に出会えましたよ〜
晩秋の戸隠は宜しかったらこちらからどうぞ!

IMG_3829

オオカメノキには既に実が成りかけています。

IMG_3828

ツルウメもしっかりと青い実を付けていました。

IMG_3830

アザミのお花は今が旬!
でももう植物は秋の準備もしているのですね〜
【道の駅しなの】
【奥社前なおすけ】様

IMG_3789

今日は朝から「大町ワインぶどう生産組合」様の畑を見学させていただきました。
こちらは原田様の畑の様子です。

IMG_3768

栃木から移住された矢野様の畑では、奥様が一生懸命作業をされていました。
「何をされてるの〜?」
「コガネムシをとってるのです・・・」

IMG_3767

炎天下の中、手作業でこれをとられていました。
「あと合鴨の餌になるので・・・」
「エッ・・・」

IMG_3775

IMG_3777

すぐ近くで合鴨農法で田圃もされているようです。
とっても働き者の合鴨さん達でした(笑)

IMG_3780

横には北アルプスから流れてくる農業用水が流れています。
お水の美味しい大町、農作物は美味しいに決まってますよね〜

IMG_3798

さ〜て、お店では毎日チビッ子のお客様も増えてきました。
きっとお母さんに「〇〇〇円にしてね!」って言われたのかな?一生懸命計算してるのかな(笑)
ある意味算数の課外授業(笑)

IMG_3800

ムフフフフ・・・

IMG_3801

オネエチャンまで計算始まっちゃった〜〜〜!
明日は定休日ですが、どうぞお気軽にご来店下さいませ。

IMG_3806

チビッ子さん方のうちわ絵も展示中で〜す

IMG_3742

IMG_3743

梅雨が明け、いっきに夏の陽射しになってきた信濃大町です。
北アルプスの雪も沢に少しあるぐらいで、ほとんどとけちゃった〜
昨日は当店販売中の「たこ焼き粉」を使用し、たこ焼きパーティー、早く言えば「試食販売会」デス!

IMG_3741

こちらがただ今販売中のたこ焼き粉です。
これで約120個ぐらい焼けます。

IMG_3729

IMG_3731

IMG_3736

IMG_3730

たこ焼きって焼く過程が面白いですし、ご家庭でもそれぞれの焼き方があるのも面白いですね!
nonkoは「天かす」だけは自分で作るようにしています。もちろん「こめ油」ですよ〜
まずタコを入れ、天かすを沢山入れて粉を注ぎます。
そしてネギと紅ショウガ!
天かすとタコがとっても良い風味を出してくれ、鉄板のひき油の効果も出るような気がします。
外はカリカリ、中はトロトロ、この粉を使用すればどなたでも美味しく焼いていただけると思います。

IMG_3728

山へ行かれたお客様方も無事に下山され、ひと口食べられて二次会へ!

IMG_3732

焼き始めたら面白くってやめられず、とうとう昨夜は約180個焼いちゃいました(笑)
もちろん完食で〜す!

IMG_3735

お酒は「本金純米・雨あがりの空と・・」がバッチリでした

IMG_3737

ソースは粉と同じ会社のものを使用し、やっぱり旨いです!!!

IMG_3738

何というタイミング、たこ焼きを名物にされてる「居酒屋まいど」様のケンちゃんがご来店、食べる食べる〜〜〜、美味しいと言うお墨付きを頂戴いたしました。
是非ご家庭にたこ焼き器をお持ちのお客様、いかがでしょう

IMG_3698

IMG_3697

今日はブライダルのギフトがあり、朝からチョッピリ幸せを分けていただいた気分です
酒器や衣料品を持ち込んでいただきましたが、お酒とカゴ、ラッピングはnonkoオリジナルです。
こんなこともお客様と相談しながらさせていただいてます。ある意味自分にとっても勉強になりますので、こういった機会を作っていただき感謝です。どうぞお幸せに

IMG_3707

午後からはハチミツのギフトです。
このタイプは初挑戦!

IMG_3708

でもちゃんと発送の準備が整いました。ホッとした〜〜
お客様のご要望にそえるよう頑張っていかなきゃね〜

IMG_3704

お昼はガッツリお休みの娘と大町市内の中華「北京亭」様へ
こちら和風っぽい味わいがとっても好きです。
八宝菜、白菜ではなくキャベツもいいものですね〜、それに豚肉、エビは揚げて入ってます。
残ったタレにご飯を入れたいな〜

IMG_3700

nonkoは炒飯です。
シンプルですが、とっても味わい深い一品です。

IMG_3701

娘は天津飯です。
エビチリっぽいタレがかかっていて、こちらも美味

IMG_3702

和風丼に入ってるところがまた良いでしょう

【北京亭】様
大町市大町1521-3  (俵町)
TEL:0261-23-0389
営業時間 11:20〜14:00  17:00〜20:00    
定休日:水曜日
駐車場:5台

IMG_3689

IMG_3691

毎年夏休み企画として開催させていただいてます「チビッ子うちわ絵展」、明日よりスタートです!
夏の暑い時期、元気いっぱいのチビッ子の皆様の描いてくれたうちわ絵の下で、パワーを一杯いただき頑張れそうです。まだまだ飾らせていただけますので、お絵描きをしてくれたチビッ子さん、どうぞうちわ絵を持ってきて下さいね。

IMG_3686

IMG_3685

うちわ絵展と同時に、駄菓子のコーナーも作らせていただいてます。
このコーナーは7月31日の「大町ゆかたまつり」まで設けさせていただきますので、是非お出かけ下さいませ。

11201823_864569393633780_3760747219945738747_n

大町へ帰る途中に北陸の海に途中下車、夏の海っていいね〜〜〜!

IMG_3640

11755720_864569520300434_6211216105538229413_n

11705103_864569490300437_4008992420508317579_n

良いでしょう、こう言う駅

IMG_3639

雨晴海岸綺麗だった

IMG_3645

その後、店主と富山で合流して昨日プレオープン中の「三井アウトレット北陸小矢部川」へ・・・
この車は何じゃい(笑)

11737986_865052886918764_2942865936209113473_n
11752454_865052963585423_3847982989497080202_n

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜凄い人!無理無理〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!娘だけ残して即脱出です(笑)

11737954_865436376880415_8690544045467586619_n

やっぱり富山に来たらお寿司ですよね!
「すし玉本店」様にて日本海のお魚をたんま〜りいただきました。
オススメ三種は「鯛・アジ・ノドグロ」

11737986_865436410213745_9020394579508549014_n

甘海老

11738038_865436466880406_5139233757924854621_n

天然ブリが良く揚げっているようです。
肉厚で美味しい〜〜〜

11202606_865436513547068_1536054411120292326_n

炙りのブリも旨味が引き出されてるようで美味しいです。

11540833_865436543547065_1507942516950670169_n

ノドグロだって炙るとより旨味が引き立ちますね!

10355875_865436563547063_5645514073696421378_n

蟹軍艦凄すぎ〜〜〜!
エッ?ここって回転寿司だったよね〜

【すし玉】様

IMG_3606

祇園祭と言ったらやはり「稚児餅」が有名ですよね!
こちら白味噌が入ったお餅で、なんとも京都らしい銘菓です。
市内では主要な店では必ず販売されています。

IMG_3599

IMG_3600

やはりこの時期には絶対に食べたい「亀廣永」様の「したたり」です。

4e4ecb04

琥珀色の綺麗な寒天菓子なのですが、独特の食感とくどさを感じない黒砂糖の風味がたまりません。
13日から16日まで菊水鉾のお茶席でいただけますし、販売もされています。
この時期になるといただきたくなるお菓子です。

11745829_863511970406189_1460472346251096856_n

また大丸さん横の「豆英」様
昔ながらのお店の雰囲気に、所狭しとこのようなおつまみやお菓子を置かれています。
懐かしいものがいっぱいなのですよ〜
こちらは「たら三昧」、店主の好物です。
類似品も多く、何度か失敗したことがありますが、やはり少々高めでも本物の味わいです。
三種類全てに味わいの主張があります。

10411840_863512183739501_3614488299735681009_n

11737953_863532353737484_8722842982103394960_n

目移りして可愛らしいお菓子を少しずつ買うのも楽しみの一つです。

11751816_863532390404147_5877650723172466804_n

「おかき」をこのように販売されてるお店も少なくなりましたね〜

【亀廣永】様
京都府京都市中京区高倉通蛸薬師上ル和久屋町359
TEL:075-221-5965
営業時間:9時〜18時
定休日:日曜日(祇園祭期間は営業されています)

【豆英】様
京都市中京区帯屋町573
TEL:075-221-0982
営業時間:9:30〜19:00

IMG_3597

長刀鉾!
コンチキチンの祇園祭、この日は鉾建てをされていました。
17日の巡行では「動く美術館」と言われるほど見事な胴掛け、前掛け、見送りなどに見られる織物の素晴らしさ、1000年の歴史がある京都祇園祭、今年もこの時期となってきました。
今回は偶々建ててられる様子を見学することができました。ある意味ラッキーですね!

IMG_3595

まだ織物は飾られてない状態です。

IMG_3591

IMG_3592

IMG_3593

クジをとらない鉾として有名で、巡行の際、常に先頭を進む鉾で、お稚児さんが鉾に乗り稚児舞を舞うのは、現在、この鉾だけになっています。鉾頭に大長刀を付けるのでこの名前で呼ばれています。破風彫刻、欄縁金具、屋根裏絵画、前掛や胴掛、見送など名品が多いことでも有名な鉾です。また長刀の正面が八坂神社や御所に向かないように南向きに付けられているそうです。
内部の天井周囲は28区割にして、赤地錦を貼り、大小の銀鋲(びょう)を打ち黒漆塗細棒をつないで星辰28宿(星座)を表しているそうで、星座の意匠が斬新な印象を与える興味深い装飾が見られます。
IMG_3575

ちょこっと歩いて「菊水鉾」です。

IMG_3569

IMG_3572

IMG_3573

ちょうど興味深い光景を見学できました。
山鉾は、木造の部材の組み合わせと縄で絞めることで出来ています、釘を一本も打ち付けることはありません。縄のくくりは職人技ですね!
鉾車の大きさが良くわかるでしょう。京都人であっても、なかなかこうのような光景は見ることができないと思います。

IMG_3582

「放下鉾」ですね!

IMG_3584

IMG_3586

まさに職人技!

IMG_3589

IMG_3587

鉾頭は日・月・星三光が下界を照らす形を示し、形が洲浜に似ているので別名「すはま鉾」とも呼ばれるそうです。

IMG_3565

IMG_3566

すぐ近く、四条通りには「函谷鉾(かんこぼこ)」
この鉾の前掛けや見送りが好きなのに今回は見られず・・・(笑)

IMG_3579

函谷鉾のお向かいには「月鉾」です。
「鶏鉾」も近くにありますね〜
四条烏丸近辺が一番の見所でしょう。

IMG_3590

占出山はまだ建てられてなかったのですが、安産の神様として祀られ、山鉾巡行の鬮順が早いとその年はお産が軽いと言われています。
宵山には安産の御守りと腹帯とが授与されるのです。

IMG_3581

いつもは室町通りや新町通りには、町屋の屏風や織物を見学できるのですが、ちょっと早かったみたいです。
偶々見られた京都三大祭りの帯が見事でした。
今夜からお囃子が始まるのかな〜?コンコンチキチン♪コンチキチン♪また聞きたいな〜
ある年には巡行も見学していますので、宜しかったらこちらからどうぞ!

11692672_862522420505144_4375926652417729262_n

朝から急ぐ〜〜〜
船場センター街を歩くのも、熱中症対策です
若干クーラーがきいているので、少しでも体力を温存しなきゃ

11692579_862522473838472_2765223092649776788_n

ギリギリセーフ、ここは食品類の仕入れ先です。
あと10分遅ければ・・・

IMG_3548

これ嘘!
空いてないし〜〜〜

10983217_862536547170398_8342298944459444598_n

とにかく凄い人なんです。きっとお中元商戦の真っ直中なのでしょう。
これだけの人がいらっしゃる中、品物をチョイスするのですが、同じものが多くあると必ず聞かれます。
「オネエチャン(笑)、これ美味しいの?」
「うちでは評判いいですよ〜」
「ひとつ頂戴や〜」
「あかんあかん、オバチャンとっておいでよ〜」
「いやや、人いっぱいやし」
こんな感じで会話が続くわけで、人懐っこいオバチャンには良く商品を取られちゃいます(笑)
それでもお顔見知りのスタッフの方がいらっしゃるので、とってもありがたいのですよ〜
しかしながら、この時期にレイアウトを変更するのはやめて〜〜〜

IMG_3547

やれやれ、約3時間の争奪戦に勝ったよ〜
今回は酒器もゲットです。

IMG_3520

偶々沖縄フェアやっていたので、こんなのもありました。楽しみにしていて下さいね〜

IMG_3551

次に販促物のお取引先様です。
今回はブラダルのラッピングがあるので、使用する造花とリボンをチョイスです。

IMG_3549

きっと可愛らしいギフトになると思いますよ〜、楽しみにしていて下さいね

IMG_3516

もう一軒、ただ今当店のサマーギフトで使用させて頂いてる「朝顔」もお願いしなきゃ!
ここはまた別のお店なのですよ〜

IMG_3554

さ〜て、場所が変わって道具屋筋です。

IMG_3556

ムフフ・・・、タコ焼き専用の鉄板も凄いでしょう〜

IMG_3558

クマザサもこんな形で売ってるんです。結構高いですよ〜
我が大町には普通に自生しているのにね〜

IMG_3557

IMG_3555

ここに来れば何でもそろうので、京都のお料理関係の方々も良く出入りされているのです。

IMG_3559

あった〜〜〜、探してたんだ!南部鉄の風鈴
あ〜〜〜、たこ焼き食べたい!!!

IMG_3501

フゥ〜〜〜!
大阪に着いたとたん熱風
想像はしていましたが、大町があまりにも最近涼しかったので反動が凄いです。
目の前はチカチカするし、道歩いていたら地面から熱風が来るし、仕入先ではパワフルな大阪のおばちゃん達、これに勝たなきゃ仕入れができません。
この時期の仕入れは一年で一番きついものになります。
「若い地王子神社例大祭」「ゆかた祭り」「やまびこ祭り」があるでしょう。それに「うちわ絵」を飾らせていただくので、ちびっ子さん達がお買い物に来てくれますから駄菓子も用意しておかないとね!可愛いお買い物カゴを使って一生懸命計算しながらお買い物をしてくれるのです。可愛らしい姿を見てると元気をいただけるのです。
まずは玩具の町「松屋町」です。

IMG_3503

毎年お世話になってますお店は、PTAのママさんや、夏祭りの委員さん達が凄い勢いでお買い物されています。
とにかく凄いですよ〜〜〜!

IMG_3507

IMG_3508

IMG_3509

フゥ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_3511

次は駄菓子〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ここも毎年お世話になってるお店です。
「信州は涼しいやろ〜、ええな〜」みたいな会話(笑)
おばちゃん、冷蔵庫のペットボトルのお茶をサービスして下さいます。なんだかとっても嬉しい気分です。
「次はどこ行くねん、歩いて行くんか〜」そんな感じの会話です。いいでしょう〜

IMG_3513
IMG_3515

そんなこんなで一日目の仕入れ何とかクリアです。
クッピーラムネガムってあったっけ?
これ面白そう〜〜〜

IMG_3518

この日は「かつめし」食べて頑張った〜

received_830889387018944

本日娘が今の職場の研修で「黒部川第四発電所」へ行かせていただきました。
公私共々お世話になってます柏原様とご一緒させていただいたようで、一部お写真も頂戴いたしました。
この場所は、かつて中島みゆきさんが、紅白歌合戦の時に生中継された場所だそうです。
nonkoも行った事ないのに娘はいいな〜〜〜
【黒部川第四発電所】
富山県黒部市の黒部川上流部にある関西電力の水力発電所です。通称・略称の黒四発電所(くろよんはつでんしょ)、あるいは単に黒四の名で有名ですよね。黒部ダムから水を引いて発電を行ってられます。

1436530183634

こちらに乗って地下200メートルまで降りたそうです。ちょっと怖かったって〜、お母さんは無理やわ〜、怖がるわって言われた・・・、トホホ・・・

1436530199848

1436530177915

1436530190510

1436530173034

きっとこの写真を撮ってきたと言うことは、このあたりの下なのかな〜?
黒部ダムの下は凄い場所なんですね〜
貴重な研修をさせていただきありがとうございました。

11403409_861387397285313_4172608533297763861_n

昨日の定休日は、娘の公休とも重なって北信へ「トウモロコシ」を買いに行こう!と言うことで大町を出ました。
行った先は、飯山市の「道の駅千曲川」です。
今の時期はまだ出始めなので、午前中には無くなるとこのと、お取り置きをお願いし念願のトウモロコシをゲットです

11009949_861246533966066_6769901595922871062_n

近くの道の駅でもこのような「笹餅」もゲット
雪どけの終わった北信も、美味しいものがいっぱい〜〜〜

11058246_861246557299397_823231198815524429_n

笹に包まれてるのはお餅です。中身は餡も何も入ってなく、素朴な熊笹の香りを楽しめます。
北信の香りとも言うべき郷土食ですね
熊笹は殺菌効果もあるので、新しい葉っぱが出ればこのような郷土食を作られますね。

11698516_861246447299408_7207664192232662255_n

その後、近くのお蔵様「北光正宗・角口酒造店」様へ
娘に告ぐ!普通はこのような写真は有難過ぎるんだから〜

11694778_861246513966068_4757582342580784595_n

今年は見事「全国新酒鑑評会」にて金賞受賞されました。おめでとうございます
昨年までは入賞どまりだったとか・・・、それでも凄い功績だと思います。

11701224_861246490632737_3877122608782893559_n

見かけないラベルは、どちらも原酒です。店主好みなんだから〜〜〜
きっと今夜あたり楽しませていただけるのでしょうね(笑)

IMG_3456

北光正宗様を後にし、すぐ近くの日帰り入浴「いいやま湯滝温泉」様へ
こちらは地元の方々がほとんどで、とてもゆっくりでき、食堂では郷土食も楽しませていただけるのです。
個室を4時間3,000円少しでお借りできるので、ちょっとした温泉旅館気分ですよね。

IMG_3464

超ラッキーなことに、お部屋からは目の前に千曲川が見え、温泉で熱った身体には雨の音が何とも心地いいものです。

IMG_3462

「みゆきポークの生姜焼き」は、とっても美味しい味わいです。
近くの農協様でも普通に購入できることろがありがたいです。
豚肉もブランド志向はいいのですが、地元でも手に入らないでは困りますよね。その点「みゆきポーク」は、良心的な価格で販売されているのでありがたいです。

IMG_3463

そして「笹寿司」です。
普通は白米の寿司飯ですが、こちらでは「紫米」を使用されています。
紫米はもち米に近いので、よりおいしく感じますね〜!
この他、通常の居酒屋メニューなどもあり、店主は娘が運転すると言うことでルンルン気分です(笑)
何故か「モツ煮」が美味しいと
もちろんお酒は「北光正宗」様ですよ〜

IMG_3472

15時頃、温泉を出ると目の前に看板が・・・
「日本海を望める光ヶ原高原」と・・・
この看板に娘が魅せられて、行こう行こうと・・・

IMG_3472

雪国の民家を見ながらのドライブもいいものですよね〜
やはり積雪に対する建物の違いが勉強になります。

IMG_3476

IMG_3480

おいおい、どこに日本海一望やねん!!!
真っ白の海か〜?
結局山を越え、下りた先が「上越高田〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜」

IMG_3486

仕方なく糸魚川経由で、回転寿司を楽しんで帰ってきました。
「行きはよいよい、帰りはこわい〜♪」

IMG_3455

今夜は七夕様、大町は旧暦なので8月7日までお飾りをさせていただきます。
今日はnonkoが松本の「ベラミ人形店」様にて教えていただいたお飾りを出させていただき、試飲台の前に飾らせていただいてます。

IMG_3426

店頭の笹の葉っぱも綺麗にお店を飾ってくれています。

IMG_3449
IMG_3447

今夜は鱧鍋です。
昆布だしをタップリ取っていただきましたよ〜

IMG_3442

IMG_3443

お店も焼き物からグラス類に変更です。
やっと夏を迎えられそうな売り場になりました。
そろそろお配りさせていただいてる「うちわ絵」もお願い致しますね

IMG_3416

今年も七夕様へ向けて、店頭に笹をご用意させていただきました。
是非願い事を書きにいらして下さ〜〜〜い!
実はこちらの笹は、毎年事務の窪田さんのご実家にお願いし、採らせていただいてます。
毎年ありがとうございます。

IMG_3398

IMG_3403

IMG_3402

クマさんと間違えられないように、赤いウェアを着てる店主(笑)

IMG_3404

トラックにこの状態ですから、どれだけ大きいかお分かりですよね〜

IMG_3405

店頭に着くと、トラックから下すのもひと苦労です。
採りたては水分を相当含んでいるので重い重い!!!

IMG_3406

長さを決めるのが大変なのです。
お店とのバランスが大切で、笹の葉は直ぐに巻いちゃうので、それを頭に入れての長さを決めます。

IMG_3408

長さが決まったら、店主が店頭にしっかりと固定してくれます。
この作業も中々大変でね〜
でもこの七夕様の笹を待っていただいてるお客様もいらっしゃるのでありがたいです。

IMG_3417

お取引先様、お世話になってるお店の短冊は書かせていただいてます。
どうぞ皆様、願い事を書きにお出かけ下さいませ。

IMG_3333

昨日能生漁港より鯛が届いちゃた〜!
かねてからやってみたかった昆布と桜の塩漬け風味の塩釜
桜の塩漬けの威力よりも、昆布の主張がこれほどまでに塩釜と相性がいいとは・・・
偶々関東から山に来られたK君たちと一緒に楽しみました。

IMG_3338

鯛のまわりに昆布をはり付け、塩釜を作ります。
残っていた桜の塩漬けもペタペタ

IMG_3344

塩釜で使用し、残った卵黄は鯛のお腹の中に入れ込んじゃいます

IMG_3346

K君たちが火をおこしてくれているので、とっても助かりました。

IMG_3351

最初は強火で釜をかためます。その後じわ〜っと約50分で出来上がり〜!

IMG_3348

K君達は自宅から燻製を作る缶を持参、ビックリ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

IMG_3352

調理中から酌み交わすお酒はこちらです。
スキッと夏向きの味わいです。

IMG_3356

IMG_3358

出来上がり
昆布の出汁が塩釜に染み込んで美味しい〜〜〜!
桜の塩漬けはあまり意味がなかった・・・(笑)

IMG_3366

店頭はまたまた笑いの渦、そして二次会まで行くって〜〜〜(笑)

IMG_3374

IMG_3375

店主が珍しくカラオケボックスへ行きたいと・・・
2時間マイクの争奪戦でしたよ〜

IMG_3320

いよいよ我が家にも和歌山の哲ちゃんの南高梅が届きました。
今年は不作と言われてましたが、なんとか皆様のお家にも届いたことと思います。

IMG_3322

大きさは2L、見事な完熟です

IMG_3325

まずは梅干し用の塩漬けです。

IMG_3321

もちろん自然海塩「海の精」を使用しています。

IMG_3328

あとはお祭りなどに店頭でお出しさせていただく、「南高梅ジュース」にします。
しっかりと洗って氷砂糖のみで漬け込んでいきます。

IMG_3331

午前中は梅にかかりっきり、お昼は久しぶりに大町名店街の「ハングリーボックスユキ」様へ!
夏になると食べたくなる「ナストマトのスパゲティー」です。
「パスタ」じゃなく、昔ながらの弾力のあるスパゲティーなのです。
茄子が甘くなってきて美味しいですよ〜
もちろん「大盛り」デス(笑)

【ハングリーボックスユキ】様
長野県大町市大町名店街2531−8(地図)
電話番号:0261−22−4067
営業時間:11:30〜20:00
定休日: 日曜日のみ(※日曜日以外は祝祭日も営業)

IMG_3292

カンパ〜〜〜イ!
昨夜はご近所さんと暑気払い
娘の紹介も兼ねてご一緒させていただき、始終笑いの渦
同じ町内の「旬sai酔家 蔵人」様にておせわになりました。

IMG_3295

懐かしい「メロンフィズ」&「バイオレットフィズ」
昭和の味わいだ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

IMG_3297

「乳」「父」「チチ〜〜〜!」ハワイの味わいだよね

IMG_3299

こんな感じのカクテルとリクエストにお応え下さるオーナーさん、ありがとうございます。
飲む飲む呑む〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
そして女性はやっぱり食べるのが楽しみです。

IMG_3294

バリそばサラダは外せませんね〜!

IMG_3296

熱々フワフワの鶏のつくねは、ひと工夫されています。
玉子の黄身を付けて美味しさ倍増

IMG_3300

エビマヨは絶対外せないメニュー、nonko以外にもエビ好きはいらっしゃいます(笑)

IMG_3301

タコの唐揚げでカクテルがどんどんすすみます。
お話も盛り上がる盛り上がる〜〜〜

IMG_3302

豚平焼き凄い〜!別名「銭形(笑)」nonkoが読み間違えちゃった〜
こんな大きなものと思いましたが、とってもヘルシーです。千切りキャベツがタップリ入っているのです。

IMG_3304

〆は「ナンピザ」この後の追加はキャンセル!もうお腹がパンパン

IMG_3307

食べた食べた食べた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
いつの間にか毎年ご近所の皆様のお仲間にいれていただき、とっても嬉しいです。
nonkoよりず〜〜〜〜〜〜〜〜っとパワフルな皆様なのですよ〜

IMG_3309

IMG_3308

先日販売された大町の「プレミアム商品券」、まさかこのような場面でも使用できるのですね〜、どんどん使って町が元気になればいいですね!

【旬sai酔家 蔵人】
大町市大町2495 (九日町、ツタコウビル東2F)
TEL:0261-26-3603
営業時間:18:00〜25:00 (LO24:00)    
定休日:日曜日(祝日の場合は翌月曜)

IMG_3287

7月18日より展示させていただく「うちわ絵」がドンドンと届き出しています。
一昨日は九州よりお届け下さいました。
過去に大町在住で、お祭りになると「うちわ絵」を持ってきてくれたチビッ子さんです。
またご近所の方々もわざわざ持ってきていただき、本当にありがとうございます。
まだまだ受け付けていますので、どんどんとご参加下さいませ。

11692578_857764594314260_2923896149252810280_n

昨日は大町の図書館で色々な本と出会い楽しんでました。
大昔に本通りの真ん中に川が流れていた写真は良く見られる機会があると思いますが、この写真「大町駅前」なんですよね〜、fbに掲載したら「懐かしい〜!」なんてコメントを頂戴し、市民の方々だけではなく、観光のお客様、山のお客様までの憩いの場所となっていたようです。
以前にこのような場所が出来たらいいな〜、なんて思ったことがあるので、衝撃の写真でした。
(写真は全てクリックしていただくと大きくなります)

IMG_3280

昭和46年頃の名店街、こんな感じでスタートしたそうです。
「大町市場」って言われたそうですよ〜
今でもこの雰囲気を残されていますよね!

10984297_857764577647595_279603511727255524_n (1)

時代をさかのぼり、明治時代の本通り!
まるで雁木のように見えるアーケード

IMG_3282

これ凄い!
九日町の醤油醸造に注目です!
横川商店が今の場所に引っ越して来る前の浅野家様の記録です。
当店はそれまでどこでお味噌を醸造していたんだろう?

IMG_3285

しばらくして横川商店が出てきています。
「白馬錦・薄井商店」様の名前も・・・

IMG_3284

大正時代のお店の紋も凄かったのですね〜
また時間があったら行ってみよう!
自分が住んでる町、勤めてるお店の歴史を調べるのって楽しいですね〜、意外な発見も出来ちゃいます。
【大町市立図書館】
大町市大町4710-6
TEL:0261-21-1616

このページのトップヘ