呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2016年11月

飛騨高山からこんにちわ!

DSCN2107

朝からせっせとオーナメント用に材料を加工中!

DSCN2110

こちらは何かおわかりでしょうか?ホウバの実が付いたあとです。

DSCN2109

DSCN2111

本来ならばそのまんま「土」にかえるものなのですが、チョッとお洒落をしてクリスマスに活躍してくれる木の実たち

011

今日はこの木の実の関係で、ボランティアをしていた頃の仲間が大町へお買い物に来てくれました。
もう15年近くになりますよ〜〜〜!
今日はお昼頃ワインを買いに来てくれました。
大町の方々も高山の商店街に視察に行ってられるそうですよ〜
繋がりって凄いですね〜

001

お昼はね、大町名店街の「ヒマラヤンシェルパ」様へ!
最近このようなボードを掲げられ、各お店のご案内をされています。
これはとっても面白い試みですね。

003

カボチャのカレー、キーマカレー、ホウレン草とチキンのカレー、其々にまろやかな優しい味わいでした。

004

ナンは「プレーン」「チーズ」「セサミ」から選べるので、人数がいれば楽しいランチタイムです。

007

タンドリーチキンのような「チキンティッカ」もやわらかくてジューシーな味わいです

010

食後のチャイは本格的!
久しぶりに本場のネパール料理をいただきました!
お買い物いっぱいしてくれて、もう高山着いたかな〜〜〜?またnonkoも行くからね
ありがとうね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

干葉(ひば)吊したよ〜!

DSCN2061
DSCN2064

ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
今朝お店に来て直ぐに野沢菜の樽へ!
お水が上がってましたメチャクチャ嬉しいですよ〜
急いで重石を軽いものに交換です。このまんましておくと茎がペチャンコになりかたくなるそうです。

DSCN2070

DSCN2072

今度は「干葉(ひば)」も作ろうと、店頭に干してみました。
干葉はね、野沢菜の葉っぱを吊るして乾燥させて使用します。
要するにフリーズドライのようなものです。一度もどして使用するのですが、粕汁なんかには最高だと思います。

DSCN2071

タイミングよく「大雪渓酒造・営業松野」様、干柿食べてみて〜、甘いって〜、美味しいって〜、是非皆様もご来店時にどうぞ!

DSCN2073

DSCN2075

午前中にはこのようにドップリ信州のお店って感じでしょう。野沢菜が片付いたら今度は「かた大根」だ〜〜〜!

DSCN2084

糠に色々な調味料を混ぜて漬込んでいくのです。
この時に柿の皮も使用するのです。

DSCN2087

DSCN2088

この容器を空けるのにはまたまた難題が・・・

DSCN2066

DSCN2080

夏に漬込んだ梅干しの容器なのです。
今日は入れ替えてこの容器を空けました。
今年の梅干しの漬かり具合いがとっても良いんですよ〜

DSCN2068

今年はどういう訳かバランスの良い塩加減なのです。いつもと同じ18%なのに、何故か味わいがまろやかなんですよ〜!天候のせいもあるのかな?
お漬物もそうですが、何度も失敗し、成功した時の嬉しさ・・・、こんな事言ってたら失敗しちゃいそう(笑)
大町の皆様は本当にお漬物がお上手です。塩のサジ加減的なものが凄いのでしょうね〜、色々な皆様のお話をお聞きしながら、今年はどうかな?なんて思いながら漬けたりしています。
せっかく大町に住んでるのですから、この気候風土をプラスに感じ、色々と郷土食を作るのも楽しいものです。

DSCN2076

お店の裏をこうやって樽を運んでいるとウキウキしちゃいます。

DSCN2091

夕方「ストローブ松」を採取しに行き、ちょっと冷えちゃったかな?

DSCN2092

DSCN2094

そんな時は温泉がいっぱいの大町、今日は葛温泉の「仙人閣」様へお邪魔させていただきました

DSCN2100

ほら、ストローブ松でこんなオーナメントが出来ちゃいます

DSCN2106

DSCN2104

今夜も店頭はクリスマスで〜す

お菜洗い大作戦!

002

003

朝から「大北農協まごころ市場」様にて野沢菜をゲット!
今日は雨でしたが、そんなに寒くなかったので漬けちゃいました。
このあたりでは野沢菜漬けを漬けることを「お菜洗い」とか「お葉漬け」とか言われます。nonkoもいつの間にか「お菜洗い」なんて平気で言うようになりました。
お買い物に行った先でも、お客様方にお会いすると、「今日はお菜洗いましたよ〜」とか、「大根凍みちゃったどうしよう・・・」とか、そんな会話がとっても楽しいのです。
自転車でお菜を運んでいたら、車の運転手さんがnonko見て笑ってるし〜〜〜〜〜〜〜〜〜

005

いつも漬けるのはシンプルな昔ながらの塩漬けです。店主がそれでないと食べてくれませ〜ん!
塩はやっぱり自然海塩「海の精」です。そして樽のまわりに当店のお味噌をチョッとぬるのがヤマジュウ風らしです。ザラメは灰汁抜きなのかな?

010

お菜を洗うのは二段階に分けています。
最初に泥などをきれいに洗い、最後にお湯に少し浸けて樽に入れてもポキンと折れないように・・・

008

一番大切な塩加減ですが、こちらも「霜が降りたような雰囲気が良いよ〜」って教えていただきました。
なので今回秘密兵器が登場!
これはバッチリですよ〜、海の精は水分を含んだ自然海塩なので、こうやってふりかければまんべんなくかかります。

006

漬けていて上手くいくととっても楽しいですよ〜

011

どうでしょう、明日には水が上がっていたら第一関門突破です!!!
目標は来年のあめ市の野沢菜食べ比べに出品できないかな???

019

夜には白菜の即席漬けも!
これは当店人気の「柚子の砂糖漬け」が一緒に漬込んであります。少しお酢を入れたらとっても爽やかな味わいなんですよ〜!

016

店内のストーブの上には、いただきものの大根が美味しく煮えています。
どっぷり野菜生活、これでデトックスですね!

新酒が続々発売です!


009

今日は北安大國様のお酒の上槽がありました。
伊藤社長様よりご連絡をいただき、急いでお蔵様へGO!
今年も年内しぼられる「しぼりたて新酒」のタンクを全て「無濾過生原酒」で瓶詰めしていただくと言う当店限定酒シリーズ、今年も順次しぼっていただく新酒の味わいをお楽しみいただける企画です。
どのタンクも山崎義幸杜氏入魂の新酒です。是非お客様のお好みの味わいをお選びいただけると幸いでございます。
本日はその二本目のタンクの上槽でした
今季の北安大國様は、一本目から凄く特徴が出て旨味たっぷりの味わいです。720mlお買い求め下さったお客様が、本日1800mlをお買い上げ!という嬉しい感じです。もちろん山崎杜氏様にもその状況をお伝えさせていただいてます。お蔵様との信頼関係で出来ることだと感謝しています。

012

醸造の釜場も朝はフル回転なのでしょうね〜

005

昨日吊るされた酒林もお見事です。

013

屋根のこちらも思わずニッコリです

024

しぼられたまんまのお酒は、今夜早速試飲させていただきました。
日本目の味わいはより大國様の甘味、旨味、キレの良さ、凄いですね

026

027

またまたここに大雪渓様の「特別純米直汲み・無濾過生原酒」の試飲です。
これまた凄い〜〜〜、スルスル呑めちゃいます。直汲みらしいアタックに、キリッと辛く、それでいて爽やかな旨味も広がります。食中酒にはバッチリでしょう。
昨日はこちらの純米吟醸タイプでしたから、大雪渓様も今季は凄いですね〜!
いつもの二人は鉄板焼きを肴に盛り上がっていますね〜

028

nonkoは・・・、先日蘭越でゲットした豆を甘煮にして栃餅にかけて美味しい〜!
新酒情報は横川商店「蔵日記」よりご案内させていただいてます。

今日も寒かった〜!

DSCN1992

DSCN1993

あ〜〜〜寒い!
今朝はとうとう窓が開かないぐらい凍結した大町です。
まるで冷凍庫にいるみたいですが、人はいたってあたたかいのですよ〜
今日は残念な事件があってショックではありますが、大町の良いところこれからもドンドンご案内したいと思っています。

DSCN1994

今朝はね、近くのセブンイレブンが新装開店オープンされてようやく町内に光が灯った感じです。
やっぱり防犯的にもコンビニさんがあると何となく安心なんですよね〜
お昼ご飯も駆け込めるしね!

DSCN1995

午前中はとっても嬉しいお客様がご来店下さいました!
元北安大國杜氏の山田和夫様です。
沢山の杉の葉っぱをお持ち下さいました。
大國様の酒林を作られた残りのものです。
こちらは当店の味噌杜氏中村様が当店用の酒林を作って下さるそうです。
【酒林とは・・・】
酒林は杉玉(すぎたま、すぎだま)とも言われ、スギの葉(穂先)を集めてボール状にした造形物です。 日本酒の造り酒屋などの軒先に緑の杉玉を吊すことで、新酒が出来たことを知らせる役割を果たす。「 搾りを始めました」という意味だそうです。
今でいう看板やPOPのようなものだったのでしょう。

DSCN2004

北安大國様のお玄関にも見事な酒林が飾られていました。
もちろん本日当店限定の「しぼりたて無濾過生原酒・一号タンク」が入荷しています。

DSCN2005

夜はまたまた入荷の新酒「大雪渓純米吟醸・槽場直汲み」の試飲です。
いや〜、こちらも旨すぎでしょう。しかもこの時期に純米吟醸ですからビックリです。
こちらは明日また「蔵日記」にてご案内させていただきますね!

DSCN2008

仕込んでおいたヒラメの昆布締めが合うって店主と娘が大騒ぎです!
「試飲やから全部飲んだらあかんよ〜〜〜!」

DSCN2010

nonkoはカレーを流し込みしてまた仕事中!!!

DSCN2011

今日は女性向けの可愛いギフトをご提案させていただきました。
大町の新酒にごりメルローに、クリスマスのお菓子を詰め合わせです

店内クリスマス!

DSCN1965
DSCN1966

今朝は初冠雪、本当に驚きました!
こういう日はどうしてもお客様の足が遠のきます。
チャンス!店内レイアウト!
ということで、店内もクリスマスツリーを飾らせていただきました。

DSCN1955

DSCN1985

ワインのラッピングも「黄金ヒバ」の生木を使用し、この時期だけのお楽しみです。
年末のテーブルを飾ってくれることでしょう

DSCN1967
DSCN1970

こちらのギフト素敵でしょう。お客様にご提案いただいたのです。
ご家族様にお子様がいらっしゃると言うことで、クリスマスの可愛らしいお菓子をご一緒に入りませんか?って!
いや〜〜〜、メチャクチャ可愛かったです。
きっと箱を開けられた時の先様のお喜びを想像し、ニンマリしちゃうnonkoです。
お客様にヒントをいただき、少しでも頭をやわらかくすることも大切だとここ何年か感じています。

DSCN1987

また今年も「あたたかギフト」が好評です。
こちら「甘酒」の流行も重なって、若い方々にもお喜びいただいてます。

DSCN1981

DSCN1980

店頭のクリスマスツリーに雪が積もり、ようやく年末のムードになってまいりました。
今年はチョッと遊び心のあるギフトもご提案させてただきたいと思っています。
何卒よろしくお願い申し上げます。

初冠雪〜〜〜!「nonkoの大町雪情報」


降りましたよ〜〜〜、朝から!
大町市街地初冠雪です

DSCN1971

DSCN1979

本通りの雪の着雪はございませんが、どうぞお気をつけてお出かけ下さいませ。
DSCN1974

DSCN1975


子供たちに見習うべし!

078

朝から「大北農協まごころ市場」様です。
大町北小学校の5年生の皆様が、ご自分たちの作られたお米を販売してくれていました。
いや〜〜〜、商売やってる大人としては尻を叩かれた気分です。
やはり「売る」と言うことの気力の違いが歴然としていました。

066

当店の窪田さんの息子さん、ご案内看板持ちながらの呼び込み、素晴らしすぎる〜〜〜、他の子供さんたちも自分たちの分担域をしっかりと頑張ってられました。
早くにも完売〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
子供さんのこのような経験、絶対に将来役にたつと思いますよ〜

065-1

076-1

nonkoももちろんゲットですよ

DSCN1951

商品にはきちんとメッセージと説明書きが添えられています。
これって小売業でも中々できないことなんですよね〜
頑張ってお米を育て、販売すると言うことを経験され、とっても素晴らしく思います。
次回はチラシを作製ってのはどうでしょう(笑)
集客ありまっせ〜〜〜〜〜〜〜〜!

068

069

074

070

今日は白菜、白ネギ、りんごなどがとっても安くで購入でき、nonkoもせっせとお買い物。

080

買ったよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

081

今年は大根漬けもやってみようと(笑)

083

そろそろ大町は「サンふじ」が旬を迎えようとしています。
大町のりんごはシャキッとして、甘味と酸味のバランスがとっても良く、その味わいは透明感のある爽やかな香りと味わいです

長野ワインテイスティング!

15192699_922121004587726_8469735680864537262_n


昨日「長野ワインテイスティング2016」が、駅前の「メトロポリタン長野」様にてございました。
試飲させていただいた信州産のワインの数々、これだけ試飲したんだ〜〜〜!
だから夜にはまだ酔っぱらってたんだ〜
今回はこちらの連絡ミスで、ワイン王子の成澤様にお世話になり感謝です。
成澤様も長野ワインの勉強会も企画して下さり、とっても興味深いお話がございました。
久しぶりの県産ワインのテイスティング、特にこの時期は年末の商戦が絡んでいるので真剣勝負です。
大きなワイナリー様は設備も整い、醸造技術もさすがです。これからのギフト、または特別な夜には是非とオススメできるワインたち。
新しくできたワイナリー様は、自社醸造または委託醸造の差はありますが、最終的にはオーナー様がどのようなワインを造られたいのか?そのためにはどのようなワインぶどうを栽培されているのか?そんなお話が出来たらと思いましたが、皆様「この年の気候は雨が多く・・・」そんな感じのご説明が多かったです。
雨が多く・・・、というのはnonko自身がわかっているので、そんなことよりも、こんな感じの味わいとか、地元のこの食材に合わせて楽しめるようなワインを造りたいとか・・・、これってnonkoのわがままではありますが、業務店・飲食店様とのお取引がない当店は、やはり直接お客様にご案内させていただくので、そのあたりの説明もお聞きしたかったな〜、ただ糖度が高く酸味が残るぶどう・・・、できたワインが「土地の味わい」、それはどうなんだろう・・・、いつの間にかnonkoもウンチク屋になってしまいました。もしかしたらまだ昨日のワインが残っているのかも(笑)
テイスティングしたワインの味わいはnonkoのメモ帳行きです!

DSCN1896

大町ワインぶどう生産組合の皆様の栽培されているワイぶどうで造られた「Nishinaメルロー」「Nishinaシャルドネ」、特に後者はずば抜けていましたよ〜、醸造していただいてるスイス村ワイナリー様、来てほしかったな〜!

DSCN1897

大町初のワイナリー「ノーザンアルプスヴィンヤード」様、シードルは全て完売となりました!良かった良かった〜

DSCN1878

DSCN1880
DSCN1882
DSCN1883
DSCN1885
DSCN1886
DSCN1887
DSCN1888
DSCN1890
DSCN1891
DSCN1893
DSCN1895
DSCN1898
DSCN1900
DSCN1901
DSCN1903
DSCN1904

いや〜、お話を聞きながらゴックンしちゃったので、夕方には酔っ払い〜〜〜!

DSCN1907

DSCN1902

最後はお世話になってます「井筒ワイン・小田っち」の両サイド「アルプス」様、「サントリー」様でストレスス発散!悔しいけど旨いね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

大町えびす講・大町ワイン試飲販売会開催

032
033

朝から豚肉炒めて、白菜切って、ネギやキノコ入れてグツグツと・・・

030

045

仕上げは北海道民ご推薦「塩ラーメンスープ華味」と、今朝は寒かったので酒粕で風味づけ!
これを店頭にてご試食いただきました。

039

本日のメインは「大町ワインぶどう生産組合」の皆様の作られたワインぶどうで仕込まれたワインの試飲販売です。
ラッキーにも、前日に今年の収穫されたメルローの新酒「大町ヌーヴォー・にごりメルロー」が入荷してきました。

058

051
049

試飲販売には大町ワインぶどう生産組合の西澤組合長ご夫妻様始め、事務局の原田様もお手伝いにご来店下さいました。
何度か店頭で試飲販売をさせていただいてるので、ご説明がとってもお上手です。
お客様方も実際に栽培している方々のお話が聞けることにとっても興味をもたれ、新酒のにごりメルローはダントツの人気でした!

040

044

公休の娘は「なめ茸」の試食販売!
小さな湯豆腐にトッピングして頑張ってました。やはり野生種のえのき茸って食感もしっかりしていて美味しいですね〜!高価ななめ茸でしたが評判でした。

043

今回も関東からお手伝いのお客様が泊りでご来店いただき、店頭にて燻製の実演をしていただきました。
本当にパワフルなお二人です。

046
047

雨降る一日でしたが、お客様とゆっくりとお話ができる楽しいえびす講でした。
店頭でバタバタしていたので、街中の様子がまったくわからずすみません。

明日は大町えびす講

明日は「大町えびす講」、当店も準備できました!
DSCN1815

DSCN1818

本日入荷した「大町ヌーヴォー」もとっても美味しく大感激!
当店としましては当日「大町ワインぶどう生産組合」様の手間暇かけて作られたワインぶどうを使用された今年の新酒「大町にごりヌーヴォー・メルロー2016(新酒)」、「Nishinaメルロー2014」「Nishinaシャルドネ2013」の試飲販売会を開催させていただきます。

DSCN1824

温かな汁物の試食販売は、ベル食品の「塩ラーメンスープ華味」と「大雪渓酒粕」のコラボ汁!これが美味しいんですよ〜、是非お客様も色々な応用でお楽しみいただけると嬉しいです。

DSCN1795

また無添加食品製造元「小林農園」様の「元祖の野生種なめ茸」等のなめ茸製品の試食販売も同時開催させていただきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

DSCN1819

DSCN1820

クリスマスのお菓子類も入荷し、店内はいっきに年末の雰囲気になりつつあります。明日はお天気が不安ですが、店頭のテントの下で大町のワインの試飲方々温かな汁物でお楽しみ下さいませ。

DSCN1822
DSCN1823

同時開催と致しまして「えびす講ハーベストフェスタ」と「荷ぐるま市」そして「Oh♪machiバル+8th」も開催されます。

クリスマスツリー出現!

当店今年もクリスマスツリーが出現致しました!
今年は思い切ってホワイト&クリスタル調に仕上げてみました。

DSCN1762

DSCN1763

DSCN1764

DSCN1766

DSCN1768

DSCN1769

いや〜〜〜参りました!!!
全身スノーフレイク(笑)
それでもね、今年も無事にお店の前にディスプレイできて良かったです。

DSCN1780

DSCN1777

DSCN1799

DSCN1802

DSCN1800

夜もとってもきれいです

五箇山経由で大町へ

DSCN1760

大阪仕入の帰りは、店主と娘が高山まで迎えに来てくれ、五箇山経由で帰って来ました。
名残りの紅葉も良いものですよ〜

DSCN1732

DSCN1748

DSCN1752

白川郷と・五箇山は世界遺産ではありますが、中でも五箇山の「菅沼集落」が一番好きなのです。
こじんまりとした集落でとっても静かで、あまり観光地化されていません。

DSCN1742

いつもお世話になってます「吾郎平」様、ご主人様のお孫さんが出来てニコニコです

15032078_1172320072858709_932753793266869538_n
DSCN1740

囲炉裏の炭で焼いて下さる岩魚は絶品です。
帰りは娘が運転してくれるので、店主もホコホコ顔で地酒「三笑楽」のお燗を楽しんでいました。

DSCN1738

お燗といえばお刺身ですよね〜、富山は海のものが多いのですが、山へ来るとこのような川魚です。なのでこのあたりの地酒は海沿いのものとは味わいが変わってきます。
同じ富山県でも海側と山側では食生活も違い、飲まれてるお酒の味わいも随分と違うものなのです。

DSCN1736

このあたりは味わい深い固めのお豆腐もあり、「豆腐でお酒が呑める!」そんな感じなのです。
「ホウバ焼き」や、湯豆腐で楽しませていただけます。

14639697_1172320166192033_7405156021009670336_n

〆は「揚げ栃餅そば」、娘もnonkoも大好物なのです。
大町あたりでは栃を食べる習慣がなく、京都時代良く朽木の方まで栃餅を買いに行ってた思い出のお餅で、独特の香りが好きなのです。

DSCN1753

食後はお近くの茶房「掌」様へ

DSCN1755

好きなカップを選ばせていただき、コーヒーを楽しませていただけるお店です。
毎回nonkoは九谷焼のカップを使わせていただいてます。

DSCN1754

店内の窓からは外の風景が絵画のように見えるのです。
なんとものどかな風景に癒されるのです。
ただね、お店の方とも同じお商売をする者同士色々な意見交換をするのですが、やはりよその土地に観光に行くにもマナーは必要だと思うのです。
皆様生活されているのですからね〜
世界遺産になると海外からのお客様が大勢おみえです。でも真冬に普通タイヤのレンタカーで来られては大変ですよね!また穀物など干されていても、スッと持って行かれるようです。それって泥棒さんじゃないですか?ほんと何でもかんでも人さえ来ればいいってことではない様な気がしました。
いつまでも菅沼は今のまんまで頑張っていただきたいものです。

DSCN1757

この風景が変わるのは嫌ですものね〜


大阪仕入です!

DSC_4258

早朝濃霧の安曇野を出て、高速バスで大阪梅田に着いたら南国でした(笑)
nonkoのダウンをまわりの人がチラチラ見るんですよ〜、汗だくにはなるし、恥ずかしくって直ぐに脱いじゃいましたよ〜
仕入れ先に行くと、私物ロッカーがいっぱいで、先にお昼の「とり天カレーうどん」です。新しくできたお店のようですが、この味わい癖になる〜〜〜!
さすが「くいだおれまち」の大阪です。
今回の仕入れは、週末の「大町えびす講」の景品、そして「えびす講」といえばそろそろ年末年始のお買い物ですよね!ちょこちょこと小さな仕入れが沢山あるので、これを足で稼がないとなりません。とっても邪魔くさい事ではあるのですが、勉強になることも多々あります。

DSC_4277

大阪のオバチャンはこのような自転車でお買い物に来られます。
そのパワフルさは半端ではございません。

DSC_4278

フゥ
大阪のオバチャン元気やわ〜〜〜!
「オネエチャン、その紐どないしゃはるん」
説明してお話してたら30分のロスタイム
しめ縄や日本酒のラッピングやピックに使います!なんて説明してもわからんやろなぁ・・


【動画】
DSC_4287

DSC_4288

止まったまんま〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
投げ銭!
これもお商売?

DSC_4299

DSC_4295

ミナミはまだまだドラッグストアーが増えています。
大きなスーツケースをひかれながら海外からのお客様が凄い!

DSC_4285

nonkoも衝動買いしてしまった〜!

DSC_4307

道頓堀の観覧車のあるお店が「ドンキホーテ」様、今や外国のお客様のお土産はここにも集中しているという噂・・・

DSC_4301

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
参りました!ただただ唖然です

DSC_4310

DSC_4311

こちらではお友達に頼まれたものを(笑)
お店に吊るすそうですよ〜
明日は食品関係の仕入れだ〜

大町えびす講に向けて!

DSCN1669

DSCN1670

11月19日(土)、「大町えびす講」が開催されます。
このようなチラシが15日に入るそうです。

DSCN1671

当店といたしましては、色々と企画を考えさせていただいてます。
主には「大町のワイン試飲販売会」を開催させていただきます。
今年もとっても良いワインぶどうが収穫され、スイス村ワイナリー様にて醸造された「Nishinaメルロー」「Nishinaシャルドネ」をご試飲いただきたく思っています。
そして今年の収穫時のメルローで漬込む「大根のぶどう漬け」も、本日漬込ませていただきました。

DSCN1656

冷凍保存した今年収穫のメルローです。

DSCN1661

DSCN1663

きっと来週の今頃には美味しくなっていると思います。
是非ご試食にお出かけ下さいね〜〜〜!

DSCN1687

そしてそろそろ鍋が美味しい季節、今年も北海道ベル食品の「塩ラーメンスープ華味」をご活用いただけると嬉しいです。

DSCN1686

今回は風味づけに新酒の「酒粕」を入れてみようと思っています。
昔松本駅近くにありましたよね〜「フォルクスラーメン」!
あんな感じで仕上がっちゃいますよ〜

DSCN1680

今夜はその試食でやってみました。秋鮭がまだまだ出回っていますよね〜、これを使用し鍋にしてみました。
これならサイコロに切ったジャガイモを入れても良かったかもしれません。
他にもカレー粉を入れたり、ちょっとお味噌を入れたり、色々とバリエーションがきく塩ラーメンスープの素です。

DSCN1495

そして無添加食品製造元「小林農園」様の「元祖の野生種なめ茸」等のなめ茸製品の試食販売も同時開催させていただきますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

幻想的な日向山高原

DSCN1608

今朝用事で日向山高原を通りました
なんとも幻想的な晩秋の景色にウットリ・・・

DSCN1610

DSCN1611

DSCN1612

DSCN1615

うっすらと霧がかかり、その後晴れてきましたよ〜!

佐渡牡蠣をやっつける夜!

DSCN1592

佐渡牡蠣が手に入りました!
今夜は娘もいないので店主と二人でやっつけよう

DSCN1603

先ずは牡蠣鍋で楽しもう!
佐渡の加茂湖は汽水湖なので、その味わいはとっても濃厚なので店主もnonkoも大好きです。

DSCN1596

そしてホタテの殻を使用し、チーズ焼きにも挑戦です!
これが簡単で美味しいんだ〜

DSCN1599

「ながも」と「たらこ」のパスタも磯の香

DSCN1606

お酒は「本日入荷の新酒」でございます。
贅沢な夜でございました。

パニクック状態でした!

14993424_1163766813714035_4222487029751542949_n
14925561_1165014756922574_5130312089977738634_n

ここ2,3日娘がパニクッていました!
昨年の年末の干支ラベルと描いて大ブレイクしたものですからプレッシャーがあるようなのです。
nonkoも感覚でディスプレイ等をしているので気持ちはわかるのです。
店主も言わなきゃ良いのに、あ〜だこ〜だと意見を言っちゃうもんですから、娘はもうパニクッて「今年はやらんでもいいやろ〜」なんて言う始末!そのほうが大変で、お呪いをかけにチョッと出かけてきました。
その効果があり、何となく今年も干支ラベルの日本酒を発売させていただけそうです。
あ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜疲れた!!!

nonkoの夏季休暇

DSCN0957

DSCN0960

富士山じゃないですよ〜!
先日余市での収穫お手伝い&畑見学の後は、遅くなった夏季休暇をいただきました。
私にとっての休暇は贅沢三昧することではなく、お店を離れ「独りの時間」を作ることにあります。
それはお金では決して買うことのできない貴重な経験と目で見るものなのです。
今回は余市で仕事を終え、そのまんま電車で1時間程の「ニセコ」へ行きました。
写真は羊蹄山です。

DSCN0964

DSCN0954

雪の残るニセコではありましたが、今年も駅前や町中にはカボチャがいっぱい!これって後片付け大変なんだろうな〜、なんてね!

DSCN0989
DSCN0991

そのカボチャも、このようなものを見ると観光客のnonkoにはホロッときちゃいます。

DSCN0956

ニセコの道の駅ではジャガイモの大人買い(笑)
やっぱり美味しいんですよね〜、冬にはちゃんと熟成してくれて美味しくなるんですよ〜
このように、生産者のご案内板があるのには感心致しました。

DSCN0979

今回は以前フラッと立ち寄った事のある「ホテル甘露の森」様にてお世話になり、自分だけの静かな時間を過ごすことができました。

DSCN0977

DSCN0975

宿のまわりはとっても素敵な雑木林なのです。

DSCN0972

DSCN0971

近くに「甘露水」と言う湧水が出ているので、お宿の名前もそこからとられたのでしょう。お水自体は若干かたいような気がしました。大町の澄んだお水を飲んでいると、どんなお水もかなわない様な気がします。
それでも天皇様が「甘い水」と言われ、名付けられたありがたいお水なので、結構皆様汲みに来られていました。

14731237_1149377321819651_3880876301457208060_n

14642129_1149505815140135_5187595475557562700_n

「甘露の森」様のお風呂と食事は心安らぐ時間でした。
夕食で驚いたのは、お刺身、焼き物、メインディッシュはあたたかいものを作って来て下さり、あとはビッフェバイキングなのです。これはお客様のニーズにピッタリのメニューです。

14610892_1149505915140125_8536335031516281626_n

この日のメインは「お肉」「お魚」をチョイスでき、nonkoはステーキをチョイスしました。
やわらかい国産牛でビックリでしたよ〜!

14681741_1150020351755348_5027734413111267703_n

沢山の木の実も拾うことができ、とっても楽しい休暇となりました。

14724552_1150976834993033_1722550737909986385_n

14725623_1150976918326358_3207244927103070237_n

帰りのエアチケットを取ってなかったので、ニセコからは南下して帰ろうかと・・・、今回はそんな休暇を考えてました。昆布の駅では乗換に時間待ち、でも駅前に温泉がありとっても便利です。

DSCN1025

函館に着いたら初めて見た夜景!思わずレストハウスにて夕食です。

DSCN1023

贅沢なものはないですが、夜景がご馳走ですからね〜

14705681_1151740134916703_32327725244419768_n

朝は函館駅のベンチでモーニング!
こんな旅も良いもので・・・

14708152_1151774131579970_7063855743468028873_n

ギャ〜〜〜、函館駅で折り返しの案内があった電車、nonkoが乗った車両は切り離し車両で、車庫入れだって〜〜〜!そんなの酷いよ〜〜〜!えらくホームを歩かされました。さすが「JR北海道!」

DSCN1040

それでも大沼公園もレンタサイクルで一周でき、紅葉を楽しみました。

DSCN1038

DSCN1046

DSCN1067

DSCN1068

新しくできた北海道新幹線「新函館北杜」駅、なかなか長野までの指定が取れずビックリ仰天!

DSCN1073

DSCN1075

青森から竜飛岬に立ち寄り、秋田経由で長野に戻ってまいりました。

DSCN1076

階段国道現在海側が火災のため、通行止めとなっていてショック!娘と行った場所だったんですよね〜
この下からは通行止めでした。

DSCN1080

DSCN1086

DSCN1088

灯台からは今回の旅で初めての夕陽が見られました。
長〜い帰途でしたが、色々なものを目にし、沢山の事を吸収し、またお店で生かせるものがあるかと思います。

余市の弘津さん!「ヒロツヴィンヤード」様

14724443_1149183075172409_2723814831941598966_n

北海道余市の「ヒロツヴィンヤード・弘津敏」様です。
nonkoが冬の知床で出会ったワイン「サッポログランポレール・ケルナー辛口」のワインぶどうを栽培されている方です。もちろん息子様もご一緒に頑張ってられます。もしかして今は息子さんが農場主さんかな?
ある年に「余市のワインを楽しむ会」にて、弘津様と初めてお会いし、そのお人柄にすっかり惚れ込んでしまいました。「畑を見に来て下さい!」と言われた弘津様、その後何度かお邪魔させていただいてます。
北海道のワインぶどうって「酸」が突出したように思われがちですが、それは全く違います。
弘津様の収穫されている「ピノノワール」「ツヴァイゲルトレーベ」「ケルナー」「バッカス」等・・・、どれもしっかりと熟したものを収穫されているので、出来上がってくるワインはとっても爽やかなのです。
特にnonkoが知床で惚れ込んだ「ケルナー辛口」、昨年、一昨年はその収穫前のぶどうを食べさせていただきました。いや〜驚きましたね〜〜〜!見た目黄金色!そして糖度の凄さに酸がとっても爽やかに絡んでいるではありませんか〜、だから出来上がってくるワインの味わいもバランスの良い和洋折衷に合うのです。
今回は収穫が終わっていたので、畑を見学させていただき、沢山お話しさせていただきました。

IMG_6558

こちらは昨年お邪魔させていただいた時の写真です。
6代目の雄一様は弘津様の息子さん!
素晴らしいピノノワールを収穫されていました。
糖度と酸味のバランスが良いのは、この丘陵地は風も通るので病気も発生しにくく、爽やかな味わいのぶどうを作ってくれる環境にもあるのでしょう。
IMG_6562

こちらケルナーですが、あまりの美味しさに「マスカット?」って思ってしまうぐらい香り高い美味しいぶどうでした。ケルナーでこれだけの香りを感じたのは弘津様の畑が初めてでした。

DSCN0944

DSCN0942

DSCN0949

弘津様とぐる〜っと広い畑を歩き、収穫の終わった畑に「ご苦労様」「お疲れ様」と心の中で呟いていました。

14656439_1149183181839065_7427072610875961609_n

残っていたケルナーが「ありがとう!」って言ってくれてるかのような・・・
ヒロツヴィンヤード様はワイナリーではございませんが、「サッポログランポレール」様の契約栽培農家様を30年以上続けていらっしゃいます。個人ワイナリー様とは考え方も違いますが、出来上がってくるワインは当店におきましては大人気です!お客様のお好みも其々なので、私共としましてはお取引先様のお考えをお客様に的確にご案内できることが一番かと思い、余市に出かける時には必ず畑を見学させていただいてます。
笑顔が素敵な弘津様、ず〜っと余市に生まれ育たれこの地で頑張ってられるヴィンヤード様です。

DSCN1497

「グランポレールケルナー(辛口)」、青りんごを想わせるみずみずしくフルーティな香り。爽やかでキレのあるすっきりした味わいの白ワインでnonkoイチオシです!

DSCN1499

「グランポレール・余市ピノノワール」は特別な日に味わいたい一本です。
nonkoは和風ステーキなどに合しちゃいます。
北海道のピノノワールって骨格がしっかりしているような気がします。
どれもヒロツヴィンヤード様のぶどうを使用され、グランポレール様が醸造されているワインたちです。
当店では年間を通してご案内させていただいてる北海道のワインです。


余市のワインぶどう収穫「ドメーヌタカヒコ」様

DSCN0905

DSCN0910

14717275_1147503568673693_1869973849379761307_n

先日お世話になってます余市の「ドメーヌタカヒコ」様の「収穫・仕込み」のイベントに参加させていただきました。
前日もチョッピリ畑にお邪魔させていただき、見事なピノノワールを収穫させていただきました。
品種は全て「ピノノワール」、イベント当日は、13種類あるクローンの中の2種類を収穫させていただき、午後からは「収穫」「手除梗(てじょこう)」「仕込み」の体験をさせていただきました。
この日はイベントですから、タカヒコ様がいつも行われてる仕込みとは少し違うのでお間違えの無いように・・・
本来タカヒコ様が求められるピノノワールの味わいは、果実味だけではなく、日本食の出汁のような繊細なものを求められるため、そのためには「除梗」はされず、野生酵母で40日かけてゆっくり発酵されます。
ブドウの茎が入ることにより、「森の香」「社寺仏閣の香」とことん「和」を意識されていると言うことにnonko自身も魅力を感じています。また今回バタバタされてる中でも、沢山nonkoの質問に答えていただき、栽培や醸造のモヤモヤが随分解消されました。自分自身の勉強にもなりますし、信州とは違うテロワールを楽しませていただきました。

DSCN0862

イベントの朝はまず「ドメーヌタカヒコ・曽我貴彦」様のお話から始まり、ご自分の目指されるもの、この日の予定などをご説明して下さいました。

DSCN0864

タカヒコ様のところで研修され、今年より新しくワイナリーを立ち上げられた「ドメーヌ モン・山中」様です。
彼は立山黒部アルペンルートの室堂のホテルにてソムリエさんをされていたそうです。
ご縁があれば造られたワインを飲みたいな〜、白ワイン用ぶどう品種「ピノグリ」のみを栽培され、アルザスの辛口を目指されるそうです。

DSCN0887

DSCN0868-1

DSCN0871-1

ワイナリー様でのご説明の後、畑に出て実際の収穫作業の説明がありました。
タカヒコ様の説明ってとってもわかりやすいんですよ〜

14642293_1148611568562893_5571350151361298630_n

多少小雨はありましたが、時より陽もさして皆様とっても楽しく収穫をされていました。

DSCN0872

もちろんnonkoも頑張って収穫させていただきましたよ〜
タカヒコ様の収穫は独特なのですよ〜、2個の収穫されるコンテナを持って振り分けるのです。
こちらは午前中収穫させていただいたピノノワールです。

DSCN0891

こちらは午後に収穫させていただいたピノノワールです。
二種類のクローン違いで、果房の大きさも随分違います。
タカヒコ様のお話によりますと、病気に強いもの、糖度が上がりやすいもの、酸が残るもの・・・、其々に特徴があるそうです。

DSCN0874

とっても健康なピノノワールでしょう。この日の糖度は23度を超えていたようです。

DSCN0882

健康なぶどうは赤ワインのピノノワールになり、こちらのコンテナに収穫させていただきます。

DSCN0877

こちらは貴腐菌の付いたもので、この部分を採り集めもう一方のコンテナに収穫します。

DSCN0880

こちらから貴腐の粒を集められて、ピノノワールですが白ワインの「ブランドノワール」に造られます。
こワインは料理人の中でも大変注目されているようで、特にブルーチーズや山菜系、そしてジビエにも大変相性が良いようです。nonkoも自分の収穫お手伝いをさせていただいたぶどうなので、とっても思い入れがございます。


【動画】
休憩やお昼のランチ時にはアコーディオンの演奏がとっても心地良かったです。

14724631_1148611615229555_3129577216826389320_n

毎年ランチ時にいただくお弁当の美味しいこと
これをいただくために頑張れると言っても過言ではないかも・・・ギャハハハハ〜〜〜!食いしん坊nonkoです(笑)

14666153_1148611641896219_8723343049840784470_n

もちろん「ドメーヌタカヒコ」様のワインもご準備されていました。貴重なワインの数々です。

14656426_1148611675229549_4316246819181044425_n

タカヒコ様の畑で収穫されたホップのビールも香りが良いですよ〜!

14690978_1148611691896214_2898698555457507844_n

アンジュドフロマージュ様のチーズも美味しかったですよ〜、今回千歳空港ではゲットできず残念!こちらで楽しませていただきました。

DSCN0928

収穫後には「手除梗」の体験もさせていただき、破砕し、自らタンクに仕込むまでの体験をさせていただきました。しかしながらタカヒコ様は、通常除梗はされず、このように収穫されたまんま仕込まれ、ゆっくりと約40日かけて発酵されるそうです。
ピノノワールの熟成には「青さ」が必要だと!果房の茎からはスパイスの香りも加わり、果実味だけではなく、複雑な味わいもプラスされ、タカヒコ様の目指される「土地の食」に合ったワインの味わいが醸されるのだと思います。

14681571_1148175698606480_3785291409077857652_n

貴腐ぶどうで造られたブランドノワールでカンパ〜イ!
香りは甘〜い貴腐の香り、口に含むとキリッと辛い白ワイン、この原料が「ピノノワール」です。

DSCN0893

nonkoが収穫にお邪魔させていただいた頃は、ワイナリー様の栗の実もいっぱい実っていました。
nonkoのような初心者を畑に入れていただける事がとっても嬉しく、現場を見学させていただいてこそ販売時にお客様にご案内できるものと!
ドメーヌタカヒコ様のワインは、来年4月上旬に発売予定でございます。
どうぞお楽しみに!

あ〜〜〜寒!!!

DSCN1452

あ〜〜〜寒い!
だんだんと朝お布団から出るのが辛くなってきましたね〜、nonkoの寝室には暖房器具が無いので朝は大変なんですよ〜、それでも身体に肉襦袢が付いてるから大丈夫です(笑)
今朝は北アルプスも随分雪を積もらせ顔を出してくれました。

DSCN1453

蓮華岳

DSCN1454

爺ヶ岳
DSCN1455

鹿島槍ヶ岳はチョッピリ恥ずかしかったみたいです。

DSCN1458

今朝「大北農協まごころ市場」様より、「柿が入ったよ〜」というご連絡が!
窪田さんと一緒に吊るし柿作りです。

DSCN1469

良い柿でしょう

DSCN1463

nonkoは皮をむく人!

DSCN1471

窪田さんは器用に紐をかけてくれます。
これを店頭に吊るしディスプレイしてくれるのは・・・店主(笑)
さ〜て明日が楽しみ楽しみ!

妙高の紅葉「苗名の滝」

DSCN1368

昨日の定休日、毎年紅葉の時期に訪れる妙高方面へ行ってまいりました。
長野から高速乗れば20分程で黒姫山が見えてきます。

DSCN1375

苗名の滝の入り口には駐車場があり、この吊橋を渡って15分程で滝が見えてきます。

DSCN1378

DSCN1379

堰堤を越え、紅葉を見ながらトコトコ歩いて行きます。

DSCN1380

見えてきましたよ〜〜〜!

DSCN1381

DSCN1385

DSCN1394

DSCN1387


【動画】

DSCN1395

もちろんクマさん達も一緒ですよ〜!

14632972_1158136857610364_3324580063663230847_n

DSCN1372

戻って来たら駐車場の横のレストランで「きのこ汁」でカンパ〜イ

DSCN1373

きゃ〜、メタボ虹鱒の塩焼き(笑)
食べごたえ十分

DSCN1407

苗名の滝を後に、妙高の山を横目に燕温泉へ!

DSCN1410

標高1100メートルに建つ温泉、とっても好きなんですよ〜

DSCN1413

湯量も豊富なのがわかるでしょう。
紅葉もこの時期でもまだ少し残っています。

DSCN1415

小さな温泉街ではありますが、雰囲気は昔ながらの感じがあり好きなんですよ〜

DSCN1417

こんな足湯とかもあるんですよ〜、時間が止まったかのような雰囲気があります。

DSCN1418

温泉街を通り抜け、少し山の方を上がっていくと「黄金の湯」があります。

DSCN1421

とっても気持ちの良い乳白色の野天風呂温泉なんです。
DSCN1420

妙高山も良く見える所なんですよね〜!
11月中旬ぐらいまでは入れるようですよ〜

14962632_1158401744250542_4262344882728029937_n

帰りは糸魚川まわりできれいな夕日が見られましたよ〜!

DSCN1423

DSCN1427

DSCN1428

DSCN1429

DSCN1430

DSCN1431

本日シンセサイザーコンサート「霊松寺」様

DSCN1272

本日11時〜、13時〜、大町市内「霊松寺」様の鐘楼にて、影武者様によりますシンセサイザーコンサートが開催されます。是非紅葉の霊松寺様、北アルプスの風景をお楽しみ下さいませ。
(動画は2013年のものです)

名残りの高瀬渓谷

DSCN1321

本日バタバタしていましたので、事務の窪田さんと、公休だった娘とで高瀬渓谷の紅葉状況を見てきてくれました。既に色あせているところが多いようですが、名残の紅葉も楽しめると!

DSCN1278

DSCN1277

DSCN1279

DSCN1303

DSCN1309

DSCN1316

DSCN1318

ちょうどnonkoが出張中に見頃は過ぎちゃったようです。ごめんなさ〜い!
でも今日は二人頑張ってくれました。
DSCN1295

テヘッ!窪田さん何をしているのかと娘に聞いたら、「橋の上は怖いんだって〜!」
nonkoより重症の高所恐怖症のようです(笑)

霊松寺さまの紅葉見頃です!

DSCN1268

DSCN1254

大町市「霊松寺」様の紅葉が見頃となってまいりました。
萌えるような赤い色に囲まれて素晴らしいです。

DSCN1250

DSCN1251

DSCN1256

DSCN1258

本堂のまわりのカエデが素晴らしすぎます
DSCN1185

DSCN1183

境内にお邪魔させていただくと「オハツキイチョウ」がとっても綺麗に紅葉しています。
皆様下を見ながらオハツキイチョウを探されていました。

DSCN1190

DSCN1197

DSCN1199

DSCN1187

山門のまわりのドウダンツツジはもうチョイってことろでしょうか、それでも赤、黄色、緑がコラボしてとっても趣があります

DSCN1182

DSCN1181

八徳水(はっとくすい)に移り込む紅葉もまた素敵です

DSCN1201

せっかの霊松寺様、是非本堂へも足をお運びいただきたいと思います。
ボランティアの方がご案内して下さいます。

DSCN1205

本堂入口には鳴き龍の天井絵があり、手を叩くと凄いですよ〜

DSCN1208

DSCN1212

DSCN1215

廊下を歩かせていただくと、窓からの景色がなんとも言えません。

DSCN1219

こちらは是非!

DSCN1218

DSCN1223

DSCN1224

この覗き穴からお玄関が見えるのです。きっとここからどなたが来たのか見られてたんでしょうね〜

DSCN1227

二階のこちらに腰かけて外を見るのが大好きなnonkoです。
ここで一日ボ〜ッとしていたいな〜

DSCN1229

庫裏の天井は信州らしい素晴らしい建物です。

DSCN1203

DSCN1202

DSCN1204

本堂鳴き龍の天井のところでは、今年の新そばや、お菓子類なども販売されています。
今日のお昼はそば好き店主に新そばを!

DSCN1332

DSCN1349

nonkoの大好きな「立田屋マル喜菓子店」様の「オハツキイチョウ」も、口の中でホロホロとする食感がたまりません。

DSCN1178

DSCN1176

庫裏の横のお庭がまた素晴らしいのです。

DSCN1239

DSCN1240

落ち葉が入りキレイすぎる

DSCN1272

DSCN1271

鐘楼から見る北アルプス、是非3日、6日にはシンセサイザーのコンサートがございますのでお出かけ下さいませ。

DSCN1179

詳しくはこちらです(クリックしていただくと大きくなります)

DSCN1273

帰りにはリスさんがお見送りしてくれましたよ〜!
【霊松寺】様
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ