呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2017年03月

桔梗ヶ原のワイナリーさん!

DSCN5707

DSCN5706

ブフッ!久しぶりのイッシーこと「スイス村ワイナリー」様でお世話になっています石澤様。
真剣な表情のテイスティングでしょう(笑)
関西から帰った翌日は定休日ではありますが、たまった仕事と、信州のお取引先ワイナリー様のぶどう畑を拝見させていただかなきゃ!!!でもその前に「大町ワインぶどう生産組合」の皆様の作られたワインぶどうを買っていただき「Nishinaシリーズ」のワインを醸造販売されているスイス村ワイナリーにお邪魔させていただきました。
実はNishinaの赤「メルロー」が人気過ぎちゃい大変なことになっています。
詳しくは組合のブログからどうぞ!

DSCN5713

スイス村ワイナリー様を後にして、店主と向かった先は塩尻市桔梗ヶ原です。
当店のお取扱いのワインが一番多い地区です。
「五一わいん」様、この日はまだまだ寒い日でしたが、コンテナの洗浄をされていました.。

DSCN5714

シャルドネの畑は剪定もすっかりと終えられ、土壌の手入れまでされています。

DSCN5715

カベルネソーヴィニヨンかな?まだ若木はこのように藁を巻かれて寒さから守ってられます。

DSCN5717

最近の「日本のワイン」ブーム、苗が全く足りていないようで、五一わいん様でもこのように挿し芽をされています。もちろん藁で巻かれていますね!
DSCN5718

こちらはメルローの畑!
やはり今年の寒さ、まだ雪も降ってる状態ですから「水の上がり」は確認できませんでした。
でもこの時期は五一わいん様の「スマート方式」の栽培法が良くわかっていただけると思います。

DSCN5712

帰りにはワイナリーショップで試飲もさせていただき、これからの品揃えを考えます。
春のディスプレイが可愛らしかったですよ〜

DSCN5724

次はお向かいの「井筒ワイン」様です。
まずはワイナリーショップにお声かけして、ぶどう畑を見学させていただきます。
その前に試飲を少々(笑)

DSCN5748

DSCN5753

ワイナリー様すぐ近くの棚栽培の畑も、全て剪定は終わり八ヶ岳まできれいに見えていました。
見えているぶどうの木は赤の「ドルンフェルダー」かと思います。

DSCN5749

DSCN5750

棚栽培の畑は全て「剪定・誘引」も終えられてました。やっぱりまだ水はあがってないな〜
DSCN5726

三軒目は「城戸ワイナリー」様です。
4月の下旬にはまたオータムカラーズが入荷予定です。
昨日はスタッフの方が樹齢2年、3年の「コトブキヴィンヤード」の畑の誘引をされていました。
こちらではメルローやカベルネソーヴィニヨン、シャルドネを栽培されています。
陽は射していましたが、やはりまだまだ寒い塩尻ですから大変だと思います。
先程の二軒のワイナリー様周辺よりも若干残雪が多いように感じました。

DSCN5727

同じ畑でも角度を変えてみると残雪の見え具合も違うものですね!でも寒いのは同じ・・・

DSCN5729

「アキヴィンヤード」のメルローは、既に「剪定・誘引」は終わられていました。

DSCN5730

シャルドネは剪定を終えられたところなのでしょう。

DSCN5731

これからこの枝を折らないように誘引されていかれます。
今年も秋には黄金色の素晴らしいシャルドネを拝見させていただけますように・・・
そして最後はおさらいとして、テイスティングとランチです!

DSCN5746

「フォンターナ デル ヴィーノ」様は塩尻駅前にあり、少しづつ塩尻中心の長野県内のワインをテイスティングさせていただけるお店です。

DSCN5743

カード形式で、30ml、60ml、90mlとリクエストできます。

DSCN5735

DSCN5737

チョッと面白い呑み比べです。
「井筒NACソーヴィニヨンブラン2016」と「アルプスミュゼドゥヴァン エトワール 桔梗ヶ原ソーヴィニヨンブラン2015」、やはり担当営業さんが言われていた井筒さんは「桃」のような香りはしますが、言われていたほど酸味は抜けていないかな?とっても旨味を感じる一本、後者はシャキッとしたソーヴィニヨンブランの特長が凄く出ていました。
DSCN5740

冬菜のトマトソースパスタは、「ボタノワインのカベルネフラン 2014(樽熟)」そして「井筒NACメルロー2016(ノンバリック)」と呑み比べ!これも面白かったですよ〜
4月に入りますとドンドンと木が活動を始めてくれそうです。
今年の桔梗ヶ原楽しみですね!

都会のワイナリー「島之内フジマル醸造所」様

17554526_1302745409816174_6337770235059475848_n

京都から大阪仕入に行ったのですが、思わぬ時間をついやし大阪泊!
ちょうど良いや〜ってことで、かねてから気になっていました大阪市内街中のワイナリーさん「島之内フジマル醸造所」様へお邪魔してまいりました。
東京にも醸造所があるようで凄いですよね〜!
ワインぶどうは大阪市内から車で30分ほどの柏原市に約1haを自社管理されていて、あとは東北や信州からの買いぶどうだそうです。
一階は醸造所、二階は「ワイン食堂」と言うことで、実はこちら夏の仕入れ先と目と鼻の先なんです。超ビックリですよ〜〜〜!
17499375_1302745456482836_4212574181492416492_n

nonkoはいつものように「クマ連れ」、恥ずかしいからこの程度で辛抱です(笑)
17554449_1302745426482839_1229508696480227782_n
17522996_1302745419816173_5102918013957516886_n

先ずはフジマル醸造所様オススメの一本、デラウエアとナイヤガラのブレンドです。
しっかりと辛口い仕上がり、香りは信州のナイヤガラの特長が良く出ています。
キレイな彩の野菜は、甘酸っぱいソースで召し上がれ!
17522855_1302745459816169_3049447777983543965_n

オレンジのワインは今流行のスタイル!
滋賀県の「ヒトミワイナリー」様の一本です。
この色は、白ワインなら直ぐに搾汁され「フリーランジュース」にされるところ、こちらはシャルドネとデラウエアを皮ごと漬込まれながら発酵されます。それでこの色となるのです。
とっても果実味あふれる味わいです。
17499452_1302745486482833_8941129542730742425_n

こちらもビックリの一本!
東京の「清澄白河フジマル醸造所 」様の新酒デラウエア、とっても爽やかで洋梨のような香りがたまらなかった〜!
17553515_1302745476482834_7053620362283473175_n

アナゴを使用されたパスタにはやっぱり白のシャキッとしたものが良いですよね!
17554266_1302745523149496_4262275548074809763_n

「熊本ワイン」様の菊鹿シャルドネですね
17499514_1302745553149493_2296744757842895543_n

山梨の「ダイヤモンド酒造」様のマスカットベリーA、さすがの味わいです。
17499038_1302745513149497_3217919416319786423_n

やはり軽くチーズを使われたグラタンがピッタリ!
17553506_1302745589816156_6069718877882644086_n

「島之内フジマル醸造所」様のメルロー、信州とは違うメルローの味わいです。
きついタンニン苦手なnonkoには本当に心地良いメルローです。
旨味、甘味をも感じ、とっても穏やかな味わいでした。
グラタンの中のゴボウがビックリするほど楽しい味わい!
17457563_1302745413149507_328251038376758253_n

直ぐ横の窓からは醸造所が見下ろせ、なんだか都会のワイナリーも良いですよね!
新しい発見をし、ワインの楽しみ方も幅が広くなりました

平野神社の桜と、北野天満宮の梅!

052

京都の実家から直ぐ近くの「平野神社」
こちらは色々な桜の花が見られるので有名な神社です。
今年はどうかな〜?なんてチョッと見てきました。

056

ここの場所、桜が咲くととっても雰囲気が良く、ポストカードにもなっています。

067

072

平野神社で一番早く咲く「しだれ桜」はまだこんな感じ、週末頃には五分咲きかな?

054

055

069

桜なのか桃なのか(笑)

061
065

境内はとっても厳粛な雰囲気です。
桜が咲き始めると観光のお客様でいっぱいになります。でも色々な種類の桜を見られるところは京都でもそうないと思います。

066

橘の実がちゃんと実っています。
昔はよく遊んだ場所なんですよね〜、当時はもっともっと静かな神社でした。
今、京都ってどこも凄いですよね〜

071

もうすっかりお花見の準備もされ、あとは花が咲くのを待つのみ!
あと10日位で賑やかになるかな〜

081

そしてすぐ近くの「北野天満宮」、通称「天神さん」です。
昨日は受験の合格御礼の方々でいっぱいでした。
受験生の皆様〜、是非に!

080

082

2月の梅花祭は終わりましたが、名残りの梅がまだ楽しめました。

078

089

086

092

099

100

101

梅も色々な種類があるんですよね

084

096

昨日は何か神事があったのかな?
このような光景を拝見するのは初めてです。

093

094

095

075

昔から慣れ親しんだ天神さん、小学校では写生にも行きました。
平野さんと天神さん、お隣同士の神社ですが、雰囲気が全くますのでお楽しみいただけるかと思います。

108

帰りには白梅町の「長文屋」様へ
102

106

こちらはオーダーメイドで香辛料を合わせて下さいます。
nonkoはいつも「山椒多め」の七味唐辛子、こちらはやっぱり京都人の需要が一番だそうです。
104

あと「糸唐辛子」や「和からし」「黒コショウ」なども必需品!
105

入れ物もいっぱい揃っています。
季節がら香辛料はちょっと注意しなきゃなりませんが、それでも今回のような寒い日が続くとお腹を冷やしちゃいますよね!
ちょこっと実家のまわりをご紹介させていただきました。

諏訪から京都へ

039

上諏訪街道呑み歩きのあとは京都に移動!
亡き叔父さんの法事でした。
法事って親戚が集まって故人の話をしたりするのですが、それは故人が引き合わせてくれるものなのだと感じています。
ザック背負って防寒着来て行ったらチョッとビックリされちゃいました。
でも信州に住んでいたらそうなってしまうんですよね〜
喪服じゃなくって申し訳なかったですが、久しぶりに親戚に会えて嬉しかったです。

037

京都に帰るとお寺さんの庭とか見るのが好きで、茶室の雰囲気良いですよね〜

038

まだ梅の花も咲いていました。

040

場所を変えて直会!

042
043

色々な懐石料理が運ばれる中、やっぱりnonkoはこのような椀物が好きですね〜、京都に帰って来たな〜って感じです。

046

グジ(甘鯛)の焼き物にはビックリ!
なかなか食べられないですから

048

鴨川沿いの大きなお庭のある直会でした。
今月は2回も京都に帰った〜

上諏訪街道呑み歩き2017春

DSCN5571

DSCN5574

長野県JR上諏訪駅の午前中、まだ静かな駅前です。
あと2時間後には凄いお客様でごった返す場所になります。
昨日開催されました「上諏訪街道呑み歩き 2017 春」は、昨日事故なく無事に終了いたしました。

17499355_1299561110134604_3454907599141806005_n

17498854_1299561106801271_1429520936258899838_n

nonkoはいつものように「酒ぬのや本金酒造」様のショップでお手伝いをさせていただきましたが、13時のスタート前からお酒の購入のお客様が凄く、さっすが要領を得てられるご参加のお客様方です。
本数の少ない銘柄につきましては、毎回売り切れが出ちゃうので、先に購入していただきお酒をお預かりするという試みをしてから、皆様安心して呑み歩きを楽しまれていらっしゃるようです。
とにかく開催中の時間帯は、レジから離れられなくて、お天気も応援してくれたおかげでもの凄い賑わいでした。
今回の本金酒造様の出品酒は以下の銘柄です
●本金純米大吟醸(諏訪産美山錦)
●本金純米吟醸・ひとごこち無濾過生原酒
●本金純米うすにごり・ひとごこち無濾過生原酒
●本金本醸造すっぴん太一無濾過生原酒
●本金本醸造太一(火入れ)
以上の五種類でございます。

DSCN5581

今回は12時半過ぎにはこのように試飲会場に行列ができ始めました。
13時からなのに申し訳ないです。

DSCN5587

スタートと共に凄いお客様です!
レジからはあまりの人の多さで試飲会場は押し合いへし合い状態!

DSCN5588


ちょっと外に出ちゃうとこの状態、いや〜お待たせして申し訳なかったです。
でもね、本金様の新酒を味わいたくってこれだけの長蛇の列になるのですよ〜、ありがたいことだと思います。

17499090_1300816770009038_7959792264721696167_n

一度外に出ちゃうと中に入れなくて失敗!

DSCN5584

お酒も売れますが、若女将ちとせちゃんの焼かれたシフォンケーキやクラッカーが大人気!
あれだけの量が1時間近くで完売です。

DSCN5592

もちろんシフォンケーキなどは試食もございましたが、ちとせちゃんも切っている暇もないぐらいドタバタされていました。

DSCN5590

今回もお客様のアイデア拝見させていただきましたよ〜
こちらはね・・・

DSCN5589

ほらね、蓋付きなんですよ〜〜〜、色々と考えて両手が空く状態を考えてられるのでしょうね〜

DSCN5583

小さな袋菓子をバスケットに入れられているお客様も・・・

DSCN5595

お向かいさんの「横笛・伊東酒造」様も凄いお客様です。
こちらではちとせちゃんのご実家の「松尾商店」様が頑張ってられます。

DSCN5593

DSCN5594

お漬物のセットは毎回大人気です!
そしてそのお漬物を使用された「野沢菜コロッケ」も年々人気が上昇中!

DSCN5580

今回も多くのお客様の笑顔に励まされ、元気に頑張れたかな〜

DSCN5596

DSCN5598

ごめん!「T君」せっかくの記念写真ブレてた〜〜〜、これは次回大町の呑み歩きに来てくれなきゃですよ〜
今回も酔っぱらってた?お酒2本ちゃんと持って帰られましたでしょうか?

またお会いいたしましょう
DSCN5605

DSCN5604

17時の終了前にはとんでもないお客様の多さ、これは「社長〜、社長〜!」のコールと共に、皆様「酒ぬのや本金酒造・社長」様の最後のご挨拶と、皆様ご一緒に「蛍の光」を大合唱されたい思いで集まって来られるのです。呑み歩きの醍醐味ってお蔵様を身近に感じられるってことですよね!
今回も多くのご縁と感動をありがとうございました。上諏訪五蔵の皆様お疲れ様でした


動画】
上諏訪街道呑み歩き、次回は秋にまたお会いいたしましょう。

山廃のお酒に乾杯〜!

DSCN5519

DSCN5522

本日木曽藪原より「十六代九郎衛門・湯川酒造店」様の尚子社長がお酒の配達にご来店下さいました。
偶々娘は公休日で、大ファンであります尚子社長にお会いできて感激していました。
今日は初めての試みとして、酒米「金紋錦」で仕込まれた「山廃仕込み」の味わいをお取扱いさせていただこうと、色々お話をさせていただきました。
最近の山廃ブーム、昔の山廃とは違いとっても飲みやすい印象があります。
今夜は尚子社長のご案内のイメージで、ピザと鍋!(なんじゃそりゃ)

DSCN5558

娘が生地を作ってくれて焼いた「生ハムとルッコラ」のサラダ仕立て!

DSCN5563

クレソンと鶏肉の鍋は、少々濃い目の甘口で!

DSCN5565
DSCN5566

どちらもバッチリの味わい!
いや〜、本当にビックリの味わいでした

DSCN5568

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜一本空いちゃった!
山廃なのに?酒米が金紋錦なのに?27BYなのに?ビックリすることいっぱい〜
さすが尚子社長の旦那様であり、杜氏様でもある慎一様の醸造センス!
そして山廃に対する今までの苦手なイメージが一掃されていくのです。
是非皆様もこのような味わい、チョッとふれてみられるのも宜しいかと思いますよ〜
詳しくはこちらの方からどうぞ!
DSCN5550

そして今日は店頭に遊び心いっぱいのディスプレイをさせていただきました。
大町の「ワインぶどう生産組合」の皆様のぶどう畑、ただ今剪定真っ最中でございます。
その枝をいただいて来て、店頭にて日本酒とコラボ中です

四賀の福寿草満開!

DSCN5457

昨日の定休日、松本市の北部の四賀地区の福寿草を見に行ってきました。
はまだまだキレイに咲いていましたよ〜!
昨朝は雪が降ったようで、福寿草まつりも一日延長されていました。
DSCN5467

DSCN5468

DSCN5441
DSCN5440

雪の中で頑張って咲いている福寿草ってとっても可愛らしく感じますよね
DSCN5450

DSCN5451

DSCN5464

DSCN5465

DSCN5459

DSCN5448

DSCN5461

DSCN5470

DSCN5444

DSCN5435

まだまだ福寿草のお花が楽しめます。是非お天気の良い日をオススメ致しま〜す

【四賀の福寿草】
*福寿草まつりは終わっていますが、福寿草はまだまだお楽しみいただけます。

本物の地酒に乾杯〜〜〜!

DSCN5422

今夜は大切なお友達でもあります上諏訪の「酒ぬのや本金酒造」様の新酒の試飲!
滅多に試飲をこのような呑み方をしないのですが、心から「お疲れ様、頑張ったね〜!」って思える味わいです。
DSCN5421

諏訪産美山錦・諏訪の水・諏訪本金酒造様の造り手さん、生粋の諏訪の地酒に乾杯〜〜〜!
DSCN5415

今夜はすき焼き、お酒との相性もバッチリです!
諏訪の地酒、甘辛醤油味、川魚の佃煮がある地でもありますので、すき焼きが合うはずですよね〜、これも先日の田崎 真也 様のセミナーのおかげかも?
DSCN5431

DSCN5433

デザートにnonkoお得意の「バナナこうじ」です。
濃い目の甘酒に角切りバナナを加えるだけです!これメチャクチャ美味しいんですよ〜
今夜はお腹パンパン、明日は定休日なのでゆっくり眠れそう

北アルプス国際芸術祭2017に向けて!

DSCN5381

町なかで今とっても色々なお話が出る「北アルプス国際芸術祭2017」ですが、徐々にその概略的なものは見えてきましたが、ご来店のお客様とお話しさせていただくとまだご理解不十分のお客様も多いご様子です。実行委員会の皆様は、全力で頑張っていただいてると思いますので、nonkoも少しでも皆様にご案内できたらと思っています。

DSCN5378

DSCN5379

このイベント「食とアート」がテーマになることは間違いありません。
先日は我が九日町の町内の皆様に、実行委員の方々がご説明に来ていただきました。
アートの部分では、本通り商店街にいくつかの作品が展示されるようです。
アーティストの方は既に作品制作にかかられているようです。
九日町でも空家店舗を利用され、何か展示物が出来るようです。
DSCN5382

「コタケマン」様、宜しくお願い致しま〜す。
町内の皆様とご一緒に・・・って言って下さってるようです。
何だかワクワクですよね
DSCN5351

DSCN5358

そして今日は「食」のプロジェクトのひとつ「おもてなし小皿」を拝見させていただきました。
やっぱり新聞とかで見るのと違い、一枚一枚思い入れを感じることができ、とっても感動しちゃいました。宜しかったら「呑ん子の大町商店街まち歩き」よりどうぞ!

ドキドキの日本酒セミナー

DSCN5345

DSCN5347

DSCN5349

午前中中野、午後からはとっても貴重なセミナーにお誘いいただき参加させていただきました。
日本ソムリエ協会長野・群馬支部 第1回例会セミナー「ソムリエのサービスと日本酒テイスティング」
講師の先生は日本ソムリエ協会 会長の「田崎 真也 」様でした。
とにかくnonkoにとってはレベルが高く、ついていくのに必死必死!
まわりはほとんどプロの方々のご様子、nonkoなんて居ていいのか〜〜〜って感じでした。
それでも日本酒とお料理の相性を、ワインの感覚で合わせていかれる感覚には脱帽です。
日本酒を細かく分析され、食材のイメージ、そしてソースのイメージ、いや〜お話について行くのが大変でした。
やっぱり凄い方なんだ〜〜〜!
とってもいい勉強になりました。ご案内いただき感謝感謝です。
DSCN5344

お世話になってます「オステリアガット・オーナー成澤」様、今季より長野群馬の支部長をされるようです。信州のワイン、そしてフード宜しくお願い致しま〜す!

中野ひな市に向けて!

003

026

今日は早朝より家を出て中野市へ!
先日参加させていただきました「土人形絵付けコンテスト」にてチョッとご褒美いただき、表彰式がございました。何だか恥ずかしい〜〜〜、参加させていただくだけで嬉しいのに
中野土人形とのご縁は、大切なお取引先様の「勢正宗・丸世酒造店」様のお母様が、いつもお邪魔させていただくと、多くの土人形を見せていただいたのが始まります。
019

020

今日から「中野ひな市」が終わる4月1日まで「中野市街地活性化施設(信州なかの観光協会隣)」にて展示していただいてます。
このコンテストですが今年「中野ひな市」に合わせて開催されています。
【中野ひな市】
長野県中野市で伝統の土びなを展示即売する「中野ひな市」は、長い冬に春をもたらす大きなお祭りで、3月31日から2日間、即売会を含め全国のファンを集めて開かれます。
中野の土人形は二つの流派があり、奈良家は京都伏見系「伏見人形」なので縁起物が多く、西原家は愛知三河系「立ヶ花人形」なので、主に歌舞伎物を題材にした人形を制作されてられます。
二つの系統の土人形が、同一地域で現在も作り続けられている例はとても珍しいらしく、即売会では普段販売されていない貴重な中野土人形が抽選により販売され、全国の土人形ファンが集まって来られます。
プレイベントとして「まちかど土びな展」や「ひな市特別展」、nonkoが参加させていただく「土人形絵付けコンテスト」等を開催されます。
「まちかど土びな展」は、市内のお店などが持ってられる「土びな」を、ショーウインドーや店頭に飾られるので、人形を見ながら町の散策させていただくのも楽しいのです。
ぜひ皆様お出かけ下さいませ〜〜〜!
023

娘のも展示されていました(真ん中奥)
007

「中野陣屋」では、とっても貴重なコレクションも拝見させていただきました。
009

013

五代目「奈良久雄」様のお雛様
010

012

息子様であります六代目「奈良由紀夫」様のお雛様、時代の流れが出てきたような気がします。
由紀夫様の色使い、代が変わると言うことはこういうことなのですね!
とっても素敵です
「中野ひな市」、本年度より即売会抽選時間が変わりました、お間違いなくね!
【中野ひな市】

チョッとお出かけ糸魚川!

DSCN5243

白馬三山を横目に、昨日は娘が公休と言うことで雪景色を見ながら糸魚川へ!
この三連休、連泊のお客様にチョッとプチ旅行はいかがでしょう。
DSCN5295

後から知ったのですが、こちらメチャクチャお得ですよ〜!
糸魚川頑張ってられますよ
南小谷から一両編成の電車に乗り、レアなローカル線の旅
DSCN5247

DSCN5249

DSCN5253

DSCN5254

中土、北小谷を越えると新潟県平岩です。
クマさん達何かに見入ってる〜!
DSCN5257

な〜るほどね!クマさん達ちゃ〜んとチェックしてくれています。
「頑張れ糸魚川!」もそうですが、糸魚川って自発的にこのようなご案内をされているところが凄いと思います。
DSCN5259

DSCN5262

DSCN5263

新潟県に入り、根知谷を過ぎるあたりからはすっかりと春の景色です。
フキノトウは花が咲き出し、大町とは随分と違い暖かい
DSCN5265

糸魚川駅に着くとポカポカ陽気でビックリです。
ここからは「越後トキメキ鉄道」か「路線バス」に乗り換えます。
DSCN5275

「道の駅マリンドリーム能生」様より
DSCN5284

DSCN5285

DSCN5286

DSCN5272

DSCN5276

DSCN5279
DSCN5283
DSCN5287

DSCN5291

DSCN5273

昨日は船が出ず、漁が無かったので鮮魚はあきらめ、干物と漁協が作られている「南蛮エビの唐揚げ(冷凍)」が店主のお土産でした。
17343056_1292298007527581_673450866339826194_n

ビールがススムじゃね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
これメチャクチャ美味しかったです
お魚センターではなく、お土産売り場の方の冷凍もので販売されています。
大町帰ったら解凍になっていて、片栗粉をつけ直しましたが、全く臭みがなく生のまんま食べられそうなほどでした。
【道の駅マリンドリーム能生】様

当店にも春が来た〜〜〜!

DSCN5241

当店裏にも春が来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
枯葉を押し上げて顔を出す福寿草、頑張って〜〜〜!
我が身を見ているよう・・・(笑)
DSCN5236

DSCN5234

DSCN5238

DSCN5237

これでいよいよ活動開始!って感じですね〜、今度の連休はお天気も良さそうなので、是非早春の大町へお出かけ下さいませ。

美味しいランチと温泉へ「蓼科グランドホテル滝の湯」様

DSCN5216

昨日の定休日、店主が明るい場所へ行きたいと!
明るい場所???要するにまだまだ寒い大町にいると休みの日にはそんな気分になるのでしょう。
そういう事で高速道路を南下し、伊那谷?山梨方面?
結局八ヶ岳方面と言いながらも、目的の場所がお休みと言うことでまたまたnonkoは行き場所の検索・・・、と言うことで「蓼科グランドホテル・滝の湯」様の「高原のグルメランチバイキング&温泉プラン」にお邪魔させていただきました。
日帰り入浴駐車場横には温泉の説明がされています。
「滝温泉のみちびき観音」様
武田信玄が信州攻略から川中島の合戦に至る間この温泉で英気を養ったと伝えられて居ます。
湯治場でもあったのでしょうね〜
DSCN5193

DSCN5215

DSCN5194

DSCN5214

お宿に向かう渓流がとってもキレイです。雪がかぶった景色も良かったでしょうね〜。
それに温泉も豊富なようです。
DSCN5213

館内に入ると大きな生花の生け込みが素晴らしいです
DSCN5196

「高原のグルメランチバイキング」はとっても明るく広いレストラン
野菜が中心なのでとってもありがたかったです。
それにお酒類の豊富な事
城戸ワイナリー様や小布施ワイナリー様もございました。
日本酒のチョイスも半端なかったです
DSCN5198

焼き野菜美味しいんですよね〜、ソースも色々ありますしね〜
DSCN5199

春菊をサラダでいただくなど初めての経験!
DSCN5200

ポトフのような煮た野菜も嬉しい〜〜〜!
DSCN5197

4種類のピザは目の前で焼き上げていただけます。
これもメチャクチャ美味しかった〜!
DSCN5202

外せないデザート、ソフトクリームは自分で作りますよ〜!
DSCN5203

食後この渓流を見渡しながら温泉へ!
DSCN5210

DSCN5209

DSCN5211

DSCN5212

昨年リニューアルされた「渓流露天 棚湯」です。
もうハフ〜ン状態です!
DSCN5205

DSCN5206

温泉のあとは館内のリラックスルームでお昼寝です。
これで昨日3,000円ポッキリって嬉しいな〜〜〜!
大町にもこんなあったらな〜!
DSCN5208

クマさん達も切り株クッションでご機嫌さんでしたよ〜

【蓼科グランドホテル滝の湯】様

糀で楽しむ!

DSCN5181

今日は大町の蔵元「北安大國」様より、お酒造りに使用されている貴重な「こうじ」を販売用に分けていただきました。

DSCN5183

これは正真正銘の「松川産ひとごこち」を使用され、酒米の「酛こうじ」に使用される貴重な生こうじです。面白いことに、当店の味噌用の「白こうじ」との違いは、「水分」と、こうじ菌の「菌糸」の違いです。一応nonkoも蔵人ですから(笑)

DSCN5184

こうやって炊飯器の中にお湯とこうじを入れて約3時間保温すると簡単に甘酒が出来ちゃいます。
これ「良いこうじ」だってことが良くわかります。当店も味噌用の「白こうじ」を造っていましたからね〜

DSCN5192

ほ〜ら、トロ〜ンとした濃い目の甘酒です。
当店では昔からこのような濃さで甘酒を作り、スプーンですくって食べていたと店主が言います。
自然の甘味はとっても身体にも優しく心地良いものです。
以前「こうじスイーツ」をご提案させていただいたことがありますので、是非よろしかったらこちらのブログからどうぞ!

春が来たよ〜!(ザゼンソウ・福寿草)


【動画】
大町市「宮の森自然園」です。
雪どけ水の流れが聞こえますか〜
今年も雪どけが始まり、ザゼンソウが咲き始めています。
【ザゼンソウ】
ザゼンソウは、僧侶が袈裟を着て座禅を組む姿にみえることからザゼンソウの名が付けられたと言われています。またお花自体が発熱することでも有名です。

016

013

012
015

017

024

018

021

しばらくするとバイカモの色いお花も見られることでしょう。

014

キャッは!この足跡は何?ウサギさん?

007

これは何でしょう〜〜〜?
福寿草です!
木崎湖の西海ノ口あたりでも、雪どけの合間から可愛らしい福寿草が顔を出し始めました。
006

004

003

001

恥ずかしそうに咲いているでしょう、何とも可愛らしい
大町に移住してから、寒い冬からこのような小さな春を見つけると、とっても心浮き上がる気分になります。春はありがたい季節なのです。

中仙道を楽しむ「奈良井宿〜木曽福島」

DSCN5102

DSCN5098

DSCN5103
DSCN5097

「中仙道・奈良井宿」、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような錯覚・・・
何度か訪れる度に整備され、今は海外からのお客様も多く散策されています。
昔は中仙道六九次のうち、木曽路には11もの宿駅が存在しました。奈良井宿は木曽路11宿の中で北から2番目にあたり、杉玉を掲げた酒蔵(現在は休蔵?)、軒灯りの旅籠、千本格子の家々が軒を連ね、そのにぎわいは「奈良井千軒」といわれたほどだったそうです。その当時の面影が存分に保存されている奈良井宿、久しぶりに歩いてきました。
DSCN5091

DSCN5093

DSCN5094

DSCN5096

nonkoは古い建物に興味があるので、このような木造建築を見るとワクワクしちゃいます。
特に木造の「庇(ひさし)」の部分がとっても興味津々でした。どれぐらいもつのかな?朽ちてしまわないのかな?
DSCN5107

こちら二階に何か掛けてられたような跡が・・・、もしや昔は何かお商売でも?
DSCN5087

悲しいですが日本酒蔵の「杉の森酒造」様はやっぱり閉めてられたまんまです。
DSCN5100

かつてお世話になったお宿「伊勢屋」様、どうやら最近は海外からのお客様も多そうです。
DSCN5089

DSCN5090

所々である水場を楽しみながら奈良井宿を後に木曽福島方面へ!
17203003_1283491975074851_6552353292971989174_n

木曽福島の「和庵・肥田亭」様、第三セクター「まちづくり木曽福島」が運営されているお店です。
かねてから耳にはしていたのですが、想像通り素晴らしい店内とお料理でした。
17203167_1283491515074897_2858833398931393740_n

【義仲御膳1,750円ナリ】
正直超ビックリです!これだけでこのお値段ですよ〜〜〜!
17098420_1283491575074891_4759839715616882976_n

17202840_1283491705074878_2071710943275751250_n

食材の扱い方が素晴らしく、松花堂弁当の中の「炊き合わせ」の味わい(特に小芋)、お刺身の中の「信州サーモン」の旨味の出され方、天ぷらからお味噌汁にいたるまで手をかけられた味わいでした。
しっかりしたお料理を出されているな〜っと思いきや、やはり京都に何年かいらっしゃったそうです。春になれば山菜料理もいただいてみたいです。
大町も6月〜7月に「北アルプス国際芸術祭」と言うイベントがあり、「食」と言うこともテーマにされています。是非地元食材を季節感を出されてご提供していただきたいと思います。
やはり食べて「美味しい!」と思うようなお料理、これが一番お客様の心を動かすのではないかと思っています。
【奈良井宿】
【木曽福島・肥田亭】様



京都・法然院

DSCN5053
DSCN5054

先日チョッと用事で京都に行ってきました。
「京都・法然院」
気持ち落ち着きます!
茅葺きの山門、心清められる白砂壇が大好きなのです。

DSCN5072

DSCN5055

DSCN5058

DSCN5071

雨のしとしと降る日や、どんより曇った日が最高!

DSCN5067

DSCN5061
DSCN5063

DSCN5064

DSCN5066

DSCN5068

DSCN5069

DSCN5073

お庭を散策するのも拝観料は要りません。
とっても静かな静かな法然院、南禅寺、永観堂と行かれ、哲学の道を銀閣寺に向かわれる途中にございます。

DSCN5134
DSCN5136

お帰りに「洋菓子のオオマエ」様の「アップルケーキ」がオススメです。
娘が永観堂幼稚園の頃、良くいただいた味わいです。
懐かしく大町で楽しませていただいてますよ〜

DSCN5076


【法然院】様
【洋菓子のオオマエ】様

紹興酒勉強会(笑)

DSCN5013

凄い色でしょう!
これ紹興酒です。しかも16年物ですよ〜、お客様が一緒に試飲しましょうとお持ちいただきました。
紹興酒は基本的にはどれも「もち米」「麦麹」「水」を原料としており、これを熟成させて醸造されます。
その味わいはとっても濃密、コクが多く甘味を入れなくてもメチャクチャ美味しいのですよ〜
お料理何が合う?
中華は火力が家庭用コンロではできないので、考える考える〜〜〜
お持ちいただいたお客様は「何でも大丈夫だよ〜!」って言って下さったのですが、一応nonkoも頭をひねらせていただきました。

DSCN5010

この日はコロッケを作るつもりで、どうしよう???って〜
DSCN5016

結局コロッケの中身を中華風に・・・
「ごま油」と「ガラスープ」を入れて、若干濃い目の味付けをし、揚げたものに「中国山椒」を付けて食べてみようと
うんうん、これなら合うね!
この仕事をして紹興酒に合うお料理なんて初めて!しかもコロッケなんて初めて合わせちゃいました。結局この感覚は「赤ワインに肉料理」「白ワインに魚料理」を覆すための「ソース」や「香辛料」を工夫する経験から知恵が付いちゃったかな?
それよりも「食いしん坊」と言うことが一番なのかも?

DSCN5012

最後はやっぱり大町を代表する餃子「俵屋」様の餃子に助けてもらいましたよ〜、その相性はやっぱりさすがでした!
お酒をお料理の相性、チョッと楽しむのも良いものですよ〜!





雪見風呂と海鮮お買い物・糸魚川へ!

16998918_1276768242413891_4275269675318545332_n

16998953_1276768452413870_7663864682169026095_n

このあいだの定休日、お天気が良いので店主と公休の娘と3人で糸魚川方面へ!
年末の大火災の後は随分後片付けが終わり、復興に向けて頑張ってられました。
いたるところで「頑張ろう糸魚川!」と言う横断幕や小旗が見受けられ、娘も「凄いな〜、糸魚川って!」と驚いてました。
当店も商店街火災で火をもらい、被災しちゃったのでよりお気持ちがわかります。
火事って全てを焼けつくしちゃいますからね〜
これからも頑張って行かれることと思いますし、私共もまだまだ忘れることができません。でも後ろを向いても仕方ないので、明るく元気に頑張って行くのみです
この日は被災地を見届け、お天気が良かったので、きっと漁が安定しているだろうと近くのスーパーにてお買い物!

DSCN4938

やった〜、毛蟹3匹で399円ナリ!大きなもので手のひらサイズ、まだまだ元気に生きてる生きてる
そして軽〜くランチをして温泉へ

DSCN4902

能生の手前を山手に、「鉾ヶ岳」を見ながらドンドンと山の方へ

DSCN4904
DSCN4905

焼山温泉の横通り過ぎます

DSCN4906

しばらくすると「笹倉温泉・龍雲荘」様が見えてくるのです。

16939142_1276773812413334_2868379893314551476_n

う〜〜〜ん、良いお湯

DSCN4913

DSCN4917

DSCN4911

DSCN4912

雪見風呂最高!!!

DSCN4918

色々な温泉があるのですが、意外と日帰り休憩室の前の小さなお風呂が濃度が濃いような気がします。お酒で言う「無濾過」って感じ(笑)

DSCN4919

笹倉温泉・龍雲荘様、最近はよりアクセスが良くなったようです。
糸魚川まで1日1往復無料シャトルバスを出していただいてます。
お昼は軽食はございますが、ご予約で食事の準備もしていただけるようです。
大糸線に乗ってプチ旅行気分で良いですよね

DSCN4952

ゲットした毛蟹はトマトクリームパスタに!

DSCN4940

殻と南蛮エビを入れてブイヤベースに!

DSCN4944

DSCN4949

DSCN4958

北海道のワインが良く合っちゃいましたよ〜!
【笹倉温泉・龍雲荘】様

お花はまだか〜〜〜!


DSCN4962
DSCN4960

昨日のこと、木崎湖周辺のザゼンソウはまだかな〜?なんて窪田さんに車を走らせてもらったのですが・・・、残念ながらまだでした!
じゃあ「宮の森自然園」のザゼンソウは・・・

DSCN4973

仕事じゃなかったらこんなところ長靴で歩きたくないし〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

DSCN4980

DSCN4979

ギャ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!そんなこと思いながら歩いてるから罰が当たった!!!
雪の上は踏み抜き注意です(笑)

DSCN4975
DSCN4977
DSCN4978

う〜〜〜ん・・・、まだこんなに雪があります。
でもきっとこの雪ははやく消えそう・・・

DSCN4983

違う入口のほうは残雪も少ないですが、やっぱりまだ芽が出ていません。
DSCN4982

春の陽の光は眩しいね〜〜〜

今夜はお雛様

DSCN4988

今夜はお雛様なので「ちらし寿司」を作りました。
やはり寿司飯がとっても心地良い季節になりましたね〜

DSCN4990

ハマグリのお吸い物は鍋仕立てにしちゃいました。
大町はお水が美味しいから、このような澄んだお出汁がとっても美味しいのです。

「余市のワインを楽しむ会2017」大盛況!

054

047

凄い会場でしょう!!!
2月25日(土)、日が暮れる頃始まりました「余市のワインを楽しむ会」、今年で24回目だそうです。
手作りのキャンドルがご参加のお客様をお迎えしてくれます。
会場建物入り口にはご参加のお客様に「こんばんわ〜」というお声かけ、きっと関係者の方々でしょう。気分はどんどんと盛り上げってきます。
年々と盛り上がりチケットも入手が難しくなっているようにお聞きしています。
当店お取引先様も出品されます北海道余市町のワイン会、補助金など一切絡まず、元々は地元のぶどう栽培家の方々の試飲会から今のような大人気のイベントとなったようです。今では実行委員会の皆様が生産者の頑張って開催されています。
余市のワインぶどうを使用されて醸造されてる道内のワイナリー様、また余市のワインぶどうを使用されて醸造されている、本州からのワイナリー様もご参加されています。
16938873_1274225872668128_2608208002665846311_n

16999007_1274226059334776_3414063212547295131_n

nonkoはまず当店がお世話になってますワイナリー「ドメーヌ・タカヒコ」様のブースへ!
ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜、凄い人過ぎる!
ある方が東京の山手線の車中で飲んでる感じだ〜って(笑)
まさしくその通りです。
今回は春にリリースして下さる「ナナツモリ・ピノノワール2015」は亜硫酸が基本入っていません。しかし、今回10ppmだけ瓶詰前添加されたものを試飲させていただきました。
う〜ん、この状況ではチョッと会場の端へ行かないととてもじゃないですが、nonkoの舌では比較できないです。でも口当たりのかたさが違うような・・・
でも最初の口当たりがちょっと違うように感じました。
ドメーヌタカヒコ様は、ナナツモリの様な繊細で滋味で奥行きのあるワインを作られたいと!
日本においてのワイン造り、海外と同じものを目指されるのではなくて、余市と言う場所でしか作れない、その土地の気候風土を表現できるものをと!
余市は海もあり、森もあり、海の幸も森の幸も豊富です。でも本州の「食」とは違うのです。
旅好きのnonkoは地方の郷土食が大好きなので、タカヒコ様のお話しして下さることがスムーズに理解できます。ワインの難しいことは全くわかりませんが、「心地良い味わい・・・、身体が自然と吸収してくれる」「日本食に合う」そんな感じで楽しませていただくのです。
16998072_1274226199334762_25227648226664466_n

16864510_1274226286001420_7963158477765411356_n

そしてタカヒコ様のところで研修され、2015年よりワイナリーを立ち上げられた「ドメーヌアツシ・スズキ」様の初ヴィンテージもいただきました。
ツヴァイゲルト主体の味わい!当店にも少しお分けいただけるかもしれません。
IMG_4206

昨年秋に娘とお邪魔させていただいた余市のぶどう畑です。
醸造は石蔵を改造され、手で出来る作業は出来るだけやりたいと思いますと!そのお言葉に感動したものです。
040

17103272_1277310619026320_117637913030694274_n

「サッポログランポレール」の醸造責任者の工藤様、そして契約栽培農家様でいつもぶどう畑を見学させていただく「ヒロツヴィンヤード・弘津」様、当店でも「ピノノワール」や「ケルナー」は定評がございます。
16997930_1274226779334704_4517874480921326547_n

栃木の「ココファーム」様のブースには「ブルースガットラヴ」様にもお目にかかれ、大町で矢野園様が頑張ってられることをお伝えいたしました。
「こことあるシリーズ」はブルース様が手掛けられる自然の味わいを生かした適地適品種のワインなのです。
038

余市のケルナーを使用された「月を待つ」、現在JAL国際線ファーストクラスで、2015ヴィンテージが飲まれているようです。やっぱりな〜〜〜!
037

「北海道ワイン」様も忘れてはなりません。
やはり日本で一番大きな「国産ぶどう」のみを使用されたワイナリー様なのです。
余市のワイン会の前に、小樽のワイナリー様にお邪魔させていただき、その歴史や会社の方向性などを勉強させていただきました。
nonkoの中ではお恥ずかしいですが、知らないことだらけだったのです。
余市栽培農家様のお名前の入ったラベル、こちらは本当にインパクトのあるものです。
田崎様・・・、まさかご本人にお会いできるなどビックリでしょう。
17021502_1274226942668021_3369179050888015717_n

田崎正伸様、ご本人に初めてお会いさせていただきました。
余市のワイン会の楽しさって、栽培家様が同じ会場にいらっしゃり、こうやってご一緒にワインが楽しめることが大きな魅力でもあります。
参加者側も主催者側も共に!と言うことが一番なのではないでしょうか?感動もひとしおです。
032

各テーブルにはこのようなオードブルがならび、同じテーブルを挟み参加者の皆様との会話もとっても楽しいのです。
042

そしてnonkoの何よりもの楽しみは、地元の食材を使用された女性の方々のお料理の数々!
とっても楽しそうに参加者の方々とお話ししながらお料理を取り分けていただけます。
16938701_1274228072667908_7644881805459076875_n

エゾ鹿のカルパッチョは燻製されているので、とっても風味が良くって美味しいです。
ブラックペッパーがきいてるのもいいですね!
16997700_1274227876001261_499762619338402597_n (1)

またエゾ鹿をデミグラスソースで煮込まれたシチュー、こちらもとっても美味しいです。
16996418_1274228159334566_8693771402513050005_n

こちらは同じエゾ鹿なんですが、また違った調理法で美味しいのですよ〜
16938778_1274227946001254_7277761340446621127_n

こちらはトマト鍋、これがメチャクチャ美味しいのです。
なんでこんなにコクがある美味しさなんだろう?
16996499_1274258412664874_5901057013442601859_n

こちらのトマトを使用されているようです。
地元の方々が色々と試行錯誤され、それが後をひく美味しさになることって凄いと思われませんか?
地元の食材をここまで大切に思われている表れなのだと思います。
16939504_1274228702667845_4287148719223207846_n

こちらレーズンサンド、広島の「竹鶴酒造」様の酒粕が練り込まれているのが面白いでしょう!
もちろん美味しかったですし、お土産にしたかったな〜
044

会場では各ワイナリー様のご紹介、そして恒例の抽選会です。
楽しい楽しい「余市のワインを楽しむ会」は、約2時間という短い時間ではありますが、ご参加のお客様の笑顔、主催者の皆様の笑顔が一体化した素晴らしいワイン会だと思います。
16996509_1274230842667631_43242470511039543_n

033

余市のワインにカンパ〜〜〜イ!
Profile
呑ん子
横川商店のお転婆スタッフです!色々な事にチャレンジして頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願い致します。
Noriko Yamaguchi

バナーを作成
QRコード
QRコード
月別アーカイブ
  • ライブドアブログ