呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2017年07月

DSCN0887

DSCN0889

カンパ〜イ!お疲れ様〜〜〜!
昨夜は名店街のファイナルセレモニーを拝見させていただいた後、私共は大町のイタリアン「トラットリア・ラ・タルタルーガ」様へお邪魔させていただきました。
もしかしたら芸術祭の特別メニューがあるかな?なんて期待もあり、私共も小さなファイナルセレモニーでした。
先ずは冷えたスパークリングで乾杯です
DSCN0891

前菜にありましたよ〜〜〜、盛り付けもきれいですが、全てに手をかけられたお料理の数々、その中にひと際目立つ左上の赤いものは「えご」です。海藻ではあるのですが、昔から大町ではお祭の食材として食べられていたようです。「えご」トマト風味に仕上げられ、モッツァレラチーズをトッピングされてバジルソースでまとめられました。さすが亀谷シェフ!
DSCN0893

こちらの白いソースは「凍り餅」を使用されています。
ほのかにお米の香り、そしてトローンとしたまろやかな味わいで、よく特長を出されているな〜ってビックリでした。
DSCN0899

前菜でスパークリングが終わり、2本目は持ち込みをお願いさせていただいた東御市の「ぼんじゅーる農園」様の「ピノノワール・白」です。
DSCN0907

nonko亀谷シェフのスープ大好き!以前も新玉ねぎのスープに感動しました。今回のトウモロコシは「信濃町産」です。
これも凄〜〜〜〜〜〜〜〜い!メチャクチャ濃厚です
実はね、信濃町のトウモロコシは定評があるので、9月の「北アルプス三蔵呑み歩き」にて販売させていただこうかと思っています。
ほんと美味しいんですよ〜〜〜!
DSCN0900

もちろん焼き立てのパンも大〜い好き
ハーブの入ったフォカッチャも美味しいんですよ
DSCN0902

パスタ、nonkoは夏野菜のトマトソース!トマトの酸味が心地良い〜〜〜!
DSCN0903

店主は白身魚を使用された一品、こちら和風に仕上げられていて、店主もビックリしていました。
DSCN0910

昨夜は珍しくお肉料理をチョイスし、今までの芸術祭の疲れも吹き飛んじゃいました
DSCN0914

〆のデザートに感動
きっと芸術祭に来られたお客様も、このような味わいをお楽しみいただき感動されたことでしょう。
【トラットリア・ラ・タルタルーガ】様


【動画】
「北アルプス国際芸術祭」、昨日無事に閉幕し、19時より大町名店街にてファイナルセレモニーがございました。
いや〜〜〜、本当に良かったよかった!
DSCN0880

牛越市長様(右側)と、あれれ〜〜〜、事務の窪田さんのご実家のお父様、窪田さんは八坂ご出身なので、今回のイベントではお父様もニコライ氏の「Bamboo Waves」のお手伝いをされたかと!
当店の水場の青竹や笹も全部お父様にお任せしちゃってるのです。いつもありがとうございます。
DSCN0868
DSCN0871
DSCN0872

もちろん樽酒の振る舞いは大町三蔵です。名店街がいっきにお酒の香りで充満しちゃってました。
DSCN0881

だってこれだけの方々がお集まりになられたのですからね〜
本当に素晴らしいイベントをありがとうございました。
今回開催まではどうなるのかさっぱりわからず、開催中に色々と試行錯誤しながら、お客様にはどのようにすればお喜びいただけるのか?またお客様のお声を的確にインフォメーションセンターにお届けする事も大切だと感じました。実行委員の方々もこちらからお客様のお声を伝えると、敏速に対応して下さったことも頭が下がります。このイベントって、迎える側も成長できるのではないのかな?そんなことを思いながら当店も、7月に入り、お客様方がとってもお疲れのお顔をされながら歩いてられるのを拝見し、店頭の水場をドンドンと前面にご案内させていただきました。
「商売」と言うことより、快適に町なかをおまわりいただける事を重点に対応させていただいたつもりです。また大町にお出かけしていただけるよう、そんな気持ちを込めて毎日「水場のお花」「試飲台の酒の肴」に取り組んできました。
正直人間は集中して対応できるのは40日ぐらいなのでは?nonkoも歳を重ね、集中力が欠けてくるもの感じ、最後の方は気を抜いたつもりはないのですが、体力不足を感じました(笑)
でもこれを機に、色々な勉強もさせていただいたり、素晴らしいお客様とのご縁も出来たことに感謝です。
DSCN0884

名店街のファイナルセレモニーを見守られる「ハングリボックス・ユキ」様のマスターとママさん、定休日も返上され、食材の調達のみお店を閉められて頑張られたようです。
古くから名店街を見られていて、若い方々がお店をされて世代交代をも感じますが、お父さんお母さんの目で見守っていかれることと思います。
DSCN0885

おおまぴょんもお酒を呑んだみたいで、ほろ酔い気分で歩いてましたよ〜!
【北アルプス国際芸術祭】

DSCN0827

DSCN0828

昨夜の「大町ゆかたまつり」は、きっと雨でダメだろうな〜って思っていたのですが、多くのお客様が町なかへお出かけ下さいました。感謝感謝です!
DSCN0825

DSCN0829

お向かいでは我が町内の方々が歌のステージや模擬店などをされていて、「北アルプス国際芸術祭・セルフ屋敷2」のコタケマン様も、我が町内の飲食ブースをお手伝いされていました。
005

002


【動画】
「電球ソーダ&電球ジュース」は超人気でした!
雨の中でも遅くまでお客様が来て下さり、本当にありがたい「大町ゆかたまつり」でした。
もちろん当店昨日のイチオシ「土肥農園・どすいか」は、あっと言う間に完売でした
次回は8月5日(土)「大町やまびこ祭り」ですよ〜〜〜!

DSCN0822

いよいよ「大町ゆかたまつり」が始まります!
当店本日のオススメはこちらで〜す!
DSCN0812

「土肥農園・どすいか」です。
今年も「甘くてシャリッ!」としていますよ〜
DSCN0819
DSCN0816
DSCN0817
DSCN0815

もちろんお買い物のお客様には「ボンボン釣り」のサービスをさせていただいてます。

【動画】
「電球ソーダ」「電球オレンジ」も大人気ですよ〜!

DSCN0798

DSCN0803

DSCN0795

芸術祭でお越しのお客様、今日はとっても暑かったです。
なので「塩分&水分」補給を十分にお摂りいただきたいような日でした。
試飲台では「自然海塩・海の精」で漬けた、nonkoの粕漬けや大根漬けをどうぞ!
DSCN0796

これ美味しいんですよ〜、お客様に教えていただいた「キュウリの粕漬け」です。
瓜の「抜き粕」で漬込むんですよ〜、粕漬けの中でも一番好きかもしれません。
DSCN0804

お昼はあまりの暑さに「nonkoオリジナル冷やしそうめん」炸裂だ〜〜〜!
お昼に店主に何も言わず出しました。本当なら具材はいらないと言われますが、たんぱく質も必要だし〜〜〜!
大阪で森嘉のお揚げさんを大人買い、「甘きつね」にしたので当分は楽しめそう〜
DSCN0807

明日は「第19回大町ゆかたまつり」です。
今年は翌日は「やまびこ祭り」ではございません。
店頭では「生ビール」「リンゴジュース」「電球ドリンク類」「光るオモチャ類」等ご用意させていただき、皆様のご来店をお待ち申し上げます。
*駄菓子のコーナーは明後日30日までとなります。


【動画】
急遽大阪へ仕入れ行き、帰りに娘に北陸まで迎えに来てもらい、休日を一緒に能登方面へドライブへ!
「千里浜なぎさドライブウェイ」は、日本で唯一、一般の自動車やバスでも海岸線の砂浜の波打ち際を走ることができる道路で、nonkoが子供の頃、父の実家の親戚の方々とよく海水浴に来た場所でもあります。遠浅の海で、波も結構あるので、面白かった記憶がございます。まさか娘の運転で来るとは思ってもみなかったです。
043

045


【動画】
046

波はず〜〜〜っと見ていても飽きないものですね!

【動画】
038

千里浜を後に北上し、富来方面へ!
028

世界一長いベンチ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
037

036

こちらは桜貝が拾える「増穂浦海岸」です。
キャンプ場もあり、とってもキレイな海岸線が広がります。
そして何よりも「世界一長いベンチ」があるのですよ〜!
増穂浦海岸にある、全長460.9メートルのベンチ。1989(平成元)年、世界一長いベンチとして、ギネスブックに掲載されました。
ベンチ付近は「サンセットヒルイン増穂」と呼ばれる夕日の名所です。「日本海に沈む夕日を見てほしい」という地元住民の思いを受けて、1987(昭和62)年に延べ830人のボランティアの手で組み当てられました。
このベンチは丘の上にあり、誰もいない浜辺で日本海に沈む大きな夕日を独り占めできる感覚に浸れます。いかがですか〜、カップルさんで(笑)
031

032

029

桜貝が拾えるのは冬の海が荒れた日の翌日が多いようです。
昔は桜貝が海岸線に、帯のようにピンク色に染まったそうです。
クマさん達も一応カップルです(笑)
033

しっかりと夏空になっている北陸方面、きっと梅雨が明けたことでしょう。
014

増穂浦海岸から能登半島を横切り、富山県側へ向かいます。
橋を渡って「能登島」へ!
024

イルカが見られることもある「はいから食堂」様です。
こちらでランチです。
018

自家用野菜が自慢のお店で、やっぱり「バーニャカウダ」でしょう。
019

nonko「能登牛バーガー」
ビーフパテはもちろん、フレンチフライまでが美味しいんですよ〜
020

娘こんなステーキ食べてるし〜、運転手だから仕方ないか・・・
021

〆は「庭園パスタ」です。
とても夏向きなパスタで、サッパリと楽しませていただきました。
022

能登ミルクのジェラートもオススメですよ〜!
023

昨日はイルカは見れませんでしたが、夏の海をいっぱい見てきました。
026

さ〜て、今日からまた頑張ってサマーギフトの準備をしています。
商品もいっきも入荷してきました。
気分転換も必要だな〜って感じた昨日でした。
【はいから食堂】様

DSCN0717

連日蒸し暑い大町、それでも「北アルプス国際芸術祭」のお客様がお越しくださっています。
当店試飲台では、nonkoが漬けた「瓜の粕漬け」と「かた大根漬け」を出させていただいてます。
どちらも自然海塩「海の精」を使用していますので、塩分補給にはよろしいかと思います。
店頭の水場もぜひご利用下さいませ。
DSCN0720

昨夏漬けた1年物です。歯ごたえもしっかりしているので美味しいですよ〜
DSCN0719

かた大根は昨年秋漬けたのですが、これも店主好みの味わいに漬かりました。
京都人なのに、信州の郷土食をご案内できるってチョッと嬉しいです。

*「7年熟成 幻の信州みそ」&「こしょう味噌」もぜひどうぞ!


【動画】
「若一王子神社例大祭」は、昨夜無事に終わりました。
昨日夕方、当店前で「巡行改めの儀」が執り行われ、そのあと各ご町内の勇壮なる射隊ボボ様、舞台が通過されました。

三日町ボボ様

【三日町ボボ様】
大黒町ボボ様

【大黒町ボボ様】
九日町ボボ様

【九日町ボボ様】
六九町ボボ様

【六九町ボボ様】
白塩町ボボ様

【白塩町ボボ様】
北原町ボボ様

【北原町ボボ様】
上仲町ボボ様

【上仲町ボボ様】
下仲町ボボ様

【下仲町ボボ様】
南原町ボボ様

【南原町ボボ様】
仁科町ボボ様

【仁科町ボボ様】
DSCN0659

射隊ボボ様が通過された後は、各ご町内の舞台が来られます。
大黒町舞台、雨の中本当に大変だったかと!ご苦労様でございます。
DSCN0661

我が九日町舞台も頑張ってられました!
18時半頃には皆様若一王子神社様にお着きになられたかと思います。
DSCN0666

私共は舞台が通過されると、いっきに時間が空き、お手伝いして下さったお客様と軽く慰労会です。
お祭時の当店運営に当たり、お手伝いしていただいたお客様には感謝感謝です!
その裏舞台は慣れない作業で大変だったかと・・・、きっと今日あたり皆様お仕事にならないかもしれません(笑)
それでも本通り上の神事が終わり、乾杯させていただいた時のお酒は格別でした。
ふと、自分自身が何年か諏訪湖の花火大会のお手伝いに行かせていただいた時のことを思い出し「あの時と同じだ・・・」と思い、感激しちゃいました(詳細はヒ・ミ・ツ).
DSCN0667

DSCN0669

もちろんクマさん達も仲間に入れてもらい、地元の中華料理と「十六代九郎右衛門・純米吟醸雄町」がバッチリの相性です。
DSCN0696

さっと夕食を済ませ、nonkoはクマさん達と若一王子神社様へ!
DSCN0682

沢山の露店も見ておかないと、「ゆかたまつり」や「やまびこ祭り」の仕入れにも勉強になります。
DSCN0678

境内本殿前では奉納囃子をされています。
ご町内の皆様も沢山お集まりの時ですね!
DSCN0671

DSCN0676

そして一日頑張られたボボ様はその間、本殿にて浴衣に着替えられお披露目です。
何とも可愛らしい〜〜〜、今回は雨ばかりでさぞかしお疲れのように見受けられます。眠いよね〜、眠いよね〜、でもよく皆様ケガもなく頑張られたと思います。
DSCN0685


【動画】
今日は朝早くからメイクをされ、夜の九時過ぎまで境内にいらっしゃり、地面に足を着けないと言う大変さ!本当にお疲れ様でした。
きっと御両親様も無事で何よりとホッとされていることでしょう。
DSCN0691

ボボ様をお見送りさせていただき、nonkoは我が町内の舞台の前で待機です。
いつもこちらの三重塔と重ねて見るこの雰囲気が大好きです。
京都では絶対にない雰囲気ですからね〜、それにご近所の方々と夜この場所でお話しするのも楽しみの一つです。
DSCN0692

奉納囃子を終えられた各ご町内の舞台が、後ろにドンドンと繋がってまいります。
ワクワクしちゃう夜のお祭です。

【動画】
堀六日町様の狐さんも見納めだ〜、今年もありがとうございます
DSCN0700


【動画】
各ご町内の舞台は、大黒町様の舞台の横を通られて、王子神社様の舞台庫に戻られます。
この時の「別れ囃子」が素晴らしいのですよ〜

【動画】
そして大黒町様の舞台よ後に「また来年頑張りましょう!」と言う気持ちで舞台庫へ戻ります。
DSCN0705

DSCN0712

若一王子神社様横の舞台庫には、次々にご町内の舞台が戻られてまいります。
ご町内の皆様もず〜っと無事に戻られるのを、見守ってられる風景に感動するnonkoです。
DSCN0716

全ての舞台が戻られる頃、大黒町様では舞台が町内まわりをされています。
県宝に指定されてる舞台は素晴らしいものがございます。
無事にお祭りが終わり、今週末29日(土)はいよいよ「大町ゆかたまつり」ですね!


【動画】
DSCN0617

「若一王子神社例大祭」、今朝は朝からボボ様が町内まわりをされていました。
【ボボ様】
若一王子神社の流鏑馬は、子供さんによるとっても華麗で勇壮な子ども流鏑馬です。子どもの流鏑馬を射隊(いたい)、射手をボボと呼び日本唯一ともいわれています。大町市内の各町の代表である10騎が、中央通りを行進して境内に集合し、多くの皆様の見守る中、白木を扇形に組んだ的に向かって馬上から矢を射る姿は夏の風物詩となっています。
DSCN0621
DSCN0622

我が九日町、記念写真もバッチリです。
DSCN0625

午後になると各ご町内のボボ様方が大町駅方面へ向かわれます。
こちらは三日町のボボ様です。
DSCN0627

お〜〜〜、大黒町のボボ様は、何とお世話になってます「北安大國・北安醸造」様の息子様なのですよ〜、伊藤社長様が先頭で歩かれています。
DSCN0629

頑張ってね〜〜〜!
DSCN0630

いつも人参が良くお似合いですね(笑)

【動画】
ボボ様が通過されると、俵町のチビッ子様方のお神輿がやってきます。
毎年楽しみなんですよ〜、元気いっぱいで頑張ってられます。
DSCN0632

午後から少し時間があったので、皆様で恒例の「土肥農園・どすいか」を楽しませていただきました。
DSCN0633

やっぱり笑顔になる「甘くてシャリッと!」した絶品どすいかです。
DSCN0635

土肥様はnonkoのお友達でもあり、土づくりからしっかりと頑張ってられます。
今でも昔言われていた「毎年が一年生なんです!」と言うお言葉がず〜っと頭に残っています。
束の間の幸せな「どすいか時間」で再び頑張れました!
DSCN0640
DSCN0641

夕方になるといよいよ「巡行改めの儀」が、当店前で執り行われました。
今年から当店前になったので大変大変!雨降っていたのにパニック状態でしたよ〜

035

037

039

おはようございます。
「若一王子神社例大祭・舞台曳揃え獅子神楽競演」でした。
朝からお手伝いのお客様のお蔭で店頭の準備もスムーズに終え、さぁ始まるぞ〜!と言う時に「雨」・・・
しかしながら雨の中多くのお客様にお越しいただきありがとうございました。

025

昨夜の舞台曳揃え、本通り信濃大町駅に近いほうから、各ご町内の舞台をご紹介いたしましょう。
【堀六日町舞台】
江戸前期の創建ではないかと言われています。嘉永元年(1848)に大修理をしたことが、天井裏に残されています。からくり狐を収めた箱には、嘉永7年(1852)の墨書きもあり、からくり狐が既にあったことが分かります。明治6年(1872)に火災の被害を受けました。その修復時に欄間彫刻や装飾を一新し現在のものが出来たと伝えられています。
昭和56年に大修理をしました。信太妻(しのだづま)伝説の信太の森の葛の葉狐が、安部保名と結婚し一子を授かった歌舞伎の題材からとった狩り衣装の操り人形の復元と、舞台囃子に合わせて軽妙に踊る信太の森の葛の葉狐も修復されました。巡業道中の祭り囃子は、この踊る狐に合うように、軽快に高い調子で囃します。(市役所HPより転載)

026

【九日町舞台】
創建は定かでありませんが、江戸時代後期のころと伝えられています。昭和56年に車体上部と飾り人形の修理を、昭和58年に柱龍を取り付け、昭和64年に車輪の取替えをしました。
人形飾りは、娘道成寺の「安珍」「清姫」です。江戸中期以降市中に発達した庶民文化の象徴的な歌舞伎の一場面を奉納・披露した氏子町民の心意気が汲み取れます。
舞台後ろの天井から箱に入った古いお面が吊るされています。能を伝える家筋の方からの寄進で、「鬼女の面」といわれ、取り出せば忽ちに大雨が降ると伝えられ、今も恐れられて誰も開けた者がいないとのことです。(市役所HPより転載)
今年は改修され、二層構造の舞台の引き手棒の塗り直しの他、屋根や飾られた人形「安珍」が補修されました。

027

【大黒町舞台】
2層構成、起破風(むくりはふ)の切妻屋根。転回が容易な3輪形式で、全体を軽くするため、寄木細工、柱の芯が虚ろになっています。1階の周囲には小さな庇(ひさし)をつけた出窓があります。この出窓や、庇の下には、立川流2代目和四郎富昌作の多くの彫刻が施されています。一部、立川3代目頃の7賢人の彫刻もあります。飾られている人形は、大黒町の町名に因んで大国主命です。
明治21年、人夫の日当10銭の時代に500円で松本市から譲り受けました。昭和58年に大町市有形文化財、昭和62年に「県宝」に指定されています。舞台の創設は文政9年(1826)となっています。(市役所HPより転載)

030

【五日町舞台】
現存する大町の舞台の中で1番古いといわれています。舟の山車であったものを改造したもので、舞台正面の屋根裏の所に、直径30センチ位の帆柱の穴があります。また、車の軸受けの桁が、3重になって見えるのも、舟の山車の特徴を示しているといえます。
昔は解体分解して、分散して何軒かの家の土蔵に保管してきました。火災などの災害から舞台を守ること、都度修理保全をするなど、氏子の知恵でした。彫刻が施された欄間を収納する箱に、「嘉永元年戉申(かのえさる)5月吉日五日町」の墨書きがあります。昭和50年の大改修には、舟の山車であったことを末永く後世に伝えるため、その特徴の保存に意を用いました。(市役所HPより転載)

031

【八日町舞台】
文久3年(1862)の建造とされています。特徴は、8人の代わりが出来る車と言う意味の大八車が基本となっています。朱を基調とした桃山風の屋根と調和していて、転換も容易で軽快・精悍・機敏に映ります。2階の幔幕(まんまく)は、白の裏を出して、表の赤・朱塗りとのバランスを考えて定着したものと思われます。
明治23年の大火で町が殆ど焼失した災害時にも、舞台は解体して、分散保管によって救われています。昔は、楠親子の湊川の別れの人形飾りがあったとの言い伝えがあります。 昭和58年に、大幅に解体修理、塗装をしました。平成13年にも一部修理と塗装を実施しています。(市役所HPより転載)

033

【高見町舞台】(当店前です)
柱に上り龍、下り龍の彫刻が特徴です。天保年間(1830〜43)に再建されたこと、大工は池田町の某との記載が残っています。火災により、2階の欄間2枚と車4個を焼いてしまい、何年か祭りに参加できない悲運もありました。
2階の飾りは、高見火荒神の御神体の獅子頭で、古びた布はその幌です。仁科盛遠が将兵の慰安や士気を鼓舞するためと、戦場での敵へ威しとして用いたとの口伝や、獅子宮の線で火災の延焼が止まったとか、何か事変が起こる前兆に口をパクパクして知らせてくれるとか、幌を新調したら翌日それがボロボロになっていたので以降新調しないなど神意の顕著な伝承が残っています。(市役所HPより転載)

021

022

【獅子神楽】

【動画】

大黒町様、堀六日町様の別れ囃子、「お互い明日も頑張りましょう!」と言う意味が込められているように思いました。

DSCN0569

DSCN0571

昨日は朝から店主のお友達にお手伝いいただき、見事なる売り場を作っていただき、本当に感謝感謝です。
ミニオンのピカピカペンダントや、今流行りの「光るハンドスピナー」も大人気でした!

DSCN0573

昨日の一番人気は「電球ソーダ」「電球オレンジ」でした。
010

午後からは可愛らしいお稚児様の行列もありましたよ〜〜〜!
012

「串揚げ酒場KAZANN」様のユウちゃん見つけた〜〜〜!
皆様暑い中頑張ってられました。

DSCN0616

今年も開運帳と、堀六日町様の舞台の前にて限定販売される「狐さんのバッジ」と「バタどら」をゲットすることが出来ました。
こちらは宵まつりのみの限定品です。
【限定バッジ】
●宵祭り 今晩かぎりの品です
安倍保名と狐の葛の葉との子である晴明を、祭り好きな子ぎつねの姿に手作りしました。今宵の舞台囃子の思い出、そして夏祭りの記念に、お守りとしてかわいがってください。
今年は、平成11年から作り続けてきた鉢巻の子ぎつねに加え、新たなバッジも製作してみました。
(堀六日町囃子保存会(文面より))
そして限定バタどらでございますが、村田屋菓子舗様、一日に焼かれる個数に限りがございます。ご主人様、無理をされずとこだわりの焼き上げを毎年変わりなくされています。

今日はまた朝から雨・・・、でも勇壮なボボ様を拝見でき、今日も一日頑張りま〜す!


【動画】
若一王子神社例大祭・舞台曳揃え無事に終わりました。
動画は「別れ囃子」の場面です。
明日頑張りましょうね〜〜〜!
【明日の日程】
歩行者天国 13時〜18時30分
流鏑馬通過予定時刻
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上仲町 → 下仲町 → 仁科町 → 信濃大町駅前ロータリーにて奉射(午後2:10頃) → 明治生命角 → 五日町集合(午後2:30)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:30) → いーずら大町特産館前奉射(午後4:35頃) → 上下仲町にて巡行改めの儀(午後4:45頃) → 九日町セブンイレブン前奉射(午後4:55頃) → 大黒町公民館前奉射(午後5:10頃) → 若一王子神社境内にて神事(午後5:30頃)

舞台通過予定時刻
【 下 り 】
三日町出発(午後1:00) → 大黒町 → 九日町 → 上中町 → 下中町 → 仁科町明治安田生命角 → 流鏑馬の後に順次続き五日町集合(午後2:45)
【 上 り 】
五日町出発(午後4:00) → 巡行改めの儀(午後4:45頃) → 最終舞台の五日町は午後6:30頃に若一王子神社着

本囃子・奉納囃子:午後8:00〜9:00(若一王子神社境内)

028

027

今年も明日22日〜23日「若一王子神社例大祭」が行われます。
毎年宵祭り(明日)の前日、今夜は高見町様のイベントに、堀六日町様がご招待されて楽しい夜を迎えてられる「高見町まつり囃子の夕べ」が開催されました。
子供さん達が手作りのステージでお囃子を披露して下さるのがnonkoも毎年の楽しみです。
お祭り当日は子供さんのお囃子ってないので、このようなかたちで子供さん方は浴衣やハッピを着て、頑張ってお囃子を演奏されていました。
楽譜があるわけでもなく、見よう見まねでこれだけのお囃子をされるのですからビックリです。
皆さんカッコいいよ〜〜〜!


【動画】
031

高見町様、いつも子供さん方を盛り上げていただき、素晴らしい取り組みをされていると思います。
お祭って「縦の繋がり」がとっても強いような気がしてなりません。これってとっても大切な事だと思うのです。


【動画】
038

堀六日町様、チビッ子さんがとっても多くなられました!
大人の方々は生ビールを片手に、焼き鳥や焼きそば、こういったご町内のお祭って良いものですよね〜!今年は例年よりず〜っと元気の良いチビッ子さんが多かったように思います。

042


【動画】
我が九日町も頑張ってられましたよ〜!
クマさん達も浴衣着てお邪魔させていただきました。

045

先程当店前で「八坂神社の前夜祭」が行われています。
明日は色々な行事がございますし、夜は是非当店店頭でお楽しみ下さいませ。

●7月22日(土)
八坂神社渡御祭 江戸時代の旧神輿の下をくぐって健康祈願!  tayori20170704.jpg
午後2時25分 九日町御旅所出発
午後3時30分 信濃大町駅出発
午後4時30分 神社着
稚児行列  
午後3時30分 信濃大町駅出発
午後4時30分 神社着
舞台曳き揃え獅子神楽競演 
午後7時00時 舞台曳き開始
◎舞 台 曳 き 開 始 午後7:00各町出発
高見町舞台 ヤマチキリ本店前
大原獅子神楽 長野銀行前
八日町舞台 市野屋前
五日町舞台 福島金物店前
大黒町舞台 大谷運動具店前
九日町舞台 ヤマチキリ前
堀六日町舞台 いーずら大町特産館前
午後7時30分 舞台囃子・獅子神楽演奏
午後8時45分 獅子神楽撤収・舞台移動開始


002

006

010

008

朝から「罰ゲーム」かと思うほど大変!
最近の大町は暑すぎでしょう〜〜〜!
京都の実家から大原のチリメン紫蘇が届きました。
やっぱり香りが良い〜〜〜!
この香りになれてしまっているので、毎年両親に送ってもらっています。

010

塩もみの塩ももちろん「海の精」デス!
これで漬けると体内の余分な水分が抜け、冷え取りになるような気がします。

012

014

一回目はサッともみ、2回目、3回目でキレイな紫色の汁が出てきます。
最後に梅酢でもむと鮮やかなピンク色になるのですよ〜、今年も良い梅干しが出来ますように・・・

DSCN0475

裏が黒部漁港!
昨日の定休日は娘の公休と重なり、富山方面へ海を見に行こうと!
久しぶりに生地の「魚の駅」へ行ってまいりました。

DSCN0472

やはりこの季節「岩牡蠣」は外せませんよね〜、磯の香りタップリの味わい、身体にミネラルが浸透していくのがわかります。

DSCN0473

お刺身をいただきながら、ドライバーが娘だと言う安心感で店主の昼酒(笑)
地元で水揚げされたお魚はやっぱり美味しいですよね

DSCN0474

「ナンダ」の煮付けも珍しい〜〜〜、「これ何て魚?」「ナンダ!」みたいな会話がはずむ地方名です。新潟では「キツネ」、島根あたりでは「ババア」と呼ばれ、とっても珍重されているお魚です。
大阪などからは「ババア鍋ツアー」等と言われるツアーもあるようです。

DSCN0477

お魚を食べた後は町めぐり、生地は「清水(しょうず)」が各ご町内で管理されていて、生活の一部として使われています。

DSCN0476

三段ぐらいになっていて、一番上段が直ぐに口に入るもの、下に行くほど違うものに使用されるようです。

DSCN0479

生地の海は富山湾が一望できます。

DSCN0478

昨日はクマさん達も一緒でしたよ〜!

DSCN0480

夕陽に照らされる民家がとっても素敵に映える場所なのです。
しか〜〜〜し、暑すぎるでしょ!
ダメダメ〜〜〜!

DSCN0482

DSCN0481

あまりの暑さに山の方へ・・・
生地からは宇奈月温泉が意外と近いんです。
温泉街から奥の奥へ車を走らせ「尾の沼体験交流施設 とちの湯」様へ!

DSCN0487

DSCN0488

「とちの湯」様、館内はとっても清潔感があり休憩室からは迫力の景色がお楽しみいただけます。

DSCN0491

DSCN0485

DSCN0483

DSCN0484

露店風呂からは「トロッコ電車」が見えるのです。
源泉かけ流しではありませんが、穴場とも言うべき日帰り温泉施設です。

DSCN0494

DSCN0496

帰り道、ちょうど越中境の宮崎海岸、「栄食堂」様では店主が「タラ汁」を舌鼓!
昔ながらの長距離トラックの運転手様ご用達のお店です。

DSCN0499

DSCN0500

DSCN0501

夕陽を見ながら大町へ帰って来ました。
チョッとしたプチ旅行気分の昨日でした。

DSCN0519

DSCN0520

梅雨が明け大町も猛暑です。
今夜は昨日生地でゲットした「水だんご」が心地良く美味しい〜〜〜!
黒部市生地地区は黒部川の伏流水が街のあちこちから湧き出る「名水の里」として知られています。「清水(しょうず)」も各ご町内で管理され、生活用水として使われています。
水だんごはここに古くから伝わる庶民的な食べもので、名水で冷やすところからその名が付いたようです。
黒部の名水にちなんだブランドはたくさんあるが、これが元祖といっても過言ではないようです。
nonkoはいつも地元のスーパーでゲットしてきます。
水だんごは上新粉に片栗粉を混ぜて蒸し、これを棒状にしてひと口大に切ったものを黒部の名水でさっと洗って、その上に砂糖入りのきな粉(大豆粉)をかけていただくシンプルなものです。
お水が美味しい大町でも、このようなものは出来るのでは?
福井県小浜市の「くずまんじゅう」同様、「水」が豊富で美味しいところの昔ながらのスイーツですね。
【生地まちあるき(清水めぐり)】【尾の沼体験交流施設・とちの湯】様

DSCN0441

DSCN0444

今年も22日の夜「若一王子神社例大祭・宵祭り」より販売の「南高梅ジュース」が出来上がりました。
今回は追熟させたので、香りも旨味もバッチリですよ〜!

DSCN0463
DSCN0470

DSCN0460

夜は東御市より初入荷の「ぼんじゅーる農園」様のワインのテイスティング!
エチケットが何とも可愛くって、思わず抱きしめたくなるようなピノノワールです。
ピノノワールは通常「赤ワイン」になるのですが、白ワインのように醸造され、この夏にはピッタリの味わいです。今夜は何が合うかな〜なんて色々用意し、意外だったのは「鰻の白焼き」に「ピノノワール」の赤がバッチリでした。
白はパンと小谷の若栗のチーズに少〜しハチミツをトッピングしたものが美味しかった〜!
これからがとっても楽しみな農園様です。
DSCN0469

DSCN0465

DSCN0464

詳しくはこちらからどうぞ!



【動画】
さて我が町内では「若一王子神社例大祭」のお囃子の練習が始まっていますよ〜〜〜!

DSCN0425

DSCN0428

三連休終わりました!
今日は試飲台にて夏野菜の天ぷらをお楽しみいただきましたよ〜
店頭ではこの三日間、水場に流れる大町の美味しいお水をお楽しみいただきました。
とっても忙しかったですし、楽しかったです!
多くのお客様とお話が出来ることに感謝です。
そして店頭の七夕様がこんなに賑やかになりました。

DSCN0437

DSCN0439

今年も事務の窪田さんのご実家にお世話になり、立派な七夕様の笹が店頭に飾らせていただいてます。
一生懸命に書いてくれるチビッ子さん、そして大人のお客様もありがとうございます。

DSCN0434

このお言葉に涙が出そうになりました。
良かった〜、お客様やっぱり暑くって喉かわいてられたんだ〜、なんて思ったりしてました。
お商売をやっていると、いつも考えることは「お客様の立場になる」と言うことも常に頭に入れています。大切な事だと思うのですよね〜〜〜
三連休ご縁のございましたお客様、本当にありがとうございました。
また是非大町にお出かけ下さいませ。

DSCN0393

DSCN0394

毎朝店頭のお花を生け直し、たまには「北アルプス国際芸術祭」にお越し下さったお客様気分になって、店頭の「おもてなし小皿」で朝食も良いものです。
これって意外と大切な事なのでは?そんな気がいたします。
桶のお花をカメラに撮っていただくシーンを拝見させていただくと、やはりこの場所は維持しないといけないな〜って思います。

DSCN0395

今回の芸術祭、7月に入り本当に暑さに気を付けていただきたいですし、土日などは昼食場所がいっぱいだと言うお話を耳にします。どうぞ、当店店頭を是非ご利用下さいましたら幸いでございます。

DSCN0416

今日も一日ドタバタしてようやく事務所の椅子に座れたよ〜〜〜!
店頭では多くのお客様が水場で大町のお水をお楽しみ下さり、「美味しいですね〜、これほんとに水道水?」なんて会話も!
DSCN0402

DSCN0407

DSCN0409

DSCN0421

DSCN0414-1

店内試飲台では「ヤングコーンの天ぷら」そして「キュウリの粕もみ」も!信州の今はやっぱり「粕もみ」ですよね〜
昼間は前代未聞のお客様が通られ、店内も駄菓子があるのでとんでもないお客様でした。でも心地良いんですよね〜、お客様に支えられてるって感じで嬉しくなっちゃいます。何をすればお客様がお喜びいただけるか?考えるだけでワクワクしちゃいます。
疲れ?そりゃありますが、嬉しさが全て疲れを取っちゃいますよ〜、明日も精一杯お客様にお楽しみいただきたい、ただただそんな気持ちで明日も頑張りま〜す。
【北アルプス国際芸術祭】

DSCN0365

コンコンチキチン♪の祇園祭の頃は、やはり「鱧の落とし」が食べたくなります。
大町駅前の「四季菜 葉月」様、板さんの平井様は生粋の祇園町生まれ、炭屋旅館仕込みの落としは京都人もビックリです。

DSCN0368

nonkoは梅肉ではなく「酢味噌」でいただくのが好きなんです。

DSCN0369

昨日は岩牡蠣もあり、店主もnonkoも元気が出ちゃいます!

DSCN0373

店主の好物は小鮎の塩焼き!
メニューには「天ぷら」とありますが、我が儘言って毎回塩焼きでお願いしちゃいます。
旨味の凝縮感が別格ですよ〜

DSCN0374

〆は天丼!
この衣の付き方がホント美味しいんですよね〜〜〜
大町で京風のお料理が楽しめるのって嬉しいです。

【四季彩・葉月】様
大町市大町3205
TEL:0261-85-2557
営業時間:11:00〜14:00 17:00〜24:00
定休日:月曜日

DSCN0355

お待たせいたしました!
今年も「チビッ子うちわ絵」展示中恒例の「駄菓子のコーナー」が出来ました!
お父さんお母さんはもちろん、オジイチャン、オバアチャンもお孫さんとご一緒に遊びにいらして下さいね〜〜〜!

DSCN0364

DSCN0363

懐かしい駄菓子を始め、今風の駄菓子、チビッ子さんだけでなく、大人の方々にも懐かしい駄菓子たちでございます。
これも「西日本」と「東日本」では好まれるものも違い、食の文化は面白いものです。

DSCN0358

DSCN0359

今年も可愛らしいパッケージをご用意させていただいてますので是非どうぞ!

DSCN0352

明日からの三連休、北アルプス国際芸術祭に伴い相当なお客様がいらっしゃると思います。
無理をされずに芸術祭をお楽しみいただけますよう、当店店頭では水場を設けております。
ゆっくりと休憩されてお楽しみ下さいませ。

DSCN0278

また一軒おいてお隣りには休憩所も設けられております。
DSCN0280

アーケードの間にもこのような休憩所がございますので、是非ご利用下さいませ。
明日は当店前の商工会議所駐車場にて、15時まで「荷ぐるま市」も開催されますので是非どうぞ!

DSCN0341

DSCN0339

今日は地元市内の小学校の皆様が「北アルプス国際芸術祭」に来て下さってました。
店頭のお水場でお楽しみいただき、ありがとうございました。
きっとこの子たちが大きくなった時に、暑い中地元大町のお水が美味しかったことを思い出してくれると嬉しいです。

DSCN0351

子供さん方を見ていると、そろそろ駄菓子のコーナーを設けなきゃな〜、なんて思い、準備にとりかかっています。

DSCN0342

これどんな味なんだろう?勇気がない・・・
「窪田さ〜〜〜〜〜〜〜〜ん、お願い!」

DSCN0344

DSCN0345

いつも試食をしてくれる事務の窪田さん、その味わいの感想を聞くと、そんなに酸っぱくないって〜、恐る恐るnonkoが口にすると「アッ、酸っぱい(笑)」って・・・、「嘘?酸っぱいですか〜?」そんな感じです。

DSCN0347

こちら子供さんより、大人の方の方が好きかもしれませんね〜、最近の動向を拝見していると、昔ながらの駄菓子よりも、少しジョークを交えたものに人気が集中しているような気がします。
明日の夕方までには売り場を完成させちゃいますね〜

DSCN0275

DSCN0270

「北アルプス国際芸術祭」、こちらは「宮の森自然園」の「Trieb ―雨為る森― 遠藤利克」様の作品のすぐ近くです。
こちらは「水面の風景―水の中の光〜山間のモノリス 平田五郎」の作品がございます「大出地区」です。
このあたりは蛍の生息地、素晴らしい自然を守っていただけるために制作された作品です。
水の音がどこからともなく聞こえ、全く違った世界に入り込んだような錯覚・・・、夏のお花も迎え入れてくれました。
DSCN0263

DSCN0265

DSCN0266

DSCN0267

DSCN0268

DSCN0271

クマ鈴が置かれていますので、是非お持ちになって散策なさって下さいね。
DSCN0273

会場でた後のこちらも芸術作品かと思っちゃいました(笑)
【北アルプス国際芸術祭】

DSCN0228

「北アルプス国際芸術祭」、木崎湖畔にある建物、毎年「信濃木崎夏季大学」が開講されるところです。
こちらに展示されている作品は「アルプスの湖舟・杉原信幸」様によるものです。
DSCN0207

DSCN0209

DSCN0217

DSCN0219

DSCN0220

DSCN0221

DSCN0223

山間の湖面に映る倒立したアルプスを造形した作品で、何でできているんだろう?
そんなことを思いながら近づいてみると・・・
DSCN0210

DSCN0215

ビックリ仰天「お米」なんです。蚊帳に貼り付けて・・・、とご案内されていますが、nonkoの仕事上これは「日本酒の醸造」と言うことを思い浮かびます。この「蚊帳」が、お米の蒸しや放冷に使用したり、お米を包んで運ぶ時に使用される「敷布」にそっくりなのですよ〜
DSCN0218

会場からの窓越しに見える木崎湖もいいものでしょう。
DSCN0227

日中どんなに暑くても、夕方には心地良い風が吹き出しました。これが大町なんですよね〜!8月になりますと「信濃木崎夏季大学」も始まりますので是非どうぞ!
【北アルプス国際芸術祭】
【信濃木崎夏期大学】

022

朝から感動しました!
当店一軒おいてお隣の空き地に、北アルプス国際芸術祭の実行委員様が「休憩所」を設けて下さいました。嬉しいですよ〜、ご来場下さった皆様には、万全の体調でまわっていただきたいものです。
ふと見るとお一人の女性がゴミ袋片手に道路をきれいにして下さってます。お声かけしたら、何と隣組の商店主のオバチャン!
何とも感動致しました。こうやって自発的に町が動き出しています。文句を言う人ほど何もされないのが現実!!!
オバチャンとっても素敵ですよ〜〜〜!
我が町内の商店主のオバチャンです!!!
今日は当店もいつもより多くの紙コップを出させていただいてます。どうぞ御気分が悪くなられる前に休憩をなさって下さいね。

027

その後またまた女性商店主様、自発的にテーブルとプランターのお花を置いて下さいました。
メチャクチャ嬉しい〜〜〜!

024

025

028

当店店頭でも多くのお客様が水場でお楽しみいただきましたよ〜!
せっかくお越しいただいた芸術祭で、体調崩されることが一番つらいですから・・・
オバチャンを見習って、当店も出来ることを頑張らせていただくつもりです。
この芸術祭、作品も凄いですが、迎える側の皆様の心からの「おもてなし」が、ドンドンと広がっていくような気がしてなりません。そして実行委員の皆様も以前とは全く違います。気軽にお声かけしていただき、町が一体化している様な・・・、そんな気持ちがいたします。

032

035

この土日は、イベント時にお手伝いいただくお客様が関東からお泊りでお出かけ下さり、昨夜は夕涼みの夕食です。色々と打ち合わせも多いですからね〜


夏祭りで販売を考えているこんなポット、笑っちゃいますよね〜〜〜〜〜〜〜!
でも頑張っちゃいますよ〜〜〜!







【動画】
「北アルプス国際芸術祭」、中山高原で毎週「金曜日」「土曜日」に開催されています「花咲く星に 青島左門」様、素晴らしすぎる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
こんなに素敵な七夕さまの夜をありがとうございます。
一生忘れられない日になりそうです。
芸術祭、開催していただきありがとうございます。

19731979_1411514258939288_8676797636859656111_n

19756639_1411514172272630_90958217041331335_n

19756646_1411514202272627_6986817903601101465_n

19884007_1411514138939300_9160806849997968280_n

DSCN0165

DSCN0167

DSCN0159

小さな花たちがとっても幻想的に踊ってくれています!
DSCN0158

DSCN0156

「農園カフェ・ラビット」様も営業されていますのでありがたいですね!
【北アルプス国際芸術祭】

DSCN0151

DSCN0150

今年も店頭に七夕様の笹が無事に立ちました!
毎年事務の窪田さんのご実家よりいただいています。嬉しいですよ〜〜〜、毎年ありがとうございます。

DSCN0139

窪田さん、nonkoをこっそり撮ってくれたみたいですよ〜

DSCN0140

DSCN0141

DSCN0144

DSCN0146

DSCN0142

笹は採りたては水分を含んでいるので重いのですが、一週間もすれば軽くなるんですよね〜
どうぞ皆様、店頭の七夕様の短冊に、お願い事を書いてみて下さいね!
DSCN0119

DSCN0118

DSCN0117

「北アルプス国際芸術祭」、当店は店頭にて水場を設置させていただいてます。
どうぞ大町の冷たくて美味しいお水を存分にお楽しみ下さいませ。
また一軒お隣の空き地には、実行委員会よりテントと椅子の設置をして下さるようです。
町なかをゆっくりとお楽しみ下さいませ。
インフォメーションではこのようなご案内をされています。
インフォメーションセンターの機能
・芸術祭インフォメーション
・パスポートチケットの販売
・オリジナルグッズの販売
・マップや広報物の配布
・芸術祭限定大町のミネラルウォーター無料配布
・実行委員会事務局
・レンタサイクル貸出
・アルプバス/東山タクシー発着
・ボランティアサポーターインフォメーション
・ 原 倫太郎+原 游作品展示
何かご不明な点がございましたら、こちらからお問い合わせ下さいませ。

信濃大町駅前インフォメーションセンター
TEL 0261-23-5500
FAX 0261-85-2772

017

大町帰ったら深呼吸できる〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
今日からまた桶の中はアジサイに変わりました。
その前に午後からは追熟していた南高梅を「ジュース用」と「梅干し」様に漬け込みましたよ〜!

036

037

今年も30キロの南高梅が届き、大阪出張の間に冷蔵庫で追熟していました。
とっても良い香りがするんですよ

030

サッと洗ってジュース用にまずは冷凍する前に水気を切ります。

031

032

水気が切れたら直ぐに冷凍庫へ!冷凍することでより果汁が出やすくなるようです。

039

043

梅干し用は塩漬けだな〜〜〜!
もちろん自然海塩「海の精」で〜す。

DSC_7774

DSC_7785

急遽大阪仕入れに来ています!
とにかく台風は来るわ、蒸し暑いわで、いいダイエットになるかも(笑)
例年でいくと、京都の祇園祭の頃に行くのですが、これも芸術祭効果と言うものなのでしょう。
実家に寄れないのが残念です。

DSC_7782

今月から来月にかけてはお祭りも多く、光る玩具を探すのが大変〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
何がいいかな〜〜〜、nonkoはこれが気に入った!!!

DSC_7801

食品仕入れもあったり、ラッピングのパーツはこのようなとんでもないところへ行きます。
もうこのお店は30年以上通っていますね〜

DSC_7803

二十歳前後の頃、フラワーショップにいて、よくこちらのお店に視察に来たものです。
今でも安くて鮮度の良いお花を販売されているということは、それだけ需要があると言う事なのでしょうね!

DSC_7799

もちろん大町のママさん方お気に入りのこちらもゲットですよ〜〜〜!
大阪で人気のたこ焼きやさんのものとそっくりな味わいです。
大町でも大阪の味わいがお楽しみいただけますよ〜

DSC_7796

それにしても暑すぎやろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



056

057

「北アルプス国際芸術祭」、場所は「大町エネルギー博物館」の壁に描かれている「土の泉・淺井裕介」様の作品です。とっても大きな作品でしょう。実は「信濃大町2014―食とアートの廻廊―」で大町名店街に制作・展示された作家様なのです。
DSCN8876

大町名店街にこのような作品を展示されたのご記憶にありますよね!いくつもの物語が重なり絡まりあい、オリジナルの地上絵を完成させられました。
「全ては美しく繋がり還る・淺井裕介」様の作品です。
スケールの大きな作品を手掛けられる作家様なのでしょう。
北アルプス国際芸術祭】

DSCN0069

DSCN0067

今日の大町商店街本通り・人・車・人・・・
これも「北アルプス国際芸術祭」の影響なのでしょう。嬉しいな〜〜〜!

DSCN0064

今日も一日来て下さいました「コタケマン・セルフ屋敷2」
ご近所の皆様と歓談されながら、お客様にも普通に接して下さるコタケマン様、そのお人柄は芸術祭前から感じていたのですが、本当に心優しい方だと思います。
今ではもうご近所のオジサマ方にいじられて笑っちゃうほどです。

DSCN0066-1

お客様の子供さんを抱っこされながら歓談されるコタケマン様で〜す!
DSCN0063

今日は当店も試飲台にて「そば粉の薄焼き」をお楽しみいただきましたよん!

DSCN0054

見て見て〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!nonko作!
今日は当店前で「荷ぐるま市」が開催されていました。
雨の中出店された方々大変だったと思いますが、お疲れ様でした!

DSCN0037

DSCN0040

お昼過ぎに「北アルプス国際芸術祭」のアーティスト「コタケマン」様が会場に来て下さり、チビッ子の皆様に可愛らしい小物の絵付けを体験させていただいてました。nonkoもやりたい〜〜〜!って事で参加させていただきました(笑)
ちょうど大町のブドウ栽培農家「矢野園」様がご来店、長男そうた君も一緒に!

DSCN0042

DSCN0047

そうた君凄い集中ですよ〜!

DSCN0048

牛越市長様も激励に駆け付けて下さり、雨でも皆様で盛り上げて下さった「荷ぐるま市」でした。

DSCN0055

そうた君ヤッタネ〜!アーティストだよ〜〜〜!

DSCN0057

nonkoは出店されていた「レストランくんくん」様の大きな「チキンカツ」に大満足です!
大きいのに油っこくないんですよね〜、今度お店にお邪魔させていただこう〜っと!

このページのトップヘ