呑ん子の放浪記

信州信濃大町     横川商店スタッフブログ

2018年02月

DSCN5685


【動画】
凄い会場でしょう!!!
2月24日(土)、日が暮れる頃始まりました「余市のワインを楽しむ会」、今年で25回目だそうです。
嶋余市町長様の乾杯と同時に始まりました
DSCN5689
DSCN5691
DSCN5692

会場に向かうキャンドルがとっても幻想的なのです。
これは実行委員の皆様の「おもてなし」とも言うべきなのでしょう。
会場建物入り口にはご参加のお客様に「こんばんわ〜」というお声かけ、気分はどんどんと盛り上げってきます。
年々と盛り上がりチケットも入手が難しくなっているようにお聞きしています。
元々は地元のぶどう栽培家の方々の試飲会から今のような大人気のイベントとなったようです。
今では実行委員会ができ、地元のワインブドウ生産者の方々と一緒に頑張って開催されています。
余市のワインぶどうを使用されて醸造されてる道内のワイナリー様、また余市のワインぶどうを使用されて醸造されている、本州からのワイナリー様もご参加されています。
28168270_1619869941437051_1462926339448415844_n

28276716_1619869981437047_1512911064893851890_n

最初にお世話になってますワイナー「ドメーヌ・タカヒコ」様のブースにお邪魔させていただきました。
今回は春にリリースして下さる「ナナツモリ・ピノノワール2016」も、昨年同様「亜硫酸」が添加されているものと、いないものの飲み比べです。
nonkoの舌ではまだまだ比較できないですが、最初の口当たりが違うような気がするのと、例年より果実味を感じます。
また「ブランドノワール」は、優しさを感じながらも、繊細な味わいが交差するような・・・、もしかして本州で流行ってる「オレンジワイン的」なものの火付け役かな?
日本においてのワイン造り、海外と同じものを目指されるのではなくて、余市と言う場所でしか作れない、その土地の気候風土を表現できるものをと、オーナーの曽我貴彦様!
ナナツモリの様な繊細で滋味で奥行きのあるワインを作られたいと言われています。
その年その年のぶどうの出来具合い、それに合わせてどのような感じで醸造をされて行かれるのか、毎年毎年少しずつ色々変えられているのでしょう。
余市は海もあり、森もあり、海の幸も森の幸も豊富です。でも本州の「食風土」とはまた違うのです。
春にはまたリリ―スして下さるそうです。
28167440_1619870034770375_1536170817888813961_n

28168480_1619870071437038_8553194659564930862_n

「ドメ―ヌアツシスズキ」様、ドメーヌタカヒコ様にて研修されて、2015年よりワイナリーを設立されました。
昨年より当店にもワインを分けて下さるようになり感謝感謝です!
畑にお邪魔させていただいた時は、気の遠くなるような大きな畑の草抜きをされていました。
ワイナリーを見学させていただいた時には、「ここはリンゴの保管庫だったのです」と!
石蔵を改装された醸造場でした。
よく拝見する大きな「プレス機」はなく、小さなバスケットプレス、樽、樹脂タンクがあるだけの醸造設備です。
あまりに素朴な醸造場でビックリした記憶がございます。
体力的には相当きついと思いますが、その分細かなサジ加減的な醸造センスが光るのだと思います。
ご自分の造られたいワインのイメージをしっかりと持ってられる方だと思います。
春にはまたリリ―スして下さるそうで、試飲の本数があまりに少なそうでしたので、あえて先日北海道内限定で発売された「ヨイチロゼ」をいただきました。
28276763_1619870134770365_5374576111392076738_n

28279290_1619870168103695_1238555362222879374_n

「サッポログランポレール・弘津ヴィンヤード」様です。
一本のワイン「ケルナー辛口」と出会い、信州の酒屋で売れるのかな?と思いながらも、その味わいは本当にnonkoが惚れ込んだ味わいです。今では信州産のワインを脅かす存在です。
和食全般との相性がよく、お客様にも大絶賛です。
特別な日には赤の「ピノノワール」も是非どうぞ!
何年か前のこのイベントでお会いさせていただき、「ぜひ畑を見に来てください!」と言って下さり、時々お邪魔させていただいてます。今では代替わりされていますが、親子様の会話が漫才のように面白いんですよ〜
いつも温かく迎え入れていただき、とっても嬉しいです。
28056621_1619870214770357_8704418636083471800_n

「北海道ワイン」様、まだ「鶴沼ワイナリー」様のお取り扱いのみでございますが、今回「余市のぶどう」を使用された面白い一本を見つけちゃいました。
やはり日本で一番大きな「国産ぶどう」のみを使用されたワイナリー様なのです。
昨年は余市のワイン会の前に、小樽のワイナリー様にお邪魔させていただき、その歴史や会社の方向性などを勉強させていただきました。
nonkoの中ではお恥ずかしいですが、知らないことだらけだったのです。
同じ北海道ワイン様でも、「余市」と「鶴沼」では気候風土が随分と違います。
これもワインの味わいにはしっかりと出てるからワインはある意味「農産物」だと言えるのでしょうね〜!
28378556_1619870254770353_2832716349453109116_n

昨年もお会いさせていただいた「田崎正伸」様は、余市では「葡萄作りの匠」シリーズで素晴らしいツヴァイゲルトレーベを栽培されています。
nonkoの事おぼえて下さっていたんだ〜!
28276617_1619870304770348_3557578843778857728_n

28168739_1619870331437012_4692661077863992897_n

28059396_1619870374770341_8191210859542505140_n

「ココファームワイナリー・ブルースガットラブ」様は、北海道でも岩見沢にて「10R(トアール)ワイナリー」を設立され、数々の栽培家様の「カスタムクラッシュワイナリー(受託醸造所)」としてご活躍されています。
もちろん野生酵母にての醸造ですが、「月を待つ」のケルナーの旨味・甘味にビックリです!
「ぴのろぜ」は、余市のピノノワールを、栃木の「ココファームワイナリー」様にて醸造された貴重な一本です。
28472224_1623961157694596_4003587761437437761_n

「リタワイナリ―」様の「メルロー」は、まるで信州産のようなメルローの味わい。
少〜しだけろ過をされているようです。
28576228_1623961187694593_1150408958968816241_n

また「余市ワイン」様の「アルモノワール」も興味深く楽しませていただきました。
「ツヴァイゲルトレーベ樽熟」も美味しかった〜、北海道のワインのレベル凄い凄い〜!
28377576_1619870664770312_5852892397230870657_n

28279754_1619870634770315_448648458135250_n

会場では地元の方々の手作り料理がならび、ご提供されている方々もとっても笑顔で楽しそうです。
これってとってもフレンドリー
28378025_1619870708103641_346048593827957156_n

この笑顔は「おもてなし度200%」だと思いますよ〜、お金出しても買えないものですもの!
28379337_1619870534770325_3782085310374001912_n

「コトリアード」もあり感激!
濃厚なスープですよ〜!
28378041_1619870491436996_346618205126509009_n

余市では毎年楽しみにしている「鹿料理」です。
まずは燻製とカルパッチョです。
ホントホント臭みがなくて美味しいです。
28167096_1619870464770332_7761419700257535455_n

これも鹿?少し豚ミンチを混ぜられているようです。
めちゃくちゃ美味しい〜〜〜!
28279020_1619870411437004_4516177270249392664_n

28059505_1619870438103668_4649717109629675201_n

何度か自宅でもやってみた「トマト鍋」ですが、基本となるトマトジュースが違うので、出来なかったんだ〜!
このジュースがブレンドされているようです。なぜ余市がトマト栽培に適しているのでしょう?これもとっても興味があることなのです。
DSCN5681

お客様方の各テーブルには仕出しのオードブル、凄いでしょう
ふつうはこのようなイベントではお腹一杯になることってまずないですよね〜、もう食べきれないほどありますから(笑)
28279137_1619870608103651_1914635157598601344_n

忘れちゃいけない「黒松内」より「アンジュドフロマージュ」様のチーズです。
いつも空港でゲットしてきちゃいます。「ミルク」の風味がたまりませんよ〜
DSCN5686


【動画】
そして終盤は「お楽しみ抽選会」です。
当たれば好きなものをゲットできます。
司会は「弘津ヴィンヤード」の息子様、そして「道産ワイン応援団・荒井」様です。
お二方ともnonkoがとってもお世話になっている方々です。
28279738_1619870738103638_6665167399286945070_n

また余市に来るとお世話になる「中根酒店」様、とっても素敵な「石井もと子」先生は東京からわざわざご参加下さったそうで、かつて「大町のワインぶどう生産組合」の雑誌掲載もしていただいた先生です。
DSCN5693

DSCN5694

帰りがけ、消えかけているワインボトルキャンドルの灯りを守って下さっていたスタッフの方々がいらっしゃいました。会場からはまだ歓声が聞こえています。
皆様が個々の役目を担い、素晴らしいワイン会が続いています。
高価な食材は決してないですが、これ以上の温かみのあるワイン会はないと思います。
余市のワインを楽しむ会にカンパ〜〜〜イ

FB_IMG_1519770185041

久しぶりに小樽の運河沿いを歩きました。
日本人がいない〜〜〜〜〜!
飛び込んだレトロなお店で「コトリア―ド」と言われるス―プに出会いました。
ブルターニュのブイヤベースともいわれる「コトリアード」は、ブルターニュの郷土料理だそうで、魚介に根菜を加えて煮込む、白いスープです。
後志地区でフェア―をされているようなので是非この機会にどうぞ!
http://shiribeshi-gourmet.com/shiribeshi/
FB_IMG_1519770194706

その味わいですが、サラサラしたス―プなのに、濃厚な味わい、白ワインはもちろん、赤でもOKでした。
FB_IMG_1519770207322

ヴィネグレットソース(オリーブオイル、ビネガー、塩、きざみエシャロットを混ぜたもの)を添えられていて、これがまた楽しめるのです。
新鮮なお魚だから出来る味わい、これはお魚が手に入ったら松田牛乳で作ってみたいな〜
FB_IMG_1519770221083

当店お取り扱い指せていただいてます「北海道ワイン・鶴沼シリ―ズ」に良く合いましたよ〜

DSC_1075

DSC_1064

昨夜開催されました「余市のワインを楽しむ会」、嶋余市町長様の乾杯で開幕!大勢のお客様で大盛況でした。道内のお客様だけではなく、本州からも沢山の皆様が余市のワインぶどうを使用されたワインをお楽しみでした。
nonkoは毎年参加させていただいてるのは、大切なお取引先様がいらっしゃるのと、ほんとうに温かみを感じる「手作りのワイン会」だと感じているからです。イベントがドンドン人気が出ているのは、そう言った主催者の方々のご努力の賜物だと思います。皆様が楽しそうにしていらっしゃるご様子は、参加させていただいていても気持ちの良いものです。
「元々は栽培農家様の呑み会だったのよ〜!」っと、サッポログランポレ―ルの契約栽培弘津さま始め、お取引先様、また余市に来てからご縁のある皆様、とっても楽しく有意義な夜でした。

28059499_1616765691747476_7770760727103514632_n (1)

極寒の大町ですが、小さな春を覗かせてくれています。
DSC_0925

DSC_0920

陽射しも「春」って感じで、今日は北アルプスもとってもキレイです。
どうぞ早春の大町にお出かけ下さいませ。

DSCN5623

DSCN5625

朝から今年1年分の医療費をまとめていました。
まさかのまさか、こんなにたまっているとは・・・
しかもいつの間にか几帳面に残している自分・・・
お医者様通いが日課になることだけはしたくないです(笑)
DSCN5629

今夜は前回好評だった「しじみ鍋」
昆布出汁にたっぷりのシジミを入れて楽しみます。
野菜の甘味がとっても美味しく感じます。
前回は「ラーメン」を入れましたが、今回は「すいとん」です。
寒い大町には欠かせないお腹のあたたまる鍋ですね!

DSCN5609

待ってた〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!午前中に中山高原へ行ってきました。
大町のワインのヴィンテージが新しくなったので、一緒に持って写真撮りもね
今日は春の陽射しをも感じる一日でした。
DSCN5602

DSCN5611

DSCN5618

DSCN5613

DSCN5619

DSCN5590

DSCN5621

DSCN5591

DSCN5592

DSCN5594

DSCN5605

DSCN5589

「農園カフェ・ラビット」様もまだ冬眠中で〜す!


【信濃国松川饗岳太鼓】

【夢花火】
昨夜開催されました「大町温泉郷夢花火と音の祭典」第3週目です。
お隣りの松川村より「信濃国松川饗岳太鼓」の皆様の演奏、腹の底まで響き渡る和太鼓の迫力、そして美しい冬の花火、それをより最高の雰囲気と盛り上げてくれる「チラチラ降る雪!」
まさに昨夜は冬の大町の醍醐味をいっきに感じさせていただきました。
011

036

031

昨夜は店主も松川の饗岳太鼓を見たいと!
お店の車で温泉郷へ!都会と違い、駐車する場所はいっぱいありますから楽チンです。
もちろんクマさん達も一緒です
焚火もあるので、そんなに寒くは感じず、約60分楽しませていただきましたよ〜
038




034

篠笛と一緒に太鼓の音が響き渡り、そこに小雪が舞う・・・、何とも言えず素晴らしいです!

039

そして毎年会場のお客様にも太鼓を叩かせていただけるのです。
チビッ子さん達や、海外からのお客様は大喜びです

042

044

「大町温泉郷夢花火と音の祭典」、いよいよ来週は「源流美麻太鼓」の皆様です。
そして最後となりますので、是非皆様お出かけ下さいませ。
【大町温泉郷夢花火と音の祭典】

全国から「食材」「こだわりの食品」「厨房関係」「パッケージ類」等が集まるこのイベント、三日間で約10万人の関係者がご来場されたそうです。nonkoもその一人なのだ〜!
大きな大きなブースがいくつもあり、本来なら3日間見ても足りないぐらいの出店者数、なのであらかじめチェックと商談となれば・・・、と言う心積もりが必要となります。
緊張の連続、コート無しでも汗だくになるぐらい体力と駆け引きが大変なのです。
私共は京都のお取り引き先様の「伊藤軒」様よりご案内いただき、昨年からお邪魔させていただくようになりました。
正直出店料も相当額、なので昨年出店されていても、今年は無かったり、今年初めて出店されたところもございます。
DSCN5483

DSCN5481

DSCN5482

ご挨拶がてら「京都・伊藤軒」様にてまずは「お抹茶とお菓子」
目の前で職人様が作っていただけます。この甘さこそが京都独特の品の良さを感じます。
DSCN5485

当店レジ周りにこのようなお菓子類があるでしょう。こちらが伊藤軒様の商品です。
全国のデパ地下などで良くお見かけされるはずです。
DSCN5502

我が信州は行政関係のブースでしょうか?
DSCN5474

DSCN5475

小谷村から頑張ってられましたよ〜、大町は?
nonkoの名刺を見られて「お疲れ様です」と、サイダーをいただき、とってもホッとした気分でした。
DSCN5476

「安曇野ワイナリー」様、個々に試飲させていただきました。
特に「シードル」のクリアな雰囲気は良かったですね〜
DSCN5478

「千曲錦」様のこちら、メッセでも見落としていたのか、これは是非お酒に弱い方にオススメさせていただきたい味わいで、即お願い致しました。
nonkoも疲れた時には有難い味わいです。
DSCN5489

DSCN5508

中野市のブースが「信州ブース」とは別にあり、これもビックリです。
キノコをいっぱいいただいちゃいました。
新しいエノキダケ良いですよ〜、生産者がまだ少ないそうで中々出回ってないそうです。
見かけたら買っちゃいますね〜
DSCN5507

青森・北海道ブース
青森ではホタテ関係のお店を再検討!今までのお取扱い製品が若干現地で見なくなっているので・・・
DSCN5466

さすがの北海道!!!
DSCN5472

DSCN5471

昨年このイベントでご縁のあった「北海道ワイン」様です。
あれからもう1年経ったんだ〜、ず〜っと前からのお付き合いのような気がしてならないぐらい色々なご縁を頂戴いたしました。
大きなワイナリー様であれども、栽培の丁寧さ、また従業員様の事など、「心」あるワイナリー様だと思います。
当店置かせていただいている「鶴沼シリーズ」の味わいの確認、そして気になっていた銘柄もテイスティング!
DSCN5504

またnonkoが休暇時にご縁のありました日本海側「羽幌」の「重原商店」様です。
今回は「甘えび」関係をお持ちでしたが、当店では「糠にしん」が大人気!
三蔵呑み歩きの時には大変なことになるぐらいお酒が進んじゃいます。
相変わらずのパワーでご案内されていました。
DSCN5473

当店レジ前に置かせていただいてます「ベル食品」様、やはり「スープカレーの素」は半端ない人気のようです。今回はレトルトのカレー類をお持ちでした。
「豚丼のタレ」のお話をさせていただきましたよ〜
DSCN5470

こちら実は年末に我が家でも試食済みで、とっても美味しいんですよ〜!
「紅鮭」にこだわられていますが、鮭の種類はいっぱいあるので、会社は違えども前向きに検討させていただいてます。
DSCN5494

DSCN5495

沖縄ブースもいろいろ面白いですね〜
このフルーツ、いやはや「洋梨」のような味わいです。
DSCN5491

DSCN5493

当店はこの二つを置かせていただいてます。
チャンプルの素は何にでも使用できるので重宝しています。
DSCN5490

まさかの泡盛で「健康飲料」とは・・・
やはり健康志向ブームは造り酒屋様では特に顕著に見られました。
DSCN5487

DSCN5501

健康志向と言えば「甘酒」は相当数のブースでご案内されていたのですが、基本となる味わいはどちらも同じなのです。はたしてどのようなお米で作られているのかがもっとご案内していただきたかったです。特にフレーバーしてしまうと、基本となる甘酒の味わいを忘れてしまっちゃうのでは?
「甘酒」=「健康」と言うことが一体どうなるのかな?
甘酒につきましてはやはり当店お取扱いの「北安大國・蔵づくりあまざけ」が一番安心で美味しい気がいたします。なんせ山崎杜氏様自ら作られているお米ですからね〜
DSCN5499

DSCN5497

DSCN5498

山口県のブースも凄かったですね!
日本酒「貴」を、この場所でいただけるとは・・・
やはり練り製品を前面に出されています。
DSCN5500

気になってる高知県の「ミレービスケット」素朴で美味しいです。
これでブースを変えて、直接お取り引きの関係ではないブースを拝見!
DSCN5509

こちらでは冷凍食品や大手の会社などが出店されています。
お酒関係も多かったですね〜!
DSCN5515

DSCN5514

「日本のワイン」やはり出てきましたね〜!
このようなわかりやすいご案内は是非一般の消費者の皆様にもご案内させていただきたいものです。
DSCN5512

DSCN5513

焼酎のお蔵様のプレゼンもあり、かつて行ったことがある鹿児島県長島、こちらの「長島研醸」様ともお話をさせていただき、とっても勉強にあるご案内をいただきました。
当店でもお取扱いの芋焼酎「島乙女」は大切に販売させていただきますね!
DSCN5518

DSCN5517

何じゃこりゃ〜〜〜!と言う試食は「カツ煮」の食べ比べです。
「減塩・通常・出汁絡み」、濃縮出汁の会社だと思うのですが、どれもわからない程の出来で、とても美味しかったです。
27972160_1612035835553795_4557943814865843369_n

国産のローストビーフは真空パック、素人の方でも美味しく調理できます。
27973905_1612035802220465_5756598175124353822_n

チャーシューも同じ、こんなにやわらかいんだ〜〜〜!
しかしながらスーツ姿の関係者の方の試食の多さには笑ってしまいました。
「Food Table in Japan 2018」凄いイベントでした。
世の中の外食産業の裏側も少し覗かせていただいたような気がします。
DSCN5519

それにしてもこれだけの会場、1日ではとてもまわり切れるものではありませんでした。

DSCN5463

DSCN5464

【Food Table in Japan 2018】
フードビジネスの起点!4つの同時開催展による、小売・中食・外食業界の垣根を越えた商談展示会が、千葉県の「幕張メッセ」にて開催されていました。
昨年より京都のお取り引き先様の御招待でお邪魔させていただいてます。
■ 第52回スーパーマーケット・トレードショー2018
■ 第13回こだわり食品フェア2018
■ デリカテッセン・トレードショー2018
■ 第3回外食FOOD TABLE
四つのイベントが同時開催され、nonkoにとってはもの凄く得るものが多いイベントです。
詳しくはまた明日ね!

28056775_1609011005856278_4385745863788358398_n
27858210_1609010935856285_475544043915678286_n

本日定休日、諏訪湖を横目に南下してきました。
「御神渡り」は岡谷から下諏訪にかけて見られます。
毎回出現場所が違うんだ〜、お友達に不可解な情報してしまいごめんなさ〜い。
以前は上諏訪から見たんですよね〜!
28055846_1609219335835445_4239827872356819316_n
27858764_1609219425835436_3062749816664217042_n
28055865_1609219395835439_7330995285191447049_n

ランチに小淵沢の「リゾナーレ八ヶ岳」様へ!そこまでは予定通りです。
野菜をタップリと楽しめるランチバイキングです
お腹パンパンになり、アウトレット&日帰り温泉のはずが、あまりにお天気が良いのでドライブしたいと店主!
27858020_1609219572502088_1852939942085803859_n
27752489_1609219599168752_2388558197607212241_n
27751936_1609219539168758_261287327408647782_n

八ヶ岳ドライブウエイで山麓を走り、クマさんや鹿の皮が吊るされているのにビックリ仰天!
それでも八ヶ岳の最高峰「赤岳」見れました。
27858776_1609219629168749_5798290651443274922_n

27971690_1609219655835413_3216057028790857504_n

27750640_1609219675835411_1610285762987718258_n

清里へ出て、美味しいスイーツをいただき、大満足の定休日でしたよ〜!
しかしながら店主の「アウトレット&日帰り温泉」は、お天気があまりに良いので、急遽予定変更にはまいりました(笑)

DSCN5453

午後からとっても素敵な女性が試飲台に!
実は木祖村から配達にご来店下さいました「十六代九郎右衛門・湯川尚子社長」様です。
DSCN5459

とっても旨味のある「山廃純米美山錦無濾過生原酒」をお届け下さり、今夜は先日お送り下さった「生酛特別純米金紋錦(火入れ2016BY)」と一緒に呑み比べです。
今まで山廃・生酛系の造りは苦手でしたが、九郎衛門様の味わいを楽しめるようになり、日本酒を楽しめる幅が広くなったような気がします。
DSCN5460

DSCN5461

夜は某お蔵様の杜氏様もご来店下さり、店主としんみり猪口を交わしています。

DSCN5440

ヒェ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
味噌蔵にあるnonkoの漬物樽を行ったり来たり・・・
DSCN5432

本日「大町あめ市」は、風は強くとも、お日様も顔を出してくれ多くのお客様で賑わっていました。
当店は「野沢菜汁」の振る舞いで、まさかのまさか大人気!
DSCN5429

DSCN5430

DSCN5427

nonkoが漬ける本漬けは、自然海塩で漬込んでいるので、若干食べ頃が遅いような気がいたします。
ちょうど酸味を感じるか感じないかぐらいの塩梅が、逆に粕汁仕立ての出汁とピッタリでした。
nonkoの分も別取りしたぐらいです。
昔は「干葉汁(ひばじる)」と言って、味噌汁や粕汁に干した野沢菜を戻して入れられたそうです。
お客様に「野沢菜漬けを入れても良いよ」って教えていただき、昨年からこちらを皆様にお楽しみいただいてます。
野沢菜の風味が良くて、京都にいた頃には想像も出来ない味わいです。奥深いと言いますか、家庭の味わいと言いますか、今日もお客様に作り方を・・・と聞かれても、ご説明のしようがないのです。
それぐらい、野沢菜漬けの具合い、出汁の具合い、粕と最後に入れる刻んだ野沢菜の塩加減の微調節はある意味バクチ的な汁物でしょう。
DSCN5417
DSCN5416

朝一番に「ちょうじや」様の前の「市神様」にお参りをし、「福だるま」をゲットしました。
DSCN5419

本通りでは「縁起物」が販売されていたり・・・
DSCN5421

DSCN5425

「ケーキ&カフェ立田屋」様の前もドーナツを求められるお客様の長蛇の列!
DSCN5426 朝一番だと「柴田製菓舗」様もゆっくりと見学させていただける〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
DSCN5403

DSCN5405

DSCN5406

DSCN5411

このお菓子は店主様が修業先の金沢にございます「板屋」様の銘菓だそうです。
DSCN5412

中の粒餡がホコホコなんですよね〜〜〜!
このホコホコ感がたまりませんよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
「大町あめ市」が終わると、そろそろ春を感じる季節になります。

DSCN5401

「大町あめ市」に向かって、我が本通商店街では着々と準備をされています。既に販売を始められているところもございます。
さて「あめ市」とは?
これは 古来生活必需品であった塩を売った「塩の市」が転じて「あめ市」になったと言われている伝統的なイベントで、各ご町内ではお商売の神様をおまつりされています。
DSCN5388

我が町内「九日町」でも、「市神様」をおまつりされています。
店頭では「初午寒搾りの試飲販売」「野沢菜汁の振る舞い」「おひなさまのお菓子の販売」「福井缶詰・鯖缶の販売」を企画させていただいてます。
また当店では1,000円以上お買い物をしていただいたお客様に「抽選券」を差し上げていますので、当日は是非抽選会に参加してみてくださいね。ビックリ仰天な景品がご用意されていますよ〜!
DSCN5402

DSCN5350

大町駅前の「丸福パン」様です。
DSCN5349

京都の方なら絶対にご存知かと!!!
nonkoの子供時代のホットドックです。
京都では「宝が池公園」や「将軍塚」あたりの駐車場で移動販売されていた懐かしいカレーキャベツの入ったホットドック!!!
以前大町駅前の「マルフク」様のお店の方にお話しして、その後お会いした時に「作ってみたのでまた来て下さい!」って・・・
今日はちょうど通りがかったのでお邪魔させていただいたらあるじゃないですか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜、ヤッタ〜〜〜〜〜〜〜!
思わず「これだ!」って言ったら、お店の方もニッコリ!
DSCN5352

DSCN5355

その味わいはやっぱり懐かしいですが、ソーセージに高級感があり、昔食べていたホットドックよりずっと美味しいです。昔は「魚肉ソーセージ」だったんですよ〜
DSCN5353

他にもマルフクさん名物を物色!
きっと大町の方々も昔の思い出がいっぱい詰まったパンなのでしょう。
DSCN5361

店主は決まって「コッペパン(何も入ってないもの)」が好きなようで、中には「生のキャベツとハム」に塩をかけて食べます。いかにも店主らしいでしょう。
DSCN5357

DSCN5359

「野菜パン」も面白いんですよね〜、野菜ってそんなに入ってなくて、最中の皮のようなものでスパゲティーを包み込んで天ぷらにされたものがサンドされています。
これ、先日「三宅裕司 ふるさと探訪」で、食べてられたでしょう
DSCN5356

ゆで卵一個まるごと入った「カレーパン」もね!
きっとこちらはお店が新しくなってから考案されたものだと思います。
DSCN5360

nonkoのお気に入りはこちら!
食感がとっても良くって、爽やかなクリームがたまりません。
今日は食べちゃったな〜、明日はまたダイエットだ〜〜〜!

【丸福パン】様
大町駅前より直ぐ
営業時間:8時30分〜17時30分
定休日:日曜 第二月曜

001

本日「初午」でした!
朝一番に「白馬錦・薄井商店」様へお邪魔し、早朝から上槽していただいた「白馬錦・初午寒搾り純米吟醸無濾過生原酒」の肩貼りを付け、お店に持って帰り即店頭試飲販売でした。
010

013

011

009

蒸気の上がる瓶詰場も朝から大忙しです。
002

この状態で肩貼りを付けるのですが、シールを剥がすのが本当に大変なのです。
今朝は白馬錦の専務様もお手伝い下さり感謝感謝です。
032

031

お店に戻ると早速店頭で試飲販売、そして発送の準備です。
本来今日は定休日だったのですが、テントを張って作業をしているとお客様が「今日やってるだ〜!」と言ってお買い求め下さりありがたいです。
今日は一日メチャクチャ忙しかったのですが、その忙しい最中とっても面白いお客様がご来店でした。
どうやら先日の「三宅・・・ふるさと探訪」を見られたお客様が、メモ書きと市内の地図を片手に「看板おばさん」の顔が見たいと!!!本当にテレビに出てた感じと一緒なのかと・・・(どういう意味だ?)
DSCN5342

DSCN5344

そのお客様、藤長菓子店様へも行かれたようで、「まだnonkoさんはこれを食べてないから!」と、わざわざ「アップルパイ」を買って持って来て下さったのです。
ちょうど今いただき、メチャクチャnonko好みの味わいです。
雰囲気もとっても可愛らしいですしね〜、今度買って来よう
お客様にはゆっくりとお話が出来ず、本当に申し訳なかったと思います。
お客様〜〜〜〜〜〜〜〜〜、今日はありがとうございました。
また是非大町へお出かけ下されば、nonkoが水場のご案内させていただきますよ〜!

DSCN5295

今年も「大町あめ市」が2月11日に開催されます。
それに向けてケーキ&カフェ「立田屋」様では、恒例の「ドーナツの実演販売」をされています。
あめ市に向かうにつれて行列が出来ちゃうので、nonkoは早い目にゲットです。
「プレーンドーナツ」&「餡ドーナツ」がありますよ〜
DSCN5287

DSCN5289-001

DSCN5288

若社長さん、店頭で頑張ってられました。
当店の「味噌クッキー」を作っていただいた亡き代表様に横姿がそっくりです。
頑張ってね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
DSCN5291

DSCN5292

横ではケーキや「飴」も販売されていて、11日まで店頭販売だそうです。是非いかがでしょう。
【立田屋】様

DSCN5272-001

DSCN5274

出来た〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
午前中にようやく〆縄が完成し、「若一王子神社」様へお詣りに行ってきました。
これは2月7日(水)に発売させていただく「白馬錦・初午寒搾り純米吟醸無濾過生原酒」に付けさせていただく〆縄です。
詳しくはこちらからどうぞ!
DSCN5280

今夜は面白鍋です(笑)
鍋の底には3パック分のシジミが入ってるんですよ〜〜〜!
DSCN5281

半茹で状態でしっかりとヌメリをとったラーメンを入れて楽しみます。
DSCN5284

DSCN5282

チャーシューや半熟卵のトッピングも美味しいですよ〜
お酒を呑む方には最高の鍋なんじゃないかな〜って思いきや、逆にお酒がススミえらいことですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
おかげでお腹はポッカポカ、大町はお水が美味しいから、このような鍋は最高です。


【動画】

【動画】
昨夜「鏡開き」と共に始まった「大町温泉郷夢花火と音の祭典」、三九郎の火がいっきに燃え、昨年皆様からいただかれたキャンドルメッセージもここで無事にお焚きあげされました。
「第16回大町温泉郷 夢花火と音の祭典2018」今年も2月の毎週土曜日の夜に開催されます。
雪景色と澄んだ空に映える冬の花火は予想以上にキレイで和太鼓演奏とのコラボも圧巻です。
メッセージキャンドルライトやイルミネーション、幻想的に光り輝く冬のファンタジア、大町温泉郷に様々なジャンルの魂が響き渡る音の世界をお楽しみください。
DSCN5197

昨夜はオープニングと言うことで、送迎用のシャトルバスが出ました。
商工会議所前に止まるので、当店のお客様もご一緒に会場へ!
既にこの時点でビールとつまみが始まりましたよ〜
DSCN5198

大町温泉郷の会場へ着くと、まだ早かったようで、クマさん達は「かまくら」に直行です(笑)
DSCN5199

DSCN5200

やはり「水」の美味しい大町、「水神」さんと書かれています。水の神様大切ですものね!
DSCN5210
DSCN5211

「鏡開き」が始まり、店主も持ってきたお酒をお客様方と楽しんでいます。いえいえ、楽しみ過ぎ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
DSCN5202

まぁ男性陣は好きですよね〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
でもチョイスがまた良いんですよ
DSCN5204

「本金・純米うすにごり無濾過新酒」デス!
本金さんご夫妻を連れて来ちゃったような感覚です
DSCN5214

nonkoはメッセージキャンドルに灯りをいれて灯します。
DSCN5212

DSCN5228

一つ二つと灯りが付くと雰囲気が良いんですよね
DSCN5223

DSCN5230

三九郎に火が入ると、いっきに会場も暖かくなり、人も増えてきます。
DSCN5234

お餅の振る舞いがあったり・・・
DSCN5225

市民吹奏楽団の演奏があったり・・・

【動画】
DSCN5237

大町流鏑馬太鼓が始まると、いよいよ待ちに待った花火があがります。

【動画】
冬の花火ってとってもキレイなんです。
初めて見た年には雪も降り始め、感動しちゃいましたからね〜
DSCN5244

DSCN5245

DSCN5248

DSCN5249

DSCN5250

終了は21時頃、全ての写真を撮り終え、店主始め皆さん既に「フライング」ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜!
DSCN5263

カンパ〜〜〜イ!
「居酒屋志野」様です。
毎年こちらで、店主のお友達や、いつもお手伝い下さるお客様方と新年会兼ねてお邪魔させていただくのです。
DSCN5262

とにかく「白馬錦」のお燗酒、そして「酒の肴」が旨すぎるんですよ〜〜〜!
呑めちゃう呑めちゃう〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!
DSCN5259

DSCN5260

こちらでもマスターがスコップ一本で作られる「かまくら」が見事なのです。
「かまくら名人」さんですね
来週からまだまだ続く「大町温泉郷夢花火と音の祭典」、是非お出かけ下さいませ。
詳しくはこちらからどうぞ!
2018花火


【動画】
013

本日2月3日、若一王子神社で毎年恒例の「節分祭」が開かれました。
1年間の福や無病息災を願う福豆まき・富くじ・追儺式などの行なわれました。
今年1年、皆様に福がたくさん訪れますように・・・
016
020

大勢の皆様がならばれているのは「富くじ」です。
今日は土曜日と言うことと、若干寒さが緩んだせいか、多くの方々がお詣りされていました。
030

本殿から鬼さんが出てきたら、代表の皆様による鬼退治、そのあと「豆まき」で〜す!
028

大町レディースの皆様もお着物が良くお似合いです
大町のゆるキャラ「おおまぴょん」もチョッピリ恥ずかしそうですね(笑)

【動画】
036

この争奪戦は凄い凄い〜〜〜!
nonkoは毎年弾き飛ばされちゃ程の迫力です。
040

043

素晴らしい三重塔は「県宝」だそうです。
015

もちろん本殿と、松尾神社分社にもお詣りしてきましたよ〜!
今日は夜は「大町温泉郷夢花火と音の祭典」です。
イベント続きの土曜日、関東からもお客様がお泊りでご来店下さってるのでご一緒致します。

DSCN5152

おはようございます
本日大町は大きなイベントが二つもございます。
良いお天気で、最近にしては暖かく、雪の心配もないようです。
nonkoもどちらも御邪魔させていただきますし、夜の温泉郷のイベントはオープニングと言うことで「シャトルバス」が出ます。
是非会場でお会い致しましょう。
●節分祭「若一王子神社」様
●大町温泉郷夢花火と音の祭典
004

節分祭「若一王子神社」様
065

大町温泉郷夢花火と音の祭典
*本日オープニングと言うことでシャトルバスが出ます。
*シャトルバスの時間
〔往  路〕信濃大町駅➪ 大町温泉郷
信濃大町駅
〔西側バス待合所〕18:55

〔復  路〕大町温泉郷➪ 信濃大町駅
大町温泉郷
〔酒の博物館前〕21:05
詳しい時刻はこちらからどうぞ!


【動画】
002

005

中綱湖明日からワカサギ穴釣り解禁で〜す!
この季節に皆様が楽しみにしている中綱湖の穴釣り。
本日調査した結果、氷の厚さが22cmになりました。
2月3日(土)解禁になります。
009

007

どうぞ皆様遊びに来て下さいね!
帰りには青木湖も見てきましたよ〜〜〜!
021

020

019

018

015

このページのトップヘ