120-1

昨日夕方娘が帰ってくれて私は自宅で横になっていました。
下半身がヘロヘロで、とても真っすぐに歩けませんでした。どんな遊園地の乗り物よりもリアルで、ドキドキと言うより、バクバクと言った感じでした。
黒部でレンタカーなんて借りなきゃよかった〜〜〜
本人は超ルンルンですが、乗せられてる私は「走る棺桶」のようなもの

105-1

黒部で一泊し、次の日に娘が夏休みに免許をとってからまだ一時間しか乗ってないって言うもので、親としてはちょっと練習の気分でレンタカーを借りたんです。
魚津からレンタカーで、「尾崎かまぼこ」様の工場見学と試食で〜す縦列駐車もなかなかなもので、ちょっと安心したんです。

103-1

100-1

富山ならではのかまぼこでしょう。京都の友人が泊りなのでよく話を聞かされていたんです。魚の豊富な町ですから、かまぼこも美味しいんです

106-1

気よ良くして山の方へ車を走らせました。
向かうは「宇奈月温泉」です

118-1
昔よく訪ねた宇奈月温泉「宇奈月ニューオータニ」様です。
露天風呂が広いのは「グリーンホテル喜泉」様です。
どちら様もとってもいい旅館です。
大浴場に入る前に、パーキングで必死
何度も切り返して私はイライラです

107-1

汗まみれで大浴場に飛び込みました

111-1

109-1

露天風呂から見る黒部川の清流がとってもきれいでした。
温泉もいいお湯です

115-1

野鳥さんのお家でしょう、とっても可愛いでしょう。ここに入ってるのを見てみたいです。

116-1

ラウンジにはパソコンが置かれていました。こんな場所にあるなら、何時間でも座ってられそうです。

117-1

赤い橋も素敵ですよね〜、緑に映えたコントラストが、あと一ヶ月もしないうちに紅色に変わることでしょう。

121-1

汗を流して今度は海の方へ向かいました。
何となく娘はルンルン気分です。これがまた親としては心配で心配で・・・

129-1

魚津にある「道の駅・蜃気楼」様です。
こちらも海沿いて、皆様釣りでお楽しみです。

128-1

この日は曇っていたので、釣果もいいのかも?餌からすれば狙ってるのは青物かな?


123-1

こちらでは別棟で朝とれた紅ズワイガニを食べさせていただけるようです。あた炭火焼も楽しんでられました。

124-1125-1

売店ではお魚屋さんが入ってられるので、キトキトのお魚が販売されています。生地よりやや高いでしょうかね〜!

122-1

「ウォ〜〜〜タルイカだぁ〜
京都の頃は福井の船で釣ったことがあるこのイカは、富山では「赤いか」と言うようです。一杯が5kg〜、大きいものでは10kg程のものもいます。私はこのようなイカを13杯も釣って、京都まで宅急便で送ってもらったら、船代より高くついちゃった笑い話があります。そして友人達は「あのイカはもういらないから!」なんて言われちゃった問題のイカです。冷凍を繰り返すことによって甘味が出てくるイカです。

126-1

これからシーズンになる紅ズワイガニは、このようなカゴで獲れるんです。
この日はこれで魚津の駅にレンタカーを返してホッとしながら大町に戻ってきたのです。問題は昨日なんです。

002-1

やはり娘はもっと運転したいと言うもので、昨日帰る寸前まで信濃大町駅前のレンタカーを借りました。富山であれだけ運転できたので、もう少しレベルをあげてなんて思ったのが間違いの始まりでした。
先ずは小谷方面です。
「トンネルは嫌〜〜〜!道がわからん」「トラック怖い〜!」と言いながら、対向車のトラックにぶつかりそうに寄って行きそうになるハンドル操作に、私はまともに座ってられません。そして道路の下りが怖い怖い

004-1

小谷名産館様で天然の舞茸をキープしたのですが、この場所から国道に出るのにどれだけ時間がかかったことでしょう。

009-1010-1

私が一緒の時にちょっとでもと思い、白馬から鬼無里に向かいました。
これがもう怖い怖い、またまた下りでギアチェンジしなかったのか遠心力で横転寸前です。ここでブレーキを踏んだら横転してたって娘は言うのですが、スピードの問題でしょう。いつの間にかスピードが出てるんです。私が怒ると「横の人の言葉が一番害」って教習所の教官に言われたって・・・

015-1

鬼無里の集落もまともに見るどころじゃありません。

021-1

いつも買うおやきも、とても食べられる状態ではありません。

024-1

鬼無里からは小川村を経由して、新行の中山高原のソバ畑を横目に大町に戻ってきました。
「生きて帰ってこられた・・・」
いや〜、娘の運転は心配心配。自損事故は仕方が無いのですが、人様を傷つけたらってそればかりが心配で・・・、私も一応親ですから・・・