003-1

今日は急に稲刈りって聞いて、朝から私が植えたお正月用の稲を先に刈り取りました。もう必死〜〜〜!今日は関西の若い男の子二人が頑張ってる「居酒屋花山」様の二人「ケンちゃん」「ナオ君」と小谷の「きのこまつり」に行く約束をしていたものですから朝から大忙しでした。

今年も案山子さんは田んぼを守ってくれました。この案山子さんも今日は出張です。近くの子供さんの所へ披露されに出かけていました。

007-1

何とか稲穂も実り、不作ながらも収穫できた事に感謝です。

010-1

毎年2株をひとくくりにするのですが、今年は7.8株をひとくくりです。それだけ厳しい年になりました。

009-1

午後からはコンバインで様に刈り取っていただくのに、奥様が先にコンバインが入らない場所だけ刈り取っていただくのです。今の時期は毎日このような作業が続かれるそうでご苦労様です。

013-1

刈り取った稲穂はお店の前にディスプレイにしますが、今年はまだしばらくかかりそうです。

014-1

店頭ではこのあいだの「北アルプス三蔵呑みあるき」のお楽しみをポスターにしちゃいました

017-1

そして午後はお約束通り「居酒屋花山」様のケンちゃん、ナオ君と一緒に「小谷きのこまつり」の会場「サンテイン小谷」様に来ました。
こちらではキノコ汁の振る舞いや、原木舞茸の即売、ちゃのこの販売などがあり、私の目的は「きのこ料理のバイキング」です。
小谷の方々の手作り料理はとっても美味しいので勉強にもなります。
018-1

原木舞茸の品評会ではこんなに立派な舞茸が展示されています。

018-1

この舞茸は一番凄かったです

034-1

毎年楽しみにしています「きのこバイキング」は、やっぱり大人気で、待ち時間が出ていました。
それでも並ぶ〜〜〜〜〜〜〜〜

024-1

「ケンちゃん取りすぎちゃう?」
やっぱり男の子は食欲が違います。
ナオ君は蕎麦三昧
「nonkoさん、意外と少食・・・」っと驚かれる始末です。
そうなんです、私って病気してから循環が悪いので、そんなに沢山食べないんですよ〜、回数か・・・

027-1

舞茸やお野菜の天ぷらは揚げたてなので、次から次から無くなっていきます。

028-1

手作り豚まんは最高です。中華系が広東風でとっても美味しくいただけます。一昨年は餡なしのお饅頭が絶品でした。


029-1

しゅうまいもあっさりして大きいのに食べやすく美味しかったです

030-1

舞茸コロッケもバッチリ手作りです

031-1

夕顔がクリームソースになってるんです。これは勉強ですよ〜
他にも数々のお料理が並び、写真を撮ってる場合じゃなかったです。

033-1

ナオ君このお蕎麦4枚食べたっけ・・・
麺類が好きな彼もやっぱり若い

036-1

「お〜い!ケンちゃん、おねえさん忙しいんだから
どうしたら天ぷらが美味しく揚がるのか熱心に聞いてるケンちゃん
いや〜、楽しかったし、美味しかったです
私は小谷の方々が作られるお料理が大好きです。保存食的な要素もあるのですが、上手くオイルを絡めて調理される事が特に御上手に感じます。そして過度な味付けじゃなく、万人向けの味わいには頭が下がります。この山間でこのような美味しいお料理がいただけるとはビックリです。ご馳走様でした

039-1

帰りには「小谷名産館」様の直売所や・・・

040-1

「青鬼の里」を案内しました。
今まで冬にスノーボードばかりしていたお二人ですから。このような場所には驚かれたようです。

042-1

この紫米は、「北安大國」様の「白馬紫雲」の原料米です。
もみ殻の中には紫色のお米が入ってるんです。

041-1

今年もしっかりと稲穂をつけてくれました。
少し黒っぽいでしょう。

044-1

こちらが普通米の稲穂です。
このあたりは棚田が多く、今日も沢山のカメラマンや、写生の方々がおいででした。
大町に帰る車中で、ケンチャンが居眠りを始めました。
「よ〜し

046-1

中綱湖の例の場所に案内し、「ケンちゃんオバアチャンに横に咲いてる花の名前聞いてきて!」って・・・
「・・・・・・」
「ギャハハハハハハ〜、目がさめたでしょ

*小谷きのこ祭りは明日まで開催です
詳しくはサンテインおたり様へどうぞ!
TEL 0261−82−2228