036-1

このあいだ塩尻の桔梗ヶ原のワイナリー様のブドウ畑に行った時の事です。
いつもはブドウ畑のある方は駅の西側なんですが、この日は「アルプスワイン」様に、オリジナルラベルを届けに行くので、駅前の「塩尻市観光協会」様でレンタサイクルをお願いして、東の方へ向かいました。
昔の街道沿いは古い建物がいっぱいで、いつもは店主の車で通るのですが、やっぱり自転車のほうが視線が違います。アルプスワイン様に行くまでの国道153号線沿いに、とても立派ななまこ壁がありました。見てビックリ・・・

033-1

国道153号線沿いに見えるんです。立派でしょう
このあたりは「塩尻町」と掲げられていました。

034-1

ものすごい建物があの有名な丸山社長様が杜氏様をされてる「笑亀酒造」様です。
横川商店では、長野県原産地呼称認定酒『La Feerie ラ・フェリ』でお世話になっています。
このあたりの一画だけ何だかものすごいオーラがあるんです。
何でしょう・・・?タイムスリップしたような、そんな感じの・・・

035-1

笑亀酒造様のお向かいには「小野家住宅」と掲げられたお宅があります。
帰ってから調べてみたのです。
中山道塩尻宿の大旅籠(はたご)で、主屋など2棟が国重要文化財に指定されているそうです。やっぱり凄い
最近大の苦手だったはずの歴史にふれることが大好きになってきました。
エッ?歳のせい?

037-1

アルプスワイン様から何とか山沿いにワイナリー様の方へ抜けられないものか、またまたウロウロし始めました。
このあたりの田んぼの風景がとってもきれいで、古風な民家がある方向へ吸い寄せられるように行きました。

038-1

040-1

何だかとってもいいでしょう。塗り替えられる事も無く、昔ながらの建物や風景、こんな場所が大好きです。今はどこも古い町並みが作られたような感じで、どの町も同じ感じになってしまっています。残念ですが・・・

043-1

このあたりのお家はみんなこのような尖った屋根になっています。
初めて見るかたちです。

044-1

こちらのお家も門構えが凄かったです。
どっしりした感じで寒い地方の建物なのでしょうね!

041-1

こちらの塀の横には湧水が流れていました。
塩尻でこんな綺麗な水が流れてるとは思いもしませんでした。

042-1

また塀のデザインも遊び心があるようで、昔の建築家の方のセンスなのでしょう。

045-1

「ギャ〜〜〜何この建物?」
どうやら聞いたことがある「平出遺跡」に出たようです。

046-1

「涼しい〜!」
この日は炎天下だったにもかかわらず、中はとっても涼しいんです。
竪穴式住居って凄いですね〜

047-1

こちらにも沢山建っています。
案内書にはウォーキングの方々が沢山おみえでした。

049-1

塩尻の「平出遺跡」は、塩尻駅から徒歩15分程です。
こんなに素晴らしい場所があったなんて・・・
そしてその後収穫醸造が始まった桔梗ヶ原のワイナリー様に向かったのであります。