昨日の「穂高神社御船祭り」は凄い迫力でした
毎年9月27日に行われる「御船神事例大祭」のお船がぶつかり合う迫力はすごいです。
船型の山車に穂高人形を飾った大小5艘のお船が笛や太鼓の囃子(はやし)にのり、氏子衆によって神社へと曳き入れられます。勢揃いした御船のきらびやかな様子は、歴史絵巻を見るかの様です。境内を練り、神前を曳き廻るうちには、お船が激しくぶつかりあい、その壮大な迫力にただただ茫然と見ていました。
信州のお祭は凄いですね〜

037-1

昨日は日曜日と言うことで、境内は沢山の人で賑わっていました。
新しくなった本殿が立派でしょう。
このあいだ鶏さんに「コケコッコ〜」ってお昼寝の邪魔をされたと場所です。

045-1

いたいた!今日は落ち着かない様子です。ちょっとかわいそうかなぁ〜

038-2

御船祭りのお船は、子供船と大人船とがあり、なるの新木を用いて毎年組み立てられるそうです。

040-1

富山城主佐々成政の人形があったり、歴史あふれる山車は各御町内の方々が保存され守ってられるんです。

042-1

着物が何十枚も掛けられ船上には毎年ことなった穂高人形が飾られます。着物の持ち主は、一年間健康で過ごせると言う信仰もあるそです。

047-1

午後3時から神事が執り行われ、各御町内の代表様の皆様のあと山車が曳かれてきます。

052-1

「お〜〜〜っと
本殿にぶつかりかけ、まわりからどよめきが・・・
でも彼は身体ごと本殿を守られました。凄い

054-1

049-1

近くで見るとやっぱり大きいですし迫力です


061-1

065-1

最後の方でぶつかり合われるのですが、そりゃ凄かったです。
毎年9月27日に開催されるそうです。