063-1

「行くぞ〜!記念登山へ・・・」って行きたいところなのですが、nonkoはとてもじゃないですが、体力も、勇気もありません。なんせ極度の「高所恐怖症」なのです。

066-1

皆様行ってらっしゃ〜い

069-1

068-1

075-1

080-1

077-1

横川商店のお客様でもあり、大町山岳会の鷲さん、記念登山参加者の皆様のサポートご苦労様です。何だかとってもカッコいいですよ〜〜〜

078-1

最後尾から皆様の安全をサポートして下さってます。
それにしても今年は例年になくカラフルに感じます。映画「岳」の影響もあるのでしょうか、皆様とってもお洒落なんです。

081-1

それにセンスがとってもいいでしょう

082-1

皆様が小さく見えるまでお見送りをし、nonkoはようやく休憩モードです。

088-1

待ってる間に、皆様で楽しくおしゃべり&昼食会(笑)
今年はトチロー様にも荷物を持っていただきありがとうございます。

098-1

昼食を兼ねた皆様との語らいでは、色々な持ち寄りもあり楽しいひと時です。

099-1

トチローさんからは「大雪渓雪中育ち」の差し入れがあり、大雪渓の上で楽しめる最高の贅沢をいただいちゃいました。

090-1

「トチローさんどこ行くの?」
ウフフ・・・、今年は祭典会場にまでおトイレも作っていただき女性にとっては嬉しいかぎりです。

096-1

祭典会場で待ってる間にも、色々な方々に出会う機会があり、スキーシーズンにお世話になってますピザハウスの「パウダー・パフ」様のおにいさんとハイポーズ
nonkoは男飯中

097-1

中身はnonko特製の梅干しです

091-1

クマさん達も日光浴

103-1

大雪渓のこんな場所が祭典会場なんです。山ってやっぱり大きいですよね〜、いつもは記念登山の方々を待って下山するのですが、昨日はnonko一人が先に失礼させていただきました。

111-1

ひとり下山もまたいいもので、行きに気付かない景色に目がとまります。

107-1

晴れてたら新緑の色が素晴らしいですが、午後はやはり少し曇ってきました。

105-1

毎年咲いてるオオカメノキも、今年はまだツボミでした。

115-1

こんな雪渓の割れ目があるとビビっちゃいますが・・・

117-1

この場所がnonkoにとっては一番の難所!無事降りてから見上げて撮りました。
いつもは梯子がかかる場所なんですが、今年は雪が多いためこのような状態なんです。
そうそう昨年下山時に皆様の目の前で滑り落ちた場所です

119-1

堰堤も帰りには大きな音を立てて流れ落ちています。
朝よりも水量が多く感じますね〜

126-1

閉会式会場ではお汁粉の準備もされていて、嬉しいおもてなしですよね!

124-1

山に行って下山時にあたたかなお汁粉は嬉しい〜〜〜(nonkoはフライング)
急いで帰らなくちゃ〜〜〜
時間外下山なので、扇沢のバスターミナルまで歩きます。

127-1

ウバユリの葉っぱが出ていたり・・・

128-1

この可愛い野草は何でしょう?

131-1

これはサンカヨウの花でしょう。

132-1

キクザキイチゲも咲いていました。

130-1

いたるところから雪解け水が流れていて、標高差があるために凄い勢いなんです。

129-1

もう小さな溝では満杯になってあふれていました。
水の豊富な大町なのがよくわかります。

145-1

137-1

お店に帰ると直ぐに開店準備をし、夕方の慰労会の準備をしました。
店主から「煮イカと豆腐」とリクエストされていたもので・・・
いったいどうなる事やらって思ってました。
夕方からの雨でいきなりシートが張られ、まるで屋台の雰囲気で何となくいい感じ

143-1

立川五蔵名人さんは、相変わらず愛想良く皆様にお酒の振る舞いです。しかし似合ってますよね〜

140-1

前日仕込んでおいた焼き鳥を焼いてみたり・・・

146-1

釣られた鯛が手に入り、またまた塩釜です。

153-1151-1

できたかな〜、どうかな〜

154-1

ヤッタ〜〜〜

156-1

テーブルに運べないので、皆様にご足労いただきました。

158-1

159-1

160-1

161-1

いかがですか〜〜〜!nonkoはこの時すでにチョット出かけていましたので、写真はお客様にお願いしたのですが、皆様とってもお楽しみだったようで嬉しいです。

163-1

164-1

あ〜〜〜、お蕎麦食べてる〜〜〜、nonkoは知りませんでした
いつも大町山岳会では最後の〆はお蕎麦ですからね〜、しかし外で食べるお蕎麦って妙に美味しそうですね〜

165-1

とっても和やかな雰囲気で慰労会が終わったようです。

166-1

nonkoが外出先から戻った頃、また違ったお顔ぶれで楽しそうでした。
横川商店の店頭が皆様の憩いの場所になる事が一番です。
こうやって第54回針ノ木岳慎太郎祭は無事終わりました。関係者の皆様お疲れさまでした。